Catalyst 6500 シリーズ イーサネット モジュール インストレーション ガイド
イーサネット スイッチング モジュール
イーサネット スイッチング モジュール
発行日;2012/06/09 | 英語版ドキュメント(2012/04/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

イーサネット スイッチング モジュール

10 および 10/100 ファイバベース イーサネット モジュール

WS-X6024-10FL-MT イーサネット モジュール

WS-X6148-FE-SFP イーサネット モジュール

WS-X6324-100FX-MM および WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュール

WS-X6524-100FX-MM イーサネット モジュール

10/100 および 10/100/1000 イーサネット モジュール

WS-X6148-GE-TX および WS-X6148A-GE-TX イーサネット モジュール

WS-X6148-RJ21 イーサネット モジュール

WS-X6148-RJ-45 および WS-X6148A-RJ-45 イーサネット モジュール

WS-X6148E-GE-45AT イーサネット モジュール

WS-X6148X2-RJ-45 および WS-X6148X2-45AF イーサネット モジュール

WS-X6196-RJ-21 および WS-X6196-21AF イーサネット モジュール

WS-X6348-RJ21V イーサネット モジュール

WS-X6348-RJ45 および WS-X6348-RJ45V イーサネット モジュール

WS-X6516-GE-TX イーサネット モジュール

WS-X6548-GE-TX、WS-X6548-GE-45AF、WS-X6548V-GE-TX イーサネット モジュール

WS-X6548-RJ-21 イーサネット モジュール

WS-X6548-RJ-45 イーサネット モジュール

WS-X6748-GE-TX および WS-X6848-GE-TX イーサネット モジュール

1 ギガビット イーサネット モジュール

WS-X6408A-GBIC

WS-X6416-GBIC

WS-X6516A-GBIC および WS-X6516-GBIC

WS-X6724-SFP および WS-X6824-SFP

WS-X6748-SFP および WS-X6848-SFP

WS-X6816-GBIC

10 ギガビット イーサネット モジュール

WS-X6704-10GE イーサネット モジュール

WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL イーサネット モジュール

WS-X6716-10GE および WS-X6816-10GE イーサネット モジュール

WS-X6716-10T および WS-X6816-10T イーサネット モジュール

WS-X6908-10G イーサネット モジュール

イーサネット スイッチング モジュール

この章では、10BASE、10/100BASE、10/100/1000BASE、1 ギガビット、10 ギガビット イーサネット モジュールについて説明します。内容は次のとおりです。

「10 および 10/100 ファイバベース イーサネット モジュール」

「10/100 および 10/100/1000 イーサネット モジュール」

「1 ギガビット イーサネット モジュール」

「10 ギガビット イーサネット モジュール」


) サービス モジュールについては、このマニュアルでは説明しません。これらには個別のマニュアル セットがあります。


10 および 10/100 ファイバベース イーサネット モジュール

ここでは、次の 10 および 10/100 ファイバベース イーサネット モジュールについて説明します。

「WS-X6024-10FL-MT イーサネット モジュール」

「WS-X6148-FE-SFP イーサネット モジュール」

「WS-X6324-100FX-MM および WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュール」

「WS-X6524-100FX-MM イーサネット モジュール」


) すべての 10 および 10/100 ファイバベース イーサネット モジュールはホットスワップ可能です。


WS-X6024-10FL-MT イーサネット モジュール

WS-X6024-10FL-MT イーサネット モジュール(図 2-1)は、24 個の 10 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-1 にモジュール機能を示し、 表 2-2 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-1 WS-X6024-10FL-MT イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-1 WS-X6024-10FL-MT イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

24 ポート。ポート番号は 1(左)~ 24(右)。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 12、13 ~ 24

ポート コネクタのタイプ

MT-RJ

ケーブル長

1.24 マイル(2 km)全二重または半二重、62.5 および 125 ミクロン MMF 使用

バッファ サイズ

64 KB/ポート

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Catalyst OS サポート:6.4(11)

ポートあたりのキュー数

Tx:2q2t

Rx:1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

不可。

分散型フォワーディングのサポート

不可。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-2 WS-X6024-10FL-MT イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

7.0 ポンド(3.18 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:1.52 A

モジュール電力:63.84 W

AC 入力電力:79.8 W

AC 熱放散:272.52 BTU/時

DC 入力電力:85.81 W

DC 熱放散:293.0 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6148-FE-SFP イーサネット モジュール

WS-X6148-FE-SFP イーサネット モジュール(図 2-2)は、48 個の 100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-3 にモジュール機能を示し、 表 2-4 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-2 WS-X6148-FE-SP イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-3 WS-X6148-FE-SFP の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート。ポートには番号が付いています(左から右)。

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

3 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 16、17 ~ 32、33 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

LC または RJ-45(モジュール ポートに取り付けられた 100 Mbps ファスト イーサネット SFP トランシーバのタイプによって決まります)

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた 100BASE-X ファスト イーサネット SFP トランシーバによって異なります。次の URL にあるトランシーバのインストレーション ガイドを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/prod_installation_guides_list.html

ファスト イーサネット SFP トランシーバのタイプおよびサポートされているケーブル長の説明については、付録 B を参照してください。

バッファ サイズ

256 MB を 48 ポートで共有(5.4 MB/ポート)

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:8

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.2(18)SXF2

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 2T の場合:12.2(50)SY

Catalyst OS:8.4(1)

ポートあたりのキュー数

Tx:1p3q8t(ポートあたり)

Rx:1p1q2t(8 ポートのグループあたり)

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

不可。

分散型フォワーディングのサポート

不可。

着脱式トランシーバのサポート

モジュールは 100BASE-X ファスト イーサネット SFP トランシーバをサポートしています。どのファスト イーサネット SFP トランシーバがサポートされているかを確認するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。ファスト イーサネット SFP トランシーバの詳細については、付録 B、「100 MB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-4 WS-X6148-FE-SFP の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

6.6 ポンド(3 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:2.3 A

モジュール電力:96.60 W

AC 入力電力:120.75 W

AC 熱放散:412.36 BTU/時

DC 入力電力:129.84 W

DC 熱放散:443.40 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m

WS-X6324-100FX-MM および WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュール

WS-X6324-100FX-MM および WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュール(図 2-3)は、24 個の 100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。WS-X6324-100FX-MM イーサネット モジュールはマルチモード光ファイバ(MMF)ケーブルを介して動作し、WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュールは G.652 シングル モード光ファイバ(SMF)ケーブルを介して動作します。 表 2-5 に両モジュールの機能を示し、 表 2-6 に両モジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-3 WS-X6324-100FX-MM および WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュールの前面パネル

 


) WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュールの前面パネルは、製品の部品番号以外、WS-X6324-100FX-MM イーサネット モジュールの前面パネルと同じです。


 

表 2-5 WS-X6324-100FX-MM および WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

24 ポート。ポート番号は 1(左)~ 24(右)。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 12、13 ~ 24

ポート コネクタのタイプ

MT-RJ(両方のモジュール)

ケーブル長

WS-X6324-100FX-MM:1.24 マイル(2 km)、全二重、MMF 使用

WS-X6324-100FX-MM:1312 フィート(400 m)、半二重、MMF 使用

WS-X6324-100FX-SM:6.2 マイル(10 km)、全二重または半二重、G.652 SMF 使用

バッファ サイズ

128 KB/ポート

QoS

出力キューの数:2

入力キューの数:1

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(2)E

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Catalyst OS:6.4(11)

ポートあたりのキュー数

両方のモジュール:

Tx:2q2t

Rx:1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

不可。

分散型フォワーディングのサポート

不可。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-6 WS-X6324-100FX-MM および WS-X6324-100FX-SM イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

7.0 ポンド(3.18 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:1.52 A

モジュール電力:63.84 W

AC 入力電力:79.8 W

AC 熱放散:272.52 BTU/時

DC 入力電力:85.81 W

DC 熱放散:293.03 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6524-100FX-MM イーサネット モジュール

WS-X6524-100FX-MM イーサネット モジュール図 2-4)は、24 個の 100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-7 にモジュール機能を示し、 表 2-8 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-4 WS-X6524-100FX-MM スイッチング モジュールの前面パネル

 

 

表 2-7 WS-X6524-100FX-MM の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

24 ポート。ポート番号は 1(左)~ 24(右)。

1 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 24

ポート コネクタのタイプ

MT-RJ

ケーブル長

1.24 マイル(2 km)全二重、1312 フィート(400 m)半二重、MMF 使用

バッファ サイズ

1.2 MB/ポート

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:1

入力キューあたりのしきい値の数:0

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(8a)EX

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Catalyst OS:7.6(9)

ポートあたりのキュー数

Tx:1p3q1t

Rx:1p1q0t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

不可

分散型フォワーディングのサポート

分散型フォワーディングをサポートするように、次のドーター カードを使用して現場アップグレードできます。

WS-F6K-DFC

WS-F6K-DFC3A

WS-F6K-DFC3B

WS-F6K-DFC3BXL

DFC ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

現場での取り付けの手順については、『 Catalyst 6500 Series DFC, DFC3A, DFC3B, and DFC3BXL Installation Note 』を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-8 WS-X6524-100FX-MM の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

ベース モジュール:7.0 ポンド(3.18 kg)

電力要件および発熱量

ベース モジュール

モジュール電流:1.90 A

モジュール電力:79.8 W

AC 入力電力:99.75 W

AC 熱放散:340.65 BTU/時

DC 入力電力:107.30 W

DC 熱放散:366.30 BTU/時

ベース モジュール + DFC3 ドーター カード

モジュール電流:4.00 A

モジュール電力:168.00 W

AC 入力電力:210.00 W

AC 熱放散:717.15 BTU/時

DC 入力電力:225.81 W

DC 熱放散:771.13 BTU/時

ベース モジュール + DFC3A ドーター カード

モジュール電流:4.47 A

モジュール電力:187.74 W

AC 入力電力:234.68 W

AC 熱放散:801.42 BTU/時

DC 入力電力:252.34 W

DC 熱放散:861.74 BTU/時

電力要件および発熱量
(続き)

ベース モジュール + DFC3B ドーター カード

モジュール電流:3.57 A

モジュール電力:149.94 W

AC 入力電力:187.43 W

AC 熱放散:640.06 BTU/時

DC 入力電力:201.53 W

DC 熱放散:688.23 BTU/時

ベース モジュール + DFC3BXL ドーター カード

モジュール電流:3.37 A

モジュール電力:141.54 W

AC 入力電力:176.93 W

AC 熱放散:604.20 BTU/時

DC 入力電力:190.24 W

DC 熱放散:649.68 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

10/100 および 10/100/1000 イーサネット モジュール

ここでは、次の 10/100 および 10/100/1000BASE イーサネット モジュールについて説明します。

「WS-X6148-GE-TX および WS-X6148A-GE-TX イーサネット モジュール」

「WS-X6148-RJ21 イーサネット モジュール」

「WS-X6148-RJ-45 および WS-X6148A-RJ-45 イーサネット モジュール」

「WS-X6148E-GE-45AT イーサネット モジュール」

「WS-X6148X2-RJ-45 および WS-X6148X2-45AF イーサネット モジュール」

「WS-X6196-RJ-21 および WS-X6196-21AF イーサネット モジュール」

「WS-X6348-RJ21V イーサネット モジュール」

「WS-X6348-RJ45 および WS-X6348-RJ45V イーサネット モジュール」

「WS-X6516-GE-TX イーサネット モジュール」

「WS-X6548-GE-TX、WS-X6548-GE-45AF、WS-X6548V-GE-TX イーサネット モジュール」

「WS-X6548-RJ-21 イーサネット モジュール」

「WS-X6548-RJ-45 イーサネット モジュール」

「WS-X6748-GE-TX および WS-X6848-GE-TX イーサネット モジュール」


) すべての 10/100 および 10/100/1000 イーサネット モジュールはホットスワップ可能です。


WS-X6148-GE-TX および WS-X6148A-GE-TX イーサネット モジュール

ベース WS-X6148-GE-TX およびベース WS-X6148A-GE-TX イーサネット モジュールおよびその派生製品( 表 2-9 を参照)は、48 個の 10/100/1000 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。( 表 2-9 を参照)。図 2-5 に、モジュールの前面パネルを示します。

 

表 2-9 WS-X6148-GE-TX および WS-X6148A-GE-TX イーサネット モジュールの派生製品

モジュール
説明

WS-X6148-GE-TX

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール。

WS-X6148-GE-45AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-GE48-AF)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

WS-X6148V-GE-TX

シスコ先行標準 PoE ドーター カード(WS-F6K-VPWR-GE)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

WS-X6148A-GE-TX

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール(ポート バッファ サイズ拡張)。

WS-X6148A-GE-45AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-GE48-AF)を出荷時取り付け済みのベース モジュール(ポート バッファ サイズ拡張)。

図 2-5 WS-X6148-GE-TX イーサネット モジュールの前面パネル

 


) WS-X6148-GE-TX と WS-X6148A-GE-TX イーサネット モジュールの前面パネルは同じです。左上隅にある製品番号が異なります。


表 2-10 にベース モジュールとその派生製品の機能および説明を示し、 表 2-11 にベース モジュールとその派生製品の物理仕様および環境仕様を示します。

 

表 2-10 WS-X6148-GE-TX および WS-X6148A-GE-TX の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート(すべての派生製品)。ポートには番号が付いています(左から右)

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

ポート グループ数

WS-X6148-GE-TX:2

WS-X6148A-GE-TX:6

ポート グループ単位のポート範囲

WS-X6148-GE-TX:1 ~ 24、25 ~ 48

WS-X6148A-GE-TX:1 ~ 8、9 ~ 16、17 ~ 24、25 ~ 32、33 ~ 40、41 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-45(すべての派生製品)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用(すべての派生製品)

バッファ サイズ

WS-X6148-GE-TX、WS-X6148V-GE-TX、WS-X6148-GE-45AF:1.4 MB(8 ポートあたり)

WS-X6148A-GE-TX および WS-X6148A-GE-45AF:5.5 MB(ポートあたり)

QoS

出力キューの数:3

入力キューの数:1

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:2

最大フレーム サイズ

WS-X6148-GE-TX、WS-X6148V-GE-TX、WS-X6148-GE-45AF:フレームあたり最大 1518 バイト

WS-X6148A-GE-TX および WS-X6148A-GE-45AF:フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

8:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(19)E1

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 720 および WS-F6K-GE48-AF または WS-F6K48-AF PoE ドーター カードの場合:12.2(17d)SXB(WS-X6148-GE-TX のみ)

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 2T の場合:12.2(50)SY

Catalyst OS

WS-X6148-GE-TX:7.6(9)

WS-X6148A-GE-TX:8.4(1)

ポートあたりのキュー数

WS-X6148-GE-TX、WS-X6148V-GE-TX、WS-X6148-GE-45AF

Tx:1p2q2t(8 ポートあたり)

Rx:1p2t(ポートあたり)

WS-X6148A-GE-TX および WS-X6148A-GE-45AF

Tx:1p3q8t

Rx:1q2t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます(すべての派生製品)

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続(すべての派生製品)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

WS-X6148-GE-TX および WS-X6148A-GE-TX:

WS-X6148-GE-TX は、シスコ先行標準のみをサポートする WS-F6K-VPWR-GE= ドーター カードを使用して現場アップグレード可能です。

WS-X6148-GE-TX と WS-X6148A-GE-TX の両方とも、シスコ先行標準と IEEE 802.3af 標準の両方をサポートする WS-F6K-GE48-AF= ドーター カードを使用して現場アップグレード可能です。

現場アップグレードの手順については、『 Catalyst 6500 Series Power over Ethernet Daughter Cards Field-Upgrade Installation Note 』を参照してください。

PoE ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

すべての派生製品がサポートされます。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-11 WS-X6148-GE-TX および派生製品の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

WS-X6148-GE-TX(ベース モジュールのみ):7.6 ポンド(3.4 kg)

WS-X6148A-GE-TX(ベース モジュールのみ):6.6 ポンド(3 kg)

電力要件および発熱量

 

ベース モジュール(WS-X6148-GE-TX)

モジュール電流:2.47 A

モジュール電力:104.00 W

AC 入力電力:130.00W

AC 熱放散:443.00 BTU/時

DC 入力電力:139.00 W

DC 熱放散:476.00 BTU/時

WS-X6148-GE-45AF(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:2.65 A

モジュール電力:111.30 W

AC 入力電力:139.13 W

AC 熱放散:475.11 BTU/時

DC 入力電力:149.60 W

DC 熱放散:510.87 BTU/時

WS-X6148V-GE-TX(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:2.89 A

モジュール電力:121.38 W

AC 入力電力:151.72 W

AC 熱放散:518.14 BTU/時

DC 入力電力:163.15 W

DC 熱放散:557.14 BTU/時

WS-X6148A-GE-TX(拡張ベース モジュール)

モジュール電流:2.50 A

モジュール電力:105.00 W

AC 入力電力:131.25 W

AC 熱放散:448.22 BTU/時

DC 入力電力:141.13 W

DC 熱放散:481.96 BTU/時

WS-X6148A-GE-45AF(拡張ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:2.68 A

モジュール電力:112.56 W

AC 入力電力:140.70 W

AC 熱放散:480.49 BTU/時

DC 入力電力:151.29 W

DC 熱放散:516.66 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6148-RJ21 イーサネット モジュール

WS-X6148-RJ21 イーサネット モジュールおよびその 2 つの派生製品は、48 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。( 表 2-12 を参照)。図 2-6 に、モジュールの前面パネルを示します。

 

表 2-12 WS-X6148-RJ21 イーサネット モジュールの派生製品

モジュール
説明

WS-X6148-RJ21

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール。

WS-X6148-21AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-GE48-AF)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

WS-X6148-RJ21V

シスコ先行標準 PoE ドーター カード(WS-F6K-VPWR-GE)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

図 2-6 WS-X6148-RJ-21 イーサネット モジュールの前面パネル

 

表 2-13 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-14 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

 

表 2-13 WS-X6148-RJ-21 イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート(すべての派生製品)。ポートは左から右の順に番号付けされます。最初のコネクタはポート 1 ~ 12、2 番めのコネクタはポート 13 ~ 24、3 番めのコネクタはポート 25 ~ 32、4 番めのコネクタはポート 33 ~48 です。

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 12、13 ~ 24、25 ~ 36、37 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-21(すべての派生製品)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用(すべての派生製品)

バッファ サイズ

128 KB/ポート(すべての派生製品)

QoS

出力キューの数:2

入力キューの数:1

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 8092 バイト(すべての派生製品)

モジュールのオーバーサブスクリプション率

1.2:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(12c)E1

Supervisor Engine 2 および WS-F6K-VPWR PoE ドーター カードの場合:12.1(13)E

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720(WS-F6K-48-AF PoE ドーター カードを使用しない)の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720 および WS-F6K-48-AF PoE ドーター カードの場合:12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Catalyst OS:6.4(11)(ソフトウェア リリース 6.x の場合)、7.6(9)(ソフトウェア リリース 7.x の場合)

ポートあたりのキュー数

すべての派生製品:

Tx:2q2t

Rx:1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます(すべての派生製品)。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続(すべての派生製品)

ドーター カードのサポート

 

PoE のサポート

WS-X6148-RJ-21:WS-F6K-VPWR= ドーター カードを取り付けることによって、シスコ先行標準のみへの現場アップグレードが可能。

現場アップグレードの手順については、『 Cisco Catalyst 6500 Series Power over Ethernet Daughter Cards Field-Upgrade Installation Note 』を参照してください。

(注) IEEE 802.3af 標準 PoE ドーター カードは、工場での事前交換によってのみ使用可能です。IEEE 802.3af 標準 PoE ドーター カードは現場アップグレード不可です。

分散型フォワーディングのサポート

不可。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

すべての派生製品がサポートされます。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-14 WS-X6148-RJ-21 の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

ベース モジュールのみ:8.0 ポンド(3.6 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6148-RJ-21(ベース モジュール)

モジュール電流:2.39 A

モジュール電力:100.38 W

AC 入力電力:125.48 W

AC 熱放散:428.50 BTU/時

DC 入力電力:134.92 W

DC 熱放散:460.75 BTU/時

WS-X6148-21AF(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:2.57 A

モジュール電力:107.94 W

AC 入力電力:134.93 W

AC 熱放散:460.77 BTU/時

DC 入力電力:145.08 W

DC 熱放散:495.45 BTU/時

WS-X6148-RJ21V(ベース モジュール + PoE ドーター カード):

モジュール電流:2.39 A

モジュール電力:100.38 W

AC 入力電力:125.48 W

AC 熱放散:428.50 BTU/時

DC 入力電力:134.92 W

DC 熱放散:460.75 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6148-RJ-45 および WS-X6148A-RJ-45 イーサネット モジュール

WS-X6148-RJ-45 および WS-X6148A-RJ-45 イーサネット モジュールは、48 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-15 に、2 つのベース モジュールとその派生製品を示します。図 2-7 に、モジュールの前面パネルを示します。

 

表 2-15 WS-X6148-RJ-45 および WS-X61248A-RJ-45 イーサネット モジュールおよび派生製品

モジュール
説明

WS-X6148-RJ-45

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール。

WS-X6148-45AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-GE48-AF)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

WS-X6148-RJ45V

シスコ先行標準 PoE ドーター カード(WS-F6K-VPWR-GE)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

WS-X6148A-RJ-45

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール(ポート バッファ サイズ拡張)。

WS-X6148A-45AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-GE48-AF)を出荷時取り付け済みのベース モジュール(ポート バッファ サイズ拡張)。

図 2-7 WS-X6148-RJ-45 イーサネット モジュールの前面パネル

 


) WS-X6148-RJ-45 と WS-X6148A-RJ-45 イーサネット モジュールの前面パネルは同じです。左上隅にある製品番号が異なります。


表 2-16 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-17 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

 

表 2-16 WS-X6148-RJ-45 および WS-X6148A-RJ-45 イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート(すべての派生製品)。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

ポート グループ数:

WS-X6148-RJ-45:2

WS-X6148A-RJ-45:6

ポート グループ単位のポート範囲:

WS-X6148-RJ-45:1 ~ 24、25 ~ 48

WS-X6148A-RJ-45:1 ~ 8、8 ~ 16、17 ~ 24、25 ~ 32、33 ~ 40、41 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-45(すべての派生製品)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用(すべての派生製品)

バッファ サイズ

WS-X6148-RJ-45、WS-X6148-45AF、WS-X6148-RJ45V:1 MB(8 ポートあたり)

WS-X6148A-RJ-45 および WS-X6148A-45AF:5.3 MB(8 ポートあたり)

QoS

出力キューの数:2(6148)、4(6148A)

入力キューの数:1(6148)、2(6148A)

出力キューあたりのしきい値の数:2(6148)、8(6148A)

入力キューあたりのしきい値の数:4(6148)、4(6148A)

最大フレーム サイズ

WS-X6148-RJ-45、WS-X6148-45AF、WS-X6148-RJ45V:フレームあたり最大 8092 バイト

WS-X6148A-RJ-45 および WS-X6148A-45AF:フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

1.2:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(12c)E1

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(18)SXF(6148A)

Supervisor Engine 720(WS-F6K-48-AF PoE ドーター カードを使用しない)の場合:12.2(14)SX(6148)

Supervisor Engine 720 および WS-F6K-48-AF PoE ドーター カードの場合:12.2(17d)SXB(6148)

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 2T の場合:12.2(50)SY

Catalyst OS(6148A):8.4(1)

Catalyst OS(6148):6.4(11)(ソフトウェア リリース 6.x の場合)、7.6(9)(ソフトウェア リリース 7.x の場合)

ポートあたりのキュー数

WS-X6148-RJ-45、WS-X6148-45AF および WS-X6148-RJ45V

Tx:1p2q2t(8 ポートあたり)

Rx:1p2t(ポートあたり)

WS-X6148A-RJ-45 および WS-X6148A-45AF

Tx:1p3q8t

Rx:1q2t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます(すべての派生製品)。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続(すべての派生製品)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

WS-X6148-RJ-45:WS-F6K-VPWR-GE= ドーター カードを使用して、シスコ先行標準のみへの現場アップグレードが可能。WS-F6K-GE48-AF= ドーター カードを取り付けることでシスコ先行標準と IEEE 802.3af 標準の両方への現場アップグレードが可能。

WS-X6148A-RJ-45:WS-F6K-GE48-AF= ドーター カードを取り付けることで、シスコ先行標準および IEEE 802.3af 標準への現場アップグレードが可能。

現場アップグレードの手順については、『 Cisco Catalyst 6500 Series Power over Ethernet Daughter Cards Field-Upgrade Installation Note 』を参照してください。

PoE ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

Yes

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です。

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-17 WS-X6148-RJ-45 イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

WS-X6148-RJ-45(ベース モジュール):6.8 ポンド(3.08 kg)

WS-X6148A-RJ-45(拡張ベース モジュール):7.2 ポンド(3.27 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6148-RJ-45

モジュール電流:2.39 A

モジュール電力:100.38 W

AC 入力電力:125.48 W

AC 熱放散:428.50 BTU/時

DC 入力電力:134.92 W

DC 熱放散:460.75 BTU/時

WS-X6148-45AF(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:2.57 A

モジュール電力:107.94 W

AC 入力電力:134.33 W

AC 熱放散:460.77 BTU/時

DC 入力電力:145.08 W

DC 熱放散:495.45 BTU/時

WS-X6148-RJ45V(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:2.81 A

モジュール電力:118.02 W

AC 入力電力:147.53 W

AC 熱放散:503.80 BTU/時

DC 入力電力:158.63 W

DC 熱放散:541.72 BTU/時

電力要件および発熱量

(続き)

WS-X6148A-RJ-45

モジュール電流:1.00 A

モジュール電力:42.00 W

AC 入力電力:52.50 W

AC 熱放散:179.29 BTU/時

DC 入力電力:55.45 W

DC 熱放散:192.78 BTU/時

WS-X6148A-RJ45AF(拡張ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:1.42 A

モジュール電力:59.64 W

AC 入力電力:74.55 W

AC 熱放散:254.59 BTU/時

DC 入力電力:80.16 W

DC 熱放散:273.75 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6148E-GE-45AT イーサネット モジュール

WS-X6148E-GE-45AT イーサネット モジュールは、48 個の 10/100/1000 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。図 2-8 に、モジュールの前面パネルを示します。モジュールは拡張 PoE をサポートするポートを 48 個搭載しています。

図 2-8 WS-X6148E-GE-45AT イーサネット モジュールの前面パネル

 

表 2-18 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-19 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

 

表 2-18 WS-X6148E-GE-45AT イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48

ポート グループ数:6

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8、8 ~ 16、17 ~ 24、25 ~ 32、33 ~ 40、41 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-45

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用

バッファ サイズ

5.3 MB(8 ポートあたり)

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:8

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

8:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T

ソフトウェアのサポート

12.2(33)SXI4

Supervisor Engine 2T サポートには 12.2(50)SY が必要

ポートあたりのキュー数

Tx:1p3q8t

Rx:1q2t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

WS-F6K-48-AT PoE ドーター カードが装着されています。WS-F6K-48-AT PoE ドーター カードは、他のイーサネット モジュールでは使用できません。

PoE ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

Yes

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です。

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-19 WS-X6148E-GE-45AT イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.65 X 14.4 X 16 インチ(4.2 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

11 ポンド(5 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:2.5 A

モジュール電力:105.0 W

AC 入力電力:131.25 W

AC 熱放散:448.22 BTU/時

DC 入力電力:141.13 W

DC 熱放散:481.96 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6148X2-RJ-45 および WS-X6148X2-45AF イーサネット モジュール

表 2-20 に示す WS-X6148X2-RJ-45 および WS-X6148X2-45AF イーサネット モジュールは、96 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-9 を参照)。WS-X6148X2-RJ-45 および WS-X6148X2-RJ-45AF モジュールは、96 ポート スプリッタ パネル(WS-F6K-48X2-SPLTR)が付属しています。(図 2-10 を参照)。

 

表 2-20 WS-X6148X2-RJ-45 および WS-X6148X2-45AF イーサネット モジュール

モジュール
説明

WS-X6148X2-RJ-45

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール。

WS-X6148X2-45AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-FE48X2-AF=)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

図 2-9 WS-X6148X2-RJ-45 イーサネット モジュールの前面パネル

 

図 2-10 WS-F6K-48X2-SPLTR スプリッタ パネル

 

表 2-21 にモジュールの機能を示し、 表 2-22 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。


) IEEE 802.3af PoE ドーター カードを取り付けると、WS-X6148X2-RJ-45 モジュールは、48 ポートのモジュールとして動作する際にモジュールあたり最大 48 台のクラス 3(15.4 W)デバイスをサポートし、96 ポート モジュールとして動作する際にモジュールあたり最大 96 台のクラス 2(7 W)デバイスをサポートします。


 

表 2-21 WS-X6148X2-RJ-45 および WS-X6148X2-45AF イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート、ただし付属のスプリッタ パネルを使用して 96 ポートまで拡張可能(両方のモジュール)

各コネクタは 2 ポートをサポートします。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1/49 ~ 47/95。

下の段は、偶数ポート 2/50 ~ 48/96。

ポート コネクタのタイプ

RJ-45(両方のモジュール)

RJ-45(スプリッタ パネル)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用(両方のモジュール)

バッファ サイズ

1.116 MB/ポート(両方のモジュール)

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:1

入力キューあたりのしきい値の数:0

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト(両方のモジュール)

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1E リリースではサポートされていません

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF3

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(18)SXF3

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Catalyst OS:8.3(3)

ポートあたりのキュー数

両方のモジュール:

Tx:1p3q1t

Rx:1p1q0t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バスへの単一接続(両方のモジュール)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

WS-X6148X2-RJ-45:WS-F6K-FE48X2-AF= PoE ドーター カードを使用してシスコ先行標準および IEEE 802.3af 両方への現場アップグレード可能。

(注) IEEE 802.3af PoE ドーター カードを取り付けると、WS-X6148X2-RJ-45 モジュールは、48 ポートのモジュールとして動作する際にモジュールあたり最大 48 台のクラス 3(15.4 W)デバイスをサポートし、96 ポート モジュールとして動作する際にモジュールあたり最大 96 台のクラス 2(7 W)デバイスをサポートします。

現場アップグレードの手順については、『 Cisco Catalyst 6500 Series Power over Ethernet Daughter Cards Field-Upgrade Installation Note 』を参照してください。

PoE ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です。

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-22 WS-X6148X2-RJ-45 の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

モジュール:1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

スプリッタ パネル:3.5 X 19 X 1.25 インチ(8.9 X 48.26 X 3.18 cm)。ラック内の 2 RU を占有します。

重量

WS-X6148X2-RJ-45(ベース モジュール):7.2 ポンド(3.26 kg)

スプリッタ パネル:5.2 ポンド(2.36 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6148X2-RJ-45(ベース モジュール)

モジュール電流:2.65 A

モジュール電力:111.30 W

AC 入力電力:139.13 W

AC 熱放散:475.11 BTU/時

DC 入力電力:149.60 W

DC 熱放散:510.87 BTU/時

WS-X6148X2-45AF(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:3.07 A

モジュール電力:128.94 W

AC 入力電力:161.18 W

AC 熱放散:550.41 BTU/時

DC 入力電力:173.31 W

DC 熱放散:591.84 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6196-RJ-21 および WS-X6196-21AF イーサネット モジュール

WS-X6196-RJ-21 および WS-X6196-21AF イーサネット モジュールは、96 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。( 表 2-23 を参照)。図 2-11 に、モジュールの前面パネルを示します。

 

表 2-23 WS-X6196-RJ-21 モジュール

モジュール
説明

WS-X6196-RJ-21

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール。

WS-X6196-21AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-GE48-AF)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

図 2-11 WS-X6196-RJ-21 スイッチング モジュールの前面パネル

 

表 2-24 にモジュール機能を示し、 表 2-25 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。


) PoE ドーター カードを取り付けると、WS-X6196-RJ-21 モジュールはモジュールあたり 96 台のクラス 2(7 W)デバイスまたは 62 台のクラス 3(15.4 W)デバイスをサポートします


 

表 2-24 WS-X6196-RJ-21 および WS-X6196-21AF イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

96 ポート(両方のモジュール)。ポートには番号が付いています(左から右)

上の段のコネクタ:最初のコネクタはポート 1 ~ 12、2 番めのコネクタはポート 13 ~ 24、3 番めのコネクタはポート 25 ~ 36、4 番めのコネクタはポート 37 ~48 です。

下の段のコネクタ:最初のコネクタはポート 60 ~ 49、2 番めのコネクタはポート 72 ~ 61、3 番めのコネクタはポート 73 ~ 84、4 番めのコネクタはポート 85 ~96 です。

(注) 下の段の 4 個の RJ-21 コネクタは逆になります。下の段のコネクタの最大ポート番号はコネクタの左側にあり、コネクタの最小ポート番号は右側にあります。

ポート コネクタのタイプ

RJ-21(両方のモジュール)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用(両方のモジュール)

バッファ サイズ

1.116 MB/ポート(両方のモジュール)

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:1

入力キューあたりのしきい値の数:0

最大フレーム サイズ

最大 9216 バイト(両方のモジュール)

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:リリース 12.1E ではサポートされていません

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF3

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(18)SXF3

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Catalyst OS リリース:8.2.1

ポートあたりのキュー数

両方のモジュール:

Tx:1p3q1t

Rx:1p1q0t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス(両方のモジュール)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

WS-X6196-RJ-21:WS-F6K-FE48X2-AF= PoE ドーター カードを使用してシスコ先行標準および IEEE 802.3af 両方への現場アップグレードが可能。

(注) PoE ドーター カードを取り付けると、WS-X6196-RJ-21 モジュールはモジュールあたり 96 台のクラス 2(7 W)デバイスまたは 62 台のクラス 3(15.4 W)デバイスをサポートします

WS-X6196-21AF:WS-F6K-FE48X2-AF PoE ドーター カードが出荷時取り付け済みです。

現場アップグレードの手順については、『 Cisco Catalyst 6500 Series Power over Ethernet Daughter Cards Field-Upgrade Installation Note 』を参照してください。

PoE ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です。

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-25 WS-X6196-RJ-21 および WS-X6196-21AF イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

WS-X6196-RJ-21:7.8 ポンド(3.54 kg)

WS-X6196-21AF:11.2 ポンド(5.08 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6196-RJ-21(ベース モジュール)

モジュール電流:2.74 A

モジュール電力:115.08 W

AC 入力電力:143.85 W

AC 熱放散:491.25 BTU/時

DC 入力電力:154.68 W

DC 熱放散:528.22 BTU/時

WS-X6196-21AF(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:3.16 A

モジュール電力:132.72 W

AC 入力電力:165.90 W

AC 熱放散:566.55 BTU/時

DC 入力電力:178.39 W

DC 熱放散:609.19 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6348-RJ21V イーサネット モジュール

WS-X6348-RJ21V イーサネット モジュールは、48 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-12 を参照)。 表 2-26 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-27 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-12 WS-X6348-RJ21V スイッチング モジュールの前面パネル

 

 

表 2-26 WS-X6348-RJ21V の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

最初のコネクタはポート 1 ~ 12、2 番めのコネクタはポート 13 ~ 24、3 番めのコネクタはポート 25 ~ 32、4 番めのコネクタはポート 33 ~48 です。

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 12、13 ~ 24、25 ~ 36、37 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-21(コネクタあたり 12 ポート)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用

バッファ サイズ

128 KB

QoS

出力キューの数:2

入力キューの数:1

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 8092 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(8a)EX

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

Tx:2q2t

Rx:1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

シスコ先行標準のみ。WS-F6K-VPWR= PoE ドーター カードが出荷時にモジュールに取り付け済みです。PoE 現場アップグレードはできません。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です。

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-27 WS-X6348-RJ21V の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

9.1 ポンド(4.13 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:2.81 A

モジュール電力:118.02 W

AC 入力電力:147.53 W

AC 熱放散:503.80 BTU/時

DC 入力電力:158.63 W

DC 熱放散:541.72 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6348-RJ45 および WS-X6348-RJ45V イーサネット モジュール

WS-X6348-RJ45 および WS-X6348-RJ45V イーサネット モジュールは、48 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。( 表 2-28 を参照)。図 2-13 に、モジュールの前面パネルを示します。

 

表 2-28 WS-X6348-RJ45 モジュール

モジュール
説明

WS-X6348-RJ45

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール。

WS-X6348-RJ45V

シスコ先行標準 PoE ドーター カード(WS-F6K-VPWR-GE)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

図 2-13 WS-X6348-RJ45 および WS-X6348-RJ45V イーサネット モジュールの前面パネル

 

表 2-29 にモジュール機能を示し、 表 2-30 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

 

表 2-29 WS-X6348-RJ45 および WS-X6348-RJ45V イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート(両方のモジュール)。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 12、13 ~ 24、25 ~ 36、37 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-45(両方のモジュール)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用(両方のモジュール)

バッファ サイズ

128 KB/ポート(両方のモジュール)

QoS

出力キューの数:2

入力キューの数:1

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 8092 バイト(両方のモジュール)

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(2)E

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

両方のモジュール:

Tx:2q2t

Rx:1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス(両方のモジュール)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

WS-X6348-RJ45:WS-F6K-VPWR= PoE ドーター カードを使用してシスコ先行標準への現場アップグレードが可能。

WS-X6348-RJ-45V:WS-F6K-VPWR ドーター カードが装着されています。

現場アップグレードの手順については、『 Cisco Catalyst 6500 Series Power over Ethernet Daughter Cards Field-Upgrade Installation Note 』を参照してください。

PoE ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です。

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-30 WS-X6348-RJ45 および WS-X6348-RJ45V の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

WS-X6348-RJ45:7.2 ポンド(3.26 kg)

WS-X6348-RJ45V:8.8 ポンド(3.99 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6348-RJ45

モジュール電流:2.39 A

モジュール電力:100.38 W

AC 入力電力:125.48 W

AC 熱放散:428.50 BTU/時

DC 入力電力:134.92 W

DC 熱放散:460.75 BTU/時

WS-X6348-RJ45V(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:2.81 A

モジュール電力:118.02 W

AC 入力電力:147.53 W

AC 熱放散:503.80 BTU/時

DC 入力電力:158.63 W

DC 熱放散:541.72 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6516-GE-TX イーサネット モジュール

WS-X6516-GE-TX イーサネット モジュールは、16 個の 10/100/1000 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-14 を参照)。 表 2-31 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-32 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-14 WS-X6516-GE-TX イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-31 WS-X6516-GE-TX イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

16 ポート。ポート番号は 1(左)~ 16(右)。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8、9 ~ 16

ポート コネクタのタイプ

RJ-45

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用

バッファ サイズ

512 KB/ポート

QoS

出力キューの数:3

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(8a)EX

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

Tx:1p2q2t

Rx:1p1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です1

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

1.すべての LINK LED が機能していることを確認します。

 

表 2-32 WS-X6516-GE-TX イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

7.65 ポンド(3.43 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:3.45 A

モジュール電力:144.90 W

AC 入力電力:181.13 W

AC 熱放散:618.54 BTU/時

DC 入力電力:194.76 W

DC 熱放散:665.10 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6548-GE-TX、WS-X6548-GE-45AF、WS-X6548V-GE-TX イーサネット モジュール

表 2-33 に示す WS-X6548-GE-TX イーサネット モジュールおよびその派生製品は、48 個の 10/100/1000 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。図 2-15 に、モジュールの前面パネルを示します。

 

表 2-33 WS-X6548-GE-TX イーサネット モジュールの派生製品

モジュール
説明

WS-X6548-GE-TX

ドーター カードが取り付けられていないベース モジュール。

WS-X6548-GE-45AF

IEEE 802.3af PoE ドーター カード(WS-F6K-GE48-AF)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

WS-X6548V-GE-TX

シスコ先行標準 PoE ドーター カード(WS-F6K-VPWR-GE)を出荷時取り付け済みのベース モジュール。

図 2-15 WS-X6548-GE-TX イーサネット モジュールの前面パネル

 

表 2-34 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-35 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

 

表 2-34 WS-X6548-GE-TX モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48(すべての派生製品)。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 24、25 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-45(すべての派生製品)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用(すべての派生製品)

バッファ サイズ

1.4 MB(8 ポートあたり)

QoS

出力キューの数:3

入力キューの数:1

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:2

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 1518 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(19)E1

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合(WS-F6K-GE48-AF および WS-F6K-48-AF のいずれのドーター カードも使用しない):12.2(17a)SX

Supervisor Engine 720 の場合(WS-F6K-GE48-AF または WS-F6K-48-AF ドーター カードを使用):12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

Tx:1p2q2t(8 ポートあたり)

Rx:1p2t(8 ポートあたり)

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます(すべての派生製品)。

バス接続

32 Gbps 共有バス(すべての派生製品)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

WS-X6548-GE-TX:WS-F6K-VPWR-GE= ドーター カードを取り付けることによって、シスコ先行標準のみへの現場アップグレードが可能。WS-F6K-GE48-AF= ドーター カードを取り付けることによって、シスコ先行標準と IEEE 802.3af 標準の両方への現場アップグレードが可能。

』を参照してください。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

すべてのモジュール派生製品は TDR をサポートします。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です。

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

 

表 2-35 WS-X6548-GE-TX および派生製品の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

ベース モジュール:7.2 ポンド(3.3 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6548-GE-TX(ベース モジュール)

モジュール電流:2.98 A

モジュール電力:125.16 W

AC 入力電力:156.45 W

AC 熱放散:534.28 BTU/時

DC 入力電力:168.23 W

DC 熱放散:574.49 BTU/時

WS-X6548-GE-45AF(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:3.16 A

モジュール電力:132.72 W

AC 入力電力:165.90 W

AC 熱放散:566.55 BTU/時

DC 入力電力:178.39 W

DC 熱放散:609.19 BTU/時

WS-X6548V-GE-TX(ベース モジュール + PoE ドーター カード)

モジュール電流:3.40 A

モジュール電力:142.80 W

AC 入力電力:178.50 W

AC 熱放散:609.58 BTU/時

DC 入力電力:191.94 W

DC 熱放散:655.46 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6548-RJ-21 イーサネット モジュール

WS-X6548-RJ-21 イーサネット モジュールは、48 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-16 を参照)。 表 2-36 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-37 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-16 WS-X6548-RJ-21 イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-36 WS-X6548-RJ-21 イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

最初のコネクタはポート 1 ~ 12、2 番めのコネクタはポート 13 ~ 24、3 番めのコネクタはポート 25 ~ 32、4 番めのコネクタはポート 33 ~48 です。

下の段は、偶数 2~48 です。

1 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-21(コネクタあたり 12 ポート)

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用

バッファ サイズ

1.116 MB/ポート

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:1

入力キューあたりのしきい値の数:0

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 1518 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(8a)E

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

Tx:1p3q1t

Rx:1p1q0t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

不可。

分散型フォワーディングのサポート

WS-F6K-DFC、WS-F6K-DFC3B、または WS-F6K-DFC3BXL ドーター カードを使用して現場アップグレードできます。

追加情報と現場アップグレードの手順については、『 Catalyst 6500 Series DFC, DFC3A, DFC3B, and DFC3BXL Installation Note 』を参照してください。

DFC ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です2

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

2.すべての LINK LED が機能していることを確認します。

 

表 2-37 WS-X6548-RJ-21 の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

7.6 ポンド(3.45 kg)

電力要件および発熱量

ベース モジュール

モジュール電流:2.90 A

モジュール電力:121.80 W

AC 入力電力:152.25 W

AC 熱放散:519.93 BTU/時

DC 入力電力:163.71 W

DC 熱放散:559.07 BTU/時

ベース モジュール + DFC3A ドーター カード

モジュール電流:5.47 A

モジュール電力:229.74 W

AC 入力電力:287.18 W

AC 熱放散:980.70 BTU/時

DC 入力電力:308.79 W

DC 熱放散:1054.52 BTU/時

ベース モジュール + DFC3B ドーター カード

モジュール電流:4.57 A

モジュール電力:191.94 W

AC 入力電力:239.93 W

AC 熱放散:819.34 BTU/時

DC 入力電力:257.98 W

DC 熱放散:881.01 BTU/時

ベース モジュール + DFC3BXL ドーター カード

モジュール電流:4.37 A

モジュール電力:183.54 W

AC 入力電力:229.43 W

AC 熱放散:783.49 BTU/時

DC 入力電力:246.69 W

DC 熱放散:842.46 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6548-RJ-45 イーサネット モジュール

WS-X6548-RJ-45 イーサネット モジュールは、48 個の 10/100 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-17 を参照)。 表 2-38 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-39 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-17 WS-X6548-RJ-45 スイッチング モジュールの前面パネル

 

 

表 2-38 WS-X6548-RJ-45 の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

1 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-45

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用

バッファ サイズ

1.116 MB/ポート

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:1

入力キューあたりのしきい値の数:0

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 1518 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

(注) スーパーバイザ エンジンをサポートするために必要なソフトウェア リリースの具体的な情報については、リリース ノートを確認してください。

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(8a)E

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

Tx:1p3q1t

Rx:1p1q

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

1 つの 8 Gbps ファブリック接続と 32 Gbps 共有バス

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-F6K-DFC、WS-F6K-DFC3B、または WS-F6K-DFC3BXL ドーター カードを使用して現場アップグレードできます。

追加情報と現場アップグレードの手順については、『 Catalyst 6500 Series DFC, DFC3A, DFC3B, and DFC3BXL Installation Note 』を参照してください。

DFC ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です3

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

3.すべての LINK LED が機能していることを確認します。

 

表 2-39 WS-X6548-RJ-45 の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

7.6 ポンド(3.45 kg)

電力要件および発熱量

ベース モジュール

モジュール電流:2.90 A

モジュール電力:121.80 W

AC 入力電力:152.25 W

AC 熱放散:519.93 BTU/時

DC 入力電力:163.71 W

DC 熱放散:559.07 BTU/時

ベース モジュール + DFC3A ドーター カード

モジュール電流:5.47 A

モジュール電力:229.74 W

AC 入力電力:287.18 W

AC 熱放散:980.70 BTU/時

DC 入力電力:308.79 W

DC 熱放散:1054.52 BTU/時

ベース モジュール + DFC3B ドーター カード

モジュール電流:4.57 A

モジュール電力:191.94 W

AC 入力電力:239.93 W

AC 熱放散:819.34 BTU/時

DC 入力電力:257.98 W

DC 熱放散:881.01 BTU/時

ベース モジュール + DFC3BXL ドーター カード

モジュール電流:4.37 A

モジュール電力:183.54 W

AC 入力電力:229.43 W

AC 熱放散:783.49 BTU/時

DC 入力電力:246.69 W

DC 熱放散:842.46 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6748-GE-TX および WS-X6848-GE-TX イーサネット モジュール

WS-X6748-GE-TX および WS-X6848-GE-TX イーサネット モジュールは、48 個の 10/100/1000 Mbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-18 を参照)。 表 2-40 にモジュールの機能を示し、 表 2-41 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-18 WS-X6748-GE-TX および WS-X6848-GE-TX イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-40 WS-X6748-GE-TX および WS-X6848-GE-TX イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 12、13 ~ 24、25 ~ 36、37 ~ 48

ポート コネクタのタイプ

RJ-45

ケーブル長

328 フィート(100 m)、カテゴリ 5、5e、および 6 UTP/STP ケーブル使用

バッファ サイズ

1.3 MB/ポート

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:1(DFC3x がある場合は 2)

出力キューあたりのしきい値の数:1 または 2

入力キューあたりのしきい値の数:8

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

1.2:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

WS-X6748-GE-TX

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T-10GE

WS-X6848-GE-TX

Supervisor Engine 2T-10GE

(注) CFC ドーター カードがあるか、DFC4-A または DFC4-AXL ドーター カードを使用してアップグレードされた WS-X6748-GE-TX モジュールは、Supervisor Engine 2T でのみサポートされます。

ソフトウェアのサポート

WS-X6748-GE-TX

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(17a)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

WS-6848-GE-TX

Supervisor Engine 2T-10GE の場合:12.2(50)SY

ポートあたりのキュー数

CFC ドーター カードあり:

Tx:1p3q8t

Rx:1q8t

DFC ドーター カードあり:

Tx:1p3q8t

Rx:2q8t

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6503 スイッチ シャーシは、WS-X6748-GE-TX をサポートしません。WS-X6748-GE-TX モジュールは、他の任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できますが、Catalyst 6513 シャーシではモジュールをスロット 9 ~ 13 に取り付ける必要があります。スロット 1 ~ 8 に取り付けると、モジュールは通電されません。

WS-X6848-GE-TX は、Supervisor Engine 2T-10GE を搭載した Catalyst 6500-E シリーズ シャーシでのみ動作します

ファブリック接続

デュアル スイッチ ファブリック接続:

ファブリック チャネル 1:ポート 25 ~ 48

ファブリック チャネル 2:ポート 1 ~ 24

ファブリック チャネルの速度

20 Gb/秒

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-X6748-GE-TX は WS-F6700-CFC ドーター カードを取り付けた状態で出荷されます。モジュールは WS-F6700-DFC3A、WS-F6700-DFC3B、WS-F6700-DFC3BXL、WS-F6700-DFC3C、WS-F6700-DFC3CXL、WS-F6K-DFC4-A、または WS-F6K-DFC4-AXL ドーター カードをサポートするように現場アップグレードできます。

WS-X6848-GE-TX では DFC4-A と DFC4-AXL のいずれかのドーター カードがサポートされます。

』を参照してください。

DFC ドーター カードの詳細については、付録 A を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

サポートされません。

TDR のサポート

サポート。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールは起動中、または診断テストの実行中です。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、マイナー温度しきい値を超えました)。

レッド:モジュールはリセット中です。スイッチの電源投入直後であるか、通常の初期化シーケンス中にモジュールがホット インサートされました。

過熱状態が発生しています。(環境モニタリング中に、メジャー温度しきい値を超えました)。

モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジ:CLI コマンドでモジュールまたはポートがディセーブルにされているか、モジュールが初期化中です4

オレンジで点滅:ポートに障害が発生しており、ディセーブルにされました。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

PHONE

グリーン:PoE ドーター カードが取り付けられて検出されています。

消灯:PoE ドーター カードが検出されていないか、取り付けられていません。

4.すべての LINK LED が機能していることを確認します。

 

表 2-41 WS-X6748-GE-TX および WS-X6848-GE-TX の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

ベース モジュール + CFC ドーター カード(WS-F6700-CFC):10.2 ポンド(4.63 kg)

電力要件および発熱量

ベース モジュール + WS-F6700-CFC ドーター カード

モジュール電流:7.75 A

モジュール電力:325.50 W

AC 入力電力:406.88 W

AC 熱放散:1389.48 BTU/時

DC 入力電力:437.50 W

DC 熱放散:1494.06 BTU/時

ベース モジュール + WS-F6700-DFC3A ドーター カード

モジュール電流:10.00 A

モジュール電力:420.00 W

AC 入力電力:525.00 W

AC 熱放散:1792.88 BTU/時

DC 入力電力:564.52 W

DC 熱放散:1927.82 BTU/時

ベース モジュール + WS-F6700-DFC3B ドーター カード

モジュール電流:9.70 A

モジュール電力:407.40 W

AC 入力電力:509.25 W

AC 熱放散:1739.09 BTU/時

DC 入力電力:547.58 W

DC 熱放散:1869.99 BTU/時

電力要件および発熱量

(続き)

ベース モジュール + WS-F6700-DFC3BXL ドーター カード

モジュール電流:10.30 A

モジュール電力:363.30 W

AC 入力電力:454.13 W

AC 熱放散:1550.84 BTU/時

DC 入力電力:488.31 W

DC 熱放散:1667.57 BTU/時

ベース モジュール + WS-F6700-DFC3C ドーター カード

モジュール電流:8.65 A

モジュール電力:363.30 W

AC 入力電力:454.13 W

AC 熱放散:1550.84 BTU/時

DC 入力電力:488.31 W

DC 熱放散:1667.57 BTU/時

ベース モジュール + WS-F6700-DFC3CXL ドーター カード

モジュール電流:9.35 A

モジュール電力:392.70 W

AC 入力電力:490.88 W

AC 熱放散:1676.34 BTU/時

DC 入力電力:527.82 W

DC 熱放散:1802.51 BTU/時

WS-X6848-GE-TX + WS-F6K-DFC4-A ドーター カード

モジュール電流:9.64 A

モジュール電力:404.88 W

AC 入力電力:506.10 W

AC 熱放散:1728.33 BTU/時

DC 入力電力:544.19 W

DC 熱放散:1858.42 BTU/時

WS-X6848-GE-TX + WS-F6K-DFC4-AXL ドーター カード

モジュール電流:9.76 A

モジュール電力:409.92 W

AC 入力電力:512.40 W

AC 熱放散:1749.85 BTU/時

DC 入力電力:550.97 W

DC 熱放散:1881.55 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

1 ギガビット イーサネット モジュール

ここでは、次の 1 ギガビット イーサネット モジュールについて説明します。

「WS-X6408A-GBIC」

「WS-X6416-GBIC」

「WS-X6516A-GBIC および WS-X6516-GBIC」

「WS-X6724-SFP および WS-X6824-SFP」

「WS-X6748-SFP および WS-X6848-SFP」

「WS-X6816-GBIC」


) 1 ギガビット イーサネット モジュールはホットスワップ可能です。


WS-X6408A-GBIC

WS-X6408A-GBIC イーサネット モジュールは、8 個の 1 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-19 を参照)。 表 2-42 にモジュールの機能および説明を示し、 表 2-43 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-19 WS-X6408A-GBIC イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-42 WS-X6408A-GBIC イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

8 ポート。ポート番号は 1(左)~ 8(右)。

1 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8

ポート コネクタのタイプ

モジュール ポートに取り付けられた GBIC トランシーバに応じて SC または RJ-45

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた GBIC トランシーバによって異なります。GBIC トランシーバのタイプおよびサポートされているケーブル長の説明については、付録 B を参照してください。

バッファ サイズ

512 KB/ポート

QoS

出力キューの数:3

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Catalyst OS サポート:6.4(11)

ポートあたりのキュー数

Tx:1p2q2t

Rx:1p1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

GBIC トランシーバがサポートされます。いずれの GBIC トランシーバがサポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。GBIC トランシーバの詳細については、付録 B、「1 GB トランシーバ」を参照してください。

TDR のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-43 WS-X6408A-GBIC の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

6.4 ポンド(2.9 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:2.00 A

モジュール電力:84.00 W

AC 入力電力:105.00 W

AC 熱放散:358.58 BTU/時

DC 入力電力:112.90 W

DC 熱放散:385.56 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6416-GBIC

WS-X6416-GBIC イーサネット モジュールは、16 個の 1 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。(図 2-20 を参照)。 表 2-44 にモジュールの機能を示し、 表 2-45 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-20 WS-X6416-GBIC イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-44 WS-X6416-GBIC の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

16 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 15。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 16。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8、9 ~ 16

ポート コネクタのタイプ

取り付けられた GBIC トランシーバのタイプに応じて、SC または RJ-45

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた GBIC トランシーバによって異なります。GBIC トランシーバのタイプおよびサポートされているケーブル長の説明については、付録 B を参照してください。

速度

1 Gbps

バッファ サイズ

512 KB/ポート

QoS

出力キューの数:3

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

該当なし

スーパーバイザ エンジンのサポート

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(2)E

CWDM-GBIC および WS-G5483 GBIC トランシーバ サポートの場合:12.1(13)E

DWDM-GBIC トランシーバ サポートの場合:12.1(20)E2

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

Tx:1p2q2t

Rx:1p1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス

転送アーキテクチャ

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

サポートされません。

着脱式トランシーバのサポート

GBIC トランシーバがサポートされます。いずれの GBIC トランシーバがサポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。GBIC トランシーバの詳細については、付録 B、「1 GB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

一部の GBIC トランシーバでサポートされます。

(注) いずれの GBIC トランシーバが DOM をサポートするか、およびサポートに必要なソフトウェア リリースに関する具体的な情報については、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-45 WS-X6416-GBIC イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

7.0 ポンド(3.17 kg)

電力要件および発熱量

モジュール電流:2.81 A

モジュール電力:118.02 W

AC 入力電力:147.53 W

AC 熱放散:503.80 BTU/時

DC 入力電力:158.63 W

DC 熱放散:541.72 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6516A-GBIC および WS-X6516-GBIC

WS-X6516-GBIC および WS-X6516A-GBIC イーサネット モジュール(図 2-21)は、16 個の 1 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-46 にモジュール機能を示し、 表 2-47 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-21 WS-X6516-GBIC および WS-X6516A-GBIC イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-46 WS-X6516-GBIC および WS-X6516A-GBIC の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

16 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 15。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 16。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8、9 ~ 16

ポート コネクタのタイプ

モジュール ポートに取り付けられた GBIC トランシーバのタイプに応じて、SC または RJ-45

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた GBIC トランシーバによって異なります。GBIC トランシーバのタイプおよびサポートされているケーブル長の説明については、付録 B を参照してください。

速度

1 Gbps

バッファ サイズ

512 KB/ポート:WS-X6516-GBIC

1 MB/ポート:WS-X6516A-GBIC

QoS

出力キューの数:3

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト(両方のモジュール)

モジュールのオーバーサブスクリプション率

2:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2

Supervisor Engine 32

Supervisor Engine 32 PISA

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(18a)E(WS-X6516-GBIC)、12.1(19)E1(WS-X6516A-GBIC)

Supervisor Engine 32 の場合:12.2(18)SXF

Supervisor Engine 32 PISA の場合:12.2(18)ZY

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

両方のモジュール:

Tx:1p2q2t

Rx:1p1q4t

シャーシ/スロットの制限

シャーシまたはスロットの制限はありません。モジュールは、任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

バス接続

32 Gbps 共有バス

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-F6K-DFC、WS-F6K-DFC3B、または WS-F6K-DFC3BXL ドーター カードを使用して現場アップグレードできます。

追加情報と現場アップグレードの手順については、『 Catalyst 6500 Series DFC, DFC3A, DFC3B, and DFC3BXL Installation Note 』を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

GBIC トランシーバがサポートされます。いずれの GBIC トランシーバがサポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。GBIC トランシーバの詳細については、付録 B、「1 GB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

一部の GBIC トランシーバでサポートされます。

(注) いずれの GBIC トランシーバが DOM をサポートするか、およびサポートに必要なソフトウェア リリースに関する具体的な情報については、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-47 WS-X6516-GBIC および WS-X6516A-GBIC の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

8.6 ポンド(3.9 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6516-GBIC(ベース モジュール)

モジュール電流:3.40 A

モジュール電力:142.80 W

AC 入力電力:178.50 W

AC 熱放散:609.58 BTU/時

DC 入力電力:191.94 W

DC 熱放散:655.46 BTU/時

ベース モジュール + DFC3A ドーター カード(WS-F6K-DFC3A)

モジュール電流:5.97 A

モジュール電力:250.74 W

AC 入力電力:313.43 W

AC 熱放散:1070.35 BTU/時

DC 入力電力:337.02 W

DC 熱放散:1150.91 BTU/時

ベース モジュール + DFC3B ドーター カード(WS-F6K-DFC3B)

モジュール電流:5.07 A

モジュール電力:212.94 W

AC 入力電力:266.18 W

AC 熱放散:908.99 BTU/時

DC 入力電力:286.21 W

DC 熱放散:977.41 BTU/時

ベース モジュール + DFC3BXL ドーター カード(WS-F6K-DFC3BXL)

モジュール電流:4.87 A

モジュール電力:204.54 W

AC 入力電力:255.68 W

AC 熱放散:873.13 BTU/時

DC 入力電力:274.92 W

DC 熱放散:938.85 BTU/時

電力要件および発熱量

(続き)

WS-X6516A-GBIC(拡張ベース モジュール)

モジュール電流:3.62 A

モジュール電力:152.04 W

AC 入力電力:190.05 W

AC 熱放散:649.02 BTU/時

DC 入力電力:204.35 W

DC 熱放散:697.87 BTU/時

ベース モジュール + DFC3A ドーター カード(WS-F6K-DFC3A)

モジュール電流:6.19 A

モジュール電力:259.98 W

AC 入力電力:324.98 W

AC 熱放散:1109.79 BTU/時

DC 入力電力:349.44 W

DC 熱放散:1193.32 BTU/時

ベース モジュール + DFC3B ドーター カード(WS-F6K-DFC3B)

モジュール電流:5.29 A

モジュール電力:222.18 W

AC 入力電力:277.73 W

AC 熱放散:948.43 BTU/時

DC 入力電力:298.63 W

DC 熱放散:1019.82 BTU/時

ベース モジュール + DFC3BXL ドーター カード(WS-F6K-DFC3BXL)

モジュール電流:5.09 A

モジュール電力:213.78 W

AC 入力電力:267.23 W

AC 熱放散:912.57 BTU/時

DC 入力電力:287.34 W

DC 熱放散:981.26 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6724-SFP および WS-X6824-SFP

WS-X6724-SFP および WS-X6824-SFP イーサネット モジュール(図 2-22)は、24 個の 1 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-48 にモジュール機能を示し、 表 2-49 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。


) WS-X6824-SFP はベース モジュールです。WS-F6K-DFC4-A と WS-F6K-DFC4-AXL のいずれのドーター カードがモジュールに取り付けられているかによって、WS-X6824-SFP-2T または WS-X6824-SFP-2TXL を識別するステッカーがモジュール前面プレートに配置されています。


図 2-22 WS-X6724-SFP および WS-X6824-SFP イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-48 WS-X6724-SFP および WS-X6824-SFP イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

24 ポート。ポート番号は 1(左)~ 24(右)。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 12、13 ~ 24

ポート コネクタのタイプ

取り付けられた SFP トランシーバに応じて、LC(光)または RJ-45(銅線)。

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた SFP トランシーバによって異なります。次の URL にあるトランシーバの取り付けに関する注意事項を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/prod_installation_guides_list.html

バッファ サイズ

Rx:166 KB/ポート

Tx:1.17 MB/ポート

QoS

出力キューの数:4

入力キューの数:1(DFC3x ドーター カードがある場合は 2)

出力キューあたりのしきい値の数:1 または 2

入力キューあたりのしきい値の数:8

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

1.2:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

WS-X6724-SFP

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T(WS-X6724-SFP に CFC、DFC4、DFC4XL のいずれかのドーター カードが搭載されている必要があります)

WS-X6824-SFP

Supervisor Engine 2T-10GE

(注) CFC ドーター カードを搭載した WS-X6724-SFP モジュールは Supervisor Engine 2T でサポートされます。DFC4-A または DFC4-AXL ドーター カードを使用してアップグレードされた WS-X6724-SFP モジュールは、Supervisor Engine 2T-10GE でのみサポートされます

ソフトウェアのサポート

WS-X6724-SFP

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(17a)SX

Supervisor Engine 720 および DFC3C または DFC3CXL の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 2T(モジュールに CFC または DFC4 が搭載されている)の場合:12.2(50)SY

WS-X6824-SFP

Supervisor Engine 2T-10GE の場合:12.2(50)SY

ポートあたりのキュー数

CFC ドーター カードあり:

Tx:1p3q8t

Rx:1q8t

DFC ドーター カードあり:

Tx:1p3q8t

Rx:2q8t

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6503 シャーシは、WS-X6724-SFP モジュールをサポートしません。

CFC または DFC4 ドーター カードが搭載されている WS-X6724-SFP は、Supervisor Engine 2T でサポートされます。

WS-X6824-SFP は Supervisor Engine 2T を搭載した Catalyst 6500-E シリーズ シャーシでのみサポートされます。

モジュールは互いに隣接するスロットに取り付ける必要があります。いずれかの隣接スロットが未使用の場合は、シャーシを通過する十分なエアー フローを維持するために、空きスロット カバー(WS-X6K-SLOT-CVR)ではなくスイッチング モジュール フィラー プレート(シスコ部品番号 WS-X6K-SLOT-CVR-E または SLOTBLANK-09)を取り付ける必要があります。

ファブリック接続

シングル ファブリック チャネル。

ファブリック チャネルの速度

20 Gb/秒

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-X6724-SFP は WS-F6700-CFC ドーター カードを取り付けた状態で出荷されます。モジュールは WS-F6700-DFC3A、WS-F6700-DFC3B、WS-F6700-DFC3BXL、WS-F6700-DFC3C、WS-F6700-DFC3CXL、WS-F6K-DFC4-A、または WS-F6K-DFC4-AXL ドーター カードをサポートするように現場アップグレードできます。

WS-X6824-SFP-2T は DFC4-A が付属しており、WS-X6824-SFP-2TXL は DFC4-AXL ドーター カードが付属しています。

』を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

SFP トランシーバがサポートされます。いずれの SFP トランシーバがサポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。SFP トランシーバの詳細については、付録 B、「1 GB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-49 WS-X6724-SFP および WS-X6824-SFP イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

ベース モジュール:8.8 ポンド(4.0 kg)

ベース モジュール + DFC ドーター カード:9.4 ポンド(4.3 kg)

電力要件および発熱量

ベース モジュール + CFC ドーター カード(WS-F6700-CFC)

モジュール電流:2.98 A

モジュール電力:125.16 W

AC 入力電力:156.45 W

AC 熱放散:534.28 BTU/時

DC 入力電力:168.23 W

DC 熱放散:574.49 BTU/時

ベース モジュール + DFC3A ドーター カード(WS-F6700-DFC3A)

モジュール電流:5.23 A

モジュール電力:219.66 W

AC 入力電力:274.58 W

AC 熱放散:937.67 BTU/時

DC 入力電力:295.24 W

DC 熱放散:1008.25 BTU/時

ベース モジュール + DFC3B ドーター カード(WS-F6700-DFC3B)

モジュール電流:4.93 A

モジュール電力:207.06 W

AC 入力電力:258.83 W

AC 熱放散:883.89 BTU/時

DC 入力電力:278.31 W

DC 熱放散:950.42 BTU/時

電力要件および発熱量

(続き)

ベース モジュール + DFC3BXL ドーター カード(WS-F6700-DFC3BXL)

モジュール電流:5.53 A

モジュール電力:232.26 W

AC 入力電力:290.33 W

AC 熱放散:991.46 BTU/時

DC 入力電力:312.18 W

DC 熱放散:1066.09 BTU/時

ベース モジュール + DFC3C ドーター カード(WS-F6700-DFC3C)

モジュール電流:3.88 A

モジュール電力:162.96 W

AC 入力電力:203.70 W

AC 熱放散:695.64 BTU/時

DC 入力電力:219.03 W

DC 熱放散:748.00 BTU/時

ベース モジュール + DFC3CXL ドーター カード(WS-F6700-DFC3CXL)

モジュール電流:4.58 A

モジュール電力:192.36 W

AC 入力電力:240.45 W

AC 熱放散:821.14 BTU/時

DC 入力電力:258.55 W

DC 熱放散:882.94 BTU/時

WS-X6824-SFP + DFC4-A ドーター カード

モジュール電流:4.87 A

モジュール電力:204.66 W

AC 入力電力:255.68 W

AC 熱放散:873.13 BTU/時

DC 入力電力:274.92 W

DC 熱放散:938.85 BTU/時

WS-X6824-SFP + DFC4-AXL ドーター カード

モジュール電流:4.99 A

モジュール電力:209.66 W

AC 入力電力:261.98 W

AC 熱放散:894.64 BTU/時

DC 入力電力:281.69 W

DC 熱放散:961.98 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6748-SFP および WS-X6848-SFP

WS-X6748-SFP および WS-X6848-SFP イーサネット モジュール(図 2-23)は、48 個の 1 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-50 にモジュール機能を示し、 表 2-50 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。


) WS-X6848-SFP はベース モジュールです。WS-F6K-DFC4-A と WS-F6K-DFC4-AXL のいずれのドーター カードがモジュールに取り付けられているかによって、WS-X6848-SFP-2T または WS-X6848-SFP-2TXL を識別するステッカーがモジュール前面プレートに配置されています。


図 2-23 WS-X6748-SFP および WS-X6848-SFP スイッチング モジュールの前面パネル

 

 

表 2-50 WS-X6748-SFP および WS-X6848-SFP の機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

48 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 47。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 48。

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:

1、3、5、7、9、11、13、15、17、19、21、23

2、4、6、8、10、12、14、16、18、20、22、24

25、27、29、31、33、35、37、39、41、43、45、47

26、28、30、32、34、36、38、40、42、44、46、48

ポート コネクタのタイプ

ポートに取り付けられた SFP トランシーバのタイプに応じて、LC(光)または RJ-45(銅線)。

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた SFP トランシーバによって異なります。現在サポートされている SFP トランシーバについては、次の URL にある互換性マトリクスを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/products_device_support_tables_list.html

ケーブル長の詳細については、次の URL にあるトランシーバのインストレーション ガイドを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/prod_installation_guides_list.html

バッファ サイズ

Rx:166 KB/ポート

Tx:1.17 MB/ポート

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

1.2:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

WS-X6748-SFP

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T(モジュールに CFC ドーター カード、または DFC4-A または DFC4-AXL ドーター カードが搭載されている必要があります。

WS-X6848-SFP

Supervisor Engine 2T-10GE

(注) DFC4-A または DFC4-AXL ドーター カードを使用してアップグレードされた WS-X6748-SFP モジュールは、Supervisor Engine 2T-10GE でのみサポートされます

ソフトウェアのサポート

WS-X6748-SFP

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 720 および DFC3C または DFC3CXL の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

WS-X6848-SFP

Supervisor Engine 2T-10GE の場合:12.2(50)SY

ポートあたりのキュー数

CFC ドーター カードあり:

Tx:1p3q8t

Rx:1q8t

DFC ドーター カードあり:

Tx:1p3q8t

Rx:2q8t

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6503 スイッチ シャーシは、このモジュールをサポートしません。

WS-X6748-SFP モジュールは、他の任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できますが、Catalyst 6513 シャーシではモジュールをスロット 9 ~ 13 のみに装着する必要があります。スロット 1 ~ 8 に取り付けると、モジュールは通電されません。

WS-X6848-SFP は、Supervisor Engine 2T-10GE を搭載した Catalyst 6500-E シリーズ シャーシでのみ動作します

モジュールは互いに隣接するスロットに取り付ける必要があります。いずれかの隣接スロットが未使用の場合は、シャーシを通過する十分なエアー フローを維持するために、空きスロット カバー(WS-X6K-SLOT-CVR)ではなくスイッチング モジュール フィラー プレート(シスコ部品番号 WS-X6K-SLOT-CVR-E または SLOTBLANK-09)を取り付ける必要があります。

ファブリック接続

デュアル スイッチ ファブリック接続:

ファブリック チャネル 1:ポート 2、4、6、8、10、12、14、16、18、20、22、24、26、28、30、32、34、36、38、40、42、44、46、48

ファブリック チャネル 2:ポート 1、3、5、7、9、11、13、15、17、19、21、23、25、27、29、31、33、35、37、39、41、43、45、47

ファブリック チャネルの速度

20 Gb/秒(デュアル チャネル、合計 40 Gb/秒)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-X6748-SFP モジュールは WS-F6700-CFC ドーター カードを取り付けた状態で出荷されます。モジュールは dCEF をサポートするように、WS-F6700-DFC3A、WS-F6700-DFC3B、WS-F6700-DFC3BXL、WS-F6700-DFC3C、WS-F6700-DFC3CXL、WS-F6K-DFC4-A、または WS-F6K-DFC4-AXL ドーター カードを取り付けることによって現場アップグレードできます。

WS-X6848-SFP モジュールは DFC4-A(WS-X6848-TX-2T)または DFC-4AXL ドーター カード(WS-X6848-TX-2TXL)が搭載されて出荷されます。

』を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

SFP トランシーバがサポートされます。いずれの SFP トランシーバがサポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。SFP トランシーバの詳細については、付録 B、「1 GB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

サポートされません。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-51 WS-X6748-SFP および WS-X6848-SFP の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

CFC ドーター カード(WS-F6700-CFC)を取り付けたベース モジュール:9.0 ポンド(4.1 kg)

DFC ドーター カード(WS-F6700-DFC)を取り付けたベース モジュール:10.8 ポンド(4.5 kg)

DFC4-A または DFC4-AXL を取り付けたベース モジュール:10.8 ポンド(4.5 kg)

電源の要件
(@ 42 VDC)

WS-X6748-SFP + CFC ドーター カード WS-X6700-CFC)

モジュール電流:6.07 A

モジュール電力:254.94 W

AC 入力電力:318.68 W

AC 熱放散:1088.28 BTU/時

DC 入力電力:342.66 W

DC 熱放散:1170.19 BTU/時

WS-X6748-SFP + DFC3A ドーター カード(WS-F6700-DFCA)

モジュール電流:8.32 A

モジュール電力:349.44 W

AC 入力電力:436.80 W

AC 熱放散:1491.67 BTU/時

DC 入力電力:469.68 W

DC 熱放散:1603.95 BTU/時

WS-X6748-SFP + DFC3B ドーター カード(WS-F6700-DFC3B)

モジュール電流:8.02 A

モジュール電力:336.84 W

AC 入力電力:421.05 W

AC 熱放散:1437.89 BTU/時

DC 入力電力:452.74 W

DC 熱放散:1546.11 BTU/時

電力要件および発熱量

(続き)

WS-X6748-SFP + DFC3BXL ドーター カード(WS-F6700-DFC3BXL)

モジュール電流:8.62 A

モジュール電力:362.04 W

AC 入力電力:452.55 W

AC 熱放散:1545.46 BTU/時

DC 入力電力:486.61 W

DC 熱放散:1661.78 BTU/時

WS-X6748-SFP + DFC3C ドーター カード(WS-F6700-DFC3C)

モジュール電流:6.97 A

モジュール電力:292.74 W

AC 入力電力:365.93 W

AC 熱放散:1249.63 BTU/時

DC 入力電力:393.47 W

DC 熱放散:1343.69 BTU/時

WS-X6748-SFP + DFC3CXL ドーター カード(WS-F6700-DFC3CXL)

モジュール電流:7.67 A

モジュール電力:322.14 W

AC 入力電力:402.68 W

AC 熱放散:1375.14 BTU/時

DC 入力電力:432.98 W

DC 熱放散:1478.64 BTU/時

WS-X6848-SFP + DFC4-A ドーター カード

モジュール電流:7.96 A

モジュール電力:334.44 W

AC 入力電力:417.90 W

AC 熱放散:1427.13 BTU/時

DC 入力電力:449.35 W

DC 熱放散:1534.55 BTU/時

WS-X6848-SFP + DFC4-AXL ドーター カード

モジュール電流:8.08 A

モジュール電力:339.44 W

AC 入力電力:424.20 W

AC 熱放散:1448.64 BTU/時

DC 入力電力:456.13 W

DC 熱放散:1557.68 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6816-GBIC

WS-X6816-GBIC イーサネット モジュール(図 2-24)は、16 個の 1 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-52 にモジュール機能を示し、 表 2-53 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-24 WS-X6816-GBIC スイッチング モジュールの前面パネル

 

 

表 2-52 WS-X6816-GBIC イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

16 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 15。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 16。

2 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8、9 ~ 16

ポート コネクタのタイプ

モジュール ポートに取り付けられた GBIC トランシーバのタイプに応じて、SC(光)または RJ-45(銅線)。

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた GBIC トランシーバによって異なります。サポートされる GBIC トランシーバ タイプおよびサポートされるケーブル長については、付録 B を参照してください。

バッファ サイズ

Tx:1.17 MB/ポート

Rx:166 KB/ポート

QoS

出力キューの数:3

入力キューの数:2

出力キューあたりのしきい値の数:2

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

フレームあたり最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

約 1:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2(スイッチ ファブリック モジュールまたは SFM2 がスイッチ シャーシに取り付けられていることと、DFC3 ドーター カードが WS-X6816-GBIC に取り付けられていることが必要です)

Supervisor Engine 720(DFC3A、DFC3B、または DFC3BXL ドーター カードがモジュールに取り付けられている必要があります)

Supervisor Engine 720-10GE(DFC3A、DFC3B、または DFC3BXL ドーター カードがモジュールに取り付けられている必要があります)

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(14)SX

Supervisor Engine 2 の場合:12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 の場合:12.1(8a)E

(注) CWDM GBIC および WS-G5483 GBIC サポートの場合:12.1(13)E。DWDM GBIC サポートの場合:12.1(20)E2

ポートあたりのキュー数

Tx:1p2q2t

Rx:1p1q4t

(注) dCEF を使用するときは、Rx は 2q8t です。

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6513 スイッチ シャーシを除く任意の Catalyst 6500 または Catalyst 6500-E シャーシの任意のスロットに装着できます。

Catalyst 6513 シャーシでは、モジュールはスロット 9 ~ 13 のみに装着できます。スロット 1 ~ 8 に取り付けると、モジュールは通電されません。

ファブリック接続

デュアル スイッチ ファブリック接続:

ファブリック チャネル 1:ポート 1 ~ 8

ファブリック チャネル 2:ポート 9 ~ 16

ファブリック チャネルの速度

8 Gb/秒

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

DFC ドーター カード(WS-F6K-DFC3A、WS-F6K-DFC3B、または WS-F6K-DFC3BXL)を取り付けることによって、dCEF をサポートするように現場アップグレードできます。

』を参照してください。

着脱式トランシーバのサポート

GBIC トランシーバがサポートされます。いずれの GBIC トランシーバがサポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。GBIC トランシーバの詳細については、付録 B、「1 GB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

一部の GBIC トランシーバでサポートされます。

(注) いずれの GBIC トランシーバが DOM をサポートするか、およびサポートに必要なソフトウェア リリースに関する具体的な情報については、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-53 WS-X6816-GBIC の物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法(高さ X 幅 X 奥行)

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

ベース モジュール:9.2 ポンド(4.2 kg)

電力要件および発熱量

ベース モジュール + DFC ドーター カード(WS-F6K-DFC3A)

モジュール電流:5.94 A

モジュール電力:249.48 W

AC 入力電力:311.85 W

AC 熱放散:1064.97 BTU/時

DC 入力電力:335.32 W

DC 熱放散:1145.13 BTU/時

ベース モジュール + DFC ドーター カード(WS-F6K-DFC3B)

モジュール電流:5.51 A

モジュール電力:231.42 W

AC 入力電力:289.28 W

AC 熱放散:987.87 BTU/時

DC 入力電力:311.05 W

DC 熱放散:1062.23 BTU/時

ベース モジュール + DFC ドーター カード(WS-F6K-DFC3BXL)

モジュール電流:6.22 A

モジュール電力:261.24 W

AC 入力電力:326.55 W

AC 熱放散:1115.17 BTU/時

DC 入力電力:351.13 W

DC 熱放散:1199.11 BTU/時

環境

11.2 ポンド(5.08 kg)

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

10 ギガビット イーサネット モジュール

ここでは、次の 10 ギガビット イーサネット モジュールについて説明します。

「WS-X6704-10GE イーサネット モジュール」

「WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL イーサネット モジュール」

「WS-X6716-10GE および WS-X6816-10GE イーサネット モジュール」

「WS-X6716-10T および WS-X6816-10T イーサネット モジュール」


) 10 ギガビット イーサネット モジュールすべてはホットスワップ可能です。


WS-X6704-10GE イーサネット モジュール

WS-X6704-10GE イーサネット モジュール(図 2-25)は、4 個の 10 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-54 にモジュール機能を示し、 表 2-55 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-25 WS-X6704-10GE イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-54 WS-X6704-10GE イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

4 ポート。ポート番号は 1(左)~ 4(右)。

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:各グループ内に 1 ポート

ポート コネクタのタイプ

モジュールに取り付けられた XENPAK トランシーバのタイプに応じて、SC または InfiniBand 4X。

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた XENPAK トランシーバによって異なります。サポートされる XENPAK トランシーバ タイプおよびケーブル長については、付録 B を参照してください。

バッファ サイズ

16 MB

QoS

出力キューの数:8

入力キューの数:1(DFC3x がある場合は 8)

出力キューあたりのしきい値の数:8

入力キューあたりのしきい値の数:8

最大フレーム サイズ

最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

約 1:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T(モジュールに CFC ドーター カード、または DFC4-A または DFC4-AXL ドーター カードが搭載されている必要があります)

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(17a)SX

Supervisor Engine 720 および DFC3C または DFC3CXL の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

Supervisor Engine 2T(CFC、DFC4-A、または DFC4-AXL ドーター カードをモジュールに装着)の場合:12.2(50)SY

ポートあたりのキュー数

CFC ドーター カードあり:

Tx:1p7q8t

Rx:1q8t

DFC ドーター カードあり:

Tx:1p7q8t

Rx:8q8t

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6503 シャーシではサポートされません。

Catalyst 6513 シャーシの 9 ~ 13 スロットでのみサポートされます。スロット 1 ~ 8 に取り付けると、モジュールは通電されません。

スイッチ ファブリック接続

デュアル スイッチ ファブリック接続:

ファブリック チャネル 1:ポート 3 とポート 4

ファブリック チャネル 2:ポート 1 とポート 2

ファブリック チャネルの速度

20 Gb/秒

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-F6700-CFC ドーター カードを取り付けた状態で出荷されます。DFC ドーター カード(WS-F6700-DFC3A、WS-F6700-DFC3B、WS-F6700-DFC3B、WS-F6700-DFC3C、WS-F6700-DFC3CXL、WS-F6K-DFC4-A、または WS-F6K-DFC4-AXL)を使用して現場アップグレードできます。

着脱式トランシーバのサポート

XENPAK トランシーバがサポートされます。いずれの XENPAK トランシーバがサポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。XENPAK トランシーバの詳細については、付録 B、「10 GB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

一部の XENPAK トランシーバでサポートされます。

(注) いずれの XENPAK トランシーバが DOM をサポートするか、およびサポートに必要なソフトウェア リリースに関する具体的な情報については、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-55 WS-X6704-10GE イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

ベース モジュール + CFC ドーター カード(WS-F6700-CFC):9.0 ポンド(4.08 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6704-10GE(ベース モジュール + CFC ドーター カード)

モジュール電流:7.03 A

モジュール電力:295.26 W

AC 入力電力:369.08 W

AC 熱放散:1260.39 BTU/時

DC 入力電力:396.85 W

DC 熱放散:1355.26 BTU/時

WS-X6704-10GE(ベース モジュール + DFC3A ドーター カード)

モジュール電流:9.28 A

モジュール電力:389.76 W

AC 入力電力:487.20 W

AC 熱放散:1663.79 BTU/時

DC 入力電力:523.87 W

DC 熱放散:1789.02 BTU/時

WS-X6704-10GE(ベース モジュール + DFC3B ドーター カード)

モジュール電流:8.98 A

モジュール電力:377.16 W

AC 入力電力:471.45 W

AC 熱放散:1610.00 BTU/時

DC 入力電力:506.94 W

DC 熱放散:1731.18 BTU/時

WS-X6704-10GE(ベース モジュール + DFC3BXL ドーター カード)

モジュール電流:9.58 A

モジュール電力:402.36 W

AC 入力電力:502.95 W

AC 熱放散:1717.57 BTU/時

DC 入力電力:540.81 W

DC 熱放散:1846.85 BTU/時

電力要件および発熱量

(続き)

WS-X6704-10GE(ベース モジュール + DFC3C ドーター カード)

モジュール電流:7.93 A

モジュール電力:333.06 W

AC 入力電力:416.33 W

AC 熱放散:1421.75 BTU/時

DC 入力電力:447.66 W

DC 熱放散:1528.76 BTU/時

WS-X6704-10GE(ベース モジュール + DFC3CXL ドーター カード)

モジュール電流:8.63 A

モジュール電力:362.46 W

AC 入力電力:453.08 W

AC 熱放散:1547.25 BTU/時

DC 入力電力:487.18 W

DC 熱放散:1663.71 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL イーサネット モジュール

WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL イーサネット モジュール(図 2-26)は、8 個の 10 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-54 にモジュール機能を示し、 表 2-55 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-26 WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL イーサネット モジュールの前面パネル

 


) 両方のモジュール(WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL)は、前面プレートで WS-X6708-10GE として識別されます。


 

表 2-56 WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

8 ポート。ポート番号は 1(左)~ 8(右)。

1 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8

ポート コネクタのタイプ

モジュール ポートに取り付けられた X2 トランシーバのタイプに応じて、SC または CX4。

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた X2 トランシーバによって異なります。サポートされる X2 トランシーバ タイプおよびケーブル長については、付録 B を参照してください。

バッファ サイズ

200 MB/ポート

QoS

出力キューの数:8

入力キューの数:8

出力キューあたりのしきい値の数:4

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

2:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

(注) スーパーバイザ エンジンをサポートするために必要なソフトウェア リリース バージョンの具体的な情報については、リリース ノートを確認してください。

ソフトウェアのサポート

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(18)SXF5

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH

ポートあたりのキュー数

Tx:1p7q4t

Rx:8q4t

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6503 シャーシではサポートされません。

Catalyst 6513 シャーシの 9 ~ 13 スロットでのみサポートされます。スロット 1 ~ 8 に取り付けると、モジュールは通電されません。

WS-X6708-10G モジュールが Catalyst 6500-E シリーズ シャーシまたは Catalyst 6509-NEB-A シャーシに取り付けられている場合は、その構成は NEBS 3 準拠となります(シャーシは 55 ℃ までの動作温度をサポートします)。

WS-X6708-10G モジュールが E シリーズ以外の Catalyst 6500 シャーシに取り付けられ、シャーシにファン トレイ 2 および 2500 W 以上の電源装置が搭載されている場合は、その構成は NEBS 3 準拠ではありません(シャーシは 40 ℃までの動作温度をサポートします)。

Catalyst 6509-NEB-A シャーシのサポートには、2 個の FAN-MOD-09 ファン トレイが必要です。

ファブリック接続

デュアル スイッチ ファブリック接続:

ファブリック チャネル 1:ポート 2、3、6、8

ファブリック チャネル 2:ポート 1、4、5、7

ファブリック チャネルの速度

20 Gb/秒

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-X6708-10G-3C には DFC3C ドーター カードが工場で装備されます。

WS-X6708-10G-3CXL には DFC3CXL ドーター カードが工場で装備されます。

着脱式トランシーバのサポート

X2 トランシーバがサポートされます。すべてのタイプの X2 トランシーバがサポートされるとは限りません。いずれの X2 トランシーバが現在サポートされているかを判断するには、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。X2 トランシーバの詳細については、付録 B、「10 GB トランシーバ」を参照してください。

(注) WS-6708-10GE は、WS-X6708-10GE と Cisco IOS Release 12.2(18)SXF5 のリリースよりも前に出荷された X2 トランシーバをサポートしません。サポートされていない X2 トランシーバは、その番号の末尾に -01 があります。この制限は、X2-10GB-LRM トランシーバには適用されません。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

一部の X2 トランシーバでサポートされます。

(注) いずれの X2 トランシーバが DOM をサポートするか、およびサポートに必要なソフトウェア リリースに関する具体的な情報については、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-57 WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

16.0 ポンド(7.26 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6708-10G-3C(ベース モジュール + DFC3C ドーター カード)

モジュール電流:10.58 A

モジュール電力:444.36 W

AC 入力電力:555.45 W

AC 熱放散:1896.86 BTU/時

DC 入力電力:597.26 W

DC 熱放散:2039.64 BTU/時

WS-X6708-10G-3CXL(ベース モジュール + DFC3CXL ドーター カード)

モジュール電流:11.28 A

モジュール電力:473.76 W

AC 入力電力:592.20 W

AC 熱放散:2022.36 BTU/時

DC 入力電力:636.77 W

DC 熱放散:2174.58 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6716-10GE および WS-X6816-10GE イーサネット モジュール

WS-X6716-10GE および WS-X6816-10GE イーサネット モジュール(図 2-27)は、16 個の 10 Gbps 全二重または半二重ポートを搭載しています。 表 2-58 にモジュール機能を示し、 表 2-59 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。


) WS-X6816-10GE はベース モジュールです。WS-F6K-DFC4-E と WS-F6K-DFC4-EXL のいずれのドーター カードがモジュールに取り付けられているかによって、WS-X6816-10G-2T または WS-X6816-10G-2TXL を識別するステッカーがモジュール前面プレートに配置されています。


図 2-27 WS-X6716-10GE および WS-X6816-10GE イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-58 WS-X6716-10GE および WS-X6816-10GE イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

16 ポート。ポートには番号が付いています(左から右):

上の段は、奇数ポート 1 ~ 15。

下の段は、偶数ポート 2 ~ 16。

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 4、5 ~ 8、9 ~ 12、13 ~ 16

ポート コネクタのタイプ

モジュール ポートに取り付けられた X2 トランシーバのタイプに応じて、SC または CX4。

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた X2 トランシーバによって異なります。現在サポートされている X2 トランシーバについては、次の URL にある互換性マトリクスを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/products_device_support_tables_list.html

ケーブル長の詳細については、次の URL にあるトランシーバのインストレーション ガイドを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/prod_installation_guides_list.html

バッファ サイズ

オーバーサブスクリプション モード:ポート グループあたり 90 MB

パフォーマンス モード:ポートあたり 200 MB

QoS

出力キューの数:8

入力キューの数:8

出力キューあたりのしきい値の数:オーバーサブスクリプション モードではキューあたり 2、パフォーマンス モードではキューあたり 4

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

4:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

WS-X6716-10GE は次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T(DFC4-E または DFC4-EXL ドーター カードを使用したモジュールのアップグレードが必要)

WS-X6816-10GE は次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 2T-10GE

ソフトウェアのサポート

WS-X6716-10GE

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(33)SXH2

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXH2

Supervisor Engine 2T の場合(DFC4-E または DFC4-EXL でモジュールをアップグレード済み):12.2(50)SY

WS-X6816-10GE

Supervisor Engine 2T-10GE の場合:12.2(50)SY

ポートあたりのキュー数

オーバーサブスクリプション モード:

Tx:ポート グループあたり 1p7q4t

Rx:ポートあたり 1p7q2t

パフォーマンス モード:

Tx:ポートあたり 1p7q4t

Rx:ポートあたり 8q4t

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6503 シャーシではサポートされません。

Catalyst 6513 シャーシの 9 ~ 13 スロットでのみサポートされ、スロット 1 ~8 では通電されません。

WS-X6716-10G モジュールが Catalyst 6500-E シリーズ シャーシまたは Catalyst 6509-NEB-A シャーシに取り付けられている場合は、その構成は NEBS 3 準拠となります(シャーシは 55 ℃ までの動作温度をサポートします)。

WS-X6716-10G モジュールが E シリーズ以外の Catalyst 6500 シャーシに取り付けられ、シャーシにファン トレイ 2 および 2500 W 以上の電源装置が搭載されている場合は、その構成は NEBS 3 準拠ではありません(シャーシは 40 ℃までの動作温度をサポートします)。

Catalyst 6509-NEB-A シャーシでのサポートには、2 個の FAN-MOD-09 ファン トレイが必要です。

WS-X6816-10GE は Supervisor Engine 2T を搭載した Catalyst 6500-E シリーズ スイッチでのみサポートされます。

モジュールは互いに隣接するスロットに取り付ける必要があります。いずれかの隣接スロットが未使用の場合は、シャーシを通過する十分なエアー フローを維持するために、空きスロット カバー(WS-X6K-SLOT-CVR)ではなくスイッチング モジュール フィラー プレート(シスコ部品番号 WS-X6K-SLOT-CVR-E または SLOTBLANK-09)を取り付ける必要があります。

ファブリック接続

デュアル スイッチ ファブリック接続:

ファブリック チャネル 1:ポート 1 ~ 8

ファブリック チャネル 2:ポート 9 ~ 16

ファブリック チャネルの速度

20 Gb/秒(デュアル チャネル、合計 40 Gb/秒)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-X6716-10G-3C には DFC3C ドーター カードが工場で装備されます。

WS-X6716-10G-3CXL には DFC3CXL ドーター カードが工場で装備されます。

WS-X6816-10GE-2T には DFC4-E ドーター カードが工場で装備されます。

WS-X6816-10GE-2TXL には DFC4-EXL ドーター カードが工場で装備されます。

着脱式トランシーバのサポート

X2 トランシーバがサポートされます。すべてのタイプの X2 トランシーバがサポートされるとは限りません。サポートされているトランシーバの最新リストについては、次の URL にあるトランシーバの互換性マトリクスを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/products_device_support_tables_list.html

X2 トランシーバの詳細については、付録 B、「10 GB トランシーバ」を参照してください。

(注) WS-6716-10GE は、WS-X6708-10GE と Cisco IOS Release 12.2(18)SXF5 のリリースよりも前に出荷された X2 トランシーバをサポートしません。サポートされていない X2 トランシーバは、その番号の末尾に -01 があります。この制限は、X2-10GB-LRM トランシーバには適用されません。

(注) WS-X6716-10GE が利用可能になる前に出荷された X2 トランシーバの中には、WS-X6716-10GE との組み合わせで EMI 準拠にならないものがあります。WS-X6716-10GE が利用可能になった後で出荷されたすべての X2 トランシーバは、WS-X6716-10GE との組み合わせで EMI 準拠になります。追加情報については、付録 B、「10 GB トランシーバ」を参照してください。

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

一部の X2 トランシーバでサポートされます。

(注) いずれの X2 トランシーバが DOM をサポートするか、およびサポートに必要なソフトウェア リリースに関する具体的な情報については、ソフトウェア リリース ノートを参照してください。

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-59 WS-X6716-10GE および WS-X6816-10GE イーサネット モジュールの物理仕様および環境仕様

項目
仕様

寸法

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

13.6 ポンド(6.16 kg)(X2 トランシーバの重量を除く)

電力要件および発熱量

WS-X6716-10G-3C(ベース モジュール + DFC3C ドーター カード):10.9 A

モジュール電力:457.80 W

AC 入力電力:572.25 W

AC 熱放散:1954.23 BTU/時

DC 入力電力:615.32 W

DC 熱放散:2101.33 BTU/時

WS-X6716-10G-3CXL(ベース モジュール + DFC3CXL ドーター カード):11.6 A

モジュール電力:487.20 W

AC 入力電力:609.00 W

AC 熱放散:2079.74 BTU/時

DC 入力電力:654.84 W

DC 熱放散:2236.27 BTU/時

WS-X6816-10GE-2T(ベース モジュール + DFC4-E ドーター カード):11.63 A

モジュール電力:488.46 W

AC 入力電力:610.58 W

AC 熱放散:2085.11 BTU/時

DC 入力電力:656.53 W

DC 熱放散:2242.06 BTU/時

WS-X6816-10GE-2TXL(ベース モジュール + DFC4-EXL ドーター カード):11.99 A

モジュール電力:503.58 W

AC 入力電力:629.48 W

AC 熱放散:2149.66 BTU/時

DC 入力電力:676.85 W

DC 熱放散:2311.46 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6716-10T および WS-X6816-10T イーサネット モジュール

WS-X6716-10T および WS-X6816-10T イーサネット モジュール(図 2-28)は、16 個の 10 Gbps 全二重または半二重銅線ポートを搭載しています。 表 2-60 にモジュール機能を示し、 表 2-61 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。


) WS-X6816-10T はベース モジュールです。WS-F6K-DFC4-E と WS-F6K-DFC4-EXL のいずれのドーター カードがモジュールに取り付けられているかによって、WS-X6816-10T-2T または WS-X6816-10T-2TXL を識別するステッカーがモジュール前面プレートに配置されています。


図 2-28 WS-X6716-10T および WS-X6816-10T イーサネット モジュールの前面パネル

 

 

表 2-60 WS-X6716-10T および WS-X6816-10T イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

4 ポート(トランスペアレント モード):

ポート番号 1、5、9、および 13 のみが使用されます。

16 ポート(MUX モード、4:1 オーバーサブスクリプション)。ポートには番号が付いています(左から右)

4 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 4、5 ~ 8、9 ~ 12、13 ~ 16

ポート コネクタのタイプ

RJ-45

ケーブル長

カテゴリ 6 ケーブル:最大 179 フィート(55 m)

カテゴリ 5 ケーブル:最大 98 フィート(30 m)

バッファ サイズ

オーバーサブスクリプション モード:ポート グループあたり 90 MB

パフォーマンス モード:ポートあたり 200 MB

QoS

出力キューの数:8

入力キューの数:8

出力キューあたりのしきい値の数:オーバーサブスクリプション モードではキューあたり 2、パフォーマンス モードではキューあたり 4

入力キューあたりのしきい値の数:4

最大フレーム サイズ

最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

4:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

WS-X6716-10T は次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます。

Supervisor Engine 720

Supervisor Engine 720-10GE

Supervisor Engine 2T(DFC4-E または DFC4-EXL ドーター カードを使用したモジュールのアップグレードが必要)

WS-X6816-10T は次のスーパーバイザ エンジンでサポートされます

Supervisor Engine 2T

ソフトウェアのサポート

WS-X6716-10T

Supervisor Engine 720 の場合:12.2(33)SXI4a 以降

Supervisor Engine 720-10GE の場合:12.2(33)SXI4

Supervisor Engine 2T の場合(DFC4-E または DFC4-EXL ドーター カードでモジュールをアップグレード済み):12.2(50)SY

WS-X6816-10T

Supervisor Engine 2T の場合:12.2(50)SY

ポートあたりのキュー数

オーバーサブスクリプション モード:

Tx:ポート グループあたり 1p7q4t

Rx:ポートあたり 1p7q2t

パフォーマンス モード:

Tx:ポートあたり 1p7q4t

Rx:ポートあたり 8q4t

シャーシ/スロットの制限

Catalyst 6503 シャーシまたは Catalyst 6509-NEB シャーシではサポートされません。

Catalyst 6513 シャーシの 9 ~ 13 スロットでのみサポートされ、スロット 1 ~8 では通電されません。

WS-X6716-10T モジュールが Catalyst 6500-E シリーズ シャーシまたは Catalyst 6509-NEB-A シャーシに取り付けられている場合は、その構成は NEBS 3 準拠となります(シャーシは 55 ℃ までの動作温度をサポートします)。

WS-X6716-10T モジュールが E シリーズ以外の Catalyst 6500 シャーシに取り付けられ、シャーシにファン トレイ 2 および 2500 W 以上の電源装置が搭載されている場合は、その構成は NEBS 3 準拠ではありません(シャーシは 40 ℃までの動作温度をサポートします)。

Catalyst 6509-NEB-A シャーシでのサポートには、2 個の FAN-MOD-09 ファン トレイが取り付けられていることが必要です。

WS-X6816-10T イーサネット モジュールは、Supervisor Engine 2T を搭載した Catalyst 6500-E シリーズ スイッチでのみサポートされます。

モジュールは互いに隣接するスロットに取り付ける必要があります。いずれかの隣接スロットが未使用の場合は、シャーシを通過する十分なエアー フローを維持するために、空きスロット カバー(WS-X6K-SLOT-CVR)ではなくスイッチング モジュール フィラー プレート(シスコ部品番号 WS-X6K-SLOT-CVR-E または SLOTBLANK-09)を取り付ける必要があります。

ファブリック接続

デュアル スイッチ ファブリック接続:

ファブリック チャネル 1:ポート 1 ~ 8

ファブリック チャネル 2:ポート 9 ~ 16

ファブリック チャネルの速度

20 Gb/秒(合計 40 Gb/秒)

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-X6716-10T-3C には DFC3C ドーター カードが工場で装備されます。

WS-X6716-10T-3CXL には DFC3CXL ドーター カードが工場で装備されます。

(注) WS-X6716-10T は、Supervisor Engine 2T とともに動作するように、DFC4-E または DFC4-EXL ドーター カードを使用してアップグレードできます。

WS-X6816-10T-2T には DFC4-E ドーター カードが工場で装備されます。

WS-X6816-10T-2TXL には DFC4-EXL が工場で装備されます

着脱式トランシーバのサポート

No

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

No

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

 

表 2-61 WS-X6716-10T および WS-X6816-10T イーサネット モジュールの物理仕様および環境
仕様

項目
仕様

寸法

1.2 X 14.4 X 16 インチ(3.0 X 35.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

17.71 ポンド(8.03 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6716-10T-3C(ベース モジュール + DFC3C ドーター カード):11.53 A

モジュール電力:484.26 W

AC 入力電力:605.33 W

AC 熱放散:2067.18 BTU/時

DC 入力電力:650.89 W

DC 熱放散:2222.78 BTU/時

WS-X6716-10T-3CXL(ベース モジュール + DFC3CXL ドーター カード):12.23 A

モジュール電力:513.66 W

AC 入力電力:642.08 W

AC 熱放散:2192.69 BTU/時

DC 入力電力:690.40 W

DC 熱放散:2357.73 BTU/時

WS-X6816-10T-2T(ベース モジュール + DFC4-E ドーター カード):12.26 A

モジュール電力:514.96 W

AC 入力電力:643.65 W

AC 熱放散:2198.06 BTU/時

DC 入力電力:692.10 W

DC 熱放散:2363.51 BTU/時

WS-X6816-10T-2TXL(ベース モジュール + DFC4-EXL ドーター カード):12.62 A

モジュール電力:529.96 W

AC 入力電力:662.55 W

AC 熱放散:2262.61 BTU/時

DC 入力電力:712.42 W

DC 熱放散:2432.91 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)

WS-X6908-10G イーサネット モジュール

WS-X6908-10G イーサネット モジュール(図 2-29)は、8 個の 10 Gbps 全二重または半二重銅線ポートを搭載しています。 表 2-62 にモジュール機能を示し、 表 2-63 にモジュールの物理仕様および環境仕様を示します。

図 2-29 WS-X6908-10G イーサネット モジュールの前面パネル

 


) WS-X6908-10G がモジュールの前面パネルの製品 ID です。モジュールの 2 個のオーダー可能製品 ID は、WS-X6908-10G-2T(WS-F6K-DFC4-E ドーター カードを搭載)および WS-X6908-10G-2TXL(WS-F6K-DFC4-EXL ドーター カードを搭載)です。


 

表 2-62 WS-X6908-10G イーサネット モジュールの機能

機能
説明

モジュールあたりのポート数

8 ポート

1 つのポート グループ

ポート グループ単位のポート範囲:1 ~ 8

ポート コネクタのタイプ

モジュール ポートに取り付けられた X2 トランシーバのタイプに応じて、SC、RJ45、または InfiniBand。

ケーブル長

モジュール ポートに取り付けられた X2 トランシーバのタイプに依存します。ケーブル長については、次の URL にあるトランシーバのインストレーション ガイドを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps5455/prod_installation_guides_list.html

最大フレーム サイズ

最大 9216 バイト

モジュールのオーバーサブスクリプション率

1:1

スーパーバイザ エンジンのサポート

Supervisor Engine 2T

ソフトウェアのサポート

12.2(50)SY

ポートあたりのキュー数

Tx:ポートあたり 1p7q4t

Rx:ポートあたり 8q4t

シャーシ/スロットの制限

E シリーズ以外の Catalyst 6500 スイッチではサポートされません

モジュールは互いに隣接するスロットに取り付ける必要があります。いずれかの隣接スロットが未使用の場合は、シャーシを通過する十分なエアー フローを維持するために、空きスロット カバー(WS-X6K-SLOT-CVR)ではなくスイッチング モジュール フィラー プレート(シスコ部品番号 WS-X6K-SLOT-CVR-E または SLOTBLANK-09)を取り付ける必要があります。

ファブリック接続

デュアル 40 Gbps スイッチ ファブリック接続

ファブリック チャネル 1:ポート 2、3、6、8

ファブリック チャネル 2:ポート 1、4、5、7

ファブリック チャネルの速度

80 Gb/秒全二重

モジュール アップグレード可能

 

PoE のサポート

サポートされません。

分散型フォワーディングのサポート

WS-F6K-DFC4-E または WS-F6K-DFC4-EXL のいずれかのサポート

着脱式トランシーバのサポート

10GBASE-X X2 トランシーバ

Digital Optical Monitoring(DOM)のサポート

No

モジュールの前面パネル LED

STATUS

グリーン:すべての診断テストに合格。モジュールは動作可能です。

オレンジ:モジュールが起動中か診断の実行中。過熱状態が発生しています。

LINK

グリーン:ポートはアクティブです(リンクは接続済みで動作可能)。

オレンジで点滅:ポートの診断が不合格で、ディセーブルです。

オレンジ:ポートはディセーブルです。

レッド:モジュールはリセット中です。過熱状態が発生しています。

(注) モジュールが最初のリセット中にコードおよび設定情報のダウンロードに失敗した場合は、LED はレッドのままです。モジュールはオンラインになりません。

消灯:ポートがアクティブでないか、リンクが接続されていません。

ID

ブルーの点滅:モジュールは注意の対象として識別されています。LED は、サービス技術者がモジュールを識別しやすいように、ユーザがオンにしました。

消灯:モジュールは識別されていません。

 

表 2-63 WS-X6908-10G イーサネット モジュールの物理仕様および環境
仕様

項目
仕様

寸法

1.73 X 14.4 X 16 インチ(4.4 X 36.6 X 40.6 cm)。シャーシのスロットを 1 つ占有します。

重量

12.6 ポンド(5.72 kg)

電力要件および発熱量

WS-X6908-10G-2T(ベース モジュール + DFC4-E ドーター カード):14.00 A

モジュール電力:488.0 W

AC 入力電力:610.05 W

AC 熱放散:2083.32 BTU/時

DC 入力電力:655.97 W

DC 熱放散:2240.13 BTU/時

WS-X6908-10G-2TXL(ベース モジュール + DFC4-EXL ドーター カード):14.36 A

モジュール電力:603.0 W

AC 入力電力:753.90 W

AC 熱放散:2574.57 BTU/時

DC 入力電力:810.65 W

DC 熱放散:2768.35 BTU/時

環境

 

動作時の温度

動作保証:32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)

設計上および動作試験済み:32 ~ 130 °F(0 ~ 55 ℃)

周囲湿度(無結露)

10 ~ 90 %

動作時の高度

動作保証:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計上および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3000 m)