Cisco Nexus 1000V インタークラウド ポート プロファイル コンフィギュレーション ガイド リリース 5.2(1)IC1(1.1)
概要
概要

概要

この章の内容は、次のとおりです。

ポート プロファイルとポート グループについて

ポート プロファイルは、完全なネットワーク ポリシーを作成するために組み合わされたインターフェイス レベルのコンフィギュレーション コマンドの集合です。

ポート グループとは、ポート プロファイルの サーバ上での表現です。 サーバ上のポート グループはそれぞれ、Cisco Nexus 1000V 上のポート プロファイルが 1 つ関連付けられます。 ネットワーク管理者によってポート プロファイルが設定されたら、サーバ管理者は サーバ上の対応するポート グループを使用してポートをポート プロファイルに割り当てます。

サーバでは、ポート プロファイルはポート グループとして表されます。 次の処理を実行するには、vEthernet インターフェイスを 内のポート グループに割り当てます。

  • ポリシーによるポート設定の定義
  • 多数のポートに対する単一ポリシーの適用

新規にプロビジョニングされた仮想マシンの電源投入時に、仮想マシンの vNIC ごとに 1 つの vEthernet インターフェイスが Cisco Nexus 1000V 上に作成されます。 vEthernet は、選択されたポート プロファイルの定義を継承します。

ライブ ポリシー変更について

ポート プロファイルは、静的なエンティティではなく、ネットワークのニーズの変化に応じて変更できるダイナミック ポリシーです。 アクティブ ポート プロファイルへの変更は、そのプロファイルを使用している各スイッチ ポートに適用されます。 これによって、新しいネットワーク ポリシーを適用するか、または既存のポリシーを変更するプロセスが簡略化されます。

整合性のある設定へのロールバックについて

ポート プロファイルの設定を更新すると、メンバ インターフェイスも更新されます。 設定が失敗した場合、ポート プロファイルとメンバ インターフェイスはポート プロファイルの前回正常起動時の設定にロールバックされます。

インターフェイスの検疫について

インターフェイスは、ポート プロファイルの設定が誤っているときに区別されてシャットダウンされます。 これインターフェイスの検疫と呼びます。

インターフェイスは検疫されると、ポート プロファイルにマッピングを保持し、ポートはダウン状態になります。 ポートは NoPortProfile 状態になります。 ポート プロファイル コンフィギュレーションにまだ誤りがある場合は、インターフェイスは再度シャットダウンされます。

作成したポート プロファイルにコマンド エラーがある場合、たとえばプライベート VLAN マッピング エラーまたはサービス ポリシー マップのエラーがある場合は、インターフェイスにこのポート プロファイルを適用しようとするとインターフェイスがシャットダウンします。 エラーはインターフェイスにコピーされず、システム メッセージがエラーの詳細を使用して生成されます。 この場合、ポート プロファイルのエラーを修正して、サービスにインターフェイスを返し、インターフェイスに修正されたポート プロファイルを適用します。