IP マルチキャスト コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定
ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定

この章の構成

ブロードキャスト専用ネットワーク間で中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定するための前提条件

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定の概要

中間 IP マルチキャスト ヘルパーの機能

ブロードキャスト専用ネットワーク間で中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定する方法

ブロードキャスト トラフィックを IP マルチキャスト トラフィックに変換するファースト ホップ ルータの設定

前提条件

マルチキャスト トラフィックをブロードキャスト トラフィックに再変換するラスト ホップ ルータの設定

前提条件

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定例

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定の機能情報

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定

マルチキャスト対応インターネットワークが、ブロードキャスト専用のホストを持つ 2 つのサブネット間に設定されている場合、ファースト ホップ ルータでブロードキャスト トラフィックを IP マルチキャスト トラフィックに変換し、ラスト ホップ ルータでまたブロードキャスト トラフィックに戻すと、パケットをブロードキャスト クライアントへ配信できます。このようにして、中間 IP マルチキャスト ヘルパーのマルチキャスト機能を活用できます。中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定すると、IP マルチキャスト対応ネットワークを介したブロードキャスト パケットの転送が可能になるため、中間ルータでの不要な複製を回避できます。

この章で紹介する機能情報の入手方法

ご使用の Cisco OS ソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報および警告については、ご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリースノートを参照してください。このモジュールで説明される特定機能に関する情報へのリンク、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定の機能情報」を参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ブロードキャスト専用ネットワーク間で中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定するための前提条件

IP Multicast Technology Overview 』モジュールで説明している概念を理解している。

ネットワーク環境で IP マルチキャストを設定しており、その IP マルチキャスト ネットワークがブロードキャスト専用ネットワーク間に存在している。IP マルチキャストの設定の詳細については、『 Configuring Basic IP Multicast 』モジュールを参照してください。

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定の概要

ブロードキャスト専用ネットワーク間で中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定するには、次の概念を理解している必要があります。

「中間 IP マルチキャスト ヘルパーの機能」

中間 IP マルチキャスト ヘルパーの機能

中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定すると、IP マルチキャスト対応ネットワークを介したブロードキャスト パケットの転送が可能になるため、中間ルータでの不要な複製を回避できます。

ブロードキャスト専用ネットワーク間で中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定する場合は、ファースト ホップ ルータでブロードキャスト トラフィックを IP マルチキャスト トラフィックに変換し、ラスト ホップ ルータで IP マルチキャスト トラフィックをブロードキャスト トラフィックに戻すように設定する必要があります。

ブロードキャスト専用ネットワーク間で中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定する方法

ここでは、次の各手順について説明します。

「ブロードキャスト トラフィックを IP マルチキャスト トラフィックに変換するファースト ホップ ルータの設定」(必須)

「マルチキャスト トラフィックをブロードキャスト トラフィックに再変換するラスト ホップ ルータの設定」(必須)

ブロードキャスト トラフィックを IP マルチキャスト トラフィックに変換するファースト ホップ ルータの設定

次の作業を実行して、ファースト ホップ ルータでブロードキャスト トラフィックを IP マルチキャスト トラフィックに変換します。ファースト ホップ ルータは、ブロードキャスト専用ネットワークと IP マルチキャスト ネットワークの境界にあります。

前提条件

この作業は、2 つのブロードキャスト専用ネットワーク間で IP マルチキャスト ネットワークを設定していることを前提とします IP マルチキャストの設定の詳細については、『 Configuring Basic IP Multicast 』モジュールを参照してください。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. access-list access-list-number { deny | permit } udp { any | [ host ] source-address source-wildcard } [ operator [ port ]] { any | [ host ] destination-address destination-wildcard } [ operator [ port ]]

4. interface type number

5. ip multicast helper-map broadcast group-address access-list

6. exit

7. ip forward-protocol udp [ port ]

8. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

access-list access-list-number { deny | permit } udp { any | [ host ] source-address source-wildcard } [ operator [ port ]] { any | [ host ] destination-address destination-wildcard } [ operator [ port ]]

 

Router# access-list 105 permit udp host 126.1.22.199 host 126.1.22.255 eq 4000

どの UDP ブロードキャスト パケットを変換するのかを制御する拡張 IP アクセス リストを作成します。

』モジュールを参照してください。

ステップ 4

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 0

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

引数 type および number には、ファースト ホップ ルータでブロードキャスト専用トラフィックを受信している着信インターフェイスを選択します。

ステップ 5

ip multicast helper-map broadcast group-address access-list

 

Router(config-if)# ip multicast helper-map broadcast 239.254.2.5 105

2 つのブロードキャスト専用インターネットワーク間にあるマルチキャスト対応インターネットワークで、IP マルチ キャスト ルーティングを許可します。

ファースト ホップ ルータの設定で、 ip multicast helper-map コマンドを broadcast キーワードおよび group-address 引数とともに使用し、ブロードキャストからマルチキャストに変換するトラフィックを指定します。 group-address 引数に指定されたマルチキャスト グループ アドレスは、変換されたトラフィックの転送先アドレスです。

access-list 引数には、この作業のステップ 3 で作成したアクセス リストの名前または番号を指定します。

コマンドの形式は、ラスト ホップ ルータの設定で使用されるコマンドの形式と異なります。この作業の例については、「ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定:例」を参照してください。

ステップ 6

exit

 

Router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 7

ip forward-protocol udp [port]

 

Router(config)# ip forward-protocol udp 4000

指定したポートを宛先とする UDP ブロードキャスト メッセージのフォワーディングを設定します。

ステップ 8

end

 

Router(config)# end

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

マルチキャスト トラフィックをブロードキャスト トラフィックに再変換するラスト ホップ ルータの設定

次の作業を実行して、ラスト ホップ ルータで IP マルチキャスト トラフィックをブロードキャスト トラフィックに再変換します。ラスト ホップ ルータは、中間 IP マルチキャスト ネットワークとブロードキャスト専用ネットワークの境界にあります。

前提条件

この作業は、2 つのブロードキャスト専用ネットワーク間で IP マルチキャスト ネットワークを設定していることを前提とします IP マルチキャストの設定の詳細については、『 Cisco IOS IP Multicast Configuration Guide 』の『 Configuring Basic IP Multicast 』モジュールを参照してください。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. access-list access-list-number { deny | permit } udp { any | [ host ] source-address source-wildcard } [ operator [ port ]] { any | [ host ] destination-address destination-wildcard } [ operator [ port ]]

4. interface type number

5. ip multicast helper-map group-address broadcast-address access-list

6. exit

7. interface type number

8. ip directed-broadcast

9. exit

10. ip forward-protocol udp [ port ]

11. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

access-list access-list-number { deny | permit } udp { any | [ host ] source-address source-wildcard } [ operator [ port ]] { any | [ host ] destination-address destination-wildcard } [ operator [ port ]]

 

Router# access-list 105 permit udp host 126.1.22.199 host 126.1.22.255 eq 4000

どの UDP ブロードキャスト パケットを変換するのかを制御する拡張 IP アクセス リストを作成します。

』モジュールを参照してください。

ステップ 4

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 1

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

引数 type および number には、ラスト ホップ ルータで IP マルチキャスト トラフィックを受信している着信インターフェイスを選択します。

ステップ 5

ip multicast helper-map group-address broadcast-address access-list

 

Router(config-if)# ip multicast helper-map 239.254.2.5 126.1.28.255 105

2 つのブロードキャスト専用インターネットワーク間にあるマルチキャスト対応インターネットワークで、IP マルチ キャスト ルーティングを許可します。

ラスト ホップ ルータの設定で、 ip multicast helper-map コマンドを引数 group-address および broadcast-address とともに使用し、IP マルチキャストからブロードキャストに変換するトラフィックを指定します。 group-address 引数に指定されたマルチキャスト グループ アドレスは、IP マルチキャストからブロードキャストに変換されるトラフィックのアドレスです。 broadcast-address 引数に指定されたブロードキャスト アドレスは、ブロードキャスト トラフィックの送信先アドレスです。

access-list 引数には、この作業のステップ 3 で作成したアクセス リストの名前または番号を指定します。

コマンドの形式は、ラスト ホップ ルータの設定で使用されるコマンドの形式と異なります。この作業の例については、「ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定:例」を参照してください。

ステップ 6

exit

 

Router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーションを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 7

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 2

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

引数 type および number には、宛先のブロードキャスト専用サブネット側にあるラスト ホップ ルータの発信インターフェイスを選択します。

ステップ 8

ip directed-broadcast

 

Router(config-if)# ip directed-broadcast

ダイレクト ブロードキャストの物理ブロードキャストへの変換をイネーブルにします。

ステップ 9

exit

 

Router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーションを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 10

ip forward-protocol udp [port]

 

Router(config)# ip forward-protocol udp 4000

指定したポートを宛先とする UDP ブロードキャスト メッセージのフォワーディングを設定します。

ステップ 11

end

 

Router(config)# end

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定:例」

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定:例

次に、ブロードキャスト専用ネットワーク間で中間 IP マルチキャスト ヘルパーを設定する例を示します。この例で使用されているトポロジを図 1 に示します。

図 1 IP マルチキャスト ヘルパーのトポロジ例

 

この例では、ルータ A のイーサネット インターフェイス 0 に接続された LAN 上のサーバが、UDP ブロードキャスト トラフィックを送信しています。ソース アドレスは 126.1.22.199、宛先アドレスは 126.1.22.255:4000 です。ファースト ホップ ルータの設定により、宛先が UDP ポート 4000 である着信イーサネット インターフェイス 0 に到着したブロードキャスト トラフィックが、IP マルチキャスト トラフィックへ変換されます。アクセス リストによって、サーバ 126.1.22.199 から 126.1.22.255:4000 へのトラフィックの送信が許可されます。トラフィックは、グループ アドレス 239.254.2.5 へ送信されます。 ip forward-protocol コマンドは、UDP ポート 4000 を宛先とするブロードキャスト メッセージのフォワーディングを指定します。


) この例は、主に中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定に関連した設定を示しています。この例で使用されているマルチキャスト プロトコルは Protocol Independent Multicast-Sparse Mode(PIM-SM; PIM スパース モード)です。PIM-SM では、Rendezvous Point(RP; ランデブー ポイント)を使用する必要があります。RP の設定の詳細については、『Cisco IOS IP Multicast Configuration Guide』の『Configuring Basic IP Multicast』モジュールを参照してください。


ラスト ホップ ルータの設定により、着信イーサネット インターフェイス 1 の IP マルチキャスト トラフィックが、発信イーサネット インターフェイス 2 でブロードキャスト トラフィックへ再変換されます。マルチキャスト ネットワークで発生するすべてのマルチキャスト トラフィックではなく、宛先が 126.1.22.255:4000 のトラフィックだけがマルチキャストからブロードキャストへ変換されることに注意してください。

ルータ A とルータ C の設定は、次のとおりです。

ルータ A:ファースト ホップ ルータの設定

interface ethernet 0
ip address 126.1.22.1 255.255.255.0
ip pim sparse-mode
ip multicast helper-map broadcast 239.254.2.5 105
access-list 105 permit udp host 126.1.22.199 host 126.1.22.255 eq 4000
ip forward-protocol udp 4000

ルータ C:ラスト ホップ ルータの設定

interface ethernet 1
ip address 126.1.26.1 255.255.255.0
ip pim sparse-mode
ip multicast helper-map 239.254.2.5 126.1.28.255 105
!
interface ethernet 2
ip address 126.1.28.1 255.255.255.0
ip directed-broadcast
access-list 105 permit udp host 126.1.22.199 any eq 4000
ip forward-protocol udp 4000

その他の参考資料

ここでは、ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定に関する参考資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

基本的な IP マルチキャストの概念、設定作業、および例

Configuring Basic IP Multicast 』モジュール

IP マルチキャスト テクノロジー分野の概要

IP Multicast Technology Overview 』モジュール

IP マルチキャスト コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、コマンド デフォルト設定、使用に関する注意事項、および例

『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能がサポートする新しい MIB または変更された MIB はありません。また、この機能で変更された既存 MIB のサポートはありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能がサポートする新しい RFC または変更された RFC はありません。また、この機能で変更された既存 RFC のサポートはありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

ブロードキャスト専用ネットワーク間の中間 IP マルチキャスト ヘルパーの設定の機能情報

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。この表には、Cisco IOS Release 12.2(1)、12.0(3)S、または以降のリリースで導入または変更された機能だけを示します。

ここに記載されていないこのテクノロジーの機能情報については、『 IP Multicast Features Roadmap 』を参照してください。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 ブロードキャスト専用ネットワーク間の IP マルチキャスト ヘルパーの設定の機能情報

機能名
リリース
機能情報

Cisco IOS Release 12.2(1) 以降にこのモジュールで導入または変更された機能はないため、この表は空白になっています。モジュールに機能情報が追加されると、この表は更新されます。

--

--