Catalyst 6500 シリーズ イーサネット モジュール インストレーション ガイド
静電気防止に関する注意事項
静電気防止に関する注意事項
発行日;2012/06/09 | 英語版ドキュメント(2012/04/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

静電気防止に関する注意事項

静電気防止用アース ストラップの装着

静電気防止に関する注意事項

この付録では、モジュールをシャーシに取り外しおよび取り付けるときの ESD の防止に関する情報を提供します。

静電気防止用アース ストラップの装着

静電破壊は、モジュールや FRU の不適切な取り扱いにより発生するもので、故障または間欠的な障害を引き起こします。モジュールには、金属製フレームに固定されたプリント基板があります。Electromagnetic Interference(EMI; 電磁干渉)シールドおよびコネクタは、フレームを構成する部品です。金属フレームは、ESD からプリント基板を保護しますが、モジュールを扱うときには必ず、静電気防止用アース ストラップを着用してください。

静電破壊を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リスト ストラップを肌に密着させて着用してください。静電気防止アース ストラップにはバナナ プラグ、金属製バネ クリップ、またはワニ口クリップ付きのものがあります。すべての Catalyst 6500 シリーズ シャーシでは、前面パネルにバナナ プラグ コネクタが備え付けられています。これは、コネクタの横のアース記号で識別されます。

旧型の Catalyst 6500 シリーズ シャーシでプラスチック製のバナナ プラグ コネクタが備え付けられている場合は、付属の静電気防止用ストラップ(金属製クリップ付き)またはワニ口クリップ付きの静電気防止用ストラップを使用することを推奨します。

新型の Catalyst 6500 シリーズ シャーシに、バナナ プラグ コネクタ(穴の横のアースの記号によって識別されます)用の塗装されていない金属の穴が開けられている場合は、ユーザ側で用意したバナナ プラグ付きの静電気防止用アース ストラップを使用することを推奨します。

ほとんどの FRU に付属している使い捨ての静電気防止用リスト ストラップまたはワニ口クリップ付きの静電気防止用リスト ストラップを使用する場合は、静電気防止用リスト ストラップに適切なアース ポイントを確保するためにシステムのアース ラグをシャーシに取り付ける必要があります。


) このシステム アースは、NEBS アースとも呼ばれます。


シャーシに NEBS システム アースが取り付けられていない場合、システム アース ラグおよびアース線を取り付ける必要があります。手順については、オンラインの『 Catalyst 6500 Series Switches Installation Guide 』を参照してください。

システムのアース ラグを取り付けたら、次の手順で、静電気防止用リスト ストラップを適切に取り付けます。


ステップ 1 次のように静電気防止用リスト ストラップをしっかりと肌に密着させて着用してください。

a. FRU に付属の静電気防止用リスト ストラップを使用する場合は、リスト ストラップのパッケージを開き、静電気防止用リスト ストラップの包装を開けます。手首に黒の導体ループを巻き、肌にしっかりと密着するように、ストラップを締めます。

b. ワニ口クリップ付きの静電気防止用リスト ストラップを使用する場合は、パッケージを開いて、静電気防止用リスト ストラップを取り出します。リスト ストラップを巻く位置を決めて、肌にしっかりと密着させてください。

ステップ 2 静電気防止用リスト ストラップのバネ クリップまたはワニ口クリップをつかんで、ラックの塗装されていない金属部分に一瞬クリップを接触させます。

蓄積された静電気をラック全体に安全に散逸させるために、クリップを塗装されていないラック レールに接触させることを推奨します。

ステップ 3 次のように、バネ クリップまたはワニ口クリップをアース ラグのネジに取り付けます(図 C-1 を参照)。

a. FRU に付属の静電気防止用リスト ストラップを使用する場合は、バネ クリップを強くつかんであごを開き、システムのアース ラグのネジ頭の側面に取り付け、バネ クリップのあごがラグのネジ頭の後ろで閉じるように、バネ クリップをラグのネジ頭上でスライドさせます。


) バネ クリップのあごは、直接ラグのネジ頭またはラグのバレルをはさみ込めるほど広くは開きません。


b. ワニ口クリップ付きの静電気防止用リスト ストラップを使用している場合は、システムのアース ラグのネジ頭、またはシステムのアース ラグ バレルに直接ワニ口クリップを取り付けます。

図 C-1 静電気防止用リスト ストラップ クリップのシステム アース ラグ ネジへの取り付け

 


 

さらに、モジュールを取り扱う際には、次の注意事項に従ってください。

フレームを取り扱うときは、ハンドルまたは端の部分だけを持ち、プリント基板またはコネクタには手を触れないでください。

取り外したコンポーネントは、基板側を上向きにして、静電気防止用シートに置くか、静電気防止用容器に入れます。コンポーネントを工場に返却する場合は、ただちに静電気防止用容器に入れてください。

金属製フレームからプリント基板を取り外さないでください。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。抵抗値は 1~10 MΩ でなければなりません。