Cisco Nexus 1000V インタークラウド システム管理コンフィギュレーション ガイド リリース 5.2(1)IC1(1.1)
NTP の設定
NTP の設定

NTP の設定

この章の内容は、次のとおりです。

NTP の概要

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)は、分散している一連のタイム サーバおよびクライアント間で、計時を同期させます。 この同期によって、複数のネットワーク デバイスからシステム ログおよびその他の時刻特定イベントを受信したときに、イベントを相互に関連付けることができます。

NTP ではトランスポート プロトコルとして、ユーザ データグラム プロトコル(UDP)を使用します。 すべての NTP 通信で協定世界時(UTC)規格を使用します。 NTP サーバは通常、タイム サーバに接続されたラジオ クロック、アトミック クロックなど、信頼できる時刻源から時刻を受信します。 NTP はこの時刻をネットワーク全体に配信します。 NTP はきわめて効率的で、毎分 1 パケット以下で 2 台のマシンを相互に 1 ミリ秒以内に同期します。

NTP では層(stratum)を使用して、ネットワーク デバイスが正規の時刻源から NTP ホップ カウントにしてどれだけ離れているかを表します。 Stratum 1 タイム サーバは、正規の時刻源(アトミック クロックなど)が直接接続されています。 Stratum 2 の NTP サーバは、Stratum 1 NTP サーバから NTP を使用して時刻を受信し、それによって正規の時刻源に接続します。

NTP は正確な時刻を維持している可能性のあるネットワーク デバイスへの同期を回避します。 また、NTP は順番どおりに同期しないシステムには、同期しません。 NTP は複数のネットワーク デバイスから伝えられた時刻を比較し、時刻が他と大きく異なっているネットワーク デバイスには、下位の層であっても同期しません。

Cisco NX-OS は Stratum 1 サーバとして動作しません。 したがって、ラジオ クロックまたはアトミック クロックには接続できません。 インターネット上で利用できる、パブリックな NTP サーバに由来するタイム サービスをネットワークに使用することを推奨します。

ネットワークがインターネットから切り離されている場合、Cisco NX-OS ではネットワーク デバイスが実際には他の方法で時刻を決定している場合でも、NTP によって同期しているものとして動作するように、ネットワーク デバイスを設定できます。 その後、NTP を使用して、そのネットワーク デバイスに他のネットワーク デバイスを同期させることができます。

NTP ピア

NTP を使用すると、2 つのネットワーキング デバイス間にピア関係を設定できます。 ピアはそのままで時刻を提供することも、または NTP サーバに接続することもできます。 ローカル デバイスとリモート ピアの両方がそれぞれ異なる NTP サーバに接続すると、NTP サービスの信頼性が高くなります。 ローカル デバイスはピアから得た時刻を使用することによって、接続先の NTP サーバに障害が発生した場合でも、正確な時刻を維持できます。

次の図に、2 つの NTP ストラタム 2 サーバおよび 2 つのスイッチを含むネットワークを示します。

図 1. NTP のピアおよびサーバ アソシエーション

この構成では、スイッチ 1 とスイッチ 2 は NTP ピアになっています。 スイッチ 1 は Stratum-2 サーバ 1 を使用し、スイッチ 2 は Stratum-2 サーバ 2 を使用します。 Stratum-2 サーバ 1 に障害が発生すると、サーバ 1 はスイッチ 2 に関連付けられたピア経由で正しい時刻を維持します。

ハイ アベイラビリティ

NTP はステートレス リスタートをサポートします。 リブート後またはスーパーバイザ スイッチオーバー後に、実行コンフィギュレーションが適用されます。

NTP ピアを設定すると、NTP サーバ障害の発生時に冗長性が得られます。

NTP の前提条件

NTP が動作している 1 つ以上のサーバに接続できなければなりません。

NTP の注意事項と制限事項

  • 別のデバイスとの間にピア アソシエーションを設定できるのは、使用するクロックの信頼性が確実な場合(つまり、信頼できる NTP サーバのクライアントである場合)に限られます。
  • 単独で設定したピアは、サーバの役割を担いますが、バックアップとして使用する必要があります。 サーバが 2 台ある場合、一部のデバイスが一方のサーバに接続し、残りのデバイスが他方のサーバに接続するように設定できます。 その後、2 台のサーバ間にピア アソシエーションを設定すると、信頼性の高い NTP 構成になります。
  • サーバが 1 台だけの場合は、すべてのデバイスをそのサーバのクライアントとして設定する必要があります。
  • 設定できる NTP エンティティ(サーバおよびピア)は、最大 64 です。

NTP のデフォルト設定

パラメータ

デフォルト

NTP

有効

NTP サーバおよびピアの設定

NTP を設定するには、IPv4 アドレスまたはドメイン ネーム サーバ(DNS)名を使用します。

はじめる前に

この手順を開始する前に、EXEC モードで CLI にログインする必要があります。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 switch# configure terminal 

    グローバル コンフィギュレーション モードに切り替えます。

     
    ステップ 2switch(config)# ntp server {ip-address | dns-name} 

    1 つのサーバと 1 つのサーバ アソシエーションを形成します。

     
    ステップ 3switch(config)# ntp peer {ip-address | dns-name} 

    1 つのピアと 1 つのピア アソシエーションを形成します。 複数のピア アソシエーションを指定できます。

     
    ステップ 4switch(config)# show ntp peers  (任意)

    設定されたサーバおよびピアを表示します。

    (注)     

    ドメイン名が解決されるのは、DNS サーバが設定されている場合だけです。

     
    ステップ 5switch(config)# copy running-config startup-config  (任意)

    リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

     
    switch# configure terminal
    switch(config)# ntp server 192.0.2.10
    switch(config# ntp peer 2001:0db8::4101

    NTP セッションのクリア

    コマンド

    目的

    clear ntp session

    NTP セッションをクリアします。

    NTP 統計情報のクリア

    コマンド

    目的

    clear ntp statistics

    NTP セッションをクリアします。

    NTP の設定確認

    次のいずれかのコマンドを使用して、設定を確認します。

    コマンド

    目的

    show ntp peer-status

    すべての NTP サーバおよびピアのステータスを表示します。

    show ntp peers

    すべての NTP ピアを表示します。

    show ntp statistics {io | local | memory | peer {ip-address | dns-name}

    NTP 統計情報を表示します。

    NTP の設定例

    NTP サーバの設定例を示します。

    手順
      ステップ 1   switch# configure terminal

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

      ステップ 2   ntp server 192.0.2.10

      NTP サーバを設定します。


      NTP 機能の履歴

      機能名

      リリース

      機能情報

      NTP

      Release 5.2(1)IC1(1.1)

      この機能が導入されました。