Catalyst 6500 シリーズ スイッチ コマンド リファレンス Release 8.6
索引
Symbols
発行日;2012/01/17 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

Symbols

? (ヘルプ)

一致の表示  1-11

コマンド完成  1-11

スイッチ CLI  1-8

Numerics

3DES 鍵

削除  2-51

定義  2-389

802.1Q

802.1Q タグの EtherType フィールドをカスタム値に設定  2-498

ポートでの all-tagged 機能のステータスの表示  2-1058

ポートでの all-tagged 機能の設定  2-497

802.1x

VLAN グループからの VLAN の削除  2-33

VLAN グループ情報の表示  2-862

VLAN グループへの VLAN のマッピング  2-309

VLAN グループ名の設定  2-309

VLAN の表示  2-862

アイドル タイムの設定  2-309

オーセンティケータ情報の表示  2-1061

クリティカル ポート ステータスの表示  2-1061

グループの表示  2-862

再送信時間の設定  2-309

再送信認証時間の設定  2-309

再認証のイネーブル化  2-309

再認証の手動開始  2-502

再認証のディセーブル化  2-309

システム機能とプロトコル バージョンの表示  2-862

システムに対する設定  2-309

設定の削除  2-32

タイマー値の表示  2-862

特定のポートでの複数の認証の設定  2-502

認証がエラーになったホストの VLAN を含むポートに関する情報の表示  2-1061

認証のイネーブル化  2-309

認証のディセーブル化  2-309

バックエンド オーセンティケータ情報の表示  2-1061

フレーム数の設定  2-309

ポート制御タイプの指定

auto  2-502

force-authorized  2-502

force-unauthorized  2-502

ポート制御方向の設定  2-502

ポート制御モードの表示  2-1061

ポートでのクリティカルなオプションのイネーブル化  2-502

ポートでのクリティカルなオプションのディセーブル化  2-502

ポートでの初期化  2-502

ポートでの設定  2-502

ホストで認証がエラーになったとき、制限付きでアクセスできるようにする VLAN の設定  2-502

ユーザの表示  2-862

802.3ah

OAM を参照

A

ACL マスクの圧縮と並べ替え

CRAM を参照

Address Recognition Protocol

ARP テーブルを参照

ARP

ARP 信頼機能のイネーブル化  2-479

グローバルに検査パケットのレート制限を設定  2-642

検査および妥当性検査機能の設定  2-637

検査情報の表示  2-1174

検査統計情報の削除  2-132

テーブルの表示  2-804

ポート単位の検査および検証機能の設定  2-479

ARP テーブル

IP アドレス/MAC アドレス マッピングの追加  2-250

エージング タイムの設定  2-250

エントリの削除  2-8

エントリの追加  2-250

表示  2-804

ASLB

MAC アドレス エントリの削除  2-55

MLS エントリの削除  2-55

情報の設定  2-394

情報の表示  2-930

設定の NVRAM への保存  2-184

ATA ディスク ファイル システム

PCMCIA ATA ディスク内の矛盾の修復  2-215

auto-config

同期化  2-268, 2-272

ファイルの設定  2-268, 2-272

B

BOOT 環境変数

クリア  2-13

設定  2-274

内容の表示  2-809

BPDU

スパニングツリー統計情報の削除  2-163

スパニングツリー統計情報の表示  2-1238

C

CallHome

From アドレスの表示  2-946

Reply-to アドレスの表示  2-947

SMTP サーバ アドレスの設定  2-406

SMTP サーバの削除  2-65

SMTP サーバの表示  2-949

SNMP インデックスの設定  2-401

SNMP プロファイルの設定  2-401

宛先アドレスの削除  2-61

宛先アドレスの設定  2-401

宛先アドレスの表示  2-945

イネーブル化  2-400

応答先アドレスの削除  2-63

応答先アドレスの設定  2-404

重大度の削除  2-64

重大度の設定  2-405

重大度の表示  2-948

送信元アドレスの削除  2-62

送信元アドレスの設定  2-403

ディセーブル化  2-400

パラメータの表示  2-943

フラグメント サイズの設定  2-401

CAM テーブル

CAM 使用率モニタ割合の設定  2-279

MAC アドレス学習のポーリング インターバルの設定  2-277

MAC アドレス制限およびアクションの設定削除  2-15

MAC 移動通知の設定  2-279

インターバル タイムの設定  2-279

エージング タイムの設定  2-275

エントリ数の表示  2-814

エントリの削除  2-14

エントリの追加  2-275

エントリの表示  2-811

しきい値パラメータの設定  2-279

通知カウンタおよび履歴ログのクリア  2-16

通知のイネーブル化  2-279

通知のディセーブル化  2-279

テーブル通知としきい値パラメータの表示  2-817

トラフィックのフィルタリングの設定  2-275

モニタ設定の表示  2-815

モニタリング  2-277

履歴ログ サイズの設定  2-279

ルータ MAC-VLAN エントリの表示  2-816

cd コマンドの現在の設定の表示  2-225

CDP

イネーブル化  2-282

情報の表示  2-821

ディセーブル化  2-282

バージョンの選択  2-282

ポート ステートの表示  2-1042

ホールド タイムの設定  2-282

メッセージ インターバルの表示  2-1042

メッセージ間隔の設定  2-282

CEF

CEF テーブル情報の表示  2-968

MAC アドレスの表示  2-965

インターフェイスの表示  2-963

エントリ情報の表示  2-975

統計情報サマリーの削除  2-71

隣接統計情報の削除  2-75

隣接の表示  2-975

Cisco Discovery Protocol

CDP を参照

Cisco Unique Device Identifier

インベントリを参照

CLI

ROM モニタ CLI

アクセス  1-17

操作  1-17

指定した秒数の間 CLI を停止  2-1330

スイッチ CLI

IP アドレス  1-11

IP エイリアス  1-11

IPX アドレス  1-11

MAC アドレス  1-11

Telnet  1-2

アクセス  1-2

コマンド エイリアス  1-7

コマンド ヘルプ  1-8

コマンド モード  1-3

コマンドラインの操作法  1-3

コンソール ポート  1-2

セッションの終了  2-226

操作  1-3

ストリング検索

位置指定  1-16

繰り返し指定  1-15

検索出力  1-12

使用  1-12

選択  1-15

単一文字パターン  1-13

表現  1-13

フィルタリング  1-12

複数文字パターン  1-14

セッションの終了  2-226

CLI セッションの終了  2-226

CMM 障害回復

システム ポーリング情報の表示  2-1023

システム ポーリングのイネーブル化またはディセーブル化  2-478

電源管理ビットの設定  2-446

Common Open Policy Server

COPS を参照

Communication Media Module 障害回復

CMM 障害回復を参照

Content-Addressable Memory

CAM テーブルを参照

COPS

COPS 情報の表示  2-1049

RSVP の COPS 情報の表示  2-846

各役割に割り当てられたポートの表示  2-846

サーバの削除  2-23

接続再試行間隔の設定  2-293

ドメイン名の削除  2-23

ドメイン名の設定  2-293

ポートの役割の削除  2-98

ポートの役割の作成  2-489

ポリシー サーバ名の設定  2-293

ポリシー ツリー情報の表示  2-846

メモリ使用率の設定  2-293

役割の削除  2-23

CoS/CoS マップ

クリア  2-117

指定  2-594

表示  2-1145

CoS/DSCP マップ

クリア  2-118

CPU

情報の表示  2-1123

CRAM

イネーブルまたはディセーブルの表示  2-1176

最後の正常実行の結果表示  2-1176

自動モードのディセーブル化  2-136

自動モードまたは手動モードでのイネーブル化  2-640

テスト実行  2-640

D

DHCP

インターフェイスの設定  2-364

DHCP スヌーピング

information-option の設定  2-298

MAC アドレス機能の設定  2-298

source-guard のイネーブル化  2-494

source-guard のディセーブル化  2-494

trust のイネーブル化  2-494

trust のディセーブル化  2-494

設定の表示  2-857

統計情報の削除  2-29

統計情報の表示  2-858

バインディング データベース用自動保存の設定  2-298

バインディングの削除  2-28

バインディングの表示  2-856

バインディング保存用フラッシュ デバイスおよびファイル名の指定  2-298

ポート設定の表示  2-1056

ポートでのバインディング制限の設定  2-494

ポートでのバインディング制限の表示  2-1056

ポートでのバインディングの追加  2-494

disk0/1 デバイス用のファイル システム

チェックおよび修復  2-215

DNS

DNS サーバの IP アドレスの定義  2-371

イネーブル化  2-369

ディセーブル化  2-369

デフォルトの DNS ドメイン名の設定  2-370

プライマリとしてのサーバの定義  2-371

DOM

イネーブル化

トランシーバ モニタリング  2-767

情報の表示  2-1101

設定

トランシーバ モニタリングの間隔  2-767

ディセーブル化

トランシーバ モニタリング  2-767

トランシーバ モニタの間隔

設定  2-767

Domain Naming Service

DNS を参照

dot1q

802.1Q タグの EtherType フィールドをカスタム値に設定  2-498

Ethertype フィールド値の表示  2-1059

タギング モード ステータスの表示  2-861

タギング モードの設定  2-308

トンネル モード ステータスの表示  2-1060

トンネル モードの設定  2-500

ポートでの all-tagged 機能のステータスの表示  2-1058

ポートでの all-tagged 機能の設定  2-497

dot1x

802.1x を参照

DSCP/CoS マップ

クリア  2-119

DVLAN

統計情報の表示  2-866

E

EAP

802.1x の設定  2-309

EoU

CTA へのパケットの再送信回数の指定  2-320

IP または MAC アドレスによるデバイスのスタティックな許可およびポリシーの適用  2-316

RADIUS アカウンティングのイネーブル化またはディセーブル化  2-321

クライアントレス ホストに対する LAN ポート IP ポスチャ確認のバイパスのイネーブル化またはディセーブル化  2-315

グローバルなイネーブル化またはディセーブル化  2-314

情報の表示  2-872

スイッチでの同時セッション数の設定  2-322

設定パラメータの削除  2-34

タイマーの設定  2-324

ポート単位での設定  2-509

ポート単位での設定の表示  2-1063

ホストの再確認  2-323

ホストのステート マシンの再起動  2-318

ロギングのイネーブル化またはディセーブル化  2-319

EPLD

イメージ ファイルのダウンロード  2-208

スーパーバイザ エンジン イメージのアップグレード プロセスの設定  2-752

スーパーバイザ エンジン以外のモジュールのアップグレード設定の表示  2-1286

スーパーバイザ エンジン以外のモジュールのイメージのアップグレード プロセスの設定  2-208

スーパーバイザ エンジンのアップグレード設定の表示  2-1263

EtherChannel

グローバル リンクエラー設定の表示  2-875

チャネル情報の表示  2-824

ポートごとのリンクエラー モニタリングの設定  2-511

ポートごとのリンクエラー設定の表示  2-1066

リンクエラー検出の設定  2-328

EtherChannel グループ ステータス情報

表示  2-829

Extensible Authentication Protocol

EAP を参照

Extensible Authentication Protocol over User Datagram Protocol

EoU を参照

F

Firewall Services Module

VLAN の安全性の確保  2-775

VLAN の削除  2-174

VLAN の表示  2-1290

複数 VLAN インターフェイス機能のステータスの表示  2-889

複数 VLAN インターフェイス機能の設定  2-341

Flexlink

Active ピア ペアの削除  2-103

アクティブおよびピア ポートの設定  2-521

ペアおよびステータスの表示  2-1070

FTP

パラメータのクリア  2-37

パラメータの設定  2-342

パラメータの表示  2-893

G

GARP

タイマー値の表示  2-894

タイマーの設定  2-343

GARP Multicast Registration Protocol

GMRP を参照

GARP VLAN Registration Protocol

GVRP を参照

General Attribute Registration Protocol

GARP を参照

GMRP

Forward All のイネーブル化  2-345

Forward All のディセーブル化  2-345

指定されたポートでのイネーブル化  2-525

指定されたポートでのディセーブル化  2-525

すべての VLAN でのイネーブル化  2-344

すべての VLAN でのディセーブル化  2-344

設定情報の表示  2-895

タイマー値の表示  2-897

タイマーの設定  2-347

統計情報の削除  2-38

統計情報の表示  2-896

登録タイプの設定  2-346

GOLD

GOLDを参照

イベント ログ サイズの指定  2-302

オンデマンド診断の設定  2-305

障害応答の設定  2-301

スケジューリング  2-306

設定の表示  2-859

設定パラメータの削除  2-30

特定のテストの開始  2-201

特定のテストの停止  2-202

ブートアップ診断の設定  2-300

ヘルス モニタリングの設定  2-303

GVRP

VLAN の宣言  2-349

管理コンソールの設定  2-351

グローバルなイネーブル化  2-348

グローバルなディセーブル化  2-348

指定されたポートでのイネーブル化  2-526

指定されたポートでのディセーブル化  2-526

設定情報の表示  2-898

タイマーの設定  2-352

統計情報の削除  2-39

統計情報の表示  2-899

動的な VLAN 作成のイネーブル化  2-350

動的な VLAN 作成のディセーブル化  2-350

ポートでのイネーブル化  2-348

ポートでのディセーブル化  2-348

I

ICMP

ping の設定  2-221

エコー要求パケットの送信  2-221

到達不能メッセージのイネーブル化  2-381

到達不能メッセージのディセーブル化  2-381

リダイレクト メッセージのイネーブル化  2-377

リダイレクト メッセージのディセーブル化  2-377

ifIndex

情報の表示  2-901

IGMP

IGMP スヌーピング モードの設定  2-359

IGMP 統計情報の表示  2-907

IGMP フラッディング機能のステータスの表示  2-902

IGMP モードの表示  2-905

VLAN ペアと GDA のアクティブ グループ IP アドレスの表示  2-903

高速脱退処理のイネーブル化  2-356

高速脱退処理のディセーブル化  2-356

最終ホストがマルチキャスト グループを脱退したあとのフラッディングのイネーブル化  2-357

スヌーピングのイネーブル化  2-354

スヌーピングのディセーブル化  2-354

統計情報の削除  2-40

Internet Group Management Protocol

IGMP を参照

Internet Protocol

IP アドレスを参照

IP DNS

DNS サーバの IP アドレスの定義  2-371

DNS サーバの削除  2-43

DNS ドメイン名の表示  2-917

DNS ネーム サーバの表示  2-915, 2-917

デフォルトの DNS ドメイン名の削除  2-42

IP precedence/DSCP マップ

クリア  2-122

IP Telnet サーバ

イネーブル化またはディセーブル化  2-380

ステータスの表示  2-921

IP アドレス  2-375

CLI での指定  1-11

クリア  2-44

IP エイリアス

CLI での指定  1-11

クリア  2-41

追加  2-367

表示  2-915

IP 許可リスト

IP アドレスおよびマスクの削除  2-44

イネーブル化  2-375

ディセーブル化  2-375

表示  2-919

IP サブネット アドレス

フォーマットに関する注意事項  2-74, 2-82

IP デバイスのトラッキング

ステータスの表示  2-916

設定  2-368

IP フラグメンテーション

イネーブル化  2-372

ディセーブル化  2-372

IP ルーティング テーブル

IP アドレスの追加  2-378

IP エイリアスの追加  2-378

エントリの削除  2-45

エントリの表示  2-920

デフォルト ゲートウェイの指定  2-378

IPX アドレス

CLI での指定  1-11

フォーマットに関する注意事項  2-73, 2-82

K

Kerberos

Kerberos レルムと DNS ドメイン名のマッピングの削除  2-49

コマンドラインからの SRVTAB ファイルの入力  2-387

使用する KDC の指定  2-386

証明書情報の表示  2-922

証明書の転送のディセーブル化  2-47

すべての Kerberos 証明書の削除  2-48

設定情報の表示  2-922

特定の Kerberos エントリの削除  2-50

認証のイネーブル化  2-252

必須認証のイネーブル化  2-382

必須認証のディセーブル化  2-46

秘密鍵の削除  2-51

秘密鍵の定義  2-389

秘密鍵を含むファイルの提供  2-388

プライマリ認証ログイン方式のイネーブル化  2-254

ユーザ証明書の転送  2-383

ユーザの認証  2-384

レルムと DNS ドメイン名のマッピング  2-385

L

l2trace  2-218

LACP

システム プライオリティの設定  2-392

チャネル カウンタのクリア  2-25

チャネル カウンタの復元  2-235

チャネル情報の設定  2-392

チャネル情報の表示  2-1077

プロトコルの設定  2-284

LCD バナー

設定  2-262

表示  2-808

LCP

エラー アクションの設定  2-393

エラー アクションの表示  2-929

LDA

ASLB 情報の設定  2-394

Link Control Protocol

LCP を参照

Local Director

LDA を参照

M

MAC アドレス

CAM テーブル モニタの削除  2-15

CAM テーブル モニタの設定の表示  2-815

CAM テーブルに保存された学習済みアドレスのモニタ  2-277

CLI での指定  1-11

アドレス学習の上限および下限の指定  2-277

セキュア MAC アドレス リストからの MAC アドレスの削除  2-107

セキュア MAC アドレス リストからの削除  2-107

ポート MAC カウンタ情報の表示  2-1080

MAC 移動カウンタ

クリア

すべての CAM 通知移動カウンタ  2-16

ディセーブル化  2-16

すべての VLAN  2-16

特定の VLAN  2-16

表示

すべての VLAN の統計情報  2-817

統計情報  2-817

特定の VLAN の統計情報  2-817

MAC カウンタ

クリア  2-25

チャネル ポート使用率の表示  2-835

表示  2-950

復元  2-235

MAC 認証バイパス機能

MAC アドレス指定による情報の表示  2-953

すべてのポートに関する情報の表示  2-953

設定の表示  2-953

ポート単位でのイネーブル化およびディセーブル化  2-536

ポート単位での開始  2-536

ポート単位での情報の表示  2-1084

ポート単位デの再認証  2-536

グローバル パラメータの設定  2-417

MAC ベース ACL ルックアップ

VLAN からの削除  2-6

VLAN でのイネーブル化  2-248

機能がイネーブルになっている VLAN の表示  2-801

MDG

イネーブル化  2-340

ディセーブル化  2-340

MDIX

MDIX 機能のイネーブル化またはディセーブル化  2-481

ポートでの機能ステータスの表示  2-1033

Media-Dependent Interface Crossover 機能

MDIX を参照

Message-of-The-Day バナー

MoTD バナーを参照  2-10

MIB

CISCO-IMAGE-MIB 情報の表示  2-908

MIB ビュー エントリ

削除  2-153

Mini Protocol Analyzer

キャプチャしたパケットの長さをバイト単位で指定  2-466

設定の表示  2-1015

ダンプしたパケットを保存するデバイスとファイルの指定  2-463

停止する前にキャプチャされるパケット数の指定  2-465

パケット キャプチャ設定の削除  2-88

パケット キャプチャの開始と停止  2-460

パケット キャプチャのための送信元ポートの指定  2-460

パケットキャプチャ フィルタの設定  2-464

MISTP

VLAN のマッピング  2-775

イネーブル化  2-697

インスタンス情報の表示  2-1229

情報サマリーの表示  2-1245

スパニングツリー ガード情報の表示  2-1226

セカンダリ ルートの設定  2-729

設定  2-707

ディセーブル化  2-696

統計情報の削除  2-163

統計情報の表示  2-1238

プライマリ ルートの設定  2-729

ブリッジ hello 時間の設定  2-703

ブリッジ プライオリティの設定  2-728

ブリッジ転送遅延の設定  2-698

ブリッジの最大エージング タイムの設定  2-706

MISTP-PVST

設定  2-707

MLS

2 つの NDE コレクタのイネーブル化  2-432

ACL ルーティング情報からのサマリーの表示  2-961

IP MLS キャッシュ エントリの削除  2-73, 2-81

IP MLS ステート情報の表示  2-969

IP MLS 統計情報の削除  2-73, 2-80

IP MLS 統計情報の表示  2-990

IP マルチキャスト MLS 情報の表示  2-983

IPX MLS キャッシュ エントリの削除  2-73, 2-81

IPX MLS 統計情報の削除  2-73, 2-80

IPX MLS 統計情報の表示  2-990

IPX ステート情報の表示  2-969

MLS fast エージング タイムの設定  2-422

MLS エージング タイムの設定  2-422

MLS ステート情報の表示  2-969

MLS 統計情報の表示  2-990

MLS ブリッジング フロー統計情報の設定  2-424

MLS レイヤ 3 パケット情報の表示  2-959, 2-988

MSFC MLS 統計情報の表示  2-990

MSFC の MLS 統計情報の削除  2-77

NDE 情報の表示  2-959, 2-987, 2-988

NDE のイネーブル化  2-432

NDE のディセーブル化  2-78, 2-432

NDE バージョンの指定  2-432

NDE フィルタのリセット  2-79

NDE フローの設定  2-432

NetFlow エントリを作成する VLAN の指定  2-437

NetFlow 最大使用者の表示  2-990

RPF モード、統計情報、VLAN テーブルの内容の表示  2-967

VLAN ごとの NetFlow エントリ作成のイネーブル化またはディセーブル化  2-437

コレクタの指定  2-432

使用する最小フロー マスクの指定  2-430

ショートカットから除外するプロトコル ポートの指定  2-429

除外されたプロトコルの表示  2-981

除外するプロトコル ポートの削除  2-76, 2-77

すべての FIB エントリのプレフィクス単位統計情報のイネーブル化  2-428

すべての FIB エントリのプレフィクス単位統計情報のディセーブル化  2-428

特定の IP 送信元アドレスから特定の IP 宛先アドレスへ至るまでに経由する正確なパスの表示  2-962

ハードウェア RPF チェックに失敗したパケットおよびバイト カウンタのクリア  2-72

パケット チェックのイネーブル化またはディセーブル化  2-441

パケット検査の設定の表示  2-994

プライマリおよびセカンダリ NDE コレクタ宛先の削除  2-78

フローマスク 設定の表示  2-982

プロトコル統計情報リストへのプロトコルの追加  2-440

プロトコルに設定されたルート最大数を表示  2-966

プロトコルにルート最大数を設定  2-426

ルータ プロセッサ MLS 情報の表示  2-969

レート制限値の設定  2-439

more コマンド

検索  1-12

フィルタ  1-12

--More-- プロンプト

検索  1-13

フィルタ  1-12

MoTD バナー

クリア  2-10

設定  2-263

MSFC

autostate 設定の削除  2-84

インターフェイス ステートのステータスの表示  2-1000

自動ステートのイネーブル化  2-448

自動ステートのステータスの表示  2-1000

自動ステートのディセーブル化  2-448

ライン プロトコル ステートのイネーブル化  2-448

ライン プロトコル ステートのディセーブル化  2-448

MSM

MSM のアクセス  2-237

MSM のライン プロトコル ステート判定の現在のステータスの表示  2-1001

ライン プロトコル ステートのイネーブル化  2-450

ライン プロトコル ステートのディセーブル化  2-450

ライン プロトコル ステートの表示  2-1001

MST

MST 情報の表示  2-1231

MST 設定の表示  2-1233

MST モードの場合のシステムおよび設定情報の表示  2-1266

MST リージョン情報の設定  2-710

VLAN から MST インスタンスへのマッピングの設定  2-709

VLAN のマッピングの削除  2-155

VLAN のマッピングの設定  2-714

最大ホップの設定  2-713

先行標準 MST モードのポートを標準 MST モードに設定  2-155

ネイバーに接続したポートを先行標準 MST モードに設定  2-709

ポート リンク タイプの設定  2-712

Multi-Instance Spanning Tree Protocol

MISTP を参照

Multilayer Switch Module

MSM を参照

Multiple Default Gateway

MDG を参照

Multiple Spanning Tree

MST を参照

N

NAM

NAM ブート ストリングの削除  2-12

NAM ブート ストリングの表示  2-810

SNMP 拡張 RMON サポートのイネーブル化  2-668

SNMP 拡張 RMON サポートのディセーブル化  2-668

パスワードの削除  2-83

ブート環境の設定  2-271

モジュールのシャットダウン  2-447

NDE

MLS レイヤ 3 パケット情報の表示  2-988

情報の表示

NDE フィルタ

リセット  2-79

NetFlow データ エクスポート

NDE を参照

Network Analysis Module

NAM を参照

NTP

NTP クライアントとしてのスイッチのイネーブル化  2-455

NTP クライアントとしてのスイッチのディセーブル化  2-455

NTP サーバの IP アドレスの設定  2-456

現在の NTP ステータスの表示  2-1014

サーバ テーブル エントリの削除  2-86

サーバ認証鍵の設定  2-456

タイム調整ファクタの設定  2-454

テーブルからのサーバの削除  2-86

デフォルト タイム ゾーンの復元  2-87

夏時間の設定  2-457

NVRAM

ACE のコミット  2-183

ASLB 設定のコミット  2-184

DRAM から NVRAM への ACL 設定のコピー  2-287

保存済みのシステム コンフィギュレーション情報の削除  2-19

保存済みのモジュール コンフィギュレーション情報の削除  2-19

O

OAM

OAM リンク イベントのアクションを設定  2-514

イネーブル化またはディセーブル化  2-513

最新のループバック テスト結果の表示  2-1067

設定の削除  2-101

設定、ステータス、カウンタの表示  2-1067

ピア エンティティに関する情報の表示  2-1067

モードの設定  2-517

リモート ループバック機能の設定  2-519

リンク モニタリングの設定  2-515

Operations, Administrations, and Maintenance

OAMを参照

P

PACL

ACL のポートへのマッピング  2-655

マージ操作のステータス表示  2-1095

モードの設定  2-558

モードの表示  2-1095

PAgP

チャネル カウンタのクリア  2-25

チャネル カウンタの復元  2-235

統計情報の削除  2-18

プロトコルの設定  2-284

ポート統計情報の表示  2-824

ポートの設定  2-486

ポートまたはモジュール情報の表示  2-1043

PBACL

Policy-Based ACLを参照

PBF

MAC アドレスの削除  2-89

MAC アドレスの設定  2-468

PBF 対応 VLAN の削除  2-95

PBF マップ情報の表示  2-1021

VLAN 間接続を処理するゲートウェイの追加  2-472

VLAN への MAC アドレスの指定  2-476

クライアント リストの削除  2-91

クライアント リストへのホストの追加  2-470

クライアント リストまたはゲートウェイの ACL から ARP インスペクション ACE を削除  2-90

クライアント リストまたはゲートウェイの ACL に ARP インスペクション ACE を表示  2-1018

クライアント リストまたはゲートウェイの ACL に ARP インスペクション ACE を追加  2-469

クライアント設定の表示  2-1019

ゲートウェイ設定の表示  2-1020

ゲートウェイの削除  2-92

ゲートウェイへのホスト リストのマッピング  2-474

セキュリティ ACL の作成および隣接情報の設定  2-474

統計情報の表示  2-1016

マップ情報の削除  2-93

隣接情報の表示  2-1016

隣接マップの表示  2-1016

PBR

トラフィック統計情報の表示  2-989

Policer/DSCP テーブル

デフォルトへのリセット  2-125

Policy-Based ACL

グループ情報の表示  2-1022

設定  2-477

ポリシー グループからの IP アドレスの削除  2-96

ポリシー テンプレートからのポリシー グループの削除  2-96

ポリシー テンプレート情報の表示  2-1022

Policy-Based Forwarding

PBF を参照

Port Aggregation Protocol

PAgP を参照

PRBS

カウンタ値の表示  2-1086

テストの開始と停止  2-1318

テストを稼働中のポートの表示  2-1086

pruning

VTP プルーニングを参照

PVLAN

PVLAN 機能の判別  2-1129

VLAN とプライマリ VLAN のバインド  2-575

VLAN とプライマリ VLAN のマッピング  2-577

設定の削除  2-22

設定の表示  2-1128

双方向 VLAN  2-775

タイプの設定  2-775

ポートとプライベート VLAN のバインド  2-575

ポートのグループ化  2-775

マッピング  2-775

マッピング設定の表示  2-1131

マッピングの削除  2-111

PVST

設定  2-707

Q

QoS

CoS 値の設定  2-603

CoS 値のマッピング  2-604

CoS/CoS マップの削除  2-117

CoS/CoS マップの指定  2-594

CoS/CoS マップの表示  2-1145

CoS/DSCP マップの削除  2-118

CoS/DSCP マップの指定  2-595

DSBM 選択に参加するスイッチの設定  2-553

DSCP 書き換え機能のステータスの表示  2-1157

DSCP/CoS マップの削除  2-119

IP precedence/DSCP のマッピング  2-602

IP precedence/DSCP マップの削除  2-122

MAC アドレスと VLAN ペアの現在の情報の表示  2-1144

MAC アドレスと VLAN ペアの情報の表示  2-1144

MAC アドレスに割り当てられた CoS の削除  2-116

mac-cos 値の削除  2-123

microflow ポリシングのイネーブル化

microflow ポリシングのディセーブル化  2-593

QoS RSVP の無効化  2-610

QoS RSVP の有効化  2-610

QoS の有効化  2-578

WRED しきい値の指定  2-618

WRR ウェイトの指定  2-619

アクセス ポートの設定  2-552

カウンタの表示  2-1154

関連情報の表示  2-1138

グローバル単位の自動 QoS 設定の削除  2-114

しきい値、キュー、およびしきい値マップのデフォルト設定への復元  2-116

集約ポリサーの統計情報の表示  2-1154

信頼されないポートを通して着信したすべてのパケットをデフォルト設定に復元  2-106

信頼されないポートを通して着信したすべてのパケットをデフォルトに設定  2-548

信頼状態の設定  2-550

ステータスの表示  2-1157

すべてのポートへの自動 QoS 設定の適用  2-592

送信および廃棄しきい値の設定  2-596

デフォルト CoS 設定への復元  2-106

デフォルト値への復元  2-116

統計情報カウンタのクリア  2-128

パケット バッファ メモリの設定  2-611, 2-617

パケット値の設定  2-548

編集バッファの変更の削除  2-236

ポート ポリシー送信元の COPS への設定  2-549

ポート ポリシー送信元の設定  2-545

ポート ポリシー送信元のローカル NVRAM への設定  2-549

ポート上で信頼するデバイスの設定  2-551

ポート単位での情報の表示  2-1088

ポート単位の自動 QoS 設定の削除  2-105

ポート単位の自動 QoS 設定の適用  2-547

ポートまたは VLAN としてのインターフェイスの指定  2-545

ポリシー ソース情報の表示  2-1152

ポリシー送信元の COPS-PR への設定  2-609

ポリシー送信元のローカル NVRAM への設定  2-609

マップ情報の表示  2-1145

マップ値の削除  2-124

無効化  2-578

有効化  2-578

QoS ACL

ACE の削除  2-112

ACL 管理情報の表示  2-1136

ACL の削除  2-112

ACL 編集バッファに対する変更の削除  2-236

IP ACE のデフォルト アクションの削除  2-112

IP アクセス リストの定義  2-581

IPX ACE のデフォルト アクションの削除  2-112

IPX アクセス リストの定義  2-585

MAC アクセス リストの定義  2-587

MAC レイヤ ACE のデフォルト アクションの削除  2-112

NVRAM へのコミット  2-183

QoS ACL マッピングの表示  2-1135

VLAN ブリッジド パケット ポリシング ステータスの表示  2-1137

インターフェイスへの ACL の付加  2-590

コミットされたアクセスリストの表示  2-845

コンフィギュレーション ファイルの位置の表示  2-836

実行コンフィギュレーションの表示  2-1167

実行時 ACE 情報の表示  2-1133

設定済み ACE 情報の表示  2-1133

デフォルト アクションの削除  2-112

デフォルト アクションの定義  2-579

デフォルト アクションの表示  2-1133

分類 ACL trust の上書き  2-579

編集バッファ内の ACL 名の表示  2-1132

QoS DSCP

DSCP 変換テーブル マップの削除  2-121

DSCP 変換マップの設定  2-599

DSCP/CoS マップの設定  2-598

パケット値の書き換え  2-601

変換テーブル マップの設定  2-600

変換テーブル マップの表示  2-1145

変換マッピングの削除  2-120

変換マップの表示  2-1145

QoS アクセス リスト

IP アクセス リストの定義  2-581

IPX アクセス リストの定義  2-585

MAC アクセス リストの定義  2-587

インターフェイスへの付加  2-590

QoS ポリシング

Policer/DSCP テーブルのデフォルトへのリセット  2-125

集約レート制限の削除  2-126

超過レートおよび超過バースト サイズの指定  2-607

ポリシング時の適合 DSCP 変更のマッピング  2-606

ポリシング情報の表示  2-1150

マイクロフロー ポリシング規則の削除  2-126

マイクロフロー ポリシング規則の指定  2-607

R

RADIUS

RADIUS 共有鍵の削除  2-129

RADIUS サーバ テーブルの削除  2-129

RADIUS サーバの設定  2-627

RADIUS 再送信回数の指定  2-626

RADIUS 設定パラメータの表示  2-1158

アクセス要求の属性の設定  2-621

暗号化および認証の設定  2-625

再送信間隔の設定  2-628

システム イベントのアカウンティングのイネーブル化  2-244

システム イベントのアカウンティングのディセーブル化  2-244

デッドタイムの設定  2-623

認証のイネーブル化  2-252

標準ログイン セッションのアカウンティングのイネーブル化  2-241

標準ログイン セッションのアカウンティングのディセーブル化  2-241

プライマリ認証ログイン方式のイネーブル化  2-254

RCP

コンフィギュレーション ファイルのダウンロード  2-185

情報の削除  2-130

フラッシュ イメージまたはスイッチ コンフィギュレーションのアップロード  2-191

フラッシュ イメージまたはスイッチ コンフィギュレーションのダウンロード  2-191

フラッシュ メモリへのソフトウェア イメージのコピー  2-208

ユーザ名の削除  2-177

ユーザ名の設定  2-631

Remote Copy Protocol

RCP を参照

Remote SPAN

Remote SPAN セッションの確立  2-633

Remote SPAN 設定の表示  2-1165

RGMP

イネーブル化  2-632

ディセーブル化  2-632

統計情報の削除  2-131

統計情報の表示  2-1164

マルチキャスト グループ カウントの表示  2-1163

マルチキャスト グループの表示  2-1163

ROM モニタ

NVRAM 情報の表示  2-220

NVRAM への環境変数およびエイリアスの書き込み  2-1313

ROM モニタの変数名の設定  2-238

外部プロセスの起動  2-3

コマンド エイリアスの表示  2-2

コマンドの反復  2-229

コンフィギュレーション レジスタ ユーティリティの設定  2-187

サポートされている DRAM 設定の表示  2-220

使用可能なデバイス ID の表示  2-200

ソフト リセットの実行  2-231

デバイス ファイルの表示  2-203

パケット メモリ情報の表示  2-220

フレームのスタック トレースのダンピング  2-1310

変数名の表示  2-238

メイン メモリ情報の表示  2-220

ロードされたイメージのコンテキストの表示  2-189

ROM モニタ CLI

アクセス  1-17

操作  1-17

RSA キー

鍵ペア情報の表示  2-854

鍵ペアの削除  2-27

鍵ペアの生成  2-296

鍵ペアの設定  2-296

RSVP

COPS 情報の表示  2-846

DSBM 選択に参加するスイッチの設定  2-553

QoS RSVP の無効化  2-610

スイッチ情報の表示  2-1153

ポート情報の表示  2-1091

S

SCP

イメージのアップロード  2-191

イメージのダウンロード  2-191

Secure Shell

SSH を参照

SFTP

イメージのアップロード  2-191

イメージのダウンロード  2-191

show コマンド

検索  1-12

フィルタ  1-12

SLIP

インターフェイスの設定  2-364

接続  2-1308

切断  2-1308

SmartPorts

Cisco Desktop 設定マクロの設定  2-537

Cisco IP Phone 設定マクロの設定  2-537

Cisco Router 設定マクロの設定  2-537

Cisco Softphone 設定マクロの設定  2-537

Cisco Switch 設定マクロの設定  2-537

シスコ グローバル マクロの設定  2-421

マクロの表示  2-955

マクロ変数の表示  2-955

ユーザ定義されたすべてのマクロの削除  2-69

ユーザ定義された特定のマクロの削除  2-69

ユーザ定義されたマクロの変数の削除  2-69

ユーザ定義マクロの適用  2-537

ユーザ定義マクロの名前および変数の作成  2-419

SNMP

CallHome の SNMP インデックスの設定  2-401

CallHome の SNMP プロファイルの設定  2-401

MIB ビュー エントリの削除  2-153

MIB ビュー設定の表示  2-1212

MIB ビューの設定  2-684

notifyname エントリの設定  2-673

notifytag エントリの設定  2-673

RMON サポートのイネーブル化  2-674

RMON サポートのディセーブル化  2-674

SNMP インターフェイスのエイリアスの削除  2-146

SNMP インターフェイスのエイリアスの設定  2-670

SNMP グループからの SNMP ユーザの削除  2-145

SNMP コミュニティ インデックスの設定  2-665

SNMP 通知マッピングの表示  2-1204

SNMP トラップ レシーバー エントリの削除  2-151

snmpNotifyTable 設定の表示  2-1206

アクセス リスト番号に対応するホストの IP アドレスの削除  2-142

アクセス リスト番号の表示  2-1190

アクセス情報の表示  2-1188

新しいユーザの設定  2-682

インターフェイス エイリアスの表示  2-1202

カウンタ情報の表示  2-1195

拡張 RMON のイネーブル化  2-668

拡張 RMON のディセーブル化  2-668

共通のアクセス ポリシーを持つグループまたはユーザの表示  2-1200

グループ アクセス権限の削除  2-141

グループ アクセス権限の定義  2-660

グループ/ユーザ間の関係の確立  2-669

個別ユーザの削除  2-152

コミュニティ インデックスの削除  2-143

コミュニティ ストリングの削除  2-144

コミュニティ マッピングの削除  2-143

コミュニティおよび関連付けるアクセス タイプの定義  2-665

コミュニティ情報の表示  2-1192

コンテキスト情報の表示  2-1194

シャーシ エイリアスの設定  2-664

情報の表示  2-1186

ターゲット アドレス エントリの削除  2-149

ターゲット アドレス エントリの設定  2-676

ターゲット アドレス エントリの表示  2-1208

ターゲット パラメータ エントリの表示  2-1209

ターゲット パラメータの削除  2-150

ターゲット パラメータの設定  2-677

追加のコミュニティ ストリングの設定  2-667

通知名の削除  2-148

特定のコンテキスト ストリングのアクセス権限の削除  2-141

特定のコンテキスト ストリングのアクセス権限の定義  2-660

特定のセキュリティ タイプのアクセス権限の削除  2-141

特定のセキュリティ タイプのアクセス権限の定義  2-660

特定ユーザの情報の表示  2-1211

トラップ レシーバー テーブル エントリの追加  2-679

標準 SNMP リンク トラップのイネーブル化  2-561

標準 SNMP リンク トラップのディセーブル化  2-561

ホストのアクセス リストを指定  2-662

ローカル エンジン ID の表示  2-1199

SNMP 許可リスト

クリア  2-44

追加  2-375

SNMP グループ

グループ アクセス権限の削除  2-141

グループ アクセス権限の定義  2-660

特定のコンテキスト ストリングのアクセス権限の削除  2-141

特定のコンテキスト ストリングのアクセス権限の定義  2-660

特定のセキュリティ タイプのアクセス権限の削除  2-141

特定のセキュリティ タイプのアクセス権限の定義  2-660

ユーザの削除  2-145

SNMP 通知要求

情報の表示  2-1203

設定の削除  2-147

要求処理の設定  2-671

SNMP トラップ レシーバー テーブル

エントリの削除  2-151

メッセージの送信  2-1320

SNMP バッファ

UDP ソケットの受信バッファ サイズの設定  2-663

UDP ソケットの受信バッファ サイズの表示  2-1191

SPAN

SPAN または RSPAN 宛先として設定可能なポートの指定  2-685

イネーブル化  2-685

許可リスト機能の設定  2-685

情報の表示  2-1214

設定  2-685

ディセーブル化  2-685

SSH

互換性モードへの復帰  2-166

セッション情報の表示  2-1249

バージョンの削除  2-166

バージョンの設定  2-734

SSH 許可リスト

クリア  2-44

追加  2-375

Switch Fabric Module

LCD バナーの設定  2-262

LCD バナーの表示  2-808

Syslog サーバ

追加  2-411

Syslog メッセージ

Syslog ダンプ用のフラッシュ ファイル名の指定  2-756

Syslog テーブル サイズの設定  2-408

Syslog バッファ内のメッセージのフラッシュ ファイルへのダンプ  2-755

Syslog 履歴テーブルに送信されるメッセージの重大度の設定  2-408

Syslog 履歴テーブルへ送信されたメッセージの重大度の表示  2-939, 2-943, 2-945, 2-946, 2-947, 2-948

T

TAC

システムおよび設定情報の表示  2-1266

TACACS+

EXEC モード イベントの許可のイネーブル化  2-259

TACACS+ directed-request オプションのイネーブル化  2-758

TACACS+ directed-request オプションのディセーブル化  2-758

TACACS+ サーバの定義  2-760

アカウンティング情報の表示  2-798

アカウンティング情報の抑制のイネーブル化  2-243

アカウンティング情報の抑制のディセーブル化  2-243

アカウンティングの更新頻度の設定  2-246

応答タイムアウト インターバルの設定  2-761

鍵設定の削除  2-169

許可情報の表示  2-806

許可のイネーブル化  2-256

許可のディセーブル化  2-256

コマンド イベント アカウンティングのイネーブル化  2-239

最大ログイン試行回数の設定  2-757

システム イベントのアカウンティングのイネーブル化  2-244

システム イベントのアカウンティングのディセーブル化  2-244

セッション イベントの許可のイネーブル化  2-259

特権モード イベントの許可のイネーブル化  2-257

特権モード イベントの許可のディセーブル化  2-257

認証と暗号鍵の設定  2-759

認証のイネーブル化  2-252

発信接続イベントのアカウンティングのイネーブル化  2-240

標準ログイン セッションのアカウンティングのイネーブル化  2-241

標準ログイン セッションのアカウンティングのディセーブル化  2-241

プライマリ認証ログイン方式のイネーブル化  2-254

プロトコル設定の表示  2-1265

ホストの削除  2-170

ユーザ ログイン モードの許可のイネーブル化  2-259

TACACS、RADIUS、KERBEROS、HTTP

認証情報の表示  2-805

TCL

TCL シェルの起動  2-1316

TCL シェルの終了  2-1315

TDR

テスト結果の表示  2-1099

Telnet

暗号化セッション  2-1317

すべてのアクティブ Telnet セッションの一覧表示  2-1285

セッションの終了  2-207

接続  2-1317

認証方式の指定  2-252

認証ログイン方式の指定

認証のディセーブル化  2-254

ログイン試行回数の制限  2-254

Telnet 許可リスト

クリア  2-44

追加  2-375

Telnet バナー

設定  2-264

表示  2-808

Terminal Access Controller Access Control System Plus

TACACS+ を参照

Tool Command Language

TCL を参照

TopN

開始  2-1275

すべての TopN プロセスと特定の TopN レポートの表示  2-1277

プロセスの停止  2-172

U

UDLD

UDLD 情報表示のイネーブル化  2-771

アグレッシブ モードのイネーブル化  2-773

アグレッシブ モードのディセーブル化  2-773

情報の表示  2-1283

メッセージ インターバルの設定  2-774

UDLD 情報表示のディセーブル化  2-771

UplinkFast

設定の表示  2-1248

V

VACL

ACL 管理情報の表示  2-1136

VACL からのすべての ACE の削除  2-132

VACL 管理情報の表示  2-1184

VACL/VLAN 間のマッピングの表示  2-1182

VACL/VLAN マッピングの削除  2-138

既存の VACL/VLAN 間のマッピング  2-655

キャプチャ ポート リスト エントリの表示  2-1175

キャプチャ ポート リストからのエントリの削除  2-134

現在の設定の表示  2-1170

コンフィギュレーション ファイルの位置の表示  2-836

トラフィックをキャプチャするようポートを設定  2-639

非 IP VACL の新しいエントリを作成  2-653

非 IPX VACL の新しいエントリを作成  2-653

標準 IP VACL の新しいエントリを作成  2-643

標準 IPX VACL の新しいエントリを作成  2-649

編集バッファからの VACL の削除  2-132

VACL ロギング

ログ テーブル内のすべてのフローの削除  2-137

ログ テーブルの設定  2-651

ログ情報の表示  2-1179

VACL/VLAN マッピング

削除  2-138

VARNAME 変数の設定  2-1328

VLAN

802.1Q VLAN と ISL VLAN のマッピング  2-779

VLAN 情報の表示  2-1290

VLAN マッピング テーブル情報の表示  2-1290

VLAN マッピング ペアの削除  2-176

VTP の設定に関する注意  2-174

インスタンスのマッピング  2-775

削除  2-174

トランク ポート情報の表示  2-1290

非トランク ポート情報の表示  2-1290

ポートの VLAN へのグループ化  2-775

予約済みマッピングの削除  2-176

VLAN ACL

VACL を参照

VLAN パス コスト

表示  2-1237

VLAN ポートプロビジョニングの検証

イネーブル化  2-781

ディセーブル化  2-781

表示  2-1295

VLAN マッピング

設定の表示  2-1108

ポートごとの削除  2-109

ポート単位での設定  2-564

VLAN メンバシップ

ポートへの割り当ての設定  2-541

VMPS

MAC アドレス/VLAN マッピング テーブルの表示  2-1298

RCP ユーザ名の削除  2-177

VLAN 内の MAC アドレスの表示  2-1300

イネーブル化  2-786

コンフィギュレーション ファイルのバックアップ デバイスの設定  2-782

サーバの削除  2-178

サーバの指定  2-784

サーバの設定  2-785

自動保存機能のイネーブル化またはディセーブル化  2-782

設定情報の表示  2-1296

ダウンロード方式の指定  2-783

ディセーブル化  2-786

統計情報の削除  2-179

統計情報の表示  2-1299

バックアップ コンフィギュレーション ファイル名の設定  2-782

メンバシップ割り当ての再確認  2-227

VTP

VTP 統計情報の表示  2-1304

VTP ドメイン情報の表示  2-1302

VTP ドメイン名の設定  2-787

VTP パスワードの定義  2-787

VTP プルーニングのイネーブル化  2-787

VTP プルーニングのディセーブル化  2-787

VTP モードの設定  2-787

オプションの設定  2-787

統計情報の削除  2-181

バージョン 2 モードの設定  2-787

プルーニング適格 VTP ドメイン VLAN の指定  2-791

プルーニング不適格 VTP ドメイン VLAN の指定  2-180

ポート単位でのイネーブル化およびディセーブル化  2-568

ポート単位でのステータスの表示  2-1119

VTP バージョン 3

ドメイン競合の表示  2-1301

ドメイン設定の表示  2-1302

ドメイン装置の表示  2-1301

W

Web インターフェイス

HTTP サーバのイネーブル化  2-374

HTTP サーバのディセーブル化  2-374

HTTP 設定の表示  2-918

TCP ポート番号の設定  2-373

バージョン情報の表示  2-1286

Web ベースのプロキシ認証

イネーブル化

グローバル  2-792

ポートでの設定  2-569

クリア

ログイン ページ  2-182

ログイン失敗ページ  2-182

グローバル セッション タイムアウト、設定  2-797

セッション

サマリーの表示  2-1306

設定

グローバル セッション タイムアウト  2-797

ログイン ページの URL  2-795

ログイン試行失敗の許容最大数  2-793

ログイン失敗ページの URL  2-794

待機時間インターバルの設定  2-796

ディセーブル化

グローバル  2-792

ポートでの設定  2-569

表示

セッション情報のサマリー  2-1306

ポート情報  2-1121

ポート情報の表示  2-1121

ポートの初期化  2-571

ログイン試行失敗の許容最大数、設定  2-793

WRED

しきい値の設定  2-618

パケット バッファ メモリ サイズの設定  2-611

ポート タイプの説明  2-605

マッピングの注意事項  2-605

WRR

ウェイトの指定  2-619

アイドル セッション タイムアウト

設定  2-416

アカウンティング

RADIUS

システム イベントのアカウンティングのイネーブル化  2-244

システム イベントのアカウンティングのディセーブル化  2-244

標準ログイン セッションのアカウンティングのイネーブル化  2-241

標準ログイン セッションのアカウンティングのディセーブル化  2-241

TACACS+

アカウンティング情報の抑制のイネーブル化  2-243

アカウンティング情報の抑制のディセーブル化  2-243

アカウンティングの更新頻度の設定  2-246

コマンド イベント アカウンティングのイネーブル化  2-239

システム イベントのアカウンティングのイネーブル化  2-244

システム イベントのアカウンティングのディセーブル化  2-244

発信接続イベントのアカウンティングのイネーブル化  2-240

標準ログイン セッションのアカウンティングのイネーブル化  2-241

標準ログイン セッションのアカウンティングのディセーブル化  2-241

アクセス コントロール リスト

セキュリティ ACL を参照

アクセス制御

エントリ

QoS を参照

VACL を参照

セキュリティ ACL を参照

リスト

QoS を参照

VACL を参照

暗号鍵

RSA キーを参照

イメージの確認

イメージのコピー後  2-362

起動時  2-362

システム リセット前  2-362

ステータスの表示  2-909

イメージのダウンロード  2-208

イメージの同期化

同期化タイマーの設定  2-273

同期化をすぐに開始  2-272

インスタンス

BPDU スキュー ステータスの表示  2-1222

MAC アドレス、インスタンス番号、およびタイマー リストの表示  2-1224

PortFast 情報の表示  2-1235

VLAN がインスタンスを加えるまでの残り時間の表示  2-1224

インスタンス情報の表示  2-1229

情報サマリーの表示  2-1245

スパニングツリー ガード情報の表示  2-1226

セカンダリ ルートの設定  2-729

デフォルト パス コストの復元  2-157

統計情報の表示  2-1238

パス コストの表示  2-1236

プライマリ ルートの設定  2-729

ブリッジ hello 時間の設定  2-703

ブリッジ プライオリティの設定  2-728

ブリッジ転送遅延の設定  2-698

ブリッジの最大エージング タイムの設定  2-706

ブロックされたポートのみを表示  2-1219

ポート インスタンス プライオリティのリセット  2-158

ポート パス コストの割り当て  2-720

ポート プライオリティの設定  2-722

ルート スイッチの MAC アドレスの表示  2-1224

インベントリ

PID の表示  2-913

SN の表示  2-913

VID の表示  2-913

デバイス上のシスコ製品すべてに関する製品リストの表示  2-913

インライン パワー

ステータスの表示  2-867

すべてのモジュール ステータスの表示  2-910

デフォルト電力割り当ての設定  2-363

電力使用量通知しきい値の設定  2-363

エイリアス

クリア  2-7

定義  2-249

表示  2-803

エージング タイム情報

表示  2-813

エラー ディセーブル

errdisable ステートのポートのイネーブル化の禁止  2-510

errdisable ステートのポートのタイムアウトの設定  2-326

設定およびステータス情報の表示  2-874

ポートの errdisable タイムアウトの設定とステータスの表示  2-1064

エラー検出

イネーブル化  2-328

設定の表示  2-875

帯域内  2-328

ディセーブル化  2-328

パケット バッファ  2-328

ポート カウンタ  2-328

メモリ  2-328

エントリ

セキュリティ ACL を参照

音声

Cisco IP Phone のアクセス ポートの設定  2-552

FDL 情報の表示  2-1116

アクティブ コール情報の表示  2-1112

インライン パワー ステータスの表示  2-867

インライン パワー モードの設定  2-529

デフォルト電力割り当ての設定  2-363

電力管理ステータスの表示  2-1073

電力動作ステータスの表示  2-1073

ポート音声インターフェイスの設定

DHCP サーバ  2-566

DNS サーバ  2-566

TFTP サーバ  2-566

ポート音声インターフェイスの表示  2-1118

ポート音声情報の表示  2-1109

温度

システム ステータス情報の表示  2-867

オンライン診断

テスト結果のチェック  2-859

カウンタ

MAC カウンタを参照

ハードウェア カウンタを参照

ポート カウンタを参照

環境

インライン パワー ステータスの表示  2-867

システム ステータス情報の表示  2-867

技術サポート

システムおよび設定情報の表示  2-1266

疑似ランダム バイナリ シーケンス テスト

PRBS を参照

キャプチャ ポート リスト

エントリの削除  2-134

共通のアクセス ポリシー

グループ名の表示  2-1200

ユーザの集合の表示  2-1200

共有鍵

クリア  2-129

許可

TACACS+

EXEC モード イベントの許可のイネーブル化  2-259

イネーブル化  2-256

セッション イベントの許可のイネーブル化  2-259

ディセーブル化  2-256

特権モード イベントの許可のイネーブル化  2-257

特権モード イベントの許可のディセーブル化  2-257

ユーザ ログイン モードの許可のイネーブル化  2-259

国コード

設定  2-740

クラッシュ情報ファイル

イネーブル化およびディセーブル化  2-741

システム情報の表示  2-1253

デバイスおよびファイル名の設定  2-741

クロスバー ファブリック

フォールバック アクションの選択  2-742

クロック

設定  2-457, 2-735

夏時間のステータスの表示  2-1252

現在の設定のアップロード  2-1331

現在の設定のファイルへのアップロード  2-1333

健全性チェック

実行された健全性チェックの出力を表示  2-1261

コア ダンプ ファイル

イネーブル化  2-738

ディセーブル化  2-738

命名  2-739

高速ブート機能  2-328

コマンド アカウンティング

コマンド ログ エントリの削除  2-59

コマンド ログ エントリの表示  2-938

コマンド エイリアス

エイリアス名と値の削除  2-1325

クリア  2-7

設定  2-2

表示  2-2

コマンド ショートカット

クリア  2-7

設定  2-2

表示  2-2

コマンド モード

最上位レベル、特権モード  1-9

最上位レベル、ユーザ モード  1-9

スイッチ CLI、特権モード  1-3

スイッチ CLI、ユーザ モード  1-3

コマンド ロギング

コマンド ログ エントリの削除  2-59

コマンド ログ エントリの表示  2-938

デバイスへのコマンド ログのコピー  2-191

コマンド完成

キーワード参照

キーワード参照  1-11

再表示機能  1-11

部分キーワード参照  1-11

コマンドの反復  2-229

コマンドまたはキーワードの完成

Tab キーの使用  1-12

コマンドライン インターフェイス

CLI を参照

コマンドライン編集  1-4

エントリの削除  1-6

大文字と小文字の制御  1-7

カーソル移動  1-4

画面幅よりも長いコマンドラインの編集  1-5

行または画面のスクロール  1-6

現在のコマンドラインの再表示  1-6

コマンド エントリとしてのキーストロークの指定  1-7

コマンド省略形完全なコマンド化  1-4

指定テキストへのスクロール  1-6

入力をミスした文字列の入れ替え  1-7

バッファ エントリの挿入  1-5

コマンド履歴バッファ

内容の表示  2-217

コマンド履歴ログ

クリア  2-59

表示  2-938

コマンド履歴、スイッチ CLI  1-8

コミュニティとそれに関連付けるアクセス タイプ

定義  2-665

コンソール

コンソール接続のアクティブ スーパーバイザ エンジン上の MSFC への物理的な切り替え  2-1312

ポート ボーレートの設定  2-737

コンテキスト ヘルプ  1-10

コンフィギュレーション ファイル

削除  2-199

使用するファイルの指定  2-265

チェックポイント ファイル

クリア  2-21

作成  2-288

表示  2-842

ロールバック  2-292

内容の削除  2-11

ファイルの違いを比較  2-843

コンフィギュレーション レジスタ ユーティリティ

設定  2-187

コンフィギュレーション レジスタの設定

設定  2-13

表示  2-809

サーバ テーブル

RADIUS サーバ テーブルの削除  2-129

再表示機能  1-11

削除済みファイル

回復  2-1326

システム

情報の表示  2-1253

システム エラー ログ

クリア  2-58

システム クロック

現在日時の表示  2-1273

変更  2-764

システム コンフィギュレーション

システム コンフィギュレーション モードの表示  2-844

デフォルト以外の設定の表示  2-836

システム スイッチング モード

設定  2-754

システム プロファイル

システム コンフィギュレーションおよびプロファイル コンフィギュレーションの削除  2-20

プロファイル ファイルの作成  2-750

プロファイル設定の削除  2-168

プロファイル設定の表示  2-1260

システム ヘルス

ヘルス テスト結果の表示  2-1256

システム メッセージ

CallHome も参照

重大度の設定  2-409

ファシリティ レベルの設定  2-409

システム モデム

イネーブル化  2-748

ディセーブル化  2-748

システム ロギング サーバ

削除  2-68

表示  2-939, 2-943, 2-945, 2-946, 2-947, 2-948

システム ロギング メッセージ

イネーブル化  2-411

コンソールへの送信  2-407

タイムスタンプ表示のイネーブル化  2-415

タイムスタンプ表示のディセーブル化  2-415

ディセーブル化  2-411

システム ログ

システム ログ設定の表示  2-935

バッファの削除  2-60

表示  2-935

ロギング バッファの表示  2-942

システム情報の表示  2-1253

システム情報のロギング

イネーブル化  2-745

コンフィギュレーションの削除によるデフォルト値の復元  2-19

設定の表示  2-1259

ロギング インデックスからの show コマンドの削除  2-167

ロギング サーバの指定  2-745

ロギング間隔の指定  2-745

ログの show コマンドの指定  2-745

システム切断

アイドル セッション タイムアウト  2-416

システムの問合せ先

識別  2-737

システムの場所

識別  2-747

設定  2-740

システム名

設定  2-749

指定

VLAN  1-10

ポート  1-10

自動 QoS

QoS を参照

自動保存機能

設定の表示  2-844

テキスト設定の NVRAM への自動保存のイネーブル化またはディセーブル化  2-290

保存間隔の設定  2-290

自動モジュール シャットダウン

イネーブル化  2-260, 2-444

ディセーブル化  2-260, 2-444

デフォルトへのリセット  2-9

表示

現在のステータス情報  2-807

設定情報  2-807

ジャンボ フレーム

イネーブル化  2-531

設定の表示  2-1075

ポートの注意事項  2-531

集約ポリシング規則

クリア  2-126

終了

Telnet セッション  2-207

アクティブなコンソール ポート  2-207

出荷時の設定の復元  2-165

診断テスト

エラー  2-1268, 2-1272

システム  2-1268, 2-1272

テスト失敗後にスーパーバイザ エンジンが実行するアクションの設定  2-762

テスト失敗後にスーパーバイザ エンジンが実行するアクションの表示  2-1268, 2-1272

モジュール  2-1268, 2-1272

レベル  2-1268, 2-1272

レベルの設定  2-763

スイッチ CLI

IP アドレス  1-11

IP エイリアス  1-11

MAC アドレス  1-11

Telnet  1-2

アクセス  1-2

エイリアス  1-7

カテゴリ、定義  1-10

コマンド エイリアス  1-7

コマンド ヘルプ  1-8

コマンド モード  1-3

コマンドラインの操作法  1-3

コマンドライン編集機能  1-4

コンソール ポート  1-2

操作  1-3

ヘルプ

スイッチ CLI  1-8

モジュールの指定  1-10

履歴置換  1-8

スイッチ ファブリック エラー

すべてのモジュールのエラー カウンタの表示  2-886

モジュールのエラー カウンタの表示  2-886

スイッチ ファブリック チャネル

カウンタ情報の表示  2-881

使用率の表示  2-881

スイッチ モードとステータスの表示  2-881

スイッチング

アクティブ スーパーバイザ エンジンからスタンバイ スーパーバイザ エンジンへ  2-1311

スーパーバイザ エンジンに基づくクロックから内部クロックへ  2-1311

物理的にアクティブ スーパーバイザ エンジン上の MSFC へ  2-1312

スイッチング モード

システム モードの設定  2-1264

スタック フレーム

表示  2-214

スタンバイ クロック

スイッチング  2-1311

スパニングツリー

BackboneFast コンバージェンス ステータスの表示  2-1218

BackboneFast のイネーブル化  2-688

BackboneFast のディセーブル化  2-688

BPDU スキュー ステータスの表示  2-1222

BPDU スキューイングのイネーブル化  2-691

BPDU スキューイングのディセーブル化  2-691

BPDU パケット フィルタリングのイネーブル化  2-689, 2-718

BPDU パケット フィルタリングのディセーブル化  2-689, 2-718

MAC アドレス リダクションのイネーブル化  2-705

MAC アドレス リダクションのディセーブル化  2-705

MAC アドレスのリストの表示  2-1224

PortFast BPDU ガード機能のイネーブル化  2-690, 2-719

PortFast BPDU ガード機能のディセーブル化  2-690, 2-719

PortFast 情報の表示  2-1235

PortFast-start 機能のイネーブル化  2-717

PortFast-start 機能のディセーブル化  2-717

UplinkFast のイネーブル化  2-732

UplinkFast の設定の表示  2-1248

UplinkFast のディセーブル化  2-732

UplinkFast の無効化  2-165

VLAN 情報の表示  2-1215

VLAN とインスタンスのマッピング情報の表示  2-1227

VLAN パス コストの表示  2-1237

VLAN ブリッジ プライオリティの設定  2-728

VLAN ベースのガード情報の表示  2-1226

イネーブル化  2-697

インスタンス ブリッジ プライオリティの設定  2-728

インスタンス情報の表示  2-1229

インスタンスのイネーブル化  2-697

インスタンスのディセーブル化  2-696

インスタンスのパス コストの表示  2-1236

インスタンスのポート パス コストの割り当て  2-720

インスタンスのポート プライオリティの設定  2-722

インスタンス番号のリストの表示  2-1224

インスタンスベースのガード情報の表示  2-1226

インスタンスへのデフォルト パス コストの復元  2-157

エントリが期限切れになるまでの残り時間の表示  2-1224

現在のデフォルトのポート コスト モードの表示  2-1225

出荷時の設定の復元  2-162

情報サマリーの表示  2-1245

セカンダリ ルートの設定  2-729

タイマーのリストの表示  2-1224

ディセーブル化  2-696

デフォルト パス コストの復元  2-160

デフォルトの hello タイムの復元  2-162

デフォルトの最大エージング タイムの復元  2-162

デフォルトの転送遅延の復元  2-162

デフォルトのブリッジ プライオリティの復元  2-162

統計情報の削除  2-163

統計情報の表示  2-1238

パス コストの割り当て  2-725

プライマリ ルートの設定  2-729

ブリッジ hello 時間の設定  2-703

ブリッジ転送遅延の設定  2-698

ブリッジの最大エージング タイムの設定  2-706

ブロックされたポートのみを表示  2-1219

ポート VLAN のプライオリティのリセット  2-161

ポート インスタンス プライオリティのリセット  2-158

ポート コスト モードの設定  2-694

ポート パス コストの設定  2-715

ポート プライオリティの設定  2-727

ポート ブリッジ プライオリティの設定  2-724

ポート情報の表示  2-1096, 2-1215

モードの設定  2-707

ルート ガード

イネーブル化  2-701

ディセーブル化  2-701

ループ ガード

イネーブル化  2-701

ディセーブル化  2-701

セキュリティ ACL

ACL 管理情報の表示  2-1136

ACL マッピングの表示  2-1182

NVRAM へのコミット  2-183

PACL マッピングの表示  2-1182

VACL からのすべての ACE の削除  2-132

VACL 管理情報の表示  2-1184

VACL マッピングの表示  2-1182

VACL ログ情報の表示  2-1179

VACL/VLAN マッピングの削除  2-138

既存の VACL/VLAN 間のマッピング  2-655

キャプチャ ポート リスト エントリの表示  2-1175

キャプチャ ポート リストからのエントリの削除  2-134

現在の設定の表示  2-1170

コミットされた VACL の表示  2-1170

コンフィギュレーション ファイルの位置の表示  2-836

実行コンフィギュレーションの表示  2-1167

セキュリティ ACL の設定  2-643

トラフィックをキャプチャするようポートを設定  2-639

非 IP VACL の新しいエントリを作成  2-653

非 IPX VACL の新しいエントリを作成  2-653

標準 IPX VACL の新しいエントリを作成  2-649

ブリッジング ACE の場合にルート プロセッサ CPU に送信されるパケット数を制限  2-247

編集バッファからの VACL の削除  2-132

編集バッファの変更の削除  2-236

ポートへのマッピング  2-655

隣接の設定  2-636

ログ テーブルの削除  2-137

ログ テーブルの設定  2-651

ログ レート制限情報の表示  2-800

ログ レート制限のディセーブル化  2-5

セキュリティ アクセス リスト

セキュリティ ACL を参照

切断

セッション番号の入力  2-207

設定情報の表示  2-1331

設定の表示  2-1085

双方向 VLAN

タイプの設定  2-775

ポートのグループ化  2-775

マッピング  2-775

双方向コミュニティ

PVLAN 設定の表示  2-1128

PVLAN の設定  2-775

VLAN の設定  2-775

ソフトウェア

バージョンの表示  2-1286

ターゲット アドレス エントリ

削除  2-149

帯域内インターフェイス

設定  2-364

タイム ゾーン

設定  2-765

デフォルトへの復元、UTC  2-171

表示  2-1274

タイムスタンプ表示

システム ロギング メッセージでのイネーブル化  2-415

システム ロギング メッセージでのディセーブル化  2-415

ダウンロード

RCP コンフィギュレーション ファイル  2-185

SCP ダウンロードを実行するようモジュールを設定  2-228

単一文字パターン

特殊文字

単一文字パターン、表  1-13

ダンプ ログ

クリア  2-58

表示  2-935

単方向リンク検出プロトコル

UDLD を参照

端末表示

画面行数の設定  2-396

デフォルト画面行数の設定  2-396

チャネル

MAC 情報の表示  2-833

チャネル VLAN コストの設定  2-285

チャネル パス コストの設定  2-284

ポートまたはモジュール情報の表示  2-1043

チャネル ハッシュ

ハッシュ情報の表示  2-832

データのエクスポート

エクスポート宛先の設定  2-614

グローバルなイネーブル化  2-612

グローバルなディセーブル化  2-612

集約ポリサーのイネーブル化  2-613

集約ポリサーのディセーブル化  2-613

ポートでのイネーブル化  2-616

ポートでのディセーブル化  2-616

テキスト モード

テキスト モードの設定  2-290

テキスト モードの表示  2-844

デバッグ情報

トレース カテゴリの表示  2-1279

レベルの表示  2-1279

デフォルト IP ゲートウェイ

指定  2-378

デフォルトのポート ステータス

設定  2-297

表示  2-855

電源冗長性

電源装置間の冗長性のオンまたはオフ  2-572

電源装置

冗長性のオンまたはオフ  2-572

電源モジュール  2-446

問合せ先担当者  2-737

統計データのエクスポート

エクスポート宛先の設定  2-614

エクスポート間隔の設定  2-615

グローバルなイネーブル化  2-612

グローバルなディセーブル化  2-612

集約ポリサーのイネーブル化  2-613

集約ポリサーのディセーブル化  2-613

設定およびステータス情報の表示  2-1156

ポートでのイネーブル化  2-616

ポートでのディセーブル化  2-616

統合スイッチ ファブリック

ステータスと転送速度の表示  2-887

特殊文字

位置指定、表  1-16

特権モード

アクティブ化  2-212

ユーザ モードへの復帰  2-206

特権レベル

パスワードの設定  2-313

トラップ

ステータス情報の表示  2-1104

トラフィック

情報の表示  2-1279

トラフィック ログ

しきい値の設定  2-766

トラフィックのフィルタリング

設定  2-275

トラフィックのモニタリング

しきい値の設定  2-766

トランク

許可 VLAN リストからの VLAN の削除  2-173

情報の表示  2-1280

デフォルトのトランク タイプおよびモードへのトランク ポートの復元  2-173

ポート情報の表示  2-1105

トランク ポート

VLAN の追加  2-768

設定  2-768

夏時間

クロックの設定  2-457, 2-735

クロックの表示  2-1252

ステータスの表示  2-1252

夏時間の設定  2-457, 2-735

認証

接続試行回数の指定  2-252

プライマリ ログイン方式の指定  2-254

プライマリ方式の指定  2-252

ロックアウト時間の指定  2-252

ネットワーク インターフェイス

情報の表示  2-912

ネットワーク統計情報

表示  2-1008

ハードウェア

バージョンの表示  2-1286

ハードウェア カウンタ

表示  2-848

ハイ アベイラビリティ

イネーブル化  2-743

コンフィギュレーションの設定値の表示  2-1258

ディセーブル化  2-743

バージョニングのイネーブル化  2-744

バージョニングのディセーブル化  2-744

パケット キャプチャ

開始と停止  2-460

キャプチャされるパケット数の制限  2-465

キャプチャしたパケットの長さをバイト単位で指定  2-466

ダンプしたパケット ファイルの指定  2-463

フィルタの設定  2-464

方向の設定  2-462

パスワード

特権レベル用パスワードの設定  2-313

変更  2-467

バナー

LCD バナーを参照

MoTD バナーを参照

Telnet バナーを参照

ピーク

情報の表示  2-1279

光診断モニタリング

DOM を参照

位置指定に用いられる特殊文字  1-16

特殊文字

繰り返し指定  1-15

特別の意味を持つ文字  1-13

表現

選択パターンの指定  1-15

単一文字パターン  1-13

複数の表現繰り返しに一致  1-15

複数文字パターン  1-14

ファイル転送プロトコル

FTP を参照

ファブリック

アクティブ モジュールをリセットしスタンバイ ファブリックによる引継ぎを可能にする  2-1313

ファブリック チャネル

使用率の表示  2-1253

ファン トレイ

ハイパワー トレイおよびローパワー トレイのバージョン設定  2-338

ブート

auto-config ファイルの設定  2-268

auto-config ファイルの同期化  2-272

IDS 環境の設定  2-271

NAM 環境の設定  2-271

NAM ブート ストリングの削除  2-12

NAM ブート ストリングの表示  2-810

ブート コンフィギュレーション レジスタ

設定  2-266

ブート ファイル

ブートするファイルの決定  2-1330

ブートフラッシュ

情報の表示  2-890

複数文字パターン  1-14

部分キーワード参照  1-11

プライベート VLAN

PVLAN を参照

フラッシュ PC カード

情報の表示  2-890

フォーマット  2-213

フラッシュ コンフィギュレーション ファイル

上書き  2-268

追加  2-268

反復  2-268

フラッシュ デバイス

現在の設定の表示  2-225

削除済みファイルの回復  2-1326

システムのデフォルト設定  2-4

チェックサムの確認  2-1329

フラッシュ情報の表示  2-890

フラッシュ ファイル

削除  2-1309

システム損傷のチェック  2-215

フラッシュ メモリ

ファイルの内容の表示  2-888

ホストからのイメージのコピー  2-208

フラッシュ メモリ デバイス ファイルの表示  2-204

フロー制御

ポートの設定  2-523

ポートの注意事項  2-523

ブロードキャスト抑制

情報の表示  2-1036

設定  2-484

ディセーブル化  2-97

プロセスの使用率

情報の表示  2-1123

プロトコル フィルタリング

アクティブ化  2-574

ステータスの表示  2-1127

非アクティブ化  2-574

プロトコル メンバシップ

ポートでのイネーブル化  2-544

ポートでのディセーブル化  2-544

プロンプト

変更  2-573

ページング プロンプト

--More-- プロンプトを参照

変数名

削除  2-1327

ポート

Cisco IP Phone のアクセス ポートの設定  2-552

dot1q トンネル モードの設定  2-500

EtherChannel 管理グループの定義  2-486

EtherChannel ポート バンドルの作成  2-486

EtherChannel ポートに設定されたプロトコル フィルタの表示  2-1087

GMRP のイネーブル化またはディセーブル化  2-525

MAC カウンタ情報の表示  2-1080

VLAN としてのインターフェイス解釈の設定  2-545

VLAN メンバシップ割り当ての設定  2-541

イネーブル化  2-508

インライン パワー モードの設定  2-529

指定されたポートでの GVRP のイネーブル化またはディセーブル化  2-526

ジャンボ フレームのイネーブル化  2-531

情報の表示  2-1105

信頼されないポートを通して着信したすべてのパケットをデフォルト設定に復元  2-106

信頼されないポートを通して着信したパケットをデフォルト値に設定  2-548

信頼状態の設定  2-550

スイッチのフレーム配信方法の指定  2-486

ステータスの表示  2-1097

セキュア MAC アドレス リストからの MAC アドレスの削除  2-107

速度の設定  2-559

ディセーブル化  2-496

デバイスの信頼状態の設定  2-551

デュプレックス モードの設定  2-507

トラップ ステータス情報の表示  2-1104

標準 SNMP リンク トラップのイネーブル化  2-561

標準 SNMP リンク トラップのディセーブル化  2-561

物理ポートとしてのインターフェイス解釈の設定  2-545

フロー制御情報の表示  2-1071

フロー制御の設定

ポーズ フレーム  2-523

プロトコル メンバシップのイネーブル化  2-544

プロトコル メンバシップのディセーブル化  2-544

ポート ステータスの表示  2-1024

ポート セキュリティ設定の表示  2-1092

ポート セキュリティの設定  2-554

ポート機能の表示  2-1037

ポート名の設定  2-542

ホスト接続用ポート設定の最適化  2-528

ホスト接続を最適化するためのポート設定の削除  2-104

リンク ネゴシエーション プロトコルのイネーブル化  2-543

リンク ネゴシエーション プロトコルの設定の表示  2-1085

リンク ネゴシエーション プロトコルのディセーブル化  2-543

ポート アクセス コントロール リスト

PACL を参照

ポート カウンタ

表示  2-1051

復元  2-235

ポート セキュリティ

MAC アドレスと VLAN の関連付け  2-554

PACL も参照

VLAN からの MAC アドレスの削除  2-107

自動設定の設定  2-554

セキュア MAC アドレス リストからの MAC アドレスの削除  2-107

設定機能  2-554

設定の表示  2-1092

タイマー タイプの設定  2-554

ユニキャスト フラッディングの設定  2-554

レート制限の設定  2-629

ポート マッピング

クリア  2-22

ポート速度

設定  2-559

ポート単位の利用率

統計データのエクスポートのイネーブル化  2-613

統計データのエクスポートのディセーブル化  2-613

パケットとバイトのレートの表示  2-950

ポートの説明

設定  2-493

表示  2-1055

ポートの役割

クリア  2-98

作成  2-489

ポート名

設定  2-542

ボーレート

コンソール ポートの設定  2-737

補助 VLAN

CDP による IP Phone の自動検出の設定  2-482

PVLAN も参照  2-482

VLAN も参照

ポート ステータスの表示  2-1034

ポートの設定  2-482

ホップバイホップ パス

表示  2-1321

マイクロコード

バージョンの表示  2-958

マイクロフロー ポリシング規則

クリア  2-126

マニュアル

構成  xxix

対象読者  xxix

表記法  xxxi

マルチキャスティング

マルチキャスト プロトコル ステータスの表示  2-1004

レート制限情報の表示  2-1005

レート制限のイネーブル化およびディセーブル化  2-451

レート制限用の速度の設定  2-451

マルチキャスト

マルチキャスト プロトコル ステータスの表示  2-1004

マルチキャスト グループ

VLAN 内のマルチキャスト アドレス(グループ)の総数の表示  2-1003

設定の表示  2-1002

マルチキャスト ルータ

IGMP 対応ルータを持つポートの表示  2-1006

ポート リストの削除  2-85

ポートの設定  2-452

マルチキャスト抑制

情報の表示  2-1036

設定  2-484

ディセーブル化  2-97

マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード

MSFC を参照

命名

システム  2-749

モジュール  2-445

メッセージ

Telnet セッションでのロギングのイネーブル化  2-414

Telnet セッションでのロギングのディセーブル化  2-414

現在のログイン セッションへのロギング メッセージの送信  2-413

新規 Telnet セッションへのロギング メッセージの送信  2-414

ロギングのイネーブル化  2-413

ロギングのディセーブル化  2-413

メモリ割り当て

情報の表示  2-1123

メンバシップ割り当て

再確認  2-227

モジュール

MSM も参照

NAM および IDS モジュールのシャットダウン  2-447

NAM も参照

イネーブル化  2-442

自動モジュール シャットダウン  2-260

システム モジュールの初期ログの内容の表示  2-998

自動モジュール シャットダウン設定のリセット  2-9

自動モジュール シャットダウンのイネーブル化  2-444

自動モジュール シャットダウンのディセーブル化  2-444

ステータスと情報の表示  2-995

ディセーブル化  2-442

自動モジュール シャットダウン  2-260

表示

自動モジュール シャットダウン ステータス  2-807

自動モジュール シャットダウン設定情報  2-807

命名  2-445

モジュールへの電源切断  2-446

モジュールへの電源投入  2-446

モジュール エラー ログ

クリア  2-58

モジュール セッションの開始  2-237

モジュール設定

デフォルト以外の設定の表示  2-836

モジュールのイネーブル化  2-442

モジュールのディセーブル化  2-442

戻り情報

最後にブートされたシステム イメージからの情報の表示  2-1314

ユーザ モード

特権モードからの復帰  2-206

ユニキャスト フラッディング ブロック

イネーブル化  2-562

実行コンフィギュレーションの表示  2-1107

ディセーブル化  2-562

ユニキャスト抑制

設定  2-484

リセット

キャンセル  2-232

スイッチ  2-232

スケジュールされたリセット情報の表示  2-1162

電源装置  2-232

モジュール  2-232

リセットのスケジューリング  2-232

略語、リスト  A-1

リンク ネゴシエーション プロトコル  2-1085

ポートでのディセーブル化  2-543

隣接

PBF 情報の表示  2-1016

ルーティング テーブル

IP ルーティング テーブルを参照

ルート ガード

イネーブル化  2-701

情報の表示  2-1226

ディセーブル化  2-701

ループ ガード

イネーブル化  2-701

情報の表示  2-1226

ディセーブル化  2-701

レイヤ 2

パスの表示  2-218

レイヤ 2 パスの表示  2-218

レイヤ 2 プロトコル トンネリング

トランク上でのイネーブル化  2-391

トランク上でのディセーブル化  2-391

トンネリング パラメータの設定  2-532

トンネリング情報の表示  2-924

トンネリング統計情報の削除  2-53

トンネリング統計情報の表示  2-1076

入力トンネリング ポートへの CoS 値の適用  2-390

入力トンネル ポートの CoS 値の削除  2-52

レイヤ 2 レート制限

設定  2-629

設定および情報の表示  2-1159

レート リミッタ情報

表示  2-1159

ローカル エンジン ID

表示  2-1199

ローカル コマンド アカウンティング

コマンド ログ エントリの削除  2-59

コマンド ログ エントリの表示  2-938

ローカル ユーザ認証

アカウントの作成  2-397

イネーブル化  2-397

ディセーブル化  2-397

パスワードのリセット  2-397

ローカル ユーザ アカウントの削除  2-57

ローカル ユーザ アカウントの表示  2-934

ログイン パスワード

Telnet ログイン試行回数の制限  2-254

コンソール ログイン試行回数の制限  2-254

変更  2-467