Catalyst 6000 ファミリ コマンド リファレンス ソフトウェア リリース 6.3 および 6.4
Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび ROM モニタ コマンド-15
show accounting
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/06/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

show accounting

show alias

show arp

show authentication

show authorization

show banner

show boot

show boot device

show cam

show cam agingtime

show cam count

show cam msfc

show cdp

show channel

show channel group

show channel hash

show channel mac

show channel traffic

show config

show config mode

show config qos acl

show cops

show counters

show crypto key

show default

show accounting

アカウンティングのセットアップおよびスイッチの設定情報を表示するには、 show accounting コマンドを使用します。

show accounting

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、RADIUS アカウンティングがイネーブルになっているスイッチの詳細設定例を示します。

Console> (enable) show accounting
Event Method1 Mode
----- ------- -----
exec: Radius stop-only
connect: Radius stop-only
system: - -
commands:
config: - -
all: - -
 
TACACS+ Suppress for no username: disabled
Update Frequency: newinfo
 
Accounting information:
-----------------------
 
Active Accounted actions on tty2168059284l, User NULL Priv 15
Task ID 3, EXEC Accounting record, 0,00:00:22 Elapsed
task_id=3 start_time=934463479 timezone=UTC service=shell
 
Active Accounted actions on tty0l, User kannank Priv 15
Task ID 2, EXEC Accounting record, 0,00:01:23 Elapsed
task_id=2 start_time=934463418 timezone=UTC service=shell
Active Accounted actions on tty2168059284l, User danny Priv 15
Task ID 4, Connection Accounting record, 0,00:00:07 Elapsed
task_id=4 start_time=934463495 timezone=UTC service=connection protocol=telnet addr=-1407968771 cmd=telnet 172.20.25.253
 
Overall Accounting Traffic:
Starts Stops Active
Exec 1 0 2
Connect 0 0 1
Command 0 0 0
System 0 0 0
 
Console> (enable)
 

次に、TACACS+ アカウンティングがイネーブルになっているスイッチの詳細設定例を示します。

Console> (enable) show accounting
TACACS+:
Update: periodic (25 seconds)
Supress: disabled
 
Status Mode
-------- -----------
exec: disabled stop-only
connect: disabled stop-only
system: disabled stop-only
network: disabled stop-only
commands:
config: disabled stop-only
all: disabled stop-only
 
Radius:
Status Mode
-------- -----------
exec: disabled stop-only
connect: disabled stop-only
system: disabled stop-only
 
TACACS+ Suppress for no username: disabled
Update Frequency: newinfo
 
Accounting information:
-----------------------
 
Active Accounted actions on tty2168059284l, User NULL Priv 15
Task ID 3, EXEC Accounting record, 0,00:00:22 Elapsed
task_id=3 start_time=934463479 timezone=UTC service=shell
 
Active Accounted actions on tty0l, User kannank Priv 15
Task ID 2, EXEC Accounting record, 0,00:01:23 Elapsed
task_id=2 start_time=934463418 timezone=UTC service=shell
Active Accounted actions on tty2168059284l, User danny Priv 15
Task ID 4, Connection Accounting record, 0,00:00:07 Elapsed
task_id=4 start_time=934463495 timezone=UTC service=connection protocol=telnet addr=-1407968771 cmd=telnet 172.20.25.253
 
Overall Accounting Traffic:
Starts Stops Active
Exec 1 0 2
Connect 0 0 1
Command 0 0 0
System 0 0 0
 
Console> (enable)

show alias

定義されたコマンド エイリアスのリストを表示するには、 show alias コマンドを使用します。

show alias [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)表示されるエイリアス名。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

name を指定しなかった場合は、定義されたすべてのエイリアスが表示されます。

次に、すべてのエイリアスを表示する例を示します。

Console> show alias
shint show interface
cc clear config
shf show flash
sip show ip route
Console>

 
関連コマンド

clear alias
set alias

show arp

ARP テーブルを表示するには、 show arp コマンドを使用します。

show arp [ ip_addr | hostname ] [ noalias ]

 
構文の説明

ip_addr

(任意)IP アドレスの番号。

hostname

(任意)ホストの名前。

noalias

(任意)IP エイリアスではなく、IP アドレスだけを画面に表示するように強制するキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

ARP エージング タイムは、ARP テーブルから ARP エントリがいつ削除されたかを示す期間です。この値を設定するには、 set arp agingtime コマンドを入力します。画面の残りの行には、IP アドレスの(または IP エイリアス)MAC アドレスへのマッピングが表示されます。

ARP キャッシュ サイズが大きい場合に IP ホストを指定するには、 ip_addr オプションまたは hostname オプションを使用します。

次に、ARP テーブルを表示する例を示します。

Console> (enable) show arp
ARP Aging time = 300 sec
+ - Permanent Arp Entries
* - Static Arp Entries
* 2.2.2.2 at 00-08-cc-44-aa-18 on vlan 5
+ 1.1.1.1 at 00-08-94-cc-02-aa on vlan 5
142.10.52.195 at 00-10-07-3c-05-13 port 7/1-4 on vlan 5
192.70.31.126 at 00-00-0c-00-ac-05 port 7/1-4 on vlan 5
121.23.79.121 at 00-00-1c-03-00-40 port 7/1-4 on vlan 5
Console> (enable)

 
関連コマンド

clear arp
set arp

show authentication

認証情報を表示するには、 show authentication コマンドを実行します。

show authentication

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、認証情報を表示する例を示します。

Console> show authentication
Console Session Telnet Session Http Session
Login Authentication:
--------------------- ---------------- --------------- -----------
tacacs disabled disabled disabled
radius disabled disabled enabled(*)
kerberos disabled disabled disabled
local enabled(*) enabled(*) enabled
local enabled(primary) enabled(primary) enabled(primary)
attempt limit 3 3 3
lockout timeout (sec) disabled disabled disabled
 
Enable Authentication: Console Session Telnet Session Http Session
---------------------- ----------------- ---------------- ----------------
tacacs disabled disabled disabled
radius disabled disabled disabled
kerberos disabled disabled disabled
local enabled(primary) enabled(primary) enabled(primary)
attempt limit 3 3 3
lockout timeout (sec) disabled disabled disabled
Console>

show authorization

認証のセットアップおよびスイッチの設定情報を表示するには、 show authorizaton コマンドを使用します。

show authorization

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、認証のセットアップおよび設定情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show authorization
Telnet:
-------
Primary Fallback
------- --------
exec: tacacs+ deny
enable: tacacs+ deny
commands:
config: tacacs+ deny
all: - -
 
Console:
--------
Primary Fallback
------- --------
exec: tacacs+ deny
enable: tacacs+ deny
commands:
config: tacacs+ deny
all: - -
 
Console> (enable)

show banner

NVRAM に保存されている MOTD および Catalyst 6500 シリーズ スイッチ ファブリック モジュールの LCD バナーを表示するには、 show banner コマンドを使用します。

show banner

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、NVRAM に保存されている MOTD および Catalyst 6500 シリーズ スイッチ ファブリック モジュールの LCD バナーを表示する例を示します。

Console> (enable) show banner
MOTD banner:
 
LCD config:
hello
there
Console> (enable)

 
関連コマンド

set banner lcd
set banner motd

 

show boot

BOOT 環境変数およびコンフィギュレーション レジスタの設定の内容を表示するには、 show boot コマンドを使用します。

show boot [ mod ]

 
構文の説明

mod

(任意)フラッシュ デバイスが含まれるスーパーバイザ エンジンの番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、BOOT 環境変数を表示する例を示します。

Console> show boot
BOOT variable = bootflash:cat6000-sup.5-5-1.bin,1;slot0:cat6000-sup.5-4-1.bin,1;
CONFIG_FILE variable = slot0:switch.cfg
 
Configuration register is 0x800f
ignore-config: disabled
auto-config: non-recurring, overwrite, sync disabled
console baud: 9600
boot: image specified by the boot system commands
Console>

show boot device

NVRAM に保存されている NAM 起動文字列を表示 するには、 show boot device コマンドを使用します。

show boot device mod

 
構文の説明

mod

フラッシュ デバイスが含まれるモジュールの番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

このコマンドをサポートするのは、NAM モジュールだけです。

次に、モジュール 2 の起動デバイス情報を表示する例を示します。

Console> show boot device 2
Device BOOT variable = hdd:2
Console>

 
関連コマンド

clear boot device
set boot device

 

show cam

CAM テーブルのエントリを表示するには、 show cam コマンド セットを使用します。

show cam { dynamic | static | permanent | system } mod/port

show cam mac_addr [ vlan ]

 
構文の説明

dynamic

ダイナミック CAM エントリを表示するキーワード。

static

スタティック CAM エントリを表示するキーワード。

permanent

永続的 CAM エントリを表示するキーワード。

system

システム CAM エントリを表示するキーワード。

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号。

mac_addr

MAC アドレス。

vlan

(任意)VLAN の番号。有効値は 1 1005 および 1025 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

VLAN を指定した場合は、VLAN 番号と一致する CAM エントリだけが表示されます。

VLAN を指定しなかった場合は、すべての VLAN が表示されます。

MAC アドレスがルータに属している場合、MAC アドレスに 「R」 が付加されて表示されます。

トラフィック フィルタを設定できるのは、ユニキャスト アドレスだけです。マルチキャスト アドレスにはトラフィック フィルタを設定できません。

次に、すべての VLAN のスタティック CAM エントリを表示する例を示します。

Console> show cam dynamic
* = Static Entry. + = Permanent Entry. # = System Entry. R = Router Entry.
X = Port Security Entry
 
VLAN Dest MAC/Route Des [CoS] Destination Ports or VCs / [Protocol Type]
---- ------------------ ----- -------------------------------------------
1 00-60-5c-86-5b-81 * 4/1 [ALL]
1 00-60-2f-35-48-17 * 4/1 [ALL]
1 00-80-24-f3-47-20 * 1/2 [ALL]
1 00-60-09-78-96-fb * 4/1 [ALL]
1 00-80-24-1d-d9-ed * 1/2 [ALL]
1 00-80-24-1d-da-01 * 1/2 [ALL]
1 08-00-20-7a-63-01 * 4/1 [ALL]
 
Total Matching CAM Entries Displayed = 7
Console>
 

次に、CAM エントリとしてリストに表示されているルータの例を示します。

Console> show cam 00-00-81-01-23-45
* = Static Entry. + = Permanent Entry. # = System Entry. R = Router Entry
X = Port Security Entry
 
Router Watergate with IP address 172.25.55.1 has CAM entries:
VLAN Dest MAC/Route Des [CoS] Destination Ports or VCs / [Protocol Type]
---- ------------------ ----- -------------------------------------------
1 00-00-81-01-23-45R * 2/9 [IP]
2 00-00-81-01-23-45R * 2/10 [IP]
Total Matching CAM Entries = 2
Console>
 
Console> (enable) show cam 00-00-81-01-23-45
* = Static Entry. + = Permanent Entry. # = System Entry. R = Router Entry.
X = Port Security Entry
 
VLAN Dest MAC/Route Des [CoS] Destination Ports or VCs / [Protocol Type]
---- ------------------ ----- -------------------------------------------
1 00-00-81-01-23-45R * FILTER
Console>

show cam agingtime

設定されたすべての VLAN の CAM エージング タイム情報を表示するには、 show cam agingtime コマンドを使用します。

show cam agingtime show cam agingtime [ vlan ]

 
構文の説明

vlan

(任意)VLAN または VLAN の範囲の番号。有効値は 1 1005 および 1025 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、CAM エージング タイム情報を表示する例を示します。

Console> show cam agingtime
VLAN 1 aging time = 300 sec
VLAN 3 aging time = 300 sec
VLAN 5 aging time = 300 sec
VLAN 9 aging time = 300 sec
VLAN 100 aging time = 300 sec
VLAN 200 aging time = 300 sec
VLAN 201 aging time = 300 sec
VLAN 202 aging time = 300 sec
VLAN 203 aging time = 300 sec
Console>
 

次に、特定の VLAN に関する CAM エージング タイム情報を表示する例を示します。

Console> show cam agingtime 1005
VLAN 1005 aging time = 300 sec
Console>
 

 
関連コマンド

clear cam
set cam
show cam

show cam count

CAM エントリの数だけを表示するには、 show cam count コマンドを使用します。

show cam count { dynamic | static | permanent | system } [ vlan ]

 
構文の説明

dynamic

ダイナミック CAM エントリを表示するキーワード。

static

スタティック CAM エントリを表示するキーワード。

permanent

永続的 CAM エントリを表示するキーワード。

system

システム CAM エントリを表示するキーワード。

vlan

(任意)VLAN の番号。有効値は 1 1005 および 1025 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

VLAN を指定しなかった場合は、すべての VLAN が表示されます。

次に、ダイナミック CAM エントリ数を表示する例を示します。

Console> (enable) show cam count dynamic
Total Matching CAM Entries = 6
Console> (enable)

 
関連コマンド

clear cam
set cam

show cam msfc

ルータの MAC-VLAN エントリを表示するには、 show cam msfc コマンドを使用します。

show cam msfc { mod } [ vlan ]

 
構文の説明

mod

MSFC 情報が表示されるモジュールの番号。

vlan

(任意)VLAN の番号。有効値は 1 1005 および 1025 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

VLAN を指定した場合は、VLAN に属している CAM エントリだけが表示されます。

次に、すべての CAM エントリを表示する例を示します。

Console> (enable) show cam msfc
VLAN Destination MAC Destination-Ports or VCs Xtag Status
---- ------------------ ------------------------------ ---- ------
194 00-e0-f9-d1-2c-00R 7/1 2 H
193 00-00-0c-07-ac-c1R 7/1 2 H
193 00-00-0c-07-ac-5dR 7/1 2 H
202 00-00-0c-07-ac-caR 7/1 2 H
204 00-e0-f9-d1-2c-00R 7/1 2 H
195 00-e0-f9-d1-2c-00R 7/1 2 H
192 00-00-0c-07-ac-c0R 7/1 2 H
192 00-e0-f9-d1-2c-00R 7/1 2 H
204 00-00-0c-07-ac-ccR 7/1 2 H
202 00-e0-f9-d1-2c-00R 7/1 2 H
Total Matching CAM Entries Displayed = 14
Console> (enable)
 

次に、特定の VLAN の CAM エントリを表示する例を示します。

Console> show cam msfc 15 192
VLAN Destination MAC Destination-Ports or VCs Xtag Status
---- ------------------ ------------------------------ ---- ------
192 00-00-0c-07-ac-c0R 7/1 2 H
192 00-e0-f9-d1-2c-00R 7/1 2 H
Console>

 
関連コマンド

show cam

show cdp

CDP 情報を表示するには、 show cdp コマンド セットを使用します。

show cdp

show cdp neighbors [ mod [/ port ]] [ vlan | duplex | capabilities | detail ]

show cdp port [ mod [/ port ]]

 
構文の説明

neighbors

スイッチに接続されているシスコ製品の CDP 情報を表示するキーワード。

[ mod [/ port ]]

(任意)CDP 情報が表示されるモジュールの番号。オプションで、CDP 情報が表示されるポート番号も指定します。

vlan

(任意)隣接するシスコ製品のネイティブ VLAN 番号を表示するキーワード。

duplex

(任意)隣接するシスコ製品のデュプレックス タイプを表示するキーワード。

capabilities

(任意)隣接するシスコ製品の機能コードを表示するキーワード。有効値は R T B S H I 、および r (R はルータ、T はトランス ブリッジ、B はソース ルート ブリッジ、S はスイッチ、H はホスト、I は IGMP、r はリピータ)。

detail

(任意)隣接するシスコ製品の詳細情報を表示するキーワード。

port

CDP ポート設定を表示するキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

CDP をグローバルにディセーブルにした場合、 show cdp port コマンドのポートごとの出力は表示されません。CDP をグローバルにイネーブルにした場合、ポートごとのステータスが表示されます。

旧バージョンの CDP をサポートしているデバイスに対して show cdp neighbors コマンドを入力すると、VLAN Trunking Protocol(VTP; VLAN トランキング プロトコル)Management Domain、Native VLAN、Duplex の各フィールドには「unknown」(確認不能)と表示されます。

モジュール番号を指定しなかった場合は、スイッチ全体の CDP 情報が表示されます。

次に、システムの CDP 情報を表示する例を示します。

Console> show cdp
CDP :enabled
Message Interval :60
Hold Time :180
Version : V2
Device Id Format : Other
 

次の例は、CDP ネイバーに関する詳細情報の表示方法を示したものです。表示される内容は、コマンドを実行した際のネットワーク設定に応じて異なります。

Console> show cdp neighbors 4 detail
Port (Our Port):4/4
Device-ID:69046406
Device Addresses:
IP Address:172.20.25.161
Holdtime:150 sec
Capabilities:TRANSPARENT_BRIDGE SWITCH
Version:
WS-C6009 Software, Version NmpSW: 5.4(1)CSX
Copyright (c) 1995-1999 by Cisco Systems
Port-ID (Port on Device):4/8
Platform:WS-C6009
VTP Management Domain:unknown
Native VLAN:1
Duplex:half
System Name: unknown
System Object ID: unknown
Management Addresses: unknown
Physical Location: unknown
Console>
 

次の例は、隣接するシステムに関する CDP 情報を表示する方法を示します。

Console> show cdp neighbors
* - indicates vlan mismatch.
# - indicates duplex mismatch.
 
Port Device-ID Port-ID Platform
-------- ------------------------------- ------------------------- ------------
3/5 002267619 3/6 * WS-C6000
3/6 002267619 3/5 WS-C6000
4/1 002267619 4/2 WS-C6000
4/2 002267619 4/1 # WS-C6000
4/20 069000057 8/5 WS-C6000
5/1 005763872 2/1 WS-C6009
5/1 066506245 2/1 WS-C6009
5/1 066508595 5/12 *# WS-C6009
5/1 066508596 5/1 WS-C6009
Console>
 

次の例は、隣接するシステムに関するデュプレックス情報を表示する方法を示します。

Console> show cdp neighbors duplex
* - indicates vlan mismatch.
# - indicates duplex mismatch.
 
Port Device-ID Port-ID Duplex
-------- ------------------------------- ------------------------- ------
3/5 002267619 3/6 * half
3/6 002267619 3/5 half
4/1 002267619 4/2 full
4/2 002267619 4/1 # full
4/20 069000057 8/5 -
5/1 005763872 2/1 -
5/1 066506245 2/1 -
5/1 066508595 5/12 *# half
5/1 066508596 5/1 half
Console>
 

次の例は、隣接するシステムに関する VLAN 情報を表示する方法を示します。

Console> show cdp vlan
* - indicates vlan mismatch.
# - indicates duplex mismatch.
 
Port Device-ID Port-ID NativeVLAN
-------- ------------------------------- ------------------------- ----------
3/5 002267619 3/6 * 1
3/6 002267619 3/5 1
4/1 002267619 4/2 1
4/2 002267619 4/1 # 1
4/20 069000057 8/5 -
5/1 005763872 2/1 -
5/1 066506245 2/1 -
5/1 066508595 5/12 *# 1
5/1 066508596 5/1 1
Console>
 

次の例は、隣接するシステムに関する機能情報を表示する方法を示します。

Console> show cdp neighbors capabilities
* - indicates vlan mismatch.
# - indicates duplex mismatch.
Port Device-ID Port-ID Capabilities
-------- ------------------------------- ------------------------- ------------
3/5 002267619 3/6 * T S
3/6 002267619 3/5 T S
4/1 002267619 4/2 T S
4/2 002267619 4/1 # T S
4/20 069000057 8/5 T B S
5/1 005763872 2/1 T B S
5/1 066506245 2/1 T B S
5/1 066508595 5/12 *# T B S
5/1 066508596 5/1 T B S
Console>
 

次に、すべてのポートの CDP 情報を表示する例を示します。

Console> show cdp port
CDP :enabled
Message Interval :60
Hold Time :180
 
Port CDP Status
-------- ----------
2/1 enabled
2/2 enabled
5/1 enabled
5/2 enabled
5/3 enabled
5/4 enabled
5/5 enabled
5/6 enabled
5/7 enabled
5/8 enabled
Console>

 
関連コマンド

set cdp

show channel

チャネルの EtherChannel 情報を表示するには、 show channel コマンド セットを使用します。

show channel [ channel_id ] [ info | statistics | mac ]

show channel [ channel_id ] [ info [ type ]]

 
構文の説明

channel_id

(任意)チャネルの番号。

info

(任意)チャネルの情報を表示するキーワード。

statistics

(任意)ポートに関する統計情報を表示するためのキーワード(送信および受信された PAgP パケット)。

mac

(任意)チャネルの MAC 情報を表示するキーワード。

type

(任意)機能に関連するパラメータを表示するためのキーワード。有効な値は、spantree trunk protcol gmrp gvrp qos rsvp、cops、dot1qtunnel、auxiliaryvlan 、および jumbo です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

channel_id を指定しなかった場合は、すべてのチャネルの EtherChannel 情報が表示されます。

指定されたチャネルが使用されていない場合、情報は表示されません。

オプションの info type を入力した場合、指定された機能に関連するパラメータが出力に表示されます。

次に、特定のチャネルに関するチャネル情報を表示する例を示します。

Console> show channel 865
Channel Ports Status Channel
id Mode
------- ----------------------------------------------- --------- --------------
865 4/1-2 connected desirable
non-silent
 

次に、すべてのチャネルのチャネル情報を表示する例を示します。

Console> show channel
Channel Id Ports
----------- -----------------------------------------------
768 2/1-2
769 4/3-4
770 4/7-8
Console>
 

次に、特定のチャネルに関するポート情報を表示する例を示します。

Console> show channel 769
Chan Port Port Portfast Port Port
id priority vlanpri vlanpri-vlans
---- ----- -------- -------- ------- ------------------------------------------
769 1/1 32 disabled 0
769 1/2 32 disabled 0
 
Chan Port IP IPX Group
id
---- ----- -------- -------- --------
769 1/1 on auto-on auto-on
769 1/2 on auto-on auto-on
 
Chan Port GMRP GMRP GMRP
id status registration forwardAll
---- ----- -------- ------------ ----------
769 1/1 enabled normal disabled
769 1/2 enabled normal disabled
 
Chan Port GVRP GVRP GVRP
id status registeration applicant
---- ----- -------- ------------- ---------
769 1/1 disabled normal normal
769 1/2 disabled normal normal
 
Chan Port Qos-Tx Qos-Rx Qos-Trust Qos-DefCos Qos-Port-based
id
---- ----- ------ ------ ------------ ---------- --------------
769 1/1 2q2t 1q4t untrusted 0 false
769 1/2 2q2t 1q4t untrusted 0 false
 
Chan Port ACL name Protocol
id
---- ----- -------------------------------- --------
769 1/1 IP
IPX
MAC
769 1/2 IP
IPX
MAC
Console
 

次に、すべてのチャネルのポート情報を表示する例を示します。

Console> show channel info
Chan Port Status Channel Admin Speed Duplex Vlan PortSecurity/
id mode group Dynamic Port
---- ----- ---------- --------- ----- ----- ------ ---- -------------
769 1/1 notconnect on 195 1000 full 1 -
769 1/2 notconnect on 195 1000 full 1 -
865 4/1 notconnect on 194 100 half 1 -
865 4/2 notconnect on 194 100 half 1 -
 
Chan Port if- Oper-group Neighbor Chan Oper-Distribution
id Index Oper-group cost Method
---- ----- ----- ---------- ---------- ----- -----------------
769 1/1 - 1 0 ip both
769 1/2 - 1 0 ip both
865 4/1 - 1 0 ip both
865 4/2 - 1 0 ip both
 
Chan Port Device-ID Port-ID Platform
id
---- ----- ------------------------------- ------------------------- ----------
769 1/1
769 1/2
865 4/1
865 4/2
Chan Port Trunk-status Trunk-type Trunk-vlans
id
----- ----- ------------ ------------- -----------------------------------------
769 1/1 not-trunking negotiate 1-1005
769 1/2 not-trunking negotiate 1-1005
865 4/1 not-trunking negotiate 1-1005
865 4/2 not-trunking negotiate 1-1005
 
.
.
.
Console>
 

次に、すべてのチャネルの PAgP 情報を表示する例を示します。

Console> show channel statistics
Port Channel PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts
id Transmitted Received InFlush RetnFlush OutFlush InError
----- ------- ----------- --------- --------- --------- --------- ---------
2/1 768 0 0 0 0 0 0
2/2 768 0 0 0 0 0 0
4/3 769 0 0 0 0 0 0
4/4 769 0 0 0 0 0 0
4/7 770 0 0 0 0 0 0
4/8 770 0 0 0 0 0 0
Console>
 

次に、特定のチャネルに関する PAgP 情報を表示する例を示します。

Console> show channel 768 statistics
Port Channel PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts PAgP Pkts
id Transmitted Received InFlush RetnFlush OutFlush InError
----- ------- ----------- --------- --------- --------- --------- ---------
2/1 768 0 0 0 0 0 0
2/2 768 0 0 0 0 0 0
Console>
 

次に、特定のチャネルに関する統計情報を表示する例を示します。

Console> show channel 768 mac
Channel Rcv-Unicast Rcv-Multicast Rcv-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
768 525 959 827
 
Channel Xmit-Unicast Xmit-Multicast Xmit-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
768 384 88 1
Port Rcv-Octet Xmit-Octet
-------- -------------------- --------------------
768 469263 48083
 
Channel Dely-Exced MTU-Exced In-Discard Lrn-Discrd In-Lost Out-Lost
-------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
768 0 0 0 0 0 0
Console>
 

次に、すべてのチャネルの統計情報を表示する例を示します。

Console> show channel mac
Channel Rcv-Unicast Rcv-Multicast Rcv-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
768 532290 163 6
769 0 0 0
771 4 64 0
 
Channel Xmit-Unicast Xmit-Multicast Xmit-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
768 602591 77 3
769 0 0 0
771 636086 222 12
 
Port Rcv-Octet Xmit-Octet
-------- -------------------- --------------------
768 44873880 45102132
769 0 0
771 64153 64831844
 
Channel Dely-Exced MTU-Exced In-Discard Lrn-Discrd In-Lost Out-Lost
-------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
768 0 0 0 0 0 0
769 0 0 0 0 0 0
771 0 18 0 0 0 0
Last-Time-Cleared
--------------------------
Wed Jun 10 1999, 20:31:13
Console>
 

次に、機能に固有なパラメータ情報を表示する例を示します。

Console> show channel 769 info trunk
Chan Port Trunk-status Trunk-type Trunk-vlans
id
----- ----- ------------ ------------- -----------------------------------------
769 1/1 not-trunking negotiate 1-1005
769 1/2 not-trunking negotiate 1-1005
Chan Port Portvlancost-vlans
id
---- ----- --------------------------------------------------------------------
769 1/1
769 1/2
Console>
Console> show channel 769 info spantree
Chan Port Port Portfast Port Port
id priority vlanpri vlanpri-vlans
---- ----- -------- -------- ------- ------------------------------------------
769 1/1 32 disabled 0
769 1/2 32 disabled 0
Console>
 
Console> show channel 769 info protcol
Chan Port IP IPX Group
id
---- ----- -------- -------- --------
769 1/1 on auto-on auto-on
769 1/2 on auto-on auto-on
Console>
 
Console> show channel 769 info gmrp
Chan Port GMRP GMRP GMRP
id status registration forwardAll
---- ----- -------- ------------ ----------
769 1/1 enabled normal disabled
769 1/2 enabled normal disabled
Console>
 
Console> show channel 769 info gvrp
Chan Port GVRP GVRP GVRP
id status registeration applicant
---- ----- -------- ------------- ---------
769 1/1 disabled normal normal
769 1/2 disabled normal normal
Console>
 
Console> show channel 769 info qos
Chan Port Qos-Tx Qos-Rx Qos-Trust Qos-DefCos Qos-Interface
id PortType PortType Type Type
---- ----- -------- -------- ------------ ---------- --------------
769 1/1 2q2t 1q4t untrusted 0 port-based
769 1/2 2q2t 1q4t untrusted 0 port-based
 
Chan Port ACL name Type
id
---- ----- -------------------------------- ----
769 1/1 IP
IPX
MAC
769 1/2 IP
IPX
MAC
Console>

show channel group

EtherChannel グループ ステータス情報を表示するには、 show channel group コマンド セットを使用します。

show channel group [ admin_group ] [ info | statistics ]

show channel group [ admin_group ] [ info [ type ]]

 
構文の説明

admin_group

(任意)管理グループの番号。有効値は 1 ~ 1024 です。

info

(任意)グループの情報を表示するキーワード。

statistics

(任意)グループの統計情報を表示するキーワード。

type

(任意)機能に関連するパラメータを表示するためのキーワード。有効な値は、spantree trunk protcol gmrp gvrp qos rsvp、cops、dot1qtunnel、auxiliaryvlan 、および jumbo です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

admin_group を指定しなかった場合は、すべての管理グループの EtherChannel 情報が表示されます。

オプションの info type を入力した場合、指定された機能に関連するパラメータが出力に表示されます。

次に、すべての管理グループのイーサネット チャネリング情報を表示する例を示します。

Console> show channel group
Admin Group Ports
----------- -----------------------------------------------
7 1/1-2
Console>
 

次に、特定のグループに関するイーサネット チャネリング情報を表示する例を示します。

Console> show channel group 154
Admin Port Status Channel Channel
group Mode id
----- ----- ---------- --------- --------
154 1/1 notconnect on 769
154 1/2 connected on 769
 
Admin Port Device-ID Port-ID Platform
group
----- ----- ------------------------------ ------------------------- ----------
154 1/1
154 1/2 066510644(cat26-lnf(NET25)) 2/1 WS-C5505
Console>
 

次に、グループ情報を表示する例を示します。

Console> show channel group 154 info
Admin Port Status Channel Ch Speed Duplex Vlan PortSecurity/
group mode id Dynamic Port
----- ----- ---------- --------- ----- ----- ------ ---- -------------
154 1/1 notconnect on 769 1000 full 1 - Dynamic port
154 1/2 connected on 769 1000 full 1 - Dynamic port
 
Admin Port if- Oper-group Neighbor Chan Oper-Distribution
group Index Oper-group cost Method
----- ----- ----- ---------- ---------- ----- -----------------
154 1/1 - 1 0 mac both
154 1/2 868 1 0 mac both
 
Admin Port Device-ID Port-ID Platform
group
----- ----- ------------------------------- ------------------------- ----------
154 1/1
154 1/2 066510644(cat26-lnf(NET25)) 2/1 WS-C5505
 
Admin Port Trunk-status Trunk-type Trunk-vlans
group
----- ----- ------------ ------------- -----------------------------------------
154 1/1 not-trunking negotiate 1-1005
154 1/2 not-trunking negotiate 1-1005
Admin Port Portvlancost-vlans
group
----- ----- --------------------------------------------------------------------
154 1/1
154 1/2
 
Admin Port Port Portfast Port Port
group priority vlanpri vlanpri-vlans
----- ----- -------- -------- ------- ------------------------------------------
154 1/1 32 disabled 0
154 1/2 32 disabled 0
 
Admin Port IP IPX Group
group
----- ----- -------- -------- --------
154 1/1 on auto-on auto-on
154 1/2 on auto-on auto-on
 
Admin Port GMRP GMRP GMRP
group status registration forwardAll
----- ----- -------- ------------ ----------
154 1/1 enabled normal disabled
154 1/2 enabled normal disabled
 
Admin Port GVRP GVRP GVRP
group status registeration applicant
----- ----- -------- ------------- ---------
154 1/1 disabled normal normal
154 1/2 disabled normal normal
 
Admin Port Qos-Tx Qos-Rx Qos-Trust Qos-DefCos Qos-Port-based
group
----- ----- ------ ------ ------------ ---------- --------------
154 1/1 2q2t 1q4t untrusted 0 false
154 1/2 2q2t 1q4t untrusted 0 false
 
Admin Port ACL name Protocol
group
----- ----- -------------------------------- --------
154 1/1 ip_acl IP
ipx_acl IPX
mac_acl MAC
154 1/2 IP
IPX
MAC
Console>
 

次に、機能に固有なパラメータ情報を表示する例を示します。

Console> show channel group 154 info trunk
Admin Port Trunk-status Trunk-type Trunk-vlans
group
----- ----- ------------ ------------- -----------------------------------------
154 1/1 not-trunking negotiate 1-1005
154 1/2 not-trunking negotiate 1-1005
Console>
Console> show channel group 154 info spantree
Admin Port Portvlancost-vlans
group
----- ----- --------------------------------------------------------------------
154 1/1
154 1/2
 
Admin Port Port Portfast Port Port
group priority vlanpri vlanpri-vlans
----- ----- -------- -------- ------- ------------------------------------------
154 1/1 32 disabled 0
154 1/2 32 disabled 0
Console>
 
Console> show channel group 154 info protcol
Admin Port IP IPX Group
group
----- ----- -------- -------- --------
154 1/1 on auto-on auto-on
154 1/2 on auto-on auto-on
Console>
 
Console> show channel group 154 info gmrp
Admin Port GMRP GMRP GMRP
group status registration forwardAll
----- ----- -------- ------------ ----------
154 1/1 enabled normal disabled
154 1/2 enabled normal disabled
Console>
 
Console> show channel group 154 info gvrp
Admin Port GVRP GVRP GVRP
group status registeration applicant
----- ----- -------- ------------- ---------
154 1/1 disabled normal normal
154 1/2 disabled normal normal
Console>
 
Console> show channel group 769 info qos
Chan Port Qos-Tx Qos-Rx Qos-Trust Qos-DefCos Qos-Interface
id PortType PortType Type Type
---- ----- -------- -------- ------------ ---------- --------------
769 1/1 2q2t 1q4t untrusted 0 port-based
769 1/2 2q2t 1q4t untrusted 0 port-based
 
Chan Port ACL name Type
id
---- ----- -------------------------------- ----
769 1/1 IP
IPX
MAC
769 1/2 IP
IPX
MAC
Console>

 
関連コマンド

show port channel
show channel

show channel hash

現在のチャネル配信モードに基づいて、トラフィックが通過するチャネル ポートを表示するには、 show channel hash コマンド セットを使用します。

show channel hash channel_id src_ip_addr [ dest_ip_addr ]

show channel hash channel_id dest_ip_addr

show channel hash channel_id src_mac_addr [ dest_mac_addr ]

show channel hash channel_id dest_mac_addr

show channel hash channel_id src_port dest_port

show channel hash channel_id dest_port

 
構文の説明

channel_id

チャネルの番号。

src_ip_addr

送信元 IP アドレス。

dest_ip_addr

(任意)宛先 IP アドレス。

src_mac_addr

送信元 MAC アドレス。

dest_mac_addr

(任意)宛先 MAC アドレス。

src_port

送信元ポート番号。有効値は 0 65535 です。

dest_port

宛先ポート番号。有効値は 0 65535 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

channel_id を指定しなかった場合は、すべてのチャネルの EtherChannel 情報が表示されます。

指定されたチャネルが使用されていない場合、情報は表示されません。

次に、チャネルのハッシュ情報を表示する例を示します。

Console> show channel hash 769 10.6.1.1 10.6.2.3
Selected channel port:1/2
Console>

show channel mac

チャネルの MAC 情報を表示するには、 show channel mac コマンドを使用します。

show channel mac

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、チャネルの MAC 情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show channel mac
Channel Rcv-Unicast Rcv-Multicast Rcv-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
 
Channel Xmit-Unicast Xmit-Multicast Xmit-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
 
Channel Rcv-Octet Xmit-Octet
-------- -------------------- --------------------
 
Channel Dely-Exced MTU-Exced In-Discard Lrn-Discrd In-Lost Out-Lost
-------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------

show channel traffic

MAC カウンタに基づいてチャネル ポートの使用率を表示するには、 show channel traffic コマンドを使用します。

show channel traffic [ channel_id ]

 
構文の説明

channel_id

(任意)チャネルの番号。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

channel_id を指定しなかった場合は、すべてのチャネルの EtherChannel 情報が表示されます。

指定されたチャネルが使用されていない場合、情報は表示されません。

次に、チャネルのトラフィック情報を表示する例を示します。

Console> show channel traffic 769
ChanId Port Rx-Ucst Tx-Ucst Rx-Mcst Tx-Mcst Rx-Bcst Tx-Bcst
------ ----- ------- ------- ------- ------- ------- -------
769 1/1 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%
769 1/2 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 0.00% 0.00%
Console>

show config

システムまたはモジュールのデフォルト以外の設定を表示するには、 show config コマンド セットを使用します。

show config [ all ]

show config [ system | mod ] [ all ]

show config acl location

 
構文の説明

all

(任意)IP アドレスを含めて、モジュールおよびシステムのすべてのコンフィギュレーション情報を指定するキーワード。

system

(任意)システム コンフィギュレーションを表示するキーワード。

mod

(任意)モジュール設定を表示 するキーワード。

acl location

ACL コンフィギュレーション ファイルを表示するキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

show config の出力にある特定の情報を表示するには、/ text を入力して Return キーを --More-- プロンプトで押した場合、 text 文字列を含む行の上 2 行から表示が始まります。テキスト文字列が見つからない場合は、「Pattern Not Found」と表示されます。--More-- プロンプトで「 n 」と入力すると、最後に入力した text 文字列を検索できます。

次に、デフォルト以外のシステムとモジュールの設定を表示する例を示します。

Console> (enable) show config
This command shows non-default configurations only.
Use 'show config all' to show both default and non-default configurations.
........
..
 
begin
!
# ***** NON-DEFAULT CONFIGURATION *****
!
!
#time: Mon Apr 17 2000, 08:33:09
!
#version 5.5(1)
#System Web Interface Version 5.0(0.25)
!
set editing disable
!
#frame distribution method
set port channel all distribution mac unknown
!
#snmp
set snmp trap 0.0.0.0
set snmp trap 0.0.0.0
!
#kerberos
set kerberos server 0.0.0.0
set kerberos server 0.0.0.0
set kerberos realm
set kerberos realm
!
#vtp
set vtp domain Lab_Network
set vtp v2 enable
set vtp pruning enable
set vlan 1 name default type ethernet mtu 1500 said 100001 state active
set vlan 2 name VLAN0002 type ethernet mtu 1500 said 100002 state active
set vlan 6 name VLAN0006 type ethernet mtu 1500 said 100006 state active
set vlan 10 name VLAN0010 type ethernet mtu 1500 said 100010 state active
set vlan 20 name VLAN0020 type ethernet mtu 1500 said 100020 state active
set vlan 50 name VLAN0050 type ethernet mtu 1500 said 100050 state active
set vlan 100 name VLAN0100 type ethernet mtu 1500 said 100100 state active
set vlan 152 name VLAN0152 type ethernet mtu 1500 said 100152 state active
set vlan 200 name VLAN0200 type ethernet mtu 1500 said 100200 state active
set vlan 300 name VLAN0300 type ethernet mtu 1500 said 100300 state active
set vlan 303 name VLAN0303 type fddi mtu 1500 said 100303 state active
set vlan 400 name VLAN0400 type ethernet mtu 1500 said 100400 state active
set vlan 500 name VLAN0500 type ethernet mtu 1500 said 100500 state active
set vlan 521 name VLAN0521 type ethernet mtu 1500 said 100521 state active
set vlan 524 name VLAN0524 type ethernet mtu 1500 said 100524 state active
set vlan 570 name VLAN0570 type ethernet mtu 1500 said 100570 state active
set vlan 801 name VLAN0801 type trbrf mtu 4472 said 100801 state active bridge
set vlan 850 name VLAN0850 type ethernet mtu 1500 said 100850 state active
set vlan 917 name VLAN0917 type ethernet mtu 1500 said 100917 state active
set vlan 999 name VLAN0999 type ethernet mtu 1500 said 100999 state active
set vlan 1002 name fddi-default type fddi mtu 1500 said 101002 state active
set vlan 1004 name fddinet-default type fddinet mtu 1500 said 101004 state acti
set vlan 1005 name trbrf-default type trbrf mtu 4472 said 101005 state active b
set vlan 802 name VLAN0802 type trcrf mtu 4472 said 100802 state active parent
set vlan 1003 name trcrf-default type trcrf mtu 4472 said 101003 state active p
set vlan 3 translation 303 translation 0
set vlan 4 translation 304 translation 0
set vlan 5 translation 305 translation 0
set vlan 303 translation 3 translation 0
set vlan 304 translation 4 translation 0
set vlan 305 translation 5 translation 0
set vlan 351 translation 524 translation 0
set vlan 524 translation 351 translation 0
!
#ip
set interface sc0 1 1.10.11.212/255.255.255.0 1.10.11.255
 
set ip route 0.0.0.0/0.0.0.0 172.20.52.126
set ip route 0.0.0.0/0.0.0.0 172.20.52.125
set ip route 0.0.0.0/0.0.0.0 172.20.52.121
!
#rcp
set rcp username 1
!
#dns
set ip dns server 171.68.10.70 primary
set ip dns server 171.68.10.140
set ip dns enable
set ip dns domain cisco.com
!
#spantree
set spantree fwddelay 4 801
set spantree maxage 10 801
#portfast
set spantree portfast bpdu-guard enable
#vlan 802
set spantree fwddelay 4 802
set spantree maxage 10 802
set spantree portstate 802 block 801
#vlan 1003
set spantree fwddelay 4 1003
set spantree maxage 10 1003
set spantree portstate 1003 block 1005
!
#syslog
set logging server 172.20.101.182
!
#set boot command
set boot config-register 0x100
set boot system flash bootflash:cat6000-sup.5-5-1.bin
!
#HTTP commands
set ip http server enable
set ip http port 1922
!
# default port status is disable
!
#mls
set mls nde disable
!
#qos
set qos enable
set qos map 1q4t 1 1 cos 2
set qos map 1q4t 1 1 cos 3
set qos map 1q4t 1 1 cos 4
set qos map 1q4t 1 1 cos 5
set qos map 1q4t 1 1 cos 6
set qos map 1q4t 1 1 cos 7
!
#Accounting
set accounting commands enable config stop-only tacacs+
!
# default port status is enable
!
#module 1 : 2-port 1000BaseX Supervisor
!
#module 2 empty
!
#module 3 : 48-port 10/100BaseTX (RJ-45)
set spantree portfast 3/8 enable
!
#module 4 empty
!
#module 5 : 48-port 10/100BaseTX (RJ-45)
!
#module 6 empty
!
set vlan 100 6/1
set spantree portcost 6/1 200
!
#module 7 : 24-port 10/100BaseTX Ethernet
set vlan 5 7/5
set vlan 100 7/23
set vlan 200 7/9
set port disable 7/5
 
set port name 7/9 1528 Hub
set port security 7/10 enable
set port security 7/10 maximum 200
set port security 7/10 00-11-22-33-44-55
set port security 7/10 00-11-22-33-44-66
set port security 7/10 00-11-22-33-44-77
set port security 7/10 violation restrict
set port security 7/10 age 30
set trunk 7/1 desirable isl 1-1005
set trunk 7/2 desirable isl 1-1005
set trunk 7/3 desirable isl 1-1005
set trunk 7/4 desirable isl 1-1005
set trunk 7/10 off negotiate 1-1005
set trunk 7/23 on isl 1-1005
set spantree portcost 7/23 150
set spantree portvlancost 7/23 cost 50 100
!
#module 8 empty
!
#module 9 empty
!
#module 15 empty
!
#module 16 empty
end
Console>
 

次に、デフォルトとデフォルト以外の設定情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show config all
begin
!
# ***** ALL (DEFAULT and NON-DEFAULT) CONFIGURATION *****
!
#Current time: Mon Apr 17 2000, 08:33:09
!
#version 5.51(1)
!
set password $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
set enablepass $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
set prompt Console>
set length 24 default
set logout 20
set banner motd ^C^C
!
#system
set system baud 9600
set system modem disable
set system name
set system location
set system contact
!
.
.
.
Console>
 

次に、デフォルト以外のシステム コンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show config system
begin
!
# ***** NON-DEFAULT CONFIGURATION *****
!
#time: Mon Apr 17 2000, 08:33:09
!
#version 5.5(1)
!
!
#set boot command
set boot config-register 0x2
set boot system flash bootflash:kk1
end
Console>
 

次に、すべてのシステムのデフォルトとデフォルト以外の設定情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show config system all
begin
!
#system
set system baud 9600
set system modem disable
set system name
set system location
set system contact
!
end
Console>
 

次に、モジュールのデフォルト以外の設定情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show config 1
..............
begin
!
# ***** NON-DEFAULT CONFIGURATION *****
!
!
#time: Mon Apr 17 2000, 08:33:09
!
#version 5.5(1)
!
!
#module 1 : 4-port 10/100BaseTX Supervisor
!
end
Console>
 

次に、ACL コンフィギュレーション ファイルの場所を表示する例を示します。

Console> (enable) show config acl location
ACL configuration is being saved in NVRAM.
Console> (enable)

 
関連コマンド

clear config
write

show config mode

現在、スイッチで実行しているシステム コンフィギュレーション モードを表示するには、 show config mode コマンドを使用します。

show config mode

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、現在のシステム コンフィギュレーション モードを text に設定する例を示します。

Console> (enable) show config mode
System configuration mode set to text.
System configuration file = bootflash:switch.cfg
Console> (enable)
 

次に、現在のシステム コンフィギュレーション モードを binary に設定する例を示します。

Console> (enable) show config mode
System configuration mode set to binary.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set config mode

show config qos acl

コミットされたアクセス リストをコマンド ライン形式で表示するには、show config qos acl コマンドを使用します。

show config qos acl acl_name | all

 
構文の説明

acl_name

エントリが属するリストを識別する一意の名前。

all

コミットされたすべてのアクセス リストを指定するキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、コミットされたすべてのアクセス リストを表示する例を示します。

Console> show config qos acl all
#ipx1:
set qos acl ipx ipx1 dscp 1 any AA BB
set qos acl ipx ipx1 dscp 1 0 AA CC
#default-action:
set qos acl default-action ip dscp 0
set qos acl default-action ipx dscp 0
set qos acl default-action mac dscp 0
Console>
 

次に、コミットされた特定のアクセス リストを表示する例を示します。

Console> show config qos acl my_ip_acl
#my_ip_acl:
set qos acl ip my_ip_acl trust-dscp microflow my-micro tcp 1.2.3.4/255.0.0.0 eq
port 21 172.20.20.1/255.255.255.0 tos 5
set qos acl ip my_ip_acl trust-dscp microflow my-micro aggregate agg tcp
173.22.3.4/255.0.0.0 eq port 19 173.22.20.1/255.255.255.0 tos 5
Console>

 
関連コマンド

commit

show cops

COPS 情報を表示するには、 show cops コマンド セットを使用します。

show cops info [ diff-serv | rsvp ] [ noalias ]

show cops roles

 
構文の説明

info

COPS ステータスおよび設定情報を表示するキーワード。

diff-serv

(任意)差別化サービス サーバ テーブルを指定するキーワード。

rsvp

(任意)RSVP サーバ テーブルを指定するキーワード。

noalias

(任意)IP エイリアスではなく、IP アドレスだけを画面に表示するように強制するキーワード。

roles

各ロールに割り当てられたポートを表示するキーワード。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

アクティブなスーパーバイザ エンジンとスタンバイ スーパーバイザ エンジンの間のスイッチオーバー後の数分間は、 show cops roles コマンドを入力しても、出力が正しく表示されない場合があることに注意してください。この場合は、次の警告が表示されます。

COPS High Availability Switch Over in progress, hardware may be
programmed differently than as suggested by the output of these
commands.

次に、COPS ステータスおよび設定情報を表示する例を示します。

Console> show cops info
COPS general configuration
---------------------------
COPS domain name : -
Connection retry intervals : initial = 30 seconds
increment = 30 seconds
max = 300 seconds
COPS Diff-Serv client state
---------------------------
COPS connection state :not-connected
Last active server :172.20.25.3 [port:3288]
Primary configured server :172.20.25.3 [port:3288]
Secondary configured server :-
COPS RSVP client state
------------------------
COPS connection state : connected
Last active server : 171.21.34.56
Primary configured server : 171.21.34.56 [3288]
Secondary configured server : 171.21.34.57 [3288]
Console>
 

次に、COPS RSVP ステータスおよび設定情報を表示する例を示します。

Console> show cops info rsvp
COPS general configuration
---------------------------
COPS domain name : -
Connection retry intervals : initial = 30 seconds
increment = 30 seconds
max = 300 seconds
 
COPS RSVP client state
------------------------
COPS connection state : connected
Last active server : 171.21.34.56
Primary configured server : 171.21.34.56 [3288]
Secondary configured server : 171.21.34.57 [3288]
Console>
 

次に、各ロールに割り当てられたポートを表示する例を示します。

Console> show cops roles
Admin Roles Mod/Ports
------------------------------- ---------------------------------------
access_port 1/1-2,3/1-5,3/8
backbone_port 1/1-2,3/8
branch_office_port 3/6-7,4/1-8
net_port -
 
Oper Roles Mod/Ports
------------------------------- ---------------------------------------
access_port 1/1-2,3/1-5,3/8
backbone_port 1/1-2,3/8
branch_office_port 3/6-7,4/1-8
Console>
 

次に、IP エイリアスではなく、IP アドレスだけを表示する例を示します。

Console> show cops noalias
COPS general configuration
---------------------------
COPS domain name : -
Connection retry intervals : initial = 30 seconds
increment = 30 seconds
max = 300 seconds
 
COPS Diff-Serv client state
---------------------------
COPS connection state : not-connected
TCP connection state : not-connected
Last active server : -
Primary configured server : -
Secondary configured server : -
 
COPS RSVP client state
----------------------
COPS connection state : not-connected
TCP connection state : not-connected
Last active server : -
Primary configured server : -
Secondary configured server : -
Console>

 
関連コマンド

clear cops
set cops

show counters

ポートのハードウェア カウンタを表示するには、show counters コマンドを使用します。

show counters mod / port

 
構文の説明

mod / port

モジュール番号およびポート番号。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

次に、モジュール 2、ポート 1 のカウンタを表示する例を示します。


) 表示されるカウンタは、照会されたモジュール タイプに応じて異なる場合があります。


Console> (enable) show counters 2/1
Generic counters version 1
64 bit counters
0 rxHCTotalPkts = 2170558
1 txHCTotalPkts = 2588911
2 rxHCUnicastPkts = 2142669
3 txHCUnicastPkts = 2585457
4 rxHCMulticastPkts = 19552
5 txHCMulticastPkts = 1789
6 rxHCBroadcastPkts = 8332
7 txHCBroadcastPkts = 1665
8 rxHCOctets = 190513843
9 txHCOctets = 227423299
10 rxTxHCPkts64Octets = 20996
11 rxTxHCPkts65to127Octets = 4737279
12 rxTxHCPkts128to255Octets = 1170
13 rxTxHCPkts256to511Octets = 16
14 rxTxHCpkts512to1023Octets = 8
15 rxTxHCpkts1024to1518Octets = 0
16 rxDropEvents = 0
32 bit counters
0 rxCRCAlignErrors = 0
1 rxUndersizedPkts = 0
2 rxOversizedPkts = 0
3 rxFragmentPkts = 0
4 rxJabbers = 0
5 txCollisions = 0
6 ifInErrors = 0
7 ifOutErrors = 0
8 ifInDiscards = 0
9 ifInUnknownProtos = 0
10 ifOutDiscards = 0
11 txDelayExceededDiscards = 0
12 txCRC = 0
13 linkChange = 2
Dot3 counters version 1
0 dot3StatsAlignmentErrors = 0
1 dot3StatsFCSErrors = 0
2 dot3StatsSingleColFrames = 0
3 dot3StatsMultiColFrames = 0
4 dot3StatsSQETestErrors = 0
5 dot3StatsDeferredTransmisions = 0
6 dot3StatsLateCollisions = 0
7 dot3StatsExcessiveCollisions = 0
8 dot3StatsInternalMacTransmitErrors = 0
9 dot3StatsCarrierSenseErrors = 0
10 dot3StatsFrameTooLongs = 0
11 dot3StatsInternalMacReceiveErrors = 0
Flowcontrol counters version 1
0 txPause = 0
1 rxPause = 0
Console> (enable)

 

表 2-28 に、show counters コマンドの出力に含まれる可能性のあるフィールドを説明します。

 

表 2-28 show counters コマンドの出力フィールド

フィールド
説明
64-bit counters

 

rxHCTotalPkts

リンクで受信したパケット数(不良パケット、ブロードキャスト パケット、マルチキャスト パケットを含む)。

txHCTotalPkts

リンクで送信したパケット数(不良パケット、ブロードキャスト パケット、マルチキャスト パケットを含む)。

rxHCUnicastPkts

このサブレイヤによって、より高い(サブ)レイヤに配信されたパケットで、宛先がこのサブレイヤのマルチキャスト アドレスまたはブロードキャスト アドレスではないパケットの数。

txHCUnicastPkts

より高いレベルのプロトコルが送信を要求したパケットで、宛先がこのサブレイヤのマルチキャスト アドレスまたはブロードキャスト アドレスではないパケットの数。廃棄されたか送信されなかったパケットも含まれます。

rxHCMulticastPkts

このサブレイヤによって、より高い(サブ)レイヤに配信されたパケットで、宛先がこのサブレイヤのマルチキャスト アドレスのパケットの数。MAC レイヤ プロトコルの場合、これにはグループ アドレスと機能アドレスの両方が含まれます。

txHCMulticastPkts

より高いレベルのプロトコルが送信を要求したパケットで、宛先がこのサブレイヤのマルチキャスト アドレスのパケットの数。廃棄されたか送信されなかったパケットも含まれます。MAC レイヤ プロトコルの場合、これにはグループ アドレスと機能アドレスの両方が含まれます。

rxHCBroadcastPkts

このサブレイヤによって、より高い(サブ)レイヤに配信されたパケットで、宛先がこのサブレイヤのブロードキャスト アドレスのパケットの数。

txHCBroadcastPkts

より高いレベルのプロトコルが送信を要求したパケットで、宛先がこのサブレイヤのブロードキャスト アドレスのパケットの数。廃棄されたか送信されなかったパケットも含まれます。

rxHCOctets

インターフェイスで受信されたオクテットの数(フレーム文字を含む)。

txHCOctets

インターフェイスで送信されたオクテットの数(フレーム文字を含む)。

rxTxHCPkts64Octets

長さが 64 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数(不良パケットを含む)。

rxTxHCPkts65to127Octets

長さが 65 ~ 127 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数(不良パケットを含む)。

rxTxHCPkts128to255Octets

長さが 128 ~ 255 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数(不良パケットを含む)。

rxTxHCPkts256to511Octets

長さが 256 ~ 511 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数(不良パケットを含む)。

rxTxHCpkts512to1023Octets

長さが 512 ~ 1023 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数(不良パケットを含む)。

rxTxHCpkts1024to1518Octets

長さが 1024 ~ 1518 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数(不良パケットを含む)。

rxDropEvents1

リソース不足のためにプローブによってパケットがドロップされたイベントの数。

32-bit counters

rxCRCAlignErrors

長さが 64 ~ 1518 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数。整数のオクテットの不良 FCS(FCS エラー)または整数でないオクテットの不良 FCS(アライメント エラー)のいずれかを含む。

rxUndersizedPkts

長さが 64 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)未満で、それ以外は適切な形式の受信パケットの数。

rxOversizedPkts

長さが 1518 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)よりも長く、それ以外は適切な形式の受信パケットの数。

rxFragmentPkts2

長さが 64 未満のオクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)の受信パケットの数。整数のオクテットの不良 FCS(FCS エラー)または整数でないオクテットの不良 FCS(アライメント エラー)のいずれかを含む。

rxJabbers3

長さが 1518 オクテット(フレーミング ビットは含まず、FCS オクテットは含む)よりも長い受信パケットの数。整数のオクテットの不良 FCS(FCS エラー)または整数でないオクテットの不良 FCS(アライメント エラー)のいずれかを含む。

txCollisions4

このイーサネット セグメントでの合計コリジョン数の最良推定値。

返される値は、RMON プローブの場所に応じて異なります。IEEE 標準 802.3 のセクション 8.2.1.3(10Base5)およびセクション 10.3.1.3(10Base2)には、3 つ以上のステーションが同時に送信を行っている場合、ステーションは受信モードでコリジョンを検出する必要があると記載されています。2 つ以上のステーションが同時に送信を行っている場合、リピータ ポートがコリジョンを検出する必要があります。したがって、リピータ ポートに配置されたプローブは、同じセグメント上のステーションに接続されたプローブよりも多くのコリジョンを記録する場合があります。10BaseT の場合、プローブの位置が持つ意味は非常に小さなものになります。

ifInErrors

パケット指向のインターフェイスの場合、より高いレイヤのプロトコルに配信されなくするエラーを含んだ着信パケットの数。文字指向のインターフェイスまたは固定長のインターフェイスの場合、より高いレイヤのプロトコルに配信されなくするエラーを含んだ着信送信単位の数。

ifOutErrors

インターフェイスで送信されたオクテットの数(フレーム文字を含む)。

ifInDiscards

より高いレイヤのプロトコルに配信されないようにするエラーが検出されなかった場合でも、廃棄するように選択された着信パケットの数。このようなパケットを廃棄する理由の 1 つは、バッファ スペースを空けることです。

ifInUnknownProtos

不明なプロトコルの着信パケット数。

ifOutDiscards

より高いレイヤのプロトコルに配信されないようにするエラーが検出されなかった場合でも、廃棄するように選択された着信パケットの数。このようなパケットを廃棄する理由の 1 つは、バッファ スペースを空けることです。

txDelayExceededDiscards

過剰な送信遅延のために、このポートによって廃棄されたフレーム数。

txCRC

CRC エラーの数。

linkChange

ポートで接続状態と切断状態が切り替えられた回数。

Dot3 counters version 1

dot3StatsAlignmentErrors5

長さが整数のオクテットではないために FCS チェックに合格しない、特定のインターフェイスで受信したフレームの数。

dot3StatsFCSErrors6

長さが整数のオクテットであるものの、FCS チェックに合格しない、特定のインターフェイスで受信したフレームの数。

dot3StatsSingleColFrames

送信が 1 つのコリジョンだけによって妨げられた特定のインターフェイスで正常に送信されたフレームの数。

このオブジェクトのインスタンスによってカウントされるフレーム数は、ifOutUcastPkts、ifOutMulticastPkts、または ifOutBroadcastPkts のいずれかの対応するインスタンスによってもカウントされ、dot3StatsMultipleCollisionFrames オブジェクトの対応するインスタンスによってはカウントされません。

dot3Stats MultiColFrames

送信が複数のコリジョンによって妨げられた特定のインターフェイスで正常に送信されたフレームの数。このオブジェクトのインスタンスによってカウントされるフレーム数は、ifOutUcastPkts、ifOutMulticastPkts、または ifOutBroadcastPkts のいずれかの対応するインスタンスによってもカウントされ、dot3StatsSingleCollisionFrames オブジェクトの対応するインスタンスによってはカウントされません。

dot3StatsSQETestErrors

特定のインターフェイスの PLS サブレイヤによって SQE TEST ERROR メッセージが生成される回数。SQE TEST ERROR メッセージは、ANSI/IEEE 802.3-1985 のセクション 7.2.2.2.4 で定義され、このメッセージの生成は同じ文書のセクション 7.2.4.6 で定義されています。

dot3StatsDeferredTransmisions

特定のインターフェイスでの最初の送信試行が、メディアがビジー状態のために遅延したフレームの数。このオブジェクトのインスタンスによって表示される数には、コリジョンに関与するフレームが含まれません。

dot3StatsLateCollisions7

パケットの送信の 512 ビット時間よりも後で、特定のインターフェイスでコリジョンが検出された回数。

dot3StatsExcessiveCollisions

過剰なコリジョンによって特定のインターフェイスでの送信に失敗したフレームの数。

dot3StatsInternalMacTransmitErrors8

内部 MAC サブレイヤの送信エラーのために特定のインターフェイスでの送信が失敗したフレームの数。フレームがカウントされるのは、dot3StatsLateCollisions オブジェクト、dot3StatsExcessiveCollisions オブジェクト、または dot3StatsCarrierSenseErrors オブジェクトの対応するインスタンスによってカウントされない場合、このオブジェクトのインスタンスによってのみです。

dot3StatsCarrierSenseErrors

特定のインターフェイスでのフレームの送信を試行する場合に、キャリア検出状態が失われたか、または宣言されなかった回数。このオブジェクトのインスタンスによって表示される数は、送信試行中にキャリア検出状態が変動した場合でも、1 回の送信試行につき最大 1 だけ増加します。

dot3StatsFrameTooLongs

特定のインターフェイスで受信された、最大許容フレーム サイズを超えるフレームの数。frameTooLong ステータスが MAC サービスによって LLC(またはその他の MAC ユーザ)に返される場合、このオブジェクトのインスタンスで表示される数は増加します。複数のエラー状態が検出された受信フレームは、LLC に表示されるエラー状態だけに応じてカウントされます。

dot3StatsInternalMacReceiveErrors9

内部 MAC サブレイヤの受信エラーのために特定のインターフェイスでの受信が失敗したフレームの数。フレームがカウントされるのは、dot3StatsFrameTooLongs オブジェクト、dot3StatsAlignmentErrors オブジェクト、または dot3StatsFCSErrors オブジェクトの対応するインスタンスによってカウントされない場合、このオブジェクトのインスタンスによってのみです。

Flowcontrol counters version 1

txPause

ギガビット レベルで送信される制御フレームの数。このカウンタはギガビット イーサネット ポートでのみ有効です。

rxPause

ギガビット レベルで受信される制御フレーム数。このカウンタはギガビット イーサネット ポートでのみ有効です。

1.この数は、必ずしもドロップされたパケット数ではありません。この状態が検出された回数にすぎません。

2.ラント(コリジョンのための正常な発生)とノイズ ヒットの両方がカウントされるため、etherStatsFragments が増加するのはまったく正常です。

3.ジャバーのこの定義は、パケットが 20 ミリ秒を超える状態でジャバーが定義される IEEE-802.3 セクション 8.2.1.5(10Base5)およびセクション 10.3.1.4(10Base2)での定義とは異なります。ジャバーを検出するために許容される範囲は、20 ~ 150 ミリ秒です。

4.リピータ内の RMON プローブは、理想的には、リピータと 1 つまたは複数のホストの間のコリジョン(IEEE 802.3k によって定義された送信のコリジョン)に加えて、リピータが接続される同軸セグメントで検出されたレシーバのコリジョンがレポートされる必要があります。

5.この数は、alignmentError ステータスが MAC サービスによって LLC(またはその他の MAC ユーザ)に返された場合に増加します。複数のエラー状態が検出された受信フレームは、LLC に表示されるエラー状態だけに応じてカウントされます。

6.この数は、frameCheckError ステータスが MAC サービスによって LLC(またはその他の MAC ユーザ)に返された場合に増加します。複数のエラー状態が検出された受信フレームは、LLC に表示されるエラー状態だけに応じてカウントされます。

7.512 ビット時間は、10-Mbps システムでの 51.2 ミリ秒に対応します。このオブジェクトのインスタンスによって表示される(レイト)コリジョンは、その他のコリジョンに関連する統計情報の(汎用)コリジョンとも見なされます。

8.このオブジェクトのインスタンスによって表示される数の厳密な意味は、実装に応じて異なります。特に、このオブジェクトのインスタンスでは、特定のインターフェイスでの送信エラー数を示します(カウントされない場合)。

9.このオブジェクトのインスタンスによって表示される数の厳密な意味は、実装に応じて異なります。特に、このオブジェクトのインスタンスによっては、特定のインターフェイスでの受信エラー数を示す場合があります(エラーでなければカウントされない)。

 
関連コマンド

clear counters

show crypto key

RSA キー ペア情報を表示するには、 show crypto key コマンドを使用します。

show crypto key

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

通常。

 
使用上のガイドライン

crypto コマンドは、次のイメージ タイプを実行するシステムのみでサポートされます。

supk9 イメージ:cat6000-supk9.6-1-3.bin など

supcvk9 イメージ:cat6000-supcvk9.6-1-3.bin など

次に、キー ペア情報を表示する例を示します。

Console> (enable) show crypto key
RSA keys was generated at: Tue Dec 14 1999, 14:22:48
1024 37 1120518394839901301166714853840995094745037456682394891249441779951543727187159999 64368303391096438617934227204437132666869289489849842570531592978972460769210453547201039386864878366957933866048209409272051495123765702860886083216280937017309006865187058935024185402826063185974102411558894697025607154868421
Console> (enable)

show default

デフォルトのポート ステータス設定のステータスを確認するには、 show default コマンドを使用します。

show default

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

コマンドの種類

スイッチ コマンド。

 
コマンド モード

特権。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、 set default portstatus コマンドがディセーブル モードかイネーブル モードかを示します。

次の例では、デフォルト ポートのステータスを表示する方法を示します。

Console> (enable) show default
portstatus: disable
Console> (enable)

 
関連コマンド

set default portstatus