IP マルチキャスト コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
マルチキャスト スタブ ルーティングの実装
マルチキャスト スタブ ルーティングの実装
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

マルチキャスト スタブ ルーティングの実装

機能情報の入手方法

この章の構成

マルチキャスト スタブ ルーティングの前提条件

マルチキャスト スタブ ルーティングの制約事項

マルチキャスト スタブ ルーティングの概要

マルチキャスト スタブ ネットワーク

マルチキャスト スタブ ルーティング

スタブ ルータとディストリビューション ルータ間のマルチキャスト スタブ ルーティング

スタブ ルータと該当する受信側との間のマルチキャスト スタブ ルーティング

マルチキャスト スタブ ルーティングの利点

マルチキャスト スタブ ルーティングの実装方法

マルチキャスト スタブ ルーティングの実装

前提条件

制約事項

マルチキャスト スタブ ルーティング用のスタブ ルータの設定

マルチキャスト スタブ ルーティング用のディストリビューション ルータの設定

マルチキャスト スタブ ルーティングを実装する設定例

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-DM)

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-SM、スタティック RP)

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-SSM)

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(Bidir-PIM)

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

マルチキャスト スタブ ルーティング実装の機能情報

マルチキャスト スタブ ルーティングの実装

このモジュールでは、マルチキャスト スタブ ルーティングの実装に関する概念と設定作業について説明します。マルチキャスト スタブ ルーティングは次のような目的で使用できます。

ユニキャスト スタブ ルーティングによるマルチキャスト転送の実行を防止する。

低帯域幅リンクにおけるデンス モード トラフィックの定期的なフラッディングとプルーニングをなくす。

Protocol Independent Multicast(PIM)制御トラフィックの全体的な処理を減らし、PIM Designated Router(DR; 代表ルータ)メッセージと PIM アサート メッセージのマルチキャスト スプーフィングを防止する。

機能情報の入手方法

ご使用のソフトウェア リリースで、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報および警告については、ご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリースノートを参照してください。このモジュールに記載されている機能に関する情報を検索したり、各機能がサポートされているリリースに関するリストを参照したりするには、「マルチキャスト スタブ ルーティング実装の機能情報」を参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよび Cisco ソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

マルチキャスト スタブ ルーティングの前提条件

このモジュールの作業を実行する前に、『 IP Multicast Technology Overview 』モジュールで説明している概念をよく理解しておく必要があります。

このモジュールの作業では、IP マルチキャストがイネーブルに設定され、『 Configuring Basic IP Multicast 』モジュールで説明されている作業を使用して、PIM インターフェイスが設定されていることを前提とします。

マルチキャスト スタブ ルーティングの制約事項

マルチキャスト スタブ ルーティングは、スタブ ルーティングをサポートしない Routing Information Protocol(RIP)、Open Shortest Path First(OSPF)、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)など、その他の Interior Gateway Protocol(IGP)のこの制約を回避する設定を妨げません。また、マルチキャスト スタブ ルーティングは、この制約を回避するスタティック ルーティングの設定も妨げません。マルチキャスト スタブ ルーティングは、ユニキャスト スタブ ルーティングによって行われます。ユニキャスト Enhanced IGRP(EIGRP)スタブ ルーティングを適切に設定すると、マルチキャスト スタブ ルーティングに役立ちます。


ユニキャスト EIGRP スタブ ルーティングの詳細については、『Configuring EIGRP』モジュールを参照してください。


マルチキャスト スタブ ルーティングは、スタブ ネットワークの非冗長トポロジだけに実装できます。

マルチキャスト スタブ ルーティングの概要

「マルチキャスト スタブ ネットワーク」

「マルチキャスト スタブ ルーティング」

「マルチキャスト スタブ ルーティングの利点」

マルチキャスト スタブ ネットワーク

マルチキャスト スタブ ネットワークは、任意のマルチキャスト グループに対してレシーバが直接接続されているセグメントです。マルチキャスト トラフィックに関係する受信先が、これらのセグメント外にある場合も同様です。Cisco IOS ソフトウェアでは、マルチキャスト スタブ ルーティングを使用する場合、マルチキャスト スタブ ネットワークの非冗長設定だけが許可されます。

マルチキャスト スタブ ルーティング

マルチキャスト スタブ ルーティングは、マルチキャスト スタブ ネットワークの次の 2 タイプのリンクで使用できます。

スタブ ルータとディストリビューション ルータ間のアップストリーム リンク。スタブ ルータのディストリビューション ルータ側のインターフェイスには、完全な PIM 機能があります。ディストリビューション ルータのスタブ ルータ側のインターフェイスに完全な PIM 機能はなく、PIM ネイバー フィルタを使用するか、PIM パッシブ モードで動作します。

スタブ ルータと該当する受信側との間のダウンストリーム リンク。ダウンストリーム リンクは、VLAN などのレイヤ 2 アクセス ドメイン、またはレイヤ 3 の経路選択済みインターフェイスに接続されています。ダウンストリーム リンクは PIM パッシブ モードで動作し、そのアクセス ドメインで唯一のインターフェイスであることを前提とするため、これが Designated Router(DR; 代表ルータ)になります。PIM パッシブ モードをサポートしない Cisco IOS リリースでは、ダウンストリーム リンクは PIM ネイバー フィルタを使用して、スタブ ルータが同じインターフェイスの他の PIM ネイバーを検出するのを防止します。さらに、Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)ヘルパーを使用して、IGMP レポートをディストリビューション ルータのスタブ ルータ側のリンクにプロキシします。

スタブ ルータとディストリビューション ルータ間のマルチキャスト スタブ ルーティング

スタブ ルータとディストリビューション ルータ間にマルチキャスト スタブ ルーティングを実装すると、PIM Dense Mode(PIM-DM; PIM デンス モード)で不要なマルチキャスト グループに対して定期的なフラッディングとそれに伴うマルチキャスト トラフィックのプルーニングが発生する場合に役立ちます。このような場合、マルチキャスト スタブ ルーティングが実装されていれば、定期的なフラッディングとプルーニングが防止され、スタブ ネットワークでレシーバが利用可能なグループにマルチキャスト トラフィックを転送できます。

Bidirectional PIM(Bidir-PIM; 双方向 PIM)環境で、Protocol Independent Multicast Sparse Mode(PIM-SM; PIM スパース モード)のスタブ ルータとディストリビューション ルータ間にマルチキャスト スタブ ルーティングを実装すると、スタブ ルータでグループと Rendezvous Point(RP; ランデブー ポイント)とのマッピング キャッシュを維持する必要がなくなり、Auto-RP または PIM Bootstrap Router(BSR; ブートストラップ ルータ)を RP 情報の配布に使用している場合は、定期更新の帯域幅を節約できます。

マルチキャスト スタブ ルーティングは、ディストリビューション ルータからスタブ ルータへマルチキャスト トラフィックを転送することを目的としています。ソースを直接スタブ ネットワークに接続することも可能ですが、これが動作するのは PIM-DM 環境に限られます。PIM-SM、Source Specific Multicast(SSM)、Bidirectional PIM(Bidir-PIM; 双方向 PIM)環境では動作しません。これは、ディストリビューション ルータに適用された PIM ネイバー フィルタによってファースト ホップ ルータがフィルタリングされ、結果として Reverse Path Forwarding(RPF; リバース パス転送)が失敗するからです。さらに、レシーバを直接スタブ ルータに接続する必要があるため、その先へのダウンストリームが不可能になります。

スタブ ルータと該当する受信側との間のマルチキャスト スタブ ルーティング

スタブ ルータと該当する受信側との間にマルチキャスト スタブ ルーティングを実装する目的は、特にスタブ ルータでスタブ リンクの数が増えてきた場合に、PIM 制御トラフィックの全体的な処理を減らすことと、PIM DR をターゲットにした Denial-of-Service(DoS; サービス拒絶)攻撃を防ぐことです。

マルチキャスト スタブ ルーティングの利点

マルチキャスト スタブ ルーティングを実装すると、マルチキャスト接続用のスタブ ネットワーク設定が容易になり、次のような利点があります。

マルチキャスト転送がユニキャスト スタブ ルーティング(EIGRP)によって実行される場合に、スタブ ネットワークがマルチキャスト転送に使用されないようにする。

低帯域幅リンクにおけるデンス モード トラフィックの定期的なフラッディングとプルーニングをなくす。

PIM 制御トラフィックの全体的な処理を減らす。

PIM DR メッセージと PIM アサート メッセージのマルチキャスト スプーフィングを防止する。


) マルチキャスト スタブ ルーティングは、スタブ ネットワークの非冗長トポロジだけに実装できます。


マルチキャスト スタブ ルーティングの実装方法

ここでは、次の作業について説明します。

「マルチキャスト スタブ ルーティングの実装」(必須)

マルチキャスト スタブ ルーティングの実装

次の作業を実行して、マルチキャスト スタブ ルーティングを実装します。

「マルチキャスト スタブ ルーティング用のスタブ ルータの設定」(必須)

「マルチキャスト スタブ ルーティング用のディストリビューション ルータの設定」(必須)

前提条件

このセクションの作業では、IP マルチキャストがイネーブルに設定され、『 Configuring Basic IP Multicast 』モジュールで説明されている作業を使用して、PIM インターフェイスが設定されていることを前提とします。

制約事項

マルチキャスト スタブ ルーティングは、スタブ ルーティングをサポートしない RIP、OSPF、IS-IS など、その他の IGP のこの制約を回避する設定を妨げません。また、マルチキャスト スタブ ルーティングは、この制約を回避するスタティック ルーティングの設定も妨げません。マルチキャスト スタブ ルーティングは、ユニキャスト スタブ ルーティングによって行われます。ユニキャスト EIGRP スタブ ルーティングを適切に設定すると、マルチキャスト スタブ ルーティングに役立ちます。


ユニキャスト EIGRP スタブ ルーティングの詳細については、『Configuring EIGRP』モジュールを参照してください。


マルチキャスト スタブ ルーティングは、スタブ ネットワークの非冗長トポロジだけに実装できます。

マルチキャスト スタブ ルーティング用のスタブ ルータの設定

次の作業を実行して、マルチキャスト スタブ ルーティング用にスタブ ルータを設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip pim passive
または
ip pim neighbor-filter access-list

5. ip igmp helper-address ip-address

6. end

7. show ip pim interface [ type number ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface GigabitEthernet0/0

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip pim passive

または

ip pim neighbor-filter access-list

 

Router(config-if)# ip pim passive

または

 
Router(config-if)# ip pim neighbor-filter 1

PIM パッシブ モードで動作するようにインターフェイスを設定します。

または

PIM ネイバーが PIM に参加するのを防ぎます。

IP マルチキャストに対応したインターフェイス上で ip pim passive コマンドが設定されている場合、ルータはこのインターフェイスを PIM パッシブ モードで使用します。つまり、ルータはこのインターフェイス上で PIM メッセージを送信したり、他のルータからこのインターフェイスを介して PIM メッセージを受信したりすることはありません。その代わりに、ネットワーク上で唯一の PIM ルータであることを考慮し、DR として、またすべての Bidir-PIM グループの範囲に対して DF として動作します。IGMP の動作は、このコマンドの影響を受けません。

コマンドを使用して、有効なルータとの PIM メッセージの送受信を制限してください。

ip pim neighbor-filter コマンドは、 access-list 引数に指定されたアクセス リストと一致するすべての PIM コントロール メッセージをフィルタリングします。

コマンドは、Auto-RP アナウンスをフィルタリングしません。このコマンドは、PIM ネイバー間のコントロール メッセージをフィルタリングするためだけに使用されます。

コマンドより優先されます。

ステップ 5

ip igmp helper-address ip-address

 

Router(config-if)# ip igmp helper-address 172.16.32.1

インターフェイスで受信したすべての IGMP ホスト レポートと脱退メッセージを、指定した IP アドレスへ転送するようにルータを設定します。

IGMP ホスト レポートと脱退メッセージは、ネクスト ホップ インターフェイスのソース アドレスを使用して、 ip-address 引数に指定した IP アドレスへ転送されます。

このコマンドは「dense-mode」の加入を有効にするため、PIM に参加していないスタブ サイトが IP マルチキャスト グループのメンバシップを示せるようになります。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

現在のコンフィギュレーション セッションを終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show ip pim interface [ type number ]

 

Router# show ip pim interface

PIM 用に設定されたインターフェイスに関する情報を表示します。

このコマンドを使用して、PIM インターフェイスが動作しているモードを確認します。

マルチキャスト スタブ ルーティング用のディストリビューション ルータの設定

次の作業を実行して、マルチキャスト スタブ ルーティング用にディストリビューション ルータを設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip pim passive
または
ip pim neighbor-filter access-list

5. end

6. show ip pim interface [ type number ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface GigabitEthernet0/0

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip pim passive

または

ip pim neighbor-filter access-list

 

Router(config-if)# ip pim passive

または

 
Router(config-if)# ip pim neighbor-filter 1

PIM パッシブ モードで動作するようにインターフェイスを設定します。

または

PIM ネイバーが PIM に参加するのを防ぎます。

IP マルチキャストに対応したインターフェイス上で ip pim passive コマンドが設定されている場合、ルータはこのインターフェイスを PIM パッシブ モードで使用します。つまり、ルータはこのインターフェイス上で PIM メッセージを送信したり、他のルータからこのインターフェイスを介して PIM メッセージを受信したりすることはありません。その代わりに、ネットワーク上で唯一の PIM ルータであることを考慮し、DR として、またすべての Bidir-PIM グループの範囲に対して DF として動作します。IGMP の動作は、このコマンドの影響を受けません。

コマンドを使用して、有効なルータとの PIM メッセージの送受信を制限してください。

ip pim neighbor-filter コマンドは、 access-list 引数に指定されたアクセス リストと一致するすべての PIM コントロール メッセージをフィルタリングします。

コマンドは、Auto-RP アナウンスをフィルタリングしません。このコマンドは、PIM ネイバー間のコントロール メッセージをフィルタリングするためだけに使用されます。

コマンドより優先されます。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

現在のコンフィギュレーション セッションを終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show ip pim interface [ type number ]

 

Router# show ip pim interface

PIM 用に設定されたインターフェイスに関する情報を表示します。

このコマンドを使用して、PIM インターフェイスが動作しているモードを確認します。

マルチキャスト スタブ ルーティングを実装する設定例

ここでは、次の例を示します。

「例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装」

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装

ここでは、マルチキャスト スタブ ルーティングを実装する次の例について説明します。次の例では、PIM ネイバー フィルタおよび IGMP ヘルパーを使用したマルチキャスト スタブ ルーティングと、PIM パッシブ インターフェイスを使用したマルチキャスト スタブ ルーティングの設定を示しています。

「例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-DM)」

「例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-SM、スタティック RP)」

「例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-SSM)」

「例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(Bidir-PIM)」

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-DM)

次に、PIM-DM 環境におけるマルチキャスト スタブ ルーティングの設定例を示します。例は、図 1 に示されたトポロジに基づいています。

図 1 マルチキャスト スタブ ルーティングのトポロジ例(PIM-DM)

 

ディストリビューション ルータの設定

ip multicast-routing
!
interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-dense-mode
ip pim neighbor-filter 1 (or ip pim passive)
!
access-list 1 deny any

スタブ ルータの設定

ip multicast-routing
!
interface Vlan100
ip pim sparse-dense-mode
ip igmp helper-address 172.16.32.1
ip pim passive
!
interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-dense-mode

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-SM、スタティック RP)

次に、スタティック RP を使用する PIM-SM 環境におけるマルチキャスト スタブ ルーティングの設定例を示します。例は、図 2 に示されたトポロジに基づいています。

図 2 マルチキャスト スタブ ルーティングのトポロジ例(PIM-SM、スタティック RP)

 

ディストリビューション ルータの設定

ip multicast-routing
!
Interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-mode
ip pim neighbor-filter 1 (or ip pim passive)
!
access-list 1 deny any
!
ip pim rp-address 10.1.1.1

スタブ ルータの設定

ip multicast-routing
!
interface Vlan100
ip pim sparse-mode
ip igmp helper-address 172.16.32.1
ip pim passive
!
interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-mode
!
ip pim rp-address 10.1.1.1

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(PIM-SSM)

次に、PIM-SSM 環境におけるマルチキャスト スタブ ルーティングの設定例を示します。例は、図 3 に示されたトポロジに基づいています。

図 3 マルチキャスト スタブ ルーティングのトポロジ例(PIM-SSM)

 

ディストリビューション ルータの設定

ip multicast-routing
!
interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-mode
ip pim neighbor-filter 1 (or ip pim passive)
!
access-list 1 deny any
!
ip pim ssm default

スタブ ルータの設定

ip multicast-routing
!
interface Vlan100
ip pim sparse-mode
ip igmp helper-address 172.16.32.1
ip pim passive
!
interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-mode
!
ip pim ssm default

例:マルチキャスト スタブ ルーティングの実装(Bidir-PIM)

次に、スタティック RP を使用する Bidir-PIM 環境におけるマルチキャスト スタブ ルーティングの設定例を示します。例は、図 4 に示されたトポロジに基づいています。

図 4 マルチキャスト スタブ ルーティングのトポロジ例(Bidir-PIM)

 

ディストリビューション ルータの設定

ip multicast-routing
!
interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-mode
ip pim neighbor-filter 1 (or ip pim passive)
!
access-list 1 deny any
!
ip pim bidir-enable
ip pim rp-address 10.1.1.1 bidir

スタブ ルータの設定

ip multicast-routing
!
interface Vlan100
ip pim sparse-mode
ip igmp helper-address 172.16.32.1
ip pim passive
!
interface GigabitEthernet1/0
ip pim sparse-mode
!
ip pim bidir-enable
ip pim rp-address 10.1.1.1 bidir

その他の参考資料

関連資料

関連項目
参照先

IP マルチキャスト テクノロジー分野の概要

IP Multicast Technology Overview 』モジュール

PIM を使用して IP マルチキャスト ネットワークを設定する場合の概念、作業、および例

Configuring a Basic IP Multicast Network 』モジュール

IP マルチキャスト コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、デフォルト設定、コマンド履歴、使用に関する注意事項、および例

『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能がサポートする新しい MIB または変更された MIB はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

選択したプラットフォーム、Cisco ソフトウェア リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能がサポートする新しい RFC または変更された RFC はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

マルチキャスト スタブ ルーティング実装の機能情報

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。

ここに記載されていないこのテクノロジーの機能情報については、『 IP Multicast Features Roadmap 』を参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連のソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入されたソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 マルチキャスト スタブ ルーティング実装の機能情報

機能名
リリース
機能情報

PIM スタブ

12.2(37)SE
15.0(1)M
12.2(33)SRE
Cisco IOS XE 3.1.0SG

PIM スタブ機能は、PIM の passive モードで動作するようにインターフェイスを設定するための機能を導入します。これは、ルータがインターフェイス上で PIM メッセージを送信せず、このインターフェイス全体にわたる他のルータからの PIM メッセージを受け入れることを意味します。その代わりに、ネットワーク上で唯一の PIM ルータであることを考慮し、DR として、また(すべての Bidir-PIM グループの範囲に対して)DF として動作します。このモードは、主にマルチキャスト スタブ ルーティング シナリオで使用します。

ip pim passive コマンドが導入または変更されました。