Cisco Nexus 1000V インタークラウド インターフェイス コンフィギュレーション ガイド リリース 5.2(1)IC1(1.1)
概要
概要
発行日;2013/12/03   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

概要

この章の内容は、次のとおりです。

インターフェイスに関する情報

仮想イーサネット インターフェイス

仮想イーサネット(vEthernet または vEth)インターフェイスは、論理インターフェイスです。 各 vEthernet インターフェイスは、仮想ポートに接続されたスイッチ インターフェイスに対応します。 次のインターフェイス タイプがあります。

  • VM(VM NIC に接続されたインターフェイス)

vEthernet インターフェイスは Cisco Nexus 1000V で作成され、分散仮想スイッチで使用する仮想ポートを示します。

管理インターフェイス

管理インターフェイスを使用して、Telnet クライアント、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)、その他の管理エージェントを使用するリモート管理用ネットワークにデバイスを接続できます。

ポート プロファイルを使用したインターフェイス設定の簡略化

インターフェイス設定を簡略化するためにポート プロファイルを使用できます。 ポート プロファイルを 1 つ設定して複数のインターフェイスに割り当てると、これらのインターフェイスの設定を統一することができます。 ポート プロファイルに加えた変更は、そのポート プロファイルが割り当てられているすべてのインターフェイスのコンフィギュレーションに自動的に反映されます。


(注)  


割り当てられたインターフェイスのコンフィギュレーションに変更を加えると、ポート プロファイルのコンフィギュレーションは無効になるため、このような変更は推奨しません。 インターフェイスのコンフィギュレーションに変更を加えるのは、変更の影響を簡単にテストしたい場合や、特定のポートをディセーブルにする場合に限定してください。


インターフェイスのハイ アベイラビリティ

インターフェイスは、ステートフル再起動とステートレス再起動をサポートします。 ステートフル再起動はスーパーバイザ切り替え時に発生します。 スイッチオーバー後に、Cisco Nexus 1000V は実行コンフィギュレーションを適用します。