IP マルチキャスト コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
Multicast Routing Monitor の使用
Multicast Routing Monitor の使用
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Multicast Routing Monitor の使用

機能情報の入手方法

この章の構成

Multicast Routing Monitor 使用の制約事項

Multicast Routing Monitor の概要

Multicast Routing Monitor の動作

Multicast Routing Monitor の利点

Multicast Routing Monitor の使用方法

Test Receiver の設定

Test Sender の設定

複数グループのモニタリング

Manager の設定

MRM テストの実施と結果の表示

MRM の設定例

MRM の設定:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

Multicast Routing Monitor 使用の機能情報

Multicast Routing Monitor の使用

Multicast Routing Monitor(MRM)は、大規模マルチキャスト ルーティング インフラストラクチャにおいてネットワーク障害検出および分離機能を提供する管理診断ツールです。テスト環境のマルチキャスト ルーティングの問題をネットワーク管理者に通知するように設計されています。

機能情報の入手方法

ご使用のソフトウェア リリースで、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報および警告については、ご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリースノートを参照してください。このモジュールに記載されている機能に関する情報を検索したり、各機能がサポートされているリリースに関するリストを参照したりするには、「Multicast Routing Monitor 使用の機能情報」を参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

Multicast Routing Monitor 使用の制約事項

テストの対象であり、基盤となるマルチキャスト フォワーディング ネットワークに、MRM データおよび制御トラフィックを拒否するアクセス リストや境界がないことを確認する必要があります。特に、次の要因を検討します。

MRM テスト データは、設定されたマルチキャスト グループ アドレスへアドレス指定された User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)および Real-Time Transport Protocol(RTP)パケットである。

Test Sender、Test Receiver、Manager 間の MRM 制御トラフィックは、3 個のコンポーネントがすべて加入する、224.0.1.111 マルチキャスト グループにアドレス指定されている。224.0.1.111 グループは、Internet Assigned Numbers Authority(IANA; インターネット割り当て番号局)登録済みのグループです。

制御トラフィックのフローを妨げるものがなにであるかを検討している場合、ソースおよびレシーバのユニキャスト IP アドレスを考慮する。

Multicast Routing Monitor の概要

MRM を使用する前に、次の概念を理解する必要があります。

「Multicast Routing Monitor の動作」

「Multicast Routing Monitor の利点」

Multicast Routing Monitor の動作

MRM には、異なる役割を果たす 3 個のコンポーネント、Manager、Test Sender、Test Receiver があります。テスト パケットを使用してマルチキャスト環境をテストするには、多くの場合、次に発生するマルチキャスト イベントの前に、3 つのコンポーネントすべてが必要です。

各種のテストに基づいてテストを作成し、テストに名前を付け、テストを開始します。バックグラウンドでテストは実行され、コマンド プロンプトが復帰します。

Test Receiver がエラーを検出した場合(パケット損失またはパケット重複など)、Test Receiver は Manager として設定されたルータにエラー レポートを送信します。Manager はただちに、エラー レポートを表示します( show ip mrm status-report コマンドも、エラーがあればエラー レポートを表示します)。マルチキャスト環境を、通常、ソースから Test Receiver へ mtrace コマンドを使用してトラブルシューティングします。 show ip mrm status-report コマンドがエラー レポートを表示しない場合は、Test Receiver は Test Sender からテスト パケットを損失や重複なしに受信しています。

シスコによる MRM の実証は、Multicast Routing Monitor(MRM)のインターネット ドラフトである『Internet Engineering Task Force (IETF), March 1999』をサポートします。IETF(IETF; インターネット技術特別調査委員会)は、本来、テスト パケットと実際のデータの両方を使用するように MRM を構想しました。技術的な問題のため、および、IETF ドラフトが進展しなかったことから、シスコの実装は実際のデータを使用しません。

Multicast Routing Monitor の利点

MRM の利点は、次のとおりです。

MRM によって、ネットワーク担当者はテスト用のホスト デバイスを使用することなくテスト フローを生成できます。

MRM は、マルチキャスト環境をイベントに先立って確認できます。問題の存在を明らかにするために、実際のマルチキャスト トラフィックが失敗するのを待つ必要がありません。計画されたイベントの前に、マルチキャスト ルーティング環境をテストできます。

MRM は簡単な診断を提供します。エラー情報は、ユーザが理解できるように簡単になっています。

MRM はスケーラブルです。この診断ツールは、多くのユーザで適切に機能します。

Multicast Routing Monitor の使用方法

ここでは、次の各手順について説明します。

「Test Receiver の設定」(必須)

「Test Sender の設定」(必須)

「複数グループのモニタリング」(任意)

「Manager の設定」(必須)

「MRM テストの実施と結果の表示」(必須)

Test Receiver の設定

次の作業を実行して、ルータまたはホストの Test Receiver を設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip mrm test-receiver

5. ip mrm accept-manager access-list

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip mrm test-receiver

 

Router(config-if)# ip mrm test-receiver

Test Receiver として動作するようにインターフェイスを設定します。

ステップ 5

ip mrm accept-manager access-list

 

Router(config-if)# ip mrm accept-manager supervisor

(任意)アクセス リストで指定された Manager からのステータス レポート要求だけを Test Receiver で受け付けるように指定します。

アクセス リストが必要です。アクセス リストは名前を付けることも番号を付けることもできます。

この例では、「supervisor」という名前のアクセス リストを使用します。アクセス リストは、設定済みであると推定されます。

Test Sender の設定

次の作業を実行して、Test Receiver を設定したのとは別のルータまたはホストで Test Sender を設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip mrm test-sender

5. ip mrm accept-manager [ access-list ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip mrm test-sender

 

Router(config-if)# ip mrm test-sender

Test Sender として動作するようにインターフェイスを設定します。

ステップ 5

ip mrm accept-manager [ access-list ]

 

Router(config-if)# ip mrm accept-manager supervisor

(任意)アクセス リストで指定された Manager からのステータス レポート要求だけを Test Sender で受け付けるように指定します。

この例では、「supervisor」という名前のアクセス リストを使用します。アクセス リストは、設定済みであると推定されます。

複数グループのモニタリング

モニタリングするマルチキャスト グループが複数ある場合、あるグループの Test Sender であり、かつ別のグループの Test Receiver としてインターフェイスを設定できます。

図 1 に示す環境では、左のルータは Group A の Test Sender であり、かつ Group B の Test Receiver です。

図 1 1 つのルータ上の異なるグループの Test Sender および Test Receiver

 

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip mrm test-sender-receiver

5. ip mrm accept-manager access-list [ test-sender | test-receiver ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip mrm test-sender-receiver

 

Router(config-if)# ip mrm test-sender-receiver

あるグループの Test Sender として、かつ別のグループの Test Receiver として動作するようにインターフェイスを設定します。

ステップ 5

ip mrm accept-manager access-list [ test-sender | test-receiver ]

 

Router(config-if)# ip mrm accept-manager supervisor test-sender

(任意)アクセス リストで指定された Manager からのステータス レポート要求だけを Test Sender または Test Receiver で受け付けるように指定します。

デフォルトで、コマンドは Test Sender と Test Receiver の両方に適用されます。このデバイスは両方であるため、 test-sender キーワードまたは test-receiver キーワードを指定して、Test Sender だけ、または Test Receiver だけに制限が適用されるように指定する必要があります。

Manager の設定

MRM が機能するように、次の作業を実行して、ルータを Manager として設定します。


) ホストは Manager になれません。


手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip mrm manager test-name

4. manager type number group ip-address

5. beacon [ interval seconds ] [ holdtime seconds ] [ ttl ttl-value ]

6. udp-port [ test-packet port-number ] [ status-report port-number ]

7. senders access-list [ packet-delay milliseconds ] [ rtp | udp ] [ target-only | all-multicasts | all-test-senders ]

8. receivers access-list sender-list access-list [ packet-delay ]

9. receivers access-list [ window seconds ] [ report-delay seconds ] [ loss percentage ] [ no-join ] [ monitor | poll ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip mrm manager test-name

 

Router(config)# ip mrm manager test1

作成または修正する MRM テストの名前を指定し、MRM マネージャ コンフィギュレーション モードを開始します。

テスト名はテストの開始、停止、およびモニタリングに使用されます。

MRM マネージャ コンフィギュレーション モードで、テストのパラメータを指定します。

ステップ 4

manager type number group ip-address

 

Router(config-mrm-manager)# manager ethernet 0 group 239.1.1.1

ルータのどのインターフェイスが Manager であるかを指定し、Test Receiver がリッスンするマルチキャスト グループ アドレスを指定します。

ステップ 5

beacon [ interval seconds ] [ holdtime seconds ] [ ttl ttl-value ]

 

Router(config-mrm-manager)# beacon interval 60

(任意)Manager が Test Sender および Test Receiver に送信するビーコン メッセージの頻度、継続時間、または、スコープを変更します。

デフォルトで、ビーコン メッセージは 60 秒の間隔で送信されます。

デフォルトで、テスト期間の継続は、86400 秒(1 日)です。

デフォルトで、Time-To-Live(TTL; 存続可能時間)は 32 ホップです。

ステップ 6

udp-port [test-packet port-number] [status-report port-number]

 

Router(config-mrm-manager)# udp-port test-packet 20202

(任意)UDP ポート番号を、Test Sender がテスト パケットを送信する先、または Test Receiver がステータス レポートを送信する先に変更します。

オプションの test-packet キーワード、および port-number 引数を使用して、UDP ポートを Test Sender のテスト パケット送付先に変更します。パケットが Real-Time Transport Protocol(RTP)カプセル化されている場合、ポート番号は偶数である必要があります。値の範囲は 16384 ~ 65535 です。

デフォルトで、Test Sender は UDP ポート番号 16834 を使用してテスト パケットを送信します。

オプションの status-report キーワード、および port-number 引数を使用して、UDP ポートを Test Receiver のステータス レポート送付先に変更します。パケットが RTP Control Protocol(RTCP)カプセル化されている場合、ポート番号は奇数である必要があります。値の範囲は 16834 ~ 65535 です。

デフォルトで、Test Receiver は UDP ポート番号 65535 を使用してステータス レポートを送信します。

ステップ 7

senders access-list [packet-delay milliseconds] [rtp | udp] [target-only | all-multicasts | all-test-senders]

 

Router(config-mrm-manager)# senders 1 packet-delay 30 udp all-test-senders

MRM テスト用の Test Sender を作成します。

オプションの packet-delay キーワード、および milliseconds 引数を使用してテスト パケット間の遅延を設定します(ミリ秒単位)。値の範囲は 50 ~ 10000 です。デフォルトは 200 ミリ秒です。その結果、1 秒当たり 5 パケットになります。

オプションの rtp キーワード、または udp キーワードを使用して、Real-Time Transport Protocol(RTP)カプセル化、または User Datagram Protocol(UDP)カプセル化のいずれかに、テスト パケットのカプセル化を指定します。デフォルトでテスト パケットは RTP カプセル化されます。

オプションの target-only キーワードを使用して、テスト パケットがターゲットのインターフェイスだけ(つまり、Test Sender の要求ターゲット フィールドで指定された IP アドレスのインターフェイス)から送信されることを指定します。デフォルトで、テスト パケットは、IP マルチキャストがイネーブルであるすべてのインターフェイスから送信されます。

オプションの all-multicasts キーワードを使用して、テスト パケットが IP マルチキャストがイネーブルであるすべてのインターフェイスから送信されることを指定します。これは、テスト パケット送信のデフォルトの方式です。

オプションの all-test-senders キーワードを使用して、テスト パケットが test-sender モードがイネーブルであるすべてのインターフェイスから送信されることを指定します。デフォルトで、テスト パケットは、IP マルチキャストがイネーブルであるすべてのインターフェイスから送信されます。

ステップ 8

receivers access-list sender-list access-list [ packet-delay ]

 

Router(config-mrm-manager)# receivers 1 sender-list 3

MRM テストの Test Receiver を作成します。

引数を使用して Test Receiver がモニタリングするソースを指定する必要があります。

sender-list キーワード、および access-list を使用して、Test Receiver がモニタリングするソースを指定します。名前付きまたは番号付きのアクセス リストが、 senders コマンドで指定された任意のアクセス リストに合致する場合、その senders コマンドの packet-delay milliseconds キーワードおよび引数が MRM テストに使用されます。合致しない場合は、 receivers コマンドは、 packet-delay 引数で遅延が指定されることを要求します。

オプションの packet-delay キーワードを使用してテスト パケット間の遅延を設定します(ミリ秒単位)。値の範囲は 50 ~ 10000 です。 sender-list アクセス リストが senders コマンドで指定された任意のアクセス リストに合致する場合、関連する senders コマンドの packet-delay milliseconds キーワードと引数がこのコマンドで使用されます。合致しない場合は、 receivers コマンドは、 packet-delay 引数で遅延が指定されることを要求します。

ステップ 9

receivers access-list [ window seconds ] [ report-delay seconds ] [ loss percentage ] [ no-join ] [ monitor | poll ]

 

Router(config-mrm-manager)# receivers 1 window 7 report-delay 30

(任意)Test Receiver のパラメータを変更します。

オプションの window キーワード、および seconds 引数を使用して、テスト期間の継続(秒単位)を指定します。これは、損失割合の計算のためにパケット カウントが収集される時間のスライディング ウィンドウです。値の範囲は 1 ~ 10 です。デフォルト値は 5 秒です。

オプションの report-delay キーワード、および seconds 引数を使用して、ステータス レポート間の遅延(秒単位)を指定します。この遅延により、同じ障害に対して複数の Test Receiver が Manager へステータス レポートを同時に送信する事態を防止できます。この値は、複数の Test Receiver があるかどうかだけに関係しています。値の範囲は 1 ~ 60 です。デフォルトは 1 秒です。

オプションの loss キーワード、および percentage 引数を使用して、ステータス レポートがトリガーされる前に必要とされる、パケット損失の割合のしきい値を指定します。値の範囲は 0 ~ 100 です。デフォルト値は 0 % です。これは、すべてのパケット損失に対してステータス レポートが送信されることを意味します。

オプションの no-join キーワードを使用して、Test Receiver がモニタリングされるグループに加入しないことを指定します。デフォルトは、Test Receiver がモニタリングされるグループに加入することです。

オプションの monitor キーワード、または poll キーワードを使用して Test Receiver がテスト グループをモニタリングするか、またはレシーバ統計情報をポーリングするかを指定します。 monitor キーワードは、テスト基準に合致したときにだけ Test Receiver が報告することを意味します。 poll キーワードは、テスト基準に合致してもしなくも、Test Receiver がステータス レポートを定期的に送信することを意味します。デフォルトは、 monitor キーワードで指定される動作です。

MRM テストの実施と結果の表示

Manager の役割を果たしているルータから、MRM テストを開始および停止できます。MRM テストを開始し、その後停止するには、次の作業を実行します。

テストが開始されると、Manager はユニキャスト制御パケットを Test Sender および Test Receiver に送信し、次にビーコンの送信を開始します。Test Sender および Test Receiver は確認応答を Manager に送信し、テスト パケットの送信または受信を開始します。エラーが発生したときは、Test Receiver はエラー レポートを Manager に送信し、Manager はただちにレポートを表示します。

手順の概要

1. enable

2. clear ip mrm status-report [ ip-address ]

3. show ip mrm interface [ type number ]

4. show ip mrm manager [ test-name ]

5. mrm test-name start

6. mrm test-name stop

7. show ip mrm status-report [ ip-address ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

clear ip mrm status-report [ ip-address ]

 

Router# clear ip mrm status-report 172.16.0.0

(任意)MRM ステータス レポート キャッシュをクリアします。

ステップ 3

show ip mrm interface [ type number ]

 

Router# show ip mrm interface Ethernet 1

(任意)インターフェイスに関連する MRM 情報を表示します。

MRM テストを開始する前にこのコマンドを使用して、インターフェイスが MRM に参加していること、その役割はなにか、また、インターフェイスがアップなのかダウンなのかを確認します。

ステップ 4

show ip mrm manager [ test-name ]

 

Router# show ip mrm manager test1

(任意)MRM テストに関する情報を表示します。

MRM テストを開始する前にこのコマンドを使用して、MRM ステータス情報と MRM テストに設定されたパラメータを確認します。

ステップ 5

mrm test-name start

 

Router# mrm test1 start

MRM テストを開始します。

ステップ 6

mrm test-name stop

 

Router# mrm test1 stop

MRM テストを停止します。

ステップ 7

show ip mrm status-report [ ip-address ]

 

Router# show ip mrm status-report

(任意)MRM ステータス レポート キャッシュのステータス レポートを表示します。

MRM の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「MRM の設定:例」

MRM の設定:例

図 2 に、MRM 環境の Test Sender、Test Receiver、および Manager を示します。3 つのデバイスの設定の一部を図の次に示します。

図 2 MRM の例のトポロジ

 

Test Sender の設定

interface Ethernet 0
ip mrm test-sender

Test Receiver の設定

interface Ethernet 0
ip mrm test-receiver

Manager の設定

ip mrm manager test1
manager Ethernet 1 group 239.1.1.1
senders 1
receivers 2 sender-list 1
!
access-list 1 permit 10.1.1.2
access-list 2 permit 10.1.4.2

その他の参考資料

次の項では、MRM の使用の参考資料を示します。

関連資料

関連項目
参照先

IP マルチキャスト コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用に関する注意事項、および例

『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

規格

規格
タイトル

draft-ietf-mboned-mrm-use-00.txt

『Justification and Use of the Multicast Routing Monitor (MRM) Protocol』

MIB

MIB
MIB リンク

この機能がサポートする新しい MIB または変更された MIB はありません。また、この機能で変更された既存 MIB のサポートはありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能がサポートする新しい RFC または変更された RFC はありません。また、この機能で変更された既存 RFC のサポートはありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

Multicast Routing Monitor 使用の機能情報

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。この表には、Cisco IOS Release 12.2(1) 以降のリリースで導入または変更された機能だけを示します。

ここに記載されていないこのテクノロジーの機能情報については、『 IP Multicast Features Roadmap 』を参照してください。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 Multicast Routing Monitor 使用の機能情報

機能名
リリース
機能情報

Cisco IOS Release 12.2(1) 以降にこのモジュールで導入または変更された機能はないため、この表は空白になっています。モジュールに機能情報が追加されると、この表は更新されます。

--

--