Catalyst 6500 シリーズ/Cisco 7600 シリーズ Network Analysis Module コマンド リファレンス
ネットワーク解析モジュール コマンド
ネットワーク解析モジュール コマンド
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ネットワーク解析モジュール コマンド

alarm event

alarm mib

alarm voice

application group

audit-trail enable

autostart

cdp enable

cdp hold-time

cdp interval

clear access log

clear system-alerts

config clear

config network

config upload

coredump

custom-filter capture

custom-filter decode

diffserv aggregate

diffserv profile

email

entity alias

entity assetid

exit

exsession

ftp

help

ip address

ip broadcast

ip gateway

ip host

ip hosts add

ip hosts delete

ip http port

ip http secure generate

ip http secure install certificate

ip http secure server

ip http secure port

ip http server

ip http tacacs+

ip interface

ip nameserver

logout

monitor addrmap

monitor art

monitor diffserv host

monitor diffserv matrix

monitor diffserv pdist

monitor diffserv stats

monitor etherstats

monitor etherstats on-switch

monitor history

monitor hlhost

monitor hlmatrix

monitor host

monitor ifstats

monitor interface

monitor matrix

monitor nbar

monitor pdist

monitor priostats

monitor protocol

monitor protocol auto-learned

monitor protocol auto-learned max-entry

monitor protocol auto-learned tcp exclude

monitor protocol auto-learned tcp max-port

monitor protocol auto-learned udp exclude

monitor protocol auto-learned udp max-port

monitor rtp-stream enable

monitor rtp-stream filter

monitor rtp-stream max-entry

monitor rtp-stream pkt-loss-alarm

monitor urlcollection

monitor urlfilter

monitor vlanstats

monitor vlanstats on-switch

monitor voice h.323

monitor voice mgcp

monitor voice sccp

monitor voice sip

mpls data-source label

mpls data-source vc

mpls data-source vrf

netflow data-source

netflow device

nslookup

password

patch

ping

preferences

reboot

remote-storage nfs

remote-storage iscsi

rmon buffer

rmon channel

rmon filter

rmwebusers

show access-log

show alarm event

show alarm mib

show alarm voice

show application group

show audit-trail

show autostart

show bios

show cdp settings

show certificate

show certificate-request

show configuration

show custom-filter capture

show custom-filter decode

show date

show diffserv aggregate

show diffserv profile

show email

show entity

show ftp

show hosts

show ip

show log config

show log patch

show log upgrade

show memory

show monitor addrmap

show monitor art

show monitor diffserv host

show monitor diffserv matrix

show monitor diffserv pdist

show monitor diffserv stats

show monitor etherstats

show monitor etherstats on-switch

show monitor history

show monitor hlhost

show monitor hlmatrix

show monitor host

show monitor ifstats

show monitor matrix

show monitor nbar

show monitor pdist

show monitor priostats

show monitor protocol

show monitor protocol all

show monitor protocol auto-learned settings

show monitor urlcollection

show monitor urlfilter

show monitor vlanstats

show monitor vlanstats on-switch

show monitor voice

show nam data-source

show patches

show preferences

show remote-storage

show rmon buffer

show rmon channels

show rmon filters

show rxcounters

show snmp

show syslog-settings

show system-alerts

show tech-support

show time

show trap-dest

show version

show web-publication

show web-users

shutdown

snmp

supervisor address

syslog

syslog mib

syslog remote-server

syslog system

syslog voice

terminal

time

traceroute

trap-dest

upgrade

web-publication

web-user

ネットワーク解析モジュール コマンド

この章では、Catalyst 6500 シリーズ、Cisco 7600 シリーズ Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)、および NM-NAM ネットワーク モジュール固有のコマンドをアルファベット順に一覧表示します。

スイッチの設定に使用される Cisco IOS コマンドの詳細については、次の最新の Cisco IOS 資料を参照してください。

Catalyst 6500 Series Switch Cisco IOS Software Configuration Guide

Catalyst 6500 Series Switch Cisco IOS Software Command Reference

スイッチの設定に使用される Catalyst オペレーティング システム コマンドの詳細については、次の最新の Catalyst オペレーティング システム資料を参照してください。

Catalyst 6500 Series Switch Configuration Guide

Catalyst 6500 Series Switch Catalyst Command Reference

NM-NAM ネットワーク モジュールの詳細については、次の URL を参照してください。

http://lbj.cisco.com/targets/ucdit/cc/td/doc/product/software/ios123/123newft/123limit/123x/123xd/nm_nam.htm

alarm event

アラーム イベント コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、アラーム NAM イベントを設定するには、 alarm event コマンドを使用します。アラーム イベントを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm event

no alarm event 1-65535

 
シンタックスの説明

1-65535

イベント コントロール インデックスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

アラーム イベント サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

community community_string ― (任意)コミュニティ ストリングを設定します。

description description-string ― アラームの記述を設定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

index index (任意)アラーム インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


type [both | log | none | trap] ― (任意)イベントをログおよびトラップの両方、ログ、なし、またはトラップに設定します。

次に、アラーム イベントを設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# alarm event
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hsotname.cisco.com(sub-alarm-event)# ?
? - display help
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
community - set community string
description - set description
exit - exit from subcommand mode
help - display help
index - set index
owner - set owner string
type - set type
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-event)# community public
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-event)# description test-event
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-event)# index 100
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-event)# owner monitor
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-event)# type both
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-event)# exit
Successfully created the event.
root@hostname.cisco.com# show alarm event
Index: 100
Description:test-event
Type: Log and trap
Community: public
Owner: monitor
root@hostname.cisco.com#
 

 
関連コマンド

alarm mib
alarm voice
show alarm event
show alarm mib
show alarm voice

alarm mib

アラーム MIB コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、NAM MIB アラームを設定するには、 alarm mib コマンドを使用します。アラーム MIB エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

alarm mib

no alarm mib 1-65535

 
シンタックスの説明

1-65535

イベント コントロール インデックスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

アラーム MIB サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

falling-event 1-65535 下限イベント インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

falling-threshold number ― (任意)下限イベントしきい値のパケット数を設定します。デフォルトのパケット数は、0 です。

index 1-65535 ― (任意)アラーム インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

interval seconds ― (任意)ポーリング間隔を秒単位で設定します。デフォルトは、60 秒です。

owner string ― (任意)オーナー ストリングを設定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


rising-event 1-65535 ― 上昇イベント インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

rising-threshold number ― (任意)上昇イベントしきい値のパケット数を設定します。デフォルトのパケット数は、0 です。

sample-type absolute | delta サンプル タイプを絶対値またはデルタ(差分)値に設定します。

startup-alarm both | falling | rising 始動アラームを上昇および下降の両方、下降または上昇に設定します。

variable OID ― Object Identifier(OID; オブジェクト ID)変数を設定します。

次に、MIB アラームを設定する例を示します。

Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-mib)# ?
? - display help
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
exit - exit from subcommand mode
falling-event - set falling event index (*)
falling-threshold - set number of pkts for falling threshold
help - display help
index - set alarm index
interval - set polling interval
owner - set owner string
rising-event - set rising event index (*)
rising-threshold - set number of pkts for rising threshold
sample-type - set sample type (*)
startup-alarm - set startup alarm (*)
variable - set variable (*)
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-mib)# falling-event 100
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-mib)# rising-event 100
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-mib)# sample-type delta
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-mib)# startup-alarm both
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-mib)# variable nlHostInPkts.29673.0.1.4.10.77.201.68
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-mib)# exit
Successfully created the NAM MIB alarm.
root@hostname.cisco.com# show alarm mib
Index: 19967
Polling interval: 60 secs
Variable: nlHostInPkts.29673.0.1.4.10.77.201.68
Sample type: Delta
Startup: Rising & falling
Rising threshold: 0 Pkts
Falling threshold: 0 Pkts
Rising event index: 100
Falling event index: 100
Owner: monitor
 
root@hostname.cisco.com#
 

 
関連コマンド

alarm mib
alarm voice
show alarm event
show alarm mib
show alarm voice

alarm voice

アラーム音声コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、NAM 音声アラームを設定するには、 alarm voice コマンドを使用します。音声アラームを無効にするには、 jitter-alarm disable または pkt-loss-alarm disable サブコマンドを使用します。

alarm voice

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

アラーム音声サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

jitter-alarm enable | disable ― (任意)ジッタ アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

jitter-threshold int ― (任意)ジッタしきい値をミリ秒単位で設定します。SCCP のデフォルトは 30 ミリ秒、H.323 のデフォルトは 150 ミリ秒、MGCP のデフォルトは 30 ミリ秒です。

pkt-loss-alarm enable | disable ― (任意)パケット損失アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

pkt-loss-threshold int ― (任意)パケット損失しきい値をパーセンテージ(%)で設定します。すべての 3 つのプロトコル(SCCP、H.323、および MGCP)のデフォルトは、5% です。

protocol H.323 | SCCP | MGCP ― 音声プロトコルを H.323、SCCP、または MGCP に設定します。

MGCP プロトコル オプションは、Cisco 2600、3600、および 3700 ルータのネットワーク モジュールで動作する NAM ソフトウェア リリースに固有のものです。

次に、音声アラームを設定する例を示します。

root@localhost# alarm voice
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-voice)# ?
? - display help
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
exit - exit from subcommand mode
help - display help
jitter-alarm - enable/disable jitter alarm
jitter-threshold - set jitter threshold
pkt-loss-alarm - enable/disable packet loss alarm
pkt-loss-threshold - set packet loss threshold
protocol - set protocol (*)
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-voice)# protocol SCCP
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-voice)# jitter-alarm enable
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-voice)# jitter-threshold 50
root@hostname.cisco.com(sub-alarm-voice)# exit
Successfully updated the SCCP configuration.
root@hostname.cisco.com# show alarm voice
SCCP:
Jitter alarm: Disabled
Packet lost alarm: Disabled
Jitter threshold: 30 msecs
Packet lost threshold:5%
H.323:
Jitter alarm: Disabled
Packet lost alarm: Disabled
Jitter threshold: 150 msecs
Packet lost threshold:5%
MGCP:
Jitter alarm: Enabled
Packet lost alarm: Enabled
Jitter threshold: 31 msecs
Packet lost threshold:6%
 

 
関連コマンド

alarm mib
show alarm event
show alarm mib
show alarm voice

application group

アプリケーション グループ サブモードを開始し、アプリケーション グループを定義するには、 application group コマンドを使用します。

application group

no application group group-name

 
シンタックスの説明

group-name

アプリケーション グループ名

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

アプリケーション グループ サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

add protocol-specifier ― グループにプロトコルを追加します。グループに追加できるプロトコルは、一度に 1 つだけです(たとえば、HTTPS)。このコマンドにより、指定された複数のプロトコルを 1 つのカウンタに入れる統計情報をグループ化できます。

アプリケーション グループに 2 つ以上のプロトコルを追加するには、各プロトコルに対して add コマンドを繰り返します。アプリケーション グループ サブコマンド モードを終了すると、プロトコルが追加されます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します(「 cdp enable 」コマンド セクションを参照)。

delete protocol-specifier ― グループからプロトコルを削除します。グループから削除できるプロトコルは、一度に 1 つだけです。

既存のアプリケーション グループから 2 つ以上のプロトコルを削除するには、各プロトコルに対して delete コマンドを繰り返します。アプリケーション グループ サブコマンド モードを終了すると、プロトコルが削除されます。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

help ― ヘルプを表示し、アプリケーション グループ サブコマンド モードを維持します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

name string ― アプリケーション グループ名を設定します。

add または delete パラメータのどちらか、または add および delete パラメータの両方にプロトコル指定子を提供する必要があります。

次に、グループ内に 2 つのプロトコルを持つ appBrpSample というアプリケーション グループを作成する例を示します。

root@NAM# application group
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@NAM(sub-application-group)# ?
? - display help
add - add a protocol to the group (*)
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
delete - remove a protocol from the group (*)
exit - exit from subcommand mode
help - display help
name - set application group name (*)
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@NAM(sub-application-group)# add 16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.3.68.4.0.1.0.0
root@NAM(sub-application-group)# add 16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.4.60.4.0.1.0.0
root@NAM(sub-application-group)# name appGrpSample
root@NAM(sub-application-group)# exit
Sucessfully create application group appGrpSample.
root@NAM#
root@NAM#
root@NAM# show application group appGrpSample
Application Group: appGrpSample
Number of Protocols: 2
- w-ether2.ip.tcp.tcp-836
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.3.68.4.0.1.0.0
- w-ether2.ip.udp.udp-1084
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.4.60.4.0.1.0.0
 
root@NAM#
 

 
関連コマンド

show application group

audit-trail enable

GUI および CLI アクセスの監査証跡をイネーブルにするには、 audit-trail enable コマンドを使用します。GUI および CLI アクセスの監査証跡をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

audit-trail enable

no audit-trail enable

 
デフォルト

CLI および GUI アクセスの監査証跡はイネーブルです。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、GUI および CLI アクセスの監査証跡をイネーブルにする例を示します。

root@hostname.cisco.com# audit-trail enable
 

 
関連コマンド

show audit-trail

autostart

自動開始収集をイネーブルまたはディセーブルにするには、 autostart コマンドを使用します。

autostart collection {enable | disable}

 
シンタックスの説明

collection

収集を指定します。有効な収集は、 etherstats addressmap priostats vlanstats 、および art です。

enable

自動開始をイネーブルにします。

disable

自動開始をディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM の自動開始収集をイネーブルにする例を示します。

root@hostname.cisco.com# autostart ?
addressmap - enable/disable autostart address map
art - enable/disable autostart art
etherstats - enable/disable autostart ether stats
priostats - enable/disable autostart prio stats
vlanstats - enable/disable autostart vlan stats
root@hostname.cisco.com# autostart etherstats enable
root@hostname.cisco.com# show autostart
etherstats enable
addressmap disable
priostats disable
vlanstats disable
art disable
root@hostname.cisco.com#
 

 
関連コマンド

show autostart

cdp enable

NM-NAM で Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)をイネーブルにするには、 cdp enable コマンドを使用します。NM-NAM で CDP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cdp enable

no cdp enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NM-NAM でのみサポートされます。このコマンドは、NAM-1 および NAM-2 ではディセーブルです。

次に、CDP をイネーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# cdp enable
root@localhost.cisco.com#
 

cdp hold-time

Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)メッセージ保持時間を設定するには、 cdp hold-time コマンドを使用します。CDP メッセージ保持時間をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cdp hold-time time

no cdp hold-time

 
シンタックスの説明

time

CDP 保持時間を指定します。範囲は、10 ~ 255 秒です。

 
デフォルト

180 秒

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、CDP メッセージ保持時間を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# cdp hold-time 30
root@localhost.cisco.com#
 

cdp interval

NM-NAM で Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)メッセージ間隔を設定するには、 cdp interval コマンドを使用します。NM-NAM での CDP メッセージ間隔をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cdp interval time

no cdp interval

 
シンタックスの説明

time

CDP メッセージ間隔を指定します。範囲は、5 ~ 254 秒です。

 
デフォルト

60 秒

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、CDP メッセージ間隔を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# cdp interval 200
root@localhost.cisco.com#
 

clear access log

アクセス ログをクリアするには、 clear access log コマンドを使用します。

clear access-log

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、アクセス ログをクリアする例を示します。

root@localhost# clear access-log
 

 
関連コマンド

clear system-alerts
config clear

clear system-alerts

システム アラートをクリアするには、 clear system-alerts コマンドを使用します。

clear system-alerts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、システム アラートをクリアする例を示します。

root@localhost# clear system-alerts
 

 
関連コマンド

clear access log
config clear

config clear

NAM をリセットし、工場出荷時の設定状態に戻すには、 config clear コマンドを使用します。

config clear [ all | ip ]

 
シンタックスの説明

all

(任意)NAM を NAM IP パラメータ設定を含む工場出荷時の設定状態にリセットします。変更内容を適用するために、NAM は自動的に再起動されます。

ip

(任意)NAM IP パラメータを工場出荷時の設定状態にリセットします。NAM が自動的に再起動されるので、モジュールがオンラインで入手できるように、スイッチ スーパーバイザ エンジンから NAM に接続して NAM IP パラメータを設定する必要があります。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、コンフィギュレーションをクリアする例を示します。

root@localhost# config clear
This operation will reset the NAM configuration with the exception
of NAM IP parameters.
 
This operation will also reboot the NAM to allow the changes to
take effect.
 
Do you wish to continue? (y/n) [n]:y
Successfully updated the SCCP configuration.
Successfully updated the H.323 configuration.
NAM syslog settings updated successfully.
NAM web interface preferences updated successfully.
 
Successfully modified the configuration.
NAM will be rebooted now, for the changes to take effect ...
 

config network

NAM コンフィギュレーションを特定の場所から NAM にインポートするには、 config network コマンドを使用します。

config network url

 
シンタックスの説明

url

NAM コンフィギュレーションの場所を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、コンフィギュレーション ファイルを kluu-test.config という NAM(/home/kluu ディレクトリというユーザ ホーム ディレクトリの FTP サーバ namlab-pc1 にある)にダウンロードする例を示します。

root@NAM #
root@NAM # config network ftp://kluu@namlab-pc1//home/kluu/kluu-test.config
Downloading ftp://kluu@namlab-pc1//home/kluu/kluu-test.config, please wait ...
 
Password for kluu@namlab-pc1:
ftp://kluu@namlab-pc1//home/kluu/kluu-test.config (9K)
/tmp/lrcfile.txt.1007 [########################] 9K | 4916.90K/s
9748 bytes transferred in 0.00 sec (4274.44k/sec)
 
Download completed.
 
Configuring the NAM. This may take few minutes, please wait ...
 
NAM configuration completed.
To view the results, use the command 'show log config'.
root@NAM #
 

config upload

実行 NAM コンフィギュレーションを特定の場所にアップロードするには、 config upload コマンドを使用します。

config upload url [ filename ]

 
シンタックスの説明

url

コンフィギュレーションの場所を指定します。

filename

(任意)コンフィギュレーションのファイル名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM 実行コンフィギュレーションを example.config というファイル名を持つ namlab-pc1 という FTP サーバにアップロードする例を示します。

root@NAM# config upload ftp://kluu@namlab-pc1.cisco.com example.config
Building configuration, please wait... Done.
 
Uploading the configuration to 'example.config'
on 'ftp://kluu@namlab-pc1.cisco.com', This may take few minutes ...
 
Password:
 
Successfully uploaded the NAM configuration.
root@NAM#
 

coredump

コア ダンプ ファイルを検索するには、 coredump コマンドを使用します。

coredump ftp://user:passwd@host/full-path /

 
シンタックスの説明

ftp://user:passwd@host/full-path/

コア ダンプ ファイルへのパスを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、コア ダンプを取得する例を示します。

root@localhost# coredump ftp://user:passwd@host/full-path/
 

custom-filter capture

カスタム フィルタ キャプチャ サブコマンド モードを開始し、カスタム フィルタ キャプチャ設定を設定するには、 custom-filter capture コマンドを使用します。カスタム フィルタ キャプチャを削除するには、no capture-filter filtername コマンドを使用します。

custom-filter capture

no capture-filter filtername

 
シンタックスの説明

filtername

削除するフィルタを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

カスタム フィルタ キャプチャ サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

base OID ― (任意)ベース Object Identifier(OID; オブジェクト ID)変数を設定します。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

data hex-string ― (任意)データを設定します。

data-mask hex-string ― (任意)データ照合に適用されるマスクを設定します。

data-not-mask hex-string ― (任意)逆データ照合に適用されるマスクを設定します。

description string ― (任意)フィルタの記述を設定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

filter-name string ― フィルタ名を設定します。

offset 0-65535 ― (任意) オフセットを設定します。範囲は、0 ~ 65535 です。

protocol OID ― プロトコル OID 変数を設定します。

status 0-65535 (任意) ステータスを設定します。範囲は、0 ~ 65535 です。

status-mask 0-65535 ― (任意)ステータス照合に適用されるマスクを設定します。範囲は、0 ~ 65535 です。

status-not-mask 0-65535 ― (任意)逆ステータス照合に適用されるマスクを設定します。範囲は、0 ~ 65535 です。

次に、カスタム フィルタ設定を設定する例を示します。

root@localhost# custom-filter capture
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-custom-filter-capture)#
 

 
関連コマンド

custom-filter capture
custom-filter decode
show custom-filter capture
show custom-filter decode

custom-filter decode

カスタム フィルタ デコード サブコマンド モードを開始し、カスタム フィルタ デコード設定を設定するには、 custom-filter decode コマンドを使用します。カスタム フィルタ デコードを削除するには、no decode-filter filtername コマンドを使用します。

custom-filter decode

no decode-filter filtername

 
シンタックスの説明

filtername

削除するフィルタを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

カスタム フィルタ デコード サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

address-type ip | mac (任意)アドレス タイプを IP または MAC に設定します。

base OID ― (任意)ベース Object Identifier(OID; オブジェクト ID)変数を設定します。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

data hex-string ― (任意)データを設定します。

description string ― (任意)フィルタの記述を設定します。

direction both | single ― (任意)フィルタを両方向または単一方向に適用します。

dst-address address ― (任意)トラフィックの宛先アドレスを設定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

filter-expression expression-string ― (任意)フィルタ条件を設定します。

filter-name string ― フィルタ名を設定します。

offset 0-1518 ― (任意) オフセットを設定します。範囲は、0 ~ 1518 です。

protocol string ― プロトコルを設定します。

src-address address (任意) データ ストリームの送信元アドレスを設定します。

次に、カスタム フィルタ デコード設定を設定する例を示します。

root@localhost<sub># custom-filter decode
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-custom-filter-decode)# filter-name 12345

 
関連コマンド

custom-filter capture
custom-filter decode
show custom-filter capture
show custom-filter decode

diffserv aggregate

DIFFSERV 集約コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、DIFFSERV 集約を設定するには、 diffserv aggregate コマンドを使用します。DIFFSERV 集約を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

diffserv aggregate

no diffserv aggregate control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

DIFFSERV 集約サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

description description ― 集約の記述を指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、DIFFSERV 集約を設定する例を示します。

root@localhost# diffserv aggregate
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost(sub-diffserv-aggregate)# descr test1
root@localhost(sub-diffserv-aggregate)# exit
Successfully created a diffserv aggregate.
root@localhost# show diffserv aggregate
Control index: 25013
Description: test1
Owner: monitor
Status: 1
root@localhost# no diffserv aggregate 25013
Successfully removed the diffserv aggregate.

 
関連コマンド

diffserv profile
show diffserv aggregate

diffserv profile

DIFFSERV プロファイル コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、DIFFSERV プロファイルを設定するには、 diffserv profile コマンドを使用します。DIFFSERV 集約を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

diffserv profile

no diffserv profile profile-index

 
シンタックスの説明

profile-index

DIFFSERV 集約コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。


diffserv aggregate コマンドを使用して、DIFFSERV コントロール インデックスを作成したあとに、show diffserv aggregate コマンドを使用して、DIFFSERV 集約コントロール インデックスを取得します。


 
デフォルト

プロファイル インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

DIFFSERV プロファイル サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

descripton DSCP-value | description ― (任意)集約の記述を指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

profile-index profile-index ― 既存の DIFFSERV 集約のエントリ コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。


) 新しい DIFFSERV プロファイル エントリを作成するには、diffserv profile コマンドを使用する前に、diffserv aggregate コマンドを使用して新しい DIFFSERV 集約エントリを作成することにより、新しい DIFFSERV 集約コントロール インデックスを取得する必要があります。


次に、DIFFSERV プロファイルを設定する例を示します。

root@localhost# show diffserv aggregate
Control index: 25013
Description: test1
Owner: monitor
Status: 1
root@localhost.cisco.com# diffserv profile
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-diffserv-profile)# profile-index 25013
root@localhost.cisco.com(sub-diffserv-profile)# descr 0 dscpA
root@localhost.cisco.com(sub-diffserv-profile)# descr 1 dscpB
root@localhost.cisco.com(sub-diffserv-profile)# exit
Successfully updated the differentiated service profile.
root@localhost.cisco.com# show diffserv profile 25013
Aggregate Profile Index:25013
DSCP Value Description
0 dscpA
1 dscpB
root@localhost.cisco.com# no diffserv profile 25013
Successfully removed the diffserv profile.
 

 
関連コマンド

show diffserv aggregate
show diffserv profile

email

E メールでアラームとレポートの両方のデータを送信する E メール サーバを設定するには、E メールで送信するアラーム メッセージをイネーブルまたはディセーブルにし、サブコマンド モードを開始し、 email コマンドを使用します。E メール サーバを削除するには、 no email server コマンドを使用します。E メールによる予定されたレポート データとアラーム メッセージの両方の送信を中止するには、 no email alarm コマンドを使用します。

email

no email server

no email alarm

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

(注:受信者は、アラーム メッセージ受信者です。予定されたレポートを設定する CLI コマンドがないため、レポート データ受信者は CLI ではサポートされません。)

E メール サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? または help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

server email-server ― E メール サーバ名を指定します。

alarm enable ― E メールによるアラーム メッセージの送信をイネーブルにします。

alarm disable ― E メールによるアラーム メッセージの送信をディセーブルにします。

alarm recipients space-seperated-list-of-email-addresses ―

次に、NAM を設定し、E メールによって、予定されたレポートを abc@example.com および xyz@example.com に送信する例を示します。

root@localhost# email
proot@localhost(sub-email)# server example-email.domain.com
root@localhost(sub-email)# alarm enable
root@localhost(sub-email)# alarm recipients admin@domain.com another_admin@domain.com
root@localhost(sub-email)# exit
Successfully set email configuration settings.
 

 
関連コマンド

show email

entity alias

エンティティ MIB のエンティティ エイリアスを設定するには、 entity alias コマンドを使用します。

entity alias string

 
シンタックスの説明

string

entPHysicalAlias を設定するために使用するエンティティ ストリングを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

エンティティ MIB により、entPhysicalTable および entLastChangeTime が SNMP で使用できるようになります。

clear configuration コマンドは、エンティティ エイリアスおよび資産 ID を空のストリングに設定することにより、これらを削除します。

次に、NAM からログアウトする例を示します。

root@localhost# entity alias 123456
 

 
関連コマンド

show entity

entity assetid

エンティティ MIB 資産 ID を設定するには、 entity assetid コマンドを使用します。

entity assetid string

 
シンタックスの説明

string

entPHysicalAssetID を設定するために使用するエンティティ ストリングを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

エンティティ MIB により、entPhysicalTable および entLastChangeTime が SNMP で使用できるようになります。

clear configuration コマンドは、エンティティ エイリアスおよび資産 ID を空のストリングに設定することにより、これらを削除します。

次に、NAM からログアウトする例を示します。

root@localhost# entity assetid 1234566
 

 
関連コマンド

show entity

exit

システムからログアウトするかまたはサブコマンド モードから抜けるには、 exit コマンドを使用します。

exit

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

サブコマンド モードを終了するには、 exit コマンドを使用します。 exit コマンドは、サブモードを終了する前に変更内容を保存します。

次に、NAM からログアウトする例を示します。

root@localhost# exit
 

exsession

外部ログインをイネーブルまたはディセーブルにするには、 exsession コマンドを使用します。

exsession on [ ssh ]

exsession off

 
シンタックスの説明

on

外部ログインをイネーブルにします。

off

外部ログインをディセーブルにします。

ssh

(任意)外部ログインを SSH に設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

ssh オプションを使用する場合、strong crypto パッチが必要です。

次に、NAM への外部ログインを許可する例を示します。

root@localhost# exsession on
 

ftp

予定されたレポートの保管のために FTP サーバおよびディレクトリを設定するには、 ftp コマンドを使用します。FTP の予定されたレポートをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ftp

no ftp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

FTP サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? または help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

directory WORD ― FTP の場所を FTP サーバに指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

password WORD ― FTP サーバにユーザ パスワードを指定します。

user WORD ― FTP サーバにユーザ名を指定します。

server WORD ― FTP サーバ名または IP アドレスを指定します。

次に、予定されたレポートの保管のために FTP サーバを設定する例を示します。

root@localhost<sub-email># ftp
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@namlab-kom7.cisco.com(sub-ftp)# ?
 

 
関連コマンド

show ftp

help

ヘルプを表示するには、 help コマンドまたは ? を使用します。 ? を入力したあと、 Enter キーを押す必要があります。

help | ?

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モードまたはサブコマンド モード

次に、ヘルプを表示する例を示します。

root@localhost# help
? - display help
alarm - configure NAM MIB/voice alarms
autostart - enable/disable autostart collections
clear - clear access log / system alerts
config - configure NAM
coredump - retrieve the coredump file
custom-filter - configure capture/decode custom filters
diffserv - differentiated service related configurations
exit - log out of system
exsession - enable/disable outside logins
help - display help
ip - set ip parameters
logout - log out of system
mfgtest - Manufacturing only tests
monitor - enable collections
no - delete various configurations
nslookup - query nameservers
password - set new password
patch - download and install new patch
ping - ping a network device
preferences - configure web interface preferences for all users
reboot - reboot the system
rmon - configure RMON collections
rmwebusers - remove all web users from local web user database
show - show system parameters
shutdown - shut down the system
snmp - set snmp parameters
syslog - configure NAM syslog
time - configure NAM timezone/time sync settings
traceroute - traceroute to a network device
trap-dest - create/edit NAM trap destination
upgrade - download and install new maintenance image
voice - enable/disable voice collections
web-user - create/edit local web user
 

ip address

システムの IP アドレスを設定するには、 ip address コマンドを使用します。

ip address ip-address subnet-mask

 
シンタックスの説明

ip-address

システムの IP アドレスを設定します。

subnet-mask

サブネット マスクを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

IP アドレスの設定後、ゲートウェイ アドレスは 0.0.0.0 に設定されることがあります。この状況が発生した場合、 ip gateway コマンドを使用してゲートウェイ アドレスを設定します。

ブロードキャスト アドレスは、新しい IP アドレスとネットワーク マスクを使用して作成されるアドレスで、自動的に設定されます。異なるブロードキャスト アドレスを選択するには、 ip broadcast コマンドを使用します。

次に、システムの IP アドレスを設定する例を示します。

root@localhost# ip address 172.20.104.74 255.255.255.192
IP address and netmask configured successfully.
NOTE: Default gateway address has been reset to 0.0.0.0
Please use 'ip gateway' command to configure it.
root@localhost# ip gateway 172.20.104.66
root@localhost# show ip
IP address: 172.20.104.74
Subnet mask: 255.255.255.192
IP Broadcast: 172.20.255.255
DNS Name: namlab-kom8.cisco.com
Default Gateway: 172.20.104.66
Nameserver(s): 171.69.2.133
HTTP server: Enabled
HTTP secure server: Disabled
HTTP port: 80
HTTP secure port: 443
TACACS+ configured: No
Telnet: Enabled
SSH: Disabled
root@localhost#
 

 
関連コマンド

ip broadcast
ip gateway
ip host
show ip

ip broadcast

システムのブロードキャスト アドレスを設定するには、 ip broadcast コマンドを使用します。

ip broadcast broadcast-address

 
シンタックスの説明

broadcast-address

システムのブロードキャスト アドレスを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、システムのブロードキャスト アドレスを設定する例を示します。

root@localhost# ip broadcast 172.20.104.127
root@localhost#
 

 
関連コマンド

ip address
ip gateway
ip host
ip interface
show ip

ip gateway

システムのデフォルト ゲートウェイ アドレスを設定するには、 ip gateway コマンドを使用します。

ip gateway default-gateway

 
シンタックスの説明

default-gateway

デフォルトのゲートウェイ アドレスを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、IP ゲートウェイ アドレスを設定する例を示します。

root@localhost# ip gateway 123.34.56.0
 

 
関連コマンド

ip address
ip broadcast
ip host
ip interface
show ip

ip host

システムのホスト名を設定するには、 ip host コマンドを使用します。

ip host name

 
シンタックスの説明

name

IP ホスト名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、IP ホスト名を設定する例を示します。

root@localhost# ip host orion
 

 
関連コマンド

ip address
ip gateway
ip interface
show ip

ip hosts add

ホスト エントリを追加、または置き換えるには、 ip hosts add コマンドを使用します。

ip hosts add ip-address host-name [ alias1 ] [ alias2]

ip hosts add ftp://user:passwd@host/full-path/filename

 
シンタックスの説明

ip-address

ホスト IP アドレスを設定します。

host-name

FTP URL となりうるホスト名をファイル名で設定します。

alias1 alias2

(任意)ホスト エイリアスを設定します。

ftp://user:passwd@host/full-path/filename

ホスト パラメータのファイル ロケーションへのパスを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

NAM にホスト エントリをインポートするには、 ip hosts add ftp://user:passwd@host/full-path/filename コマンドを使用します。最大 1000 エントリを NAM に含めることができます。

次に、特定の IP ホストを追加する例を示します。

root@localhost# ip hosts add 30.50.68.10 orion
 

 
関連コマンド

ip hosts delete
show hosts

ip hosts delete

ホスト エントリを削除するには、 ip hosts delete コマンドを使用します。

ip hosts delete ip-address

ip hosts delete ftp://user:passwd@host/full-path/filename

 
シンタックスの説明

ip-address

ホスト IP アドレスを設定します。

ftp://user:passwd@host/full-path/filename

ホスト パラメータのファイル ロケーションへのパスを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

NAM からホスト エントリを削除するには、 ip hosts delete ftp://user:passwd@host/full-path/filename コマンドを使用します。

次に、特定のホストを削除する例を示します。

root@localhost# ip hosts delete 172.20.98.129
 

 
関連コマンド

ip hosts add
show hosts

ip http port

HTTP ポートを設定するには、 ip http port コマンドを使用します。

ip http port 1-65535

 
シンタックスの説明

1-65535

ポート番号を、1 ~ 65535 の範囲で指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM に HTTP ポートを指定する例を示します。

root@localhost# ip http port 233
 

 
関連コマンド

ip http secure generate
ip http server
ip http tacacs+
show ip

ip http secure generate

証明書要求を生成するには、 ip http secure generate コマンドを使用します。

ip http secure generate { certificate-request | self-signed-certificate}

 
シンタックスの説明

certificate-request

証明書要求を生成します。

self-signed-certificate

自己署名証明書を生成します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、セキュア サーバを設定する例を示します。

root@localhost# ip http secure generate certificate-request
 

 
関連コマンド

ip http port
ip http secure install certificate
ip http server
ip http tacacs+
show ip

ip http secure install certificate

証明書をインストールするには、 ip http secure install certificate コマンドを使用します。

ip http secure install certificate

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、セキュア サーバを設定する例を示します。

root@localhost# ip http secure install certificate
 

 
関連コマンド

ip http port
ip http secure generate
ip http server
ip http tacacs+
show ip

ip http secure server

セキュア サーバを設定するには、 ip http secure server コマンドを使用します。

ip http secure server { enable | disable }

 
シンタックスの説明

server enable | disable

HTTP サーバをイネーブルまたはディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドを適用する前に、strong crypto パッチが必要です。

次に、セキュア サーバを設定する例を示します。

root@localhost# ip http secure server enable
 

 
関連コマンド

ip http port
ip http secure generate
ip http secure install certificate
ip http server
ip http tacacs+
show ip

ip http secure port

セキュア サーバ ポートを設定するには、 ip http secure port コマンドを使用します。

ip http secure port port

 
シンタックスの説明

port

HTTP セキュア ポートを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、セキュア サーバを設定する例を示します。

root@localhost# ip http secure port 30
 

 
関連コマンド

ip http port
ip http secure generate
ip http secure install certificate
ip http server
ip http tacacs+
show ip

ip http server

HTTP サーバをイネーブルにするには、 ip http server コマンドを使用します。

ip http server {enable | disable}

 
シンタックスの説明

enable

HTTP サーバをイネーブルにします。

disable

HTTP サーバをディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、HTTP サーバをイネーブルにする例を示します。

root@localhost# ip http server enable
 

 
関連コマンド

ip http port
ip http secure generate
ip http tacacs+
show ip

ip http tacacs+

TACACS+ サーバをイネーブルするには、 ip http tacacs+ コマンドを使用します。

ip http tacacs+ enable primary-srv [ backup-srv ] [ en-secret-key encrypted-secret-key]

ip http tacacs+ disable

 
シンタックスの説明

disable

TACACS+ サーバをディセーブルにします。

enable

TACACS+ サーバをイネーブルにします。

primary-srv

プライマリ TACACS+ サーバを指定します。

backup-srv

(任意)バックアップ TACACS+ サーバを指定します。

en-secret-key

(任意)秘密鍵をイネーブルにするための引数名

encrypted-secret-key

(任意)引数値

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

en-secret-key キーワードは、NAM コンフィギュレーションをインポートする際にのみ使用します。この鍵は、この例のように、DES暗号化ストリングをこのキーワードの引数として指定しないかぎり使用できません。

root@localhost# ip http tacacs+ enable 10.0.0.1 10.0.0.2 en-secret-key "dEAF="
 

次に、TACACS+ をイネーブルおよびディセーブルにする例を示します。

TACACS+ をイネーブルにするには、このコマンドを開始します。

root@hostname.cisco.com# ip http tacacs+ enable 10.0.0.1 10.0.0.2
Secret key:
Repeat secret key:
Successfully enabled Tacacs+
root@hostname.cisco.com# show ip
IP address: 172.20.98.177
Subnet mask: 255.255.255.192
IP Broadcast: 172.20.255.255
DNS Name: hostname.cisco.com
Default Gateway: 172.20.98.129
Nameserver(s): 171.69.2.133
HTTP server: Enabled
HTTP secure server: Disabled
HTTP port: 80
HTTP secure port: 443
TACACS+ configured: Yes
TACACS+ primary server: 10.0.0.1
TACACS+ backup server : 10.0.0.2
Telnet: Enabled
SSH: Disabled
root@hostname.cisco.com#
 

TACACS+ をディセーブルにするには、このコマンドを開始します。

root@hostname.cisco.com# ip http tacacs+ disable
TACACS+ disabled successfully.
root@hostname.cisco.com# show ip
IP address: 172.20.98.177
Subnet mask: 255.255.255.192
IP Broadcast: 172.20.255.255
DNS Name: hostname.cisco.com
Default Gateway: 172.20.98.129
Nameserver(s): 171.69.2.133
HTTP server: Enabled
HTTP secure server: Disabled
HTTP port: 80
HTTP secure port: 443
TACACS+ configured: No
Telnet: Enabled
SSH: Disabled
root@hostname.cisco.com#
 

 
関連コマンド

ip http port
ip http secure generate
ip http server
show ip

ip interface

NM-NAM に外部ポートまたは内部ポートを選択するには、 ip interface コマンドを使用します。

ip interface external | internal

 
シンタックスの説明

external

NM-NAM の RJ-45 ファースト イーサネット コネクタを選択します。

internal

NM-NAM への IP 通信のための PCI インターフェイス(Telnet、SNMP、HTTP など)を介したルータまでの内部 LAN セグメントを選択します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NM-NAM でのみサポートされます。

次に、NM-NAM にインターフェイス ポートを指定する例を示します。

root@localhost# ip interface external
 

 
関連コマンド

ip address
show ip

ip nameserver

システムのネーム サーバ エントリを設定するかまたはディセーブルにするには、 ip nameserver コマンドを使用します。

ip nameserver ip-addr ip-addr ip-addr

または

ip nameserver disable

 
シンタックスの説明

ip-addr

ネーム サーバ アドレスを設定します。

disable

ネーム サーバ エントリをディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、システムのネーム サーバを設定する例を示します。

root@localhost# ip nameserver 171.69.2.133
 

 
関連コマンド

ip address
show ip

logout

システムからログアウトするには、 logout コマンドを使用します。

logout

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM からログアウトする例を示します。

root@localhost# logout
 

monitor addrmap

アドレス マップ収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、アドレス マップ収集を設定するには、 monitor addrmap コマンドを使用します。アドレス マップ収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor addrmap

no monitor addrmap control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

アドレス マップ収集サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source data-source ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、アドレス マップ収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor addrmap
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-addrmap)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-addrmap)# exit
Successfully created an addrmap collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor addrmap
Control index: 65465
Data source: vlan1
Owner is monitor
root@localhost.cisco.com# no monitor addrmap 65465
Successfully removed the addrmap collection.
 

 
関連コマンド

show monitor addrmap

monitor art

ART MIB 収集サブコマンド モードを開始し、ART MIB 収集をモニタするには、 monitor art コマンドを使用します。ART MIB 収集モニタリングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor art

no monitor art control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

ART MIB 収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

max-entries int ― (任意)最大収集エントリを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、500 です。

owner string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


rsp-time1 int ― (任意)1 ミリ秒単位で収集応答時間を指定します。範囲は、0 ~ 2147483647(ミリ秒)です。デフォルトは、5 ミリ秒です。

rsp-time2 int ― (任意)1 ミリ秒単位で収集応答時間を指定します。範囲は、0 ~ 2147483647(ミリ秒)です。デフォルトは、15 ミリ秒です。

rsp-time3 int ― (任意)1 ミリ秒単位で収集応答時間を指定します。範囲は、0 ~ 2147483647(ミリ秒)です。デフォルトは、50 ミリ秒です。

rsp-time4 int ― (任意)1 ミリ秒単位で収集応答時間を指定します。範囲は、0 ~ 2147483647(ミリ秒)です。デフォルトは、100 ミリ秒です。

rsp-time5 int ― (任意)1 ミリ秒単位で収集応答時間を指定します。範囲は、0 ~ 2147483647(ミリ秒)です。デフォルトは、200 ミリ秒です。

rsp-time6 int ― (任意)1 ミリ秒単位で収集応答時間を指定します。範囲は、0 ~ 2147483647(ミリ秒)です。デフォルトは、500 ミリ秒です。

rsp-timeout int ― (任意)収集応答時間のタイムアウトをミリ秒単位で指定します。範囲は、0 ~ 2147483647(ミリ秒)です。デフォルトは、3000 ミリ秒です。

time-remaining seconds ― (任意)残り時間を秒単位で指定します。範囲は、1 ~ 86400(秒)です。デフォルトは、1800 ミリ秒です。

次に、ART MIB 収集をモニタする例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor art
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
 
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-art)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-art)# exit
Successfully created an art collection.
 
root@localhost.cisco.com# show monitor art
Control index: 33060
Data source: vlan1
Owner is monitor
Status: 1
Time remaining: 1707
Response time 1: 5
Response time 2: 15
Response time 3: 50
Response time 4: 100
Response time 5: 200
Response time 6: 500
Response timeout: 3000
Maximum entries: 500
Status: 1
 
root@localhost.cisco.com# no monitor art 33060
Successfully removed the art collection.
 

 
関連コマンド

show monitor art

monitor diffserv host

DIFFSERV ホスト収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、DIFFSERV ホスト収集を設定するには、 monitor diffserv host コマンドを使用します。DIFFSERV ホスト収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor diffserv host

no monitor diffserv host control-index

 
シンタックスの説明

control-index

コントロール インデックスを指定します。コントロール インデックスの範囲は、1 ~ 65535 です。


monitor diffserv hostmonitor diffserv matrixmonitor diffserv pdist、 および monitor diffserv stats コマンドに control-index 値が指定されていない場合、コマンドのデフォルトは diffserv aggregate コマンドを使用して作成された最初の集約のインデックスになります。


 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

DIFFSERV ホスト収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

ipv4-prefix-len ipv4-prefix-length ― (任意)IPv4 のプレフィクスの長さを設定します。デフォルトは、32 です。

ipv6-prefix-len ipv6-prefix-length ― (任意)IPv6 のプレフィクスの長さを設定します。デフォルトは、128 です。

max-entries number ― (任意)最大 DIFFSERV の最大エントリを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、-1 です。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


profile-index profile-index ― (任意)DIFFSERV プロファイル インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。デフォルトは、既存の最初のプロファイル インデックスです。

次に、DIFFSERV ホスト収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor diffserv host
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-host)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-host)# exit
Successfully created a diffserv host collection.
root@localhost.cisco.com#
 
root@localhost.cisco.com# show monitor diffserv host
Control index: 24864
Data source: vlan1
Owner is monitor
Status: 1
Max entries: Max possible
Profile index: 23723
IPv4 prefix length: 32
IPv6 prefix length: 128
 
root@localhost.cisco.com# no monitor diffserv host 24864
Successfully removed the diffserv host collection.
 

 
関連コマンド

monitor diffserv host
show monitor diffserv host

monitor diffserv matrix

DIFFSERV マトリクス収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、DIFFSERV マトリクス収集を設定するには、 monitor diffserv matrix コマンドを使用します。DIFFSERV マトリクス収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor diffserv matrix

no monitor diffserv matrix control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

DIFFSERV マトリクス収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

max-entries number ― (任意)最大 DIFFSERV の最大エントリを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、-1 です。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


profile-index profile-index ― (任意)収集プロファイル インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。デフォルトは、既存の最初のプロファイル インデックスです。

次に、DIFFSERV マトリクス収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor diffserv matrix
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-matrix)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-matrix)# max-entries 50
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-matrix)# owner test
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-matrix)# exit
Successfully created a diffserv matrix collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor diffserv matrix
Control index: 1269
Data source: vlan1
Owner: test
Status: 1
Max entries: 50
Profile index: 23723
 
root@localhost.cisco.com# no monitor diffserv matrix 1269
Successfully removed the diffserv matrix collection.
 

 
関連コマンド

monitor diffserv matrix
show monitor diffserv host

monitor diffserv pdist

DIFFSERV プロトコル ディストリビューション収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、DIFFSERV プロトコル ディストリビューション収集を設定するには、 monitor diffserv pdist コマンドを使用します。DIFFSERV プロトコル ディストリビューション収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor diffserv pdist

no monitor diffserv pdist control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

DIFFSERV プロトコル ディストリビューション収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

max-entries number ― (任意)最大 DIFFSERV の最大エントリを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、1 です。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


profile-index profile-index ― (任意)プロファイル インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。デフォルトは、既存の最初のプロファイル インデックスです。

次に、DIFFSERV プロトコル ディストリビューション収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor diffserv pdist
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-pdist)# profile-index 31645
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-pdist)# data-source allspan
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-pdist)# owner monitor
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-pdist)# exit
Successfully created a diffserv pdist collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor diffserv pdist
Control index: 61188
Data source: allspan
Owner: monitor
Status: 1
Max entries: Max possible
Profile index: 31645
 
root@localhost.cisco.com# no monitor diffserv pdist 61188
Successfully removed the diffserv pdist collection.
 

 
関連コマンド

show monitor pdist

monitor diffserv stats

DIFFSERV 統計情報収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、DIFFSERV 統計情報収集を設定するには、 monitor diffserv stats コマンドを使用します。DIFFSERV 統計情報収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor diffserv stats

no monitor diffserv stats control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

モニタ DIFFSERV コマンド モード

 
使用上のガイドライン

DIFFSERV 統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


profile-index profile-index ― (任意)プロファイル インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。デフォルトは、既存の最初のプロファイル インデックスです。

次に、DIFFSERV 統計情報収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor diffserv stats
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-stats)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-diffserv-stats)# exit
Successfully created a diffserv stats collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor diffserv stats
Control index: 42204
Data source: vlan1
Owner: monitor
Status: 1
Profile index: 23723
root@localhost.cisco.com# no monitor diffserv stats 42204
Successfully removed the diffserv stats collection.

 
関連コマンド

show monitor diffserv host

monitor etherstats

イーサネット統計情報収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、イーサネット統計情報収集を設定するには、 monitor etherstats コマンドを使用します。イーサネット統計情報収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor etherstats

no monitor etherstats control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ イーサネット統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。

次に、イーサネット統計情報収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor etherstats
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-etherstats)# control-index 15
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-etherstats)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-etherstats)# exit
Successfully created a etherstats collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor etherstats 15
Control index: 15
Data source: vlan1
Owner: monitor
Status: 1
 
root@localhost.cisco.com# no monitor etherstats 15
Successfully removed the etherstats collection.
 

 
関連コマンド

monitor etherstats on-switch
show monitor etherstats

monitor etherstats on-switch

NAM でスーパーバイザ エンジン mini-RMON 統計情報ポーリングをイネーブルにするには、 monitor etherstats on-switch コマンドを使用します。NAM でスーパーバイザ エンジン mini-RMON 統計情報ポーリングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor etherstats on-switch

no monitor etherstats on-switch

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM-1 および NAM-2 でのみサポートされます。このコマンドは、NM-NAM でサポートされません。

次に、NAM でスーパーバイザ エンジン mini-RMON 統計情報ポーリングをイネーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor etherstats on-switch
 

 
関連コマンド

show monitor etherstats on-switch

monitor history

履歴収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、履歴収集を設定するには、 monitor history コマンドを使用します。履歴収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor history

no monitor history control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ履歴収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

buckets number ― (任意)バケット サイズを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、50 です。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

interval seconds ― (任意)間隔の範囲は、1 ~ 3600(秒)です。デフォルトは、1800 です。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。

次に、履歴収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor history
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-history)# control-index 5
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-history)# interval 5
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-history)# owner test
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-history)# buckets 100
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-history)# data-source allspan
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-history)# exit
Successfully created a history collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor history 5
Control index: 5
Data source: allspan
Owner: test
Status: 1
Buckets: 100
Interval: 5
 
root@localhost.cisco.com# no monitor history 5
Successfully removed the history collection.
 

 
関連コマンド

show monitor history

monitor hlhost

ホスト層ホスト収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、ホスト層の収集を設定するには、 monitor hlhost コマンドを使用します。ホスト層の収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor hlhost

no monitor hlhost control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ ホスト層ホスト収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

al-max max-entries ― (任意)アプリケーション層の最大エントリを指定します。範囲は -1 ~ 2147483647 です。デフォルトは、-1 です。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

nl-max seconds ― (任意)ネットワーク層の最大エントリを指定します。範囲は -1 ~ 2147483647 です。デフォルトは、-1 です。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、ホスト層ホスト収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor hlhost
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlhost)# al-max 200
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlhost)# nl-max 200
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlhost)# control-index 59
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlhost)# owner test
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlhost)# data-source allspan
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlhost)# exit
Successfully created a hlhost collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor hlhost
Control index: 59
Data source: allspan
Owner: test
Status: 1
Network layer max entries: 200
Application layer max entries:200
 
root@localhost.cisco.com# no monitor hlhost 59
Successfully removed the hlhost collection.
 

 
関連コマンド

show monitor hlhost

monitor hlmatrix

ホスト層マトリクス収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、ホスト層マトリクス収集を設定するには、 monitor hlmatrix コマンドを使用します。ホスト層マトリクス収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor hlmatrix

no monitor hlmatrix control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ ホスト層マトリクス収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

al-max max-entries ― (任意)アプリケーション層の最大エントリを指定します。範囲は -1 ~ 2147483647 です。デフォルトは、-1 です。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

nl-max seconds ― (任意)ネットワーク層の最大エントリを指定します。範囲は -1 ~ 2147483647 です。デフォルトは、-1 です。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、ホスト層マトリクス収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor hlmatrix
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlmatrix)# control-index 15
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlmatrix)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlmatrix)# al-max 15
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlmatrix)# nl-max 15
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-hlmatrix)# exit
Successfully created a hlmatrix collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor hlmatrix 15
Control index: 15
Data source: vlan1
Owner: monitor
Status: 1
Network layer max entries: 15
Application layer max entries:15
 
root@localhost.cisco.com# no monitor hlmatrix 15
Successfully removed the hlmatrix collection.
 

 
関連コマンド

show monitor hlmatrix

monitor host

ホスト収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、ホスト収集を設定するには、 monitor host コマンドを使用します。ホスト収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor host

no monitor host control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ ホスト収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、ホスト収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor host
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-host)# data-source allspan
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-host)# exit
Successfully created a host collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor host
Control index: 16850
Data source: allspan
Owner: monitor
Status: 1
 
root@localhost.cisco.com# no monitor host 16850
Successfully removed the host collection.

 
関連コマンド

show monitor host

monitor ifstats

NM-NAM でルータ インターフェイス統計情報収集をイネーブルにするには、 monitor ifstats コマンドを使用します。ルータ インターフェイス統計情報収集をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor ifstats

no monitor ifstats

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NM-NAM でのみサポートされます。

次に、ルータ インターフェイス統計情報収集をイネーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor ifstats
Successfully enable ifstats collection.
root@localhost.cisco.com# no monitor ifstats
Successfully disable ifstats collection.
 

 
関連コマンド

show monitor ifstats

monitor interface

アクセス ルータ インターフェイスを出入りするトラフィックに関するネットワーク トラフィック分析 GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)の詳細を取得するには、 monitor wan-interface コマンドを使用します。インターフェイス統計情報詳細をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor interface if-index

no monitor interface if-index

 
シンタックスの説明

if-index

ルータ インターフェイスの SNMP インターフェイス インデックスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NM-NAM でのみサポートされます。

次に、インターフェイス トラフィック ディスプレイでの詳細を増加させる例を示します。

root@namlab-jet5.cisco.com# monitor interface 24
Successfully enabled wan monitoring on interface ifIndex(24).
root@namlab-jet5.cisco.com#
 

monitor matrix

マトリクス収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、マトリクス収集を設定するには、 monitor matrix コマンドを使用します。ホスト収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor matrix

no monitor matrix control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ マトリクス収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、モニタ マトリクス収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor matrix
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-matrix)# data-source allspan
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-matrix)# owner test
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-matrix)# control-index 5
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-matrix)# exit
Successfully created a matrix collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor matrix 5
Control index: 5
Data source: allspan
Owner: test
Status: 1
 
root@localhost.cisco.com# no monitor matrix 5
Successfully removed the matrix collection.
 

 
関連コマンド

show monitor matrix

monitor nbar

スーパーバイザ NBAR 統計情報ポーリングをイネーブルにするには、 monitor nbar コマンドを使用します。ポーリングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor nbar

no monitor nbar

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

統計情報の収集をイネーブルにするには、NBAR-PD-MIB が存在していなければなりません。

このコマンドを使用するデバイスにより、統計情報がどこからポーリングされるかが次のように決定されます。

NM-NAM 統計情報は、ルータからポーリングされます。

NAM-1 または NAM-2 統計情報は、スーパーバイザ エンジンからポーリングされます。

次に、NBAR 統計情報ポーリングをイネーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor nbar
Successful enable nbar collection.
root@localhost.cisco.com# no monitor nbar
Successfully disable nbar collection.
 

次に、NBAR 統計情報ポーリングを表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show monitor nbar
nbar collection enabled

 
関連コマンド

show monitor nbar

monitor pdist

プロトコル ディストリビューション収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、プロトコル ディストリビューション収集を設定するには、 monitor pdist コマンドを使用します。プロトコル ディストリビューション収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor pdist

no monitor pdist control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ プロトコル ディストリビューション収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、モニタ プロトコル ディストリビューション収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor pdist
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-pdist)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-pdist)# exit
Successfully created a pdist collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor pdist
Control index: 44272
Data source: vlan1
Owner: monitor
Status: 1
 
root@localhost.cisco.com# no monitor pdist 44272
Successfully removed the pdist collection.
 

 
関連コマンド

show monitor pdist

monitor priostats

プライオリティ統計情報収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、プライオリティ統計情報収集を設定するには、 monitor priostats コマンドを使用します。プライオリティ統計情報収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor priostats

no monitor priostats control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ プライオリティ統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。

次に、プライオリティ統計情報収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor priostats
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-priostats)# data-source vlan1002
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-priostats)# exit
Successfully created a prio stats collection.
 

 
関連コマンド

show monitor priostats

monitor protocol

プロトコル ディレクトリ エントリ コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、プロトコル ディレクトリ エントリを設定するには、 monitor protocol コマンドを使用します。プロトコル ディレクトリ エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor protocol

no monitor protocol prot-specifier

 
シンタックスの説明

prot-specifier

プロトコル エントリの SNMP Object Identifier(OID; オブジェクト ID)を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ プロトコル ディレクトリ エントリ サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

addressmap enable | disable | not-applicable ― アドレス マップ統計情報をイネーブルまたはディセーブルに設定するか、アドレス マップをこのプロトコルには適応しないものとして設定します。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

conversations enable | disable | not-applicable ― 会話統計情報をイネーブルまたはディセーブルに設定するか、会話をこのプロトコルには適応しないものとして設定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

host enable | disable | not-applicable ― ホスト統計情報をイネーブルまたはディセーブルに設定するか、ホストをこのプロトコルには適応しないものとして設定します。

name string ― プロトコルのフル ネームを入力します。ネーム ストリングには、複数の単語を含めることができます。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


prot-specifier protocol-specifier-string | ip 1-255 | tcp 1-65535 | udp 1-65535 | ncp 1-255 | sunrpc 1-4294967295 ― 収集をプロトコル単位で指定します。

range 1-255 ― プロトコルに含まれる連続した TCP または UDP ポートの数を指定します。

次に、プロトコル ディレクトリ エントリを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor protocol
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# prot-specifier 12.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.3.0 .1.0
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# host disable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# conversations disable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# exit
Successfully updated the protocol directory entry.
root@localhost.cisco.com# show monitor protocol 12.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.3 .0.1.0
w-ether2.ip.udp
Protocol specifier:12.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.3.0.1.0
Address map stats: N/A
Host stats: Disabled
Conversation stats:Disabled
ART stats: N/A
 
root@localhost.cisco.com# no monitor protocol 12.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.3.0 .1.0
Successfully removed the protocol directory entry.
root@localhost.cisco.com# monitor protocol
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# prot-specifier 12.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.3.0 .1.0
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# host enable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# addressmap not-applicable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# conversations enable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# art disable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-protocol)# exit
Successfully created a protocol directory entry.
root@localhost.cisco.com# show monitor protocol
 
Protocol specifier:12.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.3.0.1.0
Address map stats: N/A
Host stats: Enabled
Conversation stats:Enabled
ART stats: Disabled
 

 
関連コマンド

show monitor protocol

monitor protocol auto-learned

自動的に学習されるプロトコルをイネーブルにするには、 monitor protocol auto-learned コマンドを使用します。自動的に学習されるプロトコルをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor protocol auto-learned

no monitor protocol auto-learned

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、プロトコル自動学習を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor protocol auto-learned
 

 
関連コマンド

show monitor protocol auto-learned settings

monitor protocol auto-learned max-entry

自動的に学習されるプロトコル エントリの最大数を設定するには、 monitor protocol auto-learned max-entry コマンドを使用します。自動的に学習されるプロトコル エントリの最大数をデフォルト値にリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor protocol auto-learned max-entry entries

no monitor protocol auto-learned max-entry

 
シンタックスの説明

entries

自動的に学習されるプロトコル エントリの数を設定します。

 
デフォルト

100 エントリ

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、プロトコル自動学習を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor protocol auto-learned max-entry 20
 

 
関連コマンド

show monitor protocol auto-learned settings

monitor protocol auto-learned tcp exclude

自動学習プロトコル機能の TCP ポート除外を設定するには、 monitor protocol auto-learned tcp exclude コマンドを使用します。自動学習プロトコル機能の TCP ポート除外を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor protocol auto-learned tcp e xclude begin-port | end-port

no monitor protocol auto-learned tcp exclude

 
シンタックスの説明

begin-port

ポート除外の開始ポートを指定します。

end-port

ポート除外の終了ポートを指定します。

 
デフォルト

TCP ポートは除外されません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、プロトコル自動学習を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor protocol auto-learned tcp exclude 20 50
 

 
関連コマンド

show monitor protocol auto-learned settings

monitor protocol auto-learned tcp max-port

自動学習プロトコル機能が学習できる TCP ポート値の最大数を設定するには、 monitor protocol auto-learned tcp max-port コマンドを使用します。自動的に学習されるプロトコルの最大 TCP ポート値をデフォルト値にリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor protocol auto-learned tcp max-port max-port

no monitor protocol auto-learned max-port

 
シンタックスの説明

max-port

自動学習プロトコル機能が学習できる最大ポート数を設定します。この設定値を超えるポートは学習されません。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

学習されるポートの最大数は 65535 です。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

NAM に monitor protocol auto-learned tcp max-port 100 コマンドを適用する場合、NAM は 101 以上の TCP ポート値を持つプロトコルを学習しません。

次に、プロトコル自動学習を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor protocol auto-learned tcp
 
root@localhost.cisco.com# monitor protocol auto-learned
 

 
関連コマンド

show monitor protocol auto-learned settings

monitor protocol auto-learned udp exclude

自動学習プロトコル機能の UDP ポート除外を設定するには、 monitor protocol auto-learned udp exclude コマンドを使用します。自動学習プロトコル機能の UDP ポート除外を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor protocol auto-learned udp e xclude begin-port | end-port

no monitor protocol auto-learned udp exclude

 
シンタックスの説明

begin-port

ポート除外の開始ポートを指定します。

end-port

ポート除外の終了ポートを指定します。

 
デフォルト

UDP ポートは除外されません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、プロトコル自動学習を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor protocol auto-learned udp exclude 20 50
 

 
関連コマンド

show monitor protocol auto-learned settings

monitor protocol auto-learned udp max-port

自動学習プロトコル機能が学習できる UDP ポート値の最大数を設定するには、 monitor protocol auto-learned udp max-port コマンドを使用します。自動的に学習されるプロトコルの最大 UDP ポート値をデフォルト値にリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor protocol auto-learned udp max-port max-port

no monitor protocol auto-learned max-port

 
シンタックスの説明

max-port

自動学習プロトコル機能が学習できる最大ポート数を設定します。この設定値を超えるポートは学習されません。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

学習されるポートの最大数は 65535 です。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

NAM に monitor protocol auto-learned udp max-port 100 コマンドを適用する場合、NAM は 101 以上の UDP ポート値を持つプロトコルを学習しません。

次に、プロトコル自動学習を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor protocol auto-learned udp
 

 
関連コマンド

show monitor protocol auto-learned settings

monitor rtp-stream enable

RTP ストリーム モニタリングをイネーブルにするには、 monitor rtp-stream コマンドを使用します。RTP ストリーム モニタリングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor rtp-stream enable

no monitor rtp-stream enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RTP ストリーム モニタリングをイネーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor rtp-stream enable
 

 
関連コマンド

monitor rtp-stream filter
monitor rtp-stream max-entry
monitor rtp-stream pkt-loss-alarm

monitor rtp-stream filter

RTP ストリーム フィルタリング エントリを設定するには、 monitor rtp-stream filter コマンドを使用します。RTP ストリーム フィルタリング エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor rtp-stream filter source-address source-mask dest-address dest-mask

 
シンタックスの説明

source-address

フィルタリングされる RTP ストリームの送信元アドレスを指定します。

source-mask

フィルタリングされる RTP ストリームの送信元アドレスのサブネット マスクを指定します。

dest-address

フィルタリングされる RTP ストリームの宛先アドレスを指定します。

dest-mask

フィルタリングされる RTP ストリームのサブネット マスクを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RTP ストリーム フィルタリングをイネーブルにする例を示します。

root@localhost# monitor rtp-stream filter 1.2.3.0 255.255.255.0 4.5.0.0 255.255.0.0
 

 
関連コマンド

monitor rtp-stream enable
monitor rtp-stream max-entry
monitor rtp-stream pkt-loss-alarm

monitor rtp-stream max-entry

モニタリングする RTP ストリームの数を設定するには、 monitor rtp-stream max-entry コマンドを使用します。モニタリングする RTP ストリームの最大数を製造時のデフォルト値(30)に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor rtp-stream max-entry [ max-entries]

no monitor rtp-stream max-entry

 
シンタックスの説明

max-entries

モニタリングできるストリームの最大数を指定します。範囲は、1 ~ 100 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RTP ストリーム モニタリングをイネーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor rtp-stream max-entry 50
 

 
関連コマンド

monitor rtp-stream enable
monitor rtp-stream filter
monitor rtp-stream pkt-loss-alarm

monitor rtp-stream pkt-loss-alarm

RTP ストリーム パケット損失のアラームをイネーブルにするには、 monitor rtp-stream pkt-loss-alarm コマンドを使用します。RTP ストリーム パケット損失のアラームをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor rtp-stream pkt-loss-alarm enable threshold

no monitor rtp-stream pkt-loss-alarm

 
シンタックスの説明

enable

パケット損失モニタリングをイネーブルにします。

threshold

コマンドの 2 つのしきい値のうちの 1 つを指定します。1 番めのしきい値は、連続した RTP 損失の数です。2 番めのしきい値は、10 6 単位でのパケット損失率です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、損失したパケットの RTP ストリーム モニタリングのアラームをイネーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor rtp-stream pkt-loss-alarm 23 44
 

 
関連コマンド

monitor rtp-stream enable
monitor rtp-stream max-entry

monitor urlcollection

URL 収集サブモードを開始し、URL 収集を設定するには、 monitor urlcollection コマンドを使用します。URL 収集をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor urlcollection

no monitor urlcollection

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

URL 収集サブモードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? または help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します(「 cdp enable 」コマンド セクションを参照)。

data-source nam-data-source-name ― NAM データ ソース名を指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

ignore ― (任意)ホスト、パス、および URL に一致する引数を設定します。

ignore host ― URL 収集データを収集する場合に、URL のホスト部分を無視するか無視しないかを指定します。

ignore path ― URL 収集データを収集する場合に、URL のパス部分を無視するか無視しないかを指定します。

ignore url-arg ― URL 収集データを収集する場合に、URL の引数を無視するか無視しないかを指定します。

ignore enable | disable ― このコマンドをイネーブルまたはディセーブルにします。

match-only string ― (任意)URL 内のストリングに一致する URL データのみの収集を指定します。

max-entry 100 | 50 | 1000 ― (任意)URL 収集エントリの最大数を指定します。

recycle enable | disable ― URL 収集データ エントリのエージングをイネーブルまたはディセーブルにします。

NAM には、URL 収集が 1 つだけあります。収集のオーナーは、常に LocalMgr です。インデックスは、常に 1 です。

このコマンドは、NAM-1、NAM-2、および NM-NAM によりサポートされます。

次に、URL 収集を設定する例を示します。

root@localhost# monitor urlcollections
root@localhost#

 
関連コマンド

clear access log
show monitor urlcollection

monitor urlfilter

URL フィルタ収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、URL フィルタを設定するには、 monitor urlfilter コマンドを使用します。コンフィギュレーションから URL フィルタを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor urlfilter

no monitor urlfilter control-index

 
シンタックスの説明

control-index

収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ URL フィルタ サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? ― ヘルプを表示します。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― URL エントリのコントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

description string ― (任意)URL フィルタの説明ストリングを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

help ― ヘルプを表示します。

host-regexp ― URL のホストの正規表現を指定します。

path-regexp URL のパスの正規表現を指定します。

protocol-encap ― (任意)HTTP パケットのプロトコル カプセル化を指定します。

clear configuration コマンドは、コンフィギュレーションから URL フィルタを削除します。URL フィルタを設定するための SNMP サポートはありません。

次に、URL フィルタを設定する例を示します。

root@nam# monitor urlfilter
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@nam(sub-monitor-url-filter)# control-index 2
root@nam(sub-monitor-url-filter)# description urlfilter example
root@nam(sub-monitor-url-filter)# host-regexp www.example.com
root@nam(sub-monitor-url-filter)# protocol-encap ipv4
root@nam(sub-monitor-url-filter)# exit
Sucessfully created urlfilter entry.
root@nam# show monitor urlfilter
Description: urlfilter example
Control index: 2
Protocol encapsulation: IPv4
URL's host string: www.example.com
URL's path string: (not-set)
 

この URL フィルタ エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

root@nam# no monitor urlfilter 2
Successfully delete urlfilter entry.
 

 
関連コマンド

clear access log
show monitor urlfilter

monitor vlanstats

VLAN 統計情報収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、VLAN 統計情報収集を設定するには、 monitor vlanstats コマンドを使用します。VLAN 統計情報収集を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor vlanstats

no monitor vlanstats control-index

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ VLAN 統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

control-index control-index ― (任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

data-source string ― 収集データ ソースを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

owner owner-string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、VLAN 統計情報収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor vlanstats
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-vlanstats)#
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-vlanstats)# data-source vlan1002
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-vlanstats)# exit
Successfully created a vlan stats collection.
root@localhost.cisco.com# show monitor vlanstats
Control index: 35955
Data source: vlan1002
Owner is monitor
Status: 1
 
root@localhost.cisco.com# no monitor vlanstats 35955
Successfully removed the vlan stats collection.
 

 
関連コマンド

show monitor urlcollection

monitor vlanstats on-switch

スーパーバイザ エンジン VLAN 統計情報収集を設定するには、 monitor vlanstats on-switch コマンドを使用します。VLAN 統計情報収集をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

monitor vlanstats on-swtich

no monitor vlanstats on-switch

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM-1 および NAM-2 でのみサポートされます。

次に、スーパーバイザ エンジン VLAN 統計情報収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor vlanstats on-switch
Successfully enable supervisor vlanstats on-switch.
 

次に、スーパーバイザ エンジン VLAN 統計情報収集を表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show monitor vlanstats on-switch
Supervisor vlanstats collection is enabled.
 

次に、スーパーバイザ エンジン VLAN 統計情報収集をディセーブルにする例を示します。

root@localhost.cisco.com# no monitor vlanstats on-switch
Successfully disable supervisor vlanstats on-switch.
 

 
関連コマンド

show monitor vlanstats on-switch

monitor voice h.323

H.323 音声収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、H.323 音声収集を設定するには、 monitor voice h.323 コマンドを使用します。H.323 音声収集をディセーブルにするには、 monitor voice h.323 サブコマンド モードで disable を使用します。

monitor voice h.323

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ音声 H.323 統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

disable ― H.323 音声収集をディセーブルにします。

enable ― H.323 音声収集をイネーブルにします。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

max-calls ― コール テーブルの行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、200 です。

max-phones ― 電話記録テーブルの行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、200 です。

top-jitter-rows ― 上位ジッタの行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です。

top-loss-rows ― 上位パケット損失の行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です。

次に、H.323 音声収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor voice h.323
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-h.323)# disable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-h.323)# exit
Successfully disabled the h.323 voice collection with changes.
root@localhost.cisco.com# show monitor voice h.323
H.323 voice monitoring: Disabled
Number of phone table rows: 200
Number of call table rows: 1000
Number of top packet jitter rows: 5
Number of top packet loss rows: 5
 

 
関連コマンド

monitor voice h.323
show monitor vlanstats

monitor voice mgcp

Media Gateway Control Protocol(MGCP; メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル)収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、MGCP 収集を設定するには、 monitor voice mgcp コマンドを使用します。MGCP 収集をディセーブルにするには、 monitor voice mgcp サブコマンド モードで disable を使用します。

monitor voice mgcp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ音声 MGCP 統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

disable ― MGCP 収集をディセーブルにします。

enable ― MGCP 収集をイネーブルにします。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

max-calls ― コール テーブルの行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、200 です。

max-phones ― 電話記録テーブルの行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、200 です。

top-jitter-rows ― 上位ジッタの行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です

top-loss-rows ― 上位パケット損失の行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です。

次に、MGCP 収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor voice mgcp
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-mgcp)# disable
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-mgcp)# exit
Successfully disabled the MGCP collection with changes.
Root@localhost# show monitor voice mgcp
MGCP voice monitoring: Disabled
Number of phone table rows: 150
Number of call table rows: 150
Number of top packet jitter rows: 7
Number of top packet loss rows: 7
 

 
関連コマンド

monitor voice h.323
show monitor vlanstats

monitor voice sccp

Skinny Client Control Protocol(SCCP)音声統計情報収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、SCCP 音声収集を設定するには、 monitor voice sccp コマンドを使用します。SCCP 音声収集をディセーブルにするには、 monitor voice sccp サブコマンド モードで disable を使用します。

monitor voice sccp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ音声 SCCP 統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

disable ― SCCP 音声収集をディセーブルにします。

enable ― SCCP 音声収集をイネーブルにします。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

max-calls ― コール テーブルの行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、300 です。

max-phones ― 電話記録テーブルの行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、300 です。

top-jitter-rows ― 上位ジッタの行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です。

top-loss-rows ― 上位パケット損失の行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です。

次に、音声 SCCP 統計情報収集を設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# monitor voice sccp
Entering into sub-command mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-sccp)# top-loss-rows 500
ERROR:You have specified a number of loss rows which is not valid.
The number of loss rows must be between 1 and 20.
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-sccp)# top-loss-rows 20
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-sccp)# top-jitter-rows 20
root@localhost.cisco.com(sub-monitor-voice-sccp)# exit
Successfully enabled the sccp voice collection with changes.
 
root@localhost.cisco.com# show monitor voice sccp
SCCP voice monitoring: Enabled
Number of phone table rows: 300
Number of call table rows: 100
Number of top packet jitter rows: 20
Number of top packet loss rows: 20

 
関連コマンド

monitor voice h.323
show monitor vlanstats

monitor voice sip

Session Initiation Protocol(SIP)音声統計情報収集コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、SIP 音声収集を設定するには、 monitor sip コマンドを使用します。SIP 音声収集をディセーブルにするには、 monitor sip サブコマンド モードで disable を使用します。

monitor voice sip

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

モニタ音声 SIP 統計情報収集サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? または help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

disable ― SIP 音声収集をディセーブルにします。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

enable ― SIP 音声収集をイネーブルにします。

max-calls ― コール テーブルの最大行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、200 です。

max-phones ― 電話記録テーブルの最大行数を指定します。範囲は、10 ~ 1000 です。デフォルトは、200 です。

top-jitter-rows ― 上位ジッタ テーブルの最大行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です。

top-loss-rows ― 上位パーセント パケット損失テーブルの最大行数を指定します。範囲は 1 ~ 20 です。デフォルトは、5 です。

次に、SIP 収集を設定する例を示します。

root@namlab-kom6.cisco.com# monitor voice sip
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@namlab-kom6.cisco.com(sub-monitor-voice-sip)# enable
root@namlab-kom6.cisco.com(sub-monitor-voice-sip)# max-calls 250
root@namlab-kom6.cisco.com(sub-monitor-voice-sip)# max-phones 500
root@namlab-kom6.cisco.com(sub-monitor-voice-sip)# top-jitter-rows 20
root@namlab-kom6.cisco.com(sub-monitor-voice-sip)# top-loss-rows 20
root@namlab-kom6.cisco.com(sub-monitor-voice-sip)# exit
Successfully enabled the sip voice collection with changes.
root@namlab-kom6.cisco.com# show monitor voice sip
SIP voice monitoring: Enabled
Number of phone table rows: 500
Number of call table rows: 250
Number of top packet jitter rows: 20
Number of top packet loss rows: 20
 
root@namlab-kom6.cisco.com#
 

 
関連コマンド

show monitor voice

mpls data-source label

NAM MPLS データ ソース、特にローカル MPLS ラベルに関与している NAM MPLS データ ソースを作成するには、このコマンドを使用します(任意でユーザにとって意味のあるデータ ソース名を付け、 mpls data-source label コマンドを使用します)。MPLS データ ソースを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls data-source label data-source-value

no mpls data-source label data-source-value

 
シンタックスの説明

data-source-value

ユーザにとって意味のあるデータ ソースの値を指定します。範囲は、16 ~ 1048575 です。

 
デフォルト

LABEL:データ ソース名での label

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

次に、NAM 収集 RMON 統計情報で MPLS データ ソースをパース設定する例を示します。

root@localhost# mpls data-source label XXXYYY12345
root@localhost#
 

 
関連コマンド

mpls data-source vc
mpls data-source vrf
show nam data-source

mpls data-source vc

MPLS Virtual Circuit(VC; 仮想回線)ID に基づく NAM MPLS データ ソースを作成するには、 mpls data-source vc コマンドを使用します。MPLS データ ソースを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls data-source vc vc-id

no mpls data-source vc-id

 
シンタックスの説明

vc

VC ID に基づく MPLS データ ソースを指定します。

vc-id

VC ID を指定します。 範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

次に、NAM 収集 RMON 統計情報で MPLS データ ソースをパース設定する例を示します。

root@localhost# mpls data-source vc 12345
root@localhost#
 

 
関連コマンド

mpls data-source vrf
mpls data-source label
show nam data-source

mpls data-source vrf

MPLS VRF ネーム ストリングに基づく NAM MPLS データ ソースを作成するには、 mpls data-source vrf コマンドを使用します。MPLS データ ソースを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls data-source vrf vrf-name-string

no mpls data-source vrf-name-string

 
シンタックスの説明

vrf

仮想 rf ID に基づく MPLS データ ソースを指定します。

vrf-name-string

仮想 rf ID を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

次に、NAM 収集 RMON 統計情報で MPLS データ ソースをパース設定する例を示します。

root@localhost# mpls data-source vrf netflow
root@localhost#
 

 
関連コマンド

mpls data-source vc
mpls data-source label
show nam data-source

netflow data-source

NetFlow データ ソース コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、カスタム データ ソースを作成または編集するには、 netflow data-source コマンドを使用します。NetFlow カスタム データ ソースを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

netflow data-source

no netflow data-source data-source-name

 
シンタックスの説明

data-source-name

カスタム NetFlow データ ソース名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

NetFlow データ ソース コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

both (* * * ...) ― 入力と出力の両方のデータ フロー方向に、スペースで区切られた ifIndices のリストを指定します。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します(「 cdp enable 」コマンド セクションを参照)。

device ( * * * ...) ― NetFlow デバイスの ipV4 アドレスを指定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

index (* * * ...) ― NetFlow データ ソースの ifIndex を指定します。新しい ifIndex を作成する場合、0 を使用します。

input direction ( * * * ...) ― 入力データのフロー方向に、スペースで区切られた ifIndices のリストを指定します。

name ― NetFlow データ ソース名を指定します。

output direction ( * * * ...) ― 出力データのフロー方向に、スペースで区切られた ifIndices のリストを指定します。

新しい NetFlow カスタム データ ソースを作成する場合、インデックス値をサブコマンド モードで提供しないでください。インデックス値が提供されると、インデックス値は、既存の NetFlow カスタム データ ソースの編集です。

NetFlow カスタム データ ソース名には nde- が付きます(例:nde-exampleNetFlow)。

NetFlow デバイス情報を与える必要があります。

すべての ifIndices 値 は、NetFlow デバイスにより提供されます。3 つの方向(入力、出力、およびその両方)のすべてを提供する必要はありませんが、この 3 つのうちの少なくとも 1 つは提供されなければなりません。

次に、リモート NetFlow デバイスを設定する例を示します。

root@localhost# netflow device 10.0.0.2
Successfully created a NetFlow device.
root@localhost#
root@localhost# netflow data-source
Entering into subcommand mode for this command.
Type ‘exit’ to come out of this mode.
Type ‘cancel’ to discard changes and to come out of this mode.
 
root@localhost(sub-netflow-data-source)# device 10.0.0.2
root@localhost(sub-netflow-data-source)# name exampleNetFlow
root@localhost(sub-netflow-data-source)# input 1 2
root@localhost(sub-netflow-data-source)# output 3 4 5
root@locaroot(sub-netflow-data-source)# both 22 29
root@locaroot(sub-netflow-data-source)# exit
 

 
関連コマンド

netflow device

netflow device

リモート NetFlow デバイスを設定し、NetFlow デバイスのデフォルト データ ソースを作成するには、 netflow device コマンドを使用します。リモート NetFlow デバイスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

netflow device device-address [ community-string ]

no netflow device address

 
シンタックスの説明

device-address

リモート NetFlow デバイス アドレスを指定します。

community-string

(任意)リモート NetFlow デバイス コミュニティ ストリングを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、リモート NetFlow デバイスを設定する例を示します。

root@localhost# netflow device 10.0.0.1 public
Successfully created a netflow device.
root@localhost# show nam data-source
allspan
nde-10.0.0.1
 
root@localhost# no netflow device 10.0.0.1
Successfully removed the netflow device.

nslookup

ネーム サーバ クエリーを設定するには、 nslookup コマンドを使用します。

nslookup hostname [server]

 
シンタックスの説明

hostname

ネーム サーバ クエリー ホストを指定します。

server

(任意)照会するネーム サーバを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、ネーム サーバ クエリーを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# nslookup www.yahoo.com
Server: 127.0.0.1
Address: 127.0.0.1#53
 
Non-authoritative answer:
www.yahoo.com canonical name = www.yahoo.akadns.net.
Name: www.yahoo.akadns.net
Address:66.218.71.80
 

password

新しいパスワードを設定するには、 password コマンドを使用します。

password username

 
シンタックスの説明

username

パスワードを変更するユーザ ログイン名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

有効なユーザ名は、root と guest の 2 つだけです。

次に、パスワードを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# password root
Changing password for user root
New UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd:all authentication tokens updated successfully
root@localhost.cisco.com#

patch

ソフトウェア パッチをダウンロードおよびインストールするには、 patch コマンドを使用します。

patch ftp://user:passwd@host/full-path/filename

 
シンタックスの説明

ftp://user:passwd@host/full-path/filename

パッチをダウンロードするためのパスを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、パッチをダウンロードおよびインストールする例を示します。

root@localhost.cisco.com# patch ftp://hostname/fullpath/c6nam-3.1-strong-cryptoK9-patch-1-0.bin
 
Proceeding with installation. Please do not interrupt.
If installation is interrupted, please try again.
 
Downloading c6nam-3.1-strong-cryptoK9-patch-1-0.bin. Please wait...
ftp://hostname/fullpath/c6nam-3.1-strong-cryptoK9-patch-1-0.bin (1K)
- [########################] 1K | 1886.33K/s
1891 bytes transferred in 0.00 sec (1569.00k/sec)
 
Verifying c6nam-3.1-strong-cryptoK9-patch-1-0.bin. Please wait...
Patch c6nam-3.1-strong-cryptoK9-patch-1-0.bin verified.
 
Applying /usr/local/nam/patch/workdir/c6nam-3.1-strong-cryptoK9-patch-1-0.bin. Please wait...
########################################### [100%]
########################################### [100%]
 
Patch applied successfully.
root@localhost.cisco.com#

 
関連コマンド

show patches
show version

ping

ネットワーク デバイスへの接続状態をチェックするには、 ping コマンドを使用します。

ping [-n | -v] [-c count] [-i wait] [-p pattern] [-s packetsize] hostname | IP address

 
シンタックスの説明

-n

(任意)ネットワーク アドレスを数字で表示します。

-v

(任意)詳細な出力を指定します。

-c count

(任意)ECHO_REQUEST パケットのカウントを送信した後、ping を停止します。

-i wait

(任意)パケットを送信する間隔を秒単位で指定します。

-p pattern

(任意)pingで送信されるパケットを充填するパッド バイトを指定します。送信するパケットを充填するために、最大 16 パッド バイトまで指定できます。

-s packetsize

(任意)8 バイトの ICMP ヘッダー データを設定します。

hostname

ネットワーク デバイスのホスト名を ping に設定します。

IP address

ネットワーク デバイスの IP アドレスを ping に設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、ping を使用してネットワーク デバイスの接続状態をチェックする例を示します。

root@localhost# ping -n -v ralph 100.20.19.23
root@localhost#
 

preferences

プリファレンス(環境設定)サブコマンド モードを開始し、画面における情報の表示方法を設定するには、 preferences コマンドを使用します。

preferences

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

プリファレンス サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

csv-export all | current-screen ― Comma-Separated Values(CSV; カンマ区切り形式)エクスポート モニタ データ オプションを設定します。

data-displayed bits | bytes ビットまたはバイトでのデータの表示方法を指定します。

entries-per-screen 1-100 ― (任意)表形式の画面に表示する行数を設定します。デフォルトは、15 です。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

format-large-number enable | disable ― GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)カウンタをK(キロ)、M(メガ)、または G(ギガ)という大きい数字で表示します。

graph-bars 1-15 ― (任意)表示されるグラフのバーの数を設定します。デフォルトは、10 です。

help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

number-notation commas-dot | dots-comma | spaces-comma 数字の表記をカンマ、ドットなどに設定します。次に例を示します。1,000 または 1.000 または 300, 10

refresh-interval 15-3600 ― (任意)画面のリフレッシュ間隔を秒単位で設定します。デフォルトは、60 です。

resolve-hostname enable | disable (任意)ホスト名の解決処理をイネーブルまたはディセーブルにします。デフォルトは、enable です。

次に、画面表示のプリファレンスを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# preferences
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# entries-per-screen 15
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# refresh-interval 60
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# graph-bars 10
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# hostname-resolution disable
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# data-displayed bytes
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# format-large-number enable
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# number-notation comma-dot
root@localhost.cisco.com(sub-preferences)# exit
NAM web interface preferences updated successfully.data
 

次に、設定されたプリファレンスを表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show preferences
Entries per screen: 15
Refresh interval: 60 secs
Number of graph bars: 10
Hostname resolution: Disabled
Data displayed in: Bytes
Format large number: No
Number notation: Commas-dot
root@localhost.cisco.com#

 
関連コマンド

show preferences

reboot

NAM をシャットダウンし、再起動するには、 reboot コマンドを使用します。

reboot

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM を再起動する例を示します。

root@localhost# reboot
Reboot the NAM? (Y/N) [N]:
root@localhost#

remote-storage nfs

データ キャプチャのための NFS リモート ストレージを設定し、コンフィギュレーション コマンド モードを開始するには、 remote-storage nfs コマンドを使用します。キャプチャされたデータの NFS リモート ストレージを削除するには、 no remote-storage name コマンドを使用します。

remote-storage nfs

no remote-storage name

 
シンタックスの説明

name

削除する NFS リモート ストレージの名前を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

Web ユーザ サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? または help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

server WORD ― NFS サーバ DNS ホスト名または IP アドレス

dir WORD ― NFS サーバでの読み取りと書き込みが許可された絶対ディレクトリ

name WORD ― NFS リモート ストレージ エントリの名前

次に、データ キャプチャのための NFS リモート ストレージを設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# remote-storage nfs
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-remote-storage_nfs)# ?
 
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

remote-storage iscsi
show remote-storage

remote-storage iscsi

データ キャプチャのための iSCSI リモート ストレージを設定し、コンフィギュレーション コマンド モードを開始するには、 remote-storage iscsi コマンドを使用します。キャプチャされたデータの iSCSI リモート ストレージ エントリを削除するには、 no remote-storage name コマンドを使用します。

remote-storage iscsi

no remote-storage name

 
シンタックスの説明

name

削除する NFS リモート ストレージの名前を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

Web ユーザ サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? または help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

name WORD ― iSCSI リモート ストレージ エントリの名前

server WORD ― SCSI サーバ DNS ホスト名または IP アドレス

target WORD ― iSCSI サーバ管理により提供される iSCSI ターゲット名

format none partition-number ― リモート iSCSI ターゲット パーティション テーブルには触れずに、キャプチャ データを保管するために NAM が "partition-number" を使用するようにします。

format one-linux リモート iSCSI ターゲットを使用して NAM キャプチャ データを保管する前に、リモート iSCSI ターゲットを 1 つの linux ext2 パーティションでフォーマットします。

次に、iSCSI データ キャプチャのためのリモート ストレージを設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# remote-storage iscsi
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-remote-storage_iscsi)# ?
 
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

remote-storage nfs
show remote-storage

rmon buffer

RMON バッファ コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、RMON バッファを設定するには、 rmon buffer コマンドを使用します。RMON バッファの設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

rmon buffer

no rmon buffer 1-65535

 
シンタックスの説明

1-65535

RMON バッファ Object Identifier(OID; オブジェクト ID)

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

RMON バッファ コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

capture-slice bytes ― (任意)キャプチャ スライス サイズを設定します。デフォルトは、500 バイトです。

channel-index 1-65535 ― チャネル インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

download-offset offset-number ― (任意)ダウンロード オフセットを設定します。デフォルトは、0 です。

download-slice bytes ― (任意)ダウンロード スライス サイズを設定します。デフォルトは、500 バイトです。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

full-action lock | wrap ― (任意)バッファが一杯になった時のアクション タイプを lock(中止)または wrap(継続)に設定します。デフォルトは、lock when full(lock)です。

index ― (任意)インデックスを設定します。

owner string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


size bytes ― (任意)バッファ サイズを設定します。

次に、RMON バッファを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# rmon buffer
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# channel-index 10
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# full-action lock
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# capture-slice 500
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# download-slice 500
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# download-offset 0
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# size 5120000
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# owner monitor
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-buffer)# exit
Successfully created the RMON buffer control entry.
root@localhost.cisco.com#
 
root@localhost.cisco.com# show rmon buffer
Index: 50485
Channel index: 10
Full action: Lock when full
Capture slice size: 500 bytes
Download slice size: 500 bytes
Download offset: 0
Max octets requested:5120000 bytes
Owner: monitor
 
root@localhost.cisco.com#
 

 
関連コマンド

show rmon buffer

rmon channel

RMON チャネル サブコマンド モードを開始し、RMON チャネル収集を設定するには、 rmon channel コマンドを使用します。RMON チャネルの設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

rmon channel

no rmon channel 1-65535

 
シンタックスの説明

1-65535

RMON チャネル Object Identifier(OID; オブジェクト ID)

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

RMON チャネル コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

accept-type failed | matched ― (任意)許可タイプを failed または matched のどちらかに設定します。デフォルトは、matched です。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

data-control off | on ― (任意)キャプチャ チャネルをオフまたはオンにします。デフォルトは、on です。

data-source data-source-string ― チャネル データ ソースを設定します。

description string ― (任意)チャネルの記述を設定します。

event-status always | ready ― (任意)イベント ステータスを always または ready のどちらかに設定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

index 1-65535 ― (任意)チャネル インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

off-event 0-65535 ― (任意)オフ イベント インデックスを設定します。デフォルトは、0 です。

on-event 0-65535 ― (任意)オン イベント インデックスを設定します。デフォルトは、0 です。

owner string ― (任意)オーナー ストリングを設定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


次に、RMON チャネルを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# rmon channel
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# ?
? - display help
accept-type - set accept type
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
data-control - set capture channel mode
data-source - set data source (*)
description - set description
event-status - set event status
exit - exit from subcommand mode
help - display help
index - set index
match-event - set match-event index
off-event - set off-event index
on-event - set on-event index
owner - set owner string
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# data-source vlan1
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# accept-type matched
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# data-control on
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# description test
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# event-status ready
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# on-event 10
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# off-event 10
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# match-event 10
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# owner monitor
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-channel)# exit
Successfully created the RMON channel.
root@localhost.cisco.com# show rmon channels
Index: 24614
Data source: vlan1 (5)
Accept type: Matched (Inclusive)
Data control: ON
Turn-On event index: 10
Turn-Off event index:10
Event index: 10
Event status: Ready
Description: test
Owner: monitor
 
root@localhost.cisco.com#

 
関連コマンド

show rmon channels

rmon filter

RMON フィルタ サブコマンド モードを開始し、RMON フィルタを設定するには、 rmon filter コマンドを使用します。RMON フィルタの設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

rmon filter

no rmon filter 1-65535

 
シンタックスの説明

1-65535

RMON フィルタ Object Identifier(OID; オブジェクト ID)

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

RMON フィルタ コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

channel-index 1-65535 ― チャネル インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

data hex-string ― (任意)データを設定します。

data-mask hex-string ― (任意)データ照合に適用されるマスクを設定します。

data-not-mask hex-string ― (任意)逆データ照合に適用されるマスクを設定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

index 1-65535 ― (任意)フィルタ インデックスを設定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

offset number ― (任意)オフセットを設定します。デフォルトは、0 です。

owner string ― (任意)オーナー ストリングを設定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


pd-data-index number ― (任意)プロトコル ディレクトリ データ ローカル インデックスを設定します。デフォルトは、0 です。

pd-index number ― (任意)プロトコル ディレクトリ ローカル インデックスを設定します。デフォルトは、0 です。

status number ― (任意)パケット ステータスを設定します。デフォルトは、0 です。

status-mask number ― (任意)パケット ステータス照合に適用されるマスクを設定します。デフォルトは、0 です。

status-not-mask number ― (任意)逆パケット ステータス照合に適用されるマスクを設定します。デフォルトは、0 です。

次に、RMON フィルタを設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# rmon filter
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-filter)# ?
? - display help
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
channel-index - set channel index (*)
data-mask - set data mask
data-not-mask - set data not mask
data - set data (*)
exit - exit from subcommand mode
help - display help
index - set filter index
offset - set offset
owner - set owner string
pd-data-index - set protocol directory data local index
pd-index - set protocol directory local index
status-mask - set packet status mask
status-not-mask - set packet status not mask
status - set packet status
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-filter)# channel-index 10
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-filter)# data "ab bc cd 2f"
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-filter)# offset 0
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-filter)# owner monitor
root@localhost.cisco.com(sub-rmon-filter)# exit
Successfully created the RMON filter.
root@localhost.cisco.com# show rmon filters
Index: 11089
Channel index: 10
Data offset: 0
Data: ab bc cd 2f
Data mask:
Data not mask:
Status: 0
Status mask: 0
Status not mask:0
PD index: 0
PD data index: 0
Owner: monitor
 
root@localhost.cisco.com#
 

 
関連コマンド

show rmon buffer

rmwebusers

ローカル Web ユーザ データベースからすべての Web ユーザを削除するには、 rmwebusers コマンドを使用します。

rmwebusers

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、ローカル Web ユーザ データベースから Web ユーザを削除する例を示します。

root@localhost.cisco.com# rmwebusers
 
WARNING:Doing this will stop the web server and remove
all locally defined web users from web user database.
 
Are you sure you want to continue (y/n) [n]? y
 
Disabling HTTP server...
Successfully disabled HTTP server.
 
All locally defined web users have been
removed from web user database.
root@localhost.cisco.com#

 
関連コマンド

show web-users

show access-log

Web アクセス ログを表示するには、 show access-log コマンドを使用します。

show access-log

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、Webアクセス ログを表示する例を示します。

Root@localhost# show access-log
11 Mar 2003, 12:23:38 152.20.27.182 - Access denied (no login session)
/error.php
11 Mar 2003, 12:23:39 152.20.27.182 - Access denied (no login session)
/error.php
11 Mar 2003, 12:23:39 152.20.27.182 - Access denied (no login session)
/error.php
11 Mar 2003, 12:23:39 152.20.27.182 - Access denied (no login session)
/error.php

show alarm event

Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)イベント アラームを表示するには、 show alarm event コマンドを使用します。

show alarm event [ control-index ]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)イベント コントロール インデックスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM システム イベント アラームを表示する例を示します。

root@nam# show alarm event 58874
Index: 58874
Description: Capture Stop
Type: None
Community:
Owner: LocalMgr
 
root@nam# no alarm event 58874
Successfully deleted the event.
root@nam#
 

 
関連コマンド

alarm event
alarm mib
alarm voice

show alarm mib

NAM MIB アラームを表示するには、 show alarm event mib コマンドを使用します。

show alarm mib [ control-index ]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)イベント コントロール インデックスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM システム イベント アラームを表示する例を示します。

root@nam# show alarm mib 4800
Index: 4800
Polling interval: 60 secs
Variable: nlHostInPkts.1.0.1.4.172.20.98.129
Sample type: Absolute
Startup: Rising & falling
Rising threshold: 50 Pkts
Falling threshold: 40 Pkts
Rising event index: 3816
Falling event index: 3816
Owner: LocalMgr
 
root@nam# no alarm mib 4800
Successfully deleted the alarm.
root@nam#
 
 

 
関連コマンド

alarm event
alarm mib
alarm voice

show alarm voice

NAM 音声アラームを表示するには、 show alarm voice コマンドを使用します。

show alarm voice

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM システム イベント アラームを表示する例を示します。

root@nam# show alarm voice
SCCP:
Jitter alarm: Disabled
Packet lost alarm: Disabled
Jitter threshold: 30 msecs
Packet lost threshold: 5%
 
H.323:
Jitter alarm: Disabled
Packet lost alarm: Disabled
Jitter threshold: 150 msecs
Packet lost threshold: 5%
 
MGCP:
Jitter alarm: Disabled
Packet lost alarm: Disabled
Jitter threshold: 30 msecs
Packet lost threshold: 5%
root@nam#
 

 
関連コマンド

alarm event
alarm mib
alarm voice

show application group

アプリケーション グループを表示するには、 show application group コマンドを使用します。

show application group [ group-name]

 
シンタックスの説明

group-name

(任意)アプリケーション グループ名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、アプリケーション グループを表示する例を示します。

root@namlab-kom10.cisco.com# show application group
Application Group: File-Transfer
Number of Protocols: 5
- ftp
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.21.4.0.1.0.0
- ftp-data
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.20.4.0.1.0.0
- ftps
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.3.222.4.0.1.0.0
- ftps-data
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.3.221.4.0.1.0.0
- tftp
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.0.69.4.0.1.0.2
 
Application Group: Peer-to-Peer
Number of Protocols: 12
- gnutella(6346)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.24.202.4.0.1.0.0
- gnutella(6347)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.24.203.4.0.1.0.0
- fasttrack(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.4.190.4.0.1.0.0
- fasttrack(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.4.190.4.0.1.0.0
- winmx(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.24.113.4.0.1.0.
- winmx(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.26.43.4.0.1.0.0
- edonkey(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.18.57.4.0.1.0.0
- edonkey(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.18.53.4.0.1.0.0
- hotline
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.21.124.4.0.1.0.0
- soulseek
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.8.186.4.0.1.0.0
- directconnect
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.1.155.4.0.1.0.0
- bittorrent
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.26.225.4.0.1.0.0
 
Application Group: Web
Number of Protocols: 2
- http
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.80.4.0.1.0.0
- https
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.1.187.4.0.1.0.0
 
Application Group: Database
Number of Protocols: 9
- sql*net
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.66.4.0.1.0.0
- sqlserv(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.0.118.4.0.1.0.0
- sqlserv(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.118.4.0.1.0.0
- ms-sql-mon(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.5.154.4.0.1.0.0
- ms-sql-mon(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.5.154.4.0.1.0.0
- ms-sql-ser(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.5.153.4.0.1.0.0
- ms-sql-ser(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.5.153.4.0.1.0.0
- oracle-server(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.5.245.4.0.1.0.0
- oracle-server(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.5.245.4.0.1.0.0
 
Application Group: email
Number of Protocols: 7
- smtp
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.25.4.0.1.0.0
- smtps
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.1.209.4.0.1.0.0
- pop3(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.0.110.4.0.1.0.0
- pop3(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.110.4.0.1.0.0
- pop3s
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.3.227.4.0.1.0.0
- imap2
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.0.143.4.0.1.0.0
- imaps
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.3.225.4.0.1.0.0
 
Application Group: Multi-Media
Number of Protocols: 9
- h225
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.6.184.4.0.1.0.0
- h245
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.6.182.4.0.1.0.0
- h323-gatekeeper
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.6.183.4.0.1.0.0
- rtp
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.125.0.4.0.1.0.0
- rtcp
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.125.1.4.0.1.0.0
- sip(udp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.19.196.4.0.1.0.
- sip(tcp)
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.19.196.4.0.1.0.0
- mgcp
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.17.0.0.9.123.4.0.1.0.0
- sccp
16.1.0.0.1.0.0.8.0.0.0.0.6.0.0.7.208.4.0.1.0.0
 

 
関連コマンド

application group

show audit-trail

監査証跡のコンフィギュレーションを表示するには、 show audit-trail コマンドを使用します。

show audit-trail

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、監査証跡のコンフィギュレーションを表示する例を示します。

root@hostname.cisco.com# show audit-trail
Audit trail is enabled.
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

audit-trail enable

show autostart

自動開始収集を表示するには、 show autostart コマンドを使用します。

show autostart

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、自動開始収集を表示する例を示します。

Root@localhost# show autostart
etherstats disable
addressmap disable
priostats disable
vlanstats disable
art disable

 
関連コマンド

autostart

show bios

BIOS 情報を表示するには、 show bios コマンドを使用します。

show bios

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、モジュールの BIOS 情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show bios
BIOS Information:
Vendor: Phoenix Technologies Ltd.
BIOS Version: 4.0-Rel 6.0.4
BIOS Start Addr Seg: 0xe9d2
BIOS Release Date: 05/28/2002
BIOS ROM Size: 512K
 
System Info
Manufacturer: Cisco Systems, Inc
Product Name: Catalyst LineCard
Version: 2 Processors
Serial Number: 000000000
UUID: 00000000000000000000000000000000
 
System Enclosure Info
Manufacturer: Cisco Systems, Inc.
Version:
Serial Number: 000000000
Asset Tag: No Asset Tag
 

show cdp settings

現在の Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)の設定を表示するには、 show cdp settings コマンドを使用します。

show cdp settings

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

現在の CDP の設定を表示するには、次のコマンドを使用します。

root@nam# show cdp settings
CDP is disabled
Message Interval: 60
Message Hold Time: 180
 
root@nam#
 

show certificate

インストールした証明書を表示するには、 show certificate コマンドを使用します。

show certificate

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、証明書情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show certificate
-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIIDgzCCAuygAwIBAgIBADANBgkqhkiG9w0BAQQFADCBjjELMAkGA1UEBhMCVVMx
CzAJBgNVBAgTAkNBMQswCQYDVQQHEwJTSjEbMBkGA1UEChMSQ2lzY28gU3lzdGVt
cywgSW5jMSswKQYDVQQLEyJDYXRhbHlzdCA2MDAwIE5BTSBUZXN0IENlcnRpZmlj
YXRlMRswGQYDVQQDExJDaXNjbyBTeXN0ZW1zLCBJbmMwHhcNMDExMTI3MTI0MDIw
WhcNMDYxMTI2MTI0MDIwWjCBjjELMAkGA1UEBhMCVVMxCzAJBgNVBAgTAkNBMQsw
CQYDVQQHEwJTSjEbMBkGA1UEChMSQ2lzY28gU3lzdGVtcywgSW5jMSswKQYDVQQL
EyJDYXRhbHlzdCA2MDAwIE5BTSBUZXN0IENlcnRpZmljYXRlMRswGQYDVQQDExJD
aXNjbyBTeXN0ZW1zLCBJbmMwgZ8wDQYJKoZIhvcNAQEBBQADgY0AMIGJAoGBAMfd
NQJunHkjduRGMc7B978Bgh4xlEixRCPQ9K74PNzmXbZlIayRUXvLHA3xCM8GamFt
SlLgjO5R3q0cHWnUrluknHeI1UfZMQMiL0IqL255JxX6NbvCUzGpTxNMKywDXDc3
VevqmPezWrHAFxx3hoXtgTnj6j6BMxyOkbYDwAFXAgMBAAGjge4wgeswHQYDVR0O
BBYEFPNCoN6ndQG9nCmgnzP+Y3VxOSP3MIG7BgNVHSMEgbMwgbCAFPNCoN6ndQG9
nCmgnzP+Y3VxOSP3oYGUpIGRMIGOMQswCQYDVQQGEwJVUzELMAkGA1UECBMCQ0Ex
CzAJBgNVBAcTAlNKMRswGQYDVQQKExJDaXNjbyBTeXN0ZW1zLCBJbmMxKzApBgNV
BAsTIkNhdGFseXN0IDYwMDAgTkFNIFRlc3QgQ2VydGlmaWNhdGUxGzAZBgNVBAMT
EkNpc2NvIFN5c3RlbXMsIEluY4IBADAMBgNVHRMEBTADAQH/MA0GCSqGSIb3DQEB
BAUAA4GBAD95psLs1tneBsIuUWQvIdV6D7QYBfewtDzNW10lFvgDZBQdIu7QeRtL
tjMNyGDUIG7tz7/9iZyA90rfrkM410qJrJysoKBZgMzTg6ilpaIzPnoJnN4DYj5C
qNGuOM0OKqtpqCFMKq87UXUuvTgc3hhQKSY5LKOXhJyhtCupJ669
-----END CERTIFICATE-----

 
関連コマンド

show certificate-request

show certificate-request

証明書署名要求を表示するには、 show certificate-request コマンドを使用します。

show certificate-request

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、証明書署名要求を表示する例を示します。

Root@localhost# show certificate-request
 

 
関連コマンド

show certificate

show configuration

NAM の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show configuration コマンドを使用します。

show configuration

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

次のコンフィギュレーションは、生成されたコンフィギュレーション ファイルに含まれません。

レポート

CLI(コマンドライン インターフェイス)ユーザ

スーパーバイザ エンジン コミュニティ ストリング

次に、NAM の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show configuration
!
! NAM running configuration
!
! Date: Thu Jan 9 09:23:31 2003
!
ip http tacacs+ disable
!
custom-filter capture
filter-name "cli_origin_capture"
description "came from the cli"
protocol "6 1000001 800 2f 800 6 50 0 1 0 0 0 0"
exit
!
custom-filter decode
filter-name "cli_origin"
protocol http
exit
!
web-user
user-name admin
account-mgmt enable
system-config enable
capture enable
alarm-config enable
collection-config enable
en-password "YWRtaW4K"
exit
!
preferences
entries-per-screen 25
refresh-interval 15
graph-bars 10
resolve-hostname enable
exit
!
syslog
mib local enable
mib remote disable
voice local enable
voice remote disable
system debug enable
system local enable
system remote disable
exit
!
alarm voice
protocol H.323
jitter-alarm disable
pkt-loss-alarm disable
jitter-threshold 150
pkt-loss-threshold 5
exit
!
alarm event
index 7763
description Capture Start
cancel
!
alarm mib
index 63547
variable nlHostInPkts.9939.0.1.4.10.0.0.1
interval 60
sample-type absolute
startup-alarm rising
rising-threshold 10
falling-threshold 20
rising-event 63547
falling-event 63547
owner LocalMgr
exit
!
rmon buffer
index 47654
channel-index 22838
full-action lock
capture-slice 1500
download-slice 1500
download-offset 0
size 51200000
owner LocalMgr
exit
!
end

 
関連コマンド

config clear

show custom-filter capture

キャプチャ フィルタを表示するには、 show custom-filter capture コマンドを使用します。

show custom-filter capture [ filter-name]

 
シンタックスの説明

filter-name

(任意)キャプチャ フィルタ名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、キャプチャ フィルタを表示する例を示します。

Root@localhost# show custom-filter capture cli_origin_capture

 
関連コマンド

custom-filter capture

show custom-filter decode

デコード フィルタを表示するには、 show custom-filter decode コマンドを使用します。

show custom-filter decode [ filter-name]

 
シンタックスの説明

filter-name

(任意)デコード フィルタ名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、デコード フィルタを表示する例を示します。

Root@localhost# show custom-filter decode cli_origin

 
関連コマンド

custom-filter decode

show date

現在の日時を表示するには、 show date コマンドを使用します。

show date

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、現在の日時を表示する例を示します。

Root@localhost# show date
Thu Jan 09 09:38:01 2003

 
関連コマンド

show time
time

show diffserv aggregate

すべてのデータ ソースおよびプロファイルに対する Differentiated Services(DIFFSERV; ディファレンシエーテッド サービス)集約コンフィギュレーションをすべて表示するには、 show diffserv aggregate コマンドを使用します。

show diffserv aggregate [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)集約 ID

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、DIFFSERV コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show diffserv aggregate
Control index: 23723
Description: VoIP-TEst
Owner: LocalMgr
Status: 1
 
Control index: 31645
Description: VoIP
Owner: LocalMgr
Status: 1
 
Control index: 41657
Description: DragonBallZ
Owner: LocalMgr
Status: 1
 
Control index: 47739
Description: NoAggAllTech
Owner: LocalMgr
Status: 1

show diffserv profile

すべての DIFFSERV プロファイルおよびその記述を表示するには、 show diffserv profile コマンドを使用します。

show diffserv profile [ profile-index]

 
シンタックスの説明

profile-index

(任意)プロファイル ID

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、プロファイルとその記述を表示する例を示します。

Root@localhost# show diffserv profile 31645
Aggregate Profile Index: 31645
DSCP Value Description
 
 

show email

E メール アラーム メッセージまたは予定されたレポートで使用される E メールの設定を表示するには、 email コマンドを使用します。

show email

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、email の値を表示する例を示します。

root@localhost# show email
Email
Server: example-email.domain.com
Mail Alarm: enabled
Alarm Recipients: admin@domain.com another_admin@domain.com
root@localhost#
 

 
関連コマンド

email

show entity

シリアル番号とエンティティ MIB(管理情報ベース)entPhysicalAlias および entPhysicalAssetID の値を表示するには、 show entity コマンドを使用します。

show entity

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、エンティティの値を表示する例を示します。

root@localhost# show entity
Serial Number : SAD061506JU
Alias :
Asset ID :

 
関連コマンド

entity alias
entity assetid

show ftp

予定されたレポートのコンフィギュレーションの保管のための FTP サーバおよびディレクトリを表示するには、 show ftp コマンドを使用します。

show ftp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、FTP サーバのコンフィギュレーションを表示する例を示します。

root@localhost# show ftp
FTP settings:
Server: my.ftp-server.com
Directory: /my/directory
User: myUserName
 

 
関連コマンド

ftp

show hosts

ホスト エントリを表示するには、 show hosts コマンドを使用します。

show hosts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、ホスト エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show hosts
# $Id: hosts,v 1.4 2002/04/04 01:47:51 pwildi Exp $
#
127.0.0.1 localhost localhost.localdomain
 
127.0.0.11 slot1
127.0.0.21 slot2
127.0.0.31 slot3
127.0.0.41 slot4
127.0.0.51 slot5
127.0.0.61 slot6
127.0.0.71 slot7
127.0.0.81 slot8
 
111.10.9.18 switch1 lab

show ip

NAM IP パラメータを表示するには、 show ip コマンドを使用します。

show ip

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM IP パラメータを表示する例を示します。

Root@localhost# show ip
IP address: 101.10.11.189
Subnet mask: 255.255.255.255
IP Broadcast: 111.20.255.255
DNS Name: namlab-kom9.cisco.com
Default Gateway: 111.20.98.125
Nameserver(s): 111.69.2.135
HTTP server: Enabled
HTTP secure server: Disabled
HTTP port: 80
HTTP secure port: 443
TACACS+ configured: No
Telnet: Enabled
SSH: Disabled

show log config

メンテナンス イメージのコンフィギュレーション インポート ログ エントリを表示するには、 show log config コマンドを使用します。

show log config

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、メンテナンス イメージのインポート ログ エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show log config
 

show log patch

パッチ ログ エントリを表示するには、 show log patch コマンドを使用します。

show log patch

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、メンテナンス イメージのインポート ログ エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show log patch
2005/01/17 21:11 Sucessfully downloaded ftp://guest@namlab-pc1//home/guest/patch
_rpms/nam-app.3-4.cryptoK9.patch.1-0.bin.
2005/01/17 21:11 Patch nam-app.3-4.cryptoK9.patch.1-0.bin signature verified.
2005/01/17 21:11 Successfully applied patch /usr/local/nam/patch/workdir/nam-app
.3-4.cryptoK9.patch.1-0.bin.

show log upgrade

メンテナンス イメージのアップグレード ログ エントリを表示するには、 show log upgrade コマンドを使用します。

show log upgrade

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次にメンテナンス イメージのアップグレード エントリを表示する例を示します。

Root@localhost# show log upgrade
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : path: ftp://namlab-pc1/pub/rmon/MP-KPLUS
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : file: mp-dev.1-2-0-5.bin
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : extn: .gz
Fri Aug 23 10:32:27 2002 : Downloading the image...
Fri Aug 23 10:32:28 2002 : Successfully downloaded the image...
Fri Aug 23 10:32:28 2002 : Uncompressing the image...
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : Finished uncompressing the file /tmp/mp-dev.1-2-0-5. bin.gz.
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : Successfully uncompressed the image.
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : Verifying the image...
Fri Aug 23 10:32:29 2002 : opening file /tmp/mp-dev.1-2-0-5.bin.ver
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Successfully verified the image.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Partition '/dev/hda1' unmounted.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Applying the Maintenance image.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : This process may take several minutes...
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Writing mbr...
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Successfully wrote mbr.
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Number of Sectors: 31
Fri Aug 23 10:32:30 2002 : Writing grub and maint image.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Successfully wrote the maint image.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Partition '/dev/hda1' mounted.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Performing post install...
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : File /usr/local/nam/falcon_version copied to /mnt/mp /boot/appl/daughter_card.info.
Fri Aug 23 10:33:18 2002 : Maintenance image upgrade completed successfully.

 
関連コマンド

upgrade

show memory

インストールされたメモリ、利用可能なメモリ、システムが使用しているメモリを表示するには、 show memory コマンドを使用します。

show memory

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM メモリを表示する例を示します。

Root@localhost# show memory
Installed: 858 MB
Available: 240 MB
System Usage: 617 MB

 
関連コマンド

show bios

show monitor addrmap

アドレス マップ収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor addrmap コマンドを使用します。

show monitor addrmap [ control-index ]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)アドレス マップ コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、アドレス マップ収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor addrmap
Control Index: 40042
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1

 
関連コマンド

monitor addrmap

show monitor art

すべての ART 収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor art コマンドを使用します。

show monitor art [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)収集コントロール インデックスを指定します。

 
デフォルト

コントロール インデックス変数の範囲は、1 ~ 65535 です。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべての ART 収集を表示する例を示します。

Console> show monitor art
Control Index: 18880
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Time Remaining: 2197
Response Time 1: 5
Response Time 2: 15
Response Time 3: 50
Response Time 4: 100
Response Time 5: 200
Response Time 6: 500
Response Timeout: 3000
Maximum Entries: 500
 
 

 
関連コマンド

monitor art

show monitor diffserv host

すべての DIFFSERV ホスト収集を表示するには、 show monitor diffserv host コマンドを使用します。

show monitor diffserv host [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対する収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、DIFFSERV ホスト収集を表示する例を示します。

root@nam# show monitor diffserv host
Control index: 17600
Data source: nde-fa0/0
Owner: LocalMgr
Status: 1
Max entries: 100
Profile index: 24600
IPv4 prefix length: 32
IPv6 prefix length: 128
 
Control index: 23917
Data source: nde-fa0/0
Owner: LocalMgr
Status: 1
Max entries: 100
Profile index: 16917
IPv4 prefix length: 32
IPv6 prefix length: 128
 
root@nam#
 

 
関連コマンド

monitor diffserv host
monitor diffserv matrix
monitor diffserv pdist
monitor diffserv stats

show monitor diffserv matrix

すべての DIFFSERV マトリクス収集を表示するには、 show monitor diffserv matrix コマンドを使用します。

show monitor diffserv matrix [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対する収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、DIFFSERV マトリクス収集を表示する例を示します。

root@nam# show monitor diffserv matrix 5493
Control index: 5493
Data source: nde-fa0/0
Owner: LocalMgr
Status: 1
Max entries: 3000
Profile index: 24600
 

 
関連コマンド

monitor diffserv host
monitor diffserv matrix
monitor diffserv pdist
monitor diffserv stats

show monitor diffserv pdist

すべての DIFFSERV プロトコル ディストリビューション収集を表示するには、 show monitor diffserv pdist コマンドを使用します。

show monitor diffserv pdist [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対する収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、DIFFSERV プロトコル ディストリビューション収集を表示する例を示します。

root@nam# show monitor diffserv pdist 35198
Control index: 35198
Data source: nde-fa0/0
Owner: LocalMgr
Status: 1
Max entries: 100
Profile index: 16917
 

 
関連コマンド

monitor diffserv host
monitor diffserv matrix
monitor diffserv pdist
monitor diffserv stats

show monitor diffserv stats

すべての DIFFSERV 統計情報収集を表示するには、 show monitor diffserv stats コマンドを使用します。

show monitor diffserv stats [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対する収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、統計情報収集を表示する例を示します。

root@nam# show monitor diffserv stats 6169
Control index: 6169
Data source: nde-fa0/0
Owner: LocalMgr
Status: 1
Profile index: 24600
 

 
関連コマンド

monitor diffserv host
monitor diffserv matrix
monitor diffserv pdist
monitor diffserv stats

show monitor etherstats

すべてのイーサネット統計情報収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor etherstats コマンドを使用します。

show monitor etherstats [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するイーサネット統計情報収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのイーサネット統計情報収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor etherstats
Control index: 53750
Data source: allspan
Owner: LocalMgr
Status: 1

 
関連コマンド

monitor etherstats

show monitor etherstats on-switch

NAM でスーパーバイザ エンジン mini-RMON 統計情報ポーリングを表示するには、 show monitor etherstats on-switch コマンドを使用します。

show monitor etherstats on-switch

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NAM-1 および NAM-2 でのみサポートされます。このコマンドは、NM-NAM でサポートされません。

次に、NAM でスーパーバイザ エンジン mini-RMON 統計情報ポーリングを表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show monitor etherstats on-switch
Supervisor mini-rmon statistics collection is enabled.

 
関連コマンド

show monitor etherstats

show monitor history

すべての履歴収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor history コマンドを使用します。

show monitor history [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対する履歴収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべての履歴収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor history
Control index: 9900
Data source: allspan
Owner: LocalMgr
Status: 1
Buckets: 50
Interval: 1800

 
関連コマンド

monitor history

show monitor hlhost

すべてのホスト層ホスト収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor hlhost コマンドを使用します。

show monitor hlhost [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するホスト層ホスト収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのホスト層ホスト収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor hlhost
Control Index: 7434
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Network Layer Max Entries: Max Possible
Application Layer Max Entries: Max Possible
 

 
関連コマンド

monitor hlhost

show monitor hlmatrix

すべてのホスト層マトリクス収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor hlmatrix コマンドを使用します。

show monitor hlmatrix [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するホスト層マトリクス収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのホスト層マトリクス収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor hlmatrix
Control Index: 20990
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Network Layer Max Entries: Max Possible
Application Layer Max Entries: Max Possible

 
関連コマンド

monitor hlmatrix

show monitor host

ホスト収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor host コマンドを使用します。

show monitor host [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するホスト収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのホスト収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor host
Control Index: 38426
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
 

 
関連コマンド

monitor host

show monitor ifstats

インターフェイス統計情報収集ステータスを表示するには、 show monitor ifstats コマンドを使用します。

show monitor ifstats

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

コントロール インデックスは、ランダムです。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、NM-NAM でのみサポートされます。

次に、インターフェイス統計情報収集ステータスを表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show monitor ifstats
Supervisor ifstats collection is enabled.

 
関連コマンド

monitor ifstats

show monitor matrix

すべてのマトリクス収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor matrix コマンドを使用します。

show monitor matrix [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するマトリクス収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのマトリクス収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor matrix
Control Index: 37030
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor matrix

show monitor nbar

NBAR(Network-Based Application Recognition)収集コンフィギュレーション ステータスを表示するには、 show monitor nbar コマンドを使用します。

show monitor nbar

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NBAR 収集コンフィギュレーション ステータスを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor nbar
nbar collection is enabled
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor nbar

show monitor pdist

すべてのプロトコル ディストリビューション収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor pdist コマンドを使用します。

show monitor pdist [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するプロトコル ディストリビューション収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのプロトコル ディストリビューション収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor pdist
Control Index: 46451
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
 
Control Index: 56899
Data Source: dataport3
Owner: LocalMgr
Status: 1
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor pdist

show monitor priostats

すべてのプライオリティ統計情報収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor priostats コマンドを使用します。

show monitor priostats [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するプライオリティ統計情報収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのプライオリティ統計情報収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor priostats
Control Index: 9572
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor priostats

show monitor protocol

すべてのユーザ修正およびユーザ定義のプロトコルを表示するには、 show monitor protocol コマンドを使用します。

show monitor protocol

show monitor protocol prot-specifiers

 
シンタックスの説明

prot-specifiers

monitor protocol コマンドで設定したプロトコル指定子のある特定のプロトコルを表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのプロトコル コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor protocol
No modified protocol directory entries exist.
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor protocol

show monitor protocol all

プロトコル ディレクトリにあるすべてのプロトコルを表示するには、 show monitor protocol all コマンドを使用します。

show monitor protocol all

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべてのプロトコル コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor protocol all
Control Index: 46232
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor protocol

show monitor protocol auto-learned settings

自動的に学習したプロトコルの設定を表示するには、 show monitor protocol auto-learned settings コマンドを使用します。

show monitor protocol auto-learned settings

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、自動学習したプロトコルのすべての設定を表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor protocol auto-learned settings
Protocol auto-learn: Enabled
Max number of entries: 100
Max tcp port: 6553
Exclude tcp port range: (Not Configured)
Max udp port: 6553
Exclude udp port range: (Not Configured)
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor protocol

show monitor urlcollection

URL 収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor urlcollection コマンドを使用します。

show monitor urlcollection

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、URL 収集統計情報を表示する例を示します。

root@localhost# show monitor urlcollection
root@localhost#

 
関連コマンド

monitor urlcollection

show monitor urlfilter

URL フィルタ コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor urlfilter コマンドを使用します。

show monitor urlfilter [ control-index ]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)URL フィルタ コントロール インデックスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、URL フィルタ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

root@localhost# show monitor urlflter
root@localhost#

 
関連コマンド

monitor urlfilter

show monitor vlanstats

すべての VLAN 統計情報収集コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor vlanstats コマンドを使用します。

show monitor vlanstats [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対する VLAN 統計情報収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、すべての VLAN 統計情報収集コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor vlanstats
Control Index: 46232
Data Source: dataport1
Owner: LocalMgr
Status: 1
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor vlanstats

show monitor vlanstats on-switch

スーパーバイザ エンジン VLAN 統計情報収集コンフィギュレーション ステータスを表示するには、 show monitor vlanstats on-switch コマンドを使用します。

show monitor vlanstats on-switch

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、VLAN 統計情報収集コンフィギュレーション ステータスを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor vlanstats on-switch
Supervisor vlanstats collection is enabled.
Root@localhost#

 
関連コマンド

monitor vlanstats on-switch

show monitor voice

音声コンフィギュレーションを表示するには、 show monitor voice コマンドを使用します。

show monitor voice [ protocol]

 
シンタックスの説明

protocol

(任意)指定したプロトコル(H323、SCCP、SIP、または Media Gateway Control Protocol(MGCP; メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル)のいずれか)に対する音声収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

MGCP オプションは、Cisco 2600、3600、および 3700 ルータのネットワーク モジュールで動作する NAM ソフトウェアに固有のものです。

次に、音声コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor voice
H.323 Voice Monitoring: Enabled
Number of phone table rows: 200
Number of call table rows: 200
Number of top packet jitter rows: 5
Number of top packet loss rows: 5
 
SCCP Voice Monitoring: Disabled
Number of phone table rows: 300
Number of call table rows: 300
Number of top packet jitter rows: 5
Number of top packet loss rows: 5Console>
 
MGCP voice monitoring: Disabled
Number of phone table rows: 150
Number of call table rows: 150
Number of top packet jitter rows: 7
Number of top packet loss rows: 7
 

次に、MGCP コンフィギュレーションに関する情報のみを表示する例を示します。

Root@localhost# show monitor voice mgcp
MGCP voice monitoring: Disabled
Number of phone table rows: 150
Number of call table rows: 150
Number of top packet jitter rows: 7
Number of top packet loss rows: 7
 

 
関連コマンド

monitor voice h.323
monitor voice mgcp
monitor voice sccp
monitor voice sip

show nam data-source

すべての NAM データ ソースを表示するには、 show nam data-source コマンドを使用します。

show nam data-source

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM データ ソースを表示する例を示します。

root@localhost# show nam data-source
external
internal
netflow
nde-10.10.10.10
nde-if-fa0/0
nde-if-fa0/1
nde-if-atm0/2/0.0-aal5_layer
nde-if-atm0/2/0-aal5_layer
nde-if-atm0/2/1.0-aal5_layer
nde-if-atm0/2/1-aal5_layer
nde-if-atm0/3/1.0-aal5_layer
nde-if-atm0/3/1-aal5_layer
root@localhost#
 

 
関連コマンド

mpls data-source vc
mpls data-source vrf
mpls data-source label

show patches

インストールされたすべてのパッチを表示するには、 show patches コマンドを使用します。

show patches

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、インストールされたすべてのパッチを表示する例を示します。

Root@localhost# show patches

 
関連コマンド

patch

show preferences

画面に設定されたプリファレンス(環境設定)を表示するには、 show preferences コマンドを使用します。

show preferences

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、設定された画面プリファレンスを表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show preferences
Entries per screen: 15
Refresh interval: 60 secs
Number of graph bars: 10
Hostname resolution: Disabled
Data displayed in: Bytes
Format large number: No
Number notation: Commas-dot
root@localhost.cisco.com#
 

 
関連コマンド

preferences

show remote-storage

レポートおよび取り込みの日付のネットワーク ストレージ ターゲットを表示するには、 show remote-storage コマンドを使用します。

show remote-storage

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、Web ユーザ情報を表示する例を示します。

root@localhost.cisco.com# show remote-storage
Description: iscsi-2
Type: iscsi
Server: 172.20.103.60
IQN Name: iqn.2000-05.com.wasabisystems.storagebuilder:cxr1-2|1
Status: Mounted
 
Description: iscsi-3
Type: iscsi
Server: 172.20.103.60
IQN Name: iqn.2000-05.com.wasabisystems.storagebuilder:cxr1-3|1
Status: Mounted
 
Description: namlab-pc8
Type: nfs
Server: namlab-pc8.cisco.com
Directory: /home/kluu
Status: Mounted
 
root@localhose.cisco.com#
 

 
関連コマンド

remote-storage nfs

show rmon buffer

RMON バッファを表示するには、 show rmon buffer コマンドを使用します。

show rmon buffer [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するバッファ収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RMON チャネルおよびバッファを表示する例を示します。

Root@localhost# show rmon buffer
Index: 9791
Channel index: 21054
Full action: Lock when full
Capture slice size: 1500 bytes
Download slice size: 1500 bytes
Download offset: 0
Max octets requested: 51200000 bytes
Owner: LocalMgr

 
関連コマンド

rmon buffer
rmon channel
rmon filter

show rmon channels

RMON チャネルを表示するには、 show rmon channels コマンドを使用します。

show rmon channels [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するチャネル収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RMON チャネルを表示する例を示します。

Root@localhost# show rmon channels
46303

 
関連コマンド

rmon buffer
rmon channel
rmon filter

show rmon filters

RMON フィルタを表示するには、 show rmon filters コマンドを使用します。

show rmon filters [ control-index]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)指定したコントロール インデックスに対するフィルタ収集を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RMON フィルタを表示する例を示します。

Root@localhost# show rmon filters
46303

 
関連コマンド

rmon buffer
rmon channel
rmon filter

show rxcounters

RX データ カウンタを表示するには、 show rxcounters コマンドを使用します。

show rxcounters

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、RX データ カウンタを表示する例を示します。

Root@localhost# show rxcounters
data port 1 rx pkt count: 1524112
data port 2 rx pkt count: 1115

show snmp

Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)パラメータを表示するには、 show snmp コマンドを使用します。

show snmp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、SNMP パラメータを表示する例を示します。

Root@localhost# show snmp
SNMP Agent: mynam.cisco.com 112.10.14.73
 
SNMPv1: Enabled
SNMPv2C: Enabled
SNMPv3: Disabled
 
community private write
community public read
 
trap community public 112.10.17.237
trap community public 112.10.17.244
 
sysDescr Network Analysis Module (WS-SVC-NAM-2), Version 3.1(0.12)
Copyright (c) 1999-2003 by cisco Systems, Inc.
 
sysObjectID enterprises.9.5.1.3.1.1.2.291
sysContact engineer
sysName mynam
sysLocation top floor

 
関連コマンド

snmp

show syslog-settings

NAM システム ログ設定を表示するには、 show syslog-settings コマンドを使用します。

show syslog-settings

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM システム ログ設定を表示する例を示します。

Root@localhost# show syslog-settings
MIB threshold events: Local
Voice threshold events: Local
System alerts (debug): Local

 
関連コマンド

syslog

show system-alerts

NAM の障害または問題を表示するには、 show system-alerts コマンドを使用します。

show system-alerts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM のシステム アラートを表示する例を示します。

Root@localhost# show system-alerts
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: 0x10/44 -> 0x15/0, len 18, op 0x14a, len
2, flags 0(), seq 65443, ver 0
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: SCP PC Blade REQ from 0x10/44.
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: sub-opcode 6, status 45.
Jan 1 15:07:31 mynam scpd: scpd: SCP PC Shutdown.
Jan 1 15:07:33 mynam scpd: scpd: shutdown of NAM!
Jan 1 15:07:35 mynam rmond[595]: rmond: received QUIT signal! Exiting!
Jan 1 15:07:38 mynam polld: Terminating polld.
Jan 1 15:07:42 mynam configd: SIGTERM recieved.
Jan 1 15:07:42 mynam configd: Terminating with success.
Jan 1 00:02:43 mynam scpd: scpd: 0x10/1 -> 0x15/0, len 18, op 0x14a, len

 
関連コマンド

syslog remote-server

show tech-support

テクニカル サポート情報を表示するには、 show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM のテクニカル サポート情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show tech-support
PID TTY STAT TIME COMMAND
1 ? S 0:08 init
2 ? SW 0:00 [keventd]
3 ? SWN 0:00 [ksoftirqd_CPU0]
4 ? SWN 0:00 [ksoftirqd_CPU1]
5 ? SW 0:00 [kswapd]
6 ? SW 0:00 [bdflush]
7 ? SW 0:05 [kupdated]
238 ? S 0:00 /usr/local/nam/bin/scpd -l -d/var/log/scpd
246 ? SW 0:10 [kjournald]
474 ? S 0:01 syslogd -m 0
477 ? S 0:00 klogd -2
501 ? S 0:00 /usr/sbin/atd

show time

NAM のタイム ゾーンまたは時刻同期設定を表示するには、 show time コマンドを使用します。

show time

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM の時間設定を表示する例を示します。

Root@localhost# show time
NAM synchronize time to: Switch
Timezone configured on the switch: PDT
Current system time: Thu May 1 09:29:49 GMT+8 2003

 
関連コマンド

time

show trap-dest

すべての NAM トラップの宛先を表示するには、 show trap-dest コマンドを使用します。

show trap-dest [ trap-index]

 
シンタックスの説明

trap-index

(任意)指定したトラップ インデックスに対するトラップの宛先を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM トラップの宛先を表示する例を示します。

Root@localhost# show trap-dest
Trap index: 23370
Community: public
Address: 172.20.98.136
UDP port: 162 (00a2)
Owner: LocalMgr
Root@localhost#
 

 
関連コマンド

trap-dest

show version

NAM のバージョン情報を表示するには、 show version コマンドを使用します。

show version

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM のバージョン情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show version
NAM application image version: 3.1(0.12)
Maintenance image version: 1.1(1)
NAM Daughter Card Micro code version: 1.29.1.27 (NAM)
BIOS Version: 4.0-Rel 6.0.4
Console

 
関連コマンド

config clear

show web-publication

Web 発行ホスト コンフィギュレーション情報を表示するには、 show web-publication コマンドを使用します。

show web-publication

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、Web ユーザ情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show web-publication
Web publication: enabled
Allowed hosts:
Access code:
Alarm screens: disabled
Report screens: enabled
Voice screens: enabled
RMON screens: enabled
 

 
関連コマンド

web-publication

show web-users

Web ユーザ情報を表示するには、 show web-users コマンドを使用します。

show web-users [ user-name]

 
シンタックスの説明

user name

(任意)指定したユーザ名の情報を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、Web ユーザ情報を表示する例を示します。

Root@localhost# show web-users admin
User: admin
----------------------------
Account management: Enabled
System config: Enabled
Capture: Enabled
Alarm config: Enabled
Collection config: Enabled
Collection view: Enabled
Console
 

 
関連コマンド

web-user

shutdown

NAM をシャットダウンするには、 shutdown コマンドを使用します。

shutdown

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM をシャットダウンする例を示します。

Root@localhost# shutdown
Shut down the NAM? (y/n) [n]: n

 
関連コマンド

logout
preferences
exit

snmp

NAM システム MIB オブジェクトを設定するには、 snmp コマンドを使用します。

snmp communit y community-string { ro | rw }

snmp delete community community-string

snmp contact contact-string

snmp location location-string

snmp name name-string

 
シンタックスの説明

community community-string ro | rw

デバイス コミュニティ ストリングを設定します。

delete community-string

デバイス コミュニティ ストリングを削除します。

contact contact-string

デバイス コンタクト ストリングを設定します。

location location-string

デバイス ロケーションを設定します。

name name-string

デバイス名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、NAM システム MIB オブジェクトを設定する例を示します。

Root@localhost# snmp community askdfhtjlks.01‘ contact george location frisco, name al

 
関連コマンド

show snmp

supervisor address

ローカル スーパーバイザ エンジンのアドレスを NAM に設定するには、 supervisor address コマンドを使用します。NAM を NAM がブートアップ時にスーパーバイザ エンジンのアドレスを学習するデフォルトに戻すには、 no supervisor address コマンドを使用します。

supervisor address string

no supervisor address

 
シンタックスの説明

string

スーパーバイザ エンジンのアドレスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

ローカル スーパーバイザ エンジン アドレスは、NAM のブートアップ時にスーパーバイザ エンジンにより NAM に送信されます。一部の特定のネットワーク コンフィギュレーションでは、NAM が受信すると予測されるスーパーバイザ エンジン アドレスが存在しないか、または NAM が到達できない可能性があります。このコマンドにより、NAM が到達できるスーパーバイザ アドレスを設定できます。

このコマンドは、NAM-1 および NAM-2 でのみサポートされます。

次に、NAM にローカル スーパーバイザ エンジン アドレスを 123.54.106.12 として設定する例を示します。

root@localhost.cisco.com# supervisor address 123.54.106.12
 

syslog

システム ログ サブコマンド モードを開始し、NAM にシステム ロギングを設定するには、 syslog コマンドを使用します。

syslog

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

システム ログ サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

mib (任意)NAM MIB しきい値 イベントのシステム ログを設定します(「 syslog mib 」コマンド セクションを参照)。

remote-server ― (任意)リモート ロギングのシステム ログを設定します(「 syslog remote-server 」コマンド セクションを参照)。

system (任意)NAM システム アラートのシステム ログを設定します(「 syslog system 」コマンド セクションを参照)。

voice (任意)音声しきい値 イベントのシステム ログを設定します。

次に、NAM にシステム ロギングを設定する例を示します。

Root@localhost# syslog
root@localhost.cisco.com(sub-syslog)#

 
関連コマンド

show syslog-settings

syslog mib

NAM MIB アラームをキャプチャし、システム ログに送信するには、syslog サブコマンド モードで syslog mib コマンドを使用します。

syslog mib [ local enable | disable ] [ remote enable | disable ]

 
シンタックスの説明

local enable | disable

(任意)ローカル MIB アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

remote enable | disable

(任意)リモート MIB アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

syslog サブコマンド モード

次に、MIB アラームをキャプチャするように NAM を設定する例を示します。

root@localhost# syslog
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@localhost(sub-syslog)# mib local enable
root@localhost(sub-syslog)# exit
NAM syslog settings updated successfully.
root@localhost# show syslog
MIB threshold events: Local
Voice threshold events: Local
System alerts (info): Local
 

 
関連コマンド

alarm mib
alarm voice
show alarm event
show autostart
show syslog-settings
syslog
syslog remote-server
web-user

syslog remote-server

NAM リモート サーバ アラームをキャプチャするには、syslog サブコマンド モードで syslog remote-server コマンドを使用します。

syslog remote-server disable | [server1 [server2] [server3] [server4] [server5]

 
シンタックスの説明

disable

リモート サーバ イベント ロギングをディセーブルにします。

server1 server2 server3 server4 server5

(任意)リモート サーバを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

syslog サブコマンド モード

次に、リモート サーバ アラームをキャプチャするように NAM を設定する例を示します。

Root@localhost<sub-syslog># syslog
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
Root@localhost<sub-syslog># voice remote enable
Root@localhost<sub-syslog># syslog remote-server 172.20.98.136
Root@localhost<sub-syslog># exit
NAM syslog settings updated successfully.
 

 
関連コマンド

alarm mib
alarm voice
show alarm event
show autostart
show syslog-settings
syslog
web-user

syslog system

NAM システム アラームをキャプチャするには、syslog サブコマンド モードで syslog system コマンドを使用します。

syslog system debug enable | disable local enable | disable remote enable | disable

 
シンタックスの説明

debug enable | disable

システム デバッグ アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

local enable | disable

ローカル システム アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

remote enable | disable

リモート サーバ システム アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

syslog サブコマンド モード

次に、システム アラームをキャプチャするように NAM を設定する例を示します。

Root@localhost# syslog system local enable

 
関連コマンド

alarm mib
alarm voice
show alarm event
show autostart
show syslog-settings
syslog
syslog remote-server
web-user

syslog voice

syslog サブコマンド モードで音声しきい値イベントのシステム ロギングを設定するには、 syslog voice コマンドを使用します。

syslog voice local enable | disable remote enable | disable

 
シンタックスの説明

local enable | disable

ローカル音声アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

remote enable | disable

リモート音声アラームをイネーブルまたはディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

syslog サブコマンド モード

次に、音声アラームをキャプチャするように NAM を設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com<sub-syslog># syslog voice local enable
root@hostname.cisco.com# show options
ART mib: Enabled
Voice monitoring:Enabled
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

alarm mib
alarm voice
show alarm event
show autostart
show patches
show syslog-settings
syslog remote-server

terminal

このセッションの画面に表示する行数を設定するには、 terminal コマンドを使用します。

terminal editor [enable | d isable]

terminal length length

terminal mode { 0 | 1}

 
シンタックスの説明

editor [enable | d isable]

(任意)NAM CLI コマンド編集をイネーブルまたはディセーブルにします。

length length

セッションの各画面に表示する行数を設定します。

mode { 0 | 1}

ターミナル モードを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、セッションの画面に表示する行数を設定する例を示します。

root@localhost# terminal length 24
Terminal length for this session set to 24.
 

 
関連コマンド

config clear

time

タイム コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、NAM システムの時間設定を設定するには、 time コマンドを使用します。

time

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

Command Types

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

特権

 
使用上のガイドライン

タイム コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

sync ntp | switch ― (任意)NAM のシステム時刻を Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)、またはスイッチに合わせます。

zone region-name [ zone-name ] ― NTP を使用するために、タイム ゾーンを NAM に合わせます。

sync router ― NAM 時刻をルータに合わせます。

このコマンドは、Cisco 2600、3600、または 3700 ルータのネットワーク モジュールで動作する NAM ソフトウェア リリースに固有のものです。

次に、NAM のシステム時刻設定をスイッチ時刻に合わせるように設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# time
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-time)# ?
? - display help
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
exit - exit from subcommand mode
help - display help
sync - synchronize NAM system time with switch or ntp
root@hostname.cisco.com(sub-time)# sync switch
root@hostname.cisco.com(sub-time)# exit
Successfully updated NAM system time settings.
NOTE:You have configured the NAM synchronize time to the switch.
For this change to take effect, set the time from the switch or
reset the NAM.
root@hostname.cisco.com# show time
NAM synchronize time to: Switch
Timezone configured on the switch:PST
Switch time offset to UTC: 0
Current system time: Thu Mar 20 09:23:14 GMT 2003
 

次に、NAM のシステム時刻設定を NTP 時刻に合わせるように設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# time
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-time)# sync ntp ntp01.cisco.com ntp02.cisco.com
root@hostname.cisco.com(sub-time)# exit
Successfully updated NAM system time settings.
root@hostname.cisco.com# show time
NAM synchronize time to: NTP
NTP server1: ntp01.cisco.com
NTP server2: ntp02.cisco.com
Current system time: Thu Mar 20 09:23:36 GMT 2003
root@hostname.cisco.com#
 

 
関連コマンド

show time

traceroute

ネットワーク デバイスへのルートを追跡するには、 traceroute コマンドを使用します。

traceroute [-I | n | v] [-f first_ttl] [-m max_ttl] [-p port] [-s src_addr] [-t tos] [-w waittime] destination host name | IP address [packetlen]

 
シンタックスの説明

-I

(任意)UDP データグラムの代わりに ICMP ECHO を指定します。

-n

(任意)ホップ アドレスを数値で表示します。

-v

(任意)詳細な出力を設定します。

-f first_ttl

(任意)最初の発信パケットで使用される初期的な Time-to-Live(TTL; 存続可能時間)を設定します。

-m max_ttl

(任意)使用する最大の TTL(最大ホップ数)を設定します。

-p port

(任意)プローブで使用されるベース UDP ポート番号を設定します。

-s src_addr

(任意)送信元アドレスを、パケット送信に使用するインターフェイスの IP アドレス以外にします。

-t tos

(任意)パケットの Type-of-Service(ToS; タイプ オブ サービス)を指定する値に設定します。

-w waittime

(任意)プローブへの応答を待機する時間(秒)を設定します。

destination

パケットの宛先を設定します。

host

ホストを設定します。

name

ホスト名を設定します。

IP address

IP アドレスを設定します。

packetlen

(任意)パケットの長さを設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、aragon という名前が付いたネットワーク デバイスへのルートを追跡する例を示します。

root@localhost.cisco.com# traceroute -I -n -v -f first_ttl -p 5 -w 10 aragon 123.34.54.12
root@localhost.cisco.com#

trap-dest

トラップ宛先サブコマンド モードを開始し、NAM のトラップ宛先を作成または編集するには、 trap-dest コマンドを使用します。トラップ宛先エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

trap-dest

no trap-dest [ control-index ]

 
シンタックスの説明

control-index

(任意)収集コントロール インデックスを指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

トラップ宛先サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

address ― トラップ宛先 IP アドレスを設定します。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します(「 cdp enable 」コマンド セクションを参照)。

community community_string ― コミュニティ ストリングを設定します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

index index ― (任意)トラップ インデックスを設定します。範囲は 1 ~ 65535 です。デフォルトは、ランダムです。

owner string ― (任意)収集オーナーを指定します。デフォルトは、monitor です。


) CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された収集は、GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)では表示されません。GUI 画面使用の場合、オーナー ストリング「LocalMgr」を使用すれば収集を GUI で表示できます。


port (任意)UDP ポートを設定します。デフォルトは、162 です。

次に、NAM にトラップを設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# trap-dest
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# ?
? - display help
address - set IP address (*)
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
community - set community string (*)
exit - exit from subcommand mode
help - display help
index - set trap index
owner - set owner string
port - set UDP port
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# address 10.0.0.1
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# community public
root@hostname.cisco.com(sub-trap-dest)# exit
Trap created successfully.
root@hostname.cisco.com# show trap-dest
Trap index:48981
Community: public
Address: 10.0.0.1
UDP port: 162 (00a2)
Owner: monitor
 
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

alarm event
alarm mib
alarm voice
show alarm event
show autostart
show trap-dest

upgrade

NAM にメンテナンス イメージをダウンロードおよびインストールするには、 upgrade コマンドを使用します。

upgrade ftp://user:passwd@host/full-path/filename

 
シンタックスの説明

ftp://user:passwd@host/full-path/filename

アップグレード メンテナンス イメージのロケーションへのパス

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

次に、新しいメンテナンス イメージをダウンロードおよびインストールする例を示します。

Root@localhost# upgrade ftp://alamo:ljljsdf@milton/dir65/abracadabr/dir65/upgrade_now
Root@localhost#

 
関連コマンド

show patches
show version

web-publication

NAM にログインしないで NAM GUI モニタリング表示を表示できるホストのリストをイネーブルにして設定するには、 web-publication コマンドを使用します。コンフィギュレーションから Web 発行を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

web-publication user-name

no web-publication

 
シンタックスの説明

user name

ユーザ名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

Web ユーザ サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

? または help ― ヘルプを表示します(「 help 」コマンド セクションを参照)。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

alarm enable | disable ― (任意)アラーム表示の Web 発行をイネーブルまたはディセーブルにします。

allow-hosts WORD ― Web 発行されたモニタリング表示を表示できるホストを設定します。

code WORD ― ホストが Web 発行されたモニタリング表示を表示できるようにするコードを設定します。

report enable | disable ― (任意)Web 発行レポート表示をイネーブルまたはディセーブルにします。

rmon enable | disable ― (任意)Web 発行 RMON モニタリング表示をイネーブルまたはディセーブルにします。

voice enable | disable ― (任意)Web 発行音声モニタリング表示をイネーブルまたはディセーブルにします。

次に、ホストを設定して Web 発行されたレポートを NAM から受信する例を示します。

root@hostname.cisco.com# web-publication
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-web-publication)# ?
 
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

show web-publication

web-user

Web ユーザ コンフィギュレーション サブコマンド モードを開始し、NAM にローカル Web ユーザを設定するには、 web-user コマンドを使用します。コンフィギュレーションから Web ユーザを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

web-user

no web-user user-name

 
シンタックスの説明

user name

ユーザ名を設定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

コマンド モード

 
使用上のガイドライン

Web ユーザ サブコマンド モードを開始する場合、次のコマンドを使用できます。

account-mgmt enable | disable ― (任意)アカウント管理権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

alarm-config enable | disable ― (任意)アラーム コンフィギュレーション権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

cancel ― 変更を廃棄し、サブコマンド モードを終了します。

capture enable | disable ― (任意)パケット キャプチャおよびデコード権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

collection-config enable | disable ― (任意)収集コンフィギュレーション権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

exit ― 変更を保存し、サブコマンド モードを終了します(「 exit 」コマンド セクションを参照)。

system-config enable | disable ― (任意)システム コンフィギュレーション権限をイネーブルまたはディセーブルにします。

user-name user-name ― ユーザ名を設定します。

次に、NAM の Web ユーザを設定する例を示します。

root@hostname.cisco.com# web-user
Entering into subcommand mode for this command.
Type 'exit' to come out of this mode.
Type 'cancel' to discard changes and to come out of this mode.
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# ?
? - display help
account-mgmt - enable/disable account management privilege
alarm-config - enable/disable alarm configuration privilege
cancel - discard changes and exit from subcommand mode
capture - enable/disable packet capture/decode privilege
collection-config - enable/disable collection configuration privilege
exit - exit from subcommand mode
help - display help
system-config - enable/disable system configuration privilege
user-name - set username (*)
 
(*) - denotes a mandatory field for this configuration.
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# user-name foo
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# account-mgmt enable
root@hostname.cisco.com(sub-web-user)# exit
No password specified.
Do you want specify password now (y/n) [n] y
Enter password:
Confirm password:
User 'foo' created successfully.
root@hostname.cisco.com# show web-users foo
User name: foo
Account management:Enabled
System config: Disabled
Capture: Disabled
Alarm config: Disabled
Collection config: Disabled
Collection view: Enabled
 
root@hostname.cisco.com#

 
関連コマンド

show web-users