Catalyst 6000 ファミリ コマンド リファレンス ソフトウェア リリース 6.3 および 6.4
Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび ROM モニタ コマンド-22
show users
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/06/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

show users

show version

show vlan

show vmps

show vmps mac

show vmps statistics

show vmps vlan

show vtp domain

show vtp statistics

slip

squeeze

show users

コンソール ポートがアクティブであるかどうかを表示したり、発信元ホストの IP アドレスまたは IP エイリアスを持つすべてのアクティブ Telnet セッションを一覧表示したりするには、 show users コマンドを使用します。

show users [ noalias ]

 
構文の説明

noalias

(任意)IP アドレス(IP エイリアスではない)の表示を強制するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、アクティブ Telnet セッションのユーザを表示する例を示します。

Console> show users
Console Port
------------
Active
 
Telnet Sessions User
---------------------------------------- ------------------------------
172.16.10.75
172.16.10.75
171.31.1.203
Console>

 
関連コマンド

disconnect

show version

ソフトウェア、ハードウェア、および Web インターフェイスのバージョン情報を表示するには、 show version コマンドを使用します。

show version [ mod ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、Layer 3 Switching Engine(WS-F6K-PFC)を搭載した Supervisor Engine 1 で設定されたシステムの、ソフトウェアおよびハードウェアのバージョンを表示する例を示します。

Console> show version
WS-C6009 Software, Version NmpSW: 6.2(0.11)KEY
Copyright (c) 1995-2000 by Cisco Systems
NMP S/W compiled on Oct 5 2000, 01:18:33
 
System Bootstrap Version: 5.2(1)
 
Hardware Version: 1.0 Model: WS-C6009 Serial #: SCA030900JA
 
Mod Port Model Serial # Versions
--- ---- ------------------- ----------- --------------------------------------
1 2 WS-X6K-SUP1A-2GE SAD03392376 Hw : 1.0
Fw : 5.2(1)
Fw1: 5.1(1)CSX
Sw : 6.2(0.11)KEY
Sw1: 6.2(0.11)KEY
L3 Switching Engine SAD03365068 Hw: 1.0
3 2 WS-X6380-NAM JAB0343055Y Hw : 0.201
Fw : 4B4LZ0XA
Fw1: 4.2(0.24)DAY68
Sw : 1.1(0.20)
Sw1: 6.2(0.11)KEY
5 48 WS-X6248-RJ-45 SAD03181291 Hw : 1.0
Fw : 4.2(0.24)VAI78
Sw : 6.2(0.11)KEY
15 1 WS-F6K-MSFC SAD03366264 Hw : 1.2
Fw : 12.1(2)E,
Sw : 12.1(2)E,
 
DRAM FLASH NVRAM
Module Total Used Free Total Used Free Total Used Free
------ ------- ------- ------- ------- ------- ------- ----- ----- -----
1 65408K 45402K 20006K 16384K 8683K 7701K 512K 253K 259K
 
Uptime is 1 day, 19 hours, 54 minutes
Console> (enable)
 

次に、特定のモジュールのバージョン情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show version 3
Mod Port Model Serial # Versions
--- ---- ------------------- ----------- --------------------------------------
3 2 WS-X6380-NAM JAB0343055Y Hw : 0.201
Fw : 4B4LZ0XA
Fw1: 4.2(0.24)DAY68
Sw : 1.1(0.20)
Sw1: 6.2(0.11)KEY
 
Console> (enable)
 

次に、Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 で設定されたシステムの、ソフトウェアおよびハードウェアのバージョンを表示する例を示します。

Console> show version
WS-C6506 Software, Version NmpSW:6.1(0.142-Eng)
Copyright (c) 1995-2000 by Cisco Systems
NMP S/W compiled on Jul 27 2000, 18:36:52
 
System Bootstrap Version:6.1(194)
 
Hardware Version:2.0 Model:WS-C6506 Serial #:TBA04140397
 
Mod Port Model Serial # Versions
--- ---- ------------------- ----------- --------------------------------------
2 2 WS-X6K-SUP2-2GE SAD041104M3 Hw :0.212
Fw :6.1(194)
Fw1:4.2(0.24)DAY84-Eng
Sw :6.1(0.142-Eng)
Sw1:6.1(0.142)
L3 Switching Engine SAD04130E6X Hw :0.303
3 48 WS-X6248-RJ-45 SAD04140BZ1 Hw :1.2
Fw :5.1(1)CSX
Sw :6.1(0.142)
16 1 WS-F6K-MSFC2 SAD04040BP6 Hw :0.201
Fw :12.1(0.11)EP1(0.43)
Sw :12.1(0.11)EP1(0.43)
 
DRAM FLASH NVRAM
Module Total Used Free Total Used Free Total Used Free
------ ------- ------- ------- ------- ------- ------- ----- ----- -----
2 130944K 57916K 73028K 16384K 12003K 4381K 512K 257K 255K
 
Uptime is 0 day, 0 hour, 34 minutes
Console>
 

表 2-94 に、 show version コマンドの出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-94 show version コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

NmpSW

NMP ソフトウェアのバージョン番号

NMP S/W compiled on

NMP ソフトウェアがコンパイルされた日時

System Bootstrap Version

システム ブートストラップ バージョン番号

Web Interface Version

Web インターフェイス バージョン番号

Hardware Version

ハードウェアのバージョン番号

Model

スイッチのモデル番号

Serial #

スイッチのシリアル番号

Module

モジュール番号

Port

モジュール上のポート数

Model

モジュールのモデル番号

Serial #

モジュールのシリアル番号

Versions

モジュールのハードウェア、ソフトウェア、およびファームウェアのバージョン

Hw

モジュールのハードウェア バージョン

Fw

ブート コード(スイッチング モジュールの場合)またはブートストラップ(スーパーバイザ エンジンの場合)のバージョン

Fw1

ファームウェア ブート コードのバージョン(スーパーバイザ エンジン上)

Sw

インストールされた実行時ファームウェアのバージョン(スイッチング モジュール上)またはソフトウェア バージョン(スーパーバイザ エンジン上)

Sw1

ファームウェア ランタイムのバージョン(スーパーバイザ エンジン上)

DRAM Total

モジュールに装備されたダイナミック RAM の合計

Used

使用中の DRAM 容量

Free

使用可能な DRAM 容量

FLASH Total

モジュールに装備されたフラッシュ メモリの合計

Used

使用中のフラッシュ メモリ容量

Free

使用可能なフラッシュ メモリ容量

NVRAM Total

モジュールに装備された NVRAM(不揮発性 RAM)の合計

Used

使用中の NVRAM 容量

Free

使用可能な NVRAM 容量

Uptime is

システムが起動し、連続稼動している期間(日数、時間、分、および秒)

show vlan

VLAN 情報を表示するには、show vlan コマンド セットを使用します。

show vlan [ trunk ]

show vlan vlans [ notrunk ]

show vlan mapping

show vlan type

 
構文の説明

trunk

(任意)トランク ポートに関する情報だけの表示を強制するキーワード。

vlans

VLAN 番号および VLAN 範囲。有効な値は 1 1000 および 1025 4094 です。

notrunk

(任意)非トランク ポートに関する情報だけの表示を強制するキーワード。

mapping

VLAN マッピング テーブル情報を表示するキーワード。

type

VLAN のタイプ。有効な値は ethernet fddi fddinet trbrf 、または trcrf です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

各イーサネット スイッチ ポートおよびイーサネット リピータ グループが属するのは、1 つの VLAN だけです。トランク ポートは複数の VLAN に属することができます。

VLAN 番号を指定しなかった場合は、すべての VLAN が表示されます。

次に、すべての VLAN トランクの情報を表示する例を示します。

Console> show vlan trunk
VLAN Name Status IfIndex Mod/Ports, Vlans
---- -------------------------------- --------- ------- ------------------------
1 default active 5 2/1-2
6/4-8
10 VLAN0010 active 18 6/1,6/3
11 VLAN0011 active 19 6/2
20 VLAN0020 active 20
21 VLAN0021 active 21
30 VLAN0030 active 22
31 VLAN0031 active 23
1002 fddi-default active 6
1003 token-ring-default active 9
1004 fddinet-default active 7
1005 trnet-default active 8 8
 
VLAN Type SAID MTU Parent RingNo BrdgNo Stp BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ ------ ---- -------- ------ ------
1 enet 100001 1500 - - - - - 0 0
10 enet 100010 1500 - - - - - 0 0
11 enet 100011 1500 - - - - - 0 0
20 enet 100020 1500 - - - - - 0 0
21 enet 100021 1500 - - - - - 0 0
30 enet 100030 1500 - - - - - 0 0
31 enet 100031 1500 - - - - - 0 0
1002 fddi 101002 1500 - - - - - 0 0
1003 trcrf 101003 1500 0 0x0 - - - 0 0
1004 fdnet 101004 1500 - - 0x0 ieee - 0 0
1005 trbrf 101005 1500 - - 0x0 ibm - 0 0
 
 
VLAN Inst DynCreated RSPAN
---- ---- ---------- --------
1 1 static disabled
10 static disabled
11 static disabled
20 static disabled
21 static disabled
30 static disabled
31 static disabled
1002 - static disabled
1003 1 static disabled
1004 2 static disabled
1005 - static disabled
 
 
VLAN AREHops STEHops Backup CRF 1q VLAN
---- ------- ------- ---------- -------
1003 7 7 off
 
 
Primary Secondary Secondary-Type Ports
------- --------- -------------- ------------
10 20 isolated 6/1,6/3
11 21 isolated 6/2
30 - -
- 31 isolated
 

次に、VLAN マッピング テーブルの情報を表示する例を示します。

Console> show vlan mapping
802.1q vlan ISL vlan Effective
------------------------------------------
3000 300 true
Console>
 

次に、特定の VLAN およびタイプに関する情報を表示する例を示します。

Console> show vlan 2 fddi
VLAN Name Status IfIndex Mod/Ports, Vlans
---- -------------------------------- --------- ------- ------------------------
1002 fddi-default active 6
 
 
VLAN Type SAID MTU Parent RingNo BrdgNo Stp BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ ------ ---- -------- ------ ------
2 fddi 101002 1500 - - - - - 0 0
 
VLAN Inst DynCreated RSPAN
---- ---- ---------- --------
2 - static disabled
Console>
 

次に、特定の VLAN 上だけの非トランク ポートの情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show vlan 2 notrunk
VLAN Name Status IfIndex Mod/Ports, Vlans
---- -------------------------------- --------- ------- ------------------------
2 VLAN0002 active 60
 
 
VLAN Type SAID MTU Parent RingNo BrdgNo Stp BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ ------ ---- -------- ------ ------
2 enet 100002 1500 - - - - - 0 0
 
 
VLAN Inst DynCreated RSPAN
---- ---- ---------- --------
2 - static disabled
 
 
VLAN AREHops STEHops Backup CRF 1q VLAN
---- ------- ------- ---------- -------
 
Console>
 

次に、拡張範囲 VLAN の情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show vlan 4000
VLAN Name Status IfIndex Mod/Ports, Vlans
---- -------------------------------- --------- ------- ------------------------
Unable to access VTP Vlan 4000 information.
 
 
VLAN Type SAID MTU Parent RingNo BrdgNo Stp BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ ------ ---- -------- ------ ------
Unable to access VTP Vlan 4000 information.
 
 
VLAN Inst DynCreated RSPAN
---- ---- ---------- --------
Unable to access VTP Vlan 4000 information.
 
 
VLAN AREHops STEHops Backup CRF 1q VLAN
---- ------- ------- ---------- -------
 
Console> (enable)
 

表 2-95 に、show vlan コマンドの出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-95 show vlan コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

VLAN

VLAN 番号

Name

VLAN の名前(設定されている場合)

Status

VLAN のステータス(active または suspend)

IfIndex

ifIndex の番号

Mod/Ports, VLANs

VLAN に属するポート

Type

VLAN のメディア タイプ

SAID

VLAN のセキュリティ アソシエーション ID

MTU

VLAN の最大伝送ユニット(MTU)サイズ

Parent

親 VLAN(存在する場合)

RingNo

VLAN のリング番号(該当する場合)

BrdgNo

VLAN のブリッジ番号(該当する場合)

Stp

VLAN で使用されるスパニングツリー プロトコル(STP)タイプ

BrdgMode

この VLAN のブリッジング モード。有効な値は SRB および SRT で、デフォルトは SRB です。

Inst

インスタンス番号

DynCreated

VLAN がスタティックに作成されたか、ダイナミックに作成されたかを示すステータス

RSPAN

RSPAN がイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

AREHops

All-Routes Explorer フレームの最大ホップ数。有効な値は 1~13 で、デフォルトは 7 です。

STEHops

Spanning Tree Explorer フレームの最大ホップ数。有効な値は 1~13 で、デフォルトは 7 です。

Backup CRF

TrCRF(トークンリング コンセントレータ リレー機能)がトラフィックのバックアップ パスであるかどうかを示すステータス

802.1Q Vlan

802.1Q VLAN の番号

ISL Vlan

ISL VLAN の番号

Effective

VLAN のステータス。VLAN がアクティブでそのタイプがイーサネットの場合は true と表示され、そうでない場合は false と表示されます。

Primary

プライベート VLAN のプライマリ VLAN の番号

Secondary

プライベート VLAN のセカンダリ VLAN の番号

Secondary-Type

セカンダリ VLAN ポートのタイプ。有効な値は、isolated、community、または - です。

Ports

特定のプライベート VLAN ペアに関連付けられたモジュールとポートの番号

 
関連コマンド

set trunk
set vlan
show trunk

show vmps

VMPS 設定情報を表示するには、 show vmps コマンドを使用します。

show vmps [ noalias ]

 
構文の説明

noalias

(任意)IP アドレス(IP エイリアスではない)の表示を強制するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、VMPS 設定情報を表示する例を示します。

Console> show vmps
VMPS Server Status:
-------------------
Management Domain: (null)
State: disabled
Operational Status: inactive
TFTP Server: default
TFTP File: vmps-config-database.1
Fallback VLAN: (null)
Secure Mode: open
VMPS No Domain Req: allow
 
VMPS Client Status:
---------------------
VMPS VQP Version: 1
Reconfirm Interval: 60 min
Server Retry Count: 3
VMPS domain server:
 
No dynamic ports configured.
Console>
 
No dynamic ports configured.
Console>

 

表 2-96 に、 show vmps コマンドの出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-96 show vmps コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

VMPS Server Status

VMPS サーバのステータス

Management Domain

このサーバによってサポートされる管理ドメイン

State

VMPS がイネーブルとディセーブルのいずれに設定されているかを示すステータス

Operational Status

VMPS ステータス(active、inactive、または downloading)

TFTP Server

VMPS サーバの IP アドレス

TFTP File

VMPS コンフィギュレーション ファイル名

Fallback VLAN

VLAN がデータベース内の MAC アドレスに割り当てられていない場合に割り当てる VLAN

Secure Mode

セキュア モードのステータス(open または secure)

VMPS No Domain Req

サーバがドメイン名を持たないクライアントからの要求を受け入れるかどうかを示すステータス

VMPS Client Status

VMPS クライアントのステータス

VMPS VQP Version

VMPS VQP のバージョン

VMPS domain server

VMPS ドメイン サーバの名前

show vmps mac

MAC-address-to-VLAN マッピング テーブルを表示するには、 show vmps mac コマンドを使用します。

show vmps mac [ mac_addr ]

 
構文の説明

mac_addr

(任意)マッピング情報を表示可能な MAC アドレス。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

MAC アドレスを指定しなかった場合は、マッピング テーブル全体が表示されます。

次に、MAC-address-to-VLAN マッピング テーブル全体を表示する例を示します。

Console> show vmps mac
MAC Address VLAN Name Last Requestor Port ID Last Accessed Last Response
----------------- --------- --------------- ------- ------------- -------------
00-00-c0-23-c8-34 Hardware 198.4.222.111 3/5 0, 01:25:30 Success
00-00-c0-25-c9-42 --NONE-- 198.4.222.111 2/1 0, 05:20:00 Denied
Console>
 

表 2-97 に、 show vmps mac コマンドの出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-97 show vmps mac コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

MAC Address

MAC アドレス

VLAN Name

MAC アドレスに割り当てられた VLAN 名

Last Requestor

この MAC アドレスの VLAN 割り当てを最後に要求したクライアントの IP アドレス

Port ID

最後の要求内のポート ID

Last Accessed

この MAC アドレスに対する最後の要求が処理された時刻

Last Response

最後の要求に対してサーバが送信した応答

 
関連コマンド

show vmps

show vmps statistics

VMPS 統計情報を表示するには、 show vmps statistics コマンドを使用します。

show vmps statistics

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

この統計情報は、 reconfirm vmps コマンドの結果に基づいて表示されます。

次に、VMPS の統計情報を表示する例を示します。

Console> show vmps statistics
VMPS Statistics:
Last Enabled At: 2,01:30:05
Config Requests: 20
Invalid Requests: 0
Status 'Error' Responses: 0
Status 'Deny' Responses: 5
MAC Address of Last Failed Request: 00-60-00-cc-01-02
Console>
 

表 2-98 に、 show vmps statistics コマンドの出力に含まれるフィールドの説明を示します。

 

表 2-98 show vmps statistics コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Last Enabled At

VMPS がイネーブルになった時刻

Config Requests

コンフィギュレーション要求の数

Invalid Requests

無効な要求の数

Status 'Error' Responses

エラー応答の数

Status 'Deny' Responses

「Access Denied」および「Port Shutdown」応答の数

MAC Address of Last Failed Request

応答に失敗した最後の要求 MAC アドレス

 
関連コマンド

clear vmps statistics

show vmps vlan

VMPS テーブル内の VLAN に割り当てられたすべての MAC アドレスを表示するには、 show vmps vlan コマンドを使用します。

show vmps vlan vlan_name

 
構文の説明

vlan_name

VLAN の名前または番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、VLAN 名の付いたハードウェアに割り当てられたすべての MAC アドレスを表示する例を示します。

Console> show vmps vlan Hardware
 
MAC Address VLAN Name Last Requestor Port ID Last Accessed Last Response
----------------- --------- --------------- ------- ------------- -------------
00-00-c0-23-c8-34 Hardware 198.4.222.111 3/5 0, 01:25:30 Success
Console>
 

表 2-99 に、 show vmps vlan コマンドの出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-99 show vmps vlan コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

MAC Address

MAC アドレス

VLAN Name

MAC アドレスに割り当てられた VLAN 名

Last Requestor

この MAC アドレスの VLAN 割り当てを最後に要求したクライアントの IP アドレス

Port ID

最後の要求内のポート ID

Last Accessed

この MAC アドレスに対する最後の要求が処理された時刻

Last Response

最後の要求に対してサーバが送信した応答

 
関連コマンド

show vmps

show vtp domain

VTP ドメイン情報を表示するには、 show vtp domain コマンドを使用します。

show vtp domain

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、VTP ドメイン情報を表示する例を示します。

Console> show vtp domain
Domain Name Domain Index VTP Version Local Mode Password
-------------------------------- ------------ ----------- ----------- ----------
1 2 server -
 
Vlan-count Max-vlan-storage Config Revision Notifications
---------- ---------------- --------------- -------------
15 1023 5 disabled
 
Last Updater V2 Mode Pruning PruneEligible on Vlans
--------------- ------- -------- -------------------------
172.20.44.30 enabled disabled 2-1000
Console>
 

表 2-100 に、 show vtp domain コマンド出力に含まれるフィールドの説明を示します。

 

表 2-100 show vtp domain コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Domain Name

VTP ドメインの名前

Domain Index

ドメインのドメイン インデックス番号

VTP Version

VTP バージョン番号

Local Mode

VTP モード(server、client、または transparent)

Password

パスワードが必要かどうか

Vlan-count

ドメイン内の VLAN の総数

Max-vlan-storage

デバイスで許可されている VLAN の最大数

Config Revision

VLAN 情報を交換するために使用される VTP リビジョン番号

Notifications

SNMP への通知(enabled または disabled)

Last Updater

VTP が最後に更新された IP アドレス

V2 Mode

VTP V2 モードがイネーブルとディセーブルのいずれに設定されているかを示すステータス

Pruning

VTP プルーニングがイネーブルとディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

PruneEligible on Vlans

プルーニングが許可されている VLAN

 
関連コマンド

set vtp
show vtp statistics

show vtp statistics

VTP 統計情報を表示するには、 show vtp statistics コマンドを使用します。

show vtp statistics

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、VTP の統計情報を表示する例を示します。

Console> show vtp statistics
VTP statistics:
summary advts received 0
subset advts received 0
request advts received 0
summary advts transmitted 72
subset advts transmitted 7
request advts transmitted 0
No of config revision errors 0
No of config digest errors 0
 
VTP pruning statistics:
 
Trunk Join Transmitted Join Received Summary advts received from GVRP PDU
non-pruning-capable device Received
-------- ---------------- ------------- --------------------------- ----------
4/2 0 0 0 0
 

表 2-101 に、 show vtp statistics コマンドの出力に含まれるフィールドの説明を示します。

 

表 2-101 show vtp statistics コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

summary advts received

受信されたサマリー アドバタイズの総数

subset advts received

受信されたサブセット アドバタイズの総数

request advts received

受信された要求アドバタイズの総数

summary advts transmitted

送信されたサマリー アドバタイズの総数

subset advts transmitted

送信されたサブセット アドバタイズの総数

request advts transmitted

送信された要求アドバタイズの総数

No of config revision errors

コンフィギュレーション リビジョン エラーの数

No of config digest errors

コンフィギュレーション ダイジェスト エラーの数

Trunk

VTP プルーニングに参加するトランク ポート

Join Transmitted

送信された VTP プルーニング Join の数

Join Received

受信された VTP プルーニング Join の数

Summary advts received from nonpruning- capable device

プルーニング非対応デバイスから受信されたサマリー アドバタイズの数

GVRP PDU Received

VTP トランク受信した GVRP メッセージの数

 
関連コマンド

set vtp
clear vtp statistics

slip

コンソール ポートの SLIP を接続または切断するには、 slip コマンドを使用します。

slip { attach | detach }

 
構文の説明

attach

コンソール ポートの SLIP をアクティブにするキーワード。

detach

コンソール ポートの SLIP を非アクティブにするキーワード。

 
デフォルト

デフォルトでは、SLIP は非アクティブ(切断)になっています。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

slip コマンドは、コンソール ポート セッションまたは Telnet セッションから使用できます。

次に、コンソール ポート セッション中にコンソール ポートの SLIP をイネーブルにする例を示します。

Console> (enable) slip attach
Console port now running SLIP.
<console port running SLIP>
 

次に、Telnet セッション中にコンソール ポートの SLIP をディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) slip detach
SLIP detached on Console port.
<console port back to RS-232 Console>
Console> (enable)

 
関連コマンド

set interface

squeeze

フラッシュ ファイルを永続的に削除するには、 squeeze コマンドを使用します。

squeeze [ m/ ] device :

 
構文の説明

m/

(任意)フラッシュ デバイスが含まれるスーパーバイザ エンジンのモジュール番号。

device :

フラッシュが存在するデバイス。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

デバイスを指定したあとに、コロン(:)を入力する必要があります。

次に、 squeeze コマンドを使用してスロット 0 のフラッシュ ファイルを削除したあと、 show flash コマンドを使用して削除を確認する例を示します。

Console> squeeze slot0:
All deleted files will be removed, proceed (y/n) [n]?y
Squeeze operation may take a while, proceed (y/n) [n]?y
..........................................................
Console> show flash
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .. 2 f3a3e7c1 607f80 24 6061822 Mar 31 2000 15:42:49 cat6000-sup.
5-5-1.bin
7336000 bytes available (1052608 bytes used)
Console>