Cisco Nexus 1000V インタークラウド ライセンス コンフィギュレーション ガイド リリース 5.2(1)IC1(1.1)
概要
概要

概要

この章の内容は、次のとおりです。

ライセンスに関する情報

Cisco Nexus 1000V InterCloud では、クラウド内のアクティブな各仮想マシンにつき、1 つの Cisco Nexus 1000V InterCloud ライセンスが必要です。

Cisco Nexus 1000V InterCloud ライセンスは、電子メール経由のソフトウェア ライセンス権利証明書によって提供され、ライセンス パッケージは Cisco Nexus 1000V 仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)にインストールされ、設定されます。 ライセンスに関する用語の詳細については、ライセンス用語を参照してください。

企業内の Cisco Nexus 1000V については、Cisco Nexus 1000V のライセンスも必要です。 Cisco Nexus 1000V のライセンス要件については、『Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide』を参照してください。

ライセンスの種類

Cisco Nexus 1000V InterCloud には、次のタイプのライセンスが含まれます。

  • 永久ライセンス
  • デフォルト ライセンス
  • 評価ライセンス
  • オーバードラフト ライセンス

永久ライセンス

永続ライセンスは期限切れになりません。 一定の数のクラウド内のアクティブな仮想マシンに永久ライセンスを購入できます。クラウドでインスタンス化された各 VM に 1 ライセンス必要です。 ライセンス ファイルは、購入したライセンスの数を特定します。

永久ライセンスを購入する場合、クラウド内の VM すべてをカバーするのに十分なライセンスを要求するようにしてください。

余ったライセンスは VSM の利用可能なライセンスのプールに配置され、必要に応じて使用できます。 使用可能なライセンスのプールを参照してください。

ライセンス パッケージの購入後、そのパッケージを VSM にインストールします。 ライセンス パッケージ名は Nexus1000V_INTERCLOUD_VM_PKG になります。 VSM へのライセンス ファイルのインストールを参照してください。

永久ライセンスをインストールした後、必要であればプールから評価ライセンス ファイルを削除できます。

デフォルト ライセンス

Cisco Nexus 1000V InterCloud ソフトウェアには、16 のデフォルト ライセンスがあらかじめインストールされており、VSM インストール日から 90 日間有効です。 これらのデフォルト ライセンスでは、永久ライセンスを購入する前に、試用期間として 90 日間 Cisco Nexus 1000V InterCloud を使用することができます。

デフォルト ライセンスは、次のいずれかが発生すると無効になります。

  • 永久ライセンス ファイルをインストールする。
  • 評価ライセンス ファイルをインストールする。
  • ライセンスの試用期間の期限が切れる。

クラウド内のすべての VM をカバーするために追加のライセンスが必要な場合、Cisco.com から永久ライセンスまたは評価ライセンスを取得する必要があります。 追加ライセンスの詳細については、シスコ担当者にお問い合わせください。

評価ライセンス

評価ライセンスを使用して、永久ライセンスを購入する前に Cisco Nexus 1000V InterCloud を試用できます。 Cisco Nexus 1000V InterCloud の場合、評価ライセンスとして 60 日間有効の 16 ライセンス パッケージが付属し、永久ライセンスを購入する前に Cisco Nexus 1000V InterCloud を評価できます。

評価期間は、評価ライセンス ファイルをインストールした時点から開始されます。 デフォルト ライセンスとは異なり、評価ライセンスは、永久ライセンスをインストールしても無効になりません。 評価ライセンスは、ライセンス ファイルが有効期限に達すると期限切れになるだけです。 有効期間はそれぞれ異なり、ライセンス ファイルに有効期限が記載されています。

永久ライセンスをインストールした後、必要であればプールから評価ライセンス ファイルを削除できます。

評価ライセンス パックは、Cisco.com から入手できます。

オーバードラフト ライセンス

オーバードラフト ライセンスは、インストールされたライセンスを使い切った場合に使用されます。 オーバードラフト ライセンスは、ライセンス ファイルで指定された永久または評価ライセンスの数を超えた場合のサービスの中断を防ぐことができます。

提供されるオーバードラフト ライセンスの数は、注文したライセンスの数に基づいています。 インストールしたライセンスの数が 64 以下の場合、提供されるオーバードラフト ライセンス数は 16 です。 そうでない場合、インストールしたライセンスの 30 % です。

オーバードラフト ライセンスの有効期限は、インストールされたライセンスの有効期限に関連付けられています。

使用可能なライセンスのプール

使用されていないライセンスがある場合、それら未使用ライセンスは VSM の使用可能なライセンスのプールに保存されます。 ライセンス ファイルをアンインストールする前に、まずすべてのライセンスを VM からプールに戻す必要があります。

次のイベントによって、VSM とクラウド VM との間のライセンスの再ネゴシエーションと同期がトリガーされます。

  • VSM システム クロックのクロック変更
  • VSM のリロード
  • 新しいライセンス ファイルのインストール
  • 既存のライセンス ファイルのクリア

ライセンスの再ネゴシエーション プロセス中、以前はライセンスがあった VM にライセンスがチェックアウトできなかった場合、システム メッセージが警告します。

ライセンスとハイ アベイラビリティ

  • ライセンスのインストールによって、他のプロセスが中断されることはありません。
  • ライセンス ファイルは HA ペア内の両方の仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)で共有されます。
  • システムにデュアル スーパーバイザが搭載されている場合、ライセンスが与えられたソフトウェアは両方のスーパーバイザ モジュールで動作し、フェールオーバー保護を提供します。
  • ライセンス ファイルをアンインストールすると、サービスの中断が発生します。

ライセンス使用状況のモニタリング

クラウドでインスタンス化された VM がライセンスを取得できなかった場合、次のようなシステム メッセージが生成されます。 このメッセージは、永久ライセンスを追加する必要があることを示します。

VM cvm_example does not have InterCloud license, the VM will be powered down by CM. Please install licenses, if needed.

以前 Cisco Nexus 1000V インタークラウド ライセンスがあった VM がライセンスの期限切れのためにライセンスを取得できなかった場合、次のようなシステム メッセージが生成されます。

VM cvm_example license has expired, Please install licenses if needed