Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY
Flex Linkの設定
Flex Linkの設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

Flex Linkの設定

Flex Linkの概要

Flex Linkの設定

Flex Linkのデフォルト設定

Flex Link設定時の注意事項

Flex Linkの設定

Flex Linkのモニタ

Flex Linkの設定

この章では、Flex Linkを設定する方法について説明します。Flex Linkは、Catalyst 3750 Metroスイッチ上のインターフェイスのペアで、相互バックアップに使用します。


) ここで使用されるコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースのコマンド リファレンスを参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「Flex Linkの概要」

「Flex Linkの設定」

「Flex Linkのモニタ」

Flex Linkの概要

Flex Linkは、レイヤ2インターフェイス(スイッチポートまたはポート チャネル)のペアで、1つのインターフェイスがもう一方のバックアップとして機能するように設定されています。この機能は、Spanning-Tree Protocol(STP;スパニングツリー プロトコル)の代替ソリューションとして提供され、ユーザはSTPをオフにしても基本リンク冗長性を保つことができます。Flex Linkは、通常、カスタマーがスイッチでSTPを実行しない場合のサービス プロバイダーまたは企業ネットワークに設定されます。スイッチがSTPを実行中の場合、STPがすでにリンクレベルの冗長性またはバックアップを提供しているのでFlex Linkを設定する必要はありません。

別のレイヤ2インターフェイスをFlex Linkまたはバックアップ リンクとして割り当てることで、1つのレイヤ2インターフェイス(アクティブ リンク)にFlex Linkを設定します。リンクの1つがアップでトラフィックを転送しているときはもう一方のリンクがスタンバイ モードで、もう一方のリンクがシャット ダウンした場合にトラフィックの転送を開始できるように準備しています。どの時点でも、1つのインターフェイスのみがリンクアップ ステートでトラフィックを転送しています。プライマリ リンクがシャットダウンした場合、スタンバイ リンクがトラフィックの転送を開始します。アクティブ リンクがアップに戻った場合、スタンバイ モードになりトラフィックを転送しません。STPはFlex Linkインターフェイスでディセーブルです。

図20-1では、スイッチAのポート1およびポート2がアップリンク スイッチBおよびアップリンク スイッチCに接続されています。これらのスイッチはFlex Linkとして設定されているので、どちらかのインターフェイスがトラフィックを転送し、もう一方のインターフェイスはスタンバイ モードになります。ポート1がアクティブ リンクになる場合、ポート1とスイッチBとの間でトラフィックの転送を開始し、ポート2とスイッチCとの間のリンク(バックアップ リンク)ではトラフィックは転送されません。ポート1がダウンした場合はポート2がアップし、トラフィックをスイッチCに転送し始めます。ポート1は、アップするとスタンバイ モードになり、トラフィックを転送しません。ポート2がトラフィック転送を続けます。

図20-1 Flex Linkの設定例

 

プライマリ(転送)リンクがダウンした場合、トラップがネットワーク管理ステーションに通知します。スタンバイ リンクがダウンした場合、トラップがユーザに通知します。

Flex Linkはレイヤ2ポートおよびポート チャネルでのみサポートされ、VLAN(仮想LAN)やレイヤ3ポートではサポートされません。

Flex Linkの設定

ここでは、Flex Link設定の注意事項と手順について説明します。

「Flex Linkのデフォルト設定」

「Flex Link設定時の注意事項」

「Flex Linkの設定」

Flex Linkのデフォルト設定

デフォルトでは、Flex Linkは設定されておらず、バックアップ インターフェイスは定義されていません。

Flex Link設定時の注意事項

Flex Linkの設定時には、次の注意事項に従ってください。

アクティブ リンクに対して設定可能なFlex Linkバックアップリンクは1つだけで、アクティブ インターフェイスとは異なるインターフェイスでなければなりません。

インターフェイスは1つのFlex Linkペアにのみ所属できます。1つのインターフェイスは、1つのアクティブ リンクに対してのみバックアップ リンクになれます。アクティブ リンクは別のFlex Linkペアに属することはできません。

どのリンクもEtherChannelに属するポートにはなりません。ただし、2つのポート チャネル(EtherChannel論理インターフェイス)をFlex Linkとして設定でき、1つのポート チャネルと1つの物理インターフェイスをFlex Linkとして設定できます。ポート チャネルまたは物理インターフェイスのいずれかがアクティブ リンクとなります。

バックアップ リンクはアクティブ リンクと同じタイプ(ファスト イーサネット、ギガビット イーサネット、またはポート チャネル)にする必要はありません。ただし、スタンバイ リンクがトラフィックの転送を開始した場合にループが発生したり動作が変更したりしないようにするために、同じ特性で両方のFlex Linkを設定する必要があります。

STPはFlex Linkポートでディセーブルです。STPがスイッチに設定されている場合、Flex LinkはSTPが設定されているすべてのVLANのSTPには参加しません。STPが動作していない場合、設定されているトポロジーでループがないかを確認してください。

Flex Linkの設定

Flex Linkのペアを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。インターフェイスは物理レイヤ2インターフェイスまたはポート チャネル(論理インターフェイス)に設定できます。指定できるポートチャネルの範囲は1~48です。

ステップ 3

switchport backup interface interface-id

物理レイヤ2インターフェイス(ポート チャネル)をインターフェイスがあるFlex Linkペアの一部として設定します。1つのリンクがトラフィックを転送している場合、もう一方のインターフェイスはスタンバイ モードです。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show interface [ interface-id ] switchport backup

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup config

(任意)スイッチのスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

次に、インターフェイスをバックアップ インターフェイスに設定し、設定を確認する例を示します。

新規出力を取得します。

Switch# configure terminal
Switch(conf)# interface fastethernet1/0/1
Switch(conf-if)# switchport backup interface fastethernet1/0/2
Switch(conf-if)# end
Switch# show interface switchport backup
Switch Backup Interface Pairs:
 
Active Interface Backup Interface State
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
FastEthernet1/0/1 FastEthernet1/0/2 Active Up/Backup Standby
FastEthernet1/0/3 FastEthernet1/0/4 Active Up/Backup Standby
Port-channel1 GigabitEthernet1/0/1 Active Up/Backup Standby
 

Flex Linkのモニタ

表20-1 に、Flex Link設定をモニタするイネーブルEXECコマンドを示します。

 

表20-1 Flex Linkモニタ コマンド

コマンド
説明

show interface [ interface-id ] switchport backup

あるインターフェイス用に設定されたFlex Linkバックアップ インターフェイス、またはスイッチに設定されたすべてのFlex Linkと、各アクティブおよびバックアップ インターフェイスの状態(アップまたはスタンバイ モード)を表示します。