IP マルチキャスト コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
PGMホストおよびルータ アシストの設定
PGMホストおよびルータ アシストの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

PGMホストおよびルータ アシストの設定

PGM の概要

PGM ホスト設定作業リスト

前提条件

PGM ホストのイネーブル化

仮想ホスト インターフェイスを使用する PGM ホストのイネーブル化

物理インターフェイスを使用する PGM ホストのイネーブル化

PGM ホスト設定の確認

PGM ルータ アシスト設定作業リスト

前提条件

PGM ルータ アシストのイネーブル化

仮想ホスト インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストのイネーブル化

物理 Interface を使用する PGM ルータ アシストのイネーブル化

PGM ホストおよびルータ アシスト機能のモニタリングおよびメンテナンス

PGM ホスト機能のモニタリングおよびメンテナンス

PGM ルータ アシスト機能のモニタリングおよびメンテナンス

PGM ホストおよびルータ アシスト機能の設定例

仮想インターフェイスを使用する PGM ホストの例

物理インターフェイスを使用する PGM ホストの例

仮想インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例

物理インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例

PGMホストおよびルータ アシストの設定


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


このモジュールでは、PGM ホストおよびルータ アシスト機能について説明します。PGM ホストおよびルータ アシスト機能によって、Cisco ルータは、PGM トランスポート レイヤおよび PGM ネットワーク レイヤで動作するマルチキャスト アプリケーションを個々にサポートできます。

PGM Reliable Transport Protocol は、顧客のホスト上に実装されます。PGM Reliable Transport Protocol の詳細については、Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員)プロトコル仕様ドラフトである『 PGM Reliable Transport Protocol Specification 』を参照してください。

このモジュールの PGM ルータ アシスト コマンドの詳細については、『 Cisco IOS IP Multicast Command Reference 』を参照してください。このモジュールで使用される他のコマンドの説明については、コマンド リファレンスのマスター索引を参照するか、またはオンラインで検索してください。

機能に関連付けられたハードウェア プラットフォームまたはソフトウェア イメージの情報を識別するには、Cisco.com の Feature Navigator を使用して機能についての情報を検索するか、特定のリリースのソフトウェア リリースノートを参照してください。

PGM の概要

Pragmatic General Multicast(PGM)は、複数のソースから複数のレシーバへ、信頼性があり、順序づけられた、重複のないマルチキャスト データ配信が必要な複製マルチキャスト アプリケーションのための信頼性の高いマルチキャスト トランスポート プロトコルです。PGM は、マルチキャスト グループの各レシーバが送信および再送信からすべてのデータ パケットを受信でき、そうでない場合は、回復不能なデータ パケット損失を検出できることを保証します。PGM は、基本的な信頼性の必要なマルチキャスト アプリケーションのソリューションを意図しています。PGM は、ホスト エレメント(PGM プロトコルのトランスポート レイヤとも呼ばれる)とネットワーク エレメント(PGM プロトコルのネットワーク レイヤとも呼ばれる)の 2 つの主要な部分からなります。

PGM プロトコルのトランスポート レイヤは、ソース パートとレシーバ パートの 2 つの主要な部分からなります。トランスポート レイヤは、データ マルチキャスト アプリケーションが、複数のソースから複数のレシーバへ、信頼性があり、順序づけられた、重複のないマルチキャスト データを送受信する方法を定義します。PGM ホスト機能は、PGM プロトコルのトランスポート レイヤのシスコによる実装です。

PGM プロトコルのネットワーク レイヤは、中継ネットワーク デバイス(ルータやスイッチなど)が PGM トランスポート データをネットワークを経由するデータ フローとして処理する方法を定義します。PGM ルータ アシスト機能は、PGM プロトコルのネットワーク レイヤのシスコによる実装です。


) PGM には、PGM トランスポート データがネットワークを伝送されるときに、ルータおよびスイッチの処理を支援するエレメントが含まれています。ルータ アシスト エレメントとは異なり、ホスト エレメントには、現在、実質的なアプリケーションがありません。


PGM は、ネットワーク レイヤから独立しており、Cisco IOS ソフトウェアの PGM ホストおよびルータ アシスト機能は PGM over IP をサポートしています。PGM ホストおよびルータ アシスト機能は、個々の PGM セッションを識別する固有の Transport Session Identifier(TSI; トランスポート セッション ID)を使用します。

図 1 に、PGM ホストおよびルータ アシスト機能を使用する単純なネットワーク トポロジを示します。

図 1 PGM ホストおよびルータ アシスト機能を使用するネットワークのトポロジ

 

ルータがネットワーク エレメントとして機能し(PGM ルータ アシストが設定されている)、PGM ホストが設定されている場合は(図 1 のルータ A )、ルータは仮想 PGM ホストとして受信した PGM パケットを処理し、PGM パケットを作成し、自身のファースト ホップ PGM ネットワーク エレメントとして機能し、受信した PGM パケットを転送できます。

ルータがネットワーク エレメントとして機能し、PGM ホストが設定されていない場合は(図 1 のルータ B)ルータは受信した PGM パケットを、PGM ルータ アシスト パラメータで指定されたとおりに転送します。

ルータがネットワーク エレメントとして機能せず、PGM ホストとして設定されている場合は(図 1 のルータ C)、ルータは、同時に任意のルータ インターフェイス上でパケットを受信し、PGM ホスト機能パラメータで指定されたとおりに転送します。この設定はサポートされていますが、PGM ホストは PGM ルータ アシストが設定されたルータで最適に機能するため PGM ネットワークでは推奨されません。

PGM ホスト設定作業リスト


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


PGM ホストを設定するには、以降の項で説明する作業を実行します。最初の項の作業は必須ですが、残りの項の作業は任意です。

PGM ホストのイネーブル化(必須)

PGM ホスト設定の確認(任意)

このモジュールの最後にあるセクションPGM ホストおよびルータ アシスト機能の設定例を参照してください。

前提条件

PGM ホストを設定する前に、次の作業が実施されていることを確認します。

ネットワークに接続されたホストに、PGM Reliable Transport Protocol が設定されている。

ネットワークに接続された中継ルータおよびスイッチに、PGM ルータ アシストが設定されている。

PGM ホストを設定するルータを含め、ネットワークに接続された、IP マルチキャスト トラフィックを処理するすべてのデバイスに IP マルチキャスト ルーティングが設定されている。

Protocol Independent Multicast(PIM)または別の IP マルチキャスト ルーティング プロトコルが、ネットワークの IP マルチキャスト パケットを送受信する PGM インターフェイスそれぞれに設定されている。

PGM マルチキャスト virtual host interface(vif; 仮想ホスト インターフェイス)は、ルータで設定されます(ルータに設置された物理インターフェイスを通じて PGM パケットを探り当てようとしていない場合)。vif を使用することで、ルータのマルチキャスト ルーティング テーブルの要求に合わせて、ルータは複数の異なるインターフェイスに同時に IP マルチキャスト パケットを送受信できます。

PGM ホストのイネーブル化


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


ルータで PGM ホストをイネーブルにすると、vif を通じて、またはルータに設置された物理インターフェイスから PGM パケットを探り当てる必要があります。

vif を通じて PGM パケットを探り当てることによって、ルータは他のルータ インターフェイスを通じて PGM パケットを送受信できます。vif も、PGM ネットワーク レイヤに常駐するマルチキャスト アプリケーションへのインターフェイスとして機能します。

特定の物理インターフェイス タイプまたは論理インターフェイス タイプ(たとえば、イーサネット、またはループバック インターフェイスなど)から IP マルチキャスト トラフィックを探り当てることにより、ルータは、PGM パケットを該当するインターフェイスだけから送信し、任意のルータ インターフェイスでパケットを受信するように設定されます。

仮想ホスト インターフェイスを使用する PGM ホストのイネーブル化

ルータで PGM ホストをグローバルにイネーブルにし、vif を通じて PGM パケットを探り当てるようにルータを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的
Router(config)# ip pgm host

PGM ホスト(PGM ネットワーク レイヤのソース パートとレシーバ パートの両方)をルータでグローバルにイネーブルにし、vif を通じて PGM パケットを探り当てるようにルータを設定します。

グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用する必要があります。使用しない場合は、ルータは PGM パケットを探り当てるために vif を使用することを認識できず、PGM ホストはそのルータでイネーブルになりません。

 

仮想インターフェイスを使用する PGM ホストをイネーブルにする例については、このモジュールで後述する、「仮想インターフェイスを使用する PGM ホストの例」を参照してください。

物理インターフェイスを使用する PGM ホストのイネーブル化

ルータで PGM ホストをグローバルにイネーブルにし、物理インターフェイスを通じて PGM パケットを探り当てるようにルータを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# ip pgm host

PGM ホスト(PGM ネットワーク レイヤのソース パートとレシーバ パートの両方)をルータでグローバルにイネーブルにします。

ステップ 2

Router(config)# ip pgm host source-interface type number

物理インターフェイス(または論理インターフェイス)を通じて PGM パケットを探り当てるようにルータを設定します。

物理インターフェイスを使用する PGM ホストをイネーブルにする例については、このモジュールで後述する、「物理インターフェイスを使用する PGM ホストの例」を参照してください。

PGM ホスト設定の確認


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


PGM ホストがルータで正しく設定されていることを確認するには、EXEC モードで次の show コマンドを使用します。

show ip pgm host sessions コマンドを使用して、現在のオープンな PGM トランスポート セッションの情報を表示します。

Router> show ip pgm host sessions
 
Idx GSI Source Port Type State Dest Port Mcast Address
1 000000000000 0 receiver listen 48059 224.3.3.3
2 9CD72EF099FA 1025 source conn 48059 224.1.1.1
 

show ip pgm host sessions コマンドで、トラフィック セッション番号またはマルチキャスト IP アドレスを指定して、該当する PGM トランスポート セッションに固有の情報を表示します。

Router> show ip pgm host sessions 2
 
Idx GSI Source Port Type State Dest Port Mcast Address
2 9CD72EF099FA 1025 source conn 48059 224.1.1.1
 
stream-type (apdu), ttl (255)
 
spm-ambient-ivl (6000), txw-adv-secs (6000)
txw-adv-timeout-max (3600000), txw-rte (16384), txw-secs (30000)
ncf-max (infinite), spm-rpt-ivl (3000), ihb-min (1000)
ihb-max (10000), join (0), tpdu-size (16384)
txw-adv-method (time), tx-buffer-mgmt (return)
 
ODATA packets sent 0
bytes sent 0
RDATA packets sent 0
bytes sent 0
Total bytes sent 0
ADPUs sent 0
APDU transmit memory errors 0
SPM packets sent 6
NCF packets sent 0
NAK packets received 0
packets received in error 0
General bad packets 0
TX window lead 0
TX window trail 0
 

show ip pgm host traffic コマンドを使用して、PGM トランスポート レイヤのトラフィック統計情報を表示します。

Router> show ip pgm host traffic
 
General Statistics :
 
Sessions in 0
out 0
Bytes in 0
out 0
 
Source Statistics :
 
ODATA packets sent 0
bytes sent 0
RDATA packets sent 0
bytes sent 0
Total bytes sent 0
ADPUs sent 0
APDU transmit memory errors 0
SPM packets sent 0
NCF packets sent 0
NAK packets received 0
packets received in error 0
 
Receiver Statistics :
ODATA packets received 0
packets received in error 0
valid bytes received 0
RDATA packets received 0
packets received in error 0
valid bytes received 0
Total valid bytes received 0
Total bytes received in error 0
ADPUs received 0
SPM packets received 0
packets received in error 0
NCF packets received 0
packets received in error 0
NAK packets received 0
packets received in error 0
packets sent 0
Undeliverable packets 0
General bad packets 0
Bad checksum packets 0

PGM ルータ アシスト設定作業リスト

PGM ルータ アシストを設定するには、次の項に記載された必須作業を実行します。

PGM ルータ アシストのイネーブル化(必須)

前提条件

PGM ルータ アシストをイネーブルにする前に、次の作業が完了していることを確認します。

ネットワークに接続されたホストに、PGM Reliable Transport Protocol が設定されている。

PGM ルータ アシストをイネーブルにするルータで IP マルチキャストが設定されている。

各 PGM インターフェイスで PIM が設定されている。

PGM ルータ アシストのイネーブル化

ルータで PGM ルータ アシストをイネーブルにする場合、vif を通じて、またはルータに設置された物理インターフェイスから PGM パケットを転送するようにルータを設定する必要があります。

vif を通じて PGM パケットを転送するようにルータを設定すると、ルータは PGM パケットを任意のルータ インターフェイスを通じて転送できます。vif も、PGM ネットワーク レイヤに常駐するマルチキャスト アプリケーションへのインターフェイスとして機能します。

特定の物理インターフェイス タイプまたは論理インターフェイス タイプ(たとえば、イーサネット、シリアル インターフェイス、またはループバック インターフェイスなど)から PGM パケットを転送するようにルータを設定すると、該当するインターフェイスだけから PGM パケットを転送するようにルータが設定されます。

仮想ホスト インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストのイネーブル化

vif で PGM ルータ アシストをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# ip pgm router

このインターフェイスでルータが PGM を支援できるようにします。

グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して vif を設定する必要があります。使用しない場合は、ルータは PGM アシストはそのルータでイネーブルになりません。

 

仮想インターフェイスを使用する PGM アシストをイネーブルにする例については、このモジュールで後述する、「仮想インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例」を参照してください。

物理 Interface を使用する PGM ルータ アシストのイネーブル化

ルータで PGM ルータ アシストをイネーブルにし、物理インターフェイスを通じて PGM パケットを転送するようにルータを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# ip pgm router

このインターフェイスでルータが PGM を支援できるようにします。

物理インターフェイスを使用する PGM アシストをイネーブルにする例については、このモジュールで後述する、「物理インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例」を参照してください。

PGM ホストおよびルータ アシスト機能のモニタリングおよびメンテナンス

ここでは、PGM ホストおよびルータ アシスト機能のモニタリングおよびメンテナンスについて説明します。

PGM ホスト機能のモニタリングおよびメンテナンス


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


PGM ホスト の接続をリセットするには、特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的
Router# clear ip pgm host { defaults | traffic }

PGM ホストのデフォルト値への接続をリセットし、トラフィック統計情報をクリアします。

PGM ホストのデバッグをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的
Router# debug ip pgm host

PGM ホストのデバッグ メッセージを表示します。

PGM ホストの情報を表示するには、ユーザ EXEC モードで次のコマンドを必要に応じて使用します。

 

コマンド
目的
Router> show ip pgm host defaults

PGM ホスト トラフィックのデフォルト値を表示します。

Router> show ip pgm host sessions [ session-number | group-address ]

オープンな PGM ホスト トラフィック セッションを表示します。

Router> show ip pgm host traffic

PGM ホスト トラフィック統計情報を表示します。

PGM ルータ アシスト機能のモニタリングおよびメンテナンス

PGM トラフィック統計情報をクリアするには、特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router# clear ip pgm router [[ traffic [ type number ]] | [ rtx-state [ group-address ]]]

PGM トラフィック統計情報をクリアします。 rtx-state キーワードを使用して PGM 再送信ステートをクリアします。

PGM 情報を表示するには、特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router# show ip pgm router [[ interface [ type number ]] | [ state [ group-address ]] | [ traffic [ type number ]]] [ verbose ]

PGM トラフィック統計情報および TSI ステートの情報を表示します。TSI は、PGM セッションのソースのトランスポート レイヤ ID です。アクティブなトラフィックがない場合でも、PGM ルータ アシストが設定されていることを確認します。 state または traffic キーワードを指定して、インターフェイスがアクティブに PGM を使用しているかどうかを調べます。

PGM ホストおよびルータ アシスト機能の設定例


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


ここでは、次の設定例について説明します。

仮想インターフェイスを使用する PGM ホストの例

物理インターフェイスを使用する PGM ホストの例

仮想インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例

物理インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例


) 明確性のために、次の項の例では無関係な情報を省略しています。


仮想インターフェイスを使用する PGM ホストの例


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


次の例では、PGM ホスト(PGM ネットワーク レイヤのソース パートとレシーバ パートの両方)がルータでグローバルにイネーブルにされており、仮想ホスト インターフェイス 1(vif1)を通じて PGM パケットが探り当てられています。PGM パケットは、2 個の物理インターフェイス(ethernet1 and ethernet2)上の vif で同時に送受信されます。

ip multicast-routing
ip routing
ip pgm host
 
interface vif1
ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
 
interface ethernet1
ip address 10.1.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
media-type 10BaseT
 
interface ethernet2
ip address 10.2.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
media-type 10BaseT

物理インターフェイスを使用する PGM ホストの例


) PGM ホスト機能のサポートは削除されました。この機能の使用は推奨されません。


次の例では、PGM ホスト(PGM ネットワーク レイヤのソース パートとレシーバ パートの両方)がルータでグローバルにイネーブルにされており、物理イーサネット インターフェイス 1 を通じて PGM パケットが探り当てられています。PGM パケットは、物理イーサネット インターフェイス 1 および 2 で同時に受信されます。

ip multicast-routing
ip routing
ip pgm host
ip pgm host source-interface ethernet1
ip pgm host source-interface ethernet2
 
interface ethernet1
ip address 10.1.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
media-type 10BaseT
 
interface ethernet2
ip address 10.2.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
media-type 10BaseT

仮想インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例

次の例では、PGM ルータ アシスト(PGM ネットワーク レイヤ)がルータでイネーブルにされており、PGM パケットを仮想ホスト インターフェイス 1(vif1)で転送するようにルータが設定されています。PGM パケットは、インターフェイス vif1、ethernet1、ethernet2 で同時に受信されます。

ip multicast-routing
ip routing
 
interface vif1
ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
ip pgm router
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
 
interface ethernet1
ip address 10.1.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
ip pgm router
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
media-type 10BaseT
 
interface ethernet2
ip address 10.2.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
ip pgm router
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache

media-type 10BaseT

物理インターフェイスを使用する PGM ルータ アシストの例

次の例では、PGM ルータ アシスト(PGM ネットワーク レイヤ)がルータでイネーブルにされており、PGM パケットを物理イーサネット インターフェイス 1 および 2 で転送するようにルータが設定されています。PGM パケットは、物理イーサネット インターフェイス 1 および 2 で同時に受信されます。

ip multicast-routing
ip routing
 
interface ethernet1
ip address 10.1.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
ip pgm router
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
media-type 10BaseT
 
interface ethernet2
ip address 10.2.0.1 255.255.255.0
ip pim dense-mode
ip pgm router
no ip directed-broadcast
no ip mroute-cache
media-type 10BaseT