Cisco Virtual Application Container Services "インストール/" "アップグレードガイド"、リリース 5.3STV2.0.1
Cisco VACS のインストール
Cisco VACS のインストール

Cisco VACS のインストール

この章は、次の内容で構成されています。

Cisco VACS の互換性情報

次の表に、Cisco VACSCisco UCS Director の互換性情報と関連する Cisco VACS コンポーネントを示します。

表 1 Cisco VACSCisco UCS Director のソフトウェアの互換性

Cisco VACS

Cisco UCS Director

リリース 5.3STV2.0.1

リリース 5.3 以降のリリース
(注)     

Cisco UCS Director リリース パッチ 5.3.1.2 上にインストールすることをお勧めします。

  • VMware vSphere 5.1 以降

  • Cisco Nexus 1000V 5.2(1)SV3(1.4)

  • Cisco Prime Network Services Controller 3.4.1b

  • Cisco Virtual Security Gateway 5.2(1)VSG2(1.3)

  • Cisco Cloud Services Router 1000V XE 3.14.0

  • サーバ ロード バランサ(SLB)

    1. オープン ソース HA プロキシ リリース 1.5.2 1.5.2-2.el6(x86_64 上)

    2. Keepalived 1.2.15

リリース 5.3STV2.0

  • リリース 5.3 または 5.3.1.0 パッチ

  • リリース 5.2 またはリリース 5.2 ベースのパッチ リリース

  • VMware vSphere 5.1 以降

  • Cisco Nexus 1000V 5.2(1)SV3(1.4)

  • Cisco Prime Network Services Controller 3.4.1b

  • Cisco Virtual Security Gateway 5.2(1)VSG2(1.3)

  • Cisco Cloud Services Router 1000V XE 3.14.0

  • サーバ ロード バランサ(SLB)

    1. オープン ソース HA プロキシ リリース 1.5.2 1.5.2-2.el6(x86_64 上)

    2. Keepalived 1.2.15

リリース 5.3STV1.1.2

  • リリース 5.3 [英語]

  • リリース 5.2 [英語]
    (注)     

    Cisco VACS リリース 5.3STV1.1.2 のインストールまたは同リリースへのアップグレードの前に Cisco UCS Director メンテナンス パッチ(パッチ 1:cucsd_patch_5_2_0_1.zip)を適用します。

  • リリース 5.1 [英語]

  • VMware vSphere 5.1 以降

  • Cisco Nexus 1000V 5.2(1)SV3(1.1)

  • Cisco Prime Network Services Controller 3.2.2.b

  • Cisco Virtual Security Gateway 5.2(1)VSG2(1.1)

  • Cisco Cloud Services Router 1000V XE 3.14.0

リリース 5.2STV1.1.1

  • リリース 5.2 [英語]
    (注)     

    Cisco VACS リリース 5.3STV1.1.2 のインストールまたは同リリースへのアップグレードの前に Cisco UCS Director メンテナンス パッチ(パッチ 1:cucsd_patch_5_2_0_1.zip)を適用します。

  • リリース 5.1 [英語]

  • VMware vSphere 5.1 以降

  • Cisco Nexus 1000V 5.2(1)SV3(1.1)

  • Cisco Prime Network Services Controller 3.2.2.b

  • Cisco Virtual Security Gateway 5.2(1)VSG2(1.1)

  • Cisco Cloud Services Router 1000V XE 3.14.0

リリース 5.2STV1.1

  • リリース 5.2 [英語]
    (注)     

    Cisco VACS リリース 5.3STV1.1.2 のインストールまたは同リリースへのアップグレードの前に Cisco UCS Director メンテナンス パッチ(パッチ 1:cucsd_patch_5_2_0_1.zip)を適用します。

  • リリース 5.1 [英語]

  • VMware vSphere 5.1 以降

  • Cisco Nexus 1000V 5.2(1)SV3(1.1)

  • Cisco Prime Network Services Controller 3.2.2.b

  • Cisco Virtual Security Gateway 5.2(1)VSG2(1.1)

  • Cisco Cloud Services Router 1000V XE 3.14.0

リリース 5.1STV1.0

リリース 5.1 [英語]

  • VMware vSphere 5.1 以降

  • Cisco Nexus 1000V 5.2(1)SV3(1.1)

  • Cisco Prime Network Services Controller 3.2.2.b

  • Cisco Virtual Security Gateway 5.2(1)VSG2(1.1)

  • Cisco Cloud Services Router 1000V XE 3.12.0

Cisco VACS のシステム要件

Cisco VACS には、次のシステム要件があります。

  • Cisco UCS Director リリース 5.3 以降のリリース。 ただし、Cisco UCS Director リリース パッチ 5.3.1.2 をお勧めします。

  • VMware vSphere 5.1 以降

Cisco VACS のハードウェア要件

Cisco VACS のインストールに関するハードウェア要件を以下に示します。

コンポーネント

ハード ドライブ(GB)

RAM(GB)

CPU

Cisco UCS Director

100

8

4

Cisco Virtual Switch Update Manager(VSUM)

80

4

2

Cisco Nexus 1000V VSM

3

4

2

(Cisco VACS が Cisco Nexus 1000V を HA ペアにインストールします)

Cisco Prime Network Services Controller(PNSC)

220

4

4

Cisco VACS のインストールに関する前提条件

Cisco VACS のインストールには次の前提条件があります。
  • Cisco UCS Director リリース 5.3 以降のリリースがインストールされている。


    (注)  


    Cisco UCS Director リリース 5.3.1.2 パッチ上にインストールすることをお勧めします。


  • メモリやディスク サイズなどのシステム要件を満たしたセットアップがなされている。

  • Cisco VACS とコンポーネントをインストールする管理者権限を持っている。

Cisco UCS Director への Cisco VACS パッチの適用

次の手順に従って、Cisco VACS パッチを Cisco UCS Director に適用します。

はじめる前に
  • http:/​/​www.cisco.com から Cisco VACS パッチをダウンロードします。 このパッチ ファイルは、VACS-5_3_STV_2_0_1-pkg.zip という名前の署名付き zip ファイルです。

  • zip ファイルを解凍して、Cisco VACS パッチのインストールに使用する FTP サーバまたは HTTP サーバにソフトウェアを配置します。

    注目:

    パッケージ VACS-5_3_STV_2_0_1-pkg.zip をダウンロードし、それを解凍して VACS-5_3_STV_2_0_1.zip を展開し、それを Cisco VACS パッチのインストールに使用する FTP サーバまたは HTTP サーバに配置されたことを確認する必要があります。

  • NFS マウントがアプリケーション ストレージに使用されている場合は、パッチを適用する前に NFS マウントを無効にします。 そうしなければ、アップグレードは失敗します。


(注)  


  • アップグレードを開始する前に、Cisco UCS Director VM のスナップショットを取得しておくことをお勧めします。 取得しておくと、FTP サーバから既存の設定データベースをバックアップする必要はありません。

  • VACS-5_3_STV_2_0_1.zip ファイルは Cisco UCS Director リリース 5.3 以降のリリースにのみ適用できます。 他の Cisco UCS Director リリースにこのパッチ ファイルを適用しようとしても適用されず、エラー メッセージが表示されます。

  • インターネット インフォメーション サービス(IIS)HTTP サーバの場合は、Cisco VACS インストール スクリプトが失敗して、ERROR (TestAdapter.java:699) [TestAdapter] downloadPackageUrl - caught an exception java.net.SocketException: Connection reset というエラー メッセージが表示されます。 この問題の解決方法については、Cisco VACS のインストールに伴う問題を参照してください。



    ステップ 1   shelladmin クレデンシャルを使用して SSH アプリケーションにログインし、Cisco UCS Director のシェル メニューに進んで、このメニューから該当する番号を入力します。
    ステップ 2   shelladmin で、[サービスを停止] を選択しすべてのサービスを停止します。
    ステップ 3   すべてのサービスが停止していることを確認するには、[サービスのステータスを表示] を選択します。
    ステップ 4   (任意)必要に応じて、[データベースのバックアップ(Backup database)] を選択して Cisco UCS Director データベースをバックアップできます。

    開始前に Cisco UCS Director VM のスナップショットを取得した場合は、データベースをバックアップする必要はありません。

    ステップ 5   Cisco VACS パッチを適用するには、[パッチの適用(Apply patch)] を選択します。
    ステップ 6   プロンプトが表示されたら、Cisco VACS パッチの場所を入力します。

    ftp://username:password@hostname|IP_address/software_location_and_name または http://http server name|IP_address/software_location_and_name

    (注)     

    この手順では、FTP オプションを使用して Cisco VACS パッチをインストールします。

    ステップ 7   ダウンロードとインストールが完了するまで待ちます。
    ステップ 8   インストールが完了したら、[サービスの開始(Start services)] を選択してサービスを開始します。
    VACS パッチのインストール(またはアップグレード)が完了したら、画面上に次のオプションが表示されます。
     
    vacs_pre_install_2.0.1.sh Begin .....
    vacs_pre_install_2.0.1.sh End
    vacs_post_install_2.0.1.sh Begin .....
    vacs_post_install_2.0.1.sh End
    Completed installing package 0 
    
    (注)     

    Cisco VACS パッチを適用して、そのインストールを完了した後、shelladmin の [サービスの開始(Start Services)] オプションを選択し、Cisco UCS Director サービスを開始/再開して、パッチ プロセスを完了します。 Cisco UCS Director サービスが開始して、Cisco UCS Director が使用可能になり、ログイン画面が表示され、管理者ユーザが Cisco UCS Director にログインできるまで、パッチ プロセスは完了せず、成功しません。

    追加パッチの適用、データベースのバックアップ、バックアップからのデータベースの復元など、すべての Cisco UCS Director サービスは他の shelladmin プロシージャを実行する前に開始されている必要があります。


    Cisco VACS のインストールの確認


    (注)  


    インストールの確認に進む前に、Cisco VACS ライセンスをインストールする必要があります。


    次のいずれかの方法を使用して、Cisco VACS のインストールを確認できます。
    1. Web ブラウザ経由で Cisco UCS Director にログイン(管理者クレデンシャルを使用)して、[ソリューション(Solutions)] > [VACSコンテナ(VACS Container)] の順に選択します。 Cisco VACS ソリューション タスク アイコンが確認できます。

    2. Web ブラウザ経由で Cisco UCS Director にログイン(管理者クレデンシャルを使用)して、[ソリューション(Solutions)] > [VACSコンテナ(VACS Container)] > [VACSについて(About VACS)] の順に選択します。 インストールされた Cisco VACS のバージョンを確認できます。