Catalyst 6000 ファミリ コマンド リファレンス ソフトウェア リリース 6.3 および 6.4
Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび ROM モニタ コマンド-19
show port
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/06/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

show port

show port auxiliaryvlan

show port broadcast

show port capabilities

show port cdp

show port channel

show port cops

show port counters

show port debounce

show port dot1qtunnel

show port dot1x

show port flowcontrol

show port inlinepower

show port jumbo

show port mac

show port negotiation

show port protocol

show port qos

show port rsvp

show port security

show port spantree

show port status

show port sync-restart-delay

show port trap

show port trunk

show port voice

show port voice active

show port voice fdl

show port voice interface

show proc

show protocolfilter

show pvlan

show pvlan capability

show pvlan mapping

show qos acl editbuffer

show qos acl info

show qos acl map

show qos acl resource-usage

show qos bridged-packet-policing

show qos info

show qos mac-cos

show qos maps

show qos policer

show qos policy-source

show qos rsvp

show qos statistics

show qos statistics export info

show qos status

show radius

show rcp

show reset

show rgmp group

show rgmp statistics

show rspan

show running-config

show security acl

show security acl capture-ports

show security acl log

show security acl map

show security acl resource-usage

show snmp

show port

ポートのステータス情報を表示するには、show port コマンドを使用します。

show port [ mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。

port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

トランスコーディングや会議用に設定した 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールに対する出力では、「mtp」(メディア ターミネーション ポイント)としてトランスコーディング ポート タイプが表示されるか、または「conf bridge」として会議ポート タイプが表示されます。

8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールに対する出力では、「transcoding」としてトランスコーディング ポート タイプが表示されるか、または「conferencing」として会議ポート タイプが表示されます。

次に、特定のモジュールとポートのステータスとカウンタを表示する例を示します。

Console> show port 1/1
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
1/1 notconnect 1 full 1000 No GBIC
 
 
Port Security Violation Shutdown-Time Age-Time Max-Addr Trap IfIndex
----- -------- --------- ------------- -------- -------- -------- -------
1/1 disabled shutdown 0 0 1 disabled 3
 
Port Num-Addr Secure-Src-Addr Age-Left Last-Src-Addr Shutdown/Time-Left
----- -------- ----------------- -------- ----------------- ------------------
1/1 0 - - - - -
 
Port Broadcast-Limit Broadcast-Drop
-------- --------------- --------------------
1/1 - 0
 
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause Unsupported
admin oper admin oper opcodes
----- -------- -------- -------- -------- ------- ------- -----------
1/1 desired off off off 0 0 0
 
Port Status Channel Admin Ch
Mode Group Id
----- ---------- -------------------- ----- -----
1/1 notconnect auto silent 112 0
 
Port Align-Err FCS-Err Xmit-Err Rcv-Err UnderSize
----- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------
1/1 0 0 0 0 0
 
Port Single-Col Multi-Coll Late-Coll Excess-Col Carri-Sen Runts Giants
----- ---------- ---------- ---------- ---------- --------- --------- ---------
1/1 0 0 0 0 0 0 0
 
Last-Time-Cleared
--------------------------
Thu Feb 24 2000, 10:04:20
Console>
 

次に、インライン パワーを備えた 48 ポート 10/100BASE-TX モジュール上のポート情報の例を示します。

Console> show port 9/5
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
9/5 notconnect 1 auto auto 10/100BaseTX
 
Port AuxiliaryVlan AuxVlan-Status InlinePowered PowerAllocated
Admin Oper Detected mWatt mA @42V
----- ------------- -------------- ----- ------ -------- ----- --------
9/5 none none auto off no 0 0
 
 
Port Security Violation Shutdown-Time Age-Time Max-Addr Trap IfIndex
----- -------- --------- ------------- -------- -------- -------- -------
9/5 disabled shutdown 0 0 1 disabled 126
 
Port Num-Addr Secure-Src-Addr Age-Left Last-Src-Addr Shutdown/Time-Left
----- -------- ----------------- -------- ----------------- ------------------
9/5 0 - - - - -
 
Port Broadcast-Limit Broadcast-Drop
-------- --------------- --------------------
9/5 - 0
 
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause Unsupported
admin oper admin oper opcodes
----- -------- -------- -------- -------- ------- ------- -----------
9/5 off off off off 0 0 0
 
Port Status Channel Admin Ch
Mode Group Id
----- ---------- -------------------- ----- -----
9/5 notconnect auto silent 546 0
 
Port Align-Err FCS-Err Xmit-Err Rcv-Err UnderSize
----- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------
9/5 0 0 0 0 0
 
Port Single-Col Multi-Coll Late-Coll Excess-Col Carri-Sen Runts Giants
----- ---------- ---------- ---------- ---------- --------- --------- ---------
9/5 0 0 0 0 0 0 0
 
Last-Time-Cleared
--------------------------
Wed Mar 15 2000, 21:57:31
Console>
 

次に、トランスコーディングと会議用に設定した 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュール上のポート情報の例を示します。

Console> show port 7
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
7/1 connected 123 full 1.544 T1
7/2 connected 2 full 1.544 T1
7/3 disable 1 full 1.544 T1
7/4 connected 11 full 1.544 T1
7/5 connected 123 full 1.544 T1
7/6 connected 1 full 1.544 T1
7/7 faulty 2 full 1.544 conf bridge
7/8 faulty 2 full 1.544 mtp
 
Port DHCP MAC-Address IP-Address Subnet-Mask
-------- ------- ----------------- --------------- ---------------
7/1 enable 00-10-7b-00-0a-58 172.20.34.68 255.255.255.0
7/2 enable 00-10-7b-00-0a-59 172.20.34.70 255.255.255.0
7/3 enable 00-10-7b-00-0a-5a 172.20.34.64 255.255.255.0
7/4 enable 00-10-7b-00-0a-5b 172.20.34.66 255.255.255.0
7/5 enable 00-10-7b-00-0a-5c 172.20.34.59 255.255.255.0
7/6 enable 00-10-7b-00-0a-5d 172.20.34.67 255.255.255.0
7/7 enable 00-10-7b-00-0a-5e (Port host processor not online)
7/8 enable 00-10-7b-00-0a-5f (Port host processor not online)
 
Port Call-Manager(s) DHCP-Server TFTP-Sever Gateway
-------- ----------------- --------------- --------------- ---------------
7/1 172.20.34.207* 172.20.34.207 172.20.34.207 -
callm.cisco.com
7/2 172.20.34.207 172.20.34.207 172.20.34.207 172.20.34.20
7/3 172.20.34.207 172.20.34.207 172.20.34.207 -
7/4 172.20.34.207 172.20.34.207 172.20.34.207 -
7/5 172.20.34.207 172.20.34.207 172.20.34.207 -
7/6 172.20.34.207 172.20.34.207 172.20.34.207 -
7/7 (Port host processor not online)
7/8 (Port host processor not online)
 
Port DNS-Server(s) Domain
-------- --------------- -------------------------------------------------
7/1 172.20.34.207 cisco.com
7/2 172.20.34.207* int.cisco.com
171.69.45.34
172.78.111.132
7/3 172.20.34.207 -
7/4 172.20.34.207 -
7/5 172.20.34.207 -
7/6 172.20.34.207 -
7/7 (Port host processor not online)
7/8 (Port host processor not online)
 
Port CallManagerState DSP-Type
-------- ---------------- --------
7/1 registered C549
7/2 registered C549
7/3 registered C549
7/4 registered C549
7/5 registered C549
7/6 notregistered C549
7/7 (Port host processor not online)
7/8 (Port host processor not online)
Port NoiseRegen NonLinearProcessing
----- ---------- -------------------
7/1 disabled disabled
7/2 disabled disabled
7/3 disabled disabled
7/4 disabled disabled
7/5 enabled disabled
7/6 disabled enabled
7/7 (Port host processor not online)
7/8 (Port host processor not online)
 
(*): Primary
Console>
 

次に、24 ポート FXS アナログ ステーション インターフェイス サービスを設定したモジュール上のポート情報の例を示します。

Console> (enable) show port 3
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
3/1 onhook 1 full 64k FXS
3/2 onhook 1 full 64k FXS
3/3 onhook 1 full 64k FXS
3/4 onhook 1 full 64k FXS
3/5 onhook 1 full 64k FXS
3/6 onhook 1 full 64k FXS
3/7 onhook 1 full 64k FXS
3/8 onhook 1 full 64k FXS
3/9 onhook 1 full 64k FXS
3/10 onhook 1 full 64k FXS
3/11 onhook 1 full 64k FXS
3/12 onhook 1 full 64k FXS
3/13 onhook 1 full 64k FXS
3/14 onhook 1 full 64k FXS
3/15 onhook 1 full 64k FXS
3/16 onhook 1 full 64k FXS
3/17 onhook 1 full 64k FXS
3/18 onhook 1 full 64k FXS
3/19 onhook 1 full 64k FXS
3/20 onhook 1 full 64k FXS
3/21 onhook 1 full 64k FXS
3/22 onhook 1 full 64k FXS
3/23 onhook 1 full 64k FXS
3/24 onhook 1 full 64k FXS
 
Port DHCP MAC-Address IP-Address Subnet-Mask
-------- ------- ----------------- --------------- ---------------
3/1-24 enable 00-10-7b-00-13-e4 172.20.34.50 255.255.255.0
 
Port Call-Manager DHCP-Server TFTP-Sever Gateway
-------- ----------------- --------------- --------------- ---------------
3/1-24 172.20.34.207 172.20.34.207 172.20.34.207 -
 
Port DNS-Server Domain
-------- --------------- --------------------------
3/1-24 172.20.34.207 -
 
Port EchoCancel(ms) CallManagerState DSP-Type
-------- -------------- ---------------- --------
3/1-24 4660 registered C549
 
Port ToneLocal Impedance InputGain(dB) OutputAtten(dB)
-------- ------------- --------- ------------- ---------------
3/1-24 northamerica 0 0 0
Port RingFreq Timing Timing Timing Timing
(Hz) Digit(ms) InterDigit(ms) Pulse(ms) PulseDigit(ms)
-------- -------- --------- -------------- --------- --------------
3/1-24 20 100 100 0 0
Console> (enable)
 

表 2-59 に、show port コマンドで(指定したポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-59 show port コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Name

ポートの名前(設定されている場合)

Status

ポートのステータス(connected、notconnect、connecting、standby、faulty、inactive、shutdown、disabled、monitor、active、dot1p、untagged、inactive、または onhook)

Vlan

ポートが属する VLAN

Auxiliaryvlan1

ポートが属する補助 VLAN

Duplex

ポートのデュプレックス設定(auto、full、half)

Speed

ポートの速度設定(auto、10、100、1000)

Type2

ポート タイプ(1000BASE-SX、100BASE-FX、T1、E1、transcoding、conferencing、mtp、conf bridge for voice ports など)

Security

ポート セキュリティがイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

Secure-Src-Addr

セキュリティがイネーブルになっているポートのセキュア MAC アドレス

Last-Src-Addr

ポートで受信された最後のパケットの送信元 MAC アドレス

Shutdown

セキュリティのためにポートがシャットダウンされたかどうかを示すステータス

Trap

ポート トラップがイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

IfIndex

ifIndex の番号

Broadcast-Limit

ポートに対して設定するブロードキャストしきい値

Broadcast-Drop

ポートのブロードキャスト制限を超過したために、ドロップされるブロードキャスト パケットまたはマルチキャスト パケットの数

Align-Err

ポートで受信されたアライメント エラーがあるフレーム(偶数のオクテットで終了しないフレームと CRC が不良なフレーム)の数

FCS-Err

FCS エラーが生じたが、フレーミング エラーは生じていない有効なサイズのフレームの数

Xmit-Err

ポートで発生した送信エラーの数(内部送信バッファが満杯であることを示します)

Rcv-Err

ポートで発生した受信エラーの数(内部受信バッファが満杯であることを示します)

UnderSize

長さ 64 オクテット未満(それ以外は適切な形式)の受信フレームの数

Single-Coll

ポートがメディアにフレームを正常に送信するまでに発生した、単一のコリジョンの回数

Multi-Coll

ポートがメディアにフレームを正常に送信するまでに発生した、複数のコリジョンの回数

Late-Coll

レイト コリジョン(コリジョン ドメイン外のコリジョン)の数

Excess-Col

ポートで発生した超過コリジョンの数(フレームに 16 回のコリジョンが発生し、そのフレームが破棄されたことを示します)

Carri-Sen

ポートがキャリアを検出(ケーブルが現在使用されているかどうかを判断)する回数

Runts

ポートで受信されたラント フレーム(最小 IEEE 802.3 フレーム サイズよりも小さいフレーム)の数

Giants

ポートで受信されたジャイアント フレーム(最大 IEEE 802.3 フレーム サイズを超えるフレーム)の数

CE-State

接続エンティティのステータス

Conn-State

次のようなポートの接続状態

Disabled:ポートにライン モジュールがないか、またはユーザによってディセーブルにされました。

Connecting:ポートは接続を試行したか、またはディセーブルにされました。

Standby:接続が保留されたか、またはポートがデュアルホーミング コンセントレータの非アクティブ ポートです。

Active:ポートは接続を確立しました。

Other:コンセントレータは、Conn-State を判断できませんでした。

Type

A(A ポート)および B(B ポート)などのポートのタイプ

Neig

このポートに接続されているポートのタイプ。ネイバーは、次のいずれかのタイプです。

A:A ポート

B:B ポート

M:M ポート

S:スレーブ ポート

U:コンセントレータは、ネイバー ポートのタイプを判断できません。

Ler Con

現在、ポートが LER 状態にあるかどうかを示すステータス

Est

予想される LER

Alm

リンク接続が LER アラームしきい値様を超える LER

Cut

LER カットオフ値(リンク接続に障害としてフラグが付けられる LER)

Lem-Ct

ポートで受信された LEM エラーの数

Lem-Rej-Ct

過剰な LEM エラーのために接続が拒否された回数

Last-Time-Cleared

ポート カウンタがクリアされた最後の時間

Auto-Part

過剰な連続コリジョンのために、ポートが自動パーティション状態となった回数

Data-rate mismatch

オーバーランまたはアンダーランが生じた有効サイズのフレームの数

Src-addr change

直前の送信元アドレス変更の回数

Good-bytes

エラーがないフレーム内のオクテットの合計数

Short-event

受信した短いイベントの数

InlinePowered1

Admin(auto、on、off)、Oper(on、off、denied)、および Detected(yes、no)に対する InlinePowered

PowerAllocated1

Watts(ワット単位で表示される値)および Volts(ボルト単位で表示さる値)に対する PowerAllocated

Age-Time1

ポートの経過時間タイムアウト設定

Age-Left1

ポートの経過時間タイムアウトの残り時間

Maximum-Addrs1

ポート上のセキュアな MAC アドレスの最大数

CallManagerState1

音声ポートの動作状態(Not Registered、Registered、Up、Down、および Alarm)

NoiseRegen3

ポートに対してノイズ再生成がイネーブルになっているかどうかを示すステータス

NonLinear3

ポートに対して非リニア処理がイネーブルになっているかどうかを示すステータス

Comp-Alg3

使用する圧縮アルゴリズムのタイプ(G.711、G.723、G.729 など)

IP-address3

ポートに関連付けられている IP アドレス

Netmask3

ポートに関連付けられているネットマスク

MAC-Address3

ポートに関連付けられている MAC アドレス

Call-Manager-IP3

ポートに関連付けられている Cisco CallManager IP アドレス

DHCP-Server-IP3

ポートに関連付けられている DHCP サーバ IP アドレス

DNS-Server-IP3

ポートに関連付けられている DNS サーバ IP アドレス

TFTP-Server-IP3

ポートに関連付けられている TFTP サーバ IP アドレス

1.このフィールドは、48 ポート 10/100BASE-TX スイッチング サービスを設定したモジュールに適用されます。

2.このフィールドは、システム設定によって変化します。

3.このフィールドは、8 ポート T1/E1 DSP サービスを設定したモジュールに適用されます。

show port auxiliaryvlan

特定のポートのポート補助 VLAN ステータスを表示するには、 show port auxiliaryvlan コマンドを使用します。

show port auxiliaryvlan { vlan | untagged | dot1p | none }

 
構文の説明

vlan

VLAN の番号。有効値は 1 4094 です。

untagged

802.1p プライオリティを使用しないでタグなしパケットを送信する Cisco IP Phone 7960 を表示するためのキーワード。

dot1p

802.1p プライオリティを使用してパケットを送信する Cisco IP Phone 7960 を表示するためのキーワード。

none

ポートから補助 VLAN 情報を含む CDP パケットを送信しないスイッチを表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM ではサポートされません。

次に、特定の補助 VLAN のポート情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port auxiliaryvlan
AuxiliaryVlan Status Mod/Ports
------------- -------- ------------------------------------------------------
222 active 8/4-7
333 active 8/13-18
dot1p dot1p 8/23,8/31-34
untagged untagged 9/12
none none 8/1-3,8/8-12,8/19-22,8/24-30,8/35-48,9/1-11,9/13-48
Console> (enable)
 

次に、特定の補助 VLAN のポート情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port auxiliaryvlan 222
AuxiliaryVlan Status Mod/Ports
------------- -------- ------------------------------------------------------
222 active 8/4-7
Console> (enable)
 

次に、CDP パケットで補助 VLAN 情報を送信しないスイッチのステータスを表示する例を示します。

Console> (enable) show port auxiliaryvlan none
AuxiliaryVlan Status Mod/Ports
------------- -------- ------------------------------------------------------
none none 8/1-3,8/8-12,8/19-22,8/24-30,8/35-48,9/1-11,9/13-48
Console> (enable)
 

次に、802.1p プライオリティを使用しないでタグなしパケットを送信する Cisco IP Phone 7960 のステータスを表示する例を示します。

Console> (enable) show port auxiliaryvlan untagged
AuxiliaryVlan Status Mod/Ports
------------- -------- ------------------------------------------------------
untagged untagged 9/12
Console> (enable)
 

次に、802.1p プライオリティを使用してパケットを送信する Cisco IP Phone 7960 のステータスを表示する例を示します。

Console> (enable) show port auxiliaryvlan dot1p
AuxiliaryVlan Status Mod/Ports
------------- -------- ------------------------------------------------------
dot1p dot1p 8/23,8/31-34
Console> (enable)
 

表 2-60 に、show port auxiliaryvlan コマンドで(指定したポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-60 show port auxiliaryvlan コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

AuxiliaryVlan

補助 VLAN の番号

AuxVlanStatus

補助 VLAN のステータス

Mod/Ports

補助 VLAN に割り当てられるモジュールとポートの番号

 
関連コマンド

set port auxiliaryvlan

show port broadcast

ブロードキャスト情報を表示するには、show port broadcast コマンドを使用します。

show port broadcast [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。

port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

1000BASE-X スイッチング モジュールでは、ブロードキャスト抑制のためにポートを指定する場合、トラフィックは、ネットワークから Catalyst 6000 ファミリ スイッチ バスの方向だけで抑制されます。

次に、モジュール 1 上のポート 2 のブロードキャスト情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port broadcast 1/2
Port Broadcast-Limit Broadcast-Drop
-------- --------------- --------------------
1/2 20.00 % 532
Console> (enable)
 

表 2-61 に、show port broadcast コマンドで(指定したポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-61 show port broadcast コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Broadcast-Limit

ポートに対して設定するブロードキャストしきい値

Broadcast-Drop

ポートのブロードキャスト制限を超過したためにドロップされる、ブロードキャスト パケットまたはマルチキャスト パケットの数

 
関連コマンド

set port broadcast

show port capabilities

ポートの機能を表示するには、show port capabilities コマンドを使用します。

show port capabilities [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。

port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、特定のモジュールとポート上のポート機能を一覧表示する例を示します。

Console> show port capabilities 1/1
Model WS-X6K-SUP2-2GE
Port 1/1
Type Unknown GBIC
Speed 1000
Duplex full
Trunk encap type 802.1Q,ISL
Trunk mode on,off,desirable,auto,nonegotiate
Channel yes
Broadcast suppression percentage(0-100)
Flow control receive-(off,on,desired),send-(off,on,desired)
Security yes
Dot1x yes
Membership static,dynamic
Fast start yes
QOS scheduling rx-(1p1q4t),tx-(1p2q2t)
CoS rewrite yes
ToS rewrite DSCP
UDLD yes
Inline power no
AuxiliaryVlan no
SPAN source,destination
COPS port group 1/1-2
Link debounce timer yes
Console>

 

次に、48 ポート 10/100BASE-TX スイッチング サービスを設定したモジュール上のポート機能の例を示します。

Console> show port capabilities 3/2
Model WS-X6248-RJ-45
Port 3/2
Type 10/100BaseTX
Speed auto,10,100
Duplex half,full
Trunk encap type 802.1Q,ISL
Trunk mode on,off,desirable,auto,nonegotiate
Channel yes
Broadcast suppression percentage(0-100)
Flow control receive-(off,on),send-(off)
Security yes
Membership static
Fast start yes
QOS scheduling rx-((null)),tx-((null))
QOS classification layer 2,layer 3
UDLD Capable
SPAN source,destination
Inline power auto,on,off
Auxiliaryvlan 1..1000,dot1p,untagged,none
Console>
 

次に、8 ポート T1/E1 ISDN PRI サービスを設定したモジュール上のポート機能の例を示します。

Console> show port capabilities 3/2
Model WS-X6608-T1 (or WS-X6608-E1)
Port 3/2
Type T1, transcoding, conferencing
Speed 1.544 Mps (or 2.048Mps)
Duplex full
Channel no
Broadcast suppression no
Flow control no
Security no
Membership no
Fast start no
QOS scheduling no
QOS classification no
UDLD no
Inline power no
Auxiliaryvlan no
Console>
 

次に、24 ポート FXS アナログ ステーション インターフェイス サービスを設定したモジュール上のポート機能の例を示します。

Console> show port capabilities 3/2
Model WS-X6624-FXS
Port 3/2
Type FXS
Speed 64kps
Duplex full
Trunk encap type none
Trunk mode off
Channel no
Broadcast suppression no
Flow control no
Security no
Membership no
Fast start no
QOS scheduling no
QOS classification no
UDLD no
Inline power no
Auxiliaryvlan no
Console>
 

表 2-62 に、show port capabilities コマンド出力で、(指定したポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドと値を説明します。

 

表 2-62 show port capabilities コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Model

モジュールのモデル番号

Port

モジュール番号およびポート番号

Type4

ポート タイプ(1000BASE-SX または 100BASE-FX)

Speed 1

ポートの速度設定(auto、10、100、1000)

Duplex

デュプレックス モード(half、full、auto)

Trunk encap type 2

トランク カプセル化タイプ(ISL、802.1Q、802.10、または no)

Trunk mode 2

ポートのトランク管理ステータス(on、off、auto、desirable、nonegotiate、または no)

Channel

チャネル グループを形成できるポートを示すステータス ポートは、 mod/port の形式で表示されます。たとえば、3/1-2 はモジュール 3、ポート 1 および 2 を示します。また、範囲 [ mod/1 - mod/high_port ] 内のすべてのポートが表示されることも、ポートがまったく表示されないこともあります。

Broadcast suppression

ブロードキャスト トラフィックに利用できる帯域幅の比率(0 ~ 100)

Flow control

設定できるフロー制御オプション(receive-[off、on、desired]、send-[off、on、desired]、または no)

Security

ポート セキュリティがイネーブルになっているかどうかを示すステータス(yes、no)

Membership

VLAN にポートまたはポート範囲のメンバーシップを割り当てる方法(static、dynamic)

Fast start

ポートでスパニング ツリー PortFast-start 機能がイネーブルになっているかどうかを示すステータス(yes、no)

QOS scheduling

ポートが QoS スケジューリングをサポートしているかどうかを示すステータス(yes、no)

QOS classification

ポートが QoS 分類をサポートしているかどうかを示すステータス(yes、no)

CoS rewrite

ポートが CoS リライトをサポートしているかどうかを示すステータス(yes、no)

SPAN

サポートされる SPAN タイプ

ToS rewrite

ポートが ToS リライト(IP-Precedence)をサポートしているかどうかを示すステータス

UDLD

ポートが UDLD に対応しているかどうかを示すステータス

Inline power5

ポートがインライン パワーをサポートしているかどうかを示すステータス(yes、no)

Auxiliaryvlan 2

ポートが音声 VLAN をサポートしているかどうかを示すステータス(yes、no)

Link debounce timer

ポートがデバウンス タイマーをサポートしているかどうかを示すステータス(yes、no)

4.このフィールドは、モジュールのコンフィギュレーションに応じて変化します。

5.このフィールドは、48 ポート 10/100BASE-TX スイッチング サービスを設定したモジュールと 24 ポート FXS アナログ ステーション インターフェイス サービスを設定したモジュールに適用されます。

show port cdp

ポートの CDP イネーブル状態とメッセージ間隔を表示するには、show port cdp コマンドを使用します。

show port cdp [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。 port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、すべてのポートの CDP 情報を表示する例を示します。

Console> show port cdp
CDP : enabled
Message Interval : 60
Hold Time : 180
Version : V2
 
Port CDP Status
-------- ----------
1/1 enabled
1/2 enabled
Console>
 

表 2-63 に、show port cdp コマンド出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-63 show port cdp コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

CDP

CDP がイネーブルに設定されているかどうかを示すステータス

Message-Interval

ネイバーとの CDP メッセージ交換の間隔

Hold Time

ホールド タイムの設定

Version

CDP バージョン

Port

モジュールおよびポート番号

CDP Status

ポートの CDP ステータス(enabled、disabled)

 
関連コマンド

set cdp
show cdp

show port channel

モジュールまたはポートの EtherChannel 情報を表示するには、 show port channel コマンド セットを使用します。

show port channel [ mod[/port]] [ statistics | info ]

show port channel [ mod[/port]] [ info [ type ]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

statistics

(任意)ポートに関する統計情報を表示するためのキーワード(送信および受信された PAgP パケット)。

info

(任意)速度、デュプレックス ステータス、プライオリティ、セキュア ステータスまたはダイナミック ステータス、およびトランク ステータスなどのポート情報を表示するためのキーワード。

type

(任意)機能に関連するパラメータを表示するためのキーワード。有効な値は、spantree trunk protcol gmrp gvrp qos rsvp、cops、dot1qtunnel、auxiliaryvlan 、および jumbo です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

プロトコル条件は、次のとおりです。

On は、ポートがそのプロトコルに対するすべてのフラッド トラフィックを受信することを示します。

Off は、ポートがそのプロトコルに対するフラッド トラフィックを受信しないことを示します。

Auto は、ポートがそのプロトコルに対するフラッド トラフィックを受信しないことを示します。

GVRP 登録ステータスは、次のように定義されています。

Normal では、ポート上の各 VLAN(VLAN 1 を除く)の動的な登録および登録解除を行うことができます。

Fixed では、手動による VLAN の作成と登録がサポートされ、VLAN の登録解除が禁止されます。

Forbidden では、ポートからすべての VLAN(VLAN 1 を除く)が静的に登録解除されます。

いずれかのオプション(spantree | trunk | protcol | gmrp | gvrp | qos | rsvp | cops | dot1qtunnel | auxiliaryvlan | jumbo)を付けて option キーワードを入力した場合、関連する VLAN および指定した機能に関連するパラメータが表示されます。

mod または port を指定しなかった場合、すべてのモジュール上のすべてのチャネリング ポートに対する EtherChannel 情報が表示されます。

次に、モジュール 1 のイーサネット チャネリング情報を表示する例を示します。

Console> show port channel 1
Port Status Channel Admin Ch
Mode Group Id
----- ---------- --------- ----- -----
1/1 nonconnect on 195 769
1/2 connected on 195 769
 
Port Device-ID Port-ID Platform
----- ------------------------------- ------------------------- ----------------
1/1
1/2
Console>
 

次に、ポート統計情報を表示する例を示します。

Console> show port channel 4 statistics
Port Admin PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts
Group Transmitted Received InFlush RetnFlush OutFlush InError
----- ------- ----------- --------- --------- --------- --------- ---------
4/1 69 20 0 0 0 0 0
4/2 69 105 60 0 0 0 0
4/3 151 0 0 0 10 0 0
4/4 151 0 5 0 0 0 0
4/5 70 0 0 0 0 0 0
4/6 70 42 0 0 2 0 0
4/7 152 0 92 0 0 0 0
4/8 152 0 0 0 0 0 0
Console>
 

次に、ポート情報を 表示する 例を示します。

Console> show port channel 1 info
Switch Frame Distribution Method:mac both
 
Port Status Channel Admin Channel Speed Duplex Vlan PortSecurity/
mode group id Dynamic port
----- ---------- --------- ----- ------- ----- ------ ---- -------------
1/1 notconnect auto 1 0 1000 full 1 -
1/2 connected auto 1 0 1000 full 1 -
 
Port ifIndex Oper-group Neighbor Oper-Distribution
Oper-group Method
----- ------- ---------- ---------- -----------------
1/1 - 1 mac both
1/2 - 2 mac both
 
Port Device-ID Port-ID Platform
----- ------------------------------- ------------------------- ----------------
1/1
1/2
 
Port Trunk-status Trunk-type Trunk-vlans
----- ------------ ------------- -----------------------------------------------
1/1 not-trunking negotiate 1-1005
1/2 not-trunking negotiate 1-1005
Port Portvlancost-vlans
----- --------------------------------------------------------------------------
1/1
1/2
 
Port Port Portfast Port Port
priority vlanpri vlanpri-vlans
----- -------- -------- ------- ------------------------------------------------
1/1 32 disabled 0
1/2 32 disabled 0
 
Port IP IPX Group
----- -------- -------- --------
1/1 on auto-on auto-on
1/2 on auto-on auto-on
 
Port GMRP GMRP GMRP
status registration forwardAll
----- -------- ------------ ----------
1/1 enabled normal disabled
1/2 enabled normal disabled
 
Port GVRP GVRP GVRP
status registeration applicant
----- -------- ------------- ---------
1/1 disabled normal normal
1/2 disabled normal normal
 
Port Qos-Tx Qos-Rx Qos-Trust Qos-DefCos
----- ------ ------ ------------ ----------
1/1 2q2t 1q4t untrusted 0
1/2 2q2t 1q4t untrusted 0
Console>
 

次に、機能に固有なパラメータ情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port channel 3 info spantree
Port Port Portfast Port Port
priority vlanpri vlanpri-vlans
----- -------- -------- ------- ------------------------------------------------
3/1 32 disabled 12 2,4,90
3/2 32 disabled 12 2,4,90
3/3 32 disabled 12 2,4,90
3/4 32 disabled 12 2,4,90
Console>
 
Console> (enable) show port channel 3 info trunk
Port Trunk-status Trunk-type Trunk-vlans
----- ------------ ------------- -----------------------------------------------
3/1 not-trunking negotiate 1-1005
3/2 not-trunking negotiate 1-1005
3/3 not-trunking negotiate 1-1005
3/4 not-trunking negotiate 1-1005
Console>
 
Console> (enable) show port channel 3 info protcol
Port IP IPX Group
----- -------- -------- --------
3/1 on auto-on auto-on
3/2 on auto-on auto-on
3/3 on auto-on auto-on
3/4 on auto-on auto-on
Console>
Console> (enable) show port channel 3 info gmrp
Port GMRP GMRP GMPR
status registration forwardAll
----- -------- ------------ ----------
3/1 enabled normal disabled
3/2 enabled normal disabled
3/3 enabled normal disabled
3/4 enabled normal disabled
Console>
 
Console> (enable) show port channel 1 info gvrp
Port GVRP GVRP GVRP
status registeration applicant
----- -------- ------------- ---------
1/1 disabled normal normal
1/2 disabled normal normal
Console>
 
Console> (enable) show port channel 1 info qos
Port Qos-Tx Qos-Rx Qos-Trust Qos-DefCos Qos-Interface
PortType PortType Type Type
----- -------- -------- ------------ ---------- --------------
1/1 2q2t 1q4t untrusted 0 port-based
1/2 2q2t 1q4t untrusted 0 port-based
----- -------- -------- ------------ ---------- --------------
 
Port ACL name Type
----- -------------------------------- ----
1/1 IP
IPX
MAC
1/2 IP
IPX
MAC
Port Policy Source
----- -------------
1/1 COPS
1/2 COPS
Console>
 

表 2-64 に、 show port channel コマンド出力で、(指定するポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドと値を説明します。

 

表 2-64 show port channel コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Status

ポートのチャネリング ステータス(connected、notconnect)

Channel mode

ポートで EtherChannel が on、off、auto、または desirable のいずれに設定されているかを示すステータス

Admin Group

管理グループの番号

PAgP Pkts Transmitted

送信した PAgP パケットの数

PAgP Pkts Received

受信した PAgP パケットの数

PAgP Pkts InFlush

受信した PAgP フラッシュ パケットの数

PAgP Pkts RetnFlush

返された PAgP フラッシュ パケットの数

PAgP Pkts OutFlush

送信した PAgP フラッシュ パケットの数

PAgP Pkts InError

受信した PAgP エラー パケットの数

Channel ID

チャネル グループの番号

Neighbor device

ポートがチャネリングしている隣接デバイス

Neighbor port

ポートがチャネリングしている隣接デバイス上のポート

Speed

ポートの速度設定(auto、10、100、1000)

Duplex

ポートのデュプレックス設定(auto、full、half)

Vlan

ポートが属する VLAN

Port priority

ポートに対応付けられたプライオリティ

PortSecurity/Dynamic port

ポートがセキュアまたはダイナミックのどちらに設定されているかを示すステータス

ifIndex

ポートが属するインターフェイス番号

Oper-group

グループの機能

Neighbor device-id

ポートがチャネリングしている隣接デバイスのデバイス ID

Neighbor port-id

ポートがチャネリングしている隣接デバイスのポート ID

Neighbor Oper-group

隣接デバイスの機能

Oper-Distribution

ポート別のフレーム配信方法の動作ステータス(ip source、ip destination、ip both、mac source、mac destination、mac both、hotstandby-active、または hotstandby-idle)

Trunk-status

ポートがトランキングであるかどうかを示すステータス

Trunk-type

トランク ポートのタイプ

Trunk-vlans

ポートが属する VLAN

Portvlancost-vlans

ポート VLAN コスト

Portfast

PortFast-start モードがイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

Port vlanpri

ポート VLAN プライオリティ

Port vlanpri-vlans

プライオリティ VLAN 番号

IP

IP プロトコルのステータス(on、off、auto)

IPX

IPX プロトコルのステータス(on、off、auto)

Group

VINES、AppleTalk、および DECnet プロトコルのステータス(on、off、auto)

GMRP status

GMRP がイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

GMRP registration

発信ポートの管理制御のステータス(normal、fixed、forbidden)

GMRP forward/all

Forward All 機能が イネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

GVRP status

GVRP がイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

GVRP registration

発信ポートの管理制御のステータス(normal、fixed、forbidden)

Qos-Tx

送信ドロップしきい値

Qos-Rx

受信ドロップしきい値

Qos-Trust

ポートが信頼できるか、または信頼できないかを示すステータス

Qos-DefCos

CoS 値

Qos Port-based

ポートがポートベース QoS であるかどうかを示すステータス

ACL name

ACL の名前

Policy Source

ポリシー ソースのタイプ

COPS Admin Roles

COPS admin ロールの指定

Dot1q tunnel mode

dot1q トンネル モードのステータス

Jumbo

ジャンボ機能のステータス

Auxiliaryvlan

補助 VLAN の番号

Protocol

ポートに関連付けられたプロトコル

show port cops

すべてのポートまたは個々のポートの COPS 情報を表示するには、 show port cops コマンドを使用します。

show port cops [ mod [ /port ]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod または port を指定しなかった場合、すべてのモジュール上のすべてのポートに対する情報が表示されます。

アクティブ スーパーバイザ エンジンからスタンバイ スーパーバイザ エンジンへのスイッチオーバー後、数分間は、 show port cops コマンドを入力したときに、出力が不正確になる場合があることに注意してください。この場合は、次の警告が表示されます。

COPS High Availability Switch Over in progress, hardware may be
programmed differently than as suggested by the output of these
commands.

次に、すべてのポートの COPS 情報を表示する例を示します。

Console> show port cops
Port Admin Roles Oper Roles
------ ------------------------------- -------------------------
1/1 backbone_port backbone_port
branch_office_port -
access_port -
1/2 - -
3/1 - -
3/2 backbone_port backbone_port
3/3 backbone_port backbone_port
3/4 access_port access_port
3/5 access_port branch_office_port
backbone_port -
branch_office_port -
net_port -
3/6 access_port access_port
3/7 - -
3/8 - -
Console>
 

次に、特定のポートの COPS 情報を表示する例を示します。

Console> show port cops 1/1
Port Admin Roles Oper Roles
------ ------------------------------- -------------------------
1/1 backbone_port backbone_port
branch_office_port -
access_port -
1/2 - -

Console>

 

表 2-65 に、 show port cops コマンド出力に表示されるフィールドを示します。

 

表 2-65 show port cops コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Admin Roles

管理ロール

Oper Roles

運用ロール

 
関連コマンド

set port cops
clear port cops

show port counters

ポートのすべてのカウンタを表示するには、 show port counters コマンドを使用します。

show port counters [ mod [ /port ]]

 
構文の説明

mod

(任意)ポート カウンタ情報を表示するモジュール番号

port

(任意)ポート カウンタ情報を表示するモジュール上のポート番号

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。

port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、すべてのポートのカウンタを表示する例を示します。

Console> show port counters
Port Align-Err FCS-Err Xmit-Err Rcv-Err UnderSize
----- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------
1/1 0 0 0 0 0
1/2 0 0 0 0 0
4/1 0 0 0 0 0
4/2 0 0 0 0 0
4/3 0 0 0 0 0
4/4 0 0 0 0 0
 
Port Single-Col Multi-Coll Late-Coll Excess-Col Carri-Sen Runts Giants
----- ---------- ---------- ---------- ---------- --------- --------- ---------
1/1 12 0 0 0 0 0 -
1/2 0 0 0 0 0 0 0
4/1 0 0 0 0 0 0 0
4/2 0 0 0 0 0 0 0
4/3 0 0 0 0 0 0 0
4/4 0 0 0 0 0 0 0
 
Last-Time-Cleared
--------------------------
Wed Jan 11 2000, 14:58:19
 

表 2-66 に、show port counters コマンドで(指定したポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-66 show port counters コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Align-Err

ポートで受信されたアライメント エラーがあるフレーム(偶数のオクテットで終了しないフレームと CRC が不良なフレーム)の数

FCS-Err

ポートで発生したフレーム チェック シーケンスのエラー数

Xmit-Err

ポートで発生した送信エラーの数(内部送信バッファが満杯であることを示します)

Rcv-Err

ポートで発生した受信エラーの数(内部受信バッファが満杯であることを示します)

UnderSize

長さ 64 オクテット未満(それ以外は適切な形式)の受信フレームの数

Single-Coll

ポートがメディアに対してフレームを正常に送信するまでに発生した、単一のコリジョンの回数

Multi-Coll

ポートがメディアに対してフレームを正常に送信するまでに発生した、複数のコリジョンの回数

Late-Coll

レイト コリジョン(コリジョン ドメイン外のコリジョン)の数

Excess-Col

ポートで発生した超過コリジョンの数(フレームに 16 回のコリジョンが発生し、そのフレームが破棄されたことを示します)

Carri-Sen

ポートがキャリアを検出(ケーブルが現在使用されているかどうかを判断)する回数

Runts

ポートで受信されたラント フレーム(最小 IEEE 802.3 フレーム サイズよりも小さいフレーム)の数

Giants

ポートで受信されたジャイアント フレーム(最大 IEEE 802.3 フレーム サイズを超えるフレーム)の数

Last-Time-Cleared

ポート カウンタがクリアされた最後の時間

 
関連コマンド

clear counters
show port

show port debounce

ポート デバウンス タイマーがイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを表示するには、 show port debounce コマンドを使用します。

show port debounce [ mod | mod/port ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

mod/port

(任意)モジュール番号およびモジュールのポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

ポートを指定しなかった場合は、すべてのポートが表示されます。

次に、特定のモジュール上の特定のポートに対して、デバウンス リンク タイマーを表示する例を示します。

Console> show port debounce 2/1
Port Debounce link timer
----- ---------------
2/1 disable
Console>

 
関連コマンド

set port debounce

show port dot1qtunnel

dot1q トンネル モード ステータスを表示するには、 show port dot1qtunnel コマンドを使用します。

show port dot1qtunnel [ mod[/port] ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

次に、特定のモジュールの dot1q トンネル モード ステータスを表示する例を示します。

Console> (enable) show port dot1qtunnel 4
Port Dot1q tunnel mode
----- -----------------
4/1 access
4/2 access
4/3 access
4/4 access
4/5 trunk
4/6 trunk
4/7 trunk
4/8 disabled
Console> (enable)

 
関連コマンド

set port dot1qtunnel

show port dot1x

オーセンティケータ PAE およびバックエンド オーセンティケータに関連付けられたすべての設定可能な現在の状態値と、特定のポート上のオーセンティケータによって送受信されたさまざまなタイプの EAP パケットに関する統計情報を表示するには、 show port dot1x コマンドを使用します。

show port dot1x [ mod[/port] ]

show port dot1x statistics [ mod[/port] ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

statistics

特定のポート上のオーセンティケータによって送受信されたさまざまな EAP パケットに関する統計情報を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、特定のポート上のオーセンティケータ PAE およびバックエンド オーセンティケータに関連付けられたすべての設定可能な現在の状態値を表示する例を示します。

Console> show port dot1x 3/3
Port Auth-State BEnd-State Port-Control Port-Status
----- ------------------- ---------- ------------------- -------------
3/3 force-authorized idle force-authorized authorized
Port Multiple-Host Re-authentication
----- ------------- -----------------
3/3 disabled disabled
Console>
 

次に、特定のポート上のオーセンティケータによって送受信されるさまざまなタイプの EAP パケットに関する統計情報の例を表示します。

Console> show port dot1x statistics 4/1,4/2
Port Tx_Req/Id Tx_Req Tx_Total Rx_Start Rx_Logff Rx_Resp/Id Rx_Resp
4/1 1 2 4 2 0 1 0
4/2 3 4 6 0 1 1 0
 
Port Rx_Invalid Rx_Len_Err Rx_Total Last_Rx_Frm_Ver Last_Rx_Frm_Src_Mac
4/1 0 0 3 1 00-f0-3b-2b-d1-a9
4/2 0 0 3 1 00-d0-62-95-7b-ff
Console>

show port flowcontrol

ポート別のステータス情報とフロー制御に関連する統計情報を表示するには、show port flowcontrol コマンドを使用します。

show port flowcontrol [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。

port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、フロー制御ポート ステータスとモジュール 6 の統計情報を表示する例を示します。

Console> show port flowcontrol 6
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause
admin oper admin oper
----- -------- -------- -------- -------- ---------- ----------
6/1 desired off off off 0 0
6/2 desired off off off 0 0
6/3 desired off off off 0 0
6/4 desired off off off 0 0
6/5 desired off off off 0 0
6/6 desired off off off 0 0
6/7 desired off off off 0 0
6/8 desired off off off 0 0
Console>
 

表 2-67 に、show port flowcontrol コマンド出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-67 show port flowcontrol コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号。

Send Flowcontrol
Admin

フロー制御の管理。可能な設定:on は、ローカル ポートが、遠端にフロー制御を送信することを示します。off は、ローカル ポートが、遠端にフロー制御を送信しないことを示します。desired は、遠端でフロー制御がサポートされている場合、ローカル エンドが、遠端にフロー制御を送信することを示します。

Send Flowcontrol
Oper

フロー制御の動作。可能な設定:on は、フロー制御が動作していることを示します。off は、フロー制御が動作していないことを示します。disagree は、2 つのポートでリンク プロトコルが競合していることを示します。

Receive Flowcntl
Admin

フロー制御の管理。可能な設定:on は、ローカル ポートが、遠端にフロー制御の送信を要求することを示します。off は、ローカル ポートが、遠端にフロー制御の送信を許可しないことを示します。desired は、ローカル エンドが、遠端にフロー制御の送信を許可することを示します。

Receive Flowcntl
Oper

フロー制御の動作。可能な設定:on は、フロー制御が動作していることを示します。off は、フロー制御が動作していないことを示します。disagree は、2 つのポートでリンク プロトコルが競合していることを示します。

RxPause

受信されたポーズ フレームの数。

TxPause

送信されたポーズ フレームの数。

 
関連コマンド

set port flowcontrol

show port inlinepower

ポートの電力管理と動作状態を表示するには、 show port inlinepower コマンドを使用します。

show port inlinepower [ mod [ / port ]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

インライン パワー モードがオフに設定されている場合であっても、インライン パワー対応デバイスは検出可能です。

次に、動作(Oper)ステータス フィールドについて説明します。

on:ポートから電力供給されています。

off:ポートから電力供給されていません。

denied:ポートで利用可能な十分な電力がなく、ポートから電力供給されていません。

faulty :ポートは、接続されたデバイスに電力を供給できません。

次に、特定のモジュール上の複数のポートに対するインライン パワーを表示する例を示します。

Console> show port inlinepower 3/2-6
Default Inline Power allocation per port: 9.500 Watts (0.22 Amps @42V)
Total inline power drawn by module 3: 0 Watt
Port InlinePowered PowerAllocated
Admin Oper Detected mWatt mA @42V
----- ----- ------ -------- ----- --------
3/2 auto on yes 10.00 0.250
3/3 auto on yes 9.8 0.198
3/4 auto denied yes 0 0
3/5 off off no 0 0
3/6 off off yes 0 0
Console>

show port jumbo

ジャンボ フレーム機能をイネーブルにしたすべてのポートに対してジャンボ フレーム設定を表示するには、show port jumbo コマンドを使用します。

show port jumbo

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、ジャンボ フレーム機能をイネーブルにしたポートに対してジャンボ フレーム設定を表示する例を示します。

Console> show port jumbo
Jumbo frames MTU size is 9216 bytes.
Jumbo frames enabled on port(s) 6/1-2,7/1-8.
Console>
 

次に、システムの起動時に一部のポートでジャンボ フレーム機能をイネーブルにできない場合の表示の例を示します。

Console> show port jumbo
Jumbo frames MTU size is 9216 bytes.
Jumbo frames enabled on port(s) 6/1-2.
Jumbo frames are in an inconsistent state on port(s) 7/1-8
Console>

 
関連コマンド

set port jumbo

show port mac

ポート MAC カウンタ情報を表示するには、show port mac コマンドを使用します。

show port mac [ mod [ / port ]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、特定のモジュールに関するポート MAC カウンタ情報を表示する例を示します。

Console> show port mac 1
 
Port Rcv-Unicast Rcv-Multicast Rcv-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
1/1 0 0 0
1/2 0 0 0
1/3 0 0 0
1/4 0 0 0
 
Port Xmit-Unicast Xmit-Multicast Xmit-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
1/1 0 0 0
1/2 0 0 0
1/3 0 0 0
1/4 0 0 0
 
Port Rcv-Octet Xmit-Octet
-------- -------------------- --------------------
1/1 0 0
1/2 0 0
1/3 0 0
1/4 0 0
 
MAC Dely-Exced MTU-Exced In-Discard Lrn-Discrd In-Lost Out-Lost
-------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
1/1 0 0 0 0 0 0
1/2 0 0 0 0 0 0
1/3 0 0 0 0 0 0
1/4 0 0 0 0 0 0
 
Last-Time-Cleared
--------------------------
Fri Sep 1 2000, 20:03:06
Console>

表 2-68 に、 show port mac コマンド出力に含まれる可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-68 show port mac コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Rcv-Unicast

ポートで受信されたユニキャスト フレームの数

Rcv-Multicast

ポートで受信されたマルチキャスト フレームの数

Rcv-Broadcast

ポートで受信されたブロードキャスト フレームの数

Xmit-Unicast

ポートから送信されたユニキャスト フレームの数

Xmit-Multicast

ポートから送信されたマルチキャスト フレームの数

Xmit-Broadcast

ポートから送信されたブロードキャスト フレームの数

Rcv-Octet

ポートで受信されたオクテット フレームの数

Xmit-Octet

ポートで送信されたオクテット フレームの数

Dely-Exced

過剰な遅延のために中断された送受信フレームの数

MTU-Exced

MTU サイズを超過したフレームの数

In-Discard

フレームをスイッチングする必要がないため、破棄された着信フレームの数

Out-Discard

エラーが検出されなかったにもかかわらず、送信防止のために破棄が選択された発信パケットの数

In-Lost

着信フレームの数

Out-Lost

発信パケットの数

 
関連コマンド

clear counters

show port negotiation

特定のポートのリンク ネゴシエーション プロトコル設定を表示するには、show port negotiation コマンドを使用します。

show port negotiation [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、WS-X6316-GE-TXおよび WS-X6516-GE-TX ではサポートされていません。

次に、モジュール 3、ポート 1 でリンク ネゴシエーション プロトコル設定を表示する例を示します。

Console> show port negotiation 3/1
Port Link Negotiation
------- --------------------
3/1 enabled
Console>

show port protocol

EtherChannel ポートで設定されたプロトコル フィルタを表示するには、show port protocol コマンドを使用します。

show port protocol [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートに設定されたフィルタが表示されます。

次に、設定されたポート上のプロトコル フィルタを表示する例を示します。

Console> show port protocol
Port Vlan IP IP Hosts IPX IPX Hosts Group Group Hosts
-------- ---------- -------- -------- -------- --------- -------- -----------
1/1 1 on 0 on 0 on 0
1/2 1 on 0 on 0 on 0
2/1 1 on 3 auto-on 0 auto-on 0
2/2 1 on 0 on 0 on 0
2/3 1 on 0 on 0 on 0
2/4 1 on 0 on 0 on 0
2/5 1 on 0 on 0 on 0
2/6 1 on 0 on 0 on 0
2/7 1 on 0 on 0 on 0
2/8 1 on 0 on 0 on 0
2/9 1 on 0 on 0 on 0
2/10 1 on 0 on 0 on 0
2/11 1 on 0 on 0 on 0
2/12 1 on 0 on 0 on 0
Console>

 
関連コマンド

set port protocol

show port qos

QoS 関連の情報を表示するには、show port qos コマンドを使用します。

show port qos [ mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン


) スイッチオーバーが発生した場合、新しいアクティブ スーパーバイザ エンジン上の COPS-DS クライアントが PDP への接続を確立し、QoS ポリシーをダウンロードするまで、COPS-DS を使用して配置された ACL とポリサーは表示できません。QoS ポリシーが新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンにダウンロードされるまで、出力のランタイム フィールドは空白になります。


次に、特定のモジュールとポートの QoS 関連情報を表示する例を示します。

Console> show port qos 2/1
QoS is enabled for the switch.
QoS policy source for the switch set to local.
 
Port Interface Type Interface Type Policy Source Policy Source
config runtime config runtime
----- -------------- -------------- ------------- -------------
2/1 vlan-based vlan-based COPS local
 
Port TxPort Type RxPort Type Trust Type Trust Type Def CoS Def CoS
config runtime config runtime
----- ------------ ------------ ------------ ------------ ------- -------
2/1 2q2t 1q4t untrusted untrusted 0
 
Config:
Port ACL name Type
----- -------------------------------- ----
No ACL is mapped to port 2/1.
 
Runtime:
Port ACL name Type
----- -------------------------------- ----
No ACL is mapped to port 2/1.
Console>
 

次に、特定のモジュール上にある単一のポートに対して QoS 関連情報を表示する例を示します。この例では、このモジュールは電話デバイスのポートに接続されています。

Console> (enable) show port qos 3/4
QoS is disabled for the switch.
Configured settings are not used.
QoS policy source for the switch set to local.
 
Port Interface Type Interface Type Policy Source Policy Source
config runtime config runtime
----- -------------- -------------- ------------- -------------
3/4 - - local local
 
Port TxPort Type RxPort Type Trust Type Trust Type Def CoS Def CoS
config runtime config runtime
----- ------------ ------------ ------------ ------------- ------- -------
3/4 2q2t 1q4t untrusted trust-cos 0 0
Port Ext-Trust Ext-Cos
----- --------- -------
3/4 untrusted 0
 
(*)Trust type set to untrusted.
 
Config:
Port ACL name Type
----- -------------------------------- ----
No ACL is mapped to port 3/4.
 
Runtime:
Port ACL name Type
----- -------------------------------- ----
No ACL is mapped to port 3/4.
Console> (enable)

show port rsvp

ポート別の RSVP 情報を表示するには、 show port rsvp コマンドを使用します。

show port rsvp [ mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、特定のポートに関する RSVP 情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port rsvp 2
Port DSBM Managed Configured Elected DSBM DSBM IP Address
Election Segment Priority Priority
----- -------- ------- ---------- ------------ ---------------
2/1 enabled yes 232 232 171.21.34.25
2/2 disabled no 128 - -
Console> (enable)

 
関連コマンド

set port rsvp dsbm-election

show port security

ポートのセキュリティ コンフィギュレーション情報と統計情報を表示するには、 show port security コマンド セットを使用します。

show port security [ mod[/port]]

show port security statistics { mod[/port]}

show port security statistics system

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

statistics

セキュリティ統計情報を表示するためのキーワード。

system

システム全体のコンフィギュレーション情報を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、セキュア ポートとなっている特定のポートに関して、ポート セキュリティ コンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port security 4/1
Port Security Violation Shutdown-Time Age-Time Maximum-Addrs Trap IfIndex
----- -------- --------- ------------- -------- ------------- -------- -------
4/1 enabled shutdown 120 1440 25 disabled 3
 
Port Secure-Src-Addrs Age-Left Last-Src-Addr Shutdown Shutdown-Time-Left
---- ----------------- -------- ----------------- -------- ------------------
4/1 00-11-22-33-44-55 4 00-11-22-33-44-55 No -
00-10-14-da-77-f1 100
Console> (enable)
 

次に、セキュリティ違反が生じたポートに関する表示の例を示します。

Console> (enable) show port security 4/1
Port Security Violation Shutdown-Time Age-Time Maximum-Addrs Trap IfIndex
----- -------- --------- ------------- -------- ------------- -------- -------
4/1 enabled shutdown 120 600 25 disabled 3
 
Port Secure-Src-Addrs Age-Left Last-Src-Addr Shutdown Shutdown-Time-Left
---- ----------------- -------- ----------------- -------- ------------------
4/1 00-11-22-33-44-55 60 00-11-22-33-44-77 Yes -
00-10-14-da-77-f1 200
00-11-22-33-44-66 200
Console> (enable)
 

次に、ポート 4/1 がシャットダウンされ、ポートが再びイネーブルになるまでの残りのタイムアウトが 60 分ある場合の例を示します。

Console> (enable) show port security 4/1
Port Security Violation Shutdown-Time Age-Time Maximum-Addrs Trap IfIndex
----- -------- --------- ------------- -------- ------------- -------- -------
4/1 enabled restrict 120 600 25 disabled 3
 
Port Secure-Src-Addrs Age-Left Last-Src-Addr Shutdown Shutdown-Time-Left
---- ----------------- -------- ----------------- -------- ------------------
4/1 00-11-22-33-44-55 60 00-11-22-33-44-77 Yes -
00-10-14-da-77-ff
Console> (enable)
 

次に、システム全体のコンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port security statistics system
Module 1:
Total ports: 2
Total secure ports: 0
Total MAC addresses: 2
Total global address space used (out of 1024): 0
Status: installed
Module 2:
Total ports: 1
Total secure ports: 0
Total MAC addresses: 0
Total global address space used (out of 1024): 0
Status: removed
Module 3:
Module does not support port security feature
Module 5:
Total ports: 48
Total secure ports: 0
Total MAC addresses: 48
Total global address space used (out of 1024): 0
Status: installed
Module 15:
Module does not support port security feature
Total secure ports in the system: 0
Console> (enable)
 

次に、特定のモジュールのセキュリティ統計情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port security statistics 2
Port Total-Addrs Maximum-Addrs
----- ----------- -------------
Module 2:
Total ports: 1
Total secure ports: 0
Total MAC addresses: 0
Total global address space used (out of 1024): 0
Status: removed
Console> (enable)

show port spantree

ポートのスパニング ツリー情報を表示するには、 show port spantree コマンドを使用します。

show port spantree [ mod [ /port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。 port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、特定のモジュールのスパンニング ツリー情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port spantree 5
Port(s) Vlan Port-State Cost Prio Portfast Channel_id
------------------------ ---- ------------- --------- ---- -------- ----------
5/1 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/2 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/3 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/4 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/5 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/6 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/7 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/8 1 not-connected 2684354 32 disabled 0
5/9 1 forwarding 268435 32 disabled 0
.
.
.

 
関連コマンド

show spantree

show port status

ポートのステータス情報を表示するには、show port status コマンドを使用します。

show port status [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。 port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、すべてのポートのポート ステータス情報を表示する例を示します。

Console> show port status
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ------------
1/1 connected 52 half 100 100BaseTX
1/2 notconnect half 100 100BaseTX
Console>
 

表 2-69 に、show port status コマンド出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-69 show port status コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Name

ポートの名前(設定されている場合)

Status

ポートのステータス(connected、notconnect、connecting、standby、faulty、inactive、shutdown、disabled、または monitor)

Vlan

ポートが属する VLAN

Duplex

ポートのデュプレックス設定(auto、full、half)

Speed

ポートの速度設定(auto、10、100、1000)

Type6

ポート タイプ(100BASE-TX)

6.これらのフィールドは、システム設定に従って変化します。

show port sync-restart-delay

ポートの同期再開遅延を表示するには、 show port sync-restart-delay コマンドを使用します。

show port sync-restart-delay [ mod [ /port ]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

set port sync-restart-delay コマンドと show port sync-restart-delay コマンドは、バイナリ モードとテキスト コンフィギュレーション モードの両方で使用できますが、指定する同期遅延は、テキスト コンフィギュレーション モードでのみ保存されます。

CLI 設定は、テキスト コンフィギュレーション モードが使用されている場合のみ、スイッチのリセット後も維持されます。

次に、特定のポートの同期再開遅延を表示する例を示します。

Console> show port sync-restart-delay 2/1
Port Sync restart delay in ms
----- ------------------------
2/1 210
Console>

show port trap

ポートのトラップ ステータスを表示するには、show port trap コマンドを使用します。

show port trap [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。 port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、特定のモジュールのポート トラップ ステータスを表示する例を示します。

Console> show port trap 1
 
Port Trap
----- --------
1/1 disabled
1/2 enabled
1/3 disabled
1/4 disabled
Console>

 
関連コマンド

set port trap

show port trunk

ポートのトランク情報を表示するには、show port trunk コマンドを使用します。

show port trunk [mod[/port]]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

mod を指定しなかった場合は、すべてのモジュール上のポートが表示されます。 port を指定しなかった場合は、モジュール上のすべてのポートが表示されます。

次に、特定のポートに関するトランキング情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port trunk 4/5
* - indicates vtp domain mismatch
 
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
4/5 nonegotiate dot1q trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
4/5 1-1005
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
4/5 1-3,1003,1005
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
4/5 1005
Console> (enable)
 

表 2-70 に、 show port trunk コマンド出力に含まれるフィールドを示します。

 

表 2-70 show port trunk コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Port

モジュールおよびポート番号

Mode

ポートのトランク管理ステータス(on、off、auto、または desirable)

Encapsulation

管理によって設定されるトランキング タイプ

Status

ポートがトランキングまたは非トランキングのどちらに設定されているかを示すステータス

Native VLAN

トランク リンクに対するネイティブ VLAN の番号(802.1Q トランクでは、そのトランクを通じてタグの付いていないトラフィックを送受信できる VLAN。ISL トランクでは、ネイティブ VLAN を含め、すべての VLAN でパケットにタグが付けられます)

Vlans allowed on trunk

トランクへの移行を許可する VLAN の範囲(デフォルトは 1 ~ 1000)

Vlans allowed and active in management domain

許可された範囲内のアクティブ VLAN の範囲

Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned

スパニング ツリー プロトコルのフォワーディング ステートで、トランクに実際に移行する VLAN の範囲

 
関連コマンド

set trunk

show port voice

音声ポート情報を表示するには、 show port voice コマンドを使用します。

show port voice [ noalias ]

 
構文の説明

noalias

(任意)IP アドレス(IP エイリアスではない)の表示を強制するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM ではサポートされません。

次に、音声ポート情報を表示する例を示します。

Console> show port voice
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
7/1 connected 100 full 1 T1
7/2 notconnect 100 full 1 T1
7/3 connected 100 full 1 T1
7/4 connected 100 full 1 T1
7/5 notconnect 100 full 1 T1
 
Port DHCP MAC-Address IP-Address Subnet-Mask
-------- ------- ----------------- --------------- ---------------
7/1 disable 00-e0-b0-ff-31-c0 sjcf-12a-sw1-p7 255.255.254.0
7/2 disable 00-e0-b0-ff-31-c1 sjcf-12a-sw1-p7 255.255.254.0
7/3 disable 00-e0-b0-ff-31-c2 sjcf-12a-sw1-p7 255.255.254.0
7/4 disable 00-e0-b0-ff-31-c3 sjcf-12a-sw1-p7 255.255.254.0
7/5 disable 00-e0-b0-ff-31-c4 sjcf-12a-sw1-p7 255.255.254.0
 
Port Call-Manager(s) DHCP-Server TFTP-Server Gateway
-------- ----------------- --------------- --------------- ---------------
7/1 gigantic-2.cisc* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/2 10.34.16.10* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/3 10.34.16.10* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/4 10.34.16.10* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/5 10.34.1.11* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.16.10
10.34.42.11
(*):Primary
Port DNS-Server(s) Domain
-------- ----------------- -------------------------------------------------
7/1 dns-sj3.cisco.c* cisco.com
dns-sj4.cisco.c
7/2 dns-sj3.cisco.c* cisco.com
dns-sj4.cisco.c
7/3 dns-sj3.cisco.c* cisco.com
dns-sj4.cisco.c
7/4 dns-sj3.cisco.c* cisco.com
dns-sj4.cisco.c
7/5 dns-sj3.cisco.c* cisco.com
dns-sj4.cisco.c
(*):Primary
 
Port CallManagerState DSP-Type
-------- ---------------- --------
7/1 registered C549
7/2 registered C549
7/3 registered C549
7/4 registered C549
7/5 registered C549
 
Port NoiseRegen NonLinearProcessing
----- ---------- -------------------
7/1 enabled enabled
7/2 enabled enabled
7/3 enabled enabled
7/4 enabled enabled
7/5 enabled enabled
Console>
 

次に、DNS 名形式で IP アドレスを表示せずに、音声ポート情報を表示する例を示します。

Console> show port voice noalias
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
7/1 connected 100 full 1 T1
7/2 notconnect 100 full 1 T1
7/3 connected 100 full 1 T1
7/4 connected 100 full 1 T1
7/5 notconnect 100 full 1 T1
 
Port DHCP MAC-Address IP-Address Subnet-Mask
-------- ------- ----------------- --------------- ---------------
7/1 disable 00-e0-b0-ff-31-c0 10.34.10.11 255.255.254.0
7/2 disable 00-e0-b0-ff-31-c1 10.34.10.12 255.255.254.0
7/3 disable 00-e0-b0-ff-31-c2 10.34.10.13 255.255.254.0
7/4 disable 00-e0-b0-ff-31-c3 10.34.10.14 255.255.254.0
7/5 disable 00-e0-b0-ff-31-c4 10.34.10.15 255.255.254.0
 
Port Call-Manager(s) DHCP-Server TFTP-Server Gateway
-------- ----------------- --------------- --------------- ---------------
7/1 10.34.16.10* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/2 10.34.16.10* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/3 10.34.16.10* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/4 10.34.16.10* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.1.11
7/5 10.34.1.11* - 10.34.1.11 10.34.10.1
10.34.16.10
10.34.42.11
(*):Primary
 
Port DNS-Server(s) Domain
-------- ----------------- -------------------------------------------------
7/1 171.68.10.70* cisco.com
171.68.10.140
7/2 171.68.10.70* cisco.com
171.68.10.140
7/3 171.68.10.70* cisco.com
171.68.10.140
7/4 171.68.10.70* cisco.com
171.68.10.140
7/5 171.68.10.70* cisco.com
171.68.10.140
(*):Primary
 
Port CallManagerState DSP-Type
-------- ---------------- --------
7/1 registered C549
7/2 registered C549
7/3 registered C549
7/4 registered C549
7/5 registered C549
 
Port NoiseRegen NonLinearProcessing
----- ---------- -------------------
7/1 enabled enabled
7/2 enabled enabled
7/3 enabled enabled
7/4 enabled enabled

show port voice active

ポート上のアクティブ コールに関する情報を表示するには、 show port voice active コマンドを使用します。

show port voice active [ mod/port ] [ all | call | conference | transcode ] [ ipaddr ]

 
構文の説明

mod/port

(任意)モジュール番号およびモジュールのポート番号。

all

(任意)システムのすべてのコール(通常のコール、電話会議、およびトランスコーディング コール)を表示するためのキーワード。

call

(任意)24 ポート FXS アナログ インターフェイスおよび 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのコール情報を表示するためのキーワード。

conference

(任意)会議用に設定された 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのコール情報を表示するためのキーワード。

transcode

(任意)トランスコーディング用に設定された 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのコール情報を表示するためのキーワード。

ipaddr

(任意)リモート IP アドレス。

 
デフォルト

デフォルトでは、すべてのアクティブ コールが表示されます。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

show port voice active コマンドを使用したときに表示される情報は、スーパーバイザ エンジンの SNMP エージェントからは利用できません。

call キーワードは、24 ポート FXS アナログ インターフェイスおよび 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールでサポートされています。

conference キーワードと transcode キーワードは、8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールでサポートされています。

オプションの mod または mod/port 変数を使用すると、 詳細 形式で、指定したモジュールまたはポートに属するコールを表示できます。

8 ポート T1/E1 ISDN PRI サービスを設定したモジュールの場合は、1 ポートにつき最大 8 コールありますが、24 ポート FXS アナログ ステーション インターフェイス サービスを設定したモジュールの場合は 1 ポートにつき 1 コールだけです。

ipaddr オプションでは、指定した IP アドレスの特定の 1 コールが表示されます。IP エイリアスを使用することもできます。

このコマンドは、NAM ではサポートされません。

次に、システムのすべてのコール(通常のコール、電話会議、およびトランスコーディング コール)を表示する例を示します。

Console> show port voice active
Port Type Total Conference-ID/ Party-ID IP-Address
Transcoding-ID
----- ------------ ----- -------------- -------- ---------------
6/3 transcoding 1 2 12 192.1.1.12
10 10.6.106.101
8/2 call 1 - - 123.46.1.100
8/5 call 1 - - 123.46.1.101
8/7 conferencing 1 1 8 192.1.1.5
7 123.45.1.52
9 192.1.1.14
Total: 3
Console> (enable)
 

次に、通常のコールを表示する例を示します。

Console> (enable) show port voice active call
Port Total IP-Address
----- ----- ---------------
8/2 1 123.46.1.100
8/5 1 123.46.1.101
Total: 2 calls
Console> (enable)
 

次に、トランスコーディング用に設定された 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールに対する出力表示の例を示します。

Console> (enable) show port voice active transcode
Port Total Transcoding-ID Party-ID IP-Address
----- ----- -------------- -------- ---------------
6/3 1 2 12 192.1.1.12
10 10.6.106.101
Total: 1 transcoding session
Console> (enable)
 

次に、会議用に設定された 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールに対する出力表示の例を示します。

Console> (enable) show port voice active conference
Port Total Conference-ID Party-ID IP-Address
----- ----- -------------- -------- ---------------
8/7 1 1 8 192.1.1.5
7 123.45.1.52
9 192.1.1.14
Total: 1 conferencing session
Console> (enable)
 

次に、指定したポートに対するコールを表示する例を示します。

Console> show port voice active 3/2
Port 3/2:
Channel #1:
Remote IP address : 165.34.234.111
Remote UDP port : 124
Call state : Ringing
Codec Type : G.711
Coder Type Rate : 35243
Tx duration : 438543 sec
Voice Tx duration : 34534 sec
ACOM Level Current : 123213
ERL Level : 123 dB
Fax Transmit Duration : 332433
Hi Water Playout Delay : 23004 ms
Logical If index : 4
Low water playout delay : 234 ms
Receive delay : 23423 ms
Receive bytes : 2342342332423
Receive packets : 23423423402384
Transmit bytes : 23472377
Transmit packets : 94540
Channel #2:
Remote IP address : 165.34.234.112
Remote UDP port : 125
Call state : Ringing
Codec Type : G.711
Coder Type Rate : 35243
Tx duration : 438543 sec
Voice Tx duration : 34534 sec
ACOM Level Current : 123213
ERL Level : 123 dB
Fax Transmit Duration : 332433
Hi Water Playout Delay : 23004 ms
Logical If index : 4
Low water playout delay : 234 ms
Receive delay : 23423 ms
Receive bytes : 2342342332423
Receive packets : 23423423402384
Transmit bytes : 23472377
Transmit packets : 94540
Port 3/7 :
Conference ID: 1
Party ID: 8
Remote IP address : 192.1.1.5
UDP Port : 28848
Codec Type : G729 B CS ACELP VAD
Packet Size (ms) : 20
Party ID: 7
Remote IP address : 123.45.1.52
UDP Port : 28888
Codec Type : G711 ULAW PCM
Packet Size (ms) : 20
Party ID: 9
Remote IP address : 192.1.1.14
UDP Port : 28898
Codec Type : G711 ULAW PCM
Packet Size (ms) : 20
Total: 2
Console>
 

次に、24 ポート FXS アナログ インターフェイス モジュールまたは 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュール上で指定された IP アドレスに対する出力表示の例を示します。

Console> show port voice active 3/2 171.69.67.91
Remote IP address : 171.69.67.91
Remote UDP port : 125
Call state : Ringing
Codec Type : G.711
Coder Type Rate : 35243
Tx duration : 438543 sec
Voice Tx duration : 34534 sec
ACOM Level Current : 123213
ERL Level : 123 dB
Fax Transmit Duration : 332433
Hi Water Playout Delay : 23004 ms
Logical If index : 4
Low water playout delay : 234 ms
Receive delay : 23423 ms
Receive bytes : 2342342332423
Receive packets : 23423423402384
Transmit bytes : 23472377
Transmit packets : 94540
Console>

 
関連コマンド

set port voice interface dhcp

show port voice fdl

指定したポートのファシリティ データ リンク統計情報を表示するには、 show port voice fdl コマンドを使用します。

show port voice fdl [ mod [ /port ] ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM ではサポートされません。

次に、8 ポート T1/E1 ISDN PRI サービスを設定したモジュール上の FDL 情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show port voice fdl 7/1-3
Port ErrorEvents ErroredSecond SeverlyErroredSecond
Last 15’ Last 24h Last 15’ Last 24h Last 15’ Last 24h
----- -------- -------- -------- -------- -------- -----------
7/1 17 18 19 20 21 22
7/2 17 18 19 20 21 22
7/3 17 18 19 20 21 22
 
Port FailedSignalState FailedSignalSecond
Last 15’ Last 24h Last 15’ Last 24h
----- -------- -------- -------- ---------
7/1 37 38 39 40
7/2 37 38 39 40
7/3 37 38 39 40
 
Port LES BES LCV
Last 15’ Last 24h Last 15’ Last 24h Last 15’ Last 24h
----- -------- -------- -------- -------- -------- --------
7/1 41 48 49 50 53 54
7/2 41 48 49 50 53 54
7/3 41 48 49 50 53 54
Console> (enable)
 

表 2-71 に、show port voice fdl コマンドで(指定したポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-71 show port voice fdl コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

ErrorEvents

エラー イベントのカウント

ErroredSecond

エラーの秒数

SeverelyErroredSecond

重大エラーの秒数

FailedSignalState

信号不良ステート エラーのカウント

FailedSignalSecond

信号不良ステートのカウント

LES

Line Errored Seconds(検出された回線エラー秒数)

BES

Bursty Errored Seconds(検出されたバースト エラー秒数)

LCV

Line Code Violation(検出されたライン コード バイオレーション秒数)

 
関連コマンド

show port voice

show port voice interface

ポートの音声インターフェイス コンフィギュレーションを表示するには、 show port voice interface コマンドを使用します。

show port voice interface [ mod [ /port ] ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号。

port

(任意)モジュール上のポート番号。

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM ではサポートされません。

次に、特定のモジュールの音声インターフェイス情報を表示する例を示します。

Console> show port voice interface 5
Port DHCP MAC-Address IP-Address Subnet-Mask
-------- ------- ----------------- --------------- ---------------
5/1-24 disable 00-10-7b-00-13-ea 10.6.15.158 255.255.255.0
 
Port Call-Manager(s) DHCP-Server TFTP-Server Gateway
-------- ----------------- --------------- --------------- ---------------
5/1-24 10.6.15.155 - 10.6.15.155 -
 
Port DNS-Server(s) Domain
-------- ----------------- -------------------------------------------------
5/1-24 12.2.2.1* cisco.cisco.com
7.7.7.7
(*): Primary
Console>

show proc

CPU、メモリの割り当て、プロセス使用率の情報を表示するには、 show proc コマンドを使用します。

show proc [ cpu | mem ]

 
構文の説明

cpu

(任意)CPU 情報を指定するためのキーワード。

mem

(任意)メモリ割り当て情報を指定するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、特権モードだけで入力できます。

cpu または mem を指定しなかった場合は、プロセス情報が表示されます。 mem キーワードを使用すると、どの程度のメモリが各プロセスに割り当てられ、解放されているかなどのメモリ割り当て情報を表示できます。

次に、CPU 情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show proc cpu
(W)CPU utilization for five seconds: 1.0%; one minute: 1. 0%; five minutes: 1. %
 
PID Runtime(ms) Invoked uSecs 5Sec 1Min 5min TTY Process
0 0 0 0 99.10% 99.0 % 99.0 % 0 idle
1 1 36 1000 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0 Flash MIB Updat
2 1342 2846 460000 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0 SynDiags
3 730172 4440594 400000 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0 SynConfig
4 33752 424120 1000 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0 Statuspoll
5 7413 44916 1000 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0 SWPoll64bCnt
6 9568 15889836 1000 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0 SL_TASK
7 746 636118 105000 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0 RedundantTask
Console> (enable)
 

次に、プロセス使用率情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show proc
PID Q T PC Runtime(ms) Invoked uSecs Stacks TTY Process
0 1 rd 0x80407b10 0 0 0 1640/6144 0 idle
1 65376 st 0x80407d8c 1 36 1000 1188/6144 0 Flash MIB Upda
2 2 st 0x80407d8c 1342 2846 460000 3160/6144 0 SynDiags
3 1 rd 0x80407d8c 729979 4439406 400000 1672/6144 0 SynConfig
4 2 si 0x80407d8c 33739 424007 1000 1572/6144 0 Statuspoll
5 4 si 0x80407d8c 7413 44916 1000 1888/6144 0 SWPoll64bCnt
6 2 si 0x80407d8c 9565 15885713 1000 1096/6144 0 SL_TASK
7 2 si 0x80407d8c 746 635948 105000 1192/6144 0 RedundantTask
Console> (enable)

次に、プロセス情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show proc mem
 
Total: 10945712, Used: 1438992, Free: 9506720
PID TTY Allocated Freed Holding Process
0 0 706240 2832 703408 idle
1 0 240 0 240 Flash MIB Updat
2 0 164944 164144 800 SynDiags
3 0 208224 2992 205232 SynConfig
4 0 96 0 96 Statuspoll
5 0 2592 2560 32 SWPoll64bCnt
6 0 80 0 80 SL_TASK
7 0 2272 1952 320 RedundantTask
Console> (enable)
 

表 2-72 に、show proc コマンド出力で表示される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-72 show proc コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

CPU Utilization

直前の 5 秒間、1 分間、および 5 分間に CPU で実行されていたすべてのプロセスからの全負荷の合計

PID

プロセス ID

Runtime

開始以降のプロセスの実行時間(ミリ秒単位)

Invoked

開始以降にプロセスが呼び出された回数

uSecs

1 回の呼び出しでプロセスが実行された最大回数

5sec

直前の 5 秒間に CPU でこのプロセスが実行された時間

1Min

直前の 1 分間に CPU でこのプロセスが実行された時間

5Min

直前の 5 分間に CPU でこのプロセスが実行された時間

TTY

プロセスに関連付けられた TTY

Process

プロセスの名前

Allocated

以前に解放されたメモリを含め、開始以降にプロセスによって割り当てられたすべてのメモリ容量

Freed

プロセスが現在までに解放したメモリ容量

Holding

プロセスが現在占有しているメモリ容量

Q

数値によるプロセス プライオリティ。数値が低いほど、プライオリティが高いことを示します。

T

プロセスの状態(Running、we = イベントを待機している、st = スリープしている、si = 間隔を置いてスリープしている、rd = 実行する準備が整っている、id = アイドル状態、xx = デッド/ゾンビ状態)

PC

「show_process」機能に対する呼び出し側 PC

Stacks

プロセスによって使用されるスタックのサイズと、プロセスに割り当てられる合計スタック サイズ(バイト単位)

show protocolfilter

プロトコル フィルタリングがイネーブルとディセーブルのどちらに設定されているかを一覧表示するには、show protocolfilter コマンドを使用します。

show protocolfilter

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、プロトコル フィルタリングがイネーブルとディセーブルのどちらに設定されているかを表示する例を示します。

Console> show protocolfilter
Protocol filtering is enabled on this switch.
Console>

show pvlan

特定のプライベート VLAN に対するコンフィギュレーションを表示するには、show pvlan コマンドを使用します。

show pvlan [ vlan | primary | isolated | community | twoway-community ]

 
構文の説明

vlan

(任意)プライベート VLAN の番号。

primary

(任意)プライマリ プライベート VLAN を表示するためのキーワード。

isolated

(任意)独立プライベート VLAN を表示するためのキーワード。

community

(任意)コミュニティ VLAN を表示するためのキーワード。

twoway-community

(任意)双方向コミュニティ VLAN を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

双方向コミュニティ PVLAN は、コミュニティ ポート間および MSFC 間でトラフィックを伝送するコミュニティ PVLAN です。

次に、VLAN 10 のステータスを表示する例を示します。

Console> show pvlan 10
Primary Secondary Secondary-Type Ports
------- --------- -------------- ------------
10 20 isolated 6/1
Console>
 

次に、プライマリとして設定されたすべての VLAN のステータスを表示する例を示します。

Console> show pvlan primary
Primary Secondary Secondary-Type Ports
------- --------- -------------- ------------
10 20 isolated 6/1
11 21 isolated 6/2
30 - -
Console>
 

次に、独立として設定されたすべての VLAN のステータスを表示する例を示します。

Console> show pvlan isolated
Primary Secondary Secondary-Type Ports
------- --------- -------------- ------------
10 20 isolated 6/1
11 21 isolated 6/2
- 31 isolated
Console>
 

次に、コミュニティとして設定されたすべての VLAN のステータスを表示する例を示します。

Console> show pvlan community
Primary Secondary Secondary-Type Ports
------- --------- -------------- ------------
7 902 community 2/4-6
Console>

show pvlan capability

ポートをプライベート ポートにできるかどうかを確認するには、show pvlan capability コマンドを使用します。

show pvlan capability mod/port

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、ポートを PVLAN にできるかどうかを確認する例を示します。

Console> (enable) show pvlan capability 5/20
Ports 5/13 - 5/24 are in the same ASIC range as port 5/20.
 
Port 5/20 can be made a private vlan port.
Console> (enable)
 

次に、ポートを PVLAN にできない場合の出力の例を示します。

Console> (enable) show pvlan capability 3/1
Port 3/1 cannot be made a private vlan port due to:
------------------------------------------------------
Promiscuous ports cannot be made private vlan ports.
Console> (enable)
 
Console> (enable) show pvlan capability 5/1
Ports 5/1 - 5/12 are in the same ASIC range as port 5/1.
 
Port 5/1 cannot be made a private vlan port due to:
------------------------------------------------------
Trunking ports are not Private Vlan capable.
Conflict with Promiscuous port(s) : 5/2
Console> (enable)
 
Console> (enable) show pvlan capability 5/2
Ports 5/1 - 5/12 are in the same ASIC range as port 5/2.
 
Port 5/2 cannot be made a private vlan port due to:
------------------------------------------------------
Promiscuous ports cannot be made private vlan ports.
Conflict with Trunking port(s) : 5/1
Console> (enable)
 
Console> (enable) show pvlan capability 5/3
Ports 5/1 - 5/12 are in the same ASIC range as port 5/3.
 
Port 5/3 cannot be made a private vlan port due to:
------------------------------------------------------
Conflict with Promiscuous port(s) : 5/2
Conflict with Trunking port(s) : 5/1
Console> (enable)
 
Console> (enable) show pvlan capability 15/1
Port 15/1 cannot be made a private vlan port due to:
------------------------------------------------------
Only ethernet ports can be added to private vlans.
Console> (enable)

show pvlan mapping

混合ポートで設定されたプライベート VLAN マッピングを表示するには、show pvlan mapping コマンドを使用します。

show pvlan mapping [ private_vlan | mod/port ]

 
構文の説明

private_ vlan

(任意)プライベート VLAN の番号。

mod/port

(任意)モジュール番号とポート番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、ポートごとにプライベート VLAN マッピングを表示する例を示します。

Console> show pvlan mapping
Port Primary Secondary
---- ------- ---------
6/3 10 20
Console>
 

次に、特定の VLAN のプライベート VLAN マッピングを表示する例を示します。

Console> show pvlan mapping 10
Primary Secondary Ports
------- --------- -----
10 20 6/3
Console>
 

次に、特定のポートのプライベート VLAN マッピングを表示する例を示します。

Console> show pvlan mapping 6/3
Port Primary Secondary
---- ------- ---------
6/3 10 20
Console>
 

次に、VLAN がまったくマッピングされていない場合の結果の例を示します。

Console> show pvlan mapping
Port Primary Secondary
---- ------- ---------
No Private Vlan Mappings configured.
Console>

show qos acl editbuffer

編集バッファ内の ACL 名を表示するには、show qos acl editbuffer コマンドを使用します。

show qos acl editbuffer

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

設定したコミット済みアクセス リストを表示するには、 show qos acl editbuffer コマンドを入力します。この情報は、ACE を追加または削除する 場合に役立ちます

次に、QoS ACL 編集バッファの内容を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos acl editbuffer
ACL Type Status
-------------------------------- ---- ----------
ip1 IP Committed
ipx1 IPX Committed
mac1 MAC Committed

 
関連コマンド

commit
rollback

show qos acl info

QoS ACL 情報を表示するには、show qos acl info コマンド セットを使用します。

show qos acl info default-action { ip | ipx | mac | all }

show qos acl info runtime { acl_name | all }

show qos acl info config { acl_name | all } [ editbuffer [ editbuffer_index ]]

 
構文の説明

default-action

アクセス リストのどのエントリとも一致しないパケットに対して、( set qos acl default-action コマンドを使用して)デフォルト アクションを表示するためのキーワード

ip

QoS IP ACL 情報を表示するためのキーワード。

ipx

すべての QoS IPX ACL 情報を表示するためのキーワード。

mac

すべての QoS MAC ACL 情報を表示するためのキーワード。

all

すべての QoS ACL 情報を表示するためのキーワード。

runtime

ランタイム ACE 情報を表示するためのキーワード。

acl_name

表示する ACL の名前。

config

設定した ACE 情報を表示するためのキーワード。

editbuffer

(任意)編集バッファ情報を表示するためのキーワード。

editbuffer_index

(任意)ACL 内での ACE の位置。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

次に、すべての ACL のデフォルト設定を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos acl info default-action all
set qos acl default-action
--------------------------
ip dscp 7 my1 my2
ipx dscp 0
mac dscp 0
Console> (enable)
 

次に、特定の ACL の編集バッファ情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos acl info my_ip_acl editbuffer
set qos acl ip my_ip_acl
----------------------------------------------------
1. set qos acl ip my_ip_acl trustdscp microflow my-micro tcp 1.2.3.4 255.0.0.0
eq port 21 172.20.20.1 255.255.255.0
2. set qos acl ip my_ip_acl trustdscp microflow my-micro aggregate agg tcp
173.22.3.4 255.0.0.0 eq port 19 173.22.20.1 255.255.255.0 tos 5
ACL status: Not Committed
Console> (enable)
 

次に、特定の ACL に関する情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos acl info my_ip_acl
set qos acl ip my_ip_acl
----------------------------------------------------
1. trust-dscp microflow my-micro tcp 1.2.3.4 255.0.0.0 eq
port 21 172.20.20.1 255.255.255.0 tos 5
2. trust-dscp microflow my-micro aggregate agg tcp
173.22.3.4 255.0.0.0 eq port 19 173.22.20.1 255.255.255.0 tos 5
Console> (enable)
 

次に、すべての ACL に対するランタイム情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos acl info runtime all
set qos acl IP _Cops_1
----------------------------------------------
1. dscp 0 any
 
set qos acl IP _Cops_2
----------------------------------------------
1. dscp 8 ip 10.0.0.0 0.255.255.255 10.0.0.0 0.255.255.255
2. dscp 16 tcp any any
3. dscp 24 udp any any
Console> (enable)

show qos acl map

ACL マッピング情報を表示するには、show qos acl map コマンドを使用します。

show qos acl map { config | runtime } { acl_name | mod/port | vlan | all }

 
構文の説明

config

NVRAM QoS 情報を表示するためのキーワード。

runtime

QoS ランタイム情報を表示するためのキーワード。

acl_name

リストの名前。

mod/port

モジュール番号およびポート番号。

vlan

VLAN リスト。

all

すべての ACL に関する情報を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

現在のランタイム情報にかかわらず、CLI から設定され、NVRAM に保存された情報を表示するには、config キーワードを入力します。


) スイッチオーバーが発生した場合、新しいアクティブ スーパーバイザ エンジン上の COPS-DS クライアントが PDP への接続を確立し、QoS ポリシーをダウンロードするまで、COPS-DS を使用して配置された ACL とポリサーは表示できません。QoS ポリシーが新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンにダウンロードされるまで、出力のランタイム フィールドは空白になります。


次に、すべての ACL の情報を表示する例を示します。

Console> show qos acl map all
ACL name Vlan # Ports
-------- ----------------- -----------------------------
web-acc 1,4-7
isp1 2 1/1
Console>
 

次に、特定の VLAN に関する情報を表示する例を示します。

Console> show qos acl map 1
Vlan ACL name
---- ----------------
1 web-acc
Console>
 

次に、特定の ACL に関する情報を表示する例を示します。

Console> show qos acl map isp1
 
ACL name Vlan # Ports
-------- ---------------- ---------------
isp1 2 1/1
Console>

 
関連コマンド

set qos acl map
clear qos acl

show qos acl resource-usage

ACL 管理情報を表示するには、 show qos acl resource-usage コマンドを使用します。

show qos acl resource-usage

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、ACL 管理情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos acl resource-usage
ACL resource usage:
Label:0%
Logical Operation Unit:0%
TCAM mask:0%
TCAM value:0%
Console> (enable)

 
関連コマンド

commit
rollback

show qos bridged-packet-policing

VLAN ブリッジド パケットのポリシング ステータスを表示するには、 show qos bridged-packet-policing コマンドを使用します。

show qos bridged-packet-policing [ vlan ]

 
構文の説明

vlan

(任意)VLAN の番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

VLAN 番号を指定しなかった場合は、すべての VLAN のステータスが表示されます。

次に、特定の VLAN のステータスを表示する例を示します。

Console> show qos bridged-packet-policing 1
QoS policing is enabled for bridged packets on vlan 1.
Console>
 

次に、すべての VLAN のステータスを表示する例を示します。

Console> show qos bridged-packet-policing
QoS policing is enabled for bridged packets on the following vlans:
1, 2, 3
Console>

show qos info

指定したポートの QoS 関連情報を表示するには、show qos info コマンド セットを使用します。

show qos info {runtime | config} {mod/port}

show qos info config port_type { tx | rx }

 
構文の説明

runtime

現在の QoS ランタイム情報を表示するためのキーワード。

config

NVRAM QoS 設定を表示するためのキーワード。

mod/port

モジュール番号とポート番号。

port_type

ポート タイプ。有効値は、 送信 では 2q2t 1p3q1t 、および 1p2q2t、受信では 1q4t、1p1q4t 、および 1p1q0t です。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

tx

送信ポート情報を表示するためのキーワード。

rx

受信ポート情報を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

ハードウェアで現在使用されている値を表示するには、show qos info runtime mod/port コマンドを入力し、管理によって設定された(NVRAM に格納されている)値を表示するには show qos info runtime mod/port コマンドを入力します。QoS がディセーブルになっている場合、出力は異なります。QoS をディセーブルにした場合、すべてのポートで設定した値は、NVRAM に格納されている値とは異なります。QoS をイネーブルにした場合、NVRAM 内の値が、ハードウェアをプログラムするために使用されます。

show qos info runtime mod/port の出力には、ドロップしきい値、キュー サイズ、および WRR に対して指定した絶対値と比率の両方が表示されます。ただし、ハードウェアで許可される設定の精細度のために、絶対値は、指定した比率と正確に一致しないことがあります。

port_type 値(2q2t 1p2q2t 1q4t、1p1q4t など)の文字 t の前の数字によって、ハードウェアがサポートするしきい値の数が決まります。たとえば、2q2t と 1p2q2t では、指定されたしきい値の数は 2 です。1q4t と 1p1q4t では、指定されたしきい値の数は 4 です。ハードウェアのプログラミング上の精細度によって、ハードウェアに設定される値は指定した値の近似値になります。

port_type 値内の文字 q の前の数字によって、ハードウェアがサポートするキュー数が決まります。たとえば、2q2t と 1p2q2t では、指定されたキューの数は 2 です。1q4t と 1p1q4t では、指定されたキューの数は 4 です。送信キューのシステム デフォルトでは、ポートを通した最大遅延を最大 10 ms に維持しようとします。

port_type 値(1p2q2t、1p1q4t など)の文字 p の前の数字によって、プライオリティ キューのしきい値が決まります。

ポート タイプ 1p2q1t 1p1q8t は、サポートされていません。


) スイッチオーバーが発生した場合、新しいアクティブ スーパーバイザ エンジン上の COPS-DS クライアントが PDP への接続を確立し、QoS ポリシーをダウンロードするまで、COPS-DS を使用して配置された ACL とポリサーは表示できません。QoS ポリシーが新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンにダウンロードされるまで、出力のランタイム フィールドは空白になります。


次に、QoS-related NVRAM-transmit しきい値情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos info config 2q2t tx
QoS setting in NVRAM for 2q2t transmit:
QoS is disabled
CoS = 0
Queue and Threshold Mapping:
Queue Threshold CoS
----- --------- ---------------
1 1 0 1
1 2 2 3
2 1 4 5
2 2 6 7
Tx drop thresholds:
Queue # Thresholds - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 40% 100%
2 40% 100%
Queue Sizes:
Queue # Sizes - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 80%
2 20%
WRR Configuration:
Ports have transmit ratios between queue 1 and 2 of
100:256
Console> (enable)
 

次に、QoS-related NVRAM-receive しきい値情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos info config 1p1q4t rx
QoS setting in NVRAM for 1p1q4t receive:
QoS is disabled
Queue and Threshold Mapping for 1p1q4t (rx):
Queue Threshold CoS
----- --------- ---------------
1 1 0
1 2 2 3
1 3 4 5
1 4 1 6 7
2 1
Rx drop thresholds:
Queue # Thresholds - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 50% 60% 80% 100%
Console> (enable)
 

次に、すべての QoS-related NVRAM しきい値情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos info config 2q2t tx
QoS setting in NVRAM for 2q2t transmit:
QoS is enabled
Queue and Threshold Mapping:
Queue Threshold CoS
----- --------- ---------------
1 1 0 1
1 2 2 3
2 1 4 5
2 2 6 7
Tx drop thresholds:
Queue # Thresholds - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 40% 100%
2 40% 100%
Queue Sizes:
Queue # Sizes - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 80%
2 20%
WRR Configuration:
Ports with 2q2t have ratio of 100:255 between transmit queue 1 and 2
Console> (enable)
 

次に、現在の QoS のランタイム情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos info runtime 1/1
Run time setting of QoS:
QoS is enabled on 2/1
Port 2/1 has 2 transmit queue with 2 drop thresholds (2q2t).
Port 2/1 has 1 receive queue with 4 drop thresholds (1q4t).
The qos trust type is set to trust-cos.
CoS = 0
Queue and Threshold Mapping:
Queue Threshold CoS
----- --------- ---------------
1 1 0 1
1 2 2 3
2 1 4 5
2 2 6 7
Rx drop thresholds:
Queue # Thresholds - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 50% (38912 bytes) 60% (46688 bytes) 80% (62240 bytes) 100% (73696
bytes)
Tx drop thresholds:
Queue # Thresholds - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 40% (144224 bytes) 100% (360416 bytes)
2 40% (32864 bytes) 100% (77792 bytes)
Queue Sizes:
Queue # Sizes - percentage (abs values)
------- -------------------------------------
1 80% (360416 bytes)
2 20% (81888 bytes)
WRR Configuration:
Ports with speed 1000Mbps have ratio of 100:255 between transmit queue 1
and 2 (25600:65280 bytes)
Console> (enable)
 

次に、現在の QoS の設定情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos info config 8/1
QoS setting in NVRAM:
QoS is disabled
Port 8/1 has 3 transmit queue with 2 drop thresholds (1p2q2t).
Port 8/1 has 2 receive queue with 4 drop thresholds (1p1q4t).
ACL attached:
The qos trust type is set to untrusted.
CoS = 0
Queue and Threshold Mapping for 1p2q2t (tx):
Queue Threshold CoS
----- --------- ---------------
1 1 0 1
1 2 2 3
2 1 4 5
2 2 7
3 1 6
Queue and Threshold Mapping for 1p1q4t (rx):
Queue Threshold CoS
----- --------- ---------------
1 1 0
1 2 2 3
1 3 4 5
1 4 1 6 7
2 1
Rx drop thresholds:
Rx drop thresholds are disabled for untrusted ports.
Queue # Thresholds - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 50% 60% 80% 100%
Tx drop thresholds:
Tx drop-thresholds feature is not supported for this port type.
Tx WRED thresholds:
Queue # Thresholds in percentage ( in abs values )
------- ------------------------------------------
1 80% 100%
2 80% 100%
Queue Sizes:
Queue # Sizes - percentage (abs values )
------- -------------------------------------
1 70%
2 15%
3 15%
WRR Configuration of ports with speed 1000Mbps:
Queue # Ratios (abs values )
------- -------------------------------------
1 100
2 255
Console> (enable)
 

次に、現在の QoS の設定情報を表示するもう 1 つの例を示します。

Console> (enable) show qos info config 1p2q2t tx
QoS setting in NVRAM for 1p2q2t transmit:
QoS is enabled
Queue and Threshold Mapping:
Tx WRED thresholds:
Queue # Thresholds - percentage
------- ------------------------------------------
1 0%:60% 0%:90%
2 0%:50% 0%:90%
Tx queue size ratio:
Queue # Sizes - percentage
------- -------------------------------------
1 70%
2 15%
3 15%
WRR Configuration of ports with 1p2q2t:
Queue # Ratios
------- -------------------------------------
1 5
2 255
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos

show qos mac-cos

MAC アドレスと VLAN ペアに対して現在設定されている QoS 関連情報を表示するには、show qos mac-cos コマンド セットを使用します。

show qos mac-cos dest_mac [ vlan ] [ config ]

show qos mac-cos all [ config ]

 
構文の説明

dest_mac

宛先ホストの MAC アドレス。

vlan

(任意)VLAN 番号。有効値は 1 1005 です。

config

(任意)NVRAM QoS 設定を表示するためのキーワード。

all

すべての MAC アドレスと VLAN ペアを指定するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

現在 設定されている QoS 関連情報を表示するには、show qos mac-cos コマンドを入力します。

現在のランタイム情報にかかわらず、CLI から設定され、NVRAM に保存された情報を表示するには、config キーワードを入力します。

次に、すべての MAC アドレスと VLAN ペアに対して現在設定されている QoS 関連情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos mac-cos all
VLAN Dest MAC CoS
---- ------------------ ---
1 01-02-03-04-05-06 2
9 04-05-06-07-08-09 3
Console> (enable)
 

次に、指定した MAC アドレスに対して現在設定されている QoS 関連情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos mac-cos 01-02-03-04-05-06
VLAN Dest MAC CoS
---- ------------------ ---
1 01-02-03-04-05-06 2
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos mac-cos
clear qos mac-cos

show qos maps

さまざまなマップのマッピングを表示するには、show qos maps コマンドを使用します。

show qos maps { config | runtime } [[ cos-dscp-map | ipprec-dscp-map | dscp-cos-map | policed-dscp-map [ normal-rate | excess-rate ]]

 
構文の説明

config

NVRAM QoS 設定を表示するためのキーワード。

runtime

現在の QoS 設定を表示するためのキーワード。

cos-dscp-map

(任意)CoS/DSCP マップを指定するためのキーワード。

ipprec-dscp-map

(任意)IP precedence/DSCP マップを指定するためのキーワード。

dscp-cos-map

(任意)DSCP/CoS マップを指定するためのキーワード。

policed-dscp-map

(任意)マークダウンするマップを指定するためのキーワード。

normal-rate

(任意)標準レートを指定するためのキーワード。

excess-rate

(任意)超過レートを指定するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

現在のランタイム情報にかかわらず、CLI から設定され、NVRAM に保存された情報を表示するには、config キーワードを入力します。

オプションを指定しなかった場合は、すべてのマップが表示されます。


) スイッチオーバーが発生した場合、新しいアクティブ スーパーバイザ エンジン上の COPS-DS クライアントが PDP への接続を確立し、QoS ポリシーをダウンロードするまで、COPS-DS を使用して配置された ACL とポリサーは表示できません。QoS ポリシーが新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンにダウンロードされるまで、出力のランタイム フィールドは空白になります。


次に、 CoS/DSCP マップを表示する例を示します。

Console> show qos maps cos-dscp-map
CoS - DSCP map:
CoS DSCP
--- ---------------
0 10
...
7 52
Console>
 

次に、 ipprec/DSCP マップを表示する例を示します。

Console> show qos maps ipprec-dscp-map
IP-Precedence - DSCP map:
IP-Prec DSCP
------- -------------------
0 1
...
7 52
Console>
 

次に、 DSCP/CoS マップを表示する例を示します。

Console> show qos maps dscp-cos-map
DSCP - CoS map:
DSCP CoS
--------------- ----
34-40,60 0
...
50 7
Console>
 

次に、 policed/DSCP マップを表示する例を示します。

Console> show qos maps policed-dscp-map
DSCP policed-dscp map:
In-profile DSCP Policed DSCP
--------------- -------------
0-20 0
Console>
 

次に、すべてのマップを表示する例を示します。

Console> show qos maps
CoS - DSCP map:
CoS DSCP
--- ---------------
0 10
...
7 52
 
IP-Precedence - DSCP map:
IP-Prec DSCP
------- -------------------
0 1
...
7 52
 
IP-Precedence - CoS map:
IP-Prec CoS
------- -----
0 0
...
7 7
DSCP - CoS map:
DSCP CoS
--------------- ----
34-40,60 0
...
50 7
 
DSCP policed-dscp map:
In-profile DSCP Policed DSCP
--------------- -------------
0-20 0
Console>
 

次に、すべての標準レート マップを表示する例を示します。

Console> (enable) show qos maps config policed-dscp-map normal-rate
DSCP - Policed DSCP map normal-rate:
DSCP Policed DSCP
-------------------------------- ------------
0, 24-63 0
1 1
2 2
3 3
4 4
5 5
6 6
7 7
8 8
9 9
10 10
11 11
12 12
13 13
14 14
15 15
16 16
17 17
18 18
19 19
20 20
21 21
22 22
23 23
Console>

show qos policer

現在設定されているマイクロフローまたは集約ポリサーを表示するには、 show qos policer コマンド セットを使用します。

show qos policer { config | runtime } { microflow [ policer_name ] | aggregate [ policer_name ] | all }

 
構文の説明

config

NVRAM QoS 設定を表示するためのキーワード。

runtime

現在の QoS ランタイム情報を表示するためのキーワード。

microflow

マイクロフロー ポリシング情報を指定するためのキーワード。

aggregate

集約ポリシング ルール情報を指定するためのキーワード。

policer_name

(任意)ポリサーの名前。

all

すべてのポリシング情報を指定するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン


) スイッチオーバーが発生した場合、新しいアクティブ スーパーバイザ エンジン上の COPS-DS クライアントが PDP への接続を確立し、QoS ポリシーをダウンロードするまで、COPS-DS を使用して配置された ACL とポリサーは表示できません。QoS ポリシーが新しいアクティブ スーパーバイザ エンジンにダウンロードされるまで、出力のランタイム フィールドは空白になります。


次に、現在設定されているすべてのポリシング情報を表示する例を示します。

Console> show qos policer config all
QoS microflow policers:
Microflow name Avg. rate Burst size Exceed action
------------------------------- --------- ---------- -------------
mic 55 64 drop
ACL attached
------------------------------------
 
QoS aggregate policers:
No aggregate policer found.
Console>
 

次に、マイクロフロー ポリシング情報を表示する例を示します。

Console> show qos policer config microflow
QoS microflow policers:
Microflow name Average rate Burst size Exceed action
-------------------- --------------- --------------- -------------
my-micro 1000 2000 drop
Microflow name ACL attached
-------------------- -----------------------------------------------
my-micro my-acl
Console>
 

次に、集約ポリシング情報を表示する例を示します。

Console> show qos policer config aggregate
QoS aggregate policers:
No aggregate policer found.
Console>
 

次に、特定のポリサーの集約ポリシング情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos policer config aggregate
QoS aggregate policers:
Aggregate name Normal rate (kbps) Burst size (kb) Normal action
----------------------------- ------------------ --------------- -------------
test2 64 100 policed-dscp
Excess rate (kbps) Burst size (kb) Excess action
------------------ -------------- ---------------
8000000 100 policed-dscp
ACL attached
------------------------------------
Console> (enable)

 
関連コマンド

clear qos policer
set qos policer

show qos policy-source

QoS ポリシー ソース情報を表示するには、show qos policy-source コマンドを使用します。

show qos policy-source

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

このコマンドでは、QoS ポリシー ソースがローカルまたは COPS のどちらに設定されているかが表示されます。

次に、QoS ポリシー ソースを表示する例を示します。

Console> show qos policy-source
QoS policy source for the switch set to local.
Console>

 
関連コマンド

set qos policy-source

show qos rsvp

RSVP 情報を表示するには、 show qos rsvp コマンド セットを使用します。

show qos rsvp info

show qos rsvp flow-info

 
構文の説明

info

RSVP ステータス情報を表示するためのキーワード。

flow-info

RSVP フロー情報を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

show qos rsvp flow-info コマンド出力に表示される RSVP フローの最大数は、次のとおりです。

Layer 3 Switching Engine WS-F6K-PFC(ポリシー フィーチャ カード)を搭載した Supervisor Engine 1 で設定されたスイッチでは 1024

Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 で設定されたシステムでは 1056

次に、RSVP ステータス情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos rsvp info
RSVP disabled.
RSVP policy timeout set to 30 minutes.
RSVP local policy set to forward.
Console> (enable)
 

次に、RSVP フロー情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos rsvp flow-info
RSVP enabled. Only RSVP qualitative service supported.
RSVP policy timeout set to 30 minutes.
 
Flow # SrcAddr DstAddr SrcPort DstPort Prot DSCP Time Valid
------ --------------- --------------- ------- ------- ---- ---- -----------
1 172.21.23.34 177.23.45.67 3001 3101 UDP 6 30
2 172.21.23.34 177.23.45.67 3002 3102 UDP 4 15
3 172.21.23.34 177.23.45.67 3003 3103 TCP 2 68
4 172.21.34.67 177.68.89.23 4004 4005 UDP 1 23
Console> (enable)

 
関連コマンド

clear qos policer
set qos rsvp

show qos statistics

指定したポートのさまざまな QoS 関連カウンタを表示するには、show qos statistics コマンド セットを使用します。

show qos statistics {mod [ /port ] }

show qos statistics l3stats

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号、および任意でモジュールのポート番号。

l3stats

レイヤ 3 統計情報を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

show qos statistics の出力では、Threshold #:Packets dropped フィールドには、各しきい値とドロップされたパケットの数が一覧表示されます。たとえば、1:0 pkt、2:0 pkts は、しきい値が 1 および 2 で、ドロップされたパケットが 0 であることを意味します。

次に、モジュール 2、ポート 1 の QoS 統計情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos statistics 2/1
Warning: QoS is disabled.
On Transmit:Port 2/1 has 2 Queue(s) 2 Threshold(s)
Q # Threshold #:Packets dropped
--- -----------------------------------------------
1 1:0 pkts, 2:0 pkts
2 1:0 pkts, 2:0 pkts
On Receive:Port 2/1 has 1 Queue(s) 4 Threshold(s)
Q # Threshold #:Packets dropped
--- -----------------------------------------------
1 1:0 pkts, 2:0 pkts, 3:0 pkts, 4:0 pkts
Console> (enable)
 

次に、QoS レイヤ 3 統計情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos statistics l3stats
Warning: QoS is disabled.
QoS Layer 3 Statistics show statistics since last read.
Packets dropped due to policing: 0
IP packets with ToS changed: 0
IP packets with CoS changed: 26
Non-IP packets with CoS changed: 0
Console> (enable)
 

次に、モジュール 2 の QoS 統計情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos statistics 2
Warning: QoS is disabled.
On Transmit:Port 2/1 has 2 Queue(s) 2 Threshold(s)
Q # Threshold #:Packets dropped
--- -----------------------------------------------
1 1:0 pkts, 2:0 pkts
2 1:0 pkts, 2:0 pkts
On Receive:Port 2/1 has 1 Queue(s) 4 Threshold(s)
Q # Threshold #:Packets dropped
--- -----------------------------------------------
1 1:0 pkts, 2:0 pkts, 3:0 pkts, 4:0 pkts
 
On Transmit:Port 2/2 has 2 Queue(s) 2 Threshold(s)
Q # Threshold #:Packets dropped
--- -----------------------------------------------
1 1:0 pkts, 2:0 pkts
2 1:0 pkts, 2:0 pkts
On Receive:Port 2/2 has 1 Queue(s) 4 Threshold(s)
Q # Threshold #:Packets dropped
--- -----------------------------------------------
1 1:0 pkts, 2:0 pkts, 3:0 pkts, 4:0 pkts
Console> (enable)

show qos statistics export info

QoS データ エクスポート コンフィギュレーションおよび統計情報を表示するには、show qos statistics export info コマンドを使用します。

show qos statistics export info

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、QoS データ エクスポート コンフィギュレーションおよび統計情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show qos statistics export info
QoS Statistics Status and Configuration Information
---------------------------------------------------
Export Status: disabled.
Export time interval: 35 seconds
Export destination: Stargate, UDP port 9996
 
Port Export
------ --------
1/1 enabled
1/2 disabled
2/2 enabled
2/5 enabled
2/7 enabled
 
Aggregate name Export
--------------- --------
ipagg_1 enabled
ipagg_2 disabled
ipagg_3 enabled
Console> (enable)

show qos status

QoS がスイッチでイネーブルになっているかどうかを表示するには、 show qos status コマンドを使用します。

show qos status

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、QoS がスイッチでイネーブルになっているかどうかを表示する例を示します。

Console> (enable) show qos status
Qos is enabled on this switch.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos

show radius

設定した RADIUS パラメータを表示するには、 show radius コマンドを使用します。

show radius [ noalias ]

 
構文の説明

noalias

(任意)IP アドレス(IP エイリアスではない)の表示を強制するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは通常モードまたは特権モードで入力できますが、特権モードでこのコマンドを入力した場合にだけ、RADIUS キーが表示されます。

次に、RADIUS 情報を表示する例を示します。

Console> show radius
Login Authentication: Console Session Telnet Session
--------------------- ---------------- ----------------
tacacs disabled disabled
radius disabled disabled
local enabled(primary) enabled(primary)
 
Enable Authentication: Console Session Telnet Session
---------------------- ----------------- ----------------
tacacs disabled disabled
radius disabled disabled
local enabled(primary) enabled(primary)
 
Radius Deadtime: 0 minutes
Radius Key:
Radius Retransmit: 2
Radius Timeout: 5 seconds
 
Radius-Server Status Auth-port
----------------------------- ------- ------------
172.20.52.3 primary 1812
Console>

show rcp

rcp 情報を表示するには、 show rcp コマンドを使用します。

show rcp

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、rcp 情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show rcp
rcp username for VMPS :xena
rcp username for others :jdoe
Console> (enable)

 
関連コマンド

clear rcp
set rcp username

show reset

スケジュールされたリセット情報を表示するには、 show reset コマンドを使用します。

show reset

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、スケジュールされたリセット情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show reset
Reset schedule for Fri Jan 21 2000, 23:00:00 (in 3 days 12 hours 56 minutes 57 seconds).
Reset reason: Software upgrade
Console> (enable)

 
関連コマンド

reset:スイッチ

show rgmp group

すべてのマルチキャスト グループまたは RGMP 対応ルータによって結合されるマルチキャスト グループのカウントを表示するには、 show rgmp group コマンドを使用します。

show rgmp group [mac_addr] [vlan_id]

show rgmp group count [vlan_id]

 
構文の説明

mac_addr

(任意)RGMP パケットの使用のために予約された MAC 宛先アドレス。

vlan_id

(任意)VLAN 番号。有効値は 1 1005 です。

count

RGMP 対応ルータによって結合される VLAN グループ内のエントリの合計数を表示するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、RGMP 対応ルータによって結合されるすべてのマルチキャスト グループの例を示します。

Console> show rgmp group
 
Vlan Dest MAC/Route Des RGMP Joined Router Ports
---------------------------------------------------------------------
1 01-00-5e-00-01-28 5/1,5/15
1 01-00-5e-01-01-01 5/1
2 01-00-5e-27-23-70* 3/1,5/1
Total Number of Entries=3
 
‘*’- Configured manually
Console>
 

次に、RGMP 対応ルータによって結合される VLAN グループ 1 のエントリに対する合計数の例を示します。

Console> show rgmp group count 1
RGMP enabled.
Total Number of Entries=2
Console>

show rgmp statistics

特定の VLAN のすべての RGMP 関連統計情報を表示するには、 show rgmp statistics コマンドを使用します。

show rgmp statistics [vlan]

 
構文の説明

vlan

(任意)VLAN の番号。

 
デフォルト

デフォルトは VLAN 1 です。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、特定の VLAN の RGMP 関連統計情報を表示する例を示します。

Console> show rgmp statistics 23
RGMP enabled
RGMP Statistics for vlan <23>:
Recieve:
Valid pkts: 20
Hellos: 10
Joins: 5
Leaves: 5
Join Alls: 0
Leave Alls: 0
Byes: 0
Discarded: 0
Transmit:
Total Pkts: 10
Failures: 0
Hellos: 10
Joins: 0
Leaves: 0
Join Alls: 0
Leave Alls: 0
Byes: 0
Console>

show rspan

リモート SPAN 設定を表示するには、 show rspan コマンドを使用します。

show rspan

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

表示されるフィールドは、設定によって異なります。たとえば、送信元セッションの場合、Destination、Incoming Packets、および Learning の各フィールドは表示されません。宛先セッションの場合、Admin Source、Oper Source、Direction、Multicast、Filter、および Max Bandwidth の各フィールドは表示されません。送信元セッションで VLAN フィルタリングを行わない場合、Filter フィールドは表示されません。

次に、 show rspan コマンドの出力表示の例を示します。

Console> (enable) show rspan
 
Destination : -
Rspan Vlan : 900
Admin Source : VLAN 50
Oper Source : Port 2/1,2/3,2/5,2/7,2/9,2/11,2/13,2/15,2/17,2/19
Direction : receive
Incoming Packets: -
Learning : -
Multicast : disabled
Filter : 10,20,30,40,500,600,700,800,900
Status : active
 
--------------------------------------------
 
Destination : Port 3/1
Rspan Vlan : 901
Admin Source : -
Oper Source : -
Direction : -
Incoming Packets: disabled
Learning : disabled
Multicast : -
Filter : -
Status : active
--------------------------------------------
 
Destination : Port 6/1
Rspan Vlan : 906
Admin Source : -
Oper Source : -
Direction : -
Incoming Packets: disabled
Learning : -
Multicast : -
Filter : -
 
--------------------------------------------
 
Destination : -
Rspan Vlan : 903
Admin Source : INBAND
Oper Source : INBAND
Direction : transmit
Incoming Packets: -
Learning : -
Multicast : disabled
Filter : -
 
--------------------------------------------
 
Destination : Port 7/1
Rspan Vlan : 902
Admin Source : -
Oper Source : -
Direction : -
Incoming Packets: enabled
Learning : -
Multicast : -
Filter : -
Console> (enable)

 
関連コマンド

set rspan

show running-config

スイッチで現在実行されている設定情報または特定の ACL の設定を表示するには、 show running-config コマンドを使用します。

show running-config [ system | mod_num ] [ all ]

show running-config acl location

show running-config qos acl { acl_name | all }

 
構文の説明

system

(任意)現在のシステム設定を表示するためのキーワード。

mod_num

(任意)モジュール番号。

all

(任意)IP アドレスを含め、すべてのモジュールとシステムの設定情報を指定するためのキーワード。

acl location

現在の ACL 設定情報を表示するためのキーワード。

qos acl acl_name

特定の ACL の現在の QoS ACL 設定情報を表示するためのキーワードおよび変数。

qos acl all

すべての ACL の現在の QoS ACL 設定情報を表示するためのキーワードおよび変数。

 
デフォルト

デフォルトでは、デフォルト以外の設定だけが表示されます。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

all キーワードを入力すると、設定全体を表示できます。

次に、デフォルト以外のシステムとモジュールの設定を表示する例を示します。

Console> (enable) show running-config
This command shows non-default configurations only.
Use 'show config all' to show both default and non-default configurations.
..............
 
..................
....................
 
..
 
begin
!
# ***** NON-DEFAULT CONFIGURATION *****
!
!
#time: Mon Jun 11 2001, 08:22:17
!
#version 6.3(0.56)PAN
!
 
!
#!
#vtp
set vtp domain dan
set vtp mode transparent
set vlan 1 name default type ethernet mtu 1500 said 100001 state active
set vlan 1002 name fddi-default type fddi mtu 1500 said 101002 state active
set vlan 1004 name fddinet-default type fddinet mtu 1500 said 101004 state acti
e stp ieee
set vlan 1005 name trnet-default type trbrf mtu 1500 said 101005 state active s
p ibm
set vlan 2,10-11
set vlan 1003 name token-ring-default type trcrf mtu 1500 said 101003 state act
ve mode srb aremaxhop 7 stemaxhop 7 backupcrf off
!
#ip
set interface sc0 1 172.20.52.19/255.255.255.224 172.20.52.31
 
set ip route 0.0.0.0/0.0.0.0 172.20.52.1
!
#set boot command
set boot config-register 0x10f
set boot system flash bootflash:cat6000-sup2-d.6-3-0-56-PAN.bin
set boot system flash bootflash:cat6000-sup2-d.6-3-0-54-PAN.bin
set boot system flash bootflash:cat6000-sup2-d.6-3-0-46-PAN.bin
set boot system flash bootflash:cat6000-sup2-d.6-3-0-44-PAN.bin
set boot system flash bootflash:
!
#qos
set qos wred 1p2q2t tx queue 1 60:80 80:100
set qos wred 1p2q2t tx queue 2 60:80 80:100
set qos wred 1p3q1t tx queue 1 80:100
set qos wred 1p3q1t tx queue 2 80:100
set qos wred 1p3q1t tx queue 3 80:100
!
#mmls nonrpf
set mmls nonrpf timer 0
!
#security ACLs
clear security acl all
#pbf set
set pbf mac 00-01-64-61-39-c3
#adj set
set security acl adjacency ADJ2 10 00-00-00-00-00-0a 00-00-00-00-00-0b mtu 9600
#
commit security acl all
!
# default port status is enable
!
!
#module 1 empty
!
#module 2 : 2-port 1000BaseX Supervisor
!
#module 3 : 48-port 10/100BaseTX Ethernet
set vlan 10 3/1
set vlan 11 3/2
!
#module 4 empty
!
#module 5 : 0-port Switch Fabric Module
!
#module 6 empty
!
#module 7 empty
!
#module 8 empty
!
#module 9 empty
!
#module 15 empty
!
#module 16 empty
end
Console> (enable)
 

次に、モジュール 3 に対してデフォルト以外のシステム設定を表示する例を示します。

Console> (enable) show running-config 3
This command shows non-default configurations only.
Use 'show config <mod> all' to show both default and non-default configurations.
....................
begin
!
# ***** NON-DEFAULT CONFIGURATION *****
!
!
#time: Mon Jun 11 2001, 08:33:25
!
# default port status is enable
!
!
#module 3 : 48-port 10/100BaseTX Ethernet
set vlan 10 3/1
set vlan 11 3/2
end
Console> (enable)

show security acl

NVRAM とハードウェアに現在設定されている、または最後にコミットされた VACL の内容を表示するには、 show security acl コマンド セットを使用します。

show security acl

show security acl [ editbuffer ]

show security acl info { acl_name | adjacency| all } [ editbuffer [ editbuffer_index ]]

 
構文の説明

editbuffer

(任意)編集バッファ内の VACL を表示するためのキーワード。

info

NVRAM とハードウェアに最後にコミットされた VACL の内容を表示するためのキーワード。

acl_name

表示する VACL の名前。

adjacency

隣接情報を表示するためのキーワード。

all

すべての ACL 情報を表示するためのキーワード。

editbuffer_index

(任意)編集バッファ インデックスの名前。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に現在設定されている VACL の名前とタイプを表示する例を示します。

Console> show security acl
ACL Type VLANS
-------------------------------- ---- -----
ip1 IP 3,5,8
ip2 IP 12,47
ip3 IP 56
ipx1 IPX 5,12,45
ipx2 IPX
ipx3 IPX
mac2 MAC 5
iplast IP
Console>
 

次に、編集バッファ内の VACL を表示する例を示します。

Console> show security acl editbuffer
ACL Type Status
-------------------------------- ---- -------------------
ip1 IP Committed
ip2 IP Committed
ip3 IP Committed
ipx1 IPX Committed
ipx2 IPX Committed
ipx3 IPX Committed
mac2 MAC Committed
iplast IP Committed
Console>
 

次に、NVRAM とハードウェアに最後にコミットされた、特定の VACL に対するコンフィギュレーションを表示する例を示します。

Console> show security acl info ip1
set security acl ip ip1
---------------------------------------------------
1. permit any
Console>
 

次に、NVRAM とハードウェアに最後にコミットされた、すべての VACL に対するコンフィギュレーションを表示する例を示します。

 
Console> show security acl info all
set security acl adjacency a_1
---------------------------------------------------
1. 2 00-0a-0a-0a-0a-0a
 
set security acl adjacency a_2
---------------------------------------------------
1. 2 00-0a-0a-0a-0a-0b
 
set security acl adjacency a_3
---------------------------------------------------
1. 2 00-0a-0a-0a-0a-0c
 
set security acl adjacency a_4
---------------------------------------------------
1. 2 00-0a-0a-0a-0a-0d
 
set security acl adjacency b_1
---------------------------------------------------
1. 1 00-20-20-20-20-20
 
set security acl adjacency b_2
---------------------------------------------------
1. 1 00-20-20-20-20-21
 
set security acl adjacency b_3
---------------------------------------------------
1. 1 00-20-20-20-20-22
 
set security acl adjacency b_4
---------------------------------------------------
1. 1 00-20-20-20-20-23
 
 
set security acl ip ip1
---------------------------------------------------
arp permit
1. redirect a_1 ip host 44.0.0.1 host 43.0.0.1
2. redirect a_2 ip host 44.0.0.2 host 43.0.0.2
3. redirect a_3 ip host 44.0.0.3 host 43.0.0.3
4. redirect a_4 ip host 44.0.0.4 host 43.0.0.4
5. permit ip any any
 
set security acl ip ip2
---------------------------------------------------
arp permit
1. redirect b_1 ip host 43.0.0.1 host 44.0.0.1
2. redirect b_2 ip host 43.0.0.2 host 44.0.0.2
3. redirect b_3 ip host 43.0.0.3 host 44.0.0.3
4. redirect b_4 ip host 43.0.0.4 host 44.0.0.4
5. permit ip any any
 
 
Console>
 

次に、VACL 編集バッファの内容を表示する例を示します。

Console> show security acl info ip1 editbuffer
set security acl ip ip1
---------------------------------------------------
1. permit any
 
ACL Status:Committed
Console>
 

show security acl capture-ports

キャプチャ ポート リストを表示するには、 show security acl capture-ports コマンドを使用します。

show security acl capture-ports

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

次に、キャプチャ ポート リストのエントリを表示する例を示します。

Console> (enable) show security acl capture-ports
ACL Capture Ports: 1/2,2/2
Console> (enable)

show security acl log

VACL ログ情報を表示するには、 show security acl log コマンド セットを使用します。

show security acl log config

show security acl log flow protocol { src_ip_spec | dest_ip_spec } [ vlan vlan_num ]

show security acl log flow { ip } { src_ip_spec | dest_ip_spec } [ vlan vlan_num ]

show security acl log flow { icmp | 1 } { src_ip_spec | dest_ip_spec } [ icmp_type [ icmp_code ]] [ vlan vlan_num ]

show security acl log flow { tcp | 6 } {{ src_ip_spec [ operator port [ port ]]} | { dest_ip_spec [ operator port [ port ]]}} [ vlan vlan_num ]

show security acl log flow { udp | 17 } src_ip_spec [ operator port [ port ]] dest_ip_spec [ operator port [ port ]] [ vlan vlan_num ]

 
構文の説明

config

フロー パターンの最大数とリダイレクト レートを含む、VACL ログ コンフィギュレーション情報を表示するためのキーワード。

flow

最後の Syslog レポート以後、引数で指定されたフロー情報を表示するためのキーワード。

protocol

IP プロトコルのキーワードまたは番号。有効値は、IP プロトコル番号を表す 0 255 です。有効なキーワードのリストについては、「使用上のガイドライン」を参照してください。

src_ip_spec

送信元 IP アドレスと送信元マスク。フォーマットについては、「使用上のガイドライン」を参照してください。

dest_ip_spec

宛先 IP アドレスと宛先マスク。フォーマットについては、「使用上のガイドライン」を参照してください。

vlan vlan_num

(任意)表示される VLAN の番号。有効値は 1 1005 および 1025 4094 です。

ip

すべてのインターネット プロトコル パケットを照合するキーワード。

icmp | 1

ICMP パケットを照合するキーワードまたは番号。

icmp_type

(任意)ICMP メッセージのタイプ名または番号。有効値は 0 255 です。有効な名前のリストについては、「使用上のガイドライン」を参照してください。

icmp_code

(任意)ICMP メッセージ コード名または番号。有効値は 0 255 です。有効な名前のリストについては、「使用上のガイドライン」を参照してください。

tcp | 6

TCP パケットと照合するキーワードまたは番号。

operator

(任意)オペランド。有効値は、 lt (小なり)、 gt (大なり)、 eq (等しい)、 neq (等しくない)、および range (範囲指定)です。

port

(任意)TCP または UDP ポートの番号または名前。有効なポート番号は 0 65535 です。有効な名前のリストについては、「使用上のガイドライン」を参照してください。

udp | 17

UDP パケットと照合するキーワードまたは番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 で構成されたシステムのみでサポートされます。

このコマンドを入力して作成した設定は、 commit コマンドを入力した場合のみ、NVRAM とハードウェアに保存されます。ACE を一括して入力してから、 commit コマンドを入力して、それらを NVRAM とハードウェアに保存します。

送信元 IP アドレスと送信元マスクを指定するときは、 source_ip_address source_mask 形式を使用し、次の注意事項に従います。

source_mask は必須です。0 は care ビット、1 は don't-care ビットを示しています。

32 ビットの 4 分割ドット付き 10 進表記を使用する。

any キーワードを source および source-wildcard の値 0.0.0.0 255.255.255.255 の省略形として使用する。

host 送信元を source および source-wildcard の値 source 0.0.0.0 の省略形として使用する。

有効な protocol キーワードには、 icmp (1)、 ip ipinip (4)、 tcp (6)、 udp (17)、 igrp (9)、 eigrp (88)、 gre (47)、 nos (94)、 ospf (89)、 ahp (51)、 esp (50)、 pcp (108)、 pim (103) があります。IP 番号がカッコに囲まれて表示されます。 ip キーワードを使用すると、インターネット プロトコルと照合されます。

ICMP メッセージ タイプによって照合される ICMP パケットは、ICMP メッセージ コードによっても照合できます。

icmp_type よび icmp_code の有効な名前は、administratively-prohibited、alternate-address、conversion-error、dod-host-prohibited、dod-net-prohibited、echo、echo-reply、general-parameter-problem、host-isolated、host-precedence-unreachable、host-redirect、host-tos-redirect、host-tos-unreachable、host-unknown、host-unreachable、information-reply、information-request、mask-reply、mask-request、mobile-redirect、net-redirect、net-tos-redirect、net-tos-unreachable、net-unreachable、network-unknown、no-room-for-option、option-missing、packet-too-big、parameter-problem、port-unreachable、precedence-unreachable、protocol-unreachable、reassembly-timeout、redirect、router-advertisement、router-solicitation、source-quench、source-route-failed、time-exceeded、timestamp-reply、timestamp-request、traceroute、ttl-exceeded、unreachable です。

operator を source および source-wildcard の後に置く場合、送信元ポートと一致する必要があります。operator を destination および destination-wildcard の後に置く場合、宛先ポートと一致する必要があります。range 演算子には 2 つのポート番号が必要です。他のすべての演算子は 1 つのポート番号が必要です。

TCP ポート名は TCP をフィルタリングする場合に限り使用できます。TCP ポートの有効な名前は、bgp、chargen、daytime、discard、domain、echo、finger、ftp、ftp-data、gopher、hostname、irc、klogin、kshell、lpd、nntp、pop2、pop3、smtp、sunrpc、syslog、tacacs-ds、talk、telnet、time、uucp、whois、www です。

UDP ポート名は UDP をフィルタリングする場合に限り使用できます。UDP ポートの有効な名前は、biff、bootpc、bootps、discard、dns、dnsix、echo、mobile-ip、nameserver、netbios-dgm、netbios-ns、ntp、rip、snmp、snmptrap、sunrpc、syslog、tacacs-ds、talk、tftp、time、who、xdmcp です。

プロトコル タイプとともにリストされる番号は、レイヤ プロトコル番号です(例えば udp | 17 )。

次に、VACL ログの情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show security acl log config
VACL LOG Configration
-------------------------------------------------------------
Max Flow Pattern : 512
Redirect Rate (pps) : 1000
Console> (enable)
 

次に、フロー情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show security acl log flow ip vlan 1
Total matched entry number = 1
Entry No. #1, IP Packet
----------------------------------------
Vlan Number : 1
Mod/Port Number : 2/1
Source IP address : 21.0.0.0
Destination IP address : 255.255.255.255
TCP Source port : 2000
TCP Destination port : 3000
Received Packet Number : 10
Console> (enable)

show security acl map

指定した VACL または VLAN の VACL/VLAN マッピングを表示するには、 show security acl map コマンド セットを使用します。

show security acl map acl_name

show security acl map vlan

 
構文の説明

acl_name

表示する VACL の名前。

vlan

表示される VLAN の番号。有効値は 1 1005 および 1025 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、特定の VACL のマッピングを表示する例を示します。

Console> (enable) show security acl map IPACL1
ACL IPACL1 is mapped to VLANs:
1
Console> (enable)
 

次に、特定の VLAN のマッピングを表示する例を示します。

Console> (enable) show security acl map 1
VLAN 1 is mapped to IP ACL IPACL1.
VLAN 1 is mapped to IPX ACL IPXACL1.
VLAN 1 is mapped to MAC ACL MACACL1.
Console> (enable)

show security acl resource-usage

VACL 管理情報を表示するには、 show security acl resource-usage コマンドを使用します。

show security acl resource-usage

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

インターフェイス(VLAN など)を TCAM でプログラムされたフローに関連付けるスイッチ インターフェイス マッピング テーブル。

レイヤ 4 ポート演算を計算するには、ハードウェア リソースが使用されます。たとえば、permit tcp any lt 20 host 1.2.3.4 gt 30 コマンドを入力した場合、「lt 20」と「gt 30」はレイヤ 4 ポート演算になります。

次に、VACL 管理情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show security acl resource-usage
ACL resource usage:
ACL storage (mask/value) :(50%/19%)
ACL to switch interface mapping table :2%
ACL layer 4 port operators :0%
Console> (enable)
 

表 2-73 に、show security acl resource-usage コマンド出力で表示される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-73 show security acl resource-usage コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

ACL storage (mask/value)

マスク エントリの使用ステータス。mask は使用されるマスク エントリの比率であり、value は現在使用されている値エントリの比率です。

ACL to switch interface mapping table

スイッチ インターフェイス マッピング テーブルの使用に対する ACL の比率。

ACL layer 4 port operators

ACL レイヤ 4 ポート演算子の比率。

show snmp

SNMP 情報を表示するには、 show snmp コマンドを使用します。

show snmp [ noalias ]

 
構文の説明

noalias

(任意)IP エイリアスではなく、IP アドレスを表示するように表示を強制するためのキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常および特権。

 
使用上のガイドライン

特権モードで show snmp を入力した場合、出力表示には、read-only、read-write、および read-write-all のコミュニティ ストリングの情報が含まれます。通常モードで show snmp を入力した場合は、read-only コミュニティ ストリングだけが表示されます。

次に、通常モードで show snmp コマンドを入力した場合の SNMP 情報の例を示します。

Console> show snmp
RMON: Disabled
Extended RMON Netflow Enabled : None.
Memory usage limit for new RMON entries: 85 percent
Traps Enabled:
None
Port Traps Enabled: None
 
Community-Access Community-String
---------------- --------------------
read-only public
 
Trap-Rec-Address Trap-Rec-Community
---------------------------------------- --------------------
192.122.173.42 public
Console>
 

次に、特権モードで show snmp コマンドを入力した場合の SNMP 情報の例を示します。

Console> (enable) show snmp
RMON: Enabled
Extended Rmon: Extended RMON module is not present
Traps Enabled: Chassis
Port Traps Enabled: None
 
Community-Access Community-String
---------------- --------------------
read-only public
read-write private
read-write-all secret
 
Trap-Rec-Address Trap-Rec-Community
---------------------------------------- --------------------
192.122.173.42 public
Console>
 

表 2-74 に、 show snmp コマンドで(指定したポート タイプに応じて)出力される可能性のあるフィールドを示します。

 

表 2-74 show snmp コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

RMON

RMON がイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

Extended RMON

拡張 RMON がイネーブルまたはディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

Traps Enabled

イネーブルになっているトラップ タイプ

Port Traps Enabled

linkup/linkdown トラップがイネーブルになっているポートのセット

Community-Access

設定された SNMP コミュニティ

Community-String

各 SNMP コミュニティに関連付けられた SNMP コミュニティ ストリング

Trap-Rec-Address

トラップ レシーバ ホスト の IP アドレスまたは IP エイリアス

Trap-Rec-Community

トラップ レシーバのメッセージをトラップするために使用される SNMP コミュニティ ストリング

 
関連コマンド

set snmp rmon
set snmp trap