Catalyst ME 6500 シリーズ スイッチ Cisco IOS システム メッセージ ガイド 12.2ZU
メッセージおよび回復手順
メッセージおよび回復手順
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

メッセージおよび回復手順

AAA メッセージ

AAA-2

AAA-3

AAA-6

AAAA メッセージ

AAAA-3

AAAA-4

AAA キャッシュ メッセージ

AAA_CACHE-3

ACCESS_IE メッセージ

ACCESS_IE-3

ACEメッセージ

ACE-2

ACE-3

ACE-6

ACL_ASIC メッセージ

ACL_ASIC-4

ADJ メッセージ

ADJ-3

AFLSEC メッセージ

AFLSEC-6

AP メッセージ

AP-1

AP-4

AP-6

ATMSPAメッセージ

ATMSPA-2

ATMSPA-3

ATMSPA-4

ATOM_NP_CLIENT メッセージ

ATOM_NP_CLIENT-3

ATOM_NP_CLIENT-4

AUDIT メッセージ

AUDIT-5

BGP メッセージ

BGP-3

BGP-4

BGP_MPLS メッセージ

BGP_MPLS-3

BGP_MPLS-4

C7600_SIP200メッセージ

C7600_SIP200-3

C7600_SIP200-4

C7600_SIP200_MPメッセージ

C7600_SIP200_MP-1

C7600_SIP200_MP-3

C7600_SIP200_MP-4

C7600_SIP200_SPIRXメッセージ

C7600_SIP200_SPIRX-3

C7600_SIP200_SPITXメッセージ

C7600_SIP200_SPITX-3

C7600_SSC600メッセージ

C7600_SSC600-3

C7600_SSC600-7

CAPIメッセージ

CAPI-2

CAPI-3

CAPI_ECメッセージ

CAPI_EC-4

CARDMGRメッセージ

CARDMGR-2

CARDMGR-4

CARDMGR-5

CBUSメッセージ

CBUS-3

CBUS-7

CLNS メッセージ

CLNS-3

CLNS-4

CNS メッセージ

CNS-3

CNS-5

CONST_DIAGメッセージ

CONST_DIAG-2

CONST_DIAG-3

CONST_DIAG-4

CONST_DIAG-6

CONST_V6メッセージ

CONST_V6-5

CONTROLLER メッセージ

CONTROLLER-5

CONTROLLER-5

CPU_MONITORメッセージ

CPU_MONITOR-2

CPU_MONITOR-3

CRYPTO メッセージ

CRYPTO-3

CRYPTO-4

CRYPTO-5

CRYPTO-6

CRYPTO_HA メッセージ

CRYPTO_HA-3

CRYPTO_HA-6

CSGメッセージ

CSG-3

CSG-4

CSG-6

CWAN_ALARM メッセージ

CWAN_ALARM-6

CWAN_ATMメッセージ

CWAN_ATM-3

CWAN_ATM-5

CWAN_HAメッセージ

CWAN_HA-3

CWAN_HA-4

CWANLCメッセージ

CWANLC-3

CWANLC-5

CWANLC_ATMメッセージ

CWANLC_ATM-3

CWAN_POSEIDON メッセージ

CWAN_POSEIDON-6

CWAN_QINQメッセージ

CWAN_QINQ-3

CWAN_RPメッセージ

CWAN_RP-1

CWAN_RP-3

CWAN_RP-4

CWAN_RP-6

CWAN_SPメッセージ

CWAN_SP-3

CWAN_SP-4

CWAN_SPA メッセージ

CWAN_SPA-3

CWPAメッセージ

CWPA-2

CWPA-3

CWPA-4

CWPABRIDGE メッセージ

CWPABRIDGE-3

CWRPSPAメッセージ

CWRPSPA-3

CWRPSPA-4

CWRPSPA-6

CWSLCメッセージ

CWSLC-3

CWTLCメッセージ

CWTLC-0

CWTLC-2

CWTLC-3

CWTLC-4

CWTLC-5

CWTLC-6

CWTLC_ATOMメッセージ

CWTLC_ATOM-3

CWTLC_CHOCメッセージ

CWTLC_CHOC-3

CWTLC_CHOC_DSX メッセージ

CWTLC_CHOC_DSX-3

CWTLC_GEWANメッセージ

CWTLC_GEWAN-3

CWTLC_QOS メッセージ

CWTLC_QOS-3

CWTLC_QOS-4

CWTLC_RPメッセージ

CWTLC_RP-3

DFP メッセージ

DFP-4

DHCP Snooping メッセージ

DHCP_SNOOPING-4

DHCP_SNOOPING-6

DHCPV6C メッセージ

DHCPV6C-3

DHCPV6S メッセージ

DHCPV6S-3

DIAGメッセージ

DIAG-3

DIAG-6

DOT1X メッセージ

DOT1X-5

DTP メッセージ

DTP-5

EAP メッセージ

EAP-2

EAP-4

EAP-6

EARLメッセージ

EARL-2

EARL-3

EARL-4

EARL_ACL_FPGAメッセージ

EARL_ACL_FPGA-2

EARL_ACL_FPGA-3

EARL_ACL_FPGA-4

EARL_DRV_APIメッセージ

EARL_DRV_API-0

EARL_DRV_API-2

EARL_DRV_API-4

EARL_L2_ASICメッセージ

EARL_L2_ASIC-0

EARL_L2_ASIC-2

EARL_L2_ASIC-3

EARL_L2_ASIC-4

EARL_L3_ASICメッセージ

EARL_L3_ASIC-3

EARL_L3_ASIC-4

EARL_NETFLOW

EARL_NETFLOW-0

EARL_NETFLOW-3

EARL_NETFLOW-4

EARL_NETFLOW-5

EC メッセージ

EC-5

EMメッセージ

EM-3

EM-4

ENT_ALARM メッセージ

ENT_ALARM-3

ENT_ALARM-6

EOBC メッセージ

EOBC-0

EOBC-2

EOS メッセージ

EOS-2

EOS-3

EOS-4

EOS-5

EOU メッセージ

EOU-2

EOU-4

EOU-5

EOU-6

EPLD_STATUS_OPEN メッセージ

EPLD_STATUS_OPEN-4

ESF_CRASHINFO メッセージ

ESF_CRASHINFO-2

ESF_DRIVER メッセージ

ESF_DRIVER-2

ESF_IPC メッセージ

ESF_IPC-2

ESF_IPC-3

ESF_IPC-6

EVENT_TRACE メッセージ

EVENT_TRACE-3

EXFREE メッセージ

EXFREE-2

EXFREE-4

FABRIC メッセージ

FABRIC-3

FABRIC-4

FABRIC-5

FABRIC-6

FIB メッセージ

FIB-2

FIB-3

FIB-4

FILESYS メッセージ

FILESYS-5

FM メッセージ

FM-2

FM-2

FMCORE メッセージ

FMCORE-2

FM_EARL6 メッセージ

FM_EARL6-4

FM_EARL7 メッセージ

FM_EARL7-2

FM_EARL7-4

FPD_MGMT メッセージ

FPD_MGMT-2

FPD_MGMT-3

FPD_MGMT-4

FPD_MGMT-5

FPD_MGMT-6

FR メッセージ

FR-3

FR_ADJ メッセージ

FR_ADJ-3

FR_VCB メッセージ

FR_VCB-3

FR_VCB-5

FTTM メッセージ

FTTM-3

GENERAL メッセージ

GENERAL-2

GENERAL-3

HA_EM メッセージ

HA_EM-3

HA_EM-4

HA_EM-6

HA_EM-7

HA_IFINDEX メッセージ

HA_IFINDEX-2

HWIF_QOS メッセージ

HWIF_QOS-6

HYPERION メッセージ

HYPERION-3

HYPERION-4

HYPERION-5

ICC メッセージ

ICC-6

IDBMAN メッセージ

IDBMAN-4

IDMGR マネージャ

IDMGR-3

IF メッセージ

IF-3

IF-4

IFS メッセージ

IFS-3

IMAGE_SIMFS メッセージ

IMAGE_SIMFS-3

IMAGE_VFS メッセージ

IMAGE_VFS-3

INBAND メッセージ

INBAND-3

INTERFACE_API メッセージ

INTERFACE_API-4

INTR_MGR メッセージ

INTR_MGR-3

IPC メッセージ

IPC-2

IPC-3

IPC-4

IPC-5

IPC-6

IP_DEVICE_TRACKING メッセージ

IP_DEVICE_TRACKING-4

IPFAST メッセージ

IPFAST-2

IPFAST-4

IPMCAST_LIB メッセージ

IPMCAST_LIB-4

IPMCAST_LIB-6

IPNAT メッセージ

IPNAT-4

IPSECV6 メッセージ

IPSECV6-4

IPv6 メッセージ

IPV6-3

IP_VRF メッセージ

IP_VRF-3

IP_VRF-4

ISA メッセージ

ISA-1

ISA-6

IXP_MAP メッセージ

IXP_MAP-3

IXP_MAP-4

L2_AGING メッセージ

L2_AGING-2

L2_APPL メッセージ

L2_APPL-5

L2_ASIC メッセージ

L2_ASIC-0

L2_ASIC-1

L2_ASIC-2

L2_ASIC-4

L3_ASIC メッセージ

L3_ASIC-1

L3_ASIC-4

L3MM メッセージ

L3MM-4

L3MM-5

LDP

LDP-5

LSPV

LSPV-3

MAC_LIMIT メッセージ

MAC_LIMIT-4

MAC_MOVE メッセージ

MAC_MOVE-4

MCAST メッセージ

MCAST-6

MCT1E1 メッセージ

MCT1E1-2

MCT1E1-3

MEMPOOL メッセージ

MEMPOOL-3

MFIB メッセージ

MFIB-3

MFIB_CONST_LC メッセージ

MFIB_CONST_LC-6

MFIB_CONST_RP

MFIB_CONST_RP-6

MFIB_STATS メッセージ

MFIB_STATS-2

MISA メッセージ

MISA-1

MISA-6

MLD_PROT メッセージ

MLD_PROT-6

MLS_ACL_COMMON

MLS_ACL_COMMON-4

MLSCEF メッセージ

MLSCEF-2

MLSCEF-7

MLSM メッセージ

MLSM-6

MLS_RATE メッセージ

MLS_RATE-4

MMLS メッセージ

MMLS-6

MMLS_RATE メッセージ

MMLS_RATE-3

MRIB_PROXY メッセージ

MRIB_PROXY-2

MWAM メッセージ

MWAM-4

NBAR メッセージ

NBAR-1

NETFLOW_AGGREGATION メッセージ

NETFLOW_AGGREGATION-3

NETFLOW_AGGREGATION-4

NETWORK_RF_API メッセージ

NETWORK_RF_API-3

NHRP メッセージ

NHRP-3

NP_CLIENT メッセージ

NP_CLIENT-2

NP_CLIENT-3

NP_UCODE メッセージ

NP_UCODE-3

OIR メッセージ

OIR-3

OIR-4

OIR-6

ONLINE メッセージ

ONLINE-2

ONLINE-6

OSM_MULTILINK メッセージ

OSM_MULTILINK-3

OSM_MULTILINK-4

OSM_MULTILINK-5

OSPF メッセージ

OSPF-3

OSPF-4

OSPFv3

OSPFv3-4

PACKET メッセージ

PACKET-2

PACKET-3

PBI_OPEN メッセージ

PBI_OPEN-4

PCMCIAFS メッセージ

PCMCIAFS-3

PCMCIAFS-4

PCMCIAFS-5

PFREDUN メッセージ

PFREDUN-1

PFREDUN-3

PFREDUN-4

PFREDUN-7

PIM メッセージ

PIM-5

PIM_PROT メッセージ

PIM_PROT-3

PIM_PROT-6

PIM_PROT-7

PIMSN メッセージ

PIMSN-6

PKI メッセージ

PKI-3

PKI-4

PKI-6

PLATFORM メッセージ

PLATFORM-3

PM メッセージ

PM-4

PM_SCPメッセージ

PM_SCP-2

PM_SCP-3

PM_SCP-4

PORT_SECURITY メッセージ

PORT_SECURITY-2

PORT_SECURITY-6

POSLC メッセージ

POSLC-3

PROCYON メッセージ

PROCYON-3

PT メッセージ

PT-3

PXF メッセージ

PXF-2

QM メッセージ

QM-2

QM-4

QM-6

QNQ メッセージ

QNQ-6

QOS メッセージ

QOS-3

R4K_MP メッセージ

R4K_MP-3

R4K_MP-5

RADIUS メッセージ

RADIUS-3

RADIUS-4

RADIUS-6

RASP16 メッセージ

RASP16-5

REDUNDANCY_UTILS メッセージ

REDUNDANCY_UTILS-3

REGISTRY メッセージ

REGISTRY-2

REGISTRY-3

RF メッセージ

RF-3

RF-4

RF-6

RF-7

RFS メッセージ

RFS-3

RPC メッセージ

RPC-2

RPF メッセージ

RPF-4

RP_MLP

RP_MLP-3

RP_MLP-4

RP_MLP-5

RTT メッセージ

RTT-3

RUNCFGSYNC メッセージ

RUNCFGSYNC-6

SBFIFO メッセージ

SBFIFO-1

SCHED メッセージ

SCHED-3

SCP メッセージ

SCP-3

SCP-3

SFF8472 メッセージ

SFF8472-2

SFF8472-3

SHMWIN メッセージ

SHMWIN-3

SHMWIN-6

SHMWIN-7

SIBYTE メッセージ

SIBYTE-0

SIBYTE-3

SIP400 メッセージ

SIP400-2

SIP600 メッセージ

SIP600-2

SIP600-3

SIP600-4

SIP600-6

SIP600_PARSING_ENGINE メッセージ

SIP600_PARSING_ENGINE-3

SIP600_QOS メッセージ

SIP600_QOS-2

SIP600_QOS-3

SIPSPA メッセージ

SIPSPA-3

SIPSPA-4

SLB メッセージ

SLB-4

SMSC_RP メッセージ

SMSC_RP-3

SMSC_RP-6

SONET メッセージ

SONET-3

SONET-6

SPA

SPA-0

SPA-2

SPA-3

SPA-4

SPA_CCB メッセージ

SPA_CCB-3

SPA_CCB-4

SPA_CHOC_DSX メッセージ

SPA_CHOC_DSX-3

SPA_CHOC_DSX-4

SPA_CONSOLE メッセージ

SPA_CONSOLE-3

SPA_CONSOLE-5

SPACP メッセージ

SPACP-3

SPA_CT3 メッセージ

SPA_CT3-3

SPA_DATABUS メッセージ

SPA_DATABUS-3

SPA_EEPROM メッセージ

SPA_EEPROM-4

SPA_FPD メッセージ

SPA_FPD-3

SPA_HA メッセージ

SPA_HA-3

SPA_IPSEC メッセージ

SPA_IPSEC-3

SPA_MIB メッセージ

SPA_MIB-4

SPAN メッセージ

SPAN-3

SPAN-5

SPANTREE メッセージ

SPANTREE-3

SPANTREE-6

SPANTREE-7

SPA_OIR メッセージ

SPA_OIR-2

SPA_OIR-3

SPA_OIR-6

SPA_PLIM メッセージ

SPA_PLIM-3

SPA_PLIM-4

SPA_PLIM-5

SPA_PLUGIN メッセージ

SPA_PLUGIN-3

SPA_PLUGIN-4

SPA_PLUGIN-6

SPA_PMB メッセージ

SPA_PMB-4

SPA_T3E3メッセージ

SPA_T3E3-3

SPA_T3E3-4

SPA_T3E3-5

SSA メッセージ

SSA-4

SSA-5

SSP メッセージ

SSP-3

SSP-4

SSP-5

SSP-6

SSSMGR メッセージ

SSSMGR-3

STAPL_OPEN メッセージ

STAPL_OPEN-4

SVCLC メッセージ

SVCLC-5

SW_DAI メッセージ

SW_DAI-4

SW_DAI-6

SW_VLAN メッセージ

SW_VLAN-4

SW_VLAN-6

SYS メッセージ

SYS-2

SYS-3

SYS-5

SYS-6

SYSMGR_PLATFORM メッセージ

SYSMGR_PLATFORM-5

SYSTEM_BUS_ASIC メッセージ

SYSTEM_BUS_ASIC-3

SYSTEM_CONTROLLER メッセージ

SYSTEM_CONTROLLER-3

TAR_FS メッセージ

TAR_FS-3

TCP メッセージ

TCP-3

TCP-6

TINY_FRAG_POLICER メッセージ

TINY_FRAG_POLICER-6

TN メッセージ

TN-2

TOPN_COUNTERS メッセージ

TOPN_COUNTERS-4

TOPN_COUNTERS-5

TRANSCEIVER メッセージ

TRANSCEIVER-3

TRANSCEIVER-6

TTFIB_NP_CLIENT メッセージ

TTFIB_NP_CLIENT-3

TTFIB_NP_CLIENT-4

TUN メッセージ

TUN-3

TUN-5

TUNSS メッセージ

TUNSS-3

TUNSS-6

VACL メッセージ

VACL-4

VALENCIA メッセージ

VALENCIA-3

VIPMLP メッセージ

VIPMLP-2

VPN_HW メッセージ

VPN_HW-1

VPN_HW-3

VPN_HW-6

VPNSM メッセージ

VPNSM-2

VPNSM-3

VPNSM-4

VPNSM-6

VPNSMIOS メッセージ

VPNSMIOS-3

VPNSMIOS-4

VPNSMIOSSP メッセージ

VPNSMIOSSP-6

VSEC メッセージ

VSEC-4

WiSM メッセージ

WiSM-5

メッセージおよび回復手順

この章では、スイッチのシステム メッセージをファシリティ別に示します。各ファシリティでは、重大度 0 から 7 の順にメッセージを示します。重大度は 0 が最高で、7 が最低です。各メッセージに続いて、説明と推奨処置を示します。


) システム ログへのメッセージ出力がソフトウェアに設定されている場合に限り、メッセージに日付/時刻スタンプが表示されますが、この章に記載するメッセージには、この表示は含まれていません。


このマニュアルで扱っていない Cisco IOS システム メッセージについては、次の Cisco IOS マニュアルを参照してください。

Cisco IOS System Error Messages, Cisco IOS Release 12.2

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122sup/122sems/index.htm

System Error Messages for Cisco IOS Release 12.2S

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122s/122sdebu/index.htm

Cisco IOS System Error Messages, Cisco IOS Release 12.2SX

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122s/122sup/122sems/index.htm

AAA メッセージ

ここでは、Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)メッセージについて説明します。

AAA-2

エラー メッセージ AAA-2-AAAMULTILINKERROR: [chars]([hex]): Acct db for Id [hex] absent

説明 AAA の内部エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして Technical Assistance Center(TAC)で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-2-FORKFAIL: Cannot fork process [chars]

説明 システムはプロセスを作成しようとして失敗しました。[chars] はプロセス名です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

AAA-3

エラー メッセージ AAA-3-ATTRFORMATERR: Attribute with unknown format [dec]

説明 アトリビュートの形式が無効でした。[dec] は形式番号です。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに支援を依頼してください。

エラー メッセージ AAA-3-AUTHORMLISTUNDEF: Authorization method list '[chars]' is not defined. Please define it.

説明 事前に定義されていないメソッド リストが、コマンドに指定されています。メソッド リストは使用する前に定義しておく必要があります。[chars] はメソッド リスト名です。

推奨処置 メソッド リストを定義してから使用してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADCURSOR: invalid cursor index [dec] max [dec] service [chars] protocol [chars]

説明 AAA クライアントは、AAA に無効なアトリビュート カーソルを提供しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADHDL: invalid hdl AAA ID [int], hdl [hex], [chars]

説明 AAA クライアントは、AAA に無効なアトリビュート リスト ハンドルを提供しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADLIST: invalid list AAA ID [int]

説明 AAA クライアントは、AAA に無効なアトリビュート リストを提供しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADMAGIC: Data structure failed magic number sanity check

説明 内部に格納されていたデータ構造が、破損していることが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADMETHOD: Cannot process [chars] method [int]

説明 メソッド リスト機能により、不明または処理できないメソッド リストが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADMETHODERROR: Cannot process [chars] method [chars]

説明 メソッド リスト機能により、不明 または処理できないメソッド タイプが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADPROTOCOL: Unknown protocol [int]

説明 AAA サブシステムにより、不明なプロトコル タイプが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BADSERVICE: Unknown service [int]

説明 AAA サブシステムにより、不明なサービス タイプが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-BUFFER_OVERFLOW: Radius I/O buffer has overflowed

説明 異常に大量の RADIUS アトリビュートが原因となり、AAA の RADIUS I/O バッファがオーバーフローしました。

推奨処置 これは、内部ソフトウェア エラーです。シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ AAA-3-INVALIDPARM: invalid parameter was used when accessing AAA function

説明 AAA クライアントは、無効なパラメータで AAA 機能を使用しようとしました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-IPILLEGALMSG: Invalid use of ip_pid([int])

説明 プロセスは、サブスクライブされていない IP に不正なメッセージを送信しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、テクニカル サポートの支援を依頼してください。

エラー メッセージ AAA-3-ISDNINTF: [chars] [chars]: Can not apply configuration to ISDN channel: "[chars]"

説明 設定を ISDN 個別チャネルに適用できません。

推奨処置 仮想プロファイルおよび仮想アクセス インターフェイスによって設定を ISDN に適用する必要があります。詳細については、『 Cisco IOS Dial Technologies Configuration Guide 』の「Configuring virtual profiles by AAA Configuration」を参照してください。

エラー メッセージ AAA-3-MLIST_INTERNAL_ERROR: method list '[chars]': [chars]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-MLIST_TOO_MANY_METHODS: method list '[chars]'

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。AAA クライアントはメソッド リストにメソッドを追加しようとしましたが、メソッドの数が多すぎます。

推奨処置 これは、内部ソフトウェア エラーです。シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ AAA-3-NOTABLE: AAA ID [int]

説明 リソース エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-NULLCURSOR: Null cursor

説明 AAA クライアントは、存在しないアトリビュート カーソルを AAA に提供しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ AAA-3-PARSEERR: Error([dec]) parser is unable to parse [chars] per-user command

説明 ユーザ単位の設定解除コマンドを解析しようとしたすべての試みが失敗しました。

推奨処置 指定された設定解除コマンドは、設定解除されませんでした。シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ AAA-3-SERVER_INTERNAL_ERROR: Server '[IP_address]': [chars]

説明 AAA サーバ グループ サブシステムに内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 これは、内部ソフトウェア エラーです。シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ AAA-3-SG_DEADTIME_FORKFAIL: Failed to fork process for [chars].

説明 システムのメモリが不足している可能性があります。他の原因も考えられます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、テクニカル サポートの支援を依頼してください。

エラー メッセージ AAA-3-SG_INTERNAL_ERROR: server group '[chars]': [chars]

説明 AAA サーバ グループ サブシステムに内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 これは、内部ソフトウェア エラーです。シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ AAA-3-SG_TESTPROC_FORKFAIL: Failed to fork process for [chars].

説明 システムのメモリが不足しています。他の原因も考えられます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、テクニカル サポートの支援を依頼してください。

エラー メッセージ AAA-3-SORTFAIL: [chars] :Peruser Could not sort the [chars] attributes

説明 AAA サーバから受信したアトリビュートのソートに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

AAA-6

エラー メッセージ AAA-6-ACCTSESSIDWRAP: Accounting-Session-ID [dec] exceeded max value allowed

説明 アカウンティング セッション ID の値が上限値を超えました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

AAAA メッセージ

ここでは、TACACS+ Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)セキュリティ アカウンティング(AAAA)メッセージについて説明します。

AAAA-3

エラー メッセージ AAAA-3-AAAFORKFAIL: Failed to start AAA process. AAA requests may not be processed.

説明 システムは AAA プロセスを作成できませんでした。

推奨処置 メモリを一部解放してください。

エラー メッセージ AAAA-3-ACCTFORKFAIL: Failed to start accounting process. Accounting records may not be sent.

説明 システムはアカウンティング プロセスを作成できませんでした。

推奨処置 メモリを一部解放してください。

エラー メッセージ AAAA-3-DROPACCTFULLQ: Accounting record dropped due to a full aaa accounting queue: [chars]-[chars] [chars] [chars]

説明 キューイングされたアカウンティング パケットの数が多すぎるため、アカウンティング レコードがドロップされました。

推奨処置 定期アカウンティングがオンの場合は、オフにします。アカウンティング キューが大きくなりすぎている可能性があります。これは通常、AAA サーバの応答がないことが原因です。show radius statistics または show tacacs コマンドを使用して、キューが大きくなりすぎていないかどうか調べます。

エラー メッセージ AAAA-3-NOADMINSOC: [chars]

説明 管理プロセス用のソケットの設定に失敗しました。プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ AAAA-3-SGDUPFREE: Duplicate free of server group [hex]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

AAAA-4

エラー メッセージ AAAA-4-SERVNOTACPLUS: The server-group "[chars]" is not a tacacs+ server group. Please define "[chars]" as a tacacs+ server group.

説明 サーバ グループが使用するプロトコルは、設定された AAA アクションをサポートしません。

推奨処置 TACACS+ サーバ グループを使用してください。

エラー メッセージ AAAA-4-UNSUPWAITSTART: % AAA: Unsupported option wait-start mapped to start-stop.

説明 wait-start アカウンティングはサポートされません。wait-start は start-stop にマッピングされています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

AAA キャッシュ メッセージ

ここでは、Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)キャッシュ メッセージについて説明します。

AAA_CACHE-3

エラー メッセージ AAA_CACHE-3-NULL_TREE_PERIODIC_PROC: Cache Tree pointer is of null value

説明 キャッシュ ツリー ポインタがヌルの値です。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

ACCESS_IE メッセージ

ここでは、Access IE(Information Element; 情報要素)メッセージについて説明します。

ACCESS_IE-3

エラー メッセージ ACCESS_IE-3-INVALID_HANDLE: Caller passed in invalid handle - traceback to follow.

説明 無効なハンドルが Access IE ライブラリ内で検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

ACEメッセージ

ここでは、Access Control Entry(ACE; アクセス コントロール エントリ)メッセージについて説明します。

ACE-2

エラー メッセージ ACE-2-CRYPTOENGERR: Crypto engine error: [chars] ([dec])

説明 暗号化エンジンの動作が完了しませんでした。暗号化エンジンがインターフェイスを暗号化エンジンにバインドまたはアンバインドできなかったことを意味します。また、暗号化エンジンがインターフェイス ID を照会できなかったことも意味します。

推奨処置 no crypto map コマンドを入力して、暗号マップ セットをインターフェイスから削除します。次に crypto map コマンドを使用して、暗号マップ セットをインターフェイスにもう一度付加します。暗号マップを削除して付加し直すことにより、この暗号化エンジンの動作障害が解決した場合でも、シスコのテクニカル サポートに障害の内容と障害に至った一連のコマンドを連絡してください。

ACE-3

エラー メッセージ ACE-3-BOOTMSGERR: [chars]: boot error: [chars]

説明 ACE はブーティングを完了しましたが、エラー ステータス コードが表示されました。ACE は動作せず、暗号サブシステムへの登録は行なわれません。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ACE-3-NOENGINESLOT: Interface [chars] has no crypto engine slot

説明 指定したインターフェイスに対し IKE SA が要求されましたが、そのインターフェイスには暗号化エンジンのスロットが割り当てられていませんでした。

推奨処置 crypto engine [sub]slot コマンドを使用して、該当するインターフェイスを設定します。

エラー メッセージ ACE-3-OUTOFID_RL: Too may [chars] IDs in the system. Cannot allocate a new one

説明 指定したタイプの ID がすべて使用中です。

推奨処置 トラフィックの負荷、IP セキュリティのトンネル数またはキーの再生成頻度またはその両方を減らします。負荷が軽い状態でこのメッセージが表示された場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

ACE-6

エラー メッセージ ACE-6-BOOTMSGINFO: [chars]: boot info: [chars]

説明 ACE はブーティングを完了しましたが、ゼロ以外の情報ステータス コードが表示されました。これはエラーの意味ではありません。ACE は正常に動作します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ ACE-6-INFO: [chars]: [chars]

説明 これは ACE からの通知メッセージです。

推奨処置 これは ACE からの通知メッセージです。これは通常の動作中に表示されます。

エラー メッセージ ACE-6-SWITCHOVER: VPN-SM switchover: [dec]/[dec] has been [chars] [dec]/[dec]

説明 スイッチング モジュールのスイッチオーバーが発生しました。システム パフォーマンスには影響しません。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ ACE-6-UNEXP_INBOUND_IPSEC: [chars]: received unexpected IPsec packet: src IP: [IP_address]; dst IP: [IP_address]; (count=[dec])

説明 予定外の IP セキュリティ パケットが RP に転送されました。

推奨処置 このメッセージがルータのブーティングやハードウェア暗号化アクセラレータのイネーブル時に表示された場合は、正常なメッセージなので無視しても安全です。それ以外の場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ACE-6-UNEXP_OUTBOUND_IPSEC: [chars]: received unexpected IPsec packet: src IP: [IP_address]; dst IP: [IP_address]; firsthop/lasthop = [chars]/[chars] (count=[dec])

説明 予定外の IP セキュリティ パケットが Route Processor(RP; ルート プロセッサ)に転送されました。

推奨処置 このメッセージがルータのブーティングやハードウェア暗号化アクセラレータのイネーブル時に、または無効なピア IP アドレスで表示された場合は、正常なメッセージなので無視しても安全です。それ以外の場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

ACL_ASIC メッセージ

ここでは、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)Application-Specific Integrated Circuit(ASIC; 特定用途向け集積回路)(ACL_ASIC)メッセージについて説明します。

ACL_ASIC-4

エラー メッセージ ACL_ASIC-4-INTR_THROTTLE: Throttling "[chars]" interrupt exceeded permitted [int]/[dec] interrupts/msec

説明 Enhanced Address Recognition Logic(EARL)ASIC が過剰な割り込みを生成した場合に表示されます。割り込みを抑制して SP を安全に保ちます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

ADJ メッセージ

ここでは、隣接(ADJ)メッセージについて説明します。

ADJ-3

エラー メッセージ ADJ-3-ADJLISTARGS: bad [chars] for [chars] adj (addr [chars] int [chars] cid [dec]) for [chars] adj list

説明 インターフェイスに関する CEF 隣接リストを保守しようとしたときに、不整合が検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ADJ-3-ADJLISTREINSERTING: [chars] adj (addr [chars] int [chars] cid [dec]) in adj list for [chars] while still in adj list for [chars]

説明 複数のリストに挿入されるインターフェイス隣接に関する CEF 隣接リストを保守しようとしたときに、不整合が検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ADJ-3-IPC: Adj [chars], [chars] [chars] cid [int] - [chars] distributing to [chars]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

AFLSEC メッセージ

ここでは、Accelerated Flow Logging Security(AFLSEC)メッセージについて説明します。

AFLSEC-6

エラー メッセージ AFLSEC-6-OALDP: [chars] icmp [IP_address] -> [IP_address] ([dec]/[dec]), [dec] packet[chars]

説明 Optimized ACL Logging 基準と一致するパケットが検出されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ AFLSEC-6-OALNP: [chars] ip protocol=[dec] [IP_address] -> [IP_address], [dec] packet[chars]

説明 Optimized ACL Logging 基準と一致するパケットが検出されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ AFLSEC-6-OALP: [chars] [chars] [IP_address]([dec]) -> [IP_address]([dec]), [dec] packet[chars]

説明 Optimized ACL Logging 基準と一致するパケットが検出されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ AFLSEC-6-OALRL: Oal logging rate-limited or missed [dec] packet[chars]

説明 ログ メッセージにレート制限がある、キャッシュ テーブルが満杯、または使用できるログ バッファがないために、一部のパケット一致ログが失われました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ AFLSEC-6-OALRP: [chars] igmp [IP_address] -> [IP_address] ([dec]), [dec] packet[chars]

説明 Optimized ACL Logging 基準と一致するパケットが検出されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

AP メッセージ

ここでは、Authentication Proxy(AP; 認証プロキシ)メッセージについて説明します。

AP-1

エラー メッセージ AP-1-POSTURE_POLICY_ERROR: POLICY=[chars]| POLICYNAME=[chars]| IP=[IP_address]| ERROR=<[chars][chars]>

説明 ERROR に示されている理由のために、指定されたポリシーが所定のホスト IP に適用されませんでした。

推奨処置 HOST ACL ポリシーの場合は、インターフェイス上で入力アクセス リストが定義されて、設定されているかどうか確認します。URL REDIRECT ACL ポリシーは、URL リダイレクト VSA に対し、関連 ACL URL リダイレクト ACL VSA が必要で、これは HTTP リダイレクト基準の決定に使用されます。この ACL に一致する HTTP パケットがリダイレクトの対象となります。URL リダイレクト ACL が指定または設定されていない場合、ホストは HTTP リダイレクト用に設定されません。

AP-4

エラー メッセージ AP-4-AUTH_PROXY_NOMEM: Sufficient memory was not available to [chars]

説明 指定された動作を実行するためのメモリが不足していました。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大容量のメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ AP-4-POSTURE_EXCEED_MAX_INIT: Exceeded maximum limit ([dec]) on entires in authentication proxy posture cache in initializing state

説明 INIT ステートにある認証プロキシ ポスチャ キャッシュのエントリ数が最大限度を超えました。

推奨処置 DoS 攻撃(サービス拒絶攻撃)の可能性があります。

AP-6

エラー メッセージ AP-6-POSTURE_DOWNLOAD_ACL: Send AAA request to download ([chars]) named access control list

説明 指定されたダウンロード可能な ACL の内容を取得する要求が、ルータから AAA に送信されました。

推奨処置 これは通知メッセージです。対処は不要です。

エラー メッセージ AP-6-POSTURE_POLICY: [chars] [chars] ([chars]) policy for host ([IP_address])

説明 指定されたホストを実行または削除するポリシーを指定します。ポリシーは ACL として指定するか、または代行受信された HTTP トラフィックのリダイレクト先である URL として指定できます。

推奨処置 これは通知メッセージです。対処は不要です。

エラー メッセージ AP-6-POSTURE_START_VALIDATION: IP=[IP_address]| Interface=[chars]

説明 ルータは、認証プロキシ ポスチャ キャッシュにホストのエントリを作成し、ポスチャ確認プロセスを開始しました。

推奨処置 これは通知メッセージです。対処は不要です。

エラー メッセージ AP-6-POSTURE_STATE_CHANGE: IP=[IP_address]| STATE=[chars]

説明 認証プロキシ ポスチャ確認キャッシュ内の指定されたホストのポスチャ確認ステートが変更されました。

推奨処置 これは通知メッセージです。対処は不要です。

ATMSPAメッセージ

ここでは、ATM Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)(ATMSPA)メッセージについて説明します。

ATMSPA-2

エラー メッセージ ATMSPA-2-INITFAIL: [chars] - Init Failed return code: [int]

説明 SPA は、ハードウェアの初期化を完了できませんでした。SPA のいずれかのデバイスが正常に初期化できませんでした。初期化されなかったデバイスに関する情報は、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに表示されています。

推奨処置 電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直します。状態が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、圧縮していないプレーン テキスト形式(.txt)でコピーを添付してください。

ATMSPA-3

エラー メッセージ ATMSPA-3-DATA_ERROR: [chars] Error [hex] [chars]

説明 データパス プロトコル違反またはシーケンス エラーが検出されました。

推奨処置 エラーの具体的な内容については、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに表示されます。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ATMSPA-3-FATAL_ERROR: occurred on [chars]. Resetting SPA

説明 デバイスのいずれかにクリティカルなエラーが発生したために、SPA はリセットされました。エラーはあるイベントで単発的に発生した場合と、一定期間内に何度も発生した場合とがあります。エラーの具体的な内容については、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに表示されます。

推奨処置 SPA が何度もリセットされる場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや
http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、圧縮していないプレーン テキスト形式(.txt)でコピーを添付してください。

エラー メッセージ ATMSPA-3-GEN_ERROR: [chars] Error [hex] [chars]

説明 指定したエラーが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ATMSPA-3-HW_ERROR: [chars] Error [hex] [chars]

説明 指定したハードウェア エラーが検出されました。

推奨処置 エラーの具体的な内容については、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに表示されます。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ATMSPA-3-QOS_ALLOC_FAILED: [chars] [chars] [chars]: [dec]

説明 この指定 ATM SPA のPermanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)または Permanent Virtual Path(PVP; 相手先固定パス)で設定されている一意のシェーピング パラメータの数が最大限度を超えたために、トラフィック シェーピング パラメータが設定できませんでした。PVC または PVP で指定できる一意のシェーピング パラメータの最大数は 4096 です。

推奨処置 PVC と PVP に設定される一意のシェーピング パラメータの合計数が、最大限度の 4096 を超えないようにします。

エラー メッセージ ATMSPA-3-SW_ERROR: [chars] Error [hex] [chars]

説明 指定したソフトウェア エラーが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ATMSPA-3-VCQ_ERROR: [chars]: VC queue configuration failed due to un-initialized queue table(global identifier [dec])

説明 キュー テーブルが初期化されていないために、VC キューのソフトウェア設定に失敗しました。

推奨処置 SPA ソフトウェア コンフィギュレーション ガイドに記載されているコマンドを入力して、ソフト活性挿抜を実行してください。状態が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。問題が発生したときの show tech-support の出力も提出してください。

ATMSPA-4

エラー メッセージ ATMSPA-4-VCSETUP: [chars]: VC setup command received on the LC for an existing VC (VCD [dec])

説明 すでに設定済みの VC に対し、VC を設定するコマンドが受信されました。この VC は前回の setup VC コマンドですでに RP から設定されています。setup コマンドが重複しているということは、RP が前回の setup コマンドに対する応答をライン カードから受信しなかった可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ATMSPA-4-VCTEARDOWN: [chars]: VC tear down command received on the LC for a non-existing VC (VCD [dec])

説明 VC がライン カードに存在しません。RP からの teardown コマンドによってすでにドロップされている可能性があります。teardown コマンドが重複しているということは、RP が前回の teardown コマンドに対する応答をライン カードから受信しなかった可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

ATOM_NP_CLIENT メッセージ

ここでは、Any Transport over MPLS NP(ATOM NP)クライアント メッセージについて説明します。

ATOM_NP_CLIENT-3

エラー メッセージ ATOM_NP_CLIENT-3-INFO: [chars]

説明 ATOM NP クライアントは正常に初期化できませんでした。ATOM 機能は正常に動作しなくなります。

推奨処置 影響を受けているカードまたはプラットフォームで、Cisco IOS イメージをリロードします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ATOM_NP_CLIENT-3-NOMEM: [chars]

説明 ATOM NP クライアントが初期化に失敗し、これにより ATOM 機能は正常に動作しなくなります。

推奨処置 このエラーは、設定でイネーブルになったすべての機能および関連エンティティをサービスするには、影響を受けているカードまたはプラットフォームにさらにメモリを追加する必要があることを示している可能性があります。影響を受けているカードまたはプラットフォームで、Cisco IOS イメージをリロードします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

ATOM_NP_CLIENT-4

エラー メッセージ ATOM_NP_CLIENT-4-WARN: [chars] [dec] [chars]

説明 渡された ATOM エントリは無効なために追加できませんでした。

推奨処置 影響を受けているカードまたはプラットフォームで、Cisco IOS イメージをリロードします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

AUDIT メッセージ

ここでは、監査(AUDIT)メッセージについて説明します。

AUDIT-5

エラー メッセージ AUDIT-5-AUDIT_DISABLED: Auditing disabled

説明 ルータ上で監査がディセーブルになっています。

推奨処置 権限のある担当者が監査をディセーブルにしたのかどうかを確認してください。

エラー メッセージ AUDIT-5-AUDIT_ENABLED: Auditing enabled

説明 ルータ上で監査がイネーブルになっています。

推奨処置 監査ログを確認すると変更が有効かどうかわかります。

BGP メッセージ

ここでは、Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)メッセージについて説明します。

BGP-3

エラー メッセージ BGP-3-ADDPATH: Number of paths per prefix exceeded allowed maximum of [dec]

説明 プレフィクス単位のパス数が許容される最大数を超過しています。

推奨処置 BPG は、非常に多くのネイバーから同じプレフィクスを受信しています。同じプレフィクスを送信するネイバーの数を制限する必要があります。ロバスト インバウンド フィルタを設けることで、同じプレフィクスをアドバタイズするネイバーの数を制限できます。

エラー メッセージ BGP-3-PER_VRF_AGGR: pervrfaggr label: [chars]

説明 これは PER VRF AGGREGATE LABEL 機能に関連します。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

BGP-4

エラー メッセージ BGP-4-ATTRNULL: A NULL attribute has been assigned to a path

説明 パスには有効なアトリビュートが割り当てられているはずですが、ヌルの値が誤って割り当てられていました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ BGP-4-INCORRECT_TTL: Discarded message with TTL [dec] from [chars]

説明 システムは BGP メッセージを受信しましたが、TTL の値が設定パラメータとして受け入れられない値です。

推奨処置 メッセージを受け入れてよい場合は、TTL セキュリティ設定を適切な値に変更します。そうでない場合、メッセージは不正な送信元から送信された可能性があります。送信元が不正な場合は、メッセージの送信元を特定してブロックする必要があります。

BGP_MPLS メッセージ

ここでは、BGP MPLS メッセージについて説明します。

BGP_MPLS-3

エラー メッセージ BGP_MPLS-3-PERVRF: pervrfaggr label: [chars]

説明 このメッセージは PER VRF LABEL 機能に関連します。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

BGP_MPLS-4

エラー メッセージ BGP_MPLS-4-LABELALLOC: Label allocation failure

説明 ルータ上でローカル ラベルを割り当てる際に、リソースの制限を受けました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

C7600_SIP200メッセージ

ここでは、SPA Interface Processor 200(C7600_SIP200)メッセージについて説明します。

C7600_SIP200-3

エラー メッセージ C7600_SIP200-3-BADIFCTRL: Corrupted sip-200 information for interface [chars] [[hex]]

説明 インターフェイス SIP-200 の情報が無効です。これは、内部ソフトウェア エラーです。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、スイッチング モジュール上で show memory コマンドの出力を収集して、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ C7600_SIP200-3-SONET_CLOCK_FAILED: SPA Sonet clock has failed (status = [hex])

説明 SPA SONET クロックが故障しました。POS や ATM などのように、SPA SONET クロックによって正しく動作する SPA が影響を受けます。

推奨処置 SPA SONET クロックが回復しない場合は、活性挿抜を実行します。

エラー メッセージ C7600_SIP200-3-SONET_CLOCK_RECOVERED: SPA Sonet clock has recovered (status = [hex])

説明 SPA SONET クロックが回復しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

C7600_SIP200-4

エラー メッセージ C7600_SIP200-4-MEM_MODULE_MISMATCH: Memory modules are not identical

説明 メモリ モジュール間のパラメータが同一ではありません。パフォーマンスに影響する場合があります。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、スイッチング モジュール上で show memory コマンドの出力を収集して、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

C7600_SIP200_MPメッセージ

ここでは、SIP 200 Multiprocessing(C7600_SIP200_MP)メッセージについて説明します。

C7600_SIP200_MP-1

エラー メッセージ C7600_SIP200_MP-1-UNSAFE: Multiprocessor error on [chars]

説明 スイッチング モジュールの CPU には 2 つの CPU コアがあり、そのうち 1 つがマスター CPU です。エラー メッセージで示されている CPU が、2 つの CPU コア間のマルチプロセッサ動作に違反する動作を実行しようとしました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

C7600_SIP200_MP-3

エラー メッセージ C7600_SIP200_MP-3-INIT_FAILURE: Second CPU initialization failed

説明 スイッチング モジュールの CPU ユニットには 2 つの CPU コアがあります。第 2 CPU コアが正常に初期化されませんでした。現在、スイッチング モジュールは 1 つの CPU コアだけで動作しています。SYS-2-MALLOCFAIL警告メッセージも表示されている場合があります。

推奨処置 スイッチング モジュールのブート時にこのメッセージが表示される場合は、hw-module module reset コマンドを入力してスイッチング モジュールをリロードします。また、show controller cwan コマンドを使用してスイッチング モジュールのメモリのサイズを確認します。

C7600_SIP200_MP-4

エラー メッセージ C7600_SIP200_MP-4-PAUSE: Non-master CPU is suspended for too long, from [hex]([int]) to [hex] for [int] CPU cycles. [chars]

説明 スイッチング モジュールの CPU には 2 つの CPU コアがあり、そのうち 1 つがマスター CPU です。マスター CPU が原因で、第 2 の非マスター CPU の一時停止時間が長引きました。この状態により、非マスター CPU 上でパケットがドロップされる可能性があります。この警告は一時的なソフトウェアの問題を意味し、スイッチング モジュールは引き続き正常に動作します。

推奨処置 この警告は一時的なソフトウェアの問題を示しています。スイッチング モジュールは引き続き正しく動作します。この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、 http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、show tech-support コマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_MP-4-TIMEOUT: Master CPU request timed out [chars]

説明 スイッチング モジュールの CPU には 2 つの CPU コアがあり、そのうち 1 つがマスター CPU です。非マスター CPU が、マスター CPU の要求に対して時間内に応答していません。この警告は一時的なソフトウェアの問題を示しています。スイッチング モジュールは引き続き正しく動作します。

推奨処置 この警告は一時的なソフトウェアの問題を示しています。スイッチング モジュールは引き続き正しく動作します。この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、 http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、show tech-support コマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

C7600_SIP200_SPIRXメッセージ

ここでは、SIP 200 SPI4.2 Bus Ingress Interface(C7600_SIP200_SPIRX)メッセージについて説明します。

C7600_SIP200_SPIRX-3

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPIRX-3-INITFAIL: Failed to configure the ingress SPI4.2 device. Error = [hex]

説明 スイッチング モジュール上の入力 SPI4.2 デバイスのプログラミングまたは設定を行うことができません。内部ハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPIRX-3-SPA_INTERRUPT: SPA [int] - [chars], SPA Int status = [hex]

説明 入力 SPI4.2 デバイスから SPA 割り込みが発生しました。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPIRX-3-SPI4_LINKERROR: SPA Bay [int], [int] SPI4 Link Failures

説明 入力 SPI4.2 デバイスからリンク エラーが発生しました。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPIRX-3-SRAM_ERROR_DATA: \nSRAM[dec] Address = [hex][hex] Data = [hex][hex][hex]_[hex][hex][hex]_[hex][hex][hex]_[hex][hex][hex]

説明 SRAM アドレスとデータのダンプが示されています。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPIRX-3-SRAM_INTERRUPT: [chars], Sram Int status = [hex]

説明 入力 SPI4.2 デバイスから SRAM 割り込みが発生しました。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPIRX-3-STATUS_INTERRUPT: [chars], Global Int status = [hex]

説明 入力 SPI4.2 デバイスからステータス割り込みが発生しました。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

C7600_SIP200_SPITXメッセージ

ここでは、SIP 200 SPI4.2 Bus Egress Interface(C7600_SIP200_SPITX)メッセージについて説明します。

C7600_SIP200_SPITX-3

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-BADDESC: descriptor [hex], tag [hex], global channel [int]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスから返された記述子エントリは、壊れています。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-BADPAK: corrupted packet to [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスが処理しているパケットが壊れています。内部ソフトウェア エラーが発生しました。壊れているパケットはドロップされます。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-CHANNEL_ENABLE_FAIL: SPI4 Channel [int] for Bay [int], [chars] Failed

説明 システムは、指定した SPI4 チャネルをイネーブルまたはディセーブルにできませんでした。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-DESCR_ERR_SPA0: SPAstatus=[hex], syndrome=[hex], RdRspOvf=[int], RdRspTo=[int], OvfVal=[int], OvfCh=[int], OvfDescHi=[hex], OvfDescLo=[hex], DisChk=[int], SeqErrVal=[int], SeqErrCh=[int]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、TX 記述子の処理中にシーケンス エラーまたは FIFO オーバーフロー エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-DESCR_ERR_SPA1: SPAstatus=[hex], syndrome=[hex], RdRspOvf=[int], RdRspTo=[int], OvfVal=[int], OvfCh=[int], OvfDescHi=[hex], OvfDescLo=[hex], DisChk=[int], SeqErrVal=[int], SeqErrCh=[int]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、TX 記述子の処理中にシーケンス エラーまたは FIFO オーバーフロー エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-DESCR_ERR_SPA2: SPAstatus=[hex], syndrome=[hex], RdRspOvf=[int], RdRspTo=[int], OvfVal=[int], OvfCh=[int], OvfDescHi=[hex], OvfDescLo=[hex], DisChk=[int], SeqErrVal=[int], SeqErrCh=[int]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、TX 記述子の処理中にシーケンス エラーまたは FIFO オーバーフロー エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-DESCR_ERR_SPA3: SPAstatus=[hex], syndrome=[hex], RdRspOvf=[int], RdRspTo=[int], OvfVal=[int], OvfCh=[int], OvfDescHi=[hex], OvfDescLo=[hex], DisChk=[int], SeqErrVal=[int], SeqErrCh=[int]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、TX 記述子の処理中にシーケンス エラーまたは FIFO オーバーフロー エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-DMA_SQERR: Syndrome=[hex], SPA=[int], Ch=[int], RdSz=[int], RdOff=[int][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、DMA 動作の処理中にシーケンス エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFC_ERR_SPA0: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力データパス デバイスは、拡張フロー制御バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFC_ERR_SPA1: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力データパス デバイスは、拡張フロー制御バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFC_ERR_SPA2: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力データパス デバイスは、拡張フロー制御バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFC_ERR_SPA3: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力データパス デバイスは、拡張フロー制御バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFCEVNT_ERR: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力データパス デバイスは、内部拡張フロー制御イベントの処理中にエラーを検出しました。この状態により、パケット転送速度が遅くなる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFC_QUEUE_STUCK: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力データパス デバイスは、拡張フロー制御バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFCSTAT_FAIL_SPA0: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、EFC ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFCSTAT_FAIL_SPA1: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、EFC ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFCSTAT_FAIL_SPA2: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、EFC ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-EFCSTAT_FAIL_SPA3: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、EFC ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-FCSTAT_FAIL_SPA0: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-FCSTAT_FAIL_SPA1: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-FCSTAT_FAIL_SPA2: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-FCSTAT_FAIL_SPA3: [chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 ステータス クロック障害または同期障害を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-INITFAIL: Failed to configure the egress SPI4.2 device. Error = [hex]

説明 システムは、スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスのプログラミングまたは設定を行うことができません。内部ハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、 http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、 http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-INT_PERR_SPA0: IntMemPerr=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、内部メモリのパリティ エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-INT_PERR_SPA1: IntMemPerr=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、内部メモリのパリティ エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-INT_PERR_SPA2: IntMemPerr=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、内部メモリのパリティ エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-INT_PERR_SPA3: IntMemPerr=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、内部メモリのパリティ エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-MISMATCH: Descriptor ring mismatch: expects [int] got [int]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスから返された記述子エントリは、スイッチング モジュール CPU が予期していた記述子エントリと一致しません。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-OVERRUN_DROP: SPI4 overrun drops packet for SPA [int], queue [int], count [int]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは拡張フロー制御チャネル上でパケットを送信し SPI4 チャネルをオーバーランしましたが、内部保持キューにパケットをキューイングできません。内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-SPI4_ERR_SPA0: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-SPI4_ERR_SPA1: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-SPI4_ERR_SPA2: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-SPI4_ERR_SPA3: SPAstatus=[hex][chars]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、SPI4.2 バス インターフェイスのエラー状態を検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SIP200_SPITX-3-SRAM_ECCERR: EccSynd=[hex], Err1bit=[int], ErrMbit=[int], SecHalf=[int], SPA=[int], Ch=[int], Addr=[hex], DataHi=[hex], DataLo=[hex], DataEcc=[hex]

説明 スイッチング モジュール上の出力 SPI4.2 デバイスは、出力パケット メモリ内でパリティ エラーを検出しました。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 この問題が繰り返し発生する場合、解決済みのソフトウェア問題を検索するには、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl の Product cat6000 にアクセスして、Bug Toolkit を使用してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、スイッチング モジュールの show tech-support コマンドおよび SPA の show platform hardware spi4 spa-id efc channel [channel-id] コマンドの出力を提出してください。

C7600_SSC600メッセージ

ここでは、Services SPA Carrier Card(C7600_SSC600)メッセージについて説明します。

C7600_SSC600-3

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-DCM_FAIL: [chars] FPGA module DCM Lock Failure, status:[hex]

説明 データ パス Field Programmable Gate Array(FPGA)の 1 つまたは複数の Digital Clock Managers(DCM)がロックに失敗しました。ハードウェア障害です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-DP_COUNTERS: Failed to create DP counter process.

説明 データ パス FPGA のカウンタをモニタするため、ブート時にはプロセスが生成されます。このプロセスの生成時にエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-DP_ERROR: Bus Error initializing [chars] FPGA, addr: [hex].

説明 バス エラーが発生したために、FPGA が初期化できませんでした。ハードウェア障害です。この障害は、FPD のアップグレードに失敗したために発生した可能性があります。

推奨処置 show hw-module slot fpd を入力してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output
Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-DP_PROGRAMMING: [chars] FPGA failed to program.

説明 FPGA はプログラミングに失敗しました。ハードウェア障害です。この障害は、FPD のアップグレードに失敗したために発生した可能性があります。

推奨処置 show hw-module slot fpd コマンドを入力してください。このメッセージが繰り返して表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラーメッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-DPRX_ERR: [chars].

説明 SPA からのデータを受信する際にエラーが発生しました。データが壊れている可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-DPTX_ERR: [chars].

説明 SPA にデータを送信する際にエラーが発生しました。データが壊れている可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-DPTX_QDR: Error clearing QDR queue [dec].

説明 QDR キューの 1 つが完全に消去されませんでした。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-SINGLE_SPA_MODE: Module will use only bay [dec]. Bay [dec] is shut.

説明 7600-SSC-400 はシングル SPA モードです。

推奨処置 これは情報メッセージです。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-SSC_BAY_SHUT: Bay [dec] is shutdown because 7600-SSC-400 is in single-spa-mode

説明 指定したベイがシャットダウンされました。シングル SPA モードの場合、アクティブなベイは 1 つだけです。

推奨処置 シングル SPA モードについては、IP セキュリティ SPA のマニュアルを参照してください。

エラー メッセージ C7600_SSC600-3-SW_ERROR: NULL

説明 このメッセージは、内部ソフトウェア コーディングに問題がある場合に表示されます。通常の動作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

C7600_SSC600-7

エラー メッセージ C7600_SSC600-7-DP_DISABLE: [chars] FPGA is forced disabled.

説明 この FPGA は強制的にディセーブルにされました。これはデバッグ用の機能です。

推奨処置 対処は不要です。

CAPIメッセージ

ここでは、Card Application Program Interface(CAPI)メッセージについて説明します。

CAPI-2

エラー メッセージ CAPI-2-INVALID_SLOT_NUM: Invalid slot number [dec], Expected value is between [dec] and [dec]

説明 内部ソフトウェアの整合性の問題が検出されました。1 つまたは複数のモジュールの動作に影響を与える可能性があります。

推奨処置 hw-moduleコマンドを使用して、正常に動作していないモジュールのリロードまたは電源の再投入を行ってください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CAPI-2-INVALID_SPA_BAYNUM: SPA subslot number [dec] is invalid for slot [dec]

説明 内部ソフトウェアの整合性の問題が検出されました。エラー メッセージで指定されたスロットまたはサブスロットの SPA の動作に影響を与える可能性があります。

推奨処置 エラー メッセージで指定されたスロットおよびサブスロットの SPA に対する設定が、スタートアップ コンフィギュレーションからロードされていない場合は、SPA キャリアのロード後にcopy nvram:startup-config system:running-config コマンドを使用して、設定を適用します。インターフェイスはshutdownとして設定されるので、no shutdownコマンドを使用して影響を受けたインターフェイスを再起動します。所定の SPA の動作がほかに何らかの影響を受けている場合は、hw-module コマンドを使用してモジュールをリロードするか、または電源の再投入を行ってください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CAPI-2-NOT_ENOUGH_MEMORY_FOR_XL: Not enough memory ([dec]K) for Feature Card [chars] ([dec]), which has minimum memory requirement of [dec]K

説明 XL EARL ドーターカードには、最低限のメモリ要件があります。メモリ サイズがこの最低要件に達していない場合、システムの運用が影響を受けることがあります。

推奨処置 最低限のサイズ要件に達するように、メモリをアップグレードします。

CAPI-3

エラー メッセージ CAPI-3-INVALID_SUBMODULE: The submodule type for slot [dec] is invalid

説明 内部ソフトウェアの整合性の問題が検出されました。エラー メッセージで指定されたスロット上のサブモジュール(インライン電源装置やSPAなど)の動作に影響を与える可能性があります。

推奨処置 hw-moduleコマンドを使用して、エラー メッセージで指定されたスロットのモジュールをリロードするか、または電源の再投入を行います。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

CAPI_ECメッセージ

ここでは、カード/EtherChannel の制限(CAPI_EC)メッセージについて説明します。

CAPI_EC-4

エラー メッセージ CAPI_EC-4-GROUP_RATE_LIMITED: Adding interfaces of the same port-group ([dec]-[dec]) on [chars] to an etherchannel will not increase the channel throughput!

説明 指定したスロット上のポートはオーバーサブスクライブ型を使用しているので、ポート チャネルの総スループットはポート グループごとに制限されます。

推奨処置 さらにスループットが必要な場合は、オーバーサブスクライブ型を使用しないカードのポートを使用するか、別のカードのポートまたはオーバーサブスクライブ型カードのポート グループを使用します。たとえば、カードに 8 つのグループに分かれた 48 のポートがある場合、1 つのポート チャネルに対してポート 1、9、17、25、33、41 が選択できます。

エラー メッセージ CAPI_EC-4-RATE_LIMITED: Adding interfaces on [chars] to an etherchannel will limit channel throughput to 1 Gbps!

説明 指定したカード タイプ上のポートはオーバーサブスクライブ型を使用しているので、ポート チャネルのスループットは制限されます。

推奨処置 さらにスループットが必要な場合は、オーバーサブスクライブ型を使用しないカードのポートを使用します。

CARDMGRメッセージ

ここでは、SIP 400 Card Manager(データ プレーン)(CARDMGR)メッセージについて説明します。

CARDMGR-2

エラー メッセージ CARDMGR-2-ESF_LOAD_FAIL: [chars] failed to load: [chars]

説明 起動シーケンスの手順の 1 つで失敗したため、拡張スーパ フレーム(Extended Super Frame)がロードできませんでした。この拡張スーパ フレームは現在動作しておらず、SIP-400 スイッチング モジュール経由のトラフィックが停止しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CARDMGR-2-NULL_OBJECT: Missing device object ([chars]) for pending interrupt

説明 ハードウェア デバイスはイベントを報告する割り込みをアサートしましたが、このデバイスにはデバイス オブジェクトがありません。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CARDMGR-2-SPABUS_ERROR: A [chars] FSM SPA bus error has occurred in subslot [dec]

説明 通常の動作時に FSM SPA バス エラーが発生しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CARDMGR-2-SYNC_CHECK_FAIL: The syncing of the SPA in subslot [dec]/[dec] did not occur.Current status [hex].

説明 何らかの原因で SPA とホストの同期に失敗しました。詳細なデバッグができるように、ステータス情報を示しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CARDMGR-2-TCAM_REG_OVERWRITE: Attempt made to overwrite registered TCAM callback function [hex] with [hex]

説明 TCAM イベントに対し 1 つの機能をコールバックとして設定できます。 新しいコールバックを設定しようとしましたが、すでにコールバック機能が設定済みのため設定できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CARDMGR-4

エラー メッセージ CARDMGR-4-ESF_DEV_RELOADED: The ESF microcode has automatically recovered from an internal inconsistency.

説明 通常の動作中に拡張スーパ フレーム内部不整合が検出されました。この問題を解決するために拡張スーパ フレーム マイクロコードがリロードされました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合を除き、対処は不要です。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CARDMGR-4-ESF_LOAD_WARN: [chars] microcode load: [chars]

説明 潜在的な問題があるにもかかわらず拡張スーパ フレームがロードされました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CARDMGR-4-ESF_LOOPBACK_FAIL: ESF loopback packet test failed: tried [dec] sent [dec] received [dec]

説明 マイクロコードのリロード後に送信された拡張スーパ フレーム ループバック パケットが大量に損失しました。通常は、このスイッチング モジュール経由のデータ トラフィックにも影響が及びます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CARDMGR-5

エラー メッセージ CARDMGR-5-ESF_DEV_INFO: ESF internal inconsistency corrected on [chars]: [chars]

説明 通常の動作中に拡張スーパ フレーム内部不整合が検出され、修正されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合を除き、対処は不要です。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CARDMGR-5-ESF_UCODE_DONE: Microcode download complete for [chars], time elapsed [time-stamp]

説明 拡張スーパ フレーム マイクロコードは正常にダウンロードされ、開始されました。フォワーディング エンジンが設定され、動作しています。経過時間はESF_UCODE_STARTメッセージで測定されます。

推奨処置 Cisco IOS ブート時または重大な拡張スーパ フレーム エラーが発生したあとの通常のアクティビティです。

エラー メッセージ CARDMGR-5-ESF_UCODE_START: Downloading microcode [chars] for [chars], version=[chars], [chars]

説明 特定の拡張スーパ フレーム マイクロコード イメージをダウンロードするために、プラットフォーム コードが開始されました。

推奨処置 Cisco IOS ブート時または重大な拡張スーパ フレーム エラーが発生したあとの通常のアクティビティです。

CBUSメッセージ

ここでは、Cisco Bus Controller(CBUS)メッセージについて説明します。

CBUS-3

エラー メッセージ CBUS-3-CCBCMDFAIL3: Controller [dec], cmd ([dec] [hex], [hex], [hex]) failed ([hex])

説明 システムからインターフェイス プロセッサに送信されたコマンドが正常に終了しませんでした。

推奨処置 要求元へのエラー コードを作成することでシステムが回復します。

CBUS-7

エラー メッセージ CFIB-7-CFIB_ADJBASE: Failed to free adjacency base from hash table (entry not found)

説明 ハッシュ テーブルから隣接エントリを解放しようとしてエラーが発生しました。これは、隣接関係ハッシュ テーブルの作成時に、ハッシュ キーを整合性のない形で使用したことが原因で発生した可能性があります。この状態により、メモリ リークが発生する可能性があります。

推奨処置 show process memory を入力して、メモリ使用量の経時変化をチェックしてください。この問題を報告してください。

CLNS メッセージ

ここでは、Connectionless Network Service(CLNS; コネクションレス型ネットワーク サービス)メッセージについて説明します。

CLNS-3

エラー メッセージ CLNS-3-IPLIST: ISIS: [chars] [hex], [IP_address] [IP_address]

説明 Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)に内部エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CLNS-3-LSPLIST: ISIS: [chars] [hex], index [dec]

説明 IS-IS に内部エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CLNS-3-NSF_CP_INIT_ERR: Checkpoint initialization error ([chars])

説明 チェックポイント クライアントの初期化中に回復不能なエラーが発生しました。

推奨処置 現時点での回避方法はありません。エラー メッセージが継続的に発生する場合は、問題を TAC に報告してください。

CLNS-4

エラー メッセージ CLNS-4-AUTH_FAIL: [chars]: [chars] authentication failed

説明 IS-IS パケット(IIH、CSNP、PSNP、または LSP)を受信しましたが、認証チェックに合格しませんでした。

推奨処置 エラーが解消されない場合は、認証モードとパスワードが一致しているかどうかを発信元のルータで確認してください。

エラー メッセージ CLNS-4-LSP_MAXSEQ: [chars][chars]: attempt to exceed LSP maximum sequence number for LSP [chars]

説明 LSP のシーケンス番号が最大数を超えようとしました。

推奨処置 このプロトコルは、max-lsp-lifetime + 1(分)の間シャットダウンします。通常は発生することのないエラーです。この LSP のシーケンス番号の不正な受信順序、生成順序、または増加順序の原因を調査して下さい。

CNS メッセージ

ここでは、Cisco Networking Service(CNS)メッセージについて説明します。

CNS-3

エラー メッセージ CNS-3-MEMORY: [chars]

説明 CNS サブシステムで、この操作の完了に必要なメモリを確保する際に問題が発生しました。

推奨処置 メモリの割り当てに関するほかのエラーがないかどうかシステム メモリを確認し、テクニカル サポートに問い合わせて問題を解決してください。IOS エラーがない場合、ネットワーク デバイスのメモリのアップグレードが必要になることがあります。

エラー メッセージ CNS-6-NO_EVENT_AGENT: CNS EVENT AGENT IS NOT CONFIGURED

説明 CNS イベント エージェントが設定されていません。イベント エージェントに送信されることになっていたイベントはドロップされます。

推奨処置 CNS イベント エージェントを設定します。

エラー メッセージ CNS-3-TRANSPORT: [chars]

説明 CNS サブシステムで、外部アプリケーションと接続する際に問題が発生しました。

推奨処置 原因として考えられる兆候がないかどうか、特定のメッセージ テキストを調べてください。ネットワーク構成とケーブルを調べ、リモート アプリケーションが実行されていて、アドレスがアクセス可能であることを確認します。

エラー メッセージ CNS-3-WARNING: [chars]

説明 CNS サブシステムで、一連のコマンドを実行する際に予期しない状況が発生しました。障害には至りませんでしたが、問題なく動作したのではないことを示唆しています。

推奨処置 補足情報がないかどうかエラー ログを確認します。これは情報メッセージです。エラーが発生したことを必ずしも意味するわけではありません。

エラー メッセージ CNS-3-XML_SEMANTIC: [chars]

説明 CNS サブシステムで、コンフィギュレーション コマンドの XML カプセル化を処理中にエラーが発生しました。

推奨処置 外部から供給された XML にエラーが含まれており、処理できません。原因として考えられる兆候がないかどうか、特定のメッセージ テキストを調べてください。コマンドの確認とサーバからの再発行が必要になる可能性があります。

CNS-5

エラー メッセージ CNS-5-CONFIG_SUCCESS: SUCCESSFUL_COMPLETION

説明 コンフィギュレーションのダウンロードが正常に適用されました。

推奨処置 なし

CONST_DIAGメッセージ

ここでは、オンライン診断(CONST_DIAG)メッセージについて説明します。

CONST_DIAG-2

エラー メッセージ CONST_DIAG-2-HM_FAB_SWOVER: Fabric card switchover due to unrecoverable errors, Reason: Failed [chars]

説明 このスイッチオーバーの原因である、回復不能なエラーが検出されました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-2-HM_LC_CRSH: Module [dec] crashed due to unrecoverable errors, Reason: Failed [chars]

説明 このクラッシュの原因である、回復不能なエラーが検出されました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-2-HM_MOD_RESET: Resetting Module [dec] for software recovery, Reason: Failed [chars]

説明 回復不能なエラーが検出されたために、スイッチング モジュールはリセットされました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-2-HM_SUP_CRSH: Supervisor crashed due to unrecoverable errors, Reason: Failed [chars]

説明 このクラッシュの原因である、回復不能なエラーが検出されました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-2-HM_SUP_SWOVER: Supervisor card switchover due to unrecoverable errors, Reason: Failed [chars]

説明 このスイッチオーバーの原因である、回復不能なエラーが検出されました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-2-HM_SUP_SWOVER_FAIL: Supervisor card switchover is not triggered because standby supervisor is not ready

説明 このスイッチオーバーの原因である、回復不能なエラーが検出されました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

CONST_DIAG-3

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-BOOTUP_TEST_FAIL: [chars]: [chars] failed [chars]

説明 ブートアップ診断中に、指定されたテストが失敗しました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-DIAG_FIB_TCAM_TEST: Fib Tcam test: Missed at address [hex], device #[dec],\nHRR = [hex], lookup value = [hex]-[hex]

説明 テスト中、通知されたアドレスおよび検索値で応答が得られなかったので、FIB TCAM デバイスが不良である可能性があります。

推奨処置 モジュールのリセット後、NO RESET オプションを指定してテストを再度実行します。同一アドレスでテストが再び失敗した場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。システムのコンフィギュレーションとその他の関連する情報を書き留めます。テクニカル サポートに支援を依頼してください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-DIAG_FW_TEST_CARD_DOWN: Failed to disable module [dec]

説明 ファームウェア診断が失敗したあとでモジュールの電源をオフにできませんでした。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-DIAG_FW_TEST_CARD_RESET: Failed to reset module [dec]

説明 ファームウェア診断が失敗したあとでモジュールをリセットできませんでした。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-HM_ALL_PORT_ERR: All ports on module [dec] failed [chars].

説明 モジュールの全ポートに対応するデータパスが不良です。

推奨処置 スパニング ツリーのループ、過剰なフラッディングなどがないかどうか、ネットワーク構成を確認してください。スイッチング モジュールをリセットして、問題が表示されなくなるかどうかを確認してください。問題が表示される場合は、テクニカル サポートに支援を依頼してください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-HM_CHAN_ERR: All ports in channel [dec] on module [dec] failed [chars]. Disabled the channel.

説明 チャネルに対応するデータパスが不良です。そのチャネルの全ポート部分が、errdisable ステートになりました。

推奨処置 スパニング ツリーのループ、過剰なフラッディングなどがないかどうかネットワーク構成を確認してください。スイッチング モジュールをリセットして、問題が表示されなくなるかどうかを確認してください。問題が表示される場合は、テクニカル サポートに支援を依頼してください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-HM_FCI_0_STUCK: Flow control stuck at 0 error on module [dec]!

説明 信号 LDBUS_FCI_L0 が active-low になっています。スイッチング モジュールの電源はオフです。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-HM_PORT_ERR: Port [dec] on module [dec] failed [dec] consecutive times. Disabling the port.

説明 ポートに対応するデータパスが不良です。ポートは errdisable ステートになります。

推奨処置 スイッチング モジュールをリセットして、問題が表示されなくなるかどうかを確認してください。問題が表示される場合は、テクニカル サポートに支援を依頼してください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-HM_TEST_FAIL: Module [dec] [chars] consecutive failure count:[dec]

説明 回復不能なエラーが検出されました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CONST_DIAG-3-SUP_FAILURE: [chars] supervisor has [chars] online diagnostic failure [hex]: [chars]

説明 このスーパーバイザ エンジンは、オンライン診断に失敗しました。

推奨処置 スーパーバイザ エンジンは、マイナー、メジャー、またはクリティカルの診断エラーに応じて、スーパーバイザのブート プロセス中に警告メッセージを表示する場合と、クラッシュして ROMMON ステートになる場合があります。

CONST_DIAG-4

エラー メッセージ CONST_DIAG-4-DIAG_DETECT_FABRIC_CHAN_LOW_RATE: Module [dec] fabric channel [dec] [chars] is low ([hex] instead of [hex]).

説明 診断テストにより、低速のファブリック バッファが検出されました。

推奨処置 システムでフロー制御が発生しています。システムのトラフィックを分析し、フロー制御の原因となっているトラフィックの送信元を削除します。トラフィック パターン全体を確認するには、show fabric utilization コマンドを入力します。

エラー メッセージ CONST_DIAG-4-DIAG_SUGGEST_ACTION_DUE_TO_FABRIC_CHAN_LOW_RATE: Flow control is occurring in the system. Analyze the system traffic and remove the traffic source that causes flow control.

説明 診断テストにより、低速のファブリック バッファが検出されました。

推奨処置 システムでフロー制御が発生しています。システムのトラフィックを分析し、フロー制御の原因となっているトラフィック ソースを取り除きます。トラフィック パターン全体を確認するには、show fabric utilization コマンドを入力します。

エラー メッセージ CONST_DIAG-4-HM_TEST_WARNING: Sup switchover will occur after [dec] consecutive failures

説明 回復不能なエラーが検出されました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

CONST_DIAG-6

エラー メッセージ CONST_DIAG-6-DIAG_RERUN_RESET: Resetting Module [dec] to re-run [chars] diagnostic

説明 モジュールは、診断を再度実行するためにリセットしています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CONST_DIAG-6-HM_MESSAGE: High traffic/CPU util seen on Module [dec] [SP=[dec]%,RP=[dec]%,Traffic=[dec]%]

説明 システム リソースの使用率が高いために、ヘルス モニタリング テストは省略されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CONST_DIAG-6-HM_TEST_INFO: CPU util(5sec): SP=[dec]% RP=[dec]% Traffic=[dec]%\nnetint_thr_active[[dec]], Tx_Rate[[dec]], Rx_Rate[[dec]][chars]

説明 イベント発生時のシステム リソースの情報が表示されています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CONST_DIAG-6-HM_TEST_RECOVERED: Module [dec] [chars] recovered after [dec] consecutive failure(s)

説明 ヘルス モニタリング テストが一時的な障害から回復しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CONST_V6メッセージ

ここでは、IPv6 メッセージについて説明します。

CONST_V6-5

エラー メッセージ CONST_V6-5-FIB_EXCEP_OFF: Protocol IPv6 recovered from FIB exception

説明 ハードウェア FIB TCAM に IPv6 CEF テーブルが正常にリロードされました。すべてのIPv6 パケットはハードウェアによってスイッチングされます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CONST_V6-5-FIB_EXCEP_ON: Failed to insert an IPv6 prefix in hardware FIB TCAM

説明 FIB TCAM 例外が発生しました。ソフトウェアのフォワーディング エントリの総数がハードウェア FIB TCAM の制限を超えたので、スイッチはハードウェアの FIB TCAM に IPv6 エントリを挿入できませんでした。一部の IPv6 パケットはソフトウェアによってスイッチングされる可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CONTROLLER メッセージ

ここでは、コントローラ(CONTROLLER)メッセージについて説明します。

CONTROLLER-5

エラー メッセージ CONTROLLER-5-DOWNDETAIL: Controller [chars], changed state to [chars] due to [chars]

説明 設定可能なコントローラのステートが変わりました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-INBAND_BAD_PAK: Possibly un-encapsulated packet passed to Mistral: int [chars], type [int], stat [hex], flags [hex], size [dec], offset [dec], total [int]

説明 プロセス レベルから不適切にカプセル化されたパケットを受信しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-INBAND_INVALID_IBL_FILL: Attempting to issue IBL Fill when IBL is void of packet.

説明 IBL にはパケットがまったく含まれていないのに、IBL Fill 操作を行おうとしました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-MISTRAL_INVALID_OBL_PAGE_REQUEST: Invalid request for free 'Output Buffer Logic' pages = [dec]

説明 無効な Output Buffer Logic(OBL)ページ要求を受信しました。OBL ページの最大数が、最大値である 40 に設定されていて、処理は通常のスイッチング パスを介して継続されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-NO_GIG_SYNC: Inband Gig interface not syncronized, status [hex]

説明 システムとパケットの送受信を行っているハードウェアが正常に機能していません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-NO_OBL_TO_INBAND: The System Controller OBL to INBAND semaphore not obtained.

説明 システム コントローラの OBL から INBAND に対するセマフォを正しく取得できませんでした。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-NO_SYSTEM_CONTROLLER_INIT_STATUS: The System Controller init status of 0xf not obtained, status [hex]

説明 システム コントローラの初期化ステータスを正しく取得できませんでした。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-NOT_IDLE: Receive path not idle after the reset.

説明 受信ハードウェアは、リセット後にアイドルになっていません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-SYSTEM_CONTROLLER_BUSY: The System Controller could not finish [chars] operation in time.

説明 システム コントローラは、操作を完了できませんでした。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CONTROLLER-3-TOOBIG: An attempt made to send giant packet on [chars] ([dec] bytes from [hex], max allowed [dec])

説明 サイズ超過のパケットを送信しようとしました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CONTROLLER-5

エラー メッセージ CONTROLLER-5-UPDOWN_BERT: BERT test [chars] on Controller [chars]. Forced state to [chars]

説明 設定可能なコントローラのステートが変わりました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CPU_MONITORメッセージ

ここでは、CPU モニタ(CPU_MONITOR)メッセージについて説明します。

CPU_MONITOR-2

エラー メッセージ CPU_MONITOR-2-NOT_RUNNING_TB: CPU_MONITOR traceback: [hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex]

説明 NOT_RUNNING メッセージに関する追加のデバッグ情報です。割り込まれた機能のトレースバックを示しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CPU_MONITOR-3

エラー メッセージ CPU_MONITOR-3-KERNEL_OPERATION: CPU_MONITOR kernel operation failed: [chars]

説明 問題があると考えられるスレッドの特定に必要な CPU_MONITOR カーネルは、動作に失敗しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CPU_MONITOR-3-PEER_EXCEPTION: CPU_MONITOR peer has failed due to exception , reset by [[dec]/[dec]]

説明 ピア プロセッサ上で CPU_MONITOR メッセージが失敗しました。システムは動作しなくなりました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CRYPTO メッセージ

ここでは、暗号化(CRYPTO)メッセージについて説明します。

CRYPTO-3

エラー メッセージ CRYPTO-3-ENGINE_BAD_ID: Crypto Engine id [dec] is invalid

説明 パケットの engine_id がソフトウェア暗号化エンジンまたはハードウェア暗号化エンジン以外のものに設定されています。システムは使用する暗号化エンジンを決定できません。パケットはデフォルトでソフトウェア暗号化エンジンに送信されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-3-POLICY_CKSUM_ERROR: Crypto policy checksum failure. tCrypto access list [chars], crypto map [chars], interface [chars]

説明 暗号化ポリシーでトラフィックが保護されているこのルータで、暗号化ポリシーのチェックサム エラーが検出されました。このイベントは、暗号化ポリシー データで発生したメモリ破壊が原因か、メモリ領域が不正に変更されたことが原因で生じることがあります。また、ソフトウェアの不具合により発生することもあります。このイベントが発生すると、ルータは強制的にリロードされます。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CRYPTO-3-RSA_SELFTEST_FAILED: Generated RSA key failed self test

説明 新しく生成された RSA 鍵ペア [chars] の自動テストでエラーが発生しました。RSA 鍵は自動的に削除されました。

推奨処置 DDTS を保存します。ただちに回避する場合は、別の鍵ペアを生成してください。

CRYPTO-4

エラー メッセージ CRYPTO-4-ENC_METHOD_NOT_SUPPORTED: Invalid encryption method for IKE policy [int]

説明 設定された暗号化方式はサポートされません。

推奨処置 ISAKMP ポリシーに対応した有効な暗号化方式を使用してください。

エラー メッセージ CRYPTO-4-IA_CLEARTEXT: Unencrypted traffic [chars] [IP_address] because crypto optional is configured

説明 クリアテキストのトラフィックが、暗号化用に設定されているインターフェイスを通過しています。ルータには CRYPTO IPSEC OPTIONAL ENABLE が設定されているので、このトラフィックは許可されています。

推奨処置 この暗号化のオプション設定を行わない場合は、ルータを再設定してこのオプションをオフにする必要があります。

エラー メッセージ CRYPTO-4-IA_ENABLE: Security warning: crypto ipsec optional is configured

説明 ルータには CRYPTO IPSEC OPTIONAL ENABLE が設定されています。これにより通常は暗号化されるはずのデータをクリアテキストで送信することができます。

推奨処置 この暗号化のオプション設定を行わない場合は、ルータを再設定してこのオプションをオフにする必要があります。

エラー メッセージ CRYPTO-4-IKE_QUICKMODE_BAD_CERT: encrypted connection attempted with a peer without the configured certificate attributes

説明 IP セキュリティ接続が許可されていないインターフェイスとの間で、暗号化ピアが IP セキュリティ セッションを確立しようとしました。これは敵対的なイベントと考えられる場合もあります。

推奨処置 このピアと IP セキュリティ接続で接続することを許可する必要があるかどうか確認します。許可する必要がある場合は、設定に問題がある可能性があります。許可しない場合は、ピアの管理者に連絡する必要があります。

エラー メッセージ CRYPTO-4-IKMP_ISR_LIMIT_MAX: INV SPI RECOV LIMIT [dec] maxed [IP_address] [IP_address]

説明 INVALID SPI RECOVERY SAS の最大限度に達しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-4-IPSEC_AAA_START_FAILURE: IPSEC Accounting was unable to send start record

説明 AAA サブシステムは、IP セキュリティの代わりにアカウンティング開始を送信できませんでした。AAA サーバが到達不能となっている可能性があります。

推奨処置 AAA サーバに到達可能で、アカウンティグがイネーブルになっていることを確認します。

エラー メッセージ CRYPTO-4-IPSEC_AAA_STOP_FAILURE: IPSEC Accounting was unable to send stop record

説明 AAA サブシステムは、IP セキュリティの代わりにアカウンティング停止を送信できませんでした。AAA サーバが到達不能となっている可能性があります。

推奨処置 AAA サーバに到達可能で、アカウンティグがイネーブルになっていることを確認します。

エラー メッセージ CRYPTO-4-IPSEC_ENC_METHOD_NOT_SUPPORTED: Transform [chars] not valid under IPSec transform [chars]

説明 設定された暗号化アルゴリズムはサポートされていません。

推奨処置 IP セキュリティ トランスフォームに対応した有効な暗号化アルゴリズムを指定してください。

エラー メッセージ CRYPTO-4-NOAUTOSAVE: Configuration was modified. Issue "write memory" to save new certificate

説明 Auto-Enroll 機能により、ルータの新しい鍵ペアと証明書が取得されました。ただし、実行コンフィギュレーションは以前に変更されました。

推奨処置 write memory コマンドを入力して新しい証明書と鍵を保存してください。

エラー メッセージ CRYPTO-4-RECVD_PKT_INV_UDP_WRAPPER: Rec'd packet has invalid udp wrapper protocol. tcryptoflags = [hex], sa->udp_wrapper_support = [dec],transform = [hex]

説明 UPD カプセル化されたパケットを受信しましたが、パケットは正しいネゴシエーション トラスフォームを保持していません。または、UDP カプセル化されたパケットを予期していたにもかかわらず、非 UDP パケットを受信した可能性があります。ピア側のポリシー設定が単に間違っている可能性があります。これは敵対的なイベントと考えられる場合もあります。

推奨処置 ピアの管理者に連絡してポリシー設定を比較してください。

CRYPTO-5

エラー メッセージ CRYPTO-5-IKMP_AG_MODE_DISABLED: Unable to initiate or respond to Aggressive Mode while disabled

説明 ルータは、どのピアに対しても ISAKMP アグレッシブ モードの受け入れや応答をしないように設定されています。

推奨処置 アグレッシブ モードをディセーブルにしない場合は、コマンドを削除してください。

エラー メッセージ CRYPTO-5-SESSION_STATUS: Crypto tunnel is [chars]. Peer [IP_address]:[dec] [chars] [chars] [chars] [chars] [chars] [chars] [chars] [chars]

説明 これは、IP セキュリティ トンネル ステータスの通知メッセージです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CRYPTO-6

エラー メッセージ CRYPTO-6-AUTOGEN: Generated new [dec] bit key pair

説明 Auto-Enroll 機能により、ルータの新しい鍵ペアが生成されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-6-AUTOSAVE: Running configuration saved to NVRAM

説明 Auto-Enroll 機能により、ルータの新しい鍵ペアと証明書が取得され、自動的に write memory コマンドで保存されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-6-CERTIFSRECV: Could not receive router's Certificate from file system.

説明 ファイル システムからシステムの証明書を受信できませんでした。

推奨処置 登録 URL を確認し、ルータがファイル システムから読み取れることを確認してください。

エラー メッセージ CRYPTO-6-CERTIFSSEND: Could not send Certificate enrollment request to file system.

説明 証明書の登録要求をファイル システムに送信できませんでした。

推奨処置 登録 URL を確認し、ルータがファイル システムに書き込めることを確認してください。

エラー メッセージ CRYPTO-6-ISAKMP_ON_OFF: ISAKMP is [chars]

説明 ISAKMP プロセスがオンまたはオフに切り替えられました。CLI(コマンドライン インターフェイス)による場合と、暗号マップまたは EzVPN コンフィギュレーションがどのインターフェイスにも適用されていないことによる場合があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-6-PKCS12EXPORT_FAIL: PKCS #12 Export Failed.

説明 PKCS #12 を生成してエクスポートしようとしましたが失敗しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-6-PKCS12EXPORT_SUCCESS: PKCS #12 Successfully Exported.

説明 PKCS #12 は生成されて正常にエクスポートされました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-6-PKCS12IMPORT_FAIL: PKCS #12 Import Failed.

説明 PKCS #12 をインポートしようとして失敗しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO-6-PKCS12IMPORT_SUCCESS: PKCS #12 Successfully Imported.

説明 PKCS #12 は正常にインポートされました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CRYPTO_HA メッセージ

ここでは、Crypto High Availability(クリプト ハイ アベイラビリティ)(CRYPTO HA)メッセージについて説明します。

CRYPTO_HA-3

エラー メッセージ CRYPTO_HA-3-IKEADDENTRYFAIL: (VIP=[IP_address])ISAKMP SA entry insertion on standby device failed for src=[IP_address], dst=[IP_address]

説明 アクティブ デバイスから転送された SA エントリの挿入に失敗しました。こちら側の SA データベースとアクティブ デバイス上の SA データベースとの同期がとれなくなりました。

推奨処置 ISAKMP SA テーブルの手動再同期を開始してください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-3-IKEDELENTRYFAIL: (VIP=[IP_address])ISAKMP SA entry deletion on standby device failed for src=[IP_address], dst=[IP_address]

説明 アクティブ デバイス上で削除された SA エントリの削除に失敗しました。こちら側の SA データベースとアクティブ デバイス上の SA データベースとの同期がとれなくなりました。

推奨処置 ISAKMP SA テーブルの手動再同期を開始してください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-3-IKEINSERTKEYFAIL: (VIP=[IP_address])ISAKMP SA entry key insertion on standby device failed for src=[IP_address], dst=[IP_address]

説明 スタンバイ デバイス上で新しい SA エントリの鍵の挿入に失敗しました。スタンバイ デバイスはこのエントリを受信しません。

推奨処置 スタンバイ デバイスからの ISAKMP SA テーブルの手動再同期を開始してください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-3-IKEQUERYKEYFAIL: (VIP=[IP_address])ISAKMP SA entry key query on active device failed for src=[IP_address], dst=[IP_address]

説明 スタンバイ デバイスに送信するために SA エントリに鍵情報を照会しようとして失敗しました。スタンバイ デバイスはこのエントリを受信しません。

推奨処置 スタンバイ デバイスからの ISAKMP SA テーブルの手動再同期を開始してください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-3-IPSECADDENTRYFAIL: (VIP=[IP_address])IPSEC SA entry insertion on standby device failed

説明 アクティブ デバイスから転送された SA エントリの挿入に失敗しました。こちら側の SA データベースとアクティブ デバイス上の SA データベースとの同期がとれなくなりました。

推奨処置 IP セキュリティ SA テーブルの手動再同期を開始してください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-3-IPSECDELENTRYFAIL: (VIP=[IP_address])IPSEC SA entry deletion on standby device failed

説明 アクティブ デバイス上で削除された SA エントリの削除に失敗しました。こちら側の SA データベースとアクティブ デバイス上の SA データベースとの同期がとれなくなりました。

推奨処置 IP セキュリティ SA テーブルの手動再同期を開始してください。

CRYPTO_HA-6

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IKEDOWN: (VIP=[IP_address])Disabling High Availability functionality for the ISAKMP failover group.

説明 ハイ アベイラビリティがこのフェールオーバー グループ用に設定されていない場合、または追跡インターフェイスがシャットダウンしている場合は、このメッセージは正常です。ただし、このメッセージが障害を意味していることもあります。

推奨処置 フェールオーバーが意図的に起こされた場合(追跡インターフェイスをシャットダウンした場合など)、対処は不要です。それ以外の場合は、冗長プロトコル(HSRP など)のステータスを調べ、ハイ アベイラビリティ フレームワークに Down ステートが通知された原因になっているかどうか確認します。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IKEFAILOVER: (VIP=[IP_address])Taking over as the new Active device for the ISAKMP failover group.

説明 アクティブ デバイスが最初に選出されたときであれば、このメッセージは正常です。もう 1 つの可能性として、ハイ アベイラビリティ グループ内でフェールオーバーが発生したときに表示されます。この場合、ISAKMP フェールオーバー グループ内の元のアクティブ デバイスがダウンしたあと、このデバイスがグループにおける新しいアクティブ デバイスの役割を引き継いでいるところです。

推奨処置 フェールオーバーが意図的に起こされた場合(追跡インターフェイスをシャットダウンした場合など)、対処は不要です。それ以外の場合は、以前のアクティブ デバイスのステータスを調べて障害の原因をトラブルシューティングし、適切な対処を行ってください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IKEHAINFINITEMSGLOOP: (VIP=[IP_address])Dropping remainder of this HA IKE SSP message because of suspected infinite message loop.

説明 ハイ アベイラビリティ IKE SSP メッセージ処理がループしている可能性があります。システムは無限ループを回避するために、この時点で処理を停止します。

推奨処置 ハイ アベイラビリティ ペアの両方で詳細 IKE ハイ アベイラビリティ デバッグをオンにすると、この問題を引き起こしたメッセージの判別に役立ちます。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IKEHANOTENABLE: IKE HA is not enabled.

説明 IKE HA は、ハイ アベイラビリティがイネーブルにされていない VIP に向けたステート通知または SSP メッセージを受信しました。

推奨処置 この VIP を持つインターフェイスに IKE ステートフル フェールオーバーが設定されていることを確認します。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IKEHASYNCCOMPLETE: (VIP=[IP_address])IKE HA state synchronization with Active device complete.

説明 スタンバイが、同期中のすべての要求に対して REPLY_ENTRY または DELETE_ENTRY メッセージをすでに受信している場合は、このメッセージは正常です。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IKESTANDBY: (VIP=[IP_address])Setting up as a Standby device for the ISAKMP failover group.

説明 スタンバイ デバイスが起動している場合、このメッセージは正常です。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IKEUPDATEENTRYFAIL: (VIP=[IP_address])ISAKMP SA entry update on standby device failed for src=[IP_address], dst=[IP_address]

説明 アクティブ デバイスの指定に従い SA エントリを更新しようとして失敗しました。アクティブ デバイスから更新エントリが新たに送信されるまで、この SA エントリにはパケット レベルの最新更新が含まれません。

推奨処置 通常は、後続の更新エントリ メッセージでこの問題は解消します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、スタンバイ デバイスによる ISAKMP SA テーブルの手動再同期が必要な場合があります。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IPSECDOWN: (VIP=[IP_address])Disabling High Availability functionality for the IPSEC failover group.

説明 ハイ アベイラビリティがこのフェールオーバー グループ用に設定がされていない場合、または追跡インターフェイスがシャットダウンしている場合は、このメッセージは正常です。ただし、障害が発生していた可能性もあります。

推奨処置 フェールオーバーが意図的に起こされた場合(追跡インターフェイスをシャットダウンした場合など)、対処は不要です。それ以外の場合は、冗長プロトコル(HSRP など)のステータスを調べ、ハイ アベイラビリティ フレームワークにDown ステートが通知された原因になっているかどうか確認します。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IPSECFAILOVER: (VIP=[IP_address])Taking over as the new Active device for the IPSEC failover group.

説明 アクティブ デバイスが最初に選出されたときであれば、このメッセージは正常です。もう 1 つの可能性として、ハイ アベイラビリティ グループ内でフェールオーバーが発生したときに表示されます。この場合、IP セキュリティ フェールオーバー グループ内の元のアクティブ デバイスがダウンしたあと、このデバイスがグループにおける新しいアクティブ デバイスの役割を引き継いでいるところです。

推奨処置 フェールオーバーが意図的に起こされた場合(追跡インターフェイスをシャットダウンした場合など)、対処は不要です。それ以外の場合は、以前のアクティブ デバイスのステータスを調べて障害の原因をトラブルシューティングし、適切な対処を行ってください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IPSECHAMAXINSERTERRORS: IPsec HA has failed inserting SAs for the last [int] seconds, the box is either out of resources or has suffered a hardware failure

説明 ボックスが短時間においてリソース不足になった場合は正常です。組み込みのリトライ機能で処理されます。ただし、長時間リトライが行われた場合、最終的に失敗しています。管理者の対処が必要です。

推奨処置 ハイ アベイラビリティ ペアの両方のボックスがまったく同一で、ハードウェアが正常に動作していることを確認してください。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IPSECHANOTENABLE: (VIP=[IP_address])IPSEC HA is not enabled.

説明 IP セキュリティ ハイ アベイラビリティは、ハイ アベイラビリティがイネーブルにされていない VIP に対するステート通知または SSP メッセージを受信しました。

推奨処置 この VIP を持つインターフェイスに IP セキュリティ ステートフル フェールオーバーが設定されていることを確認します。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IPSECHASYNCCOMPLETE: (VIP=[IP_address])IPSEC HA state synchronization with Active device complete.

説明 同期中のすべての要求に対し、スタンバイが REPLY_ENTRY または DELETE_ENTRY メッセージを受信している場合、このメッセージは正常です。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IPSECSTANDBY: (VIP=[IP_address])Setting up as a Standby device for the IPSEC failover group.

説明 スタンバイ デバイスが起動している場合、このメッセージは正常です。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CRYPTO_HA-6-IPSECUPDATEENTRYFAIL: (VIP=[IP_address])IPSEC SA entry update on standby device failed

説明 アクティブ デバイスの指定に従い IP セキュリティ SA エントリを更新しようとして失敗しました。アクティブ デバイスから更新エントリが新たに送信されるまで、この SA エントリにはパケット レベルの最新更新が含まれません。

推奨処置 通常は、後続の更新エントリ メッセージでこの問題は解消します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、スタンバイ デバイスによる IP セキュリティ SA テーブルの手動再同期を行う必要があります。

CSGメッセージ

ここでは、Content Services Gateway(CSG)メッセージについて説明します。

CSG-3

エラー メッセージ CSG-3-ERROR: Module [dec]: [chars]

説明 CSG モジュールにエラーが発生しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CSG-3-RELOADNOTOK: CSG ACCOUNTING [chars] reload on module [dec] failed.

説明 CSG カードの電源が再投入されて CSG 設定がリロードされると、常に表示される通知メッセージです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CSG-4

エラー メッセージ CSG-4-WARNING: Module [dec]: [chars]

説明 望ましくないイベントが CSG モジュールで発生しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CSG-6

エラー メッセージ CSG-6-LIRELOADOK: CSG LI reload on module [dec] successful

説明 CSG カードの電源が再投入されて CSG LI 設定がリロードされると、常に表示される通知メッセージです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CSG-6-RELOADOK: CSG ACCOUNTING [chars] reload on module [dec] successful

説明 CSG カードの電源が再投入されて CSG 設定がリロードされると、常に表示される通知メッセージです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CWAN_ALARM メッセージ

ここでは、Cisco Wide Area Network(CWAN)メッセージについて説明します。

CWAN_ALARM-6

エラー メッセージ CWAN_ALARM-6-INFO: [chars] [chars] [chars] [chars] [chars]

説明 アラームのアサーションまたはデアサーションを通知するメッセージです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWAN_ALARM-6-SONET: [chars] [chars] [chars] [chars] [chars]

説明 このメッセージは、(a)アラームがシステムに存在する場合(およびアラーム ステータスが RP にレポートされている場合)、または(b)アラームがシステムから解除されている場合(およびアラーム ステータスが RP にレポートされている場合)に、常に生成されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CWAN_ATMメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの WAN ATM ポート(CWAN_ATM)メッセージについて説明します。

CWAN_ATM-3

エラー メッセージ CWAN_ATM-3-LOWMEM: Could not allocate memory for RFC 1483 packet cloning.

説明 メモリの残量が少なくなっています。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大容量のメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ CWAN_ATM-3-PORT_ERR: Invalid PORT [dec]

説明 指定されたポートが存在しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_ATM-3-VCD_ERR: Invalid PortVCD [hex]

説明 指定されたポート VCD が存在しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_ATM-3-VC_ERR: Invalid VC [hex]

説明 指定された VC がポートに存在しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_ATM-3-VC_OR_PORT_ERR: Invalid VCD [hex] or Port: [dec]

説明 ポートまたは VCD が無効です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWAN_ATM-5

エラー メッセージ CWAN_ATM-5-UNKNOWN_VCD: Unknown port vcd [hex] in egress packet

説明 スイッチング モジュールの出力パスで未知の VCD を受信しました。この状態は一時的なものである可能性が高く、通常は、トラフィックが渡されているときに、VC が分解され、再構築されることが原因で発生します。

推奨処置 対処は不要です。

CWAN_HAメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの WAN モジュール ハイ アベイラビリティ(CWAN_HA)メッセージについて説明します。

CWAN_HA-3

エラー メッセージ CWAN_HA-3-CCB_INIT_ERROR: Failed to initialize CCB list for slot [dec].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、指定されたスロットのステート情報を正常に初期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-3-IFCFG_CMD_NOT_UNIQUE: More than one command registered for unique-key generator for interface configuration command [int].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、コマンド識別子の矛盾により、現在の設定のステート情報を正常に同期化できません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-3-IFCFG_INIT_ERROR: Failed to initialize Interface Configuration list for slot [int]/[int].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、指定されたスロットのステート情報を正常に初期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-3-IFCFG_NO_UNIQUE_KEY: No unique-key generator registered for interface configuration command [int].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、現在の設定のステート情報を正常に同期化できません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWAN_HA-4

エラー メッセージ CWAN_HA-4-CCB_PLAYBACK_ERROR: CCB playback failed for slot [dec].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、指定されたスロットの一部の新しいステート情報を同期化できませんでした。

推奨処置 スタンバイ スーパーバイザ モジュールをリロードして、強制的に一括同期して更新してください。このエラー メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-4-CCB_RECORD_ERROR: CCB record failed for slot [dec].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、指定されたスロットの新しいステート情報の一部を記録できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-4-IFCFG_PLAYBACK_ERROR: Interface Configuration command [int] playback failed for slot [int]/[int].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、指定されたスロットの一部の新しいステート情報を同期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-4-IFCFG_RECORD_ERROR: Interface Configuration command [int] record failed for slot [int]/[int].

説明 WAN モジュールのハイ アベイラビリティ コンポーネントが、指定されたスロットの新しいステート情報の一部を記録できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-4-LTLSYNCFAIL: Failed to sync LTL data during [chars] for [chars] [int]: (slot=[dec],slotunit=[dec],if_num=[dec]) to standby (vlan=[int],hash=[int],ltl=[int])

説明 アクティブからスタンバイ RP へ LTL データを正しく同期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-4-NOSRPBULKSYNC: Failed to [chars] SRP bulk data (slot=[dec], intf=[dec], type=[dec]), ret code [dec]

説明 ハイ アベイラビリティ 一括同期フェーズ中、アクティブ RP からスタンバイ RP へ SRP 関連のステート情報を正しく同期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-4-NOSRPSYNC: Failed to sync SRP packet (slot=[dec],intf=[dec]) to standby, HA_SYNC_STATUS=[dec]

説明 設定が変更されたときに、アクティブ RP からスタンバイ RP へ SRP 関連のステート情報を正しく同期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_HA-4-SRPSYNC: Slot [dec]: [chars]

説明 アクティブ RP からスタンバイ RPへ SRP ステートを同期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWANLCメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの WAN モジュール(CWANLC)メッセージについて説明します。

CWANLC-3

エラー メッセージ CWANLC-3-CWANLC_EARL_VERSION_NOTICE: CWAN receives mismatch Earl version notification. New Earl[int] vs Earl[int]

説明 RP が SCP 検索操作によって、スイッチング モジュール上の EARL スイッチング エンジンのバージョンが変更されたことを認識しました。このメッセージは、スイッチオーバー動作時に発生します。EARL スイッチング エンジンのバージョンは、メッセージ テキストに示されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWANLC-3-FATAL: [chars]

説明 Optical Services Module(OSM)スイッチング モジュールで、重大なエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWANLC-3-FPD_INCOMPATIBLE: FPD ID=[int] image in this FPD package is for revision [int].x boards. It is incompatible with current board revision of [int].[int]

説明 この FPD パッケージには、現在のボード リビジョンと互換性のあるイメージが含まれていません。

推奨処置 稼働中の Cisco IOS ソフトウェアと互換性のある、より新しいバージョンの FPD イメージ パッケージを使用して FPD アップグレードを実行してください。現在のボード リビジョンが特定のリリースに対応していることを確認するには、Cisco IOS ソフトウェア リリースの FPD イメージ パッケージのセクションを参照してください。

エラー メッセージ CWANLC-3-LTL_NOPPEPORTMAP: Failed to retrieve default port mapping for packet processor [int]

説明 スイッチング モジュール ソフトウェアの初期化が正常に完了しませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWANLC-3-TVPN_NOMEM: Failed to start vpn, not enough memory

説明 メモリが少ないので、OSM モジュールは VPN を開始できませんでした。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大容量のメモリ構成にアップグレードしてください。

CWANLC-5

エラー メッセージ CWANLC-5-NOSCPPING: Linecard has not sent SCP PING responses for too long

説明 RP/SP プロセッサは SCP PING メカニズムを使用して、IOS を実行しているスイッチング モジュールが正常な状態にあるかどうかをモニタします。SCP PING 応答がスイッチング モジュールから送信されていません。スイッチング モジュールは、RP にコンテキスト情報をエクスポートして、電源を再投入した可能性があります。show diag を使用して、エクスポートされたコンテキストを調べてください。

推奨処置 生成された show diag の出力を保存し、スイッチング モジュールがリセットされている場合はテクニカル サポートに問い合わせてください。

CWANLC_ATMメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの WAN ATM モジュール(CWANLC_ATM)メッセージについて説明します。

CWANLC_ATM-3

エラー メッセージ CWANLC_ATM-3-VCCLOSEFAIL: [chars]: Failed to remove VC [dec]/[dec] cause [int]

説明 スイッチング モジュール上の VC を削除しようとして失敗しました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

CWAN_POSEIDON メッセージ

ここでは、Optical Services Module(OSM; オプティカル サービス モジュール)GE-WAN RP ドライバ(CWAN_POSEIDON)メッセージについて説明します。

CWAN_POSEIDON-6

エラー メッセージ CWAN_POSEIDON-6-ALARM_INFO: [chars] [chars] [chars] [chars] [chars]

説明 このメッセージは、(a)アラームがシステムに存在する場合(およびアラーム ステータスが RP にレポートされている場合)、または(b)アラームがシステムから解除されている場合(およびアラーム ステータスが RP にレポートされている場合)に、常に生成されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CWAN_QINQメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの WAN QinQ(CWAN_QINQ)メッセージについて説明します。

CWAN_QINQ-3

エラー メッセージ CWAN_QINQ-3-CWAN_POCH_QINQ_NULL_EGRESS: [chars] QinQ Ether VC have received invalid egress assignment on phyport [chars]for trunk encapsulation dot1q [int]

説明 設定中のポート チャネル QinQ Ether VC サブインターフェイスには、無効な出力ポート割り当てが含まれています。この EVC に対する OSM ポートの出力トラフィックは停止されます。

推奨処置 スイッチング モジュールで show cwan qinq コマンドを入力します。エラー メッセージとコマンドの出力をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWAN_QINQ-3-CWAN_QINQ_TRUNK_DATAINCONSISTENCY: QinQ data integrity check failed for bridge-domain [int] dot1q [int] using trunk encapsulation dot1q [int], existing record shows mapping with encapsulation dot1q [int].

説明 メッセージ テキストに示されているブリッジ VLAN(仮想 LAN)にトランクを設定しているときに、QinQ に関連したデータの整合性エラーが発生しました。エラーは無視され、QinQ の更新は正常に進行します。

推奨処置 スイッチング モジュールで show cwan qinq コマンドを入力します。エラー メッセージをシスコのテクニカル サポートに提出してください。

CWAN_RPメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの WAN RP ドライバ(CWAN_RP)メッセージについて説明します。

CWAN_RP-1

エラー メッセージ CWAN_RP-1-OVERRIDE_MAC_INVALID: [chars] has invalid override-mac-address.

説明 ユーザが、MSFC の MAC アドレスと一致しないオーバーライド MAC アドレスを入力しました。これは、設定が新しいハードウェアへ移されたか、MAC アドレス コマンドが別のインターフェイスで使用された場合に発生します。システムによりこの状況が自動的に解決される間、設定を調整する必要があります。

推奨処置 設定内のオーバーライド MAC アドレス コマンドを変更します。

CWAN_RP-3

エラー メッセージ CWAN_RP-3-FAILED_CONFIG: Failed to send line card config message [chars] for slot [int] port [int]

説明 RP は、指定した設定メッセージをスイッチング モジュールへ送信できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-3-IFCFG_CMD_NOT_OWNER: Process '[chars]' waiting for interface configuration command ([hex]) to slot [int]/[int] without acquiring lock owned by process '[chars]'

説明 RP 上のあるプロセスがエラー メッセージに示されたスロットへコンフィギュレーション コマンドを送信し、別のプロセスがその結果を待っていました。これにより、スイッチング モジュールは誤った設定状態になった可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-3-MODULE_TYPE: cannot find FCI for module type [int] in slot [int]

説明 指定されたスロット内でモジュールのモジュール タイプを検出していたときに、内部ソフトウェア エラーが発生しました。モジュールの動作に影響が出ます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-3-PROCMSG: Process msg send failed for process[dec]

説明 プロセス メッセージの送信に失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-3-UPGRADE_ERROR: Slot [int]: The ROMMON upgrade failed to complete.

説明 アップグレード プロセス時にエラーが発生しました。

推奨処置 モジュールが正常にリロードされる場合は、ファイルを確認して再度アップグレード プロセスを行います。それ以外の場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CWAN_RP-3-WAN_BRIDGING_CONFIG_EXCEEDED: The number of VPLS/EoMPLS/Bridging/QinQ VCs exceeded the maximum supported by the platform

説明 ユーザが、プラットフォームによってサポートされる数を超えた VPLS、EoMPLS、およびブリッジング VC を設定しようとしました。

推奨処置 対象となる機能の設定時の注意事項を確認し、VPLS、EoMPLS、およびブリッジングの数をプラットフォームがサポートできる数に減らしてください。

CWAN_RP-4

エラー メッセージ CWAN_RP-4-CONFIG_MISMATCH: Irreconcilable Configuration difference between Active & Standby Supervisors due to OIR/Config Event -> Reloading Standby Supervisor to synchronize the configuration.

説明 スーパーバイザ エンジン間に予期しない設定の違いがあります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWAN_RP-4-EMPTY_CWANBAYS: FLEXWAN in slot [dec] is empty. Please remove the Flexwan or insert it with atleast one PA

説明 指定されたスロットの FLEXWAN にはポート アダプタがありません。

推奨処置 この構成はサポートされないので、FLEXWAN を取り外す必要があります。

エラー メッセージ CWAN_RP-4-IFCFG_CMD_TIMEOUT: Interface configuration command ([hex]) to slot [int]/[int] timed out

説明 RP は、エラーメッセージに示されたスロットにコンフィギュレーション コマンドを送信しましたが、このコマンドの確認応答を受信しませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-4-INCR_CFG_SYNC_FAIL: 7600 incremental running-config sync for [[dec]/[dec]] failed - [chars]([dec]), Reload Standby

説明 指定された 7600 の実行コンフィギュレーション差分同期に失敗しました。

推奨処置 冗長スーパーバイザ エンジンの電源を再投入してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-4-INVALID_UNIT: Invalid 7600 Unit: [[dec]/[dec]].

説明 指定された 7600 スロット/CPU がシャーシの制限を超えました。

推奨処置 冗長スーパーバイザ エンジンの電源を再投入してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-4-MODULE_CONFIG_MISSING: configuration missing for slot [int]

説明 指定されたスロットのモジュール設定に関して、欠落している情報があります。インターフェイスのスタートアップ コンフィギュレーション内の設定はどれも適用されません。指定されたスロットのモジュールが FlexWAN の場合、欠落している設定情報は FlexWAN モジュールのポート アダプタに関する詳細部分です。SLOTCACHE ROMMON 変数からこの情報が欠落しています。

推奨処置 エラー メッセージで指定されたスロットのモジュールが、それまで搭載されていない場合、過去の設定はないので、対処は不要です。スタートアップ コンフィギュレーション内の指定されたスロットの設定が、そのスロットにあるモジュールに適切な場合は、モジュールのロード後に次のいずれかの方法で、その設定を手動で適用します。下記の2 番めの方法は、システムのリロードが必要です。copy nvram:startup-config system:running-config コマンドを入力して、保存してある設定を再適用します。次に、設定が拒否されたすべてのインターフェイスに no shutdown コマンドを入力します。さらに copy system:running-config nvram:startup-config コマンドを入力して、設定および WAN モジュール スロットの設定を保存します。2 番めの方法は、copy コマンドを入力して、一時的な保管場所にスタートアップ コンフィギュレーションをコピーします(たとえば、copy nvram:startup-config bootflash:tmp-config)。さらに copy system:running-config nvram:startup-config コマンドを入力して WAN モジュール スロットの設定を更新し、copy コマンドでスタートアップ コンフィギュレーションの一時コピーを復元します(たとえば、copy bootflash:tmp-config nvram:startup-config)。その後、reload コマンドを入力してシステムをリロードします。2 番めの方法を使用した場合は、deleteコマンドを使用して、スタートアップ コンフィギュレーションの一時コピーを削除します。この状態を繰り返さないために、SLOTCACHE変数を必要とするモジュール(FlexWAN は該当するが、OSM は該当しない)がシャーシ内のスロット間で移動するたびに、この変数を確実に更新する必要があります。SLOTCACHE変数が更新されるのは、copy system:running-config nvram:startup-configコマンド(または非推奨のwrite memoryに相当するもの)を使用して、スタートアップ コンフィギュレーションに実行コンフィギュレーションを書き込んだ場合です。モジュールの設定を復元する、上記の 2 つの方法によって、SLOTCACHE 変数が確実に更新されます。

CWAN_RP-6

エラー メッセージ CWAN_RP-6-ADF_FILE: Slot [int]: Using VPN-SM Upgrade File: "[chars]"

説明 システムが、VPN サービス モジュールに対応する指定のアップグレード イメージを起動中です。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWAN_RP-6-AUX_FILE: Slot [int]: Found VPN-SM Firmware in File: [chars]

説明 メッセージに示されたファイルが見つかったので、VPN サービス モジュールはバンドルされたイメージの代わりにそのファイルをロードします。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWAN_RP-6-LC_RESET: The RP is reloaded, resetting slot [dec] is necessary. Please ignore errors if any, till the linecard comes up.

説明 スーパーバイザ エンジン上で Catalyst オペレーティング システム ソフトウェアが稼働し、MSFC 上で Cisco IOS ソフトウェアが稼働している場合は、RP の電源投入の前に電源投入される WAN スイッチング モジュールは自動的にリセットされます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWAN_RP-6-OUT_OF_RESOURCE: [chars] configuration has exceeded available internal resources.

説明 設定に必要なリソースが使用できなくなりました。他のアプリケーションがリソースを取得した可能性があります。

推奨処置 必要なリソースが他のアプリケーションに割り当てられていない場合は、シスコのテクニカル サポートに支援を依頼してください。

エラー メッセージ CWAN_RP-6-OVERRIDE: Slot [int]: ...Overriding Intrinsic VPN-SM Firmware.

説明 バンドル イメージの代わりに指定されたイメージが使用されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWAN_RP-6-UPGRADE_COMPLETE: Slot [int]: ROMMON upgrade complete. Reset the card for the changes to take effect.

説明 ROMMON アップグレードが正常に完了しました。変更を有効にするには、カードのリロードが必要です。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CWAN_SPメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの WAN スイッチ プロセッサ(CWAN_SP)メッセージについて説明します。

CWAN_SP-3

エラー メッセージ CWAN_SP-3-INIT_FAIL: Failed to allocate [dec] bytes memory needed for CWAN SP module initialization

説明 CWAN SPモジュールの初期化中に、メモリ割り当てエラーが発生しました。SP のメモリ サイズをさらに増やすことが必要になる場合があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWAN_SP-4

エラー メッセージ CWAN_SP-4-UNKNOWN_PW: Unknown CWAN pseudo wire on vlan [dec], port [dec]/[dec]

説明 不明な CWAN 疑似ワイヤが使用されています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWAN_SPA メッセージ

ここでは、OSR 上の WAN Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)(CWAN_SPA)メッセージについて説明します。

CWAN_SPA-3

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-CREATION_FAILURE: slot=[dec] subslot=[dec], spa_type=[hex], lc_type=[hex].

説明 システムは SPA オブジェクトを作成できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-DIAG_CONFIG: [chars] did not complete [dec]/[dec]

説明 診断テストの実行中にエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-INVALID_DATA_INSTANCE: interface type [chars], slot [dec] port [dec] vc [dec] : [chars]

説明 インターフェイスのサポートに必要なデータが使用できません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-INVALID_IF_INDEX: index= [dec], cardType=[hex], spaType=[hex], slot [dec] subSlot [dec] slotunit [dec] vc [dec]

説明 インターフェイスのインデックスが無効です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-INVALID_INDX_RANGE: index1= [dec], index2= [dec], maxIndex= [dec]

説明 無効なインデックス範囲です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-MEM_ALLOC_ERROR: [chars]

説明 メモリ割り当てのエラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-NULL_SPA_PTR:

説明 SPA オブジェクトへのポインタがヌルです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-NULL_VFT: [chars] virtual function table is not initialized. spaType=[hex]

説明 必要な機能テーブルが初期化されていません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-NULL_VFUNC: [chars] vector is not initialized. spaType=[hex]

説明 必要な機能ベクトルが初期化されていません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-POWER_CYCLE: [chars] occurred on Shared Port Adapter [int]/[int]

説明 エラーが発生したために、SPA の電源が再投入されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWAN_SPA-3-SPA_CREATION_FAILURE: slot=[dec] subslot=[dec], PID=[chars] lc_type=[hex].

説明 システムは SPA オブジェクトを作成できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWPAメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータのポート アダプタ モジュール(CWPA)メッセージについて説明します。

CWPA-2

エラー メッセージ CWPA-2-BAD_HWVERS: Unable to determine board hardware version

説明 スイッチング モジュールのソフトウェアは、スイッチング モジュールのハードウェア バージョンを読み取れません。これはハードウェア エラーを意味します。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWPA-2-PAOIR: Port adapter OIR not supported, reloading

説明 指定されたスイッチング モジュールのポート アダプタ上で活性挿抜操作が行われました。ポート アダプタ上での活性挿抜操作はサポートされません。このエラーが発生すると、スイッチング モジュールはクラッシュしてリロードします。

推奨処置 指定されたスイッチング モジュールのポート アダプタでは、活性挿抜操作を実行しないでください。

エラー メッセージ CWPA-2-PA_VOLFAIL: Port adapter [dec]V failed, Reloading flexwan

説明 スイッチング モジュールへの給電に関連するエラーが、スイッチング モジュールで発生しました。環境条件、過熱状態、スイッチング モジュールへの電圧不整合などがこのエラーの原因として考えられます。

推奨処置 スイッチング モジュールの入力電圧および温度を確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWPA-2-WHICH_INT: Unexpected [chars] interrupt, INT status = [hex]

説明 エラー メッセージに示されたスイッチング モジュールで、予期しない割り込みが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWPA-3

エラー メッセージ CWPA-3-DIAGFAIL: Failed to handle diag [chars] [dec]

説明 FlexWAN スイッチング モジュールは、診断コマンドを実行できませんでした。コンソールに表示されたメッセージまたはシステム ログに、さらに詳しい情報があります。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWPA-3-PROCCREATEFAIL: Failed to create [chars] process

説明 スイッチング モジュールは、スイッチング モジュールの正常な動作に必要なプロセスを作成できませんでした。

推奨処置 出力されたエラー メッセージをコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。コマンドが stats export process の場合は、FlexWAN/FlexWAN2 の非チャネライズド インターフェイスに関する show interface 出力の入出力速度と入出力バイト数に増加が見られない可能性があります。ただし、show interface acc または show interface stats から統計情報を入手できます。

CWPA-4

エラー メッセージ CWPA-4-HEADER_TOO_BIG: Needs [dec] bytes, with only [dec] bytes available. Packet size [int], received from [chars], buffer [hex] packet start [hex]: [hex]:[hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex]\n[hex]:[hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex] [hex]

説明 パケットが PA から RP またはスイッチング モジュールのどちらかに送信されました。このパケットにはヘッダーが付加されるだけの十分なスペースがありませんでした。新しいパーティクルがパケットにリンクされて、ヘッダーが格納されています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CWPABRIDGE メッセージ

ここでは、CWPA ブリッジング(CWPABRIDGE)メッセージについて説明します。

CWPABRIDGE-3

エラー メッセージ CWPABRIDGE-3-BADLTL: [chars] got bad LTL index [hex] for vlan [int] ckt_id [int] sent from RP

説明 スイッチング モジュールが RP から取得した LTL インデックスの値は無効な値でした。

推奨処置 ブリッジング トラフィックの流れが停止している場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。RP コンソールの EXEC プロンプトで、show log、show cwan bridge、show atm vlan、show mac-address-table dynamic detail、show cwan ltl を入力してください。この操作で、状況についてさらに詳しい情報を収集することができます。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWPABRIDGE-3-NOCLONEDPAK: Unable to allocate pak header for cloned pak

説明 スイッチング モジュールは、ブリッジド WAN リンク間でパケットのフラッディングに使用するクローン PAK の PAK ヘッダーを割り当てることができませんでした。

推奨処置 シスコ Web サイトの Software Adviser および実行しているコードに対応したリリース ノートで、メモリの最低サイズを確認してください。最低サイズのメモリがあるにもかかわらず、このエラー メッセージが表示される場合は、装置の以前のイメージをロードして装置を動作可能な状態に戻し、必要な情報を収集して報告してください。次に、cwan-bootflash: から スイッチング モジュールの crashinfo をコピーします(slot および bay は、問題のスイッチング モジュールのスロットとベイです)。TAC で問題を調べる場合は、スイッチング モジュールの crashinfo およびルータからの show tech コマンドの出力を提出してください。

CWRPSPAメッセージ

ここでは、OSR RP 上の Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)(CWRPSPA)メッセージについて説明します。

CWRPSPA-3

エラー メッセージ CWRPSPA-3-HWIDB_FAILURE: Creation: slot [dec] subSlot [dec] port [dec] vc [dec]

説明 システムは、インターフェイス HWIDB を作成できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWRPSPA-3-INVALID_PORT_NUM: slot=[dec] port=[dec], hwidbType=[hex], max_port_num=[dec], LCtype=[hex]

説明 ポート番号が範囲外です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWRPSPA-3-MAX_SPA: Power to IPSEC-SPA-2G in [chars] is denied because it has exceeded the number allowed([dec])

説明 シャーシ内の IPSEC-SPA-2G の数には制限があります。このメッセージは、シャーシ内の IPSEC-SPA-2G の数がこの制限を超えていると表示されます。

推奨処置 IPSEC-SPA-2G は、サポートされる数だけ使用してください。

エラー メッセージ CWRPSPA-3-NO_HOST_INFO: slot [dec] subSlot [dec], spaType [hex]

説明 システムは、ホスト スイッチング モジュールに関する情報を入手できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWRPSPA-3-SPA_NO_HOST_INFO: slot [dec] subSlot [dec], PID [chars]

説明 システムは、ホスト スイッチング モジュールに関する情報を入手できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWRPSPA-4

エラー メッセージ CWRPSPA-4-SPA_CMD_NO_RESP: [chars]: No response for interface configuration command [int]

説明 RP がスイッチング モジュールからの応答を待っている間に、タイムアウトが発生しました。スイッチング モジュールの CPU がビジー状態だったために、コマンドに応答できなかった可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWRPSPA-4-SPA_RESP_CMD_MISMATCH: [chars]: Expecting response to interface configuration command [int] but received response to command [int].

説明 インターフェイスの設定を行っているときに、内部同期エラーが発生しました。設定は正常に完了していない可能性があります。

推奨処置 インターフェイスの実行コンフィギュレーションが正しいことを確認します。このメッセージがスタンバイ側で表示された場合は、スタンバイ側をリロードして設定が同期していることを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWRPSPA-6

エラー メッセージ CWRPSPA-6-CARDRELOAD: Module [int] reload due to SPA insert in [int]/[int].

説明 このキャリア カード上に SPA を取り付けている間に、カードがリセットされました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

CWSLCメッセージ

ここでは、コンステレーション WAN SiByte モジュール(CWSLC)メッセージについて説明します。

CWSLC-3

エラー メッセージ CWSLC-3-DIAGFAIL: Failed to handle diag [chars] [dec]

説明 スイッチング モジュールは、診断コマンドを実行できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWSLC-3-DIAGWARNING: Backplane DIP switches settings incorrect

説明 DIP スイッチを正しく設定する必要があります。

推奨処置 DIP スイッチの設定方法については『7600 SIP and SPA Hardware Installation Guide』を参照してください。

エラー メッセージ CWSLC-3-IPCALLOCFAIL: Failed to allocate IPC buffer [chars]

説明 スイッチング モジュールは、ルート プロセッサとの通信用にバッファを割り当てることができませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWSLC-3-IPCSENDFAIL: Failed to send IPC message [chars]

説明 スイッチング モジュールは、ルート プロセッサ(Draco)にメッセージを送信できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWSLC-3-LC_ENCAP_UPDATEFAIL: Could not update encapsulation on [chars] to [int]

説明 スイッチング モジュールは、要求された新しいカプセル化の更新に失敗しました。カプセル化の変更を実行する際に、インターフェイスのデータ構造を一時的にロックできませんでした。

推奨処置 インターフェイスが新しいカプセル化を実行できない場合、インターフェイス上のカプセル化を削除して再設定してください。何度か再設定してもエラーが繰り返して表示される場合は、エラー メッセージをコピーし、 http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、圧縮していないプレーン テキスト形式(.txt)でコピーを添付してください。

CWTLCメッセージ

ここでは、コンステレーション スーパーバイザ ルータ スイッチング モジュール(CWTLC)メッセージについて説明します。

CWTLC-0

エラー メッセージ CWTLC-0-DMA_ENGINE_ASIC_FATAL_ERR: DMA Engine Asic[[dec]] fatal error: [chars]

説明 CWTLC DMA Engine ASIC で、重大なエラーが発生しました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-0-FATAL_EXCEPTION: [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールで、重大な例外が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWTLC-2

エラー メッセージ CWTLC-2-FATAL_ATM: [chars]

説明 OSM カードで、重大な回線管理の中断が発生しました。このエラーは回復不可能であり、システムはクラッシュします。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-2-PCITIMEOUT: Fatal Local I-O Bus [dec] Timeout Addr = [hex]

説明 OSM で、PCI のタイムアウトが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-2-PLIM_RX: [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールの FPGA エラーが原因で、シーケンス エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-2-SLAVEPCI: [chars]

説明 OSM で、PCI エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-2-TESTCRASH: [chars]

説明 ユーザがコマンドを入力して、スイッチング モジュールを意図的にクラッシュさせました。

推奨処置 対処は不要です。

CWTLC-3

エラー メッセージ CWTLC-3-ATMTXFIFO: [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールの FPGA エラーが原因で、FIFO キューが最大限度を超えました。その結果、システムはクラッシュします。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-CONST_SWITCHING_BUS_INTERFACE_ASIC_ERR: Constellation Switching Bus Interface Asic [[dec]] error: [chars]

説明 CWTLC スイッチング バス インターフェイス ASIC で、エラーが検出されました。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。そうでない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-CONST_SWITCHING_BUS_INTERFACE_ASIC_HWERR: Constellation Switching Bus Interface Asic [[dec]] HW error: [chars]

説明 CWTLC スイッチング バス インターフェイス ASIC でハードウェア エラーが検出され、リセットされます。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。そうでない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-DMA_ENGINE_ASIC_ERR: DMA Engine Asic [[dec]] error: [chars]

説明 CWTLC DMA エンジンの ASIC で、エラーが検出されました。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。そうでない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-ERR_DETAIL: [chars]

説明 以前のエラー メッセージに関する詳細なエラー情報を提供しています。テクニカル サポートが使用できる情報です。

推奨処置 このメッセージに先行するエラー メッセージの指示に従ってください。その際このエラーのテキストも必ず含めてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-EXCEPTION_ERR: [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールで、エラー例外が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-FABRIC_INTERFACE_ASIC_FATAL: OSM Fabric Interface ASIC Fatal Error. ERROR CODE: [chars]

説明 OSM ファブリック インターフェイスの ASIC で、重大なエラーが検出されました。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。そうでない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-FABRIC_INTERFACE_ASIC_PXF: CWAN PXF Client [[dec]] Not Running

説明 OSM 上の ASIC デバイスで、指定された PXF クライアントが稼働していないことが検出されました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-FR_BAD_BRIDGING: Frame Relay: old bridge-vlan([int]) or new bridge-vlan([int]) on the bridged interface [chars] is malformed

説明 ルート プロセッサからの予期しない更新です。このメッセージは無視してください。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWTLC-3-FR_INTLEVEL: unexpected interrupt level invocation of frame-relay handler:[chars] if_number([dec]) dlci([dec])

説明 一部のフィーチャ コードが誤ってスイッチング モジュールのフレームリレー ハンドラを起動しました。このハンドラは、プロセス レベルで実行されることになっています。このエラーは、データの破損およびスイッチング モジュールのクラッシュを引き起こす可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-LTL_ERR: Inconsistent port selection [hex] assigment(action:[chars]) for Vlan([dec]) on PXF([int])

説明 データベースに格納されたポート選択情報は、指定された追加/削除の有効な対象ではありません。

推奨処置 回避策は、インターフェイス VLAN をいったんシャットダウンしてから、インターフェイス VLAN のシャットダウン解除を行います。

エラー メッセージ CWTLC-3-MCAST_REPL_ENGINE_FATAL: Multicast Replication Engine Asic Fatal Error. Resetting ASIC.

説明 OSM Multicast Replication Engine ASIC で、重大なエラーが検出されました。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。そうでない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-NOMEM: [chars]

説明 メモリ不足のため、OSM カードは統計情報を取得できませんでした。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大容量のメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-NO_STATID: PXF([dec]): no stat_id is available for statistics collection

説明 OSM スイッチング モジュールは、統計情報収集のリソースをすべて使い果たしました。統計情報をさらに収集するために使用できるリソースはありません。

推奨処置 この PXF に設定されている機能の数を減らしてください。状況に応じて、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-OLDIOFPGA: Upgrade your I/O FPGA

説明 OSM スイッチング モジュールに、旧バージョンの I/O FPGA ソフトウェアが使用されています。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに連絡して、I/O FPGA を最新バージョンのハードウェアにアップグレードしてください。

エラー メッセージ CWTLC-3-PLIM_TX: [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールの FPGA エラーが原因で、シーケンス エラーが発生しました。スイッチング モジュールは、エラーからの回復を試行します。

推奨処置 正常に回復した場合は、対処は不要です。回復できなかった場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-PORTERROR: Port control error, cmd=[chars], port=[dec]

説明 ポート制御コマンド機能が動作しませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-SECPAIRINT: Unexpected VA/Toaster interrupt from second pair

説明 OSM スイッチング モジュールで、予期しない割り込みが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-TMC_STATID_INCONSISTENCY: PXF([dec]):Inconsistent stats id([hex]) [int] packets dropped.

説明 WAN スイッチング モジュールで PXF から矛盾した統計情報を受信しました。PXF ではパケットがドロップされたことを伝えていますが、パケット カウントはドロップされたパケット数に対応していません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-TMTRIE_ALLOC_FAILED: Failed to allocate toaster mtrie nodes.

説明 WAN OSM コンポーネントのメモリの割り当て中に、システムでエラーが発生しました。

推奨処置 VRF 識別子に関連するルート数を減らすか、WAN OSM を新しいバージョンにアップグレードします。

エラー メッセージ CWTLC-3-UNSUPPORTED_LABEL_RANGE: The maximum label range configured for this system exceeds\nthe [int] limit supported by the OSM module.

説明 このシステムに設定された MPLS ラベルの範囲はサポートされません。エラー メッセージにはラベルの範囲の上限が示されています

推奨処置 mpls label rangeコマンドを入力して、MPLS の最大ラベル範囲を変更してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-VTMS: [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールは、ホイール エントリをスケジューリングできませんでした。エラー メッセージ テキストにエラーの原因が示されています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-3-VTMSQ_NOTIDLE: Queue not idle when modifying Q([hex])

説明 QoS 設定の変更のために VTMS キューは変更処理中でしたが、このキューを依然としてパケットが通過しています。キューの変更中にキューにトラフィックがあるのは、予期しない事態です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWTLC-4

エラー メッセージ CWTLC-4-ASIC_RESET: Reset asics - [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールの ASIC がリセット中です。システム トラフィックはリセット後に回復し、正常に継続するはずです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ CWTLC-4-CONST_SWITCHING_BUS_INTERFACE_ASIC_CONFIG_ERR: Constellation Switching Bus Interface Asic [[dec]] configuration failed after [dec] retries.

説明 CWTLC スイッチング バス インターフェイス ASIC を正しく設定できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-4-PORT_ASIC_OLDIOFPGA: Link negotiation maybe be affected, upgrade I/O FPGA

説明 旧バージョンの I/OFPGA ソフトウェアが検出されました。最新バージョンにアップグレードする必要があります。

推奨処置 I/O FPGA ソフトウェアを最新バージョンにアップグレードしてください。支援が必要な場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-4-TMC_INVALID_STATID: PXF:Invalid-Statid ([dec]) for vc [int] under interface [int]

説明 統計システムの設定中に、OSM スイッチング モジュールで内部エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWTLC-5

エラー メッセージ CWTLC-5-BUS_SEQ_ERR: Constellation bus Sequence Error. Resetting port ASICS.

説明 SP が、OSM のバックプレーン バスでシーケンス エラーを検出しました。EARL のリセット シーケンスが呼び出され、このエラーから回復します。システム トラフィックは回復して、正常に継続するはずです。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処不要です。そうでない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-5-DATAPATH_RECOVERY_PATCH: EARL reset patch invoked.

説明 コンステレーション バス シーケンス エラーから回復できるように、OSM スイッチング モジュールの ASIC がリセットされました。この状態は通常、HA 関連のスイッチオーバーまたはスイッチング モジュールの活性挿抜操作で、トラフィックが非常に多い場合に発生します。システム トラフィックは回復し、正常に継続するはずです。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処不要です。そうでない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC-5-FABRIC_INTERFACE_ASIC_RE_INIT: Fabric Interface Asic Re-initialize.

説明 システムのバックプレーン バス シーケンス エラーまたはスイッチング モジュール自身の重大な ASIC エラーのために、OSM ファブリック インターフェイス ASIC が再初期化されています。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。そうでない場合は、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ CWTLC-5-PENDING_PATCH: Invoke pending data recovery patch.

説明 バックプレーン スイッチング バス シーケンス エラーまたはローカル ハードウェア ASIC エラーから回復できるように、OSM スイッチング モジュールの ASIC がリセットされました。この状態は通常、HA 関連のスイッチオーバーまたはスイッチング モジュールの活性挿抜操作で、トラフィックが非常に多い場合に発生します。システム トラフィックは回復し、正常に継続するはずです。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処不要です。そうでない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWTLC-6

エラー メッセージ CWTLC-6-FABRIC_INTERFACE_ASIC_MODECHANGE: Fabric Interface Asic switching bus Mode changed to [chars]

説明 スーパーバイザ エンジンは、CWTLC ファブリック インターフェイス ASIC スイッチング バス モードを変更しました。

推奨処置 ユーザの対処は不要です。

CWTLC_ATOMメッセージ

ここでは、コンステレーション WAN トースタ スイッチング モジュール AToM(CWTLC_ATOM)メッセージについて説明します。

CWTLC_ATOM-3

エラー メッセージ CWTLC_ATOM-3-INTFID_ERR: The internal interface ID [hex] for the AToM interface [chars] is invalid for the connection ID [hex]

説明 OSM が AToM と接続を確立するために必要な内部インターフェイス ID が無効か、またはこの接続に対応するコントロール プレーン MPLS データ構造と一致していません。OSM の現在のインターフェイス ID と、この接続に使用されるコントロール プレーンのインターフェイス ID の同期が失われました。この状態は通常、フェールオーバー動作などの望ましくないネットワークの状態が原因となりますが、通常のシステム操作時に発生することがあります。

推奨処置 Frame Relay over MPLS、Cell Relay over MPLS、AAL5 over MPLS、またはフレームリレー ローカル スイッチングに応じた適切な AToM コマンドを入力して AToM 接続を解除したあと、もう一度接続してください。この操作を行えば、接続は正常に再確立されるはずです。

エラー メッセージ CWTLC_ATOM-3-OSM_BB1_CONFIG_UNSUPPORTED: Attempt to configure Any Transport over MPLS, e.g. FRoMPLS, on a POS non-enhanced OSM

説明 FRoMPLS、PPPoMPLS、HDLCoMPLS、およびフレームリレー ローカル スイッチング機能は、拡張 OSM でのみサポートされます。この非拡張 OSM では、これらの機能はサポートされません。

推奨処置 サポートされない機能の設定を削除するか、このモジュールを拡張 OSM にアップグレードします。

CWTLC_CHOCメッセージ

ここでは、Cyclops チャネライズド OC48/OC12 関連メッセージ(CWTLC_CHOC)について説明します。

CWTLC_CHOC-3

エラー メッセージ CWTLC_CHOC-3-HWERROR: [chars]

説明 スイッチング モジュール ハードウェアでエラーが発生しています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWTLC_CHOC_DSX メッセージ

ここでは Optical Services Module(OSM; オプティカル サービス モジュール)CHOC DSX LC 共通メッセージ(CWTLC_CHOC_DSX)について説明します。

CWTLC_CHOC_DSX-3

エラー メッセージ CWTLC_CHOC_DSX-3-HWERROR: [chars]

説明 OSM スイッチング モジュールに関連するハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC_CHOCX-3-HWERROR: [chars]

説明 スイッチング モジュール ハードウェアでエラーが発生しています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

CWTLC_GEWANメッセージ

ここでは、ギガビット イーサネット WAN モジュール(CWTLC_GEWAN)メッセージについて説明します。

CWTLC_GEWAN-3

エラー メッセージ CWTLC_GEWAN-3-FPGA_PROG_FAILED: [chars] FPGA initialization failed due to [chars]

説明 FPGA を初期化できませんでした。この状態の原因は、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに示されています。この状態により、このデバイスは動作不能になり、ディセーブルになっています。

推奨処置 スイッチング モジュールをリロードします。問題が解消されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージおよび show module コマンドの出力をそのままコピーします。シスコのテクニカル サポートに連絡して交換用ボードを依頼します。

エラー メッセージ CWTLC_GEWAN-3-IF2PORT: Cannot determine port from interface [dec] for operation [dec] with [[enet]]

説明 指定されたインターフェイス番号からはポート番号を確認できませんでした。

推奨処置 スイッチング モジュールをリロードします。問題が解消されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージおよび show module コマンドの出力をそのままコピーします。シスコのテクニカル サポートに連絡して交換用ボードを依頼します。

エラー メッセージ CWTLC_GEWAN-3-MAC_OP_BAD: Unknown MAC address operation [dec] with [[enet]] on port [dec]

説明 指定された MAC アドレス操作は不明な操作で、実行できません。

推奨処置 スイッチング モジュールをリロードします。問題が解消されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージおよび show module コマンドの出力をそのままコピーします。シスコのテクニカル サポートに連絡して交換用ボードを依頼します。

エラー メッセージ CWTLC_GEWAN-3-PORT_AUTONEG_FAIL: Failed to [chars] auto-negotiation [chars] on port [dec]

説明 GE-WAN ポート上でオートネゴシエーション機能のイネーブルまたはディセーブルに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC_GEWAN-3-PORT_CMD_FAIL: Port [chars] failed on port [dec]

説明 GE-WAN ポート コマンドを実行できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC_GEWAN-3-TABLE_ADD_REMOVE_FAILED: MAC address table [chars] with [[enet]] failed on port [dec]

説明 MAC アドレス テーブルで MAC アドレスの追加または削除に失敗しました。

推奨処置 スイッチング モジュールをリロードします。問題が解消されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージおよび show module コマンドの出力をそのままコピーします。シスコのテクニカル サポートに連絡して交換用ボードを依頼します。

CWTLC_QOS メッセージ

ここでは OSM スーパーバイザ エンジン QoS(CWTLC_QOS)メッセージについて説明します。

CWTLC_QOS-3

エラー メッセージ CWTLC_QOS-3-CHUNK_INIT_FAIL: [chars]: [chars] allocation failed

説明 OSM で、メモリの割り当てエラーが検出されました。設定されたソフトウェア機能が動作するには、搭載されているメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 このメッセージが継続して表示される場合は、メモリーのアップグレードが必要になる可能性があります。

エラー メッセージ CWTLC_QOS-3-CHUNK_MALLOC_FAIL: [chars]: chunk_malloc for [chars] failed

説明 OSM で、メモリの割り当てエラーが検出されました。設定されたソフトウェア機能が動作するには、搭載されているメモリが不足している可能性があります。

推奨処置 このメッセージが継続して表示される場合は、メモリーのアップグレードが必要になる可能性があります。

エラー メッセージ CWTLC_QOS-3-MISC: [chars]: [chars] [dec] \n

説明 OSM で、メッセージに示されたソフトウェア エラー イベントが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ CWTLC_QOS-3-WRED_CLASS_INDEX_NOT_FOUND: sub-class limit has exceeded\n

説明 OSM では、8 個の CS、12 個の AF、1 個の EF、およびユーザ定義の 8 個の DSCP 値からなる 29 個の WRED クラスのみサポートされます。

推奨処置 OSM 上の WRED 設定に関する詳細については、テクニカル マニュアルを参照してください。

CWTLC_QOS-4

エラー メッセージ CWTLC_QOS-4-STATS_CLASS_INFO_INVALID: Stats process found invalid class_info [[hex]], stat_type [[hex]] caller_pc [[hex]] caller_pc1 [[hex]].\n

説明 OSM で、無効なクラス データが検出されました。この状態は、ポリシー マップが変更されて OSM に更新が伝播されるときに一時的に発生します。

推奨処置 このメッセージが継続して表示される場合は、hw-module module reset コマンドを使用して LC をリセットしてください。

CWTLC_RPメッセージ

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータ WAN トースタ ベース モジュール RP(CWTLC_RP)メッセージについて説明します。

CWTLC_RP-3

エラー メッセージ CWTLC_RP-3-TMEM_IMPROPER_SEL: Improperly nested PXF [int] memory select/deselect at nested level [int]. Value stored with select ([hex]) does not match the value passed with deselect ([hex])

説明 最後に PXF を選択したあとに、選択が解除されていません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

DFP メッセージ

ここでは、Dynamic Feedback Protocol(DFP)メッセージについて説明します。

DFP-4

エラー メッセージ DFP-4-ENQUEUE: Process enqueue failed: [chars]

説明 DFP エレメントのエンキュー中に、予期しないエラーが発生しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

DHCP Snooping メッセージ

ここでは、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)メッセージについて説明します。

DHCP_SNOOPING-4

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-4-AGENT_OPERATION_FAILED: DHCP snooping binding transfer failed. [chars]

説明 データベースの転送に失敗したときのエラーの理由を示しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-4-AGENT_OPERATION_FAILED_N: DHCP snooping binding transfer failed([dec]). [chars]

説明 データベースの転送に失敗したときのエラーの理由を示しています。このログ メッセージはレートが制限されています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-4-DHCP_SNOOPING_ERRDISABLE_WARNING: DHCP Snooping received [dec] DHCP packets on interface [chars]

説明 DHCP スヌーピングで、特定のインターフェイス上の DHCP パケット レート制限違反が検出されました。インターフェイスは errdisable になります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-4-IP_SOURCE_BINDING_PVLAN_WARNING: IP source filter may not take effect on secondary vlan [dec] where IP source binding is configured. [chars]

説明 プライベート VLAN 機能がイネーブルの場合、プライマリ VLAN の IP ソース フィルタはすべてのセカンダリ VLAN に自動的に伝播されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-4-QUEUE_FULL: Fail to enqueue DHCP packet into processing queue: [chars], the queue is most likely full and packet will be dropped.

説明 DHCP スヌーピング プロセスが処理できるよりはるかに速い速度で CPU に DHCP パケットが受信しています。処理されなかった DHCP パケットは、システムを DoS 攻撃(サービス拒絶攻撃)から防ぐためにドロップされます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

DHCP_SNOOPING-6

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-6-AGENT_OPERATION_SUCCEEDED: DHCP snooping database [chars] succeeded.

説明 指定されたバインディングが正常に転送されました。このメッセージは、スイッチに何らかの障害が発生したあと、スイッチがその障害から回復したことを示すために 1 回だけ記録されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-6-BINDING_COLLISION: Binding collision. [dec] bindings ignored

説明 データベース ファイルからファイルが読み取られたときに、指定された数のバインディングが無視されました。バインディングが無視された理由は、無視されたバインディングがデータベース ファイルから読み取られた時点までに、システムは指定された MAC アドレスと VLAN の組み合わせのバインディングを所有していたからです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-6-INTERFACE_NOT_VALID: Interface not valid. [dec] bindings ignored.

説明 データベース ファイルからファイルが読み取られたときに、指定された数のバインディングが無視されました。バインディングが無視された理由は、無視されたバインディングが示しているインターフェイスが、システムに存在しないか、またはルータあるいは DHCP スヌーピングの信頼されるポートだったからです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-6-LEASE_EXPIRED: Lease Expired. [dec] bindings ignored.

説明 データベース ファイルからファイルが読み取られたときに、指定された数のバインディングが無視されました。バインディングが無視された理由は、リースが期限切れになったからです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-6-PARSE_FAILURE: Parsing failed for [dec] bindings.

説明 データベース ファイルからファイルが読み取られたときに、指定された数のバインディングが無視されました。バインディングが無視された理由は、解析に失敗したからです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCP_SNOOPING-6-VLAN_NOT_SUPPORTED: Vlan not supported. [dec] bindings ignored.

説明 データベース ファイルからファイルが読み取られたときに、指定された数のバインディングが無視されました。バインディングが無視された理由は、該当するバインディングが示している VLAN がすでにシステムに存在しないからです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

DHCPV6C メッセージ

ここでは、DHCP バージョン 6(DHCPV6C)メッセージについて説明します。

DHCPV6C-3

エラー メッセージ DHCPV6C-3-NOPACKET: Cannot setup or duplicate a socket packet

説明 システム内にリソースの問題がある場合に表示されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ DHCPV6C-3-NOSOCKET: Cannot create DHCPv6 client socket

説明 任意のインターフェイスでIP がイネーブルになったか、システム内にリソースの問題があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

DHCPV6S メッセージ

ここでは、DHCP バージョン 6 サーバ(DHCPV6S)メッセージについて説明します。

DHCPV6S-3

エラー メッセージ DHCPV6S-3-DBNOTLOADED: Binding database not loaded

説明 システムが DHCPv6 バインディング データベースのロードに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ DHCPV6S-3-DBOPEN: Openning [chars]: [chars]

説明 システムが DHCPv6 バインディング データベースのオープンに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ DHCPV6S-3-DBREAD: Reading file: [chars]

説明 システムが DHCPv6 バインディング データベースの読み取りに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ DHCPV6S-3-DBWRITE: Writing file: [chars]

説明 システムが DHCPv6 バインディング データベースの書き込みに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ DHCPV6S-3-NOPACKET: Cannot setup or duplicate a DHCPv6 server socket packet

説明 システムのリソースに問題があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

DIAGメッセージ

ここでは、診断テスト(DIAG)メッセージについて説明します。

DIAG-3

エラー メッセージ DIAG-3-ALWAYS_ENABLE_TEST: [chars]: The users are not allow to disable monitoring for Test #[dec]

説明 指定されたヘルス モニタリング テストを実行する必要があるため、ディセーブルにはできません。

推奨処置 対処不要です。このヘルス モニタリング テストはディセーブルにできないようになっています。システムは正常に動作しています。

エラー メッセージ DIAG-3-FIXED_INTERVAL_TEST: [chars]: The users are not allow to change monitoring interval of Test #[dec]

説明 指定されたヘルス モニタリング テストの間隔はユーザ設定可能ではないので、変更できません。

推奨処置 指定されたヘルス モニタリング テストの間隔はユーザ設定可能になっていないので、間隔を変更する方法はありません。

エラー メッセージ DIAG-3-INVALID_DEVICE: Invalid device number : [chars]

説明 存在しないデバイスで診断が要求されました。

推奨処置 指定されたデバイス番号(1 ベース)が存在していて、有効であることを確認してください。

エラー メッセージ DIAG-3-INVALID_MONITORING_INTERVAL: [chars]: The [chars][ID=[dec]] monitoring interval must be at least [dec] millisec

説明 指定されたテスト モニタリング間隔は短すぎます。

推奨処置 システムは正常に稼働しています。対処は不要です。より短いテスト間隔を指定したい場合、エラー メッセージのテキストに、指定されたモニタリング間隔に設定可能な最小値が表示されています。

エラー メッセージ DIAG-3-MONITOR_DISABLE: [chars]: The monitoring test:[dec] is disable since default interval is Zero

説明 ヘルス モニタリングがディセーブルになっているので、指定されたテストはヘルス モニタリング テストではありません。

推奨処置 システムは正常に稼働しています。対処は不要です。指定されたテストをヘルス モニタリング テストにしたい場合は、ヘルス モニタリングをイネーブルにして、ヘルス モニタリング テストとしてそのテストをイネーブルにします。

エラー メッセージ DIAG-3-MONITOR_INTERVAL_ZERO: [chars]: Monitoring interval is 0. Cannot enable monitoring for Test #[dec]

説明 テスト間隔がゼロに設定されているので、指定されたテストのヘルス モニタリングをイネーブルにできません。

推奨処置 指定されたヘルス モニタリング テストを実行しなくてもよい場合は、対処不要です。ヘルス モニタリング用に指定のテストをイネーブルにしたい場合は、間隔をゼロ以外の数に設定しなおしてください。

エラー メッセージ DIAG-3-NOT_MONITORING_TEST: [chars]: The test:[dec] cannot be used as health monitoring test

説明 指定されたテスト番号は、ヘルス モニタリング テストとして使用できません。

推奨処置 何も必要ありません。システムは正常に稼働しています。指定されたテストはヘルス モニタリング テストとして設定できません。

エラー メッセージ DIAG-3-TEST_SKIPPED: [chars]: [chars]{ID=[dec]} is skipped

説明 指定された診断テストは、実行できません。

推奨処置 対処不要です。テストは実行できませんが、問題を意味するわけではありません。

DIAG-6

エラー メッセージ DIAG-6-SCHEDULE_IS_REMOVED: [chars]: Schedule Diagnostic for [[chars] [chars] [dec]:[dec].] is removed

説明 スケジューリングされていたオンライン診断テストが設定からなくなりました。このメッセージは通常、スケジューリングされていたテストをユーザが削除したか、カードがシャーシから取り外された場合に表示されます。

推奨処置 スケジューリングされていたテストを削除したい場合は、対処不要です。予定されていたテストをそのまま実行したい場合は、テストを再設定してください。

エラー メッセージ DIAG-6-SKIP_ONDEMAND_ACTIVE_TO_STANDBY_TEST: [chars]: [chars] cannot be executed.

説明 スタンバイ スーパーバイザをテストするために指定されたテストを実行できるのは、アクティブ スーパーバイザのみです。

推奨処置 対処不要です。テストは実行できませんが、システムは正常に動作しています。

エラー メッセージ DIAG-6-TEST_SKIPPED_FROM_ACTIVE: [chars]: [chars] cannot be executed from active supervisor.

説明 指定されたテストは、アクティブ スーパーバイザからは実行できません。

推奨処置 対処不要です。テストは実行できませんが、システムは正常に動作しています。

DOT1X メッセージ

ここでは、IEEE(米国電気電子学会)802.1x(DOT1X)メッセージについて説明します。

DOT1X-5

エラー メッセージ DOT1X-5-DROP_MAC: Disallowed MAC address [enet] trying to authenticate.

説明 802.1x を使用した認証は、MAC アドレス テーブルに MAC アドレスがドロップ エントリとして設定されているホストには許可されていません。

推奨処置 このホストのアクセスを許可する場合は、該当するドロップ エントリを削除します。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_PVLAN: Dot1x cannot be enabled on private vlan port [chars]

説明 プライベート VLAN ポート上で dot1x をイネーブルにできませんでした。この状態は、プライベート VLAN ポート上の dot1x ポート制御を auto モードに設定しようとすると発生します。

推奨処置 ポートを access モードまたは routed モードに変更し、もう一度ポート上で dot1x をイネーブルにします。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_PVLAN_EQ_VVLAN: Dot1x can not be enabled on port [chars] with Access VLAN equal to Voice VLAN.

説明 アクセス VLAN が音声 VLAN と同じなので、ポートで dot1x をイネーブルにできませんでした。この状態は、音声 VLAN とアクセス VLAN が同じポート上で、dot1x ポート制御を auto モードまたは force-unauthorized(Force_unauth)モードに設定しようとすると発生します。この設定は許可されていません。

推奨処置 インターフェイス上の音声 VLAN またはアクセス VLAN を変更し、dot1x の操作をやり直してください。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_PVLAN_TRUNK: Dot1x can not be enabled on private VLAN trunk ports.

説明 dot1x とプライベート VLAN トランキングは、同じポート上に共存できません。

推奨処置 VLAN トランキングと dot1x が同じポート上に設定されないように設定を変更します。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_RADIUSVLAN_EQ_VVLAN: RADIUS attempted to assign a VLAN to Dot1x port [chars] whose Voice VLAN is same as AccessVlan

説明 アクセス VLAN と音声 VLAN が同じポート上で、RADIUS サーバがサプリカントに VLAN を割り当てようとしました。

推奨処置 アクセス VLAN と音声 VLAN が同じ割り当てにならないように RADIUS 設定を変更するか、このポート上の音声 VLAN を変更してください。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_STATIC_MAC: Dot1x can not be enabled on port [chars] configured with Static MAC addresses.

説明 スタティック MAC アドレスが設定されているポート [chars] 上で、dot1x をイネーブルにできませんでした。この状態は、スタティック MAC アドレスが設定されているポート上で、dot1x ポート制御を auto モードまたは force-unauthorized(Force_unauth)モードに設定しようとすると発生します。この設定は許可されていません。

推奨処置 インターフェイスのスタティック MAC アドレスを削除して、dot1x の操作をやり直してください。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_INTERNAL: The VLAN [dec] is being used internally and cannot be assiged for use on the Dot1x port [chars] Vlan

説明 VLAN は内部で使用されているので、このポート上で使用するために再度割り当てることはできません。

推奨処置 この VLAN を使用しないように設定を変更してください。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_INVALID: The VLAN [dec] is invalid and cannot be assiged for use on the Dot1x port [chars] Vlan

説明 指定された VLAN は範囲外なので、このポート上で使用するために割り当てることはできません。

推奨処置 設定を変更して有効な VLAN を使用してください。

エラー メッセージ DOT1X-5-ERR_VLAN_RESERVED: The VLAN [dec] is a reserved vlan and cannot be assiged for use on the Dot1x port [chars] Vlan

説明 指定された VLAN は予約 VLAN なので、このポート上で使用するために割り当てることはできません。

推奨処置 この VLAN を使用しないように設定を変更してください。

DTP メッセージ

ここでは、Dynamic Trunking Protocol(DTP)メッセージについて説明します。

DTP-5

エラー メッセージ DTP-5-DOMAINMISMATCH: Unable to perform trunk negotiation on port [chars] because of VTP domain mismatch.

説明 トランク ネゴシエーションに関係する 2 つのポートが、異なる VTP ドメインに属しています。トランキングは、関係するポートが同一の VTP ドメインに属している場合に限り可能です。

推奨処置 トランク ネゴシエーションに関係する 2 つのポートが同一の VTP ドメインに属するようにしてください。

EAP メッセージ

ここでは、Extensible Authentication Protocol(EAP)メッセージについて説明します。

EAP-2

エラー メッセージ EAP-2-PROCESS_ERR: [chars]

説明 ルータが EAP プロセスに関連する操作を実行できなくなるクリティカルな状態が発生しました。

推奨処置 デバイスをリロードします。

EAP-4

エラー メッセージ EAP-4-BADPKT: IP=[IP_address]| HOST=[chars]

説明 ルータは、指定したホストから無効または不正な形式の EAP パケットを受信しました。

推奨処置 指定したホストの EAP 操作を確認します。

EAP-6

エラー メッセージ EAP-6-MPPE_KEY: IP=[chars]| MPPE_RECV_KEY_LENGTH=[dec]

説明 ルータは、指定したホストの MPPE キーを受信しました。

推奨処置 対処は不要です。

EARLメッセージ

ここでは、Enhanced Address Recognition Logic(EARL)メッセージについて説明します。

EARL-2

エラー メッセージ EARL-2-PATCH_INVOCATION_LIMIT: [dec] Recovery patch invocations in the last 30 secs have been attempted. Max limit reached

説明 この 30 秒間に、許容最大回数に達するまで EARL 回復を試行しました。スイッチング モジュールは回復を試行せずにリセットされています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ EARL-2-SWITCH_BUS_IDLE: Switching bus is idle for [dec] seconds. The card grant is [dec]

説明 EARL は EARL バス上でパケットのスイッチングを行っていませんでした。回復メカニズムにより問題の解消が試行されます。問題を解消できない場合は、システムのリロードが発生します。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL-3

エラー メッセージ EARL-3-RESET_LC: Resetting module in slot [dec]. (Errorcode [dec])

説明 指定されたモジュールがクリティカル メッセージに応答しませんでした。この状態はハードウェア エラーを意味しますが、一時的なエラーの可能性もあります。エラーを解消するために、システムによってモジュールがリセットされました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

EARL-4

エラー メッセージ EARL-4-EBUS_SEQ_ERROR: Out of Sync error. Errorcode [hex]

説明 EARL はバス上で非同期状態を検出しました。回復メカニズムにより問題の解消が試行されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ EARL-4-NF_USAGE: Current Netflow Table Utilization is [dec]%

説明 Netflow テーブルの利用率が、プリセットされたしきい値割合を超えています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

EARL_ACL_FPGAメッセージ

ここでは、Enhanced Address Recognition Logic(EARL)ACL Field Programmable Gate Array(FPGA)(EARL_ACL_FPGA)メッセージについて説明します。

EARL_ACL_FPGA-2

エラー メッセージ EARL_ACL_FPGA-2-INTR_FATAL: EARL ACL FPGA : Non-fatal interrupt [chars]

説明 EARL ACL FPGA によって、予期しない重大な状態が検出されました。このメッセージは、ハードウェア障害または誤動作を意味します。問題を解消するために、システムのリロードが実行されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_ACL_FPGA-3

エラー メッセージ EARL_ACL_FPGA-3-INTR_WARN: EARL ACL FPGA : Non-fatal interrupt [chars]

説明 EARL ACL FPGA によって、予期しない重大な状態が検出されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_ACL_FPGA-4

エラー メッセージ EARL_ACL_FPGA-4-CPU_PAR_ERR: EARL ACL FPGA : CPU Parity error [chars]

説明 EARL ACL FPGAによって、CPU パリティ エラーが検出されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_ACL_FPGA-4-MEM_PAR_ERR: EARL ACL FPGA: Counter Memory Parity error. Error address [hex]

説明 EARL ACL FPGAによって、メモリ パリティ エラーが検出されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_DRV_APIメッセージ

ここでは、Enhanced Address Recognition Logic(EARL)ドライバAPI(EARL_DRV_API)メッセージについて説明します。

EARL_DRV_API-0

エラー メッセージ EARL_DRV_API-0-TASK_SPAWN_FAIL: Failed to spawn task "[chars]"

説明 生成タスクを実行できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_DRV_API-2

エラー メッセージ EARL_DRV_API-2-SIG_INST_FAIL: [chars]: Failed to install signal handler

説明 システムは、プロセス シグナル ハンドラをインストールできませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_DRV_API-4

エラー メッセージ EARL_DRV_API-4-NOMEM: Malloc failed: [chars] [dec]

説明 システムはメモリを使い果たしました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_L2_ASICメッセージ

ここでは、Enhanced Address Recognition Logic(EARL)レイヤ 2 ASIC(EARL_L2_ASIC)メッセージについて説明します。

EARL_L2_ASIC-0

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-0-EXCESSIVE_FT_TBL_ECC_ERR: EARL L2 ASIC [dec]: Too many bad entries in L2 Forwarding Table

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、フォワーディング テーブルに大量のエラーが検出されました。これはハードウェアの誤動作を意味し、システムのリロードが行われます。

推奨処置 この問題が繰り返し発生した場合は、ハードウェア不良の可能性があります。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-0-FATAL_INTR: L2 Forwarding Engine: fatal interrupt: interrupt status [he interrupt mask [hex]

説明 システム転送が停止した可能性のあるクリティカルな割り込みが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_L2_ASIC-2

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-2-PARITY_ERR: L2 Forwarding Engine: parity interrupt #[dec]: address [hex], Data: [hex], [hex], [hex], [hex]

説明 レイヤ 2 フォワーディング テーブルのアクセス中に、パリティ エラーが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_L2_ASIC-3

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-3-INTR_FATAL: EARL L2 ASIC [dec]: fatal interrupt [chars]

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、予期しない重大な状態が検出されました。このメッセージは、ハードウェア障害または誤動作を意味します。問題を解消するために、システムのリロードが行われます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-3-INTR_WARN: EARL L2 ASIC [dec]: Non-fatal interrupt [chars]

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、予期しない非重大な状態が検出されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_L2_ASIC-4

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-DBUS_HDR_ERR: EARL L2 ASIC #[dec]: Dbus Hdr. Error occurred. Ctrl1 [hex]

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、DBUS に無効なヘッダーが検出されました。このエラーの原因は、ハードウェア障害、スイッチング モジュール ソフトウェアの誤設定、または活性挿抜操作が原因でドロップされた無効なパケットです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-DBUS_SEQ_ERR: EARL L2 ASIC #[dec]: Dbus Seq. Error occurred (Ctrl1 [hex])

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、DBUS シーケンスの不一致エラーが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-FT_ERR: EARL L2 ASIC [dec]: Forwarding table bank [dec] encountered [chars] ecc error at address [hex]

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、フォワーディング テーブルのバンクの 1 つで非重大な状態が検出されました。フォワーディング テーブルのバンクおよびアドレスは、エラー メッセージに示されています。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-FT_INVLD_ADDR: Forwarding table bank [dec] encountered invalid address [hex]

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、SE または CPU がフォワーディング テーブルの無効なアドレスをアクセスしようとしていることが検出されました。各行には 12 ページ(0 ~ 11)しかないので、12 ~ 15 のページに対するアクセスは無効になります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-INTR_THROTTLE: Throttling "[chars]" interrupt exceeded permitted [int]/[dec] interrupts/msec

説明 EARL ASIC が過剰な割り込みを生成しました。割り込みスロットリングが、スーパーバイザを安全に保つために実行されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-INV_REG: EARL L2 ASIC: Attempt to [chars] invalid register [hex]

説明 EARL レイヤ 2 ASIC の無効なレジスタに対して、読み取りまたは書き込みが試行されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-L2L3_SEQ_ERR: EARL L2 ASIC #[dec]: L2L3 Mismatch seq #[hex]

説明 EARL レイヤ 2 ASIC によって、L2-L3 シーケンスの不一致エラーが検出されました。回復メカニズムによって問題の解消が試行されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L2_ASIC-4-SRCH_ENG_FAIL: EARL L2 ASIC Search Engine has failed

説明 EARL レイヤ 2 ASIC 検索エンジンは、検索を終了できませんでした。回復メカニズムによって予期しない状態が解消されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_L3_ASICメッセージ

ここでは、Enhanced Address Recognition Logic(EARL)レイヤ 3 ASIC(EARL_L3_ASIC)メッセージについて説明します。

EARL_L3_ASIC-3

エラー メッセージ EARL_L3_ASIC-3-INTR_FATAL: EARL L3 ASIC: fatal interrupt [chars]

説明 EARL レイヤ 3 ASIC によって、予期しない重大な状態が検出されました。このメッセージは、ハードウェア障害または誤動作を意味します。問題を解消するために、システムのリロードが実行されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L3_ASIC-3-INTR_WARN: EARL L3 ASIC: Non-fatal interrupt [chars]

説明 EARL レイヤ 3 ASIC によって、予期しない非重大な状態が検出されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_L3_ASIC-4

エラー メッセージ EARL_L3_ASIC-4-CPU_PAR_ERR: EARL L3 ASIC: CPU Parity error. Error data [hex]. Error address [hex]

説明 EARL レイヤ 3 ASIC によって、CPU パリティ エラーが検出されました。これは、CPU とレイヤ 3 ASIC 間の Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)エラーが原因です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_L3_ASIC-4-INTR_THROTTLE: Throttling "[chars]" interrupt exceeded permitted [int]/[dec] interrupts/msec

説明 EARL ASIC が過剰な割り込みを生成しました。割り込みスロットリングが、スーパーバイザを安全に保つために実行されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_NETFLOW

ここでは、Enhanced Address Recognition Logic(EARL)NetFlow(EARL_NETFLOW)メッセージについて説明します。

EARL_NETFLOW-0

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-0-NF_ECC_MAX: Netflow ECC Error Threshold Reached, Total Ecc Errors [[dec]]

説明 NetFlow ECC エラーの総数が最大しきい値を超えました。NetFlow ECC エラーの最大許容数は 5000 です。クラッシュ ダンプが実行され、システムは動作不能になります。show tech-supportコマンドの出力も表示されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_NETFLOW-3

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-3-NF_ECC_RSRV: Netflow ECC Error Occured, Reserved NF location [[hex]]

説明 NetFlow TCAM エントリあたりの ECC エラー数が最大しきい値を超えました(3 つ以上の ECC エラー)。NetFlow TCAM ロケーションに予約済みのマークが付き、使用できなくなっている可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-3-NF_ECC_SOFT_MAX: Too many Netflow ECC errors have occurred, Total Ecc Errors [[dec]]

説明 NetFlow ECC エラーの総数がソフト限界値を超えました。NetFlow ECC エラーのソフト限界値は 2500、ハード限界値は 5000 です。ハード限界値に達すると、カードはリブートします。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_NETFLOW-4

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-4-ICAM_THRLD: Netflow ICAM threshold exceeded, ICAM Utilization [[dec]%]

説明 NetFlow ICAM がほぼ満杯です。アグレッシブ エージングが一時的にイネーブルになっています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-4-NF_AGG_CACHE_THR: Netflow [chars] aggregation cache is almost full.

説明 NetFlow のアグリゲーション キャッシュがほぼ満杯です。その結果、CPU の負荷が高くなる可能性があります。

推奨処置 アグリゲーション キャッシュ サイズを拡張するか、またはエラー メッセージに示されたアグリゲーション キャッシュの設定を削除することを検討してください。

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-4-NF_FULL: Netflow Table Full, ICAM occupancy [[dec]%], TCAM occupancy [[dec]%], Entry creation failures [[dec]]

説明 NetFlow テーブルが満杯です。原因として、ハッシュの誤動作が考えられます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-4-TCAM_THRLD: Netflow TCAM threshold exceeded, TCAM Utilization [[dec]%]

説明 NetFlow TCAM がほぼ満杯です。アグレッシブ エージングが一時的にイネーブルになっています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EARL_NETFLOW-5

エラー メッセージ EARL_NETFLOW-5-NF_ECC_REMOVE: Netflow ECC Error Occured, Deleted NF entry [[hex]]

説明 NetFlow ECC エラーが発生しました。新しいエントリが作成されるように、指定されたアドレスで、影響を受けた NetFlow エントリが削除されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EC メッセージ

ここでは、EtherChannel(EC)メッセージについて説明します。

EC-5

エラー メッセージ EC-5-COMPATIBLE: [chars] is compatible with port-channel members

説明 指定されたポートは以前、動作可能ではありませんでした。このポートの属性がポート チャネルの属性またはポート チャネル内のポートの属性と異なっていたことが原因です。現在システムは、指定されたポートの属性がポート チャネルの属性と一致することを検出しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ EC-5-MINLINKS_MET: Port-channel [chars] is up as its bundled ports ([dec]) meets min-links

説明 管理設定の最小リンク数はバンドル ポートの数以下です。そのため、このポート チャネルはアップ状態になりました。

推奨処置 なし

エラー メッセージ EC-5-MINLINKS_NOTMET: Port-channel [chars] is down bundled ports ([dec]) doesn't meet min-links

説明 管理設定の最小リンク数はバンドル ポートの数を上回っています。そのため、このポート チャネルがダウン状態になりました。

推奨処置 このグループの最小リンク数の設定を減らすか、このポート チャネルにさらにポートを追加してバンドルします。

EMメッセージ

ここでは、Event Manager(EM)メッセージについて説明します。

EM-3

エラー メッセージ EM-3-EXCEED: EM exceed maximum open events ([dec]).

説明 オープン イベントの総数がその許容最大数を超えました。EM サーバの許容最大数は、エラー メッセージに表示されます。EM クライアントが、過剰な数のイベントを開いたか、許可された時間内にイベントを閉じなかったことが原因です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show em state | inc コマンドを入力します。

エラー メッセージ EM-3-FAIL: The specified EM Function failed ([chars]).

説明 指定した EM 機能が動作しませんでした。この状態は、不正なロジックまたはメモリの破損が原因で生じることがあります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show em stateコマンドおよびshow em statusコマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートがエラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EM-3-NOMEM: The EM failed to allocate memory resources for the specified EM function ([chars]).

説明 メモリの残量が少ないため、EM は指定された機能にメモリ リソースを割り当てることができませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show memory summaryコマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートがエラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EM-3-NULLPTR: The pointer in a specified EM function ([chars]) is incorrectly NULL.

説明 指定した EM 機能内のポインタが、不正にヌルになっています。この状態は、不正なロジックまたはメモリの破損が原因で生じることがあります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show em stateコマンドおよびshow em statusコマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートがエラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

EM-4

エラー メッセージ EM-4-AGED: The specified EM client ([chars] type=[dec], id=[dec])\n did not close the EM event within the permitted amount of time ([dec] msec).

説明 タイムアウトが発生しました。この状態はマイナーで、スイッチの機能には影響しません。

推奨処置 このメッセージはスイッチの機能には影響しませんが、ソフトウェアのバグの兆候の可能性があります。シスコの Web サイトの Bug Toolkit を使用して、このメッセージと関連するバグがないかどうかを確認してください。バグが見つからない場合は、TAC に問い合わせ show em client コマンドの出力を提出してください。

エラー メッセージ EM-4-INVALID: The specified EM function ([chars]) received Invalid operands <[dec]>.

説明 EM クライアントが無効な API パラメータを使用しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show em stateコマンドおよびshow em statusコマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートがエラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EM-4-LIMIT: EM exceed open events limit ([dec]).

説明 EM がオープン イベントの許容数を超えました。オープン イベントの上限は 5000 です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EM-4-NOTUP: The EM is not available ([chars]).

説明 基本的な初期化に失敗したため、EM は使用できません。この状態は、基本インフラストラクチャ機能の障害またはメモリ破損が原因で生じることがあります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show em stateコマンドおよびshow em statusコマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートがエラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EM-4-SEARCH: The EM function ([chars]) searched for the specified open event ([dec]), but the search failed.

説明 指定された EM 機能は、指定されたオープン イベントを見つけることができませんでした。この状態は、メモリ破損が原因で生じることがあります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show em stateコマンドおよびshow em statusコマンドを入力し、シスコのテクニカル サポートがエラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EM-4-SENDFAILED: The specified EM client (type=[dec]) failed to send messages to standby.

説明 指定された EM クライアントがスタンバイ スーパーバイザ エンジンにメッセージを送信できなかったために、スタンバイ スーパーバイザ エンジンは更新されていません。スタンバイ スーパーバイザ エンジンにフェールオーバーを試行しないでください。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show checkpoint clients コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

ENT_ALARM メッセージ

ここでは、エンティティ MIB アラーム(ENT_ALARM)メッセージについて説明します。

ENT_ALARM-3

エラー メッセージ ENT_ALARM-3-NOALARMENT: [chars]

説明 アラーム条件の設定が可能なエンティティは、すべて Cisco IOS ソフトウェアのアラーム サブシステムに登録する必要があります。Cisco IOS ソフトウェアのアラーム サブシステムへの通常登録に失敗しました。1 つ以上のエンティティが登録できていません。メッセージ テキストには、登録できなかったアラーム エンティティが示されています。メッセージ テキストに示されたエンティティに対するアラーム条件があっても、それらは報告されないことに注意してください。メッセージ テキストに示されたエンティティがエラー状態にあるという意味ではありません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

ENT_ALARM-6

エラー メッセージ ENT_ALARM-6-INFO: [chars] [chars] [chars] [chars] [chars]

説明 アラームのアサーションまたはデアサーションを通知するメッセージです。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

EOBC メッセージ

ここでは、イーサネット帯域外チャネル(EOBC)メッセージについて説明します。

EOBC-0

エラー メッセージ EOBC-0-EOBC_JAM_FATAL: [chars] in slot [dec] is jamming the EOBC channel. It has been disabled. [chars]

説明 プライマリ スーパーバイザ EOBC ハードウェアが故障しています。引き継ぐためのスタンバイ スーパーバイザがありません。そのため、スイッチはシャットダウンされました。

推奨処置 エラー メッセージに示されたスロットのスーパーバイザをただちに交換してください。

EOBC-2

エラー メッセージ EOBC-2-EOBC_JAM: EOBC channel is jammed. Attempting to diagnose the source of the problem and recover if possible.

説明 EOBC チャネルに問題があるため、SP はシステム内の他のプロセッサと通信できません。この問題は、スーパーバイザの EOBC ハードウェアの故障、またはスイッチング モジュールで EOBC チャネルへのコネクタに不良が原因の可能性があります。SP は自動的に回復を試行します。さらにメッセージが表示されて、自動回復の完了が通知されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ EOBC-2-EOBC_JAM_RECOVERED: [chars] in slot [dec] is jamming the EOBC channel. It has been disabled. [chars]

説明 指定されたモジュールのハードウェアが故障しているため、スイッチの動作に悪影響を及ぼしています。残りのモジュールは電源の再投入が行われて、オンラインになります。

推奨処置 エラー メッセージで指定されたスロットのモジュールをただちに交換してください。

EOS メッセージ

ここでは、EOS ASIC(EOS)メッセージについて説明します。

EOS-2

エラー メッセージ EOS-2-EOS_INIT_FAILURE: The EOS FPGA initialization failed due to [chars]

説明 ハードウェアに問題があるために、EOS FPGA を初期化できませんでした。この状態により、パケットがドロップされる可能性があります。

推奨処置 エラー情報を取得し、シスコのテクニカル サポートに連絡して交換用モジュールを入手してください。

エラー メッセージ EOS-2-INT: [chars]

説明 重大な割り込みが発生しました。その結果、デバイスが再初期化されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EOS-2-NULL_EOS_OBJECT: The EOS device object pointer is set to NULL

説明 EOS デバイス オブジェクトのメモリの場所が無効です。

推奨処置 EOS FPGA の動作はディセーブルであり、デバイス割り込みはマスクされています。

EOS-3

エラー メッセージ EOS-3-EOS_UNPAUSE_FAIL: EOS status register is [hex]

説明 EOS FPGA から Hyperion ASIC へのトラフィックの継続を試行しましたが、タイムアウトになりました。トラフィックが中断される可能性があります。

推奨処置 通常のトラフィック処理が再開されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたメッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EOS-3-QUEUE_ALLOC_FAILED: Failed to allocate queue in the EOS FPGA for SPA in bay ([dec])

説明 指定されたベイの SPA に EOS キューを割り当てることができませんでした。トラフィックが中断される可能性があります。

推奨処置 通常のトラフィック処理が再開されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたメッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EOS-4

エラー メッセージ EOS-4-EOS_WARN_INT: [chars]

説明 EOS FPGA が非重大な割り込みを受信しました。デバイスの通常動作には影響しません。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

EOS-5

エラー メッセージ EOS-5-PAUSE_FAIL: EOS status register is [hex]

説明 EOS FPGA から Hyperion ASIC へのトラフィックを一時停止しようとしましたが、タイムアウトになりました。EOS レジスタのステータス レジスタ値が現在 [hex] に示されています。この値によっては、トラフィックが中断される可能性があります。

推奨処置 通常のトラフィック処理が再開されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたメッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EOU メッセージ

ここでは、Extensible Authentication Protocol over UDP(EAoUDP)(EOU)メッセージについて説明します。

EOU-2

エラー メッセージ EOU-2-PROCESS_ERR: Router could not create a EAPoUDP process

説明 ルータは、EAoUDP プロセスを作成できませんでした。

推奨処置 デバイスをリロードします。

EOU-4

エラー メッセージ EOU-4-BAD_PKT: IP=[IP_address]| Bad Packet=[chars]

説明 ルータは、指定したホストから無効または不正な形式の EAP パケットを受信しました。

推奨処置 指定したホストの EAP 動作を確認します。

エラー メッセージ EOU-4-MSG_ERR: Unknown message event reveived

説明 EOU 認証プロセスは不明なメッセージ イベント受信しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、デバイスをリロードします。

エラー メッセージ EOU-4-PROCESS_STOP: PROCESS=[chars]| ACTION=[chars].

説明 指定したプロセスが停止しました。

推奨処置 デバイスをリロードします。

エラー メッセージ EOU-4-SOCKET: EAPoUDP socket binding fails for PORT=[hex]. Check if the interface has valid IP address.

説明 EAPoUDP のポートを有効なインターフェイス アドレスにバインドできませんでした。

推奨処置 インターフェイスの IP アドレスがないためにこのエラーが発生した可能性があります。インターフェイスに正しい IP アドレスを設定します。

エラー メッセージ EOU-4-UNKN_EVENT_ERR: UNKNOWN Event for HOST=[IP_address]| Event=[dec].

説明 EAPoUDP プロセスの不明なメッセージです。

推奨処置 シスコのカスタマー サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ EOU-4-UNKN_PROCESS_ERR: An unknown operational error occurred.

説明 内部システム エラーのため、EOU プロセスが動作できません。

推奨処置 デバイスをリロードします。

エラー メッセージ EOU-4-UNKN_TIMER_ERR: An unknown Timer operational error occurred

説明 内部システム エラーのため、EOU プロセスが機能できません。

推奨処置 デバイスをリロードします。

エラー メッセージ EOU-4-VALIDATION: Unable to initiate validation for HOST=[IP_address]| INTERFACE=[chars].

説明 EAPoUDP は指定したホストのポスチャ確認を開始できませんでした。

推奨処置 EAPoUDP ポートをバインディングできないためにこのエラーが発生した可能性があります。

エラー メッセージ EOU-4-VERSION_MISMATCH: HOST=[IP_address]| Version=[dec]

説明 指定したホストによって、EAPoUDP バージョンの不一致が検出されました。

推奨処置 ピア間で EAPoUDP バージョンに互換性がないことを伝える警告メッセージです。各ピアの EAPoUDP バージョンを確認します。

EOU-5

エラー メッセージ EOU-5-RESPONSE_FAILS: Received an EAP failure response from AAA for host=[IP_address]

説明 ルータは AAA から EAP 障害応答を受信しました。ホストの証明書を確認できません。

推奨処置 AAA がホストの証明書を確認できないことが原因で、このエラーが発生している可能性があります。

EOU-6

エラー メッセージ EOU-6-AUTHSTATUS: [chars]|[IP_address]

説明 指定したホストの認証ステータス(成功、失敗)を示します。

推奨処置 これは AAA から戻された認証ステータスに関する通知メッセージです。対処は不要です。

エラー メッセージ EOU-6-AUTHTYPE: IP=[IP_address]| AuthType=[chars]

説明 指定したホストの認証タイプを示します。

推奨処置 指定したホストの認証タイプに関する通知メッセージです。対処は不要です。

エラー メッセージ EOU-6-CTA: IP=[IP_address]| CiscoTrustAgent=[chars]

説明 指定したホストで Cisco Trust Agent が検出されたかどうかを示します。

推奨処置 検出されない場合は、ホストに Cisco Trust Agent をインストールします。

エラー メッセージ EOU-6-IDENTITY_MATCH: IP=[IP_address]| PROFILE=EAPoUDP| POLICYNAME=[chars]

説明 ルータは、指定したホストを EAPoUDP アイデンティティ プロファイルで検出しました。これは、ホストとの EAPoUDP アソシエーションがなく、ローカル ポリシーが設定されている場合は、ローカル ポリシーが実施されることを意味します。

推奨処置 指定したホストを認証から除外したくない場合は、EAPoUDP アイデンティティ プロファイルからホストのエントリを削除します。

エラー メッセージ EOU-6-POLICY: IP=[IP_address]| [chars]=[chars]

説明 ルータは、指定したホストに実施するポリシー属性を AAA から受信しました。

推奨処置 これは通知メッセージです。対処は不要です。

エラー メッセージ EOU-6-POSTURE: IP=[IP_address]| HOST=[chars]| Interface=[chars]

説明 指定したホストのポスチャ確認ステータスを示します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ EOU-6-SESSION: IP=[IP_address]| HOST=[chars]| Interface=[chars]

説明 指定したインターフェイス上で、ホストのエントリが作成または削除されました。

推奨処置 これは通知メッセージです。対処は不要です。

エラー メッセージ EOU-6-SQ: IP=[IP_address]| STATUSQUERY|[chars]

説明 指定したホストのステータス クエリーの結果が取得できないか、または無効でした。

推奨処置 これは指定したホストのステータス クエリーの結果に関する通知メッセージです。対処は不要です。

EPLD_STATUS_OPEN メッセージ

ここでは、EPLD プログラミング ステータス ファイル データ プロセッシング(EPLD_STATUS_OPEN)メッセージについて説明します。

EPLD_STATUS_OPEN-4

エラー メッセージ EPLD_STATUS_OPEN-4-ERROR_ALLOC: Error: Can't allocate [dec] bytes for epld status data

説明 システムはファイル アクセスに必要なメモリを割り当てることができません。

推奨処置 システムのメモリ使用状況を確認して、操作をやり直してください。

エラー メッセージ EPLD_STATUS_OPEN-4-ERROR_OPEN: Error: Can't open [chars]

説明 システムは指定されたファイルを開くことができません。

推奨処置 ファイル名が正しいかどうかを確認します。dir コマンドを入力して、ファイル名を確認してください。

エラー メッセージ EPLD_STATUS_OPEN-4-ERROR_READ: Error: status file [chars] read failed

説明 システムがローカル バッファにステータス プログラム ファイルを読み込んでいるときに、不明なエラーが発生しました。

推奨処置 ファイルを削除して、もう一度コピーしてください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EPLD_STATUS_OPEN-4-ERROR_REMOVE: Error: status file [chars] remove failed

説明 システムが不揮発性メモリからステータス プログラム ファイルを削除しているときに、未知のエラーが発生しました。

推奨処置 手動でファイルを削除してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ EPLD_STATUS_OPEN-4-ERROR_SIZE: Error: Bad file size [chars]

説明 プログラミング ステータス ファイルとしては、ファイルが小さすぎるかまたは大きすぎます。

推奨処置 dir コマンドを入力して、ファイル サイズを確認します。操作をやり直します。

エラー メッセージ EPLD_STATUS_OPEN-4-ERROR_WRITE: Error: status file [chars] write failed

説明 システムが不揮発性メモリにステータス プログラム ファイルを書き込んでいるときに、未知のエラーが発生しました。

推奨処置 ファイルを削除して、もう一度コピーしてください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

ESF_CRASHINFO メッセージ

ここでは、拡張スーパ フレーム(Extended Super Frame)crashinfo(ESF_CRASHINFO)メッセージについて説明します。

ESF_CRASHINFO-2

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-CRASHINFO_BAD_REGION: Unable to initialize crashinfo data collection Unknown region type specified: [chars]

説明 指定した不明なリージョン タイプのエラー表示が原因で、crashinfo データ収集ファシリティを初期化できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-CRASHINFO_BAD_VENDOR_ID: Unable to initialize crashinfo data collection - the device vendor ID is invalid: [hex], should be: [hex]

説明 誤ったデバイス ベンダ ID が原因で、crashinfo データ収集ファシリティを初期化できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-CRASHINFO_COLLECTION_FAILED: Unable to collect ESF crashinfo data

説明 拡張スーパ フレーム crashinfo データの収集に失敗しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-CRASHINFO_DEV_IN_RESET: Unable to initialize crashinfo data collection - the device is still in reset: [chars]

説明 デバイスがリセット状態にあるため、crashinfo データ収集ファシリティを初期化できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-CRASHINFO_INIT_FAILED: Unable to initialize ESF crashinfo data collection: [chars]

説明 拡張スーパ フレーム crashinfo データ収集ファシリティを初期化できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-CRASHINFO_PCI_CMD_STAT: Unable to initialize crashinfo data collection PCI_CMD_STAT error indication: [hex]

説明 PCI_CMD_STAT エラー表示が原因で、crashinfo データ収集ファシリティを初期化できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-CRASHINFO_UNSUPPORTED_START_STR: Unable to initialize crashinfo data collection Start string symbol not supported: [chars]

説明 サポートされない開始ストリングが原因で、crashinfo データ収集ファシリティを初期化できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-INIT_FAILED: Unable to create crashinfo file, subsystem not properly initialized\n

説明 サブシステムの初期化が完了する前に、crashinfo データを生成しようとしました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-OPEN_FAILED: Unable to open crashinfo file [chars] ([dec])

説明 システムは、crashinfo データの収集に使用されるファイルをオープンできませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-WRITE_FAILED: Unable to write to crashinfo file [chars]: [chars]\n

説明 システムは、crashinfo データの収集に使用されるファイルをオープンできませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_CRASHINFO-2-WRITING_CRASHINFO: Writing crashinfo to [chars]

説明 crashinfo データが指定したファイルに生成されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

ESF_DRIVER メッセージ

ここでは、拡張スーパ フレーム(Extended SuperFrame)ドライバ(ESF_DRIVER)メッセージについて説明します。

ESF_DRIVER-2

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-CHECKSUM_FAILURE: Loading of the CPU code on [chars] failed due to checksum error

説明 拡張スーパ フレーム エンジンの CPU にコードがロードされると、コードは読み返されてチェックサムの計算が行われます。コードが CPU にロードされる前に読み取られたチェックサムと、コードがロードされたあとに読み取られたチェックサムとが一致しません。この状態は、拡張スーパ フレーム エンジンの Rambus RAM の障害を示しています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-FORWARDING_PROCESSOR_READ_FAILURE: Read of register address [hex] failed on [chars].

説明 ホスト プロセッサは、拡張スーパ フレーム エンジンの転送プロセッサ レジスタを読み取ろうとしました。このレジスタへの他のアクセスと衝突したため、何度かリトライしましたが読み取ることができませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-FORWARDING_PROCESSOR_WRITE_FAILURE: Write of register address [hex] failed on [chars].

説明 ホスト プロセッサは、拡張スーパ フレーム エンジンの転送プロセッサでレジスタを書き込もうとしました。このレジスタへアクセスしようとする他のメッセージと衝突したため、何度かリトライしましたが書き込むことができませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-PCI_BUS_ERROR: A PCI bus error occurred on [chars]: [chars] (addr=[hex]).

説明 ホスト プロセッサは PCI インターフェイスを使用して 拡張スーパ フレーム エンジンと通信します。PCI トランザクションの実行中にトランザクションが失敗し、これが原因となってホスト プロセッサのバス エラーが発生しました。メッセージ テキストに示されたアドレスは、PCI トランザクションのおおよそのアドレスです。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-PROD_ID_FAILURE: Retrieving the product id failed on [chars]

説明 ホスト プロセッサは、拡張スーパ フレーム エンジンの製品 ID レジスタを読み取ることができませんでした。この状態は、拡張スーパ フレーム エンジンの初期化に失敗した場合に発生します。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-RDRAM_INIT_FAILURE: RDRAM failed to init on [chars]: condition = [chars].

説明 Rambus DRAM の初期化中は、コードがレジスターをポーリングしてロック ビットを取得する間に何度か待機状態が発生します。これらのいずれかの待機状態が、タイム アウト時間を超過しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-RDRAM_SETUP_FAILURE: The initialization of the RDRAM failed on the [chars]

説明 Rambus DRAM を初期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-SRAM_SETUP_FAILURE: The initialization of the SRAM failed on the [chars]

説明 SRAM を初期化できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-START_FORWARDING_PROCESSOR_FAILURE: The starting of forwarding processor failed on the [chars]

説明 拡張スーパ フレーム エンジンのフォワーディング プロセッサを起動してからでないと、処理は開始できません。拡張スーパ フレーム エンジンの CPU は、フォワーディング エンジンの開始を支援します。フォワーディング エンジンの起動中にエラーが発生したことが CPU によって通知されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-UCODE_LOAD_FAILURE: The loading of microcode failed (rc=[dec]) on [chars]

説明 拡張スーパ フレーム エンジンの各転送エンジンにマイクロコードがロードされてからでないと、処理は開始することができません。拡張スーパ フレーム エンジンの CPU は、マイクロコードのロードを支援します。マイクロコードがロードされている間に、CPU によってエラーが通知されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-UNEXPECTED_PCI_DOORBELL_INT: Received an unexpected PCI interrupt ([dec]) from [chars] (mb0=[hex] mb1=[hex] mb2=[hex] mb3=[hex]

説明 拡張スーパ フレーム エンジンの CPU は、PCI インターフェイスを介し、割り込みレジスタのさまざまなビットを使用してホスト プロセッサと通信します。このエラーは、ホスト プロセッサがこれらのいずれかのビットを解釈できないことを意味しています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ ESF_DRIVER-2-UNKNOWN_VENDOR_ID: The vendor id ([hex]) of [chars] does not match any known vendor id.

説明 拡張スーパ フレーム エンジン上のベンダー ID が、メーカーの提供するベンダー ID と一致しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

ESF_IPC メッセージ

ここでは、拡張スーパ フレーム(Extended Super Frame)Interprocess Communications(IPC; プロセス間通信)(ESF IPC)メッセージについて説明します。

ESF_IPC-2

エラー メッセージ ESF_IPC-2-BAD_HANDLER_ID: An invalid handler ID was specified: [hex]\n

説明 無効なハンドラ ID が指定されました。ハンドラ ID には、IPC メッセージの送り先のスレッドも指定する必要があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-2-INVALID_ARGUMENT: An invalid argument was specified: [chars]

説明 IPC ライブラリ関数の 1 つに無効な引数が指定されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-2-PRINT_DATA_INDICATION_FAILED: An error occurred trying to process a PRINT DATA request: [hex] ([dec]:[dec]:[dec]): [chars] ([hex] [hex] [hex])

説明 スレッドからの PRINT DATA 要求の処理中にエラーが発生しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-2-SEND_MSG_TIMEOUT: IPC command timeout: [hex] [hex] [hex] [hex].

説明 IPC コマンドの発行先のスレッドが、必要な時間内に応答しませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-2-START_MSG_TIMEOUT: A timeout occurred waiting for the NP to register to support processing IPC commands.

説明 各 NP は起動したら、ただちに IPC 処理を登録する必要があります。指定された時間内に登録しなかった場合、初期化を完了させることができません。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-2-UNABLE_TO_ACCESS_ESF_MEMORY: Unable to access NP memory: [chars]

説明 NP メモリをアクセスしようとしてエラーが発生しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-2-UNABLE_TO_CREATE_MSG: Unable to create IPC message

説明 要求された IPC コマンドの処理に使用されるメッセージの作成に必要なリソースが不足しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-2-UNABLE_TO_SEND_MSG: Unable to send IPC message

説明 要求された IPC コマンドの処理に使用されるメッセージの送信に必要なリソースが不足しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

ESF_IPC-3

エラー メッセージ ESF_IPC-3-FATAL_ERROR_MSG: Fatal Error indication from [hex] ([dec]:[dec].[dec]): [chars]\n

説明 スレッドから重大なエラーが通知されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-3-NON_FATAL_ERROR_MSG: Error indication from [hex] ([dec]:[dec].[dec]): [chars]\n

説明 スレッドから非重大なエラーが通知されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-3-NON_FATAL_ERROR_MSG_ERROR: Error indication from [hex] ([dec]:[dec].[dec]): [hex] [hex] [hex]

説明 NP 上で実行されているスレッドから通知された非重大なエラーを処理しようとして、エラーが発生しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

ESF_IPC-6

エラー メッセージ ESF_IPC-6-PRINT_DATA_INDICATION: Print Data indication from [chars] - [hex] ([dec]:[dec].[dec]): [chars]\n

説明 特定のメモリ領域を表示することを NP スレッドから要求されました。これは通常、デバッグに使用されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ ESF_IPC-6-STATUS_UPDATE_MSG: Status update from [hex] ([dec]:[dec].[dec]): [hex]

説明 スレッドからステータス アップデートが通知されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

EVENT_TRACE メッセージ

ここでは、イベント トレース(EVENT_TRACE)メッセージについて説明します。

EVENT_TRACE-3

エラー メッセージ EVENT_TRACE-3-GROUP_ID: Duplicate registration of group-id [dec]

説明 ソフトウェア サブシステムは、他のサブシステムですでに使用されているイベント トレースのグループ ID を登録しようとしています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

EXFREE メッセージ

ここでは、外部メモリ マネージャ(EXFREE)メッセージについて説明します。

EXFREE-2

エラー メッセージ EXFREE-2-EXMEMFREE: Free a non allocated ptr [hex] size [dec].

説明 システムは、割り当て済みとしてマークされていないメモリを開放しようとしています。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ EXFREE-2-EXMEMINIT: EXMEM [dec]: [chars]

説明 要求された外部メモリ アロケータの初期化に失敗しました。原因は不明です。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ EXFREE-2-EXMEMLOCK: [chars] detected error ptr [hex] size [dec].

説明 すでにロックされているメモリの場所をロックしようとしたか、すでにアンロックされているメモリの場所をアンロックしようとしました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ EXFREE-2-EXMEMPARAM: Bad parameter ([dec]) when calling to the allocator utility

説明 割り当て中に不正なパラメータが使用されました。データが壊れている可能性があります。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ EXFREE-2-EXMEMRESET: EXMEM [dec]: [chars]

説明 要求された外部メモリ アロケータのリセットに失敗しました。原因は不明です。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

EXFREE-4

エラー メッセージ EXFREE-4-EXMALLOCFAIL: External memory allocation of [int] bytes failed from EXMEM [dec]

説明 指定したメモリ プールから必要なメモリ割り当てが使用できません。現在のシステム構成、ネットワーク環境、またはソフトウェア エラーが原因となって、ルータのメモリを使い果たしたか、メモリが断片化した可能性があります。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに連絡してください。

FABRIC メッセージ

ここでは、ファブリック(FABRIC)メッセージについて説明します。

FABRIC-3

エラー メッセージ FABRIC-3-DISABLE_FAB: The fabric manager disabled active fabric in slot [dec] due to the error ([dec]) on this channel (FPOE [dec]) connected to slot [dec]

説明 ファームウェアで深刻なファブリック エラーが検出され、ファブリック マネージャにそのエラーが通知されました。ファブリック マネージャは該当するアクティブなファブリックをディセーブルにしました。

推奨処置 ファブリック マネージャは、ファブリック チャネルを自動的に再同期化してエラーを回復します。ファブリック カードまたはスイッチング モジュールがバックプレーンにしっかり装着されていない場合に、この問題が発生する可能性があります。ファブリック モジュールおよびスイッチング モジュールをシャーシにしっかり装着してください。

エラー メッセージ FABRIC-3-ERRORS_DDRSYNC: Line card DDR channels sync error fpoe/slot [dec]/[dec].

説明 DDR チャネル A(B)での送信 FIFO オーバーランまたはアンダーランです。このエラーは、クロックの不一致を意味します。エラーが持続する場合は、ハードウェアが不良です。

推奨処置 システムが DDR チャネルとファブリック チャネルの再同期化を試行します。

FABRIC-4

エラー メッセージ FABRIC-4-LINECARDMODE_CFG_MISMATCH: Service module in the slot [dec] cannot pass traffic to the distributed etherchannel configured.

説明 指定されたスロットでのサービス モジュールのハードウェア制限のため、モジュールからのトラフィックは分散型 EtherChannel を設定通りに通過できません。

推奨処置 CLI の fabric switching-mode force busmode コンフィギュレーション コマンドを入力してサービス モジュールのスイッチング モードをバス モードにするか、影響を受けるモジュールのトラフィックが EtherChannel を通過しなくてもすむようにチャネルの設定を変更します。

エラー メッセージ FABRIC-4-SERVICEMOD_CHANGE_BUSMODE: The switching mode of service module in slot [dec] can be changed to its default as the distributed etherchannel config is removed.

説明 サービス モジュールのスイッチング モードは、CLI の no fabric switching-mode force busmode コンフィギュレーション コマンドを使用してデフォルトに戻すことができます。

推奨処置 config fabric switching-mode force busmode 設定を削除してください。

エラー メッセージ FABRIC-4-SUP_SWITCHOVER: Supervisor switchover from slot [dec] (error [dec])

説明 アクティブ スーパーバイザ エンジン ファブリック チャネルでエラーが発生しています。

推奨処置 スタンバイ スーパーバイザに自動的にスイッチオーバーします。

FABRIC-5

エラー メッセージ FABRIC-5-CANNOT_CLEAR_BLOCK: The fabric in slot [dec] cannot support clear-block feature.

説明 ユーザはブロック消去機能をイネーブルにしましたが、指定されたスロットのファブリックはこの機能をサポートしていません。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FABRIC-5-CLEAR_BLOCK: Clear block option is [chars] for the fabric in slot [dec].

説明 ファブリック マネージャが、すべてのファブリック チャネルのブロック消去機能のステータスを変更しました。ステータス(オンまたはオフ)はメッセージに表示されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FABRIC-5-ERRORS_BUFFER: In fabric slot [dec], memory buffer for fpoe/slot [dec]/[dec] is full.

説明 バッファ サイズがパケット サイズより小さいか、アップリンク バッファがファブリックからのフロー制御に対応できません。

推奨処置 ファブリックのメモリ構成を確認します。

エラー メッセージ FABRIC-5-ERRORS_TIMEOUT: Time out for input from fpoe/slot [dec]/[dec] to slot [dec].

説明 宛先スロットの問題が原因で、ファブリックの入力バッファのタイムアウトが発生しました。スイッチング モジュールを取り外すときには、この一時的なエラーが表示されます。エラーが続く場合は、カードのローカル バスがロックされている可能性があります。

推奨処置 エラーが続く場合は、宛先スロットのカードをリセットします。

エラー メッセージ FABRIC-5-LINECARDMODE_BUS_FORCED: The switching mode of module in slot [dec] is forced to bus-mode.

説明 ユーザが CLI の fabric switching-mode force busmode コンフィギュレーション コマンドを適用しました。

推奨処置 この設定が必要かどうかを確認してください。

FABRIC-6

エラー メッセージ FABRIC-6-TIMEOUT_ERR: Fabric in slot [dec] reported timeout error for channel [dec] (Module [dec], fabric connection [dec])

説明 ファブリック上のファームウェア コードが、入力または出力バッファが移動していないことを検出しました。この状態から回復するために、システムは自動的にファブリック チャネルを再同期化します。

推奨処置 ファブリック チャネルの再同期化を実行して、システムは自動的にこの状態から回復します。システムでこの状態が続く場合は、ファブリックとスイッチング モジュールのコンソールに直接接続し、エラーがファームウェアによって報告されているかどうかを確認します。

FIB メッセージ

ここでは、Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)メッセージについて説明します。

FIB-2

エラー メッセージ FIB-2-FIBRETRY_EXCEEDED: CEF table download to slot [dec] not performed as IPC port did not come up

説明 FIB を完全にダウンロードできませんでした。この状態により、スイッチング モジュールでハードウェア スイッチが機能しない可能性があります。

推奨処置 問題を解消するには、スイッチング モジュールをリセットする必要があります。

エラー メッセージ FIB-2-HW_IF_INDEX_ILLEGAL: Attempt to create CEF interface for [chars] with illegal index: [dec]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FIB-2-IF_NUMBER_ILLEGAL: Attempt to create CEF interface for [chars] with illegal if_number: [dec]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

FIB-3

エラー メッセージ FIB-3-FIB_STATS_ERROR: Internal Error - type [dec], slot [dec], total_len [dec], msg_len [dec], seg_len [dec]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

FIB-4

エラー メッセージ FIB-4-FIBNULLHWIDB: Missing hwidb for fibhwidb [chars] (ifindex [dec])

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ FIB-4-FIBNULLIDB: Missing idb for fibidb [chars] (if_number [dec]).

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ FIB-4-FIBRETRY_WARNING: IPC port for slot [dec] to become available for CEF table download (retried [dec] times)

説明 FIB テーブルのダウンロードが、エラー メッセージに示されている回数試行されましたが、失敗しました。

推奨処置 再試行の結果、FIB が正常にダウンロードされた場合は、対処不要です。正常に処理されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show ip cef inconsistency コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

FILESYS メッセージ

ここでは、ファイル システム(FILESYS)メッセージについて説明します。

FILESYS-5

エラー メッセージ FILESYS-5-CFLASH: Compact flash card [chars] [chars]

説明 ファイル システムのステータスが変わりました。メッセージに示された指示に従ってください。

FM メッセージ

ここでは、Feature Manager(FM)メッセージについて説明します。

FM-2

エラー メッセージ FM-2-ACL_MERGE_EXCEPTION: ACL merge internal error due to features configured on interface [chars] in [chars] direction, traffic may be switched in software

説明 内部エラーが原因で、このインターフェイスに設定された機能がマージを停止しました。このインターフェイスおよびこのインターフェイスと TCAM ラベルを共有しているインターフェイスのトラフィックは、この状況ではソフトウェアに送信されます。

推奨処置 インターフェイス上の 1 つまたは複数の機能を、定義し直して再適用するかまたは設定解除します。

エラー メッセージ FM-2-ACL_MERGE_NUM_ACES: ACL merge aborted due to number of ACEs threshold for features on interface [chars] in [chars] direction, traffic may be switched in software

説明 ACE マージの結果しきい値 64,000 に達したため、このインターフェイスに設定された機能によってマージが停止された可能性があります。このインターフェイスおよびこのインターフェイスと TCAM ラベルを共有しているインターフェイスのトラフィックは、この状況ではソフトウェアに送信されます。

推奨処置 インターフェイス上の 1 つまたは複数の機能を、定義し直して再適用するかまたは設定解除します。

エラー メッセージ FM-2-FIE_EXCEPTION: Feature interaction internal error due to features configured on interface [chars] in [chars] direction, traffic may be switched in software

説明 このインターフェイスに設定された機能が、機能の相互作用で内部エラーを引き起こしました。このインターフェイスおよびこのインターフェイスと TCAM ラベルを共有しているインターフェイスのトラフィックは、この状況ではソフトウェアに送信されます。

推奨処置 インターフェイス上の 1 つまたは複数の機能を、定義し直して再適用するかまたは設定解除します。

エラー メッセージ FM-2-FLOWMASK_CONFLICT: Features configured on interface [chars] have conflicting flowmask requirements, traffic may be switched in software

説明 このインターフェイスに設定された機能は、フローマスクが矛盾しています。このインターフェイスおよびこのインターフェイスと TCAM ラベルを共有するインターフェイスのトラフィックは、この状況では機能に適合しない可能性があります。この状況では、これらのインターフェイスのトラフィックはソフトウェアに送信されます。

推奨処置 1 つまたは複数の機能を定義し直して再適用するかまたは設定解除して、矛盾を回避してください。

エラー メッセージ FM-2-TCP_FLAG_HW_EXCEPTION: No VLOUs available for TC FLAGs for interface [chars] in [chars] direction: all features on the interface for the specified direction will be NOT effective

説明 TCP フラグで利用できる VLOUS はありません。この状態のため、ソフトウェアでは、インターフェイス上で設定されているすべての機能を処理できません。この例外の発生をユーザに通知するためにメッセージが示されています。ソフトウェアが処理できる機能はないので、すべてのトラフィックを許可するために例外エントリがプログラミングされます。

推奨処置 ハードウェア TCAM が処理できる論理演算は 1 つのインターフェイスで 9 まで、合計で最大 64 です。このエラーから回復するには、ソフトウェア(VACL など)で処理できない機能の ACL を計算し直して、TCP フラグを使用するエントリを他のエントリの前に移動するようにし、また全体として TCP フラグの使用数を減らします。

エラー メッセージ FM-2-TCP_FLAG_SW_EXCEPTION: No VLOUs available for TCP FLAGs on interface [chars] in [chars] direction: traffic will be software switched, features which are NOT processable in software will be NOT effective

説明 TCP フラグで利用できる VLOUS はありません。この状態のため、ソフトウェアでは、インターフェイス上で設定されている一部の機能を処理できません。この例外の発生をユーザに通知するためにメッセージが示されています。一部の機能はソフトウェア(VACL、RACLなど)で処理可能なので、この状況では例外エントリおよびこのインターフェイス上のトラフィックはソフトウェアに送信されます。

推奨処置 ハードウェア TCAM が処理できる論理演算は 1 つのインターフェイスで 9 まで、合計で最大 64 です。このエラーから回復するには、ソフトウェア(VACL など)で処理できない機能の ACL を計算し直して、TCP フラグを使用するエントリを他のエントリの前に移動するようにし、また全体として TCP フラグの使用数を最小限に抑えます。

FM-2

エラー メッセージ FM-4-FLOWMASK_REDUCED: Features configured on interface [chars] have conflicting flowmask requirements, some features may work in software

説明 このインターフェイスに設定された機能は、フローマスクが矛盾しています。このインターフェイスおよびこのインターフェイスと TCAM ラベルを共有しているインターフェイスのトラフィックは、この状況ではソフトウェアに送信されます。

推奨処置 1 つまたは複数の機能を定義し直して再適用するかまたは設定解除して、矛盾を回避してください。

エラー メッセージ FM-4-L2_DYN_TCAM_EXCEPTION: Failed to install Dynamic TCAM entry to filter Layer 2 traffic, error status: [dec], host IP address: [IP_address], interface: [chars]

説明 レイヤ 2 トラフィックをフィルタリングするために、ユーザ別ポリシーをダイナミック TCAM リージョンにインストールする際にエラーが発生しました。TACM が満杯か、ほかのエラーが原因になっている可能性があります。そのため、このホスト入力トラフィックはデフォルト インターフェイス ACL の影響を受けます。

推奨処置 TCAM リソースを使い果たしたので、レイヤ 2 IP トラフィックの ACE をダイナミックにインストールできませんでした。一部の TCAM リソースを解放してみます。

エラー メッセージ FM-4-L2EOU_INSP: INSPECION & L2EOU conflict on i/f [chars]

説明 検査機能と L2EOU 機能は同一の VLAN ポート上ではサポートされません。検査機能は非アクティブになります。検査機能をアクティブにするには、L2EOU 機能を削除してから再設定します。

推奨処置 このインターフェイスから L2EOU 機能または検査機能のいずれかを削除します。

エラー メッセージ FM-4-L2EOU_VACL: VACL Capture & L2EOU conflict on i/f [chars]

説明 VACL キャプチャと L2EOU 機能は同一の VLAN ポート上ではサポートされません。VACL キャプチャは非アクティブになります。VACL キャプチャをアクティブにするには、L2EOU 機能を削除してから再設定します。

推奨処置 このインターフェイスから L2EOU 機能または VACL キャプチャのいずれかを削除します。

エラー メッセージ FM-4-TCAM_ADJ: Hardware ACL adjacency capacity exceeded

説明 設定された隣接関係をすべて処理できるだけの容量がハードウェアにありません。

推奨処置 設定されたポリシーの隣接関係が多すぎて、ハードウェアに収まりません。mls tcam priority コマンドを使用して、ハードウェア スイッチング用のインターフェイスにプライオリティを設定します。ポリシーの隣接関係の数を減らします。

エラー メッセージ FM-4-TCAM_DYN_ENTRY_EXCEPTION: Failed to install Dynamic TCAM entry in TCAM for Interface:[chars]

説明 TCAM リソースを使い果たしたので、ACE をダイナミックにインストールできませんでした。レイヤ 3 トラフィックはソフトウェアで処理されます。

推奨処置 一部の TCAM リソースを解放してみます。

FMCORE メッセージ

ここでは、Core Feature Manager(FMCORE)メッセージについて説明します。

FMCORE-2

エラー メッセージ FMCORE-2-ACL_FAILURE: Interface [chars] traffic will not comply with ACLs in [chars] direction(s)

説明 TCAM リソースのコンテンションが原因で、このインターフェイスのトラフィックに ACL は適用されません。

推奨処置 設定された ACL が大きすぎるので、ハードウェア TCAM にすべてを収めることができません。mls tcam priority コマンドを使用して、ハードウェア スイッチング用にインターフェイスのプライオリティを設定します。TCAM リソース コンテンションを軽減するために、複数のインターフェイスで同じ ACL を試行して共有します。

エラー メッセージ FMCORE-4-RACL_REDUCED: Interface [chars] routed traffic will be software switched in [chars] direction

説明 TCAM リソース コンテンションが原因で、このインターフェイスについては ACL を TCAM に適用できません。このインターフェイスのトラフィックは、ACL を適用できるようにソフトウェアに送信されます。

推奨処置 設定された ACL が大きすぎるので、ハードウェア TCAM にすべてを収めることができません。mls tcam priority コマンドを使用して、ハードウェア スイッチング用にインターフェイスのプライオリティを設定します。TCAM リソース コンテンションを軽減するために、複数のインターフェイスで同じ ACL を試行して共有します。

エラー メッセージ FMCORE-2-VACL_FAILURE: Interface [chars] traffic will not comply with VACLs in [chars] direction(s)

説明 TCAM リソースのコンテンションが原因で、このインターフェイスのトラフィックに VACL は適用されません。

推奨処置 設定された ACL が大きすぎるので、ハードウェア TCAM にすべてを収めることができません。mls tcam priority コマンドを使用して、ハードウェア スイッチング用にインターフェイスのプライオリティを設定します。TCAM リソース コンテンションを軽減するために、複数のインターフェイスで同じ ACL を試行して共有します。

FM_EARL6 メッセージ

ここでは、EARL 6 Feature Manager(FM)(FM_EARL6)メッセージについて説明します。

FM_EARL6-4

エラー メッセージ FM_EARL6-4-RACL_REDUCED_MCAST_RATELIM_WARN: Enabling acl [chars] rate-limiter will cause Multicast traffic to be dropped in hardware on interface [chars] in [chars] direction

説明 TCAM リソース コンテンションが原因で、このインターフェイスの TCAM では、指定された方向の Routed ACL(RACL)をプログラミングできません。RACL をソフトウェアで実施するためにすべてのレイヤ 3 トラフィックは CPU に送られます。リソース不足のため、マルチキャストの特殊な VMR をプログラミングできません。この状態では、ACL によって CPU にブリッジングされるトラフィックのレート制限は、マルチキャスト インターフェイスのステータスと適合せず、マルチキャスト トラフィックがハードウェアでドロップされる原因となります。

推奨処置 これは、MLS ユニキャスト ACL を設定しないための警告メッセージです。

エラー メッセージ FM_EARL6-4-VACL_PVLAN: Vacl config is NOT supported on secondary Vlan: [chars] and will be removed

説明 現在実装されている FM は、セカンダリ VLAN 上での VACL の設定をサポートしません。VACL は、セカンダリ プライベート VLAN になると、VLAN インターフェイスから設定が削除されます。その場合、ハードウェアとソフトウェアの両方が適宜更新されます。

推奨処置 VLAN をプライマリ VLAN または標準(非プライベート)VLAN に変更して、VLAN フィルタを再適用します。

FM_EARL7 メッセージ

ここでは、EARL 7 Feature Manager(FM)(FM_EARL7)メッセージについて説明します。

FM_EARL7-2

エラー メッセージ FM_EARL7-2-IPV6_PORT_QOS_MCAST_FLOWMASK_CONFLICT: IPv6 QoS Micro-flow policing configuration on port [chars] conflicts for flowmask with IPv6 multicast hardware forwarding on SVI interface [chars], IPv6 traffic on the SVI interface may be switched in software

説明 このインターフェイスのポート ベース IPv6 QoS マイクロフロー ポリシング設定は、IPv6 マルチキャスト ハードウェア転送とフローマスクが矛盾しています。この状況では、SVI インターフェイス上の IPv6 トラフィックはソフトウェアに送信される可能性があります。

推奨処置 矛盾している IPv6 QoS マイクロフロー ポリシング設定をインターフェイスから削除するか、QoS ポリシーを再設定してマイクロフロー ポリシング設定から IPv6 マルチキャスト トラフィックを除外し再適用します。

エラー メッセージ FM_EARL7-2-IPV6_QOS_MCAST_FLOWMASK_CONFLICT: IPv6 QoS Micro-flow policing configuration on interface [chars] conflicts for flowmask with IPv6 multicast hardware forwarding, IPv6 traffic ingressing on the interface may be switched in software

説明 このインターフェイスの IPv6 QoS マイクロフロー ポリシング設定は、IPv6 マルチキャスト ハードウェア転送とフローマスクが矛盾しています。この状況では、このインターフェイスの IPv6 トラフィックはソフトウェアに送信される可能性があります。

推奨処置 矛盾している IPv6 QoS マイクロフロー ポリシング設定をインターフェイスから削除するか、QoS ポリシーを再設定してマイクロフロー ポリシング設定から IPv6 マルチキャスト トラフィックを除外し再適用します。

エラー メッセージ FM_EARL7-2-SWITCH_PORT_QOS_FLOWMASK_CONFLICT: QoS configuration on switch port [chars] conflicts for flowmask with feature configuration on SVI interface [chars]

説明 この状況では QoS または機能は正常に動作しません。

推奨処置 最後の設定変更をバックアウトし、矛盾する設定を変更して、機能を再適用します。

FM_EARL7-4

エラー メッセージ FM_EARL7-4-FEAT_FLOWMASK_REQ_CONFLICT: Feature [chars] requested flowmask [chars] conflicts with other features on interface [chars], flowmask request Unsuccessful for the feature

説明 この機能によって要求されたフローマスクが他の機能と矛盾します。要求されたフローマスクをこの機能にプログラミングできません。

推奨処置 矛盾しないように、機能を定義し直して再適用するか、1 つまたは複数の機能の設定を解除して指定された機能を再適用してください。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-FEAT_FLOWMASK_REQ_CONFLICT_ON_SP: Flowmask requested on interface [chars] conflicts with other features on interface for Protocol [chars], flowmask request Unsuccessful for the feature

説明 この機能によって要求されたフローマスクが他の機能と矛盾します。要求されたフローマスクをこの機能にプログラミングできません。

推奨処置 矛盾しないように、機能を定義し直して再適用するか、1 つまたは複数の機能の設定を解除して指定された機能を再適用してください。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-FEAT_QOS_FLOWMASK_CONFLICT: Features configured on interface [chars] conflict for flowmask with QoS configuration on switch port [chars], traffic may be switched in software

説明 このインターフェイスに設定されている機能は、スイッチ ポートの QoS 設定とフローマスクが矛盾しています。この状況では、このインターフェイスのトラフィックはソフトウェアに送信されます。

推奨処置 最後の設定変更をバックアウトし、スイッチ ポート上の矛盾する QoS の設定を変更して、機能を再適用します。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-FLOW_FEAT_FLOWMASK_REQ_FAIL: Flowmask request for the flow based feature [chars] for protocol [chars] is unsuccessful, hardware acceleration may be disabled for the feature

説明 フロー ベース機能のフローマスク要求が実行されませんでした。TCAM リソース例外、フローマスク レジスタのリソース例外、またはフローマスクと他の NetFlow ベース機能間の解決不能な矛盾が原因でこのエラーが発生することがあります。この場合、フローベース機能の NetFlow ショートカットのインストールとハードウェア アクセラレーションがディセーブルになり、この機能はソフトウェアで適用される可能性があります。

推奨処置 show fm fie flowmask を使用して、NetFlow ショートカット インストールのイネーブルまたはディセーブル ステータスを確認します。この機能の NetFlow ショートカット インストールまたはハードウェア アクセラレーションがディセーブルになっている場合は、一部の他の機能を再設定または解除して、TCAM リソース例外またはフローマスクの矛盾またはフローマスクのリソース例外を削除します。そしてフローマスク要求が実行できるようにこの機能を再適用し、この機能の NetFlow ショートカット インストールを再度イネーブルにします。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-MLS_FLOWMASK_CONFLICT: mls flowmask may not be honored on interface [chars] due to flowmask conflict

説明 設定されている MLS のフローマスクが他の機能または QoS の設定と矛盾しています。この状況では、このインターフェイスのトラフィックはソフトウェアに送信されます。この状況では、このインターフェイスの NetFlow データ エクスポートは正常に機能しない可能性があります。

推奨処置 矛盾する設定を削除して、MLS フローマスクを再設定します。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-MLS_FLOWMASK_NO_TCAM_RESOURCES: mls flowmask may not be honored on interface [chars] due to TCAM resource shortage

説明 設定されている機能の要件が、TCAM リソースを上回っています。フローマスクがハードウェアでプログラミングされない可能性があります。この状況では、このインターフェイスのトラフィックはソフトウェアに送信されます。この状況では、このインターフェイスの NetFlow データ エクスポートは正常に機能しない可能性があります。

推奨処置 機能の一部を定義し直して再適用するか、1 つまたは複数の機能を設定解除します。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-MLS_IPV6_FORCED_COMPRESS_MODE: Use IPv6 mask values of 88 or lower in forced compress mode for consistent processing of incompressible IPv6 addresses in both hardware and software.

説明 IPv6圧縮モードは、ハードウェアの機能です。圧縮モードがこのコマンドで強制的にイネーブルになっていて、89 以上のマスク値を使って IPv6 ACL が作成されている場合、IPv6 ACL 処理の動作の矛盾により、アドレスの圧縮ができなくなる場合があります。88 以下の IPv6 マスク値を使用して、圧縮を強制適用すれば、ハードウェアは IPv6 ACL エントリを正常に処理できるようになります。

推奨処置 ハードウェアとソフトウェアの両方で、非圧縮性 IPv6 アドレスを矛盾なく処理できるように、強制圧縮モードでは 88 以下の IPv6 マスク値を使用してください。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-NO_FLOWMASK_REGISTERS: Feature configuration on interface [chars] could not allocate required flowmask registers, traffic may be switched in software

説明 利用できるフローマスク レジスタがないので、このインターフェイスに設定されている機能のフローマスク要件を満たすことができません。この状況では、このインターフェイスのトラフィックはソフトウェアに送信されます。

推奨処置 設定から 1 つまたは複数の NetFlow ベース機能、または QoS マイクロフロー ポリシングを削除し、機能を再適用します。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-RACL_REDUCED_MCAST_RATELIM_WARN: Enabling acl [chars] rate-limiter will cause Multicast traffic to be dropped in hardware on interface [chars] in [chars] direction

説明 TCAM リソース コンテンションが原因で、このインターフェイスの TCAM では、指定された方向の RACL をプログラミングできません。RACL をソフトウェアで実施するためにすべてのレイヤ 3 トラフィックは CPU に送られます。リソース不足のため、マルチキャストの特殊な VMR をプログラミングできません。この状態では、ACL によって CPU にブリッジングされるトラフィックのレート制限は、マルチキャスト インターフェイスのステータスと適合せず、マルチキャスト トラフィックがハードウェアでドロップされる原因となります。

推奨処置 これは、MLS ユニキャスト ACL を設定しないための警告メッセージです。

エラー メッセージ FM_EARL7-4-VACL_PVLAN: Vacl config is NOT supported on secondary Vlan: [chars] and will be removed

説明 現在実装されている FM は、セカンダリ VLAN 上での VACL の設定をサポートしません。 VACL は、セカンダリ プライベート VLAN になると、VLAN インターフェイスから設定が削除されます。その場合、ハードウェアとソフトウェアの両方がそれに応じて更新されます。

推奨処置 VLAN をプライマリ VLAN または標準(非プライベート)VLAN に変更して、VLAN フィルタを再適用します。

FPD_MGMT メッセージ

ここでは、Field Programmable Device(FPD)管理(FPD_MGMT)メッセージについて説明します。

FPD_MGMT-2

エラー メッセージ FPD_MGMT-2-CREATE_FAIL: Couldn't create [chars].

説明 指定されたリソースを作成するための十分な空きスペースがシステムのメイン メモリにありません。

推奨処置 システムのメイン メモリが、Cisco IOS ソフトウェア リリース ノートに指定された最低要件を満たすようにしてください。Cisco IOS ソフトウェア リリースの最低要件を満たしている場合は、システムのメイン メモリの空きスペースが、このソフトウェア機能を使用するために必要な最低メモリ サイズを満たしていることを確認します。 show memory コマンドを使用して該当する情報を見て、必要であればメイン メモリを追加してください。システムがすべてのメモリ要件を満たしている場合は、コンソールに表示されるエラー メッセージをそのままコピーし、 show tech-support コマンドの出力を収集して、シスコのテクニカル サポートに問い合わせ、収集した情報を提出してください。

FPD_MGMT-3

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-BNDL_CARD_TYPE_MISMATCH: The [chars] file does not contain the card type ([hex]) in the image bundle to indicate the support of the target card. Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for card in [chars].

説明 指定されたファイルのイメージ バンドルには、ターゲット カードの正しいカード タイプ値が含まれていません。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-BNDL_CRC_CHECK_FAIL: The [chars] file contains a corrupted image bundle - CRC mismatch: current value [hex], expected value [hex]. Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for card in [chars].

説明 ファイルの CRC チェックでエラーが検出されました。FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルが壊れています。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-BNDL_NAME_PREFIX_MISMATCH: The [chars] file contains a bundle name prefix ([chars]) that does not match with the expected value of "[chars]" for the image bundle. Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for card in [chars].

説明 選択された FPD イメージ バンドルの内容は、ファイル名と一致しません。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-BNDL_WRONG_HDR_LEN: The [chars] file contains wrong header length for the image bundle: [int] bytes (expected [int] bytes). Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for card in [chars].

説明 示されたファイルは、ターゲット カードの有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-BNDL_WRONG_MAGIC_NUM: The [chars] file contains a wrong magic number for the image bundle: [hex] (expected [hex]). Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for card in [chars].

説明 示されたファイルは、ターゲット カードの有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでないか、あるいはファイルが壊れている可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-BNDL_WRONG_SIZE: The [chars] file contains incorrect image bundle size: [int] bytes (expected [int] bytes). Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for card in [chars].

説明 示されたファイルは、ターゲット カードの有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-BUNDLE_EXTRACT_ERROR: Cannot extract the [chars] bundle from [chars] - [chars]

説明 バンドル ファイルの抽出時にエラーがありました。エラーの原因は、エラー メッセージに示されています。示されたファイルは有効な FPD イメージ パッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-CLOSE_FAILED: Failed to close [chars] file.

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-DUPLICATE_UPGRADE_RESULT: Upgrade result already received for the FPD image upgrade of FPD ID [int] for [chars] card in [chars].

説明 このエラーは、内部ソフトウェア コーディングに問題がある場合に発生します。通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-FPD_UPGRADE_FAILED: [chars] (FPD ID=[int]) image upgrade for [chars] card in [chars] has FAILED.

説明 示されたデバイスの FPD イメージ アップグレード処理に失敗しました。

推奨処置 アップグレード操作をやり直してください。アップグレードをやり直したあと、影響を受けているカードがディセーブルにされたままになっている場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-IMG_CRC_CHECK_FAILED: The FPD image for [chars] (FPD ID [int]) in [chars] file is corrupted - CRC mismatch: current value [hex], expected value [hex]. Please make sure that this is a valid FPD image bundle or package file for card in [chars].

説明 イメージの CRC(巡回冗長検査)チェックでエラーが検出されました。FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルが壊れています。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-IMG_DATA_UNCOMPRESS_ERROR: Could not uncompress [chars] FPD image for [chars] in [chars].

説明 圧縮された FPD イメージ データの圧縮解除中にエラーが検出されました。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-IMG_VER_NOT_FOUND: FPD image version information is not available for [chars] card in [chars]. All the FPD images will be upgraded to recover from this error.

説明 示されたカードの FPD イメージ バージョン情報が使用できません。システムがカード内のすべての FPD についてこの情報を抽出できないことがその理由です。電源障害により FPD イメージが壊れた可能性が考えられます。

推奨処置 自動アップグレード機能がイネーブルでない場合、影響を受けているカードはディセーブルにされます。この状況が発生した場合は、FPD_MGMT-5-CARD_DISABLED メッセージに示される対処方法に従ってください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-INCOMP_BNDL_VER: The selected [chars] file contain an image bundle that has a version number that is incompatible for this IOS release - [chars]. Selected version = [int].[int], minimum compatible version = [int].[int]. Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for card in [chars].

説明 選択された FPD イメージ バンドルのバージョンには、IOS リリースと互換性のある有効なバージョン番号が含まれていません。メジャー バージョン番号が同一で、マイナー バージョン番号は最小要件バージョン以上である必要があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-INCOMP_IMG_VER: Incompatible [chars] (FPD ID=[int]) image version detected for [chars] card in [chars]. Detected version = [int].[int], minimum required version = [int].[int]. Current HW version = [int].[int].

説明 互換性のない FPD イメージ バージョンが検出されました。カードを使用できるようにするには、FPD イメージを自動または手動でアップグレードする必要があります。自動アップグレード機能がイネーブルでない場合、または必要な FPD イメージ パッケージ ファイルをシステムが見つけられない場合、カードはディセーブルにされます。

推奨処置 自動アップグレード機能がイネーブルでない場合、影響を受けているカードはディセーブルにされます。この状況が発生した場合は、FPD_MGMT-5-CARD_DISABLED メッセージに示される対処方法に従ってください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-INVALID_IMAGE_SIZE: The [chars] FPD image from [chars] file does not have a valid image size: expected size = [dec] bytes, actual size = [dec] bytes.

説明 示された FPD イメージのサイズは、所定のサイズではありません。この FPD イメージ バンドルまたはパッケージは、有効なファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-INVALID_IMG_VER: Invalid [chars] (FPD ID=[int]) image version detected for [chars] card in [chars].

説明 示された FPD には、無効なバージョンの FPD イメージが含まれています。システムが示されたカードからこの情報を抽出できなかったことが理由です。アップグレードの失敗が原因となって、デバイスの FPD イメージ ID が壊れた可能性があります。

推奨処置 自動アップグレード機能がイネーブルでない場合、影響を受けているカードはディセーブルにされます。この状況が発生した場合は、FPD_MGMT-5-CARD_DISABLED メッセージに示される対処方法に従ってください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-INVALID_PKG_FILE: The indicated file ([chars]) is not a valid FPD image package file - [chars]

説明 ファイル形式が、有効な FPD イメージ パッケージのものではありません。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-INVALID_PKG_FILE_SIZE: The indicated file ([chars]) does not have a valid FPD image package file size, minimum size = [dec] bytes.

説明 示された FPD イメージのサイズは、最小サイズ要件を満たしていません。ファイルは小さすぎて、有効な FPD イメージ パッケージ ファイルではありません。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-INVALID_UPGRADE_RESULT: Invalid upgrade result '[int]' received for the FPD image upgrade of [chars] (FPD ID=[int]) for [chars] card in [chars].

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-IPC_FAILED: Failed to send IPC message to [chars] in [chars] - [chars]

説明 システムは、示されたカードに IPC を介してメッセージを送ることができませんでした。この IPC エラーの原因は、エラー メッセージに示されています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-MISSING_BUNDLE_ENTRY: Failed to find a matching entry in the programmable device bundle information table.

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-MISSING_DEV_INFO: Could not find [chars] (FPD ID=[int]) information for [chars] card in [chars].

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-MISSING_IMAGE: Could not find the required [chars] image (FPD ID=[int] and FPD version=[int].[int] compatible with HW version=[int].[int]) from the [chars]-fpd.bndl bundle in [chars] file. Please make sure that this is a valid FPD image [chars] file for [chars] card in [chars].

説明 示された FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルは、正しいものでない可能性があります。このファイルが FPD イメージ パッケージ ファイルの場合は、互換性のないパッケージ ファイルのファイル名が、この Cisco IOS ソフトウェア リリースが使用するファイル名と同じ名前に変更された可能性があります。FPD イメージ パッケージのファイル名は変更しないようにしてください。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-OPEN_FAILED: Failed to open [chars] ([chars]). Please make sure that the required file is in a valid path.

説明 システムは、示された URL から、要求されたファイルにアクセスできませんでした。

推奨処置 示された URL のパスが有効で、システムがファイルの置かれた場所のファイル システムにアクセスできることを確認してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-OUT_OF_MEMORY: Could not allocate the required [dec] bytes of memory.

説明 バンドル ファイルをダウンロードするための十分な空きスペースがシステムのメイン メモリにありません。

推奨処置 システムのメイン メモリは、Cisco IOS ソフトウェア リリース ノートに指定された最低要件を満たすようにしてください。Cisco IOS ソフトウェア リリースの最低要件を満たしている場合は、システムのメイン メモリの空きスペースが、このソフトウェア機能を使用するために必要な最低メモリ サイズを満たしていることを確認します。show memory コマンドを使用して該当する情報を見て、必要であればメイン メモリを追加してください。システムがすべてのメモリ要件を満たしている場合は、コンソールに表示されるエラー メッセージをそのままコピーし、show tech-support コマンドの出力を収集して、シスコのテクニカル サポートに問い合わせ、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-PKG_FILE_SEARCH_FAILED: FPD image package ([chars]) cannot be found in system's flash card or disk to do FPD upgrade.

説明 デフォルトでは、upgrade fpd path fpd-pkg-url グローバル コンフィギュレーション コマンドが設定されていない場合、システムは必要な FPD イメージ パッケージ ファイルを、アクセス可能な FPD アップグレード用のリムーバブル フラッシュ カードまたはディスクから探そうとします。このメッセージは、システムがパッケージ ファイルを見つけられなかったことを意味します。

推奨処置 示された FPD イメージ パッケージ ファイルが、システムのアクセス可能なフラッシュ カードまたはディスクにコピーされていることを確認してください。次に、ターゲットのカードをシステムに装着し直すか、ターゲットのカードをリロードするシステム コマンドを使用するか、またはターゲットのカードの電源を再投入することで、FPD アップグレードを再開します。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-PKG_VER_FILE_EXTRACT_ERROR: Cannot extract the [chars] version file from [chars] - [chars]

説明 パッケージ バージョン ファイルの抽出時にエラーがありました。エラーの原因は、エラー メッセージに示されています。示されたファイルは有効な FPD イメージ パッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-READ_BNDL_HDR_ERROR: Failed to read the FPD bundle header from [chars] file.

説明 示されたファイルは、有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-READ_ERROR: Could not read the [chars] file.

説明 システムは、示された URL から、必要なファイルを読み取ることができませんでした。

推奨処置 示された URL のパスが有効で、システムがファイルの置かれた場所のファイル システムにアクセスできることを確認してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-SEND_IMG_FAILED: [chars] (FPD ID=[int]) image for [chars] card in [chars] has failed to be sent for upgrade operation - [chars]

説明 FPD イメージをアップグレード操作用に送信できませんでした。システムがビジー状態でこの操作を処理できない可能性があります。このエラーによって、影響を受けるカードはディセーブルにされます。

推奨処置 システムの負荷が軽くなるまで待ち、upgrade hw-module 特権 EXEC コマンドを入力して、手動でアップグレードをやり直してください。同じ現象が続く場合は、表示されるエラー メッセージをそのままコピーし、show tech-support コマンドの出力を収集して、シスコのテクニカル サポートに問い合わせ、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-SW_ERROR: NULL

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-TOO_MANY_FPD_ENTRIES: Too many FPD entries for the FPD Bundle Info Table. Required number of entries = [int], maximum number of entries allowed = [int].

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-UNKNOWN_BNDL_HDR_FORMAT: Unknown header format version: [hex]

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-UPGRADE_LIST_FULL: Could not add a new entry in the FPD Management Upgrade List. No upgrade will be performed for the [chars] card in [chars].

説明 内部ソフトウェア コーディングに問題があることを示しています。これは通常の操作では発生しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-WRONG_IMG_DATA_LEN: The FPD image for [chars] (FPD ID [int]) in [chars] file contains wrong data length: total data length (with padding) = [int] bytes, data length = [int] bytes. Please make sure that this is a valid FPD image bundle or package file for card in [chars].

説明 示されたファイルは、カードの有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-WRONG_IMG_HDR_LEN: The FPD image for [chars] (FPD ID [int]) in [chars] file contains wrong header length: [int] bytes (expected [int] bytes). Please make sure that this is a valid FPD image bundle or package file for card in [chars].

説明 示されたファイルは、カードの有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-WRONG_IMG_MAGIC_NUM: The FPD image for [chars] (FPD ID [int]) in [chars] file contains wrong magic number: [hex] (expected [hex]). Please make sure that this is a valid FPD image bundle or package file for card in [chars].

説明 示されたファイルは、カードの有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ FPD_MGMT-3-WRONG_IMG_MAJOR_VER: The selected FPD image for upgrade contains wrong FPD image major version number = '[int]' (expected number = '[int]') for [chars] (FPD ID [int]). Please make sure that the file being used for upgrade is a valid FPD image [chars] for card in [chars].

説明 アップグレードに使用されるこのファイルは、カードの有効な FPD イメージ バンドルまたはパッケージ ファイルでない可能性があります。

推奨処置 パッケージのファイル名に示されている FPD イメージ パッケージのバージョンが、システムで実行されている Cisco IOS ソフトウェア リリースと一致しているかまたは互換性があることを確認してください。バージョンが正しくない場合は、シスコの Software Center Web サイトから正しいものを入手してください。問題が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、show hw-module subslot fpd、show upgrade fpd table、および show upgrade fpd file fpd-pkg-url コマンドの出力を収集し、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

FPD_MGMT-4

エラー メッセージ FPD_MGMT-4-BYPASS_AUTO_UPGRADE: The automatic FPD image upgrade feature is not enabled, bypassing the image upgrade for [chars] card in [chars].

説明 自動 FPD イメージ アップグレード機能がイネーブルになっていません。この互換性のないイメージは自動的にアップグレードされません。イメージが互換性のあるバージョンにアップグレードされるまで、カードはディセーブルになります。

推奨処置 upgrade fpd auto グローバル コンフィグレーション コマンドを使用して自動 FPD イメージ アップグレードをイネーブルにするか、upgrade hw-module 特権 EXEC コマンドを使用して手動でアップグレードを行ってください。これらのコマンドに関する詳細情報については、ターゲットのカードの FPD イメージ アップグレード機能マニュアルを参照してください(このマニュアルはターゲットのカードのソフトウェア設定ガイドにあります)。

エラー メッセージ FPD_MGMT-4-UPGRADE_EXIT: Unexpected exit of FPD image upgrade operation for [chars] card in [chars].

説明 FPD イメージ アップグレード処理は、カードがシステムから物理的に取り外されたため、またはターゲットのカードの通常動作を中断させる他のコマンドが使用されたために中断されました。FPD イメージの破損が原因でアップ グレードが中断され、カードが使用できなくなった可能性があります。

推奨処置 カードをシステムに装着し直してもカードが動作しない場合は、upgrade hw-module 特権 EXEC コマンドを使用してアップグレード回復処理を行ってください。このコマンドを実行すると、システムはイメージのプログラミングをやり直し、前回中断したアップグレードの回復処理を試行します。アップグレード回復処理の実施に関する詳細情報については、ターゲットのカードの FPD イメージ アップグレード機能マニュアルを参照してください(このマニュアルはターゲットのカードのソフトウェア設定ガイドにあります)。

エラー メッセージ FPD_MGMT-4-VERSION_CHECK_ABORTED: FPD image version check operation has been aborted for [chars] card in [chars] because manual upgrade has already being started.

説明 upgrade hw-module 特権 EXEC コマンドがすでに実行中のため、示されたカードの自動アップグレード機能に必要な FPD イメージ バージョン チェック処理が実行されていません。この 2 つの処理は同時に実行できません。

推奨処置 自動アップグレード処理が必要な場合は、ターゲットのカードの初期化中に upgrade hw-module 特権 EXEC コマンドを入力して手動でアップグレードしないでください。手動アップグレードを行う場合は、その前に show hw-module subslot fpd コマンドを入力して、コマンドの出力にターゲットのカードが表示されていることを確認します。

FPD_MGMT-5

エラー メッセージ FPD_MGMT-5-CARD_DISABLED: [chars] card in [chars] is being disabled because of an incompatible FPD image version. Note that the [chars] package will be required if you want to perform the upgrade operation.

説明 示されたカードには互換性のない FPD イメージ バージョンが含まれています。既存の Cisco IOS ソフトウェアの動作上の問題を避けるため、カードはディセーブルにされています。これは、自動アップグレード機能が upgrade fpd auto グローバル コンフィギュレーション コマンドでイネーブルになっていない場合や、自動アップグレード処理に失敗して必要なアップグレードができなかった場合、または必要な FPD イメージ パッケージ ファイルが見つからなかった場合に発生します。互換性のないイメージをアップグレードしないと、システムはカードをイネーブルにできません。

推奨処置 FPD イメージ アップグレードは、upgrade fpd auto グローバル コンフィギュレーション コマンドで自動アップグレード機能をイネーブルにし、必要な FPD イメージ パッケージ ファイルをシステムのデフォルト ファイル システム(disk0 など)または upgrade fpd path directory-url グローバル コンフィギュレーション コマンドで指定した場所に配置しておくことで、自動的に実行させることができます。自動アップグレード機能がイネーブルになっている場合、カードをシステムに再装着するか、リロードするシステム コマンドを使用するか、またはターゲットのカードの電源を再投入することで、アップグレードは開始されます。アップグレードを実行する別の方法に、upgrade hw-module 特権 EXEC コマンドを使用する方法があります。これらのコマンドに関する詳細情報については、ターゲットのカードの FPD イメージ アップグレード機能マニュアルを参照してください(このマニュアルはターゲットのカードのソフトウェア設定ガイドにあります)。

エラー メッセージ FPD_MGMT-5-CARD_POWER_CYCLE: [chars] card in [chars] is being power cycled for the FPD image upgrade to take effect.

説明 FPD イメージ アップグレードが実行されたあと、示されたカードの電源が再投入されています。この動作によって、新しくアップグレードされた FPD イメージ(複数可)が有効になります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FPD_MGMT-5-UPGRADE_ATTEMPT: Attempting to automatically upgrade the FPD image(s) for [chars] card in [chars]. Use 'show upgrade fpd progress' command to view the upgrade progress ...

説明 自動 FPD イメージ アップググレード機能は、upgrade fpd auto グローバル コンフィギュレーション コマンドでイネーブルになっています。システムは現在、互換性のないイメージ バージョンを自動的にアップグレードしています。

推奨処置 対処は不要です。アップグレード処理には時間がかかります。FPD_MGMT-6-UPGRADE_TIME メッセージに、アップグレードのおおよその総所要時間が示されています。

FPD_MGMT-6

エラー メッセージ FPD_MGMT-6-BUNDLE_DOWNLOAD: Downloading FPD image bundle for [chars] card in [chars] ...

説明 システムは FPD イメージ バンドルをシステムのメイン メモリにダウンロードしています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FPD_MGMT-6-OVERALL_UPGRADE: All the attempts to upgrade the required FPD images have been completed for [chars] card in [chars]. Number of successful/failure upgrade(s): [int]/[int].

説明 示されたカードのすべての FPD イメージ アップグレードが完了しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FPD_MGMT-6-PENDING_UPGRADE: [int] more FPD image upgrade operation will be required on [chars] in [chars] after additional power-cycle operation on the target card.

説明 アップグレード処理の全部は完了していません。アップグレードを完了するか、または新しい FPD イメージをシステム設定に適用するには、さらに電源の再投入が必要です。完了していないアップグレード処理が表示されています。アップグレード処理全部が終了するには、複数回の電源再投入が必要になる可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FPD_MGMT-6-UPGRADE_PASSED: [chars] (FPD ID=[int]) image in the [chars] card in [chars] has been successfully updated from version [chars] to version [int].[int]. Upgrading time = [time-stamp]

説明 示されたデバイスの FPD イメージ アップグレード処理が正常に完了しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FPD_MGMT-6-UPGRADE_RETRY: Attempting to recover from the failed upgrades ...

説明 イメージ アップグレードに失敗したため、システムは同じ FPD イメージのアップグレード処理を再試行します。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FPD_MGMT-6-UPGRADE_START: [chars] (FPD ID=[int]) image upgrade in progress for [chars] card in [chars]. Updating to version [int].[int]. PLEASE DO NOT INTERRUPT DURING THE UPGRADE PROCESS (estimated upgrade completion time = [time-stamp]) ...

説明 FPD イメージ アップグレード処理が開始されました。このアップグレード処理を中断しないでください。中断によってターゲットのカードが使用できなくなります。アップグレード処理中は、ターゲットのカードをシステムから取り外したり、システムの電源をオフにしたり、またはターゲットのカードの電源を再投入させるコマンドを使用したりしないでください。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ FPD_MGMT-6-UPGRADE_TIME: Estimated total FPD image upgrade time for [chars] card in [chars] = [time-stamp].

説明 示されたカードのすべての FPD イメージのアップグレードに必要なおおよその総所要時間が表示されています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

FR メッセージ

ここでは、フレームリレー(FR)メッセージについて説明します。

FR-3

エラー メッセージ FR-3-SVC_SETUP: [chars]: interface [chars]: DLCI [dec]

説明 フレームリレー SVC の設定を行おうとしているときにエラーが発生しました。すでに使用中の DLCI を使用して SVC を設定しようとした可能性があります。

推奨処置 DLCI がすでに使用されていないかどうかを確認します。たとえば、PVC が同じ DLCI を使用するように設定されている可能性があります(show frame-relay pvc コマンドで確認)。その場合は、設定を削除してください。

FR_ADJ メッセージ

ここでは、フレームリレー隣接(FR_ADJ)メッセージについて説明します。

FR_ADJ-3

エラー メッセージ FR_ADJ-3-ADD_MEMBER: Unable to add adjacency for vc-bundle [chars] member [dec]

説明 VC バンドル メンバーの隣接を追加中にエラーが発生しました。

推奨処置 VC バンドルを削除してインターフェイスを再設定します。

エラー メッセージ FR_ADJ-3-ARRAY_FULL: Unable to setup adjacencies for vc-bundle [chars]

説明 VC バンドル隣接を設定中にエラーが発生しました。

推奨処置 VC バンドルが設定されているサブインターフェイスをシャットダウンしてください。1 分ほど経過してから、サブインターフェイス上の隣接が削除されたことを確認します。VC バンドルを再設定します。

エラー メッセージ FR_ADJ-3-ARRAY_INDEX_ERROR: Adjacency array index is incorrect for vc-bundle [chars] member [dec]

説明 VC バンドル隣接を設定中にエラーが発生しました。

推奨処置 VC バンドルが設定されているサブインターフェイスをシャットダウンしてください。1 分ほど経過してから、サブインターフェイス上の隣接が削除されたことを確認します。VC バンドルを再設定します。

FR_VCB メッセージ

ここでは、フレームリレー VCB(FR_VCB)メッセージについて説明します。

FR_VCB-3

エラー メッセージ FR_VCB-3-BUMPING: Bumping error - vcb [chars] - [chars]

説明 VC バンドルのトラフィックのバンピング中にエラーが発生しました。

推奨処置 回避策として、バンピングしないように VC バンドルを再設定します。

エラー メッセージ FR_VCB-3-CONFIG: Configuration error - vcb [chars] - [chars]

説明 VC バンドルの設定を解析中にエラーが発生しました。

推奨処置 VC バンドルを再設定してください。

エラー メッセージ FR_VCB-3-FIBSW_MISSING_TABLE_ENTRY: FIB switching error - vc-bundle [chars]

説明 VC バンドルを通過するパケットの FIB スイッチング中にエラーが発生しました。

推奨処置 回避策として、VC バンドルを削除し、代わりに PVC を使用します。

エラー メッセージ FR_VCB-3-PROCESS_SWITCHING: Switching error - vcb [chars] - [chars]

説明 VC バンドルを通過するパケットのスイッチング中にエラーが発生しました。

推奨処置 回避策として、VC バンドルを削除し、代わりに PVC を使用します。

FR_VCB-5

エラー メッセージ FR_VCB-5-UPDOWN: FR VC-Bundle [chars] changed state to [chars]

説明 フレームリレーの VC バンドルのステートがアップまたはダウンに変わりました。

推奨処置 通知目的の表示です。対処は不要です。

FTTM メッセージ

ここでは、Full Ternary TCAM Manager(FTTM)メッセージについて説明します。

FTTM-3

エラー メッセージ FTTM-3-ERROR: [chars]

説明 FTTM エラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

GENERAL メッセージ

ここでは、一般(GENERAL)メッセージについて説明します。

GENERAL-2

エラー メッセージ GENERAL-2-CRITEVENT: [chars]

説明 クリティカル エラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

GENERAL-3

エラー メッセージ GENERAL-3-EREVENT: [chars]

説明 健全性テストで使用される一般エラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

HA_EM メッセージ

ここでは、Embedded Event Manager(EEM)メッセージについて説明します。

HA_EM-3

エラー メッセージ HA_EM-3-ACTION_CNS_OPEN_FAIL: [chars]: Unable to open connection to CNS Event Agent: [dec]

説明 CNS アクション プロセスは、イベント エージェントに対して CNS ハンドルをオープンできませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMC_CBH_PROCESS_CREATE: [chars]: callback handler process create failed for eid: [dec]

説明 process_create 機能から、コールバック ハンドラ プロセスを作成しようとしてエラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMC_FH_INIT: [chars]: fh_init failed : [dec]

説明 fh_init 機能から、コールバック プロセスの EEM を初期化しようとしてエラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMFD_EMPTY_QUEUE: [chars]: The [chars] event detector I/O queue empty.

説明 I/O キューが空であってはならないときに空になっています。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMFD_OID_UNAVAIL: [chars]: The following oid has become unavailable: [chars]

説明 システムに登録された OID は使用できなくなりました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMFD_QUEUE_INIT: [chars]: Unable to initialize queue;

説明 キュー初期化機能でエラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMFD_TTY_NUM: [chars]: Error occurred while fetching TTY number.

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_ACTION: [chars]: Error occurred while performing action: [chars].

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_ACTION_INFO: [chars]: Error occurred while fetching action information: [dec].

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_CHECKSUM_MISMATCH: [chars]: file checksum mismatch

説明 インストールされたポリシーのチェックサム値が、インストレーション マネージャから提供された値と一致しません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_CLI_CONNECT: Unable to establish CLI session: [chars]

説明 システムは CLI セッションを確立できません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_CLI_DISCONNECT: Error disconnecting from CLI session: [chars]

説明 CLI セッションからの切断中にエラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_CLI_NOTTY: Error attempting to access an unopened CLI session: [chars]

説明 オープンしていない CLI セッションにアクセスしようとしてエラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_CLI_READ: Unable to read CLI response: [chars]

説明 システムは CLI レスポンスを読み取れません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_CLI_WRITE: Unable to send CLI command: [chars]

説明 システムは CLI コマンドを送信できません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_ERROR: Error executing applet [chars] statement [chars]

説明 EEM ポリシー ディレクタがアプレットを処理中にエラーを検出しました。

推奨処置 アプレット ステートメントの構文を確認します。メッセージが繰り返し表示される場合は、メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_EXECUTE_CALLBACK: [chars]: failed to execute callback

説明 システムはコールバック ルーチンを実行できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_FH_INIT: [chars]: could not initialize Embedded Event Manager service: [chars]

説明 EEM サービスの初期化中にエラーが検出されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_IPC_PORT_CREATE: [chars]: failed to create an IPC port: [chars]

説明 EEM は IPC ポートを作成できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_IPC_PORT_OPEN: [chars]: failed to open an IPC port: [chars]

説明 EEM は IPC ポートをオープンできませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_IPC_PORT_REGISTER: [chars]: failed to register an IPC port: [chars]

説明 EEM は IPC ポートを登録できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_NOESID: [chars]: No such event spec id found.

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_QUEUE_INIT: [chars]: could not initialize queue

説明 EEM キューの初期化中に内部エラーが検出されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_REQINFO: [chars]: Error attempting to fetch event information: [chars].

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_SET_INFO: [chars]: Error occurred while fetching variable information: [dec].

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_SMTP_CHK_REPLY: Reply code unexpected from SMTP server: [chars]

説明 接続している SMTP サーバから予期しない応答コードを受信しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_SMTP_CONNECT: Unable to connect to SMTP server: [chars]

説明 システムは SMTP サーバに接続できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_SMTP_DISCONNECT: Unable to disconnect from SMTP server: [chars]

説明 システムは接続している SMTP サーバから切断できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_SMTP_READ: Unable to read from SMTP server: [chars]

説明 システムは接続している SMTP サーバから読み取りができませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_SMTP_WRITE: Unable to write to SMTP server: [chars]

説明 システムは接続している SMTP サーバに書き込めませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_UNKNOWN_ENV: [chars]: could not find environment variable: [chars]

説明 EEM ポリシー ディレクタは、アクション メッセージで指定された環境変数を見つけることができませんでした。

推奨処置 既知の EEM 環境変数のみを使用してください。メッセージが繰り返し表示される場合は、メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_UNKNOWNTYPE: [chars]: Unknown event type found in applet.

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMPD_WRONGTYPE: [chars]: Published event type does not match event spec.

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMS_CNS_FAIL: [chars]: Failed to perform CNS action: [chars]

説明 EEM は CNS メッセージを送信しようとして失敗しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMS_EMPTY_QUEUE: [chars]: The I/O queue empty.

説明 I/O キューが空であってはならないときに空になっています。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMS_ENQUEUE_FAIL: [chars]: The Unable to enqueue packet onto queue.

説明 キューは、エンキューを処理するステートになっていません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMS_OPEN: [chars]: Unable to open [chars]; [chars]

説明 open 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMS_POLICY_LOOKUP_FAIL: [chars]: Failed to look up in the table the registration specification for policy [chars].

説明 ポリシーの登録仕様に関するテーブル検索に失敗しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMS_QUEUE_INIT: [chars]: The Unable to initialize queue.

説明 キューを初期化できません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-3-FMS_SWITCH_NOT_RF_ACTIVE: [chars]: This processor is not in ACTIVE state (state = [dec]). Switchover must be performed on ACTIVE processor.

説明 スイッチオーバーは、スタンバイ装置でなく、アクティブ装置で発生しなければなりません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

HA_EM-4

エラー メッセージ HA_EM-4-FMPD_EVENT_CREATE: [chars]: failed to create an event: [chars]

説明 システムは EEM イベントを作成できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-4-FMPD_EVENT_REG: [chars]: failed to register an event: [chars]

説明 システムは EEM イベントを登録できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-4-FMPD_IPC_GET_PAK: [chars]: failed to allocate an IPC buffer

説明 EEM は IPC からバッファを割り当てることができませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-4-FMPD_IPC_SEND_MSG: [chars]: failed to send an IPC message: [chars]

説明 EEM は IPC を介してメッセージを送信できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-4-FMPD_NO_ACTION: No action configured for applet [chars]

説明 このアプレットに対するアクションが設定されていませんでした。

推奨処置 このアプレットにアクションを少なくとも 1 つ設定します。

エラー メッセージ HA_EM-4-FMPD_NO_EVENT: No event configured for applet [chars]

説明 このアプレットに対するイベントが設定されていませんでした。

推奨処置 このアプレットにイベントを設定します。

HA_EM-6

エラー メッセージ HA_EM-6-FMS_RELOAD_SYSTEM: [chars]: Policy has requested a system reload;

説明 EEM ポリシーはシステムのリロードを要求しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-6-FMS_SWITCH_HARDWARE: [chars]: Policy has requested a hardware switchover

説明 EEM ポリシーはハードウェアのスイッチオーバーの発生を要求しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

HA_EM-7

エラー メッセージ HA_EM-7-ACTION_ADD_PARSER: [chars]: Unable to add action [chars] command;

説明 システムはアクション コマンドを追加できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-ACTION_CNS_AGENT_UNAVAIL: [chars]: CNS Event Agent not available: [dec]

説明 CNS イベント エージェントは現在利用できません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-ACTION_CNS_CLEAR_RESTART: [chars]: Unable to clear restart callback;

説明 CNS アクション プロセスはリスタート コールバックをクリアできませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-ACTION_CNS_SET_RESTART: [chars]: Unable to set restart callback;

説明 CNS アクション プロセスはリスタート コールバックを設定できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-ACTION_ENQUEUE_FAIL: [chars]: Unable to enqueue [chars];

説明 enqueue 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-ACTION_WB_CREATE: [chars]: create_watched_boolean failed: [chars]

説明 create_watched_boolean 関数から、Watched Boolean を作成しようとしてエラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-ACTION_WB_DELETE: [chars]: delete_watched_boolean failed: [chars]

説明 delete_watched_boolean 関数から、Watched Boolean を削除しようとしてエラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMC_ENQUEUE_FAIL: [chars]: Unable to enqueue [chars];

説明 enqueue 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMC_INV_REPLY: [chars]: Application client library unable to handle message receive.

説明 API がメッセージ応答を受信しましたが、そのようなメッセージを受け入れる状態にありません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMC_MALLOC: [chars]: Unable to allocate [chars];

説明 malloc 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMC_REG_CBH_PULSE: [chars]: Unable to locate reg callback entry for pulse code [dec]

説明 レジストレーション コールバック ハンドラは、受信したパルス コードを検証できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMC_REG_CBH_SEND: [chars]: Unable to send response for FH_MSG_CALLBACK_DONE [chars]

説明 レジストレーション コールバック ハンドラは FH_MSG_CALLBACK_DONE メッセージを EEM サーバに送信できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_ADD_PARSER: [chars]: Unable to add [chars] event detector command;

説明 イベント ディテクタはコマンドを追加できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_DE_FETCH: [chars]: [chars][[dec]]

説明 内部エラーが発生しました。イベント ディテクタは統計情報データ エンジンからデータ要素を取得できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_ENQUEUE_FAIL: [chars]: Unable to enqueue [chars];

説明 enqueue 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_HIST_QERR: [chars]

説明 内部エラーが発生しました。イベント ディテクタは履歴リストの空きエントリを入手できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_INV_COMPARE_OP: [chars]: invalid comparison operator: [dec]

説明 内部エラーが発生しました。値比較演算子が無効か、またはサポートされていません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_INV_STATS_TYPE: [chars]: invalid statistics value type: [dec]

説明 内部エラーが発生しました。統計情報データ タイプが無効か、またはサポートされていません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_INV_TM: [chars]: invalid timer: type=[dec], timer<CmdBold>Unrecognized format `=%p'<NoCmdBold>

説明 内部エラーが発生しました。タイマー値が無効か、またはサポートされていません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_INV_TM_TYPE: [chars]: invalid timer type: [dec]

説明 内部エラーが発生しました。タイマー タイプが無効か、またはサポートされていません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_MALLOC: [chars]: Unable to allocate [chars]; [chars]

説明 malloc 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_MET_RBLD: [chars]: [chars]

説明 内部エラーが発生しました。イベント ディレクタはチェックポイントされたレコードからメトリック リストを再構築できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_MSGSEND_RETRY_ERR: [chars]: [dec]

説明 イベント ディテクタは、イベント パブリッシュを通知するパルスを EEM に送信しようとしてその最大リトライ数を超えました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_OE_CREATE: [chars]: could not create an occurrence entry

説明 内部エラーが発生しました。イベント ディテクタは一致したオカレンス リストのエントリを作成できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_OE_REMOVE: [chars]: could not remove an occurrence entry

説明 内部エラーが発生しました。イベント ディテクタは一致したオカレンス リストのエントリを削除できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_PUB_TM_ALLOC: [chars]: Unable to allocate memory for event publish timer block

説明 内部エラーが発生しました。イベント ディテクタは、イベント パブリッシュ タイマー ブロックにメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMFD_TM_LEAF_NEW: [chars]: could not create a leaf timer

説明 内部エラーが発生しました。イベント ディテクタは管理リーフ タイマーを作成できませんでした。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMPD_EVENT_TYPE: [chars]: unknown event type [dec]

説明 不明な EEM イベント タイプが検出されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMPD_FORMAT_TIME: [chars]: error attemting to format time string

説明 タイムのフォーマットでエラーが発生しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMPD_NO_MEM: [chars]: not enough memory: [chars]

説明 メモリ不足が原因で、メモリの割り当てに失敗しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_CALLBACK_MAX_ENTRIES: Maximum number of callback publish entries exceeded for [chars]; some events
have been discarded

説明 指定されたプロセスのコールバック パブリッシュ キューに空きがなくなったため、コールバックを必要とするイベントをパブリッシュしようとして失敗しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_FDC_ALLOCATE: [chars]: Failed to allocate Event Detector context control block; [chars]

説明 get_fd 関数から、イベント ディテクタのコンテキスト コントロール ブロックを割り当てようとしてエラーが検出されたことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_FDC_OPEN: [chars]: Failed to open Event Detector context control block

説明 open_fd 関数から、イベント ディテクタのコンテキスト コントロール ブロックをオープンしようとしてエラーが検出されたことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_GUARD_WORD_VER: [chars]: [chars] guard word corrupted

説明 指定されたコントロール ブロックのガード ワードに、必要な内容が含まれていません。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_INV_ARG_STRING: [chars]: Invalid argument string: [chars]

説明 指定された関数に無効な引数文字列が渡されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_MALLOC: [chars]: Unable to allocate [chars]; [chars]

説明 malloc 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_NULL_SCRIPT_NAME: [chars]: The script name is NULL

説明 指定された関数に無効なスクリプト名が引数として渡されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_POLICY_EXEC: [chars]: Policy execution [chars]

説明 EEM ポリシーの実行ステートがメッセージに示されたステートに変更されました。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_POLICY_MAX_ENTRIES: [chars]: Maximum number of script publish entries exceeded; some events have been discarded

説明 スクリプト パブリッシュ キューに空きがなくなったため、スクリプトを必要とするイベントをパブリッシュしようとして失敗しました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_REALLOC_FAIL: [chars]: Unable to reallocate [chars]; [chars]

説明 realloc 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_STRDUP: [chars]: Failed to duplicate string [chars]; [chars]

説明 strdup 関数から、エラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_SWITCH_FAIL: [chars]: The system is unable to switch to standby processor. Switchover cancelled.

説明 スイッチオーバーは、スタンバイが使用可能で準備ができているときに発生する必要があります。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_WB_CREATE: [chars]: create_watched_boolean failed; [chars]

説明 create_watched_boolean 関数から、Watched Boolean を作成しようとしてエラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ HA_EM-7-FMS_WQ_CREATE: [chars]: create_watched_queue failed; [chars]

説明 create_watched_queue 関数から、Watched Queue を作成しようとしてエラーが発生したことが通知されました。

推奨処置 メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

HA_IFINDEX メッセージ

ここでは、ハイ アベイラビリティ システム(HA_IFINDEX)メッセージについて説明します。

HA_IFINDEX-2

エラー メッセージ HA_IFINDEX-2-INIT_ERROR: [chars]

説明 ハイ アベイラビリティ システムの初期化ステータスまたは状態に関するクリティカルなエラー メッセージです。ハイ アベイラビリティ システムの初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 この通知をそのままコピーします。アクティブ システムとスタンバイ システムの両方で、メッセージが表示されていないか確認します。テクニカル サポートに支援を依頼してください。

HWIF_QOS メッセージ

ここでは、HWIF_QoS メッセージについて説明します。

HWIF_QOS-6

エラー メッセージ HWIF_QOS-6-EOM_FORCE_TRUSTED: EoMPLS on [chars] caused install of 'trust cos' state

説明 インターフェイスまたはそのサブインターフェイスのいずれかに EoMPLS を設定すると、no trust ステートが trust cos ステートに自動的に変わります。

推奨処置 インターフェイスからすべての EoMPLS 設定を削除して、[no trust] に戻します。

エラー メッセージ HWIF_QOS-6-EOM_RESTORE_UNTRUSTED: The 'no trust' state is restored on EoMPLS removal from [chars]

説明 インターフェイスおよびそのすべてのサブインターフェイスで EoMPLS を設定解除すると、設定された no trust ステートに戻ります。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ HWIF_QOS-6-EOM_TRUST_NOT_INSTALLED: 'no trust' command is not installed on [chars] in presence of EoMPLS

説明 インターフェイスまたはそのサブインターフェイスのいずれかに EoMPLS が設定されている場合、no trust コマンドは組み込まれません。

推奨処置 インターフェイスからすべての EoMPLS 設定を削除します。

HYPERION メッセージ

ここでは、Hyperion ASIC(HYPERION)メッセージについて説明します。

HYPERION-3

エラー メッセージ HYPERION-3-FAILURE_INTR_CFG: Failure to setup the Hyperion device interrupts.

説明 スイッチング モジュールの内部 ASIC デバイスの初期化に失敗しました。

推奨処置 スイッチング モジュールの内部 ASIC を初期化できませんでした。その結果、デバイスは使用することができず、ディセーブルになっています。データパスは使用できません。

HYPERION-4

エラー メッセージ HYPERION-4-EARL_BUS_SYNC_ERR: Failed to sync Earl bus, Hyperion version [dec]

説明 スイッチング モジュールの HYPERION ASIC は EARL バスを初期化できませんでした。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処不要です。そうでない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show platform hardware hyperion all コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ HYPERION-4-HYP_RESET: Hyperion ASIC reset, interrupt [chars]

説明 MSC/FlexWAN-ENH の HYPERION ASIC が、重大なエラーを受信しました。ASIC はリセットされ、MSC/FlexWAN-ENH は通常の動作を継続しようとします。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。そうでない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show platform hardware hyperion all コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ HYPERION-4-UNEXPECTED_VERSION: Unexpected Hyperion version.

説明 スイッチング モジュールは Hyperion ASIC のバージョンを認識できません。

推奨処置 トラフィックがスイッチング モジュールを通過する場合は、対処不要です。それ以外の場合は、シスコの Web サイトで Bug Tookit を確認してそのバグが修正されているバージョンを判別し、適宜アップグレードします。

HYPERION-5

エラー メッセージ HYPERION-5-BUS_MODE_CHANGE: The System Switching Bus Mode changed to [chars] mode

説明 システムのスイッチング バス インターフェイス デバイス モードで、スイッチング バス モードが変更されました。

推奨処置 スーパーバイザ エンジンがこのスイッチング モジュールに、スイッチング バスのモード変更を指示しました。ユーザによる対処は不要です。

エラー メッセージ HYPERION-5-BUS_SEQ_ERR: Constellation bus Sequence Error. Resetting Hyperion ASIC.

説明 スイッチ プロセッサがバックプレーン バスでシーケンス エラーを検出しました。このエラーから回復するために、EARLからリセット シーケンスが呼び出されました。システム トラフィックは回復して、正常に継続するはずです。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処不要です。それ以外の場合、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show platform hardware hyperion all コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ HYPERION-5-HYP_INIT_FAILURE: The Hyperion ASIC initialization failed

説明 Hyperion ASIC の初期化に失敗しました。

推奨処置 Hyperion ASIC を初期化できませんでした。その結果、このデバイスは使用することができず、ディセーブルになっています。

エラー メッセージ HYPERION-5-HYP_INTR_INFO: [chars]

説明 このメッセージには、バックプレーン バス ASIC からスイッチング モジュール CPU への割り込みに関する詳細情報が示されています。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。

エラー メッセージ HYPERION-5-HYP_RESET_INFO: [chars]

説明 このメッセージには、バックプレーン バス ASIC がリセットする原因になった割り込みに関する詳細情報が示されています。

推奨処置 トラフィックが回復した場合は、対処は不要です。

エラー メッセージ HYPERION-5-NULL_HYP_OBJECT: The Hyperion device object pointer is set to NULL

説明 Hyperion デバイス オブジェクトのメモリの場所が無効です。

推奨処置 Hyperion ASIC の動作はディセーブルであり、デバイス割り込みは現在マスクされています。

ICC メッセージ

ここでは、Inter-Card Communication(ICC)メッセージについて説明します。

ICC-6

エラー メッセージ ICC-6-INFO: [chars] [hex] [hex] [hex]

説明 ICC サブシステムの一般情報またはエラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IDBMAN メッセージ

ここでは、Interface Descriptor Block Manager(IDBMAN)メッセージについて説明します。

IDBMAN-4

エラー メッセージ IDBMAN-4-CONFIG_WRITE_FAIL: FFailed to generate confgiruation for interface [chars]

説明 ファイル システムに問題があるため、指定したインターフェイスに対する設定が生成されませんでした。このエラーが発生すると、アクティブおよびスタンバイ スーパーバイザは設定が一致しなくなります。問題から回復するために、スタンバイ スーパーバイザがリロードされます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IDMGR マネージャ

ここでは、ID マネージャ(IDMGR)メッセージについて説明します。

IDMGR-3

エラー メッセージ IDMGR-3-INVALID_ID_TABLE_SIZE: bad new ID table size

説明 ID マネージャに新しいテーブル要求が出されましたが、不正な要求です。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IF メッセージ

ここでは、インターフェイス(IF)メッセージについて説明します。

IF-3

エラー メッセージ IF-3-BADMACADDRTYPE: illegal mac address type, [dec]

説明 内部エラーが発生しましたが、問題なく回復されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

IF-4

エラー メッセージ IF-4-BACKWARD_COUNTERS: Corrected for backward [chars] counters ([int] -> [int]) on [chars]

説明 メッセージに示されたインターフェイスのパケット カウンタはカウント数が減少しました。この状態は、パケットがカウントされたあとドロップされると発生します。このイベントが検出され、修正されました。

推奨処置 状態が解消されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容の特定に役立つデータを収集します。エラー メッセージまたはshow tech-support コマンドの出力から、エラーの内容が判別できない場合は、シスコのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

IFS メッセージ

ここでは、Cisco IOS ファイル システム(IFS)メッセージについて説明します。

IFS-3

エラー メッセージ IFS-3-FS_STRUCT_ERROR: Data does not match expected internal representation

説明 ファイル システムから抽出されたデータの形式と予期していたデータ形式が一致しません。デュアル RP 環境において、2 つの RP で異なる IOS バージョンが実行されている場合に発生する可能性があります。

推奨処置 デュアル RP 環境の場合には、両方の RP で同一 IOS バージョンが実行されていることを確認してください。問題が解決しない場合は、テクニカル サポートに支援を依頼してください。

IMAGE_SIMFS メッセージ

ここでは、In-Memory System Image File System(IMAGE_SIMFS)メッセージについて説明します。

IMAGE_SIMFS-3

エラー メッセージ IMAGE_SIMFS-3-NOPROCESS: Failure spawning Memory Reclaim process

説明 インメモリ イメージ ファイルでこれまで保持されたメモリをまとめるために IOS プロセスを作成しようとしましたが、失敗しました。ソフトウェアの障害が原因であると考えられます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IMAGE_VFS メッセージ

ここでは、Image Virtual File System(IMAGE_VFS)メッセージについて説明します。

IMAGE_VFS-3

エラー メッセージ IMAGE_VFS-3-CHECKSUM_FAIL: [chars] image checksum mismatch.

説明 メモリ内のイメージのチェックサムが、期待するチェックサムと異なります。

推奨処置 イメージ ファイルが完全で壊れていないか確認します。

エラー メッセージ IMAGE_VFS-3-LOAD_FAIL: Failed to locate all the Image files,on bootup

説明 関連イメージ ファイルが見つからないか、(ファイルが壊れているため)抽出できませんでした。またはルータのメモリが不足してイメージ全体をロードできませんでした。

推奨処置 TAR ファイルがシステム イメージの一部の場合は、show image contents file archive-name(archive-name はアーカイブ名)を入力します。show region および show version コマンドを入力します。 http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IMAGE_VFS-3-LOCATE_FAIL: Failed to open [chars], which was loaded from archive [chars]

説明 関連イメージ ファイルが見つからないか、(ファイルが壊れているため)抽出できませんでした。またはアーカイブ自体が見つかりませんでした(フラッシュ ベースのアクセスの場合)。

推奨処置 ファイルがメモリにない場合は、アーカイブ ファイルを確認します。ファイルが TAR アーカイブ ファイルで、システム ソフトウェア イメージの一部でない場合は、archive tar table archive-name コマンド(archive-name は TAR アーカイブ名)を入力します。TAR ファイルがシステム イメージの一部の場合は、show image contents file archive-name(archive-name はアーカイブ名)を入力します。dir all および show version コマンドを入力します。
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IMAGE_VFS-3-NOPROCESS: Failure spawning No Cache process

説明 インメモリ イメージ ファイルを削除する IOS プロセスを作成できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IMAGE_VFS-3-VERIFY_FAIL: archive verification failed for file [chars] & archive [chars].

説明 ローカル デバイス内のアーカイブとメモリにロードされたイメージ ファイルのバージョンが異なります。このエラーは、アーカイブがローカル デバイスから削除されたか同じ名前の他のファイルに置き換えられた場合に発生します。

推奨処置 アーカイブ ファイルが完全で壊れていないかどうか確認します。また、アーカイブのサイズと最終変更日時(利用可能な場合)が本来のものと同一であるかどうかを確認します。dir all および show version コマンドを入力します。

INBAND メッセージ

ここでは、インバンド管理(INBAND)メッセージについて説明します。

INBAND-3

エラー メッセージ INBAND-3-BAD_PAK: Possibly un-encapsulated packet passed to Mistral: int [chars] type [int] stat [hex] flags [hex] size [dec] offset [dec] requeue_token [int] r1 [int] r2 [int] total detected [int]

説明 プロセス レベルからの、不適切にカプセル化されたパケットがありました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

INTERFACE_API メッセージ

ここでは、インターフェイス記述子ブロックのバイナリ API(INTERFACE_API)メッセージについて説明します。

INTERFACE_API-4

エラー メッセージ INTERFACE_API-4-TBLERROR: A error occurred while using the Index Table utility for [chars].

説明 ソフトウェア エラーが発生しました。インデックス テーブルの機能が正常に使用できなかった場合に、このメッセージが表示されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

INTR_MGR メッセージ

ここでは、割り込み管理(INTR_MGR)メッセージについて説明します。

INTR_MGR-3

エラー メッセージ INTR_MGR-3-BURST: [chars] [chars] [[dec]]

説明 示されたタイプのハードウェア割り込みのバーストが発生しました。

推奨処置 エラーの具体的な内容については、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに表示されます。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ INTR_MGR-3-INTR: [chars] [chars]

説明 指定された割り込みイベントが検出されました。

推奨処置 エラーの具体的な内容については、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに表示されます。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ INTR_MGR-3-MAXBURST: [chars] [chars] [[dec]]

説明 指定されたハードウェア割り込みが、バーストの最大許容数を超えました。

推奨処置 エラーの具体的な内容については、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに表示されます。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IPC メッセージ

ここでは、Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)メッセージについて説明します。

IPC-2

エラー メッセージ IPC-2-INVALIDZONE: Invalid IPC Zone [hex].

説明 IPC が未対応のゼロ ID で操作が試行されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support ipc コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IPC-3

エラー メッセージ IPC-3-INVALID_PORT_INFO: Invalid port_info in the retry queue message - SRC_PORT = [hex], DEST_PORT = [hex], MSG_TYPE = [hex]

説明 IPC プロトコル サブシステムは、port_info 情報が矛盾していることを検出しました。port_info はすでにアプリケーションにより開放されていると考えられます。

推奨処置 表示されたエラー メッセージ、およびマスターと関係スレーブからの show tech ipc コマンドの出力を収集します。

IPC-4

エラー メッセージ IPC-4-NOPORT: Port Not Found. [hex] --> [hex], Index:[hex], Seq: [dec], flags: [hex], size: [dec]

説明 IPC は、IPC が認識できないポートが宛先のメッセージを受信しました。

推奨処置 sh ipc status、sh ipc ports、および deb ipc errors の出力を収集し、TAC に問い合わせてください。

IPC-5

エラー メッセージ IPC-5-NULLBPHANDLER: Passed Null backpressure handler

説明 IPC は、アプリケーションのヌル機能を IPC バックプレッシャ ハンドラ リストに登録できません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IPC-5-SEND_APP_MSG_FAILED: Send message to peer for [chars] failed. Reason: [chars]

説明 IPC App Port を使用するクライアントがメッセージを送信できません。

推奨処置 メッセージに示された理由が no such port の場合、アクティブとスタンバイで実行されている IOS のバージョンの違いが原因となっている可能性があります。そうでない場合は、アクティブとスタンバイ RP 上で sh ipc stat、sh ipc rpc、および sh ipc port の情報を収集し、TAC に問い合わせてください。

IPC-6

エラー メッセージ IPC-6-STATEFUL: [chars]

説明 ステートフル IPC イベントが発生しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

IP_DEVICE_TRACKING メッセージ

ここでは、スイッチ IP ホスト トラッキング(IP_DEVICE_TRACKING)メッセージについて説明します。

IP_DEVICE_TRACKING-4

エラー メッセージ IP_DEVICE_TRACKING-4-TABLE_LOCK_FAILED: Table already locked by process-id [dec]([chars])

説明 IP デバイス トラッキング テーブルは別のプロセスによりロックされているため、更新できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ IP_DEVICE_TRACKING_HA-4-ENTRY_OUT_OF_SYNC: Host mac-address [enet] ip-address [IP_address] interface [chars]

説明 アクティブとスタンバイ間でこのホストの IP デバイス トラッキング テーブルに矛盾が検出されました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

IPFAST メッセージ

ここでは、IP ファスト スイッチング(IPFAST)メッセージについて説明します。

IPFAST-2

エラー メッセージ IPFAST-2-FAILOPENIPCPORT: Could not open the IPC ports. [chars]

説明 IPFAST は、LC/RRP/SP と通信するための IPC ポートをオープンできませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl
にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IPFAST-2-FASTPORTCREATEERR: Attempt to create [chars] failed after [dec] retries (last error:[chars])

説明 スイッチング モジュールは、RP へのポートを作成しようとしましたが、何度か試行しても作成できませんでした。そのため、このスイッチング モジュールで CEF がディセーブルになる可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl
にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IPFAST-2-FASTPORTOPEN: Requested to open [chars], id [int] when already open. Attempting to re-open.

説明 スイッチング モジュールは、すでに RP のポートが開いているのにポートを開こうとしています。これは一時的な動作ですが、結果的に複数のポートが同じ目的のために開かれてしまう可能性があります。

推奨処置 ルータを回復する必要があります。このスイッチング モジュールの CEF の問題が発生した場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IPFAST-2-FASTPORTOPENERR: Attempt to open [chars] failed after [dec] retries (last error:[chars])

説明 スイッチング モジュールは、RP へのポートをオープンしようとしましたが、何度か試行しても作成できませんでした。そのため、このスイッチング モジュールで CEF がディセーブルになる可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IPFAST-2-FASTPORTREGISTERERR: Attempt to register [chars] failed after [dec] retries (last error:[chars])

説明 スイッチング モジュールは、RP へのポートを登録しようとしましたが、何度か試行しても作成できませんでした。そのため、このスイッチング モジュールで CEF がディセーブルになる可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IPFAST-2-INVALSIZE: The IP fast path received an IPC message with an invalid size(size/type - [dec]/[dec])

説明 IP ファースト パス スイッチング モジュールは 無効なサイズの IPC メッセージを受信しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IPFAST-4

エラー メッセージ IPFAST-4-FAILATTEMPTOPENIPCPORT: Attempt to open the IPC ports failed. [chars]

説明 IPFAST は、LC/RRP/SP と通信するために IPC ポートをオープンしようとして失敗しました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ IPFAST-4-FASTPORTCREATEWARN: Attempt to create [chars] failed. Will be retried [dec] times (last error:[chars])

説明 スイッチング モジュールは、RP へのポートを作成しようとしましたが、作成できませんでした。これは一時的な現象の可能性があるので、リトライされます。

推奨処置 ルータを回復する必要があります。このスイッチング モジュールの CEF がディセーブルになった場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IPFAST-4-FASTPORTOPENWARN: Attempt to open [chars] failed. Will be retried [dec] times (last error:[chars])

説明 スイッチング モジュールは、RP へのポートをオープンしようとしましたが、オープンできませんでした。これは一時的な現象の可能性があるので、リトライされます。

推奨処置 ルータを回復する必要があります。このスイッチング モジュールの CEF がディセーブルになった場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IPFAST-4-FASTPORTREGISTERWARN: Attempt to register [chars] failed. Will be retried [dec] times (last error:[chars])

説明 スイッチング モジュールは、RP へのポートを登録しようとしましたが、登録できませんでした。これは一時的な現象の可能性があるので、リトライされます。

推奨処置 ルータを回復する必要があります。このスイッチング モジュールの CEF がディセーブルになった場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

IPMCAST_LIB メッセージ

ここでは、IP マルチキャスト ライブラリ(IPMCAST_LIB)メッセージについて説明します。

IPMCAST_LIB-4

エラー メッセージ IPMCAST_LIB-4-RPF_DEPTH_ERR: Depth for rpf lookup greater than [dec] for [chars]

説明 指定されたルートの解決の反復回数が許容される最大数を超えました。これは通常は、誤設定が原因です。

推奨処置 ルータの設定を確認して問題を解決します。支援が必要な場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IPMCAST_LIB-4-RPF_STATIC_ERR: No match for RIB static route [dec] in static table for root

説明 内部エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IPMCAST_LIB-6

エラー メッセージ IPMCAST_LIB-6-TIMER_BUSY: Timer drift is accumulating, [dec] msecs

説明 負荷の高い処理があり、タイマーは遅延を累積しています。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IPNAT メッセージ

ここでは、IP Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)(IPNAT)メッセージについて説明します。

IPNAT-4

エラー メッセージ IPNAT-4-ADDR_ALLOC_FAILURE: Address allocation failed for [IP_address], pool [chars] might be exhausted

説明 IP NAT プールからアドレスを割り当てることができませんでした。その結果、変換エラーが生じ、パケットのドロップが引き起こされる可能性があります。これらに対応するドロップされたパケットのカウンタが増加します。

推奨処置 NAT プールを使い果たしていないかどうかを確認します。新しいパケット フローに NAT プールの既存のアドレスを再利用する場合は、clear ip nat translation コマンドを使用して、現在の NAT エントリを消去します。

IPSECV6 メッセージ

ここでは、暗号化機能(IPSECV6)メッセージについて説明します。

IPSECV6-4

エラー メッセージ IPSECV6-4-RECVD_PKT_NOT_IPSECV6: Rec'd packet not an IPSEC packet. (ip) dest_addr=[dec], src_addr=[dec], prot= [dec]

説明 受信したパケットは暗号マップ ACL に一致していますが、IP セキュリティでカプセル化されていません。IP セキュリティ ピアはカプセル化されていないパケットを送信しています。ピア側のポリシー設定が単に間違っている可能性があります。これは敵対的なイベントと考えられる場合もあります。

推奨処置 ピアの管理者に連絡してポリシー設定を比較してください。

エラー メッセージ IPSECV6-4-RECVD_PKT_V6_INV_PROT: decapsulate: packet missing [chars], destadr, actual prot=[dec]

説明 受信した IP セキュリティ パケットは必要な AH または ESP ヘッダーが欠落しています。ピアはネゴシエーションされたセキュリティ ポリシーと一致しないパケットを送信しています。これは敵対的なイベントと考えられる場合もあります。

推奨処置 ピアの管理者に連絡します。

エラー メッセージ IPSECV6-4-RECVD_PKT_V6_INV_SPI: decaps: rec'd IPSEC packet has invalid spi for destaddr=[dec], prot=[dec], spi=[hex]([dec]), srcaddr=[dec]

説明 受信した IP セキュリティ パケットには、SADB に存在しない SPI が指定されています。IP セキュリティ ピア間の SA のエージングのわずかな違いによる一時的な状態か、またはローカル SA がクリアされたことによる可能性があります。さらに、IP セキュリティ ピアが偽のパケットを送った可能性もあります。これは敵対的なイベントと考えられる場合もあります。

推奨処置 ローカル SA がクリアされていた場合は、ピアでこの状態を認識しない可能性があります。この場合、ローカル ルータから新しい接続が確立されれば、2 つのピアは正常に再確立できる場合があります。問題が一時的でない場合は、新しい接続を確立してみるか、ピアの管理者に連絡してください。

エラー メッセージ IPSECV6-4-RECVD_PKT_V6_MSG_LEN_ERR: decapsulate: packet has bad [chars] length destadr=[dec], prot=[dec], len=[dec]

説明 受信した IP セキュリティ パケットは不正な形式のパケットです。ピアは不正な形式のパケットを送信しています。復号化エラーが原因の可能性があります。これは敵対的なイベントと考えられる場合もあります。

推奨処置 ピアの管理者に連絡します。

IPv6 メッセージ

ここでは、IP バージョン 6(IPv6)メッセージについて説明します。

IPV6-3

エラー メッセージ IPV6-3-UNFRAGMENTABLE: Cannot fragment packet: unfragmentable part length [dec], MTU of [dec]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。このシステムで発信された単独パケットが断片化できず、ドロップされました。通常のシステム動作を継続します。

推奨処置 これは一時的なエラーですが、シスコのテクニカル サポートによる詳しい検証が必要なエラーがほかにもソフトウェアにあることを示しています。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IP_VRF メッセージ

ここでは、IP VPN Routing/Forwarding instance(VRF; VPN ルーティング/転送インスタンス)共通(IP_VRF)メッセージについて説明します。

IP_VRF-3

エラー メッセージ IP_VRF-3-VRF_CACHE_ADD_ERROR: [chars]

説明 キャッシュされる VRF エントリの作成に失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ IP_VRF-3-VRF_CACHE_INIT_ERROR: [chars]

説明 キャッシュされる VRF の初期化に失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

IP_VRF-4

エラー メッセージ IP_VRF-4-VRF_DELETE_WAIT: The VRF [chars] is getting deleted after a wait

説明 ある程度の時間が経過したあとも、削除された VRF のルーティング テーブルにルートがまだ残っています。同じ VRF を再利用できるようにするために、VRF ルーティング テーブルのルートは強制的に消去されます。この結果、VRF は削除されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

ISA メッセージ

ここでは、Integrated Services Adapter(ISA; 統合サービス アダプタ)メッセージについて説明します。

ISA-1

エラー メッセージ ISA-1-ALIGN: Alignment failure on packet buffer: [hex]

説明 ソフトウェア エラーが発生しました。ISA ドライバは、バッファが正しく調整されていないことを検出しました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ISA-1-ERROR: [chars]

説明 ISA を使用するアプリケーションにエラーが発生しました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ISA-1-INITDESCRING: Slot [dec]: The ISA driver failed to allocate "descriptor offsets" write_offsets: [hex], read_offsets: [hex], stored_offsets: [hex]

説明 ISA ドライバは指定されたポイントで初期化できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ISA-1-INITFAIL: Slot [dec]: [chars]

説明 ISA ドライバは指定されたポイントで初期化できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ISA-1-NOMEMORY: [chars] creation failed for slot [dec]

説明 ISA ドライバは初期化フェーズにあるときに、指定されたデータ構造にメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 共有メモリの増設を検討してください。エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ISA-1-OWNER: [chars] packet buffer, pak=[hex]

説明 ソフトウェアまたはハードウェア エラーが発生しました。ISA ドライバは、バッファ リングに矛盾があり、回復不能な状態であることを検出しました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ ISA-1-TOOBIG: [chars] received a packet with size [dec].

説明 システムは大きすぎるパケットを受信しました。[dec] はパケットのサイズを示しています。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

ISA-6

エラー メッセージ ISA-6-INFO: [chars]

説明 これは ISA からの通知メッセージです。

推奨処置 これは ISA からの通知メッセージです。これは通常の動作中に発生します。

エラー メッセージ ISA-6-SHUTDOWN: [chars] shutting down

説明 指定された ISA がシャットダウン中です。物理的に取り外された場合があります。

推奨処置 これは単なる通知メッセージです。通常の動作中に表示されます。

IXP_MAP メッセージ

ここでは、ESF Network Processor Client Mapper(IXP_MAP)メッセージについて説明します。

IXP_MAP-3

エラー メッセージ IXP_MAP-3-ATOM: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 ATOM ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-DROP_BLOCK: [chars] error detected - [hex] [hex] [dec] [dec]

説明 拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサのドロップ ブロックの割り当て中にエラーが検出されました。

推奨処置 これはソフトウェア プログラミングのエラーです。次の show コマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-EXMEM: [chars] [chars] error detected - [chars] ([dec])

説明 ネットワーク プロセッサの外部メモリを管理中にエラーが検出されました。

推奨処置 これはソフトウェア プログラミングのエラーです。次の show コマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-HQF: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 HQF ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-INITFAIL: Initialization Failed - [chars]: [chars] [chars]

説明 1 つまたは複数の初期化できなかったネットワーク プロセッサをサービスするために、メモリが必要です。

推奨処置 影響を受けているカードまたはプラットフォームで、Cisco IOS イメージをリロードします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-INTF: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 Interface ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-LOCK_BLOCK: [chars] error detected - [hex] [dec] [dec] [dec]

説明 拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサのロック ビットの割り当て中にエラーが検出されました。

推奨処置 これはソフトウェア プログラミングのエラーです。次の show コマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-LOCK_LIST: [chars] error detected - [hex] [dec] [dec] [dec]

説明 拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサのロック ビット リストの割り当て中にエラーが検出されました。

推奨処置 これはソフトウェア プログラミングのエラーです。次の show コマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-MAXEXCEED: ESF NP Mapper Max Services Exceeded - [chars]: [chars] [dec]

説明 ESF Network Processor Client Mapper サービスの最大数を超えました。

推奨処置 設定を変更してサービスの数を減らします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-MPLSOGRE: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 MPLSOGRE ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-NOMEM: Memory Allocation Failure - [chars]: [chars]([hex])

説明 1 つまたは複数のネットワーク プロセッサのサービスに必要なメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 このエラーは、設定でイネーブルになったすべての機能および関連するエンティティをサービスするには、影響を受けているカードまたはプラットフォームにさらにメモリを追加する必要があることを示している可能性があります。影響を受けているカードまたはプラットフォームで、Cisco IOS イメージをリロードします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-NOMEM_S: Memory Allocation Failure - [chars]: [chars] [chars]

説明 1 つまたは複数のネットワーク プロセッサのサービスに必要なメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 このエラーは、設定でイネーブルになったすべての機能および関連するエンティティをサービスするには、影響を受けているカードまたはプラットフォームにさらにメモリを追加する必要があることを示している可能性があります。影響を受けているカードまたはプラットフォームで、Cisco IOS イメージをリロードします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-NOTFOUND: ESF NP Client Mapper - [chars]: [chars] [hex]

説明 ESF Network Processor Client Mapper は、必要なソフトウェア エレメントを検出できませんでした。

推奨処置 影響を受けているカードまたはプラットフォームで、Cisco IOS イメージをリロードします。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-NPUNKNOWN: Unsupported NP - [chars]: [chars] [chars]

説明 サポートされないネットワーク プロセッサが検出されました。

推奨処置 影響を受けているカードまたはプラット フォーム上で設定された機能に対応する正しい IOS イメージがロードされていることを確認してください。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-QOS: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 QOS ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-QOS_CONFIG: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 QOS ESF Network Processor Client Mapper の設定エラーが検出されました。

推奨処置 この設定エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。QoS ACL の設定の問題を解消するために、設定を変更します。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-STATS_BLOCK: [chars] error detected - [hex] [hex] [dec] [dec] [dec]

説明 拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの統計情報ブロックの割り当て中にエラーが検出されました。

推奨処置 これはソフトウェア プログラミングのエラーです。次の show コマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-TTFIB: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 VPLS ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-VPLS: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 VPLS ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-3-WRED: [chars] error detected: [chars] [chars] [hex] [hex]

説明 WRED ESF Network Processor Client Mapper のソフトウェア プログラミング エラーが検出されました。

推奨処置 このソフトウェア プログラミング エラーは、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサの動作に致命的とは考えられません。ソフトウェアはエラー状態の検出と報告を行うように設計されています。エラーが解消されない場合は、影響を受けているデバイスをリセットします。次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

IXP_MAP-4

エラー メッセージ IXP_MAP-4-IPC_FAIL: ESF IPC Command failed - [chars] NP=[chars] (cmd=[dec] me=[dec] rc=[dec])

説明 拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサに送信された IPC コマンドが失敗しました。

推奨処置 ネットワーク プロセッサのハードウェアまたはマイクロコードに問題がある可能性があります。影響を受けているハードウェアをリロードし、エラーを解消してください。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ IXP_MAP-4-STUCK: Client ID([hex], [hex]) not ready on [chars]

説明 拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサのリセット中に、1 つまたは複数のネットワーク プロセッサ クライアントが処理の停止を完了していません。

推奨処置 システムはそれでも正常に動作しますが、拡張スーパ フレーム ネットワーク プロセッサがリセットするまでに収集された統計情報またはステートは失われた可能性があります。エラーが解消されない場合は、次のコマンドの出力を記録してください。

show tech

show log

この情報をシスコのテクニカル サポートに提出してください。

L2_AGING メッセージ

ここでは、レイヤ 2 エージング(L2_AGING)メッセージについて説明します。

L2_AGING-2

エラー メッセージ L2_AGING-2-DEC_EN_FAIL: Failed to initialize Distributed EtherChannel

説明 分散 EtherChannel の動作に必要な 1 つまたは複数のリソースが使用中です。

推奨処置 no monitor session servicemodule コマンドを使用してサービス モジュール用に予約されているモニタ セッションを削除してから、再度やり直してください。

エラー メッセージ L2_AGING-2-SIG_INST_FAIL: [chars]: Failed to install signal handler

説明 レイヤ 2 エージングを伴ったプロセスにシグナル ハンドラをインストールできませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

L2_APPL メッセージ

ここでは、レイヤ 2 アプリケーション(L2_APPL)メッセージについて説明します。

L2_APPL-5

エラー メッセージ L2_APPL-5-MAC_USAGE: MAC usage for EARL [dec] is currently [dec]

説明 Enhanced Address Recognition Logic(EARL)の L2 フォワーディング テーブルの利用率がユーザの設定したしきい値を超えました。利用率しきい値を超えた EARL フォワーディング テーブルと現在の利用率がエラー メッセージ テキストに示されています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

L2_ASIC メッセージ

ここでは、レイヤ 2 フォワーディング エンジン(L2_ASIC)メッセージについて説明します。

L2_ASIC-0

エラー メッセージ L2_ASIC-0-FATAL_INTR: L2 Forwarding Engine: fatal interrupt: int status [hex], int mask [hex]

説明 EARL は動作していない可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

L2_ASIC-1

エラー メッセージ L2_ASIC-1-SCP_Q_CREATE_FAIL: Failed to create L2 Forwarding Engine SCP queue

説明 SCP キューの作成ができませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ L2_ASIC-1-TASK_CREATE_FAIL: Failed to create L2 Forwarding Engine fatal interrupt patch task

説明 タスクを作成できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ L2_ASIC-1-THRO_RES_ALLOC_FAIL: Failed to allocate throttle resource

説明 スロットル リソースを割り当てできませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

L2_ASIC-2

エラー メッセージ L2_ASIC-2-L2L3_SEQ_ERR: L2 Seq #[hex], L3 Seq #[hex], L2L3 Mismatch seq #[hex]

説明 L2 フォワーディング エンジンの L2-L3 シーケンス エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ L2_ASIC-2-PARITY_ERR: L2 Forwarding Engine: parity intr #[dec]: address [hex], Data: [hex], [hex], [hex], [hex]

説明 フォワーディング テーブルのアクセス中に、パリティ エラーが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ L2_ASIC-2-RESET_LC: Resetting the linecard [dec]. Error code [dec]

説明 スイッチは SCP 応答を受信できなかったか、またはステータスが OK 以外の SCP 応答を受信しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ L2_ASIC-2-SEQ_ERR: [chars] seq. error: Seq #[hex], Intr. status #[hex], Cntrl1 #[hex], Cntrl2 #[hex]

説明 L2 フォワーディング エンジンのシーケンス エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

L2_ASIC-4

エラー メッセージ L2_ASIC-4-INV_MSG: Received [chars] message from slot [dec]

説明 無効なスイッチング モジュールからメッセージを受信しました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

エラー メッセージ L2_ASIC-4-INV_REG: L2 Forwarding Engine: Attempt to [chars] invalid register

説明 内部エラーが発生しました。L2 フォワーディング エンジンの無効なレジスタに読み取りと書き込みを行おうとしました。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

L3_ASIC メッセージ

ここでは、レイヤ 3 CEF(L3_ASIC)メッセージについて説明します。

L3_ASIC-1

エラー メッセージ L3_ASIC-1-ERR_NF_PARITY: Netflow table parity error can't be fixed by software.

説明 NetFlow テーブルのパリティ エラーが非常に多くなり、システム ソフトウェアでは修正できなくなりました。

推奨処置 システムをリロードしてください。リロードしても同じモジュールでこのメッセージが繰り返される場合は、TAC に問い合わせ、show module コマンドの情報を提出し、交換用のモジュールを入手してください。

L3_ASIC-4

エラー メッセージ L3_ASIC-4-ERR_INTRPT: Interrupt [chars] occurring in L3 CEF Engine.

説明 L3 CEF エンジンでエラー割り込みが発生しています。

推奨処置 スイッチ スーパーバイザと Distributed Forwarding Card(DFC)対応のすべてのスイッチング モジュールのコンソールで、show earl status コマンドを入力します。シスコのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

L3MM メッセージ

ここでは、Layer 3 Mobility Manager(L3MM; レイヤ 3 モビリティ マネージャ)メッセージについて説明します。

L3MM-4

エラー メッセージ L3MM-4-AP_DB_ADD: Failed to add AP to DB { AP: [enet], [IP_address]}

説明 L3MM は、指定した AP のエントリを AP データベースに追加できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ L3MM-4-AP_DB_DEL: Failed to delete AP from DB { AP: [enet], [IP_address]}

説明 L3MM は、指定した AP のエントリを AP データベースから削除できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ L3MM-4-DUP_AP_IPADDR: AP [enet] is requesting ip [IP_address] which is being used by another AP

説明 L3MM により、アクセス ポイントが IP アドレスを要求したことが検出されましたが、この IP アドレスはネットワークの別のアクセス ポイントによって使用されています。

推奨処置 2 つのアクセス ポイントのいずれかの IP アドレスを変更します。

エラー メッセージ L3MM-4-DUP_IPADDR: MN [enet] is requesting ip [IP_address] which is being used by MN [enet]

説明 L3MM により、モバイル ノードが IP アドレスを要求したことが検出されましたが、この IP アドレスはネットワークの別のモバイル ノードによって使用されています。

推奨処置 2 つのモバイル ノードのいずれかの IP アドレスを変更します。

エラー メッセージ L3MM-4-INIT_FAIL: Initialization failure; reason: [chars]

説明 指定された理由のために、L3MMは初期化できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ L3MM-4-MALLOC_FAIL: Memory allocation failure [chars]

説明 L3MM は、指定した操作の実行やイベントへの応答の実行に必要なメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 スーパーバイザの RP のメモリを増やします。

エラー メッセージ L3MM-4-MN_IPDB_ADD: Failed to add MN to MN DB { MN: [enet], [IP_address]}

説明 L3MM は、指定した MN のエントリを MN IP データベースに追加できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ L3MM-4-MN_IPDB_DEL: Failed to delete MN from IP DB { MN: [enet], [IP_address]}

説明 L3MM は、指定した MN のエントリを MN IP データベースから削除できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ L3MM-4-MN_MACDB_ADD: Failed to add MN to MAC DB { MN: [enet], AP: [IP_address] }

説明 L3MM は、指定した MN のエントリを MN MAC データベースに追加できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ L3MM-4-MN_MACDB_DEL: Failed to delete MN from MAC DB { MN: [enet], [IP_address], AP: [IP_address], WNID: [dec] }

説明 L3MM は、指定した MN のエントリを MN MAC データベースから削除できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

L3MM-5

エラー メッセージ L3MM-5-WLAN: Wireless LAN Module in slot [dec] is [chars]

説明 L3MM は、指定されたスロットのワイヤレス LAN モジュールのステートが変化したことを検出しました。モジュールがオンラインになっている場合、L3MM はモジュール上の WDS からアクセス ポイントとモバイル ノードの登録の受信を開始します。モジュールがオフラインの場合、L3MM はモジュールから受信したすべてのアクセス ポイントとモバイル ノードを削除します。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ L3MM-5-WLAN_COMM_ABORT: Communication with Wireless LAN Module in slot [dec] aborted ([chars])

説明 L3MM は、上記エラー メッセージで表示されているワイヤレス LAN モジュールとの通信障害を検出しました。L3MM は、モジュールがオフラインになった場合のように、アクセス ポイントとモバイル ノード データベースを削除します。ただし、モジュールが L3MM によってリセットされることはありません。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ L3MM-5-WLAN_PWR_DN: Wireless LAN Module in slot [dec] will be powered down, another module is already active

説明 L3MMは、オンラインになるよう試行しているワイヤレスLANモジュールを検出しました。しかし、別のモジュールが、アクティブのワイヤレスLANモジュールとして、すでに動作しています。L3MM は、複数のオンラインのワイヤレス LAN モジュールを同時にシャーシ内でサポートしません。このため、モジュールの電源は切断されます。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

LDP

ここでは、ラベル配布プロトコル(Label Distribution Protocol; LDP)メッセージについて説明します。

LDP-5

エラー メッセージ LDP-5-CLEAR_NBRS: Clear LDP neighbors ([chars]) by [chars]

説明 1 つまたは複数の LDP ネイバー セッションがリセットされました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

LSPV

ここでは、MPLS Label-Switched Path Verification(LSPV)メッセージについて説明します。

LSPV-3

エラー メッセージ LSPV-3-COMM: [chars]: [hex] [hex]

説明 COMM モジュール上で予期しない RP/LC XDR 状態が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

MAC_LIMIT メッセージ

ここでは、MAC アドレス テーブル エントリ(MAC_LIMIT)メッセージについて説明します。

MAC_LIMIT-4

エラー メッセージ MAC_LIMIT-4-PORT_DROP: [chars] with Configured limit [dec] has currently [dec] entries

説明 ポートのエントリ数が許容数を下回ったか、または許容数と等しいことを意味しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ MAC_LIMIT-4-PORT_ENFORCE: Enforcing limit on [chars] with Configured limit [dec]

説明 ポートのエントリ数が許容数を超えました。制限するアクションが設定されています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ MAC_LIMIT-4-PORT_EXCEED: [chars] with configured limit [dec] has currently [dec] entries

説明 ポートのエントリ数が許容数を超えました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ MAC_LIMIT-4-VLAN_DROP: Vlan [dec] with configured limit [dec] has currently [dec] entries

説明 VLAN のエントリ数が許容数を下回ったか、または許容数と等しいことを意味しています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ MAC_LIMIT-4-VLAN_ENFORCE: Enforcing limit on Vlan [dec] with configured limit [dec]

説明 VLAN のエントリ数が許容数を超えました。制限するアクションが設定されています。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

エラー メッセージ MAC_LIMIT-4-VLAN_EXCEED: Vlan [dec] with configured limit [dec] has currently [dec] entries

説明 VLAN のエントリ数が許容数を超えました。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

MAC_MOVE メッセージ

ここでは、ホスト アクティビティ(MAC_MOVE)メッセージについて説明します。

MAC_MOVE-4

エラー メッセージ MAC_MOVE-4-NOTIF: Host [enet] in vlan [dec] is flapping between port [chars] and port [chars]

説明 指定されたホストが指定されたポート間を往復していることが検出されました。

推奨処置 ネットワークにループが発生していないかどうかを確認してください。

MCAST メッセージ

ここでは、レイヤ 2 マルチキャスト(MCAST)メッセージについて説明します。

MCAST-6

エラー メッセージ MCAST-6-ETRACK_LIMIT_EXCEEDED: [chars] snooping was trying to allocate more explicit-tracking entries than what allowed ([dec])

説明 明示的なトラッキング エントリの割り当ては、IGMP/MLD スヌーピングによるシステム リソースの枯渇を防ぐために制限されています。

推奨処置 (s,g)チャネルの数を減らすか、受信者の数を減らします。明示的なトラッキング データベースが制限を超えた場合は、どのチャネルの新規メンバーシップもトラッキングされなくなります。このようなメンバーがチャネルを離脱すると、離脱遅延時間が長くなる可能性があります。もう 1 つの方法として、CLI の ip igmp snooping limit track <max-entries> コマンドを入力してコンフィギュレーション モードの限界を大きくすることもできます。ただし、max-entries の値が増えることで、システム リソースの使用率が増えるため、クラッシュする可能性があり、注意が必要です。

エラー メッセージ MCAST-6-IGMP_PKT_DROPPED: IGMP: IGMP Queue full (high packet rate/CPU busy), dropped [dec] packet(s) in last 5 minutes

説明 IGMP パケット キューはこれ以上パケットを収容できません。パケットは処理されずにドロップされます。

推奨処置 IGMP のパケット速度が速すぎてパケットがドロップされています。パケット速度を下げてパケットのドロップを防ぎます。

エラー メッセージ MCAST-6-IGMP_RATE_LIMIT_DISABLE: IGMP: enabling Snooping on Vlan([dec]), IGMP messages will not be rate limited

説明 VLAN 上の IGMP メッセージが一定時間絞り込まれたあと、ユーザ側が問題のある VLAN の速度を手動で修正し CPU の負荷を減らしたことを期待して、スヌーピングは再びイネーブルにされます。

推奨処置 なし

エラー メッセージ MCAST-6-IGMP_RATE_LIMIT_ENABLE: IGMP: Incoming IGMP message rate ([dec] pps) exceeded max threshold([dec] pps), disabling Snooping on Vlan([dec]) for [dec] secs

説明 IGMP メッセージの着信速度が、設定されている最大しきい値を超えました。すべての高速 VLAN でスヌーピングがディセーブルになり、残りのすべての VLAN でしきい値を下回るように、合計速度が下げられます。

推奨処置 すべての高速 VLAN で IGMP メッセージの速度を下げます。これにより CPU 負荷を緩和します。

エラー メッセージ MCAST-6-MLD_ADDRESS_ALIASING_FALLBACK: Address Aliasing detected for [enet] on vlan [dec] from possible src-ip [dec] dst-ip [dec] src-mac [enet]

説明 特殊な L2 エントリを別名にする宛先を持つマルチキャスト パケットは DoS 攻撃(サービス拒絶攻撃)の可能性があり、CPU を過負荷にさせるので対処する必要があります。

推奨処置 アドレスの別名が検出されたエントリを L2 テーブルから削除します。

エラー メッセージ MCAST-6-MLD_ADDRESS_ALIASING_NORMALMODE: Address Aliasing timer expired reinstalling entry for group [enet] on vlan [dec]

説明 アドレスの別名が検出されたグループに応じた一定時間の経過のあと、システムは対応する L2 エントリを再インストールします。

推奨処置 アドレスの別名が検出されたエントリを L2 テーブルに再インストールします。

エラー メッセージ MCAST-6-MLD_RATE_LIMIT_DISABLE: MLD: enabling Snooping on Vlan([dec]), MLD messages will not be rate limited

説明 VLAN 上の MLD メッセージが一定時間絞り込まれたあと、ユーザ側が問題のある VLAN の速度を手動で修正し CPU の負荷を減らしたことを前提に、スヌーピングは再びイネーブルにされます。

推奨処置 なし

エラー メッセージ MCAST-6-MLD_RATE_LIMIT_ENABLE: MLD: Incoming MLD message rate ([dec] pps) exceeded max threshold([dec] pps), disabling Snooping on Vlan([dec]) for [dec] secs

説明 MLD メッセージの着信速度が、設定されている最大しきい値を超えました。すべての高速 VLAN でスヌーピングがディセーブルになり、残りのすべての VLAN でしきい値を下回るように、合計速度が下げられます。

推奨処置 すべての高速 VLAN で MLD メッセージの速度を下げます。これにより CPU 負荷を緩和します。

MCT1E1 メッセージ

ここでは、CT1/CE1 共有ポート アダプタ(MCT1E1)メッセージについて説明します。

MCT1E1-2

エラー メッセージ MCT1E1-2-CMD_DROP: [chars], cmd: [dec], arg0: [dec], arg1: [dec] arg2: [dec], arg3: [dec], vc: [dec] reason: [chars]

説明 SPA ドライバは、設定コマンドをドロップしました。SPA に対応付けられた 1 つまたは複数のインターフェイスまたはコントローラが正しく設定されない可能性があります。

推奨処置 インターフェイスとコントローラの設定を確認し、必要に応じて設定を修正してください。状態が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。問題が発生したときの show tech-support の出力を提出してください。

エラー メッセージ MCT1E1-2-EV_DROP: [chars], cmd: [dec], arg0: [dec], arg1: [dec] arg2: [dec] reason [chars]

説明 SPA ドライバは、イベント通知コマンドをドロップしました。1 つまたは複数のインターフェイスまたはコントローラの、カウンタまたは回線プロトコルが正しくない可能性があります。

推奨処置 ダウンしているインターフェイスまたはコントローラがあれば再起動してください。状態が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。問題が発生したときの show tech-support の出力を提出してください。

MCT1E1-3

エラー メッセージ MCT1E1-3-BAD_SIZE_ERR: SPA [dec]/[dec]: [dec] [chars] events on HDLC Controller were encountered. The SPA is being Restarted.

説明 SPA ドライバは、HDLC コントローラ上でエラー イベントを検出しました。

推奨処置 SPA ドライバは、SPA カード上でエラー イベントを検出しました。状態が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、 http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-BATCH_CMD_INVALID_TAG: SPA [dec]/[dec]: Invalid tag value [dec] at index [dec].

説明 SPA ドライバは、一括コマンドに無効なタグの値を検出しました。

推奨処置 SPA ドライバは、RP からの無効なコマンド形式を検出しました。SPA 上のポートが正常に動作していない場合は、電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。エラー メッセージが繰り返して表示される場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや
http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-CMD_FAILED: SPA [dec]/[dec]: f/w send command failed err [dec] reason [chars]

説明 SPA ドライバは、ファームウェアにコマンドを正常に送信できませんでした。

推奨処置 SPA ドライバ、コマンドのエラーを検出しました。SPA 上のポートが正常に動作していない場合は、電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。エラー メッセージが繰り返して表示される場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや
http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-COR_MEM_ERR: SPA [dec]/[dec]: [dec] correctable [chars] memory error(s) encountered.The error has been corrected and normal processing should continue. The memory address of most the recent error is: [hex]

説明 SPA ドライバは、SPA カード上の修正可能なメモリ エラーを検出しました。

推奨処置 SPA は SPA カード上の修正可能なメモリ エラーを検出しました。このエラーは修正され、処理は正常に継続されます。最新のエラーのアドレスが 16 進数表記で、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに示されています。状態が解消されない場合、または SPA の他のエラーが表示される場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。

エラー メッセージ MCT1E1-3-FRMR_CLKFAIL: SPA [dec]/[dec]: Framer input clock failure detected, CTCLK = [chars]CTIVE, LREFCLK = [chars]CTIVE, SREFCLK = [chars]CTIVE, ctclk count [int] lrefclk count [int] srefclk count [int]

説明 SPA ドライバは、フレーマ チップへの 1 つまたは複数の入力クロックの障害を検出しました。T1/E1 ポートは正常に動作していない可能性があります。

推奨処置 SPA ドライバは、フレーマ チップの入力クロックの障害を検出しました。SPA 上のポートが正常に動作していない場合は、電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。エラー メッセージが繰り返して表示される場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや
http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-HDLC_CTRL_ERR: SPA [dec]/[dec]: [dec] [chars] events on HDLC Controller were encountered.

説明 SPA ドライバは、HDLC コントローラ上でエラー イベントを検出しました。

推奨処置 SPA ドライバは、SPA カード上でエラー イベントを検出しました。状態が解消されない場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、 http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-INITFAIL: MCT1E1 (bay [dec]), Init Failed at [chars] - line [dec] arg [hex]

説明 SPA は、ハードウェアの初期化を完了できませんでした。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-PERIODIC_PROCESS: SPA [dec]/[dec]: periodic process error [chars].

説明 SPA ドライバは、定期処理ルーチンのエラーを検出しました。

推奨処置 SPA ドライバは、定期ルーチンの問題を検出しました。SPA 上のポートが正常に動作していない場合は、電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。エラー メッセージが繰り返して表示される場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや
http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml
で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-QUEUE_HALT_FAIL: [chars]: Could not suspend message ([dec]) or command ([dec]) queue

説明 SPA の活性挿抜を削除する前に、メッセージまたはコマンド キューを停止できませんでした。

推奨処置 SPA 上のポートが正常に動作していない場合は、電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。エラー メッセージが繰り返して表示される場合は、エラー メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-SPI4_HW_ERR: SPA [dec]/[dec]: [chars] Hardware error was encountered.

説明 SPA ドライバは、SPA カード上のハードウェア エラーを検出しました。正しい動作が実行されなくなる可能性があります。

推奨処置 SPA ドライバは、SPA の SPI4 バス上のハードウェア エラーを検出しました。電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。状態が解消されない場合は、メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや
http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-UNCOR_MEM_ERR: SPA [dec]/[dec]: [dec] uncorrectable [chars] memory error(s) encountered. The memory address of the most recent error is: [hex]
The SPA is being restarted.

説明 SPA ドライバは、SPA カード上の修正不能なメモリ エラーを検出しました。パケットが壊れる結果になる可能性があります。

推奨処置 SPA ドライバは、SPA カード上の修正不可能なメモリ エラーを検出しました。最新のエラーのアドレスが 16 進数表記で、コンソールまたはシステム ログのメッセージ テキストに示されています。電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。状態が解消されない場合は、メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、 http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

エラー メッセージ MCT1E1-3-UNCOR_PARITY_ERR: SPA [dec]/[dec]: [dec] [chars] parity error(s) encountered.

説明 SPA ドライバは、SPA カード上の修正不能なパリティ エラーを検出しました。パケットが壊れる結果になる可能性があります。

推奨処置 電源を落とし、指定された SPA カードを装着し直してください。状態が解消されない場合は、メッセージをそのままコピーします。次に、SPA ハードウェア トラブルシューティグ マニュアルや http://www.cisco.com/public/support/tac/tools.shtml で提供されているツールやユーティリティを使用して問題を調べて解決してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。収集した情報と show tech-support の出力をテクニカル サポートに提出するか、非圧縮のプレーン テキスト形式(.txt)を添付してください。

MEMPOOL メッセージ

ここでは、拡張メモリ プール MIB(MEMPOOL)メッセージについて説明します。

MEMPOOL-3

エラー メッセージ MEMPOOL-3-IPC: [chars] [chars]

説明 拡張メモリ プール MIB をポーリング時に IPC エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

MFIB メッセージ

ここでは、Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)メッセージについて説明します。

MFIB-3

エラー メッセージ MFIB-3-NETWORK_GET_FAIL: MFIB can not get network offset: datagram [hex]; network [hex]

説明 MFIB は、適切なパケット ネットワーク オフセットを検出できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB-3-NETWORK_SET_FAIL: MFIB can not set network offset: datagram [hex]; length [dec]; offset [dec]

説明 MFIB は、パケット内のオフセットの設定に失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB-3-SWITCHOVER_FAIL: Error creating [chars]. MFIB will not work with switchover

説明 メモリが使用できないため、IPv6 マルチキャストのスイッチオーバーをイネーブルにするために必要な構造を作成できませんでした。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

MFIB_CONST_LC メッセージ

ここでは、MFIB コンステレーション プラットフォーム(MFIB_CONST_LC)メッセージについて説明します。

MFIB_CONST_LC-6

エラー メッセージ MFIB_CONST_LC-6-ADJ_V6MCAST_ALLOC_FAILURE: Failed to allocate Adjacency for IPv6 multicast entry (S [dec], G [dec])

説明 システムは指定のフローに対応する隣接関係を割り当てることができません。影響を受けているフローは再試行され、ハードウェアに正常にインストールされるまでソフトウェアによってスイッチングされます。

推奨処置 隣接関係テーブルの使用率は非常に高くなる可能性があるため、使用率を下げる必要があります。ハードウェア スイッチド フローをいくつか削除すると問題を解決できる場合があります。

エラー メッセージ MFIB_CONST_LC-6-FIB_V6MCAST_INSTALL_FAILURE: Failed to install FIB IPv6 multicast entry (S [dec], G [dec])

説明 FIB エントリが最大限度を超えたので、MFIB_CONDT_LC は FIB エントリを割り当てることができません。

推奨処置 FIB テーブル利用率が高すぎます。利用率を下げる必要があります。マルチキャスト ショートカットの総数が多すぎて FIB テーブルに収まりません。そのため、以後のショートカットはソフトウェアによってスイッチングされます。他のプロトコルによる FIB 利用率を下げると問題を解決できる場合があります。

エラー メッセージ MFIB_CONST_LC-6-MET_V6MCAST_ALLOC_FAILURE: Failed to allocate MET entries for IPv6 multicast entry (S [dec], G [dec])

説明 システムは指定のフローに対応する MET エントリを割り当てることができません。影響を受けているフローは再試行され、ハードウェアに正常にインストールされるまでソフトウェアによってスイッチングされます。

推奨処置 MET の使用率は非常に高くなる可能性があるため、使用率を下げる必要があります。ハードウェア スイッチド フローをいくつか削除すると問題を解決できる場合があります。

エラー メッセージ MFIB_CONST_LC-6-NF_V6MCAST_INSTALL_FAILURE: Failed to install Netflow IPv6 multicast entry (S [dec], G [dec])

説明 NetFlow が満杯の状態かまたはハッシュ コリジョンが原因となり、マルチキャスト エントリをインストールできません。

推奨処置 NetFlow テーブル利用率が高すぎます。利用率を下げる必要があります。マルチキャスト ショートカットの総数が多すぎて NetFlow テーブルに収まりません。そのため、これらのショートカットはソフトウェアによってスイッチングされます。ダイナミックに作成された NetFlow IPv6 エントリを削除するか、またはダイナミック NetFlow エントリ作成をディセーブルにすると問題を解決できる場合があります。

エラー メッセージ MFIB_CONST_LC-6-SW_V6MCAST_INSTALL_FAILURE: Failed to install IPv6 multicast entry, due to [chars] (S [dec], G [dec], C:[dec])

説明 回復不可能なソフトウェアの障害により、システムは ipv6 エントリをインストールできません。

推奨処置 シスコのテクニカル サポートに問い合わせてください。

MFIB_CONST_RP

ここでは、MFIB コンステレーション情報(MFIB_CONST_RP)メッセージについて説明します。

MFIB_CONST_RP-6

エラー メッセージ MFIB_CONST_RP-6-REPLICATION_MODE_CHANGE: Replication Mode Change Detected. Current system replication mode is [chars]

説明 レプリケーション モードの自動検出がイネーブルの場合に、出力非対応スイッチング モジュールが搭載されると、システムは入力モードに移行します。最後の出力非対応スイッチング モジュールが取り外されると、システムは出力モードに戻ります。

推奨処置 入力モードと出力モードの移行により、一時的なトラフィック損失が生じます。これを防ぐには、ipv6 mfib hardware-switching replication-mode ingress コマンドを使用してください。

MFIB_STATS メッセージ

ここでは、MFIB 統計情報(MFIB_STATS)メッセージについて説明します。

MFIB_STATS-2

エラー メッセージ MFIB_STATS-2-MFIB_STATS_LC_FAILED_GET_COUNTERS: Linecard failed in getting counters due to null table. af = [int], v6 def tbl [hex], v4 def tbl [hex]

説明 スイッチング モジュールは、ヌル テーブルが原因でエントリ カウンタの取得に失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB_STATS-2-MFIB_STATS_LC_FAILED_GET_IPC_MSG: Linecard failed allocating ipc message buffer

説明 スイッチング モジュールは、統計情報の送信に必要なバッファの割り当てに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB_STATS-2-MFIB_STATS_LC_FAILED_SEND_MSG: Linecard failed in sending msg to the Route Processor error = [chars]

説明 スイッチング モジュールは、ルート プロセッサに統計情報を送信できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB_STATS-2-MFIB_STATS_LC_MSG_TOO_BIG: Linecard failed to return counters, message buffer too small.

説明 メッセージの最小サイズが IPC の最大バッファ サイズを超えたため、スイッチング モジュールはカウンタを返すことに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB_STATS-2-MFIB_STATS_RP_FAILED_GET_IPC_MSG: RP failed allocating ipc message buffer for linecard, slot = [dec]

説明 ルート プロセッサは、スイッチング モジュールの統計情報の取得に必要なバッファの割り当てに失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB_STATS-2-MFIB_STATS_RP_FAILED_REPLY_MSG: RP received reply with error status from linecard, slot = [dec]

説明 ルート プロセッサはスイッチング モジュールから、統計情報メッセージに誤りがあるとの応答を受信しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MFIB_STATS-2-MFIB_STATS_RP_SEQ_ERROR: The RP ignored out of sequence per-interface statistics returned by the linecard in slot [dec].

説明 スイッチング モジュールからインターフェイス単位の統計情報が間違った順序で返され、ルート プロセッサはそれらを無視しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

MISA メッセージ

ここでは、Multiple Crypto Engine(MISA)メッセージについて説明します。

MISA-1

エラー メッセージ MISA-1-ERROR: [chars]

説明 ISA を使用するアプリケーションにエラーが発生しました。

推奨処置 エラー メッセージをそのままコピーし、シスコのテクニカル サポートに提出してください。

MISA-6

エラー メッセージ MISA-6-INFO: [chars]

説明 これは ISA からの通知メッセージです。

推奨処置 これは ISA からの通知メッセージです。これは通常の動作中に表示されます。

MLD_PROT メッセージ

ここでは、Multicast Listener Discovery(MLD_PROT)メッセージについて説明します。

MLD_PROT-6

エラー メッセージ MLD_PROT-6-IDB_ENABLE: Interface [chars] does not support multicast, not enabled

説明 MCAST をサポートしないインターフェイス上で、IGMP/MLD がイネーブルになっていません。

推奨処置 対処は不要です。このメッセージは、通知目的で表示されます。

MLS_ACL_COMMON

ここでは、Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)ACL(MLS_ACL_COMMON)メッセージについて説明します。

MLS_ACL_COMMON-4

エラー メッセージ MLS_ACL_COMMON-4-LOG_UPDATE_NO_RL: ACL TCAM update ([chars] direction) occured on interface [chars]; [chars] action taken [chars] msec

説明 指定されたインターフェイス上で、ACL TCAM のアップデートが発生しました。TCAM がアップデートとされると、指定されたセキュリティ アクションが指定された間隔で実行されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MLS_ACL_COMMON-4-LOG_UPDATE_RL: ACL TCAM update ([chars] direction) occured on interface [chars]; [chars] action taken [chars] msec

説明 指定されたインターフェイス上で、ACL TCAM のアップデートが発生しました。TCAM がアップデートとされると、指定されたセキュリティ アクションが指定された間隔で実行されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。
https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を調べるか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

MLSCEF メッセージ

ここでは、Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)Cisco Express Forwarding(CEF)(MLSCEF)メッセージについて説明します。

MLSCEF-2

エラー メッセージ MLSCEF-2-EXCESSIVE_FIB_SSRAM_ERRORS: Too many fib ecc error interrupts.

説明 エラー割り込み回数がしきい値を超え、システムは停止します。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MLSCEF-2-FIB_SSRAM_WRITE_INCONSISTENCY: FIB SSRAM Mismatch for Index: [dec] Expected: [hex], Hardware: [hex]

説明 FIB SSRAM ヘの書き込みで問題が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MLSCEF-2-FIB_TCAM_WRITE_INCONSISTENCY: FIB TCAM Mismatch for [chars]: Index: [dec] Exprected:Entry: [hex]-[hex]-[hex] Hardware: Entry: [hex]-[hex]-[hex]

説明 FIB TCAM ヘの書き込みで問題が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MLSCEF-2-RELOAD: maximum routes config mismatch. Reloading with correct config

説明 システムが、ユーザ設定のルート割り当てと現在のルート割り当ての間に不一致を検出しました。この問題の修正にはリロードが必要です。

推奨処置 このメッセージが同じスイッチング モジュールで繰り返して表示される場合で、mls cef maximum-routes コマンドを入力していない場合は、TAC に問い合わせ、show tech コマンドの出力を提出してください。それ以外の対処は不要です。

エラー メッセージ MLSCEF-2-SANITY_FAIL: Sanity Check of MLS FIB s/w structures failed

説明 MLS FIB ソフトウェア データ構造に矛盾があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ MLSCEF-2-UNCORRECTABLE_SSRAM_ERROR: Bank [dec] Index: [dec], Expected: [hex], Hardware: [hex]. Affected TCAM [hex]-[hex]-[hex]

説明 FIB SSRAM の場所が間違っています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

MLSCEF-7

エラー メッセージ MLSCEF-7-FIB_MASK_MISMATCH: Attempt to delete an entry not matching block mask - class = [dec], [dec]/[dec], mask [dec]/[dec]

説明 渡されたマスクが格納されたブロック マスクと一致していません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。 https://www.cisco.com/cgi-bin/Support/OutputInterpreter/home.pl にアクセスして、Output Interpreter を使用してエラーの詳細を調べて解決してください。show tech-support コマンドを入力し、エラーの内容を特定するために有効なデータを収集します。また、
http://www.cisco.com/cgi-bin/Support/Bugtool/home.pl にアクセスして、Bug Toolkit を使用して検索してください。さらに支援が必要な場合は、
http://www.cisco.com/cgi-bin/front.x/case_tools/caseOpen.pl にアクセスして TAC で問題を解決するか、シスコのテクニカル サポートに問い合わせて、収集した情報を提出してください。

MLSM メッセージ

ここでは、Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)Multicast(MLSM)メッセージについて説明します。

MLSM-6

エラー メッセージ MLSM-6-MLSM_PMS: MMLS: MLSM is suspending the caller process [chars]

説明 MLSM は発信プロセスを保留しています。これは、PIM/Mwheel コンテキストから呼び出された MLSM ルーチンがプロセスを保留する場合に表示されます。

推奨処置 MLSM が発信側プロセスを保留すると、発信側プロセスで処理されているデータが壊れる可能性があります。

エラー メッセージ MLSM-6-MMLS_EGRESS_INFO: MMLS: Please make sure no multicast traffic is going through egress incapable line cards when system is operating in egress mode

説明 システムが出力レプリケーション モードで稼働中は、マルチキャスト トラフィックを出力非対応のスイッチング モジュールから通過させてはいけないことになっています。

推奨処置 システムに出力非対応のスイッチング モジュールがあるかどうかを確認します。出力非対応スイッチング モジュールが搭載されている場合、マルチキャスト トラフィックが通過していないこと確認します。

エラー メッセージ MLSM-6-MMLS_LEGACY_INSERTED: MMLS: Legacy Linecard Inserted, Egress Replication Mode will be disabled

説明 レガシー カードでは、出力レプリケーションはサポートされません。システムは入力 モードに移行します。一時的なトラフィック損失が生じることに注意してください。

推奨処置 出力レプリケーション モードでシステムを動作させなければならない場合は、レガシー ラインカードを取り外す必要があります。

エラー メッセージ MLSM-6-MMLS_MODE_CHANGE: MMLS: Replication Mode Changed to [chars] mode ([chars])

説明 レプリケーション モードの自動検出がイネーブルの場合に、出力非対応スイッチング モジュールが搭載されると、システムは入力モードに移行します。最後の出力非対応ラインカードが取り外されると、システムは出力モードに戻ります。

推奨処置 入力モードと出力モードの移行により、一時的なトラフィック損失が生じます。これを防ぐには、mls ip replication-mode ingress コマンドを使用してください。

エラー メッセージ MLSM-6-MMLS_NO_EGRESS_LOCAL_IN_INGRESS: MMLS: Egress Local feature is NOT applicable in Ingress mode

説明 システムが出力レプリケーション モードから入力モードに移行するとき、出力ローカル機能がイネーブルの場合でも出力ローカル機能は適用されなくなります。

推奨処置 これは、出力ローカル機能は入力モードでは適用されないことを通知するメッセージです。出力ローカル機能が必要な場合は、システム レプリケ