Catalyst 6000 ファミリ コマンド リファレンス ソフトウェア リリース 6.3 および 6.4
Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび ROM モニタ コマンド-21
show test
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/06/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

show test

show time

show timezone

show top

show top report

show traffic

show trunk

show udld

show test

診断テストからレポートされたエラーと診断レベルを表示するには、 show test コマンドを使用します。

show test [ mod ]

show test [ diaglevel ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。番号を指定しなかった場合は、スーパーバイザ エンジンに加えて、システム一般に対するテスト統計情報が示されます。

diaglevel

(任意)診断レベルを表示するキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

エラー状況だけが表示されます。エラーがなければ、Line Card Status フィールドに PASS と表示されます。

次に、モジュール 2 に対するエラー表示の例を示します。

Console> show test 2
 
Module 2 : 2-port 1000BaseX Supervisor
Network Management Processor (NMP) Status: (. = Pass, F = Fail, U = Unknown)
ROM: . Flash-EEPROM: . Ser-EEPROM: . NVRAM: . EOBC Comm: .
 
Line Card Status for Module 2 : PASS
 
Port Status :
Ports 1 2
-----------
. .
 
Line Card Diag Status for Module 2 (. = Pass, F = Fail, N = N/A)
 
Module 2
Cafe II Status :
NewLearnTest: .
IndexLearnTest: .
DontForwardTest: .
DontLearnTest: .
ConditionalLearnTest: .
BadBpduTest: .
TrapTest: .
Loopback Status [Reported by Module 2] :
Ports 1 2
-----------
. .
 
Channel Status :
Ports 1 2
-----------
. .
 

次に、モジュール 3 に対するエラー表示の例を示します。

Console> show test 3
 
Module 3 : 12-port 1000BaseX Ethernet
 
Line Card Status for Module 3 : PASS
 
Port Status :
Ports 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
-----------------------------------------
. . . . . . . . . . . .
Line Card Diag Status for Module 3 (. = Pass, F = Fail, N = N/A)
Loopback Status [Reported by Module 3] :
Ports 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
-----------------------------------------
. . . . . . . . . . . .
 
Channel Status :
Ports 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
-----------------------------------------
. . . . . . . . . . . .
 

次に、モジュール 3 で LCP によってエラーがレポートされた場合の表示の例を示します。

Console> show test 3
 
Module 3 : 12-port 1000BaseX Ethernet
 
Line Card Status for Module 3 : FAIL
Error Device Number
------------------------------------------------------------ ------------------------
Port asic error 1,2,5,12
CPU error 0
Line Card Diag Status for Module 3 (. = Pass, F = Fail, N = N/A)
Loopback Status [Reported by Module 1] :
Ports 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
-----------------------------------------
. . . . . . . . . . . .
 
Channel Status :
Ports 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
-----------------------------------------
. . . . . . . . . . . .
 

次に、モジュールを指定しなかった場合の表示の例を示します。

Console> show test
 
Environmental Status (. = Pass, F = Fail, U = Unknown, N = Not Present)
PS1:. PS2:N PS1 Fan:. PS2 Fan:N
Chassis-Ser-EEPROM:. Fan:.
Clock(A/B):A Clock A:. Clock B:.
VTT1:. VTT2:. VTT3:.
 
Module 1 :2-port 1000BaseX Supervisor
Network Management Processor (NMP) Status:(. = Pass, F = Fail, U =
Unknown)
ROM: . Flash-EEPROM:. Ser-EEPROM:. NVRAM:. EOBC Comm:.
 
Line Card Status for Module 1 :PASS
 
Port Status :
Ports 1 2
-----------
. .
 
Line Card Diag Status for Module 1 (. = Pass, F = Fail, N = N/A)
 
Module 1
Earl IV Status :
NewLearnTest: .
IndexLearnTest: .
DontForwardTest: .
DontLearnTest: .
ConditionalLearnTest: .
BadBpduTest: .
TrapTest: .
MatchTest: .
SpanTest: .
CaptureTest: .
Loopback Status [Reported by Module 1] :
Ports 1 2
-----------
. .
 
Channel Status :
Ports 1 2
-----------
. .
 

次に、診断レベル ステータスを表示する例を示します。

Console> (enable) show test diaglevel
Diagnostic mode at last bootup : minimal
Diagnostic mode at next reset : bypass
Console> (enable)
 

表 2-91 に、 show test コマンド出力で表示される可能性のあるフィールドを示します。表示されるフィールドは、指定したモジュール タイプによって異なります。

 

表 2-91 show test コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Environmental Status

一般システム環境に適用されるテスト結果

PS (3.3V)

3.3V 電源のテスト結果

PS (12V)

12V 電源のテスト結果

PS (24V)

24V 電源のテスト結果

PS1

電源装置 1 のテスト結果

PS2

電源装置 2 のテスト結果

Temperature

温度のテスト結果

Fan

ファンのテスト結果

Module #

モジュール番号に適用されるテスト結果。モジュール タイプも示されます。

Network Management Processor (NMP) Status

スーパーバイザ エンジン モジュール上の NMP に適用されるテスト結果

ROM

ROM のテスト結果

Flash-EEPROM

フラッシュ EEPROM のテスト結果

Ser-EEPROM

シリアル EEPROM のテスト結果

NVRAM

NVRAM のテスト結果

EARL Status

EARL ステータス情報を表示するフィールド

NewLearnTest

NewLearn テストのテスト結果(EARL)

IndexLearnTest

IndexLearn テストのテスト結果(EARL)

DontForwardTest

DontForward テストのテスト結果(EARL)

MonitorTest

Monitor テストのテスト結果(EARL)

DontLearn

DontLearn テストのテスト結果(EARL)

FlushPacket

FlushPacket テストのテスト結果(EARL)

ConditionalLearn

ConditionalLearn テストのテスト結果(EARL)

EarlLearnDiscard

EarlLearnDiscard テストのテスト結果(EARL)

EarlTrapTest

EarlTrap テストのテスト結果(EARL)

LCP Diag Status for Module 1

指定したモジュールのテスト結果

CPU

CPU のテスト結果

Sprom

シリアル PROM のテスト結果

Bootcsum

Boot ROM チェックサムのテスト結果

Archsum

アクティブ フラッシュ チェックサムのテスト結果

RAM

RAM のテスト結果

LTL

ローカルターゲット ロジックのテスト結果

CBL

カラーブロッキング ロジックのテスト結果

DPRAM

デュアルポート RAM のテスト結果

SAMBA

SAMBA チップのテスト結果

Saints

SAINT チップのテスト結果

Pkt Bufs

パケット バッファのテスト結果

Repeater

リピータ モジュールのテスト結果

FLASH

フラッシュ メモリのテスト結果

EOBC

モジュールがシステム内の他のモジュールと制御メッセージを交換するチャネル

Local Power

モジュールの電源管理ブロックを除き、モジュール全体に電源を供給するモジュールの DC コンバータのステータス

Phoenix

Phoenix のテスト結果

TrafficMeter

TrafficMeter のテスト結果

UplinkSprom

Uplink SPROM のテスト結果

PhoenixSprom

Phoenix SPROM のテスト結果

MII Status

MII ポートのテスト結果

SAINT/SAGE Status

SAINT/SAGE チップごとのテスト結果

Phoenix Port Status

Phoenix ポートのテスト結果

Packet Buffer Status

パケット バッファごとのテスト結果

Phoenix Packet Buffer Status

Phoenix パケット バッファのテスト結果

Loopback Status

ループバック テストのテスト結果

Channel Status

チャネル テストのテスト結果

 
関連コマンド

set test diaglevel

show time

システム クロックの現在の時刻を表示するには、 show time コマンドを使用します。

show time

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、現在時刻を表示する例を示します。

Console> show time
Wed Jan 12 2000, 14:18:52
Console>
 

出力には、曜日、月、日、年、時間、分、および秒が表示されます。

 
関連コマンド

set time

show timezone

現在の時間帯とオフセットを表示するには、 show timezone コマンドを使用します。

show timezone

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、現在の時間帯とオフセットを表示する例を示します。

Console> show timezone
Timezone set to 'pst', offset from UTC is -8 hours
Console>

 
関連コマンド

clear timezone
set timezone

show top

TopN プロセスを開始するには、 show top コマンドを使用します。

show top [ N ] [ metric ] [ interval interval ] [ port_type ] [ background ]

 
構文の説明

N

(任意)表示するポートの番号。有効値は、 1 から物理ポートの最大番号までです。

metric

(任意)ソートに使用するポート統計情報。有効値は次のとおりです。

util :使用率
bytes :着信/発信バイト
pkts :着信/発信パケット
bcst :着信/発信ブロードキャスト パケット
mcst :着信/発信マルチキャスト パケット
in-errors :エラー
buf-ovflw :バッファ オーバーフロー

interval

(任意)サンプルの時間(秒単位)を指定するキーワード。

interval

(任意)サンプルの時間(秒単位)。有効値は、 0 および 10 999 秒です。値が 0 の場合は、カウンタの絶対値で上位 N のポートが表示されます。

port_type

(任意)レポートに使用するスイッチ ポートのタイプ。有効値は、次のとおりです。

all :すべてのポート タイプを使用
eth :すべてのイーサネット ポート タイプを使用
10e 10-Mbps イーサネット ポート タイプを使用
fe :ファスト イーサネット ポート タイプを使用
ge :ギガビット イーサネット ポート タイプを使用

background

(任意)タスクの実行時に、TopN レポートを画面に出力しないことを指定するキーワード。その代わりに、レポートが作成されたときに、通知が送信されます。

 
デフォルト

デフォルトの設定は次のとおりです。

表示されるポートの番号は 20

レポートするポート統計情報は util

サンプル時間は 30 秒。

スイッチ ポート タイプは all

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

clear top [ report_num ] コマンド を使用した場合のみ、background オプションが指定された TopN プロセスを終了できます。

show top report [ report_num ] コマンドを入力しない限り、background オプションが指定された TopN レポートは画面に表示されません。

background オプションを指定しなかった場合、TopN の出力結果は、タスクの実行時に画面に表示されます。その結果は 1 回だけ出力され、保存されません。

TopN プロセス(background オプションの指定なし)は、同じ Telnet/ コンソール セッションで Ctrl+C を押すか、別の Telnet/コンソール セッションから clear top [ report_num ] コマンドを入力することによって終了できます。TopN レポートがすべて表示されるまで、プロンプトは出力されません。レポートが表示されるまで、他のコマンドはブロックされます。

次に、 background オプションを指定して TopN プロセスを開始 する例を示します。

Console> show top 10 util interval 600 background
03/09/2000,14:05:38:MGMT-5: TopN report 2 started by telnet/172.20.22.7/.
Console>
03/09/2000,14:15:38:MGMT-5: TopN report 2 available.
 

次に、 background オプションを指定せずに TopN プロセスを開始 する例を示します。

Console> show top 10 util interval 600
Start Time: 03/19/2000,12:04:16
End Time: 03/19/2000,12:14:18
PortType: all
Metric: util
Port Band- Uti Tx/Rx-bytes Tx/Rx-pkts Tx/Rx-bcst Tx/Rx-mcst In- Buf-
width % err Ovflw
----- ----- --- -------------------- ---------- ---------- ---------- ---- -----
1/1 100 0 65433 824 0 719 0 0
5/48 10 0 3543 45 0 34 0 0
5/47 10 0 45367 124 0 219 0 0
5/46 10 0 23456 49 0 108 0 0
Console>
 

次に、特定のポート タイプ に対して TopN プロセスを開始 する例を示します。

Console> show top 5 10e interval 0
Start Time: 03/09/2000,11:03:21
End Time: 03/09/2000,11:03:21
PortType: 10Mbps Ethernet
Metric: util
Port Band- Uti Bytes Pkts Bcst Mcst Error Over
width % (Tx + Rx) (Tx + Rx) (Tx + Rx) (Tx + Rx) (Rx) flow
----- ----- --- -------------------- ---------- ---------- ---------- ----- ----
2/1 10 0 0 0 0 0 0 0
3/12 auto 0 0 0 0 0 0 0
3/11 auto 0 0 0 0 0 0 0
3/10 auto 0 0 0 0 0 0 0
3/9 auto 0 0 0 0 0 0 0
Console>

 
関連コマンド

clear top
show top report

show top report

すべての TopN プロセスおよび特定の TopN レポートを一覧表示するには、 show top report コマンドを使用します

show top report [ report_num ]

 
構文の説明

report_num

(任意)各プロセスの TopN レポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

report_num を指定しなかった場合、このコマンドでは、スイッチのすべてのアクティブ TopN プロセスとすべての利用可能な TopN レポートが一覧表示されます。各プロセスに固有のレポート番号が割り当てられています。すべての TopN プロセスがリストに表示されます(background オプションの有無とは無関係です)。

保留ステータス フィールドの横に表示されるアスタリスクは、それがバックグラウンド TopN ではなく、結果が保存されないことを示しています。

次に、スイッチのすべてのアクティブ TopN プロセスとすべての利用可能な TopN レポートを表示する例を示します。

Console> show top report
Rpt Start time Int N Metric Status Owner (type/machine/user)
--- ------------------- --- --- ---------- -------- -------------------------
1 03/09/2000,11:34:00 60 20 Tx/Rx-Bytes done telnet/172.20.22.7/
2 03/09/2000,11:34:08 600 10 Util done telnet/172.34.39.6/
4 03/09/2000,11:35:17 300 20 In-Errors pending Console//
5 03/09/2000,11:34:26 60 20 In-Errors pending* Console//
Console>
 

次に、まだ保留ステータスにある(最初の例で示した)TopN レポート 5 の表示を試みる例を示します。

Console> show top report 5
Rpt Start time Int N Metric Status Owner (type/machine/user)
--- ------------------- --- --- ---------- -------- -------------------------
5 03/09/2000,11:34:26 60 20 In-Errors pending* Console//
Console>
 

次に、スイッチに対して(最初の例で示した)利用できる TopN レポート 2 を表示する例を示します。

Console> show top report 2
Start Time: 03/09/2000,11:34:00
End Time: 03/09/2000,11:34:33
PortType: all
Metric: util
Port Band- Uti Tx/Rx-bytes Tx/Rx-pkts Tx/Rx-bcst Tx/Rx-mcst In- Buf-
width % err Ovflw
----- ----- --- -------------------- ---------- ---------- ---------- ---- -----
/15 100 88 98765432109876543210 9876543210 98765 12345 123 321
5/48 10 75 44532 5389 87 2 0 0
5/47 10 67 5432 398 87 2 0 0
5/46 10 56 1432 398 87 2 0 0
5/45 10 54 432 398 87 2 0 0
5/44 10 48 3210 65 10 10 15 5
5/43 10 45 432 5398 87 2 2 0
5/42 10 37 5432 398 87 2 0 0
5/41 10 36 1432 398 87 2 0 0
5/40 10 14 2732 398 87 2 0 0
Console>

 
関連コマンド

clear top
show top

show traffic

トラフィックとピークの情報を表示するには show traffic コマンドを使用します。

show traffic

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、Layer 3 Switching Engine WS-F6K-PFC を搭載した Supervisor Engine 1 で設定されたシステムの、トラフィック情報とピーク情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show traffic
Threshold: 100%
Traffic Peak Peak-Time
------- ---- -------------------------
0% 0% Tue Apr 25 2000, 12:07:32
Console> (enable)
 

次に、Layer 3 Switching Engine II(PFC II)を搭載した Supervisor Engine 2 で設定されたシステムの、トラフィック情報とピーク情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show traffic
Threshold:100%
Backplane-Traffic Peak Peak-Time
----------------- ---- -------------------------
0% 0% Thu Jul 27 2000, 14:03:27
 
Fab Chan Input Output
-------- ----- ------
0 0% 0%
1 0% 0%
2 0% 0%
3 0% 0%
4 0% 0%
.
.
.
14 0% 0%
15 0% 0%
16 0% 0%
17 0% 0%

 
関連コマンド

show system

show trunk

スイッチのトランキング情報を表示するには、 show trunk コマンドを使用します。

show trunk [ mod [ /port ]] [ detail ] [ extended-range ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

detail

(任意)指定したトランク ポートに関する詳細情報を表示するキーワード。

extended-range

(任意)拡張範囲 VLAN のトランキング情報を表示するキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

モジュール番号またはポート番号を指定せずに show trunk コマンドを入力すると、アクティブにトランキングされているポートだけが表示されます。アクティブにトランキングされていないポートのトランキング設定を表示するには、表示するポートのモジュール番号とポート番号を指定します。MSM ポートは、MSM で設定した各 VLAN に対して許可されたアクティブな VLAN とともに、常にトランキングしているポートとして表示されます。

show trunk コマンドを入力すると、dot1q トランクを通じて受信されたタグなしトラフィックが表示されます。ISL トランクでは、すべての VLAN(ネイティブ VLAN を含む)でパケットにタグが付けられます。

show trunk detail コマンド出力では、Peer-Port フィールドにピア接続のモジュール番号とポート番号か、multiple または unknown が表示されます。共有メディアに接続されている場合は、multiple が表示され、接続先で DTP が実行されていない場合は、unknown が表示されます。

VTP ドメインの不一致が存在するトランクで show trunk コマンドを入力した場合は、トランク ステータスの後ろにアスタリスクが表示され、次のメッセージが表示されます。

* - indicates vtp domain mismatch.

show trunk コマンド出力で、spanning tree forward state フィールドと not pruned フィールドに一覧表示されるポートと VLAN は、VTP または GVRP が実行されているかどうかにかかわらず、同じです。

次に、スイッチのトランキング情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show trunk
* - indicates vtp domain mismatch
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
15/1 nonegotiate isl trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
15/1 1-1005,1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
15/1
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
15/1
Console> (enable)
 

次に、指定したトランク ポートに関する詳細情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show trunk 1/1 detail
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/1 auto negotiate not-trunking 1
 
Port Peer-Port Mode Encapsulation Status
-------- --------- ----------- ------------- ------------
1/1 2/3 auto n-isl not-trunking
 
Port TrunkFramesTx TrunkFramesRx WrongEncap
-------- -------------------- -------------------- ----------
1/1 0 0 0
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-1005
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1
Console> (enable)
 

次に、VTP ドメインの不一致がある指定トランク ポートに関する詳細情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show trunk 3/1 detail
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
3/1 auto negotiate not-trunking* 1
 
Port Peer-Port Mode Encapsulation Status
-------- --------- ----------- ------------- ------------
3/1 2/3 auto n-isl not-trunking
 
Port TrunkFramesTx TrunkFramesRx WrongEncap
-------- -------------------- -------------------- ----------
3/1 0 0 0
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/1 1-1005
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/1 2
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/1
Console> (enable)
 

次に、拡張範囲 VLAN に関する情報を含める例を示します。

Console> (enable) show trunk extended-range
Port Status Vlans allowed on trunk
-------- -------------- --------------------------------------
1/2 Trunking 1-1005, 2000-4094
2/2 Trunking 1-1005, 2100-4094
2/3 Non-Trunking 1-1005, 1025-2000, 3001-4094
............
Console> (enable)
 

表 2-92 に、 show trunk コマンド出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-92 show trunk コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Mode

ポートのトランク管理ステータス(on、off、auto、desirable、または nonegotiate)

Encapsulation

管理によって設定されるトランキング タイプ

Status

ポートがトランキングまたは非トランキングのどちらに設定されているかを示すステータス

Native vlan

トランク リンクに対するネイティブ VLAN(dot1q トランクを通じて、タグなしトラフィックを送受信できる VLAN)の数

Vlans allowed on trunk

トランクへの移行を許可する VLAN の範囲(デフォルトは 1 ~ 1000)

Vlans allowed and active in management domain

許可された範囲内のアクティブ VLAN の範囲

Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned

スパニング ツリー プロトコルのフォワーディング ステートで、トランクに実際に移行する VLAN の範囲

Peer-Port

ピア接続情報(ピア接続のモジュール番号とポート番号、multiple または unknown)

TrunkFramesTx

ポート上で送信された ISL/802.1Q フレームの数

TrunkFramesRx

ポート上で受信された ISL/802.1Q フレームの数

WrongEncap

ポート上で受信され、カプセル化が不良なフレームの数

 
関連コマンド

set trunk

show udld

UDLD 情報を表示するには、 show udld コマンドを使用します。

show udld

show udld port [ mod [ /port ]]

 
構文の説明

port

モジュールとポート、またはモジュールだけを指定するキーワード。

mod

(任意)UDLD 情報を表示するモジュールの番号。

port

(任意)UDLD 情報を表示するポートの番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、UDLD がイネーブルに設定されているかどうかを調べる例を示します。

Console> show udld
UDLD : enabled
Message Interval :15 seconds
Console>
 

次に、特定のモジュールとポートの UDLD 情報を表示する例を示します。

Console> show udld port 2/1
UDLD :enabled
Message Interval :15 seconds
Port Admin Status Aggressive Mode Link State
-------- ------------ --------------- ----------------
2/1 enabled disabled undertermined
Console>
 

次に、特定のモジュール上のすべてのポートの UDLD 情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show udld port 1
UDLD :enabled
Message Interval :15 seconds
Port Admin Status Aggressive Mode Link State
-------- ------------ --------------- ----------------
1/1 disabled disabled not applicable
1/2 disabled enabled not applicable
Console>
 

表 2-93 に、 show udld コマンドの出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-93 show udld コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

UDLD

UDLD がイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

Port

モジュールおよびポート番号

Admin Status

管理ステータスがイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

Aggressive Mode

アグレッシブ モードがイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

Link State

リンクのステータス:undetermined(検出の実行中、または UDLD がネイバーでディセーブルになっている)、not applicable(UDLD がポートでサポートされていない、UDLD がポートでディセーブルになっている、またはポートがディセーブルになっている)、shutdown(単一方向リンクが検出され、ポートがディセーブルになっている)、bidirectional(単一方向リンクが検出された)。