Cisco Virtual Switch Update Manager リリース 1.2 Cisco Application Virtual Switch 入門ガイド
Cisco Virtual Switch Update Manager のインストール
Cisco Virtual Switch Update Manager のインストール

Cisco Virtual Switch Update Manager のインストール

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco Virtual Switch Update Manager に関する情報

Cisco Virtual Switch Update Manager(VSUM)は、VMware vCenter Server のプラグインとして登録される仮想アプライアンスです。 VSUM グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)は VMware vSphere Web クライアントの重要な部分です。この GUI には、VMware vSphere Web クライアントにログインすることによってのみアクセスできます。

Cisco VSUM ソフトウェアは、Cisco.com の Cisco Nexus 1000V VSUM ダウンロード ページから入手できます。

(注)  


ダウンロードの場所とソフトウェアは Cisco Nexus 1000V と Cisco Application Virtual Switch(AVS)で同じです。


Cisco Virtual Switch Update Manager の互換性情報

次の表に、Cisco Virtual Switch Update Manager の互換性情報を示します。

表 1 Cisco AVS に対する Cisco Virtual Switch Update Manager のバージョン互換性

最低限必要な Cisco AVS リリース

VMware vCenter Server バージョン(パッチと更新を含む)

VMware ソフトウェア リリース バージョン(パッチと更新を含む)

5.2(1)SV3(1.1)

5.2(1)SV3(1.2)

5.2(1)SV3(1.3)

5.1、5.5

ESXi 5.1

ESXi 5.5

Cisco Virtual Switch Update Manager のシステム要件

  • VMware ESXi 4.1、5.0、5.1、5.5
  • VMware vShpere Web クライアントで必要となるすべての Web ベース GUI クライアントの要件。
  • メモリ要件は 4 GB の RAM です。
  • CPU 要件は 2 です。
  • ディスク領域要件は 80 GB です。

前提条件

Cisco Virtual Switch Update Manager には次の前提条件があります。

  • VMware Enterprise Plus ライセンスがすでにホストにインストールされている。

  • Web クライアントと一緒に vCenter Server 5.1 または 5.5 がインストールされている。

  • vCenter Server の管理用クレデンシャルが必要です。

  • OVA を展開するためのユーザ名、IP アドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイ IP アドレスが必要です。

  • Cisco Virtual Switch Update Manager は、すべての ESXi ホストにポート 443 経由で IP 接続できる必要があります。

  • ホストとの通信用に vCenter のポート 80 と 443 が開いていることを確認してください。

  • OVA の展開に使われる IP アドレスが、vCenter Server の IP アドレスと通信できることを確認してください。

シスコ署名付きイメージの信頼性の確認(オプション)

Nexus1000v-vsum.1.2-pkg.zip イメージをインストールする前に、オプションで、その信頼性を検証することができます。 zip ファイルには、SHA-512 署名を含む signature.txt ファイルと、Nexus1000v-vsum.1.2-pkg.zip イメージの信頼性を確認するために使用可能な実行可能スクリプトが含まれています。


(注)  


イメージの信頼性の確認は、オプションの作業です。 イメージの信頼性を検証しなくても、インストールすることができます。


はじめる前に
次のユーティリティがインストールされた Linux マシンを実行している必要があります。
  • openssl

  • base64


    ステップ 1   次のファイルを Linux マシン上のディレクトリにコピーします。
    • Nexus1000v-vsum.1.2-pkg.zip イメージ

    • signature.txt ファイル

    • cisco_n1k_image_validation_v_1_2 スクリプト

    ステップ 2   スクリプトが実行可能であることを確認します。

    chmod 755 cisco_n1k_image_validation_v_1_2

    ステップ 3   スクリプトを実行します。

    ./cisco_n1k_image_validation_v_1_2 -s signature.txt Nexus1000v-vsum.1.2-pkg.zip

    ステップ 4   出力を確認します。 検証が成功すると、次のメッセージが表示されます。
    Authenticity of Cisco-signed image Nexus1000v-vsum.1.2-pkg.zip has been successfuly verified!

    Cisco Virtual Switch Update Manager のインストール

    次の手順を使用して、Cisco Virtual Switch Update Manager OVA をインストールできます。

    はじめる前に
    • Cisco Virtual Switch Update Manager OVA イメージがファイル システムで使用可能なことを確認します。
    • OVA を展開するための IP アドレス、サブネット マスク、ゲートウェイ IP アドレス、ドメイン名、DNS サーバ、vCenter IP アドレス、およびクレデンシャルが揃っていることを確認します。

      (注)  


      Cisco Virtual Switch Update Manager のインストールでは、シック クライアントと vCenter Server Managed Object Browser(MOB)に使用するクレデンシャルを使用することが重要です。



      ステップ 1   VMware vSphere Web クライアントにログインします。
      ステップ 2   Cisco Virtual Switch Update Manager OVA を展開するホストを選択します。
      ステップ 3   [Actions] メニューから、[Deploy OVF Template] を選択します。
      ステップ 4   [Deploy OVF Template] ウィザードで、次の表に記載された情報を入力します。
      Window 操作

      Source

      Cisco Virtual Switch Update Manager OVA を選択します。

      OVF Template Details

      詳細を確認します。

      End User License Agreement

      契約内容を確認して、[Accept] をクリックします。

      Name and Location

      アプライアンスの名前を入力して、場所を選択します。

      Host or Cluster

      OVA テンプレートを実行するホストまたはクラスタを選択します。

      Datastore

      VM 用のデータストアを選択します。

      Disk Format

      VM 仮想ディスクを保存する [Thin provisioned format] と [Thick provisioned format] のどちらかを選択します。

      [Thick provisioned format] で VM 仮想ディスク保存することをお勧めします。

      Network Mapping

      vCenter Server から到達可能な VM の宛先ネットワークを選択します。

      Properties

      次の情報を入力します。
      • 管理 IP アドレス

      • サブネット マスク

      • ゲートウェイ IP アドレス

      • DNS サーバの IP アドレス。

      • FQDN を解決する DNS エントリ

      • vCenter IP または完全修飾ドメイン名(FQDN)

      • vCenter ユーザ名

      • vCenter パスワード

      • HTTP クリアテキスト ポートと HTTPS ポート

      Ready to Complete

      展開設定を確認します。

      注意        不一致があると、VM の起動時に問題が発生する可能性があります。 IP アドレス、サブネット マスク、ゲートウェイ情報、および vCenter クレデンシャルを注意深く確認します。
      ステップ 5   [Finish] をクリックします。
      ステップ 6   Cisco Virtual Switch Update Manager が正常に展開されたら、[Close] をクリックします。
      ステップ 7   Cisco Virtual Switch Update Manager VM の電源をオンにします。
      Cisco Virtual Switch Update Manager がインストールされ vSphere Web クライアント プラグインとして登録されるまでに 5 分程度かかります。

      このインストール中に Web クライアント セッションが開いていた場合は、一旦ログアウトしてから再度ログインして Cisco Virtual Switch Update Manager プラグインを表示する必要があります。


      Cisco Virtual Switch Update Manager GUI について

      Cisco Virtual Switch Update Manager は、VMware vCenter Server のプラグインとして登録される仮想アプライアンスです。 これには、VMware vSphere Web クライアントにログインすることによってのみアクセスできます。

      Cisco Virtual Switch Update Manager は、ホストを追加し、VMware vSphere Web クライアントを使用して Cisco Application Virtual Switch(AVS)をアップグレードするためのグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)です。

      図 1. VMware vSphere Web クライアント:ホーム ページ

      図 2. Cisco Virtual Switch Update Manager:ホーム ページ



      Cisco Virtual Switch Update Manager のアップグレード


        ステップ 1   Cisco Virtual Switch Update Manager(VSUM)にルート ユーザとしてログインします。

        デフォルトの Cisco VSUM ユーザ名は root、デフォルトの Cisco VSUM パスワードは cisco です。

        ステップ 2   Cisco.com から、アップグレードする VSUM バージョン用のアップグレード ファイルを含む圧縮ファイルをダウンロードします。

        アップグレード ファイル名は vsum-upgrade-bundle-1.2.zip です。

        ステップ 3   次のコマンドを入力して、圧縮ファイルを VSUM にコピーします。scp://vsum-upgrade-bundle-1.2.zip user_name@VSUM_IP:destination_directory
        ステップ 4   ファイルを解凍して、その内容を表示します。
        ステップ 5   次のコマンドを入力して、VSUM をアップグレードします。./upgrade-file-name.sh vCenter-username vCenter-password
        (注)     

        このクレデンシャルは、VSUM が関連付けられた vCenter 用です。


        次の作業

        アップグレードが完了するのを待ちます。 アップグレードが完了したら、vCenter に再ログインして、アップグレード後の VSUM を使用できます。

        アップグレード中に VMware vSphere Web クライアント セッションが開いていた場合は、一旦ログアウトしてから再度ログインして Cisco VSUM プラグインを表示する必要があります。

        Cisco Virtual Switch Update Manager のインストールに関する機能履歴

        この表には、機能が追加または変更されたリリースの更新のみが含まれています。

        機能名

        リリース

        機能情報

        Cisco Virtual Switch Update Manager のインストール

        リリース 1.0

        この機能が導入されました。

        Cisco Virtual Switch Update Manager のアップグレード

        リリース 1.1

        リリース 1.0 からアップグレードします。

        Cisco Virtual Switch Update Manager のアップグレード

        Release 1.2

        リリース 1.0 とリリース 1.1 からアップグレードします。