Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.2(58)SE
はじめに
はじめに
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/04/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

目的

表記法

show コマンド出力のフィルタリング

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

対象読者

このマニュアルは、Cisco IOS コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して Cisco Metro Ethernet(ME)3400E シリーズ イーサネット アクセススイッチ(以降、 スイッチ )を管理するネットワーキング専門家を対象としています。このマニュアルは、すでに Cisco IOS コマンドおよびスイッチ ソフトウェア機能使用経験があることを前提にしています。また、イーサネットと LAN のコンセプトおよび用語に関してすでに習得済みであることも前提としています。

目的

スイッチには、次のいずれかのソフトウェア イメージがインストールされています。

メトロ アクセス イメージは、IEEE 802.1Q トンネリング、レイヤ 2 プロトコル トンネリング、ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査、IP ソース ガードなどの追加機能を備えています。

メトロ IP アクセス イメージでは、Routing Information Protocol(RIP)、Open Shortest Path First(OSPF)Protocol、Border Gateway Protocol(BGP)、および Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)に対する IP ルーティングのサポート、Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)デバイスの複数の VPN ルーティング/転送(マルチ VRF-CE)デバイス、および IP マルチキャスト ルーティングなどのレイヤ 3 機能が追加されています。

このマニュアルでは、Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチでの使用のために作成または変更されているレイヤ 2 およびレイヤ 3 のコマンドに関する情報を掲載しています。標準の Cisco IOS Release 12.2 コマンドについては、Cisco.com のホームページで [Service and Support] > [Technical Documents] から Cisco IOS マニュアル セットを参照してください。Cisco Product Documentation のホームページで Cisco IOS Software ドロップダウン リストから [Release 12.2] を選択します。

このマニュアルでは、お客様のスイッチを設定する手順については説明していません。設定手順については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください。

このマニュアルでは、表示されるシステム メッセージについては説明していません。詳細については、このリリースに対応するシステム メッセージ ガイドを参照してください。

マニュアルの最新情報については、このリリースのリリース ノートを参照してください。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用して説明および情報を表示しています。

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

コマンドおよびキーワードは、 太字 で示しています。

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

角カッコ([ ])の中の要素は、省略可能です。

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない要素は、波カッコ({ })で囲み、縦棒(|)で区切って示しています。

任意で選択する要素の中で、必ずどれか 1 つを選択しなければならない要素は、角カッコと波カッコで囲み、縦棒で区切って([{ | }])示しています。

対話形式の例では、次の表記法を使用しています。

端末セッションおよびシステムの表示は、 screen フォントで示しています。

ユーザが入力する情報は、 太字の screen フォントで示しています。

パスワードやタブのように、出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

(注)、注意、および警告には、次の表記法および記号を使用しています。


) 「注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

show コマンド出力のフィルタリング

show コマンドには、コマンド出力をフィルタするためのオプションの出力修飾子があります。

| begin expression と一致する行から表示を開始します。

| exclude expression と一致する行を表示から除外します。

| include expression と一致する行を表示に含めます。

expression :参照ポイントとして使用する出力内の文字列です。

文字列では、大文字と小文字が区別されます。 | exclude output と入力した場合、 output を含む行は表示されませんが、 Output を含む行は表示されます。

関連資料

次に挙げる、スイッチに関する詳細情報が記載されているマニュアルは、次の Cisco.com サイトから入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9637/tsd_products_support_series_home.html


) スイッチの取り付け、設定、アップグレードを行う前に、次のマニュアルを参照してください。

初期設定については、 ハードウェア インストレーション ガイドの付録「Configuring the Switch with the CLI-Based Setup Program」を参照してください。

アップグレード情報については、リリース ノートの「Downloading Software」を参照してください。


 

『Release Notes for the Cisco ME 3400E Ethernet Access Switch』

『Cisco ME 3400E Ethernet Access Switch Software Configuration Guide』

『Cisco ME 3400E Ethernet Access Switch Command Reference』

『Cisco ME 3400E, ME 3400, and ME 2400 Switch System Message Guide』

『Cisco ME 3400E Ethernet Access Switch Hardware Installation Guide』

『Cisco ME 3400E Switch Getting Started Guide』

『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco ME 3400E Ethernet Access Switch』

『Cisco Small Form-Factor Pluggable Modules Installation Notes』

『Cisco CWDM GBIC and CWDM SFP Installation Note』

これらの互換性マトリクス ドキュメントは、Cisco.com の次のページで入手可能です。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/products_device_support_tables_list.html

『Cisco Gigabit Ethernet Transceiver Modules Compatibility Matrix』

『Cisco 100-Megabit Ethernet SFP Modules Compatibility Matrix』

『Cisco Small Form-Factor Pluggable Modules Compatibility Matrix』

『Compatibility Matrix for 1000BASE-T Small Form-Factor Pluggable Modules』

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。