Catalyst 6500 シリーズ スイッチ SIP、SSC、およ び SPA ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/11/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 18MB) | フィードバック

目次

はじめに

目的

対象読者

マニュアルの変更履歴

マニュアルの構成

表記法

関連資料

Catalyst 6500 シリーズ スイッチのマニュアル

Cisco IOS Release 12.2SX ソフトウェアのマニュアル

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

ここでは、このマニュアルの目的、構成、および関連製品やサービスに関する詳細の入手方法について説明します。ここで説明する内容は、次のとおりです。

「目的」

「対象読者」

「マニュアルの変更履歴」

「マニュアルの構成」

「表記法」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

目的

このマニュアルでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチでサポートされている Shared Port Adapter(SPA)および SPA Interface Processor(SIP; SPA インターフェイス プロセッサ)の設定およびトラブルシューティングについて説明します。

対象読者

このマニュアルは、VPN システムおよび Catalyst 6500 シリーズ スイッチの設定およびメンテナンスを行うネットワーク管理の上級者を対象としています。

マニュアルの変更履歴

表 1 は、このマニュアルにおける技術的な変更内容を記録したものです。この表には、変更に対応する Cisco IOS ソフトウェアのリリース番号とマニュアルのリビジョン番号、変更した日付、および変更点を示します。

 

表 1 マニュアルの変更履歴

リリース番号
リビジョン
日付
変更点

12.2(33)SXI2

OL-8655-05

2009 年 7 月 9 日

Cisco 7600 SIP-400 上で次の SPA の
サポートが追加されました。

1 ポート 10 ギガビット イーサネット SPA、バージョン 2(SPA-1X10GE-L-V2)

12.2(33)SXI

OL-8655-04

2008 年 10 月 31 日

次の変更が行われました。

Cisco 7600 SIP-600 のサポートが再追加されました。

ATM SPA のサポートが再追加されました。

Cisco 7600 SIP-200 上で次の機能のサポートが追加されました。

Asymmetric Carrier Delay

Cisco 7600 SIP-400 上で次の SPA の
サポートが追加されました。

2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA

2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA

8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA

5 ポート ギガビット イーサネット SPA(V2)

Cisco 7600 SIP-400 上で次の機能のサポートが追加されました。

Asymmetric Carrier Delay

Any Transport over MPLS over GRE(AToMoGRE)

Cisco 7600 SIP-600 上で次の SPA の
サポートが追加されました。

2 ポート OC-48c/STM-16 POS SPA

IPsec VPN SPA に新機能が追加されました。

12.2(33)SXH

OL-8655-03

2007 年 8 月 20 日

次の変更が行われました。

Cisco 7600 SIP-600 がサポートされなくなりました。

ATM SPA がサポートされなくなりました。

Cisco 7600 SIP-200 上で次の SPA の
サポートが追加されました。

1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

4 ポートおよび 8 ポート ファスト イーサネット SPA

Cisco 7600 SIP-200 に関して、次の機能のサポートが追加されました。

BCP over dMLPPP(トランク
モード):チャネライズド SPA

MPLS over RBE:ATM SPA

マルチ VC から VLAN までのスケーラビリティ

ブリッジング機能における QoS
サポート

Cisco 7600 SIP-400 上で次の SPA の
サポートが追加されました。

2 ポート チャネライズド T3 SPA

Cisco 7600 SIP-400 に関して、次の機能のサポートが追加されました。

Ethernet over MPLS(EoMPLS)VC のスケーラビリティが 4K から 10K VC に拡大

VLAN または EoMPLS VC 単位の入力ポリシングを伴う入力/出力 COS 分類

MPLS エッジを伴う Hierarchical VPLS(H-VPLS)

スポークあたりの VPLS の複数 VC

EoMPLS VC の Hierarchical QoS(HQoS; 階層型 QoS)サポート

ブリッジング機能における QoS
サポート

合法的傍受

12.2(33)SXH

OL-8655-03

2007 年 8 月 20 日

IPSec VPN SPA に関して、次の機能が追加されました。

IPSec アンチリプレイ ウィンドウ
サイズ

IPSec 優先ピア

永続的自己署名証明書

Easy VPN Remote RSA シグニチャ
ストレージ

IPsec VPN SPA で次の機能が削除されました。

HSRP および SSP を使用する IPSec ステートフル フェールオーバー

IPsec VPN SPA の設定に関する 1 つの章がいくつかの章に分割されて再構成されました。

12.2(18)SXF10

OL-5070-05

OL-8655-02

2007 年 7 月 13 日

Cisco 7600 SIP-400 上で次の 1 ポート OC-48c/STM-16 POS SPA の機能が追加されました。

12.2(18)SXF2

OL-5070-04

OL-8655-01

2006 年 4 月 25 日

cRTP のリファレンスが変更され 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA のサポートが追加されました。

12.2(18)SXF2

OL-5070-04

OL-8655-01

2006 年 2 月 28 日

このマニュアルにおいて、次の更新が行われました。

Cisco 7600 SIP-600 の制約事項に関するリストから、「DSCP 値の MPLS EXP ビットへのマッピングはサポートされない」という制限が削除されました。

Cisco 7600 SIP-600 について、次の VPLS スケーラビリティ サポート情報が追加されました。

最大 4000 の VPLS ドメイン

ドメインあたり最大 60 の VPLS ピア

最大 30,000 の擬似回線を任意のドメインおよびピアの組み合わせで使用可能です。ドメインは最大 4000、ピアは最大 60 です。たとえば、7 つのピアで最大 4000 ドメイン、または 500 ドメインで最大 60 ピアがサポートされます。

Cisco 7600 SIP-600 上で QinQ 機能を使用する H-VPLS サポートが追加されました。ただし、アップリンクに Cisco 7600 SIP-600、ダウンリンクに任意の LAN ポートまたは Cisco 7600 SIP-600 が必要です。

Cisco 7600 SIP-600 の VPLS 擬似回線冗長機能サポートが削除されました。

「Cisco 7600 SIP-600 の MPLS マーキング」の項が削除されました。

ATM に関する章で、サポート対象のカプセル化が「aal5snap」だけに変更されました。

「SIP および SSC の設定」の「CRTP の設定」の注意事項が次のように修正されました。

「cRTP がサポートされるのは、8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA および 2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA を搭載した Cisco 7600 SIP-200 に限定されます」

12.2(18)SXF2

OL-5070-04

OL-8655-01

2006 年 1 月 27 日

「8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA の設定」および「2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA の設定」で、ハードウェア ベースの MLPPP LFI のガイドラインに次の更新が加えられました。

ハードウェア ベースの LFI がイネーブルの場合、フラグメンテーション カウンタは表示されません。

12.2(18)SXF2

OL-5070-04

OL-8655-01

2006 年 1 月 20 日

4 回めのリリース。次の変更が行われました。

Cisco 7600 SIP-600 に 1 ポート OC-192c/STM-64 POS/RPR VSR 光ファイバ SPA が追加されました。

IPsec VPN SPA に GRE トンネル経由の IP マルチキャスト設定サポートが追加されました。

Cisco 7600 SIP-200 上の ATM SPA に「RFC 1483 スパニング ツリー インターオペラビリティ拡張」機能サポートが追加されました。

1 つのリモート MAC アドレスだけがサポートされる Routed Bridge Encapsulation(RBE)の制約に対処するために、Cisco 7600 SIP-200に 「ATM SPA の設定」 上で ATM SPA を設定する場合の対策に関する記述が追加されました。

12.2(18)SXF

OL-5070-03

2006 年 1 月 12 日

次の変更が行われました。

調整型 ATM SPA PVC の制限(マニュアルの他の場所で正確に記述)が「最大 400 の PVC または SVC. . .」から「MQC ポリシー マップで設定する場合、最大 1000 PVC または 400 SVC」になりました。

全体を通じて、Cisco IOS Release SX Supervisor Engine のリリース ノートに対して「SIP および SSC の概要」の相互参照が追加されました。

Cisco 7600 SIP-400 の制約事項が更新され、Supervisor Engine PFC3A と組み合わせた場合、または PFC3A モード では、SIP が動作しないことが明確に記述されました。

Cisco 7600 SIP-600 の制約事項が更新され、Supervisor Engine 720 PFC3A または PFC3A モードをサポートしないことが明確に記述されました。

「Supervisor Engine 32 では Cisco 7600 SIP-600 がサポートされません。Cisco 7600 SIP-600 は、Supervisor Engine 720 PFC3B および Supervisor Engine 720 PFC3BXL でサポートされます。 Supervisor Engine 720 PFC3A または PFC3A モードではサポートされません

SPA の概要に関する各章に「SIP および SSC の概要」の章の相互参照が追加され、SIP または SSC 固有のその他の機能および制約事項が記述されて場所がわかりやすくなりました。

「IPSec VPN SPA の概要」の章からサポートされているモジュールのリストが削除されました。サポートされていないモジュールは、制約事項の項で説明されています。

リリース番号
リビジョン
日付
変更点

12.2(18)SXF

OL-5070-03

2006 年 1 月 12 日

Cisco 7600 SIP-200 において、「SIP および SSC の概要」の ATM の Any Transport over MPLS(AToM)サポートが次のように細かく条件付けられました。

「Any Transport over MPLS(AToM)サポート(次の機能を含む)

ATM over MPLS(ATMoMPLS):AAL5 VC モード

Ethernet over MPLS(EoMPLS): (シングル セル リレー)VC モード

「Configuring Gigabit Ethernet SPA」の章の「Enabling Autonegotiation」および「Disabling Autonegotiation」の項から、「 SIP-400 の 1 ポート 10 ギガビット イーサネット SPA および 10 ポート ギガビット イーサネット SPA 」に言及している部分が削除されました。

Cisco 7600 SIP-200 の AToM コア方向に関する制限が次のように条件付けられました。

SPA 上の AToM(ATMoMPLS、FRoMPLS、HDLCoMPLS、および PPPoMPL)には、コア方向のインターフェイスとして Cisco 7600 SIP-200、FlexWAN、Enhanced FlexWAN、または OSM PXF インターフェイスが必要です。

コア方向のインターフェイスとして Cisco 7600 SIP-400 を使用する場合は、SIP-200 上で AToM(ATMoMPLS、FRoMPLS)もサポートされます。

「Field-Programmable Device のアップグレード」に、スーパーバイザ エンジンの Route Processor Redundancy(RPR)がサポートする Fast Software Upgrade(FSU)手順の記述が追加されました。

リリース番号
リビジョン
日付
変更点

12.2(18)SXF

OL-5070-03

2005 年 9 月 19 日

3 回めのリリース。次のハードウェアが採用されました。

1 ポート OC-48c/STM-16 ATM SPA

2 ポート ギガビット イーサネット SPA

5 ポート ギガビット イーサネット SPA

10 ポート ギガビット イーサネット SPA

1 ポート 10 ギガビット イーサネット SPA

1 ポート OC-192c/STM-64 POS/RPR SPA

1 ポート OC-192c/STM-64 POS/RPR XFP SPA

具体的な機能変更については、このマニュアルの「概要」の章にある、機能の履歴に関する表を参照してください。

12.2(18)SXE2

OL-5070-02

2005 年 8 月 17 日

「8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA の設定」および「2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA の設定」が変更され、E1 リンクと T1 リンクの両方について、MLPPP および MLFR のサポートが明確に記述されました。

「シリアル SPA の概要」の章で、シリアル SPA のサポート対象機能一覧に cRTP が追加されました。

「SIP および SSC の設定」の章が更新され、次のように記述が変更されました。

ソフトウェア ベース MLFR のサポートに関する記述が削除されました。

「Assigning an Interface to an MLPPP Bundle」で、 ppp multilink コマンドの段階の順番が変更され、任意扱いになりました。

「MLPPP Configuration Guidelines」に、Cisco 7600 SIP-200 上の分散リンクに関する注意事項および制約事項が追加されました。

「MLPPP Configuration Tasks」および「MLFR Configuration Tasks」に、これらの機能には分散 CEF が必要であることを強調する作業が追加されました。ただし、Catalyst 6500 シリーズ スイッチでは dCEF が自動的に有効になります。

12.2(18)SXE2

OL-5070-02

2005 年 7 月 25 日

2 回めのリリース。Cisco 7600 SSC-400 および IPsec VPN SPA が追加されました。

12.2(18)SXE

OL-5070-01

2005 年 3 月 28 日

最初のリリース

マニュアルの構成

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

タイトル
説明

第 1 章

Cisco IOS ソフトウェアの使用

CLI(コマンドライン インターフェイス)のアクセス方法、および Cisco IOS ソフトウェアや関連ツールの使用方法について説明します。

第 2 章

SIP、SSC、および SPA 製品の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された SIP および SPA 製品の概要や、SIP、SSC、SPA、および光モジュールの互換性に関する情報を示します。

第 3 章

SIP および SSC の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された SIP と SSC の機能および MIB(管理情報ベース)サポートについて説明します。

第 4 章

SIP および SSC の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたSIP および SSC に関連する設定情報や検証情報について説明します。

第 5 章

SIP および SSC のトラブルシューティング

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された SIP および SSC の動作のトラブルシューティングに使用できる技術について説明します。

第 6 章

非同期転送モード(ATM)SPA の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された ATM SPA のアーキテクチャの機能および MIB サポート、および概要について説明します。

第 7 章

ATM SPA の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された ATM SPA に関連する設定情報や検証情報について説明します。

第 8 章

ATM SPA のトラブルシューティング

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された ATM SPA の動作のトラブルシューティングに使用できる技術について説明します。

第 9 章

ファスト イーサネットおよびギガビット イーサネット SPA の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたギガビット イーサネット SPA のアーキテクチャの機能および MIB サポート、および概要について説明します。

第 10 章

ファスト イーサネットおよびギガビット イーサネット SPA の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたギガビット イーサネット SPA に関連する設定情報や検証情報について説明します。

第 11 章

ファスト イーサネットおよびギガビット イーサネット SPA のトラブルシューティング

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたギガビット イーサネット SPA の動作のトラブルシューティングに使用できる技術について説明します。

第 12 章

Packet over SONET(POS) SPA の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された POS SPA のアーキテクチャの機能および MIB サポート、および概要について説明します。

第 13 章

POS SPA の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された POS SPA に関連する設定情報や検証情報について説明します。

第 14 章

シリアル Shared Port Adapter(SPA)の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたシリアル SPA のアーキテクチャの機能、MIB サポート、および概要について説明します。

第 15 章

8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA に関連する設定情報や検証情報について説明します。

第 16 章

2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA に関連する設定情報や検証情報について説明します。

第 17 章

2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された 2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA に関連する設定情報や検証情報について説明します。

第 18 章

1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された POS 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA の設定情報や検証情報について説明します。

第 19 章

シリアル SPA のトラブルシューティング

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたシリアル SPA の動作のトラブルシューティングに使用できる技術について説明します。

第 20 章

IPsec VPN SPA の概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された IPsec VPN SPA のアーキテクチャの機能、MIB サポート、および概要について説明します。

第 21 章

暗号接続モードでの VPN の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された暗号接続モードを使用する IPSec VPN の設定情報や検証情報について説明します。

第 22 章

VRF モードでの VPN の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された VRF モードを使用する IPSec VPN の設定情報や検証情報について説明します。

第 23 章

IPSec VPN フラグメンテーションおよび MTU の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された IPSec フラグメンテーションおよび MTU の設定情報や検証情報について説明します。

第 24 章

IPsec VPN SPA を使用した IKE 機能の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたIPsec VPN SPA を使用する Internet Key Exchange(IKE; インターネット キー エクスチェンジ)機能 の設定情報や検証情報について説明します。

第 25 章

IPsec VPN SPA を使用した拡張 IPSec 機能の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたIPsec VPN SPA を使用する、拡張 IPSec 機能の設定情報や検証情報について説明します。

第 26 章

IPsec VPN SPA を使用した PKI の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたIPsec VPN SPA を使用する Public Key Infrastructure(PKI; 公開鍵インフラストラクチャ)機能 の設定情報や検証情報について説明します。

第 27 章

IPsec VPN SPA を使用した高度な VPN の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたIPsec VPN SPA を使用する高度な IPSec VPN の設定情報や検証情報について説明します。

第 28 章

IPsec VPN SPA を使用した重複ハードウェアおよび IPSec フェールオーバーの設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された IPsec VPN SPA を使用する、二重ハードウェア構成および IPSec フェールオーバーの設定情報や検証情報について説明します。

第 29 章

IPsec VPN SPA のモニタリングおよびアカウンティングの設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された POS IPsec VPN SPA の設定情報や検証情報について説明します。

第 30 章

IPsec VPN SPA のトラブルシューティング

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載されたIPsec VPN SPA の動作のトラブルシューティングに使用できる技術について説明します。

第 31 章

Field-Programmable Device のアップグレード

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに搭載された Field-Programmable Device(FPD)のアップグレード情報について説明します。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


ヒント 「問題解決に役立つ情報」です。


コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

表記法
説明

太字

コマンドおよびキーワードは太字で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で示しています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

[ x | y | z ]

いずれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

ストリング

引用符を付けない一組の文字。ストリングの前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めてストリングと見なされます。

出力例では、次の表記法を使用しています。

screen font

スイッチが表示する端末セッションおよび情報は、screen フォントで示しています。

boldface screen font

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示しています。

< >

パスワードのように、出力されない文字は、山カッコ(<>)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!, #

コードの先頭に感嘆符(!)または番号記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

関連資料

ここでは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチを設定するときに役立つその他の資料を示します。この項で示されている資料はオンラインで入手できます。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチのマニュアル

Catalyst 6500 シリーズ スイッチで SIP および SPA を設定する場合は、重要なハードウェア インストレーション情報について次の関連資料も参照する必要があります。

Catalyst 6500 Series Switch SIP and SPA Hardware Installation Guide

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに関する次の資料が、Catalyst 6500 シリーズ スイッチを設定するときに役立つことがあります。

Cisco IOS Software Configuration Guide, Release 12.2(33)SXH and Later Releases

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/12.2SX/configuration/guide/book.html

Cisco IOS Master Command List, Release 12.2SX

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/122sxmcl/12_2sx_mcl_book.html

Cisco IOS Release 12.2SX System Message Guide

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_2sx/system/messages/122sxsms.html

Cisco 7600 Series Internet Router MIB Specifications Guide

http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/7600/technical_references/7600_mib_guides/MIB_Guide_ver_6/mibgde6.html

その他にも、Catalyst 6500 シリーズ スイッチに関連する資料があります。関連資料の完全なリストについては、次の URL にある『 Cisco Catalyst 6500 Series Switch Support Documentation 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/tsd_products_support_series_home.html

Cisco IOS Release 12.2SX ソフトウェアのマニュアル

コマンド リファレンスやシステム エラー メッセージを含む Cisco IOS Release 12.2SX のマニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6017/tsd_products_support_series_home.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。