Catalyst 3750 Metro スイッチ コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.1(14)AX
索引
Numerics
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Numerics

802.1Qトンネル ポート

QoSの注意事項  2-132, 2-157

制限  2-429

設定  2-428

表示  2-257

802.1x

違反エラーの回復  2-80

スイッチポート モード  2-428

ポートベース認証も参照

802.1x対応ポートの再認証  2-71

A

aaa authentication dot1xコマンド  2-1

AAA方式  2-1

abortコマンド  2-476

ACE  2-63, 2-180

ACL

一致  2-121

許可  2-178

拒否  2-61

非IPプロトコル  2-115

表示  2-234

actionコマンド  2-3

Any Transport over MPLS

AToMを参照

archive download-swコマンド  2-5

archive tarコマンド  2-7

archive upload-swコマンド  2-10

AToM、デバッグ メッセージ  B-17

auto qos voipコマンド  2-11

Auto-QoS

QoSを参照

B

BackboneFast、STP用  2-376

bandwidthコマンド  2-15

boot boothlprコマンド  2-18

boot config-fileコマンド  2-19

boot enable-breakコマンド  2-20

boot helper-config fileコマンド  2-22

boot helperコマンド  2-21

boot manualコマンド  2-23

boot private-config-fileコマンド  2-24

boot systemコマンド  2-25

boot(ブート ローダ)コマンド  A-2

BPDUガード、スパニングツリー用  2-379, 2-402

BPDUフィルタリング、スパニングツリー用  2-377, 2-402

C

cat(ブート ローダ)コマンド  A-3

CDP、プロトコル トンネリングのイネーブル化  2-104

channel-groupコマンド  2-26

channel-protocolコマンド  2-29

class-mapコマンド  2-35

classコマンド  2-30

clear l2protocol-tunnel countersコマンド  2-37

clear lacpコマンド  2-38

clear mac address-tableコマンド  2-39

clear pagpコマンド  2-40

clear setup expressコマンド  2-41

clear spanning-tree countersコマンド  2-42

clear spanning-tree detected-protocolsコマンド  2-43

clear vmps statisticsコマンド  2-44

clear vtp countersコマンド  2-45

cluster commander-addressコマンド  2-46

cluster discovery hop-countコマンド  2-48

cluster enableコマンド  2-49

cluster holdtimeコマンド  2-50

cluster memberコマンド  2-51

cluster outside-interfaceコマンド  2-53

cluster runコマンド  2-54

cluster standby-groupコマンド  2-55

cluster timerコマンド  2-57

config-vlanモード

開始  2-461

コマンド  2-462

サマリー  1-3

説明  1-5

copy(ブート ローダ)コマンド  A-4

CoS

着信値を上書き  2-131

着信パケットへのデフォルト値の割り当て  2-131

レイヤ2プロトコル パケットへの割り当て  2-107

CoS/DSCPマップ  2-135

CPU ASIC統計、表示  2-249

D

debug autoqosコマンド  B-2

debug clusterコマンド  B-4

debug dot1xコマンド  B-6

debug dtpコマンド  B-7

debug etherchannelコマンド  B-8

debug interfaceコマンド  B-9

debug ip igmp filterコマンド  B-10

debug ip igmp max-groupsコマンド  B-11

debug ip igmp snoopingコマンド  B-12

debug lacpコマンド  B-13

debug mac-notificationコマンド  B-14

debug matmコマンド  B-15

debug monitorコマンド  B-16

debug mpls atomコマンド  B-17

debug mpls l2transport vlanコマンド  B-18

debug mvrdbgコマンド  B-19

debug nvramコマンド  B-20

debug pagpコマンド  B-21

debug platform aclコマンド  B-22

debug platform cpu-queuesコマンド  B-23

debug platform dot1xコマンド  B-25

debug platform etherchannelコマンド  B-26

debug platform fallback-bridgingコマンド  B-27

debug platform forw-tcamコマンド  B-28

debug platform ip igmp snoopingコマンド  B-29

debug platform ip multicastコマンド  B-32

debug platform ip unicastコマンド  B-34

debug platform ledコマンド  B-36

debug platform matmコマンド  B-37

debug platform messaging applicationコマンド  B-38

debug platform phyコマンド  B-39

debug platform pmコマンド  B-40

debug platform port-asicコマンド  B-42

debug platform port-securityコマンド  B-43

debug platform qos-acl-tcamコマンド  B-44

debug platform remote-commandsコマンド  B-45

debug platform resource-managerコマンド  B-46

debug platform snmpコマンド  B-47

debug platform spanコマンド  B-48

debug platform supervisor-asicコマンド  B-49

debug platform sw-bridgeコマンド  B-50

debug platform tcamコマンド  B-51

debug platform udldコマンド  B-53

debug platform vlanコマンド  B-54

debug pmコマンド  B-55

debug port-securityコマンド  B-56

debug qos-managerコマンド  B-57

debug spanning-tree backbonefastコマンド  B-60

debug spanning-tree bpdu-optコマンド  B-62

debug spanning-tree bpduコマンド  B-61

debug spanning-tree mstpコマンド  B-63

debug spanning-tree switchコマンド  B-64

debug spanning-tree uplinkfastコマンド  B-66

debug spanning-treeコマンド  B-58

debug sw-vlan ifsコマンド  B-69

debug sw-vlan notificationコマンド  B-70

debug sw-vlan vtpコマンド  B-71

debug sw-vlanコマンド  B-67

debug udldコマンド  B-73

debug vqpcコマンド  B-74

debug xconnectコマンド  B-75

define interface-rangeコマンド  2-58

delete(ブート ローダ)コマンド  A-5

deleteコマンド  2-60

denyコマンド  2-61

dir(ブート ローダ)コマンド  A-6

dot1x defaultコマンド  2-64

dot1x guest-vlanコマンド  2-65

dot1x host-modeコマンド  2-66

dot1x initializeコマンド  2-67

dot1x max-reqコマンド  2-68

dot1x port-controlコマンド  2-69

dot1x re-authenicateコマンド  2-71

dot1x reauthenticationコマンド  2-72

dot1x system-auth-controlコマンド  2-73

dot1x timeoutコマンド  2-74

DSCP/CoSマップ  2-135

DSCP/DSCP合成マップ  2-135

DTP  2-429

DTPフラップ

エラー回復タイマー  2-80

エラー検出  2-78

duplexコマンド  2-76

dynamic auto VLANメンバーシップ モード  2-428

dynamic desirable VLANメンバーシップ モード  2-428

Dynamic Trunking Protocol

DTPを参照

E

EAP-Request/Identityフレーム

再送信するまでの時間  2-74

送信する最高回数  2-68

EoMPLS

設定  2-165, 2-492

表示  2-321

errdisable detect causeコマンド  2-78

errdisable recoveryコマンド  2-80

errdisableインターフェイス、表示  2-271

errdisable検出  2-78

EtherChannel

EtherChannel/PAgPのデバッグ、表示  B-8

LACP

channel-group情報のクリア  2-38

システム プライオリティ  2-110

デバッグ メッセージ、表示  B-13

表示  2-288

プロトコルの制限  2-29

ホットスタンバイ ポートのポート プライオリティ  2-108

モード  2-26

PAgP

channel-group情報のクリア  2-40

エラー回復タイマー  2-80

エラー検出  2-78

学習方式  2-175

集約ポート ラーナー  2-175

送信トラフィックのインターフェイスのプライオリティ  2-177

デバッグ メッセージ、表示  B-21

表示  2-330

物理ポート ラーナー  2-175

モード  2-26

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て  2-26

インターフェイス情報の表示  2-271

表示  2-268

負荷分散方式  2-193

プラットフォーム特定イベントのデバッグ、表示  B-26

ポート チャネル論理インターフェイスの作成  2-84

Ethernet over MPLS

EoMPLSを参照

Ethernet over Multiprotocol Label Switching

EoMPLSを参照

exitコマンド、VLANデータベース  2-476

F

flash_init(ブート ローダ)コマンド  A-7

flowcontrolコマンド  2-82

format(ブート ローダ)コマンド  A-8

fsck(ブート ローダ)コマンド  A-9

H

help(ブート ローダ)コマンド  A-10

HSRP

HSRPグループのクラスタへのバインド  2-55

スタンバイ グループ  2-55

I

IGMPグループ、最大数の設定  2-95

IGMP最大グループのデバッグ  B-11

IGMPスヌーピング

イネーブル  2-98

表示  2-281, 2-283, 2-284

IGMPフィルタ

適用  2-94

デバッグ メッセージ、表示  B-10

IGMPプロファイル

作成  2-96

表示  2-280

import mapコマンド  2-102

interface port-channelコマンド  2-84

interface rangeコマンド  2-86

interface vlanコマンド  2-88

ip access-groupコマンド  2-89

ip addressコマンド  2-92

ip igmp filterコマンド  2-94

ip igmp max-groupsコマンド  2-95

ip igmp profileコマンド  2-96

ip igmp snoopingコマンド  2-98

IP Phone

Auto-QoSの設定  2-11

送信されたパケットの信頼性  2-157

IP precedence/DSCPマップ  2-135

ip vrf(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  2-103

ip vrf(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-101

IPアドレスの一致  2-121

ipアドレスの設定  2-92

IPマルチキャスト アドレス  2-169

L

l2protocol-tunnel cosコマンド  2-107

l2protocol-tunnelコマンド  2-104

label distribution protocol

LDPを参照

LACP

EtherChannelを参照

lacp port-priorityコマンド  2-108

lacp system-priorityコマンド  2-110

LDP

宛先  2-165

ホールド時間  2-167

Link Aggregation Control Protocol

EtherChannelを参照

load_helper(ブート ローダ)コマンド  A-10

logging fileコマンド  2-111

M

mac access-groupコマンド  2-113

MAC access-groupの表示  2-291

mac access-list extendedコマンド  2-115

mac address-table aging-timeコマンド  2-117

mac address-table notificationコマンド  2-118

mac address-table staticコマンド  2-120

MACアクセス リスト  2-61

MACアクセス リスト コンフィギュレーション モード  2-115

MACアドレス

MACアドレス通知のイネーブル  2-118

一致  2-121

スタティック

追加および削除  2-120

表示  2-305

ダイナミック

エージング タイム  2-117

削除  2-39

表示  2-298

テーブル  2-294

表示

VLAN単位  2-307

VLANのアドレス数  2-297

インターフェイス単位  2-300

エージング タイム  2-295

スタティック  2-305

スタティックおよびダイナミック エントリ  2-292

すべて  2-295

ダイナミック  2-298

通知設定  2-303

レイヤ2マルチキャスト エントリ  2-301

MACアドレス テーブル エージング タイム  2-117

MACアドレス管理、デバッグ  B-14

match(アクセス マップ コンフィギュレーション)コマンド  2-121

match(クラスマップ コンフィギュレーション)コマンド  2-123

Maximum Transmission Unit

MTUを参照

mdix autoコマンド  2-126

memory(ブート ローダ)コマンド  A-11

mkdir(ブート ローダ)コマンド  A-12

mls qos aggregate-policerコマンド  2-129

mls qos cosコマンド  2-131

mls qos dscp-mutationコマンド  2-132

mls qos enhancedコマンド  2-134

mls qos mapコマンド  2-135

mls qos queue-set output buffersコマンド  2-138

mls qos queue-set output thresholdコマンド  2-140

mls qos srr-queue input bandwidthコマンド  2-142

mls qos srr-queue input buffersコマンド  2-144

mls qos srr-queue input cos-mapコマンド  2-145

mls qos srr-queue input dscp-mapコマンド  2-147

mls qos srr-queue input priority-queueコマンド  2-149

mls qos srr-queue input thresholdコマンド  2-151

mls qos srr-queue output cos-mapコマンド  2-153

mls qos srr-queue output dscp-mapコマンド  2-155

mls qos trustコマンド  2-157

mls qosコマンド  2-128

Modeボタン、パスワード回復  2-219

monitor sessionコマンド  2-160

more(ブート ローダ)コマンド  A-13

MPLS

MTU  2-168

VC  2-165, 2-492

mpls l2transport routeコマンド  2-165, 2-321

mpls ldp holdtimeコマンド  2-167

mpls mtuコマンド  2-168

MSTP

MSTリージョン

MSTコンフィギュレーション モード  2-390

VLANとインスタンス間のマッピング  2-390

現在または保留中の構成の表示  2-390

構成のリビジョン番号  2-390

構成名  2-390

表示  2-341

変更の中止  2-390

変更の適用  2-390

ステート情報の表示  2-340

ステート変更

BPDUガードのイネーブル  2-379, 2-402

BPDUフィルタリングのイネーブル  2-377, 2-402

PortFast対応ポートのシャットダウン  2-403

PortFastのイネーブル  2-402, 2-405

転送遅延時間  2-393

フォワーディング ステートへの高速移行  2-386

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ  2-405

リスニングおよびラーニング ステートの期間  2-393

相互運用  2-43

パス コスト  2-392

表示  2-341

プロトコル モード  2-388

プロトコル移行プロセスの再開  2-43

リンク タイプ  2-386

ルート スイッチ

BPDU廃棄までの最大ホップ数  2-396

BPDUメッセージの間隔  2-395

hello BPDUメッセージの間隔  2-394, 2-399

helloタイム  2-394, 2-399

拡張システムIDの影響  2-383

スイッチ プライオリティ  2-398

選択に関するポート プライオリティ  2-397

プライマリまたはセカンダリ  2-399

有効期限  2-395

ルート ポート

指定ポートの制限  2-384

ルート ガード  2-384

ルート ポートの制限  2-384

ループ ガード  2-384

MTU

MPLS  2-168

グローバル設定の表示  2-349

サイズの設定  2-448

Multiple Spanning-Tree Protocol

MSTPを参照

multi-VRF CE  2-101, 2-103

MVR

アドレスのエイリアス  2-170

インターフェイス情報の表示  2-326

インターフェイスの設定  2-172

設定  2-169

デバッグ メッセージ、表示  B-19

表示  2-325

メンバー、表示  2-328

mvr vlan groupコマンド  2-173

mvr(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  2-172

mvr(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-169

N

no vlanコマンド  2-461, 2-471

nonegotiate

DTPメッセージ  2-431

速度  2-412

P

PAgP

EtherChannelを参照

pagp learn-methodコマンド  2-175

pagp port-priorityコマンド  2-177

permitコマンド  2-178

per-VLAN spanning-tree plus

STPを参照

PIM-DVMRP、マルチキャスト ルータ学習方式  2-98

police aggregateコマンド  2-183

police cir percentコマンド  2-188

police cirコマンド  2-185

policeコマンド  2-181

policy-mapコマンド  2-191

Port Aggregation Protocol

EtherChannelを参照

port-channel load-balanceコマンド  2-193

PortFast、スパニングツリー用  2-405

priorityコマンド  2-194

PVST+

STPを参照

Q

QoS

1つのESポートへの帯域幅の割り当て  2-134

802.1Qトンネリングの注意事項  2-124, 2-132, 2-158

Auto-QoS

設定  2-11

デバッグ メッセージ、表示  B-2

表示  2-237

DSCPの信頼性のあるポート

DSCP/DSCP合成マップの適用  2-132

DSCP/DSCP合成マップの定義  2-135

IP Phoneの信頼境界  2-157

イネーブル  2-128

階層出力ポリシー

Class-Based Weighted Fair Queuing  2-15, 2-31

DSCPベースのWRED  2-202

IP precedenceベースのWRED  2-209

WRED  2-199

WRED平均キューサイズ計算  2-206

インターフェイスへの適用  2-221

完全優先キューイング(LLQ)  2-194

クラスの帯域幅割り当て  2-15

クラスの平均レート トラフィック シェーピング  2-232

サービス ポリシーの作成  2-223

テール ドロップ  2-196

二重レート ポリサー  2-186, 2-190

クラス マップ

一致条件の定義  2-123

作成  2-35

表示  2-242

出力キューセット

CoS出力キューのスレッシュホールド マップの定義  2-153

CoS出力キューのスレッシュホールド マップの表示  2-314

CoS値のキューおよびスレッシュホールドのマッピング  2-153

DSCP出力キューのスレッシュホールド マップの定義  2-155

DSCP出力入力キューのスレッシュホールド マップの表示  2-314

DSCP値のキューおよびスレッシュホールドのマッピング  2-155

WTDスレッシュホールドの設定  2-140

キュー セットに対するポートのマッピング  2-198

キューイングの指針を表示  2-311

キューセットの設定表示  2-317

最大に予約されたメモリ割り当ての設定  2-140

帯域幅共有およびスケジューリングのイネーブル  2-418

帯域幅シェーピングおよびスケジューリングのイネーブル  2-416

バッファの割り当て  2-138

バッファ割り当ての表示  2-311

ポート上の最大出力を制限  2-414

設定情報の表示  2-237, 2-308

着信パケットのCoS値の定義  2-131

統計

キューイングまたは廃棄されたパケット  2-311

送受信したCoS値  2-311

送受信したDSCP値  2-311

ポリサーに適合または不適合のパケット  2-311

入力キュー

CoS値のキューおよびスレッシュホールドのマッピング  2-145

CoS入力キューのスレッシュホールド マップの定義  2-145

CoS入力キューのスレッシュホールド マップの表示  2-314

DSCP値のキューおよびスレッシュホールドのマッピング  2-147

DSCP入力キューのスレッシュホールド マップの定義  2-147

DSCP入力キューのスレッシュホールド マップの表示  2-314

SRRスケジュールのウェイトの割り当て  2-142

WTDスレッシュホールドの設定  2-151

キューイングの指針を表示  2-311

設定の表示  2-310

バッファの割り当て  2-144

バッファ割り当ての表示  2-311

プライオリティ キューのイネーブル  2-149

ポートの信頼状態  2-157

ポリシー マップ

インターフェイスへの適用  2-221

作成  2-191

集約ポリサーの定義  2-129

集約ポリサーの適用  2-183

信頼状態  2-454

単一レート入力ポリサーの定義  2-181

トラフィック分類  2-30

ポリサー表示  2-309

ポリシー マップの表示  2-332

ポリシングされたDSCPマップ  2-135

マップ

定義  2-135, 2-145, 2-147, 2-153, 2-155

表示  2-314

QoSの信頼境界  2-157

QoSのポートの信頼状態  2-157

queue-limitコマンド  2-196

queue-setコマンド  2-198

R

random-detect dscpコマンド  2-202

random-detect exponential-weighting-constantコマンド  2-206

random-detect precedenceコマンド  2-209

random-detectコマンド  2-199

rapid per-VLAN spanning-tree plus

STPを参照

Rapid PVST+

STPを参照

rcommandコマンド  2-212

Remote Switched Port Analyzer

RSPAN参照

remote-spanコマンド  2-214

rename(ブート ローダ)コマンド  A-14

resetコマンド  2-476

reset(ブート ローダ)コマンド  A-15

rmdir(ブート ローダ)コマンド  A-16

rmon collection statsコマンド  2-216

Route Distinguisher  2-102

route-targetコマンド  2-102

RSPAN

RSPANトラフィックをフィルタ  2-160

VLAN  2-214

セッション

新しく開始  2-160

インターフェイスを追加  2-160

表示  2-318

設定  2-160

表示  2-318

S

sdm preferコマンド  2-217

service password-recoveryコマンド  2-219

service-policy(インターフェイス コンフィギュレーション)  2-221

service-policy(ポリシーマップ クラス)  2-223

setup expressコマンド  2-230

setupコマンド  2-227

setコマンド  2-225

set(ブート ローダ)コマンド  A-17

shapeコマンド  2-232

show access-listsコマンド  2-234

show auto qosコマンド  2-237

show bootコマンド  2-240

show changesコマンド  2-476

show class-mapコマンド  2-242

show cluster candidatesコマンド  2-245

show cluster membersコマンド  2-247

show clusterコマンド  2-243

show controllers cpu-interfaceコマンド  2-249

show controllers ethernet-controllerコマンド  2-251

show controllers tcamコマンド  2-255

show currentコマンド  2-476

show dot1q-tunnelコマンド  2-257

show dot1xコマンド  2-258

show dtpコマンド  2-261

show envコマンド  2-263

show errdisable detectコマンド  2-264

show errdisable flap-valuesコマンド  2-265

show errdisable recoveryコマンド  2-266

show etherchannelコマンド  2-268

show interfaces countersコマンド  2-278

show interfacesコマンド  2-271

show ip igmp profileコマンド  2-280

show ip igmp snooping mrouterコマンド  2-283

show ip igmp snooping multicastコマンド  2-284

show ip igmp snoopingコマンド  2-281

show l2protocol-tunnelコマンド  2-286

show lacpコマンド  2-288

show mac access-groupコマンド  2-291

show mac address-table addressコマンド  2-294

show mac address-table aging timeコマンド  2-295

show mac address-table countコマンド  2-297

show mac address-table dynamicコマンド  2-298

show mac address-table interfaceコマンド  2-300

show mac address-table multicastコマンド  2-301

show mac address-table notificationコマンド  2-303

show mac address-table staticコマンド  2-305

show mac address-table vlanコマンド  2-307

show mac address-tableコマンド  2-292

show mls qos aggregate-policerコマンド  2-309

show mls qos input-queueコマンド  2-310

show mls qos interfaceコマンド  2-311

show mls qos mapsコマンド  2-314

show mls qos queue-setコマンド  2-317

show mls qosコマンド  2-308

show monitorコマンド  2-318

show mvr interfaceコマンド  2-326

show mvr membersコマンド  2-328

show mvrコマンド  2-325

show pagpコマンド  2-330

show platform aclコマンド  C-2

show platform configurationコマンド  C-3

show platform etherchannelコマンド  C-4

show platform forwardコマンド  C-5

show platform igmp snoopingコマンド  C-7

show platform ip multicastコマンド  C-8

show platform ip policyコマンド  C-9

show platform ip unicastコマンド  C-10

show platform ipc traceコマンド  C-11

show platform layer4opコマンド  C-12

show platform mac-address-tableコマンド  C-13

show platform messagingコマンド  C-14

show platform monitorコマンド  C-15

show platform mvr tableコマンド  C-16

show platform pmコマンド  C-17

show platform port-asicコマンド  C-18

show platform port-securityコマンド  C-22

show platform qosコマンド  C-23

show platform resource-managerコマンド  C-24

show platform snmp countersコマンド  C-25

show platform spanning-treeコマンド  C-26

show platform stp-instanceコマンド  C-27

show platform tbコマンド  C-28

show platform tcamコマンド  C-29

show platform vlanコマンド  C-31

show policy-mapコマンド  2-332

show port-securityコマンド  2-335

show proposedコマンド  2-476

show sdm preferコマンド  2-337

show setup expressコマンド  2-339

show spanning-treeコマンド  2-340

show storm-controlコマンド  2-346

show system mtuコマンド  2-349

show udldコマンド  2-350

show versionコマンド  2-353

show vlan access-mapコマンド  2-358

show vlan filterコマンド  2-359

show vlanコマンド  2-354

show vlanコマンド、フィールド  2-355

show vmpsコマンド  2-360

show vtpコマンド  2-362

shutdown vlanコマンド  2-368

shutdownコマンド  2-367

snmp trap mac-notificationコマンド  2-375

snmp-server enable trapsコマンド  2-369

snmp-server hostコマンド  2-371

SNMP通知、送信のイネーブル  2-369

SNMPトラップ

MACアドレス通知機能のイネーブル  2-118

MACアドレス通知トラップのイネーブル  2-375

SNMPホスト、指定  2-371

SPAN

SPANトラフィックをフィルタ  2-160

セッション

新しく開始  2-160

インターフェイスを追加  2-160

表示  2-318

設定  2-160

デバッグ メッセージ、表示  B-16

表示  2-318

spanning-tree backbonefastコマンド  2-376

spanning-tree bpdufilterコマンド  2-377

spanning-tree bpduguardコマンド  2-379

spanning-tree costコマンド  2-381

spanning-tree extend system-idコマンド  2-383

spanning-tree guardコマンド  2-384

spanning-tree link-typeコマンド  2-386

spanning-tree loopguard defaultコマンド  2-387

spanning-tree modeコマンド  2-388

spanning-tree mst configurationコマンド  2-390

spanning-tree mst costコマンド  2-392

spanning-tree mst forward-timeコマンド  2-393

spanning-tree mst hello-timeコマンド  2-394

spanning-tree mst max-ageコマンド  2-395

spanning-tree mst max-hopsコマンド  2-396

spanning-tree mst port-priorityコマンド  2-397

spanning-tree mst priorityコマンド  2-398

spanning-tree mst rootコマンド  2-399

spanning-tree portfast(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  2-405

spanning-tree portfast(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-402

spanning-tree port-priorityコマンド  2-401

Spanning-Tree Protocol

STPを参照

spanning-tree uplinkfastコマンド  2-407

spanning-tree vlanコマンド  2-409

speedコマンド  2-412

srr-queue bandwidth limitコマンド  2-414

srr-queue bandwidth shapeコマンド  2-416

srr-queue bandwidth shareコマンド  2-418

storm-controlコマンド  2-420

STP

BackboneFast  2-376

VLANオプション  2-409

カウンタ、クリア  2-42

拡張システムID  2-383

間接リンク障害の検出  2-376

ステート情報の表示  2-340

ステート変更

BPDUガードのイネーブル  2-379, 2-402

BPDUフィルタリングのイネーブル  2-377, 2-402

errdisableステートから回復するタイマーをイネーブルにする  2-80

PortFast対応ポートのシャットダウン  2-402

PortFastのイネーブル  2-402, 2-405

転送遅延時間  2-409

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ  2-405

デバッグ メッセージ、表示

BackboneFastイベント  B-60

MSTP  B-63

UplinkFast  B-66

最適化されたBPDU処理  B-62

スパニングツリーのアクティビティ  B-58

送受信されたBPDU  B-61

パス コスト  2-381

プロトコル トンネリングのイネーブル化  2-104

プロトコル モード  2-388

ルート スイッチ

BPDUメッセージの間隔  2-409

hello BPDUメッセージの間隔  2-409

helloタイム  2-409

拡張システムIDの影響  2-383, 2-410

スイッチ プライオリティ  2-409

選択に関するポート プライオリティ  2-401

プライマリまたはセカンダリ  2-409

有効期限  2-409

ルート ポート

UplinkFast  2-407

新しいルート ポート選択の高速化  2-407

指定ポートとなることの制限  2-385

ルート ガード  2-384

ルートとなるポートの制限  2-384

ループ ガード  2-384

STPの拡張システムID  2-383

SVI、作成  2-88

Switched Port Analyzer

SPAN参照

switchport accessコマンド  2-424

switchport blockコマンド  2-426

switchport hostコマンド  2-427

switchport modeコマンド  2-428

switchport nonegotiateコマンド  2-431

switchport port-security agingコマンド  2-436

switchport port-securityコマンド  2-432

switchport priority extendコマンド  2-438

switchport protectedコマンド  2-439

switchport trunkコマンド  2-440

switchport vlan mappingコマンド  2-444

switchport voice vlanコマンド  2-446

switchportコマンド  2-422

system mtuコマンド  2-448

T

tarファイル、作成、一覧表示、および抽出  2-6

traceroute mac ipコマンド  2-452

traceroute macコマンド  2-449

trustコマンド  2-454

type(ブート ローダ)コマンド  A-20

U

UDLD

アグレッシブ モード  2-456, 2-458

インターフェイスごとのイネーブル  2-458

エラー回復タイマー  2-80

グローバルにイネーブルにする  2-456

シャットダウン インターフェイスのリセット  2-460

ステータス  2-350

デバッグ メッセージ、表示  B-73

ノーマル モード  2-456, 2-458

メッセージ タイマー  2-456

udld resetコマンド  2-460

udld(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド  2-458

udld(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-456

unset(ブート ローダ)コマンド  A-21

UplinkFast、STP用  2-407

V

VC

MPLS、表示  2-321

インターフェイスの割り当て  2-492

設定  2-165

version(ブート ローダ)コマンド  A-23

VLAN

MACアドレス

数  2-297

表示  2-307

VTPのSNMPトラップ  2-370, 2-372

拡張範囲  2-461

コンフィギュレーションの保存  2-461

再開  2-368

シャットダウン  2-368

設定  2-461, 2-466

設定の表示  2-354

中断  2-368

追加  2-461

デバッグ メッセージ、表示

ISL  B-70

VLAN IOS File Systemエラー テスト  B-69

VLANマネージャのアクティビティ  B-67

VTP  B-71

標準範囲  2-461, 2-466

変数  2-470

メディア タイプ  2-462, 2-468

vlan access-mapコマンド  2-473

vlan databaseコマンド  2-475

vlan filterコマンド  2-478

VLAN ID範囲  2-461, 2-466

VLAN Query Protocol

VQPを参照

VLAN Trunking Protocol

VTPを参照

VLANアクセス マップ コンフィギュレーション モード  2-473

VLANアクセスマップ

アクション  2-3

表示  2-358

VLANコンフィギュレーション

規則  2-464, 2-469

保存  2-461, 2-471

VLANコンフィギュレーション モード

開始  2-475

コマンド

vlan  2-466

vtp  2-488

サマリー  1-3

説明  1-5

VLANテンプレート  2-217

VLANフィルタ、表示  2-359

VLANマッピング

コマンド  2-444

表示  2-271

VLANマップ

作成  2-473

定義  2-121

適用  2-478

表示  2-358

vlan(VLANコンフィギュレーション)コマンド  2-466

vlan(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-461

VMPS

エラー回復タイマー  2-80

サーバの設定  2-482

ダイナミックVLAN割り当ての再確認  2-479

表示  2-360

vmps reconfirm(イネーブルEXEC)コマンド  2-479

vmps reconfirm(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-480

vmps retryコマンド  2-481

vmps serverコマンド  2-482

VPN Routing/Forwardingテーブル

VRFを参照

VQP

クライアント統計情報のクリア  2-44

サーバごとの再試行回数  2-481

再確認間隔  2-480

情報の表示  2-360

ダイナミック アクセス ポート  2-424

ダイナミックVLAN割り当ての再確認  2-479

VRF

インターフェイスへの関連づけ  2-103

設定  2-101

テーブル  2-218

VTP

イネーブル

トンネリング  2-104

バージョン2  2-484, 2-488

プルーニング  2-484, 2-488

カウンタ表示フィールド  2-363

コンフィギュレーションの保存  2-461, 2-471

情報の表示  2-362

ステータス  2-362

ステータス表示フィールド  2-365

設定

mode  2-484, 2-488

ドメイン名  2-484, 2-488

パスワード  2-484, 2-488

ファイル名  2-484

統計  2-362

特性の変更  2-484

プルーニング  2-484, 2-488

プルーニング カウンタのクリア  2-45

モード  2-484, 2-488

vtp(VLANコンフィギュレーション)コマンド  2-488

vtp(グローバル コンフィギュレーション)コマンド  2-484

X

xconnectコマンド  2-492

アクセス グループ

IP  2-89

MAC、表示  2-291

アクセス ポート  2-428

アクセス マップ コンフィギュレーション モード  2-121

アクセス モード  2-428

アクセス リスト

IP  2-89

レイヤ2のインターフェイス上  2-89

アクセス制御エントリ

ACEを参照

アクセス制御リスト

ACLを参照

アップグレード情報  xix

アドレスのエイリアス  2-170

イーサネット コントローラ、内部レジスタの表示  2-251

イーサネット統計情報、収集  2-216

イネーブルEXECモード  1-2, 1-3

イメージ

ソフトウェア イメージを参照

インターフェイス

MACアドレス テーブルの表示  2-300

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て  2-26

再開  2-367

設定  2-76

ディセーブル  2-367

デバッグ メッセージ、表示  B-9

複数の設定  2-86

ポート チャネル論理の作成  2-84

インターフェイス コンフィギュレーション モード  1-2, 1-4

インターフェイスの速度、設定  2-412

インターフェイス範囲マクロ  2-58

エラー条件、表示  2-265

音声VLAN

設定  2-446

ポート プライオリティの設定  2-438

温度情報の表示  2-263

回復メカニズム

原因  2-80

タイマー間隔  2-80

表示  2-264, 2-266

拡張範囲VLAN

許可VLANリスト  2-441

設定  2-461

プルーニング適格リスト  2-441

カスタマー エッジ デバイスのマルチVRF

multi-VRF CEを参照

仮想回線

VCを参照

カプセル化形式  2-440

環境変数の表示  2-240

起動

IOSイメージ  2-25

環境変数の表示  2-240

手動  2-23

中断  2-20

許可VLAN  2-440

クエリ時間、MVR  2-169

クラス マップ

一致条件の定義  2-123

作成  2-35

表示  2-242

クラスタ

HSRPグループへのバインド  2-55

HSRPスタンバイ グループ  2-55

SNMPトラップ  2-369

拡張検出のホップ カウント制限  2-48

候補の追加  2-51

冗長性  2-55

通信

Telnetを使用したメンバー  2-212

クラスタ外部のデバイス  2-53

デバッグ メッセージ、表示  B-4

入力して設定  2-51

表示

候補スイッチ  2-245

ステータス  2-243

デバッグ メッセージ  B-4

メンバー スイッチ  2-247

クラスタ スイッチの冗長  2-55

クラスタ スイッチへのTelnet  2-212

クラスタのホップ カウント制限  2-48

グローバル コンフィギュレーション モード  1-2, 1-4

候補スイッチ

クラスタを参照

候補スイッチの拡張検出  2-48

コマンド スイッチ

クラスタを参照

コマンドの適用  2-475

コンフィギュレーション ファイル

名前を指定  2-19, 2-24

パスワード回復のディセーブル時の考慮事項  A-1

サービス クラス

CoSを参照

サービス品質

QoSを参照

再認証

試行間隔時間  2-74

定期的  2-72

システム メッセージのログ、フラッシュにメッセージを保存  2-111

システム リソースのテンプレート  2-217

シャットダウン スレッシュホールド、レイヤ2プロトコル トンネル  2-104

ジャンボ フレーム

MTUを参照

集約ポート ラーナー  2-175

スイッチポート、表示  2-271

スイッチングの特性

インターフェイスの戻り  2-422, 2-431

変更  2-422, 2-431

スタティック アクセス ポートの設定  2-424

スティッキー ラーニング、イネーブル  2-432

制御ポートの許可ステート  2-69

製品、テクノロジー、ネットワーク ソリューションの出版物  xxiii

セキュア ポート、制限  2-434

送信元ポート、MVR  2-172

即時脱退機能、MVR  2-172

即時脱退処理  2-98

ソフトウェア イメージ

アップグレード  2-5

アップロード  2-10

削除  2-60

ダウンロード  2-5

ソフトウェア バージョンの表示  2-353

ソフトウェア イメージのアップグレード  2-5

対象読者  xvii

ダイナミック アクセス ポート

制限  2-424

設定  2-424

単一方向リンクの検出

UDLDを参照

注意、説明  xviii

注、説明  xviii

定義済みのコマンド モード  1-2

ディレクトリ、削除  2-60

テクニカル サポート、TAC  xxi

デフォルト テンプレート  2-217

デュプレックス モードの自動ネゴシエーション  2-76

電源情報の表示  2-263

転送結果、表示  C-5

テンプレート、システム リソース  2-217

統計情報、イーサネット グループ  2-216

ドメイン名、VTP  2-484, 2-488

トランキング モード  2-428

トランキング、VLANモード  2-428

トランク ポート  2-428

トランク、DTPをサポートしないデバイス  2-429

トンネリング

シャットダウン スレッシュホールド  2-106

廃棄スレッシュホールド  2-106

トンネル ポート、レイヤ2プロトコル、表示  2-286

内部レジスタ、表示  2-251, 2-255

ネイティブVLAN  2-440

ハードウェアACL統計  2-234

廃棄スレッシュホールド、レイヤ2プロトコル トンネル  2-104

パケットの転送、ACL一致の場合  2-3

パケットの廃棄、ACL一致の場合  2-3

パスワード回復メカニズム、イネーブルおよびディセーブル  2-219

パスワード、VTP  2-484, 2-488

非IPトラフィック

アクセス リスト  2-115

許可  2-178

拒否  2-61

非IPプロトコル

拒否  2-61

転送  2-178

表記法

コマンド  xviii

書体  xviii

マニュアル  xviii

例  xviii

標準範囲VLAN  2-461, 2-466

ファイル名、VTP  2-484

ファイル、削除  2-60

ファン情報、表示  2-263

ブート ローダ

アクセス方法  A-1

環境変数

位置  A-18

設定  A-17

設定の表示  A-17

説明  A-17

リセット  A-21

起動

IOSイメージ  A-2

ヘルパー イメージ  2-21

システムのリセット  A-15

ディレクトリ

削除  A-16

作成  A-12

リストの表示  A-6

表示

使用可能なコマンド  A-10

バージョン  A-23

メモリ ヒープ使用率  A-11

ファイル

コピー  A-4

削除  A-5

内容表示  A-3, A-13, A-20

名前変更  A-14

リストの表示  A-6

ファイル システム

一貫性チェックの実行  A-9

フォーマット  A-8

フラッシュの初期化  A-7

プロンプト  A-1

ヘルパー イメージのロード  A-10

負荷分散方式、EtherChannel  2-193

複数のインターフェイスの設定  2-86

複数のホスト、許可されたポート上  2-66

物理ポート ラーナー  2-175

不明なマルチキャスト トラフィック、回避  2-426

不明なユニキャスト トラフィック、回避  2-426

プルーニング

VLAN  2-440

VTP

イネーブル  2-484, 2-488

インターフェイス情報の表示  2-271

プルーニング適格VLANリスト  2-442

フレーム転送情報、表示  C-5

フロー制御パケットの受信  2-82

フロー制御パケットの送信  2-82

ブロードキャスト ストーム制御  2-420

ブロードキャスト トラフィック カウンタ  2-278

ポート セキュリティ

イネーブル  2-432

違反エラーの回復  2-80

エージング  2-436

デバッグ メッセージ、表示  B-56

ポートタイプ、MVR  2-172

ポート範囲、定義  2-58

ポートベース認証

802.1x対応ポートの再認証  2-71

802.1xのイネーブル

インターフェイス単位  2-69

グローバル  2-73

AAA方式のリスト  2-1

インターフェイスの初期化  2-67

許可ステートの手動制御  2-69

ゲストVLAN  2-65

スイッチからクライアントへの再送信時間  2-74

スイッチからクライアントへのフレームの再送信数  2-68

スイッチから認証サーバへの再送信時間  2-74

設定可能な802.1xのパラメータをリセット  2-64

定期的な再認証

イネーブル  2-72

試行間隔時間  2-74

デバッグ メッセージ、表示  B-6

統計およびステータス表示  2-258

認証交換に失敗したあとの待機期間  2-74

複数のホスト、許可されたポート上  2-66

ホスト モード  2-66

ポート、デバッグ  B-55

保護ポート  2-439

保護ポート、表示  2-276

ホスト接続、ポート設定  2-427

ポリサー

集約  2-129, 2-183

単一レート入力  2-181

二重レート出力  2-185, 2-188

表示  2-309

ポリシングされたDSCPマップ  2-135

ポリシー マップ

QoS、階層出力ポリシーも参照

インターフェイスへの適用  2-221

作成  2-191

トラフィックの分類

クラスの定義  2-30

信頼状態の定義  2-454

表示  2-332

ポリサーも参照

ポリシーベース ルーティング、テンプレート要件  2-217

ポリシングされたDSCPマップ  2-135

マクロ、インターフェイス範囲  2-58, 2-87

マップ

QoS

定義  2-135

表示  2-314

VLAN

作成  2-473

定義  2-121

表示  2-358

マニュアル

関連資料  xix

対象読者  xvii

入手方法、WWWから  xx

発注方法  xx

目的  xvii

マルチキャスト グループ、MVR  2-170, 2-172

マルチキャスト ストーム制御  2-420

マルチキャスト トラフィック カウンタ  2-278

マルチキャスト ルータ ポート、設定  2-98

マルチキャストVLANレジストレーション

MVRを参照

マルチキャストVLAN、MVR  2-170

マルチキャスト ルータの学習方式  2-98

無効なGBIC

エラー回復タイマー  2-80

エラー検出  2-78

メカニズムの検出  2-78

メンバー スイッチ

クラスタを参照

モード、MVR  2-169

モード、コマンド  1-2

ユーザEXECモード  1-2, 1-3

ユニキャスト ストーム制御  2-420

ユニキャスト トラフィック カウンタ  2-278

ライン コンフィギュレーション モード  1-3, 1-6

リソース テンプレート、表示  2-337

リンクフラップ

エラー回復タイマー  2-80

エラー検出  2-78

ルーティング テンプレート  2-217

ルーティング ポート

IPアドレス  2-92

サポートされる番号  2-92

ルート ガード、スパニングツリー用  2-384

ループ ガード、スパニングツリー用  2-384, 2-387

ループバック エラー

回復タイマー  2-80

検出  2-78

レイヤ2のtraceroute

IPアドレス  2-452

MACアドレス  2-449

レイヤ2プロトコル トンネル

CoS  2-107

エラー回復  2-106

エラー回復タイマー  2-80

エラー検出  2-78

カウンタ、クリア  2-37

スレッシュホールドの設定  2-106

レイヤ2プロトコル トンネルの表示  2-286

レイヤ2モード、イネーブル  2-422

レイヤ3モード、イネーブル  2-422

例、表記法  xviii

レシーバー ポート、MVR  2-172

論理インターフェイス  2-84