Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.2(58)SE
Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ Cisco IOS コマンド-1
Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ Cisco IOS コマンド
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/04/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ

aaa accounting dot1x

aaa authentication dot1x

action

alarm-contact

archive download-sw

archive tar

archive upload-sw

arp access-list

bandwidth

boot buffersize

boot config-file

boot enable-break

boot helper

boot helper-config-file

boot manual

boot private-config-file

boot system

channel-group

channel-protocol

class

class-map

clear ip arp inspection log

clear ip arp inspection statistics

clear ip dhcp snooping

clear ipc

clear ipv6 dhcp conflict

clear l2protocol-tunnel counters

clear lacp

clear logging onboard

clear mac address-table

clear mac address-table move update

clear pagp

clear policer cpu uni-eni counters

clear port-security

clear rep counters

clear spanning-tree counters

clear spanning-tree detected-protocols

clear vmps statistics

conform-action

copy logging onboard module

cpu traffic qos cos

cpu traffic qos dscp

cpu traffic qos precedence

cpu traffic qos qos-group

define interface-range

delete

deny(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

deny(IPv6 アクセス リスト コンフィギュレーション)

deny(MAC アクセス リスト コンフィギュレーション)

diagnostic monitor

diagnostic schedule test

diagnostic start test

dot1x default

dot1x host-mode

dot1x initialize

dot1x max-reauth-req

dot1x max-req

dot1x port-control

dot1x re-authenticate

dot1x reauthentication

dot1x supplicant force-multicast

dot1x system-auth-control

dot1x test eapol-capable

dot1x test timeout

dot1x timeout

dot1x violation-mode

duplex

errdisable detect cause

errdisable recovery

ethernet dot1ad

ethernet evc

ethernet lmi

ethernet lmi ce-vlan map

ethernet loopback(インターフェイス コンフィギュレーション)

ethernet loopback(特権 EXEC)

ethernet oam remote-failure

ethernet uni

ethernet uni id

exceed-action

flowcontrol

hw-module module logging onboard

interface port-channel

interface range

interface vlan

ip access-group

ip address

ip arp inspection filter vlan

ip arp inspection limit

ip arp inspection log-buffer

ip arp inspection trust

ip arp inspection validate

ip arp inspection vlan

ip arp inspection vlan logging

ip device tracking maximum

ip dhcp snooping

ip dhcp snooping binding

ip dhcp snooping database

ip dhcp snooping information option

ip dhcp snooping information option allowed-untrusted

ip dhcp snooping information option format remote-id

ip dhcp snooping limit rate

ip dhcp snooping trust

ip dhcp snooping verify mac-address

ip dhcp snooping vlan

ip dhcp snooping vlan information option format-type circuit-id string

ip igmp filter

ip igmp max-groups

ip igmp profile

ip igmp snooping

ip igmp snooping last-member-query-interval

ip igmp snooping querier

ip igmp snooping report-suppression

ip igmp snooping tcn

ip igmp snooping tcn flood

ip igmp snooping vlan immediate-leave

ip igmp snooping vlan mrouter

ip igmp snooping vlan static

ip sla responder twamp

ip sla server twamp

ip source binding

ip ssh

ip sticky-arp(グローバル コンフィギュレーション)

ip sticky-arp(インターフェイス コンフィギュレーション)

ip verify source

ipv6 access-list

ipv6 address dhcp

ipv6 dhcp client request vendor

ipv6 dhcp ping packets

ipv6 dhcp pool

ipv6 dhcp server

ipv6 mld snooping

ipv6 mld snooping last-listener-query-count

ipv6 mld snooping last-listener-query-interval

ipv6 mld snooping listener-message-suppression

ipv6 mld snooping robustness-variable

ipv6 mld snooping tcn

ipv6 mld snooping vlan

ipv6 traffic-filter

l2protocol-tunnel

l2protocol-tunnel cos

lacp port-priority

lacp system-priority

link state group

link state track

location(グローバル コンフィギュレーション)

location(インターフェイス コンフィギュレーション)

logging event

logging file

mac access-group

mac access-list extended

mac address-table aging-time

mac address-table learning vlan

mac address-table move update

mac address-table notification

mac address-table static

mac address-table static drop

macro apply

macro description

macro global

macro global description

macro name

match(アクセス マップ コンフィギュレーション)

match access-group

match cos

match dot1ad dei

match ip dscp

match ip precedence

match qos-group

match vlan

mdix auto

media-type

monitor session

mvr(グローバル コンフィギュレーション)

mvr(インターフェイス コンフィギュレーション)

no authentication logging verbose

no dot1x logging verbose

no mab logging verbose

oam protocol cfm svlan

pagp learn-method

pagp port-priority

permit(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

permit(IPv6 アクセスリスト コンフィギュレーション)

permit(MAC アクセス リスト コンフィギュレーション)

police

policer aggregate(グローバル コンフィギュレーション)

police aggregate(ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション)

policer cpu uni

policy-map

port-channel load-balance

port-type

power-supply dual

priority

private-vlan

private-vlan mapping

queue-limit

remote-span

renew ip dhcp snooping database

rep admin vlan

rep block port

rep lsl-age-timer

rep preempt delay

rep preempt segment

rep segment

rep stcn

reserved-only

Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ
Cisco IOS コマンド

aaa accounting dot1x

認証、認可、およびアカウンティング(AAA)アカウンティングをイネーブルにして、IEEE 802.1x セッションの特定のアカウンティング方式を、回線単位またはインターフェイス単位で定義する方式リストを作成するには aaa accounting dot1x グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。IEEE 802.1x アカウンティングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

aaa accounting dot1x { name | default} start-stop {broadcast group { name | radius | tacacs+ } [group { name | radius | tacacs+ }... ] | group { name | radius | tacacs+ } [ group { name | radius | tacacs+ } ... ]}

no aaa accounting dot1x { name | default }

 
構文の説明

name

サーバ グループ名。これは、 broadcast group および group キーワードの後に入力する場合に使用するオプションです。

default

デフォルト リストにあるアカウンティング方式を、アカウンティング サービス用に使用します。

start-stop

プロセスの開始時に start アカウンティング通知を送信し、プロセスの終了時に stop アカウンティング通知を送信します。start アカウンティング レコードはバックグラウンドで送信されます。アカウンティング サーバが start アカウンティング通知を受け取ったかどうかには関係なく、要求されたユーザ プロセスが開始されます。

broadcast

複数の AAA サーバに送信されるアカウンティング レコードをイネーブルにして、アカウンティング レコードを各グループの最初のサーバに送信します。最初のサーバが利用できない場合、スイッチはバックアップ サーバのリストを使用して最初のサーバを識別します。

group

アカウンティング サービスに使用するサーバ グループを指定します。有効なサーバ グループ名は次のとおりです。

name :サーバ グループ名

radius :全 RADIUS ホストのリスト

tacacs+ :全 TACACS+ ホストのリスト

broadcast group および group キーワードの後に入力する場合、 group キーワードはオプションです。オプションの group キーワードより多くのキーワードを入力できます。

radius

(任意)RADIUS 認証をイネーブルにします。

tacacs+

(任意)TACACS+ アカウンティングをイネーブルにします。

 
デフォルト

AAA アカウンティングはディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、RADIUS サーバへのアクセスが必要です。


) インターフェイスに IEEE 802.1x RADIUS アカウンティングを設定する前に、dot1x reauthentication インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力することを推奨します。


次の例では、IEEE 802.1x アカウンティングを設定する方法を示します。

Switch(config)# aaa accounting dot1x
Switch(config)# aaa accounting dot1x default start-stop group radius
Switch(config)#

) RADIUS 認証サーバは、AAA クライアントから更新パケットやウォッチドッグ パケットを受け入れて記録するよう、適切に設定する必要があります。


 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa authentication dot1x

IEEE 802.1x が動作しているインターフェイスで使用する 1 つ以上の AAA メソッドを指定します。

aaa-new-model

AAA アクセス コントロール モデルをイネーブルにします。構文情報については、『 Cisco IOS Security Command Reference, Release 12.2 』 > 「 Authentication, Authorization, and Accounting 」 > 「 Authentication Commands 」を参照してください。

dot1x reauthentication

定期的な再認証をイネーブルまたはディセーブルにします。

dot1x timeout reauth period

再認証の試行の間隔(秒)を設定します。

aaa authentication dot1x

IEEE 802.1x に準拠するポートで Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)メソッドを使用するように指定するには aaa accounting dot1x グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。認証をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

aaa authentication dot1x { default } method1

no aaa authentication dot1x { default }

 
構文の説明

default

この引数の後に続く、リストされた認証方式をログイン時のデフォルトの方式として使用します。

method1

認証用にすべての RADIUS サーバのリストを使用するには、 group radius キーワードを入力します。


) 他のキーワードがコマンドラインのヘルプ ストリングに表示されますが、サポートされているのは default および group radius キーワードだけです。


 
デフォルト

認証は実行されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

method 引数には、認証アルゴリズムがクライアントからのパスワードを確認するために一定の順序で試みる方式を指定します。実際に IEEE 802.1x に準拠している唯一の方式は、クライアント データが RADIUS 認証サーバに対して確認される group radius 方式です。

group radius を指定した場合、 radius-server host グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して RADIUS サーバを設定する必要があります。

設定された認証方式のリストを表示するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では AAA をイネーブルにして IEEE 802.1x 準拠の認証リストを作成する方法を示します。この認証は、最初に RADIUS サーバとの交信を試みます。この動作でエラーが返信された場合、ユーザはネットワークへのアクセスが許可されません。

Switch(config)# aaa new-model
Switch(config)# aaa authentication dot1x default group radius
 

設定を確認するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa new-model

AAA アクセス コントロール モデルをイネーブルにします。構文情報については、「Cisco IOS Security Command Reference, Release 12.2」 > 「Authentication, Authorization, and Accounting」 > 「Authentication Commands」を参照してください。

show running-config

動作設定を表示します。構文情報については、Cisco IOS Release 12.2 のコマンド リファレンス一覧ページへアクセスする次のリンクを使用します。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1835/prod_command_reference_list.html
「Cisco IOS Commands Master List, Release 12.2」を選択して、コマンドの項目へ移動します。

 

action

VLAN アクセス マップ エントリに対してアクションを設定するには、 action アクセスマップ コンフィギュレーション コマンドを使用します。このアクションをデフォルト値である forward に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action { drop | forward }

no action

 
構文の説明

drop

指定された条件に一致する場合に、パケットをドロップします。

forward

指定された条件に一致する場合に、パケットを転送します。

 
デフォルト

デフォルトのアクションは、パケットの転送です。

 
コマンド モード

アクセス マップ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

vlan access-map グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、アクセスマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

アクションが drop の場合は、一致条件にアクセス コントロール リスト(ACL)名を設定後、そのマップを VLAN に適用してアクセス マップを定義する必要があります。定義しない場合、すべてのパケットがドロップされることがあります。

アクセス マップ コンフィギュレーション モードでは、 match アクセス マップ コンフィギュレーション コマンドを使用して、VLAN マップの一致条件を定義できます。 action コマンドを使用すると、パケットが条件に一致したときに実行するアクションを設定できます。

drop パラメータおよび forward パラメータは、このコマンドの no 形式では使用されません。

次の例では、VLAN アクセス マップ vmap4 を指定し VLAN 5 と VLAN 6 に適用する方法を示します。このアクセス マップは、パケットがアクセス リスト al2 に定義された条件に一致する場合に、VLAN がその IP パケットを転送するように指定します。

Switch(config)# vlan access-map vmap4
Switch(config-access-map)# match ip address al2
Switch(config-access-map)# action forward
Switch(config-access-map)# exit
Switch(config)# vlan filter vmap4 vlan-list 5-6
 

設定を確認するには、 show vlan access-map 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

access-list { deny | permit }

番号付き標準 ACL を設定します。構文情報については、「Cisco IOS IP Command Reference, Volume 1 of 3:Addressing and Services, Release 12.2」 > 「IP Services Commands」 を選択してください。

ip access-list

名前付きアクセス リストを作成します。構文情報については、「Cisco IOS IP Command Reference, Volume 1 of 3:Addressing and Services, Release 12.2」 > 「IP Services Commands」 を選択してください。

mac access-list extended

名前付き MAC アドレス アクセス リストを作成します。

match(アクセス マップ コンフィギュレーション)

VLAN マップの一致条件を定義します。

show vlan access-map

スイッチで作成された VLAN アクセス マップを表示します。

vlan access-map

VLAN アクセス マップを作成します。

alarm-contact

外部アラームのトリガーおよび重大度を設定するには、 alarm-contact グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm-contact { contact-number { description string | severity { critical | major | minor } | trigger { closed | open }} | all { severity { critical | major | minor } | trigger { closed | open }}

no alarm-contact { contact-number { description | severity | trigger } | all { severity | trigger }

contact-number

特定のアラーム接点番号を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 4 です。

description string

アラーム接点番号の説明を追加します。説明の文字列は 80 文字までの英数字で指定します。この文字列は、アラームがトリガーされるときに生成されるシステム メッセージに表示されます。

all

すべてのアラーム接点を設定します。

severity

アラームがトリガーされたときに設定される重大度を設定します。重大度はアラーム通知に含まれます。 no alarm-contact severity を入力すると、重大度がマイナーに設定されます。

critical

重大度をクリティカルに設定します。

major

重大度をメジャーに設定します。

minor

重大度をマイナーに設定します。

trigger

アラームをトリガーする状態を設定します(接続回線がオープンか、またはクローズか)。 no alarm-contact trigger を入力すると、トリガーがクローズに設定されます。

closed

接点がクローズの場合に、アラームがトリガーされることを指定します。

open

接点がオープンの場合に、アラームがトリガーされることを指定します。

 
デフォルト

アラームは設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

no alarm-contact contact-number description は説明を空の文字列に設定します。

no alarm-contact { contact-number | all } severity はアラーム接点の重大度をマイナーに設定します。

no alarm-contact { contact-number | all } trigger は外部アラーム接点のトリガーをクローズに設定します。

次に、接点がオープンの場合にクリティカル アラームを報告するようにアラーム接点番号 1 を設定する例を示します。

Switch(config)# alarm-contact 1 description main_lab_door
Switch(config)# alarm-contact 1 severity critical
Switch(config)# alarm-contact 1 trigger open
Dec 4 10:34:09.049: %PLATFORM_ENV-1-EXTERNAL_ALARM_CONTACT_ASSERT: Alarm asserted: main_lab_door
 

show env alarm-contact または show running-config 特権 EXEC コマンドを入力すると、設定を確認できます。

Switch# show env alarm-contact
ALARM CONTACT 1
Status: asserted
Description: main_lab_door
Severity: critical
Trigger: open
 

次の例は、クリア アラーム接点番号 1 と show のコマンド出力を設定する方法を示します。

Switch(config)# no alarm-contact 1 description
Dec 4 10:39:33.621: %PLATFORM_ENV-1-EXTERNAL_ALARM_CONTACT_CLEAR: Alarm cleared: main_lab_door Dec 4 10:39:33.621: %PLATFORM_ENV-1-EXTERNAL_ALARM_CONTACT_ASSERT: Alarm asserted: external alarm contact 1
 
Switch(config)# no alarm-contact 1 severity
Dec 4 10:39:46.774: %PLATFORM_ENV-1-EXTERNAL_ALARM_CONTACT_CLEAR: Alarm cleared: external alarm contact 1 Dec 4 10:39:46.774: %PLATFORM_ENV-1-EXTERNAL_ALARM_CONTACT_ASSERT: Alarm asserted: external alarm contact 1
 
Switch(config)# no alarm-contact 1 trigger open
Dec 4 10:39:56.547: %PLATFORM_ENV-1-EXTERNAL_ALARM_CONTACT_CLEAR: Alarm cleared: external alarm contact 1
 
Switch(config)# end
Switch# show env alarm-contact
ALARM CONTACT 1
Status: not asserted
Description: external alarm contact 1
Severity: minor
Trigger: closed
Switch# show hard led
SWITCH: 1
SYSTEM: GREEN
MGMT: GREEN
ALARM 1: BLACK
ALARM 2: BLACK
ALARM 3: BLACK
ALARM 4: BLACK
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show env alarm-contact

スイッチのアラーム設定およびステータスを表示します。

archive download-sw

新しいイメージを TFTP サーバからスイッチにダウンロードし、既存のイメージを上書きまたは保持するには、 archive download-sw 特権 EXEC コマンドを使用します。

archive download-sw { /force-reload | /imageonly | /leave-old-sw | /no-set-boot | /no-version-check | /overwrite | /reload | /safe } source-url

 
構文の説明

/force-reload

ソフトウェア イメージのダウンロードが成功した後で無条件にシステムのリロードを強制します。

/imageonly

ソフトウェア イメージだけをダウンロードし、組み込みデバイス マネージャに関連する HTML ファイルはダウンロードしません。既存のバージョンの HTML ファイルは、既存のバージョンが上書きまたは削除されている場合にだけ削除されます。

/leave-old-sw

ダウンロードに成功した後で古いソフトウェア バージョンを保存します。

/no-set-boot

新しいソフトウェア イメージのダウンロードに成功した後に、BOOT 環境変数の設定が新しいソフトウェア イメージを指定するように変更されません。

/no-version-check

互換性のないイメージのインストールを防ぐためのチェックを行わずにソフトウェア イメージをダウンロードします。

/overwrite

ダウンロードされたイメージで、フラッシュ メモリのソフトウェア イメージを上書きします。

/reload

変更された設定が保存されていない場合を除き、イメージのダウンロードに成功した後でシステムをリロードします。

/safe

現在のソフトウェア イメージを保存します。新しいイメージがダウンロードされるまでは、新しいソフトウェア イメージ用の領域を作る目的で現在のソフトウェア イメージを削除しません。ダウンロード終了後に現在のイメージが削除されます。

source-url

ローカルまたはネットワーク ファイル システム用の送信元 URL エイリアス。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの構文
flash:

FTP の構文: ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]/ directory ] / image-name .tar

HTTP サーバの構文:
http:// [[ username : password ]@]{ hostname | host-ip }[/ directory ] / image-name .tar

セキュア HTTP サーバの構文:
https:// [[ username : password ]@]{ hostname | host-ip }[/ directory ] / image-name .tar

Remote Copy Protocol(RCP)の構文: rcp: [[ // username @ location ]/ directory ] / image-name .tar

TFTP の構文:
tftp: [[ // location ]/ directory ] / image-name .tar

image-name .tar は、スイッチにダウンロードし、インストールするソフトウェア イメージです。

 
デフォルト

現行のソフトウェア イメージは、ダウンロードされたイメージで上書きされません。

ソフトウェア イメージと HTML ファイルの両方がダウンロードされます。

新しいイメージは flash: ファイル システムにダウンロードされます。

BOOT 環境変数は、flash: ファイル システムの新しいソフトウェア イメージを示すよう変更されます。

イメージ名では大文字と小文字が区別されます。イメージ ファイルは tar フォーマットで提供されます。

ダウンロードするイメージでのバージョンの互換性がチェックされます。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

/imageonly オプションは、既存のイメージが削除または置き換えられている場合に、既存のイメージの HTML ファイルを削除します。(HTML ファイルのない)Cisco IOS イメージだけがダウンロードされます。

/safe または /leave-old-sw オプションを指定すると、十分なフラッシュ メモリがない場合には新しいイメージのダウンロードが行われないようにすることができます。ソフトウェアを残すことによってフラッシュ メモリの空き容量が不足し、新しいイメージが入りきらなかった場合に、エラーが発生します。

/leave-old-sw オプションを使用し、新しいイメージをダウンロードしたときに古いイメージが上書きされなかった場合、 delete 特権 EXEC コマンドを使用して古いイメージを削除することができます。詳細については、「delete」を参照してください。


/no-version-check オプションの使用には注意が必要です。このオプションを使用すると、最初にイメージにスイッチとの互換性があることを確認せずにイメージをダウンロードできます。


フラッシュ デバイスのイメージをダウンロードされたイメージで上書きする場合は、 /overwrite オプションを使用します。

/overwrite オプション なし でこのコマンドを指定する場合、ダウンロード アルゴリズムは、新しいイメージが、スイッチ フラッシュ デバイスのイメージと同じではないことを確認します。イメージが同じである場合は、ダウンロードは行われません。イメージが異なっている場合、古いイメージは削除され、新しいイメージがダウンロードされます。

新しいイメージをダウンロードした後で、 reload 特権 EXEC コマンドを入力して新しいイメージの使用を開始するか、または archive download-sw コマンドの /reload オプションか /force-reload オプションを指定してください。

次の例では、172.20.129.10 の TFTP サーバから新しいイメージをダウンロードし、スイッチでイメージを上書きする方法を示します。

Switch# archive download-sw /overwrite tftp://172.20.129.10/test-image.tar
 

次の例では、172.20.129.10 の TFTP サーバからソフトウェア イメージだけをスイッチにダウンロードする方法を示します。

Switch# archive download-sw /imageonly tftp://172.20.129.10/test-image.tar
 

次の例では、ダウンロードに成功した後で古いソフトウェア バージョンを保存する方法を示します。

Switch# archive download-sw /leave-old-sw tftp://172.20.129.10/test-image.tar

 
関連コマンド

コマンド
説明

archive tar

tar ファイルを作成し、tar ファイルのファイルを一覧表示し、tar ファイルからファイルを抽出します。

archive upload-sw

スイッチの既存のイメージをサーバにアップロードします。

delete

フラッシュ メモリ デバイスのファイルまたはディレクトリを削除します。

archive tar

archive tar 特権 EXEC コマンドを使用して、tar ファイルの作成、tar ファイル内のファイルの一覧表示、または tar ファイルからのファイルの抽出を行います。

archive tar { /create destination-url flash:/ file-url } | { /table source-url } | { /xtract source-url flash:/ file-url [ dir / file... ]}

 
構文の説明

/create destination-url flash:/ file-url

ローカルまたはネットワーク ファイル システムに新しい tar ファイルを作成します。

destination-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムの宛先 URL エイリアスおよび作成する tar ファイルの名前を指定します。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの構文:
flash:

FTP の構文: ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]/ directory ] / tar-filename .tar

Remote Copy Protocol(RCP)の構文: rcp: [[ // username @ location ]/ directory ] / tar-filename .tar

TFTP の構文: tftp: [[ // location ]/ directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は、作成する tar ファイルです。

flash:/ file-url には、新しい tar ファイルが作成されるローカル フラッシュ ファイル システムの場所を指定します。

送信元ディレクトリ内のファイルまたはディレクトリのオプションのリストを指定して、新しい tar ファイルに書き込むことができます。何も指定しないと、このレベルのすべてのファイルおよびディレクトリが、新しく作成された tar ファイルに書き込まれます。

/table source-url

既存の tar ファイルの内容を画面に表示します。

source-url には、ローカル ファイル システムまたはネットワーク ファイル システムの送信元 URL エイリアスを指定します。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの構文
flash:

FTP の構文:
ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]/ directory ] / tar-filename .tar

RCP の構文: rcp: [[ // username @ location ]/ directory ] / tar-filename .tar

TFTP の構文: tftp: [[ // location ]/ directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は、表示する tar ファイルです。

/xtract source-url flash:/ file-url [ dir/file ...]

tar ファイルからローカル ファイル システムにファイルを抽出します。

source-url には、ローカル ファイル システムの 送信元 URL エイリアスを指定します。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの構文
flash:

FTP の構文: ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]/ directory ] / tar-filename .tar

RCP の構文: rcp: [[ // username @ location ]/ directory ] / tar-filename .tar

TFTP の構文: tftp: [[ // location ]/ directory ] / tar-filename .tar

tar-filename .tar は、抽出される tar ファイルです。

flash:/ file-url [ dir/file ...] には、tar ファイルが抽出されるローカル フラッシュ ファイル システムの場所を指定します。tar ファイルから抽出されるファイルまたはディレクトリのオプション リストを指定するには、 dir/file ... オプションを使用します。何も指定されないと、すべてのファイルとディレクトリが抽出されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

イメージ名では、大文字と小文字が区別されます。

次の例では、tar ファイルを作成する方法を示します。このコマンドはローカル フラッシュ デバイスの new-configs ディレクトリの内容を、172.20.10.30 の TFTP サーバの saved.tar という名前のファイルに書き込みます。

Switch# archive tar /create tftp:172.20.10.30/saved.tar flash:/new-configs
 

次の例では、フラッシュ メモリに含まれるファイルの内容を表示する方法を示します。tar ファイルの内容が画面に表示されます。

Switch# archive tar /table flash:image_name-mz.122-release.tar
info (219 bytes)
image_name-mz.122-release/(directory)
image_name-mz.122-release(610856 bytes)
image_name-mz.122-release/info (219 bytes)
info.ver (219 bytes)
 

次の例では、 html ディレクトリおよびその内容だけを表示する方法を示します。

Switch# archive tar /table flash:image_name-mz.122-release.tar image_name-mz.122-release/html
image_name-mz.122-release/html/ (directory)
image_name-mz.122-release/html/const.htm (556 bytes)
image_name-mz.122-release/html/xhome.htm (9373 bytes)
image_name-mz.122-release/html/menu.css (1654 bytes)
<output truncated>
 

次の例では、172.20.10.30 のサーバにある tar ファイルの内容を抽出する方法を示します。ここでは、ローカル フラッシュ ファイル システムのルート ディレクトリに単に new-configs ディレクトリを抽出しています。 saved.tar ファイルの残りのファイルは無視されます。

Switch# archive tar /xtract tftp://172.20.10.30/saved.tar flash:/ new-configs

 
関連コマンド

コマンド
説明

 

TFTP サーバからスイッチに新しいイメージをダウンロードします。

archive upload-sw

スイッチの既存のイメージをサーバにアップロードします。

 

archive upload-sw

archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを使用して、既存のスイッチ イメージをサーバにアップロードします。

archive upload-sw [ /version version_string ] destination-url

 
構文の説明

/version version_string

(任意)アップロードするイメージの特定バージョン文字列を指定します。

destination-url

ローカルまたはネットワーク ファイル システムの宛先 URL エイリアスです。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの構文
flash:

FTP の構文: ftp: [[ // username [ : password ] @ location ]/ directory ] / image-name .tar

Remote Copy Protocol(RCP)の構文: rcp: [[ // username @ location ]/ directory ] / image-name .tar

TFTP の構文:
tftp: [[ // location ]/ directory ] / image-name .tar

image-name .tar は、サーバに保存するソフトウェア イメージの名前です。

 
デフォルト

flash: ファイル システムから現在稼動中のイメージをアップロードします。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

組み込みデバイス マネージャに関連付けられている HTML ファイルが既存のイメージとともにインストールされている場合にだけ、アップロード機能を使用します。

ファイルは、Cisco IOS イメージ、HTML ファイル、info の順序でアップロードされます。これらのファイルがアップロードされると、ソフトウェアは tar ファイルを作成します。

イメージ名では、大文字と小文字が区別されます。

次の例では、現在実行中のイメージを、172.20.140.2 の TFTP サーバへアップロードする方法を示します。

Switch# archive upload-sw tftp://172.20.140.2/test-image.tar

 
関連コマンド

コマンド
説明

 

新しいイメージをスイッチにダウンロードします。

archive tar

tar ファイルを作成し、tar ファイルのファイルを一覧表示し、tar ファイルからファイルを抽出します。

 

arp access-list

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)アクセス コントロール リスト(ACL)を定義する場合、または以前定義したリストの最後にコマンドを追加する場合は、arp access-list グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。指定された ARP アクセス リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

arp access-list acl-name

no arp access-list acl-name

 
構文の説明

acl-name

ACL の名前

 
デフォルト

ARP アクセス リストは定義されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

arp access-list コマンドを入力すると、ARP アクセス リスト コンフィギュレーション モードに入り、次のコンフィギュレーション コマンドが使用可能になります。

default :コマンドをデフォルト設定に戻します。

deny :パケットを拒否するように指定します。詳細については、「deny(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)」を参照してください。

exit :ARP アクセス リスト コンフィギュレーション モードを終了します。

no :コマンドを無効にするか、デフォルト設定に戻します。

permit :パケットを転送するように指定します。詳細については、「permit(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)」を参照してください。

指定された一致条件に基づいて ARP パケットを転送またはドロップするには、 permit または deny アクセス リスト コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ARP ACL が定義されると、 ip arp inspection filter vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して VLAN に ARP ACL を適用できます。IP/MAC アドレス バインディングだけを含む ARP パケットが ACL と比較されます。それ以外のすべてのパケット タイプは、検証されずに、入力 VLAN 内でブリッジングされます。ACL がパケットを許可すると、スイッチがパケットを転送します。明示的拒否ステートメントによって ACL がパケットを拒否すると、スイッチがパケットをドロップします。暗黙拒否ステートメントによって ACL がパケットを拒否すると、スイッチはパケットを DHCP バインディングのリストと比較します。ただし、ACL が スタティック (パケットがバインディングと比較されない)である場合を除きます。

次の例では、ARP アクセス リストを定義し、IP アドレスが 1.1.1.1 で MAC アドレスが 0000.0000.abcd のホストからの ARP 要求と ARP 応答の両方を許可する方法を示します。

Switch(config)# arp access-list static-hosts
Switch(config-arp-nacl)# permit ip host 1.1.1.1 mac host 00001.0000.abcd
Switch(config-arp-nacl)# end
 

設定を確認するには、 show arp access-list 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

deny(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

DHCP バインディングとの比較による一致に基づいて ARP パケットを拒否します。

ip arp inspection filter vlan

スタティック IP アドレスで設定されたホストからの ARP 要求および応答を許可します。

permit(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

DHCP バインディングとの比較による一致に基づいて ARP パケットを許可します。

show arp access-list

ARP アクセス リストに関する詳細を表示します。

bandwidth

ポリシーマップ クラスの出力帯域幅を設定することによってクラスベース均等化キューイング(CBWFQ)を設定するには、bandwidth ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション コマンドを使用します。クラスの帯域幅設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

bandwidth { rate | percent value | remaining percent value }

no bandwidth [ rate | percent value | remaining percent value ]

 
構文の説明

rate

クラスの帯域幅レートをキロ ビット/秒(kbps)単位で設定します。指定できる範囲は 64 ~ 1000000 です。

percent value

合計帯域幅の割合としてクラスの帯域幅を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 100% です。

remaining percent value

残りの帯域幅の割合としてクラスの帯域幅を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 100% です。

 
デフォルト

帯域幅は定義されていません。

 
コマンド モード

ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

出力トラフィックを制御するには、 bandwidth ポリシーマップ クラス コマンドを使用します。 bandwidth コマンドは、そのクラス内のトラフィックの帯域幅を指定します。CBWFQ はクラスに割り当てられた帯域幅から、クラスに属するパケットの重み付けを取得し、この重み付けを使用して、このクラスのキューが適正に処理されるようにします。帯域幅設定は、入力ポリシー マップでサポートされません。

トラフィックのクラスの帯域幅を絶対レート(kbps)または帯域幅に対する割合( パーセント )として設定すると、その帯域幅はそのトラフィック クラスの最小帯域幅保証または認定情報レート(CIR)を表します。つまり、トラフィック クラスは最低でもコマンドにより指定された帯域幅を取得しますが、その帯域幅に制限されるわけではありません。ポートの超過帯域幅はすべて、設定済み CIR レートと同じ比率で各クラスに割り当てられます。

bandwidth remaining percent コマンドを入力すると、絶対帯域幅が保証されず、相対帯域幅のみが確認されます。クラスの帯域幅は、ポートに設定された、帯域幅に対する指定されたパーセント比率に常に比例します。

出力ポリシーで帯域幅を設定する場合、各帯域幅設定では、同一の単位を指定する必要があります。つまり、すべてを絶対値(レート)またはパーセント比率にします。

ポリシーの各キューにおける最小帯域幅保証の合計速度は、インターフェイスの合計速度を上回ることはできません。 percent キーワードが使用されている場合、クラスの帯域幅の割合の合計が 100% を超えることはできません。

queue-limit コマンドを使用してデフォルトのキュー制限を変更すると、インターフェイスに必要な最小帯域幅保証を満たすことができるため、高速のインターフェイスで特に重要です。

1 つのポリシー マップ内で、bandwidth ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション コマンドを使用して CBWFQ を設定し、同じクラスに対して shape average コマンドを使用してクラスベース シェーピングを設定することはできません。

プライオリティ キューイング( priority ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション コマンドを使用して設定)を含むクラスの帯域幅は設定できません。

次に、帯域幅(kbps)を設定することにより、出力キューの優先順位を設定する例を示します。クラス outclass1 outclass2 、および outclass3 の最小帯域幅は、それぞれ 50000、20000、および 10000 kbps になります。クラス class-default は、最低限として、残りの帯域幅を取得します。

Switch(config)# policy-map out-policy
Switch(config-pmap)# class outclass1
Switch(config-pmap-c)# bandwidth 50000
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class outclass2
Switch(config-pmap-c)# bandwidth 20000
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class outclass3
Switch(config-pmap-c)# bandwidth 10000
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# exit
Switch(config)# interface fastethernet 0/1
Switch(config-if)# service-policy output out-policy
Switch(config-if)# exit
 

次に、各トラフィック クラスに、使用可能な合計帯域幅の割合を割り当てることで、出力キューの優先順位を設定する例を示します。クラス outclass1 outclass2 および outclass3 は、それぞれ 50%、20%、および 10% の最小帯域幅を取得します。クラス class-default は少なくとも 20 パーセントを取得します。

Switch(config)# policy-map out-policy
Switch(config-pmap)# class outclass1
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 50
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class outclass2
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 20
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class outclass3
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 10
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# exit
Switch(config)# interface fastethernet 0/1
Switch(config-if)# service-policy output out-policy
Switch(config-if)# exit
 

次に、 outclass1 をプライオリティ キューとして設定し、 outclass2 および outclass3 は、プライオリティ キューを処理した後の残存帯域幅のそれぞれ 50% および 20% を取得するように設定する例を示します。クラス class-default は、保証なしで、残りの 30% を取得します。

Switch(config)# policy-map out-policy
Switch(config-pmap)# class outclass1
Switch(config-pmap-c)# priority
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class outclass2
Switch(config-pmap-c)# bandwidth remaining percent 50
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class outclass3
Switch(config-pmap-c)# bandwidth remaining percent 20
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# exit
Switch(config)# interface fastethernet 0/1
Switch(config-if)# service-policy output out-policy
Switch(config-if)# exit
 

設定を確認するには、 show policy-map 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

class

指定したクラスマップ名のトラフィック分類一致基準を定義します。

policy-map

複数のポートに接続可能なポリシー マップを作成または変更して、サービス ポリシーを指定します。

show policy-map

Quality of Service(QoS)ポリシー マップを表示します。

 

boot buffersize

NVRAM のサイズを設定するには boot buffersize グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドをデフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot buffersize size

no boot buffersize

 
構文の説明

size

NVRAM バッファ サイズ(KB)

有効な範囲は 4096 ~ 1048576 です。

 
デフォルト

デフォルトの NVRAM バッファ サイズは 512 KB です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(55)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトの NVRAM バッファ サイズは 512 KB です。コンフィギュレーション ファイルが大きすぎて NVRAM に保存できない場合があります。より大きいコンフィギュレーション ファイルをサポートできるように、NVRAM バッファのサイズを設定できます。

NVRAM バッファ サイズを設定した後、スイッチをリロードします。

次の例では、NVRAM バッファ サイズを設定する方法を示します。

Switch(config)# boot buffersize 524288
Switch(config)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

boot config-file

Cisco IOS がシステム設定の不揮発性コピーの読み書きに使用するファイル名を指定するには、 boot config-file グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot config-file flash: / file-url

no boot config-file

 
構文の説明

flash:/ file-url

コンフィギュレーション ファイルのパス(ディレクトリ)および名前です。

 
デフォルト

デフォルトのコンフィギュレーション ファイルは、flash:config.text です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

このコマンドは、CONFIG_FILE 環境変数の設定を変更します。詳細については、 付録 A「Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ ブート ローダー コマンド」 を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

boot enable-break

自動ブート プロセスの中断をイネーブルにするには、 boot enable-break グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot enable-break

no boot enable-break

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

ディセーブル コンソール上で Break キーを押しても自動ブート プロセスを中断することはできません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを入力すると、フラッシュ ファイル システムが初期化された後にブレーク キーを押して、自動ブート プロセスを中断できます。ブレーク キーは、オペレーティング システムごとに異なります。

UNIX を実行している SUN ワークステーションでは、Ctrl+C がブレーク キーです。

Windows 2000 を実行する PC では、Ctrl+Break がブレーク キーとなります。

このコマンドは、ENABLE_BREAK 環境変数の設定を変更します。詳細については、 付録 A「Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ ブート ローダー コマンド」 を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

boot helper

boot helper グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、ブート ローダー初期化中に動的にファイルをロードして、ブート ローダーの機能を拡張したり、パッチを当てたりします。このコマンドをデフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot helper filesystem :/ file-url ...

no boot helper

 
構文の説明

filesystem :

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/ file-url

ローダー初期化中に動的にロードするためのパス(ディレクトリ)およびロード可能なファイルのリストです。イメージ名はセミコロンで区切ります。

 
デフォルト

ヘルパー ファイルはロードされません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この変数は、内部開発およびテスト専用です。

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

このコマンドは、HELPER 環境変数の設定を変更します。詳細については、 付録 A「Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ ブート ローダー コマンド」 を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

boot helper-config-file

boot helper-config-file グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、Cisco IOS ヘルパー イメージが使用するコンフィギュレーション ファイルの名前を指定します。このコマンドが設定されていない場合は、CONFIG_FILE 環境変数によって指定されたファイルが、ロードされたすべてのバージョンの Cisco IOS に使用されます。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot helper-config-file filesystem :/ file-url

no boot helper-config file

 
構文の説明

filesystem :

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/ file-url

ロードするパス(ディレクトリ)およびヘルパー コンフィギュレーション ファイル

 
デフォルト

ヘルパー コンフィギュレーション ファイルは指定されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この変数は、内部開発およびテスト専用です。

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

このコマンドは、HELPER_CONFIG_FILE 環境変数の設定を変更します。詳細については、 付録 A「Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ ブート ローダー コマンド」 を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

boot manual

次回のブート サイクル中に、スイッチの手動起動をイネーブルにするには、 boot manual グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot manual

no boot manual

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

手動による起動はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

システムを次回再起動すると、スイッチはブート ローダー モードで起動します。これは switch: プロンプトによってわかります。システムを起動するには、 boot ブート ローダー コマンドを使用して、起動可能なイメージの名前を指定します。

このコマンドは、MANUAL_BOOT 環境変数の設定を変更します。詳細については、 付録 A「Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ ブート ローダー コマンド」 を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

boot private-config-file

Cisco IOS がプライベート設定の不揮発性コピーの読み書きに使用するファイル名を指定するには、 boot private-config-file グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot private-config-file filename

no boot private-config-file

 
構文の説明

filename

プライベート コンフィギュレーション ファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトのコンフィギュレーション ファイルは、 private-config です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファイル名は、大文字と小文字を区別します。

次の例では、プライベート コンフィギュレーション ファイルの名前を pconfig と指定する方法を示します。

Switch(config)# boot private-config-file pconfig

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

boot system

boot system グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、次回のブート サイクル中にロードする Cisco IOS イメージを指定します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

boot system filesystem:/file-url ...

no boot system

 
構文の説明

filesystem :

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/ file-url

ブート可能なイメージのパス(ディレクトリ)および名前。各イメージ名はセミコロンで区切ります。

 
デフォルト

スイッチは、BOOT 環境変数内の情報を使用して、自動的にシステムをブートしようとします。この変数が設定されていない場合、スイッチは、フラッシュ ファイル システム全体に再帰的に縦型検索し、最初の実行可能イメージをロードして実行しようとします。ディレクトリの縦型検索では、検出した各サブディレクトリを完全に検索してから元のディレクトリでの検索を続けます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

archive download-sw 特権 EXEC コマンドを使用してシステム イメージを保存している場合、 boot system コマンドを使用する必要はありません。 boot system コマンドは自動的に処理され、ダウンロードされたイメージがロードされます。

このコマンドは、BOOT 環境変数の設定を変更します。詳細については、 付録 A「Cisco ME 3400E イーサネット アクセス スイッチ ブート ローダー コマンド」 を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show boot

BOOT 環境変数の設定を表示します。

channel-group

channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、EtherChannel グループにイーサネット ポートを割り当てます。イーサネット ポートを EtherChannel グループから削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

channel-group channel -group-number mode { active | { auto [ non-silent ] | desirable [ non-silent ] | on } | passive }

no channel-group

PAgP モード:
channel-group channel -group-number mode { auto [ non-silent ] | { desirable [ non-silent ]}

LACP モード:
channel-group channel -group-number mode {active | passive}

On モード:
channel-group channel -group-number mode on


) リンク集約制御プロトコル(LACP)およびポート集約プロトコル(PAgP)は、ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)または拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)でのみ使用できます。activeautodesirable、および passive キーワードはユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)には表示されません。


 
構文の説明

channel-group-number

チャネル グループ番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 48 です。

mode

EtherChannel モードを指定します。

active

無条件に LACP をイネーブルにします。

active モードは、ポートをネゴシエーション ステートにします。このステートでは、ポートは LACP パケットを送信することによって、他のポートとのネゴシエーションを開始します。チャネルは、active モードまたは passive モードの別のポート グループで形成されます。

auto

PAgP デバイスが検出された場合に限り、PAgP をイネーブルにします。

auto モードは、ポートをパッシブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは受信する PAgP パケットに応答しますが、PAgP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。チャネルは、desirable モードの別のポート グループでだけ形成されます。 auto がイネーブルの場合、サイレント動作がデフォルトになります。

desirable

無条件に PAgP をイネーブルにします。

desirable モードは、ポートをアクティブ ネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは PAgP パケットを送信することによって、他のポートとのネゴシエーションを開始します。相手側のポート グループが desirable または auto モードの場合にチャネルが形成されます。 desirable がイネーブルの場合は、デフォルトでサイレント動作となります。

non-silent

(任意)他の装置からのトラフィックが予想されている場合に PAgP モードで auto または desirable キーワードとともに使用されます。

on

on モードをイネーブルにします。

on モードでは、使用可能な EtherChannel が存在するのは、両方の接続ポート グループが on モードになっている場合だけです。

passive

LACP 装置が検出された場合に限り、LACP をイネーブルにします。

passive モードは、ポートをネゴシエーション ステートにします。この場合、ポートは受信した LACP パケットに応答しますが、LACP パケット ネゴシエーションを開始することはありません。チャネルは、active モードの別のポート グループでだけ形成されます。

 
デフォルト

チャネル グループは割り当てることができません。

モードは設定されていません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

レイヤ 2 EtherChannel の場合、物理ポートをチャネル グループに割り当てる前に、先に interface port-channel グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してポートチャネル インターフェイスを作成しておく必要はありません。代わりに、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用できます。論理インターフェイスがまだ作成されていない場合は、チャネル グループが最初の物理ポートを取得した時点で、自動的にポートチャネル インターフェイスが作成されます。最初にポートチャネル インターフェイスを作成する場合は、 channel-group-number port - channel-number と同じ番号にしても、新しい番号にしてもかまいません。新しい番号を使用した場合、 channel-group コマンドは動的に新しいポート チャネルを作成します。

ポートが UNI または ENI の場合、 channel-group コマンドを使用する前に、no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポートをイネーブルにする必要があります。UNI と ENI は、デフォルトでディセーブルに設定されています。NNI はデフォルトでイネーブルです。

チャネル グループの一部である物理ポートに割り当てられた IP アドレスをディセーブルにする必要はありませんが、これをディセーブルにすることを強く推奨します。

interface port-channel コマンドの次に no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、レイヤ 3 のポート チャネルを作成できます。インターフェイスをチャネル グループに適用する前に、ポート チャネルの論理インターフェイスを手動で設定してください。

EtherChannel を設定した後、ポートチャネル インターフェイスに加えられた設定の変更は、そのポートチャネル インターフェイスに割り当てられたすべての物理ポートに適用されます。物理ポートに適用された設定の変更は、設定を適用したポートだけに有効です。EtherChannel 内のすべてのポートのパラメータを変更するには、ポートチャネル インターフェイスに対してコンフィギュレーション コマンドを適用します。たとえば、spanning-tree コマンドを使用して、レイヤ 2 EtherChannel をトランクとして設定します。

auto モードまたは desirable モードとともに non-silent を指定しなかった場合は、サイレントが指定されているものと見なされます。サイレント モードを設定するのは、PAgP 非対応で、かつほとんどパケットを送信しない装置にスイッチを接続する場合です。サイレント パートナーの例は、トラフィックを生成しないファイル サーバ、またはパケット アナライザなどです。この場合、物理ポート上で稼動している PAgP は、そのポートを動作可能にしません。ただし、PAgP は動作可能で、チャネル グループにポートを付与したり、伝送用ポートを使用したりできます。リンクの両端はサイレントに設定することはできません。

on モードでは、使用可能な EtherChannel が存在するのは、 on モードのポート グループが、 on モードの別のポート グループに接続する場合だけです。


注意 モードを on に設定(手動設定)する場合は、慎重に実行する必要があります。on モードに設定したすべてのポートは、同じグループにバンドルされており、同様の特性を持つようになります。グループの設定を誤ると、パケット損失またはスパニング ツリー ループが発生することがあります。

EtherChannel は、PAgP と LACP の両方のモードには設定しないでください。PAgP および LACP が稼動している複数の EtherChannel グループは、同じスイッチ上で共存できます。個々の EtherChannel グループは PAgP または LACP のいずれかを実行できますが、相互運用することはできません。


) PAgP および LACP は、NNI および ENI 上でだけ使用できます。


channel-protocol インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してプロトコルを設定した場合、設定値は、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドによっては上書きされません。

アクティブまたはアクティブでない EtherChannel メンバであるポートを IEEE 802.1x ポートとして設定しないでください。EtherChannel ポートで IEEE 802.1x をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x はイネーブルになりません。

セキュア ポートを EtherChannel の一部として、または EtherChannel ポートをセキュア ポートとしては設定しないでください。

設定の注意事項の一覧については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドの「Configuring EtherChannels」の章を参照してください。


注意 物理 EtherChannel ポート上で、レイヤ 3 のアドレスをイネーブルにしないでください。物理 EtherChannel ポート上でブリッジ グループを割り当てることは、ループが発生する原因になるため、行わないでください。

次に、EtherChannel を設定する例を示します。VLAN 10 のスタティックアクセス ポート 2 つを PAgP モード desirable であるチャネル 5 に割り当てます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range gigabitethernet0/1 -2
Switch(config-if-range)# switchport mode access
Switch(config-if-range)# switchport access vlan 10
Switch(config-if-range)# channel-group 5 mode desirable
Switch(config-if-range)# end
 

次に、EtherChannel を設定する例を示します。VLAN 10 のスタティックアクセス ポート 2 つを LACP モード active であるチャネル 5 に割り当てます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range gigabitethernet0/1 -2
Switch(config-if-range)# switchport mode access
Switch(config-if-range)# switchport access vlan 10
Switch(config-if-range)# channel-group 5 mode active
Switch(config-if-range)# end
 

設定を確認するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-protocol

チャネリングを管理するため、ポート上で使用されるプロトコルを制限します。

interface port-channel

ポート チャネルへのアクセスや、ポート チャネルの作成を行います。

show etherchannel

チャネルの EtherChannel 情報を表示します。

show lacp

LACP チャネル グループ情報を表示します。

show pagp

PAgP チャネル グループ情報を表示します。

show running-config

動作設定を表示します。構文情報については、Cisco IOS Release 12.2 のコマンド リファレンス一覧ページへアクセスする次のリンクを使用します。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1835/prod_command_reference_list.html
「Cisco IOS Commands Master List, Release 12.2」を選択して、コマンドの項目へ移動します。

channel-protocol

channel-protocol インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、チャネリングを管理するために、ポート上で使用されるプロトコルを制限します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

channel-protocol { lacp | pagp }

no channel-protocol

 
構文の説明

lacp

リンク集約制御プロトコル(LACP)で EtherChannel を設定します。

pagp

Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)で EtherChannel を設定します。

 
デフォルト

EtherChannel に割り当てられているプロトコルはありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

channel-protocol コマンドは、チャネルを LACP または PAgP に制限するためだけに使用します。 channel-protocol コマンドを使用してプロトコルを設定する場合、設定は channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドで上書きされることはありません。


) PAgP および LACP を使用できるのは、ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)および拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)上だけです。


ポートがユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)または ENI の場合、channel-protocol コマンドを使用する前に、no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポートをイネーブルにする必要があります。UNI と ENI は、デフォルトでディセーブルに設定されています。NNI はデフォルトでイネーブルです。

channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドは、EtherChannel のパラメータ設定に使用してください。また、 channel-group コマンドは、EtherChannel に対しモードを設定することもできます。

EtherChannel グループ上で、PAgP および LACP モードの両方をイネーブルにすることはできません。

PAgP と LACP には互換性がありません。両方ともチャネルの終端は同じプロトコルを使用する必要があります。

次の例では、EtherChannel を管理するプロトコルとして LACP を指定する方法を示します。

Switch(config-if)# channel-protocol lacp
 

設定を確認するには、 show etherchannel [ channel-group-number ] protocol 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-group

EtherChannel グループにイーサネット ポートを割り当てます。

show etherchannel protocol

EtherChannel のプロトコル情報を表示します。

 

class

ポリシーを作成、変更、またはポリシーを設定する前にポリシーにシステムのデフォルト クラスを指定するクラスの名前を指定し、ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション モードを開始するには、class ポリシーマップ コンフィギュレーション コマンドを使用します。ポリシー マップからクラスを削除するにはこのコマンドの no 形式を使用します。

class { class-map-name| class-default }

no class { class-map-name| class-default }

 
構文の説明

class-map-name

class-map グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して作成されたクラス マップの名前。

class-default

システムのデフォルト クラス。このクラスは、すべての分類されないトラフィックと一致します。デフォルト クラスは作成または削除できません。

 
デフォルト

ポリシー マップ クラスは定義されていません。

 
コマンド モード

ポリシー マップ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポリシーマップ コンフィギュレーション モードで class class-map-name コマンドを使用する前に、 class-map class-map-name グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、クラスを作成する必要があります。 class-default クラスは、トラフィックが設定されているクラス マップのいずれの一致基準とも一致しない場合に、そのトラフィックが送られるクラスです。

ポリシー マップを指定し、ポリシーマップ コンフィギュレーション モードを開始するには、 policy-map グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。ポリシー マップを指定すると、ポリシー マップ内で新規クラスのポリシーを設定したり、既存クラスのポリシーを変更したりすることができます。

入力ポリシー マップの最大クラス数は 64 + class-default です。

service-policy インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、ポリシー マップをポートへ添付することができます。

class コマンドを入力すると、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードに入り、次のコンフィギュレーション コマンドが使用可能になります。

bandwidth ポリシー マップに属しているクラスに割り当てる帯域幅を指定します。詳細については、 bandwidth コマンドを参照してください。

exit :ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードを終了し、ポリシー マップ コンフィギュレーション モードに戻ります。

no :コマンドをデフォルト設定に戻します。

police :分類したトラフィックにそれぞれポリサーまたは集約ポリサーを定義します。ポリサーは、帯域幅の限度およびその限度を超過した場合に実行するアクションを指定します。詳細については、 police および police aggregate(ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション) ポリシーマップ クラス コマンドを参照してください。

priority :このクラスに完全スケジューリング プライオリティを設定します。 police キーワードと併用した場合、ポリシングを含むプライオリティを設定します。詳細については、 priority ポリシーマップ クラス コマンドを参照してください。

queue-limit :重み付きテール ドロップ(WTD)のキューの最大しきい値を設定します。詳細については、 queue-limit コマンドを参照してください。

service-policy QoS サービス ポリシーを入力または出力ポリシーの親ポリシー マップに適用するように設定します。詳細については、 service-policy(ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション) コマンドを参照してください。

set :分類したトラフィックに割り当てる値を指定します。詳細については、 set コマンドを参照してください。

shape average :平均トラフィック シェーピング レートを指定します。詳細については、 shape average コマンドを参照してください。

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードに戻るには、 exit コマンドを使用します。特権 EXEC モードに戻るには、 end コマンドを使用します。

次に、ポリシー マップ policy1 を作成し、クラス class1 を定義し、ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション モードを開始してクラスの基準を設定する例を示します。

Switch(config)# policy-map policy1
Switch(config-pmap)# class class1
Switch(config-pmap-c)# set dscp 10
Switch(config-pmap-c)# exit
 

設定を確認するには、 show policy-map 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

名前を指定したクラスとパケットとの照合に使用されるクラス マップを作成します。

policy-map

複数のポートに接続可能なポリシー マップを作成または変更して、サービス ポリシーを指定します。

show policy-map

QoS ポリシー マップを表示します。

show policy-map interface [ interface-id ]

(任意)指定したインターフェイスまたはすべてのインターフェイスに設定されているポリシー マップを表示します。

class-map

指定した基準とパケットのマッチングに使用されるクラス マップを作成し、クラスマップ コンフィギュレーション モードを開始するには、 class-map グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。既存のクラス マップを削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

class-map [ match-all | match-any ] class-map-name

no class-map [ match-all | match-any ] class-map-name

 
構文の説明

match-all

(任意)このクラス マップ内のすべての一致ステートメントの論理積をとります。パケットがすべての一致基準を満たす必要があります。

match-any

(任意)このクラス マップ内の一致ステートメントの論理和をとります。パケットが 1 つまたは複数の一致基準を満たす必要があります。

class-map-name

クラス マップ名です。

 
デフォルト

クラス マップは定義されていません。

match-all または match-any のいずれのキーワードも指定しない場合、デフォルトは match-all です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

クラスマップ一致基準を作成または変更するクラスの名前を指定し、クラスマップ コンフィギュレーション モードを開始する場合は、このコマンドを使用します。

スイッチでは、最大 1024 の一意のクラス マップをサポートしています。

ポート単位で適用されるグローバルに名付けられたサービス ポリシーの一部としてパケット分類を定義するには、 class-map コマンドとクラスマップ コンフィギュレーション モードを使用します。クラス マップを設定したら、1 つまたは複数の match コマンドを使用して一致基準を指定できます。入力インターフェイスまたは出力インターフェイスのいずれかに到達( service-policy インターフェイス コンフィギュレーション コマンドの設定によって決定されます)するパケットは、クラスマップの一致基準に照らしてチェックされ、パケットがそのクラスに属しているかどうかが判断されます。

match-all クラス マップは、パケットがすべてのエントリに一致する必要があることを意味し、他には match 文を設定できません。

クラスマップ コンフィギュレーション モードでは、次のコンフィギュレーション コマンドが利用できます。

description :クラス マップを説明します(最大 200 文字)。 show class-map 特権 EXEC コマンドを実行すると、クラス マップの説明と名前が表示されます。

exit :QoS クラス マップ コンフィギュレーション モードを終了します。

match :分類基準を設定します。詳細については、 match クラスマップ コンフィギュレーション コマンドを参照してください。

no :クラス マップから一致ステートメントを削除します。

次の例は、 class1 というクラス マップの設定方法を示します。デフォルトでは、クラス マップは match-all であるため、他の一致基準を含むことはできません。

Switch(config)# class-map class1
Switch(config-cmap)# exit
 

次の例は、一致基準が 1 つの match-any クラス マップ(アクセス リスト 103 )を設定する方法を示します。このクラス マップ(ACL に一致)は、入力ポリシー マップでだけサポートされます。

Switch(config)# class-map class2
Switch(config-cmap)# match access-group 103
Switch(config-cmap)# exit
 

次の例では、クラス マップ cla ss1 を削除する方法を示します。

Switch(config)# no class-map class1
 

show class-map 特権 EXEC コマンドを入力すると、設定を確認できます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

class

指定したクラスマップ名のトラフィック分類一致基準を定義します。

match access-group

指定したアクセス コントロール リスト(ACL)に基づいて、クラス マップの一致基準を設定します

match cos

レイヤ 2 サービス クラス(CoS)マーキングに基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

match ip dscp

特定の IPv4 DiffServ コード ポイント(DSCP)値に基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

match ip precedence

IPv4 precedence 値に基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

match qos-group

特定の Quality of Service(QoS)グループ値に基づいて、クラス マップの一致基準を設定します。

match vlan

VLAN ID または一連の VLAN ID に基づいて、階層型ポリシー マップの親ポリシーのクラス マップの一致基準を設定します。

policy-map

複数のポートに接続可能なポリシー マップを作成または変更して、サービス ポリシーを指定します。

show class-map

QoS クラス マップを表示します。

 

clear ip arp inspection log

ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)インスペクション ログ バッファを消去するには、 clear ip arp inspection log 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear ip arp inspection log

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、ログ バッファの内容をクリアする方法を示します。

Switch# clear ip arp inspection log
 

ログがクリアされたかどうかを確認するには、 show ip arp inspection log 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP アクセス コントロール リスト(ACL)を定義します。

ip arp inspection log-buffer

ダイナミック ARP 検査ロギング バッファを設定します。

ip arp inspection vlan logging

VLAN 単位で記録するパケットのタイプを制御します。

show ip arp inspection log

ダイナミック ARP 検査ログ バッファの設定と内容を表示します。

 

clear ip arp inspection statistics

ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査の統計情報をクリアするには、 clear ip arp inspection statistics 特権 EXEC コマンドを使用します

clear ip arp inspection statistics [ vlan vlan-range ]

 
構文の説明

vlan vlan-range

(任意)指定された 1 つ以上の VLAN の統計情報をクリアします。

VLAN ID 番号で識別された 1 つの VLAN、それぞれをハイフンで区切った VLAN 範囲、またはカンマで区切った一連の VLAN を指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、VLAN 1 の統計情報をクリアする方法を示します。

Switch# clear ip arp inspection statistics vlan 1
 

統計情報が削除されたかどうかを確認するには、 show ip arp inspection statistics vlan 1 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp inspection statistics

すべての VLAN または指定された VLAN の転送済みパケット、ドロップ済みパケット、MAC 検証に失敗したパケット、および IP 検証に失敗したパケットの統計情報を表示します。

 

clear ip dhcp snooping

DHCP バインディング データベース エージェント統計情報または DHCP スヌーピング統計情報カウンタを消去するには、 clear ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear ip dhcp snooping { binding {* | ip-address | interface interface-id | vlan vlan-id } | database statistics | statistics }

 
構文の説明

binding

DHCP スヌーピング バインディング データベースをクリアします。

*

すべての自動バインディングをクリアします。

ip-address

バインディング エントリ IP アドレスをクリアします。

interface interface-id

バインディング入力インターフェイスをクリアします。

vlan vlan-id

バインディング エントリ VLAN をクリアします。

database statistics

DHCP スヌーピング バインディング データベース エージェントの統計情報をクリアします。

statistics

DHCP スヌーピング統計カウンタをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip dhcp snooping database statistics コマンドを入力すると、スイッチは統計情報をクリアする前にバインディング データベースおよびバインディング ファイル内のエントリを更新しません。

次の例では、DHCP スヌーピング バインディング データベース エージェントの統計情報をクリアする方法を示します。

Switch# clear ip dhcp snooping database statistics
 

統計情報がクリアされたかどうかを確認するには、 show ip dhcp snooping database 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、DHCP スヌーピング統計カウンタをクリアする方法を示します。

Switch# clear ip dhcp snooping statistics
 

統計情報がクリアされたかどうかを確認するには、 show ip dhcp snooping statistics ユーザ EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング バインディング データベース エージェントまたはバインディング ファイルを設定します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング データベース エージェントのステータスを表示します。

show ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング バインディング データベース エージェントの統計情報を表示します。

show ip dhcp snooping statistics

DHCP スヌーピングの統計情報を表示します。

 

clear ipc

Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)プロトコルの統計情報をクリアするには、 clear ipc 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear ipc { queue-statistics | statistics }

 
構文の説明

queue-statistics

IPC キューの統計情報をクリアします。

statistics

IPC の統計情報をクリアします。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ipc statistics コマンドを使用してすべての統計情報をクリアできますが、 clear ipc queue-statistics コマンドを使用してキューの統計情報だけをクリアすることもできます。

次の例では、すべての統計情報をクリアする方法を示します。

Switch# clear ipc statistics
 

次の例では、キューの統計情報だけをクリアする方法を示します。

Switch# clear ipc queue-statistics
 

統計情報が削除されたかどうかを確認するには、 show ipc rpc または show ipc session 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipc { rpc | session }

IPC マルチキャスト ルーティングの統計情報を表示します。

clear ipv6 dhcp conflict

Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6(DHCPv6)サーバ データベースからアドレス競合をクリアするには、 clear ipv6 dhcp conflict 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear ipv6 dhcp conflict {* | IPv6-address}


) このコマンドは、スイッチでメトロ IP アクセス イメージが稼動しており、スイッチにデュアル IPv4/IPv6 Switch Database Management(SDM)テンプレートを設定している場合にだけ使用できます。


 
構文の説明

*

すべてのアドレス競合をクリアします。

IPv6-address

競合するアドレスを含むホスト IPv6 アドレスをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デュアル IPv4/IPv6 テンプレートを設定するには、 sdm prefer dual-ipv4-and-ipv6 { default | routing | vlan } グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力し、スイッチをリロードします。

競合を検出するように DHCPv6 サーバを設定する場合、DHCPv6 サーバは ping を使用します。クライアントはネイバー探索を使用してクライアントを検出し、DECLINE メッセージを介してサーバに報告します。アドレス競合が検出されると、このアドレスはプールから削除されます。管理者がこのアドレスを競合リストから削除するまでこのアドレスは割り当てることができません。

アドレス パラメータとしてアスタリスク(*)文字を使用すると、DHCP はすべての競合をクリアします。

次の例では、DHCPv6 サーバ データベースからすべてのアドレス競合をクリアする方法を示します。

Switch# clear ipv6 dhcp conflict *

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 dhcp conflict

DHCPv6 サーバによって検出された、またはクライアントから DECLINE メッセージにより報告されたアドレス競合を表示します。

 

clear l2protocol-tunnel counters

プロトコル トンネル ポートのプロトコル カウンタを消去するには、 clear l2protocol-tunnel counters 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear l2protocol-tunnel counters [ interface-id ]

このコマンドは、スイッチでメトロ IP アクセス イメージまたはメトロ アクセス イメージが稼動している場合にのみサポートされます。

 
構文の説明

interface-id

(任意)プロトコル カウンタをクリアするインターフェイス(物理インターフェイスまたはポート チャネル)を指定します。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチまたは指定されたインターフェイスのプロトコル トンネル カウンタをクリアするには、このコマンドを使用します。

次の例では、インターフェイスのレイヤ 2 プロトコル トンネル カウンタをクリアする方法を示します。

Switch# clear l2protocol-tunnel counters gigabitethernet0/2

 
関連コマンド

コマンド
説明

show l2protocol-tunnel

レイヤ 2 プロトコル トンネリングが設定されたポートに関する情報を表示します。

 

clear lacp

リンク集約制御プロトコル(LACP)チャネル グループのカウンタをクリアするには、 clear lacp 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear lacp { channel-group-number counters | counters }


) LACP を使用できるのは、ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)および拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)上だけです。


 
構文の説明

channel-group-number

(任意)チャネル グループ番号。指定できる範囲は 1 ~ 48 です。

counters

トラフィックのカウンタをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear lacp counters コマンドを使用することで、カウンタをすべてクリアできます。また、指定のチャネル グループのカウンタだけをクリアする場合には、 clear lacp channel-group-number counters コマンドを使用します。

次の例では、すべてのチャネル グループ情報をクリアする方法を示します。

Switch# clear lacp counters
 

次の例では、グループ 4 の LACP トラフィックのカウンタをクリアする方法を示します。

Switch# clear lacp 4 counters
 

情報が削除されたかどうかを確認するには、 show lacp counters または show lacp 4 counters 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show lacp

LACP チャネル グループ情報を表示します。

clear logging onboard

フラッシュ メモリに保存された稼働時間と CLI コマンド情報以外のすべてのオンボード障害ロギング(OBFL)データをクリアするには、 clear logging onboard 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear logging onboard [ module { slot-number | all }]

 
構文の説明

module { slot-number | all }

(任意)スロット番号は常に 1 で、ME-3400E には関連しません。 clear logging onboard module 1 または clear logging onboard all を入力した結果は、 clear logging onboard を入力した結果と同じになります。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OBFL はイネーブルにしておき、フラッシュ メモリに保存されたデータは消さないようにすることを推奨します。

次の例に、稼働時間と CLI コマンド情報以外のすべての OBFL 情報を消去する方法を示します。

Switch# clear logging onboard
Clear logging onboard buffer [confirm]
PID: ME-3400E-24TS-M , VID: 03 , SN: FOC1225U4CY
 
Switch# clear logging onboard module all
Clear logging onboard buffer [confirm]
PID: ME-3400E-24TS-M , VID: 03 , SN: FOC1225U4CY
 

情報が消去されたかどうかを確認するには、 show logging onboard 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

hw-module module logging onboard

OBFL をイネーブルにします。

show logging onboard

OBFL 情報を表示します。

 

clear mac address-table

特定のダイナミック アドレス、特定のインターフェイス上のすべてのダイナミック アドレス、または特定の VLAN 上のすべてのダイナミック アドレスを MAC アドレス テーブルから削除するには、 clear mac address-table 特権 EXEC コマンドを使用します。このコマンドはまた MAC アドレス通知グローバル カウンタもクリアします。

clear mac address-table { dynamic [ address mac-addr | interface interface-id | vlan vlan-id ] | notification }

 
構文の説明

dynamic

すべてのダイナミック MAC アドレスを削除します。

dynamic address mac-addr

(任意)指定されたダイナミック MAC アドレスを削除します。

dynamic interface interface-id

(任意)指定された物理ポートまたはポート チャネル上のすべてのダイナミック MAC アドレスを削除します。

dynamic vlan vlan-id

(任意)指定された VLAN のすべてのダイナミック MAC アドレスを削除します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

notification

履歴テーブルの通知をクリアし、カウンタをリセットします。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、ダイナミック アドレス テーブルから特定の MAC アドレスを削除する方法を示します。

Switch# clear mac address-table dynamic address 0008.0070.0007
 

show mac address-table 特権 EXEC コマンドを入力することにより、情報が削除されたかどうかを確認できます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table notification

MAC アドレス通知機能をイネーブルにします。

show mac address-table

MAC アドレス テーブルのスタティック エントリおよびダイナミック エントリを表示します。

show mac address-table notification

すべてのインターフェイスまたは指定されたインターフェイスに対する MAC アドレス通知設定を表示します。

snmp trap mac-notification change

特定のインターフェイス上の Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)MAC アドレス通知トラップをイネーブルにします。

clear mac address-table move update

MAC アドレス テーブルの移行更新関連カウンタをクリアするには、 clear mac address-table move update 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear mac address-table move update

このコマンドは、スイッチでメトロ IP アクセス イメージまたはメトロ アクセス イメージが稼動している場合にのみサポートされます。

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、MAC アドレス テーブル移行更新関連カウンタをクリアする方法を示します。

Switch# clear mac address-table move update
 

show mac address-table move update 特権 EXEC コマンドを入力することにより、情報がクリアされたかどうかを確認できます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table move update

スイッチ上の MAC アドレス テーブル移行更新を設定します。

show mac address-table move update

スイッチに MAC アドレス テーブル移行更新情報を表示します。

 

clear pagp

Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)チャネル グループ情報を表示するには、 clear pagp 特権 EXEC コマンドを使用します

clear pagp { channel-group-number counters | counters }


) PAgP を使用できるのは、ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)および拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)上だけです。


 
構文の説明

channel- group-number

(任意)チャネル グループ番号。指定できる範囲は 1 ~ 48 です。

counters

トラフィックのカウンタをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

すべてのカウンタをクリアするには、 clear pagp counters コマンドを使用します。また、 clear pagp channel-group-number counters コマンドを使用すると、指定のチャネル グループのカウンタだけをクリアできます。

次の例では、すべてのチャネル グループ情報をクリアする方法を示します。

Switch# clear pagp counters
 

次の例では、グループ 10 の PAgP トラフィックのカウンタをクリアする方法を示します。

Switch# clear pagp 10 counters
 

情報が削除されたかどうかを確認するには、 show pagp 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show pagp

PAgP チャネル グループ情報を表示します。

clear policer cpu uni-eni counters

コントロール プレーン ポリサー統計情報を消去するには、 clear policer cpu uni-eni counters 特権 EXEC コマンドを使用します。 コントロール プレーン ポリサーは、ユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)および拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)から制御パケットをドロップまたはレート制限して、CPU を過負荷から保護します。

clear policer cpu uni-eni counters { classification | drop }

 
構文の説明

classification

機能ごとに統計情報を保持しているコントロールプレーン ポリサー分類カウンタをクリアします。

drop

コントロールプレーン ポリサーで維持されるすべてのフレーム ドロップ統計情報を消去します。

 
コマンド デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、機能ごとに保持される統計情報またはドロップされたフレームに関する統計情報をクリアするために使用できます。

clear コマンドを使用する前後の機能統計情報またはドロップされたフレームを表示するには、 show platform policer cpu classification または show policer cpu uni drop コマンドを使用します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show platform policer cpu classification

機能ごとの CPU ポリサー統計情報を表示します。

show policer cpu uni-eni

スイッチの CPU ポリサー情報を表示します。

 

clear port-security

MAC アドレス テーブルからすべてのセキュア アドレスを削除するか、スイッチまたはインターフェイス上の特定のタイプ(設定済み、ダイナミック、またはスティッキ)のすべてのセキュア アドレスを削除するには、 clear port-security 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear port-security { all | configured | dynamic | sticky } [[ address mac-addr | interface interface-id ] [ vlan { vlan-id | {access | voice}}]]

 
構文の説明

all

すべてのセキュア MAC アドレスを削除します。

configured

設定済みセキュア MAC アドレスを削除します。

dynamic

ハードウェアによって自動学習されたセキュア MAC アドレスを削除します。

sticky

自動学習または設定済みセキュア MAC アドレスを削除します。

address mac-addr

(任意)指定されたダイナミック セキュア MAC アドレスを削除します。

interface interface-id

(任意)指定された物理ポートまたは VLAN 上のすべてのダイナミック セキュア MAC アドレスを削除します。

vlan

(任意)指定された VLAN から指定されたセキュア MAC アドレスを削除します。 vlan キーワードを入力後、次のいずれかのオプションを入力します。

vlan-id :トランク ポート上で、クリアする必要のあるアドレスの VLAN の VLAN ID を指定します。

access :アクセス ポートで、アクセス VLAN 上の指定されたセキュア MAC アドレスをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、MAC アドレス テーブルからすべてのセキュア アドレスを削除する方法を示します。

Switch# clear port-security all
 

次の例では、MAC アドレス テーブルから特定の設定済みセキュア アドレスを削除する方法を示します。

Switch# clear port-security configured address 0008.0070.0007
 

次の例では、特定のインターフェイスで学習されたすべてのダイナミック セキュア アドレスを削除する方法を示します。

Switch# clear port-security dynamic interface gigabitethernet0/1
 

次の例では、アドレス テーブルからすべてのダイナミック セキュア アドレスを削除する方法を示します。

Switch# clear port-security dynamic
 

show port-security 特権 EXEC コマンドを入力することにより、情報が削除されたかどうかを確認できます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

switchport port-security

インターフェイス上でポート セキュリティをイネーブルにします。

switchport port-security mac-address mac-address

セキュア MAC アドレスを設定します。

switchport port-security maximum value

セキュア インターフェイスにセキュア MAC アドレスの最大数を設定します。

show port-security

インターフェイスまたはスイッチに定義されたポート セキュリティ設定を表示します。

clear rep counters

指定したインターフェイスまたはすべてのインターフェイスの Resilient Ethernet Protocol(REP; レジリエント イーサネット プロトコル)カウンタをクリアするには、 clear rep counters 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear rep counters [ interface interface-id ]

 
構文の説明

interface interface-id

(任意)カウンタをクリアする REP インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

すべての REP カウンタをクリアするには、 clear rep counters コマンドを使用します。また、clear rep counters interface interface-id コマンドを使用すると、そのインターフェイスのカウンタだけをクリアできます。

clear rep counters コマンドを入力すると、 show interface rep detail コマンドの出力に表示されるカウンタだけをクリアできます。SNMP に表示されるカウンタは読み取り専用であるため、クリアできません。

次の例では、すべての REP インターフェイスのすべての REP カウンタをクリアする方法を示します。

Switch# clear rep counters
 

REP 情報が削除されたかどうかを確認するには、 show interfaces rep detail 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces rep detail

詳細な REP 設定およびステータス情報を表示します。

 

clear spanning-tree counters

スパニング ツリーのカウンタをクリアするには、 clear spanning-tree counters 特権 EXEC コマンドを使用します

clear spanning-tree counters [ interface interface-id ]

 
構文の説明

interface interface-id

(任意)指定のインターフェイスのスパニング ツリー カウンタをすべてクリアします。有効なインターフェイスは、物理ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)、スパニング ツリーがイネーブルになっている拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)、VLAN、スパニング ツリー ポート チャネルなどです。指定できる VLAN 範囲は 1 ~ 4094 です。ポート チャネル範囲は 1 ~ 48 です。

(注) スパニング ツリー プロトコル(STP)は、ユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)ではサポートされていません。このコマンドは、コマンドラインのヘルプには表示されますが、STP を実行していない UNI または ENI では無効です。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-id が指定されていない場合は、すべての STP ポートのスパニング ツリー カウンタが消去されます。

次の例は、すべての STP ポートのスパニング ツリー カウンタを消去する方法を示します。

Switch# clear spanning-tree counters

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

スパニング ツリー ステート情報を表示します。

clear spanning-tree detected-protocols

すべてのスパニング ツリー インターフェイスまたは指定されたインターフェイスで、プロトコル移行プロセスを再開する(ネイバー スイッチと強制的に再ネゴシエーションさせる)には、 clear spanning-tree detected-protocols 特権 EXEC コマンドを使用します

clear spanning-tree detected-protocols [ interface interface-id ]

 
構文の説明

interface interface-id

(任意)指定されたインターフェイスでプロトコル移行プロセスを再開します。有効なインターフェイスは、物理ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)、スパニング ツリーがイネーブルになっている拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)、VLAN、ポート チャネルなどです。指定できる VLAN 範囲は 1 ~ 4094 です。ポート チャネル範囲は 1 ~ 48 です。

(注) スパニング ツリー プロトコル(STP)は、ユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)ではサポートされていません。このコマンドは、コマンドラインのヘルプには表示されますが、STP を実行していない UNI または ENI では無効です。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree Plus(Rapid PVST+)プロトコルまたは Multiple Spanning-Tree Protocol(MSTP)が稼動するスイッチは、組み込み済みのプロトコル移行メカニズムをサポートしています。それによって、スイッチはレガシー IEEE 802.1D スイッチと相互に動作できるようになります。Rapid PVST+ スイッチまたは MSTP スイッチが、プロトコルのバージョンが 0 に設定されているレガシー IEEE 802.1D コンフィギュレーション Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)を受信した場合は、そのポートで IEEE 802.1D BPDU だけを送信します。Multiple Spanning-Tree(MST)スイッチが、レガシー BPDU、別のリージョンに関連付けられた MST BPDU(バージョン 3)、または Rapid Spanning-Tree(RST; 高速スパニング ツリー)BPDU(バージョン 2)を受信したときは、そのポートがリージョンの境界にあることを検知します。

ただし、それ以上 IEEE 802.1D BPDU を受信しなければ、スイッチが自動的に Rapid-PVST+ または MSTP モードに戻ることはありません。レガシー スイッチが指定スイッチでない限り、スイッチはレガシー スイッチがリンクから削除されたことを検出できません。この状況では、 clear spanning-tree detected-protocols コマンドを使用します。

次の例では、ポートでプロトコル移行プロセスを再開する方法を示します。

Switch# clear spanning-tree detected-protocols interface gigabitethernet0/1

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

スパニング ツリー ステート情報を表示します。

spanning-tree link-type

デフォルト リンクタイプ設定を上書きし、スパニング ツリーがフォワーディング ステートに高速移行できるようにします。

 

clear vmps statistics

VLAN Query Protocol(VQP)クライアントが保持する統計情報を消去するには、 clear vmps statistics 特権 EXEC コマンドを使用します。

clear vmps statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、VLAN Membership Policy Server(VMPS; VLAN メンバシップ ポリシー サーバ)統計情報をクリアする方法を示します。

Switch# clear vmps statistics
 

情報が削除されたかどうかを確認するには、 show vmps statistics 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vmps

VQP バージョン、再確認間隔、再試行回数、VMPS IP アドレス、および現在のサーバとプライマリ サーバを表示します。

conform-action

認定情報レート(CIR)に適合するか、適合バーストよりもレートが小さいことで最大情報レート(PIR)に適合するパケットに対し、ポリシーマップ クラスに複数のアクションを設定するには、 conform-action ポリシーマップ クラス ポリシング コンフィギュレーション コマンドを使用します。アクションをキャンセルしたり、デフォルト アクションに戻したりする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

conform-action { drop | set-cos-transmit { new-cos-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-dscp-transmit { new-dscp-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-prec-transmit { new-precedence-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-qos-transmit qos-group-value | transmit ]}

no conform-action { drop | set-cos-transmit { new-cos-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-dscp-transmit { new-dscp-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-prec-transmit { new-precedence-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-qos-transmit qos-group-value | transmit ]}

 
構文の説明

drop

パケットをドロップします。

set-cos-transmit new-cos-value

パケットの新しいサービス クラス(CoS)値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 CoS 値に指定できる範囲は 0 ~ 7 です。

set-dscp-transmit new-dscp-value

パケットの新しい DiffServ コード ポイント(DSCP)値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 DSCP 値に指定できる範囲は 0 ~ 63 です。

set-prec-transmit new-precedence-value

パケットの新しい IP precedence 値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 IP precedence 値に指定できる範囲は 0 ~ 7 です。

set-qos-transmit qos-group-value

パケットの新しい Quality of Service(QoS)グループ値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 QoS 値に指定できる範囲は 0 ~ 99 です。

cos

(任意)着信パケットの CoS 値に基づき上記のキーワードに指定されているパケット マーキングを設定し、パケットを送信します。これにより、拡張パケットマーキング アクションの from - type が指定されます。

dscp

(任意)着信パケットの DSCP 値に基づき上記のキーワードに指定されているパケット マーキングを設定し、パケットを送信します。これにより、拡張パケットマーキング アクションの from - type が指定されます。

precedence

(任意)着信パケットの IP precedence 値に基づき上記のキーワードに指定されているパケット マーキングを設定し、パケットを送信します。これにより、拡張パケットマーキング アクションの from - type が指定されます。

table table-map name

(任意)上記の from-type キーワードとともに使用します。拡張パケット マーキングに使用するテーブル マップを指定します。このテーブル マップを使用して、アクションの from-type パラメータに基づき、アクションの to-type がマーキングされます。

transmit

(任意)パケットを変更せずに送信します。

 
デフォルト

デフォルトの適合アクションは、パケットの送信です。

 
コマンド モード

ポリシーマップ クラス ポリシング設定

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

パケット レートが設定されている適合バーストよりも少ない場合に、パケットの適合アクションを設定します。

適合アクションが drop に設定されている場合、超過アクションおよび違反アクションは自動的に drop に設定されます。

適合アクション マーキングを設定するには、拡張パケット マーキングを使用して、任意の着信 QoS マーキングおよびテーブル マップに基づき QoS マーキングを変更します。また、スイッチは、同じクラスの複数の QoS パラメータの同時マーキングと適合アクション、超過アクション、および違反アクション マーキングをサポートします。

ポリシーマップ クラス ポリシング コンフィギュレーション モードにアクセスするには、 police ポリシーマップ クラス コマンドを入力します。詳細については、 police ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション コマンドを参照してください。

トラフィック クラスに 1 つ以上の適合アクションを設定するには、このコマンドを使用します。

次の例では、認定情報レートを 23000 ビット/秒(bps)、適合バースト レートを 10000 bps に設定するポリシー マップで複数の適合アクションを設定する方法を示します。このポリシー マップには、複数の適合アクション(DSCP 用およびレイヤ 2 CoS 用)および超過アクションが含まれます。

Switch(config)# policy-map map1
Switch(config-pmap)# class cos-set-1
Switch(config-pmap-c)# police cir 23000 bc 10000
Switch(config-pmap-c-police)# conform-action set-dscp-transmit 48
Switch(config-pmap-c-police)# conform-action set-cos-transmit 5
Switch(config-pmap-c-police)# exceed-action drop
Switch(config-pmap-c-police)# exit
 

設定を確認するには、 show policy-map 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

class

指定したクラスマップ名のトラフィック分類一致基準を定義します。

exceed-action

CIR を超過するトラフィックに対して実行するアクションを定義します。

policy-map

複数のポートに接続可能なポリシー マップを作成または変更して、サービス ポリシーを指定します。

police

分類したトラフィックにポリサーを定義します。

show policy-map

QoS ポリシー マップを表示します。

violate-action

適合レートに超過バーストを加えたものよりも高いレートのトラフィックで実行されるアクションを定義します。

copy logging onboard module

オンボード障害ロギング(OBFL)データをローカル ネットワークまたは特定のファイル システムにコピーするには、 copy logging onboard module 特権 EXEC コマンドを使用します。

copy logging onboard module [ slot-number ] destination

 
構文の説明

slot-num ber

(任意)スロット番号は常に 1 で、ME-3400E には関連しません。

destination

ローカル ネットワーク上またはファイル システム上にある、システム メッセージのコピー先とする場所を指定します。

destination には、ローカルまたはネットワーク ファイル システム上のコピー先の場所とファイル名を指定します。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システムの構文
flash:/ filename

FTP の構文:
ftp:// username : password @ host / filename

HTTP サーバの構文:
http:// [[ username : password ] @ ]{ hostname | host-ip }[ / direct o ry ] /filename

null ファイル システムの構文:
null:/ filename

NVRAM の構文:
nvram:/ filename

Remote Copy Protocol(RCP)の構文: rcp:// username @ host / filename

スイッチ ファイル システムの構文:
system: filename

TFTP の構文:
tftp: [[ // location ] / directory ] / filename

一時ファイル システムの構文:
tmpsys:/ filename

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OBFL については、 hw-module module logging onboard グローバル コンフィギュレーション コマンドを参照してください。

次の例では、OBFL データ メッセージをフラッシュ ファイル システム上の obfl_file ファイルにコピーする方法を示します。

Switch# copy logging onboard module flash:obfl_file
OBFL copy successful

 
関連コマンド

コマンド
説明

hw-module module logging onboard

OBFL をイネーブルにします。

show logging onboard

OBFL 情報を表示します。

 

cpu traffic qos cos

コントロール プレーン トラフィックのサービス クラス(CoS)に基づいて Quality of Service(QoS)マーキングを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cpu traffic qos cos コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cpu traffic qos cos { cos_value | cos [table-map table-map-name ] | dscp [table-map table-map-name ] | precedence [table-map table-map-name ]}

no cpu traffic qos cos { cos_value | cos [table-map table-map-name ] | dscp [table-map table-map-name ] | precedence [table-map table-map-name ]}

 
構文の説明

cos-value

CoS 値を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 7 です。CoS 値が設定されていない場合、各パケットのプロトコル固有のデフォルト値が適用されます。

cos

テーブルマップを使用して、パケットの CoS 値に基づく CoS 値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの CoS 値に基づく CPU トラフィック CoS のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

dscp

テーブルマップを使用して、パケットの DSCP 値に基づく CoS 値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの DSCP 値に基づく CPU トラフィック CoS のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

precedence

precedence 値を設定します。指定できる範囲は 0 ~ 7 です。

table-map table-map-name

パケットの IP-precedence 値に基づく CPU トラフィック CoS のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

 
コマンド デフォルト

コントロール プレーン(CPU)トラフィックは QoS ではマーキングされません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

必要なテーブルマップを設定してから、CPU トラフィックのマーキングまたはキューイングを設定します。

この機能はスイッチでグローバルに設定する必要があります。ポート単位またはプロトコル単位では設定できません。

個別の回線上でそれぞれ cpu traffic qos マーキング処理を入力します。

cpu traffic qos cos グローバル コンフィギュレーション コマンドは、特定の CoS 値またはテーブル マップの両方ではなく、いずれかを使用して、CPU 生成トラフィックの CoS マーキングを設定します。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。

cpu traffic qos cos グローバル コンフィギュレーション コマンドがテーブル マップで設定されている場合、一度に 2 つの map from 値(CoS と DSCP または precedence のいずれか)を設定できます。

cpu traffic qos cos グローバル コンフィギュレーション コマンドが IP-DSCP または IP-precedence の map from 値だけで設定されている場合、次のようになります。

IP パケットの CoS 値は、パケットの IP-DSCP(または IP-precedence)値および設定されたテーブル マップを使用してマッピングされます。パケットは、マーキングされた CoS 値に基づいて、出力ポリシー マップで分類し、キューイングできます。

非 IP パケットの CoS 値は変わりません。

cpu traffic qos cos グローバル コンフィギュレーション コマンドが CoS の map from 値で設定されている場合、次のようになります。

IP パケットの CoS 値は、パケットの CoS 値および設定されたテーブル マップを使用してマッピングされています。パケットは、マーキングされた CoS 値に基づいて、出力ポリシー マップで分類し、キューイングできます。

非 IP パケットの CoS 値は、パケットの CoS 値および設定されたテーブル マップを使用してマッピングされています。パケットは、マーキングされた CoS 値に基づいて、出力ポリシー マップで分類し、キューイングできます。

cpu traffic qos cos グローバル コンフィギュレーション コマンドが DSCP または precedence および CoS の map from 値で設定されている場合、次のようになります。

IP パケットの CoS 値は、パケットの DSCP または precedence 値および設定されたテーブル マップを使用してマッピングされています。パケットは、マーキングされた CoS 値に基づいて、出力ポリシー マップで分類し、キューイングできます。

非 IP パケットの CoS 値は、パケットの CoS 値および設定されたテーブル マップを使用してマッピングされています。パケットは、マーキングされた CoS 値に基づいて、出力ポリシー マップで分類し、キューイングできます。

次に、パケットの DSCP 値に基づいて CPU 生成 IP トラフィック(IP-SLA および TWAMP を含む)の CoS をマーキングし、CoS 値に基づいて出力キューイングを設定する例を示します。

サンプル設定の結果は次のとおりです。

すべての CPU 生成 IP トラフィックは、DSCP 値および output-policy という設定済み出力ポリシー マップに基づき、出力ポート上にキューイングされます。

音声トラフィックをシミュレートする DSCP 値が ef のすべての IP SLA または TWAMP プローブが voice クラスに割り当てられている。

音声トラフィックをシミュレートする DSCP 値が af41 af42 および af43 のすべての IP SLA または TWAMP が video クラスに割り当てられている。

DSCP 値が 48 および 56 のすべての IP 制御プロトコル トラフィックが network-internetwork-control クラスに割り当てられている。

残りの IP トラフィックがデフォルト クラスに割り当てられている。

CoS 5 のすべての CPU 生成非 IP トラフィックが voice クラスに割り当てられている。

CoS 3 のすべての CPU 生成非 IP トラフィックが video クラスに割り当てられている。

CoS 6 および 7 のすべての CPU 生成非 IP トラフィックが network-internetwork-control クラスに割り当てられている。

CoS 5 のすべての CFM トラフィックが voice クラスに割り当てられている。

CoS 3 のすべての CFM トラフィックが video クラスに割り当てられている。

CoS 6 および 7 のすべての CFM トラフィックが network-internetwork-control クラスに割り当てられている。

テーブル マップ:

Switch(config)# table-map dscp-to-cos
Switch(config-tablemap)# map from 46 to 5
Switch(config-tablemap)# map from 48 to 6
Switch(config-tablemap)# map from 56 to 7
Switch(config-tablemap)# map from af41 to 3
Switch(config-tablemap)# map from af42 to 3
Switch(config-tablemap)# map from af43 to 3
Switch(config-tablemap)# default 0
Switch(config-tablemap)# end

CPU QoS

Switch(config)# cpu traffic qos cos dscp table-map dscp-to-cos
Switch(config)# cpu traffic qos cos cos

クラス:

Switch(config)# class-map match-any video
Switch(config-cmap)# match cos 3
Switch(config-cmap)# exit
 
Switch(config)# class-map match-any voice
Switch(config-cmap)# match cos 5
Switch(config-cmap)# exit
 
Switch(config)# class-map match-any network-internetwork-control
Switch(config-cmap)# match cos 6 7
Switch(config-cmap)# exit

ポリシー:

Switch(config)# policy-map output-policy
Switch(config-pmap)# class voice
Switch(config-pmap-c)# priority
Switch(config-pmap-c)# police cir 10000000
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class video
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 40
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class network-internetwork-control
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 10
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class class-default
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 30
Switch(config-pmap-c)# exit

インターフェイス:

Switch(config)# interface fastethernet0/1
Switch(config-if)# service-policy output output-policy
Switch(config-pmap-c)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

指定した基準とパケットのマッチングに使用されるクラス マップを設定し、クラスマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

cpu traffic qos dscp

コントロール プレーン トラフィックの DSCP に基づく Quality of Service(QoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos precedence

コントロール プレーン トラフィックの優先順位に基づく Quality of Service(QoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos qos-group

サービス クラス(CoS)、IP DiffServ コード ポイント(DSCP)、または IP-precedence パケット マーキングを変更せずに、 すべての CPU 生成トラフィックを出力ポリシーマップの 1 つのクラスにマッピングします。

policy-map

複数の物理ポートに適用できるポリシー マップを設定し、ポリシーマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

show cpu traffic qos

CPU トラフィック用に設定された QoS マーキングを表示します。

show policy-map

指定されたポリシー マップ名、インターフェイス、入力/出力ポリシー マップ、またはポリシーマップ クラスの QoS ポリシー マップ情報を表示します。

show running-config

設定済みのクラス マップ、ポリシー マップ、テーブル マップ、および集約ポリサーを表示します。

 

すべての設定済みテーブル マップまたは指定されたテーブル マップの情報を表示します。

table-map

Quality of Service(QoS)マッピングを設定し、テーブルマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

 

 

cpu traffic qos dscp

コントロール プレーン トラフィックの DiffServ コード ポイント(DSCP)値に基づいて Quality of Service(QoS)マーキングを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cpu traffic qos dscp コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cpu traffic qos dscp { dscp_value | cos [table-map table-map-name ] | dscp [table-map table-map-name ] | precedence [table-map table-map-name ]}

no cpu traffic qos dscp { dscp_value | cos [table-map table-map-name ] | dscp [table-map table-map-name ] | precedence [table-map table-map-name ]}

 
構文の説明

dscp-value

IP-DSCP 値を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 63 です。IP-DSCP 値が設定されていない場合、各パケットのプロトコル固有のデフォルト値が適用されます。

cos

テーブル マップを使用して、パケットの IP-DSCP 値に基づく CoS 値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの CoS 値に基づく CPU トラフィック IP-DSCP のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

dscp

テーブル マップを使用して、パケットの IP-DSCP に基づく IP-DSCP 値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの IP-DSCP 値に基づく CPU トラフィック IP-DSCP のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

precedence

テーブル マップを使用して、パケットの IP-precedence 値に基づく IP-precedence 値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの IP-precedence 値に基づく CPU トラフィック IP-DSCP 値のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

 
コマンド デフォルト

コントロール プレーン(CPU)トラフィックは QoS ではマーキングされません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この機能はスイッチでグローバルに設定する必要があります。ポート単位またはプロトコル単位では設定できません。

個別の回線上でそれぞれ cpu traffic qos マーキング処理を入力します。

cpu traffic qos dscp グローバル コンフィギュレーション コマンドは、特定の DSCP 値またはテーブル マップの両方ではなく、いずれかを使用して、CPU 生成 IP トラフィックの IP-DSCP マーキングを設定します。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。

cpu traffic qos dscp グローバル コンフィギュレーション コマンドと cpu traffic qos precedence グローバル コンフィギュレーション コマンドは相互に排他的です。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。

cpu traffic qos dscp グローバル コンフィギュレーション コマンドがテーブル マップで設定されている場合、一度に 1 つの map from 値(DSCP、precedence、または CoS)しか設定できません。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。このコマンドでマーキングされたパケットは、マーキングされた DSCP 値または precedence 値に基づいて、出力ポリシー マップで分類し、キューイングできます。

DSCP および precedence 両方の map from 値は設定できません。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。

次に、CPU 生成 IP パケットの DSCP 値に基づいて出力キューイングを設定する例を示します。

サンプル設定の結果は次のとおりです。

IP DSCP 値および設定済み出力ポリシー マップ output-policy に基づく、出力ポート上のすべての CPU 生成 IP トラフィック キュー。

音声トラフィックをシミュレートする DSCP 値が ef のすべての IP SLA または TWAMP プローブが voice クラスに割り当てられている。

音声トラフィックをシミュレートする DSCP 値が af41 af42 および af43 のすべての IP SLA または TWAMP が video クラスに割り当てられている。

DSCP 値が 48 および 56 のすべての IP 制御プロトコル トラフィックが network-internetwork-control クラスに割り当てられている。

残りの IP トラフィックがデフォルト クラスに割り当てられている。

すべての CPU 生成非 IP トラフィックが、スタティックに出力ポートの固定キューにマッピングされている。

CoS に基づくクラスが存在しないため、すべての CFM トラフィックがデフォルト クラスにキューイングされている。

Switch(config)# cpu traffic qos dscp dscp

クラス:

Switch(config)# class-map match-any video
Switch(config-cmap)# match ip dscp af41 af42 af43
Switch(config-cmap)# exit
 
Switch(config)# class-map match-any voice
Switch(config-cmap)# match ip dscp ef
Switch(config-cmap)# exit
 
Switch(config)# class-map match-any network-internetwork-control
Switch(config-cmap)# match ip dscp 48 56
Switch(config-cmap)# exit

ポリシー:

Switch(config)# policy-map output-policy
Switch(config-pmap)# class voice
Switch(config-pmap-c)# priority
Switch(config-pmap-c)# police cir 10000000
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class video
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 40
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class network-internetwork-control
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 10
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class class-default
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 30
Switch(config-pmap-c)# exit

インターフェイス:

Switch(config)# interface fastethernet0/1
Switch(config-if)# service-policy output output-policy
Switch(config-pmap-c)# exit
 

次の例を示します。

パケットの DSCP 値に基づいて CPU 生成 IP トラフィック(IP-SLA および TWAMP を含む)の DSCP 値をマーキングする。

パケットの DSCP 値に基づいて CPU 生成 IP トラフィック(IP-SLA および TWAMP を含む)の CoS をマーキングする。

パケットの CoS 値に基づいて CPU 生成非 IP トラフィックの CoS をマーキングする。

QoS グループが付いたすべての CPU 生成トラフィックをマーキングする。

QoS グループに基づいて出力キューイングを設定する。

この例の結果は次のとおりです。

DSCP 値が 46 48 、および 56 のすべての CPU 生成 IP トラフィックでは、既存のマーキングが維持される。

その他のすべての CPU 生成 IP パケットについては、DSCP 値は 0 にリセットされる。

DSCP 値が 46 48 、および 56 のすべての CPU 生成 IP トラフィックは、それぞれ対応する CoS 値 5 6 、および 7 にマッピングされる。

その他のすべての CPU 生成 IP パケットについては、CoS 値は 0 にリセットされる。

CoS 値が 5 6 、および 7 のすべての CPU 生成非 IP トラフィックでは、既存のマーキングが維持される。

その他のすべての CPU 生成非 IP パケットについては、CoS 値は 0 にリセットされる。

すべての CPU 生成トラフィックは、 cpu-traffic という 1 つのクラスを通過する。 user-voice クラスである user-voice および user-video は、ユーザ トラフィック用に確保されています。その結果、CPU トラフィックおよびユーザ トラフィックは出力ポートのさまざまなキューに分割されています。

テーブルマップ

Switch(config)# table-map dscp-to-cos
Switch(config-tablemap)# map from 46 to 5
Switch(config-tablemap)# map from 48 to 6
Switch(config-tablemap)# map from 56 to 7
Switch(config-tablemap)# default 0
Switch(config-tablemap)# end
 
Switch(config)# table-map dscp-to-dscp
Switch(config-tablemap)# map from 46 to 46
Switch(config-tablemap)# map from 48 to 48
Switch(config-tablemap)# map from 56 to 56
Switch(config-tablemap)# default 0
Switch(config-tablemap)# end
 
Switch(config)# table-map cos-to-cos
Switch(config-tablemap)# map from 5 to 5
Switch(config-tablemap)# map from 6 to 6
Switch(config-tablemap)# map from 7 to 7
Switch(config-tablemap)# default 0
Switch(config-tablemap)# end

CPU QoS:

Switch(config)# cpu traffic qos dscp dscp table-map dscp-to-dscp
Switch(config)# cpu traffic qos cos dscp table dscp-to-cos
Switch(config)# cpu traffic qos cos cos table cos-to-cos
Switch(config)# cpu traffic qos qos-group 50

クラス:

Switch(config)# class-map match-any cpu-traffic
Switch(config-cmap)# match qos-group 50
Switch(config-cmap)# exit
 
Switch(config)# class-map match-any user-video
Switch(config-cmap)# match cos 3
Switch(config-cmap)# exit
 
Switch(config)# class-map match-any user-voice
Switch(config-cmap)# match cos 5
Switch(config-cmap)# exit

ポリシー:

Switch(config)# policy-map output-policy
Switch(config-pmap)# class user-voice
Switch(config-pmap-c)# priority
Switch(config-pmap-c)# police cir 10000000
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class user-video
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 40
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class cpu-traffic
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 10
Switch(config-pmap-c)# exit
Switch(config-pmap)# class class-default
Switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 30
Switch(config-pmap-c)# exit

インターフェイス:

Switch(config)# interface fastethernet0/1
Switch(config-if)# service-policy output output-policy
Switch(config-pmap-c)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

指定した基準とパケットのマッチングに使用されるクラス マップを設定し、クラスマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

cpu traffic qos cos

コントロール プレーン トラフィックのサービス クラス(CoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos precedence

コントロール プレーン トラフィックの優先順位に基づく Quality of Service(QoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos qos-group

サービス クラス(CoS)、IP DiffServ コード ポイント(DSCP)、または IP-precedence パケット マーキングを変更せずに、 すべての CPU 生成トラフィックを出力ポリシーマップの 1 つのクラスにマッピングします。

policy-map

複数の物理ポートに適用できるポリシー マップを設定し、ポリシーマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

show cpu traffic qos

CPU トラフィック用に設定された QoS マーキングを表示します。

show policy-map

指定されたポリシー マップ名、インターフェイス、入力/出力ポリシー マップ、またはポリシーマップ クラスの QoS ポリシー マップ情報を表示します。

show running-config

設定済みのクラス マップ、ポリシー マップ、テーブル マップ、および集約ポリサーを表示します。

 

すべての設定済みテーブル マップまたは指定されたテーブル マップの情報を表示します。

table-map

Quality of Service(QoS)マッピングを設定し、テーブルマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

 

 

cpu traffic qos precedence

コントロール プレーン トラフィックの Quality Of Service(QoS)を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cpu traffic qos precedence コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cpu traffic qos precedence { precedence_value | cos [ table-map table-map-name ] | dscp [ table-map table-map-name ] | precedence [ table-map table-map-name ]}

no cpu traffic qos precedence { precedence_value | cos [ table-map table-map-name ] | dscp [ table-map table-map-name ] | precedence [ table-map table-map-name ]}

 
構文の説明

precedence-value

precedence 値を設定します。指定できる範囲は 0 ~ 7 です。IP-precedence 値が設定されていない場合、各パケットのプロトコル固有のデフォルト値が適用されます。

(注) 次のキーワードを 0 ~ 7 の数字に置き換えることができます。

routine(0)

priority(1)

immediate(2)

flash(3)

flash-override(4)

critical(5)

internet(6)

network(7)

cos

テーブルマップを使用して、パケットの CoS 値に基づく CoS 値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの CoS 値に基づく CPU トラフィック CoS のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

dscp

テーブルマップを使用して、パケットの IP-DSCP 値に基づく DiffServ コード ポイント(DSCP)値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの DSCP 値に基づく CPU トラフィック precedence のマーキングに使用するテーブルマップを指定します。

precedence

テーブルマップを使用して、パケットの IP-precedence 値に基づく IP-precedence 値を設定します。

table-map table-map-name

パケットの precedence 値に基づく CPU トラフィック precedence のマーキングに使用するテーブルマップを指定します

 
コマンド デフォルト

コントロール プレーン(CPU)トラフィックは QoS ではマーキングされません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この機能はスイッチでグローバルに設定する必要があります。ポート単位またはプロトコル単位では設定できません。

個別の回線上でそれぞれ cpu traffic qos マーキング処理を入力します。

cpu traffic qos dscp グローバル コンフィギュレーション コマンドと cpu traffic qos precedence グローバル コンフィギュレーション コマンドは相互に排他的です。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。

cpu traffic qos precedence グローバル コンフィギュレーション コマンドがテーブル マップで設定されている場合、一度に 1 つの map from 値(DSCP、precedence、または CoS)しか設定できません。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。このコマンドでマーキングされたパケットは、マーキングされた precedence 値または DSCP 値に基づいて、出力ポリシー マップで分類し、キューイングできます。

DSCP および precedence 両方の map from 値は設定できません。新しく設定を行うと、既存の設定は置き換えられます。

次に、パケットの DSCP 値に基づいて precedence をマーキングし、precedence 値に基づいて出力キューイングを設定する例を示します。

この例の結果は次のとおりです。

DSCP 値が 48 の CPU 生成 IP トラフィックが precedence 値 7 にマーキングされる。

その他の CPU 生成 IP トラフィックが precedence 値 0 にマーキングされる。

その他すべての CPU 生成非 IP トラフィックがデフォルト クラスによって処理される。

クラスの優先順位 7 を使用して precedence 値 7 の CPU 生成 IP トラフィックがキューに格納される。

その他すべての CPU 生成 IP トラフィックがデフォルト クラスによって処理される。

テーブルマップ:

switch(config)# table-map dscp-to-prec
switch(config-tablemap)# map from 48 to 7
switch(config-tablemap)# default 0
switch(config-tablemap)# end

CPU QoS:

switch(config)# cpu traffic qos precedence dscp table-map dscp-to-prec

クラスマップ:

switch(config)# class-map prec7
switch(config-cmap)# match ip precedence 7
switch(config-cmap)# end

ポリシーマップ:

switch(config)# policy-map output-policy
switch(config-pmap)# class prec7
switch(config-pmap-c)# priority
switch(config-pmap-c)# end

インターフェイス:

switch(config)# interface g1/0/1
switch(config-if)# service-policy output output-policy
switch(config-if)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

指定した基準とパケットのマッチングに使用されるクラス マップを設定し、クラスマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

cpu traffic qos cos

コントロール プレーン トラフィックのサービス クラス(CoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos dscp

コントロール プレーン トラフィックの DSCP に基づく Quality of Service(QoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos qos-group

サービス クラス(CoS)、IP DiffServ コード ポイント(DSCP)、または IP-precedence パケット マーキングを変更せずに、 すべての CPU 生成トラフィックを出力ポリシーマップの 1 つのクラスにマッピングします。

policy-map

複数の物理ポートに適用できるポリシー マップを設定し、ポリシーマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

show cpu traffic qos

CPU トラフィック用に設定された QoS マーキングを表示します。

show policy-map

指定されたポリシー マップ名、インターフェイス、入力/出力ポリシー マップ、またはポリシーマップ クラスの QoS ポリシー マップ情報を表示します。

show running-config

設定済みのクラス マップ、ポリシー マップ、テーブル マップ、および集約ポリサーを表示します。

 

すべての設定済みテーブル マップまたは指定されたテーブル マップの情報を表示します。

table-map

Quality of Service(QoS)マッピングを設定し、テーブルマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

 

cpu traffic qos qos-group

サービス クラス(CoS)、IP DiffServ コード ポイント(DSCP)、または IP-precedence パケット マーキングを変更せずに、 すべて の CPU 生成トラフィックを出力ポリシーマップの 1 つのクラスにマッピングするには、グローバル コンフィギュレーション モードで cpu traffic qos qos-group コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cpu traffic qos qos-group qos-group-value

no cpu traffic qos qos-group qos-group-value

 
構文の説明

qos-group-value

QoS グループ番号を指定します。有効な値は 0 ~ 99 です。

 
コマンド デフォルト

コントロール プレーン(CPU)トラフィックは QoS ではマーキングされません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この機能はスイッチでグローバルに設定する必要があります。ポート単位またはプロトコル単位では設定できません。

個別の回線上でそれぞれ cpu traffic qos マーキング処理を入力します。

cpu traffic qos qos-group グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、特定の QoS グループの CPU 生成トラフィックだけの QoS グループ マーキングを設定できます。table-map オプションは使用できません。

次の例は、すべての CPU 生成トラフィックを QoS グループでマーキングし、その QoS グループに基づいて出力キューイングを設定する方法を示します。

CPU QoS:

switch(config)# cpu traffic qos qos-group 40

クラスマップ:

switch(config)# class-map group40
switch(config-cmap)# match qos-group 40
switch(config-cmap)# end

ポリシーマップ:

switch(config)# policy-map output-policy
switch(config-pmap)# class group40
switch(config-pmap-c)# bandwidth percent 50
switch(config-pmap-c)# end
 

インターフェイス:

Switch(config)# interface g1/0/1
Switch(config-if)# service-policy output output-policy
Switch(config-if)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

指定した基準とパケットのマッチングに使用されるクラス マップを設定し、クラスマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

cpu traffic qos cos

コントロール プレーン トラフィックのサービス クラス(CoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos dscp

コントロール プレーン トラフィックの DSCP に基づく Quality of Service(QoS)マーキングを設定します。

cpu traffic qos precedence

コントロール プレーン トラフィックの優先順位に基づく Quality of Service(QoS)マーキングを設定します。

policy-map

複数の物理ポートに適用できるポリシー マップを設定し、ポリシーマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

show cpu traffic qos

CPU トラフィック用に設定された QoS マーキングを表示します。

show policy-map

指定されたポリシー マップ名、インターフェイス、入力/出力ポリシー マップ、またはポリシーマップ クラスの QoS ポリシー マップ情報を表示します。

show running-config

設定済みのクラス マップ、ポリシー マップ、テーブル マップ、および集約ポリサーを表示します。

 

すべての設定済みテーブル マップまたは指定されたテーブル マップの情報を表示します。

table-map

Quality of Service(QoS)マッピングを設定し、テーブルマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

 

define interface-range

インターフェイス範囲マクロを作成するには define interface-range グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。定義されたマクロを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

define interface-range macro-name interface-range

no define interface-range macro-name interface-range

 
構文の説明

macro-name

インターフェイス範囲マクロの名前(最大 32 文字)

interface-range

インターフェイス範囲。インターフェイス範囲の有効な値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

マクロ名は、最大 32 文字の文字列です。

マクロには、最大 5 つの範囲を含めることができます。

ある範囲内のすべてのインターフェイスは同じタイプ、つまり、すべてがファスト イーサネット ポート、すべてがギガビット イーサネット ポート、すべてが EtherChannel ポート、またはすべてが VLAN のいずれかでなければなりません。ただし、マクロ内では複数のインターフェイス タイプを組み合わせることができます。

interface-range を入力する場合は、次のフォーマットを使用します。

type { first-interface } - { last-interface }

interface-range を入力するときは、最初のインターフェイス番号とハイフンの間にスペースを入れます。たとえば、 gabitethernet 0/1 - 2 であれば範囲は指定されますが、 gigabit ethernet 0/1-2 では指定されません。

type および interface の有効値は次のとおりです。

vlan vlan-id 。ここで、 vlan-id の範囲は 1 ~ 4094 です。

VLAN インターフェイスは、 interface vlan コマンドで設定する必要があります( show running-config 特権 EXEC コマンドは、設定された VLAN インターフェイスを表示します)。 show running-config コマンドで表示されない VLAN インターフェイスは、 interface-range では使用できません。

port-channel port-channel-number 、ここで、 port-channel-number は 1 ~ 48 です。

fastethernet module /{ first port } - { last port }

gigabitethernet module /{ first port } - { last port }

物理インターフェイス

モジュールは常に 0 です。

指定できる範囲は、type 0/number - number です(例:gigabitethernet 0/1 - 2)。

範囲を定義するときは、ハイフン(-)の前にスペースが必要です。次に例を示します。

gigabitethernet0/1 - 2

複数の範囲を入力することもできます。複数の範囲を定義するときは、カンマ(,)の前の最初のエントリの後にスペースを入力する必要があります。カンマの後のスペースは任意になります。次に例を示します。

fastethernet0/3, gigabitethernet0/1 - 2

fastethernet0/3 -4, gigabitethernet0/1 - 2

次の例では、複数インターフェイスのマクロを作成する方法を示します。

Switch(config)# define interface-range macro1 fastethernet0/1 - 2, gigabitethernet0/1 - 2

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface range

複数のポートで 1 つのコマンドを同時に実行します。

show running-config

動作設定を表示します。構文情報については、Cisco IOS Release 12.2 のコマンド リファレンス一覧ページへアクセスする次のリンクを使用します。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1835/prod_command_reference_list.html
「Cisco IOS Commands Master List, Release 12.2」を選択して、コマンドの項目へ移動します。

delete

フラッシュ メモリ デバイス上のファイルまたはディレクトリを削除するには、 delete 特権 EXEC コマンドを使用します。

delete [ /force ] [/ recursive ] filesystem :/ file-url

 
構文の説明

/force

(任意)削除を確認するプロンプトを抑制します。

/recursive

(任意)指定されたディレクトリおよびそのディレクトリに含まれるすべてのサブディレクトリおよびファイルを削除します。

filesystem :

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。

ローカル フラッシュ ファイル システムの構文
flash:

/ file-url

削除するパス(ディレクトリ)およびファイル名

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

/force キーワードを使用すると、削除プロセスにおいて削除の確認を要求するプロンプトが、最初の 1 回だけとなります。

/force キーワードを指定せずに /recursive キーワードを使用すると、ファイルごとに削除の確認を要求するプロンプトが表示されます。

プロンプト動作は、 file prompt グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定によって異なります。デフォルトでは、スイッチは、破壊的なファイル操作に関する確認をプロンプトで要求します。このコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Command Reference for Release 12.1 』を参照してください。

次の例では、新しいイメージのダウンロードが正常に終了した後で、古いソフトウェア イメージを含むディレクトリを削除する方法を示します。

Switch# delete /force /recursive flash:/old-image
 

dir filesystem : 特権 EXEC コマンドを入力することにより、ディレクトリが削除されたかどうかを確認できます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

archive download-sw

新しいイメージをスイッチにダウンロードし、既存のイメージを上書きまたは保存します。

deny(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

DHCP バインディングとの照合に基づいて Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)パケットを拒否するには、 deny ARP アクセス リスト コンフィギュレーション コマンドを使用します。アクセス リストから指定された Access Control Entry(ACE; アクセス コントロール エントリ)を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

deny {[ request ] ip { any | host sender-ip | sender-ip sender-ip-mask } mac { any | host sender-mac | sender-mac sender-mac-mask } | response ip { any | host sender-ip | sender-ip sender-ip-mask } [{ any | host target-ip | target-ip target-ip-mask }] mac { any | host sender-mac | sender-mac sender-mac-mask } [{ any | host target-mac | target-mac target-mac-mask }]} [ log ]

no deny {[ request ] ip { any | host sender-ip | sender-ip sender-ip-mask } mac { any | host sender-mac | sender-mac sender-mac-mask } | response ip { any | host sender-ip | sender-ip sender-ip-mask } [{ any | host target-ip | target-ip target-ip-mask }] mac { any | host sender-mac | sender-mac sender-mac-mask } [{ any | host target-mac | target-mac target-mac-mask }]} [ log ]

 
構文の説明

request

(任意)ARP 要求との一致を定義します。request を指定しない場合は、すべての ARP パケットに対して照合が行われます。

ip

送信側 IP アドレスを指定します。

any

すべての IP アドレスまたは MAC アドレスを拒否します。

host sender-ip

指定された送信側 IP アドレスを拒否します。

sender-ip sender-ip-mask

指定された範囲の送信側 IP アドレスを拒否します。

mac

送信側 MAC アドレスを拒否します。

host sender-mac

特定の送信側 MAC アドレスを拒否します。

sender-mac sender-mac-mask

指定された範囲の送信側 MAC アドレスを拒否します。

response ip

ARP 応答の IP アドレス値を定義します。

host target-ip

指定されたターゲット IP アドレスを拒否します。

target-ip target-ip-mask

指定された範囲のターゲット IP アドレスを拒否します。

mac

ARP 応答の MAC アドレス値を拒否します。

host target-mac

指定されたターゲット MAC アドレスを拒否します。

target-mac target-mac-mask

指定された範囲のターゲット MAC アドレスを拒否します。

log

(任意)ACE と一致するパケットを記録します。

 
デフォルト

デフォルト設定はありません。ただし、ARP アクセス リストの末尾に暗黙の deny ip any mac any コマンドがあります。

 
コマンド モード

ARP アクセス リスト コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

deny 句を追加すると、一致条件に基づいて ARP パケットをドロップできます。

次の例では、ARP アクセス リストを定義し、IP アドレスが 1.1.1.1 で MAC アドレスが 0000.0000.abcd のホストからの ARP 要求と ARP 応答の両方を拒否する方法を示します。

Switch(config)# arp access-list static-hosts
Switch(config-arp-nacl)# deny ip host 1.1.1.1 mac host 0000.0000.abcd
Switch(config-arp-nacl)# end
 

設定を確認するには、 show arp access-list 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP アクセス コントロール リスト(ACL)を定義します。

ip arp inspection filter vlan

スタティック IP アドレスで設定されたホストからの ARP 要求および応答を許可します。

permit(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

DHCP バインディングとの一致に基づいて ARP パケットを許可します。

show arp access-list

ARP アクセス リストに関する詳細を表示します。

deny(IPv6 アクセス リスト コンフィギュレーション)

IPv6 アクセス リスト コンフィギュレーション モードで、 deny コマンドを使用して IPv6 アクセス リストの拒否条件を設定します。拒否条件を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

deny { protocol } { source-ipv6-prefix / prefix-length | any | host source-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] { destination-ipv6-prefix/prefix-length | any | host destination-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] [ dscp value ] [ fragments ] [ log ] [ log-input ] [ routing ] [ sequence value ] [ time-range name ]

no deny { protocol } { source-ipv6-prefix / prefix-length | any | host source-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] { destination-ipv6-prefix/prefix-length | any | host destination-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] [ dscp value ] [ fragments ] [ log ] [ log-input ] [ routing ] [ sequence value ] [ time-range name ]

インターネット制御メッセージ プロトコル

deny icmp { source-ipv6-prefix / prefix-length | any | host source-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] { destination-ipv6-prefix/prefix-length | any | host destination-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] [ icmp-type [ icmp-code ] | icmp-message ] [ dscp value ] [ log ] [ log-input ] [ routing ] [ sequence value ] [ time-range name ]

伝送制御プロトコル

deny tcp { source-ipv6-prefix / prefix-length | any | host source-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] { destination-ipv6-prefix/prefix-length | any | host destination-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] [ ack ] [ dscp value ] [ established ] [ fin ] [ log ] [ log-input ] [ neq { port | protocol }] [ psh ] [ range { port | protocol }] [ rst ] [ routing ] [ sequence value ] [ syn ] [ time-range name ] [ urg ]

ユーザ データグラム プロトコル

deny udp { source-ipv6-prefix / prefix-length | any | host source-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] { destination-ipv6-prefix/prefix-length | any | host destination-ipv6-address } [ operator [ port-number ]] [ dscp value ] [ log ] [ log-input ] [ neq { port | protocol }] [ range { port | protocol }] [ routing ] [ sequence value ] [ time-range name ]


) このコマンドは、スイッチでメトロ IP アクセス イメージが稼動しており、スイッチにデュアル IPv4/IPv6 Switch Database Management(SDM)テンプレートを設定している場合にだけ使用できます。


 
構文の説明

protocol

インターネット プロトコルの名前または番号。これは、キーワード ahp esp icmp ipv6 pcp sctp tcp 、または udp にするか、IPv6 プロトコル番号を表す 0 ~ 255 の整数にすることができます。

source-ipv6-prefix / prefix-length

拒否条件を設定する送信元 IPv6 ネットワークまたはネットワークのクラス。

この引数は、RFC 2373 に記述されている形式にする必要があります。コロン区切りの 16 ビット値を使用して、アドレスを 16 進数で指定します。

any

IPv6 プレフィクス ::/0 の省略形。

host source-ipv6-address

拒否条件を設定する送信元 IPv6 ホスト アドレス。

この source-ipv6-address 引数には RFC 2373 に記載のように、コロンで区切られた 16 ビット値を使用した 16 進数形式でアドレスを指定する必要があります。

operator [ port-number ]

(任意)指定のプロトコルの送信元または宛先ポートを比較する演算子を指定します。演算子は、 lt (less than:未満)、 gt (greater than:より大きい)、 eq (equal:一致)、 neq (not equal:不一致)、 range (inclusive range:包含範囲)です。

source-ipv6-prefix / prefix-length 引数の後ろに演算子が置かれた場合、送信元ポートと一致する必要があります。

destination-ipv6-prefix/prefix-length 引数の後ろに演算子が置かれた場合、宛先ポートと一致する必要があります。

range 演算子には 2 つのポート番号が必要です。他のすべての演算子は 1 つのポート番号が必要です。

任意の port-number 引数は 10 進数、または TCP あるいは UDP ポートの名前です。ポート番号の範囲は 0 ~ 65535 です。TCP ポート名は TCP をフィルタリングする場合に限り使用できます。UDP ポート名は UDP をフィルタリングする場合に限り使用できます。

destination-ipv6-prefix /
prefix-length

拒否条件を設定する宛先 IPv6 ネットワークまたはネットワークのクラス。

この引数は、RFC 2373 に記述されている形式にする必要があります。コロン区切りの 16 ビット値を使用して、アドレスを 16 進数で指定します。

host destination-ipv6-address

拒否条件を設定する宛先 IPv6 ホスト アドレス。

この destination-ipv6-address 引数には RFC 2373 に記載のように、コロンで区切られた 16 ビット値を使用した 16 進数形式でアドレスを指定する必要があります。

dscp value

(任意)各 IPv6 パケット ヘッダーのトラフィック クラス フィールドのトラフィック クラス値と DiffServ コード ポイント値を照合します。指定できる範囲は 0 ~ 63 です。

fragments

(任意)フラグメント拡張ヘッダーに 0 以外のフラグメント オフセットが含まれる場合、非初期フラグメント パケットを照合します。 fragments キーワードは、プロトコルが ipv6 operator [ port-number ] 引数が指定されていない場合に限り、指定できるオプションです。

log

(任意)エントリと一致するパケットに関する情報ロギング メッセージをコンソールに送信します (コンソールに送信するメッセージ レベルは logging console コマンドで制御します)。

メッセージには、アクセス リスト名、シーケンス番号、パケットが拒否されたかどうか、プロトコル(TCP、UDP、ICMP または番号のいずれか)、適正な場合には送信元/宛先アドレス、送信元/宛先ポート番号が含まれます。メッセージは、一致した最初のパケットに対して生成され、その後、5 分間隔で拒否されたパケット数を含めて生成されます。

(注) ロギングはポート ACL ではサポートされません。

log-input

(任意) log キーワードと同じ機能を提供しますが、ロギング メッセージには受信インターフェイスも表示されます。

routing

(任意)ルーティング拡張ヘッダーを持つパケットをマッチングします。

sequence value

(任意)アクセス リスト ステートメントのシーケンス番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

time-range name

(任意)拒否ステートメントに適用する時間範囲を指定します。時間範囲の名前と制限事項は、 time-range コマンドと、 absolute または periodic コマンドによってそれぞれ指定します。

icmp-type

(任意)ICMP パケットのフィルタリングに ICMP メッセージ タイプを指定します。ICMP パケットは ICMP メッセージ タイプによってフィルタリングできます。メッセージ タイプの番号は 0 ~ 255 です。

icmp-code

(任意)ICMP パケットのフィルタリングに ICMP メッセージ コードを指定します。ICMP メッセージ タイプによってフィルタリングされる ICMP パケットは、ICMP メッセージ コードによってもフィルタリングできます。メッセージ コードの番号は 0 ~ 255 です。

icmp-message

(任意)ICMP パケットのフィルタリングに ICMP メッセージ名を指定します。ICMP パケットは、ICMP メッセージ名、または ICMP メッセージ タイプおよびコードによってフィルタリングできます。使用可能な名前については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

ack

(任意)TCP プロトコルの場合に限り ACK ビットを設定します。

established

(任意)TCP プロトコルの場合に限り、接続が確立済みであることを意味します。TCP データグラムに ACK または RST ビットが設定されている場合、照合が行われます。接続するための初期 TCP データグラムの場合は照合しません。

fin

(任意)TCP プロトコルの場合に限り、FIN ビットを設定します。送信元からのデータはこれ以上ありません。

neq { port | protocol }

(任意)指定のポート番号上にないパケットだけを照合します。

psh

(任意)TCP プロトコルの場合に限り、PSH ビットを設定します。

range { port | protocol }

(任意)ポート番号範囲のパケットだけを照合します。

rst

(任意)TCP プロトコルの場合に限り RST ビットを設定します。

syn

(任意)TCP プロトコルの場合に限り SYN ビットを設定します。

urg

(任意)TCP プロトコルの場合に限り URG ビットを設定します。


flow-labelrouting および undetermined-transport キーワードはコマンドラインのヘルプ ストリングに表示されますが、サポートされていません。


 
デフォルト

IPv6 アクセス リストは定義されていません。

 
コマンド モード

IPv6 アクセス リスト コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(50)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

deny (IPv6 アクセス リスト コンフィギュレーション モード)コマンドは、 deny (IPv4 アクセス リスト コンフィギュレーション モード)コマンドと類似していますが、IPv6 固有です。

IPv6 アクセス リスト コンフィギュレーション モードを開始し、パケットがアクセス リストを通過する条件を定義するには、 ipv6 access-list コマンドの後ろに deny (IPv6) コマンドを使用します。

protocol 引数に IPv6 を指定すると、パケットの IPv6 ヘッダーに対して照合を行います。

デフォルトでは、アクセス リストの最初のステートメントの番号は 10 で、その次のステートメントからは 10 ずつ増加します。

リスト全体を再入力しないで、 permit deny 、または remark ステートメントを既存のアクセス リストに追加できます。リストの最後以外の場所に新しいステートメントを追加するには、挿入する場所を示す、既存の 2 つのエントリ番号の間にある適切なエントリ番号を持った新しいステートメントを作成します。


) すべての IPv6 ACL には最後の一致条件として、暗黙の permit icmp any any nd-napermit icmp any any nd-ns、および deny ipv6 any any ステートメントがあります。このうち 2 つの permit 条件は、ICMPv6 ネイバー探索を許可します。ICMPv6 ネイバー探索を許可しないで icmp any any nd-na または icmp any any nd-ns を拒否するには、明示的な拒否エントリが ACL 内にある必要があります。3 つの暗黙的なステートメントを有効にするには、IPv6 ACL に 1 つ以上のエントリを含める必要があります。

IPv6 ネイバー探索プロセスでは、IPv6 ネットワーク層サービスを使用します。したがって、デフォルトでは IPv6 ACL により、IPv6 ネイバー探索パケットのインターフェイス上での送受信が暗黙的に許可されます。IPv4 では、IPv6 ネイバー探索プロセスと同等の Address Resolution Protocol(ARP)は、別のデータリンク層プロトコルを使用します。したがってデフォルトでは、IPv4 ACL により、ARP パケットのインターフェイス上での送受信が暗黙的に許可されます。


source-ipv6-prefix / prefix-length destination-ipv6-prefix / prefix-length の両方の引数をトラフィック フィルタリングに使用します ( source プレフィクスは、ソースに基づいてトラフィックをフィルタリングします。 destination プレフィクスは、宛先に基づいてトラフィックをフィルタリングします)。

このスイッチは、すべての範囲のプレフィクス長で IPv6 アドレス マッチングをサポートしています。

fragments キーワードは、プロトコルが ipv6 operator [ port-number ] 引数が指定されていない場合に限り、指定できるオプションです。

次に、ICMP メッセージ名を表示します。

 

beyond-scope

destination-unreachable

echo-reply

echo-request

header

hop-limit

mld-query

mld-reduction

mld-report

nd-na

nd-ns

next-header

no-admin

no-route

packet-too-big

parameter-option

parameter-problem

port-unreachable

reassembly-timeout

renum-command

renum-result

renum-seq-number

router-advertisement

router-renumbering

router-solicitation

time-exceeded

unreachable

 

次の例では、CISCO という名の IPv6 アクセス リストを設定し、そのアクセス リストをレイヤ 3 インターフェイス上の発信トラフィックに適用する方法を示します。最初の拒否エントリは、5000 より大きい宛先 TCP ポート番号を持ったパケットすべてがインターフェイスで送信されるのを防ぎます。2 番めの拒否エントリは、5000 未満の送信元 UDP ポート番号を持ったパケットすべてがインターフェイスで送信されるのを防ぎます。また、この 2 番目の拒否エントリは、すべての一致をコンソールに表示します。最初の許可エントリは、すべての ICMP パケットがインターフェイスで送信されるのを許可します。2 番めの許可エントリは、その他すべてのトラフィックがインターフェイスで送信されるのを許可します。すべてのパケットを拒否する暗黙の条件が各 IPv6 アクセス リストの末尾にあるため、この 2 番めの許可エントリが必要となります。

Switch(config)# ipv6 access-list CISCO
Switch(config-ipv6-acl)# deny tcp any any gt 5000
Switch config-ipv6-acl)# deny ::/0 lt 5000 ::/0 log
Switch(config-ipv6-acl)# permit icmp any any
Switch(config-ipv6-acl)# permit any any
Switch(config-ipv6-acl)# exit
Switch(config)# interface gigabitethernet0/2
Switch(config-if)# no switchport
Switch(config-if)# ipv6 address 2001::/64 eui-64
Switch(config-if)# ipv6 traffic-filter CISCO out

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 access-list

IPv6 アクセス リストを定義し、IPv6 アクセス リスト コンフィギュレーション モードを開始します。

ipv6 traffic-filter

インターフェイス上の着信または発信 IPv6 トラフィックをフィルタリングします。

permit(IPv6 アクセスリスト コンフィギュレーション)

IPv6 アクセス リストに許可条件を設定します。

show ipv6 access-list

現在のすべての IPv6 アクセス リストの内容を表示します。

 

deny(MAC アクセス リスト コンフィギュレーション)

条件が一致した場合に非 IP トラフィックが転送されないようにするには deny MAC アクセスリスト コンフィギュレーション コマンドを使用します。拒否条件を名前付き MAC アクセス リストから削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

{ deny | permit } { any | host src-MAC-addr | src-MAC-addr mask } { any | host dst-MAC-addr | dst-MAC-addr mask } [ type mask | aarp | amber | cos cos | dec-spanning | decnet-iv | diagnostic | dsm | etype-6000 | etype-8042 | lat | lavc-sca | lsap lsap mask |mop-console | mop-dump | msdos | mumps | netbios | vines-echo | vines-ip | xns-idp ]

no { deny | permit } { any | host src-MAC-addr | src-MAC-addr mask } { any | host dst-MAC-addr | dst-MAC-addr mask } [ type mask | aarp | amber | cos cos | dec-spanning | decnet-iv | diagnostic | dsm | etype-6000 | etype-8042 | lat | lavc-sca | lsap lsap mask | mop-console | mop-dump | msdos | mumps | netbios | vines-echo | vines-ip | xns-idp ]

 
構文の説明

any

あらゆる送信元または宛先 MAC アドレスを拒否するために指定するキーワードです。

host src MAC-addr |
src-MAC-addr mask

ホスト MAC アドレスと任意のサブネット マスクを定義します。パケットの送信元アドレスが定義されたアドレスに一致する場合、そのアドレスからの非 IP トラフィックは拒否されます。

host dst-MAC-addr |
dst-MAC-addr mask

宛先 MAC アドレスと任意のサブネット マスクを定義します。パケットの宛先アドレスが定義されたアドレスに一致する場合、そのアドレスへの非 IP トラフィックは拒否されます。

type mask

(任意)パケットの Ethertype 番号と、Ethernet II または SNAP カプセル化を使用して、パケットのプロトコルを識別します。

type には、0 ~ 65535 の 16 進数を指定できます。

mask は、一致をテストする前に Ethertype に適用される don’t care ビットのマスクです。

aarp

(任意)データリンク アドレスをネットワーク アドレスにマッピングする Ethertype AppleTalk Address Resolution Protocol を選択します。

amber

(任意)EtherType DEC-Amber を選択します。

cos cos

(任意)プライオリティを設定するため、0 ~ 7 までのサービス クラス(CoS)値を選択します。CoS に基づくフィルタリングは、ハードウェアでだけ実行可能です。 cos オプションが設定されているかどうかを確認する警告メッセージが表示されます。

dec-spanning

(任意)EtherType Digital Equipment Corporation(DEC)スパニング ツリーを選択します。

decnet-iv

(任意)EtherType DECnet Phase IV プロトコルを選択します。

diagnostic

(任意)EtherType DEC-Diagnostic を選択します。

dsm

(任意)EtherType DEC-DSM を選択します。

etype-6000

(任意)EtherType 0x6000 を選択します。

etype-8042

(任意)EtherType 0x8042 を選択します。

lat

(任意)EtherType DEC-LAT を選択します。

lavc-sca

(任意)EtherType DEC-LAVC-SCA を選択します。

lsap lsap-number mask

(任意)パケットの LSAP 番号(0 ~ 65535)と IEEE 802.2 カプセル化を使用して、パケットのプロトコルを識別します。

mask は、一致をテストする前に LSAP 番号に適用される don’t care ビットのマスクです。

mop-console

(任意)EtherType DEC-MOP Remote Console を選択します。

mop-dump

(任意)EtherType DEC-MOP Dump を選択します。

msdos

(任意)EtherType DEC-MSDOS を選択します。

mumps

(任意)EtherType DEC-MUMPS を選択します。

netbios

(任意)EtherType DEC-Network Basic Input/Output System(NETBIOS)を選択します。

vines-echo

(任意)Banyan Systems による EtherType Virtual Integrated Network Service(VINES)Echo を選択します。

vines-ip

(任意)EtherType VINES IP を選択します。

xns-idp

(任意)10 進数、16 進数、または 8 進数の任意の Ethertype である EtherType Xerox Network Systems(XNS)プロトコル スイート(0 ~ 65535)を選択します。


appletalk は、コマンドラインのヘルプ ストリングには表示されますが、一致条件としてはサポートされていません。


IPX トラフィックをフィルタリングするには、使用されている IPX カプセル化のタイプに応じて、 type mask または lsap lsap mask キーワードを使用します。 表 2-1 に、Novell 用語と Cisco IOS 用語での IPX カプセル化タイプに対応するフィルタ条件を一覧表示します。

 

表 2-1 IPX フィルタ基準

IPX カプセル化タイプ
フィルタ基準
Cisco IOS 名
Novel 名

arpa

Ethernet II

Ethertype 0x8137

snap

Ethernet-snap

Ethertype 0x8137

sap

Ethernet 802.2

LSAP 0xE0E0

novell-ether

Ethernet 802.3

LSAP 0xFFFF

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトはありません。ただし、名前付き MAC ACL のデフォルト アクションは拒否です。

 
コマンド モード

MAC アクセス リスト コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

mac access-list extended グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、MAC アクセス リスト コンフィギュレーション モードを開始します。

host キーワードを使用した場合、アドレス マスクは入力できません。 host キーワードを使用しない場合は、アドレス マスクを入力する必要があります。

Access Control Entry(ACE; アクセス コントロール エントリ)がアクセス コントロール リストに追加された場合、リストの最後には暗黙の deny - any - any 条件が存在します。つまり、一致がない場合にはパケットは拒否されます。ただし、最初の ACE が追加される前に、リストはすべてのパケットを許可します。


) 名前付き MAC 拡張アクセス リストの詳細については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください。


次の例では、すべての送信元から MAC アドレス 00c0.00a0.03fa への NETBIOS トラフィックを拒否する名前付き MAC 拡張アクセス リストを定義する方法を示します。このリストに一致するトラフィックは拒否されます。

Switch(config-ext-macl)# deny any host 00c0.00a0.03fa netbios.
 

次の例では、名前付き MAC 拡張アクセス リストから拒否条件を削除する方法を示します。

Switch(config-ext-macl)# no deny any 00c0.00a0.03fa 0000.0000.0000 netbios.
 

次の例では、Ethertype 0x4321 のすべてのパケットを拒否します。

Switch(config-ext-macl)# deny any any 0x4321 0
 

設定を確認するには、 show access-lists 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac access-list extended

非 IP トラフィック用に MAC アドレス ベースのアクセス リストを作成します。

permit(MAC アクセス リスト コンフィギュレーション)

条件が一致した場合に非 IP トラフィックが転送されるのを許可します。

show access-lists

スイッチに設定された ACL を表示します。

diagnostic monitor

ヘルス モニタリング診断テストを設定するには、 diagnostic monitor グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。テストをディセーブルにし、デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

diagnostic monitor interval test { name | test-id | test-id-range | all } hh:mm:ss milliseconds day

diagnostic monitor test { name | test-id | test-id-range | all }

diagnostic monitor syslog

diagnostic monitor threshold test { name | test-id | test-id-range | all } failure count count

no diagnostic monitor interval test { name | test-id | test-id-range | all }

no diagnostic monitor test { name | test-id | test-id-range | all }

no diagnostic monitor syslog

no diagnostic monitor threshold test { name | test-id | test-id-range | all } failure coun t count

 
構文の説明

interval test

テストの間隔を設定します。

test

実行するテストを指定します。

name

テスト名を指定します。テスト ID のリストのテスト名を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

test-id

テストの ID 番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 6 です。テスト ID のリストのテスト番号を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

test-id-range

複数のテストをテストの ID 番号の範囲で指定します。 カンマおよびハイフンで区切られた整数で範囲を入力します(例:1,3-6 はテスト ID 1、3、4、5 および 6)。 テスト ID のリストのテスト番号を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

all

すべての診断テストを指定します。

hh:mm:ss

モニタリング間隔を時、分、秒で設定します。

hh :時間(0 ~ 24)を入力します。

mm :分(0 ~ 60)を入力します。

ss :秒(0 ~ 60)を入力します。

milliseconds

モニタリング間隔(テスト時間)をミリ秒(ms)単位で設定します。指定できる範囲は 0 ~ 999 ミリ秒です。

day

モニタリング間隔をテストとテストの間の日数で設定します。指定できる範囲は 0 ~ 20 日です。

syslog

ヘルス モニタ診断テストが失敗した場合に Syslog メッセージを生成します。

threshold test

障害しきい値を設定します。

failure count count

障害しきい値のカウントを設定します。 count に指定できる範囲は 0 ~ 99 です。

 
デフォルト

モニタリングはディセーブルで、障害しきい値は設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

診断モニタリングをイネーブルにする前に、障害しきい値およびテストの間隔を設定する必要があります。

診断モニタリングイネーブルにするには、 diagnostic monitor test 1 コマンドを入力します。

diagnostic monitor test { name | test-id | test-id-range | all } コマンドを入力する場合は、接続されているすべてのポートをディセーブルにしてネットワーク トラフィックを分離する必要があります。

テスト中はテスト パケットを送信しないでください。

次に、ヘルス モニタリング テストを設定する例を示します。

Switch(config)# diagnostic monitor threshold test 1 failure count 20
Switch(config)# diagnostic monitor interval test 1 12:30:00 750 5

 
関連コマンド

コマンド
説明

show diagnostic

オンライン診断テストの結果を表示します。

diagnostic schedule test

診断テストのスケジュールを設定するには、 diagnostic schedule test グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。スケジュールを削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

diagnostic schedule test { name | test-id | test-id-range | all | basic | non-disruptive } { daily hh : mm | on mm dd yyyy hh : mm | weekly day-of-week hh : mm }

no diagnostic schedule test { name | test-id | test-id-range | all | basic | non-disruptive } { daily hh : mm | on mm dd yyyy hh : mm | weekly day-of-week hh : mm }

 
構文の説明

name

テスト名を指定します。テスト ID のリストのテスト名を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

test-id

テストの ID 番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 6 です。テスト ID のリストのテスト番号を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

test-id-range

複数のテストをテストの ID 番号の範囲で指定します。 カンマおよびハイフンで区切られた整数で範囲を入力します(例:1,3-6 はテスト ID 1、3、4、5 および 6)。 テスト ID のリストのテスト番号を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

all

すべての診断テストを指定します。

basic

基本的なオンデマンドの診断テストを指定します。

non-disruptive

ノンディスラプティブ ヘルス モニタリング テストを指定します。

daily hh : mm

診断テストのスケジューリング(日単位)を指定します。

hh : mm 2 桁の数字(24 時間表記)で時間および分を入力します。コロン( : )が必要です(例:12:30)。

on mm dd yyyy hh : mm

特定の日時の診断テストのスケジューリングを指定します。

mm dd yyyy

mm January、February のように、月を大文字または小文字で入力します。

dd 2 桁の数字で日を入力します(例:03、16)。

yyyy 4 桁の数字で年を入力します(例:2008)。

weekly day-of-week hh : mm

診断テストのスケジューリング(週単位)を指定します。

day-of-week Monday、Tuesday のように、曜日を大文字または小文字で入力します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次に、特定の日時に診断テストをスケジューリングする例を示します。

Switch(config)# diagnostic schedule test 1,2,4-6 on november 3 2006 23:10
 

次に、毎週特定の時間に診断テストを行うようスケジューリングする例を示します。

Switch(config)# diagnostic schedule test TestPortAsicMem weekly friday 09:23

 
関連コマンド

コマンド
説明

show diagnostic

オンライン診断テストの結果を表示します。

 

diagnostic start test

オンライン診断テストを実行するには、 diagnostic start test 特権 EXEC コマンドを使用します。

diagnostic start test { name | test-id | test-id-range | all | basic | non-disruptive }

 
構文の説明

name

テスト名を指定します。テスト ID のリストのテスト名を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

test-id

テストの ID 番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 6 です。テスト ID のリストのテスト番号を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

test-id-range

複数のテストをテストの ID 番号の範囲で指定します。 カンマおよびハイフンで区切られた整数で範囲を入力します(例:1,3-6 はテスト ID 1、3、4、5 および 6)。 テスト ID のリストのテスト番号を表示するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを入力します。

all

すべての診断テストを指定します。

basic

基本的なオンデマンドの診断テストを指定します。

non-disruptive

ノンディスラプティブ ヘルス モニタリング テストを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

diagnostic start コマンドを使用してテストを開始したら、テスト プロセスの停止はできません。

スイッチは、次のテストをサポートしています。

ID Test Name [On-Demand Test Attributes]
--- -------------------------------------------
1 TestPortAsicStackPortLoopback [B*N****]
2 TestPortAsicLoopback [B*D*R**]
3 TestPortAsicCam [B*D*R**]
4 TestPortAsicRingLoopback [B*D*R**]
5 TestMicRingLoopback [B*D*R**]
6 TestPortAsicMem [B*D*R**]
--- -------------------------------------------
 

テスト名を確認するには、 show diagnostic content 特権 EXEC コマンドを使用してテスト ID リストを表示します。テスト名を使用してテスト 3 を指定するには、 diagnostic start switch number test TestPortAsicCam 特権 EXEC コマンドを入力します。

複数のテストを指定するには test-id-range パラメータを使用し、カンマとハイフンで区切られた整数を入力します。 たとえば、テスト 2、3、および 4 を指定するには、 diagnostic start test 2-4 コマンド を入力します。テスト 1、3、4、5、および 6 を指定するには、 diagnostic start test 1,3-6 コマンド を入力します。

次に、診断テスト 1 を開始する例を示します。

Switch# diagnostic start test 1
Switch#
06:27:50: %DIAG-6-TEST_RUNNING: Running TestPortAsicStackPortLoopback{ID=1} ...
06:27:51: %DIAG-6-TEST_OK: TestPortAsicStackPortLoopback{ID=1} has completed
successfully
 

次に、診断テスト 2 を開始する例を示します。このテストを実行すると、通常のシステム動作が中断され、スイッチがリロードされます。

Switch# diagnostic start test 2
Running test(s) 2 will cause the switch under test to reload after completion of
the test list.
Running test(s) 2 may disrupt normal system operation
Do you want to continue?[no]: y
Switch#
00:00:25: %SPANTREE-5-EXTENDED_SYSID: Extended SysId enabled for type vlan
00:00:29: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from memory by console
00:00:30: %DIAG-6-TEST_RUNNING : Running TestPortAsicLoopback{ID=2} ...
00:00:30: %DIAG-6-TEST_OK: TestPortAsicLoopback{ID=2} has completed successfully
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show diagnostic

オンライン診断テストの結果を表示します。

 

dot1x default

設定可能な IEEE 802.1x パラメータをデフォルト値にリセットするには、 dot1x default インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

dot1x default

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルト値は次のとおりです。

ポート単位の IEEE 802.1x プロトコルのイネーブル ステートはディセーブルです(force-authorized)。

再認証の試行間隔の秒数は 3600 秒です。

定期的な再認証はディセーブルです。

待機時間は 60 秒です。

再伝送時間は 30 秒です。

最高再伝送回数は 2 回です。

ホスト モードはシングル ホストです。

クライアントのタイムアウト時間は 30 秒です。

認証サーバのタイムアウト時間は 30 秒です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、ポート上の設定可能な IEEE 802.1x パラメータをリセットする方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x default
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

dot1x host-mode

dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドが auto に設定されている IEEE 802.1x 許可ポート上で単一のホスト(クライアント)または複数のホストを許可するには、 dot1x host-mode インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x host-mode { multi-host | single-host }

no dot1x host-mode [ multi-host | single-host ]


multi-domain キーワードは、コマンドラインのインターフェイス ヘルプには表示されていますが、サポートされていません。


 
構文の説明

multi-host

スイッチでマルチホスト モードをイネーブルにします。

single-host

スイッチでシングルホスト モードをイネーブルにします。

 
デフォルト

デフォルト設定は、シングルホスト モードです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、IEEE 802.1x 対応ポートを単一のクライアントに限定したり、複数のクライアントを IEEE 802.1x 対応ポートに接続したりすることができます。マルチホスト モードでは、接続されたホストのうち 1 つだけが許可されれば、すべてのホストのネットワーク アクセスが許可されます。ポートが無許可ステートになった場合(再認証が失敗した場合、または Extensible Authentication Protocol over LAN(EAPOL)-Logoff メッセージを受信した場合)には、接続されたすべてのクライアントがネットワーク アクセスを拒否されます。

このコマンドを入力する前に、指定のポートで dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドが auto に設定されていることを確認します。

このスイッチでは、 dot1x host-mode multi-domain インターフェイス コンフィギュレーション コマンドはサポートされていません。インターフェイス上でこのコマンドを設定すると、インターフェイスは errdisable ステートになる可能性があります。

次の例では、IEEE 802.1x をグローバルにイネーブルにして、ポートの IEEE 802.1x をイネーブルにし、マルチホスト モードをイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# dot1x system-auth-control
Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# dot1x port-control auto
Switch(config-if)# dot1x host-mode multi-host
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

dot1x initialize

ポート上で新しく認証セッションを初期化する前に、指定の IEEE 802.1x 対応ポートを、手動で無許可ステートに戻すには、 dot1x initialize 特権 EXEC コマンドを使用します。

dot1x initialize interface interface-id

 
構文の説明

interface interface-id

ポートを初期化します。

 
デフォルト

デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、IEEE 802.1x ステート マシンを初期化し、新たな認証環境を設定します。このコマンドを入力した後、ポートの状態は無許可になります。

このコマンドの no 形式はありません。

次の例では、ポートを手動で初期化する方法を示します。

Switch# dot1x initialize interface gigabitethernet0/2
 

show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力することにより、ポート ステータスが無許可になっていることを確認できます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

 

dot1x max-reauth-req

ポートが無許可ステートに移行するまでスイッチが認証プロセスを再起動する上限回数を設定するには、 dot1x max-reauth-req インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x max -reauth -req count

no dot1x max -reauth -req

 
構文の説明

count

ポートが無許可ステートに移行する前に、スイッチが EAPOL-Identity-Request フレームを再送信して認証プロセスを開始する回数を設定します。ポートに 802.1x 非対応のデバイスが接続されている場合、スイッチは、デフォルトでは 2 回の認証試行を行います。ポートにゲスト VLAN が設定されている場合、2 回の再認証試行後、ポートは、デフォルトではゲスト VLAN 上で許可されます。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。デフォルトは 2 です。

 
デフォルト

デフォルトは 2 回です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドのデフォルト値は、リンクの信頼性が低下した場合や、特定のクライアントおよび認証サーバの動作に問題がある場合など、異常な状況に対する調整を行う必要があるときに限って変更してください。

次の例では、ポートが無許可ステートに移行する前に、スイッチが認証プロセスを再起動する回数を 4 に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x max-reauth-req 4
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x max-req

スイッチが認証プロセスを再起動する前に、EAP フレームを認証サーバに送信する最高回数を設定します(応答を受信しないと仮定)。

dot1x timeout tx-period

スイッチが EAP-Request/Identity フレームに対するクライアントからの応答を待ち、要求を再送信するまでの秒数を設定します。

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

dot1x max-req

スイッチが認証プロセスを再起動する前に、拡張認証プロトコル(EAP)フレームを認証サーバからクライアントに送信する最大回数を設定するには(応答を受信しないことが前提)、 dot1x max-req インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x max-req count

no dot1x max-req

 
構文の説明

count

スイッチが、認証プロセスを再起動する前に、EAPOL DATA パケットの再送信を試行する回数です。たとえば、認証プロセス中にサプリカントに問題が発生した場合、オーセンティケータがデータ要求を 2 回再送信し、応答がなければプロセスを中止します。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。デフォルト値は 2 です。

 
デフォルト

デフォルトは 2 回です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドのデフォルト値は、リンクの信頼性が低下した場合や、特定のクライアントおよび認証サーバの動作に問題がある場合など、異常な状況に対する調整を行う必要があるときに限って変更してください。

次の例では、認証プロセスを再起動する前に、スイッチが EAP フレームを認証サーバから送信する回数を 5 回に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x max-req 5
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x timeout tx-period

スイッチが EAP-Request/Identity フレームに対するクライアントからの応答を待ち、要求を再送信するまでの秒数を設定します。

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

dot1x port-control

ポートの許可ステートを手動で制御できるようにするには、 dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x port-control { auto | force-authorized | force-unauthorized }

no dot1x port-control

 
構文の説明

auto

ポートで IEEE 802.1x 認証をイネーブルにし、スイッチおよびクライアント間の IEEE 802.1x 認証交換に基づきポートを許可または無許可ステートに変更します。

force-authorized

ポートで IEEE 802.1x 認証をディセーブルにすれば、認証情報の交換をせずに、ポートが許可ステートに変化します。ポートはクライアントとの IEEE 802.1x ベース認証を行わずに、通常のトラフィックを送受信します。

force-unauthorized

クライアントからの認証の試みをすべて無視し、ポートを強制的に無許可ステートに変更することにより、このポート経由のすべてのアクセスを拒否します。スイッチはポートを介してクライアントに認証サービスを提供できません。

 
デフォルト

デフォルトの設定は force-authorized です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

特定のポートの IEEE 802.1x をイネーブルにする前に、 dot1x system-auth-control グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、スイッチの IEEE 802.1x をグローバルにイネーブルにする必要があります。

IEEE 802.1x プロトコルは、レイヤ 2 のスタティックアクセス ポートおよびレイヤ 3 のルーテッド ポート上でサポートされます。

ポートが、次の項目の 1 つとして設定されていない場合に限り auto キーワードを使用できます。

トランク ポート:トランク ポートで IEEE 802.1x をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x はイネーブルになりません。IEEE 802.1x 対応ポートのモードをトランクに変更しようとしても、エラー メッセージが表示され、ポート モードは変更されません。

ダイナミック アクセス ポート:ダイナミック アクセス(VLAN Query Protocol(VQP))ポートで IEEE 802.1x をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x はイネーブルになりません。IEEE 802.1x 対応ポートを変更してダイナミック VLAN を割り当てようとしても、エラー メッセージが表示され、VLAN 設定は変更されません。

EtherChannel ポート:アクティブまたはアクティブでない EtherChannel メンバであるポートを IEEE 802.1x ポートとして設定しないでください。EtherChannel ポートで IEEE 802.1x をイネーブルにしようとすると、エラー メッセージが表示され、IEEE 802.1x はイネーブルになりません。

Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)および Remote SPAN(RSPAN)宛先ポート:SPAN または RSPAN 宛先ポートであるポートで IEEE 802.1x をイネーブルにすることができます。ただし、SPAN または RSPAN 宛先として削除するまでは、IEEE 802.1x はディセーブルになります。SPAN または RSPAN 送信元ポートでは、IEEE 802.1x をイネーブルにすることができます。

スイッチで IEEE 802.1x をグローバルにディセーブルにするには、 no dot1x system-auth-control グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。特定のポートで IEEE 802.1x をディセーブルにするには、 no dot1x port-control インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、ポートの IEEE 802.1x をイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# dot1x port-control auto
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

dot1x re-authenticate

指定の IEEE 802.1x 対応ポートの再認証を手動で開始するには、 dot1x re-authenticate 特権 EXEC コマンドを使用します

dot1x re-authenticate interface interface-id

 
構文の説明

interface interface-id

再認証するインターフェイスのモジュールおよびポート番号。

 
デフォルト

デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、再認証試行間隔(re-authperiod)および自動再認証の設定秒数を待たずにクライアントを再認証できます。

次の例では、ポートに接続されたデバイスを手動で再認証する方法を示します。

Switch# dot1x re-authenticate interface gigabitethernet0/1
 

dot1x reauthentication

定期的なクライアントの再認証をイネーブルにするには、 dot1x reauthentication インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x reauthentication

no dot1x reauthentication

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

定期的な再認証はディセーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

dot1x timeout reauth-period インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、定期的に再認証を行う間隔の時間量を設定します。

次の例では、クライアントの定期的な再認証をディセーブルにする方法を示します。

Switch(config-if)# no dot1x reauthentication
 

次の例では、定期的な再認証をイネーブルにし、再認証の間隔を 4000 秒に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x reauthentication
Switch(config-if)# dot1x timeout reauth-period 4000
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x timeout reauth-period

再認証の試行の間隔(秒)を設定します。

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

dot1x supplicant force-multicast

マルチキャストまたはユニキャスト Extensible Authentication Protocol over LAN(EAPOL)パケットを受信した場合、常にサプリカント スイッチにマルチキャスト EAPOL だけを送信させるようにするには、 dot1x supplicant force-multicast グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x supplicant force-multicast

no dot1x supplicant force-multicast

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

サプリカント スイッチは、ユニキャスト EAPOL パケットを受信すると、ユニキャスト EAPOL パケットを送信します。同様に、マルチキャスト EAPOL パケットを受信すると、EAPOL パケットを送信します。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Network Edge Access Topology(NEAT)がすべてのホスト モードで機能するようにするには、サプリカント スイッチ上でこのコマンドをイネーブルにします。

次の例では、サプリカント スイッチがオーセンティケータ スイッチにマルチキャスト EAPOL パケットを送信するように設定する方法を示します。

Switch(config)# dot1x supplicant force-multicast

 
関連コマンド

コマンド
説明

cisp enable

スイッチの Client Information Signalling Protocol(CISP)をイネーブルにすることで、スイッチがサプリカント スイッチに対するオーセンティケータとして動作するようにします。

dot1x credentials

ポートに 802.1x サプリカント資格情報を設定します。

dot1x pae supplicant

インターフェイスがサプリカントとしてだけ機能するように設定します。

dot1x system-auth-control

IEEE 802.1x をグローバルにイネーブルにするには、 dot1x system-auth-control グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x system-auth-control

no dot1x system-auth-control

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

IEEE 802.1x はディセーブルに設定されています。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IEEE 802.1x をグローバルにイネーブルにする前に、認証、許可、およびアカウンティング(AAA)をイネーブルにし、認証方式リストを指定する必要があります。方式リストは、ユーザ認証のためクエリー送信を行う手順と認証方式を記述したものです。

スイッチの IEEE 802.1x をグローバルにイネーブルにする前に、IEEE 802.1x および EtherChannel が設定されているインターフェイスから EtherChannel の設定を削除します。

次の例では、スイッチで IEEE 802.1x をグローバルにイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# dot1x system-auth-control
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x port-control

ポートの認証ステートの手動制御をイネーブルにします。

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

dot1x test eapol-capable

すべてのスイッチ ポート上の IEEE 802.1x のアクティビティをモニタリングして、IEEE 802.1x をサポートするポートに接続しているデバイスの情報を表示するには、 dot1x test eapol-capable 特権 EXEC コマンドを使用します。

dot1x test eapol-capable [ interface interface-id ]

 
構文の説明

interface interface-id

(任意)クエリー対象のポートです。

 
デフォルト

デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチ上のすべてのポートまたは特定のポートに接続するデバイスの IEEE 802.1x 機能をテストするには、このコマンドを使用します。

このコマンドには、 no 形式はありません。

次の例では、スイッチ上で IEEE 802.1x の準備チェックをイネーブルにして、ポートに対してクエリーを実行する方法を示します。また、ポートに接続しているデバイスを確認するためのクエリーの実行対象ポートから受信した応答が IEEE 802.1x 対応であることを示します。

switch# dot1x test eapol-capable interface gigabitethernet1/0/13
 
DOT1X_PORT_EAPOL_CAPABLE:DOT1X: MAC 00-01-02-4b-f1-a3 on gigabitethernet1/0/13 is EAPOL capable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x test timeout timeout

IEEE 802.1x 準備クエリーに対する EAPOL 応答を待機するために使用されるタイムアウトを設定します。

dot1x test timeout

IEEE 802.1x の準備が整っているかどうかを確認するためにクエリーが実行されるポートからの EAPOL 応答の待機に使用するタイムアウトを設定するには、 dot1x test timeout グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

dot1x test timeout timeout

 
構文の説明

timeout

EAPOL 応答を待機する時間(秒)。指定できる範囲は 1 ~ 65535 秒です。

 
デフォルト

デフォルト設定は 10 秒です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

EAPOL 応答を待機するために使用されるタイムアウトを設定するには、このコマンドを使用します。

このコマンドには、 no 形式はありません。

次の例では、EAPOL 応答を 27 秒間待機するようにスイッチを設定する方法を示します。

Switch# dot1x test timeout 27
 

タイムアウト設定のステータスを確認するには、 show run 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x test eapol-capable [ interface interface-id ]

すべての、または指定された IEEE 802.1x 対応ポートに接続するデバイスで IEEE 802.1x の準備が整っているかを確認します。

dot1x timeout

IEEE 802.1x のタイマーを設定するには、 dot1x timeout インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dot1x timeout { quiet-period seconds | reauth-period seconds | server-timeout seconds | supp-timeout seconds | tx-period seconds }

no dot1x timeout { quiet-period | reauth-period | server-timeout | supp-timeout | tx-period }

 
構文の説明

quiet- period seconds

スイッチがクライアントとの認証情報の交換に失敗した後、待機状態を続ける秒数。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。

reauth-period seconds

再認証間隔の秒数。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。

server-timeout seconds

認証サーバに対して、スイッチのパケット再送信を待機する秒数。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。しかし、最小設定値である 30 を推奨します。

supp-timeout seconds

スイッチが IEEE 802.1x クライアントへパケットを再送信する前に待機する秒数。指定できる範囲は 30 ~ 65535 です

tx- period seconds

スイッチが EAP-Request/Identity フレームに対するクライアントからの応答を待ち、要求を再送信するまでの秒数を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

デフォルトの設定は次のとおりです。

reauth-period は 3600 秒です。

quiet-period は 60 秒です。

tx-period は 30 秒です。

supp-timeout は 30 秒です。

server-timeout は 30 秒です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドのデフォルト値は、リンクの信頼性が低下した場合や、特定のクライアントおよび認証サーバの動作に問題がある場合など、異常な状況に対する調整を行う必要があるときに限って変更してください。

dot1x reauthentication インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して定期的な再認証をイネーブルにしただけの場合、 dot1x timeout reauth-period インターフェイス コンフィギュレーション コマンドは、スイッチの動作に影響します。

待機時間の間、スイッチはどのような認証要求も受け付けず、開始もしません。デフォルトよりも小さい数を入力することによって、ユーザへの応答時間を短縮できます。

次の例では、定期的な再認証をイネーブルにし、再認証の間隔を 4000 秒に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x reauthentication
Switch(config-if)# dot1x timeout reauth-period 4000
 

次の例では、スイッチの待機時間を 30 秒に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x timeout quiet-period 30
 

次の例では、スイッチから認証サーバへの再送信時間を 45 秒に設定する方法を示します。

Switch(config)# dot1x timeout server-timeout 45
 

次の例では、EAP request フレームに対するスイッチからクライアントへの再送信時間を 45 秒に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x timeout supp-timeout 45
 

次の例では、EAP-Request/Identity フレームに対するクライアントからの応答を待ち、要求を再送信するまでの時間を 60 秒に設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x timeout tx-period 60
 

設定を確認するには、 show dot1x 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

dot1x max-req

スイッチが、認証プロセスを再始動する前に、EAP-Request/Identity フレームを送信する最高回数を設定します。

dot1x reauthentication

クライアントの定期的再認証をイネーブルにします。

show dot1x

すべてのポートの IEEE 802.1x ステータスを表示します。

dot1x violation-mode

dot1x violation-mode インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、新しいデバイスがポートに接続するとき、または最大数のデバイスがポートに接続されている状態で新しいデバイスがポートに接続するときに発生する違反モードを設定します。

dot1x violation-mode {shutdown | restrict | protect}

no dot1x violation-mode

 
構文の説明

shutdown

エラーによって、予期しない新たな MAC アドレスが発生するポートまたは仮想ポートがディセーブルになります。

restrict

違反エラーの発生時に Syslog エラーを生成します。

protect

新しい MAC アドレスからパケットをそのままドロップします。これがデフォルトの設定です。

 
デフォルト

デフォルトでは、dot1x violation-mode protect がイネーブルになっています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

次の例では、新しいデバイスをポートに接続するときに、IEEE 802.1x 対応ポートを errdisable に設定して、シャットダウンする方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x violation-mode shutdown
 

次の例では、新しいデバイスをポートに接続するときに、システム エラー メッセージを生成して、ポートを制限モードに変更するように IEEE 802.1x 対応ポートを設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x violation-mode restrict
 

次の例では、新しいデバイスをポートに接続するときに、新たに接続されたデバイスを無視するように IEEE 802.1x 対応ポートを設定する方法を示します。

Switch(config-if)# dot1x violation-mode protect
 

設定を確認するには、 show dot1x [ interface interface-id ] 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show dot1x [ interface interface-id ]

指定されたポートの IEEE 802.1x の状態を表示します。

duplex

ポートの動作のデュプレックス モードを指定するには、 duplex インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。ポートをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

duplex { auto | full | half }

no duplex

 
構文の説明

auto

自動によるデュプレックス設定をイネーブルにします(接続されたデバイス モードにより、ポートが自動的に全二重モードか半二重モードかを判断します)。

full

全二重モードをイネーブルにします。

half

半二重モードをイネーブルにします(10 Mbps または 100 Mbps で動作するインターフェイスに限る)。1000 Mbps または 10,000 Mbps で動作するインターフェイスに対して半二重モードを設定できません。

 
デフォルト

ファスト イーサネット ポート、ギガビット イーサネット ポート、および 1000BASE-T 小型フォーム ファクタ(SFP)モジュールのデフォルトは auto です。

100BASE-FX MMF SFP モジュールのデフォルトは full です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、1000BASE-T SFP モジュールまたは 100BASE-FX MMF SFP モジュールが SFP モジュール スロットに挿入されている場合のみ使用できます。他のすべての SFP モジュールは全二重モードだけで動作します。

1000BASE-T SFP モジュールが SFP モジュール スロットに挿入されている場合は、デュプレックス モードを auto または full に設定できます。

100BASE-FX MMF SFP モジュールが SFP モジュール スロットに挿入されている場合は、デュプレックス モードを half または full に設定できます。100BASE-FX MMF SFP モジュールでは、 auto キーワードを使用できますが、自動ネゴシエーションがサポートされていないため、インターフェイスは半デュプレックス モード(デフォルト)になります。

特定のポートを全二重または半二重のいずれかに設定できます。このコマンドの適用可能性は、スイッチが接続されているデバイスによって異なります。

ファスト イーサネット ポートでは、接続された装置がデュプレックス パラメータの自動ネゴシエーションを行わない場合にポートを auto に設定すると、 half を指定するのと同じ効果があります。

ギガビット イーサネット ポートでは、接続装置がデュプレックス パラメータを自動ネゴシエートしないときにポートを auto に設定すると、 full を指定する場合と同じ効果があります。


) デュプレックス モードが auto で、接続されている装置が半二重で動作している場合、半二重モードはギガビット イーサネット インターフェイスでサポートされます。ただし、これらのインターフェイスを半二重モードで動作するように設定することはできません。


両方のラインの終端が自動ネゴシエーションをサポートしている場合、デフォルトの自動ネゴシエーションを使用することを強く推奨します。片方のインターフェイスが自動ネゴシエーションをサポートし、もう片方がサポートしていない場合、両方のインターフェイス上でデュプレックスと速度を設定し、サポートされている側で auto の設定を使用してください。

速度が auto に設定されている場合、スイッチはリンクの反対側のデバイスと速度設定についてネゴシエートし、速度をネゴシエートされた値に強制的に設定します。デュプレックス設定はリンクの両端での設定が引き継がれますが、これにより、デュプレックス設定に矛盾が生じることがあります。

デュプレックス設定を行うことができるのは、速度が auto に設定されている場合です。


注意 インターフェイス速度とデュプレックス モードの設定を変更すると、再設定中にインターフェイスがシャットダウンし、再びイネーブルになる場合があります。


) スイッチの速度およびデュプレックスのパラメータの設定に関する注意事項は、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください。


次の例では、インターフェイスを全二重動作に設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# duplex full
 

設定を確認するには、 show interfaces 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces

スイッチのインターフェイスの設定を表示します。

speed

10/100 または 10/100/1000 Mbps インターフェイスの速度を設定します。

errdisable detect cause

特定の原因、またはすべての原因に対して、errdisable 検出をイネーブルにするには、 errdisable detect cause グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。errdisable 検出機能をディセーブルにする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

errdisable detect cause { all | arp-inspection | dhcp-rate-limit | gbic-invalid | l2ptguard | link-flap | loopback | pagp-flap | small-frame }

no errdisable detect cause { all | arp-inspection | dhcp-rate-limit | gbic-invalid | l2ptguard | link-flap | pagp-flap | small-frame }


) コマンドライン インターフェイスでは表示されますが、既存のブロードキャスト ストーム ディセーブル機能が小さなフレームを正しく制御できるので、small-frame キーワードは必要ありません。


 
構文の説明

all

すべての errdisable の原因に対して、エラー検出をイネーブルにします

arp-inspection

ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査のエラー検出をイネーブルにします。

dhcp-rate-limit

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)スヌーピング用のエラー検出をイネーブルにします。

gbic-invalid

無効な Gigabit Interface Converter(GBIC; ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュール用のエラー検出をイネーブルにします。

(注) このエラーは、無効な Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)モジュールを意味します。

l2ptguard

レイヤ 2 プロトコル トンネルの errdisable 原因に対して、エラー検出をイネーブルにします。

link-flap

リンクステートのフラップに対して、エラー検出をイネーブルにします。

loopback

検出されたループバックに対して、エラー検出をイネーブルにします。

pagp-flap

Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)フラップの errdisable 原因のエラー検出をイネーブルにします。

small-frame

スイッチでは、この機能は不要です。

 
デフォルト

検出はすべての原因に対してイネーブルです。VLAN ごとの errdisable を除くすべての原因について、ポート全体をシャットダウンするように設定されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

原因( all dhcp-rate-limit など)は、errdisable ステートが発生した理由です。原因がインターフェイスで検出された場合、インターフェイスは errdisable ステートとなり、リンクダウン ステートに類似した動作ステートとなります。

ポートが errdisable になっているときは事実上シャットダウンし、トラフィックはポートで送受信されません。BPDU ガード機能およびポートセキュリティ機能の場合は、違反の発生時にポート全体をシャットダウンする代わりに、ポートで問題となっている VLAN だけをシャットダウンするようにスイッチを設定できます。

原因に対して errdisable recovery グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して、原因の回復メカニズムを設定する場合は、すべての原因がタイムアウトになった時点で、インターフェイスは errdisable ステートから抜け出して、処理を再試行できるようになります。回復メカニズムを設定しない場合は、まず shutdown コマンドを入力し、次に no shutdown コマンドを入力して、インターフェイスを手動で errdisable ステートから回復させる必要があります。

次の例では、リンクフラップ errdisable 原因に対して errdisable 検出をイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# errdisable detect cause link-flap
 

設定を確認するには、 show errdisable detect 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show errdisable detect

errdisable 検出情報を表示します。

show interfaces status err-disabled

インターフェイスのステータスまたは errdisable ステートにあるインターフェイスのリストを表示します。

errdisable recovery

回復メカニズムの変数を設定するには、 errdisable recovery グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

errdisable recovery { cause { all | arp-inspection | bpduguard | channel-misconfig | dhcp-rate-limit | gbic-invalid | l2ptguard | link-flap | loopback | pagp-flap | psecure-violation | security-violation | small-frame | udld | unicast-flood | vmps } | { interval interval }

no errdisable recovery { cause { all | arp-inspection | bpduguard | channel-misconfig | dhcp-rate-limit | gbic-invalid | l2ptguard | link-flap | loopback | pagp-flap | psecure-violation | security-violation | small-frame | udld | unicast-flood | vmps } | { interval interval }


storm-control キーワードおよび unicast-flood キーワードはコマンドラインのヘルプ ストリングに表示されますが、サポートされていません。small-frame キーワードは、ブロードキャスト ストーム ディセーブル機能が小さなフレームを処理するため、使用されません


 
構文の説明

cause

特定の原因から回復するように errdisable メカニズムをイネーブルにします。

all

すべての errdisable の原因から回復するタイマーをイネーブルにします。

bpduguard

Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)ガード errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

arp-inspection

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査による errdisable ステートから回復するためのタイマーをイネーブルにします。

channel-misconfig

EtherChannel の設定矛盾による errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

dhcp-rate-limit

DHCP スヌーピング errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

gbic-invalid

Gigabit Interface Converter(GBIC; ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュールを無効な errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

(注) このエラーは無効な Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)の errdisable ステートを意味します。

l2ptguard

レイヤ 2 プロトコル トンネルによる errdisable ステートから回復するためのタイマーをイネーブルにします。

link-flap

リンクフラップ errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

loopback

ループバック errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

pagp-flap

Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)フラップ errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

psecure-violation

ポート セキュリティ違反ディセーブル ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

security-violation

IEEE 802.1x 違反ディセーブル ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

small-frame

このキーワードは使用されません。

udld

UniDirectional Link Detection(UDLD; 単方向リンク検出)errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

unicast-flood

ユニキャスト フラッディング ディセーブル ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

vmps

VLAN Membership Policy Server(VMPS; VLAN メンバシップ ポリシー サーバ)errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

interval interval

指定された errdisable ステートから回復する時間を指定します。指定できる範囲は 30 ~ 86400 秒です。すべての原因に同じ間隔が適用されます。デフォルト間隔は 300 秒です。

(注) errdisable recovery のタイマーは、設定された間隔値からランダムな差で初期化されます。実際のタイムアウト値と設定された値の差は、設定された間隔の 15% まで認められます。

 
デフォルト

すべての原因に対して回復はディセーブルです。

デフォルトの回復間隔は 300 秒です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

原因( all bpduguard など)は、errdisable ステートが発生した理由として定義されます。原因がインターフェイスで検出された場合、インターフェイスは errdisable ステート(リンクダウン ステートに類似した動作ステート)となります。その原因の errdisable 回復をイネーブルにしない場合、 shutdown および no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力するまで、インターフェイスは errdisable ステートのままです。原因の回復をイネーブルにした場合、インターフェイスは errdisable ステートから回復し、すべての原因がタイムアウトになったときに処理を再開できるようになります。

原因の回復をイネーブルにしない場合、まず shutdown コマンドを入力し、次に no shutdown コマンドを入力して、手動でインターフェイスを errdisable ステートから回復させる必要があります

次の例では、BPDU ガード errdisable 原因に対して回復タイマーをイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# errdisable recovery cause bpduguard
 

次の例では、タイマーを 500 秒に設定する方法を示します。

Switch(config)# errdisable recovery interval 500
 

設定を確認するには、 show errdisable recovery 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show errdisable recovery

errdisable の回復タイマー情報を表示します。

show interfaces status err-disabled

インターフェイスのステータスまたは errdisable ステートにあるインターフェイスのリストを表示します。

 

ethernet dot1ad

IEEE 802.1ad ポートを設定するには、 ethernet dot1ad インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。802.1ad ポートをディセーブルにするには、コマンドの no 形式を使用します。

ethernet dot1ad { nni | uni { c-port | s-port | c-port isolate | s-port isolate}}

no ethernet dot1ad

 
構文の説明

nni

ネットワーク ネットワーク インターフェイス(NNI)ポートを設定します。

uni

ユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)ポートを設定します。

c-port

dot1ad UNI のカスタマー ブリッジ ポートを設定します。

s-port

dot1ad UNI の S ブリッジ ポートを設定します。

c-port isolate

dot1ad C-UNI ポートを分離することでスプリット ホライズンを設定します。

s-port isolate

dot1ad S-UNI ポートを分離することでスプリット ホライズンを設定します。

 
デフォルト

802.ad ポートは設定されません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(54)SE

このコマンドが追加されました。

12.2(55)SE

isolate キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

802.1ad UNI ポート コマンドは一般に、カスタマー デバイスとインターフェイスするプロバイダー エッジ スイッチのポートで使用します。S ブリッジ UNI ポートの場合、カスタマー デバイス スイッチ ポートをトランク ポートとして設定し、PE デバイスとインターフェイスする S ブリッジ UNI をアクセス ポートとして設定します。802.1ad S ブリッジ UNI ポートは、プロバイダー ネットワーク内のカスタマー C-VLAN のセットに対し、all-to-one バンドリング機能を提供します。

802.1ad C ブリッジ UNI ポートは、カスタマー VLAN に対し、選択的バンドリング機能と all-to-one バンドリング機能を提供します。

エンドツーエンド レイヤ 2 プロトコル トンネリングを実現するには、802.1ad プロバイダークラウド内のすべての相互接続トランク リンクに 802.1ad NNI を設定する必要があります。

ポートがすでに 802.1ad ポート タイプに設定されている場合、分離された C-UNI または S-UNI ポートとして設定できません。ただし、ethernet dot1ad インターフェイス コマンドを使用して、分離された dot1ad ポートを分離れていない S-UNI または C-UNI ポートに変更できます。

S-UNI または分離された S-UNI ポートはアクセス ポートである必要があります。C-UNI または分離された C-UNI ポートは、アクセス ポートまたはトランク ポートにすることができます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2protocol

レイヤ 2 BPDU を処理または転送するようにポートを設定します。

show ethernet dot1ad

スイッチの 802.1ad ポート設定を表示します。

 

ethernet evc

イーサネット仮想接続(EVC)を定義し、EVC コンフィギュレーション モードを開始するには、 ethernet evc グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。EVC を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ethernet evc evc-id

no ethernet evc evc-id

 
構文の説明

evc-id

EVC ID。1 ~ 100 文字の文字列を設定できます。

 
デフォルト

EVC は定義されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ethernet evc evc-id コマンドを入力すると、スイッチは EVC コンフィギュレーション モードを開始して、次のコンフィギュレーション コマンドが利用可能になります。

default EVC をデフォルト ステートに設定します。

exit :EVC コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

no :コマンドを無効にするか、コマンドをデフォルト設定に戻します。

oam protocol cfm svlan :イーサネットの運用管理および保守(OAM)プロトコルを IEEE 802.1ag の接続障害管理(CFM)として設定し、パラメータを設定します。 oam protocol cfm svlan コマンドを参照してください。

uni count :EVC の UNI カウントを設定します。 uni count コマンドを参照してください。

次の例では、EVC を定義して EVC コンフィギュレーション モードを開始する方法を示します。

Switch(config)# ethernet evc test1
Switch(config-evc)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

service instance id ethernet evc-id

イーサネット サービス インスタンスを設定し、EVC を適用します。

show ethernet service evc

設定された EVC に関する情報を表示します。

ethernet lmi

イーサネット ローカル管理インターフェイス(E-LMI)をイネーブルにし、スイッチをプロバイダー エッジ(PE)またはカスタマー エッジ(CE)デバイスとして設定するには、 ethernet lmi グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。E-LMI をグローバルにディセーブルにしたり、E-LMI CE をディセーブルにしたりするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ethernet lmi { ce | global }

no ethernet lmi { ce | global }

 
構文の説明

ce

スイッチを E-LMI CE デバイスとしてイネーブルにします。

(注) イーサネット LMI はデフォルトでディセーブルです。E-LMI は CE モードでイネーブルにするだけではなく、グローバルにまたはインターフェイスでもイネーブルにする必要があります。

global

スイッチで E-LMI をグローバルにイネーブルにします。デフォルトでは、スイッチは PE デバイスです。

 
デフォルト

イーサネット LMI はディセーブルです。global キーワードを使用してイネーブルにされた場合、デフォルトでは、スイッチは PR デバイスです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

E-LMI をグローバルにイネーブルにするには、 ethernet lmi global コマンドを使用します。E-LMI CE デバイスとしてスイッチをイネーブルにするには、 ethernet lmi ce コマンドを使用します。

イーサネット LMI はインターフェイスではデフォルトでディセーブルであり、 ethernet lmi interface インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力して、明示的にイネーブルにする必要があります。 ethernet lmi global コマンドはデバイス全体のすべてのインターフェイスにおいて、PE モードでイーサネット LMI をイネーブルにします。このコマンドの利点は、各インターフェイスでイーサネット LMI を個別にイネーブルにする代わりに 1 種類のコマンドですべてのインターフェイスのイーサネット LMI をイネーブルにできることです。CE モードでインターフェイスをイネーブルにするには、 ethernet lmi ce グローバル コンフィギュレーション コマンドも入力する必要があります。

ethernet lmi global コマンドを入力したあとで、特定のインターフェイスで E-LMI をディセーブルにするには、 no ethernet lmi interface インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力します。

ethernet lmi interface インターフェイス コンフィギュレーション コマンドと ethernet lmi global グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力する順序が重要です。最後に入力されたコマンドが前に入力されたコマンドを上書きします。


ethernet lmi インターフェイス コンフィギュレーション コマンドの詳細については、次の URL で『Cisco IOS Carrier Ethernet Command Reference』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/cether/command/reference/ce_book.html


スイッチを E-LMI CE デバイスとしてイネーブルにするには、 ethernet lmi global コマンドおよび ethernet lmi ce コマンドの両方を入力します。デフォルトでは E-LMI はディセーブルです。E-LMI をイネーブルにしても ethernet lmi ce コマンドを入力しない限り、スイッチは PE モードです。

スイッチを E-LMI CE デバイスとして設定すると、次のインターフェイス コンフィギュレーション コマンドとキーワードが表示されますが、サポートされていません。

service instance

ethernet uni

ethernet lmi t392

次の例では、スイッチを E-LMI CE デバイスとして設定する方法を示します。

Switch(config)# ethernet lmi global
Switch(config)# ethernet lmi ce

 
関連コマンド

コマンド
説明

ethernet lmi インターフェイス コンフィギュレーション コマンド

ユーザネットワーク インターフェイスの E-LMI をイネーブルにします。

ethernet lmi ce-vlan map

イーサネット ローカル管理インターフェイス(E-LMI)パラメータを設定するには、 ethernet lmi ce-vlan map イーサネット サービス コンフィギュレーション コマンドを使用します。コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ethernet lmi ce-vlan map { vlan-id | any | default | untagged}

no ethernet lmi ce-vlan map { vlan-id | any | default | untagged}

 
構文の説明

vlan-id

マッピングする 1 つ以上のカスタマー VLAN ID を入力します。単一の VLAN ID(範囲は 1 ~ 4094)、ハイフンで区切られた VLAN ID の範囲、またはカンマで区切った一連の VLAN ID を入力できます。

any

すべての VLAN(タグ付けされていない VLAN および 1 ~ 4094 の VLAN)をマッピングします。

default

デフォルトのサービス インスタンスにマッピングします。 default キーワードは、すでにサービス インスタンスを 1 つの VLAN または VLAN のグループにマッピングしている場合にだけ使用できます。

untagged

タグ付けされていない VLAN のみをマッピングします。

 
デフォルト

E-LMI マッピング パラメータは定義されていません。

 
コマンド モード

イーサネット サービス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

特定の User-Network Interface(UNI; ユーザネットワーク インターフェイス)の E-LMI カスタマー VLAN から EVC へのマッピングを設定するには、このコマンドを使用します。

VLAN マッピングが設定された ME-3400E インターフェイスでは、 ethernet lmi ce-vlan map vlan-id サービス インスタンス コンフィギュレーション モード コマンドを入力するときに、カスタマー VLAN ID(C-VLAN)値を使用します。サービス プロバイダー VLAN ID(S-VLAN)は使用しないでください。

ethernet uni { bundle [ all-to-one ] | multiplex } インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力して設定されたバンドル特性に E-LMI マッピング パラメータが関連付けられます。

デフォルト UNI 属性(バンドルおよび多重化)の使用では、複数の EVC および複数の VLAN がサポートされます。

ethernet uni bundle コマンドの入力では、1 つ以上の VLAN を持つ 1 つの EVC だけがサポートされます。

ethernet uni bundle all-to-one コマンドの入力では、複数の VLAN がサポートされますが、EVC は 1 つだけサポートされます。 ethernet lmi ce-vlan map any イーサネット サービス コンフィギュレーション コマンドを使用する場合、事前に all-to-one バンドルをインターフェイスで設定する必要があります。

ethernet uni multiplex コマンドの入力では、EVC ごとに VLAN を 1 つだけ持つ、複数の EVC がサポートされます。

次の例では、E-LMI カスタマー VLAN から EVC へのマッピングを設定し、インターフェイスのサービス インスタンス 333 にあるカスタマー VLAN 101 に EVC test をマッピングする方法を示します。

Switch(config-if)# service instance 333 ethernet test
Switch(config-if-srv)# ethernet lmi ce-vlan map 101

 
関連コマンド

コマンド
説明

service instance id ethernet

イーサネット サービス インスタンスを定義し、イーサネット サービス コンフィギュレーション モードを開始します。

show ethernet service instance

設定されたイーサネット サービス インスタンスに関する情報を表示します。

ethernet loopback(インターフェイス コンフィギュレーション)

複数のスイッチ間での接続をテストするためのポート単位のループバックを設定するには、 ethernet loopback facility インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。Quality of Service(QoS)をテストするには、 ethernet loopback terminal インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ethernet loopback facility [ vlan vlan-list ] [ mac-address { swap | copy }] [ timeout { seconds | none }] supported

ethernet loopback terminal [ mac-address { swap | copy }] [ timeout { seconds | none }] supported

no ethernet loopback

 
構文の説明

facility

接続テストのためのファシリティ ループバックを設定します。

vlan vlan-list

中断のないループ バックテストのための VLAN ループバックを設定します。

terminal

QoS のテストのターミナル ループバックを設定します。

mac-address swap

ループバック処理のため送信元 MAC アドレスと宛先 MAC アドレスを入れ替えるようスイッチを設定します。

mac-address copy

ループバック処理のため送信元 MAC アドレスと宛先 MAC アドレスをコピーするようスイッチを設定します。

timeout seconds

秒単位でのループバック タイムアウト時間を設定します。指定できる範囲は 5 ~ 300 秒です。デフォルトは 60 秒です。

timeout none

ループバックがタイムアウトしないように設定します。

supported

設定されたループバックをサポートするように指定します。

 
デフォルト

ループバックは設定されません。 mac-address オプションが設定されていない場合、デフォルトでは送信元および宛先アドレスがコピーされます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

12.2(50)SE

vlan および terminal キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

イーサネット ループバックは、VLAN またはポート チャネルではなく、物理ポートでだけ設定できます。

ファシリティ ループバックにより、ポートでは、通常のトラフィックに対してリンクはアップ状態になりますが、ライン プロトコルはダウン状態になります。スイッチにより、すべての受信トラフィックはループバックされます。

キーワード vlan vlan-list を入力して VLAN ループバックを設定すると、ポートのその他の VLAN では引き続き正常にスイッチが行われるため、処理を中断させずにループバック テストできます。

ループバックは、ポートのシャットダウンやスイッチ ポートからルーテッド ポートへの変更などのポート イベント後に終了します。

ターミナル ループバックの場合、ソフトウェアでは、ポートはアップ状態であるがリンクはダウン状態であると認識され、パケットは送信されません。ポートの設定変更は、ループバックされているトラフィックに即座に影響を与えます。

ポート 1 つにつきループバックを 1 つ設定でき、スイッチ 1 つにつきループバックを 2 つまで設定できます。スイッチ 1 つにつきターミナル ループバックは 1 回だけ設定できます。そのため、1 台のスイッチに、1 個のファシリティ ループバックと 1 個のターミナル ループバックか、2 個のファシリティ ループバックを設定できます。

他の機能とのイーサネット ループバックの相互作用:

SPAN とループバックは同じスイッチで同時に設定できません。いずれかのポートにループバックが設定されている場合に任意のポートに SPAN を設定しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

ポート ループバック機能は、VLAN マッピング機能とハードウェア リソースを共有します。ループバックを設定しようとするとき、VLAN マッピング設定のために十分な TCAM リソースが使用できない場合、エラー メッセージを受信し、設定は許可されません。

ループバックがポート上でアクティブな場合、そのポートを Flex Link ペアまたは EtherChannel に追加できません。

イーサネット ループバックを設定したら、ループバックを開始するために ethernet loopback start interface-id 特権 EXEC コマンドを入力します。ループ バックを停止するには、 ethernet loopback stop { interface-id | all } コマンドを入力します。

次に、宛先 MAC アドレスおよび送信元 MAC アドレスをスワップし、30 秒後にタイムアウトし、ループバック プロセスを開始して、設定を確認するようイーサネット ループバックを設定する方法の例を示します。設定する前に処理を確認する必要があります。

Switch(config)# interface gigabitethernet 0/1
Switch(config-if)# ethernet loopback facility mac-address swap timeout 30 supported
Switch(config-if)# end
Switch# ethernet loopback start gigabitethernet 0/1
This is an intrusive loopback.
Therefore, while you test Ethernet connectivity,
you will be unable to pass traffic across that link.
Proceed with Local Loopback?[confirm]
 
Switch# show ethernet loopback
=====================================
Loopback Session 0 : Interface GI0/1
Direction : facility
Type : port
Status : active
MAC Mode : swap
Time out : 30
Time remaining : 25 seconds
 

また、2 番めのインターフェイスに中断のないループバックを設定する例を示します。

Switch(config)# interface fastethernet0/1
Switch(config-if)# ethernet loop facility mac-address swap timeout none supported
Switch(config-if)# exit
Switch(config-if)# interface fastethernet0/2
Switch(config-if)# ethernet loop facility vlan 3 mac-address copy timeout 100 supported
switch(config-if)# switch mode trunk
Switch(config-if)# exit
switch(config)# vlan 3
switch(config-vlan)# end
 
Switch# show ethernet loopback
=====================================
Loopback Session 0 : Interface Fa0/1
Direction : facility
Type : port
Status : configured
MAC Mode : swap
Time out : none
=====================================
Loopback Session 1 : Interface Fa0/2
Direction : facility
Type : vlan
Status : configured
MAC Mode : copy
Vlan : 3
Time out : 100
 

次に、2 つのインターフェイスでイーサネット ループバック機能設定を削除して、1 つのインターフェイスでイーサネット ターミナル ループバックを設定する例を示します。

Switch(config)# interface fastethernet 0/1
switch(config-if)# no ethernet loopback
switch(config-if)# interface fastethernet 0/2
switch(config-if)# no ethernet loopback
switch(config-if)# exit
switch(config)# default interface range fastethernet 0/1-2
switch(config)# interface fastethernet 0/1
switch(config-if)# ethernet loop terminal mad-address swap timeout 300 supported
switch(config-if)# end
 
Switch# show ethernet loopback
=====================================
Loopback Session 0 : Interface Fa0/1
Direction : terminal
Type : port
Status : configured
MAC Mode : swap
Time out : 300

 
関連コマンド

コマンド
説明

ethernet loopback(特権 EXEC)

インターフェイス上のイーサネット ループバック操作を開始または停止します。

show ethernet loopback

スイッチまたは指定したインターフェイスに設定されたイーサネット ループバックを表示します。

ethernet loopback(特権 EXEC)

インターフェイスでイーサネット ループバック機能を開始または停止するには、 ethernet loopback 特権 EXEC コマンドを使用します。

ethernet loopback { start interface-id | stop { interface-id | all }}

 
構文の説明

start

インターフェイスに設定されているイーサネット ループバック操作を開始します。

stop

イーサネット ループバック操作を停止します。

interface-id

ループバック操作を開始または停止するインターフェイスを指定します。

all

スイッチ上のすべてのイーサネット ループバック操作を停止します。このキーワードは、 stop キーワードの後にのみ使用できます。

 
デフォルト

デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

イーサネット ループバック操作を開始または停止する前に、 ethernet loopback インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力して、インターフェイス上でイーサネット ループバックを設定する必要があります。ループバックを開始すると、警告メッセージが表示されます。

物理ポートに対してのみ、イーサネット ループバックを設定して ethernet loopback start コマンドまたは ethernet loopback stop コマンドを入力できます。VLAN やポート チャネルに対してはこれらを行うことはできません。

非トランク インターフェイスでは VLAN ループバックを開始できません。ルーテッド インターフェイスではターミナル ループバックを開始できません。

ポート 1 つにつきループバックを 1 つのみ設定でき、スイッチ 1 つにつきループバックを 2 つまで設定できます。スイッチ 1 つにつきターミナル ループバックは 1 回だけ設定できます。

次に、ファシリティ ポート ループバック プロセスを開始し、検証して停止する例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet 0/1
Switch(config-if)# ethernet loopback facility mac-address swap timeout 30 supported
Switch(config-if)# end
Switch# ethernet loopback start gigabitethernet 0/1
This is an intrusive loopback.
Therefore, while you test Ethernet connectivity,
you will be unable to pass traffic across that link.
Proceed with Local Loopback?[confirm]
Switch# show ethernet loopback
=====================================
Loopback Session 0 : Interface Gi0/1
Direction : facility
Type : port
Status : active
MAC Mode : swap
Time out : 30
Time remaining : 25 seconds
 
Switch# ethernet loop stop all
 
Dec 4 11:18:44.083: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet0/1, changed state to up
 
Switch# show ethernet loopback
=====================================
Loopback Session 0 : Interface Gi0/1
Direction : facility
Type : port
Status : configured
MAC Mode : swap
Time out : 30
 

次に、VLAN の非侵入型ループバック プロセスを開始する例を示します。

Switch# ethernet loop start fastethernet 0/2
This is a non-intrusive loopback.
Therefore, while you test Ethernet connectivity on vlan 3, you will be unable to pass traffic across it, however, other vlans will be unaffected.
Proceed with Local Loopback?[confirm]
 
Switch# show ethernet loopback
=====================================
Loopback Session 1 : Interface Fa0/2
Direction : facility
Type : vlan
Status : active
MAC Mode : copy
Vlan : 3
Time out : 100
Time remaining : 94 seconds

 
関連コマンド

コマンド
説明

ethernet loopback(インターフェイス コンフィギュレーション)

インターフェイス上のイーサネット ループバック操作を設定します。

show ethernet loopback

スイッチまたは指定したインターフェイスに設定されたイーサネット ループバックを表示します。

ethernet oam remote-failure

Ethernet Operation, administration, and Maintenance(EOM)リモート障害表示を設定するには、 ethernet oam remote-failure インターフェイス コンフィギュレーションまたはコンフィギュレーション テンプレート コマンドを使用します。コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ethernet oam remote-failure { critical-event | dying-gasp | link-fault } action error-disable-interface

no ethernet oam remote-failure { critical-event | dying-gasp | link-fault } action

 
構文の説明

critical-event

未指定のクリティカルなイベントが発生したとき、インターフェイスを errdisable モードにするようにスイッチを設定します。

dying-gasp

回復不能な状態が発生したとき、インターフェイスを errdisable モードにするようにスイッチを設定します。

link-fault

レシーバが電力の損失を検出すると errdisable モードにインターフェイスを変更するようにスイッチを設定します。

 
デフォルト

設定テンプレート

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド モード

イーサネット サービス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、イーサネット OAM テンプレートおよびインターフェイスに適用できます。インターフェイスの設定はテンプレートの設定よりも優先されます。OAM テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、 template template-name グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

Cisco ME スイッチは、Link Fault と Critical Event OAM PDU を生成しません。ただし、スイッチがこれらの PDU をリンクの相手方から受信した場合は処理します。イーサネット OAM がディセーブルのとき、インターフェイスがシャットダウンしたとき、インターフェイスが errdisable ステートになったとき、またはスイッチがリロードしているときに、スイッチは Dying Gasp OAM PDU の生成と受信をサポートします。また、スイッチは電源喪失に基づいた Dying Gasp PDU を生成し、受信できます。PDU には、PDU が送信された理由を示す原因コードが含まれています。

リモート リンクがダウンした場合、リモート デバイスがディセーブルになった場合、またはリモート デバイスがインターフェイス上のイーサネット OAM をディセーブルにした場合に、errdisable アクションを発生させるように設定できます。

イーサネット OAM プロトコルのコマンドと設定情報の詳細については、次の URL の『 Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/cether/configuration/guide/12_2sr/ce_12_2sr_book.html

他の CFM コマンドおよびイーサネット OAM コマンドについては、『 Cisco IOS Carrier Ethernet Command Reference 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/cether/command/reference/ce_book.html

次に、回復不能なエラーが発生した場合のためのリモート障害表示のイーサネット OAM テンプレート設定方法、およびインターフェイスへの適用方法の例を示します。

Switch(config)# template oam1
Switch(config-template)# ethernet oam remote-failure dying-gasp action error-disable interface
Switch(config-template)# exit
Switch(config)# interface gigabitethernet 0/1
Switch(config-if)# source template oam1
Switch(config-if)# exit
 

次に、回復不能なエラーが発生した場合のイーサネット OAM リモート障害表示を 1 つのインターフェイスに設定する例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet 0/1
Switch(config-if)# ethernet oam remote-failure dying-gasp action error-disable interface
Switch(config-if)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ethernet oam status [ interface interface-id ]

すべてのインターフェイスまたは指定されたインターフェイス上に設定済みのイーサネット OAM リモート障害条件を表示します。

ethernet uni

UNI バンドル属性を設定するには、 ethernet uni インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトのバンドル設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ethernet uni { bundle [ all-to-one ] | multiplex }

no ethernet uni { bundle | multiplex }

 
構文の説明

bundle

多重化しないでバンドルをサポートするように UNI を設定します。このサービスは、1 つまたは複数のカスタマー エッジ(CE)VLAN ID が EVC にマッピングされた UNI で、1 つのイーサネット仮想接続(EVC)のみをサポートします。

all-to-one

(任意)UNI において、すべての CE VLAN がマッピングされた 1 つの EVC によるバンドルをサポートするように UNI を設定します。

multiplex

バンドルしないで多重化をサポートするように UNI を設定します。UNI には、それぞれに 1 つの CE VLAN ID がマッピングされた 1 つ以上の EVC を設定できます。

 
デフォルト

バンドルまたは多重化属性が設定されていない場合、デフォルトは多重化によるバンドリングです。その場合、UNI には、それぞれに 1 つ以上の CE VLAN VLAN がマッピングされた 1 つ以上の EVC を設定できます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

UNI 属性によって、VLAN のバンドル、EVC の多重化、およびこれらの組み合わせについてのインターフェイスの機能が決定されます。

UNI にバンドルと多重化両方のサービスを行わせたい場合、バンドルまたは多重化を設定する必要はありません。バンドルまたは多重化だけする場合、これを適切に設定する必要があります。

UNI サービス タイプを設定、変更、削除する場合、EVC および CE-VLAN ID 設定をチェックして、コンフィギュレーションと UNI サービス タイプが一致していることを確認します。設定が一致しない場合、コマンドは拒否されます。

ethernet lmi ce-vlan map any サービス コンフィギュレーション コマンドを使用する場合、事前に all-to-one バンドルをインターフェイスで設定する必要があります。詳細については、 ethernet lmi ce-vlan map を参照してください。

次に、多重化しないでバンドルを設定する例を示します。

Switch(config-if)# ethernet uni bundle
 

UNI サービス タイプを確認するには、 show ethernet service interface detail 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ethernet service interface

サービス タイプなど、インターフェイスのイーサネット サービス インスタンスに関する情報を表示します。

ethernet uni id

ユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)ID を作成するには、 ethernet uni インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。UNI ID を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ethernet uni id name

no ethernet uni id

 
構文の説明

name

イーサネット UNI ID を識別します。同じサービス インスタンスに属するすべての UNI の名前はそれぞれ、一意である必要があります。名前の長さは 64 文字までです。

 
デフォルト

UNI ID は作成されません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポートに UNI ID を設定すると、その ID はポートに設定されたすべてのメンテナンス エンド ポイント(MEP)のデフォルトの名前として使用されます。

カスタマー エッジ(CE)デバイスに直接接続されているすべてのポートで ethernet uni id name コマンドを入力する必要があります。指定された ID がデバイス上で一意でない場合は、エラー メッセージが表示されます。

次に、一意の UNI を識別する方法を示します。

Switch(config-if)# ethernet uni id test2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ethernet service interface

サービス タイプなど、インターフェイスのイーサネット サービス インスタンスに関する情報を表示します。

exceed-action

認定情報レート(CIR)または最大情報レート(PIR)の適合レートと、適合レートに超過バーストを加えたレートの間のレートのパケットに対するポリシーマップ クラスに複数のアクションを設定するには、 exceed-action ポリシーマップ クラス ポリシング コンフィギュレーション コマンドを使用します。アクションをキャンセルしたり、デフォルト アクションに戻したりする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

exceed-action { drop | set-cos-transmit { new-cos-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-dscp-transmit { new-dscp-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-prec-transmit { new-precedence-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-qos-transmit qos-group-value | transmit ]}

no exceed-action { drop | set-cos-transmit { new-cos-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-dscp-transmit { new-dscp-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-prec-transmit { new-precedence-value | [ cos | dscp | precedence ] [ table table-map name ]} | set-qos-transmit qos-group-value | transmit ]}

 
構文の説明

drop

パケットをドロップします。

set-cos-transmit new-cos-value

パケットの新しいサービス クラス(CoS)値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 CoS 値に指定できる範囲は 0 ~ 7 です。

set-dscp-transmit new-dscp-value

パケットの新しい DiffServ コード ポイント(DSCP)値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 DSCP 値に指定できる範囲は 0 ~ 63 です。

set-prec-transmit new-precedence-value

パケットの新しい IP precedence 値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 IP precedence 値に指定できる範囲は 0 ~ 7 です。

set-qos-transmit qos-group-value

パケットの新しい Quality of Service(QoS)グループ値を設定し、パケットを送信します。これにより、マーキング アクションの to - type が指定されます。新規 QoS 値に指定できる範囲は 0 ~ 99 です。

cos

(任意)着信パケットの CoS 値に基づき上記のキーワードに指定されているパケット マーキングを設定し、パケットを送信します。これにより、拡張パケットマーキング アクションの from - type が指定されます。

dscp

(任意)着信パケットの DSCP 値に基づき上記のキーワードに指定されているパケット マーキングを設定し、パケットを送信します。これにより、拡張パケットマーキング アクションの from - type が指定されます。

precedence

(任意)着信パケットの IP precedence 値に基づき上記のキーワードに指定されているパケット マーキングを設定し、パケットを送信します。これにより、拡張パケットマーキング アクションの from - type が指定されます。

table table-map name

(任意)上記の from-type キーワードとともに使用します。拡張パケット マーキングに使用するテーブル マップを指定します。このテーブル マップを使用して、アクションの from-type パラメータに基づき、アクションの to-type がマーキングされます。

transmit

(任意)パケットを変更せずに送信します。

 
デフォルト

デフォルトのアクションは、パケットのドロップです。

 
コマンド モード

ポリシーマップ クラス ポリシング設定

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

パケット レートが、設定された適合レートと、適合レートに超過バーストを加えた値の間にある場合に、パケットに対する超過アクションを設定します。

適合アクションが drop に設定されている場合、超過アクションおよび違反アクションは自動的に drop に設定されます。超過アクションが drop に設定されている場合、違反アクションは自動的に drop に設定されます。

超過アクションは、パケットの変更なしでの送信、明示値を使用したマーキング、および拡張パケット マーキングのすべての組み合わせの使用に設定できます。拡張パケット マーキングによって、任意の着信 QoS マーキングおよびテーブル マップに基づいて QoS マーキングを変更できます。スイッチでは、同じクラスに複数の QoS パラメータをマーキングし、同時に conform-action、exceed-action、violate-action マーキングを行う機能もサポートされています。

ポリシーマップ クラス ポリシング コンフィギュレーション モードにアクセスするには、 police ポリシーマップ クラス コマンドを入力します。詳細については、 police コマンドを参照してください。

トラフィック クラスに 1 つ以上の超過アクションを設定するには、このコマンドを使用します。

次の例では、情報レートを 23000 ビット/秒(b/s)、バースト レートを 10000 bps に設定するポリシー マップで複数のアクションを設定する方法を示します。

Switch(config)# policy-map map1
Switch(config-pmap)# class class1
Switch(config-pmap-c)# police 23000 10000
Switch(config-pmap-c-police)# conform-action transmit
Switch(config-pmap-c-police)# exceed-action set-prec-transmit prec table policed-prec-table-map-name
Switch(config-pmap-c-police)# exit
 

設定を確認するには、 show policy-map 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

class

指定したクラスマップ名のトラフィック分類一致基準を定義します。

conform-action

CIR に適合するトラフィックに対して実行するアクションを定義します。

police

分類したトラフィックにポリサーを定義します。

policy-map

複数のポートに接続可能なポリシー マップを作成または変更して、サービス ポリシーを指定します。

show policy-map

QoS ポリシー マップを表示します。

violate-action

適合レートに超過バーストを加えたものよりも高いレートのトラフィックで実行されるアクションを定義します。

 

flowcontrol

インターフェイスの受信フロー制御ステートを設定するには、 flowcontrol インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。ある装置に対してフロー制御 send が動作可能でオンになっていて、接続のもう一方の側で輻輳が少しでも検出された場合は、休止フレームを送信することによって、リンクの相手側またはリモート装置に輻輳を通知します。ある装置に対してフロー制御 receive がオンで、休止フレームを受信した場合、データ パケットの送信は停止します。こうすることにより、輻輳期間中にデータ パケットの損失を防ぎます。

フロー制御をディセーブルにする場合は、 receive off キーワードを使用します。

flowcontrol receive { desired | off | on }


) Cisco ME スイッチはポーズ フレームのみを受信できます。


 
構文の説明

receive

インターフェイスがリモート装置からフロー制御パケットを受信できるかどうかを設定します。

desired

インターフェイスを、フロー制御パケットを送信する必要がある接続装置またはフロー制御パケットを送信する必要はないが送信することのできる接続装置とともに稼動させることができます。

off

接続装置がフロー制御パケットをインターフェイスへ送信する機能をオフにします。

on

インターフェイスを、フロー制御パケットを送信する必要がある接続装置またはフロー制御パケットを送信する必要はないが送信することのできる接続装置とともに稼動させることができます。

 
デフォルト

デフォルトは、 flowcontrol receive off に設定されています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このスイッチでは、送信フロー制御の休止フレームはサポートされません。ポートがユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)または拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)の場合、flowcontrol コマンドを使用する前に no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してインターフェイスをイネーブルにする必要があります。UNI と ENI は、デフォルトでディセーブルに設定されています。ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)はデフォルトでイネーブルです。

on および desired キーワードは同一の結果になることに注意してください。

flowcontrol コマンドを使用してポートが輻輳中にトラフィック レートを制御するよう設定する場合、フロー制御はポート上で次の条件のうちの 1 つに設定されます。

receive on または desired ポートはポーズ フレームを送信できませんが、ポーズ フレームを送信する必要がある装置、または送信可能な接続装置と連動できます。ポートでは、ポーズ フレームを受信できます。

receive off :フロー制御はどちらの方向にも動作しません。輻輳が生じても、リンクの相手側に通知はなく、どちら側の装置も休止フレームの送受信を行いません。

表 2-2 は、各設定の組み合わせによるローカル ポートおよびリモート ポート上のフロー制御の結果を示したものです。表は receive desired キーワードの使用時と receive on キーワードの使用時の結果が同一になることを前提としています。

 

表 2-2 フロー制御設定およびローカル/リモート ポート フロー制御解決

フロー制御設定
フロー制御解決
ローカル デバイス
リモート デバイス
ローカル デバイス
リモート デバイス

send off/receive on

send on/receive on

send on/receive off

send desired/receive on

send desired/receive off

send off/receive on

send off/receive off

受信だけ行います。

受信だけ行います。

受信だけ行います。

受信だけ行います。

受信だけ行います。

送受信を行いません。

送受信を行います。

送信だけ行います。

送受信を行います。

送信だけ行います。

受信だけ行います。

送受信を行いません。

send off/receive off

send on/receive on

send on/receive off

send desired/receive on

send desired/receive off

send off/receive on

send off/receive off

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

送受信を行いません。

次の例では、リモート ポートによってフロー制御がサポートされないようにローカル ポートを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# flowcontrol receive off
 

設定を確認するには、 show interfaces 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces

入出力フロー制御を含むスイッチのインターフェイス設定を表示します。

hw-module module logging onboard

オンボード障害ロギング(OBFL)をイネーブルにするには、 hw-module module logging onboard グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

hw-module module [ slot-number ] logging onboard [ message level level ]

no hw-module module [ slot-number ] logging onboard [ message level ]

 
構文の説明

slot-number

(任意)スロット番号は常に 1 で、ME-3400E には関連しません。

message level level

(任意)フラッシュ メモリに保存されるハードウェア関連のメッセージの重大度を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 7 です。1 が最も高い重大度です。

 
デフォルト

OBFL はイネーブルになっており、すべてのメッセージが表示されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OBFL はイネーブルにしておき、フラッシュ メモリに保存されたデータは消さないようにすることを推奨します。

OBFL データ ログ内のタイム スタンプを正確にするには、システム クロックを手動で設定するか、またはネットワーク タイム プロトコル(NTP)を使用して設定します。

message level level パラメータを入力しなければ、ハードウェア関連のすべてのメッセージがスイッチによって生成され、フラッシュ メモリに保存されます。

任意のスロット番号は常に 1 です。 hw-module modul e [ slot-number ] logging onboard [ message level level ] コマンドを入力することは、 hw-module module logging onboard [ message level level ] コマンドを入力することと同じです。

次に、スイッチ スタック上で OBFL をイネーブルにし、すべてのハードウェア関連のメッセージがフラッシュ メモリに保存されるように指定する例を示します。

Switch(config)# hw-module module logging onboard
 

次に、スイッチ上で OBFL をイネーブルにし、重大度 1 のハードウェア関連のメッセージだけがフラッシュ メモリに保存されるように指定する例を示します。

Switch(config)# hw-module module logging onboard message level 1
 

設定を確認するには、 show logging onboard 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear logging onboard

フラッシュ メモリ内の OBFL データを削除します。

show logging onboard

OBFL 情報を表示します。

 

interface port-channel

ポート チャネルの論理インターフェイスにアクセスしたり、作成したりするには interface port-channel グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。ポート チャネルを削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

interface port-channel port - channel-number

no interface port-channel port - channel-number

 
構文の説明

port-channel-number

ポート チャネル番号。指定できる範囲は 1 ~ 48 です。

 
デフォルト

ポート チャネル論理インターフェイスは定義されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

レイヤ 2 EtherChannel では、物理ポートをチャネル グループに割り当てる前にポートチャネル インターフェイスを作成する必要はありません。代わりに、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用できます。チャネル グループが最初の物理ポートを獲得すると、ポートチャネル インターフェイスは自動的に作成されます。最初にポートチャネル インターフェイスを作成する場合は、 channel-group-number port - channel-number と同じ番号にしても、新しい番号にしてもかまいません。新しい番号を使用した場合、 channel-group コマンドは動的に新しいポート チャネルを作成します。

interface port-channel コマンドの次に no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、レイヤ 3 のポート チャネルを作成できます。インターフェイスをチャネル グループに適用する前に、ポート チャネルの論理インターフェイスを手動で設定してください。

チャネル グループ内の 1 つのポート チャネルだけが許可されます。


注意 ポート チャネル インターフェイスをルーテッド ポートとして使用する場合、チャネル グループに割り当てられた物理ポート上のレイヤ 3 に、アドレスを割り当てないようにしてください。


注意 レイヤ 3 のポート チャネル インターフェイスとして使用されているチャネル グループの物理ポート上で、ブリッジ グループを割り当てることは、ループ発生の原因になるため行わないようにしてください。スパニングツリーもディセーブルにする必要があります。

interface port-channel コマンドを使用する場合は、次の注意事項に従ってください。

Cisco Discovery Protocol(CDP)を使用する場合には、これを物理ポートでだけ設定してください。ポート チャネル インターフェイスでは設定できません。


) CDP を使用できるのは、ネットワーク ノード インターフェイス(NNI)および拡張ネットワーク インターフェイス(ENI)上だけです。


EtherChannel のアクティブ メンバであるポートを IEEE 802.1x ポートとしては設定しないでください。まだアクティブになっていない EtherChannel のポートで IEEE 802.1x をイネーブルにしても、ポートは EtherChannel に加入しません。

設定の注意事項の一覧については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドの「Configuring EtherChannels」の章を参照してください。

次の例では、ポート チャネル番号 5 でポートチャネル インターフェイスを作成する方法を示します。

Switch(config)# interface port-channel 5
 

設定を確認するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドまたは show etherchannel channel-group-number detail 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-group

EtherChannel グループにイーサネット ポートを割り当てます。

show etherchannel

チャネルの EtherChannel 情報を表示します。

show running-config

動作設定を表示します。構文情報については、Cisco IOS Release 12.2 のコマンド リファレンス一覧ページへアクセスする次のリンクを使用します。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1835/prod_command_reference_list.html
「Cisco IOS Commands Master List, Release 12.2」を選択して、コマンドの項目へ移動します。

interface range

インターフェイス範囲コンフィギュレーション モードを開始し、複数のポートでコマンドを同時に実行するには、 interface range グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。インターフェイス範囲を削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

interface range { port-range | macro name }

no interface range { port-range | macro name }

 
構文の説明

port-range

ポート範囲。 port-range の有効値のリストについては、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

macro name

マクロ名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイス範囲コンフィギュレーション モードを開始して入力した、すべてのインターフェイスのパラメータは、その範囲内のすべてのインターフェイスに対する属性になります。

VLAN については、既存の VLAN Switch Virtual Interface(SVI; スイッチ仮想インターフェイス)でだけ interface range コマンドを使用することができます。VLAN の SVI を表示する場合は、 show running-config 特権 EXEC コマンドを入力します。表示されない VLAN は、 interface range コマンドで使用することはできません。 interface range コマンドのもとで入力したコマンドは、この範囲のすべての既存の VLAN SVI に適用されます。

あるインターフェイス範囲に対して行われた設定変更は、すべて NVRAM に保存されますが、 インターフェイス範囲 自体は NVRAM に保存されません。

インターフェイス範囲は 2 つの方法で入力できます。

最大 5 つまでのインターフェイス範囲を指定。

定義済みのインターフェイス範囲マクロ設定を指定。

範囲内のすべてのインターフェイスは同じタイプ、つまり、すべてがファスト イーサネット ポート、すべてがギガビット イーサネット ポート、すべてが EtherChannel ポート、またはすべてが VLAN のいずれかでなければなりません。ただし、各範囲をカンマ(,)で区切ることにより、1 つのコマンドで最大 5 つのインターフェイス範囲を定義できます。

port-range タイプおよびインターフェイスの有効値は次のとおりです。

vlan vlan-ID - vlan-ID (vlan ID の範囲は 1 ~ 4094)

fastethernet module /{ first port } - { last port }(module は常に 0

gigabitethernet module /{ first port } - { last port }(module は常に 0

物理インターフェイス

モジュールは常に 0 です。

指定できる範囲は、type 0/number - number です(例:gigabitethernet0/1 - 2)。

port-channel port-channel-number - port-channel-number port-channel-number は 1 ~ 48)


) ポート チャネルの interface range コマンドを使用した場合、範囲内の最初と最後のポート チャネル番号はアクティブなポート チャネルである必要があります。


範囲を定義するときは、最初の入力とハイフン(-)の間にスペースが必要です。

interface range gigabitethernet0/1 -2
 

範囲を複数定義するときでも、最初のエントリとカンマ(,)の間にスペースを入れる必要があります。

interface range fastethernet0/1 - 2, gigabitethernet0/1 - 2
 

同じコマンドでマクロとインターフェイス範囲の両方を指定することはできません。

port-range では単一のインターフェイスも指定できます(この場合、 interface interface-id グローバル コンフィギュレーション コマンドと同様)。


) インターフェイス範囲の設定の詳細については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください。


次の例では、 interface range コマンドを使用して、インターフェイス範囲コンフィギュレーション モードを開始し、2 つのポートにコマンドを入力する方法を示します。

Switch(config)# interface range gigabitethernet0/1 - 2
Switch(config-if-range)#
 

次の例では、同じ機能に対して 1 つのポート範囲マクロ macro1 を使用する方法を示します。この利点は、 macro1 を削除するまで再利用できることです。

Switch(config)# define interface-range macro1 gigabitethernet0/1 - 2
Switch(config)# interface range macro macro1
Switch(config-if-range)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

define interface-range

インターフェイス範囲のマクロを作成します。

show running-config

動作設定を表示します。構文情報については、Cisco IOS Release 12.2 のコマンド リファレンス一覧ページへアクセスする次のリンクを使用します。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1835/prod_command_reference_list.html
「Cisco IOS Commands Master List, Release 12.2」を選択して、コマンドの項目へ移動します。

interface vlan

スイッチ仮想インターフェイス(SVI)を作成、またはこれにアクセスし、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、 interface vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。SVI を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface vlan vlan-id

no interface vlan vlan-id

 
構文の説明

vlan-id

VLAN 番号。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

デフォルトの VLAN インターフェイスは VLAN 1 です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

SVI は、特定の VLAN に対して、初めて interface vlan vlan-id コマンドを入力したときに作成されます。 vlan-id は、IEEE 802.1Q カプセル化トランクのデータ フレームに関連付けられた VLAN タグ、またはアクセス ポートに設定された VLAN ID に相当します。


) 物理ポートと関連付けられていない場合、SVI を作成してもアクティブにはなりません。


no interface vlan vlan -id コマンドを入力して SVI を削除すると、削除されたインターフェイスは、それ以降、 show interfaces 特権 EXEC コマンドの出力には表示されません。


) VLAN 1 インターフェイスを削除することはできません。


削除した SVI は、削除したインターフェイスに対して interface vlan vlan-id コマンドを入力することで、元に戻すことができます。インターフェイスは復元しますが、以前の設定の大半は失われます。

スイッチ上で設定された SVI の数と、設定された他の機能の数の相互関係によっては、ハードウェア制限により、CPU 使用率に影響が出る可能性もあります。 sdm prefer グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用し、システムのハードウェア リソースを、テンプレートおよび機能テーブルに基づいて再度割り当てることができます。詳細については、 sdm prefer コマンドを参照してください。

次に、VLAN ID 23 を作成し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

Switch(config)# interface vlan 23
Switch(config-if)#
 

設定を確認するには、 show interfaces および show interfaces vlan vlan-id 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces vlan vlan-id

すべてのインターフェイスまたは指定の VLAN の管理ステータスおよび動作ステータスを表示します。

ip access-group

レイヤ 2 またはレイヤ 3 インターフェイスへのアクセスを制御するには、 ip access-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。インターフェイスからすべてまたは指定のアクセス グループを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。スイッチでメトロ IP アクセス イメージが稼動している場合、レイヤ 3 インターフェイスへのアクセスを制御することもできます。

ip access-group { access-list-number | name } { in | out }

no ip access-group [ access-list-number | name ] { in | out }

 
構文の説明

access-list-number

IP アクセス コントロール リスト(ACL)の番号です。指定できる範囲は、1 ~ 199 または 1300 ~ 2699 です。

name

ip access-list グローバル コンフィギュレーション コマンドで指定された IP ACL 名です。

in

入力パケットに対するフィルタリングを指定します。

out

発信パケットに対するフィルタリングを指定します。このキーワードは、レイヤ 3 のインターフェイス上に限り有効です。

 
デフォルト

アクセス リストは、インターフェイスには適用されません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

名前付きまたは番号付きの標準/拡張 IP アクセス リストをインターフェイスに適用できます。名前を付けてアクセス リストを定義するには、 ip access-list グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。番号付きアクセス リストを定義するには、 access list グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。1 ~ 99 および 1300 ~ 1999 の範囲の番号付き標準アクセス リスト、または 100 ~ 199 および 2000 ~ 2699 の範囲の番号付き拡張アクセス リストを使用できます。

スイッチは、レイヤ 3 サポートのため、メトロ IP アクセス イメージを実行している必要があります。

このコマンドを使用し、アクセス リストをレイヤ 2(ポート ACL)またはレイヤ 3 インターフェイスに適用できます。ただし、ポート ACL には、次のような制限があることに注意してください。

ACL は受信方向に対してだけ適用できます。 out キーワードはレイヤ 2 のインターフェイスでサポートされていません。

インターフェイスごとに 1 つの IP ACL と 1 つの MAC(メディア アクセス コントロール)ACL だけを適用できます。

ポート ACL はロギングをサポートしていないため、IP ACL で log キーワードを指定しても無視されます。

レイヤ 2 のインターフェイスに適用された IP ACL は、IP パケットだけをフィルタにかけます。非 IP パケットをフィルタリングするには、MAC 拡張 ACL とともに mac access-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ユーザは同一のスイッチ上で、ルータ ACL、入力ポート ACL、VLAN マップを使用できます。ただし、ポート ACL が常に優先されます。入力ポートの ACL と VLAN マップが両方適用されている場合、ポートの ACL が適用されたポート上で受信された着信パケットにはポート ACL のフィルタが適用されます。その他のパケットは、VLAN マップによってフィルタリングされます。

入力ポートの ACL がインターフェイスに適用され、さらにインターフェイスがメンバとなっている VLAN に VLAN マップが適用された場合、ACL のポート上で受信した着信パケットは、そのポート ACL でフィルタリングされます。その他のパケットは、VLAN マップによってフィルタリングされます。

入力ルータの ACL および入力ポートの ACL が SVI に存在している場合、ポートの ACL が適用されたポート上で受信された着信パケットには、ポート ACL のフィルタが適用されます。他のポートで受信した着信のルーティング IP パケットには、ルータ ACL のフィルタが適用されます。他のパケットはフィルタリングされません。

出力ルータの ACL および入力ポートの ACL が SVI に存在している場合、ポートの ACL が適用されたポート上で受信された着信パケットには、ポート ACL のフィルタが適用されます。発信するルーティング IP パケットには、ルータ ACL のフィルタが適用されます。他のパケットはフィルタリングされません。

VLAN マップ、入力ルータの ACL、および入力ポートの ACL が SVI に存在している場合、ポートの ACL が適用されたポート上で受信された着信パケットには、ポート ACL のフィルタだけが適用されます。他のポートで受信した着信のルーティング IP パケットには、VLAN マップおよびルータ ACL のフィルタが適用されます。他のパケットには、VLAN マップのフィルタだけが適用されます。

VLAN マップ、出力ルータの ACL、および入力ポートの ACL が SVI に存在している場合、ポートの ACL が適用されたポート上で受信された着信パケットには、ポート ACL のフィルタだけが適用されます。発信するルーティング IP パケットには、VLAN マップおよびルータ ACL のフィルタが適用されます。他のパケットには、VLAN マップのフィルタだけが適用されます。

IP の ACL は、送信側または受信側のレイヤ 3 インターフェイス両方に適用できます。

レイヤ 3 のインターフェイスでは、IP の ACL を各方向に 1 つ適用できます。

VLAN インターフェイス上の各方向(入力および出力)に VLAN マップおよびルータの ACL を 1 つずつに限り設定できます。

標準入力アクセス リストでは、スイッチは、パケットを受信すると、パケットの送信元アドレスをアクセス リストに比較して検査します。IP 拡張アクセス リストでは、任意で、宛先 IP アドレス、プロトコル タイプ、ポート番号などのパケット内の他のフィールドを検査することができます。アクセス リストがパケットを許可する場合に、スイッチはパケットの処理を続行します。アクセス リストがパケットを拒否する場合は、スイッチはそのパケットをドロップします。アクセス リストがレイヤ 3 のインターフェイスに適用された場合、パケットのドロップにともない(デフォルト設定)、Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)の Host Unreachable のメッセージが生成されます。ICMP Host Unreachable メッセージは、レイヤ 2 インターフェイスでドロップされたパケットに対しては生成されません。

通常の発信アクセス リストでは、パケットを受信して、それを制御されたインターフェイスへ送信した後、スイッチがアクセス リストと照合することでパケットを確認します。アクセス リストがパケットを許可した場合、スイッチはパケットを送信します。アクセス リストがパケットを拒否した場合、スイッチはパケットをドロップし、デフォルトの設定では、ICMP Host Unreachable メッセージが生成されます。

指定したアクセス リストが存在しない場合は、すべてのパケットが通過します。

次の例では、ポートの入力パケットに IP アクセス リスト 101 を適用する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# ip access-group 101 in
 

show ip interface、show access-lists、 または show ip access-lists 特権 EXEC コマンドを入力することにより、設定を確認できます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

access list

番号付き ACL を設定します。

ip access-list

名前付き ACL を設定します。

show access-lists

スイッチで設定された ACL を表示します。

show ip access-lists

スイッチで設定された IP ACL を表示します。

show ip interface

インターフェイスのステータスと設定に関する情報を表示します。

ip address

レイヤ 2 スイッチの IP アドレスを設定したり、レイヤ 3 スイッチの各スイッチ仮想インターフェイス(SVI)またはルーテッド ポートの IP アドレスを設定したりするには、 ip address インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。IP アドレスを削除したり、IP 処理をディセーブルにしたりするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip address ip-address subnet-mask [ secondary ]

no ip address [ ip-address subnet-mask ] [ secondary ]


) スイッチでメトロ IP アクセス イメージが稼動している場合にだけルーテッド ポートおよび SVI を設定できます。


 
構文の説明

ip-address

IP アドレス。

subnet-mask

関連する IP サブネットのマスク。

secondary

(任意)設定されたアドレスをセカンダリ IP アドレスに指定します。このキーワードが省略された場合、設定されたアドレスはプライマリ IP アドレスになります。

 
デフォルト

IP アドレスは定義されていません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Telnet のセッションで、スイッチの IP アドレスを削除した場合、スイッチの接続が切断されます。

ホストは、Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)Mask Request メッセージを使用して、サブネット マスクを判別できます。ルータは、この要求に対して ICMP Mask Reply メッセージで応答します。

no ip address コマンドを使って IP アドレスを削除することで、特定のインターフェイス上の IP プロセスをディセーブルにできます。スイッチが、その IP アドレスのうちの 1 つを使用している他のホストを検出した場合、コンソールにエラー メッセージを送信します。

オプションで secondary キーワードを使用することで、セカンダリ アドレスの番号を無制限に指定することができます。システムがセカンダリの送信元アドレスのルーティングの更新以外にデータグラムを生成しないということを除けば、セカンダリ アドレスはプライマリ アドレスのように処理されます。IP ブロードキャストと ARP 要求は、IP ルーティング テーブル内のインターフェイス ルートと同様に、適切に処理されます。


) ネットワーク セグメント上のすべてのルータがセカンダリのアドレスを使用した場合、同一のセグメント上にある他のデバイスも、同一のネットワークまたはサブネットからセカンダリ アドレスを使用しなければなりません。ネットワーク セグメント上のセカンダリ アドレスの使用に矛盾があると、ただちにルーティング ループが引き起こされる可能性があります。


Open Shortest Path First(OSPF)のルーティングの場合、インターフェイスのすべてのセカンダリ アドレスが、プライマリ アドレスと同一の OSPF 領域にあることを確認してください。

スイッチが、Bootstrap Protocol(BOOTP)または DHCP サーバから IP アドレスを受信し、そのスイッチ IP アドレスを no ip address コマンドで削除した場合、IP 処理はディセーブルとなり、BOOTP サーバまたは DHCP サーバが再びアドレスを割り当てることはできません。

スイッチは、各ルーテッド ポートおよび SVI に割り当てられた IP アドレスを持つことができます。設定できるルーテッド ポートおよび SVI の数はソフトウェアでは制限されていません。ただし、この数と設定された他の機能の数との相互関係によっては、ハードウェア制限により、CPU 使用率に影響が出る可能性があります。 sdm prefer グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用し、システムのハードウェア リソースを、テンプレートおよび機能テーブルに基づいて再度割り当てることができます。詳細については、 sdm prefer コマンドを参照してください。

次の例では、サブネット ネットワークでレイヤ 2 スイッチの IP アドレスを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface vlan 1
Switch(config-if)# ip address 172.20.128.2 255.255.255.0
 

次の例では、スイッチ上のレイヤ 3 ポートに IP アドレスを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# no switchport
Switch(config-if)# ip address 172.20.128.2 255.255.255.0
 

設定を確認するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config

動作設定を表示します。構文情報については、Cisco IOS Release 12.2 のコマンド リファレンス一覧ページへアクセスする次のリンクを使用します。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps1835/prod_command_reference_list.html
「Cisco IOS Commands Master List, Release 12.2」を選択して、コマンドの項目へ移動します。

ip arp inspection filter vlan

ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査がイネーブルの場合に、スタティック IP アドレスが設定されたホストからの ARP 要求および応答を許可または拒否するには、ip arp inspection filter vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します

ip arp inspection filter arp-acl-name vlan vlan-range [ static ]

no ip arp inspection filter arp-acl-name vlan vlan-range [ static ]

 
構文の説明

arp-acl-name

ARP アクセス コントロール リスト(ACL)の名前

vlan-range

VLAN の番号または範囲。

VLAN ID 番号で識別された 1 つの VLAN、それぞれをハイフンで区切った VLAN 範囲、またはカンマで区切った一連の VLAN を指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

static

(任意) static を指定すると、ARP ACL 内の暗黙的な拒否が明示的な拒否と見なされ、それ以前に指定された ACL 句に一致しないパケットは廃棄されます。DHCP バインディングは使用されません。

このキーワードを指定しない場合は、ACL 内にはパケットを拒否する明示的な拒否が存在しないことになります。この場合は、ACL 句に一致しないパケットを許可するか拒否するかは、DHCP バインディングによって決定されます。

 
デフォルト

VLAN には、定義された ARP ACL が適用されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ARP ACL を VLAN に適用してダイナミック ARP 検査を行う場合は、IP/MAC バインディングを含む ARP パケットだけが ACL と比較されます。ACL がパケットを許可すると、スイッチがパケットを転送します。それ以外のすべてのパケット タイプは、検証されずに、入力 VLAN 内でブリッジングされます。

スイッチが ACL 内の明示的な拒否ステートメントによってパケットを拒否すると、パケットがドロップされます。スイッチが暗黙の拒否ステートメントによってパケットを拒否すると、パケットは DHCP バインディングのリストと照合されます。ただし、ACL が スタティック (パケットがバインディングと比較されない)である場合を除きます。

ARP ACL を定義、または定義済みのリストの末尾に句を追加するには、 arp access-list acl-name グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、ダイナミック ARP 検査用に ARP ACL static-hosts を VLAN 1 に適用する方法を示します。

Switch(config)# ip arp inspection filter static-hosts vlan 1
 

設定を確認するには、 show ip arp inspection vlan 1 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP ACL を定義します。

deny(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

DHCP バインディングとの照合に基づいて ARP パケットを拒否します。

permit(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)

DHCP バインディングとの一致に基づいて ARP パケットを許可します。

show arp access-list

ARP アクセス リストに関する詳細を表示します。

show ip arp inspection vlan vlan-range

指定された VLAN のダイナミック ARP 検査の設定および動作ステートを表示します。

ip arp inspection limit

インターフェイス上の着信 Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)要求および応答のレートを制限するには、ip arp inspection limit インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。DoS 攻撃が発生した場合にダイナミック ARP 検査によってスイッチ リソースのすべてが消費されないようにします。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip arp inspection limit { rate pps [ burst interval seconds ] | none }

no ip arp inspection limit

 
構文の説明

rate pps

1 秒間に処理される着信パケット数の上限を指定します。範囲は、0 ~ 2048 pps です。

burst interval seconds

(任意)インターフェイスで高速 ARP パケットをモニタリングするインターバルを秒単位で指定します。範囲は 1 ~ 15 秒です。

none

処理可能な着信 ARP パケットのレートに上限を指定しません。

 
デフォルト

1 秒間に 15 台の新規ホストに接続するホストが配置されたスイッチド ネットワークの場合、信頼できないインターフェイスのレートは 15 pps に設定されます。

信頼できるすべてのインターフェイスでは、レート制限は行われません。

バースト インターバルは 1 秒です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

レートは、信頼できるインターフェイスおよび信頼できないインターフェイスの両方に適用されます。複数のダイナミック ARP 検査対応 VLAN でパケットを処理するようにトランクに適切なレートを設定するか、none キーワードを使用してレートを無制限にします。

スイッチが、設定されているレートを超えるレートのパケットを、バーストの秒数を超える連続する秒数受信すると、インターフェイスが errdisable ステートになります。

インターフェイス上のレート制限を明示的に設定しない限り、インターフェイスの信頼状態を変更することは、レート制限を信頼状態のデフォルト値に変更することになります。レート制限を設定すると、信頼状態が変更された場合でもインターフェイスはレート制限を保ちます。 no ip arp inspection limit インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力すると、インターフェイスはデフォルトのレート制限に戻ります。

トランク ポートは、集約が反映されるように、より大きいレートに設定する必要があります。着信パケットのレートが、ユーザが定義したレートを超えると、スイッチはインターフェイスを errdisable ステートにします。errdisable 回復機能により、回復設定に従ってポートが errdisable ステートから自動的に解除されます。

EtherChannel ポートの着信 ARP パケットのレートは、すべてのチャネル メンバの着信 ARP パケット レートの合計と同じです。EtherChannel ポートのレート制限は、必ずすべてのチャネル メンバの着信 ARP パケットのレートを調べてから設定してください。

次の例では、ポート上の着信 ARP 要求のレートを 25 pps に制限し、インターフェイスのモニタリング インターバルを 5 秒間に設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# ip arp inspection limit rate 25 burst interval 5
 

設定を確認するには、 show ip arp inspection interfaces interface-id 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp inspection interfaces

指定されたインターフェイスまたはすべてのインターフェイスの ARP パケットの信頼状態およびレート制限を表示します。

ip arp inspection log-buffer

ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査のロギング バッファを設定するには、ip arp inspection log-buffer グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します

ip arp inspection log-buffer { entries number | logs number interval seconds }

no ip arp inspection log-buffer { entries | logs }

 
構文の説明

entries number

バッファに記録されるエントリ数。指定できる範囲は 0 ~ 1024 です

logs number interval seconds

システム メッセージを生成するために、指定された間隔で必要なエントリ数

logs number に指定できる範囲は 0 ~ 1024 です。値 0 は、エントリはログ バッファ内に入力されますが、システム メッセージが生成されないことを意味します。

指定できる interval seconds の範囲は 0 ~ 86400 秒(1 日)です。値 0 は、システム メッセージがただちに生成されることを意味します。この場合、ログ バッファは常に空となります。

 
デフォルト

ダイナミック ARP がイネーブル化されると、拒否またはドロップされた ARP パケットが記録されます。

ログ エントリ数は、32 です。

システム メッセージ数は、毎秒 5 つに制限されます。

ロギングレート インターバルは、1 秒です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

0 の値は、 logs および interval キーワードの両方で許可されていません。

logs および interval の設定は、相互に作用します。 logs number X が interval seconds Y より大きい場合、X ÷ Y(X/Y)のシステム メッセージが毎秒送信されます。そうでない場合、1 つのシステム メッセージが Y ÷ X(Y/X)秒ごとに送信されます。たとえば、 logs number が 20 で、 interval seconds が 4 の場合、スイッチはログ バッファにエントリがある間、5 エントリのシステム メッセージを毎秒生成します。

ログ バッファ エントリは、複数のパケットを表すことができます。たとえば、インターフェイスが同一の VLAN 上のパケットを同一の ARP パラメータで多数受信すると、スイッチは、ログ バッファ内の 1 つのエントリとしてパケットを結合し、1 つのエントリとしてシステム メッセージを生成します。

ログ バッファがオーバーフローする場合は、ログ イベントがログ バッファに収まらないことを意味しており、 show ip arp inspection log 特権 EXEC コマンドの出力が影響を受けます。パケット数および時間以外のすべてのデータの代わりに -- が表示されます。このエントリに対しては、その他の統計情報は表示されません。出力にこのようなエントリが表示される場合、ログ バッファ内のエントリ数を増やすか、ロギング レートを増やします。

次の例では、最大 45 のエントリを保持できるようにロギング バッファを設定する方法を示します。

Switch(config)# ip arp inspection log-buffer entries 45
 

次の例では、ロギング レートを 4 秒あたり 20 のログ エントリに設定する方法を示します。この設定では、スイッチはログ バッファにエントリがある間、5 エントリのシステム メッセージを毎秒生成します。

Switch(config)# ip arp inspection log-buffer logs 20 interval 4
 

設定を確認するには、 show ip arp inspection log 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP アクセス コントロール リスト(ACL)を定義します。

clear ip arp inspection log

ダイナミック ARP 検査ログ バッファをクリアします。

ip arp inspection vlan logging

VLAN 単位で記録するパケットのタイプを制御します。

show ip arp inspection log

ダイナミック ARP 検査ログ バッファの設定と内容を表示します。

ip arp inspection trust

検査対象の着信 Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)パケットを決定する信頼状態を、インターフェイスに設定するには、ip arp inspection trust インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します

ip arp inspection trust

no ip arp inspection trust

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

インターフェイスは、信頼できない状態です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチは、信頼できるインターフェイス上で受信した ARP パケットを確認せず、単純にパケットを転送します。

信頼できないインターフェイスでは、スイッチはすべての ARP 要求と応答を代行受信します。ルータは、代行受信した各パケットが、IP アドレスと MAC アドレスとの有効なバインディングを持つことを確認してから、ローカル キャッシュを更新するか、適切な宛先にパケットを転送します。スイッチは、無効なパケットをドロップし、 ip arp inspection vlan logging グローバル コンフィギュレーション コマンドで指定されたロギング設定に従ってログ バッファに記録します。

次の例では、ポートを信頼できる状態に設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# ip arp inspection trust
 

設定を確認するには、 show ip arp inspection interfaces interface-id 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp inspection log-buffer

ダイナミック ARP 検査ロギング バッファを設定します。

show ip arp inspection interfaces

指定されたインターフェイスまたはすべてのインターフェイスの ARP パケットの信頼状態およびレート制限を表示します。

show ip arp inspection log

ダイナミック ARP 検査ログ バッファの設定と内容を表示します。

ip arp inspection validate

ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査の特定のチェックを実行するには、ip arp inspection validate グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します

ip arp inspection validate {[ src-mac ] [ dst-mac ] [ ip [allow zeros] ]}

no ip arp inspection validate [ src-mac ] [ dst-mac ] [ ip [allow zeros] ]

 
構文の説明

src-mac

イーサネット ヘッダー内の送信元 MAC アドレスと、ARP 本体内の送信側 MAC アドレスを比較します。この検査は、ARP 要求および ARP 応答の両方に対して実行されます。

イネーブルにすると、異なる MAC アドレスを持つパケットは無効パケットとして分類され、廃棄されます。

dst-mac

イーサネット ヘッダー内の宛先 MAC アドレスと、ARP 本体内のターゲット MAC アドレスを比較します。この検査は、ARP 応答に対して実行されます。

イネーブルにすると、異なる MAC アドレスを持つパケットは無効パケットとして分類され、廃棄されます。

ip

ARP 本体内で、無効な予期しない IP アドレスを比較します。アドレスには 0.0.0.0、255.255.255.255、およびすべての IP マルチキャスト アドレスが含まれます。

送信側 IP アドレスは、すべての ARP 要求および応答と比較されます。ターゲット IP アドレスは ARP 応答でだけチェックされます。

allow-zeros

送信側アドレスが 0.0.0.0(ARP プローブ)である ARP が拒否されないように、IP 検証テストを変更します。

 
デフォルト

検査は実行されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

少なくとも 1 つのキーワードを指定する必要があります。コマンドを実行するたびに、その前のコマンドの設定は上書きされます。つまり、コマンドが src-mac および dst-mac の検証をイネーブルにし、別のコマンドが IP 検証だけをイネーブルにすると、2 番めのコマンドによって src-mac および dst-mac の検証がディセーブルになります。

allow-zeros キーワードは、次の方法で ARP Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)と連動します。

ARP ACL が ARP プローブを拒否するように設定されている場合は、 allow-zero キーワードが指定されていても、ARP プローブはドロップされます。

ARP プローブを明確に許可する ARP ACL を設定し、 ip arp inspection validate ip コマンドを設定する場合、 allow-zeros キーワードを入力しない限り、ARP プローブはドロップされます。

このコマンドの no 形式を使用すると、指定されたチェックだけがディセーブルになります。どのオプションもイネーブルにしない場合は、すべてのチェックがディセーブルになります。

次の例では、送信元 MAC の検証をイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip arp inspection validate src-mac
 

設定を確認するには、 show ip arp inspection vlan vlan-range 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp inspection vlan vlan-range

指定された VLAN のダイナミック ARP 検査の設定および動作ステートを表示します。

ip arp inspection vlan

VLAN 単位で、ダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査をイネーブルにするには、ip arp inspection vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します

ip arp inspection vlan vlan-range

no ip arp inspection vlan vlan-range

 
構文の説明

vlan-range

VLAN の番号または範囲。

VLAN ID 番号で識別された 1 つの VLAN、それぞれをハイフンで区切った VLAN 範囲、またはカンマで区切った一連の VLAN を指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

すべての VLAN で ARP 検査はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ダイナミック ARP 検査をイネーブルにする VLAN を指定する必要があります。

ダイナミック ARP 検査は、アクセス ポート、トランク ポート、EtherChannel ポートおよびプライベート VLAN ポートでサポートされます。

次の例では、VLAN 1 でダイナミック ARP 検査をイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip arp inspection vlan 1
 

設定を確認するには、 show ip arp inspection vlan vlan-range 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP アクセス コントロール リスト(ACL)を定義します。

show ip arp inspection vlan vlan-range

指定された VLAN のダイナミック ARP 検査の設定および動作ステートを表示します。

ip arp inspection vlan logging

VLAN 単位でロギングされるパケットのタイプを制御するには、ip arp inspection vlan logging グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。このロギング制御をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します

ip arp inspection vlan vlan-range logging { acl-match { matchlog | none } | dhcp-bindings { all | none | permit } | arp-probe }

no ip arp inspection vlan vlan-range logging { acl-match | dhcp-bindings | arp-probe }

 
構文の説明

vlan-range

ロギングに対して設定された VLAN を指定します。

VLAN ID 番号で識別された 1 つの VLAN、それぞれをハイフンで区切った VLAN 範囲、またはカンマで区切った一連の VLAN を指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

acl-match { matchlog | none }

アクセス コントロール リスト(ACL)との一致に基づいたパケットのロギングを指定します。

キーワードの意味は次のとおりです。

matchlog :Access Control Entry(ACE; アクセス コントロール エントリ)に指定されたロギング設定に基づいてパケットを記録します。このコマンドに matchlog キーワード、 permit または deny ARP アクセス リスト コンフィギュレーション コマンドに log キーワードを指定すると、ACL によって許可または拒否された Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)パケットが記録されます。

none :ACL に一致するパケットを記録しません。

dhcp-bindings { permit | all | none }

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)バインディングとの一致に基づいたパケットのロギングを指定します。

キーワードの意味は次のとおりです。

all :DHCP バインディングに一致するすべてのパケットを記録します。

none :DHCP バインディングに一致するパケットを記録しません。

permit :DHCP バインディングに許可されたパケットを記録します。

arp-probe

具体的に許可されたパケットが ARP プローブである場合に、パケットのロギングを指定します。

 
デフォルト

拒否またはドロップされたパケットは、すべて記録されます。ARP プローブ パケットは記録されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

logged の用語は、エントリがログ バッファに置かれ、システム メッセージが生成されることを意味します。

acl-match キーワードと dhcp-bindings キーワードは連携しています。ACL の一致を設定すると、DHCP バインディングの設定はディセーブルになりません。ロギング基準をデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。いずれのオプションも指定しない場合は、ARP パケットが拒否されたときに、すべてのロギング タイプが記録されるようにリセットされます。使用できるオプションは、次の 2 つです。

acl-match:拒否されたパケットが記録されるように、ACL との一致に関するロギングがリセットされます。

dhcp-bindings:拒否されたパケットが記録されるように、DHCP バインディングとの一致に関するロギングがリセットされます。

acl-match キーワードと dhcp-bindings キーワードのどちらも指定されないと、拒否されたすべてのパケットが記録されます。

ACL の末尾にある暗黙の拒否には、 log キーワードが含まれません。つまり、 ip arp inspection filter vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドで static キーワードを使用した場合、ACL は DHCP バインディングを上書きします。ARP ACL の末尾で明示的に deny ip any mac any log ACE を指定しない限り、拒否された一部のパケットが記録されない場合があります。

次の例では、ACL 内の permit コマンドと一致するパケットを記録するように、VLAN 1 の ARP 検査を設定する方法を示します。

Switch(config)# arp access-list test1
Switch(config-arp-nacl)# permit request ip any mac any log
Switch(config-arp-nacl)# permit response ip any any mac any any log
Switch(config-arp-nacl)# exit
Switch(config)# ip arp inspection vlan 1 logging acl-match matchlog
 

設定を確認するには、 show ip arp inspection vlan vlan-range 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp access-list

ARP ACL を定義します。

clear ip arp inspection log

ダイナミック ARP 検査ログ バッファをクリアします。

ip arp inspection log-buffer

ダイナミック ARP 検査ロギング バッファを設定します。

show ip arp inspection log

ダイナミック ARP 検査ログ バッファの設定と内容を表示します。

show ip arp inspection vlan vlan-range

指定された VLAN のダイナミック ARP 検査の設定および動作ステートを表示します。

ip device tracking maximum

レイヤ 2 ポートで IP ポート セキュリティ バインディングのトラッキングをイネーブルにするには、 ip device tracking maximum コマンドを使用します。信頼できないレイヤ 2 インターフェイスで IP ポート セキュリティをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip device tracking maximum { number }

no ip device tracking maximum { number }

 
構文の説明

number

ポートの IP デバイス トラッキング テーブルに作成するバインディングの数を指定します。有効値の範囲は 0 ~ 2048 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(52)SE

このコマンドが追加されました。

次の例では、レイヤ 2 アクセス ポートで IP-MAC フィルタを使用して IP ポート セキュリティをイネーブルにする方法を示します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# ip device tracking
Switch(config)# interface gigabitethernet 0/3
Switch(config-if)# switchport mode access
Switch(config-if)# switchport access vlan 1
Switch(config-if)# ip device tracking maximum 5
Switch(config-if)# switchport port-security
Switch(config-if)# switchport port-security maximum 5
Switch(config-if)# ip verify source tracking port-security
Switch(config-if)# end
 

設定を確認するには、 show ip verify source 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip verify source

信頼できないレイヤ 2 インターフェイスで IP ソース ガードをイネーブルにします。

show ip verify source

特定のインターフェイス上の IP ソース ガード設定とフィルタを表示します。

ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにするには、 ip dhcp snooping グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping

no ip dhcp snooping

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

DHCP スヌーピングは、ディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DHCP スヌーピング設定を有効にするには、DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにする必要があります。

ip dhcp snooping vlan vlan-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して VLAN 上でスヌーピングをイネーブルにするまで DHCP スヌーピングはアクティブになりません。

次の例では、DHCP スヌーピングをイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip dhcp snooping
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping vlan

VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング データベースを設定して、バインディング エントリをデータベースに追加するには、 ip dhcp snooping binding 特権 EXEC コマンドを使用します。バインディング データベースからエントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping binding mac-address vlan vlan-id ip-address interface interface-id expiry seconds

no ip dhcp snooping binding mac-address vlan vlan-id ip-address interface interface-id

 
構文の説明

mac-address

MAC アドレスを指定します。

vlan vlan-id

VLAN 番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4904 です。

ip-address

IP アドレスを指定します。

interface interface-id

バインディング エントリを追加または削除するインターフェイスを指定します。

expiry seconds

バインディング エントリが無効になるまでのインターバル(秒)を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

デフォルトのデータベースは定義されていません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、スイッチをテストまたはデバッグするときに使用します。

DHCP スヌーピング バインディング データベースでは、各データベース エントリ(別名 バインディング)には、IP アドレス、関連付けられた MAC アドレス、リース時間(16 進数)、バインディングが適用されるインターフェイス、およびインターフェイスが所属する VLAN が含まれます。データベースには、8192 のバインディングを含めることができます。

ダイナミックに設定されたバインディングだけを表示するには、 show ip dhcp snooping binding 特権 EXEC コマンドを使用します。動的および静的に設定されたバインディングを表示するには、 show ip source binding 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では、VLAN 1 のポートに、有効期限が 1000 秒の DHCP バインディング設定を生成する方法を示します。

Switch# ip dhcp snooping binding 0001.1234.1234 vlan 1 172.20.50.5 interface gigabitethernet0/1 expiry 1000
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping binding または show ip dhcp source binding 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング データベース内の動的に設定されたバインディングおよび設定情報を表示します。

show ip source binding

DHCP スヌーピング バインディング データベース内の動的および静的に設定されたバインディングを表示します。

ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング バインディング データベース エージェントを設定するには、 ip dhcp snooping database グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。エージェントのディセーブル化、タイムアウト値のリセット、または書き込み遅延値のリセットを行うには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping database {{ flash:/ filename | ftp:// user:password@host/filename | http: //[[username:password]@]{hostname | host-ip}[/directory]/image-name .tar | rcp:// user@host/filename | tftp:// host/filename } | timeout seconds | write-delay seconds }

no ip dhcp snooping database [ timeout | write-delay ]

 
構文の説明

flash:/ filename

データベース エージェントまたはバインディング ファイルがフラッシュ メモリにあることを指定します。

ftp:// user : password @ host / filename

データベース エージェントまたはバインディング ファイルが FTP サーバにあることを指定します。

http: //[[username:password]@]
{hostname | host-ip}[/directory]
/image-name
. tar

データベース エージェントまたはバインディング ファイルが FTP サーバにあることを指定します。

rcp:// user @ host / filename

データベース エージェントまたはバインディング ファイルが Remote Copy Protocol(RCP; リモート コピー プロトコル)サーバにあることを指定します。

tftp:// host / filename

データベース エージェントまたはバインディング ファイルが TFTP サーバにあることを指定します。

timeout seconds

DHCP スヌーピングのバインディング データベースが変更されたあとのデータベース転送プロセスを停止する時間(秒単位)を指定します。

デフォルト値は 300 秒です。指定できる範囲は 0 ~ 86400 です。無期限を定義するには 0 を使用します。

write-delay seconds

バインディング データベースが変更された後に、転送を遅らせる期間(秒)を指定します。デフォルト値は 300 秒です。指定できる範囲は 15 ~ 86400 です。

 
デフォルト

データベース エージェントまたはバインディング ファイルの URL は、定義されていません。

タイムアウト値は、300 秒(5 分)です。

書き込み遅延値は、300 秒(5 分)です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DHCP スヌーピング バインディング データベースには、8192 のバインディングを含めることができます。

データベース内のリース時間を正確な時間にするには、Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)をイネーブルにし、次の機能を設定することを強く推奨します。

NTP 認証

NTP ピアおよびサーバ アソシエーション

NTP ブロードキャスト サービス

NTP アクセス制限

NTP パケット送信元 IP アドレス

NTP が設定されている場合、スイッチのシステム クロックが NTP と同期化されたときにだけ、スイッチがバインディングの変更内容をバインディング ファイルに書き込みます。

NVRAM とフラッシュ メモリの両方のストレージ容量には限りがあるため、バインディング ファイルを TFTP サーバ上に保存することを推奨します。スイッチがネットワークベースの URL(TFTP や FTP など)の設定済み URL 内のバインディング ファイルにバインディングを初めて書き込む前に、この URL に空のファイルを作成しておく必要があります。

エージェントをディセーブルにするには、no ip dhcp snooping database コマンドを使用します。

タイムアウト値をリセットするには、no ip dhcp snooping database timeout コマンドを使用します。

書き込み遅延値をリセットするには、no ip dhcp snooping database write-delay コマンドを使用します。

次の例では、IP アドレス 10.1.1.1 の directory という名前のディレクトリ内にバインディング ファイルを保存する方法を示します。TFTP サーバに file という名前のファイルが存在しなければなりません。

Switch(config)# ip dhcp snooping database tftp://10.1.1.1/directory/file
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping database 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング データベースを設定します。

show ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング データベース エージェントのステータスを表示します。

ip dhcp snooping information option

DHCP オプション 82 データ挿入をイネーブルにするには、 ip dhcp snooping information option グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。DHCP オプション 82 データ挿入をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping information option

no ip dhcp snooping information option

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

DHCP オプション 82 データ挿入は イネーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DHCP スヌーピング設定を有効にするには、 ip dhcp snooping グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにする必要があります。

オプション 82 機能がイネーブルの場合、スイッチがホストからの DHCP 要求を受信すると、オプション 82 情報がパケットに追加されます。オプション 82 情報には、スイッチ MAC アドレス(リモート ID サブオプション)、およびパケットが受信された vlan-mod-port (回線 ID サブオプション)のポート ID が含まれます。スイッチは、オプション 82 フィールドを含む DHCP 要求を DHCP サーバに転送します。

DHCP サーバがパケットを受信する場合、リモート ID、回線 ID、または両方を使用して IP アドレスを割り当てるとともに、単一のリモート ID または回線 ID に割り当てることができる IP アドレス数の制限などのポリシーを適用することができます。次に DHCP サーバは、DHCP 応答内にオプション 82 フィールドをエコーします。

スイッチによって要求がサーバにリレーされた場合、DHCP サーバは応答をスイッチにユニキャストします。クライアントとサーバが同じサブネット上にある場合は、サーバはこの応答をブロードキャストします。スイッチは、リモート ID または回線 ID フィールドを検査し、オプション 82 データが最初から挿入されていたかを確認します。スイッチは、オプション 82 フィールドを削除し、DHCP 要求を送信した DHCP ホストに接続するスイッチ ポートにパケットを転送します。

次の例では、DHCP オプション 82 データ挿入をイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip dhcp snooping information option
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

ip dhcp snooping information option allowed-untrusted

エッジ スイッチに接続されている信頼できないポートで受信するか、オプション 82 情報を持つ DHCP パケットを受け入れるようにアグリゲーション スイッチを設定するには、アグリゲーション スイッチで ip dhcp snooping information option allowed-untrusted グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。スイッチがエッジ スイッチからのこれらのパケットをドロップするよう設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping information option allowed-untrusted

no ip dhcp snooping information option allowed-untrusted

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

スイッチ は、エッジ スイッチに接続されている信頼できないポートで受信する、オプション 82 情報を持つ DHCP パケットをドロップします

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ホストに接続されたエッジ スイッチが、ネットワークのエッジで DHCP オプション 82 情報を挿入するように設定したい場合があります。また集約スイッチでは、DHCP スヌーピング、IP ソース ガード、またはダイナミック Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)検査などの DHCP セキュリティ機能をイネーブルにすることもできます。ただし、アグリゲーション スイッチで DHCP スヌーピングをイネーブルにすると、スイッチは信頼できないポートで受信されたオプション 82 情報を持つパケットをドロップし、信頼できるインターフェイスに接続されたデバイスの DHCP スヌーピング バインディングを学習しません。

ホストに接続されたエッジ スイッチがオプション 82 情報を挿入する場合に、アグリゲーション スイッチで DHCP スヌーピングを使用するには、アグリゲーション スイッチで ip dhcp snooping information option allowed-untrusted コマンドを入力します。アグリゲーション スイッチは信頼できないポートで DHCP スヌーピング パケットを受信しますが、ホストのバインディングを学習できます。アグリゲーション スイッチで DHCP セキュリティ機能をイネーブルにすることも可能です。アグリゲーション スイッチが接続されているエッジ スイッチ上のポートは、信頼できるポートとして設定する必要があります。


ip dhcp snooping information option allowed-untrusted コマンドを、信頼できないデバイスが接続されている集約スイッチに入力しないでください。このコマンドを入力すると、信頼できないデバイスがオプション 82 情報をスプーフィングする可能性があります。


次の例では、アクセス スイッチが、エッジ スイッチからの信頼できないパケットのオプション 82 情報を確認せずに、パケットを受け入れるように設定する方法を示します。

Switch(config)# ip dhcp snooping information option allowed-untrusted
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

ip dhcp snooping information option format remote-id

オプション 82 リモート ID サブオプションを設定するには、 ip dhcp snooping information option format remote-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトのリモート ID サブオプションを設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping information option format remote-id [string ASCII-string | hostname]

no ip dhcp snooping information option format remote-id

 
構文の説明

string ASCII-string

1 ~ 63 の ASCII 文字(スペースなし)を使用して、リモート ID を指定します。

hostname

スイッチのホスト名をリモート ID として指定します。

 
デフォルト

スイッチの MAC アドレスは、リモート ID です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DHCP スヌーピング設定を有効にするには、 ip dhcp snooping グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにする必要があります。

オプション 82 機能がイネーブルの場合、デフォルトのリモート ID サブオプションはスイッチの MAC アドレスです。このコマンドを使用すると、スイッチのホスト名または 63 個の ASCII 文字列(スペースなし)のいずれかをリモート ID として設定できます。


) ホスト名が 63 文字を超える場合、リモート ID 設定では 63 文字に切り捨てられます。


次の例では、オプション 82 リモート ID サブオプションを設定する方法を示します。

Switch(config)# ip dhcp snooping information option format remote-id hostname
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping ユーザ EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping vlan information option format-type circuit-id string

オプション 82 サーキット ID サブオプションを設定します。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが 1 秒あたりに受信することのできる DHCP メッセージの数を設定するには、 ip dhcp snooping limit rate インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping limit rate rate

no ip dhcp snooping limit rate

 
構文の説明

rate

インターフェイスが 1 秒あたりに受信することのできる DHCP メッセージの数。指定できる範囲は 1 ~ 2048 です

 
デフォルト

DHCP スヌーピング レート制限は、ディセーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

通常、レート制限は信頼できないインターフェイスに適用されます。信頼できるインターフェイスのレート制限を設定する場合、信頼できるインターフェイスはスイッチ内の複数の VLAN 上(一部はスヌーピングされない場合があります)の DHCP トラフィックを集約するので、インターフェイス レート制限を高い値に調整する必要があることに注意してください。

レート制限を超えた場合、インターフェイスが errdisable になります。 errdisable recovery dhcp-rate-limit グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力してエラー回復をイネーブルにした場合、インターフェイスはすべての原因が時間切れになった際に動作を再試行します。エラー回復メカニズムがイネーブルでない場合、 shutdown および no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力するまでインターフェイスは errdisable ステートのままです。

次の例は、インターフェイス上でメッセージ レート制限を 1 秒あたり 150 メッセージに設定する方法を示します。

Switch(config-if)# ip dhcp snooping limit rate 150
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

errdisable recovery

回復メカニズムを設定します。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

ip dhcp snooping trust

DHCP スヌーピングを実行するためにポートを信頼できるポートとして設定するには、 ip dhcp snooping trust インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping trust

no ip dhcp snooping trust

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

DHCP スヌーピング信頼は、ディセーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DHCP サーバ、その他のスイッチ、またはルータに接続されたポートを信頼できるポートとして設定します。DHCP クライアントに接続されたポートを信頼できないポートとして設定します。

次の例では、ポート上で DHCP スヌーピング信頼をイネーブルにする方法を示します。

Switch(config-if)# ip dhcp snooping trust
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

ip dhcp snooping verify mac-address

信頼性のないポート上で DHCP パケットの送信元 MAC アドレスがクライアントのハードウェア アドレスと一致することを確認するようスイッチを設定するには、スイッチ スタックまたはスタンドアロン スイッチ上で ip dhcp snooping verify mac-address グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。スイッチが MAC アドレスを確認しないように設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping verify mac-address

no ip dhcp snooping verify mac-address

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

スイッチは、パケットのクライアント ハードウェア アドレスと一致する信頼されないポートで受信した DHCP パケットの送信元 MAC アドレスを確認します。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

サービスプロバイダー ネットワークで、スイッチが信頼できないポートの DHCP クライアントからパケットを受信した場合、スイッチは自動的に送信元 MAC アドレスと DHCP クライアント ハードウェア アドレスが一致するかを確認します。アドレスが一致する場合、スイッチはパケットを転送します。アドレスが一致しない場合、スイッチはパケットをドロップします。

次の例では、MAC アドレス確認をディセーブルにする方法を示します。

Switch(config)# no ip dhcp snooping verify mac-address
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

ip dhcp snooping vlan

DHCP スヌーピングを VLAN 上でイネーブルにするには、 ip dhcp snooping vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。DHCP スヌーピングを VLAN 上でディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping vlan vlan-range

no ip dhcp snooping vlan vlan-range

 
構文の説明

vlan vlan-range

DHCP スヌーピングをイネーブルにする VLAN ID または VLAN 範囲を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

VLAN ID 番号によって特定される単一の VLAN ID、それぞれをカンマで区切った一連の VLAN ID、ハイフンを間に挿入した VLAN ID の範囲、または先頭および末尾の VLAN ID で区切られた VLAN ID の範囲を入力することができます。これらはスペースで区切ります。

 
デフォルト

すべての VLAN 上で DHCP スヌーピングがディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

VLAN 上で DHCP スヌーピングをイネーブルにする前に、まず DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにする必要があります。

次の例では、DHCP スヌーピングを VLAN 10 でイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip dhcp snooping vlan 10
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピング バインディング情報を表示します。

ip dhcp snooping vlan information option format-type circuit-id string

オプション 82 回線 ID サブオプションを設定するには、 ip dhcp snooping vlan information option format-type circuit-id string インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルトのサーキット ID サブオプションを設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip dhcp snooping vlan vlan information option format-type circuit-id [override] string ASCII-string

no ip dhcp snooping vlan vlan information option format-type circuit-id [override] string

 
構文の説明

vlan vlan

VLAN ID を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

override

(任意)3 ~ 63 の ASCII 文字(スペースなし)を使用して、上書き文字列を指定します。

string ASCII-string

3 ~ 63 の ASCII 文字(スペースなし)を使用して、サーキット ID を指定します。

 
デフォルト

vlan-mod-port 形式のスイッチ VLAN およびポート ID は、デフォルトのサーキット ID です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

12.2(52)SE

override キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DHCP スヌーピング設定を有効にするには、 ip dhcp snooping グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにする必要があります。

オプション 82 機能がイネーブルの場合、デフォルトのサーキット ID サブオプションは、 vlan-mod-port 形式のスイッチ VLAN およびポート ID です。このコマンドを使用すると、サーキット ID となる ASCII 文字列を設定できます。vlan-mod-port フォーマット タイプを無効にし、その代わりにサーキット ID を使用して、加入者情報を定義する場合、override キーワードを使用します。


) スイッチ上で文字数の多いサーキット ID を設定する場合、NVRAM またはフラッシュ メモリに長い文字列が与える影響を考慮してください。サーキット ID 設定がその他のデータと組み合わされた場合、NVRAM またはフラッシュ メモリの容量を超えてしまい、エラー メッセージが表示されます。


次の例では、オプション 82 サーキット ID サブオプションを設定する方法を示します。

Switch(config-if)# ip dhcp snooping vlan 250 information option format-type circuit-id string customerABC-250-0-0
 

次の例では、オプション 82 サーキット ID 上書きサブオプションを設定する方法を示します。

Switch(config-if)# ip dhcp snooping vlan 250 information option format-type circuit-id override string testcustomer
 

設定を確認するには、 show ip dhcp snooping ユーザ EXEC コマンドを入力します。


show ip dhcp snooping ユーザ EXEC コマンドでは、リモート ID 設定を含むグローバル コマンド出力だけが表示されます。サーキット ID として設定したインターフェイス単位または VLAN 単位の文字列は表示されません。


 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping information option format remote-id

オプション 82 リモート ID サブオプションを設定します。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピング設定を表示します。

ip igmp filter

インターフェイスにインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)を適用することで、レイヤ 2 インターフェイス上のすべてのホストが 1 つまたは複数の IP マルチキャスト グループに加入できるかどうかを制御するには、 ip igmp filter インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。インターフェイスから指定されたプロファイルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp filter profile number

no ip igmp filter

 
構文の説明

profile number

適用する IGMP プロファイル番号。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

IGMP のフィルタは適用されていません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

レイヤ 2 物理インターフェイスにだけ IGMP フィルタを適用できます。

ルーテッド ポート、スイッチ仮想インターフェイス(SVI)、または EtherChannel グループに属するポートに対しては IGMP フィルタを適用できません。

IGMP のプロファイルは 1 つまたは複数のポート インターフェイスに適用できますが、1 つのポートに対して 1 つのプロファイルだけ適用できます。

次の例では、IGMP プロファイル 22 をポートに適用する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/2
Switch(config-if)# ip igmp filter 22
 

設定を確認するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドを使用してインターフェイスを指定します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp profile

指定された IGMP プロファイル番号を設定します。

show ip dhcp snooping statistics

指定された IGMP プロファイルの特性を表示します。

show running-config interface interface-id

スイッチのインターフェイス上の実行コンフィギュレーションを(インターフェイスに適用している IGMP プロファイルがある場合はそれを含み)表示します。構文情報については、 「Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference, Release 12.2」 > 「File Management Commands」 > 「Configuration File Management Commands」 を選択してください。

ip igmp max-groups

レイヤ 2 インターフェイスが加入可能なインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)グループの最大数を設定したり、転送テーブル内でエントリが最大数に達する場合の IGMP スロットリング動作を設定したりするには、 ip igmp max-groups インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。最大数をデフォルト値(無制限)に戻すか、デフォルトのスロットリング アクション(レポートをドロップ)に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp max-groups { number | action { deny | replace }}

no ip igmp max-groups { number | action }

 
構文の説明

number

インターフェイスが参加できる IGMP グループの最大数。指定できる範囲は 0 ~ 4294967294 です デフォルト設定は無制限です。

action deny

エントリの最大数が IGMP スヌーピング転送テーブルにある場合は、次の IGMP 加入レポートをドロップします。これがデフォルトのアクションになります。

action replace

最大数のエントリが ICMP スヌーピング転送テーブルにある場合、IGMP レポートを受信した既存のグループを新しいグループに置き換えます。

 
デフォルト

デフォルトの最大グループ数は制限なしです。

インターフェイス上に IGMP グループ エントリの最大数があることをスイッチが学習した後の、デフォルトのスロットリング アクションでは、インターフェイスが受信する次の IGMP レポートをドロップし、インターフェイスに IGMP グループのエントリを追加しません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、レイヤ 2 物理インターフェイスおよび論理 EtherChannel インターフェイスでだけ使用できます。

ルーテッド ポート、Switch Virtual Interface(SVI; スイッチ仮想インターフェイス)、または EtherChannel グループに属するポートに対して IGMP 最大グループ数を設定することはできません。

IGMP スロットリング アクションを設定する場合には、次の注意事項に従ってください。

スロットリング アクションを deny として設定して最大グループ制限を設定する場合、以前転送テーブルにあったエントリは、削除されませんが期限切れになります。これらのエントリの期限が切れた後で、エントリの最大数が転送テーブルにある場合は、インターフェイス上で受信された次の IGMP レポートをスイッチがドロップします。

スロットリング アクションを replace として設定して最大グループ制限を設定する場合、以前転送テーブルにあったエントリは削除されます。最大数のエントリが転送テーブルにある場合、スイッチはランダムに選択したマルチキャスト エントリを受信した IGMP レポートと置き換えます。

最大グループ制限がデフォルト(制限なし)に設定されている場合、 ip igmp max-groups { deny | replace } コマンドを入力しても無効です。

次に、ポートが加入できる IGMP グループ数を 25 に制限する例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/2
Switch(config-if)# ip igmp max-groups 25
 

次の例では、最大数のエントリが転送テーブルにあるときに、IGMP レポートを受信した既存のグループを新しいグループと置き換えるように設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet0/1
Switch(config-if)# ip igmp max-groups action replace
 

設定を確認するには、 show running-config 特権 EXEC コマンドを使用してインターフェイスを指定します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config interface interface-id

インターフェイスが参加できる IGMP グループの最大数やスロットリング アクションなど、スイッチのインターフェイス上で実行コンフィギュレーションを表示します。構文情報については、 「Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference, Release 12.2」 > 「File Management Commands」 > 「Configuration File Management Commands」 を選択してください。

ip igmp profile

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)プロファイルを作成し、IGMP プロファイル コンフィギュレーション モードを開始するには、 ip igmp profile グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。このモードで、スイッチポートからの IGMP メンバシップ レポートをフィルタリングするための IGMP プロファイルの設定を指定できます。IGMP プロファイルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp profile profile number

no ip igmp profile profile number

 
構文の説明

profile number

設定する IGMP プロファイル番号。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
デフォルト

IGMP プロファイルは定義されていません。設定された場合、デフォルトの IGMP プロファイルとの一致機能は、一致するアドレスを拒否する設定になります。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IGMP プロファイル コンフィギュレーション モードでは、次のコマンドを使用することでプロファイルを作成できます。

deny :一致するアドレスを拒否します(デフォルト設定の状態)。

exit :IGMP プロファイル コンフィギュレーション モードを終了します。

no :コマンドを無効にする、またはデフォルトにリセットします。

permit :一致するアドレスを許可します。

range :プロファイルに対する IP アドレスの範囲を指定します。1 つの IP アドレス、またはアドレスの最初と最後で範囲を指定することもできます。

範囲を入力する場合、低い方の IP マルチキャスト アドレスを入力してからスペースを入力し、次に高い方の IP マルチキャスト アドレスを入力します。

IGMP のプロファイルを、1 つまたは複数のレイヤ 2 インターフェイスに適用できますが、各インターフェイスに適用できるプロファイルは 1 つだけです。

次の例では、IP マルチキャスト アドレスの範囲を指定した IGMP プロファイル 40 の設定方法を示します。

Switch(config)# ip igmp profile 40
Switch(config-igmp-profile)# permit
Switch(config-igmp-profile)# range 233.1.1.1 233.255.255.255
 

設定を確認するには、 show ip igmp profile 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp filter

指定のインターフェイスに対し、IGMP を適用します。

show ip dhcp snooping statistics

すべての IGMP プロファイルまたは指定の IGMP プロファイル番号の特性を表示します。

ip igmp snooping

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピングをスイッチ上でグローバルにイネーブル、または VLAN ごとにイネーブルにするには、 ip igmp snooping グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping [ vlan vlan-id ]

no ip igmp snooping [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

(任意)指定された VLAN で IGMP スヌーピングをイネーブルにします。指定できる範囲は 1 ~ 1001 または 1006 ~ 4094 です。

 
デフォルト

スイッチ上で、IGMP スヌーピングはグローバルにイネーブルです。

VLAN インターフェイス上で、IGMP スヌーピングはイネーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IGMP スヌーピングがグローバルにイネーブルである場合は、すべての既存 VLAN インターフェイスでイネーブルになります。IGMP スヌーピングがグローバルにディセーブルである場合、すべての既存 VLAN インターフェイスで IGMP スヌーピングがディセーブルになります。

VLAN ID 1002 ~ 1005 は、トークンリングおよび FDDI VLAN に予約されていて、IGMP スヌーピングでは使用できません。

次の例では、IGMP スヌーピングをグローバルにイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip igmp snooping
 

次の例では、IGMP スヌーピングを VLAN 1 でイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip igmp snooping vlan 1
 

設定を確認するには、 show ip igmp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping report-suppression

IGMP レポート抑制をイネーブルにします。

show ip igmp snooping

スヌーピング設定を表示します。

show ip igmp snooping groups

IGMP スヌーピング マルチキャスト情報を表示します。

show ip igmp snooping mrouter

IGMP スヌーピング ルータ ポートを表示します。

show ip igmp snooping querier detail

スイッチ上に設定された IGMP クエリアの設定および動作情報を表示します。

ip igmp snooping last-member-query-interval

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)の設定可能な Leave タイマーをグローバルにまたは VLAN ベースごとにイネーブルにするには、 ip igmp snooping last-member-query-interval グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping [vlan vlan-id ] last-member-query-interval time

no ip igmp snooping [vlan vlan-id ] last-member-query-interval

 
構文の説明t

vlan vlan-id

(任意)指定された VLAN で IGMP スヌーピングおよび Leave タイマーをイネーブルにします。指定できる範囲は 1 ~ 1001 または 1006 ~ 4094 です。

time

秒単位のタイムアウト間隔。指定できる範囲は 100 ~ 32768 ミリ秒です。

 
デフォルト

デフォルトのタイムアウト設定は 1000 ミリ秒です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IGMP スヌーピングがグローバルにイネーブルである場合は、IGMP スヌーピングはすべての既存 VLAN インターフェイスでイネーブルになります。IGMP スヌーピングがグローバルにディセーブルである場合は、IGMP スヌーピングはすべての既存 VLAN インターフェイスでディセーブルになります。

VLAN ID 1002 ~ 1005 は、トークンリングおよび FDDI VLAN に予約されていて、IGMP スヌーピングでは使用できません。

VLAN 上に Leave タイマーを設定すると、グローバル設定を上書きします。

IGMP 設定可能な Leave タイムは、IGMP バージョン 2 を実行するデバイスでだけサポートされます。

設定は、NVRAM に保存されます。

次の例では、IGMP Leave タイマーを 2000 ミリ秒でグローバルにイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# ip igmp snooping last-member-query-interval 2000
 

次の例では、VLAN 1 上で IGMP Leave タイマーを 3000 ミリ秒に設定する方法を示します。

Switch(config)# ip igmp snooping vlan 1 last-member-query-interval 3000
 

設定を確認するには、 show ip igmp snooping 特権 EXEC コマンドを入力します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping

スイッチまたは VLAN の IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan immediate-leave

IGMP 即時脱退処理をイネーブルにします。

ip igmp snooping vlan mrouter

レイヤ 2 ポートをマルチキャスト ルータ ポートとして設定します。

ip igmp snooping vlan static

レイヤ 2 ポートをグループのメンバとして設定します。

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング設定を表示します。

ip igmp snooping querier

レイヤ 2 ネットワークの Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)クエリア機能をグローバルにイネーブルにするには、 ip igmp snooping querier グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。キーワードとともにコマンドを入力すると、VLAN インターフェイスの IGMP クエリア機能をイネーブルにし、設定できます。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping querier [ vlan vlan-id ] [ address ip-address | max-response-time response-time | query-interval interval-count | tcn query [ count count | interval interval ] | timer expiry | version version ]

no ip igmp snooping querier [ vlan vlan-id ] [ address | max-response-time | query-interval | tcn query { count count | interval interval } | timer expiry | version ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

(任意)指定された VLAN で IGMP スヌーピングおよび IGMP クエリア機能をイネーブルにします。指定できる範囲は 1 ~ 1001 または 1006 ~ 4094 です。

address ip-address

(任意)送信元 IP アドレスを指定します。IP アドレスを指定しない場合、クエリアは IGMP クエリアに設定されたグローバル IP アドレスを使用します。

max-response-time response-time

(任意)IGMP クエリア レポートを待機する最長時間を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 25 秒です。

query-interval interval-count

(任意)IGMP クエリアの間隔を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 18000 秒です。

tcn query [count count | interval interval ]

(任意)Topology Change Notification(TCN; トポロジ変更通知)に関連するパラメータを設定します。キーワードの意味は次のとおりです。

count count :TCN 時間間隔に実行される TCN クエリーの数を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 10 です。

interval interval :TCN クエリーの時間間隔を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 255 です。

timer expiry

(任意)IGMP クエリアが期限切れになる時間を設定します。指定できる範囲は 60 ~ 300 秒です。

version version

(任意)クエリア機能が使用する IGMP バージョン番号を選択します。選択できる番号は 1 または 2 です。

 
デフォルト

IGMP スヌーピング クエリア機能は、スイッチでグローバルにイネーブルです。

イネーブルになっている場合、マルチキャスト対応デバイスから IGMP トラフィックを検出すると、IGMP スヌーピング クエリアはディセーブルになります。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

12.2(44)EY

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

クエリア とも呼ばれる IGMP クエリー メッセージを送信するデバイスの IGMP バージョンおよび IP アドレスを検出するために IGMP スヌーピングをイネーブルにするには、このコマンドを使用します。

デフォルトでは、IGMP スヌーピング クエリアは、IGMP バージョン 2 (IGMPv2)を使用するデバイスを検出するよう設定されていますが、IGMP バージョン 1 (IGMPv1)を使用しているクライアントは検出しません。デバイスが IGMPv2 を使用している場合、 max-response-time 値を手動で設定できます。デバイスが IGMPv1 を使用している場合は、 max-response-time を設定できません (値を設定できず、0 に設定されています)。

IGMPv1 を実行している RFC に準拠していないデバイ