Catalyst 3750 Metro スイッチ コマンド リファレンス
索引
Index
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/12/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

Index

数字

802.1Q トンネル ポート

QoS の注意事項 2-287, 2-319

制限事項 2-741

設定 2-740

表示 2-464

802.1x

違反エラー回復 2-109

スイッチポート モード 2-741

「ポート ベース認証」も参照

802.1x 対応ポートの再認証 2-93

A

aaa accounting dot1x コマンド 2-1

aaa authentication dot1x コマンド 2-3

AAA 方式 2-3

ACE 2-78, 2-354

ACL

許可 2-352

拒否 2-76

非 IP プロトコル用 2-251

表示 2-442

マッチング 2-273

action コマンド 2-5

Any Transport over MPLS

「AToM」を参照

archive download-sw コマンド 2-7

archive tar コマンド 2-9

archive upload-sw コマンド 2-12

arp access-list コマンド 2-14

AToM、デバッグ メッセージ B-37

auth-fail max-attempts

「dot1x auth-fail max-attempts」を参照

auth-fail vlan

「dot1x auth-fail vlan」を参照

Auto-QoS

「QoS」を参照

auto qos voip コマンド 2-16

B

BackboneFast、STP 用 2-670

bandwidth コマンド 2-21

boot config-file コマンド 2-24

boot enable-break コマンド 2-25

boot helper-config-file コマンド 2-27

boot helper コマンド 2-26

boot manual コマンド 2-28

boot private-config-file コマンド 2-29

boot system コマンド 2-30

boot(ブート ローダ)コマンド A-2

BPDU 2-672

BPDU ガード、スパニング ツリー用 2-674, 2-708

BPDU フィルタリング、スパニング ツリー用 2-672, 2-708

C

cat(ブート ローダ)コマンド A-4

CDP、プロトコル トンネリングのイネーブル化 2-230

CFM 2-340

channel-group コマンド 2-31

channel-protocol コマンド 2-35

Cisco SoftPhone、Auto-QoS 設定 2-16

class-map コマンド 2-41

class コマンド 2-36

clear ip arp inspection log コマンド 2-43

clear ip arp inspection statistics コマンド 2-44

clear ipv6 dhcp conflict コマンド 2-47

clear l2protocol-tunnel counters コマンド 2-48

clear lacp コマンド 2-49

clear mac address-table コマンド 2-50, 2-51

clear pagp コマンド 2-52, 2-53

clear spanning-tree counters コマンド 2-54

clear spanning-tree detected-protocols コマンド 2-55

clear vmps statistics コマンド 2-57

clear vtp counters コマンド 2-58

config-vlan モード

コマンド 2-788

copy(ブート ローダ)コマンド A-5

CoS

着信値の無効化 2-285

着信パケットへのデフォルト値の割り当て 2-285

レイヤ 2 プロトコル パケットへの割り当て 2-234

CoS/DSCP マップ 2-291

CPU ASIC 統計情報、表示 2-454

cpu traffic qos cos 2-59

cpu traffic qos dscp 2-61

cpu traffic qos precedence 2-63

D

debug autoqos コマンド B-2

debug backup コマンド B-4

debug dot1x コマンド B-5

debug dtp コマンド B-6

debug etherchannel コマンド B-7

debug interface コマンド B-10

debug ip dhcp snooping コマンド B-11

debug ip igmp filter コマンド B-12

debug ip igmp max-groups コマンド B-13

debug ip igmp snooping コマンド B-14

debug ip sla error twamp connection B-15

debug ip sla error twamp control reflector B-17

debug ip sla error twamp control server B-19

debug ip sla error twamp session B-21

debug ip sla trace twamp connection B-23

debug ip sla trace twamp control reflector B-25

debug ip sla trace twamp control server B-27

debug ip sla trace twamp session B-29

debug ip verify source packet コマンド B-31

debug lacp コマンド B-32

debug mac-notification コマンド B-33

debug matm move update コマンド B-35

debug matm コマンド B-34

debug monitor コマンド B-36

debug mpls atom コマンド B-37

debug mpls l2transport vlan コマンド B-38

debug mvrdbg コマンド B-39

debug nvram コマンド B-40

debug pagp コマンド B-41

debug platform acl コマンド B-42

debug platform backup interface コマンド B-43

debug platform cfm コマンド B-44

debug platform cpu-queues コマンド B-45

debug platform dot1ad コマンド B-47

debug platform dot1x コマンド B-48

debug platform etherchannel コマンド B-49

debug platform fallback-bridging コマンド B-50

debug platform forw-tcam コマンド B-51

debug platform ip arp inspection コマンド B-52

debug platform ip igmp snooping コマンド B-53

debug platform ip multicast コマンド B-56

debug platform ip unicast コマンド B-58

debug platform led コマンド B-60

debug platform matm コマンド B-61

debug platform messaging コマンド B-62

debug platform mpls コマンド B-63

debug platform phy コマンド B-64

debug platform pm コマンド B-65

debug platform port-asic コマンド B-67

debug platform port-security コマンド B-68

debug platform qos-acl-tcam コマンド B-69

debug platform remote-commands コマンド B-70

debug platform rep コマンド B-71

debug platform resource-manager コマンド B-72

debug platform snmp コマンド B-73

debug platform span コマンド B-74

debug platform supervisor-asic コマンド B-75

debug platform sw-bridge コマンド B-76

debug platform tcam コマンド B-77

debug platform udld コマンド B-80

debug platform vlan コマンド B-81

debug pm コマンド B-82

debug port-security コマンド B-84

debug qos-manager コマンド B-86

debug rep コマンド B-85

debug spanning-tree backbonefast コマンド B-89

debug spanning-tree bpdu-opt コマンド B-91

debug spanning-tree bpdu コマンド B-90

debug spanning-tree mstp コマンド B-92

debug spanning-tree switch コマンド B-94

debug spanning-tree uplinkfast コマンド B-96

debug spanning-tree コマンド B-87

debug sw-vlan ifs コマンド B-99

debug sw-vlan notification コマンド B-100

debug sw-vlan vtp コマンド B-101

debug sw-vlan コマンド B-97

debug udld コマンド B-103

debug vqpc コマンド B-105

debug xconnect コマンド B-106

define interface-range コマンド 2-66

delete コマンド 2-68

delete(ブート ローダ)コマンド A-6

deny(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)コマンド 2-69

deny(IPv6)コマンド 2-71

deny コマンド 2-76

DHCP スヌーピング

イネーブル化

VLAN上 2-166

インターフェイス上での信頼 2-164

オプション 82 2-157, 2-159

エッジ スイッチからの信頼できないパケットの受け入れ 2-159

レート制限 2-163

DHCP スヌーピング バインディング データベース

更新 2-400

データベース エージェント、設定 2-155

データベース エージェントの統計情報のクリア 2-45

バインディング

削除 2-153

追加 2-153

バインディング ファイル、設定 2-155

表示

データベース エージェント ステータス 2-511, 2-513

Digital Optical Monitoring

「DoM」を参照

dir(ブート ローダ)コマンド A-7

DoM

サポートされるトランシーバの表示 2-498, 2-662, 2-663

dot1x auth-fail max-attempts 2-79

dot1x auth-fail vlan 2-81

dot1x default コマンド 2-83

dot1x guest-vlan コマンド 2-84

dot1x host-mode コマンド 2-86

dot1x initialize コマンド 2-88

dot1x max-req コマンド 2-89, 2-90

dot1x port-control コマンド 2-91

dot1x re-authenticate コマンド 2-93

dot1x reauthentication コマンド 2-94

dot1x supplicant force-multicast コマンド 2-95

dot1x system-auth-control コマンド 2-96

dot1x test eapol-capable コマンド 2-97

dot1x test timeout コマンド 2-98

dot1x timeout コマンド 2-99

dot1x violation-mode コマンド 2-101

DSCP/CoS マップ 2-291

DSCP/DSCP 変換マップ 2-291

DTP 2-741

DTP フラップ

エラー回復タイマー 2-109

エラー検出 2-104

duplex コマンド 2-102

dynamic auto VLAN メンバシップ モード 2-740

dynamic desirable VLAN メンバシップ モード 2-740

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)

「DHCP スヌーピング」を参照

E

EAP-Request/Identity フレーム

再送信するまでの応答時間 2-99

最大送信回数 2-90

E-LMI

イネーブル化 2-113

マッピング 2-115

EoMPLS

設定 2-327, 2-809

表示 2-598

errdisable detect cause small-frame コマンド 2-106

errdisable detect cause コマンド 2-104

errdisable recovery cause small-frame 2-108

errdisable recovery コマンド 2-109

errdisable 検出 2-104

errdisable ステートのインターフェイス、表示 2-485

EtherChannel

EtherChannel/PAgP のデバッグ、表示 B-7

LACP

システム プライオリティ 2-237

チャネル グループ情報のクリア 2-49

デバッグ メッセージ、表示 B-32

表示 2-547

プロトコルの制限 2-35

ホットスタンバイ ポートのポート プライオリティ 2-235

モード 2-31

PAgP

エラー回復タイマー 2-109

エラー検出 2-104

学習方式 2-341

集約ポート ラーナー 2-341

送信トラフィック用のインターフェイスのプライオリティ 2-343

チャネル グループ情報のクリア 2-52

デバッグ メッセージ、表示 B-41

表示 2-608

物理ポート ラーナー 2-341

モード 2-31

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て 2-31

インターフェイス情報、表示 2-485

表示 2-477

負荷分散方式 2-370

プラットフォーム固有のデバッグ イベント、表示 B-49

ポート チャネル論理インターフェイスの作成 2-124

レイヤ 2 プロトコル トンネリングのイネーブル化

LACP 2-232

PAgP 2-232

UDLD 2-232

EtherChannel の負荷分散方式 2-370

ethermet lmi ce コマンド 2-113

ethernet evc コマンド 2-112

ethernet lim global コマンド 2-113

ethernet lmi ce-vlan map コマンド 2-115, 2-117

ethernet lmi コマンド 2-113

Ethernet over MPLS

「EoMPLS」を参照

Ethernet over Multiprotocol Label Switching

「EoMPLS」を参照

ethernet uni id コマンド 2-121

EVC 2-112

UNI カウント 2-785

VLAN 2-119

サービス インスタンス 2-423

EVC コンフィギュレーション モード 2-112

EVC サービス

ポイントツーポイント 2-785

ポイントツーマルチポイント 2-785

F

flash_init(ブート ローダ)コマンド A-9

Flex Link

設定 2-733

表示 2-485

優先 VLAN の設定 2-736

flowcontrol コマンド 2-122

format(ブート ローダ)コマンド A-10

fsck(ブート ローダ)コマンド A-11

H

help(ブート ローダ)コマンド A-12

I

IEEE 802.1ag 接続障害管理

「CFM」を参照

IEEE 802.1X ポート ベース認証

ゲスト VLAN サプリカントのイネーブル化 2-80

IGMP グループ、最大数の設定 2-171

IGMP 最大グループ数、デバッグ B-13

IGMP スヌーピング

Immediate-Leave 機能のイネーブル化 2-181

クエリア 2-177

グループのスタティック メンバーとしてのポートの追加 2-184

表示 2-517, 2-521, 2-523

マルチキャスト テーブル 2-519

レポート抑制 2-179

IGMP フィルタ

適用 2-169

デバッグ メッセージ、表示 B-12

IGMP プロファイル

作成 2-173

表示 2-516

Immediate-Leave 機能、MVR 2-336

import map コマンド 2-201

interface port-channel コマンド 2-124

interface range コマンド 2-126

interface vlan コマンド 2-128

ip access-group コマンド 2-130

ip address コマンド 2-133

ip arp inspection filter vlan コマンド 2-135

ip arp inspection limit コマンド 2-137

ip arp inspection log-buffer コマンド 2-139

ip arp inspection trust コマンド 2-141

ip arp inspection validate コマンド 2-143

ip arp inspection vlan logging コマンド 2-146

ip arp inspection vlan コマンド 2-145

ip device tracking probe コマンド 2-150

ip device tracking コマンド 2-148

ip dhcp snooping binding コマンド 2-153

ip dhcp snooping database コマンド 2-155

ip dhcp snooping information option allow-untrusted コマンド 2-159

ip dhcp snooping information option format remote-id コマンド 2-161

ip dhcp snooping information option コマンド 2-157

ip dhcp snooping limit rate コマンド 2-163

ip dhcp snooping trust コマンド 2-164

ip dhcp snooping verify コマンド 2-165

ip dhcp snooping vlan information option format-type circuit-id string コマンド 2-167

ip dhcp snooping vlan コマンド 2-166

ip dhcp snooping コマンド 2-152

IP DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング」を参照

ip igmp filter コマンド 2-169

ip igmp max-groups コマンド 2-171, 2-194, 2-196

ip igmp profile コマンド 2-173

ip igmp snooping querier コマンド 2-177

ip igmp snooping report-suppression コマンド 2-179

ip igmp snooping vlan immediate-leave コマンド 2-181

ip igmp snooping vlan mrouter コマンド 2-182

ip igmp snooping vlan static コマンド 2-184

ip igmp snooping コマンド 2-175

IP Phone

Auto-QoS 設定 2-16

IP Phone から送信されるパケットを信頼する 2-318

IP precedence/DSCP マップ 2-291

ip sla responder twamp 2-186

ip sla server twamp 2-188

ip source binding コマンド 2-190

ip ssh コマンド 2-192

ipv6 access-list コマンド 2-205

ipv6 address dhcp コマンド 2-207

ipv6 dhcp client request vendor コマンド 2-208

ipv6 dhcp ping packets コマンド 2-209

ipv6 dhcp pool コマンド 2-211

ipv6 dhcp server コマンド 2-213

ipv6 mld snooping last-listener-query-count コマンド 2-217

ipv6 mld snooping last-listener-query-interval コマンド 2-219

ipv6 mld snooping listener-message-suppression コマンド 2-221

ipv6 mld snooping robustness-variable コマンド 2-222

ipv6 mld snooping tcn コマンド 2-224

ipv6 mld snooping vlan コマンド 2-226

ipv6 mld snooping コマンド 2-215

ipv6 traffic-filter コマンド 2-228

IPv6 アクセス リスト、拒否条件 2-71

ip verify source コマンド 2-198

ip vrf(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-203

ip vrf(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-200

IP アドレス、設定 2-133

IP アドレス マッチング 2-273

IP ソース ガード

イネーブル化 2-198

スタティック IP ソース バインディング 2-190

ディセーブル化 2-198

表示

設定 2-532

バインディング エントリ 2-530

IP マルチキャスト アドレス 2-332

L

l2protocol-tunnel cos コマンド 2-234

l2protocol-tunnel コマンド 2-230

LACP

「EtherChannel」を参照

lacp port-priority コマンド 2-235

lacp system-priority コマンド 2-237

LDP

宛先 2-327

ホールド時間 2-329

Link Aggregation Control Protocol

「EtherChannel」を参照

link state group コマンド 2-239

link state track コマンド 2-241

location(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-244

location(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-242

logging event コマンド 2-246

logging file コマンド 2-247

M

mac access-group コマンド 2-249

mac access-list extended コマンド 2-251

mac address-table aging-time 2-249, 2-273

mac address-table aging-time コマンド 2-253

mac address-table learning コマンド 2-254

mac address-table move update 2-256

mac address-table move update コマンド 2-256

mac address-table notification コマンド 2-258

mac address-table static drop コマンド 2-261

mac address-table static コマンド 2-260

macro description コマンド 2-266

macro global description コマンド 2-270

macro global コマンド 2-267

macro name コマンド 2-271

MAC アクセス グループ、表示 2-557

MAC アクセス リスト 2-76

MAC アクセス リスト コンフィギュレーション モード 2-251

MAC アドレス

MAC アドレス通知のイネーブル化 2-258

MAC アドレス テーブル移行更新のイネーブル化 2-256

VLAN 単位での MAC アドレス学習のディセーブル化 2-254

スタティック

インターフェイス上でのドロップ 2-261

追加と削除 2-260

表示 2-578

ダイナミック

エージング タイム 2-253

削除 2-50

表示 2-567

テーブル 2-561

表示

MAC アドレス テーブル移行更新 2-572

VLAN 単位 2-580

VLAN 内のアドレス数 2-565

インターフェイス単位 2-569

エージング タイム 2-563

スタティック 2-578

スタティック エントリとダイナミック エントリ 2-559

すべて 2-561

ダイナミック 2-567

通知設定 2-571, 2-576

レイヤ 2 マルチキャスト エントリ 2-574

マッチング 2-273

MAC アドレス通知、デバッグ B-33

match(アクセス マップ コンフィギュレーション)コマンド 2-273

match(クラス マップ コンフィギュレーション)コマンド 2-275

mdix auto コマンド 2-279

memory(ブート ローダ)コマンド A-13

mkdir(ブート ローダ)コマンド A-15

MLD スヌーピング

イネーブル化 2-215

クエリーの設定 2-217, 2-219

設定 2-221, 2-222

トポロジ変更通知の設定 2-224

表示 2-535, 2-537, 2-539, 2-541

mls qos aggregate-policer コマンド 2-283

mls qos cos コマンド 2-285

mls qos dscp-mutation コマンド 2-287

mls qos enhanced コマンド 2-289

mls qos map コマンド 2-291

mls qos queue-set output buffers コマンド 2-294

mls qos queue-set output threshold コマンド 2-296

mls qos srr-queue input bandwidth コマンド 2-300

mls qos srr-queue input buffers コマンド 2-302

mls qos srr-queue input cos-map コマンド 2-304

mls qos srr-queue input dscp-map コマンド 2-306

mls qos srr-queue input priority-queue コマンド 2-308

mls qos srr-queue input threshold コマンド 2-310

mls qos srr-queue output cos-map コマンド 2-312

mls qos srr-queue output dscp-map コマンド 2-314, 2-316

mls qos trust コマンド 2-318

mls qos vlan-based コマンド 2-321

mls qos コマンド 2-281

Mode ボタン、パスワード回復 2-425

monitor session コマンド 2-322

more(ブート ローダ)コマンド A-16

MPLS

MTU 2-330

VC 2-327, 2-809

mpls l2transport route コマンド 2-327, 2-598

mpls ldp holdtime コマンド 2-329

mpls mtu コマンド 2-330

MSTP

MST リージョン

MST コンフィギュレーション モード 2-690

VLAN/インスタンス マッピング 2-690

現在または保留中のものを表示 2-690

コンフィギュレーション名 2-690

コンフィギュレーション リビジョン番号 2-690

表示 2-626

変更の中止 2-690

変更の適用 2-690

ステート情報表示 2-625

ステート変更

BPDU ガードのイネーブル化 2-674, 2-708

BPDU フィルタリングのイネーブル化 2-672, 2-708

PortFast 対応ポートのシャットダウン 2-708

PortFast のイネーブル化 2-708, 2-711

転送遅延時間 2-694

フォワーディング ステートへの高速移行 2-684

ブロッキング ステートからフォワーディング ステート 2-711

リスニング ステートおよびラーニング ステートの期間 2-694

相互運用性 2-55

パス コスト 2-692

表示 2-626

プロトコル移行プロセスの再開 2-55

プロトコル モード 2-688

リンク タイプ 2-684

ルート スイッチ

BPDU メッセージの間隔 2-696

BPDU を廃棄するまでの最大ホップ カウント 2-698

hello BPDU メッセージの間隔 2-695, 2-704

hello-time 2-695, 2-704

max-age 2-696

拡張システム ID の影響 2-680

スイッチ プライオリティ 2-703

選択に使用するポート プライオリティ 2-701

プライマリまたはセカンダリ 2-704

ルート ポート

指定ポートとして使用されないようにする 2-682

ルート ガード 2-682

ルートに使用できるインターフェイスの制限 2-682

ループ ガード 2-682

MTU

MPLS 用 2-330

グローバル設定の表示 2-633

サイズの設定 2-769

Multicase Listener Discovery

「MLD」を参照

Multicast Listener Discovery

「MLD」を参照

Multicast VLAN Registration

「MVR」を参照

MVR

アドレスのエイリアス化 2-333

インターフェイス情報の表示 2-604

インターフェイスの設定 2-336

設定 2-332

デバッグ メッセージ、表示 B-39

表示 2-602

メンバー、表示 2-606

mvr vlan group コマンド 2-337

mvr(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-336

mvr(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-332

N

nonegotiate、DTP メッセージング 2-745

no vlan コマンド 2-787

O

OAM PDU 2-117

oam protocol cfm svlan コマンド 2-340

OAM プロトコル 2-340

OAM プロトコルとしての CFM 2-340

P

PAgP

「EtherChannel」を参照

pagp learn-method コマンド 2-341

pagp port-priority コマンド 2-343

permit(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)コマンド 2-345

permit(IPv6)コマンド 2-347

permit コマンド 2-352

Per-VLAN Spanning-Tree Plus

「STP」を参照

PID、表示 2-502

PIM-DVMRP、マルチキャスト ルータの学習方式として 2-182

police aggregate コマンド 2-357

police cir percent コマンド 2-363

police cir コマンド 2-359

police コマンド 2-355

policy-map コマンド 2-367

port-channel load-balance コマンド 2-370

PortFast 2-708

PortFast、スパニング ツリー用 2-711

priority-queue コマンド 2-374

priority コマンド 2-372

private-vlan mapping コマンド 2-379

private-vlan コマンド 2-376

PVST+

「STP」を参照

Q

QoS

802.1Q トンネリングの注意事項 2-277, 2-287, 2-319

Auto-QoS

設定 2-16

デバッグ メッセージ、表示 1-5, B-2

表示 2-447

DSCP の信頼性のあるポート

DSCP/DSCP 変換マップの定義 2-291

DSCP/DSCP 変換マップの適用 2-287

IP Phone 用の信頼境界 2-318

VLAN ベース 2-321

イネーブル化 2-281

階層ポリシー

DSCP ベース WRED 2-387

IP precedence ベース WRED 2-394

WRED 2-384

WRED 平均キュー サイズの計算 2-391

インターフェイスへの適用 2-427

クラス上の平均伝送速度のトラフィック シェーピング 2-439

クラスの帯域幅割り当て 2-21

クラス ベース均等化キューイング 2-21, 2-38

サービス ポリシーの作成 2-430

ストリクト プライオリティ キューイング(LLQ) 2-372

テール ドロップ 2-381

デュアルレート ポリサー 2-359, 2-363

表示 2-613

マーキング 2-432

クラス マップ

一致基準の定義 2-275

作成 2-41

表示 2-453

出力キュー

キューセット設定の表示 2-595

出力キューセット

CoS 出力キューしきい値マップの定義 2-312

CoS 出力キューしきい値マップの表示 2-590

DSCP 出力キューしきい値マップの定義 2-316

DSCP 出力キューしきい値マップの表示 2-590

SRR とプライオリティ キューの相互作用 2-374

WTD しきい値の設定 2-296

キューイング方法の表示 2-586

キューおよびしきい値への CoS 値のマッピング 2-312

キューおよびしきい値への DSCP 値のマッピング 2-316

キューセット設定の表示 2-593

キューセットへのポートのマッピング 2-383

最大メモリおよび予約メモリの割り当ての設定 2-296

帯域幅共有およびスケジューリングのイネーブル化 2-724

帯域幅シェーピングおよびスケジューリングのイネーブル化 2-722

バッファの割り当て 2-294

バッファ割り当ての表示 2-586

プライオリティ キューのイネーブル化 2-374

ポートの最大出力の制限 2-720

設定情報の表示 2-447, 2-582

帯域幅を ES ポート 1 つだけに適用 2-289

着信パケットの CoS 値の定義 2-285

統計情報

キューに入ったパケットまたはドロップされたパケット 2-586

送受信された CoS 値 2-586

送受信された DSCP 値 2-586

プロファイル内およびプロファイル外のパケット 2-586

入力キュー

CoS 入力キューしきい値マップの定義 2-304

CoS 入力キューしきい値マップの表示 2-590

DSCP 入力キューしきい値マップの定義 2-306

DSCP 入力キューしきい値マップの表示 2-590

SRR スケジューリングの重みの割り当て 2-300

WTD しきい値の設定 2-310

キューイング方法の表示 2-586

キューおよびしきい値への CoS 値のマッピング 2-304

キューおよびしきい値への DSCP 値のマッピング 2-306

設定の表示 2-584

バッファの割り当て 2-302

バッファ割り当ての表示 2-586

プライオリティ キューのイネーブル化 2-308

ポート信頼状態 2-318

ポリシー マップ

インターフェイスへの適用 2-427

作成 2-367

集約ポリサーの定義 2-283

集約ポリサーの適用 2-357

シングルレート入力ポリサーの定義 2-355

信頼状態 2-777

デュアルレベル 2-368

トラフィック分類 2-36

非 ES ポート上の階層 2-368

ポリサーの表示 2-583

ポリシー マップの表示 2-613

ポリシング設定 DSCP マップ 2-291

マーキング 2-432

マップ

定義 2-291, 2-304, 2-306, 2-312, 2-316

表示 2-590

QoS の信頼境界 2-318

QoS のポート信頼状態 2-318

Quality of Service

「QoS」を参照

queue-limit コマンド 2-381

queue-set コマンド 2-383

R

random-detect dscp コマンド 2-387

random-detect exponential-weighting-constant コマンド 2-391

random-detect precedence コマンド 2-394

random-detect コマンド 2-384

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree Plus

「STP」を参照

Rapid PVST+

「STP」を参照

remote-span コマンド 2-398

rename(ブート ローダ)コマンド A-17

renew ip dhcp snooping database コマンド 2-400

rep admin vlan コマンド 2-402

rep block port コマンド 2-403

rep lsl-age-timer コマンド 2-407

rep preempt delay コマンド 2-409

rep preempt segment コマンド 2-411

rep segment コマンド 2-412

rep stcn コマンド 2-415

reset(ブート ローダ)コマンド A-18

rmdir(ブート ローダ)コマンド A-19

rmon collection stats コマンド 2-419

route-target コマンド 2-201

RSPAN

RSPAN トラフィックのフィルタ 2-322

VLAN 2-398

セッション

インターフェイスの追加 2-322

新規開始 2-322

表示 2-596

設定 2-322

表示 2-596

S

sdm prefer コマンド 2-420

service instance コマンド 2-423

service password-recovery コマンド 2-425

service-policy コマンド(インターフェイス コンフィギュレーション) 2-427

service-policy コマンド(ポリシー マップ クラス) 2-430

setup express コマンド 2-437

setup コマンド 2-434

set コマンド 2-432

set(ブート ローダ)コマンド A-20

shape コマンド 2-439

show access-lists コマンド 2-442

show archive status コマンド 2-445

show arp access-list コマンド 2-446

show auto qos コマンド 2-447

show boot コマンド 2-451

show class-map コマンド 2-453

show controllers cpu-interface コマンド 2-454

show controllers ethernet-controller コマンド 2-456

show controllers tcam コマンド 2-460

show dot1q-tunnel コマンド 2-464

show dot1x コマンド 2-465

show dtp コマンド 2-468

show env コマンド 2-470

show errdisable detect コマンド 2-471

show errdisable flap-values コマンド 2-473

show errdisable recovery コマンド 2-475

show etherchannel コマンド 2-477

show ethernet service evc コマンド 2-480

show ethernet service instance コマンド 2-481

show ethernet service interface コマンド 2-483

show interface rep コマンド 2-496

show interfaces counters コマンド 2-493

show interfaces コマンド 2-485

show interface transceivers コマンド 2-498

show inventory コマンド 2-502

show ip arp inspection コマンド 2-503

show ip dhcp snooping binding コマンド 2-508

show ip dhcp snooping database コマンド 2-511, 2-513

show ip dhcp snooping コマンド 2-507

show ip igmp profile コマンド 2-516

show ip igmp snooping address コマンド 2-537

show ip igmp snooping groups コマンド 2-519

show ip igmp snooping mrouter コマンド 2-521, 2-539

show ip igmp snooping querier コマンド 2-523, 2-541

show ip igmp snooping コマンド 2-517, 2-535

show ip sla standards 2-525

show ip sla twamp connection 2-462, 2-526

show ip sla twamp session 2-528

show ip source binding コマンド 2-530

show ipv6 dhcp conflict コマンド 2-534

show ipv6 route updated 2-543

show ip verify source コマンド 2-532

show l2protocol-tunnel コマンド 2-545

show lacp コマンド 2-547

show link state group コマンド 2-551

show lldp コマンド 2-553

show location 2-554

show location コマンド 2-554

show mac access-group コマンド 2-557

show mac address-table address コマンド 2-561

show mac address-table aging-time コマンド 2-563

show mac address-table count コマンド 2-565

show mac address-table dynamic コマンド 2-567

show mac address-table interface コマンド 2-569

show mac address-table learning コマンド 2-571

show mac address-table move update 2-572

show mac address-table move update コマンド 2-572

show mac address-table multicast コマンド 2-574

show mac address-table notification コマンド 2-51, 2-576, B-35

show mac address-table static コマンド 2-578

show mac address-table vlan コマンド 2-580

show mac address-table コマンド 2-559

show mls qos aggregate-policer コマンド 2-583

show mls qos input-queue コマンド 2-584

show mls qos interface コマンド 2-586

show mls qos maps コマンド 2-590

show mls qos queue-set コマンド 2-593

show mls qos コマンド 2-582

show monitor コマンド 2-596

show mvr interface コマンド 2-604

show mvr members コマンド 2-606

show mvr コマンド 2-602

show pagp コマンド 2-608

show parser macro コマンド 2-610

show platform acl コマンド C-2

show platform cfm コマンド C-3

show platform configuration コマンド C-4

show platform etherchannel コマンド C-5

show platform forward コマンド C-6

show platform ipc trace コマンド C-14

show platform ip igmp snooping コマンド C-8

show platform ip multicast コマンド C-10

show platform ip policy コマンド C-11

show platform ip unicast コマンド C-12

show platform layer4op コマンド C-15

show platform mac-address-table コマンド C-16

show platform messaging コマンド C-17

show platform monitor コマンド C-18

show platform mvr table コマンド C-19

show platform pm コマンド C-20

show platform port-asic コマンド C-22

show platform port-security コマンド C-26

show platform qos コマンド C-27

show platform resource-manager コマンド C-28

show platform snmp counters コマンド C-30

show platform spanning-tree コマンド C-31

show platform stp-instance コマンド C-32

show platform tb コマンド C-33

show platform tcam コマンド C-34

show platform vlan コマンド C-37

show policy-map コマンド 2-613

show port-security コマンド 2-616

show rep topology コマンド 2-619

show sdm prefer コマンド 2-621

show setup express コマンド 2-624

show spanning-tree コマンド 2-625

show storm-control コマンド 2-631

show system mtu コマンド 2-633

show trust コマンド 2-777

show udld コマンド 2-635

show version コマンド 2-638

show vlan access-map コマンド 2-645

show vlan filter コマンド 2-646

show vlan コマンド 2-640

show vlan コマンド、フィールド 2-642

show vmps コマンド 2-647

show vtp コマンド 2-650

shutdown vlan コマンド 2-656

shutdown コマンド 2-655

small violation-rate コマンド 2-657

SmartPort マクロ

「マクロ」を参照

snmp mib rep trap-rate コマンド 2-659

snmp-server enable traps コマンド 2-660

snmp-server host コマンド 2-664

snmp trap mac-notification change コマンド 2-668

SNMP 情報、送信のイネーブル化 2-660

SNMP トラップ

MAC アドレス通知機能のイネーブル化 2-258

MAC アドレス通知トラップのイネーブル化 2-668

送信のイネーブル化 2-660

SNMP ホスト、指定 2-664

SoftPhone

「Cisco SoftPhone」を参照

SPAN

SPAN トラフィックのフィルタ 2-322

セッション

インターフェイスの追加 2-322

新規開始 2-322

表示 2-596

設定 2-322

デバッグ メッセージ、表示 B-36

表示 2-596

spanning-tree backbonefast コマンド 2-670

spanning-tree bpdufilter コマンド 2-672

spanning-tree bpduguard コマンド 2-674

spanning-tree cost コマンド 2-676

spanning-tree etherchannel コマンド 2-678

spanning-tree extend system-id コマンド 2-680

spanning-tree guard コマンド 2-682

spanning-tree link-type コマンド 2-684

spanning-tree loopguard default コマンド 2-686

spanning-tree mode コマンド 2-688

spanning-tree mst configuration コマンド 2-690

spanning-tree mst cost コマンド 2-692

spanning-tree mst forward-time コマンド 2-694

spanning-tree mst hello-time コマンド 2-695

spanning-tree mst max-age コマンド 2-696

spanning-tree mst max-hops コマンド 2-698

spanning-tree mst port-priority コマンド 2-701

spanning-tree mst pre-standard コマンド 2-700

spanning-tree mst priority コマンド 2-703

spanning-tree mst root コマンド 2-704

spanning-tree portfast(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-711

spanning-tree portfast(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-708

spanning-tree port-priority コマンド 2-706

spanning-tree uplinkfast コマンド 2-713

spanning-tree vlan コマンド 2-715

speed コマンド 2-718

srr-queue bandwidth limit コマンド 2-720

srr-queue bandwidth shape コマンド 2-722

srr-queue bandwidth share コマンド 2-724

SSH、バージョンの設定 2-192

storm-control コマンド 2-726

STP

BackboneFast 2-670

EtherChannel の設定矛盾 2-678

VLAN オプション 2-703, 2-715

カウンタ、クリア 2-54

拡張システム ID 2-680

間接リンク障害の検出 2-670

ステート情報表示 2-625

ステート変更

BPDU ガードのイネーブル化 2-674, 2-708

BPDU フィルタリングのイネーブル化 2-672, 2-708

PortFast 対応ポートのシャットダウン 2-708

PortFast のイネーブル化 2-708, 2-711

エラー状態から回復するタイマーのイネーブル化 2-109

転送遅延時間 2-715

ブロッキング ステートからフォワーディング ステート 2-711

リスニング ステートおよびラーニング ステートの期間 2-715

デバッグ メッセージ、表示

BackboneFast イベント B-89

MSTP B-92

UplinkFast B-96

最適化された BPDU の処理 B-91

スイッチ シム B-94

スパニング ツリー アクティビティ B-87

送受信される BPDU B-90

パス コスト 2-676

プロトコル トンネリングのイネーブル化 2-230

プロトコル モード 2-688

ルート スイッチ

BPDU メッセージの間隔 2-715

hello BPDU メッセージの間隔 2-715

hello-time 2-715

max-age 2-715

拡張システム ID の影響 2-680, 2-716

スイッチ プライオリティ 2-715

選択に使用するポート プライオリティ 2-706

プライマリまたはセカンダリ 2-715

ルート ポート

UplinkFast 2-713

指定ポートとして使用されないようにする 2-682

新規選択時の時間短縮 2-713

ルート ガード 2-682

ルートに使用できるインターフェイスの制限 2-682

ループ ガード 2-682

STP の拡張システム ID 2-680

SVI、作成 2-128

switchport 2-733

switchport access コマンド 2-731

switchport backup interface コマンド 2-733

switchport block コマンド 2-737

switchport host コマンド 2-739

switchport mode private-vlan コマンド 2-743

switchport mode コマンド 2-740

switchport nonegotiate コマンド 2-745

switchport port-security aging コマンド 2-752

switchport port-security コマンド 2-747

switchport priority extend コマンド 2-754

switchport private-vlan コマンド 2-756

switchport protected コマンド 2-758

switchport trunk コマンド 2-760

switchport vlan mapping コマンド 2-764

switchport voice vlan コマンド 2-767

switchport コマンド 2-729

system mtu コマンド 2-769

T

tar ファイル、作成、一覧表示、および抽出 2-9

traceroute mac ip コマンド 2-775

traceroute mac コマンド 2-772

type(ブート ローダ)コマンド A-23

U

UDLD

アグレッシブ モード 2-779, 2-781

インターフェイス単位でのイネーブル化 2-781

エラー回復タイマー 2-109

グローバルでのイネーブル化 2-779

シャットダウン インターフェイスのリセット 2-784

ステータス 2-635

デバッグ メッセージ、表示 B-103

ノーマル モード 2-779, 2-781

メッセージ タイマー 2-779

udld reset コマンド 2-784

udld(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-781

udld(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-779

UNI

イーサネット 2-119

バンドルおよび多重化 2-119

uni count コマンド 2-785

UNI ID、イーサネット 2-121

unset(ブート ローダ)コマンド A-24

UplinkFast、STP 用 2-713

V

VC

MPLS、表示 2-598

インターフェイスの割り当て 1-5, 2-809

設定 2-327

version(ブート ローダ)コマンド A-26

VLAN

MAC アドレス

2-565

表示 2-580

VTP の SNMP トラップ 2-662, 2-665

一時停止 2-656

拡張範囲 2-787

ゲスト VLAN サプリカントのイネーブル化 2-80

再開 2-656

シャットダウン 2-656

設定 2-787

設定の表示 2-640

設定の保存 2-787

追加 2-787

デバッグ メッセージ、表示

ISL B-100

VLAN IOS ファイル システム エラーのテスト B-99

VLAN マネージャのアクティビティ B-97

VTP B-101

標準範囲 2-787

プライベート 2-743

設定 2-376

表示 2-640

「プライベート VLAN」も参照

メディア タイプ 2-790

vlan access-map コマンド 2-794

vlan database コマンド 2-796

vlan filter コマンド 2-797

VLAN ID 範囲 2-787

VLAN Query Protocol

「VQP」を参照

vlan(VLAN コンフィギュレーション)コマンド 2-793

VLAN アクセス マップ

アクション 2-5

表示 2-645

VLAN アクセス マップ コンフィギュレーション モード 2-794

vlan(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-787

VLAN コンフィギュレーション モード

開始 2-787, 2-796

概要 1-2

コマンド

VTP 2-808

説明 1-4

VLAN 上での MLD スヌーピング、イネーブル化 2-226

VLAN 設定

規則 2-790

保存 2-787

VLAN テンプレート 2-420

VLAN トランキング プロトコル

「VTP」を参照

VLAN フィルタ、表示 2-646

VLAN ベース QoS 2-321

VLAN マッピング、コマンド 2-765

VLAN マップ

作成 2-794

定義 2-273

適用 2-797

表示 2-645

VMPS

エラー回復タイマー 2-110

サーバの設定 2-802

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認 2-799

表示 2-647

vmps reconfirm(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-800

vmps reconfirm(特権 EXEC)コマンド 2-799

vmps retry コマンド 2-801

vmps server コマンド 2-802

VPN ルーティング/転送テーブル

「VRF」を参照

VQP

間隔の再確認 2-800

クライアントの統計情報のクリア 2-57

サーバごとの再試行回数 2-801

情報の表示 2-647

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認 2-799

ダイナミック アクセス ポート 2-732

VRF

インターフェイスへの関連付け 2-203

設定 2-200

VTP

イネーブル化

トンネリング 2-230

バージョン 2 2-804

プルーニング 2-804

カウンタ表示フィールド 2-651

情報の表示 2-650

ステータス 2-650

ステータス表示フィールド 2-652

設定

ドメイン名 2-804

パスワード 2-804

ファイル名 2-804

モード 2-804

設定の保存 2-787

統計情報 2-650

特性の変更 2-804

プルーニング 2-804

プルーニング カウンタのクリア 2-58

モード 2-804

vtp(VLAN コンフィギュレーション)コマンド 2-808

vtp(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-804

X

xconnect コマンド 2-809

アクセス グループ

IP 2-130

MAC、表示 2-557

アクセス コントロール エントリ

「ACE」を参照

アクセス コントロール リスト

「ACL」を参照

アクセス ポート 2-740

アクセス マップ コンフィギュレーション モード 2-273

アクセス モード 2-740

アクセス リスト

IP 2-130

レイヤ 2 インターフェイス上 2-130

アクセス リスト、IPv6 2-205

アップグレード情報

「リリース ノート」を参照

アップグレード、ソフトウェア イメージ 2-7

アドレスのエイリアス化 2-333

イーサネット UNI コンフィギュレーション 2-119

イーサネット仮想接続

「EVC」を参照

イーサネット コントローラ、内部レジスタの表示 2-456

イーサネット サービス

デバッグ B-8

表示 2-480

イーサネット サービス インスタンス 2-423

イーサネット サービス インターフェイス 2-483

イーサネット統計情報、収集 2-419

イーサネット ローカル管理インターフェイス

「E-LMI」を参照

イネーブル EXEC モード 1-2, 1-3

イメージ

「ソフトウェア イメージ」を参照

インターネット グループ管理プロトコル

「IGMP」を参照

インターフェイス

MAC アドレス テーブルの表示 2-569

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て 2-31

再起動 2-655

設定 2-102

ディセーブル化 2-655

デバッグ メッセージ、表示 B-10

複数の設定 2-126

ポート チャネル論理の作成 2-124

インターフェイス コンフィギュレーション モード 1-2, 1-4

インターフェイス速度、設定 2-718

インターフェイス範囲マクロ 2-66

運用管理および保守プロトコル

「OAM」を参照

エラー条件、表示 2-473

および 2-708

音声 VLAN

設定 2-767

ポート プライオリティの設定 2-754

温度情報、表示 2-470

回復メカニズム

原因 2-109

タイマー間隔 2-110

表示 2-471, 2-475

拡張範囲 VLAN

許可 VLAN リスト 2-761

設定 2-787

プルーニング適格リスト 2-761

カスタマー エッジ デバイス内のマルチ VPN ルーティング/転送インスタンス

「マルチ VRF CE」を参照

仮想回線

「VC」を参照

カプセル化方式 2-760

環境変数、表示 2-451

起動

IOS イメージ 2-30

環境変数の表示 2-451

手動 2-28

中断 2-25

許可 VLAN 2-760

許可ポート上の複数のホスト 2-86

クエリー時間、MVR 2-332

クラスタ

SNMP トラップ 2-660

クラス マップ

一致基準の定義 2-275

作成 2-41

表示 2-453

グローバル コンフィギュレーション モード 1-2, 1-3

検出メカニズム、原因 2-104

混合ポート、プライベート VLAN 2-743

コンフィギュレーション ファイル

名前の指定 2-24, 2-29

パスワード回復ディセーブル機能の考慮事項 A-1

サービス インスタンス、表示 2-481

サービス クラス

「CoS」を参照

最大伝送ユニット

「MTU」を参照

再認証

試行間隔 2-99

定期的な 2-94

システム メッセージ ロギング、フラッシュへのメッセージの保存 2-247

システム リソース テンプレート 2-420

シャットダウンしきい値、レイヤ 2 プロトコル トンネリング 2-230

ジャンボ フレーム

「MTU」を参照

集約ポート ラーナー 2-341

初期設定

「ハードウェア インストレーション ガイド」を参照

信頼できる QoS のポート状態 2-318

スイッチド ポート アナライザ

「SPAN」を参照

スイッチポート、表示 2-485

スイッチング特性

インターフェイスを戻す 2-729, 2-745

変更 2-729, 2-745

スタティック アクセス ポート、設定 2-731

スティッキ ラーニング、イネーブル化 2-747

スパニング ツリー プロトコル

「STP」を参照

制御ポートの許可ステート 2-91

制限 VLAN

「dot1x auth-fail vlan」を参照

製造識別情報、表示 2-502

セキュア ポート、制限事項 2-749

設定、初期

「ハードウェア インストレーション ガイド」を参照

送信元ポート、MVR 2-336

即時脱退処理 2-181

即時脱退処理、IPv6 2-226

ソフトウェア イメージ

アップグレード 2-7

アップロード 2-12

削除 2-68

ステータスのモニタリング 2-445

ダウンロード 2-7

ソフトウェア バージョン、表示 2-638

対象読者 xix

ダイナミック ARP インスペクション

ARP ACL

VLAN への適用 2-135

定義 2-14

パケットの許可 2-345

パケットの拒否 2-69

表示 2-446

VLAN 単位でのイネーブル化 2-145

エラー検出 2-109

クリア

統計情報 2-44

ログ バッファ 2-43

検証チェック 2-143

信頼できるインターフェイス ステート 2-141

着信 ARP パケットのレート制限 2-137

統計情報

クリア 2-44

表示 2-503

表示

ARP ACL 2-446

信頼状態およびレート制限 2-503

設定と動作ステート 2-503

統計情報 2-503

ログ バッファ 2-503

ロギングされるパケットのタイプ 2-146

ログ バッファ

クリア 2-43

設定 2-139

表示 2-503

ダイナミック アクセス ポート

制限事項 2-731

設定 2-731

ダイナミック トランキング プロトコル

「DTP」を参照

多重化、UNI 2-119

多重スパニング ツリー プロトコル

「MSTP」を参照

単方向リンク検出

「UDLD」を参照

注意、説明 xx

(注)、説明 xx

定義済みコマンド モード 1-1

ディレクトリ、削除 2-68

デフォルト テンプレート 2-420

デュアル IPv4/IPv6 テンプレート 2-347

デュアルレベルのポリシー マップ 2-368

デュプレックス モードの自動ネゴシエーション 2-102

電源情報、表示 2-470

転送結果、表示 C-6

テンプレート、システム リソース 2-420

統計情報、イーサネット グループ 2-419

ドメイン、CFM 2-340

ドメイン名、VTP 2-804

トランキング、VLAN モード 2-740

トランク、非 DTP デバイスに対する 2-741

トランク ポート 2-740

トランク モード 2-740, 2-741

ドロップしきい値、レイヤ 2 プロトコル トンネリング 2-230

トンネリング

PAgP、LACP、および UDLD のパケット 2-232

シャットダウンしきい値 2-232

ドロップしきい値 2-232

トンネル ポート、レイヤ 2 プロトコル、表示 2-545

内部レジスタ、表示 2-456, 2-460

認証失敗 VLAN

「dot1x auth-fail vlan」を参照

ネイティブ VLAN 2-760

ハードウェア ACL 統計情報 2-442

パケットの転送、ACL の一致による 2-5

パケットのドロップ、ACL の一致による 2-5

パスワード、VTP 2-804

パスワード回復メカニズム、イネーブル化とディセーブル化 2-425

バックアップ インターフェイス

設定 2-733

表示 2-485

バンドル特性、UNI 2-115

非 IP トラフィック

アクセス リスト 2-251

許可 2-352

拒否 2-76

非 IP プロトコル

拒否 2-76

転送 2-352

非階層シングルレベルのポリシー マップ 2-368

表記法

コマンド xix

テキスト xix

マニュアル xix

xx

標準範囲 VLAN 2-787

ファイル、削除 2-68

ファイル名、VTP 2-804

ファン情報、表示 2-470

ブート ローダ

アクセス A-1

環境変数

設定 A-20

設定解除 A-24

設定の表示 A-20

説明 A-20

場所 A-21

起動

IOS イメージ A-2

ヘルパー イメージ 2-26

システムのリセット A-18

ディレクトリ

削除 A-19

作成 A-15

リストの表示 A-7

表示

使用可能なコマンド A-12

バージョン A-26

メモリ ヒープ使用率 A-13

ファイル

コピー A-5

削除 A-6

内容の表示 A-4, A-16, A-23

名前変更 A-17

リストの表示 A-7

ファイル システム

一貫性チェックの実行 A-11

フォーマット A-10

フラッシュの初期化 A-9

プロンプト A-1

複数のインターフェイスの設定 2-126

物理ポート ラーナー 2-341

不明なマルチキャスト トラフィック、防止 2-737

不明なユニキャスト トラフィック、防止 2-737

プライベート VLAN

アソシエーション 2-756

混合ポート 2-743

設定 2-376

表示 2-640

ポートの設定 2-743

ホスト ポート 2-743

マッピング

設定 2-756

プルーニング

VLAN 2-760

VTP

イネーブル化 2-804

インターフェイス情報の表示 2-485

プルーニング適格 VLAN リスト 2-762

フレーム転送情報、表示 C-6

フロー制御パケットの受信 2-122

フロー制御パケットの送信 2-122

ブロードキャスト ストーム制御 2-726

ポート集約プロトコル

「EtherChannel」を参照

ポート セキュリティ

イネーブル化 2-747

違反エラー回復 2-109

エージング 2-752

デバッグ メッセージ、表示 B-84

ポート タイプ、MVR 2-336

ポート、デバッグ B-82

ポート範囲、定義 2-66

ポート ベース認証

802.1x AAA アカウンティング方式 2-1

802.1x 対応ポートの再認証 2-93

802.1x のイネーブル化

インターフェイス単位 2-91

グローバルな 2-96

AAA 方式リスト 2-3

IEEE 802.1x 準備状態のテスト 2-97

違反モードの設定 2-101

インターフェイスの初期化 2-88, 2-98

許可ステートの手動制御 2-91

許可ポート上の複数のホスト 2-86

ゲスト VLAN 2-84

スイッチからクライアントへの再送信時間 2-99

スイッチからクライアントへのフレーム再送信回数 2-89, 2-90

スイッチから認証サーバへの再送信時間 2-99

設定可能な 802.1x パラメータのリセット 2-83

定期的な再認証

イネーブル化 2-94

試行間隔 2-99

デバッグ メッセージ、表示 B-5

統計情報およびステータスの表示 2-465

認証情報の交換に失敗したときの次回交換までの待機時間 2-99

ホスト モード 2-86

ポート、保護 2-758

保護ポート、表示 2-490

ホスト接続、ポート設定 2-739

ホスト ポート、プライベート VLAN 2-743

ポリサー

集約 2-283, 2-357

シングルレート入力 2-355

デュアルレート階層 2-359, 2-363

表示 2-583

ポリシング設定 DSCP マップ 2-291

ポリシー マップ

「QoS、階層ポリシー」も参照

インターフェイスへの適用 2-427

作成 2-367

デュアルレベル 2-368

トラフィック分類

クラスの定義 2-36

信頼状態の定義 2-777

非階層およびシングルレベル 2-368

表示 2-613

「ポリサー」も参照

マーキング 2-432

ポリシング設定 DSCP マップ 2-291

マクロ

グローバルな説明の追加 2-270

作成 2-271

説明の追加 2-266

追跡 2-267

適用 2-267

パラメータ値の指定 2-267

表示 2-610

マクロ、インターフェイス範囲 2-66, 2-126

マップ

QoS

定義 2-291

表示 2-590

VLAN

作成 2-793

定義 2-273

表示 2-645

マニュアル

対象読者 xix

目的 xix

マニュアル、関連する xx

マニュアルの表記法 xix

マルチ VRF CE 2-200, 2-203

マルチキャスト VLAN、MVR 2-333

マルチキャスト グループ、MVR 2-333

マルチキャスト グループ アドレス、MVR 2-336

マルチキャスト ストーム制御 2-726

マルチキャスト ルータの学習方式 2-182

マルチキャスト ルータ ポート、IPv6 2-226

マルチキャスト ルータ ポート、設定 2-182

無効な GBIC

エラー回復タイマー 2-109

エラー検出 2-104

メンテナンス エンド ポイント 2-785

モード、MVR 2-332

モード、コマンド 1-1

ユーザ EXEC モード 1-2

ユニキャスト ストーム制御 2-726

ライン コンフィギュレーション モード 1-2, 1-5

ラベル配布プロトコル

「LDP」を参照

リソース テンプレート、表示 2-621

リモート スイッチド ポート アナライザ

「RSPAN」を参照

リンク フラップ

エラー回復タイマー 2-109

エラー検出 2-104

ルーティング テンプレート 2-420

ルーテッド ポート

IP アドレス 2-134

サポートされる数 2-134

ルート ガード、スパニング ツリー用 2-682

ルート識別子 2-201

ループ ガード、スパニング ツリー用 2-682, 2-686

ループバック エラー

回復タイマー 2-109

検出 2-104

例の表記法 xx

レイヤ 2 traceroute

IP アドレス 2-775

MAC アドレス 2-772

レイヤ 2 プロトコル トンネル

CoS 2-234

EtherChannel 2-232

エラー回復 2-232

エラー回復タイマー 2-109

エラー検出 2-104

カウンタ、クリア 2-48

しきい値の設定 2-232

レイヤ 2 プロトコル ポート、表示 2-545

レイヤ 2 モード、イネーブル化 2-729

レイヤ 3 モード、イネーブル化 2-729

レシーバー ポート、MVR 2-336

論理インターフェイス 2-124