スイッチ : Cisco Nexus 1000V InterCloud

Cisco Nexus 1000V InterCloud Release 5.2(1)IC1(1.1) 用検証済みスケーラビリティ ガイド

Cisco Nexus 1000V InterCloud Release 5.2(1)IC1(1.1) 用検証済みスケーラビリティ ガイド
発行日;2013/12/04 | 英語版ドキュメント(2013/07/03 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

内容

概要

の設定の制限値

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Cisco Nexus 1000V InterCloud Release 5.2(1)IC1(1.1) 用検証済みスケーラビリティ ガイド

2013 年 7 月 3 日

Release 5.2(1)IC1(1.1)

OL-29141-01-J

 

このドキュメントは、Cisco Nexus 1000V InterCloud ソフトウェアの検証済みの設定制限値について説明します。次に、このマニュアルの変更履歴を示します。

Part Number
リビジョン
日付
説明

OL-29141-01-J

AO

2013 年 7 月 3 日

Release 5.2(1)IC1(1.1) 用検証済みスケーラビリティ ガイドの作成

概要

ハイブリッド クラウドは、プライベート クラウドがパブリック クラウドに拡張され、安全かつスケーラブルな方法でパブリック クラウドのリソースを使用する状況における、プライベート アドレスとパブリック クラウド間の対話です。Cisco Nexus 1000V インタークラウドは、安全なハイブリッド クラウドのためのアーキテクチャ基盤となり、エンタープライズ データをパブリック クラウドへ容易かつ安全に接続できるようにします。ハイブリッド クラウドを使用すれば、企業はパブリック クラウドとプライベート クラウドの利点を組み合わせることができます。Cisco Nexus 1000V インタークラウドには次の利点があります。

エンタープライズ データセンターとパブリック クラウド間で安全性の高いレイヤ 2 接続を提供します。

Cisco Prime Network Services Controller を介してエンタープライズ データセンターとパブリック クラウドの全体を管理する 1 つのペインを提供します。

プライベート クラウドおよびパブリック クラウドで同じネットワーク ポリシーとサービスを使用できるようにします。

Cisco Nexus 1000V InterCloudのインストールおよび設定方法の詳細については、『 Cisco Nexus 1000V InterCloud Installation Guide 』を参照してください。

Cisco Nexus 1000V InterCloudの設定の制限値

ここでは、Cisco Nexus 1000V InterCloud コンポーネントでサポートされる設定の制限値について説明します。

表 1 に、Cisco Nexus 1000V InterCloud コンポーネントのサポートされる設定の制限値を示します。

表 1 Cisco Nexus 1000V InterCloud コンポーネントのサポートされる設定の制限値

Cisco Nexus 1000V InterCloud コンポーネント
サポートされる設定の制限値

インタークラウド リンクの数

16

インタークラウド リンクごとのクラウド内の VM の数

32

クラウド内の VM ごとの vNIC の数

8

インタークラウド リンクごとの vNIC の数

64

インタークラウド スイッチごとの vNIC の総数

300


) インタークラウド リンクは、インタークラウド エクステンダおよびインタークラウド スイッチのペアのことを指します。これらは、スタンドアロン モードまたはハイ アベイラビリティ モードになる場合があります。


表 2 に、単一の Cisco Nexus 1000V InterCloud展開の場合にサポートされる設定の制限値を示します。

表 2 Cisco Nexus 1000V InterCloud展開でサポートされる設定の制限値

コンポーネント
単一の Cisco Nexus 1000V InterCloud展開でサポートされる上限値

クラウド仮想スーパーバイザ モジュール

Cisco Nexus 1000V インタークラウド VSM は、異なる物理データセンターに配置できます。

1 つの物理データセンターにアクティブ スタンバイ VSM を必要とする以前の制限は、適用されなくなったことに注意してください。

すべてのインタークラウド リンクにわたるアクティブ VLAN

128

ポート プロファイルあたりの vEthernet インターフェイス

64

Cisco Nexus 1000V InterCloud VSM とインタークラウド スイッチ/エクステンダ間の最大遅延

100 ms

ポート プロファイル

72

Cisco Nexus 1000V InterCloud VSM ごとの vEthernet インターフェイス

300

ACL

8

ACL あたりの ACE

64

ACL インスタンス

DVS あたり 256/インタークラウド リンクあたり 32

マルチキャスト グループ

DVS あたり 16/インタークラウド リンクあたり 4

関連資料

この項では、Cisco Nexus 1000V InterCloud とともに使用されるマニュアルの一覧を示します。これらのマニュアルは、 Cisco.com の次に示す URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12904/tsd_products_support_series_home.html

一般情報

『Cisco Nexus 1000V InterCloud Release Notes

インストール & アップグレード

『Cisco Nexus 1000V InterCloud Installation Guide

コンフィギュレーション ガイド

『Cisco Nexus 1000V InterCloud License Configuration Guide

『Cisco Nexus 1000V InterCloud High Availability and Redundancy Configuration Guide

『Cisco Nexus 1000V InterCloud Interface Configuration Guide

『Cisco Nexus 1000V InterCloud Layer2 Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide

『Cisco Nexus 1000V InterCloud Security Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V InterCloud System Management Configuration Guide』

リファレンス

『Cisco Nexus 1000V InterCloud Command Reference

『Cisco Nexus 1000V MIB Quick Reference』

『Cisco Nexus 1000V InterCloud Resource Availability Reference』

トラブルシューティング、パスワード回復、システム メッセージ ガイド

『Cisco Nexus 1000V Password Recovery Guide』

『Cisco Cisco Nexus 1000V InterCloud NX-OS System Messages Reference』

Cisco Prime Network Services Controller のマニュアル

『Cisco Prime Network Services Controller Documentation』

Cisco Nexus 1000V のマニュアル

『Cisco Nexus 1000V for VMware vSphere Documentation』

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。