アドミニストレーション ガイド:Cisco Small Business SG200 シリーズ 8 ポート スマート スイッチ
VLAN 管理
VLAN 管理
発行日;2012/05/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

VLAN 管理

VLAN の作成

VLAN インターフェイスの設定

インターフェイス VLAN モードの変更

VLAN メンバシップの設定

VLAN へのポートの設定

ポート VLAN メンバシップの設定

デフォルト VLAN の設定

音声とメディア

テレフォニー OUI の表示と追加

OUI ベースの音声とメディアの設定

SIP/H323 ベースの音声とメディアの設定

メディア VLAN

自動 VoIP セッション

VLAN 管理

この章では、仮想 LAN を設定する方法について説明します。

具体的な内容は、次のとおりです。

VLAN の作成

VLAN インターフェイスの設定

VLAN メンバシップの設定

ポート VLAN メンバシップの設定

デフォルト VLAN の設定

メディア VLAN

音声とメディア

レイヤ 2 スイッチの Virtual LAN(VLAN; 仮想 LAN)は、ブリッジ処理とルーティング両方のいくつかの利点を実現します。ブリッジと同様に、VLAN スイッチは、レイヤ 2 ヘッダーに基づいてトラフィックを転送するため、処理が高速です。ルータと同様に、ネットワークを論理セグメントに区切ることで、管理がしやすくなり、セキュリティやマルチキャスト トラフィックの管理が向上します。

VLAN は、エンド ステーションとそれらを接続するスイッチ ポートの組み合わせです。論理的な分割を行うのは、部門やプロジェクトのメンバシップを区別するため、などのさまざまな理由が考えられます。唯一の要件は、エンド ステーションと、接続されるポートの両方が、同じ VLAN に属していることです。

ネットワーク内の各 VLAN は、VLAN で送信されるパケットのレイヤ 2 ヘッダーで VLAN タグとも呼ばれる IEEE 802.1Q タグで表される VLAN ID に関連付けられています。エンド ステーションがタグそのもの、またはタグの VLAN 部分を含めなかった場合、パケットを受信する最初のスイッチ ポートはそのパケットを拒否するか、デフォルトの VLAN ID に一致するタグを挿入します。ポートは、複数の VLAN に対してトラフィックを処理できますが、Port VLAN ID(PVID; ポート VLAN ID)のみをサポートします。

スイッチでは、デフォルト VLAN として VLAN ID 1 が事前に設定されています。すべてのポートは、この VLAN のメンバであり、PVID として VLAN ID (1) を使用します。

VLAN の作成

ページでは、ネットワーク上の VLAN を定義および設定できます。このページを表示するには、ナビゲーション ウィンドウで [VLAN管理] > [VLANの作成] の順にクリックします。

[VLANテーブル] には、VLAN ID、名前(存在する場合)、および事前定義された VLAN(VLAN ID 1)および追加した VLAN が表示されます。デフォルト VLAN として 1 つのポートを設定する必要があります。その他すべてのポートのタイプは、スタティックです。スイッチでは、デフォルト VLAN として VLAN ID 1 が事前に設定されています。すべてのポートは、この VLAN のメンバであり、PVID として VLAN ID (1) を使用します。

追加の VLAN を作成する場合、それらのうちの 1 つをデフォルト VLAN として設定できます ( デフォルト VLAN の設定を参照)。設定されたデフォルト VLAN は削除できません。スタティック VLAN は削除できます。ただし、VLAN ID 1 は、スタティック VLAN として設定された場合でも削除できません。

最大 16 の VLAN を作成でき、最大 4094 の VLAN ID を割り当てることができます。新しい VLAN または VLAN の範囲を作成するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [追加] をクリックします。

ステップ 2 [VLAN] を選択して、[VLAN ID] を入力します。

または、[範囲] を選択して、範囲の最初と最後の VLAN ID を指定することで、VLAN の範囲を作成します。

ステップ 3 単一の VLAN を作成する場合は、参照しやすいように任意で VLAN 名を入力できます。

ステップ 4 [適用] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。


 

VLAN インターフェイスの設定

ページを使用して、ポート VLAN のタギング機能を表示および設定できます。このページを表示するには、ナビゲーション ウィンドウで [VLAN管理] > [インターフェイス設定] の順にクリックします。

[インターフェイス設定テーブル] には、各ポートの VLAN 設定が表示されます。Link Aggregation Group(LAG)の VLAN 設定を表示するには、[インターフェイスタイプ] リストから [LAG] を選択します。

VLAN インターフェイスを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ポートまたは LAG を選択し、[編集] をクリックします。

ステップ 2 選択したポートまたは LAG の次の設定を指定します。

[インターフェイスVLANモード] :(VLAN メンバシップおよびタギングに関して)ポート タイプを選択します。ポート VLAN ID(PVID)は、そのインターフェイスがメンバとして属するデフォルト VLAN を示します。スイッチ上の有効な VLAN ID に対しては、一般ポートの PVID を設定します。アクセス VLAN ID に対してはアクセス ポートの PVID を設定します。設定されているネイティブ VLAN ID に対してはトランク ポートの PVID を設定します。

[一般] :ポートは、1 つまたは複数のタグ付きまたはタグなし VALN のメンバになることができます。このモードにより、IEEE 802.1Q 規格の「VLAN タギング」で指定された機能がすべて有効になります。[一般] を選択した場合、PVID には、ポートがタグなしメンバである VLAN ID と同じ値を設定します。

[アクセス] :ポートはタグなしフレームのみを受け入れることができます。アクセス ポートは、1 つの VLAN のみのメンバになることができ、そのポートの VLAN ID(PVID)として VLAN ID を使用します。アクセス ポートは、通常、ホストの接続に使用されます。このホストはポートに物理的に接続されているので VLAN のメンバになります。[アクセス] を選択した場合、アクセス ポートは、 アクセス VLAN と呼ばれる 1 つだけの VLAN のメンバになることができます。アクセス VLAN はアクセス ポートの PVID に設定します。

[トランク] :ポートは、 ネイティブ VLAN という 1 つだけのタグなし VLAN に割り当てることができます。また、任意の数(または 0 個の)タグ付き VLAN のメンバに割り当てることができます。トランク ポートは、スイッチから他のネットワーク デバイス(アップストリーム ルータやエッジ スイッチなど)への、複数の VLAN のトラフィックを伝送します。

[PVID] :(一般ポートのみ)ポート VLAN ID(PVID)は、インターフェイスがメンバとして属するデフォルト VLAN を示します。PVID には、ポートがタグなしメンバである VLAN ID と同じ値を設定します (アクセス ポートの場合、PVID はアクセス VLAN ID に自動的に設定されます。トランク ポートの場合、PVID は設定済みのネイティブ VLAN ID に設定されるか、指定がない場合はデフォルトの VLAN ID に設定されます)。

[ネイティブVLAN] :(トランク ポートのみ)ネイティブ VLAN は、トランク ポートの 1 つのタグなし VLAN のメンバシップを識別します。次のいずれかを選択します。

[なし] :ポートにはタグなし VLAN メンバシップがありません。ポートの PVID は、デフォルトの VLAN ID に設定されます。

[デフォルト] :ネイティブ VLAN がデフォルト VLAN になります。また、ポートの PVID もデフォルトの VLAN ID に設定されます。

[ユーザ定義] :ユーザが指定した VLAN ID がトランク ポートのタグなし VLAN メンバシップとして使用されます。また、ポートの PVID も指定された VLAN ID に設定されます。

[アクセスVLAN] :(アクセス ポートのみ)アクセス ポートは、アクセス VLAN ID のみに設定されたメンバになることができます。

[フレームタイプ] :ポートで受け入れられるフレーム タイプを指定します。

[Untagged のみ通過] :タグなし(untagged)フレームのみがポートで受け入れられます。タグ付きフレームは廃棄されます。

[Tagged のみ通過] :タグ付き(tagged)フレームのみがポートで受け入れられます。タグなしフレームは廃棄されます。

[すべて通過] :タグ付きとタグなしの両方のフレームがポートで受け入れられます。

アクセス ポートは、タグなしフレームのみを通過させることができます。トランク ポートは、最大 1 つのタグなし VLAN のメンバと、1 つまたは複数のタグ付き VLAN のメンバになることができます。トランク ポートがタグなしとタグ付き両方の VLAN のメンバである場合、すべてのフレーム タイプを通過させます。トランク ポートがタグ付き VLAN のみのメンバの場合、タグ付きフレームのみを通過させます。

[入力フィルタリング] :選択すると、ポートでの入力フィルタリングが有効になります。入力フィルタリングが有効な場合、スイッチは、自身がメンバである VLAN からのフレームだけを受け入れます。他の VLAN から受信したフレームは廃棄します。アクセス モードまたはトランク モードのすべてのポートでは、常に入力フィルタリングが有効です。入力フィルタリングの無効化および有効化は、一般モードに設定されたポートでだけ可能です。

[VLANプライオリティ] :ポートのデフォルトの 802.1p プライオリティ値。値は、ポートで設定されたQoS 信頼モードとパケットのタイプに基づいて、着信パケットに適用されます。ポートの信頼モードの設定に関する情報と手順については、 QoS プロパティを参照してください。

ステップ 3 [適用] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。


 

インターフェイス VLAN モードの変更

ポートのインターフェイス VLAN モードが変更されると、スイッチは、影響のある VLAN メンバシップの設定を次のように自動的に処理します。

アクセス ポートからトランク ポートへの変更

VLAN 設定は変更されません。アクセス ポートの VLAN は、トランク ポートのネイティブ VLAN になります。ポートは、トランク ポートの制約に従う必要があります。

トランク ポートからアクセス ポートへの変更

元のトランク ポートに、タグなし VLAN メンバがある場合、そのポートは、タグなし VLAN 以外のすべての VLAN から削除されます。PVID は、タグなし VLAN ID に設定されます。

元のトランク ポートに、タグなし VLAN メンバがない場合、そのポートはすべての VLAN から削除され、デフォルト VLAN のメンバになります。その PVID は、デフォルト VLAN ID に設定され、ポートはタグなし、またはプライオリティ タグ付きのパケットのみ通過するように設定されます。ポートはデフォルト VLAN に対してはタグなしです。

アクセス ポートから一般ポートへの変更

VLAN 設定は、ポートですべてのフレームが通過できるようになること以外、変更されません。一般ポートとして、このポートは任意の VLAN のタグ付きまたはタグなしのメンバになることができます。

一般ポートからアクセス ポートへの変更

一般ポートにポートの PVID を提供するタグなし VLAN メンバシップがない場合、ポートがアクセス ポートに変更されるとすべての一般ポートの VLAN から削除され、デフォルト VLAN のタグなしメンバになります。アクセス ポート PVID は、デフォルト VLAN に設定されます。

アクセス ポートは、タグなしまたはプライオリティ タグ付きのパケットのみを通過させます。

トランク ポートから一般ポートへの変更

VLAN 設定は変更されません。一般ポートとして、このポートは任意の VLAN のタグ付きまたはタグなしのメンバになることができます。

一般ポートからトランク ポートへの変更

VLAN 設定は変更されません。一般ポートの PVID は、トランク ポートのネイティブ VLAN を設定するために使用されます。ポートは、トランク ポートの制約に従う必要があります。

たとえば、一般ポートは、VLAN 1、10、および 20 のタグなしメンバで、ポートの PVID は 1 であるとします。

ポートがトランク ポートに変更された場合、VLAN 1 がネイティブ VLAN になります。トランク ポートは VLAN 10 および 20 のメンバのままですが、タギングが有効になります。

VLAN の削除

VLAN を削除する場合、次のアクションが発生します。

削除される VLAN がトランク ポートのネイティブ VLAN の場合、トランク ポートのネイティブ VLAN と PVID はデフォルト VLAN に変更されます。

アクセス ポートが削除される VLAN のメンバである場合、アクセス ポートは、デフォルト VLAN のメンバになり、その PVID はデフォルト VLAN に変更されます。

一般ポートが PVID として VLAN ID を使用するように設定されていた場合、一般ポートの PVID はデフォルト VLAN ID に変更されます。その他の VLAN メンバシップは変更されません。

VLAN メンバシップの設定

次のページを使用して、VLAN メンバシップを表示および設定できます。

ページでは、VLAN を選択し、そのメンバシップ ポートを設定できます。 VLAN へのポートの設定を参照してください。

ページでは、ポートを選択して、そのポートを 1 つまたは複数の VLAN のメンバとして設定できます。 ポート VLAN メンバシップの設定を参照してください。

デフォルトでは、すべてのポートは、VLAN 1 のメンバです。任意のポートの VLAN メンバシップを変更できます。VLAN メンバシップは、タグ付きまたはタグなしとして設定できます。

スイッチがタグなしフレームを VLAN から受信した場合、スイッチは、VLAN のタグ付きメンバとして設定された出力ポートにフレームを転送する前に、VLAN タグを挿入します。

スイッチがタグなしフレームを VLAN から受信した場合、スイッチは、VLAN のタグなしメンバとして設定された出力ポートに、そのままフレームを転送します。

スイッチがタグ付きフレームを VLAN から受信した場合、スイッチは、VLAN のタグなしメンバとして設定された出力ポートにフレームを転送する前に、VLAN タグを削除します。

スイッチがタグ付きフレームを VLAN から受信した場合、スイッチは、VLAN のタグ付きメンバとして設定された出力ポートに、フレームをそのまま転送します。

VLAN へのポートの設定

ページを使用して、ポートを VLAN に割り当てるには、次の手順に従います。


ステップ 1 ナビゲーション ウィンドウで、[VLAN管理] > [VLANへのポート] の順にクリックします。

このページには、選択した VLAN ID とポートまたは LAG に対して、その VLAN に関連するポートごとのインターフェイス ポート モードの管理上の設定(アクセス、トランク、および一般)、メンバシップ、タグ付きオプション、および PVID が表示されます (この設定の手順については、 VLAN インターフェイスの設定 を参照)。

ステップ 2 設定する VLAN ID を選択し、[インターフェイスタイプ] リストを使用してポートまたは LAG のいずれかを表示します。

ステップ 3 インターフェイスごとに、次のパラメータを設定します。

[メンバ] :ポートを VLAN のメンバにする場合は、このボックスをオンにします。ポートを VLAN のメンバにしない場合は、このボックスをオフにします。デフォルトでは、ポートは VLAN のメンバではありません。

[Tagged] :ポートに出力する VLAN のパケットすべてをタグ付きにする場合は、
[Tagged] を選択します。そうでない場合は、[Untagged] を選択します。トランク ポートは、デフォルトではタグ付きです。このオプションは、ポートが VLAN のメンバである場合のみ関係があります。

[Untagged] :VLAN からポートに出力されるパケットをタグなしにする場合、[Untagged] を選択します。そうでない場合は、[Tagged] を選択します。アクセス ポートは、常にタグなしです。一般ポートは、デフォルトではタグなしです。このオプションは、ポートが VLAN のメンバである場合のみ関係があります。

[PVID] :ポートが、選択した VLAN ID をそのポートの VLAN ID(PVID)として使用する場合、このボックスをオンにします。そうでない場合は、このボックスをオフにします。アクセス ポートまたはトランク ポートに対して PVID が選択された場合、ポートは VLAN のタグなしメンバである必要があります。ポートから受信したタグなしパケットは、対応する VLAN に割り当てられます。

ステップ 4 [適用] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。


 

ポート VLAN メンバシップの設定

ポートの VLAN 設定を指定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ナビゲーション ウィンドウで、[VLAN管理] > [ポートVLANメンバシップ] の順にクリックします。

デフォルトでは、このページには各ポートの VLAN 情報が表示されます。LAG ポートの VLAN 情報の表示に、フィルタ設定を使用できます。このページには、インターフェイス VLAN モード(トランクまたはアクセス)、PVID、VLAN メンバシップが表示されます。ポートが複数の VLAN のメンバである場合、ポートを選択して [詳細] をクリックすると単一のポートの情報が表示されます。

ステップ 2 ポートまたは LAG を選択し、[編集] をクリックします。

ステップ 3 VLAN メンバシップを割り当てる、または削除するには、次の説明のように矢印ボタンを使用します。

VLAN メンバシップを追加するには:[使用可能] リストで VLAN を選択して、必要に応じて [タギング] プロパティを変更します(下記参照)。その後、右矢印ボタンをクリックして、[選択済み] リストに移動します。

VLAN メンバシップを削除するには:[選択済み] リストで VLAN を選択してから、左矢印ボタンをクリックして、[使用可能] リストに移動します。

タギングおよび PVID プロパティ

インターフェイス VLAN モード(トランク、アクセス、または一般)によって、VLAN を [使用可能] リストで選択するときに、VLAN をそのインターフェイスの [選択済み] リストに移動する前に、インターフェイスの次のプロパティを指定できる場合があります。

[メンバシップ] :インターフェイスを、選択した VLAN のタグ付きまたはタグなしのメンバとして設定できます。

[Tagged] :選択した場合、ポートは選択した VLAN のタグ付きメンバになります。スイッチがこのインターフェイス経由でこの VLAN について受信したパケットを転送する場合、VLAN ID をパケットに追加します。

[Untagged] :選択した場合、ポートは、選択した VLAN のタグなしメンバになります。スイッチがこの VLAN のパケットをこのインターフェイス経由で転送する場合、VLAN ID をパケットに追加しません。

インターフェイス VLAN モードが [一般] の場合、任意の VLAN に対してどちらのオプションも選択できます。インターフェイス VLAN モードが [アクセス] の場合は、1 つのVLAN のみ選択でき、インターフェイスに対して [Untagged] オプションを選択する必要があります。インターフェイス VLAN モードが [トランク] の場合、インターフェイスは 1 つの VLAN のタグなしメンバとして指定でき、その他の VLAN のタグ付きメンバとして指定できます。

[PVID] :このオプションを選択した場合、ポートは選択した VLAN ID をそのポートの VLAN ID(PVID)として使用します。ポートは、転送前に、ポートで受信したすべてのタグなしフレームに PVID を割り当てます。次の設定ルールが適用されます。

インターフェイス VLAN モードが [一般]の場合、PVID を指定するために、インターフェイスがタグ付きまたはタグなしのメンバである任意の VLAN を選択できます。

インターフェイス VLAN モードが [トランク] の場合、PVID は、ポートがタグ付きメンバである VLAN ID に設定されます。

インターフェイス VLAN タイプが [アクセス] の場合、PVID は、アクセス VLAN ID に設定され、このフィールドは変更できません。

[Untagged]、[Tagged]、および [PVID] オプションを選択し、VLAN を [選択済み] リストに移動した場合、「U」、「T」、「P」が VID に追加されます。

ステップ 4 [適用] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。


 

デフォルト VLAN の設定

デフォルトでは、スイッチは自動的に VLAN 1 をすべてのポートと LAG のデフォルト VLAN として作成します。ポートに VLAN メンバシップがない場合、スイッチはデフォルト VLAN のメンバとしてポートを自動的に設定します。

ページを使用してデフォルト VLAN を変更できます。

デフォルト VLAN の VID が変更された場合、次のようになります。

元のデフォルト VLAN のメンバであったポートが、その VLAN のメンバとして削除され、新しいデフォルト VLAN のメンバとして設定されます。

元のデフォルト VLAN のメンバであったポートの Port VLAN Identifier(PVID; ポート VLAN ID)は、新しいデフォルト VLAN の VID に変更されます。

管理 VLAN が元のデフォルト VLAN と同じだった場合、管理 VLAN は新しいデフォルト VLAN に更新されます。

元のデフォルト VLAN のタイプは、デフォルトからスタティックに変更され、削除することもできます。ただし、VLAN 1 は例外です。デフォルトとして指定されていない場合でも、VLAN 1 は削除できません。

デフォルト VLAN を選択するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ナビゲーション ウィンドウで、[VLAN管理] > [デフォルトVLAN設定] をクリックします。

ステップ 2 VLAN をリストから選択します。

ステップ 3 [適用] をクリックします。


 

音声とメディア

Voice-over-Internet-Protocol(VoIP)によって、コンピュータ データ ネットワークを音声電話に使用できます。最近のネットワークでは VoIP など遅延に影響されやすいアプリケーションの導入が増え、高品質なパフォーマンスを保証するために、適切な QoS 設定が必要とされます。音声とメディアの機能は、音声パケットをデータ パケットより高いプライオリティにできるように、音声パケットのシンプルな分類メカニズムを提供します。

音声とメディアの機能では、イーサネット スイッチで VoIP ストリームを識別し、それらに通常のトラフィックより高い Class-of-Service(CoS)を与えます。スイッチは、次の 2 種類の音声とメディアをサポートします。

プロトコル ベース :Session Initiation Protocol(SIP)と H.323 コントロール トラフィックを使用する VoIP セッションを識別し、それらのパケットに音声 VLAN 上で最も高いプライオリティを割り当てます。

OUI ベース :この機能が有効なポートは、設定済みの音声 VLAN のメンバに自動的になります。スイッチは、クライアント パケットで MAC アドレスの最初の 3 バイトにある組織固有識別子(OUI)の値を検出し、それらを VoIP VLAN で分類して、自動 VoIP が有効なポート上でプライオリティを付けます。

[VLAN管理] > [音声とメディア] メニューで利用可能な設定ページについて詳しくは、次のトピックで説明します。

テレフォニー OUI の表示と追加

OUI ベースの音声とメディアの設定

SIP/H323 ベースの音声とメディアの設定

テレフォニー OUI の表示と追加

ページには、さまざまな音声 VLAN に関連付けられた組織固有識別子(OUI)が表示されます。

このページを表示するには、ナビゲーション ウィンドウで、[VLAN管理] > [音声とメディア] > [テレフォニーOUI] の順にクリックします。

[テレフォニーOUIテーブル] は、一般的に使用されるテレフォニー デバイスの識別子で事前に設定されています。管理者は OUI を追加または削除できます。音声とメディアが有効な場合、ポートは、受信パケットの送信元 IP アドレスと宛先 IP アドレスのいずれかまたは両方の MAC アドレスでの OUI 数値を使用して、音声トラフィックを音声 VLAN に自動的に割り当てます。VLAN とIEEE 802.1p プライオリティの関連付け、および音声とメディアのポートの有効化について詳しくは、 OUI ベースの音声とメディアの設定 を参照してください。

新しい OUI の説明を追加するには、次の手順に従います。


ステップ 1 [追加] をクリックします。

ステップ 2 次の値を指定します。

[テレフォニーOUI] :テレフォニー アプリケーションの 3 オクテットの識別子を入力します。

[説明] :ベンダー名やテレフォニー製品など、サービスの説明を入力します。

ステップ 3 [適用]、[閉じる] の順にクリックします。


 

OUI ベースの音声とメディアの設定

[テレフォニーOUIベース自動VoIP] ページを使用して、次のことができます。

MAC アドレスの OUI 数値を使用して識別される音声とメディアのトラフィックに対する IEEE 802.1p プライオリティ レベルの設定。

OUI ベースの VoIP パケット用の VLAN の指定。スイッチでまだ作成されていない VLAN ID を割り当てることは可能ですが、機能が動作するためには、続けて VLAN を作成する必要があります( VLAN の作成を参照)。

ポートでのこの機能の有効化。ポートでこの機能が有効な場合、ポートは設定された音声 VLAN のメンバに自動的になります(つまり、管理者が手動で、ポートを VLAN のメンバとして追加する必要はありません)。

[ポートVLANメンバシップ] ページには、ポートが音声 VLAN のメンバであることが表示されます。

OUI ベースの音声とメディアを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ナビゲーション ウィンドウで、[VLAN管理] > [音声とメディア] > [テレフォニーOUIベース] の順にクリックします。

ステップ 2 [VLAN] を有効にして、[VLAN ID] と [プライオリティ] フィールドを編集できるようにします。

ステップ 3 [VLAN ID] フィールドで、音声トラフィックを伝送する VLAN 指定します。この VLAN は、すでにスイッチ上で設定されている必要があります( VLAN の作成を参照)。

ステップ 4 [プライオリティ] フィールドで、VoIP トラフィックに対して IEEE 802.1p Class-of-Service(CoS)プライオリティ レベルを指定します。

ステップ 5 [適用] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。

ステップ 6 [テレフォニーOUIベースのインターフェイス設定テーブル] で、設定するインターフェイスを選択してから、[編集] をクリックします。

ステップ 7 [自動VoIPモード] で [有効] を選択します。ポートは、音声 VLAN のメンバとして自動的に追加されます。

ステップ 8 [適用] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。


 

SIP/H323 ベースの音声とメディアの設定

ページを使用して、スイッチが Session Initiation Protocol(SIP)や H.323 などのプロトコルで、VoIP トラフィックを認識できるように設定できます。トラフィックは、ポートで設定された VoIP トラフィックのトラフィック クラスに基づいて自動的にプライオリティが付けられます。

SIP/H323 ベースの音声とメディアを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ナビゲーション ウィンドウで、[VLAN管理] > [音声とメディア] > [SIP/H323ベース] の順にクリックします。

ステップ 2 [インターフェイスタイプ] リストを使用して、ポートまたは LAG を [プロトコルベースのインターフェイス設定テーブル] に表示します。

ステップ 3 設定するポートまたは LAG インターフェイスを選択し、[編集] をクリックします。

ステップ 4 [自動VoIPモード] で [有効] を選択します。

ステップ 5 [適用] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。


 

メディア VLAN

メディア VLAN 機能によって、スイッチ ポートは、割り当てられたプライオリティ値で、音声、ビデオ、およびシグナリング トラフィックを伝送できます。さまざまなプライオリティをトラフィックに割り当てることで、ポートに入るメディア トラフィックとデータ トラフィックを分けることができます。メディア VLAN 機能によって、ポート上でデータ トラフィックが多い場合でも、IP 電話やビデオ デバイスの音声またはビデオの品質が低下することなく確保されます。

VLAN が提供する固有のトラフィック分離により、VLAN 間のトラフィックが管理制御され、ネットワークに接続されたクライアントは音声コンポーネントの直接攻撃を開始できなくなります。スイッチは、メディア デバイスからのパケットで IP-DSCP または 802.1p 値を使用し、このトラフィックを高いプライオリティ キューに割り当てます。

スイッチはメディア VLAN を使用して LLDP-MED アプリケーションをサポートします (プロトコルについては、 LLDP-MEDを参照)。各メディア VLAN は、特定のタイプのメディア トラフィックの LLDP-MED アプリケーションに対応します。LLDP-MED アプリケーションには、音声、音声シグナリング、ゲスト音声、ゲスト音声シグナリング、ソフトフォン音声、ビデオ会議、ストリーミング ビデオ、ビデオ シグナリングがあります。各メディア VLAN は次のパラメータと関連付けられています。

オプションの VLAN タギングのある VLAN

IEEE 802.1p プライオリティ値

DSCP 値

ポートが、ネットワーク ポリシーが有効な LLDP-MED である場合、スイッチは、LLDP-MED ネットワーク ポリシー TLV でそのメディア VLAN をポートにアドバタイズします。LLDP Media Endpoint が検出された場合、スイッチは対応するポートでメディア VLAN をインストールします。[各種管理] > [ディスカバリ - LLDP-MED] のページで、LLDP-MED とネットワーキング ポリシーを有効にできます。

メディア VLAN はグローバルに有効化および無効化されます。各アプリケーションとそのメディア VLAN は、ポートごとに設定されます。たとえば、ゲスト音声はインターフェイス g1 のメディア VLAN 1 に設定できますが、インターフェイス g2 のメディア VLAN 10 にも設定できます。

[メディアVLANインターフェイス設定テーブル] には、有効にできる各メディア トラフィック タイプに加え、選択したポートのステータスと設定が表示されます。

メディア VLAN アプリケーションを設定するには、次の手順に従います。


ステップ 1 ナビゲーション ウィンドウで [VLAN管理] > [音声とメディア] > [メディアVLAN] の順にクリックします。

ステップ 2 [管理モード] で [有効] を選択して、この機能をスイッチでグローバルに有効にします。次に、[適用] をクリックします。

ステップ 3 [インターフェイス] リストから設定するインターフェイスを選択します。


注意 LAG のメンバであるポートは、メディア VLAN アプリケーションに対して有効にできません( LAG の設定を参照)。

ステップ 4 [編集] をクリックします。

ステップ 5 [アプリケーション] リストで、設定するメディア トラフィック タイプを選択します。

[音声]

[音声シグナリング]

[ゲスト音声]

[ゲスト音声シグナリング]

[ソフトフォン音声]

[ビデオ会議]

[ストリーミングビデオ]

[ビデオシグナリング]

ステップ 6 [アプリケーションステータス] で [有効] を選択して、選択したアプリケーションのプライオリティ割り当てを有効にします。この機能を無効にするには、チェックボックスをオフにします。

ステップ 7 [アプリケーションステータス] を有効にした場合、次の機能を有効または無効にします。

[Untagged] :メディア デバイス(LLDP-MED Endpoint)がタグなしパケットを送信する場合は、[有効] を選択します。スイッチからのネットワーク ポリシー TLV も、この設定に対応する必要があり、メディア デバイスは、タグなしフレームを使用することを認識している必要があります。この機能を無効にするには、チェックボックスをオフにします。

[VLAN] および [VLAN ID] :[有効] を選択して VLAN を指定し、リストから VLAN ID を指定します。この機能を無効にするには、チェックボックスをオフにします。

[プライオリティ] および [プライオリティ値] :[有効] を選択して、選択したアプリケーションのパケットにプライオリティを付けます。その後メディア VLAN トラフィックの IEEE 802.1p CoS プライオリティ タギング値を入力します。プライオリティ タグの範囲は 0 ~ 7 です。

[DSCP] および [DSCP値] :[有効] を選択して、選択したアプリケーションの DSCP を指定します。その後、ポートの DSCP 値を入力します。範囲は 0 ~ 63 です。

ステップ 8 [適用] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。変更内容が実行コンフィギュレーションに保存されます。

ステップ 9 LLDP-MED がインターフェイス上で有効なことを確認します。手順については、 LLDP-MEDを参照してください。


 

自動 VoIP セッション

[自動VoIPセッション] ページには、各 Voice over IP セッションの送信元、宛先、およびプロトコルに関する情報が表示されます。