Catalyst 6500 シリーズ スイッチ CSM-S インストレーション コンフィギュレーション ノート Software Release 2.1(1)
トラブルシューティングとシステム メッセージ
トラブルシューティングとシステム メッセージ
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

トラブルシューティングとシステム メッセージ

トラブルシューティング

システム メッセージ

サーバおよびゲートウェイ ヘルス モニタリング

診断メッセージ

フォールトトレランス メッセージ

正規表現エラー

XMLエラー

トラブルシューティングとシステム メッセージ

この付録では、Content Switching Module with SSL(CSM-S)のトラブルシューティングとシステム メッセージについて説明します。

トラブルシューティング

CSM-Sエラー メッセージは、システム ログ(Syslog)で受信および報告される可能性があります。ここでは、このようなメッセージについて説明します。CSM-Sが使用不能の場合、モジュールはAddress Resolution Protocol(ARP;アドレス解決プロトコル)要求には応答していても、pingには応答しません。

システム メッセージ

ここでは、CSM-Sでサポートされるシステム ログ(Syslog)メッセージを示します。

SSLドータカードもシステム メッセージを生成します。ログ レベルは、CSMに対して表示されるログ レベルと同じです。


) SSLドータカード メッセージには、「CSM_SLB」ではなく、「STE」のプレフィクスが含まれます。


Cisco IOSソフトウェアのメッセージ ログには、次の構文による警告レベルが含まれます。

CSM_SLB_level-code
 

表C-1 に、レベル コードを示します。

 

表C-1 エラー メッセージ レベル コード

メッセージ レベル
コード

LOG_EMERG

0 /*システムが使用不可能*/

LOG_ALERT

1 /*ただちに対処が必要*/

LOG_CRIT

2 /*危険な状態*/

LOG_ERR

3 /*エラー状態*/

LOG_WARNING

4 /*警告状態*/

LOG_NOTICE

5 /*正常だが注意を要する状態*/

LOG_INFO

6 /*情報メッセージ*/

LOG_DEBUG

7 /*デバッグレベルのメッセージ*/

Syslogメッセージが受信された場合、次のいずれかのバナーがメッセージの前に付きます(ここでは、「#」はCSM-Sモジュールのスロット番号です)。

エラーメッセージ CSM_SLB-3-IDB_ERROR Unknown error occurred while configuring IDB

説明 Multilayer Switch Feature Card(MSFC;マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)は、CSM-Sの内部インターフェイスを作成できませんでした。

対処方法 このバージョンのMFSCまたはIDPROMが、正常にプログラムされていません。MFSCまたはIDPROMを再プログラムしてください。

エラーメッセージ CSM_SLB-3-OUTOFMEM Module [dec] memory error

説明 これは、コントロール モジュールのメモリの一般的な問題です。メモリの問題は継続すると、さらに深刻なCSM-Sの動作上の問題に発展する可能性があります。

対処方法 メモリ チェックを実行するか、またはメモリ容量を増やしてください。

エラーメッセージ CSM_SLB-3-PORTCHANNEL Portchannel allocation failed for module [dec]

説明 この問題は、設定よりも多くのCSM-Sモジュールがシャーシに挿入されている場合、またはモジュールを挿入したスロット番号が想定より上の場合に起こります。

対処方法 CSM-Sモジュールを下の番号のスロットに移動して、問題を解決してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-3-RELOAD Module [dec] configuration reload failed

説明 MSFCは、オンライン化されたCSM-Sモジュールに既存の設定をリロードできませんでした。この問題の原因は、CLI(コマンドライン インターフェイス)によるCSM-Sのエラー チェックである可能性があります。

対処方法 診断上の障害またはバージョンの不一致などCSM-Sモジュールのステータスを確認してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-3-UNEXPECTED Module [dec] unexpected error
CSM_SLB-3-REDUNDANCY Module [dec] FT error
CSM_SLB-4-REDUNDANCY_WARN Module [dec] FT warning
CSM_SLB-6-REDUNDANCY_INFO Module %d FT info
CSM_SLB-3-ERROR Module [dec] error
CSM_SLB-4-WARNING Module [dec] warning
CSM_SLB-6-INFO Module [dec] info

説明 これらのメッセージは、エラーまたは警告メッセージに関する一般的な見出しです。追加の詳細については、情報ストリングに示されます。

対処方法 なし。

エラーメッセージ CSM_SLB-3-VERMISMATCH Module [dec] image version mismatch

説明 この問題は、MSFCとCSM-Sコード間のバージョンの不一致を示します。この状態は、MSFCのソフトウェア バージョンが12.1(8)EXリリースより前の場合、またはCSM-Sのソフトウェア バージョンが2.1(1)リリースより前の場合にのみ発生します。

対処方法 CSM-Sのオンライン化が可能なCSM-Sバージョンに一致するように、MSFCのバージョンをアップグレードまたはダウングレードしてください。

エラーメッセージ CSM_SLB-4-ARPCONFIG Module [dec] ARP configuration error

説明 この問題は、スタティックなARP設定の作成または削除におけるエラーを示します。

対処方法 ARP設定を再確認してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-4-ERRPARSING Module [dec] configuration warning
SLB-REGEX: Syntactiv error in regular expression <x>.
SLB-REGEX: Parse error in regular expression <x>.

説明 これらは、URL、Cookie、またはヘッダーの正規表現照合に関するエラーチェック メッセージです。

対処方法 入力照合ストリングを確認してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-4-INVALIDID Module [dec] invalid ID
CSM_SLB-4-DUPLICATEID Module [dec] duplicate ID

説明 これらは、2つのモジュール間で一方のモジュールがもう一方を呼び出している場合のエラーチェック メッセージです。

対処方法 これらのエラーが発生しないようにするCLIレベルでエラーを確認してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-4-PROBECONFIG Module [dec] probe configuration error

説明 CSM-Sには、指定されたプローブ設定をサポートできる十分なメモリがありません。

対処方法 サーバ ファームからプローブをいくつか削除してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-4-REGEXMEM Module [dec] regular expression memory error
SLB-LCSC: Error detected while downloading URL configuration for vserver %s.
SLB-LCSC: Error detected while downloading COOKIE policy map for vserver <x>.
SLB-LCSC: Error detected while downloading COOKIE <x> for vserver <x>.
SLB-LCSC: There was an error downloading the configuration to hardware
SLB-LCSC: due to insufficient memory. Use the 'show ip slb memory'
SLB-LCSC: command to gather information about memory usage.

説明 これらのエラーは、複合的なURL、Cookie、またはヘッダー照合表現を設定した場合に発生する可能性があります。CSM-Sでは、ストリング照合を計算するスペースが限定されています。現在のところ、仮想サーバごとに10個のキーワード(たとえば、「name*」など)までが許容されています。

対処方法 この問題に対処するには、文字列を結合(または削除)してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-4-TOPOLOGY Module [dec] warning

説明 CSM-Sは、ネットワーク内で「ブリッジ ループ」を検出しています。

対処方法 ネットワーク内にある複数のCSM-Sモジュールのブリッジング装置およびブリッジ モードの設定を確認してください。

エラーメッセージ CSM_SLB-4-VERWILDCARD Received CSM-SLB module version wildcard on slot

説明 前出のエラー メッセージで説明されたイメージ バージョンの不一致状態に対処するために、デバッグ コマンドをCSM-Sコンソールに入力すると、CSM-Sはこのメッセージを送信します。

対処方法 このエラーは、デバッグ状態であるということだけです。

エラーメッセージ SLB-DIAG: WatchDog task not responding.
SLB-DIAG: Fatal Diagnostic Error %x, Info %x.
SLB-DIAG: Diagnostic Warning %x, Info %x.

説明 ボードのブート手順中に、さまざまな診断上の問題が発生しました。

対処方法 CSM-Sのハードウェア故障であるか、またはフラッシュ メモリ内のソフトウェア破損であるかを確認してください。

エラーメッセージ SLB-FT: Heartbeat intervals are not identical between ft pair.
SLB-FT: heartbeat interval is identical again
SLB-FT: The configurations are not identical between the members of the fault tolerant pair.

説明 これらのエラーは、2つの冗長CSM-Sモジュール間の不適切な構成により発生します。

対処方法 フォールトトレラント コンフィギュレーションの属性および実サーバとサーバ ファームのコンフィギュレーションを確認してください。

エラーメッセージ SLB-FT: Standby is not monitoring active now.

説明 この問題は、CSM-Sの2つのバージョン間のフォールト トレランス プロトコルのバージョンの不一致により発生します。プライマリCSM-Sが故障している場合も、スタンバイCSM-Sはスタンバイのままで、アクティブCSM-Sとして引き継ぐことはありません。このような状況では、CSM-Sはヒットレス(HA)アップグレードをサポートしません。

対処方法 フォールト トレランス プロトコルのバージョンが一致していることを確認してください。

サーバおよびゲートウェイ ヘルス モニタリング

エラーメッセージ SLB-LCSC: No ARP response from gateway address A.B.C.D.

説明 設定されたゲートウェイA.B.C.DがARP要求に応答しませんでした。

エラーメッセージ SLB-LCSC: No ARP response from real server A.B.C.D.

説明 設定された実サーバA.B.C.DがARP要求に応答しませんでした。

エラーメッセージ SLB-LCSC: Health probe failed for server A.B.C.D on port P.

説明 ポートP上に設定された実サーバA.B.C.Dがヘルス チェックに失敗しました。

エラーメッセージ SLB-LCSC: DFP agent <x> disabled server <x>, protocol <x>, port <x>

説明 設定されたDFPエージェントが、指定された実サーバに対して0のウェイトを報告しました。

エラーメッセージ SLB-LCSC: DFP agent <x> re-enabled server <x>, protocol <x>, port <x>

説明 設定されたDFPエージェントが、指定された実サーバに対してゼロ以外のウェイトを報告しました。

診断メッセージ

エラーメッセージ SLB-DIAG: WatchDog task not responding.

説明 CSMハードウェアまたはソフトウェア内でクリティカル エラーが発生しました。

エラーメッセージ SLB-DIAG: Fatal Diagnostic Error %x, Info %x.

説明 ハードウェア障害が検出されました。ハードウェアは使用不能で、修理するか、交換する必要があります。

エラーメッセージ SLB-DIAG: Diagnostic Warning %x, Info %x.

説明 致命的ではないハードウェア障害が検出されました。

フォールトトレランス メッセージ

エラーメッセージ SLB-FT: No response from peer. Transitioning from Standby to Active.

説明 CSMがフォールトトレラント ピアで障害を検出し、アクティブ ステートに移行しました。

エラーメッセージ SLB-FT: Heartbeat intervals are not identical between ft pair.
SLB-FT: Standby is not monitoring active now.

説明 フォールトトレランス機能の適切な設定では、同一のフォールトトレランス グループ内のCSM間でハートビート間隔が同一である必要があります。現時点ではそのように設定されていません。ハートビート間隔が同じように設定されるまで、フォールトトレランス機能はディセーブルです。

エラーメッセージ SLB-FT: heartbeat interval is identical again

説明 同一フォールトトレランス グループの異なるCSMのハートビート間隔が同じ値に再設定されました。フォールトトレランス機能が再びイネーブルにされます。

エラーメッセージ SLB-FT: The configurations are not identical between the members of the fault tolerant pair.

説明 フォールトトレランス システムがスティッキ データベースを維持できるように、フォールトトレランス グループの異なるCSMが同じように設定される必要があります。現時点ではそのように設定されていません。

正規表現エラー

エラーメッセージ SLB-LCSC: There was an error downloading the configuration to hardware
SLB-LCSC: due to insufficient memory. Use the 'show ip slb memory'
SLB-LCSC: command to gather information about memory usage.
SLB-LCSC: Error detected while downloading URL configuration for vserver %s.

説明 ハードウェアに、希望の正規表現セットをサポートできる十分なメモリがありません。正常に機能させるためには、システムに異なるセットの正規表現を設定する必要があります。

エラーメッセージ SLB-REGEX: Parse error in regular expression <x>.
SLB-REGEX: Syntactic error in regular expression <x>.

説明 設定された正規表現が、ユーザ マニュアルに記載されている正規表現構文に適合しません。

エラーメッセージ SLB-LCSC: Error detected while downloading COOKIE policy map for vserver <x>.
SLB-LCSC: Error detected while downloading COOKIE <x> for vserver <x>.

説明 仮想サーバに対するCookieの正規表現の設定時に、エラーが発生しました。このエラーは、正規表現(下記を参照)の構文エラー、または希望の正規表現セットをサポートするためのメモリが十分ではないために発生したと思われます。

XMLエラー

許容できないXMLエラーが発生した場合は、HTTP応答に200というコードが含まれます。エラーが発生した元のXML文書の一部が、エラー タイプと説明を示したエラー要素とともに戻されます。

仮想サーバ名が脱落している場合のエラー応答の例を示します。

<?xml version="1.0"?>
<config>
<csm_module slot="4">
<vserver>
<error code="0x20">Missing attribute name in element
 
vserver</error>
</vserver>
</csm_module>
</config>
 

戻されるエラー コードは、コンフィギュレーション要素のエラー許容属性のビットと対応しています。戻されるXMLエラー コードは、次のようになります。

XML_ERR_INTERNAL = 0x0001,
XML_ERR_COMM_FAILURE = 0x0002,
XML_ERR_WELLFORMEDNESS = 0x0004,
XML_ERR_ATTR_UNRECOGNIZED = 0x0008,
XML_ERR_ATTR_INVALID = 0x0010,
XML_ERR_ATTR_MISSING = 0x0020,
XML_ERR_ELEM_UNRECOGNIZED = 0x0040,
XML_ERR_ELEM_INVALID = 0x0080,
XML_ERR_ELEM_MISSING = 0x0100,
XML_ERR_ELEM_CONTEXT = 0x0200,
XML_ERR_IOS_PARSER = 0x0400,
XML_ERR_IOS_MODULE_IN_USE = 0x0800,
XML_ERR_IOS_WRONG_MODULE = 0x1000,
XML_ERR_IOS_CONFIG = 0x2000
 

デフォルトのerror_tolerance値は0x48です。これは、認識されない属性および要素の無視と対応しています。