Cisco Virtual Application Container Services "インストール/" "アップグレードガイド"、リリース 5.3STV2.0.1
Cisco VACS インストール作業の概要
Cisco VACS インストール作業の概要

Cisco VACS インストール作業の概要

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco VACS インストール作業の概要

インストール プロセスを開始する前の作業

次の項では、Cisco VACS のインストールに必要な作業の概要について説明します。

  • ワークロード VM とコンテナ導入に関する要件を収集します。

  • Cisco UCS Director でユーザ アカウントとグループをセットアップします。

    アカウントのセットアップの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

Cisco VACS をインストールする場合の作業

  • Cisco VACS パッチを適用します。

    Cisco VACS パッチの適用方法については、Cisco UCS Director への Cisco VACS パッチの適用を参照してください。

  • Cisco UCS Director ユーザ インターフェイス(UI)経由で Cisco VACS ライセンス キーを適用またはアップグレードします。

    Cisco VACS ライセンスのインストールの詳細については、Cisco VACS ライセンスの更新を参照してください。

  • CSR 1000V ライセンス トークンを適用します。

    CSR 1000V ライセンスのインストール方法については、次の資料を参照してください。 CSR 1000V ライセンスのインストール

Cisco VACS コンポーネントをインストールする場合の作業

  • Cisco UCS Director で仮想アカウントをセットアップします。

    アカウントのセットアップの詳細については、『Cisco UCS Director Administration Guide』を参照してください。

  • Cisco UCS Director UI 経由で Cisco PNSC と Cisco Nexus 1000V をインストールします。

    これらのコンポーネントのインストール方法については、Cisco Prime Network Services Controller のインストールCisco Nexus 1000V のインストールを参照してください。

  • Cisco UCS Director UI 経由でホストを追加して、既存の VEM を Cisco Nexus 1000V に移行します。

    ホストのインストール方法については、次の資料を参照してください。 ホストの追加

Cisco VACS と Cisco VACS コンポーネントのインストールのプロセス フローチャート

この章の手順と次のワークフローをガイドとして使用して Cisco VACS をインストールします。
図 1. プロセス ワークフロー - Cisco VACS と Cisco VACS コンポーネントのインストール