Catalyst 3750 Metro スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 12.2(25)EY
インターフェイス特性の設定
インターフェイス特性の設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

インターフェイス特性の設定

インターフェイス タイプの概要

ポートベースのVLAN

スイッチ ポート

アクセス ポート

トランク ポート

トンネル ポート

ルーテッド ポート

SVI

EtherChannelポート グループ

インターフェイスの接続

インターフェイス コンフィギュレーション モードの使用方法

インターフェイスの設定手順

一定範囲のインターフェイスの設定

インターフェイス レンジ マクロの設定と使用方法

イーサネット インターフェイスの設定

イーサネット インターフェイスのデフォルト設定

インターフェイス速度とデュプレックス モードの設定

設定時の注意事項

インターフェイス速度およびデュプレックス パラメータの設定

IEEE 802.3zフロー制御の設定

ポートのAuto-MDIXの設定

インターフェイスに関する記述の追加

レイヤ3インターフェイスの設定

システムMTUの設定

インターフェイスのモニタおよびメンテナンス

インターフェイス ステータスのモニタ

インターフェイスおよびカウンタのクリアとリセット

インターフェイスのシャットダウンおよび再起動

インターフェイス特性の設定

この章では、Catalyst 3750 Metroスイッチにおける各種インターフェイスのタイプとその設定方法について説明します。

この章の内容は次のとおりです。

「インターフェイス タイプの概要」

「インターフェイス コンフィギュレーション モードの使用方法」

「イーサネット インターフェイスの設定」

「レイヤ3インターフェイスの設定」

「システムMTUの設定」

「インターフェイスのモニタおよびメンテナンス」


) この章で使用するコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースに対応するスイッチのコマンド リファレンス、およびオンラインで『Cisco IOS Interface Command Reference
Release 12.2を参照してください。


インターフェイス タイプの概要

ここでは、各種インターフェイス タイプの設定に関する詳細情報が記載された章についても述べながら、スイッチによってサポートされるこれらのインターフェイス タイプについて説明します。また、物理インターフェイス特性の設定手順についても説明します。

内容は次のとおりです。

「ポートベースのVLAN」

「スイッチ ポート」

「ルーテッド ポート」

「SVI」

「EtherChannelポート グループ」

「インターフェイスの接続」

ポートベースのVLAN

VLAN(仮想LAN)は、ユーザの物理的な位置に関係なく、機能、チーム、またはアプリケーションによって論理的に分割されたスイッチド ネットワークです。VLANの詳細については、「VLANの設定」を参照してください。ポートで受信したパケットが転送されるのは、その受信ポートと同じVLANに属するポートに限られます。異なるVLAN上のネットワーク デバイスは、VLAN間でトラフィックをルーティングするレイヤ3のデバイスがなければ、お互いに通信することができません。

VLANに分割することによりVLAN内でトラフィックに対する堅固なファイアウォールを実現します。また、各VLANには固有のMAC(メディア アクセス制御)アドレス テーブルがあります。VLANが認識されるのは、ローカル ポートがVLANに対応するように設定されたとき、VLAN Trunk Protocol(VTP;VLANトランク プロトコル)がトランク上のネイバからその存在を学習するとき、ユーザがVLANを作成するときのいずれかです。

標準範囲のVLAN(VLAN IDが1~1005)を設定するには、 vlan vlan-id グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してconfig-vlanモードを開始するか、 vlan database イネーブルEXECコマンドを使用してVLANデータベース コンフィギュレーション モードを開始します。VLAN ID 1~1005のVLAN設定は、VLANデータベースに保存されます。拡張範囲(VLAN IDが1006~4094)のVLANを設定するには、トランスペアレントに設定したVTPモードでconfig-vlanモードを使用する必要があります。拡張範囲VLANは、VLANデータベースに追加されません。VTPモードがトランスペアレントな場合は、VTPおよびVLANコンフィギュレーションはスイッチの実行コンフィギュレーションに保存されます。また、 copy running-config startup-config イネーブルEXECコマンドを実行することにより、スイッチのスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存できます。

switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用すると、VLANにポートが追加されます。

インターフェイスを特定します。

トランクポートには、トランク特性を設定し、必要に応じて、所属できるVLANを定義します。

アクセス ポートには、所属するVLANを設定して定義します。

トンネル ポートには、カスタマー固有のVLANタグに対応するVLAN IDを設定して定義します。「IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定」を参照してください。

スイッチ ポート

スイッチ ポートは、物理ポートに対応付けられたレイヤ2専用インターフェイスです。スイッチ ポートは1つまたは複数のVLANに属しています。スイッチ ポートは、アクセス ポート、トランク ポート、またはトンネル ポートのいずれかになります。ポートをアクセス ポートまたはトランク ポートとして設定することもできますし、Dynamic Trunking Protocol(DTP)をポート単位で稼働させ、リンクのもう一端とネゴシエーションすることで、スイッチポート モードを判断することもできます。トンネル ポートは、802.1Qトランク ポートに接続された非対称リンクの一部分として手動で設定する必要があります。スイッチ ポートは物理インターフェイスおよび対応レイヤ2プロトコルの管理に使用し、ルーティングやブリッジングは処理しません。

スイッチ ポートは、 switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して設定します。アクセス ポートおよびトランク ポート特性の設定手順については、「VLANの設定」を参照してください。トンネル ポートの詳細については、「IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定」を参照してください。

アクセス ポート

アクセス ポートは、1つのVLANだけに属し、そのVLANのトラフィックを搬送します(音声VLANポートとして設定されていない限り)。トラフィックは、VLANタギングなしのネイティブ フォーマットで送受信されます。アクセス ポートに着信したトラフィックは、ポートに割り当てられたVLANに所属するとみなされます。アクセス ポートがタグ付きのパケット(ISL[スイッチ間リンク]または802.1Qのタグ付き)を受信した場合、パケットは廃棄され、送信元アドレスは学習されません。


) ISLは、Enhanced-Services(ES)ポートではサポートされません。


2種類のアクセス ポートがサポートされています。

スタティック アクセス ポートは、手動でVLANに割り当てます。

ダイナミック アクセス ポートのVLANメンバーシップは、着信パケットを通じて学習されます。デフォルトでは、ダイナミック アクセス ポートはどのVLANのメンバーでもなく、ポートとの伝送はポートのVLANメンバーシップが検出されたときにだけイネーブルになります。スイッチのダイナミック アクセス ポートは、VLAN Membership Policy Server(VMPS;VLANメンバーシップ ポリシー サーバ)によってVLANに割り当てられます。Catalyst 6000シリーズ スイッチをVMPSにできます。Catalyst 3750 Metroスイッチは、VMPSサーバにすることはできません。

Cisco IP Phoneが接続されたアクセス ポートは、接続されたデバイスからIP Phoneへの音声トラフィック用に1つのVLANを使用し、データ トラフィック用に別のVLANを使用するように設定できます。音声VLANポートの詳細については、「音声VLANの設定」を参照してください。

トランク ポート

トランク ポートは複数のVLANのトラフィックを搬送し、デフォルトではVLANデータベース内のすべてのVLANのメンバーです。2種類のトランク ポートがサポートされています。

ISLトランク ポートでは、すべての受信済みパケットはISLヘッダーでカプセル化されているとみなされ、送信パケットはすべてISLヘッダー付きで送信されます。ISLトランク ポートから受信したネイティブ(タグなし)フレームは、廃棄されます。

IEEE 802.1Qトランク ポートは、タグ付きおよびタグなしの両方のトラフィックを同時にサポートします。IEEE 802.1Qトランク ポートは、デフォルトのPort VLAN ID(PVID)が割り当てられ、すべてのタグなしトラフィックはポート デフォルトPVID上を流れます。NULL VLAN IDを備えたすべてのタグなしおよびタグ付きトラフィックは、ポート デフォルトPVIDに所属するとみなされます。発信ポートのデフォルトPVIDと等しいVLAN IDを持つパケットは、タグなしで送信されます。残りのトラフィックはすべて、VLANタグ付きで送信されます。

デフォルトでは、トランク ポートは、VTPに認識されているすべてのVLANのメンバーですが、トランク ポートごとにVLANの許可リストを設定して、VLANメンバーシップを制限できます。許可VLANのリストは、その他のポートには影響を与えませんが、対応トランク ポートには影響を与えます。デフォルトでは、予想されるすべてのVLAN(VLAN ID 1~4094)は、許可リスト内にあります。トランク ポートは、VTPがVLANを認識し、VLANがイネーブル状態にある場合に限り、VLANのメンバーになることができます。VTPが新しいイネーブルVLANを認識し、そのVLANがトランク ポートの許可リストに登録されている場合、トランク ポートは自動的にそのVLANのメンバーになり、トラフィックはそのVLANのトランク ポート間で転送されます。VTPが、VLANのトランク ポートの許可リストに登録されていない、新しいイネーブルVLANを認識した場合、ポートはそのVLANのメンバーにはならず、そのVLANのトラフィックはそのポート間で転送されません。

トランク ポートの詳細については、「VLANの設定」を参照してください。

トンネル ポート

トンネル ポートは、サービス プロバイダー ネットワーク上のカスタマー トラフィックを、表示上同じVLANに存在する他のカスタマーから隔離するために802.1Qトンネリングで使用します。サービス プロバイダー エッジ スイッチ上のトンネル ポートから、カスタマー スイッチ上の802.1Qトランク ポートまで、非対称リンクを設定します。エッジ スイッチ上のトンネル ポートに着信するパケット(カスタマーVLANの802.1Qタグがすでに付けられている)は、サービス プロバイダー ネットワーク上でカスタマーごとに一意のVLAN IDを含む、802.1Qタグ(メトロ タグと呼ばれる)という別のレイヤでカプセル化されます。このように二重にタグ付けされたパケットがサービス プロバイダー ネットワーク上で伝送され、元のカスタマーVLANは他のカスタマーのVLANから隔離された状態に保たれます。発信インターフェイス(これもトンネル ポート)でメトロ タグが削除され、カスタマー ネットワークの元のVLAN番号が読み込まれます。

トンネル ポートは、トランク ポートまたはアクセス ポートにすることはできません。またトンネル ポートは、カスタマーごとに一意となるVLANに属す必要があります。

トンネル ポートの詳細については、「IEEE 802.1Qおよびレイヤ2プロトコル トンネリングの設定」を参照してください。

ルーテッド ポート

ルーテッド ポートは物理ポートであり、ルータ上にあるポートのように動作しますが、ルータに接続されている必要はありません。ルーテッド ポートは、アクセス ポートとは異なり、特定のVLANに対応付けられていません。VLANサブインターフェイスをサポートしない点を除けば、通常のルータ インターフェイスのように動作します。ルーテッド ポートは、レイヤ3ルーティング プロトコルで設定できます。ルーテッド ポートはレイヤ3インターフェイス専用で、DTPやSTPなどのレイヤ2プロトコルはサポートしません。

ルーテッド ポートを設定するには、 no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドでインターフェイスをレイヤ3モードにします。次に、ポートにIPアドレスを割り当て、ルーティングをイネーブルにし、ip routingおよびrouter protocol グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してルーティング プロトコルの特性を指定します。


注意 no switchportインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを実行すると、インターフェイスがいったんシャットダウンしてから再度イネーブルになります。これにより、インターフェイスが接続しているデバイスに関するメッセージが表示されることがあります。

ソフトウェアに、設定できるルーテッド ポートの数に制限はありません。ただし、ハードウェアには限界があるため、この数と設定されている他の機能の数との相互関係によってCPUパフォーマンスに影響が及ぶことがあります。ハードウェアのリソース制限に達したときに発生する事象については、「レイヤ3インターフェイスの設定」を参照してください。

IPユニキャストおよびマルチキャストのルーティングおよびルーティング プロトコルの詳細については、「IPユニキャスト ルーティングの設定」および「IPマルチキャスト ルーティングの設定」を参照してください。

SVI

Switch Virtual Interface(SVI)は、スイッチ ポートのVLANを、システムのルーティング機能またはブリッジング機能に対する1つのインターフェイスとして表します。1つのVLANに対応付けできるのは1つのSVIだけですが、VLAN間でルーティングする場合、VLAN間でルーティングできないプロトコルを代替ブリッジングする場合、またはスイッチとIPホストの接続を行う場合のみ、VLANにSVIを設定する必要があります。デフォルトでは、SVIはデフォルトVLAN(VLAN 1)用に作成され、リモート スイッチの管理を可能にします。追加のSVIは明示的に設定する必要があります。SVIはシステムにしかIPホスト接続を行いません。レイヤ3モードでは、SVI全体にルーティングを設定できます。

スイッチ スタックは合計1005のVLAN(およびSVI)をサポートしますが、ハードウェアには限界があるため、SVIとルーテッド ポートの数および設定されている他の機能の数との相互関係によって、CPUパフォーマンスに影響が及ぶことがあります。ハードウェアのリソース制限に達したときに発生する事象については、「レイヤ3インターフェイスの設定」を参照してください。

SVIは、VLANインターフェイスに対してvlanインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを実行した場合に初めて作成されます。VLANは、ISLまたは802.1Qカプセル化トランク上のデータ フレームに関連付けられたVLANタグ、あるいはアクセス ポート用に設定されたVLAN IDに対応します。トラフィックをルーティングするそれぞれのVLANに対してVLANインターフェイスを設定し、IPアドレスを割り当ててください。詳細については、「手動でのIP情報の割り当て」を参照してください。


) 作成したSVIをアクティブにするには、物理ポートに関連付ける必要があります。


SVIは、ルーティング プロトコルとブリッジング設定をサポートします。IPルーティング設定の詳細については、「IPユニキャスト ルーティングの設定」「IPマルチキャスト ルーティングの設定」および「代替ブリッジングの設定」を参照してください。

EtherChannelポート グループ

EtherChannelポート グループは、複数のスイッチ ポートを1つのスイッチ ポートとして取り扱うことができます。このようなポート グループは、スイッチ間、またはスイッチおよびサーバ間で広帯域接続を行う単一論理ポートとして動作します。EtherChannelは、チャネルのリンク全体でトラフィックの負荷のバランスをとります。EtherChannel内のリンクで障害が発生した場合は、障害が発生したリンクで搬送されていたトラフィックが残りのリンクに変更されます。複数のトランク ポートを1つの論理トランク ポートに、複数のアクセス ポートを1つの論理アクセス ポートに、複数のトンネル ポートを1つの論理トンネル ポートに、または複数のルーテッド ポートを1つの論理ルーテッド ポートにまとめることができます。ほとんどのプロトコルは単一または集約スイッチ ポートで動作し、ポート グループ内の物理ポートを認識しません。例外は、DTP、Cisco Discovery
Protocol(CDP)、Port Aggregation Protocol(PAgP)で、物理ポート上でしか動作しません。

EtherChannelを設定するとき、ポートチャネル論理インターフェイスを作成し、EtherChannelにインターフェイスを割り当てます。レイヤ3インターフェイスの場合は、 interface port-channel グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して手動で論理インターフェイスを作成します。その後、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、手動でEtherChannelにインターフェイスを割り当てます。レイヤ2インターフェイスの場合は、 channel-group インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、ポートチャネル論理インターフェイスを動的に作成します。このコマンドは物理および論理ポートを結合します。詳細については、「EtherChannelの設定」を参照してください。

インターフェイスの接続

単一VLAN内のデバイスは、スイッチを介して直接通信できます。異なるVLANのポートは、ルーティング デバイスを介さなければデータを交換できません。標準のレイヤ2スイッチを使用すると、異なるVLANのポートは、ルータを通じて情報を交換する必要があります。図10-1に示す構成では、VLAN 20のホストAがVLAN 30のホストBにデータを送信する場合、まずホストAからスイッチ、ルータへ送信し、さらにスイッチに戻ってからホストBへ送信しなければなりません。

図10-1 レイヤ2スイッチによるVLANの接続

 

ルーティングがイネーブルに設定されたスイッチを(レイヤ3スイッチとして)使用することにより、IPアドレスを割り当てたSVIでVLAN 20およびVLAN 30をそれぞれ設定すると、外部ルータを使用せずに、スイッチを介してパケットをホストAからホストBに直接送信できます(図10-2を参照)。

図10-2 レイヤ3スイッチによるVLANの接続

 

スイッチは、次の2つの方式によるインターフェイス間のトラフィック転送をサポートしています。ルーティングおよび代替ブリッジングです。高いパフォーマンスを維持するため、可能な場合は常にスイッチ ハードウェアによって転送を行います。ただし、ハードウェア内でルーティングできるのは、イーサネットIIカプセル化機能を備えたIPバージョン4パケットのみです。非IPトラフィックと、他のカプセル化方式を使用しているトラフィックは、ハードウェアによって代替ブリッジングできます。

ルーティング機能は、すべてのSVIおよびルーテッド ポートでイネーブルにできます。スイッチは、IPトラフィックだけをルーティングします。IPルーティング プロトコル パラメータとアドレス設定がSVIまたはルーテッド ポートに追加されると、このポートで受信したIPトラフィックはルーティングされます。詳細については、「IPユニキャスト ルーティングの設定」「IPマルチキャスト ルーティングの設定」、および「MSDPの設定」を参照してください。

代替ブリッジングを行うと、スイッチでルーティングされないトラフィックや、DECnetなどのルーティングできないプロトコルに属するトラフィックが転送されます。また、代替ブリッジングは、2つ以上のSVIまたはルーテッド ポート間のブリッジングによって、複数のVLANを1つのブリッジ ドメインに接続します。代替ブリッジングを設定する場合は、ブリッジ グループにSVIまたはルーテッド ポートを割り当てます。各SVIまたはルーテッド ポートにはそれぞれ1つしかブリッジ グループが割り当てられません。同じグループ内のすべてのインターフェイスは、同じブリッジ ドメインに属します。詳細については、「代替ブリッジングの設定」を参照してください。

インターフェイス コンフィギュレーション モードの使用方法

スイッチは、次のインターフェイス タイプをサポートします。

物理ポート ― スイッチ ポートおよびルーテッド ポートなど

VLAN ― SVI

ポート チャネル ― インターフェイスのEtherChannel

インターフェイスの範囲を設定できます(一定範囲のインターフェイスの設定を参照)。

物理インターフェイス(ポート)を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、インターフェイスのタイプ、スイッチ番号、モジュール番号、およびスイチ ポート番号を指定します。

タイプ 10/100 Mbpsイーサネット対応のファスト イーサネット(fastethernetまたはfa)、またはSmall Form-factor Pluggable(SFP)ギガビット イーサネット インターフェイス対応のギガビット イーサネット(gigabitethernetまたはgi)。

スイッチ番号 Catalyst 3750 Metroスイッチでは常に1です。

モジュール番号 スイッチ上のモジュール番号またはスロット番号。ファスト イーサネット インターフェイスおよび標準SFPモジュール インターフェイスの場合、モジュール番号は0です。ES SFPモジュール インターフェイスの場合、モジュール番号は1です。

ポート番号 ― スイッチ上のインターフェイス番号。ポート番号は常に1から始まり、スイッチの前面を手前にして左側から開始し、fastethernet 1/0/1、fastethernet 1/0/2などのようになります。インターフェイス タイプが変わると、この番号は再び1から始まります。標準SFPモジュール インターフェイスはgigabitethernet 1/0/1およびgigabitethernet 1/0/2で、ES SFPモジュール インターフェイスはgigabitethernet 1/1/1およびgigabitethernet 1/1/2です。

スイッチ上のインターフェイスの位置を物理的に調べることにより、物理インターフェイスを識別できます。IOSの show イネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチ上の特定のインターフェイスまたはすべてのインターフェイスに関する情報を表示することもできます。以降、この章では、主に物理インターフェイスの設定手順について説明します。

インターフェイスの設定手順

以下の一般手順は、すべてのインターフェイス設定プロセスに当てはまります。


ステップ 1 イネーブルEXECプロンプトで、次のように configure terminal コマンドを入力します。

Switch# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)#
 

ステップ 2 interface グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。インターフェイスのタイプおよび番号を識別します。物理インターフェイスの場合、これにはスイッチ番号(1)および設定するポートの番号が含まれます。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)#
 

) 物理インターフェイス タイプとインターフェイス番号の間にスペースを入れる必要はありません。たとえば、前出の行の場合は、gigabitethernet 1/0/1gigabitethernet1/0/1 gi 1/0/1、またはgi1/0/1のいずれかを指定できます。


ステップ 3 interface コマンドのあとに、そのインターフェイスで必要なインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを続けて入力します。入力するコマンドによって、そのインターフェイスで稼働するプロトコルとアプリケーションが定義されます。別のインターフェイス コマンドまたは end を入力してイネーブルEXECモードに戻ると、コマンドが収集されてインターフェイスに適用されます。

interface range または interface range macro グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、一定範囲のインターフェイスを設定することもできます。ある範囲内で設定したインターフェイスは、同じタイプであり、同じ機能オプションで設定しなければなりません。

ステップ 4 インターフェイスを設定してから、「インターフェイスのモニタおよびメンテナンス」に示した show イネーブルEXECコマンドで、そのステータスを確認してください。


 

show interfaces イネーブルEXECコマンドを使用して、スイッチ上のインターフェイスまたはスイッチ用に設定されたすべてのインターフェイスのリストを表示します。デバイスがサポートする各インターフェイスまたは指定されたインターフェイスのレポートが出力されます。

一定範囲のインターフェイスの設定

interface range グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、同じコンフィギュレーション パラメータを持つ複数のインターフェイスを設定できます。インターフェイス レンジ コンフィギュレーション モードを開始すると、このモードを終了するまで、入力されたすべてのコマンド パラメータはその範囲内の全インターフェイスに対するものとみなされます。

同じパラメータで一定範囲のインターフェイスを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface range { port-range | macro macro_name }

設定するインターフェイスの範囲(VLANまたは物理ポート)を入力することによって、インターフェイス レンジ コンフィギュレーション モードを開始します。

interface range コマンドを使用すると、最大5つのポート範囲または定義済みのマクロを設定できます。

macro 変数については、「インターフェイス レンジ マクロの設定と使用方法」を参照してください。

カンマで区切られた port-range を指定する場合は、エントリごとにインターフェイス タイプを入力し、カンマの前後にスペースを入れる必要があります。

ハイフンで区切られた port-range では、インターフェイス タイプを再度入力する必要はありませんが、ハイフンの前にスペースを入れる必要があります。

ステップ 3

ここで、通常のコンフィギュレーション コマンドを使用して、範囲内のすべてのインターフェイスにコンフィギュレーション パラメータを設定できます。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show interfaces [ interface-id ]

範囲内のインターフェイスの設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

interface range グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用するときは、次の注意事項に留意してください。

port-range の有効なエントリは次のとおりです。

vlan vlan-ID - vlan-ID 、ここでvlan-IDは1~4094

fastethernet switch / module /{ first port } - { last port }、ここでswitchは 1 、moduleは 0

gigabitethernet switch / module /{ first port } - { last port }、ここでswitchは 1 、moduleは標準SFPモジュール ポートの場合は 0 、ES SFPモジュール ポートの場合は 1

port-channel port-channel-number - port-channel-number 、ここで port-channel-number は1~12


interface rangeコマンドにポート チャネルを指定する場合、最初と最後のポート チャネル番号はアクティブなポート チャネルの番号でなければなりません。


interface rangeコマンドを使用するときは、インターフェイス番号とハイフンの間にスペースを入れます。たとえば、コマンドinterface range fastethernet 1/0/1 - 5は有効な範囲ですが、コマンドinterface range fastethernet 1/0/1-5は無効な範囲です。

interface range コマンドは、 interface vlan コマンドで設定されたVLANインターフェイスでのみ動作します。設定済みのVLANインターフェイスは、 show running-config イネーブルEXECコマンドで表示されます。 show running-config コマンドによって表示されないVLANインターフェイスには、 interface range コマンドを使用することはできません。

ある範囲内のすべてのインターフェイスは、同じタイプ(すべてがファスト イーサネット ポート、すべてがギガビット イーサネットSFPモジュール ポート、すべてがEtherChannelポート、またはすべてがVLAN)でなければなりません。ただし、1つのコマンド内で複数の範囲を組み合わせることができます。

次に、 interface range グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、10/100ポート1~5の速度を100 Mbpsに設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range fastethernet1/0/1 - 5
Switch(config-if-range)# speed 100
 

次に、コンマを使用してインターフェイス タイプの異なるストリングを範囲に追加し、ファスト イーサネット ポート1~3と、ギガビット イーサネット標準SFPモジュール ポート1および2が、フロー制御ポーズ フレームを受信できるようにする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range fastethernet1/0/1 - 3 , gigabitethernet1/0/1 - 2
Switch(config-if-range)# flowcontrol receive on
 

インターフェイス レンジ モードで複数のコンフィギュレーション コマンドを入力すると、各コマンドは入力された時点で実行されます。インターフェイス レンジ モードを終了した時点で、コマンドがバッチ処理されるわけではありません。コマンドの実行中にインターフェイス レンジ コンフィギュレーション モードを終了すると、一部のコマンドが範囲内のすべてのインターフェイスに対して実行されない場合もあります。コマンド プロンプトが再表示されるのを待ってから、インターフェイス レンジ コンフィギュレーション モードを終了してください。

インターフェイス レンジ マクロの設定と使用方法

インターフェイス レンジ マクロを作成して、自動的にインターフェイスの範囲を選択して設定できます。interface range macroグローバル コンフィギュレーション コマンド ストリングでmacroキーワードを使用するには、まず define interface-range グローバル コンフィギュレーション コマンドでマクロを定義する必要があります。

インターフェイス レンジ マクロを定義するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

define interface-range macro_name interface-range

インターフェイス レンジ マクロを定義してNVRAM(不揮発性RAM)に保存します。

macro_name は、最大32文字の文字列です。

マクロには、カンマで区切ったインターフェイス範囲を5つまで含めることができます。

それぞれの interface-range は、同じポート タイプで構成されていなければなりません。

ステップ 3

interface range macro macro_name

macro_name と名付けたインターフェイス レンジ マクロに保存された値を使用して、設定するインターフェイス範囲を選択します。

ここで、通常のコンフィギュレーション コマンドを使用して、指定マクロ内のすべてのインターフェイスを設定できます。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-config | include define

定義済みのインターフェイス レンジ マクロ設定を表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

マクロを削除するには、 no define interface-range macro_name グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

define interface-range グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用するときは、次の注意事項に留意してください。

interface-range の有効なエントリは次のとおりです。

vlan vlan-ID - vlan-ID 、ここでvlan-IDは1~4094

fastethernet switch / module /{ first port } - { last port }、ここでswitchは 1 、moduleは 0

gigabitethernet switch / module /{ first port } - { last port }、switchは 1 、moduleは標準SFPモジュール ポートの場合は 0 、ES SFPモジュール ポートの場合は 1

port-channel port-channel-number - port-channel-number 、ここで port-channel-number は1~12


) ポート チャネルにインターフェイス範囲を使用する場合、最初と最後のポート チャネル番号はアクティブなポート チャネルの番号でなければなりません。


interface-range を入力するときは、最初のインターフェイス番号とハイフンの間にスペースを入れます。たとえば、fastethernet 1/0/1 - 5は有効な範囲ですが、fastethernet 1/0/1-5は無効な範囲です。

VLANインターフェイスは、 interface vlan コマンドで設定していなければなりません。設定済みのVLANインターフェイスは、 show running-config イネーブルEXECコマンドで表示されます。 show running-config コマンドによって表示されないVLANインターフェイスは、
interface-range としては使用できません。

ある範囲内のすべてのインターフェイスは、同じタイプ(すべてがファスト イーサネット ポート、すべてがギガビット イーサネットSFPモジュール ポート、すべてがEtherChannelポート、またはすべてがVLAN)でなければなりません。ただし、1つのマクロ内で複数のインターフェイス タイプを組み合わせることができます。

次に、 enet_list という名前のインターフェイス レンジ マクロを定義してファスト イーサネット ポート1~4を選択し、マクロ設定を確認する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# define interface-range enet_list fastethernet1/0/1 - 4
Switch(config)# end
Switch# show running-config | include define
define interface-range enet_list FastEthernet1/0/1 - 4
 

次に、複数のタイプのインターフェイスを含むマクロ macro1 を作成する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# define interface-range macro1 fastethernet1/0/1 - 2, fastethernet1/0/5 - 7
Switch(config)# end
 

次に、インターフェイス レンジ マクロ enet_list に対するインターフェイス レンジ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface range macro enet_list
Switch(config-if-range)#
 

次に、インターフェイス レンジ マクロ enet_list を削除し、削除されたことを確認する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# no define interface-range enet_list
Switch(config)# end
Switch# show run | include define
Switch#

イーサネット インターフェイスの設定

ここでは、デフォルトのインターフェイス設定と、多くの物理インターフェイス上で設定できるオプションの機能について説明します。

「イーサネット インターフェイスのデフォルト設定」

「インターフェイス速度とデュプレックス モードの設定」

「IEEE 802.3zフロー制御の設定」

「ポートのAuto-MDIXの設定」

「インターフェイスに関する記述の追加」

イーサネット インターフェイスのデフォルト設定

表10-1 に、イーサネット インターフェイスのデフォルト設定を示します。この中には、レイヤ2インターフェイスにのみ適用される機能も含まれます。表に示されているVLANパラメータの詳細については、「VLANの設定」を参照してください。また、ポートへのトラフィックの制御の詳細については、「ポートベースのトラフィック制御の設定」を参照してください。


) インターフェイスがレイヤ3モードの場合に、レイヤ2パラメータを設定するには、パラメータを指定せずにswitchportインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力し、インターフェイスをレイヤ2モードにする必要があります。これにより、インターフェイスがいったんシャットダウンしてから再度イネーブルになり、インターフェイスが接続しているデバイスに関するメッセージが表示されることがあります。さらに、このコマンドを使用してインターフェイスをレイヤ2モードにすると、そのインターフェイスに設定されているレイヤ3特性が削除されます。


 

表10-1 レイヤ2イーサネット インターフェイスのデフォルト設定

機能
デフォルト設定

動作モード

レイヤ2または スイッチング モード switchport コマンド)

許可VLAN範囲

VLAN 1~4094

デフォルトVLAN(アクセス ポート用)

VLAN 1(レイヤ2インターフェイスのみ)

ネイティブVLAN(802.1Qトランク用)

VLAN 1(レイヤ2インターフェイスのみ)

VLANトランキング

Switchport mode dynamic auto(DTPをサポート)
(レイヤ2インターフェイスのみ)

ポート イネーブル ステート

すべてのポートでイネーブル

ポート記述

定義なし

速度

自動ネゴシエーション

デュプレックス モード

自動ネゴシエーション

フロー制御

フロー制御は、 receive: off に設定されます。送信されたパケットに対しては常にオフです。

EtherChannel(PAgP)

すべてのイーサネット ポートでディセーブルになっています。「EtherChannelの設定」を参照してください。

ポート ブロッキング(不明のユニキャストおよびマルチキャスト トラフィック)

ディセーブル(ブロッキングされない)(レイヤ2インターフェイスのみ)。「ポート ブロッキングの設定」を参照してください。

ブロードキャスト、マルチキャスト、およびユニキャスト ストーム制御

ディセーブル。「ストーム制御のデフォルト設定」を参照してください。

保護ポート

ディセーブル(レイヤ2インターフェイスのみ)。「保護ポートの設定」を参照してください。

ポート セキュリティ

ディセーブル(レイヤ2インターフェイスのみ)。「ポート セキュリティのデフォルト設定」を参照してください。

PortFast

ディセーブル

Automatic Medium-Dependent-Interface Crossover(Auto-MDIX)

イネーブル

インターフェイス速度とデュプレックス モードの設定

スイッチのイーサネット インターフェイスは、全二重または半二重モードのいずれかで、10、100、または1000 Mbpsで動作します。全二重モードでは、2つのステーションが同時にトラフィックを送受信できます。通常、10 Mbpsポートは半二重モードで動作します。つまり、ステーションはトラフィックの受信または送信のいずれかを交互に行います。

スイッチ モデルには、ファスト イーサネット(10/100 Mbps)ポートまたはギガビットSFPモジュールを搭載できるギガビット イーサネットSFP標準モジュール スロットおよびESモジュール スロットの組み合わせが含まれます。

ここでは、インターフェイス速度とデュプレックス モードの設定について説明します。

「設定時の注意事項」

「インターフェイス速度およびデュプレックス パラメータの設定」

設定時の注意事項

インターフェイス速度とデュプレックス モードの設定時には、次の注意事項に留意してください。

回線の両端で自動ネゴシエーションをサポートする場合は、デフォルトのautoネゴシエーション設定を強く推奨します。

一方のインターフェイスが自動ネゴシエーションをサポートし、もう一方がサポートしない場合は、両方のインターフェイスでデュプレックスと速度を設定してください。サポートしている側で auto 設定を使用しないでください。

10/100 Mbpsポートで、速度とデュプレックス モードの両方が特定の値に設定されている場合、リンクはネゴシエーションされた速度とデュプレックス値で動作します。

ファスト イーサネット(10/100 Mbps)ポートのインターフェイス速度を設定できます。ファスト イーサネット ポートのデュプレックス モードをfull、half、または自動ネゴシエーションに設定できます。

Cisco 1000BASE-T SFPモジュールまたはCisco 100BASE-FX MMF SFPモジュールがポートに接続されていない場合、SFPモジュール ポートをデュプレックス モードに設定できません。他のすべてのSFPモジュールは全二重モードでのみ動作します。

Cisco 1000BASE-T SFPモジュールがSFPモジュール ポートに接続されている場合、デュプレックス モードは、 auto または full のどちらかに設定できます。

Cisco 100BASE-FX SFPモジュールがSFPモジュール ポートに接続されている場合、デュプレックス モードは、 half または full のどちらかに設定できます。ESポートでは、
100BASE-FX SFPモジュールはサポートされません。


) ESポートは、10または100 Mbps動作をサポートしません。ESモジュール ポートに
1000BASE-T SFPモジュールを取り付けると、速度はデフォルトで1000になります。速度をautoに設定すると、インターフェイスが他のスイッチの10/100インターフェイスに接続している場合、重大なデータ損失が発生します。



) ESポートでは、100BASE-FX SFPモジュールはサポートされません。


nonegotiate を除き、SFPモジュール ポートの速度を設定することはできません。ただし、
1000BASE-T SFPモジュールがSFPモジュール ポートに接続している場合は、速度を nonegotiate 以外の 10 100 1000 auto のいずれかに設定できます。


注意 ESポートは、10または100 Mbps動作をサポートしません。ESポートの速度を10または100 Mbps、またはautoに接続すると、インターフェイスが他のスイッチの10/100インターフェイスに接続されている場合、重大なデータ損失が発生する可能性があります。

STPがイネーブルになっている場合、ポートの再設定時にスイッチがループの有無を調べるまでに30秒ほどかかることがあります。STPの再設定が行われている間、ポートLEDはオレンジになります。


注意 インターフェイス速度とデュプレックス モード設定を変更すると、再設定中にインターフェイスをシャットダウンして再度イネーブルにすることがあります。

インターフェイス速度およびデュプレックス パラメータの設定

物理インターフェイスに対して速度およびデュプレックス モードを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始して、物理インターフェイスを指定します。

ステップ 3

speed { 10 | 100 | 1000 | auto [ 10 | 100 | 1000 ] | nonegotiate }

ポートの適切な速度パラメータを入力します。

10 100 1000 のいずれかを入力し、ポートに特定の速度を設定します。10/100 Mbpsポートには、 1000 キーワードは使用できません。これらのキーワードをSFPモジュール ポートに使用できるのは、1000BASE-T SFPモジュールが挿入されている場合に限られます。

auto を入力すると、インターフェイスは、自身に接続するデバイスと速度を自動ネゴシエーションできるようになります。 auto キーワードを指定して 10 100 、または 1000 キーワードを使用すると、ポートは指定された速度で自動ネゴシエーションします。

nonegotiate キーワードは、SFPモジュール ポートに限り使用できます。SFPモジュール ポートは1000 Mbpsでのみ稼働しますが、自動ネゴシエーションをサポートしないデバイスに接続されている場合はネゴシエーションしないように設定できます。


) 1000BASE-T SFPモジュールがSFPモジュール ポートに接続している場合は、速度をnonegotiate以外の101001000autoのいずれかに設定できます。ただし、ESポートは1000 Mbpsでのみ動作します。ESポートの1000BASE-T SFPモジュールを10または100 Mpbsで動作するように設定したり、10または100 Mbpsのどちらかを自動ネゴシエーションするように設定すると、そのインターフェイスで大量のトラフィック エラーが発生します。


 

ステップ 4

duplex { auto | full | half }

インターフェイスのデュプレックス パラメータを入力します。

次に示す例外を除き、このコマンドはSFPモジュール ポートで使用できません。

Cisco 1000BASE-T SFPモジュールが挿入されている場合、デュプレックス モードを auto または full に設定できます。

Cisco 100BASE-FX SFP モジュールが挿入されている場合、デュプレックス モードを full または half に設定できます。 auto キーワードが使用可能でも、インターフェイスを半二重モード(デフォルト)にします。

Cisco IOS Release 12.2(25)EXA以降では、速度を auto に設定したときにデュプレックスを設定できます。

ステップ 5

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 6

show interfaces interface-id

インターフェイス速度およびデュプレックス モード設定を表示します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

インターフェイスをデフォルトの速度およびデュプレックス設定(自動ネゴシエーション)に戻すには、 no speed および no duplex インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。すべてのインターフェイス設定をデフォルトに戻すには、 default interface interface-id インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポートの速度を10 Mbps、デュプレックス レードをhalfに設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface fasttethernet1/0/3
Switch(config-if)# speed 10
Switch(config-if)# duplex half

IEEE 802.3zフロー制御の設定

フロー制御により、接続しているイーサネット ポートは、輻輳しているノードがリンク動作をもう一方の端で一時停止できるようにすることによって、輻輳時のトラフィック レートを制御できます。あるポートで輻輳が発生し、トラフィックをそれ以上受信できない場合は、ポーズ フレームを送信して、その状況が解消されるまで送信を停止するようにもう一方のポートに通知します。送信側デバイスは、ポーズ フレームを受信するとデータ パケットの送信を停止し、その結果、輻輳によるデータ パケットの損失を防ぐことができます。


) Catalyst 3750 Metroスイッチ ポートでは、ポーズ フレームを受信できますが、送信はできません。


flowcontrol インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、ポーズ フレームの receive (受信)に対するインターフェイスの機能を on off 、または desired に設定します。デフォルトのステートは、 off です。

desired に設定すると、インターフェイスは、フロー制御パケットを送信する必要のある接続済みデバイス、またはフロー制御パケットを送信する必要はないが送信可能な接続済みデバイスと連携して動作します。

デバイスに設定されるフロー制御には、次の規則が適用されます。

receive on (または desired ):ポートはポーズ フレームを送信できませんが、ポーズ フレームを送信する必要のある、または送信できる接続デバイスとともに動作できます。ポートはポーズ フレームを受信できます。

receive off :フロー制御は、どちら方向にも動作しません。輻輳が発生しても、リンクの相手方に通知されず、どちらのデバイスでもポーズ フレームの送受信が行われません。


) コマンドの設定と、その結果生じるローカルおよびリモート ポートでのフロー制御レゾリューションの詳細については、このリリースのコマンド リファレンスに記載されたflowcontrolインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを参照してください。


インターフェイスでのフロー制御を設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、設定する物理インターフェイスを指定します。

ステップ 3

flowcontrol { receive } { on | off | desired }

ポートにフロー制御モードを設定します。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show interfaces interface-id

インターフェイスのフロー制御設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

フロー制御をディセーブルにするには、 flowcontrol receive off インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポート上でフロー制御をオンに設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# flowcontrol receive on
Switch(config-if)# end

ポートのAuto-MDIXの設定

Auto-MDIXがポートでイネーブルの場合、ポートは自動的に必要なケーブル接続タイプ(ストレートまたはクロスオーバー)を検出し、接続を適切に設定します。Auto-MDIX機能を使わずにスイッチを接続する場合は、サーバ、ワークステーション、ルータなどのデバイスにはストレート ケーブルを使用して接続し、その他のスイッチやリピータへはクロス ケーブルを使用して接続する必要があります。Auto-MDIXがイネーブルな場合は、どちらかのタイプのケーブルを使用して他のデバイスへ接続できます。インターフェイスは、自動的に不正なケーブル接続を修正します。ケーブル接続の要件の詳細については、ハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。

Auto-MDIXは、デフォルトではイネーブルに設定されています。また、Auto-MDIXがイネーブルの場合は、この機能が正常に動作するように、ポートの速度とデュプレックス モードを auto に設定する必要があります。Auto-MDIXは、すべての10/100 Mbpsポートおよび10/100/1000 BASE-T/TX SFPモジュール ポートでサポートされます。1000 BASE-SXまたはLX SFPモジュール ポート上ではサポートされていません。


注意 ESポートは、10または100 Mbps動作をサポートしません。ESモジュール ポートに1000BASE-T SFPモジュールが取り付けられているとき、速度をautoに設定してAuto-MDIXをイネーブルにする場合は、そのインターフェイスがギガビット インターフェイスに接続されていることを確認してください。速度をautoに設定すると、インターフェイスが他のスイッチの10/100インターフェイスに接続されている場合、重大なデータ損失が発生する可能性があります。

表10-2 に、Auto-MDIXの設定値と、それぞれ正しいケーブル接続と不正なケーブル接続の場合のリンク ステートを示します。

 

表10-2 リンクの状態とAuto-MDIX設定

ローカル側のAuto-MDIX
リモート側のAuto-MDIX
正しいケーブル接続
不正なケーブル接続

オン

オン

リンクアップ

リンクアップ

オン

オフ

リンクアップ

リンクアップ

オフ

オン

リンクアップ

リンクアップ

オフ

オフ

リンクアップ

リンクダウン

ポートでのAuto-MDIXを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、設定する物理インターフェイスを指定します。

ステップ 3

speed auto

接続されたデバイスと速度を自動ネゴシエーションするようにポートを設定します。

ステップ 4

duplex auto

接続されたデバイスとデュプレックス モードを自動ネゴシエーションするようにポートを設定します。

ステップ 5

mdix auto

ポート上でAuto-MDIXをイネーブルにします。


) ESポートで速度をautoに設定すると、ポートが他のスイッチの10/100インターフェイスに接続されている場合、重大なデータ損失が発生する可能性があります。


 

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

show controllers ethernet-controller interface-id phy

インターフェイス上のAuto-MDIX機能の動作ステートを確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

Auto-MDIXをディセーブルにするには、 no mdix auto インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポート上でAuto-MDIXをイネーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# speed auto
Switch(config-if)# duplex auto
Switch(config-if)# mdix auto
Switch(config-if)# end

インターフェイスに関する記述の追加

インターフェイスの機能に関する記述を追加できます。記述は、 show configuration show
running-config
、および show interfaces コマンドの出力に表示されます。

インターフェイスに関する記述を追加するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface-id

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、記述を追加するインターフェイスを指定します。

ステップ 3

description string

インターフェイスに関する記述を追加します(最大240文字)。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show interfaces interface-id description

または

show running-config

設定を確認します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

記述を削除するには、 no description インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポートに記述を追加し、その記述を確認する例を示します。

Switch# config terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# description Connects to Marketing
Switch(config-if)# end
Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/2 description
Interface Status Protocol Description
Gi1/0/2 admin down down Connects to Marketing

レイヤ3インターフェイスの設定

スイッチは、次に示す3種類のレイヤ3インターフェイスをサポートします。

SVI:トラフィックをルーティングするVLANに対応するSVIを設定する必要があります。SVIは、 interface vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドのあとにVLAN IDを入力して作成します。SVIを削除するには、 no interface vlan グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。


) 作成したSVIをアクティブにするには、物理ポートに関連付ける必要があります。VLANへのレイヤ2ポートの割り当てについては、「VLANの設定」を参照してください。


ルーテッド ポート:ルーテッド ポートは、 no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してレイヤ3モードに設定された物理ポートです。

レイヤ3 EtherChannelポート:ルーテッド ポートで構成されたEtherChannelインターフェイスです。

EtherChannelポートについては、「EtherChannelの設定」を参照してください。

レイヤ3スイッチでは、ルーテッド ポートおよびSVIごとにIPアドレスを1つ割り当てることができます。

スイッチに設定可能なSVIとルーテッド ポートの数について定義済みの制限はありません。ただし、ハードウェアには限界があるため、SVIおよびルーテッド ポートの数と、設定されている他の機能の数の組み合わせによっては、CPU利用率が影響を受けることがあります。スイッチが最大限のハードウェア リソースを使用している場合にルーテッド ポートまたはSVIを作成しようとすると、次のような結果になります。

新たなルーテッド ポートを作成しようとすると、スイッチはインターフェイスをルーテッド ポートに変換するための十分なリソースがないことを示すメッセージを表示し、インターフェイスはスイッチポートのままとなります。

拡張範囲のVLANを作成しようとすると、エラー メッセージが生成され、拡張範囲のVLANは拒否されます。

VTPが新たなVLANをスイッチへ通知すると、スイッチは使用可能な十分なハードウェア リソースがないことを示すメッセージを送り、そのVLANをシャットダウンします。 show vlan ユーザEXECコマンドの出力は、VLANが一時停止ステートであることを示しています。

スイッチが、ハードウェアのサポート可能な数を超えるVLANとルーテッド ポートが設定されたコンフィギュレーションを使って起動を試みると、VLANは作成されますが、ルーテッド ポートはシャットダウンされ、スイッチはハードウェア リソースが不十分であるという理由を示すメッセージを送信します。

すべてのレイヤ3インターフェイスには、トラフィックをルーティングするためのIPアドレスが必要です。以下の手順は、レイヤ3インターフェイスとしてインターフェイスを設定する方法およびインターフェイスにIPアドレスを割り当てる方法を示します。


) 物理ポートがレイヤ2モードである(デフォルト)場合は、no switchport インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを実行してインターフェイスをレイヤ3モードにする必要があります。no switchportコマンドを実行すると、インターフェイスがディセーブルになってから再度イネーブルになります。これにより、インターフェイスが接続しているデバイスに関するメッセージが表示されることがあります。


レイヤ3インターフェイスを設定するには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface {{ fastethernet | gigabitethernet } interface-id } | { vlan vlan-id } | { port-channel port-channel-number }

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、レイヤ3インターフェイスとして設定するインターフェイスを入力します。

ステップ 3

no switchport

物理ポートに限り、レイヤ3モードを開始します。

ステップ 4

ip address ip_address subnet_mask

IPアドレスおよびIPサブネットを設定します。

ステップ 5

no shutdown

インターフェイスをイネーブルにします。

ステップ 6

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 7

show interfaces [ interface-id ]
show ip interface [ interface-id ]
show running-config interface [ interface-id ]

設定を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

インターフェイスのIPアドレスを削除するには、 no ip address インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次に、ポートをルーテッド ポートとして設定し、IPアドレスを割り当てる例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# no switchport
Switch(config-if)# ip address 192.20.135.21 255.255.255.0
Switch(config-if)# no shutdown

システムMTUの設定

スイッチ上のすべてのインターフェイスで送受信されるフレームのデフォルトMaximum
Transmission Unit(MTU;最大伝送ユニット)サイズは、1500バイトです。 system mtu グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、10または100 Mbpsで稼働するすべてのインターフェイスのMTUサイズを増やすことができます。また、 system mtu jumbo グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、すべてのギガビット イーサネット インターフェイス上でジャンボ フレームをサポートするようにMTUサイズを増やすことができます。system mtuコマンドはギガビット イーサネット ポートには影響せず、system jumbo mtuコマンドは10/100ポートには影響しません。

スイッチがサポートする10/100インターフェイスのMTUサイズは、最大で1546バイトです。ギガビット インターフェイスのMTUサイズは、最大で9000バイトです。

個々のインターフェイスにMTUサイズを設定することはできません。スイッチ上のすべてのファスト イーサネットまたはすべてのギガビット イーサネット インターフェイスに対して設定されます。MTUサイズを変更した場合は、スイッチをリセットしなければ、新たな設定は有効になりません。

スイッチCPUが受信可能なフレーム サイズは、system mtuコマンドまたはsystem mtu jumboコマンドで指定された値には関係なく、1500バイトに制限されています。通常、転送またはルーティングされたフレームはCPUによって受信されませんが、場合によっては、制御トラフィック、SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)、Telnet、またはルーティング プロトコルへ送信されたトラフィックなどのパケットがCPUへ送信されることがあります。

ルーテッド パケットは、出力ポートでMTUチェックを受けます。ルーテッド ポートで使用されるMTU値は( system mtu jumbo 値ではなく) system mtu 設定値から取得されます。つまり、ルーテッドMTUはどのVLANのシステムMTUよりも大きくなりません。隣接関係とリンクのMTUをネゴシエーションする場合、システムMTU値はルーティング プロトコルで使用されます。たとえば、
Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルは、ピア ルータとの隣接関係を設定する前にこのMTU値を使用します。特定のVLANのルーテッド パケットのMTU値を表示するには、 show platform port-asic mvid イネーブルEXECコマンドを使用します。


) レイヤ2ギガビット イーサネット インターフェイスが、10/100インターフェイスより大きいサイズのフレームを受け取るように設定されている場合、レイヤ2ギガビット イーサネット インターフェイスに着信するジャンボ フレームとレイヤ2 10/100インターフェイスで発信されるジャンボ フレームは廃棄されます。


10/100またはギガビット イーサネットインターフェイスのMTUサイズを変更するには、イネーブルEXECモードを開始し、次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

system mtu bytes

(任意)10または100 Mbpsで稼働するスイッチのすべてのインターフェイスに対してMTUサイズを変更します。指定できる範囲は1500~1546バイトです。デフォルトは1500バイトです。

ステップ 3

system mtu jumbo bytes

(任意)スイッチのすべてのギガビット イーサネット インターフェイスに対してMTUサイズを変更します。指定できる範囲は1500~9000バイトです。デフォルトは1500バイトです。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

copy running-config startup-config

コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ステップ 6

reload

オペレーティング システムをリロードします。

特定タイプのインターフェイスに対して許容範囲外の値を入力すると、値は受け入れられません。

スイッチをリロードすると、show system mtuイネーブルEXECコマンドを使用して、設定を確認できます。

次に、ギガビット イーサネット インターフェイスの最大パケット サイズを1800バイトに設定する例を示します。

Switch(config)# system jumbo mtu 1800
Switch(config)# exit
Switch# reload
 

次は、ギガビット イーサネット インターフェイスを範囲外の数値に設定しようとした場合の応答を示した例です。

Switch(config)# system mtu jumbo 10000
^
% Invalid input detected at '^' marker.

インターフェイスのモニタおよびメンテナンス

ここでは、インターフェイスのモニタおよびメンテナンス作業について説明します。

「インターフェイス ステータスのモニタ」

「インターフェイスおよびカウンタのクリアとリセット」

「インターフェイスのシャットダウンおよび再起動」

インターフェイス ステータスのモニタ

イネーブルEXECプロンプトにコマンドを入力することによって、ソフトウェアおよびハードウェアのバージョン、設定、インターフェイスに関する統計情報などインターフェイスに関する情報が表示されます。 表10-3 に、このインターフェイス モニタ コマンドの一部を示します(イネーブルEXECプロンプトに show ? と入力すると、すべての show コマンドのリストが表示されます)。このコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Interface Command Reference 』Release 12.2を参照してください。

 

表10-3 インターフェイス用のshowコマンド

コマンド
説明

show interfaces [ interface-id ]

すべてのインターフェイスまたは特定のインターフェイスのステータスおよび設定を表示します。

show interfaces interface-id status [ err-disabled ]

インターフェイスのステータス、またはerrdisableステートにあるインターフェイス リストを表示します。

show interfaces [ interface-id ] switchport

スイッチング(非ルーティング)ポートの管理上および動作上のステータスを表示します。このコマンドを使用すると、ポートがルーティングまたはスイッチングのどちらのモードにあるかが判別できます。

show interfaces [ interface-id ] description

1つのインターフェイスまたはすべてのインターフェイスに関する記述とインターフェイスのステータスを表示します。

show interfaces [ interface-id ] [{ transceiver properties | detail }] module number ]

SFPモジュールに関する物理および動作ステータスを表示します。

show ip interface [ interface-id ]

IPルーティング用に設定されたすべてのインターフェイス、または指定されたインターフェイスの使用可能性に関するステータスを表示します。

show running-config interface [ interface-id ]

インターフェイスのRAMに保存された実行コンフィギュレーションを表示します。

show version

ハードウェア構成、ソフトウェアのバージョン、コンフィギュレーション ファイルの名前とソース、ブート イメージを表示します。

show controllers ethernet-controller interface-id phy

インターフェイス上のAuto-MDIX機能の動作ステートを確認します。

インターフェイスおよびカウンタのクリアとリセット

表10-4 に、カウンタのクリアとインターフェイスのリセットに使用できるイネーブルEXECモードの clear コマンドを示します。

 

表10-4 インターフェイス用のclearコマンド

コマンド
説明

clear counters [ interface-id ]

インターフェイスのカウンタをクリアします。

clear interface interface-id

インターフェイスに関するハードウェア ロジックをリセットします。

clear line [ number | console 0 | vty number ]

非同期シリアル回線に関するハードウェア ロジックをリセットします。

show interfaces イネーブルEXECコマンドによって表示されたインターフェイス カウンタをリセットするには、 clear counters イネーブルEXECコマンドを使用します。オプションの引数が特定のインターフェイス番号から特定のインターフェイス タイプのみをクリアするように指定されている場合を除いて、 clear counters コマンドは、インターフェイスから現在のインターフェイス カウンタをすべてクリアします。


clear countersイネーブルEXECコマンドは、SNMPを使用して取得されたカウンタをクリアしません。show interfacesイネーブルEXECコマンドで表示されるカウンタのみをクリアします。


インターフェイスのシャットダウンおよび再起動

インターフェイスをシャットダウンすると、指定されたインターフェイスのすべての機能がディセーブルになり、使用不可能であることがすべてのモニタ コマンドの出力に表示されます。この情報は、すべてのダイナミック ルーティング プロトコルによって他のネットワーク サーバに伝達されます。ルーティング更新の場合には、このインターフェイスは一切考慮されません。

インターフェイスをシャットダウンするには、イネーブルEXECモードで次の手順を実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface { vlan vlan-id } | {{ fastethernet | gigabitethernet } interface-id } | { port-channel port-channel-number }

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 3

shutdown

インターフェイスをシャットダウンします。

ステップ 4

end

イネーブルEXECモードに戻ります。

ステップ 5

show running-config

設定を確認します。

インターフェイスを再起動するには、 no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

インターフェイスがディセーブルになっていることを確認するには、 show interfaces イネーブルEXECコマンドを使用します。ディセーブル化されたインターフェイスは、 show interface コマンド表示では、 administratively down と表示されます。