Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS システム メッセージ ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/03/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの構成

関連資料

表記法

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

ここでは、このマニュアルの対象読者、構成、および表記法、そして関連資料の入手方法について説明します。

対象読者

このマニュアルは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチの設定とメンテナンスを担当する、実務経験のあるネットワーク管理者を対象としています。設定には、Supervisor Engine 32 および Programmable Intelligent Services Adapter(PISA)を使用します。

マニュアルの構成

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

タイトル
説明

1

システム メッセージの概要

システム メッセージまたはエラー メッセージの読み方について説明します。

2

メッセージおよび回復手順

メッセージの説明および回復手順について説明します。

関連資料

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに関連する資料は、次のとおりです。

Catalyst 6500 Series Switch Module Installation Guide

Catalyst 6500 Series Switch Cisco IOS Command Reference

Catalyst Supervisor Engine 32 PISA IOS Software Configuration Guide, 12.2ZYA

『Release Notes for the Catalyst 6500 Series Switches IOS Release 12.2ZYA』

『Cisco IOS Configuration Guides and Command References』

次の URL にある MIB 情報

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

このマニュアルで扱っていない Cisco IOS システム メッセージについては、Cisco IOS の次のマニュアルを参照してください。

System Messages for 12.2S

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_2s/system/messages/122sdebu.html

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

太字

コマンド、コマンド オプション、およびキーワードは 太字 で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。キーワードや引数をまとめて示す場合にも波カッコを使用しています(例:{ interface interface type })。

[ x | y | z ]

いずれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

ストリング

引用符を付けない一組の文字。ストリングの前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めてストリングと見なされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、 screen フォントで示しています。

boldface screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の boldface screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体の screen フォントで示しています。

^

^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します。

< >

パスワードのように出力されない文字は、かぎカッコ(< >)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!, #

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

(注)は、次のように表しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。


注意は、次のように表しています。


注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。