スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ モジュール インストレーション ノート

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ モジュール インストレーション ノート
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2011/06/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ モジュール インストレーション ノート

内容

概要

安全上の警告

警告

必要な工具

スーパバイザ エンジンまたはモジュールの取り外し

スーパバイザ エンジンまたはモジュールの取り付け

スーパバイザ エンジンまたはモジュールのケーブル接続

インストレーションの確認

新たに搭載したモジュールの確認

接続の確認

モジュールの設定

適合規格

関連資料

マニュアルの入手方法

Cisco.com

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

TAC Webサイト

Japan TAC Webサイト

TACレベル情報の参照

TACプライオリティの定義

その他の資料および情報の入手方法

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ モジュール インストレーション ノート

このマニュアルでは、Catalyst 6500シリーズ スイッチおよびCisco 7600シリーズ ルータにCatalyst 6500シリーズの各種モジュールを取り付ける手順を説明します。Catalyst 6500シリーズ スイッチおよびCisco 7600シリーズ ルータにOSM(オプティカル サービス モジュール)をインストールする手順については、『 Optical Services Module Installation and Verification Note 』を参照してください。個々のモジュールの詳細については、『 Catalyst 6500 Series Switch Module Installation Guide 』を参照してください。


) このマニュアルでは、特に明記しないかぎり、Catalyst 6500シリーズという用語は、Catalyst 6000シリーズ スイッチ(Catalyst 6006スイッチおよびCatalyst 6009スイッチ)およびCatalyst 6500シリーズ スイッチ(Catalyst 6503、Catalyst 6506、Catalyst 6509、Catalyst 6509-NEB、Catalyst 6509-NEB-AおよびCatalyst 6513の各スイッチ)の両方を指します。



) Catalyst 6500シリーズ スイッチおよびCisco 7600シリーズ ルータ ソフトウェアに関する注意事項および最新情報を記載した最新のリリース ノートは、使用するソフトウェア リリースの最新のメンテナンス リリースに対応するリリース ノートを参照してください。リリース ノートは、「マニュアルの入手方法」に記載されているWWW上のURLから入手できます。


概要

表 1 に、Catalyst 6500シリーズ スイッチおよびCisco 7600シリーズ ルータを示します。

 

表 1 Catalyst 6500シリーズ スイッチおよびCisco 7600シリーズ ルータ シャーシ

シャーシ
説明

Catalyst 6000シリーズ スイッチ

Catalyst 6006スイッチ ― 6スロット シャーシ

Catalyst 6009スイッチ ― 9スロット シャーシ

Catalyst 6500シリーズ スイッチ

Catalyst 6503スイッチ ― 3スロット シャーシ

Catalyst 6506スイッチ ― 6スロット シャーシ

Catalyst 6509スイッチ ― 9スロット シャーシ

Catalyst 6509-NEBスイッチ ― 縦型の9スロット シャーシ

Catalyst 6509-NEB-Aスイッチ ― 縦型の9スロット シャーシ

Catalyst 6513スイッチ ― 13スロット シャーシ

Cisco 7600シリーズ ルータ

Cisco 7603 ルータ ― 3スロット シャーシ

Cisco 7606 ルータ ― 6スロット シャーシ

Cisco 7609 ルータ ― 縦型の9スロット シャーシ

Cisco 7613 ルータ ― 13スロット シャーシ


) このマニュアルでは、特に明記しないかぎり、スーパバイザ エンジンという用語は、Supervisor Engine 1、Supervisor Engine 2、およびSupervisor Engine 720を指します。



) ご使用のシャーシによっては、特定のスーパバイザ エンジンとモジュールの組み合わせをサポートしない場合があります。未サポートのモジュールおよびスーパバイザ エンジンの組み合わせに関する情報については、システムで稼働しているソフトウェア バージョンのリリース ノートを参照してください。


安全上の警告

誤って行うと危険が生じる可能性のある操作については、安全上の警告が記載されています。各警告文に、警告を表す記号が記されています。

警告


警告 安全上の重要事項

「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。

これらの重要事項を保管しておいてください。



警告 この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。


必要な工具

Catalyst 6500シリーズ スイッチまたはCisco 7600シリーズ ルータにモジュールを取り付けるには、次の工具が必要です。

No.2プラス ドライバ

静電気防止用マットまたは静電気防止材

手持ちの静電気防止用ストラップ、またはシステムに付属の静電気防止用ストラップ

スーパバイザ エンジンまたはモジュールの取り外し

ここでは、シャーシ スロットから既存のスーパバイザ エンジンまたはモジュールを取り外す手順を説明します。


注意 作業中は、カードのESD破壊を防ぐため、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


シャーシからスーパバイザ エンジンまたはモジュールを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スーパバイザ エンジンまたはモジュールに接続されているネットワーク インターフェイス ケーブルまたはコンソール ポート ケーブルを取り外します。

ステップ 2 シャーシのすべてのモジュールで、非脱落型ネジが締められていることを確認します。このステップは、モジュールを取り外したあとのスペースを確保するために必要です。


) 非脱落型ネジが緩んでいると、搭載されているモジュールのEMI(電磁波干渉)ガスケットによってモジュールが空きスロット方向へ押され、スペースが狭くなるため、交換用モジュールの取り付けが困難になります。


ステップ 3 スーパバイザ エンジンまたはモジュールの2つの非脱落型ネジを緩めます。

ステップ 4 シャーシ スロットの方向(横または縦)に応じて、次のどちらかの手順を行います。

横型スロットの場合

a. 両手の親指で左右のイジェクト レバーを同時に外側に開いて、モジュールをバックプレーン コネクタから外します。

b. モジュールの前の端をつかみ、スロットからモジュールを途中まで引き出します。反対側の手でモジュールを下から支えます。モジュールの回路には触れないようにしてください。

縦型スロットの場合

a. モジュールの上下にあるイジェクト レバーに両手の親指を掛け、レバーを同時に開いて、モジュールをバックプレーン コネクタから外します。

b. モジュールの端をつかみ、スロットからモジュールをまっすぐに引き出します。モジュールの回路には触れないようにしてください。

ステップ 5 モジュールを静電気防止用マットまたは静電気防止材の上に置くか、すぐに別のスロットに取り付けます。

ステップ 6 スロットに何もモジュールを搭載しない場合は、モジュール用フィラー プレートを取り付けて、シャーシの中に埃が入らないように、またシャーシ内の通気が適切に保たれるようにします。


 


警告 ブランクの前面プレートおよびカバー パネルには、3つの重要な役割があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置へのEMI(電磁波干渉)の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーをスロットに正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。


スーパバイザ エンジンまたはモジュールの取り付け

ここでは、Catalyst 6500シリーズ スイッチまたはCisco 7600シリーズ ルータにモジュールを取り付ける手順を説明します。


注意 ESDによる損傷を防ぐため、モジュールを取り扱う際には、必ずフレームの端を持ち、静電気防止用リスト ストラップを着用してください。


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。



) ご使用のシャーシによっては、特定のスーパバイザ エンジンとモジュールの組み合わせをサポートしない場合があります。未サポートのモジュールおよびスーパバイザ エンジンの組み合わせに関する情報については、システムで稼働しているソフトウェア バージョンのリリース ノートを参照してください。


シャーシにスーパバイザ エンジンまたはモジュールを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スーパバイザ エンジンまたはモジュールを取り付けるスロットを選択します。

ステップ 2 スーパバイザ エンジンまたはモジュールのポートにインターフェイス機器を直接接続できるだけの十分なスペースがあるかどうかを確認します。可能な場合は、モジュール用フィラー プレートが取り付けられている空きスロットの間に、モジュールを搭載するようにしてください。

ステップ 3 シャーシに搭載されているすべてのモジュールで、非脱落型ネジが締められていることを確認します。ネジを締めることで、すべてのモジュールのEMIガスケットが完全に圧縮され、新規のモジュールまたは交換用モジュールを取り付けるためのスペースが確保されます。


) 非脱落型ネジが緩んでいると、搭載されているモジュールのEMIガスケットによってモジュールが空きスロット方向へ押され、スペースが狭くなるため、交換用モジュールの取り付けが困難になります。


ステップ 4 モジュール用フィラー プレートの2つのなべネジを取り外して、フィラー プレートを外します。モジュールの取り外し手順については、「スーパバイザ エンジンまたはモジュールの取り外し」を参照してください。

ステップ 5 新規または交換用モジュールの両端のイジェクト レバーを完全に開きます(図1を参照)。

ステップ 6 シャーシ スロットの方向(横または縦)に応じて、次のどちらかの手順を行います。

横型スロットの場合

a. スーパバイザ エンジンまたはモジュールをスロットに合わせます(図1を参照)。モジュール フレームの両端をスロットの左右にあるスロット ガイドに揃えます。

b. モジュール上端のEMIガスケットが真上のスロットに搭載されているモジュールと接触し、両方のイジェクト レバーがモジュール前面プレートに対して約45度に閉じるまで、スーパバイザ エンジンまたはモジュールをスロットに慎重に差し込みます(図2を参照)。

c. 両手の親指と人差し指で左右のイジェクト レバーを持ち、レバーを下へ押して、モジュールのEMIガスケットと真上のモジュールとの間に、細い隙間(0.040インチ[1 mm])ができるようにします(図2を参照)。


注意 レバーを下へ押すとき、力を入れすぎないように注意してください。レバーが曲がったり破損したりすることがあります。

d. 左右のイジェクト レバーを、下へ押しながら同時に閉じ、スーパバイザ エンジンまたはモジュールをバックプレーン コネクタに完全に装着します。イジェクト レバーを完全に閉じると、モジュールの前面プレートと平行になります(図3を参照)。


) バックプレーン コネクタへのモジュールの装着が不完全な場合、エラーの原因になります。


e. スーパバイザ エンジンまたはモジュールの2つの非脱落型ネジを締めます。


) イジェクト レバーが完全に閉じていることを確認してから、非脱落型ネジを締めてください。


f. スーパバイザ エンジンまたはモジュールのSTATUS LEDが点灯していることを確認します。STATUS LEDは定期的に確認してください。STATUS LEDがオレンジからグリーンに点灯すると、スーパバイザ エンジンまたはモジュールのブート プロセスが正常に終了し、オンライン状態になったことを示します。STATUS LEDがオレンジのまま変化がない場合やレッドに点灯した場合は、スーパバイザ エンジンまたはモジュールのブート プロセスが正常に終了せず、エラーが発生している可能性があります。

図1 モジュールの合わせ方 ― 横型スロット シャーシの場合

 

図2 EMIガスケットの隙間 ― 横型スロット シャーシの場合

 

図3 イジェクト レバーを閉じる ― 横型スロット シャーシの場合

 

縦型スロットの場合

a. スーパバイザ エンジンまたはスイッチング モジュールをスロットに合わせます(図4を参照)。モジュール フレームの両端をスロットの上下スロット ガイドに揃えます。

b. モジュール右端のEMIガスケットが隣のスロットに搭載されているモジュールと接触し、両方のイジェクト レバーがモジュール前面プレートに対して約45度に閉じるまで、スーパバイザ エンジンまたはモジュールをスロットに慎重に差し込みます(図5を参照)。

c. 両手の親指と人差し指で上下のイジェクト レバーを持ち、左へ押して、モジュールのEMIガスケットと隣のモジュールとの間に、約0.040インチ(1 mm)の細い隙間ができるようにします(図5を参照)。


注意 イジェクト レバーを押すとき、力を入れすぎないように注意してください。レバーが曲がったり破損したりすることがあります。

d. イジェクト レバーを押しながら同時に閉じ、スーパバイザ エンジンまたはモジュールをバックプレーン コネクタに完全に装着します。イジェクト レバーを完全に閉じると、モジュールの前面プレートと平行になります(図6を参照)。

e. モジュールの2つの非脱落型ネジを締めます。


) イジェクト レバーが完全に閉じていることを確認してから、非脱落型ネジを締めてください。


f. スーパバイザ エンジンまたはモジュールのSTATUS LEDが点灯していることを確認します。STATUS LEDは定期的に確認してください。STATUS LEDがオレンジからグリーンに点灯すると、スーパバイザ エンジンまたはモジュールのブート プロセスが正常に終了し、オンライン状態になったことを示します。STATUS LEDがオレンジのまま変化がない場合やレッドに点灯した場合は、スーパバイザ エンジンまたはモジュールのブート プロセスが正常に終了せず、エラーが発生している可能性があります。


 

図4 モジュールの合わせ方 ― 縦型スロット シャーシの場合

 

図5 EMIガスケットの隙間 ― 縦型スロット シャーシの場合

 

図6 イジェクト レバーを閉じる ― 縦型スロット シャーシの場合

 

スーパバイザ エンジンまたはモジュールのケーブル接続

スーパバイザ エンジンまたはモジュールの取り付けが完了したら、インターフェイス ケーブルの接続を行います。モジュールのタイプにより、インターフェイス ケーブルをモジュールのレセプタクルに直接接続するか、モジュールにGBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)またはSmall Form-Factor Pluggable(SFP)トランシーバを取り付けて、インターフェイス ケーブルをGBICやSFPに接続する必要があります。GBICやSFPトランシーバ モジュールの詳細については、『Gigabit Interface Converter Installation Note』または『Cisco Small Form-Factor Pluggable Modules Installation Notes 』を参照してください。

インストレーションの確認

ここでは、モジュールのインストレーションを確認する手順について説明します。


) Cisco IOSが稼働しているスイッチまたはルータのモジュール インストレーションの確認については、『Catalyst 6500 Series Switch Cisco IOS Software Configuration Guide』を参照してください。


新たに搭載したモジュールの確認

show module コマンドまたは show port [ mod_num/port_num ]コマンドを入力して、新たに搭載されたモジュールがシステムによって確認され、オンライン状態となったことを確認します。

次に、show module コマンドの出力例を示します。

Console> show module
Mod Slot Ports Module-Type Model Sub Status
--- ---- ----- ------------------------- ------------------- --- --------
1 1 2 1000BaseX Supervisor WS-X6K-SUP1A-2GE yes ok
15 1 1 Multilayer Switch Feature WS-F6K-MSFC no ok
8 8 48 10/100BaseTX Ethernet WS-X6248-RJ-45 no ok
9 9 48 10/100BaseTX Ethernet WS-X6348-RJ-45 yes ok
 
Mod Module-Name Serial-Num
--- ------------------- -----------
1 SAD03436055
15 SAD03432597
9 SAD03414268
 
Mod MAC-Address(es) Hw Fw Sw
--- -------------------------------------- ------ ---------- --------------
1 00-30-80-f7-a5-06 to 00-30-80-f7-a5-07 1.0 5.2(1) 6.1(0.12)
00-30-80-f7-a5-04 to 00-30-80-f7-a5-05
00-30-a3-4a-a0-00 to 00-30-a3-4a-a3-ff
15 00-d0-bc-ee-d0-dc to 00-d0-bc-ee-d1-1b 1.2 12.0(3)XE1 12.0(3)XE1
8 00-d0-c0-c8-83-ac to 00-d0-c0-c8-83-db 1.1 4.2(0.24)V 6.1(0.37)FTL
9 00-50-3e-7c-43-00 to 00-50-3e-7c-43-2f 0.201 5.3(1)
 
Mod Sub-Type Sub-Model Sub-Serial Sub-Hw
--- ----------------------- ------------------- ----------- ------
1 L3 Switching Engine WS-F6K-PFC SAD03451187 1.0
9 Inline Power Module WS-F6K-VPWR 1.0
Console>
 

接続の確認

スイッチング モジュール ポートの接続状態を調べるには、次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ホストに対してpingを実行します。

ping host

ホストの応答がない場合、スイッチのIPアドレス、および該当する場合はデフォルトのIPルートを確認します。

show interface
show ip route

たとえば、server1というホストに対してpingを実行する場合、次のコマンドを入力します。

Console> ping server1
server1 is alive
Console>
 

モジュールの設定

モジュールのインストレーションおよび接続状態を確認したあと、モジュールを設定する必要があります。詳しい設定手順については、次のマニュアルを参照してください。

『Catalyst 6500 Series Switch Software Configuration Guide』

『Catalyst 6500 Series Switch Command Reference』

ATM Software Configuration and Command Reference -- Catalyst 5000 Family and Catalyst 6500 Series Switches

Cisco IOSコンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンス

『Cisco 7600 Series Router Software Configuration Guide』

『Cisco 7600 Series Router Command Reference』

適合規格

Catalyst 6500シリーズのスイッチング モジュールは、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Catalyst 6500 Series Switches 』に記載されている規格に適合しています。Cisco 7600シリーズ ルータは、『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Catalyst 7600 Series Router 』に記載されている規格に適合しています。

関連資料

インストレーションおよびコンフィギュレーションの詳細は、次の関連資料を参照してください。

『Regulatory Compliance and Safety Information for the Catalyst 6500 Series Switches』

Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco 7600 Series Router

『Site Preparation and Safety Guide』

『Catalyst 6500 Series Switch Module Installation Guide』

『Catalyst 6500 Series Switch Software Configuration Guide』

『Catalyst 6500 Series Switch Command Reference』

『Cisco 7600 Series Router Installation Guide』

『Cisco 7603 Router Installation Guide』

『Cisco 7600 Series Router Quick Software Configuration Guide』

『Cisco 7600 Series Router Software Configuration Guide』

『Cisco 7600 Series Router Command Reference』

『Catalyst 6500 Series Switch Cisco IOS Software Configuration Guide』

『Gigabit Interface Converter Installation Note』

『Cisco Small Form-Factor Pluggable Modules Installation Notes

『Installation Note for the CWDM Passive Optical System』

マニュアルの入手方法

シスコの製品マニュアル、テクニカル サポート、およびその他のリソースは、さまざまな方法で入手することができます。ここでは、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

WWW上の次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコのWebサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

シスコのWebサイトの各国語版へは、次のURLからアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCisco Documentation CD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは定期的に更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独、年間、または3カ月契約で入手することができます。

Cisco.com登録ユーザの場合、Cisco OrderingツールからDocumentation CD-ROM(Customer Order Number DOC-CONDOCCD=)を単独で発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/ordering_place_order_ordering_tool_launch.html

また、どなたでも、オンラインのSubscription Storeから年間または3カ月ごとの購読契約で発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace

マニュアルの発注方法

マニュアルの発注方法については、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/pdi.htm

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/index.shtml

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

Technical Assistance Center(TAC)では、シスコシステムズとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラー、販売店を対象として、評価の高い24時間体制のテクニカル サポート サービスをオンラインおよび電話で提供しています。Cisco.comでは、技術支援のオンライン窓口として、TAC Webサイトを提供しています。

TAC Webサイト

TAC Webサイト( http://www.cisco.com/tac )は、マニュアルやツールをオンラインで提供し、シスコの製品およびテクノロジーに関する技術的問題のトラブルシューティングおよび解決を支援します。TAC Webサイトは1年中いつでも利用することができます。

TAC Webサイト上のツールにアクセスする際は、いずれもCisco.comのログインIDおよびパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLで登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

TACレベル情報の参照

オンラインTAC Case Openツール( http://www.cisco.com/tac/caseopen )では、P3およびP4の問題について最も迅速にテクニカル サポートを受けられます(ネットワークの障害が軽微である場合、あるいは製品情報が必要な場合)。状況をご説明いただくと、TAC Case Openツールはすみやかな問題解決に役立つリソースを自動的に推奨します。これらの推奨リソースを使用しても問題が解決しない場合は、TACの技術者が対応します。

問題がP1またはP2(運用中のネットワークがダウンした場合、あるいは重大な障害が発生した場合)であるか、インターネットにアクセスできない場合は、電話でTACにご連絡ください。P1およびP2の問題にはTACの技術者がただちに対応し、業務を円滑に運営できるよう支援します。

電話でテクニカル サポートを受ける際は、次の番号のいずれかをご使用ください。

アジア太平洋:+61 2 8446 7411(オーストラリア: 1 800 805 227)
EMEA: +32 2 704 55 55
米国: 1 800 553-2447

TACの連絡先一覧については、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

TACプライオリティの定義

すべての問題を標準形式で報告するために、問題のプライオリティを定義しました。

プライオリティ1(P1) ― ネットワークがダウンし、業務に致命的な損害が発生する場合。24時間体制であらゆる手段を使用して問題の解決にあたります。

プライオリティ2(P2) ― ネットワークのパフォーマンスが著しく低下、またはシスコ製品のパフォーマンス低下により業務に重大な影響がある場合。通常の業務時間内にフルタイムで問題の解決にあたります。

プライオリティ3(P3) ― ネットワークのパフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用が機能している場合。通常の業務時間内にサービスの復旧を行います。

プライオリティ4(P4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要で、業務への影響がほとんどまたは全くない場合。

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手することができます。

『Cisco Product Catalog 』には、シスコシステムズが提供するネットワーキング製品のほか、発注方法やカスタマー サポート サービスについての情報が記載されています。『 Cisco Product Catalog 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_catalog_links_launch.html

Cisco Pressでは、ネットワーク関連の出版物を幅広く発行しています。初心者から上級者まで、さまざまな読者向けの出版物があります。『Internetworking Terms and Acronyms Dictionary』、『Internetworking Technology Handbook』、『Internetworking Troubleshooting Guide』、『Internetworking Design Guide』などです。Cisco Pressの最新の出版情報などについては、次のURLからアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

『Packet』は、シスコシステムズが発行する季刊誌で、業界の専門家向けにネットワーク分野の最新動向、テクノロジーの進展、およびシスコの製品やソリューションに関する情報を提供し、ネットワークへの投資を最大限に活用するのに役立ちます。ネットワークの配置やトラブルシューティングのヒント、設定例、お客様の事例研究、チュートリアル、教育や認定に関する情報、および多数の詳細なオンライン リソースを紹介しています。『Packet』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/packet

『iQ Magazine』は、シスコシステムズが発行する隔月刊誌で、ビジネス リーダーや経営幹部向けにネットワーク業界の最新情報を提供します。『iQ Magazine』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

『Internet Protocol Journal』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコシステムズが発行する季刊誌です。『Internet Protocol Journal』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/about/ac123/ac147/about_cisco_the_internet_protocol_journal.html

トレーニング ― シスコシステムズは最高水準のネットワーク関連のトレーニングを実施しています。トレーニングの最新情報については、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/index.html