Cisco Nexus Cloud Services Platform ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SP1(6.2)
VSM の移行
VSM の移行
発行日;2013/12/19 | 英語版ドキュメント(2013/11/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

VSM の移行

VSM の移行について

注意事項および制約事項

への VSM の移行

移行の確認

仮想スーパーバイザ モジュールの から ESX サーバへの移行

その他の関連資料

関連資料

移行機能の履歴

VSM の移行

この章では、Virtual Supervisor Module(VSM)を Cisco Nexus Cloud Services Platform 製品ファミリに移動または移行する方法について説明します。内容は次のとおりです。

「VSM の移行について」

「注意事項および制約事項」

「Cisco Nexus Cloud Services Platform への VSM の移行」

「移行の確認」

「仮想スーパーバイザ モジュールの Cisco Nexus Cloud Services Platform から ESX サーバへの移行」

「その他の関連資料」

「移行機能の履歴」

VSM の移行について

Cisco Nexus Cloud Services Platform をインストールしたら、VSM を仮想マシン(VM)から Cisco Nexus Cloud Services Platform に移動または移行できます。

図 5-1 に、VSM を Cisco Nexus Cloud Services Platform に移行にするプロセスを示します。


図 5-1 では、ESX 上のスタンバイ ステートの VSM にセカンダリ HA ロールが割り当てられていることを前提としています。スタンバイ ステートの VSM にプライマリ ロールが割り当てられている場合は、フロー チャートのロールを置き換える必要があります。


図 5-1 VSM の Cisco Nexus Cloud Services Platform への移行

 

 

注意事項および制約事項

移行する VSM と Cisco Nexus Cloud Services Platform の両方で同じ管理 Virtual LAN(VLAN; 仮想 LAN)を使用する必要があります。

仮想サービスには VSM 仮想マシンで使用したものと同じ RAM サイズおよびディスク サイズを使用する必要があります。

Cisco Nexus Cloud Services Platform への VSM の移行

サービスを中断せずに VSM を Cisco Nexus Cloud Services Platform に移動または移行することができます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

プライマリおよびセカンダリ Cisco Nexus Cloud Services Platform を HA モードでインストールしていること。

EXEC モードで Cisco Nexus Cloud Services Platform のコマンドライン インターフェイス(CLI)にログインしていること。

ESX から移動または移行する VSM の名前を知っていること。

Cisco Nexus 1000V ソフトウェアがすでにインストールされ、ESX サーバで リリース 4.2(1)SV2(2.1) にアップグレードされていること。

ソフトウェアのインストールについては、『 Cisco Nexus 1000V Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV2(2.1) 』を参照してください。

アップグレードについては、『 Cisco Nexus 1000V Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV2(2.1) 』を参照してください。

セカンダリ仮想サービスを作成する場合は、プライマリ VSM に使用したのと同じ次の情報を使用します。

ISO ファイル名

管理 IP アドレス

ドメイン ID

ホスト名

デフォルト ゲートウェイ

制御 VLAN ID およびパケット VLAN ID


注意 ESX との不一致の原因となる値を使用する場合は、ESX と Cisco Nexus Cloud Services Platform の同期により Cisco Nexus Cloud Services Platform で設定が上書きされます。

セカンダリ仮想サービスを作成する場合は、VSM VM に使用したのと同じ次の情報を使用します。

RAM サイズ

ディスク サイズ

セカンダリ VSM をアクティブとして指定します。プライマリ VSM がアクティブの場合、セカンダリ VSM をアクティブに変更します。

手順の詳細


ステップ 1 ESX vSphere クライアントで、スタンバイ VSM を右クリックし、ドロップダウン リストから power off を選択します。スタンバイ VSM の電源がオフになります。

ステップ 2 ESX vSphere クライアントで、スタンバイ VSM を右クリックし、ドロップダウン リストから delete from disk を選択します。

スタンバイ VSM が ESX サーバから削除されます。モジュールが接続された ESX サーバでプライマリ VSM だけがアクティブになります。

ステップ 3 アクティブ Cisco Nexus Cloud Services Platform の CLI で、移行する VSM のプライマリ仮想サービスを作成します。セカンダリ VSM を作成するために使用したのと同じ情報を使用します。

Example:
switch# configure terminal
switch(config)# virtual-service-blade VB-1
switch(config-vsb-config)# virtual-service-blade-type new new dcos_vsm.iso
switch(config-vsb-config)# ramsize 2048
switch(config-vsb-config)# disksize 4
switch(config-vsb-config)# interface control vlan 1322
switch(config-vsb-config)# interface packet vlan 1323
switch(config-vsb-config)# enable primary
Enter domain id[1-4095]: 1322
Management IP version [V4/V6]: [V4]
Enter Management IP address: 10.78.109.67
Enter Management subnet mask: 255.255.255.224
IPv4 address of the default gateway: 10.78.109.65
Enter HostName: switch
Enter the password for 'admin': xz35vb1zx
switch(config-vsb-config)#
 

ステップ 4 設定が完了したことを確認します。

 
Example:
switch(config-vsb-config)# show virtual-service-blade summary
-------------------------------------------------------------------------------
Name Role State Nexus1010-Module
-------------------------------------------------------------------------------
VB-1 PRIMARY VSB DEPLOY IN PROGRESS Nexus1010-PRIMARY
VB-1 SECONDARY VSB NOT PRESENT Nexus1010-SECONDARY
 
Example:
switch(config-vsb-config)# show virtual-service-blade summary
-------------------------------------------------------------------------------
Name Role State Nexus1010-Module
-------------------------------------------------------------------------------
VB-1 PRIMARY VSB POWERED ON Nexus1010-PRIMARY
VB-1 SECONDARY VSB NOT PRESENT Nexus1010-SECONDARY
 

プライマリ Cisco Nexus Cloud Services Platform で仮想サービスを作成すると、ESX のセカンダリ VSM と Cisco Nexus Cloud Services Platform のプライマリ仮想サービスとの間で HA ペアが形成されます。

ステップ 5 ESX 上のセカンダリ VSM の CLI で VSM の冗長ステータスを確認します。

出力が次のことを示す場合は、システム スイッチオーバーを続行できます。

アクティブ VSM の存在

HA スタンバイ冗長性状態のスタンバイ VSM の存在

Example:
switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary

Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: HA

This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby

Other supervisor (sup-2)

------------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 

ステップ 6 ESX サーバ上のセカンダリ VSM の CLI で、Cisco Nexus Cloud Services Platform 上のスタンバイ仮想サービスへの手動スイッチオーバーを開始します。

Example:
switch# system switchover
----------------------------
2009 Mar 31 04:21:56 n1000v %$ VDC-1 %$ %SYSMGR-2-HASWITCHOVER_PRE_START:
This supervisor is becoming active (pre-start phase).
2009 Mar 31 04:21:56 n1000v %$ VDC-1 %$ %SYSMGR-2-HASWITCHOVER_START:
This supervisor is becoming active.
2009 Mar 31 04:21:57 n1000v %$ VDC-1 %$ %SYSMGR-2-SWITCHOVER_OVER: Switchover completed.
2009 Mar 31 04:22:03 n1000v %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 1 removed (Serial number )
switch#
 

次のステップに進む前に、スイッチオーバーが完了し、スタンバイ スーパーバイザがアクティブになるまで待機します。

スイッチオーバーが完了すると、次のことが起こります。

ESX 上の VSM がリブートします。

Cisco Nexus Cloud Services Platform 上の仮想サービス設定が ESX 上の VSM のものと一致するよう上書きされます。

この時点で Cisco Nexus Cloud Services Platform 上のプライマリ仮想サービスはアクティブ VSM になります。

ステップ 7 ESX vCenter クライアントで、スタンバイ VSM を右クリックし、ドロップダウン リストから power off を選択します。

スタンバイ VSM の電源がオフになります。

ステップ 8 ESX vCenter クライアントで、スタンバイ VSM を右クリックし、ドロップダウン リストから delete from disk を選択します。

スタンバイ VSM が ESX サーバから削除されます。

ステップ 9 アクティブ Cisco Nexus Cloud Services Platform の CLI で次のコマンドを使用して新しいセカンダリ仮想サービスを作成します。プライマリ仮想サービスを作成するために使用したのと同じ情報を使用します。

出力に示されるコマンドを入力後に、Cisco Nexus Cloud Services Platform により追加情報を入力するよう求められます。

アクティブ Cisco Nexus Cloud Services Platform でセカンダリ仮想サービスを作成すると、Cisco Nexus Cloud Services Platform 上のプライマリ仮想サービスとセカンダリ仮想サービスとの間で HA ペアが形成されます。

Example:
switch# configure terminal
switch(config)# virtual-service-blade VB-1
switch(config-vsb-config)# enable secondary
Enter vsb image: [dcos_vsm.iso]
Enter domain id[1-4095]: 1322
Management IP version [V4/V6]: [V4]
Enter Management IP address: 10.78.109.67
Enter Management subnet mask length: 27
IPv4 address of the default gateway: 10.78.109.65
Enter HostName: switch
Enter the password for 'admin': xz35vb1zx
 

ステップ 10 設定が完了したことを確認します。

Example:
switch(config-vsb-config)# show virtual-service-blade summary
-------------------------------------------------------------------------------
Name Role State Nexus1010-Module
-------------------------------------------------------------------------------
VB-1 PRIMARY VSB POWERED ON Nexus1010-PRIMARY
VB-1 SECONDARY VSB DEPLOY IN PROGRESS Nexus1010-SECONDARY
 

これで手順は完了です。

VSM が ESX ホストから Cisco Nexus Cloud Services Platform に移行されました。


 

移行の確認

移行を確認するには、次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

show virtual-service-blade summary

各仮想サービスの冗長ステート(アクティブまたはスタンバイ)と冗長ロール(プライマリまたはセカンダリ)を表示します。

例 5-1(P.5-6) を参照してください。

show system redundancy status

Cisco Nexus Cloud Services Platform の冗長ステート(アクティブまたはスタンバイ)と冗長ロール(プライマリまたはセカンダリ)を表示します。

例 5-2(P.5-7) を参照してください。

例 5-1 仮想サービス ブレードの設定

switch(config-vsb-config)# show virtual-service-blade summary
-------------------------------------------------------------------------------
Name Role State Nexus1010-Module
-------------------------------------------------------------------------------
VB-1 PRIMARY VSB NOT PRESENT Nexus1010-PRIMARY
VB-1 SECONDARY VSB DEPLOY IN PROGRESS Nexus1010-SECONDARY
 
 
 
switch(config-vsb-config)# show virtual-service-blade summary
-------------------------------------------------------------------------------
Name Role State Nexus1010-Module
-------------------------------------------------------------------------------
VB-1 PRIMARY VSB NOT PRESENT Nexus1010-PRIMARY
VB-1 SECONDARY VSB POWERED ON Nexus1010-SECONDARY
 

例 5-2 システム設定

switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary

Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: HA

This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby

Other supervisor (sup-2)

------------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby

仮想スーパーバイザ モジュールの Cisco Nexus Cloud Services Platform から ESX サーバへの移行

Cisco Nexus 1000V仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)を Cisco Nexus Cloud Services Platform から ESX サーバに移動または移行することができます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

プライマリおよびセカンダリ Cisco Nexus Cloud Services Platform を HA モードでインストールします。

プライマリ VSM をアクティブに、セカンダリ VSM をスタンバイにします。

ESX サーバ上で、アップリンクが VSM の制御 VLAN、管理 VLAN、パケット VLAN の移行を許容することを確認します。

Cisco Nexus Cloud Services Platform の CLI に EXEC モードでログインします。

ESX サーバから移動または移行する VSM の名前を知っていること。

手順の詳細


ステップ 1 Cisco Nexus Cloud Services Platform のセカンダリ VSM の CLI から、Cisco Nexus Cloud Services Platform 上のセカンダリのスタンバイ VSM をシャット ダウンします。

config terminal

virtual service blade name

shutdown secondary

ステップ 2 ESX サーバ上にセカンダリ VSM を作成します。ESX サーバにインストールされている VSM のリリース番号は、Cisco Nexus Cloud Services Platform にインストールされている VSM と同じである必要があります。

ESX サーバにソフトウェアをインストールする方法の詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV2(2.1) 』を参照してください。

ステップ 3 ESX サーバにセカンダリ VSM を作成する場合は、Cisco Nexus Cloud Services Platform にプライマリ VSM を作成するときに使用したのと同じ次の情報を使用します。

ISO ファイル名

管理 IP アドレス

管理 VLAN ID

ドメイン ID

ホスト名

デフォルト ゲートウェイ

制御 VLAN ID およびパケット VLAN ID

ステップ 4 セカンダリ VSM を作成する場合は、Cisco Nexus Cloud Services Platform 上の VSM に使用したのと同じ次の情報を使用します。

RAM サイズ

ディスク サイズ

ステップ 5 ESX vSphere クライアントで、セカンダリ VSM を右クリックし、ドロップダウン リストから power on を選択します。Cisco Nexus Cloud Services Platform 上のプライマリ VSM と ESX サーバ上のセカンダリ VSM との間に HA 通信があることを確認します。

ステップ 6 ESX サーバ上のセカンダリ VSM をアクティブに指定します。

ステップ 7 プライマリ Cisco Nexus Cloud Services Platform の CLI から次のコマンドを使用して、Cisco Nexus Cloud Services Platform 上のプライマリ VSM をシャットダウンします。

config terminal

virtual service blade name

shut primary

ステップ 8 この手順でセカンダリ VSM の作成に使用したものと同じパラメータを使用して、ESX 上にプライマリ VSM を作成します。

ステップ 9 ESX vSphere クライアントで、プライマリ VSM を右クリックし、ドロップダウン リストから power on を選択します。

プライマリ VSM の電源がオンになります。

ステップ 10 Cisco Nexus Cloud Services Platform の CLI から次のコマンドを使用して、VSM を削除します。

config terminal

no virtual service blade name

VSB が Cisco Nexus Cloud Services Platform から ESX サーバに移行されました。

これで手順は完了です。


 

その他の関連資料

VSM への移行に関する詳細情報については、次の項を参照してください。

「関連資料」

「移行機能の履歴」

関連資料

 

関連項目
参照先

ソフトウェアの設定

Cisco Nexus Cloud Services Platform Software Installation and Upgrade Guide

仮想サービス設定

「仮想サービス ブレードの設定」の章

Cisco Nexus Cloud Services Platform のインストール

Cisco Nexus Cloud Services Platform Hardware Installation Guide

Cisco Nexus Cloud Services Platform コマンド

『Cisco Nexus Cloud Services Platform Command Reference

移行機能の履歴

ここでは、移行機能のリリース履歴について説明します。

 

機能名
リリース
機能情報

VSM 移行

4.0(4)SP1(1)

この機能が導入されました。