Cisco Nexus 1000V インタークラウド ハイ アベイラビリティおよび冗長性コンフィギュレーション ガイド リリース 5.2(1)IC1(1.1)
システムレベル ハイ アベイラビリティの設定
システムレベル ハイ アベイラビリティの設定
発行日;2013/12/03   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

システムレベル ハイ アベイラビリティの設定

この章は、次の項で構成されています。

システムレベル ハイ アベイラビリティについて

システムレベル ハイ アベイラビリティの設定

インタークラウド リンクのハイ アベイラビリティの導入モード変更

ハイ アベイラビリティ機能は、事前に導入されたスタンドアロンのインタークラウド リンクでイネーブルにできます。 その場合、既存のスタンドアロン インタークラウド リンクには HA ロールのプライマリが設定され、機能がイネーブルにされた後もアクティブのままになります。 スタンバイのインタークラウド リンクが作成され、既存のインタークラウド リンクとペアになります。


注意    


HA モードからスタンドアロン導入モードへの変更は、このリリースではサポートされていません。
手順
    ステップ 1   Cisco Prime Network Services Controller にログインします。
    ステップ 2   [InterCloud Management] > [InterCloud Link] に移動します。
    ステップ 3   [VPCs] をクリックし、変更するインタークラウド リンクを選択します。
    ステップ 4   [Enable HA] チェックボックスをオンにします。 [Extend Network to Cloud] ウィザードに情報を入力して、追加するスタンバイのインタークラウド リンクを作成します。 詳細については、『Cisco Prime Network Services Controller 3.0 User Guide』を参照してください。

    完了後、スタンバイのインタークラウド リンクが導入され、HA がイネーブルになります。


    ハイ アベイラビリティのコマンド

    ハイ アベイラビリティに関連する情報を表示したり、スイッチオーバーを実行するには、次のコマンドのいずれかを使用します:

    コマンド

    ソース

    目的

    show intercloud redundancy configuration

    インタークラウド スイッチ

    インタークラウド エクステンダ

    ローカル システムとリモート ピアの HA 設定およびステータスを表示します。

    show intercloud redundancy statistics heartbeat

    インタークラウド エクステンダ

    HA 構成の ICX 間のハンドシェイクとハートビート関連の統計情報を表示します。

    show intercloud redundancy statistics platform

    インタークラウド スイッチ

    インタークラウド エクステンダ

    ゲートウェイのプラットフォーム関連の統計情報を表示します。

    intercloud redundancy switchover

    アクティブなインタークラウド エクステンダ(HA)

    HA 構成のスイッチオーバーを開始します。

    show processes

    インタークラウド スイッチ

    インタークラウド エクステンダ

    Cisco Nexus 1000V InterCloud VSM

    すべてのプロセスの状態とすべてのプロセスの初期数を表示します。

    show module service-module

    Cisco Nexus 1000V InterCloud VSM

    システム内の使用可能なインタークラウド エクステンダおよびインタークラウド スイッチについての情報を表示します。

    show intercloud redundancy configuration

    switch# show intercloud redundancy config
    
    Redundancy Manager Information:
    
    Cluster Node Count: 3
    
    Local Node:
    state : Active
    HA mode : High Availability
    uuid : A65AD6DC-D80F-0D5D-3341-58AEA0D0938C
    version : 521111
    cluster_id : 4
    priority : Secondary
    type : InterCloud Extender
    ipaddr [mgmt] : 10.193.73.171
    
    Tunnel Peer:
    state : Active
    uuid : 92566D7A-E0BD-9977-84E9-78037EE4BC94
    type : InterCloud Switch
    ipaddr [public]: 107.21.132.239
    
    HA Peer:
    state : Standby
    uuid : AC5A0B56-51CF-397A-7529-CC0920BC87A3
    type : InterCloud Extender
    ipaddr [mgmt] : 10.193.73.174
    
    

    show intercloud redundancy statistics heartbeat

    switch# show intercloud redundancy statistics heartbeat
    
    HA Manager Heartbeat Stats:
    
    Heartbeat Frequency (s) : 5
    Heartbeat Timeout (s) : 30
    
    rx_handshake_pkts : 2
    tx_handshake_pkts : 4
    
    rx_heartbeat_pkts : 143
    tx_heartbeat_pkts : 143
    
    rx_drops_invalid_src_addr : 0
    rx_drops_wrong_cluster : 0
    rx_drops_queue_full : 0
    rx_drops_not_ready : 0
    rx_drops_wrong_version : 0
    rx_unknown_pkts : 0
    
    WAN Timeout (s) : 300
    WAN HB Count : 0
    
    

    show intercloud redundancy statistics platform

    switch# show intercloud redundancy statistics platform
    
    HA Manager Platform Stats:
    
    rx_cncl : 2
    rx_cncl_inval : 0
    tx_cncl : 2
    tx_cncl_err : 0
    
    rx_cnc_state_push_req : 0
    rx_cnc_state_push_req_inval : 0
    rx_cnc_state_push_rsp : 2
    rx_cnc_state_push_rsp_inval : 0
    tx_cnc_state_push_req : 2
    tx_cnc_state_push_req_err : 0
    tx_cnc_state_push_rsp : 0
    tx_cnc_state_push_rsp_err : 0
    tx_cnc_state_push_req_timeouts: 0
    
    

    ハイ アベイラビリティのトラブルシューティング

    冗長マネージャのイベント ログの設定

    冗長マネージャのイベント ログは、次のコマンドを使用して設定できます。

    コマンド

    ソース

    目的

    [ no ] event-log redundancy-mgr { trace | info | error } [ terminal ]

    インタークラウド スイッチ

    インタークラウド エクステンダ

    冗長マネージャのイベント ログを設定します。

    イベント ログには、トレース、情報およびエラー(最重要)の 3 レベルがあります。 情報およびエラー イベント ログはデフォルトでイネーブルです。

    オプション パラメータ terminal は、イベント ログを端末にリアルタイムで表示します。

    event-log redundancy-mgr info terminal

    switch# event-log redundancy-mgr info terminal
    switch# event-log redundancy-mgr error terminal
    
    switch# Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_config_cg(394):Received configuration from PA
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_config_cg(410):Received cgu_info configuration
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_cguinfo_to_nodeinfo(772):cgu_info: uuid [AC5A0B56-51CF-397A-7529-CC0
    920BC87A3], cluster_id [4], ha_role [1], opcode [1] , ip [10.193.73.174]
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_cginfo_process_action(538):Received action ADD
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_node_add(404):Using MGMT IP address from config
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_node_add(407):Local node configured successfully
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_pss_config_write(556):Writing pss config for info type HAMGR_NODE_INFO_LOCAL
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_pss_config_write(585):node_config pss does not exist, creating uri volatile:/dev/shm/hamgr_node_configs
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_sockets_update(230):Updating sockets if needed...
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 90000 usec hamgr_sockets_update(271):Sockets not enabled, tunnel must be up
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 100000 usec hamgr_config_cg(394):Received configuration from PA
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 100000 usec hamgr_config_cg(436):Received peer_info configuration
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 100000 usec hamgr_peerinfo_to_nodeinfo(909):Printing peer_info
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 100000 usec hamgr_peerinfo_to_nodeinfo(911):peer_info : uuid : A65AD6DC-D80F-0D5D-3341-58AEA0D0938C
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 100000 usec hamgr_peerinfo_to_nodeinfo(912):peer_info : ip_addr (int) : 2873737482
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 100000 usec hamgr_peerinfo_to_nodeinfo(914):peer_info : ip_addr (str) : 10.193.73.171
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 110000 usec hamgr_peerinfo_to_nodeinfo(915):peer_info : opcode : 1
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 110000 usec hamgr_cginfo_process_action(538):Received action ADD
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 110000 usec hamgr_node_list_add(744):Peer node added successfully
    Thu Jun 27 14:37:25 2013 110000 usec hamgr_pss_config_write(556):Writing pss config for info type HAMGR_NODE_INFO_PEER
    
    
    
    

    冗長マネージャのイベント ログの表示

    冗長マネージャのイベント ログは、次のコマンドを使用して表示できます。

    コマンド

    ソース

    目的

    show system internal event-log redundancy-mgr

    インタークラウド スイッチ

    インタークラウド エクステンダ

    冗長マネージャのイベント ログを表示します。


    (注)  


    イベント ログはリング バッファに保存され、古いログが新しいログにより上書きされます。


    show system internal event-log redundancy-mgr

    switch# show system internal event-log redundancy-mgr
    
    1) Event:E_MTS_RX, length:60, at 100000 usecs after Thu Jun 27 07:42:27 2013
    [REQ] Opc:MTS_OPC_SDWRAP_DEBUG_DUMP(1530), Id:0X00006803, Ret:SUCCESS
    Src:0x00000101/2682, Dst:0x00000101/1240, Flags:None
    HA_SEQNO:0X00000000, RRtoken:0x00006803, Sync:UNKNOWN, Payloadsize:216
    Payload:
    0x0000: 01 00 2f 74 6d 70 2f 64 62 67 64 75 6d 70 35 33
    
    
    2) Event:E_MTS_RX, length:60, at 600000 usecs after Thu Jun 27 07:42:11 2013
    [REQ] Opc:MTS_OPC_SDWRAP_DEBUG_DUMP(1530), Id:0X000060E6, Ret:SUCCESS
    Src:0x00000101/2678, Dst:0x00000101/1240, Flags:None
    HA_SEQNO:0X00000000, RRtoken:0x000060E6, Sync:UNKNOWN, Payloadsize:216
    Payload:
    0x0000: 01 00 2f 74 6d 70 2f 64 62 67 64 75 6d 70 35 33
    
    
    

    システムレベル ハイ アベイラビリティの機能履歴

    この表には、機能の追加や変更によるリリースの更新内容のみが記載されています。

    機能名

    リリース

    機能情報

    システムレベル ハイ アベイラビリティ

    5.2(1)IC1(1.1)

    この機能が導入されました。