Catalyst 6500 シリーズ スイッチ コマンド リファレンス Release 8.5
Catalyst 6500 シリーズ スイッチ および ROM モニタのコマンド
Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび ROM モニタのコマンド
発行日;2012/03/21 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

alias

boot

cd

clear acllog

clear acl mac-packet-classify

clear alias

clear arp

clear autoshut

clear banner motd

clear boot auto-config

clear boot device

clear boot system

clear cam

clear cam monitor

clear cam notification

clear channel statistics

clear config

clear config checkpoint

clear config pvlan

clear cops

clear counters

clear crypto key rsa

clear dhcp-snooping bindings

clear dhcp-snooping statistics

clear diagnostic

clear dot1x config

clear dot1x vlan-group

clear ftp

clear gmrp statistics

clear gvrp statistics

clear igmp statistics

clear ip alias

clear ip dns domain

clear ip dns server

clear ip permit

clear ip route

clear kerberos clients mandatory

clear kerberos credentials forward

clear kerberos creds

clear kerberos realm

clear kerberos server

clear key config-key

clear l2protocol-tunnel cos

clear l2protocol-tunnel statistics

clear lacp-channel statistics

clear lda

clear localuser

clear log

clear log command

clear logging buffer

clear logging callhome

clear logging callhome from

clear logging callhome reply-to

clear logging callhome severity

clear logging callhome smtp-server

clear logging level

clear logging server

clear macro

clear mls cef

clear mls cef rpf statistics

clear mls entry

clear mls entry cef

clear mls exclude protocol

clear mls multicast statistics

clear mls nde

clear mls nde flow

clear mls statistics

clear mls statistics entry

clear module password

clear msfcautostate

clear multicast router

clear ntp server

clear ntp timezone

clear pbf

clear pbf arp-inspection

clear pbf client

clear pbf gw

clear pbf-map

clear pbf vlan

clear policy

clear port broadcast

clear port cops

clear port ethernet-oam

clear port flexlink

clear port host

clear port qos autoqos

clear port qos cos

clear port security

clear port vlan-mapping

clear pvlan mapping

clear qos acl

clear qos autoqos

clear qos config

clear qos cos-cos-map

clear qos cos-dscp-map

clear qos dscp-cos-map

clear qos dscp-mutation-map

clear qos dscp-mutation-table-map

clear qos ipprec-dscp-map

clear qos mac-cos

clear qos map

clear qos policed-dscp-map

clear qos policer

clear qos statistics

clear radius

clear rcp

clear rgmp statistics

clear security acl

clear security acl capture-ports

clear security acl counters

clear security acl cram

clear security acl log flow

clear security acl map

clear security acl statistics

clear snmp access

clear snmp access-list

clear snmp community

clear snmp community-ext

clear snmp group

clear snmp ifalias

clear snmp inform

clear snmp notify

clear snmp targetaddr

clear snmp targetparams

clear snmp trap

clear snmp user

clear snmp view

clear spantree detected-protocols

clear spantree mst

clear spantree portcost

clear spantree portinstancecost

clear spantree portinstancepri

clear spantree portpri

clear spantree portvlancost

clear spantree portvlanpri

clear spantree root

clear spantree statistics

clear spantree uplinkfast

clear ssh mode

clear system info-log command

clear system profile

clear tacacs key

clear tacacs server

clear timezone

clear top

clear trunk

clear vlan

clear vlan counters

clear vlan mapping

clear vmps rcp

clear vmps server

clear vmps statistics

clear vtp pruneeligible

clear vtp statistics

clear web-auth

commit

commit lda

configure

confreg

context

copy

delete

dev

diagnostic start

diagnostic stop

dir ― ROM モニタ

dir ― スイッチ

disable

disconnect

download

enable

format

frame

fsck

history ― ROM モニタ

history ― スイッチ

l2trace

meminfo

ping

pwd

quit

reconfirm vmps

reload

repeat

reset ― ROM モニタ

reset ― スイッチ

restore counters

rollback

session

set

set accounting commands

set accounting connect

set accounting exec

set accounting suppress

set accounting system

set accounting update

set acllog ratelimit

set acl mac-packet-classify

set alias

set arp

set authentication enable

set authentication login

set authorization commands

set authorization enable

set authorization exec

set autoshut

set banner lcd

set banner motd

set banner telnet

set boot auto-config

set boot config-register

set boot config-register auto-config

set boot device

set boot sync now

set boot sync timer

set boot system flash

set cam

set cam monitor

set cam notification

set cdp

set channelprotocol

set channel vlancost

set config acl nvram

set config checkpoint

set config mode

set config rollback

set cops

set crypto key rsa

set default portstatus

set dhcp-snooping

set diagnostic bootup level

set diagnostic diagfail-action

set diagnostic event-log size

set diagnostic monitor

set diagnostic ondemand

set diagnostic schedule

set dot1q-all-tagged

set dot1x

set enablepass

set errdisable-timeout

set errordetection

set fan-tray-version

set feature agg-link-partner

set feature mdg

set firewall

set ftp

set garp timer

set gmrp

set gmrp fwdall

set gmrp registration

set gmrp timer

set gvrp

set gvrp applicant

set gvrp dynamic-vlan-creation

set gvrp registration

set gvrp timer

set igmp

set igmp fastblock

set igmp fastleave

set igmp flooding

set igmp leave-query-type

set igmp mode

set igmp querier

set igmp v3-processing

set image-verification

set inlinepower

set interface

set ip alias

set ip dns

set ip dns domain

set ip dns server

set ip fragmentation

set ip http port

set ip http server

set ip permit

set ip redirect

set ip route

set ip telnet server

set ip unreachable

set kerberos clients mandatory

set kerberos credentials forward

set kerberos local-realm

set kerberos realm

set kerberos server

set kerberos srvtab entry

set kerberos srvtab remote

set key config-key

set l2protocol-tunnel cos

set l2protocol-tunnel trunk

set lacp-channel system-priority

set lcperroraction

set lda

set length

set localuser

set logging buffer

set logging callhome

set logging callhome destination

set logging callhome from

set logging callhome reply-to

set logging callhome severity

set logging callhome smtp-server

set logging console

set logging history

set logging level

set logging server

set logging session

set logging telnet

set logging timestamp

set logout

set mac-auth-bypass

set macro

set macro ciscosmartports

set mls agingtime

set mls bridged-flow-statistics

set mls cef load-balance

set mls cef maximum-routes

set mls cef per-prefix-statistics

set mls exclude protocol

set mls flow

set mls nde

set mls netflow-entry-create

set mls netflow-per-interface

set mls rate

set mls statistics protocol

set mls verify

set module

set module autoshut

set module name

set module power

set module shutdown

set msfcautostate

set msmautostate

set multicast ratelimit

set multicast router

set ntp broadcastclient

set ntp broadcastdelay

set ntp client

set ntp server

set ntp summertime

set ntp timezone

set password

set pbf

set pbf arp-inspection

set pbf client

set pbf gw

set pbf-map

set pbf vlan

set policy

set poll

set port arp-inspection

set port auto-mdix

set port auxiliaryvlan

set port broadcast

set port channel

set port cops

set port debounce

set port description

set port dhcp-snooping

set port disable

set port dot1q-all-tagged

set port dot1q-ethertype

set port dot1qtunnel

set port dot1x

set port duplex

set port enable

set port errdisable-timeout

set port errordetection

set port ethernet-oam

set port ethernet-oam action

set port ethernet-oam link-monitor

set port ethernet-oam mode

set port ethernet-oam remote-loopback

set port flexlink

set port flowcontrol

set port gmrp

set port gvrp

set port host

set port inlinepower

set port jumbo

set port l2protocol-tunnel

set port lacp-channel

set port mac-auth-bypass

set port macro

set port membership

set port name

set port negotiation

set port protocol

set port qos

set port qos autoqos

set port qos cos

set port qos policy-source

set port qos trust

set port qos trust-device

set port qos trust-ext

set port rsvp dsbm-election

set port security

set port security-acl

set port speed

set port sync-restart-delay

set port trap

set port unicast-flood

set port vlan-mapping

set port voice interface dhcp

set port vtp

set port web-auth

set port web-auth initialize

set power redundancy

set prompt

set protocolfilter

set pvlan

set pvlan mapping

set qos

set qos acl default-action

set qos acl ip

set qos acl ipx

set qos acl mac

set qos acl map

set qos autoqos

set qos bridged-microflow-policing

set qos cos-cos-map

set qos cos-dscp-map

set qos drop-threshold

set qos dscp-cos-map

set qos dscp-mutation-map

set qos dscp-mutation-table-map

set qos dscp-rewrite

set qos ipprec-dscp-map

set qos mac-cos

set qos map

set qos policed-dscp-map

set qos policer

set qos policy-source

set qos rsvp

set qos rxq-ratio

set qos statistics export

set qos statistics export aggregate

set qos statistics export destination

set qos statistics export interval

set qos statistics export port

set qos txq-ratio

set qos wred

set qos wrr

set radius attribute

set radius deadtime

set radius key

set radius retransmit

set radius server

set radius timeout

set rate-limit

set rcp username

set rgmp

set rspan

set security acl adjacency

set security acl arp-inspection

set security acl capture-ports

set security acl cram

set security acl feature ratelimit

set security acl ip

set security acl ipx

set security acl log

set security acl mac

set security acl map

set security acl statistics

set snmp

set snmp access

set snmp access-list

set snmp buffer

set snmp chassis-alias

set snmp community

set snmp community-ext

set snmp extendedrmon netflow

set snmp group

set snmp ifalias

set snmp inform

set snmp notify

set snmp rmon

set snmp rmonmemory

set snmp targetaddr

set snmp targetparams

set snmp trap

set snmp user

set snmp view

set span

set spantree backbonefast

set spantree bpdu-filter

set spantree bpdu-guard

set spantree bpdu-skewing

set spantree channelcost

set spantree channelvlancost

set spantree defaultcostmode

set spantree disable

set spantree enable

set spantree fwddelay

set spantree global-default

set spantree guard

set spantree hello

set spantree link-type

set spantree macreduction

set spantree maxage

set spantree mode

set spantree mst

set spantree mst config

set spantree mst link-type

set spantree mst maxhops

set spantree mst vlan

set spantree portcost

set spantree portfast

set spantree portfast bpdu-filter

set spantree portfast bpdu-guard

set spantree portinstancecost

set spantree portinstancepri

set spantree portpri

set spantree portvlancost

set spantree portvlanpri

set spantree priority

set spantree root

set spantree uplinkfast

set ssh mode

set summertime

set system baud

set system contact

set system core-dump

set system core-file

set system countrycode

set system crashinfo

set system crossbar-fallback

set system highavailability

set system highavailability versioning

set system info-log

set system location

set system modem

set system name

set system profile

set system supervisor-update

set system switchmode allow

set system syslog-dump

set system syslog-file

set tacacs attempts

set tacacs directedrequest

set tacacs key

set tacacs server

set tacacs timeout

set test diagfail-action

set test diaglevel

set time

set timezone

set traffic monitor

set trunk

set udld

set udld aggressive-mode

set udld interval

set vlan

set vlan mapping

set vlan verify-port-provisioning

set vmps config-file

set vmps downloadmethod

set vmps downloadserver

set vmps server

set vmps state

set vtp

set vtp pruneeligible

set web-auth

set web-auth login-attempts

set web-auth login-fail-page

set web-auth login-page

set web-auth quiet-timeout

set web-auth session-timeout

show accounting

show acllog

show acl mac-packet-classify

show aclmerge algo

show alias

show arp

show authentication

show authorization

show autoshut

show banner

show boot

show boot device

show cam

show cam agingtime

show cam count

show cam monitor

show cam msfc

show cam notification

show cdp

show channel

show channel group

show channel hash

show channel mac

show channelprotocol

show channel traffic

show config

show config checkpoints

show config differences

show config mode

show config qos acl

show cops

show counters

show crypto key

show default

show dhcp-snooping bindings

show dhcp-snooping config

show dhcp-snooping statistics

show diagnostic

show dot1q-all-tagged

show dot1x

show dvlan statistics

show environment

show errdisable-timeout

show errordetection

show fabric channel

show fabric errors

show fabric status

show file

show firewall

show flash

show ftp

show garp timer

show gmrp configuration

show gmrp statistics

show gmrp timer

show gvrp configuration

show gvrp statistics

show ifindex

show igmp flooding

show igmp gda_status

show igmp leave-query-type

show igmp mode

show igmp querier information

show igmp statistics

show imagemib

show image-verification

show inlinepower

show interface

show inventory

show ip alias

show ip dns

show ip http

show ip permit

show ip route

show ip telnet

show kerberos

show l2protocol-tunnel statistics

show lacp-channel

show lcperroraction

show lda

show localuser

show log

show log command

show logging

show logging buffer

show logging callhome

show logging callhome destination

show logging callhome from

show logging callhome reply-to

show logging callhome severity

show logging callhome smtp-server

show mac

show mac-auth-bypass

show macro

show microcode

show mls

show mls acl-route

show mls cef exact-route

show mls cef interface

show mls cef mac

show mls cef maximum-routes

show mls cef rpf

show mls cef summary

show mls entry

show mls entry cef

show mls entry netflow-route

show mls exclude protocol

show mls flowmask

show mls multicast

show mls nde

show mls netflow-route

show mls pbr-route

show mls statistics

show mls verify

show module

show moduleinit

show msfcautostate

show msmautostate

show multicast group

show multicast group count

show multicast protocols status

show multicast ratelimit-info

show multicast router

show multicast v3-group

show netstat

show ntp

show pbf

show pbf arp-inspection

show pbf client

show pbf gw

show pbf-map

show policy

show poll

show port

show port arp-inspection

show port auto-mdix

show port auxiliaryvlan

show port broadcast

show port capabilities

show port cdp

show port channel

show port cops

show port counters

show port debounce

show port description

show port dhcp-snooping

show port dot1q-all-tagged

show port dot1q-ethertype

show port dot1qtunnel

show port dot1x

show port errdisable-timeout

show port errordetection

show port ethernet-oam

show port flexlink

show port flowcontrol

show port inlinepower

show port jumbo

show port l2protocol-tunnel

show port lacp-channel

show port mac

show port mac-address

show port mac-auth-bypass

show port negotiation

show port prbs

show port protocol

show port qos

show port rsvp

show port security

show port security-acl

show port spantree

show port status

show port sync-restart-delay

show port tdr

show port trap

show port trunk

show port unicast-flood

show port vlan-mapping

show port voice

show port voice active

show port voice fdl

show port voice interface

show port vtp

show port web-auth

show proc

show protocolfilter

show pvlan

show pvlan capability

show pvlan mapping

show qos acl editbuffer

show qos acl info

show qos acl map

show qos acl resource-usage

show qos bridged-microflow-policing

show qos info

show qos mac-cos

show qos maps

show qos policer

show qos policy-source

show qos rsvp

show qos statistics

show qos statistics export info

show qos status

show radius

show rate-limit

show rcp

show reset

show rgmp group

show rgmp statistics

show rspan

show running-config

show security acl

show security acl arp-inspection

show security acl capture-ports

show security acl cram

show security acl feature ratelimit

show security acl log

show security acl map

show security acl resource-usage

show security acl tcam interface

show snmp

show snmp access

show snmp access-list

show snmp buffer

show snmp community

show snmp context

show snmp counters

show snmp engineid

show snmp group

show snmp ifalias

show snmp inform

show snmp notify

show snmp rmonmemory

show snmp targetaddr

show snmp targetparams

show snmp user

show snmp view

show span

show spantree

show spantree backbonefast

show spantree blockedports

show spantree bpdu-filter

show spantree bpdu-guard

show spantree bpdu-skewing

show spantree conflicts

show spantree defaultcostmode

show spantree guard

show spantree mapping

show spantree mistp-instance

show spantree mst

show spantree mst config

show spantree portfast

show spantree portinstancecost

show spantree portvlancost

show spantree statistics

show spantree summary

show spantree uplinkfast

show ssh

show startup-config

show summertime

show system

show system health

show system highavailability

show system info-log

show system profile

show system sanity

show system supervisor-update

show system switchmode

show tacacs

show tech-support

show test

show time

show timezone

show top

show top report

show traffic

show trunk

show udld

show users

show version

show vlan

show vlan counters

show vlan verify-port-provisioning

show vmps

show vmps mac

show vmps statistics

show vmps vlan

show vtp

show vtp domain

show vtp statistics

show web-auth summary

slip

squeeze

stack

switch

switch console

switch fabric

sync

sysret

tclquit

tclsh

telnet

test cable-diagnostics

test snmp trap

traceroute

unalias

undelete

unset=varname

varname=

verify

wait

whichboot

write

write tech-support

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ
および ROM モニタのコマンド

この章では、Catalyst 6500 シリーズ スイッチで使用可能なすべてのスイッチ コマンドおよび ROM モニタ コマンドをアルファベット順に示します。

Asynchronous Transfer Mode(ATM; 非同期転送モード)モジュール関連コマンドの詳細については、『 ATM Configuration Guide and Command Reference--Catalyst 5000 and 6000 Family Switches 』を参照してください。

IDS モジュール関連コマンドの詳細については、『 Catalyst 6500 Series Intrusion Detection System Module Installation and Configuration Note 』を参照してください。

特に区別されていないかぎり、レイヤ 3 スイッチング エンジンは次のいずれかを表します。

Layer 3 Switching Engine WS-F6K-PFC(Policy Feature Card[PFC; ポリシー フィーチャ カード])を搭載したSupervisor Engine 1

Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載したSupervisor Engine 2

alias

コマンド エイリアスを設定および表示するには、 alias コマンドを使用します。

alias [ name = value ]

 
構文の説明

name =

(任意)エイリアスに付ける名前

value

(任意)エイリアスの値

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

value にスペースまたは特殊(シェル)文字が含まれている場合は、引用符を使用する必要があります。 value の末尾がスペースである場合は、次のコマンドラインのワードがエイリアスとして調べられます(通常は、コマンドラインの最初のワードのみが調べられます)。

引数を指定しない場合は、すべてのエイリアス名およびその値のリストが出力されます。

エイリアス名とその値は等号(=)で連結する必要があります。

変更を保存するには、 sync コマンドを発行する必要があります。 sync コマンドを発行しないと、変更は保存されず、 reset を実行した場合に変更が無効になります。

次に、使用可能な alias コマンドのリストを表示し、 set コマンドのエイリアスを作成する例を示します。

rommon 1 > alias
r=repeat
h=history
?=help
b=boot
ls=dir
i=reset
k=stack
rommon 2 > alias s=set
rommon 3 > alias
r=repeat
h=history
?=help
b=boot
ls=dir
i=reset
k=stack
s=set
rommon 4 > s
PS1=rommon ! >
BOOT=bootflash:RTSYNC_llue_11,1;slot0:f1,1;
=========================================================================

 
関連コマンド

unalias

boot

外部プロセスを起動するには、 boot コマンドを使用します。

boot [ -x ] [ -v ] [ device : ][ imagename ]

 
構文の説明

-x

(任意)イメージをロードしますが、実行しません。

-v

(任意)詳細モードを切り替えます。

device :

(任意)デバイスの ID

imagename

(任意)イメージの名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

引数を入力しない場合は、 boot コマンドはブートフラッシュ内の最初のイメージを起動します。イメージを指定するには、イメージ名を入力します。デバイスを指定するには、デバイス ID を入力します。

イメージ名とともにデバイスを入力しないと、イメージが起動されません。

モニタでデバイス名が認識されない場合、デバイス ID はブート ヘルパー イメージに渡されます。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに Policy Feature Card(PFC;ポリシー フィーチャ カード)が搭載されていない場合は、このコマンドを使用しても Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)が起動しません。

次に、 boot コマンドを使用する例を示します。

rommon 2 > boot bootflash:cat6000-sup.6-1-1.bin
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
Uncompressing file: ####################################################################################################################################################################################################################################################################

cd

システムのデフォルト フラッシュ デバイスを設定するには、 cd コマンドを使用します。

cd [[ m/ ] device : ]

 
構文の説明

m/

(任意)フラッシュ デバイスを搭載するスーパバイザ エンジンのモジュール番号

device :

(任意) bootflash および slot0 が搭載された有効な装置

 
デフォルト

デフォルトのフラッシュ デバイスはブートフラッシュです。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

デバイスを指定したあとに、コロン(:)を入力する必要があります。

装置の指定が任意であるコマンドに対して、デフォルト装置を指定しない場合は、cd コマンドで設定された装置が使用されます。

次に、デフォルトのフラッシュ デバイスを bootflash: に設定する例を示します。

Console> cd bootflash:
Default flash device set to bootflash.
Console>

 
関連コマンド

pwd

clear acllog

Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)ログ速度制限をディセーブルにするには、 clear acllog コマンドを使用します。

clear acllog

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ACL ログ速度制限をディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) clear acllog
ACL log rate limit is cleared.
If the ACLs-LOG were already applied, the rate limit mechanism will be disabled on system
restart, or after shut/no shut the interface.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set acllog ratelimit
show acllog

clear acl mac-packet-classify

MAC(メディア アクセス制御)パケットのみを MAC Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)と照合するには、 clear acl mac-packet-classify コマンドを使用します。

clear acl mac-packet-classify { vlans | all }

 
構文の説明

vlans

VLAN(仮想 LAN)リスト。有効な値は 1 ~ 4094 です。

all

すべての VLAN を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

MAC ベース ACL 機能は、Policy Feature Card 3B(PFC3B; ポリシー フィーチャ カード 3B)または PFC3BXL を含むシステムのみで使用できます。この機能は、セキュリティ ACL および Quality of Service(QoS; サービス品質)MAC ACL の両方に影響します。

指定した VLAN は、MAC パケットのみを MAC ACL と照合する状態に戻ります。 set acl mac-packet-classify コマンドでは、VLAN のすべてのパケット タイプ用に MAC ベース ACL ルックアップが設定されます。

次の例は、MAC パケットのみを MAC ACL と照合する状態に、指定した VLAN を戻す方法を示しています。

Console> (enable) clear acl mac-packet-classify 5
Disabled mac-packet-classify on vlan(s) 5.
Console> (enable)

clear alias

コマンドの省略形を削除するには、 clear alias コマンドを使用します。

clear alias { name | all }

 
構文の説明

name

コマンドの代替識別名

all

すでに作成されている代替識別名をすべて削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、arpdel というエイリアスを消去する例を示します。

Console> (enable) clear alias arpdel
Command alias deleted.
Console> (enable)
 

次に、すべてのエイリアスを消去する例を示します。

Console> (enable) clear alias all
Command alias table cleared. (1)
Console> (enable)
 

(1)は、削除されたコマンド エイリアスの個数を示します。

 
関連コマンド

set alias
show alias

clear arp

Address Resolution Protocol(ARP)テーブルから特定のエントリまたはすべてのエントリを削除するには、 clear arp コマンドを使用します。

clear arp [ all | dynamic | permanent | static ] { ip_addr }

 
構文の説明

all

(任意)すべての ARP エントリを削除します。

dynamic

(任意)すべてのダイナミック ARP エントリを削除します。

permanent

(任意)すべてのパーマネント ARP エントリを削除します。

static

(任意)すべてのスタティック ARP エントリを削除します。

ip_addr

ARP テーブルから削除する IP アドレス

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ARP テーブルから IP アドレス 198.133.219.209 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear arp 198.133.219.209
ARP entry deleted.
Console> (enable)
 

次に、ARP テーブルからすべてのエントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear arp all
ARP table cleared. (1)
Console> (enable)
 

(1)は、削除されたエントリ数を示します。

次に、ダイナミックに学習された ARP エントリをすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear arp dynamic
Unknown host
Dynamic ARP entries cleared. (3)
Console> (enable)
 

次に、入力されたパーマネント ARP エントリをすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear arp permanent
Unknown host
Permanent ARP entries cleared.(5)
Console> (enable)

 
関連コマンド

set arp
show arp

clear autoshut

実行時カウンタをクリアする、または自動モジュール シャットダウン設定をデフォルト設定にリセットするには、 clear autoshut コマンドを使用します。

clear autoshut {{ counters mod } | frequency | period }

 
構文の説明

counters mod

指定したモジュールの実行時カウンタをクリアします

frequency

autoshut 周波数をデフォルト設定にリセットします。

period

autoshut 周期をデフォルト設定にリセットします。

 
デフォルト

デフォルト設定は次のとおりです。

frequency は 3 回です

period は 2 分です。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

手動でモジュールをシャットダウンするには、 set module disable または set module power down コマンドを使用します。

このコマンドは、イーサネット モジュールでのみサポートされます。

次に、特定のモジュールで実行時カウンタをクリアする例を示します。

Console> (enable) clear autoshut counters 3
Automatic shutdown counters cleared for module 3
Console> (enable)
 

次に、autoshut 周波数をデフォルト設定にリセットする例を示します。

Console> (enable) clear autoshut frequency
Console> (enable)
 

次に、autoshut 周期をデフォルト設定にリセットする例を示します。

Console> (enable) clear autoshut period
Console> (enable)

clear banner motd

Message-of-The-Day(MoTD)バナーを削除するには、 clear banner motd コマンドを使用します。

clear banner motd

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、MoTD バナーを削除する例を示します。

Console> (enable) clear banner motd
MOTD banner cleared
Console> (enable)

 
関連コマンド

set banner motd

clear boot auto-config

起動中に使用されるコンフィギュレーション ファイルを指定するために使用される CONFIG_FILE 環境変数の内容を削除するには、clear boot auto-config コマンドを使用します。

clear boot auto-config [ mod ]

 
構文の説明

mod

(任意)フラッシュ デバイスを搭載するスーパバイザ エンジンのモジュール番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、auto-config ファイルをクリアする例を示します。

Console> (enable) clear boot auto-config
CONFIG_FILE variable =
Console> (enable)

 
関連コマンド

set boot auto-config
show boot

clear boot device

Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)スタートアップ コンフィギュレーション ファイルを指定するために使用される CONFIG_FILE 環境変数の内容を削除するには、 clear boot device コマンドを使用します。

clear boot device mod

 
構文の説明

mod

フラッシュ デバイスを内蔵するモジュールの番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、NAM モジュールでのみサポートされます。

次に、モジュール 2 の NVRAM(不揮発性 RAM)から NAM ブート ストリングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear boot device 2
Device BOOT variable =
Console> (enable)

 
関連コマンド

set boot device
clear boot device

clear boot system

BOOT 環境変数の内容およびコンフィギュレーション レジスタの設定を削除するには 、 clear boot system コマンドを使用します。

clear boot system all [ mod ]

clear boot system flash device : [ filename ] [ mod ]

 
構文の説明

all

BOOT 環境変数全体を削除します。

mod

(任意)フラッシュ デバイスを搭載するスーパバイザ エンジンのモジュール番号

flash

(任意)フラッシュ デバイスを削除します。

device :

フラッシュ デバイスの名前

filename

(任意)フラッシュ デバイスのファイル名

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、BOOT 環境変数全体を削除する例を示します。

Console> (enable) clear boot system all
BOOT variable =
Console> (enable)
 

次に、特定のデバイスを削除する例を示します。指定されたデバイスがリストされないことに注意してください。

Console> (enable) clear boot system flash bootflash:cat6000-sup.5-5-1.bin
BOOT variable = bootflash:cat6000-sup.6-1-1.bin,1;bootflash:cat6000-sup.5-5-2.
bin,1;
Console> (enable)

 
関連コマンド

set boot system flash
show boot

clear cam

Content-Addressable Memory(CAM; 連想メモリ)テーブルから特定のエントリまたはすべてのエントリを削除するには、 clear cam コマンドを使用します。

clear cam mac_addr [ vlan ]

clear cam { dynamic | static | permanent } [ vlan ]

 
構文の説明

mac_addr

1 つまたは複数の MAC(メディア アクセス制御)アドレス

vlan

(任意)VLAN(仮想 LAN)の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

dynamic

CAM テーブルからダイナミック CAM エントリを削除します。

static

CAM テーブルからスタティック CAM エントリを削除します。

permanent

CAM テーブルからパーマネント CAM エントリを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、CAM テーブルから MAC アドレス 00-40-0b-a0-03-fa を削除する例を示します。

Console> (enable) clear cam 00-40-0b-a0-03-fa
CAM table entry cleared.
Console> (enable)
 

次に、CAM テーブルからダイナミック エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear cam dynamic
Dynamic CAM entries cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set cam
show cam

clear cam monitor

MAC(メディア アクセス制御)アドレス制限およびアクションの設定を削除するには、 clear cam monitor コマンドを使用します。

clear cam monitor { all | mod/port | vlan }

clear cam monitor high-threshold { mod/port | vlan }

clear cam monitor low-threshold { mod/port | vlan }

 
構文の説明

all

すべての Content-Addressable Memory(CAM; 連想メモリ)テーブル モニタおよび MAC アドレス制限設定をポートすべてから削除します。

mod/por t

モジュール番号およびモジュールのポート番号

vlan

VLAN(仮想LAN)の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

high-threshold

MAC アドレス学習の上限を削除します。

low-threshold

MAC アドレス学習の下限を削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、すべての CAM テーブル モニタおよび MAC アドレス制限設定をポートすべてから削除します。

Console> (enable) clear cam monitor all
Cleared all cam monitor configuration
Console> (enable)
 

ポート 3/1 でデバイスのハイ スレッシュホールドを削除する例を示します。

Console> (enable) clear cam monitor high-threshold 3/1
Successfully cleared high-threshold on 3/1

Console> (enable)

 
関連コマンド

set cam monitor
show cam monitor

clear cam notification

Content-Addressable Memory(CAM; 連想メモリ)通知カウンタおよび履歴ログをクリアするには、 clear cam notification コマンドを使用します。

clear cam notification { all | counters | history }

 
構文の説明

all

CAM 通知カウンタおよび履歴ログをクリアします。

counters

CAM 通知カウンタをクリアします。

history

CAM 通知履歴ログをクリアします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、CAM 通知カウンタおよび履歴ログをクリアする例を示します。

Console> (enable) clear cam notification all
MAC address notification counters and history log cleared.
Console> (enable)
 

次に、CAM 通知カウンタをクリアする例を示します。

Console> (enable) clear cam notification counters
MAC address notification counters cleared.
Console> (enable)
 

次に、CAM 通知履歴ログをクリアする例を示します。

Console> (enable) clear cam notification history
MAC address notification history log cleared.
Console> (enable)

clear channel statistics

Port Aggregation Protocol(PAgP)統計情報を削除するには、 clear channel statistics コマンドを使用します。

clear channel statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、PAgP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear channel statistics
PAgP statistics cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show channel

clear config

NVRAM(不揮発性 RAM)に保存されているシステムまたはモジュール コンフィギュレーション情報を削除するには、 clear config コマンドを使用します。

clear config { all [ factory-defaults ] | mod | acl nvram | interface | sysinfo-log | pvlan | rmon | snmpv3 }

 
構文の説明

all

IPアドレスなど、すべてのモジュールおよびシステム コンフィギュレーション情報を削除します。

factory-defaults

(任意)プロファイル コンフィギュレーションを削除します。

mod

モジュール番号

acl nvram

すべての Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)設定を削除します。

interface

すべてのインターフェイス設定を削除します。

sysinfo-log

すべてのシステム情報ロギング設定を削除します。

pvlan

プライベート VLAN コンフィギュレーションを削除します。

rmon

historyControlTable、alarmTable、eventTable、ringStation ControlTable など、すべての Remote Monitoring(RMON)設定を削除します。

snmpv3

すべての SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)バージョン 3 設定を削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Multilayer Switch Module(MSM)を使用している場合は、clear config コマンドを入力して、
Catalyst 6500 シリーズ スイッチのスーパバイザ エンジンに保持されている MSM 設定の一部を削除できます。MSM に保持されている設定の一部を削除するには、ルータ レベルで(ルータの CLI[コマンドライン インターフェイス]プロンプトで)操作する必要があります。

clear config all コマンドを使用する前に、 copy コマンドを使用して、設定のバックアップを保存してください。

clear config all コマンドを入力すると、プロファイル コンフィギュレーションが存在する場合はそのプロファイル コンフィギュレーションがシステムによってロードされます。 clear config all factory-defaults コマンドを入力すると、システム コンフィギュレーションおよびプロファイル コンフィギュレーションの両方が削除されます。

次に、モジュール 2 の NVRAM に保存されたコンフィギュレーション情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear config 2
This command will clear module 2 configuration.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
..............................
Module 2 configuration cleared.
Console> (enable)
 

次に、モジュール 1(スーパバイザ エンジン)の NVRAM に保存されたコンフィギュレーション情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear config 1
This command will clear module 1 configuration.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
......
Module 1 configuration cleared.
host%
 

次に、Catalyst 6500 シリーズ スイッチのコンフィギュレーション情報をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear config all
This command will clear all configuration in NVRAM.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
...........................................
Connection closed by foreign host
host%
 

次に、Catalyst 6500 シリーズ スイッチの SNMP コンフィギュレーション情報をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear config snmpv3
This command will clear SNMPv3 configuration in NVRAM.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
...........................................
Connection closed by foreign host
host%
 

次に、NVRAM 内の ACL コンフィギュレーション情報をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear config acl nvram
ACL configuration has been deleted from NVRAM.
Warning:Use the copy commands to save the ACL configuration to a file
and the 'set boot config-register auto-config' commands to configure the
auto-config feature.
Console> (enable)
 

次に、システム情報ロギング設定をすべて削除して、デフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear config sysinfo-log
Successfully cleared the system information logging configuration.
Console> (enable)
 

次に、システム コンフィギュレーションおよびプロファイル コンフィギュレーションの両方を削除する例を示します。

Console> (enable) clear config all factory-default
System configuration and profile configuration is cleared.
Console> (enable)

clear config checkpoint

すべてのチェックポイント コンフィギュレーション ファイルまたは特定のコンフィギュレーション チェックポイント ファイルを削除するには、 clear config checkpoint コマンドを使用します。

clear config checkpoint { all | name }

 
構文の説明

all

すべてのコンフィギュレーション チェックポイント ファイルを削除します。

name

削除する特定コンフィギュレーション チェックポイント ファイルの名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

スイッチ コマンド

 
コマンド タイプ

イネーブル

 
使用上の注意事項

コンフィギュレーション チェックポイント ファイル名がシステムから削除されると、関連チェックポイント コンフィギュレーション ファイルが削除されます。スペースを再利用するには、デバイスをスクイーズする必要があります。

clear config all コマンドを入力しても、チェックポイント コンフィギュレーションは削除されません。

次の例は、すべてのコンフィギュレーション チェックポイント ファイルを削除する方法を示しています。

Console> (enable) clear config checkpoint all
All configuration checkpoints cleared.
Console> (enable)
 

次の例は、特定コンフィギュレーション チェックポイント ファイルを削除する方法を示しています。

Console> (enable) clear config checkpoint SARAH_07122002
Cleared configuration checkpoint SARAH_07122002
Console> (enable)

clear config pvlan

ポート マッピングなど、システム内のすべてのプライベート VLAN(仮想 LAN)設定を削除するには、 clear config pvlan コマンドを使用します。

clear config pvlan

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、システム内のプライベート VLAN 設定をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear config pvlan
This command will clear all private VLAN configurations.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
VLAN 15 deleted
VLAN 16 deleted
VLAN 17 deleted
VLAN 18 deleted
Private VLAN configuration cleared.
Console> (enable)

clear cops

Common Open Policy Service(COPS)設定を削除するには、 clear cops コマンドを使用します。

clear cops roles role1 [ role2 ]...

clear cops all-roles

clear cops server all [ diff-serv | rsvp ]

clear cops server ipaddr [ diff-serv | rsvp ]

clear cops domain-name

 
構文の説明

roles role#

削除する役割を指定します。

all-roles

すべての役割を削除します。

server

COPS サーバを指定します。

all

すべてのサーバ テーブルを削除します。

diff-serv

(任意)差別化サービス サーバ テーブルを指定します。

rsvp

(任意)Resource Reservation Protocol(RSVP)+サーバ テーブルを指定します。

ipaddr

サーバの IP アドレスまたは IP エイリアス

domain-name

サーバのドメイン名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear cops all-roles コマンドを使用すると、すべてのポートのすべての役割を削除できます。

次に、特定の役割を削除する例を示します。

Console> (enable) clear cops roles backbone_port main_port
Roles cleared.
Console> (enable)
 

次に、すべての役割を削除する例を示します。

Console> (enable) clear cops all-roles
All roles cleared.
Console> (enable)
 

次に、すべての COPS サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear cops server all
All COPS servers cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定の COPS サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear cops server my_server1
All COPS servers cleared.
Console> (enable)
 

次に、COPS ドメイン名を削除する例を示します。

Console> (enable) clear cops domain-name
Domain name cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set cops
show cops

clear counters

MAC(メディア アクセス制御)カウンタ、EtherChannel MAC カウンタ、ポート カウンタ、およびチャネル トラフィックの百分位数をクリアするには、 clear counters コマンドを使用します。

clear counters all

clear counters mod/ports

clear counters supervisor

clear counters channel { all | channel_id }

clear counters lacp-channel { all | channel_id }

 
構文の説明

all

すべてのポートの MAC およびポート カウンタをクリアします。

mod/ports

モジュール番号およびモジュールのポート番号

supervisor

スーパバイザ エンジンのエラー カウンタをクリアします。

channel

Port Aggregation Protocol(PAgP)チャネルと、MAC およびポート カウンタをクリアします。

all

すべての PAgP チャネル カウンタをクリアします。

channel_id

特定の PAgP チャネルの番号

lacp-channel

Link Aggregation Control Protocol(LACP)チャネル カウンタをクリアします。

all

すべての LACP チャネル カウンタをクリアします。

channel_id

特定の LACP チャネルの番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

クリアするポート範囲を指定しない場合は、スイッチのすべてのポートがクリアされます。

チャネル単位でのチャネル ベース カウンタをクリアするには、チャネル ID 番号を使用します。PAgP チャネルのチャネル ID 番号を検出するには、 show port channel コマンドを入力します。LACP チャネルのチャネル ID 番号を検出するには、 show port lacp-channel コマンドを入力します。

コマンドのプロトコル タイプと競合する channel-id 引数を入力すると、次のメッセージが表示されます。

Wrong protocol type for the command.
 

正しい channel-id 範囲にない channel-id 引数を入力すると、次のメッセージが表示されます。

Valid channel Id range 1665..1792.

次に、MAC カウンタおよびポート カウンタをゼロにリセットする例を示します。

Console> (enable) clear counters
This command will reset all MAC and port counters reported in CLI and SNMP.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
 
MAC and Port counters cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定のモジュールおよびポートの MAC カウンタおよびポート カウンタをゼロにリセットする例を示します。

Console> (enable) clear counters 5/1
This command will reset MAC and port counters reported by the CLI for port(s) 5/1.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
 
MAC and Port counters cleared.
Console> (enable)
 

次に、すべての PAgP チャネル カウンタをリセットする例を示します。

Console> (enable) clear counters channel all
This command will reset MAC and port counters reported by the CLI for all ports.
Counters reported by SNMP will not be affected.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
MAC and Port counters cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定の PAgP チャネルのカウンタをリセットする例を示します。

Console> (enable) clear counters channel 769
This command will reset MAC and port counters reported by the CLI for PAGP channel 769
Counters reported by SNMP will not be affected.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
MAC and Port counters cleared.
Console> (enable)

clear crypto key rsa

すべての RSA 公開鍵ペアを削除するには、 clear crypto key rsa コマンドを使用します。

clear crypto key rsa

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

crypto コマンドは、次のイメージ タイプが稼働しているシステムでのみサポートされます。

supk9 イメージ ― cat6000-supk9.6-1-3.bin など

supcvk9 イメージ ― cat6000-supcvk9.6-1-3.bin など

次に、RSA 鍵ペアを削除する例を示します。

Console> (enable) clear crypto key rsa
Do you really want to clear RSA keys (y/n) [n]? y
RSA keys has been cleared.
Console> (enable)

clear dhcp-snooping bindings

DHCP スヌーピング バインディング テーブル エントリを削除するには、 clear dhcp-snooping bindings コマンドを使用します。

clear dhcp-snooping bindings [ ip_addr ] [ mac_addr ] [ vlan vlan ] [ port mod/port ]

 
構文の説明

ip_addr

(任意)IPアドレス

mac_addr

(任意)MAC(メディア アクセス制御)アドレス

vlan vlan

(任意)VLAN(仮想 LAN)を指定します。

port mod/port

(任意)モジュール番号とモジュール上のポートを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

キーワードの引数を入力しない場合、すべての DHCP バインディングが削除されます。

バインディングを削除すると、Dynamic ARP Inspection(DAI)、IP Source Guard、DHCP スヌーピングに依存する他の機能に影響を及ぼす場合があるので、このコマンドを使用するときは、注意してください。

次に、特定の IP アドレスで DHCP スヌーピング バインディングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear dhcp-snooping bindings 172.20.22.191
DHCP Snooping binding entries cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定の MAC アドレスで DHCP スヌーピング バインディングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear dhcp-snooping bindings 0-0-0-0-0-1
DHCP Snooping binding entries cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定の VLAN で DHCP スヌーピング バインディングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear dhcp-snooping bindings vlan 2
DHCP Snooping binding entries cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定のポートで DHCP スヌーピング バインディングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear dhcp-snooping bindings port 2/2
DHCP Snooping binding entries cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show dhcp-snooping bindings

clear dhcp-snooping statistics

DHCP スヌーピング統計情報を削除するには、 clear dhcp-snooping statistics コマンドを使用します。

clear dhcp-snooping statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear dhcp-snooping statistics コマンドを使用すると、バインディング数以外の統計情報すべてが削除されます。バインディングを削除するには、 clear dhcp-snooping bindings コマンドを参照してください。

次に、DHCP スヌーピング統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear dhcp-snooping statistics
DHCP Snooping statistics cleared
Console> (enable)

 
関連コマンド

show dhcp-snooping statistics

clear diagnostic

オンライン診断テスト設定を削除するには、 clear diagnostic コマンドを使用します。

clear diagnostic bootup level

clear diagnostic event-log size

clear diagnostic monitor { interval module mod_num test { all | test_ID_num | test_list } | module mod_num test { all | test_ID_num | test_list } | syslog }

clear diagnostic schedule module mod_num test { all | test_ID_num | test_list } { port { port_num | port_range | all } daily hh:mm | on month days_of_month range_of_years hh:mm | weekly day hh:mm }

 
構文の説明

bootup level

診断起動レベルをバイパス モードに復元します。

event-log size

診断イベント ログ サイズを 500 イベント(デフォルト)に復元します。

monitor

診断モニタリングを削除します。

interval module

オンライン診断モニタリング テストのインターバルを削除します。

mod_num

モジュール番号

test

診断テストを指定します。

all

オンライン診断テストをすべて削除します。

test_ID_num

特定のオンライン診断テスト番号

test_list

削除対象のテスト リスト

module

特定のモジュールの診断モニタリングをディセーブルにします。

syslog

オンライン診断テストの Syslog をディセーブルにします。

schedule

診断テストのスケジュールを削除します。

port

実行するオンライン診断テスト上のポートを指定します。

port_num

ポート番号

port_range

ポート範囲

all

すべてのポートを指定します。

daily

日のスケジュールを指定します。

hh:mm

時間と分

on

絶対的なスケジュールを指定します。

month

月を指定します。

days_of_month

月の日数。有効な値は 1 ~ 31 です。

range_of_years

年の範囲。有効な値は 1993 ~ 2035 です。

weekly

週のスケジュールを指定します。

day

週の日を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項


) Generic Online Diagnostics(GOLD)は、Supervisor Engine 720 および Supervisor Engine 32 でのみサポートされます。初期の診断コマンドは、Supervisor Engine 1 および Supervisor Engine 2 でもサポートされています。


次に、起動オンライン診断レベルを削除する例を示します。

Console> (enable) clear diagnostic bootup level
Diagnostic level set to bypass
Console> (enable)
 

次に、オンライン診断のイベント ログ サイズを削除する例を示します。

Console> (enable) clear diagnostic event-log size
Diagnostic event-log size set to default(500)
Console> (enable)
 

次に、オンライン診断のモニタリング設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear diagnostic monitor interval module 7 test 3
Clear diagnostic monitor interval for module 7 test 3
Console> (enable)
 
Console> (enable) clear diagnostic monitor module 7 test 1
Module 7 test 1 diagnostic monitor disable.
Console> (enable)
 
Console> (enable) clear diagnostic monitor syslog
Diagnostic monitor syslog disable.
Console> (enable)
 

次に、モジュール 7 のテスト 1 およびテスト 2 のオンライン診断スケジュール設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear diagnostic schedule module 7 test 1-2 daily 12:12
Clear diagnostic schedule at daily 12:12 for module 7 test 1-2
Console> (enable)

clear dot1x config

すべてのポート上で 802.1x をディセーブルにして、値をデフォルト設定に戻すには、 clear dot1x config コマンドを使用します。

clear dot1x config

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、802.1x をディセーブルにして、値をデフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear dot1x config
This command will disable Dot1x and take values back to factory default.
 
Do you want to continue (y/n) [n]? y
Dot1x config cleared.
Console> (enable)

clear dot1x vlan-group

VLAN(仮想 LAN)グループから VLAN を削除するには、 clear dot1x vlan-group コマンドを使用します。

clear dot1x vlan-group { all | vlan_group_name [ vlan | all ]}

 
構文の説明

all

802.1x VLAN グループすべてを削除します。

vlan_group_name

削除する 802.1x VLAN グループ

vlan

(任意)VLAN 番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

all

(任意)802.1x VLAN グループから、すべての VLAN を削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド タイプ

イネーブル

 
使用上の注意事項

既存の VLAN が VLAN グループ名から削除されると、VLAN で認証されたポートは削除されませんが、既存の VLAN グループからマッピングを削除します。

VLAN グループ名から最後の VLAN を削除すると、VLAN グループが削除されます。

アクティブVLANがグループにマッピングされると、VLAN グループを削除できます。VLAN グループを削除すると、グループ内の VLAN で認証ステートであるポートまたはユーザは削除されませんが、VLAN グループに対する VLAN マッピングは削除されます。

vlan 値または all キーワードを指定しないで clear dot1x vlan-group vlan_group_name コマンドを入力すると、VLAN グループ全体が削除されます。

次に、VLAN グループから VLAN を削除する例を示します。

Console> (enable) clear dot1x vlan-group engg-dept 4
Vlan 4 is successfully cleared from vlan group engg-dept
Console> (enable)
 

次に、VLAN グループから最終 VLAN を削除したときに表示するメッセージを示します。

Console> (enable) clear dot1x vlan-group engg-dept 3
No active vlans are mapped to this vlan group engg-dept, Clearing this vlan group
Console> (enable)
 

次に、VLAN グループ全体を削除する例を示します。

Console> (enable) clear dot1x vlan-group engg-dept all
Dot1x vlan group engg-dept is cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set dot1x
show dot1x

clear ftp

FTP(ファイル転送プロトコル)パラメータを削除するには、 clear ftp コマンドを使用します。

clear ftp [ username | password ]

 
構文の説明

username

(任意)FTP 接続のユーザ名を削除します。

password

(任意)FTP 接続のパスワードを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

キーワードを指定しない場合は、すべての FTP パラメータが削除されます。

次に、FTP 接続のユーザ名を削除する例を示します。

Console> (enable) clear ftp username
Console> (enable)
 

次に、FTP 接続のパスワードを削除する例を示します。

Console> (enable) clear ftp password
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ftp
show ftp

clear gmrp statistics

指定された VLAN(仮想 LAN)またはすべての VLAN の GMRP 統計情報をすべて削除するには、 clear gmrp statistics コマンドを使用します。

clear gmrp statistics { vlan | all }

 
構文の説明

vlan

VLAN の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

all

すべての VLAN を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、すべての VLAN の GMRP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear gmrp statistics all
GMRP statistics cleared.
Console> (enable)
 

次に、VLAN 1 の GMRP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear gmrp statistics 1
GMRP statistics cleared from VLAN 1.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show gmrp statistics

clear gvrp statistics

すべての GARP VLAN Registration Protocol(GVRP)統計情報を削除するには、clear gvrp statistics コマンドを使用します。

clear gvrp statistics { mod/port | all }

 
構文の説明

mod/port

モジュールとポートの番号

all

すべてのポートを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、すべての GVRP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear gvrp statistics all
GVRP statistics cleared for all ports.
Console> (enable)
 

次に、モジュール 2 のポート 1 の GVRP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear gvrp statistics 2/1
GVRP statistics cleared on port 2/1.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set gvrp
show gvrp configuration

clear igmp statistics

Internet Group Management Protocol(IGMP)スヌーピング統計情報を削除するには、 clear igmp statistics コマンドを使用します。

clear igmp statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、IGMP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear igmp statistics
IGMP statistics cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set igmp
show igmp statistics

clear ip alias

set ip alias コマンドを使用して設定された IP エイリアスを削除するには、 clear ip alias コマンドを使用します。

clear ip alias { name | all }

 
構文の説明

name

削除する IP アドレスのエイリアス

all

設定済みの IP アドレス エイリアスをすべて削除するように指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、定義済みの IP エイリアス babar を削除する例を示します。

Console> (enable) clear ip alias babar
IP alias deleted.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ip alias
show ip alias

clear ip dns domain

デフォルトの Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)ドメイン名を削除するには、 clear ip dns domain コマンドを使用します。

clear ip dns domain

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、デフォルトの DNS ドメイン名を削除する例を示します。

Console> (enable) clear ip dns domain
Default DNS domain name cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ip dns domain
show ip dns

clear ip dns server

Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)サーバのリストから DNS サーバを削除するには、 clear ip dns server コマンドを使用します。

clear ip dns server { ip_addr | all }

 
構文の説明

ip_addr

削除する DNS サーバの IP アドレス。DNS を通して解決できる IP エイリアスまたはホスト名も使用できます。

all

DNS サーバ リスト内のすべての IP アドレスを削除するように指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、DNS サーバ リストから IP アドレスが 198.92.30.32 である DNS サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear ip dns server 198.92.30.32
198.92.30.32 cleared from DNS table.
Console> (enable)
 

次に、DNS サーバ リストからすべての DNS サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear ip dns server all
All DNS servers cleared
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ip dns server
show ip dns

clear ip permit

指定された IP アドレスとマスク、またはすべてのアドレスとマスクを許可リストから削除するには、 clear ip permit コマンドを使用します。

clear ip permit all

clear ip permit { ip_addr } [ mask ] [ telnet | ssh | snmp | all ]

 
構文の説明

ip_addr

削除する IP アドレス。Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)を通して解決できる IP エイリアスまたはホスト名も使用できます。

mask

(任意)指定された IP アドレスのサブネット マスク

telnet

(任意)Telnet 許可リストのエントリを削除します。

ssh

(任意)Secure Shell(SSH; セキュア シェル)許可リストのエントリを削除します。

snmp

(任意)SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)許可リストのエントリを削除します。

all

(任意)すべての許可リストを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear ip permit all コマンドを使用すると、許可リストが削除されますが、IP 許可機能の状態は変更されません。IP 許可機能がイネーブルの場合に、許可リストからすべての IP アドレスが削除されると、警告が表示されます。デフォルト(255.255.255.255)以外のマスクが設定されている場合に、特定のエントリを削除するには、アドレスとマスクを両方とも指定する必要があります。

telnet ssh snmp 、または all キーワードを指定しない場合は、SNMP 許可リストと Telnet 許可リストの両方から IP アドレスが削除されます。

次に、IP アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear ip permit 172.100.101.102
172.100.101.102 cleared from IP permit list.
Console> (enable)
 
Console> (enable) clear ip permit 172.160.161.0 255.255.192.0 snmp
172.160.128.0 with mask 255.255.192.0 cleared from snmp permit list.
Console> (enable)
 
Console> (enable) clear ip permit 172.100.101.102 telnet
172.100.101.102 cleared from telnet permit list.
Console> (enable)
 
Console> (enable) clear ip permit all
IP permit list cleared.
WARNING
IP permit list is still enabled.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ip permit
show ip permit

clear ip route

IP ルーティング テーブルのエントリを削除するには、 clear ip route コマンドを使用します。

clear ip route destination gateway

 
構文の説明

destination

ホストまたはネットワークのIPアドレス。Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)を通して解決できる IP エイリアスまたはホスト名も使用できます。

gateway

ゲートウェイ ルータのIPアドレスまたはエイリアス

 
デフォルト

デフォルトは destination です。宛先がアクティブなデフォルト ゲートウェイでない場合は、実際の宛先がデフォルトになります。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、 clear ip route コマンドを使用してルーティング テーブル エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear ip route 134.12.3.0 elvis
Route deleted.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ip route
show ip route

clear kerberos clients mandatory

ネットワークのサービスに対して必須の Kerberos 認証をディセーブルにするには、 clear kerberos clients mandatory コマンドを使用します。

clear kerberos clients mandatory

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

Kerberos クライアントは必須に設定されていません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Kerberos 認証が必須でない場合に、Kerberos 認証に失敗すると、アプリケーションはそのネットワーク サービスのデフォルトの認証方式を使用して、ユーザを認証しようとします。たとえば、Telnet の場合はパスワードが要求されます。

次に、必須の Kerberos 認証を削除する例を示します。

Console> (enable) clear kerberos clients mandatory
Kerberos clients mandatory cleared
Console> (enable)

clear kerberos credentials forward

証明書の転送をディセーブルにするには、 clear kerberos credentials forward コマンドを使用します。

clear kerberos credentials forward

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、転送はディセーブルです。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Ticket Granting Ticket(TGT; 身分証明書)を所有しているユーザが Kerberos 対応スイッチの認証を受ける場合は、TGT を使用して、ネットワーク内のホストの認証を受けることができます。証明書の転送がディセーブルの場合に、ユーザがホストの認証を受けたあとで証明書を表示しようとすると、Kerberos の証明書が存在しないことを示す出力になります。

次に、Kerberos の証明書転送をディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) clear kerberos credentials forward
Kerberos credentials forwarding disabled
Console> (enable)

clear kerberos creds

Kerberos の証明書をすべて削除するには、 clear kerberos creds コマンドを使用します。

clear kerberos creds

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Ticket Granting Ticket(TGT; 身分証明書)を所有しているユーザが Kerberos 対応スイッチの認証を受ける場合は、TGT を使用して、ネットワーク内のホストの認証を受けることができます。

次に、Kerberos の証明書をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear kerberos creds
Console> (enable)

clear kerberos realm

Kerberos レルム名と Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)ドメイン名またはホスト名を対応付けるエントリを削除するには、 clear kerberos realm コマンドを使用します。

clear kerberos realm { dns_domain | host } kerberos_realm

 
構文の説明

dns_domain

Kerberos レルムに対応する DNS ドメイン名

host

Kerberos レルムに対応する IP アドレスまたは名前

kerberos_realm

Kerberos レルムの IP アドレスまたは名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Kerberos レルム名と DNS ドメイン名またはホスト名を対応付けるには、 set kerberos realm コマンドを使用します。

次に、Kerberos レルムをドメイン名に対応付けるエントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear kerberos realm CISCO CISCO.COM
Kerberos DnsDomain-Realm entry CISCO - CISCO.COM deleted
Console> (enable)

clear kerberos server

指定された Key Distribution Center(KDC; 鍵発行局)エントリを削除するには、 clear kerberos server コマンドを使用します。

clear kerberos server kerberos_realm { hostname | ip_address } [ port_number ]

 
構文の説明

kerberos_realm

Kerberos レルムの名前

hostname

KDC が稼働しているホストの名前

ip_address

KDC が稼働しているホストの IP アドレス

port_number

(任意)モジュール上のポート番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Kerberos レルムで使用する KDC をスイッチに対して指定できます。このコマンドを使用すると、テーブルからサーバ エントリが削除されます。

次に、スイッチに入力された KDC サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear kerberos server CISCO.COM 187.0.2.1 750
Kerberos Realm-Server-Port entry CISCO.COM-187.0.2.1-750 deleted
Console> (enable)

 
関連コマンド

set kerberos server
show kerberos

clear key config-key

3DES 秘密鍵を削除するには、 clear key config-key コマンドを使用します。

clear key config-key string

 
構文の説明

string

3DES 鍵の名前。8 バイト以下でなければなりません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、3DES 秘密鍵を削除する方法を示します。

Console> (enable) clear key config-key abcd
Kerberos config key deleted
Console> (enable)

 
関連コマンド

set key config-key

clear l2protocol-tunnel cos

すべての入力トンネリング ポートのレイヤ 2 プロトコル トンネリング Class of Service(CoS; サービス クラス)値を削除するには、 clear l2protocol-tunnel cos コマンドを使用します。

clear l2protocol-tunnel cos

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

CoS 値は 5 に復元されます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、レイヤ 2 プロトコル トンネリングの CoS 値を削除する例を示します。

Console> (enable) clear l2protocol-tunnel cos
Default Cos set to 5.
Console> (enable)

clear l2protocol-tunnel statistics

特定のポートまたはすべてのトンネリング ポートのレイヤ 2 プロトコル トンネリング統計情報を削除するには、 clear l2protocol-tunnel statistics コマンドを使用します。

clear l2protocol-tunnel statistics [ mod/port ]

 
構文の説明

mod/port

(任意)モジュール番号とモジュール上のポート番号詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

モジュールおよびポートの番号を指定しない場合は、すべてのトンネリング ポートおよびすべての VLAN(仮想 LAN)のレイヤ 2 プロトコル トンネリング統計情報が削除されます。

次に、単一ポートのレイヤ 2 プロトコル トンネリング統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear l2protocol-tunnel statistics 7/1
Layer 2 Protocol Tunneling statistics cleared on port 7/1.
Console> (enable)

clear lacp-channel statistics

Link Aggregation Control Protocol(LACP)統計情報を削除するには、 clear lacp-channel statist ics コマンドを使用します。

clear lacp-channel statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

Port Aggregation Protocol(PAgP)と LACP の違いについては、『 Catalyst 6500 Series Switch Software Configuration Guide 』の「Configuring EtherChannel」の章の「Guidelines for Port Configuration」を参照してください。

次に、LACP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear lacp-channel statistics
LACP channel counters are cleared.
Console> (enable)

clear lda

スイッチから Accelerated Server Load Balancing(ASLB)Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)エントリまたは MAC(メディア アクセス制御)アドレスを削除するには、 clear lda コマンドを使用します。

clear lda mls

clear lda mls [ destination ip_addr_spec ] [ source ip_addr_spec ] [ protocol protocol src-port src_port dst-port dst_port ]

clear lda vip { all | vip | vip tcp_port }

clear lda mac { all | router_mac_address }

 
構文の説明

mls

LocalDirector Accelerator(LDA)MLS エントリを削除します。

destination ip_addr_spec

(任意)完全な 宛先 IP アドレス またはサブネット アドレス。フォーマットは ip_addr ip_addr/netmask、 または ip_addr/maskbit です。

source ip_addr_spec

(任意)完全な 送信元 IP アドレス またはサブネット アドレス。フォーマットは ip_addr ip_addr/netmask、 または ip_addr/maskbit です。

protocol protocol

(任意) 照合する追加フロー情報(プロトコル ファミリーおよびプロトコル ポートのペア)を指定します。有効な値は tcp、udp、icmp、または他のプロトコル ファミリーを表す 10 進数です。

src-port src_port

(任意)TCP/UDP 送信元ポートの番号を指定します(10 進数)。プロトコルが tcp または udp の場合は、ポート ペアを指定するため dst-port とともに使用されます。 0 は、「無視」を示します。

dst-port dst_port

(任意)TCP/UDP 宛先ポートの番号を指定します(10 進数)。プロトコルが tcp または udp の場合に、 src-port と併用してポート ペアを指定します。 0 は「無視」を示します。

vip all

すべての VIP ペア( set lda コマンドを使用して設定)を削除します。

vip vip

VIP を指定します。

vip vip tcp_port

VIP とポートのペアを指定します。

mac all

すべての ASLB ルータ MAC アドレスを削除します。

mac router_mac_ address

特定のルータの MAC アドレスを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、Layer 3 Switching Engine WS-F6K-PFC(Policy Feature Card[PFC; ポリシー フィーチャ カード])を搭載した Supervisor Engine 1 を持つスイッチのみでサポートされます。

destination キーワードは宛先 IP アドレス仕様と一致するエントリを指定し、source キーワードは送信元 IP アドレス仕様と一致するエントリを指定します。また、ip_addr_spec キーワードを入力すると、完全な IP アドレスまたはサブネット アドレスを指定できます。キーワードを指定しない場合は、ワイルドカードとして処理され、すべてのエントリが表示されます。

ip_addr_spec 値を入力する場合は、 次のいずれかのフォーマットで完全な IP アドレスまたはサブネット アドレスを指定します。 ip_addr、 ip_addr/netmask、 または ip_addr/maskbit です。

どのキーワードも入力しない場合は、スイッチから LD が削除され、NVRAM(不揮発性 RAM)から LD 設定が削除されます。

キーワードを指定しないでclear lda mls コマンドを入力した場合は、すべての ASLB MLS エントリが削除されます。

次に、特定の宛先アドレスの ASLB MLS エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear lda mls destination 172.20.26.22
MLS IP entry cleared.
Console> (enable)
 

次に、VIP およびポートのペア(VIP 10.0.0.8、ポート 8)を削除する例を示します。

Console> (enable) clear lda vip 10.0.0.8 8
Successfully deleted vip/port pairs.
Console> (enable)
 

次に、すべての ASLB ルータの MAC アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear lda mac all
Successfully cleared Router MAC address.
Console> (enable)
 

次に、特定の ASLB ルータの MAC アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear lda mac 1-2-3-4-5-6
Successfully cleared Router MAC address.
Console> (enable)

 
関連コマンド

commit lda
set lda
show lda

clear localuser

スイッチからローカル ユーザ アカウントを削除するには、 clear localuser コマンドを使用します。

clear localuser name

 
構文の説明

name

ローカル ユーザ アカウントを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ローカル ユーザ アカウントを削除する例を示します。

Console> (enable) clear localuser troy
Local user cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set localuser
show localuser

clear log

モジュール、システム エラー ログ、またはダンプ ログのエントリを削除するには、 clear log コマンドを使用します。

clear log [ mod ]

clear log dump

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号

dump

ダンプ ログ エントリを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

モジュール番号を指定しない場合は、システム全体のシステム エラー ログが削除されます。

次に、システム エラー ログを削除する例を示します。

Console> (enable) clear log
System error log cleared.
Console> (enable)
 

次に、ダンプ ログを削除する例を示します。

Console> (enable) clear log dump
Console> (enable)

 
関連コマンド

show log

clear log command

コマンド ログ エントリ テーブルを削除するには、 clear log command コマンドを使用します。

clear log command [ mod ]

 
構文の説明

mod

(任意)モジュール番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

コマンド ログ エントリ テーブルは、コンソールまたは Telnet からスイッチに送信されたコマンドのヒストリ ログです。

次に、スイッチのコマンド ログ テーブルを削除する例を示します。

Console> (enable) clear log command
Local-log cleared
Console> (enable)
 

次に、スーパバイザ エンジンのコマンド ログ テーブルを削除する例を示します。

Console> (enable) clear log command 5
Module 5 log cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show log command

clear logging buffer

システム ロギング バッファを削除するには、 clear logging buffer コマンドを使用します。

clear logging buffer

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、システム ロギング バッファを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging buffer
System logging buffer cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show logging buffer

clear logging callhome

CallHome をデフォルト値に戻したり、CallHome 機能で使用される宛先アドレスを削除するには、 clear logging callhome CallHome をコマンドを使用します。

clear logging callhome all

clear logging callhome destination { E_addr | all }

 
構文の説明

all

CallHome 機能のデフォルト値を復元します。

destination

CallHome メッセージの宛先アドレスを削除します。

E_addr

Syslog メッセージを受信する電子メールまたはページャのアドレス

all

すべての宛先アドレスを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、CallHome 機能のすべてのデフォルト値を復元する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome all
Removed all addresses from the callhome destination address table.
Cleared the from address field of callhome messages.
Cleared the reply-to address field of callhome messages.
Cleared callhome severity level to its default value of 2 (LOG_CRIT).
Removed all IP address from the callhome SMTP server table.
Callhome functionality is disabled.
Console> (enable)
 

次に、CallHome メッセージを受信するアドレス リストから宛先アドレスadminboss@cisco.comを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome destination adminboss@cisco.com
Removed adminboss@cisco.com from the table of callhome destination addresses.
Console> (enable)
 

次に、CallHome メッセージを受信するアドレス リストからすべての宛先アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome destination all
Removed all addresses from the callhome destination address table.
Console> (enable)

clear logging callhome from

CallHome 機能で使用される送信元アドレスを削除するには、 clear logging callhome from コマンドを使用します。

clear logging callhome from

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、送信元アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome from
Cleared the from address field of callhome messages.
Console> (enable)

clear logging callhome reply-to

CallHome 機能で使用される応答先アドレスを削除するには、 clear logging callhome reply-to コマンドを使用します。

clear logging callhome reply-to

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、応答先アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome reply-to
Cleared the reply-to address field of callhome messages.
Console> (enable)

clear logging callhome severity

CallHome 機能で使用される重大度を削除して、デフォルト値である 2 に戻すには、 clear logging callhome severity コマンドを使用します。

clear logging callhome severity

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、CallHome の重大度を削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome severity
Cleared callhome severity level to its default value of 2(LOG_CRIT).
Console> (enable)

clear logging callhome smtp-server

CallHome SMTP サーバ リストから SMTP サーバを削除するには、 clear logging callhome smtp-server コマンドを使用します。

clear logging callhome smtp-server { IP_addr | all }

 
構文の説明

IP_addr

SMTP サーバの IP アドレス

all

すべての IP アドレスを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、CallHome サーバ リストから SMTP サーバ 172.20.8.16 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome smtp-server 172.20.8.16
Removed 172.20.8.16 from the table of callhome SMTP servers.
Console> (enable)
 

次に、CallHome サーバ リストからすべての IP アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome smtp-server all
Removed all addresses from the callhome SMTP server table.
Console> (enable)

clear logging level

特定のファシリティまたはすべてのファシリティのロギング レベルをデフォルト設定にリセットするには、 clear logging level コマンドを使用します。

clear logging level { facility | all }

 
構文の説明

facility

リセットするファシリティの名前。 表2-1 にファシリティ タイプを示します。

all

すべてのファシリティをリセットします。

 

表2-1 ファシリティ タイプ

ファシリティ名
定義

all

すべてのファシリティ

acl

アクセス制御リスト

cdp

Cisco Discovery Protocol

cops

Common Open Policy Service Protocol

dtp

Dynamic Trunking Protocol

dvlan

ダイナミック VLAN(仮想 LAN)

earl

Enhanced Address Recognition Logic

filesys

ファイル システム ファシリティ

gvrp

GARP VLAN Registration Protocol

ip

Internet Protocol

kernel

カーネル

ld

Accelerated Server Load Balancing(ASLB;負荷分散)ファシリティ

mcast

マルチキャスト

mgmt

管理

mls

Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)

pagp

Port Aggregation Protocol

protfilt

プロトコル フィルタリング

pruning

VLAN Trunking Protocol(VTP;VLAN トランキング プロトコル)プルーニング

privatevlan

プライベート VLAN ファシリティ

qos

Quality of Service(QoS; サービス品質)

radius

Remote Access Dial-In User Service

rsvp

ReSerVation Protocol

security

セキュリティ

snmp

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)

spantree

Spanning-Tree Protocol(STP;スパニングツリー プロトコル)

sys

システム

tac

Terminal Access Controller

tcp

Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)

telnet

端末エミュレーション プロトコル

tftp

Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)

udld

User Datagram Protocol

vmps

VLANメンバーシップ ポリシー サーバ

vtp

Virtual Terminal Protocol

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、特定のファシリティをデフォルト設定にリセットする例を示します。

Console> (enable) clear logging level dtp
Current session and default severities of facility <dtp> set to factory default values.
Console> (enable)
 

次に、すべてのファシリティをデフォルト設定にリセットする例を示します。

Console> (enable) clear logging level all
Current session and default severities of all facilities set to factory default values.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set logging level
show logging

clear logging server

システム ログ サーバ テーブルから Syslog サーバを削除するには、 clear logging server コマンドを使用します。

clear logging server ip_addr

 
構文の説明

ip_addr

削除する Syslog サーバの IP アドレス

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、設定から Syslog サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging server 171.69.192.207
System log server 171.69.192.207 removed from system log server table.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set logging server
show logging

clear macro

ユーザ定義された SmartPorts マクロを削除するには、 clear macro コマンドを使用します。

clear macro name macro_name

clear macro all

clear macro variable { all | variable_name [ mod/port ]}

 
構文の説明

name

ユーザ定義された SmartPorts マクロを削除します。

macro_name

マクロの名前

all

ユーザ定義された SmartPorts マクロをすべて削除します。

variable

ユーザ定義された SmartPorts 変数を削除します。

all

すべてのポート上でユーザ定義された変数をすべて削除します。

variable_name

変数の名前

mod/port

(任意)モジュール番号とモジュール上のポート番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear macro name name_of_macro コマンドを使用してマクロを削除する場合、マクロからコマンドを削除してから、スイッチからマクロを削除します。削除するマクロを使用して適用された設定は、維持されます。削除するマクロが変数を使用する場合、またその他のマクロによって変数が使用されない場合、変数は自動的に削除されます。

次に、特定のマクロおよびその変数を削除する例を示します(その他のマクロによって変数が使用されない場合)。

Console> (enable) clear macro name videophone
 
Clearing macro videophone....
Cleared Macro videophone ....
Console> (enable)
 

次に、すべてのマクロおよびその変数を削除する例を示します。

Console> (enable) clear macro all
 
Clearing all macros....
All macros are cleared
Console> (enable)
 

次に、すべてのポートから特定の変数を削除する例を示します。

Console> (enable) clear macro variable $DATAVLAN
 
Clearing variable $DATAVLAN for all mod/ports...
 
Deleting Variable: DATAVLAN ...
Cleared variable DATAVLAN
Console> (enable)
 

次に、特定のポートから特定のマクロを削除する例を示します。

Console> (enable) clear macro variable $AUXVLAN 3/7
 
Clearing variable $AUXVLAN for mod/port.3/7..
Console> (enable)
 

次に、すべてのポートからすべてのマクロ変数を削除する例を示します。

Console> (enable) clear macro variable all
 
Clearing all variables for all mod/ports...
 
All variables in the switch are cleared
Console> (enable)

clear mls cef

Cisco Express Forwarding(CEF)サマリー統計情報を削除するには、 clear mls cef コマンドを使用します。

clear mls cef

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、Layer 3 Switching Engine II(Policy Feature Card 2[PFC2; ポリシー フィーチャ カード 2])を搭載した Supervisor Engine 2 を持つ Catalyst 6500 シリーズ スイッチでだけサポートされます。

次に、CEF サマリー情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls cef
CEF statistics cleared.

Console> (enable)

 
関連コマンド

show mls cef summary

clear mls cef rpf statistics

ハードウェア RPF チェックに失敗したパケットおよびバイトに関するカウンタをクリアするには、 clear mls cef rpf statistics コマンドを使用します。

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、ハードウェア RPF チェックに関連するカウンタのみをクリアします。RPF を設定するには、Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)の CLI(コマンドライン インターフェイス)にアクセスする必要があります。MSFC 上の CLI(コマンドライン インターフェイス)へアクセスする方法の詳細については、『 Catalyst 6500 Series MSFC Cisco IOS Command Reference, 12.2SX 』の「Command Line Interface」の章を参照してください。

次に、Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)Cisco Express Forwarding(CEF)RPF 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls cef rpf statistics
RPF statistics cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show mls cef rpf

clear mls entry

Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)エントリを削除するには、 clear mls entry コマンドを使用します。

clear mls entry [ ip | ipx ] all

clear mls entry ip destination ip_addr_spec [ source ip_addr_spec ] [ protocol protocol ] [ src-port src_port ] [ dst-port dst_port ]

clear mls entry ipx destination ipx_addr_spec

 
構文の説明

ip

(任意)IP MLS を指定します。

ipx

(任意)Internetwork Packet Exchange(IPX)MLS を指定します。

all

すべての IPX MLS エントリを削除します。

destination

宛先IPアドレスを指定します。

ip_addr_spec

完全な IP アドレスまたはサブネット アドレス。 ip_addr、 ip_addr/netmask、 または ip_addr/maskbit です。

source ip_addr_spec

(任意)送信元 IP アドレスを指定します。

protocol protocol

(任意) 照合する追加フロー情報(プロトコル ファミリーおよびプロトコル ポートのペア)を指定します。有効な値は 0 255 、または ip ipinip icmp igmp tcp udp です。

src-port src_port

(任意)送信元ポート IP アドレスを指定します。有効な値は 1 ~ 65535、 dns ftp smtp telnet x (X-Windows)、 www です。

dst-port dst_port

(任意)宛先ポート IP アドレスを指定します。有効な値は 1 ~ 65535、 dns ftp smtp telnet x (X-Windows)、 www です。

ipx_addr_spec

完全な IPX アドレスまたはサブネット アドレス。フォーマットは src_net/ [ mask ]、 dest_net.dest_node、 または dest_net/mask です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 を持つシステムではサポートされません。Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 を持つシステムのエントリを削除するには、 clear mls entry cef コマンドを入力する必要があります。

IPX アドレス構文を入力する場合、次のフォーマットを使用します。

IPX ネット アドレス ― 1..FFFFFFFE

IPX ノードアドレス ― x.x.x(ここでは、x は 0..FFFF)

IPX アドレス ― ipx_net.ipx_node(3.0034.1245.AB45、A43.0000.0000.0001 など)

16 までのルータを明示的に MLS-RP(ルート プロセッサ)として組み込むことができます。

MLS としてルータを使用するには、次の条件を満たす必要があります。

ルータが(明示的に、または自動的のどちらかで)MLS-SE(スイッチング エンジン)に組み込まれる必要があります。

MLS 機能が、Catalyst 6500 シリーズ スイッチでイネーブルにされている必要があります。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチは、ルータの MAC(メディア アクセス制御)-VLAN(仮想 LAN)ペアを認識している必要があります。

IP サブネット アドレスを指定するには、次の構文を使用します。

ip_subnet_addr ― ショート サブネット アドレス フォーマットです。IP アドレス YY.YY.YY.00 の末尾の 10 進数 00 は、IP サブネット アドレスの境界を指定します。たとえば、172.22.36.00 は 24 ビット サブネット アドレス(サブネット マスク172.22.36.00/255.255.255.0)を示し、173.24.00.00 は 16 ビット サブネット アドレス(サブネット マスク 173.24.00.00/255.255.0.0)を示します。ただし、このフォーマットで識別できるのは、8、16、または 24 ビットのサブネット アドレスのみです。

ip_addr/subnet_mask ― ロング サブネット アドレス フォーマットです。たとえば、
172.22.252.00/255.255.252.00 は、22 ビット サブネット アドレスを示します。このフォーマットは、任意のビット数のサブネット アドレスを指定できます。より柔軟に指定するには、 ip_addr に 172.22.253.1/255.255.252.00 のような完全ホスト アドレスを指定します。

ip_addr/maskbits ― 簡易ロング サブネット アドレス フォーマットです。マスク ビットは、ネットワーク マスクのビット数を指定します。たとえば、172.22.252.00/22 は、22 ビット サブネット アドレスを示します。 ip_addr は、193.22.253.1/22 のような完全ホスト アドレスになり、
ip_subnet_addr と同じサブネット アドレスを持ちます。

clear mls entry コマンドにall 引数を指定しない場合は、少なくとも 3 つのキーワードの中の 1 つ(source destination 、または protocol 、およびその引数を指定する必要があります。

src_port および dest_port に値を指定しないか、0 を指定した場合は、すべてのエントリが削除されます。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチから Multilayer Switch Module(MSM)を取り外すと、すぐに包含リストから MSM が削除されて、MSM の MLS エントリがすべて削除されます。

次に、宛先 IP アドレスが 172.20.26.22 である MLS エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls entry destination 172.20.26.22
Multilayer switching entry cleared.
Console> (enable)
 

次に、宛先 IP アドレスが 172.20.26.22 である特定の IP MLS エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls entry ip destination 172.20.26.22 source 172.20.22.113 protocol tcp 520 320
Multilayer switching entry cleared
Console> (enable)
 

次に、特定の宛先 IPX アドレスに対する特定の IPX MLS エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls entry ipx destination 1.00e0.fefc.6000 source 3.0034.1245.AB45
IPX Multilayer switching entry cleared
Console> (enable)

 
関連コマンド

show mls entry

clear mls entry cef

Cisco Express Forwarding(CEF)隣接統計情報を削除するには、 clear mls entry cef コマンドを使用します。

clear mls entry cef adjacency

clear mls entry cef ip [[ ip_addr ]/ mask_len ] adjacency

clear mls entry cef ipx [[ ipx_addr ] /mask_len ] adjacency

 
構文の説明

ip

IP エントリを指定します。

ipx

Internetwork Packet Exchange(IPX)エントリを指定します。

ip_addr

(任意)エントリの IP アドレス

/mask_len

(任意)エントリの IP または IPX アドレスに対応するマスク長。有効な値は 0 32 です。

ipx_addr

(任意)エントリの IPX アドレス

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドをサポートするのは、Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 を持つ Catalyst 6500 スイッチです。

Layer 3 Switching Engine WS-F6K-PFC(PFC;ポリシー フィーチャ カード)を搭載した Supervisor Engine 1 を持つシステムの Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)エントリを削除するには、 clear mls entry コマンドを入力します。

ipx_addr 値は 32 ビットの 16 進数で入力します。

次に、CEF エントリに対応するすべての隣接統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls cef entry adjacency
Adjacency statistics has been cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show mls entry cef

clear mls exclude protocol

set mls exclude protocol コマンドを使用してショートカットから除外されたプロトコル ポートを削除するには、 clear mls exclude protocol コマンドを使用します。

clear mls exclude protocol tcp | udp | both port

 
構文の説明

tcp

TCP ポートを指定します。

udp

UDP ポートを指定します。

both

ポートが TCP および UDP トラフィックの両方に適用されるように指定します。

port

ポート番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ハードウェア スイッチングされるようにプロトコル ポートの TCP パケットを設定する例を示します。

Console> (enable) clear mls exclude protocol tcp 25
TCP packets with protocol port 25 will be MLS switched.
Console> (enable)

clear mls multicast statistics

スイッチの Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)に保持される Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)マルチキャスト統計情報を削除するには、 clear mls multicast statistics コマンドを使用します。

clear mls multicast statistics [ mod ]

 
構文の説明

mod

(任意)Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)番号。有効な値は 15 および 16 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

MLS が組み込まれていない Catalyst 6500 シリーズ スイッチに clear mls multicast statistics コマンドを入力すると、次の警告メッセージが表示されます。

MLS Multicast is not supported on feature card.
 

スロット 1 に搭載されたスーパバイザ エンジンの MSFC は、モジュール 15 として認識されます。スロット 2 に搭載されたスーパバイザ エンジンの MFSC は、モジュール 16 として認識されます。

mod オプションは、Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 を持つスイッチではサポートされません。

次に、Layer 3 Switching Engine WS-F6K-PFC(Policy Feature Card [PFC; ポリシー フィーチャ カード])を搭載した Supervisor Engine 1 を持つスイッチの MLS 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls multicast statistics
All statistics for the MLS routers in include list are cleared.
Console> (enable)
 

次に、Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 を持つスイッチの MLS 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls multicast statistics
All statistics cleared.
Console> (enable)

clear mls nde

プライマリおよびセカンダリ NetFlow Data Export(NDE;NetFlow データ エクスポート)コレクタ宛先を削除し、NDE をディセーブルにするには、 clear mls nde コマンドを使用します。

clear mls nde [ IP_address port ]

 
構文の説明

IP_address

(任意)特定の NDE コレクタ宛先の IP アドレス

port

(任意)特定の NDE コレクタ宛先のポート

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

IP アドレスおよびポート番号なしで clear mls nde コマンドを入力すると、プライマリおよびセカンダリ NDE コレクタ宛先を削除し、NDE をディセーブルにします。特定の NDE コレクタ宛先を削除するには、宛先に IP アドレスとポートを指定する必要があります。IP アドレスが有効な NDE コレクタ宛先を指定しない場合、コマンドは拒否されます。

次に、プライマリおよびセカンダリ コレクタ両方を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls nde
Collector’s IP address cleared.
Secondary Collector IP address cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定のコレクタ宛先を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls nde 10.6.1.10 9939
Cleared Collector IP 10.6.1.10 port 9939
Console> (enable)
 

次に、IP アドレスが有効な NDE コレクタ宛先を指定しない場合に表示するメッセージを示します。

Console> (enable) clear mls nde 10.6.1.10 1111
Specified address not a valid collector
Console> (enable)

 
関連コマンド

set mls nde
show mls nde

clear mls nde flow

Catalyst 6500 シリーズ スイッチの NetFlow Data Export(NDE;NetFlow データ エクスポート)フィルタをリセットするには、 clear mls nde flow コマンドを使用します。

clear mls nde flow

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

除外フィルタおよび包含フィルタを両方とも削除すると、すべてのフローがエクスポートされます。

次に、NDE 除外フィルタおよび包含フィルタを削除して、すべてのフローをエクスポートする例を示します。

Console> (enable) clear mls nde flow
Netflow data export filter cleared.
Console> (enable)

clear mls statistics

ハードウェアに組み込まれた Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)統計情報エントリを削除するには、 clear mls statistics コマンドを使用します。

clear mls statistics

clear mls statistics protocol { protocol port } | all

 
構文の説明

statistics

スイッチングされたすべてのパケットおよびエクスポートされたすべてのパケット(NetFlow Data Export[NDE;NetFlow データ エクスポート]の場合)を削除します。

statistics protocol

統計情報収集用のプロトコルを削除します。

protocol

プロトコル統計情報リスト内のプロトコルの番号

port

ポートの番号

all

統計情報プロトコル リストからすべてのエントリを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

MLS としてルータを使用するには、次の条件を満たす必要があります。

ルータが(明示的に、または自動的のどちらかで)MLS-SE(スイッチング エンジン)に組み込まれる必要があります。

MLS 機能が、Catalyst 6500 シリーズ スイッチでイネーブルにされている必要があります。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチは、ルータの MAC(メディア アクセス制御)-VLAN(仮想 LAN)ペアを認識している必要があります。

MLS が組み込まれていない Catalyst 6500 シリーズ スイッチに clear mls statistics コマンドを入力すると、次の警告メッセージが表示されます。

Feature not supported in hardware.
 

Catalyst 6500 シリーズ スイッチから Multilayer Switch Module(MSM)を取り外すと、すぐに包含リストから MSM が削除されて、MSM の MLS エントリがすべて削除されます。

次に、スイッチングされるすべてのパケットおよびエクスポートされるすべてのパケット(NDE の場合)を含めて、IP MLS 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls statistics
Netflow data export statistics cleared.
Console> (enable)
 

次に、統計情報収集からプロトコル 17、ポート 19344 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls statistics protocol 17 19344
Protocol 17 port 1934 cleared from protocol statistics list.
Console> (enable)

clear mls statistics entry

Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)エントリの統計情報を削除するには、 clear mls statistics entry コマンドを使用します。

clear mls statistics entry [ ip | ipx ] all

clear mls statistics entry ip [ destination ip_addr_spec ] [ source ip_addr_spec ] [ protocol protocol ] [ src-port src_port ] [ dst-port dst_port ]

clear mls statistics entry ipx destination ipx_addr_spec

 
構文の説明

ip

(任意)IP MLS を指定します。

ipx

(任意)Internetwork Packet Exchange(IPX)MLS を指定します。

all

一致するすべての MLS エントリを削除します。

destination

(任意)宛先 IP アドレスを指定します。

ip_addr_spec

(任意)完全な IP アドレスまたはサブネット アドレス。
ip_addr、ip_addr/netmask、 または ip_addr/maskbit です。

source

(任意)送信元 IP アドレスを指定します。

protocol protocol

(任意) 照合する追加フロー情報(プロトコル ファミリーおよびプロトコル ポートのペア)を指定します。有効な値は 0 ~ 255、または ip ipinip icmp igmp tcp 、および udp です。

src-port src_port

(任意)送信元ポート IP アドレスを指定します。有効な値は 1 65535 dns ftp smtp telnet x (X-Windows)、 www です。

dst-port dst_port

(任意)宛先ポート IP アドレスを指定します。有効な値は 1 65535 dns ftp smtp telnet x (X-Windows)、 www です。

ipx_addr_spec

完全な IPX アドレスまたはサブネット アドレス。フォーマットは src_net/ [ mask ]、 dest_net.dest_node、 または dest_net/mask です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

ip キーワードを指定した場合、またはキーワードを指定しなかった場合、このコマンドは IP MLS をサポートします。 ipx キーワードを指定した場合、このコマンドは IPX のみをサポートします。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチから Multilayer Switch Module(MSM)を取り外すと、すぐに包含リストから MSM が削除されて、MSM の MLS エントリがすべて削除されます。

IPX アドレス構文を入力する場合、次のフォーマットを使用します。

IPX ネット アドレス ― 1..FFFFFFFE

IPX ノードアドレス ― x.x.x(ここでは、x は 0..FFFF)

IPX アドレス ― ipx_net.ipx_node(3.0034.1245.AB45、A43.0000.0000.0001 など)

16 までのルータを明示的に MLS-RP(ルート プロセッサ)として組み込むことができます。

MLS としてルータを使用するには、次の条件を満たす必要があります。

ルータが(明示的に、または自動的のどちらかで)MLS-SE(スイッチング エンジン)に組み込まれる必要があります。

MLS 機能が、Catalyst 6500 シリーズ スイッチでイネーブルにされている必要があります。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチは、ルータの MAC(メディア アクセス制御)-VLAN(仮想 LAN)ペアを認識している必要があります。

IP サブネット アドレスを指定するには、次の構文を使用します。

ip_subnet_addr ― ショート サブネット アドレス フォーマットです。IP アドレス YY.YY.YY.00 の末尾の 10 進数 00 は、IP サブネット アドレスの境界を指定します。たとえば、172.22.36.00 は 24 ビット サブネット アドレス(サブネット マスク172.22.36.00/255.255.255.0)を示し、173.24.00.00 は 16 ビット サブネット アドレス(サブネット マスク 173.24.00.00/255.255.0.0)を示します。ただし、このフォーマットで識別できるのは、8、16、または 24 ビットのサブネット アドレスのみです。

ip_addr/subnet_mask ― ロング サブネット アドレス フォーマットです。たとえば、
172.22.252.00/255.255.252.00 は、22 ビット サブネット アドレスを示します。このフォーマットは、任意のビット数のサブネット アドレスを指定できます。より柔軟に指定するには、 ip_addr に 172.22.253.1/255.255.252.00 のような完全ホスト アドレスを指定します。

ip_addr/maskbits ― 簡易ロング サブネット アドレス フォーマットです。マスク ビットは、ネットワーク マスクのビット数を指定します。たとえば、172.22.252.00/22 は、22 ビット サブネット アドレスを示します。 ip_addr は、193.22.253.1/22 のような完全ホスト アドレスになり、 ip_subnet_addr と同じサブネット アドレスを持ちます。

src_portおよびdest_portの値が 0 の場合は、すべてのエントリが削除されます。指定されていないオプションはワイルドカードとして扱われ、エントリがすべてクリアされます。

MLS が組み込まれていない Catalyst 6500 シリーズ スイッチに clear mls コマンドを入力すると、次のメッセージが表示されます。

Feature not supported in hardware.

次に、特定の MLS エントリをすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls statistics entry ip all
Multilayer switching entry cleared
Console> (enable)
 

次に、特定の宛先 IPX アドレスに対する特定の IPX MLS エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear mls statistics entry ipx destination 1.0002.00e0.fefc.6000
MLS IPX entry cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show mls

clear module password

password username Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)コマンドで設定されたパスワードを削除するには、 clear module password コマンドを使用します。

clear module password mod

 
構文の説明

mod

NAM の番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドがサポートされるのは、NAM のみです。

password username コマンドは NAM コマンドです。スーパバイザ エンジン コンソール コマンドではありません。

パスワードが正常に削除されると、メッセージが表示されます。メッセージの例については、「例」を参照してください。

次に、NAM のパスワードを削除する例を示します。

Console> (enable) clear module password 6
Module 6 password cleared.
Console> (enable) 2000 Apr 07 11:03:06 %SYS-5-MOD_PASSWDCLR:Module 6 password cl
eared from telnet/10.6.1.10/tester
Console> (enable)

 
関連コマンド

password (『 NAM Installation and Configuration Note 』を参照

clear msfcautostate

Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)autostate 設定を削除するには、 clear msfcautostate コマンドを使用します。

clear msfcautostate { all | mod/ports }

 
構文の説明

all

すべてのポートの MSFC autostate 設定を削除します。

mod/ports

MSFC autostate 設定を削除するモジュール番号およびポート番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、すべての MSFC autostate 設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear msfcautostate all
Console> (enable)
 

次に、特定のポートで MSFC autostate 設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear msfcautostate 3/1
MSFC autostate config cleared on excluded port 3/1
Console> (enable)

clear multicast router

マルチキャスト ルータ ポート リストから、手動で設定されたマルチキャスト ルータ ポートを削除するには、 clear multicast router コマンドを使用します。

clear multicast router { mod/port | all }

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

all

すべてのマルチキャスト ルータ ポートを削除するように指定します。

 
デフォルト

デフォルト設定では、マルチキャスト ルータ ポートが設定されていません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、モジュール 3 のマルチキャスト ルータ ポート 1 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear multicast router 3/1
Port 3/1 cleared from multicast router port list.
Console> (enable)

clear ntp server

Network Time Protocol(NTP)サーバ テーブルからサーバを 1 つ以上削除するには、 clear ntp server コマンドを使用します。

clear ntp server { ip_addr | all }

 
構文の説明

ip_addr

サーバ テーブルから削除するサーバの IP アドレス

all

サーバ テーブル内のすべてのサーバ アドレスを削除するように指定します。

 
デフォルト

デフォルト設定では、NTP サーバは設定されていません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、サーバ テーブルから特定の NTP サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear ntp server 172.20.22.191
NTP server 172.20.22.191 removed.
Console> (enable)
 

次に、サーバ テーブルからすべての NTP サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear ntp server all
All NTP servers cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ntp server
show ntp

clear ntp timezone

タイム ゾーンをデフォルトである Coordinated Universal Time(UTC; 協定世界時)に戻すには、 clear ntp timezone コマンドを使用します。

clear ntp timezone

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトのタイム ゾーンは UTC です。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear ntp timezone コマンドが機能するのは、Network Time Protocol(NTP)が稼働している場合のみです。時間を手動で設定し、NTP を解除した場合は、 clear ntp timezone コマンドが無効になります。

次に、タイム ゾーンの設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear ntp timezone
This command will clear NTP timezone and summertime zonename
Do you want to continue (y/n) [n]? y
Timezone name and offset cleared
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ntp timezone
show ntp

clear pbf

PFC2 の MAC(メディア アクセス制御)アドレスを削除するには、 clear pbf コマンドを使用します。

clear pbf

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

PBF の詳細については、『 Catalyst 6500 Series Switch Software Configuration Guide 』 Chapter 16 「Configuring Access Control」の「Configuring Policy-Based Forwarding」を参照してください。

Console> (enable) clear pbf
PBF cleared
Console> (enable)

 
関連コマンド

set pbf
show pbf

clear pbf arp-inspection

クライアント リストまたはゲートウェイの Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)から
Address Resolution Protocol(ARP)検査 Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)を削除するには、 clear pbf arp-inspection コマンドを使用します。

clear pbf arp-inspection list_name

 
構文の説明

list_name

クライアント リストまたはゲートウェイ リスト

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

ARP 検査 ACE が PBF ACL から削除された場合、スーパバイザ エンジンは ARP 要求に応答しません。

次に、クライアント リストの ACL から ARP 検査 ACE を削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf arp-inspection cl1
.ccl1 editbuffer modified. Use 'commit' command to save changes.
Console> (enable) ACL commit in progress.
 
ACL '.ccl1' successfully committed.
Console> (enable)

clear pbf client

リストから 1 つまたはすべてのクライアントを削除するには、 clear pbf client コマンドを使用します。

clear pbf client client_list [ ip_addr ]

 
構文の説明

client_list

クライアント リスト名

ip_addr

(任意)IPアドレス

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Policy-Based Forwarding(PBF)マップが所定の場所にないときにのみ、 clear pbf client コマンドを使用できます。

次に、クライアント リストを削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf client cl1
.c0001cl1 editbuffer modified. Use 'commit' command to apply changes.
Console> (enable) Commit operation successfull.
Console> (enable)
 

次に、PBF マップが所定の場所にあるときで、クライアント リストを削除する場合に表示するメッセージを示します。

Console> (enable) clear pbf client cl1
Operation failed: clear pbf-map first.
Console> (enable)

clear pbf gw

1 つまたはすべてのゲートウェイを削除するには、 clear pbf gw コマンドを使用します。

clear pbf gw gw_name [ ip_addr ]

 
構文の説明

gw_name

ゲートウェイ名

ip_addr

(任意)IP アドレス

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Policy-Based Forwarding(PBF)マップが所定の場所にないときにのみ、 clear pbf gw コマンドを使用できます。

次に、ゲートウェイ リストを削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf gw gw1
.g0002gw1 editbuffer modified. Use 'commit' command to apply changes.
Commit operation successfull.

Console> (enable)

clear pbf-map

Policy-Based Forwarding(PBF)マップ情報を削除するには、 clear pbf-map コマンドを使用します。

clear pbf-map { vlan vlan } | all | { ip_addr_1 } { mac_addr_1 } { vlan_1 } { ip_addr_2 } { mac_addr_2 } { vlan_2 }

clear pbf-map { client_list } { gw_name }

 
構文の説明

vlan vlan

名前が PBF_MAP_ACL_ vlan である Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)、およびこの ACL で使用される隣接テーブルを削除します。

all

set pbf-map コマンドを入力して作成されたすべての隣接情報および ACL を削除します。

ip_addr_1

ホスト 1 の IP アドレス

mac_addr_1

ホスト 1 の MAC アドレス

vlan_1

最初の VLAN(仮想 LAN)の番号

ip_addr_2

ホスト 2 の IP アドレス

mac_addr_2

ホスト 2 の MAC アドレス

vlan_2

2 番めの VLAN の番号

client_list

クライアント リスト名

gw_name

ゲートウェイ リスト名

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear pbf-map { ip_addr_1 } { mac_addr_1 } { vlan_1 } { ip_addr_2 } { mac_addr_2 } { vlan_2 }を入力すると、 set pbf-map コマンドを入力して作成されたすべての Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)( permit ip any any を除く)が削除されます。このコマンドを使用すると、指定された 2 つの VLAN 上のホスト(ip_addr_1 および ip_addr_2)間のトラフィックを許可するエントリが削除されます。

PBF_MAP_ACL_(VLAN_ID) ACL に格納されている、隣接へのリダイレクトを指定する ACE、および隣接情報を削除するには、 clear pbf-map コマンドを使用します。

PBF_MAP_ACL_ vlan ACL に含まれるその他のすべての ACE タイプを削除するには、 clear security acl コマンドを使用します。

clear security acl コマンドを使用してすでにエントリが削除されている場合は、指定されたエントリが削除済みであることを示すメッセージが表示されます。

次に、名前が PBF_MAP_ACL_11 である ACL を削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf-map vlan 11
ACL 'PBF_MAP_ACL_11' successfully deleted.
Console> (enable) Commit operation successfull.
Console> (enable)
 

次に、 set pbf-map コマンドを入力して作成されたすべての隣接情報および ACL を削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf-map all
ACL 'PBF_MAP_ACL_11' successfully deleted.
Console> (enable)
ACL 'PBF_MAP_ACL_22' successfully deleted.
Console> (enable)
 

次に、指定された 2 つのホスト間のトラフィックを許可するエントリをすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf-map 1.1.1.1 0-0-0-0-0-1 11 2.2.2.2 0-0-0-0-0-2 22
ACL 'PBF_MAP_ACL_11' successfully committed.
Console> (enable)
ACL 'PBF_MAP_ACL_22' successfully committed.
Console> (enable)
 

次に、PBF マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf-map cl1 gw1
.ccl1 editbuffer modified. Use 'commit' command to save changes.
.ggw1 editbuffer modified. Use 'commit' command to save changes.
Console> (enable) ACL commit in progress.
Console> (enable) ACL commit in progress.
 
ACL '.ccl1' successfully deleted.
Console> (enable)
ACL '.ggw1' successfully deleted.
Console> (enable)

clear pbf vlan

Policy-Based Forwarding(PBF)対応 VLAN(仮想 LAN)を削除して、NVRAM(不揮発性 RAM)から削除するには、 clear pbf vlan コマンドを使用します。

clear pbf vlan vlan

 
構文の説明

vlan

VLAN 番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear pbf コマンドを使用しても、PBF 対応 VLAN は削除されません。また、clear pbf コマンドを使用しても、VLAN に対応付けられたレイヤ 2 テーブル エントリは削除されません(MAC アドレスが無効であるため)。NVRAM(不揮発性 RAM)から PBF 対応 VLAN を削除するには、 clear pbf vlan vlan コマンドを入力して、目的の VLAN を明示的に削除する必要があります。

CLI(コマンドライン インターフェイス)では、VLAN 範囲を指定できます。

次に、VLAN 11 および 12 の PBF を削除する例を示します。

Console> (enable) clear pbf vlan 11-12
PBF disabled on vlan(s) 11-12
Console> (enable)

 
関連コマンド

set pbf vlan
show pbf

clear policy

ポリシー グループから IP アドレスを削除する、またはポリシー テンプレートからポリシー グループを削除するには、 clear policy コマンドを使用します。

clear policy group group_name ip-address ip_addr

clear policy name policy_name group group_name

 
構文の説明

group group_name

ポリシー グループ メンバーシップを削除します。

ip-address ip_addr

グループ メンバーシップから削除する IP アドレスを指定します。

name policy_name

ポリシー テンプレートからポリシー グループを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ポリシー グループから IP アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear policy group grp1 ip-address 100.1.1.1
Cleared IP 100.1.1.1 from policy group grp1.
Console> (enable)
 

次に、ポリシー テンプレートからポリシー グループを削除する例を示します。

Console> (enable) clear policy name pol1 group grp1
Cleared group grp1 from policy template pol1.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set policy
show policy

clear port broadcast

1 つまたは複数のポート上でブロードキャスト/マルチキャスト抑制をディセーブルにするには、 clear port broadcast コマンドを使用します。

clear port broadcast mod/port

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

 
デフォルト

デフォルト設定では、ブロードキャスト/マルチキャスト抑制はディセーブルです(つまり、ブロードキャスト/マルチキャスト トラフィックは無制限に許可されます)。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ブロードキャスト/マルチキャスト抑制をディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) clear port broadcast 2/1
Broadcast traffic unlimited on ports 2/1.
Console> (enable)

clear port cops

ポートの役割を削除するには、 clear port cops コマンドを使用します。

clear port cops mod / port roles role1 [ role2 ]...

clear port cops mod / port all-roles

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

roles role#

削除する役割を指定します。

all-roles

すべての役割を削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear port cops コマンドを使用すると、ポートの役割のみが削除されます。グローバル テーブルの役割は削除されません。

次に、ポートの特定の役割を削除する例を示します。

Console> (enable) clear port cops 3/1 roles backbone_port main_port
Roles cleared for port(s) 3/1-4.
Console> (enable)
 

次に、ポートの役割をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear port cops 3/1 all-roles
All roles cleared for port 3/1-4.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set port cops
show port cops

clear port ethernet-oam

特定のポート上の IEEE 802.3ah Operations, Administrations, and Maintenance(OAM)設定を削除するには、 clear port ethernet-oam コマンドを使用します。

clear port ethernet-oam [ mod/port ]

clear port ethernet-oam [ mod/port ] statistics

clear port ethernet-oam mod/port { critical-event | link-fault } action

clear port ethernet-oam mod/port link-monitor { frame | frame-period | symbol-period }

{ window | low-threshold | high-threshold }

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

statistics

OAM 関連の統計情報を消去します。

critical-event

クリティカルなイベント設定を削除します。

link-fault

リンク障害設定を削除します。

action

特定のアクション(クリティカル イベントまたはリンク障害)を削除します。

link-monitor

リンク モニタ設定を削除します。

frame

エラーが発生したフレームの数ごとにモニタリングを指定します。

frame-period

フレーム時間ごとにモニタリングを指定します。

symbol-period

エラーが発生した記号の数ごとにモニタリングを指定します。

window

モニタリング ウィンドウを削除します。

low-threshold

ロー スレッシュホールドおよび対応するアクションを削除します。

high-threshold

ハイ スレッシュホールドおよび対応するアクションを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

statistics キーワードを指定しないで clear port ethernet-oam mod/port を入力すると、特定のポート上の OAM 関連の設定すべてが削除されます。ポートを指定しないと、すべてのポート上の OAM 関連設定がすべて削除されます。

statistics キーワードを入力すると、特定のポート上の OAM 関連カウンタがすべて消去されます。ポートを指定しないと、すべてのポート上の OAM 関連のカウンタがすべて削除されます。

low-threshold キーワードまたは high-threshold キーワードを入力すると、対応する関連付けられたアクションも削除されます。

次に、特定のポートの OAM 関連の統計情報を消去する例を示します。

Console> (enable) clear port ethernet-oam 1/1 statistics
OAM counters cleared on port 1/1.
Console> (enable)
 

次に、フレーム時間リンク モニタリングのハイスレッシュホールド設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear port ethernet-oam 1/1 link-monitor frame-period high-threshold
OAM errored frame period high-threshold set to default on port 1/1, and action set to default.
Console> (enable)
 

次に、指定されたポートがリンク障害に応答するアクションを削除する例を示します。

Console> (enable) clear port ethernet-oam 1/1 link-fault action
OAM link-fault event action set to default.
Console> (enable)

clear port flexlink

ポートのアクティブ バックアップ(ピア)Flexlink ペアを削除するには、 clear port flexlink コマンドを使用します。

clear port flexlink mod/port [ peer mod/port ]

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

peer

(任意)Flexlink アクティブ ポートのピア ポートを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、Flexlink アクティブ ポートのポート 3/48 と Flexlink バックアップ(ピア)ポートのポート 3/47 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear port flexlink 3/48 peer 3/47
Port 3/48 and 3/47 flexlink pair cleared
Console> (enable)

clear port host

ポート設定を削除してホスト接続を最適化するには、 clear port host コマンドを使用します。

clear port host mod / port

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)ではサポートされません。

clear port host コマンドを使用すると、チャネル モードが auto に、スパニングツリーの PortFast がディセーブルに、トランク モードが auto に設定されます。

次に、ポートの特定の役割を削除する例を示します。

Console> (enable) clear port host 5/5
Port(s) 5/5 trunk mode set to auto.
Spantree port 5/5 fast start disabled.
Port(s) 5/5 channel mode set to auto.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set port host

clear port qos autoqos

ポート単位で自動 Quality of Service(QoS; サービス品質)設定を削除するには、 clear port qos autoqos コマンドを使用します。

clear port qos mod/ports.. autoqos

 
構文の説明

mod/ports..

モジュール番号とモジュール上のポート番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル モード

 
使用上の注意事項

clear port qos autoqos コマンドは、ポートベースの自動 QoS set コマンドをサポートするすべてのポートでサポートされます。自動 QoS ポートベースのコマンドで設定された QoS 設定すべては、QoS Access Control List(ACL;アクセス制御リスト)を除くデフォルト設定に戻ります。自動 QoS 用に作成された QoS ACL は、グローバル clear コマンドで削除されます。

QoS ACL が自動QoSに関連していない場合、ポートにマッピングされたすべての QoS ACL は、ポートからマッピング解除されます。

次に、モジュール 3、ポート 1 の自動 QoS 設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear port qos 3/1 autoqos
Port based QoS settings will be restored back to factory defaults for port 3/1.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
Port 3/1 autoqos settings have been cleared.
It is recommended to execute the "clear qos autoqos" global command if
not executed previously to clear global autoqos settings.
Console> (enable)

clear port qos cos

指定されたすべてのポートに対して、 set port qos cos コマンドによって設定された値をデフォルト設定に戻すには、 clear port qos cos コマンドを使用します。

clear port qos mod/ports.. cos

 
構文の説明

mod/ports..

モジュール番号とモジュール上のポート番号

 
デフォルト

ポートのデフォルトのClass of Service(CoS; サービス クラス)は 0 です。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、モジュール 2、ポート 1 に対して set port qos cos コマンドによって設定された値を、デフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear port qos 2/1 cos
Port 2/1 qos cos setting cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set port qos cos
show port qos

clear port security

ポートのセキュア MAC(メディア アクセス制御)アドレス リストからすべての MAC アドレスまたは特定の MAC アドレスを削除するには、 clear port security コマンドを使用します。

clear port security mod / port mac_addr [ all | vlan_list ]

clear port security mod/port all [ vlan_list ]

 
構文の説明

mod / port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

mac_addr

削除する MAC アドレス

all

(任意)ポートで VLAN(仮想 LAN)すべてのセキュア MAC アドレスを削除します。

vlan_list

(任意)セキュア MAC アドレスが削除された VLAN リスト

all

ポートのセキュア MAC アドレスをすべて削除します。

vlan_list

(任意)すべてのセキュア MAC アドレスが削除された VLAN リスト

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

セキュア MAC アドレスは、単一ポートで異なる VLAN の一部になることができます。 all キーワードを入力する、または一連の VLAN に vlan_list 引数を入力して、 clear port security mod / port mac_addr [ all | vlan_list ] コマンドを使用すると、ポートの VLAN すべてのセキュア MAC アドレスを削除できます。ネイティブ VLAN が存在する場合で all キーワードまたは vlan_list 引数を入力しない場合は、セキュア MAC アドレスがポートのネイティブ VLAN で削除されます。

clear port security mod/port all [ vlan_list ] コマンドを使用すると、VLAN 単位またはポート単位でセキュア MAC アドレスすべてを削除できます。clear port security mod/port all コマンドを入力して、 vlan_list 引数を入力しない場合、ポートのセキュア MAC アドレスすべてが削除されます。

次に、ポートのセキュア アドレス リストから特定の MAC アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear port security 4/1 00-11-22-33-44-55
00-11-22-33-44-55 cleared from secure address list list for port 4/1.
Console> (enable)
 

次に、VLAN リストからセキュア MAC アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear port security 3/37 00-00-aa-00-00-aa 20,30
Secure MAC address 00-00-aa-00-00-aa cleared for port 3/37 and Vlan 20.
Secure MAC address 00-00-aa-00-00-aa cleared for port 3/37 and Vlan 30.
Console> (enable)
 

次に、ポートの VLAN すべてからセキュア MAC アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear port security 3/37 00-00-aa-00-00-aa all
Secure MAC address 00-00-aa-00-00-aa cleared for port 3/37 and Vlan 1.
Secure MAC address 00-00-aa-00-00-aa cleared for port 3/37 and Vlan 20.
Secure MAC address 00-00-aa-00-00-aa cleared for port 3/37 and Vlan 30.
Console> (enable)
 

all キーワードまたは特定の VLAN リストを指定しないでセキュア MAC アドレスを削除する場合の出力例を示します。MAC アドレスはネイティブ VLAN で削除されます。

Console> (enable) clear port security 3/37 00-00-aa-00-00-aa
Secure MAC address 00-00-aa-00-00-aa cleared for port 3/37 and Vlan 1.
Console> (enable)
 

次に、特定の VLAN からセキュア MAC アドレスをすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear port security 3/37 all 20
All secure mac addresses cleared on port 3/37 for vlan 20.
Console> (enable)

clear port vlan-mapping

ポート単位で VLAN(仮想 LAN)マッピングを削除するには、 clear port vlan-mapping コマンドを使用します。

clear port vlan-mapping { all | mod/port { source_vlan_id | all }}

 
構文の説明

all

すべてのポートの VLAN マッピングを削除します。

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

source_vlan_id

送信元 VLAN の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

all

特定ポートの VLAN マッピングを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

一部のモジュールでは、VLAN マッピングが ASIC ごとにサポートされており、マッピングがポートごとに保存されていません。このようなモジュールの場合は、 clear port vlan-mapping mod/port を入力して、ASIC のすべてのポートで VLAN マッピングを削除します。

source_vlan_id 引数を入力した場合は、その送信元 VLAN の VLAN マッピングのみが、指定したポートまたは ASIC(ポートが ASIC ベース ポートである場合)の VLAN マッピング テーブルから削除されます。

次に、特定ポートの VLAN マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear port vlan-mapping 7/1 2002
VLAN mapping for VLAN 2002 removed from port 7/1-12.
Console> (enable)

clear pvlan mapping

プライベート VLAN(仮想 LAN)マッピングを削除するには、 clear pvlan mapping コマンドを使用します。

clear pvlan mapping primary_vlan { isolated_vlan | community_vlan | twoway_community_vlan } mod/port

clear pvlan mapping mod/port

 
構文の説明

primary_vlan

プライマリ VLAN の番号

isolated_vlan

独立 VLAN の番号

community_vlan

コミュニティ VLAN の番号

twoway_community_vlan

双方向コミュニティ VLAN の番号

mod/port

モジュール番号およびプロミスキャス ポートの番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

削除するマッピングを指定しない場合は、指定されたプロミスキャス ポートのすべてのマッピングが削除されます。

次に、ポート 3/2 ~ 5 に設定されている、VLAN 902 と 901 のマッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear pvlan mapping 901 902 3/2-5
Successfully cleared mapping between 901 and 902 on 3/2-5
Console> (enable)

clear qos acl

各 Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)設定を削除するには、clear qos acl コマンドを使用します。

clear qos acl acl_name [ editbuffer_index ]

clear qos acl default-action { ip | ipx | mac | all }

clear qos acl map { acl_name } { mod/port | vlan } [ input ]

clear qos acl map { acl_name | mod/port | vlan | all } [ input ]

clear qos acl map { acl_name } { vlan | all } output

 
構文の説明

acl_name

エントリが属するリストを識別する一意の名前

editbuffer_index

(任意)ACL 内の Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)の位置

default-action

デフォルト アクションを削除します。

ip

IP ACEのデフォルト アクションを削除します。

ipx

IPX ACEのデフォルト アクションを削除します。

mac

MAC(メディア アクセス制御)レイヤ ACEのデフォルト アクションを削除します。

all

すべての ACEのデフォルト アクションを削除します。

map

ACL を削除します。

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

vlan

VLAN(仮想 LAN)の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

all

すべてのインターフェイスから ACL を削除します。

input

(任意)入力インターフェイスから ACL を削除します。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

output

出力インターフェイスから ACL を削除します。

 
デフォルト

デフォルトでは、ACL は付加されません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドを入力して行った変更を NVRAM(不揮発性 RAM)およびハードウェアに保存するには、 commit コマンドを入力する必要があります。

Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)リストを表示するには、 show qos acl editbuffer コマンドを使用します。

方向キーワード( input または output )を指定しない場合は、自動的に input が指定されます。

次に、すべてのインターフェイスから ACL を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl map my_acl all
Hardware programming in progress...
ACL my_acl is detached from all interfaces.
Console> (enable)
 

次に、特定の VLAN から ACL を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl map ftp_acl 4
Hardware programming in progress...
ACL ftp_acl is detached from vlan 4.
Console> (enable)
 

次に、特定の ACE を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl my_ip_acl 1
ACL my_ip_acl ACE# 1 is deleted.
my_ip_acl editbuffer modified. Use ‘commit’ command to apply changes.
Console> (enable)
 

次に、特定の ACL を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl my_ip_acl
ACL my_ip_acl is deleted.
my_ip_acl editbuffer modified. Use ‘commit’ command to apply changes.
Console> (enable)
 

次に、すべてのインターフェイスから特定の ACL を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl map my_acl all
Hardware programming in progress...
ACL my_acl is detached from all interfaces.
Console> (enable)
 

次に、特定の VLAN から特定の ACL を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl map ftp_acl 4
Hardware programming in progress...
ACL ftp_acl is detached from vlan 4.
Console> (enable)
 

次に、 set qos acl default-action コマンドで設定された IP ACE のデフォルト アクションを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl default-action ip
Hardware programming in progress...
QoS default-action for IP ACL is restored to default setting.
Console> (enable)
 

次に、入力インターフェイス上にある、[test] という名前の ACL と VLAN 1 の間の Quality of Service(QoS;サービス品質)ACL マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl map test 1
Successfully cleared mapping between ACL test and VLAN 1 on input side.
Console> (enable)
 

次に、出力インターフェイス上にある、[test2] という名前の ACL と VLAN 1 の間の QoS ACL マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos acl map test2 1 output
Successfully cleared mapping between ACL test2 and VLAN 1 on output side.
Console> (enable)

clear qos autoqos

グローバル自動 Quality of Service(QoS; サービス品質)設定をデフォルト設定に戻すには、 clear qos autoqos コマンドを使用します。

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

set port autoqos コマンドで作成された QoS Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)は、グローバル自動 clear qos autoqos コマンドにより削除されます。また、自動 QoS ACL で使用されるポリサーも削除されます。

グローバル自動 QoS clear コマンドは、自動 QoS ACL 名を検索します。検索アルゴリズムは、次の文字列で始まる名前を検索します。

ACL_IP-PHONES(ciscoipphone用)

ACL_IP-SOFTPHONE(ciscosoftphone用)

ACL_IP-TRUSTCOS(trust cos用)

ACL_IP-TRUSTDSCP(trust dscp用)

上記の文字列で始まる QoS ACL は、自動 QoS ACL とみなされ、削除されます。1 つが検出され、QoS ACL がコミットされてポートまたは VLAN(仮想 LAN)にマッピングされない場合、これは削除されます。

同様に、検索アルゴリズムは、この名前で始まる集約 QoS ポリサーを検索します。

POLICE_SOFTPHONE-DSCP(ciscosoftphone用)

グローバル clear コマンドは、POLICE_SOFTPHONE-DSCP で始まる集約ポリサー名を検索します。ポリサーが検出され、ポリサーに関連した QoS ACL がない場合、これは削除されます。ポリサーが検出され、ポリサーに関連した QoS ACL がある場合、ポリサーがまだ使用中であることを示す警告が表示されます。

グローバル clear コマンドを使用すると、さまざまなエラー状態が発生することがあります。グローバル clear コマンドを使用する前にポートベースの clear コマンドを使用すると、エラー状態が発生しません。ただし、グローバル clear コマンドを最初に実行する、または自動 QoS 設定を変更すると、次のエラー状態が発生します。

自動 QoS ACL がまだポートまたは VLAN にマッピングされています。

グローバル clear コマンドは、VLAN またはポートにマッピングされている自動 QoS ACL を削除しません。代わりに、ポートまたは VLAN にマッピングされている QoS ACL の名前を示す警告が表示されます。

集約ポリサーが使用中である。

自動 QoS ポリサーが使用中(QoS ACL によって参照)の場合、グローバル clear コマンドはポリサーを削除しません。代わりに、集約ポリサー名を表示します。

自動 QoS ACL が実行されない。

グローバル clear コマンドは、実行済み自動 QoS ACL のみを削除し、実行されていない自動 QoS ACL を無視します。

次に、グローバル自動 QoS 設定をデフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear qos autoqos
Its highly recommended to execute clear port autoqos commands prior
to the global clear command:
clear port qos <mod/port> autoqos
 
Do you want to continue (y/n) [n]? y
........................
Autoqos ACL 'ACL_IP-SOFTPHONE-3-1' successfully deleted.
Cleared Autoqos policer 'POLICE_SOFTPHONE-DSCP46-3-1'
Cleared Autoqos policer 'POLICE_SOFTPHONE-DSCP26-3-1'
 
All ingress and egress QoS scheduling parameters set to factory default.
CoS to DSCP, DSCP to COS, IP Precedence to DSCP and policed dscp maps
configured. Global Autoqos QoS cleared.
Console> (enable)
 

次に、「使用上の注意事項」で規定された各エラー状態の下に表示される例を示します。

Console> (enable) clear qos autoqos
Its highly recommended to execute clear port autoqos commands prior
to the global clear command:
clear port qos <mod/port> autoqos
 
Do you want to continue (y/n) [n]? y
........................
Autoqos ACL 'ACL_IP-SOFTPHONE-3-2' successfully deleted.
Autoqos ACL 'ACL_IP-SOFTPHONE-3-3' successfully deleted.
Autoqos ACL 'ACL_IP-SOFTPHONE-3-4' still mapped to port or vlan.
Autoqos ACL 'ACL_IP-SOFTPHONE-3-5' still mapped to port or vlan.
Autoqos ACL 'ACL_IP-SOFTPHONE-3-6' still mapped to port or vlan.
Cleared Autoqos policer 'POLICE_SOFTPHONE-DSCP46-3-2'
Cleared Autoqos policer 'POLICE_SOFTPHONE-DSCP26-3-2'
Cleared Autoqos policer 'POLICE_SOFTPHONE-DSCP46-3-3'
Cleared Autoqos policer 'POLICE_SOFTPHONE-DSCP26-3-3'
Could not clear Autoqos policer ''POLICE_SOFTPHONE-DSCP46-3-4', still in use.
QoS is disabled.
 
All ingress and egress QoS scheduling parameters set to factory default.
CoS to DSCP, DSCP to COS, IP Precedence to DSCP and policed dscp maps
configured. Global Autoqos QoS cleared.
Console> (enable)

clear qos config

set qos コマンド によって設定された値をデフォルト設定に戻して、MAC(メディア アクセス制御)アドレスに割り当てられた Class of Service(CoS; サービス クラス)を削除するには、 clear qos config コマンドを使用します。

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトでは、QoS はディセーブルです。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、 set qos コマンドによって設定された値をデフォルト設定に戻し、MAC アドレスに割り当てられた CoSを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos config
This command will disable QoS and take values back to factory default.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
QoS config cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos
show qos info

clear qos cos-cos-map

Class of Service(CoS; サービス クラス)/CoS マップの値をデフォルト設定に戻すには、 clear qos cos-cos-map コマンドを使用します。

clear qos cos-cos-map

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

表2-2 に、デフォルトの CoS/CoS 設定を示します。

 

表2-2 CoS/CoS マッピング

CoS

0

1

2

3

4

5

6

7

CoS

0

1

2

3

4

5

6

7

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear config コマンドまたは clear qos config コマンドを入力すると、CoS/CoS マップをデフォルト設定に戻すこともできます。

次に、CoS/CoS マップを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos cos-cos-map
QoS cos-cos-map setting restored to default.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos cos-cos-map
show qos maps

clear qos cos-dscp-map

set qos cos-dscp-map コマンドによって設定された Class of Service(CoS; サービス クラス)/DSCP マッピングを削除して、デフォルト設定に戻すには 、 clear qos cos-dscp-map コマンドを使用します。

clear qos cos-dscp-map

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

表2-3 に、デフォルトの CoS/DSCP 設定を示します。

 

表2-3 デフォルトの CoS/DSCP マッピング

CoS

0

1

2

3

4

5

6

7

DSCP

0

8

16

24

32

40

48

56

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、CoS/DSCP マッピング テーブルを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos cos-dscp-map
QoS cos-dscp-map setting restored to default.
Console> (enable)

clear qos dscp-cos-map

set qos dscp-cos-map コマンドによって設定された DSCP/Class of Service(CoS; サービス クラス)マッピングを削除して、デフォルト設定に戻すには、 clear qos dscp-cos-map コマンドを使用します。

clear qos dscp-cos-map

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

表2-4 に、デフォルトの DSCP/CoS 設定を示します。

 

表2-4 デフォルトの DSCP/CoS マッピング

DSCP

0 ~ 7

8 ~ 15

16 ~ 23

24 ~31

32 ~39

40 ~47

48 ~55

56~63

CoS

0

1

2

3

4

5

6

7

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、DSCP/CoS マッピング テーブルを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos dscp-cos-map
QoS dscp-cos-map setting restored to default.
Console> (enable)

clear qos dscp-mutation-map

DSCP 変換マッピングを削除するには、 clear qos dscp-mutation-map コマンドを使用します。

clear qos dscp-mutation-map { mutation_table_id | all }

 
構文の説明

mutation_table_id

削除する変換テーブルの番号。有効値は 1 ~ 15 です。

all

すべての変換マッピングを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用できるのは PFC3 上のみです。

次に、変換テーブル番号が 2 である変換マップ内のすべての VLAN(仮想 LAN)を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos dscp-mutation-map 2
All VLANS in mutation-table-id 2 are cleared.
Console> (enable)

clear qos dscp-mutation-table-map

DSCP 変換テーブル マップを削除するには、 clear qos dscp-mutation-table-map コマンドを使用します。

clear qos dscp-mutation-table-map { all | vlan | { id mutation_table_id }}

 
構文の説明

all

DSCP 変換テーブル マップからすべての VLAN(仮想 LAN)を削除します。

vlan

DSCP 変換テーブル マップから削除する VLAN の番号

id mutation_table_id

指定された DSCP 変換テーブルを削除します。有効な値は 1 ~ 15 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用できるのは PFC3 上のみです。

次に、変換テーブルから VLAN 3 ~ 33 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos dscp-mutation-table-map 3-33
VLAN(s) 3-33 are removed from mutation-id-maps.
Console> (enable)
 

次に、変換テーブルからすべての VLAN を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos dscp-mutation-table-map all
All VLANs are removed from mutation-id-maps.
Console> (enable)
 

次に、変換テーブル 3 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos dscp-mutation-table-map id 3
QoS dscp-mutation-map for mutation-table-id 3 is restored to default.
Console> (enable)

clear qos ipprec-dscp-map

set qos ipprec-dscp-map コマンドによって設定されたマッピングをデフォルト設定に戻すには、clear qos ipprec-dscp-map コマンドを使用します。

clear qos ipprec-dscp-map

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

表2-5 に、デフォルトの IP precedence/DSCP 設定を示します。

 

表2-5 デフォルトの IP precedence/DSCP マッピング

IPPREC

0

1

2

3

4

5

6

7

DSCP

0

8

16

24

32

40

48

56

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、IP precedence/DSCP マッピング テーブルを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos ipprec-dscp-map
QoS ipprec-dscp-map setting restored to default.
Console> (enable)

clear qos mac-cos

set qos mac-cos コマンドで設定された値を削除するには、 clear qos mac-cos コマンドを使用します。

clear qos mac-cos dest_mac [ vlan ]

clear qos mac-cos all

 
構文の説明

dest_mac

宛先ホスト MAC(メディア アクセス制御)アドレスの番号

vlan

(任意)VLAN(仮想 LAN)の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

all

すべての MAC/VLAN ペアの Class of Service(CoS; サービス クラス)値を削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

vlan 値を入力しない場合は、MAC アドレスのすべてのエントリが削除されます。

次に、すべての MAC アドレスおよび VLAN のペアに対して、 set qos mac-cos コマンドによって設定された値を削除し、デフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear qos mac-cos all
All CoS to Mac/Vlan entries are cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定の MAC アドレスに対して、 set qos mac-cos コマンドによって設定された値を削除し、デフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear qos mac-cos 1-2-3-4-5-6 1
CoS to Mac/Vlan entry for mac 01-02-03-04-05-06 vlan 1 is cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos mac-cos
show qos mac-cos

clear qos map

Quality of Service(QoS; サービス品質)マップの値をデフォルト設定に戻すには、 clear qos map コマンドを使用します。

clear qos map port_type tx | rx

 
構文の説明

port_type

ポート タイプ。有効な値は、送信の場合は 2q2t 1p3q1t および 1p2q2t 、受信の場合は 1p1q4t および 1p1q0t です。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

tx | rx

送信キューまたは受信キューを指定します。

 
デフォルト

表2-6 および 表2-7 に示されたすべてのポートのデフォルト マッピングは、すべてのポートに適用されます。

 

表2-6 CoS 値に対するデフォルトの送信キューおよび廃棄スレッシュホールドのマッピング

ポート タイプ
廃棄スレッシュホールド タイプ
ロー遅延
(キュー 2)
ハイ遅延
(キュー 1)
プライオリティ
遅延(キュー 3)

2q2t

ロー廃棄(スレッシュホールド 2)

7、6

3、2

該当なし

ハイ廃棄(スレッシュホールド 1)

5、4

1、0

該当なし

1p2q2t

ロー廃棄(スレッシュホールド 2)

7

3、2

該当なし

ハイ廃棄(スレッシュホールド 1)

5、4

1、0

5

 

表2-7 CoS 値に対するデフォルトの受信廃棄スレッシュホールドのマッピング

ポート タイプ
スレッシュホールド 1
(廃棄が最大)
スレッシュホールド2
スレッシュホールド3
スレッシュ
ホールド 4
(廃棄が最小)
プライオリティ キュー

1p1q0t

0、1

2、3

4、5

7

6

1p1q4t

0、1

2、3

4、5

7

6

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

1p2q1t および 1p1q8t ポート タイプはサポートされていません。

次に、値をデフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear qos map 2q2t
This command will take map values back to factory default.
QoS map cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos map
show qos maps

clear qos policed-dscp-map

Policer/DSCP マッピング テーブルをデフォルトにリセットするには、clear qos policed-dscp-mapを使用します。

clear qos policed-dscp-map [ normal-rate | excess-rate ]

 
構文の説明

normal-rate

(任意)標準レートに対応付けられたマップをデフォルト値に戻します。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

excess-rate

(任意)超過レートに対応付けられたマップをデフォルト値に戻します。

 
デフォルト

デフォルトでは、値が同一の値に対応付けられます。たとえば、DSCP 63 はポリシング済み DSCP 63 に、DSCP 62 はポリシング済み DSCP 62 に対応付けられます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

normal-rate キーワードまたは excess-rate キーワードを指定しない場合、標準レート マッピングのみが削除され、デフォルト設定に戻されます。

次に、標準レート マッピングをデフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear qos policed-dscp-map
QoS normal-rate policed-dscp-map setting restored to default.
Console> (enable)
 

次に、超過レート マッピングをデフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear qos policed-dscp-map excess-rate
QoS excess-rate policed-dscp-map setting restored to default.
Console> (enable)

clear qos policer

NVRAM(不揮発性 RAM)からポリシング規則を削除するには、clear qos policer コマンドを使用します。

clear qos policer microflow microflow_name | all

clear qos policer aggregate aggregate_name | all

 
構文の説明

microflow microflow_name

マイクロフロー ポリシング規則の名前を指定します。

aggregate aggregate_name

集約ポリシング規則の名前を指定します。

all

すべてのポリシング規則を削除します。

 
デフォルト

Layer 3 Switching Engine(Policy Feature Card[PFC; ポリシー フィーチャ カード])を搭載した
Supervisor Engine 1 を持つシステムの場合、このコマンドにデフォルト設定はありません。Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 を持つシステムの場合、デフォルトでは、指定されたマップは標準レートにのみ適用されます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

ポリシングは、トラフィック フローで消費される帯域幅をスイッチで制限するための処理です。ポリシングによって、トラフィックのマーキングまたは廃棄が可能になります。

現在 Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)で使用中のエントリは削除できません。まず、インターフェイスから ACE を解除する必要があります。

現在 ACE でマイクロフロー速度制限を使用中の場合は、 all キーワードを使用できません。

normal および excess キーワードは、Layer 3 Switching Engine II(PFC2)を搭載した Supervisor Engine 2 を持つシステムでのみサポートされます。これらのキーワードを使用すると、標準レートのマップおよび超過レートのマップを指定できます。CLI(コマンドライン インターフェイス)ではこの選択は任意です。デフォルト アクションでは(アクションを指定しなかった場合は)、指定されたマップが標準レートにのみ適用されます。

次に、特定のマイクロフロー ポリシング規則を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos policer microflow my_micro
my_micro QoS microflow policer cleared.
Console> (enable)
 

次に、マイクロフロー ポリシング規則をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos policer microflow all
All QoS microflow policers cleared.
Console> (enable)
 

次に、特定の集約ポリシング規則を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos policer aggregate my_micro
my_micro QoS microflow policer cleared.
Console> (enable)
 

次に、集約ポリシング規則をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos policer aggregate all
All QoS aggregate policer cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set qos policer
show qos policer

clear qos statistics

Quality of Service(QoS; サービス品質)統計情報カウンタを削除するには、 clear qos statistics コマンドを使用します。

clear qos statistics [ aggregate-policer [ policer_name ]]

 
構文の説明

aggregate-policer

(任意)QoS 集約ポリサー統計情報を削除します。

policer_name

(任意)集約ポリサー名

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

aggregate-policer キーワードを指定しないで clear qos statistics コマンドを入力すると、すべての QoS 集約ポリサー統計情報を含む、すべての QoS 統計情報が削除されます。

ポリサー名を指定しないで aggregate-policer キーワードを入力すると、すべての集約ポリサー統計情報が削除されます。

次に、QoS 統計情報カウンタを削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos statistics
QoS statistical cleared.
Console> (enable)
 

次に、QoS 集約ポリサー統計情報をすべて削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos statistics aggregate-policer
QoS aggregate policers statistical counters cleared.
Console> (enable)
 

次に、aggr_1 のQoS 集約ポリサー統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear qos statistics aggregate-policer aggr_1
Aggregate policer 'aggr_1' statistical counters cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show qos statistics

clear radius

RADIUS サーバ テーブルから特定の RADIUS サーバまたはすべての RADIUS サーバを削除したり、共有鍵エントリを削除するには、 clear radius コマンドを使用します。

clear radius server all

clear radius server ipaddr

clear radius key

 
構文の説明

server

RADIUS サーバを指定します。

all

すべての RADIUS サーバを指定します。

ipaddr

IP アドレスまたは IP エイリアスの値

key

RADIUS 共有鍵を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

ipaddr 値は、ドット付き表記の IP エイリアスまたは IP アドレス(101.102.103.104 など)です。

次に、RADIUS 鍵を削除する例を示します。

Console> (enable) clear radius key
Radius server key cleared.
Console> (enable)
 

次に、RADIUS サーバ テーブルから特定の RADIUS サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear radius server 128.56.45.32
128.56.45.32 cleared from radius server table.
Console> (enable)

clear rcp

ファイル転送に関する Remote Copy Protocol(RCP)情報を削除するには、 clear rcp コマンドを使用します。

clear rcp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、RCP 情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear rcp
Console> (enable)

 
関連コマンド

set rcp username
show rcp

clear rgmp statistics

すべての VLAN(仮想 LAN)の RGMP 統計情報を削除するには、 clear rgmp statistics コマンドを使用します。

clear rgmp statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、スイッチの RGMP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear rgmp statistics
RGMP statistics cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set rgmp
show rgmp statistics

clear security acl

VACL から特定の Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)またはすべての ACE を削除したり、編集バッファから VACL を削除するには 、 clear security acl コマンドを使用します。

clear security acl all

clear security acl acl_name

clear security acl capture-ports { all | mod/ports }

clear security acl log flow

clear security acl acl_name [ editbuffer_index ]

clear security acl adjacency adjacency_name

clear security acl map { acl_name [ vlan ] | vlan | all }

clear security acl arp-inspection statistics [ acl_name ]

 
構文の説明

all

すべての VACL の ACE を削除します。

acl_name

ACE を削除する VACL の名前

capture-ports

キャプチャ リストからポートを削除します。

all

キャプチャ リストからすべてのポートを削除します。

mod/ports

キャプチャ リストから特定のポートを削除するための変数。 mod/num はモジュール番号およびモジュールのポート番号です。

log flow

ロギング テーブル フロー エントリを削除します。

editbuffer_index

(任意)VACL内の ACE のインデックス番号

adjacency

隣接 ACE を削除します。

adjacency_name

隣接 ACE の名前

map

セキュリティ ACL と VLAN(仮想 LAN)のマッピングを削除します。

vlan

特定の VLAN に関する ACL マッピングを削除するための変数

all

すべての ACL VLAN マッピングを削除します。

arp-inspection statistics

Address Resolution Protocol(ARP)検査統計情報を削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドを入力して行った変更を NVRAM(不揮発性 RAM)およびハードウェアに保存するには、 commit コマンドを入力する必要があります。

VACL リストを表示するには、 show security acl コマンドを使用します。

リダイレクト ACE の前に隣接 ACE を削除することはできません。Policy-Based Forwarding(PBF)VACL 内のリダイレクトACE および隣接 ACE は、次の順序で削除する必要があります。

1. リダイレクト ACE を削除します。

2. VACL をコミットします。

3. 隣接 ACE を削除します。

4. 隣接をコミットします。

clear security acl arp-inspection statistics コマンドを入力するときに、ACL 名を指定しないと、すべての ACL の ARP 検査グローバル統計情報カウンタおよび ARP 検査統計情報カウンタがすべてクリアされます。

次に、すべての VACL の ACEを削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl all
All editbuffer modified. Use ‘commit’ command to apply changes.
Console> (enable)
 

次に、特定の VACL の特定の ACE を削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl IPACL1 2
IPACL1 editbuffer modified. Use ‘commit’ command to apply changes.
Console> (enable)
 

次に、隣接 ACE を削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl adjacency a_1
a_1 editbuffer modified. Use ’commit’ command to apply changes.
Console> (enable)
 

次に、すべての ACL の ARP 検査グローバル統計情報および ARP 検査統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl arp-inspection statistics
Console> (enable)

clear security acl capture-ports

キャプチャ ポート リストからポートを削除するには、 clear security acl capture-ports コマンドを使用します。

clear security acl capture-ports { mod/ports ...}

 
構文の説明

mod/ports ...

モジュール番号およびモジュールのポート番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドを入力して作成したコンフィギュレーションは、NVRAM(不揮発性 RAM)に保存されます。このコマンドを使用した場合は、 commit コマンドを入力する必要が ありません

装備されている複数のポートのうち、一部が削除された場合は、残りのポートがトラフィックのキャプチャを継続します。

次に、キャプチャ ポート リストからエントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl capture-ports 1/1,2/1
Successfully cleared the following ports:
1/1,2/1
Console> (enable)

clear security acl counters

すべての Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)ですべての Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)の統計を削除するには、 clear security acl counters コマンドを使用します。

clear security acl counters

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドでは、 set security acl statistics コマンドを入力して有効にした、すべての統計カウンタが削除されます。

次の例は、すべての ACL ですべての ACE の統計を削除する方法を示しています。

Console> (enable) clear security acl counters
Operation Successful.
Console> (enable)

clear security acl cram

自動モードにおける Compression and Reordering of ACL Masks(CRAM)をディセーブルにするには、 clear security acl cram コマンドを使用します。

clear security acl cram { auto }

 
構文の説明

auto

自動モードにおける CRAM をディセーブルにします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

CRAM 機能は、自動モードまたは手動モードで実行できます。 clear security acl cram auto コマンドでは自動モードがディセーブルになります。自動モードでは、TCAM が不足するか、特定 CRAM タイマー インターバルが経過するたびに、CRAM 機能が実行されます。

このコマンドを入力すると、CRAM タイマーもデフォルト タイマー インターバル(300 秒)に戻ります。 set security acl cram auto コマンドを入力して CRAM を再びイネーブルにすると、デフォルト タイマー インターバルが有効になります。


) ソフトウェア リリース 8.4(1) を使用している場合、CRAM 機能はセキュリティ ACL のみでサポートされます。CRAM 機能は Quality of Service(QoS; サービス品質)ACL で動作しますが、この機能を QoS ACL で厳密に実行することはできません。


次の例は、自動モードにおける CRAM をディセーブルにする方法を示しています。

Console> (enable) clear security acl cram auto
Cram auto mode disabled.
Console> (enable)

clear security acl log flow

セキュリティ Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)ログ テーブル内のすべてのフローを削除するには、 clear security acl log flow コマンドを使用します。

clear security acl log flow

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、Layer 3 Switching Engine II(Policy Feature Card 2[PFC2; ポリシー フィーチャ カード 2])を搭載した Supervisor Engine 2 を持つスイッチでのみサポートされます。

次に、セキュリティ ACL ログ テーブル内のすべてのフローを削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl log flow
Security acl log table cleared successfully
Console> (enable)

clear security acl map

VACL/VLAN(仮想 LAN)マッピングを削除するには、 clear security acl map コマンドを使用します。

clear security acl map acl_name vlan

clear security acl map { acl_name | vlan | all }

 
構文の説明

acl_name

VLAN を削除する VACL の名前

vlan

マッピングを削除する VLAN の番号。有効な値は1 ~ 4094 です。

all

VACL/VLAN マッピングをすべて削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドを入力して行った変更を NVRAM(不揮発性 RAM)に保存します。 commit コマンドを入力する必要はありません。

Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)リストを表示するには、 show security acl コマンドを使用します。

次に、特定の VLAN から特定のVACL/VLAN マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl map ip1 3
Map deletion in progress.
 
Successfully cleared mapping between ACL ip1 and VLAN 3.
Console> (enable)
 

次に、すべての VLAN から特定のVACL/VLAN マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl map ip1
Map deletion in progress.
 
Successfully cleared mapping between ACL ip1 and VLAN 5.
 
Successfully cleared mapping between ACL ip1 and VLAN 8.
Console> (enable)
 

次に、特定の VLAN からすべてのVACL/VLAN マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl map 5
Map deletion in progress.
 
Successfully cleared mapping between ACL ipx1 and VLAN 5.
 
Successfully cleared mapping between ACL mac2 and VLAN 5.
Console> (enable)
 

次に、すべての VLAN からすべてのVACL/VLAN マッピングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear security acl map all
Map deletion in progress.
 
Successfully cleared mapping between ACL ip2 and VLAN 12.
 
Successfully cleared mapping between ACL ipx1 and VLAN 12.
 
Successfully cleared mapping between ACL ipx1 and VLAN 45.
 
Successfully cleared mapping between ACL ip2 and VLAN 47.
 
Successfully cleared mapping between ACL ip3 and VLAN 56.
Console> (enable)

 
関連コマンド

commit
rollback
show security acl

clear security acl statistics

特定 Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)のすべての Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)で統計収集をディセーブルにするには、 clear security acl statistics コマンドを使用します。

clear security acl statistics acl_name

 
構文の説明

acl_name

ACL の名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear security acl statistics コマンドでは、指定した ACL のすべての ACE で統計収集がディセーブルになります。このコマンドは、ACL ごとに設定した ACL 統計のみに動作します。VLAN(仮想 LAN)ごとまたは ACE ごとに設定した ACL 統計には動作しません。このコマンドは、commit コマンド を入力してすべての ACE を NVRAM(不揮発性RAM)にコミットしたあとのみで有効です。

次の例は、指定した ACL ですべての ACE の統計収集をディセーブルにする方法を示しています。

Console> (enable) clear security acl statistics ACL1
ACL1 editbuffer modified. Use 'commit' command to save changes.
Console> (enable) commit security acl ACL1
ACL commit in progress.
 
ACL 'ACL1' successfully committed.
Console> (enable)

clear snmp access

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)グループのアクセス権を削除するには、 clear snmp access コマンドを使用します。

clear snmp access [ -hex ] { groupname } { security-model { v1 | v2c }}

clear snmp access { security-model v3 { noauthentication | authentication | privacy }}
[ context [ -hex ] contextname ]

 
構文の説明

-hex

(任意) groupname または contextname を 16 進形式で表示します。

groupname

SNMP アクセス テーブルの名前

security-model v1 | v2c

セキュリティ モデル v1 または v2c を指定します。

security-model v3

セキュリティ モデル v3 を指定します。

noauthentication

セキュリティ モデル タイプが noauthentication であるグループを指定します。

authentication

セキュリティ モデル タイプが authentication であるグループを指定します。

privacy

セキュリティ モデル タイプが privacy であるグループを指定します。

context contextname

(任意)コンテキスト ストリングの名前を指定します。

 
デフォルト

デフォルトの contextname は NULL ストリングです。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

groupname 値に特殊文字(このパラメータ用の出力不可能なデリミタ)を使用する場合は、1 桁または 2 桁の 16 進数をコロンで連結した 16 進形式のキーワード(00:ab:34 など)を使用する必要があります。

コンテキスト名を入力しなかった場合は、ヌル コンテキスト ストリングが使用されます。

次に、特定のグループの SNMP アクセスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp access cisco-group security-model v3 authentication
Cleared snmp access cisco-group version v3 level authentication.
Console> (enable)

clear snmp access-list

アクセス リスト番号に対応するホストの IP アドレスを削除するには、 clear snmp access-list コマンドを使用します。

clear snmp access-list access_number IP_address [[ IP_address ] ... ]

 
構文の説明

access_number

特定のコミュニティ ストリングの使用が許可されているホスト リストを指定する番号。有効な値は 1 ~ 65535 です。

IP_address

アクセス リストに関連付けられた IP アドレス。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

2 つ以上の IP アドレスを指定する場合は、各 IP アドレスをスペースで区切ります。

次に、アクセス リスト 2 から特定のホストの IP アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp access-list 2 172.20.60.8
Access number 2 no longer associated with 172.20.60.8
Console> (enable)
 

次に、アクセス リスト 101 からすべての IP アドレスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp access-list 101
All IP addresses associated with access-number 101 have been cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set snmp access-list

clear snmp community

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)コミュニティ テーブルを削除するには、 clear snmp community コマンドを使用します。

clear snmp community index [-hex] {index_name}

 
構文の説明

index

インデックスを削除するように指定します。

-hex

(任意) index_name 値を 16 進形式で表示します。

index_name

SNMP インデックスの名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

index_name 値に特殊文字(このパラメータ用の出力不可能なデリミタ)を使用する場合は、1 桁または 2 桁の 16 進数をコロンで連結した 16 進形式のキーワード(00:ab:34 など)を使用する必要があります。

index_name値を入力しない場合は、NULL コンテキスト ストリングが使用されます。

次に、特定のグループの SNMP アクセスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp community index ind1
Cleared snmp community ind1.
Console> (enable)

clear snmp community-ext

既存のコミュニティ ストリングを削除するには、 clear snmp community-ext コマンドを使用します。

clear snmp community-ext community_string

 
構文の説明

community_string

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)コミュニティの名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

コミュニティ ストリングを削除すると、vacmAccessTable および vacmSecurityToGroup テーブル内の対応するエントリも削除されます。

次に、既存のコミュニティ ストリングを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp community-ext public1
Community string public1 has been removed.
Console>(enable)

 
関連コマンド

set snmp community-ext

clear snmp group

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)グループから SNMP ユーザを削除するには、 clear snmp group コマンドを使用します。

clear snmp group [ -hex ] groupname { user [ -hex ] username } { security-model { v1 | v2c | v3 }}

 
構文の説明

-hex

(任意) groupname および username を 16 進形式で表示します。

groupname

アクセス制御を定義する SNMP グループの名前

user

SNMP グループのユーザ名を指定します。

username

SNMP ユーザの名前

security model v1 | v2c | v3

セキュリティ モデル v1、v2c、または v3 を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

groupname 値または username 値に特殊文字(このパラメータ用の出力不可能なデリミタ)を使用する場合は、1 桁または 2 桁の 16 進数をコロンで連結した 16 進形式のキーワード(00:ab:34 など)を使用する必要があります。

次に、特定のグループから SNMP ユーザを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp group cisco-group user joe security-model v3
Cleared snmp group cisco-group user joe version v3.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set snmp group
show snmp group

clear snmp ifalias

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)インターフェイスのエイリアスを削除するには、 clear snmp ifalias コマンドを使用します。

clear snmp ifalias { ifindex | all }

 
構文の説明

ifindex

インターフェイス インデックス番号

all

すべてのインターフェイスのエイリアスを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、SNMP インターフェイスのインデックス 1 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp ifalias 1
Console> (enable)
 

次に、SNMP インターフェイスのすべてのエイリアスを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp ifalias all
Console> (enable)

clear snmp inform

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)通知要求設定を削除するには、 clear snmp inform コマンドを使用します。

clear snmp inform all

clear snmp inform rcvr_address

clear snmp inform index rcvr_index

 
構文の説明

all

すべての SNMP 通知要求レシーバーを削除し、通知要求キューのサイズを 100 にリセットします。

rcvr_address

削除する SNMP 通知要求レシーバーの IP アドレスまたは IP エイリアス

index rcvr_index

指定したインデックス番号に対応する、一意のインデックスを削除します。有効な値は 1 から 65535 です。

 
デフォルト

clear snmp inform all を入力すると、SNMP 通知要求キューは、キューのデフォルト サイズである 100 にリセットされます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次の例は、すべての SNMP 通知要求レシーバーをクリアして、キューのサイズをデフォルトにリセットする方法を示しています。

Console> (enable) clear snmp inform all
All SNMP inform receivers cleared.
Size of inform queue has been reset to default.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set snmp inform
show snmp inform

clear snmp notify

snmpNotifyTable から SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)通知名を削除するには、 clear snmp notify コマンドを使用します。

clear snmp notify [ -hex ] { notifyname }

 
構文の説明

-hex

(任意)notifyname値を 16 進形式で表示します。

notifyname

snmpNotifyTable にインデックス付けするための識別情報

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

notifynameに特殊文字(このパラメータの印刷不可能なデリミタ)を使用する場合は、コロン(:)で区切られた 1 桁または 2 桁の 16 進数からなる 16 進数キーワード(たとえば、00:ab:34)を使用します。

次に、snmpNotifyTable から SNMP 通知名を削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp notify joe
Cleared SNMP notify table joe.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set snmp notify
show snmp notify

clear snmp targetaddr

TargetAddressTable 内の SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)ターゲット アドレス エントリを削除するには、 clear snmp targetaddr コマンドを使用します。

clear snmp targetaddr [ -hex ] { addrname }

 
構文の説明

-hex

(任意)addrname値を 16 進形式で表示します。

addrname

ターゲット エージェントの名前。最長32バイト

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

addrname に特殊文字(このパラメータの印刷不可能なデリミタ)を使用する場合は、コロン(:)で区切られた 1 桁または 2 桁の 16 進数からなる 16 進数キーワード(たとえば、00:ab:34)を使用します。

次に、snmpTargetAddressTable 内の SNMP ターゲット アドレス エントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp targetaddr joe
Cleared SNMP targetaddr joe.
Console> (enable)

clear snmp targetparams

snmpTargetParamsTable で使用される SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)ターゲット パラメータを削除するには、 clear snmp targetparams コマンドを使用します。

clear snmp targetparams [ -hex ] { paramsname }

 
構文の説明

-hex

(任意) paramsname 値を 16 進形式で表示します。

paramsname

snmpTargetParamsTable 内のターゲット パラメータの名前。最大長は 32 バイトです。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

paramsname 値に特殊文字(このパラメータの印刷不可能なデリミタ)を使用する場合は、コロン(:)で区切られた 1 桁または 2 桁の 16 進数からなる 16 進数キーワード(たとえば、00:ab:34)を使用します。

次に、SNMP ターゲット パラメータを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp targetparams joe
Cleared SNMP targetparams table joe.
Console> (enable)

clear snmp trap

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップ レシーバー テーブルからエントリを削除するには、 clear snmp trap コマンドを使用します。

clear snmp trap { rcvr_addr } [ all ]

 
構文の説明

rcvr_addr

削除するトラップ レシーバー(SNMP 管理ステーション)の IP アドレスまたは IP エイリアス

all

(任意)SNMP トラップ レシーバー テーブルのすべてのエントリを指定します。

 
デフォルト

デフォルト設定では、SNMP トラップ レシーバー テーブル内にエントリはありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、SNMP トラップ レシーバー テーブルからエントリを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp trap 192.122.173.82
SNMP trap receiver deleted.
Console> (enable)

clear snmp user

特定の SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)ユーザを削除するには、 clear snmp user コマンドを使用します。

clear snmp user [ -hex ] { username } [ remote engineid ]

 
構文の説明

-hex

(任意) username 値を 16 進形式で表示します。

username

エージェントに接続されたホスト上のユーザ名

remote engineid

(任意)リモート SNMP エンジンの username 値を指定します。

 
デフォルト

リモート エンジン ID を指定しない場合は、デフォルトのローカル SNMP エンジン ID が使用されます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

username 値に特殊文字(このパラメータ用の出力不可能なデリミタ)を使用する場合は、1 桁または 2 桁の 16 進数をコロンで連結した 16 進形式のキーワード(00:ab:34 など)を使用する必要があります。

次に、SNMP グループから特定のユーザを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp user joe
Cleared SNMP user joe.
Console> (enable)
 

次に、リモート SNMP エンジンの特定のユーザを削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp user joe remote 00:00:00:09:00:d0:00:4c:18:00
Cleared SNMP user.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set snmp user
show snmp user

clear snmp view

vacmViewTreeFamilyTable から Management Information Base(MIB)ビューを削除するには、 clear snmp view コマンドを使用します。

clear snmp view [ -hex ] { viewname subtree }

 
構文の説明

-hex

(任意) viewname 値を 16 進形式で表示します。

viewname

MIB ビューの名前

subtree

サブツリーの名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

viewname値に特殊文字(このパラメータの印刷不可能なデリミタ)を使用する場合は、コロン(:)で区切られた 1 桁または 2 桁の 16 進数からなる 16 進数キーワード(たとえば、00:ab:34)を使用します。

MIB サブツリーとマスクの組み合わせにより、ビュー サブツリーが定義されます。ビュー サブツリーは、Object Identifier(OID; オブジェクト識別子)形式、または有効な OID に対応するテキスト名で指定できます。

次に、SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)MIB ビューの名前を削除する例を示します。

Console> (enable) clear snmp view myview 1.1.3
Cleared snmp view myview with subtree 1.1.3
Console> (enable)

 
関連コマンド

set snmp view
show snmp view

clear spantree detected-protocols

Multiple Spanning Tree(MST)リージョンの従来のブリッジおよび境界ポートを検出するには、 clear spantree detected-protocols コマンドを使用します。

clear spantree detected-protocols mod/port

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear spantree detected-protocols コマンドは、MST モードおよび Rapid-PVST+ モードの場合のみ使用でき、NVRAM(不揮発性 RAM)には保存されません。 clear spantree detected-protocols コマンドを入力するときに、 mod/port 値を指定しない場合は、接続されたすべてのポート上でプロトコルが検出されます。

clear spantree detected-protocols コマンドおよび set spantree mst redetect-protocol コマンドは、機能が同じです。

次に、モジュール 3 のポート 2 上で従来のブリッジおよび境界ポートのプロトコル検出を設定する例を示します。

Console> (enable) clear spantree detected-protocols 3/2
Spanning tree protocol detection forced on port 3/2
Console> (enable)

clear spantree mst

VLAN から MST インスタンスへのマッピングを削除する、または先行標準 MST モードのポートを標準 MST モードに戻すには、 clear spantree mst コマンドを使用します。

clear spantree mst instance [ vlan vlans ]

clear spantree mst mod/port pre-std

 
構文の説明

instance

インスタンスの番号。有効な値は 0 ~ 4094 です。

vlan vlans

(任意)VLAN 番号を指定します。有効な値は 1 ~ 4094 です。

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

pre-std

先行標準 MST モードのポートを標準 MST モードに戻します(IEEE Std 802.1s)。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

インスタンス番号を 1 つのみ入力する場合は、VLAN 番号も 1 つ入力できます。インスタンス範囲を入力する場合は、VLAN 番号を入力できません。

VLAN を指定しない場合は、指定されたインスタンスからすべての VLAN のマッピングが解除され、MST インスタンス 0(IST)に追加されます。

clear spantree mst mod/port pre-std コマンドを入力すると、先行標準 MST モードのポートを標準 MST モードに戻します。 先行標準 MST は、IEEE Std 802.1s に準拠しない MST 実装です。MST 実装は、リリース 8.3(1) 以前のソフトウェアを稼働する Catalyst 6500 シリーズ スイッチの先行標準です。MST 実装は、Cisco IOS ソフトウェア リリースを稼働する Catalyst 6500 シリーズ スイッチの先行標準です。 標準 MST モードでは、両方のスイッチが同じ MST 設定である場合、先行標準 MST モードであるネイバ上のポートが境界ポート になることがあります。

set spantree mst mod/port auto コマンドを使用するとポートを標準 MST モードに戻します。

次に、MST インスタンス 2 から VLAN 2 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree mst 2 vlan 2
Console> (enable)
 

次に、ポートを標準 MST モードに戻す例を示します。

Console> (enable) clear spantree mst 4/47 pre-std
Pre-Std Neighbor type cleared on port 4/47.
Console> (enable)

clear spantree portcost

スイッチ上のポートのポート コストを削除するには、 clear spantree portcost コマンドを使用します。

clear spantree portcost mod/port [ mst ]

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

mst

(任意)ポート上の Multiple Spanning Tree(MST)インスタンスへのデフォルト パス コストを復元します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ポートのデフォルト パス コストを復元する例を示します。

Console> (enable) clear spantree portcost 3/1
Port 3/1 is using the cost 0.
Console> (enable)
 

次に、ポート上のすべての MST インスタンスへのデフォルト パス コストを復元する例を示します。

Console> (enable) clear spantree portcost 8/1 mst
Port 8/1 MST is using the cost 20000 in MST mode.
Console> (enable)

clear spantree portinstancecost

ポート上のインスタンスへのデフォルト パス コストを復元するには、
clear spantree portinstancecost コマンドを使用します。

clear spantree portinstancecost mod/port [ mst ] instances

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

mst

(任意)ポート上の Multiple Spanning Tree(MST)インスタンスへのデフォルト パス コストを復元します。

instances

インスタンスの番号。有効な値は 0~ 15 です。

 
デフォルト

デフォルトのパス コストはポート速度に基づいています。デフォルトの設定値については、 表2-8 を参照してください。

 

表2-8 デフォルトのポート コスト ― short モード

ポート速度
デフォルトのポート コスト

4 Mb

250

10 Mb

100

16 Mb

62

100 Mb

19

155 Mb

14

1 Gb

4

10 Gb

2

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MISTP および MST モードの場合のみ有効です。

次に、ポート上の特定のインスタンスへのデフォルト パス コストを復元する例を示します。

Console> (enable) clear spantree portinstancecost 5/1 2
Port 5/1 mistp-instance 1-16 have path cost 200000.
Console> (enable)
 

次に、ポート上のすべての MST インスタンスへのデフォルト パス コストを復元する例を示します。

Console> (enable) clear spantree portinstancecost 8/1 mst 0-15
Port 8/1 MST Instance 0-15 have path cost 20000.
Console> (enable)

clear spantree portinstancepri

ポート上のインスタンスのデフォルト パス コストを復元するには、 clear spantree portinstancepri コマンドを使用します。

clear spantree portinstancepri mod/port [ mst ] [ instances ]

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

mst

(任意)スパニングツリー ポートの Multiple Spanning Tree(MST)インスタンス プライオリティをリセットします。

instances

(任意)インスタンスの番号。有効な値は 0~ 15 です。

 
デフォルト

インスタンスを指定しない場合、デフォルトでは、ポート プライオリティは 0 に設定されます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MISTP および MST モードの場合のみ有効です。

次に、スパニングツリー ポートのインスタンス プライオリティをリセットする例を示します。

Console> (enable) clear spantree portinstancepri 5/1 2
Port 5/1 instances 1-16 using portpri 32.
Console> (enable)
 

次に、スパニングツリー ポートのすべての MST インスタンス プライオリティをリセットする例を示します。

Console> (enable) clear spantree portinstancepri 8/1 mst 0-15
Port 8/1 MST Instances 0-15 using portpri 32
Console> (enable)

clear spantree portpri

スイッチ上のポートのポート プライオリティを削除するには、 clear spantree portpri コマンドを使用します。

clear spantree portpri mod/port [ mst ]

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

mst

(任意)Multiple Spanning Tree(MST)ポート プライオリティをリセットします。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、スパニングツリー ポートのプライオリティを削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree portpri 3/1
Port 3/1 is using the cost 32.
Console> (enable)
 

次に、MST ポートのプライオリティを削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree portpri 8/1 mst
Port 8/1 is using the priority 32 in MST mode.
Console> (enable)

clear spantree portvlancost

ポート上の VLAN(仮想 LAN)へのデフォルト パス コストを復元するには、
clear spantree portvlancost コマンドを使用します。

clear spantree portvlancost mod/port [ vlans ]

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

vlans

(任意)VLAN の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

デフォルトのパス コストはポート速度に基づいています。デフォルトの設定値については、 表2-9 および 表2-10 を参照してください。

 

表2-9 デフォルトのポート コスト ― short モード

ポート速度
デフォルトのポート コスト

4 Mb

250

10 Mb

100

16 Mb

62

100 Mb

19

155 Mb

14

1 Gb

4

10 Gb

2

 

表2-10 デフォルトのポート コスト ― long モード

ポート速度
デフォルトのポート コスト

100 Kb

200,000,000

1 Mb

20,000,000

10 Mb

2,000,000

100 Mb

200,000

1 Gb

20,000

10 Gb

2,000

100 Gb

200

1 Tb

20

10 Tb

2

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、PVST+ モードでのみ有効です。

VLAN を指定しない場合は、すべての VLAN が削除されます。

次に、ポート上の特定の VLAN へのデフォルト パス コストを復元する例を示します。

Console> (enable) clear spantree portvlancost 2/10 1-10
Port 2/10 VLANs 11-21 have path cost 6
Port 2/10 VLANs 1-10,22-1000 have path cost 10.
Console> (enable)
 
Console> (enable) clear spantree portvlancost 2/10
Port 2/10 VLANs 1-1000 have path cost 10.
Console> (enable)

clear spantree portvlanpri

スパニングツリー ポートの VLAN(仮想 LAN)プライオリティをリセットするには、 clear spantree portvlanpri コマンドを使用します。

clear spantree portvlanpri mod/port [ vlans ]

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

vlans

(任意)VLAN の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、スパニングツリー ポートの VLAN プライオリティをリセットする例を示します。

Console> (enable) clear spantree portvlanpri 1/2 23-40
Port 1/2 vlans 3,6-20,23-1000 using portpri 32
Port 1/2 vlans 1-2,4-5,21-22 using portpri 30
Console> (enable)

clear spantree root

スイッチのスパニングツリーのブリッジ プライオリティ、hello タイム、最大エージング タイム、および転送遅延をデフォルト値に戻すには、 clear spantree root コマンドを使用します。

clear spantree root [ vlans ]

clear spantree root mistp-instance instances

clear spantree root mst instances

 
構文の説明

vlans

(任意)VLAN(仮想 LAN)の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

mistp-instance instances

インスタンス番号を指定します。有効な値は 1 ~ 16 です。

mst instances

Multiple Spanning Tree(MST)インターフェイス番号を指定します。有効な値は 0 ~ 15 です。

 
デフォルト

デフォルト設定は次のとおりです。

スイッチのプライオリティ ― 32768

転送遅延 ― 15 秒

hello タイム ― 2 秒

最大エージング タイム ― 20 秒

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、VLAN 範囲のスパニングツリー ルートを削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree root 1-20
VLANs 1-20 bridge priority set to 32678.
VLANs 1-20 bridge hello time set to 2 seconds.
VLANs 1-20 bridge max aging time set to 20 seconds.
VLANs 1-20 bridge forward delay set to 15 seconds.
 

次に、特定の 2 つの VLAN のスパニングツリー ルートを削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree root 22,24
VLANs 22,24 bridge priority set to 32678.
VLANs 22,24 bridge hello time set to 2 seconds.
VLANs 22,24 bridge max aging time set to 20 seconds.
VLANs 22,24 bridge forward delay set to 15 seconds.
Console> (enable)

次に、特定のインスタンスのスパニングツリー ルートを削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree root mistp-instance 1
Instance 1 bridge priority set to 32768.
Instance 1 bridge max aging time set to 20.
Instance 1 bridge hello time set to 2.
Instance 1 bridge forward delay set to 15.
Console> (enable)
 

次に、特定の MST インスタンスのスパニングツリー ルートを削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree root mst 0
MST Instance s 0 bridge priority set to 32768.
Instances 0 bridge max aging time set to 20.
Instances 0 bridge hello time set to 2.
Instances 0 bridge forward delay set to 15.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set spantree root
show spantree

clear spantree statistics

スパニングツリー統計情報を削除するには、 clear spantree statistics コマンドを使用します。

clear spantree statistics mod/port

clear spantree statistics vlans

clear spantree statistics mistp-instance instances

clear spantree statistics mst instances

clear spantree statistics bpdu

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

vlans

(任意)VLAN(仮想 LAN)の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

mistp-instance instances

インスタンス番号を指定します。有効な値は 1 ~ 16 です。

mst instances

Multiple Spanning Tree(MST)インターフェイス番号を指定します。有効な値は 0 ~ 15 です。

bpdu

スパニングツリーの Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)カウンタをクリアします。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear spantree statistics bpdu コマンドを入力すると、送信、受信、処理、廃棄された BPDU に関するカウンタ、およびこれらの BPDU の比率がクリアされます。

次に、VLAN 1 のスパニングツリー統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree statistics 1
Cleared all VLAN counters for VLAN 1
Statistics cleared for vlans 1
Console> (enable)
 

次に、特定のポートのスパニングツリー統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree statistics 3/1
Statistics cleared for module 3/1
Console> (enable)
 

次に、特定のインスタンスのスパニングツリー統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree statistics mistp-instance 2
Statistics cleared for instances 2
Console> (enable)
 

次に、特定の MST インスタンスのスパニングツリー統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree statistics mst 0
Statistics cleared for MST instance: 0
Console> (enable)
 

次に、スパニングツリー BPDU のカウンタ統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear spantree statistics bpdu
Spanning tree BPDU statistics cleared on the switch.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show spantree statistics

clear spantree uplinkfast

UplinkFast 機能をオフにして、スイッチのプライオリティおよびパス コストをデフォルト設定に戻すには、 clear spantree uplinkfast コマンドを使用します。

clear spantree uplinkfast

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

場合によっては、このコマンドを使用するとスイッチのロードバランスが無効になる場合があります。

次に、UplinkFast 機能をオフにして、スイッチ プライオリティをデフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) clear spantree uplinkfast
This command will cause all portcosts, portvlancosts, and the
bridge priority on all vlans to be set to default.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
VLANs 1-1005 bridge priority set to 32768.
The port cost of all bridge ports set to default value.
The portvlancost of all bridge ports set to default value.
uplinkfast disabled for bridge.
Console> (enable)

clear ssh mode

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)バージョンを削除し、互換性モードに戻すには、 clear ssh mode コマンドを使用します。

clear ssh mode

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear ssh mode コマンドを入力すると、SSH バージョン 1、またはバージョン 2 モードで操作したあとで互換性モードに戻すことができます。互換性モードでは、SSH バージョン 1 接続、およびバージョン 2 接続がサポートされます。

次に、SSH バージョンを削除し、互換性モードに戻す例を示します。

Console> (enable) clear ssh mode
SSH server mode set to V1 and V2
Console> (enable)

 
関連コマンド

set ssh mode
show ssh

clear system info-log command

システム情報ロギング インデックスから show コマンドを削除するには、 clear system info-log command コマンドを使用します。

clear system info-log command { all | index_number }

 
構文の説明

all

システム情報ロギング インデックスからすべての show コマンドを削除します。

index_number

システム情報ロギング インデックスから特定の show コマンド エントリを削除します。有効な値は 1 ~ 15 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

システム情報ロギング インデックス内の show コマンドのインデックス番号を表示するには、 show system info-log コマンドを使用します。

次に、システム情報ロギング インデックスから 2 番めの show コマンドを削除する例を示します。

Console> (enable) clear system info-log command 2
Successfully cleared the configured command.
Console> (enable)
 

次に、システム情報ロギング インデックスからすべての show コマンドを削除する例を示します。

Console> (enable) clear system info-log command all
Successfully cleared all the system commands configured.
Console> (enable)

clear system profile

システム プロファイル設定を削除するには、 clear system profile コマンドを使用します。

clear system profile

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、システム プロファイル設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear system profile
Profile configuration is clear for the system.
Console> (enable)

clear tacacs key

Terminal Access Controller Access Control System Plus(TACACS+)認証および暗号化に使用される鍵設定を削除するには、 clear tacacs key コマンドを使用します。

clear tacacs key

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの鍵値は NULL です。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、認証および暗号化に使用する鍵設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear tacacs key
TACACS server key cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set tacacs key
show tacacs

clear tacacs server

Terminal Access Controller Access Control System Plus(TACACS+)サーバ リストからホストを削除するには、 clear tacacs server コマンドを使用します。

clear tacacs server ip_addr

 
構文の説明

ip_addr

TACACS+ サーバ リストから削除するサーバの IP アドレス

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、TACACS+サーバ リストから特定のサーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear tacacs server 170.1.2.20
170.1.2.20 cleared from TACACS table
Console> (enable)

 
関連コマンド

show tacacs

clear timezone

タイム ゾーンをデフォルトである Coordinated Universal Time(UTC; 協定世界時)に戻すには、 clear timezone コマンドを使用します。

clear timezone

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトのタイム ゾーンは UTC です。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear timezone コマンドが機能するのは、Network Time Protocol(NTP)が稼働している場合のみです。時間を手動で設定し、NTP を解除した場合は、clear timezone コマンドが無効になります。

次に、タイム ゾーンの設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear timezone
Timezone name and offset cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set timezone

clear top

TopN プロセスを停止するには 、clear top コマンドを使用します。

clear top { all | report_num }

 
構文の説明

all

保留中でないすべての TopN 結果を停止します。

report_num

削除する TopN レポート番号。有効な値は 1 ~ 5 です。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

clear top all コマンドを使用しても、保留中の TopN レポートは削除されません。ステータスが done であるレポートのみが削除されます。

background オプションが使用されていない TopN プロセスを終了するには(background オプションが使用されているかどうかを判別するには、show top background コマンドを使用)、同じ Telnet セッションかコンソール セッションで Ctrl-C を押すか、または別の Telnet セッションかコンソール セッションから clear top [ report_num ] コマンドを入力します。TopN レポートが完全に表示されるまで、プロンプトは出力されません。レポートが表示されるまで、その他のコマンドは中断されます。

次に、コンソール セッションからTopN 1 プロセスを停止する例を示します。

Console> (enable) clear top 1
10/29/1998,12:05:38:MGMT-5: TopN report 1 killed by Console//.
Console> (enable)
 

次に、Telnet セッションからTopN 4 プロセスを停止する例を示します。

Console> (enable) clear top 4
10/29/1998,12:06:00:MGMT-5: TopN report 4 killed by telnet/172.22.34.2/.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show top
show top report

clear trunk

トランク ポートをデフォルトのトランク タイプおよびモードに戻したり、トランク ポートの許可 VLAN(仮想 LAN)リストから特定の VLAN を削除するには、 clear trunk コマンドを使用します。

clear trunk mod/port [ vlans ]

 
構文の説明

mod/port

モジュール番号およびモジュールのポート番号

vlans

(任意)許可 VLAN リストから削除する VLAN の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

 
デフォルト

Multilayer Switch Module(MSM)ポートを除くすべてのポートは、デフォルトで auto ネゴシエート モードです。MSM ポートは、デフォルトで off ネゴシエート モードです。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

特定の VLAN を指定すると、その VLAN がトランクに許可されている VLAN リストから削除されます。トランクのデフォルト VLAN を削除することはできません。

削除された VLAN 宛のトラフィックは、トランク ポートを介して転送されません。削除された VLAN を追加するには、 set trunk mod/port vlans コマンドを使用します。

NVRAM(不揮発性 RAM)内に十分な空きスペースがない場合に、拡張範囲 VLAN を削除しようとすると、警告メッセージが表示され、コマンドは失敗します。

次に、モジュール 1 のポート 2 の トランク ポートから VLAN 200 ~ 500 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear trunk 1/2 200-500
Removing Vlan(s) 200-500 from allowed list.
Port 1/2 allowed vlans modified to 1-199,501-1000.
Console> (enable)
 

次に、NVRAM 内に十分なスペースがない場合に、トランクを削除しようとしたときの出力例を示します。

Console> (enable) clear trunk 2/18 1030-1999
Failed to clear extended range vlans from allowed list.
Not enough NVRAM space. Use the ‘set trunk’ command to restore
some existing entries to the default value.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set trunk
show trunk

clear vlan

管理ドメインから既存の VLAN(仮想 LAN)を削除したり、Firewall Services Module によって保護されている VLAN を削除するには、 clear vlan コマンドを使用します。

clear vlan vlans

clear vlan { vlans } firewall-vlan { mod }

 
構文の説明

vlans

VLAN の番号。有効な値は 1 ~ 4094 です。

firewall-vlan

Firewall Services Module で保護されている VLAN を削除します。

mod

モジュール番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

VLAN を削除する場合は、次の注意事項に従ってください。

VLAN Trunking Protocol(VTP; VLANトランキング プロトコル)サーバ モードで標準範囲のイーサネット VLAN を削除すると、同じ VTP ドメインのすべてのスイッチからその VLAN が削除されます。

VTP トランスペアレント モードで標準範囲 VLAN を削除すると、現在のスイッチに限って VLAN が削除されます。

拡張範囲 VLAN を削除できるのは、その VLAN を作成したスイッチ上のみです。

VLAN を削除すると、その VLAN に割り当てられていたすべてのポートが非アクティブになります。ただし、ポートを別の VLAN に移動しないかぎり、VLAN ポートの割り当ては維持されます。削除された VLAN を再アクティブにすると、その VLAN に設定されているすべてのポートも再アクティブになります。マッピング テーブル内に存在する VLAN を削除しようとすると、警告が表示されます。

プライベート VLAN(プライマリ、独立、コミュニティ)を削除すると、削除したポートは非アクティブになり、どの VLAN にも割り当てられていない状態になります。選択された VLAN のプライベート VLAN マッピングも削除されます。Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)と VLAN のマッピングも削除されます。

次に、管理ドメインから既存の VLAN 4000 を削除する例を示します。

Console> (enable) clear vlan 4000
This command will de-activate all ports on vlan 4
in the entire management domain
Do you want to continue(y/n) [n]? y
VLAN 4 deleted
Console> (enable)

 
関連コマンド

set vlan
show vlan

clear vlan counters

すべての VLAN(仮想 LAN)のソフトウェア キャッシュ カウンタを 0 に戻すには、
clear vlan counters コマンドを使用します。

clear vlan counters { vlans | all }

 
構文の説明

vlans

VLAN の番号または VLAN 範囲。有効な値は 1 ~ 4094 です。

all

すべての VLAN のカウンタを削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、VLAN 1005 のカウンタを削除する例を示します。

Console> (enable) clear vlan counters 1005
This command will reset vlan couters for vlan 1005
Do you want to continue (y/n) [n]?y
Console> (enable)

 
関連コマンド

show vlan counters

clear vlan mapping

既存の IEEE 802.1Q VLAN(仮想 LAN)と ISL(スイッチ間リンク)VLAN のマッピング、または予約済み VLAN と予約されていない VLAN のマッピングを削除するには、 clear vlan mapping コマンドを使用します。

clear vlan mapping dot1q { dot1q_vlan | all }

clear vlan mapping reserved { reserved_vlan | all }

 
構文の説明

dot1q dot1q_vlan

IEEE 802.1Q VLAN と ISL VLAN の特定のマッピングを削除します。

dot1q all

IEEE 802.1Q VLAN と ISL VLAN のマッピングをすべて削除します。

reserved reserved_vlan

指定された、予約済み VLAN と予約されていない VLAN のマッピングを削除します。

reserved all

予約済み VLAN と予約されていない VLAN のマッピングをすべて削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

VLAN を削除すると、その VLAN に割り当てられていたすべてのポートが非アクティブになります。ただし、ポートを別の VLAN に移動しないかぎり、VLAN ポートの割り当ては維持されます。削除された VLAN を再アクティブにすると、その VLAN に設定されているすべてのポートも再アクティブになります。

次に、dot1q マッピング テーブルから既存のマッピング済みVLANを削除する例を示します。

Console> (enable) clear vlan mapping dot1q 444
Vlan Mapping 444 Deleted.
Console> (enable)
 

次に、マッピング テーブルからすべてのマッピング済み VLAN を削除する例を示します。

Console> (enable) clear vlan mapping dot1q all
All Vlan Mapping Deleted.
Console> (enable)
 

次に、マッピング テーブルから予約されているマッピング済み VLAN を削除する例を示します。

Console> (enable) clear vlan mapping reserved 1007
Vlan Mapping 1007 Deleted.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set vlan
show vlan

clear vmps rcp

VLAN Management Policy Server(VMPS;VLAN マネジメント ポリシー サーバ)テーブルから VMPS RCP ユーザ名を削除するには、 clear vmps rcp コマンドを使用します。

clear vmps rcp username

 
構文の説明

username

最大 14 文字のユーザ名

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

username を指定しない場合は、すべての RCP ユーザ名が削除されます。

次に、VMPS テーブルから特定の VMPS RCP ユーザ名を削除する例を示します。

Console> (enable) clear vmps rcp jdoe
Console> (enable)

 
関連コマンド

set rcp username

clear vmps server

VLAN Management Policy Server(VMPS;VLAN マネジメント ポリシー サーバ)テーブルから VMPS サーバを削除するには、 clear vmps server コマンドを使用します。

clear vmps server ip_addr

 
構文の説明

ip_addr

削除する VMPS サーバの IP アドレスまたはホスト名

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、VMPS テーブルから VMPS サーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear vmps server 192.168.255.255
VMPS domain server 192.168.255.255 cleared from VMPS table.
Console> (enable)
 

次に、VMPS テーブルから存在しない VMPS サーバを削除しようとした場合の出力例を示します。

Console> (enable) clear vmps server 192.168.255.255
VMPS domain server 192.168.255.255 not in VMPS table.
Console> (enable)

 
関連コマンド

reconfirm vmps
set vmps server

clear vmps statistics

既存の VLAN Management Policy Server(VMPS;VLAN マネジメント ポリシー サーバ)統計情報を削除するには、 clear vmps statistics コマンドを使用します。

clear vmps statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、既存の VMPS 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear vmps statistics
VMPS and dynamic vlan statistics cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show vmps statistics

clear vtp pruneeligible

プルーニング不適格にする VLAN Trunking Protocol(VTP;VLAN トランキング プロトコル)ドメイン内の VLAN(仮想 LAN)を指定するには、clear vtp pruneeligible コマンドを使用します。

clear vtp pruneeligible vlans...

 
構文の説明

vlans...

プルーニング不適格にする VLAN の番号。有効な値は 2 ~ 1000 です。

 
デフォルト

デフォルトでは、VLAN 2 ~ 1000 がプルーニング適格です。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

VTP プルーニングが設定されていると、特定のスイッチ ポートの外部にプルーニング適格 VLAN に属するステーションがない場合、この VLAN に関する情報が VTP アップデートから削除されます。 set vtp コマンドを使用すると、VTP プルーニングをイネーブルにできます。

デフォルトでは、VLAN 2~1000がプルーニング適格です。VLAN をプルーニング不適格にするには、 clear vtp pruneeligible コマンドを使用します。

VLAN がプルーニング不適格な場合に、VLAN を再度プルーニング適格にするには、 set vtp pruneeligible コマンドを使用します。

特定の VLAN または複数の VLAN を入力できます。次に、有効な VLAN リストを示します(1; 1,2,3; 1-3,7; 2-215)。

次に、VLAN 200 ~ 500 をプルーニング不適格にする例を示します。

Console> (enable) clear vtp pruneeligible 200-500
Vlans 1,200-500,1001-1005 will not be pruned on this device.
VTP domain Company modified.
Console> (enable)

clear vtp statistics

VLAN Trunking Protocol(VTP;VLAN トランキング プロトコル) 統計情報 を削除するには、 clear vtp statistics コマンドを使用します。

clear vtp statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、VTP 統計情報を削除する例を示します。

Console> (enable) clear vtp statistics
vtp statistics cleared.
Console> (enable)

 
関連コマンド

set vtp
show vtp statistics

clear web-auth

ログインまたはログイン失敗ページの設定を削除するには、 clear web-auth コマンドを使用します。

clear web-auth { login-page | login-fail-page }

 
構文の説明

login-page

ログイン ページの設定を削除します。

login-fail-page

ログイン失敗ページの設定を削除します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ログイン ページの設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear web-auth login-page
Console> (enable)
 

次に、ログイン失敗ページの設定を削除する例を示します。

Console> (enable) clear web-auth login-fail-page
Console> (enable)

commit

ハードウェアに書き込まれなかった NVRAM(不揮発性 RAM)内のすべての Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)、または特定の ACE をコミットするには、 commit コマンドを使用します。

commit qos acl { acl_name | all | adjacency }

commit security acl { acl_name | all | adjacency }

 
構文の説明

qos acl

Quality of Service(QoS; サービス品質)Access Control Entry(ACE; アクセス制御エントリ)を指定します。

acl_name

VACL の名前を指定し、その ACE をコミットします。

all

すべての Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)の ACE をコミットします。

adjacency

隣接テーブル エントリをコミットします。

security acl

セキュリティ ACE を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

commit コマンドは、ハードウェアに書き込まれなかった NVRAM 内の すべての ACE をコミットします。ACE を含まないコミット済みの ACL は削除されます。 すべての ACE をハードウェアおよび NVRAM に保存するには、ACE を一括入力し、 commit コマンドを入力することを推奨します。

次に、特定の QoS ACE を NVRAM にコミットする例を示します。

Console> (enable) commit qos acl my_acl
Hardware programming in progress...
ACL my_acl is committed to hardware.
Console> (enable)
 

次に、特定のセキュリティ ACE を NVRAM にコミットする例を示します。

Console> (enable) commit security acl IPACL2
ACL commit in progress.
ACL IPACL2 is committed to hardware.
Console> (enable)
 

次に、特定の隣接テーブル エントリを NVRAM にコミットする例を示します。

Console> (enable) commit security acl adjacency
Commit operation in progress.
Adjacency successfully committed.
Console> (enable)

 
関連コマンド

rollback

commit lda

ハードウェアに書き込まれなかった Accelerated Server Load Balancing(ASLB; 負荷分散)設定を NVRAM(不揮発性 RAM)にコミットするには、 commit lda コマンドを使用します。

commit lda

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ASLB 設定を NVRAM にコミットする例を示します。

Console> (enable) commit lda
Commit operation in progress...
Successfully committed Local Director Accelerator.
Console> (enable)

 
関連コマンド

clear lda
set lda
show lda

configure

コンフィギュレーション ファイルを RCP サーバまたはネットワークからダウンロードして、ファイル内の各コマンドを実行するには、 configure コマンドを使用します。

configure { host file }[ rcp ]

configure network

 
構文の説明

host

IP アドレスまたはホストの IP エイリアス

file

ファイルの名前

rcp

(任意)ファイル転送方式として RCP を指定します。

network

ホストおよびファイルに関する対話型プロンプトを表示するように指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

configure コマンドを使用してダウンロードするコンフィギュレーション ファイルの作成方法については、『Catalyst 6500 Series Switch Software Configuration Guide』を参照してください。

次に、/tftpboot ディレクトリ内のサンプル ファイル system5.cfg を示します。

begin
show time
set ip alias conc7 198.133.219.207
set ip alias montreux 198.133.119.42
set ip alias cres 192.122.174.42
set prompt system5>
set password
# empty string old password
 
pingpong
pingpong
end
#
 

!または#で始まる行以外の各行には、コマンドが記述されています。

次に、ホスト 192.122.174.42 からコンフィギュレーション ファイル system5.cfg をダウンロードする例を示します。

Console> (enable) configure 192.122.174.42 system5.cfg
Configure using system5.cfg from 192.122.174.42 (y/n) [n]? y
/
Done. Finished Network Download. (446 bytes)
>> show time
Wed May 19 1999, 17:42:50
>> set ip alias conc7 198.133.219.207
IP alias added.
>> set ip alias montreux 198.133.219.40
IP alias added.
>> set ip alias cres 192.122.174.42
IP alias added.
>> set prompt system5>
>> set password
Enter old password:
Enter new password: pingpong
Retype new password: pingpong
Password changed.
system5> (enable)

 
関連コマンド

copy
show config

confreg

コンフィギュレーション レジスタ ユーティリティを設定するには、 confreg コマンドを使用します。

confreg [ num ]

 
構文の説明

num

(任意)有効な値は 0= ROM モニタ、1=ブート ヘルパー イメージ、2 ~ 15 =ブート システムです。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

confreg に引数 num を指定して実行すると、 指定された値に合わせて Virtual Configuration Register(VCR; 仮想コンフィギュレーション レジスタ)が変更されます。

引数を指定しない場合は、 VCR の内容が英語でダンプされ、ユーザは内容を変更できます。

VCR の各ビットに保持されている情報を変更するか、または維持するかを確認するプロンプトが表示されます。いずれの場合も、新しい VCR 値がNVRAM(不揮発性RAM)に書き込まれますが、この VCR 値はプラットフォームをリセットするか、電源をオフにしてからオンにしないかぎり無効です。

変更を保存するには、 sync コマンドを発行する必要があります。それ以外は、変更は保存されず、 reset コマンドは変更を削除してしまいます。

次に、 confreg コマンドを使用する例を示します。

rommon 7 > confreg
 
Configuration Summary
enabled are:
console baud: 9600
boot: the ROM Monitor
 
do you wish to change the configuration? y/n [n]: y
enable “diagnostic mode”? y/n [n]: y
enable “use net in IP bcast address”? y/n [n]:
enable “load rom after netboot fails”? y/n [n]:
enable “use all zero broadcast”? y/n [n]:
enable “break/abort has effect”? y/n [n]:
enable “ignore system config info”? y/n [n]:
change console baud rate? y/n [n]: y
enter rate: 0 = 9600, 1 = 4800, 2 = 1200, 3 = 2400 [0]: 0
change the boot characteristics? y/n [n]: y
enter to boot:
0 = ROM Monitor
1 = the boot helper image
2-15 = boot system
[0]: 0
 
 
Configuration Summary
enabled are:
diagnostic mode
console baud: 9600
boot: the ROM Monitor
 
do you wish to change the configuration? y/n [n]:
 
 
You must reset or power cycle for new config to take effect

 
関連コマンド

show boot

context

ロードされたイメージのコンテキストを表示するには、 context コマンドを使用します。

context

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

ブートされたイメージのコンテキストが使用可能な場合は、カーネル モードおよびプロセス モードでこのコンテキストが表示されます。

次に、ロードされたイメージのコンテキストを表示する例を示します。

rommon 6 > context
Kernel Level Context:
Reg MSW LSW | Reg MSW LSW
------ ---------- ---------- | ----- ---------- ----------
zero : 00000000 00000000 | s0 : 00000000 34008301
AT : 00000000 3e800000 | s1 : 00000000 00000001
v0 : 00000000 00000003 | s2 : 00000000 00000003
v1 : 00000000 00000000 | s3 : 00000000 00000000
a0 : 00000000 0000002b | s4 : 00000000 60276af8
a1 : 00000000 00000003 | s5 : ffffffff ffffffff
a2 : 00000000 00000000 | s6 : 00000000 60276c58
a3 : 00000000 60276af8 | s7 : 00000000 0000000a
t0 : 00000000 00000b84 | t8 : 00000000 34008300
t1 : 00000000 3e800004 | t9 : ffffffff ac000000
t2 : 00000000 00000239 | k0 : 00000000 00000400
t3 : 00000000 34008301 | k1 : 00000000 6024eb5c
t4 : ffffffff ffff83fd | gp : 00000000 60252920
t5 : 00000000 0000003f | sp : 00000000 60276a98
t6 : 00000000 00000000 | s8 : 00000000 601fbf33
t7 : ffffffff ffffffff | ra : 00000000 6006d380
HI : 00000000 00000008 | LO : 00000000 00000000
EPC : 00000000 60033054 | ErrPC : ffffffff bfc070c8
Stat : 34408302 | Cause : 00002020
 
Process Level Context:
Reg MSW LSW | Reg MSW LSW
------ ---------- ---------- | ----- ---------- ----------
zero : 00000000 00000000 | s0 : 00000000 00000074
AT : 00000000 3e820000 | s1 : 00000000 60276c58
v0 : 00000000 00000081 | s2 : 00000000 601fbac0
v1 : 00000000 00000074 | s3 : 00000000 00000036
a0 : 00000000 00000400 | s4 : 00000000 0000000f
a1 : 00000000 60276c58 | s5 : ffffffff ffffffff
a2 : 00000000 00000074 | s6 : 00000000 60276c58
a3 : 00000000 00000000 | s7 : 00000000 0000000a
t0 : 00000000 00000400 | t8 : 00000000 34008300
t1 : 00000000 00000400 | t9 : ffffffff ac000000
t2 : 00000000 00000000 | k0 : 00000000 30408401
t3 : ffffffff ffff00ff | k1 : 00000000 30410000
t4 : 00000000 600dcc10 | gp : 00000000 60252920
t5 : 00000000 0000003f | sp : ffffffff 80007ce8
t6 : 00000000 00000000 | s8 : 00000000 601fbf33
t7 : ffffffff ffffffff | ra : 00000000 600dfd20
HI : 00000000 00000008 | LO : 00000000 00000000
EPC : 00000000 600dfd38 | ErrPC : ffffffff ffffffff
Stat : 34008303 | Cause : ffffffff

 

copy

フラッシュ イメージまたはスイッチ コンフィギュレーションをフラッシュ デバイス、RCP サーバ、TFTP(簡易ファイル転送プロトコル)サーバ、または SCP サーバに対してアップロードまたはダウンロードするには、 copy コマンドを使用します。

copy file-id { tftp | rcp | flash | file-id | config }

copy tftp { flash | file-id | config }

copy rcp { flash | file-id | config }

copy flash { tftp | rcp | file-id | config }

copy config { flash | file-id | tftp | rcp } [ all ]

copy acl config { flash | file-id | tftp | rcp }

copy cfg1 { tftp | rcp | flash | config | cfg2 } [ all ]

copy cfg2 { tftp | rcp | flash | config | cfg1 } [ all ]

copy ftp { flash | file-id | config }

copy scp destination

copy source scp

copy log-cmd { flash | ftp | rcp | scp | tftp | file-id }

 
構文の説明

file-id

フラッシュ デバイス上のファイルの指定に使用するフォーマット。フォーマットは m/device : filename です。
m/=
スタンバイ スーパバイザ エンジンやイーサネット モジュールなど、さまざまなモジュールにアクセスできるようにするオプション
device : = フラッシュが常駐するデバイス
filename = コンフィギュレーション ファイルの名前

tftp

TFTP サーバへ、または TFTP サーバからのコピーを許可します。

rcp

RCP サーバへ、または RCP サーバからコピーするファイルを指定します。

flash

複数のモジュールのダウンロードをサポートします。

config

フラッシュ メモリ、別のフラッシュ デバイス、または TFTP サーバ上のファイルへのコンフィギュレーションのコピーを許可します。

acl config

Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)の設定をファイルに手動でコピーします。このコマンドを使用する前に、 「使用上の注意事項」 を参照してください。

cfg1

スーパバイザ エンジンの最初のスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを指定します。

cfg2

スーパバイザ エンジンの 2 番めのスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを指定します。

all

(任意)指定されたコピー先コンフィギュレーション ファイルにコンフィギュレーション全体をコピーするように指定します。

ftp

FTP(ファイル転送プロトコル)サーバへ、または FTP サーバからのコピーを許可します。

scp destination

Secure Copy(SCP)を使用して、システム上の指定された宛先にファイルをコピーします。

source scp

SCP を使用して、システム上の指定された送信元からファイルをコピーします。

log-cmd

指定されたデバイスにコマンド ログをコピーします。

scp

セキュア イメージに SCP を指定します。

 
デフォルト

コピー元またはコピー先デバイスを指定しない場合は、cdコマンドで指定されたデバイスが使用されます。コピー先ファイル名を省略した場合は、コピー元ファイル名が使用されます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

copy コマンドは、次の作業を実行する場合に使用します。

TFTP サーバまたは RCP サーバからフラッシュ デバイスに、システム イメージまたはコンフィギュレーション ファイルをダウンロードします。

フラッシュ デバイスから TFTP サーバまたは RCP サーバに、システム イメージまたはコンフィギュレーション ファイルをアップロードします。

フラッシュ デバイス上、あるいは TFTP サーバまたは RCP サーバ上のコンフィギュレーション ファイルを使用して、スイッチを設定します。

フラッシュ デバイス、あるいは TFTP サーバまたは RCP サーバに、現在のコンフィギュレーションをコピーします。

ACL の設定をファイルに手動でコピーします。

フラッシュ デバイス、TFTP サーバ、または RCP サーバに、コマンド ログ エントリをアップロードします。


注意 手動コピーを使用できるのは、acl config が flash に設定されていて、auto-config append オプションがイネーブル化されている場合のみです。append オプションがディセーブルの場合は、auto-config ファイルを実行する前に、設定が削除されます。 set boot config-register auto-config コマンドを参照してください。

コピー元またはコピー先デバイスを指定しない場合は、cd コマンドで指定されたデバイスが使用されます。コピー先ファイル名を省略した場合は、コピー元ファイル名が使用されます。

copy config、 copy cfg1 copy cfg2 コマンドを使用すると、デフォルト以外のコマンドのみがコピー先のコンフィギュレーション ファイルにコピーされます。キーワード all を使用すると、デフォルトおよびデフォルト以外の両方のコンフィギュレーションがコピーされます。

コピー元またはコピー先のフラッシュ デバイスを指定しない場合は、デフォルトのフラッシュ デバイス(cd コマンドで指定されたフラッシュ デバイス)が使用されます。現在のデフォルト フラッシュ デバイスを表示するには、 pwd コマンドを使用します。コピー先ファイル名を省略した場合は、コピー元ファイル名が使用されます。

set system name コマンドを使用してシステム名を定義した場合、イメージおよびコンフィギュレーション ファイルは sysname.cfg ファイルに保存されます。そうでない場合は、デフォルトの
myswitch.cfg ファイルに保存されます。

デバイスを指定したあとに、コロン(:)を入力する必要があります。

コピー元またはコピー先として flash キーワードを使用した場合は、フラッシュ デバイス名の入力を求められます。

ソフトウェア イメージを同じタイプの複数のインテリジェント スイッチング モジュールにコピーする場合は、コピー先として flash キーワードを使用してください。コピー元イメージ ファイルのヘッダーに基づいて、イメージをコピーするモジュールが自動的に判別されます。ソフトウェア イメージを、同じタイプの複数のモジュールが搭載されたスイッチ内の単一のインテリジェント スイッチング モジュールにコピーする場合は、宛先 file-id に m /bootflash: を指定する必要があります(ファイル名は指定しないでください)。

SCP を使用してソフトウェア イメージをダウンロードする前に、次を確認してください。

SCP サーバとして動作するワークステーションは、Secure Shell(SSH; セキュア シェル)をサポートします。

サーバは、利用可能な SSH v1 互換scp コマンドのあるコマンド シェルをサポートします。

スイッチには SCP サーバへのルートがあります。サブネットの間でトラフィックをルーティングするルータがない場合、スイッチおよび SCP サーバは同じサブネットワーク内にある必要があります。 ping コマンドを使用して、SCP サーバへの接続をチェックします。

ダウンロード中に停電(または他の問題)すると、フラッシュ コードを破損する場合があります。フラッシュ コードが破損した場合、コンソール ポートを介してスイッチに接続し、フラッシュ PC カードの破損していないシステム イメージから起動できます。

SCP サーバにソフトウェア イメージをアップロードする前に、次を行ってください。

SCP サーバとして動作するワークステーションが正しく設定されていることを確認します。

スイッチには SCP サーバへのルートがあります。サブネットの間でトラフィックをルーティングするルータがない場合、スイッチおよび SCP サーバは同じサブネットワーク内にある必要があります。 ping コマンドを使用して、RCP サーバへの接続をチェックします。

既存のファイル(作成する必要がある場合での空ファイルを含む)を上書きする場合、ファイル許可が正しく設定されていることを確認します。特定のユーザ名に対して、ファイルへの書き込みを許可するように設定します。

SCP を使用したファイルのダウンロードおよびアップロードの詳細については、『 Catalyst 6500 Series Switch Software Configuration Guide 』の Chapter 25 「Working with System Software Images」を参照してください。

次に、 copy コマンドを使用して、スイッチ コンフィギュレーションをフラッシュ デバイス slot0 のファイル cat.cfg にアップロードする例を示します。

Console> (enable) copy config slot0:cat.cfg
Upload configuration to slot0:cat.cfg
649324 bytes available on device slot0, proceed (y/n) [n]? y
.........
.........
.........
........
.........
.
/
Configuration has been copied successfully. (10200 bytes)
Console> (enable)
 

次に、 copy コマンドを使用して、スイッチ コンフィギュレーションを TFTP サーバのファイル lab2.cfg にアップロードする例を示します。

Console> (enable) copy config tftp:lab2.cfg
IP address or name of remote host [172.20.22.7]? y
Upload configuration to tftp:lab2.cfg (y/n) [n]? y
.........
.........
.........
.
/
Configuration has been copied successfully. (10299 bytes).
Console> (enable)
 

次に、 copy コマンドを使用して、スイッチ コンフィギュレーションをフラッシュ デバイス slot0 のファイル cat.cfg にアップロードする例を示します。

Console> (enable) copy config flash
Flash device [bootflash]? slot0:
Name of file to copy to [test_image]? cat.cfg
Upload configuration to slot0:cat.cfg
749124 bytes available on device slot0, proceed (y/n) [n]? y
.........
.........
.........
........
.
/
Configuration has been copied successfully. (200345 bytes).
Console> (enable)
 

次に、 copy コマンドを使用して、TFTP サーバからコンフィギュレーションをダウンロードする例を示します。

Console> (enable) copy slot0:cat.cfg config
Configure using slot0:cat.cfg (y/n) [n]? y
/
Finished download. (10900 bytes)
>> set password $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
Password changed.
>> set enablepass $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
Password changed.
>> set prompt Console>
>> set length 24 default
Screen length set to 24.
>> set logout 20
..........
Console> (enable)
 
Console> (enable) copy tftp config
IP address or name of remote host? 172.20.22.7
Name of configuration file? cat.cfg
Configure using cat.cfg from 172.20.22.7 (y/n) [n]? y
/
Finished network download. (10900 bytes)
>> set password $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
Password changed.
>> set enablepass $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
Password changed.
>> set prompt Console>
>> set length 24 default
Screen length set to 24.
>> set logout 20
...........
Console> (enable)
Console> (enable) copy flash config
Flash device [bootflash]?
Name of configuration file? test.cfg
Configure using bootflash:test.cfg (y/n) [n]? y
/
Finished download. (10900 bytes)
>> set password $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
Password changed.
>> set enablepass $1$FMFQ$HfZR5DUszVHIRhrz4h6V70
Password changed.
>> set prompt Console>
>> set length 24 default
Screen length set to 24.
>> set logout 20
.....
Console> (enable)
 

次に、実行コンフィギュレーションを RCP サーバにコピーして、保存する例を示します。

Console> (enable) copy config rcp
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy to []? cat6000_config.cfg
 
Upload configuration to rcp:cat6000_config.cfg, (y/n) [n]? y
.....
..........
.......
 
..........
...........
..
/
Configuration has been copied successfully.
Console> (enable)
 

次に、RCP サーバからダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルを使用して Catalyst 6500 シリーズ スイッチを設定する例を示します。

Console> (enable) copy rcp config
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy from []? dns-config.cfg
 
Configure using rcp:dns-config.cfg (y/n) [n]? y
/
Finished network download. (134 bytes)
>>
>> set ip dns server 172.16.10.70 primary
172.16.10.70 added to DNS server table as primary server.
>> set ip dns server 172.16.10.140
172.16.10.140 added to DNS server table as backup server.
>> set ip dns enable
DNS is enabled
>> set ip dns domain corp.com
Default DNS domain name set to corp.com
Console> (enable)
 

次に、RCP サーバを使用して、リモート ホストからフラッシュにイメージをアップロードする例を示します。

Console> (enable) copy rcp flash
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy from []? cat6000-sup-d.6-1-1.bin
Flash device [bootflash]?
Name of file to copy to [cat6000-sup-d.6-1-1.bin]?
 
4369664 bytes available on device bootflash, proceed (y/n) [n]? y
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCC
File has been copied successfully.
Console> (enable)
 

次に、コンフィギュレーションをスーパバイザ エンジン上の最初のスタートアップ コンフィギュレーション ファイル(cfg1)にダウンロードする例を示します。

Console> (enable) copy tftp cfg1
IP address or name of remote host [172.20.32.10]?
Name of file to copy from [/tftpboot/my.cfg]?
Download config file from/tftpboot/my.cfg to cfg1 (y/n) [n]?
.........
File has been copied to cfg1.
Console> (enable)
 

次に、ACL の設定をブートフラッシュ ファイルに手動でコピーする例を示します。

Console> (enable) copy acl config bootflash:switchapp.cfg
Upload configuration to bootflash:dan.cfg
2843644 bytes available on device bootflash, proceed (y/n) [n]? y
.........
.........
/
Configuration has been copied successfully.
Console> (enable)
 

次に、スイッチに対する crypto イメージの完全な SCP ダウンロード手順の例を示します。

Console> (enable) copy scp flash
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy from []? cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin
Flash device [bootflash]?
Name of file to copy to [cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin]?
 
4369664 bytes available on device bootflash, proceed (y/n) [n]? y
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCC
File has been copied successfully.
Console> (enable) set boot system flash bootflash:cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin prepend
BOOT variable = bootflash:cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin,1;bootflash:cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin
1-csx.bin,1;
Console> (enable) reset system
This command will reset the system.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
Console> (enable) 11/25/2003,13:51:39:SYS-5:System reset from Console//
 
System Bootstrap, Version 4.2
Copyright (c) 1994-2003 by cisco Systems, Inc.
Presto processor with 32768 Kbytes of main memory
 
Autoboot executing command: "boot bootflash:cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin"
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCC
Uncompressing file: ###########################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
#############
 
 
System Power On Diagnostics
DRAM Size ....................32 MB
Testing DRAM..................Passed
Verifying Text segment .......Passed
NVRAM Size ...................512 KB
Saving NVRAM .................
Testing NVRAM ................Passed
Restoring NVRAM...............
Level2 Cache ..................Present
Level2 Cache test..............Passed
 
Leaving power_on_diags
 
Cafe Daughter Present.
 
EOBC link up
 
Boot image: cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin
Flash Size = 0X1000000, num_flash_sectors = 64
readCafe2Version: 0x00000001
RIn Local Test Mode, Pinnacle Synch Retries: 2
Running System Diagnostics from this Supervisor (Module 1)
This may take up to 2 minutes....please wait
 
Cisco Systems Console
 
Enter password:
11/25/2003,13:52:51:SYS-5:Module 1 is online
11/25/2003,13:53:11:SYS-5:Module 4 is online
11/25/2003,13:53:11:SYS-5:Module 5 is online
11/25/2003,13:53:14:PAGP-5:Port 1/1 joined bridge port 1/1.
11/25/2003,13:53:14:PAGP-5:Port 1/2 joined bridge port 1/2.
11/25/2003,13:53:40:SYS-5:Module 2 is online
11/25/2003,13:53:45:SYS-5:Module 3 is online
Console> (enable)
 

次に、crypto イメージを SCP サーバにアップロードする例を示します。

Console> (enable) copy bootflash scp
Flash device [bootflash]? slot0:
Name of file to copy from []? cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin
IP address or name of remote host [172.20.52.3]? 172.20.52.10
Name of file to copy to [cat6000-sup720cvk9.8-3-1.bin]?
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC|
File has been copied successfully.
Console> (enable)

delete

コンフィギュレーション ファイルを削除するには、 delete コマンドを使用します。

delete [[ m/ ] device : ] filename

 
構文の説明

m/

(任意)フラッシュ デバイスを搭載するスーパバイザ エンジンのモジュール番号

device :

(任意)フラッシュが常駐するデバイス

filename

コンフィギュレーション ファイルの名前

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

デバイスを指定したあとに、コロン(:)を入力する必要があります。

次に、フラッシュ デバイスからコンフィギュレーション ファイル cat6000-sup-d.5-5-1.bin を削除し、 show flash コマンドを入力して、削除されたかどうかを確認する例を示します。

Console> (enable) delete bootflash:cat6000-sup-d.5-5-1.bin
Console> (enable)
Console> (enable) show flash
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .D ffffffff 5415406e 3300b8 25 3080247 Jan 12 2000 13:22:46 cat6000-sup-d.6-1-1.bin
2 .. ffffffff 762950d6 6234d0 25 3093399 Jan 13 2000 12:33:14 cat6000-sup-d.6-1-1.bin
 
1428272 bytes available (6173904 bytes used)
Console> (enable)

dev

スイッチで使用可能なデバイス ID を表示するには、 dev コマンドを使用します。

dev

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

次に、 dev コマンドを使用する例を示します。

rommon 10 > dev
Devices in device table:
id name
bootflash: bootflash
slot0: PCMCIA slot 0
eprom: eprom

 

diagnostic start

テスト ID 番号に基づいて特定のテストを開始するには、 diagnostic start コマンドを使用します。

diagnostic start module mod_num test { all | test_ID_num | test_list | complete | minimal | non-disruptive | per-port } [ port { all | port_num | port_list }]

 
構文の説明

module mod_num

特定のテストを開始するモジュールを指定します。

test

特定のオンライン診断テストを指定します。

all

オンライン診断テストをすべて指定します。

test_ID_num

特定のオンライン診断テスト番号

test_list

オンライン診断テストのリスト

complete

完全なブートアップ診断テストを開始します。

minimal

最小のブートアップ診断テストを開始します。

non-disruptive

非破壊の診断テストを開始します。

per-port

ポート単位の診断テストを開始します。

port

ポート選択を指定します。

all

モジュール上のポートすべてを指定します。

port_num

ポート番号

port_list

ポート範囲

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

diagnostic start コマンドは 1 つのテスト ID、テスト ID 範囲、または all コマンドはすべてのテスト を受け付けます。特定のテストのテスト ID をモジュール タイプ毎に、またはソフトウェア リリース毎に変更できます。 show diagnostic content コマンドを使用して、正しいテスト ID および関連するテスト名を入手する必要があります。

Generic Online Diagnostics(GOLD)を設定するには、「Related Commands」の set コマンドを使用します。


) GOLDは、Supervisor Engine 720 および Supervisor Engine 32 でのみサポートされます。初期の診断コマンドは、Supervisor Engine 1 および Supervisor Engine 2 でもサポートされています。


次に、モジュール 5でオンライン診断テスト 1 を開始する例を示します。

Console> diagnostic start module 5 test 1
2005 Aug 18 15:10:08 %DIAG-6-TEST_RUNNING:Module 5: Running FirmwareDiagStatus{ID=1} ...
2005 Aug 18 15:10:08 %DIAG-6-TEST_OK:Module 5: FirmwareDiagStatus{ID=1} has completed successfully
Console>

diagnostic stop

指定されたモジュール上でGOLDを停止するには、 diagnostic stop コマンドを使用します。

diagnostic stop module mod_num

 
構文の説明

module mod_num

特定のテストを停止するモジュールを指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

メモリ テストの実行に時間がかかるので、終了する前にテストを中止する場合、このコマンドを使用します。


) GOLDは、Supervisor Engine 720 および Supervisor Engine 32 でのみサポートされます。初期の診断コマンドは、Supervisor Engine 1 および Supervisor Engine 2 でもサポートされています。


次に、テストは実行しませんが diagnostic stop コマンドを入力したときの出力を示します。

Console> diagnostic stop module 5
Diagnostic[Module 5]: Diagnostic is not active.
2005 Aug 18 15:38:30 %DIAG-3-NO_DIAG_RUNNING:Module 5: Diagnostic is not running
Console>

dir ― ROM モニタ

指定されたデバイスのファイル リストを表示するには、 dir コマンドを使用します。

dir device

 
構文の説明

device

デバイスの ID

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

次に、 dir コマンドを使用する例を示します。

rommon 11 > dir flash:
File size Checksum File name
65 bytes (0x41) 0xb49d clev/oddfile65
2229799 bytes (0x220627) 0x469e clev/sierra-k.Z

dir ― スイッチ

フラッシュ メモリ デバイスのファイル リストを表示するには、 dir コマンドを使用します。

dir [[ m/ ] device : ][ filename ] [ all | deleted | long ]

 
構文の説明

m/

(任意)フラッシュ デバイスを搭載するスーパバイザ エンジンのモジュール番号

device :

(任意)フラッシュが常駐するデバイス

filename

(任意)コンフィギュレーション ファイルの名前

all

(任意)削除済みかどうかに関係なく、すべてのファイルを表示します。

deleted

(任意)削除済みファイルのみを表示します。

long

(任意)削除されていないファイルをロング フォーマットで表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザおよびイネーブル

 
使用上の注意事項

デバイスを指定したあとに、コロン(:)を入力する必要があります。

all キーワードを指定した場合、ファイル情報はロング フォーマットで表示されます。

すべてのキーワード(all、deleted、 または long)を省略した場合は、ファイル情報がショート フォーマットで表示されます。 表2-11 に、ショートフォーマットを示します。

 

表2-11 ショート フォーマット

列見出し
説明

#

ファイルのインデックス番号

length

ファイル長

date/time

ファイルの作成日時

name

ファイル名

いずれかのキーワード(all、deleted、または long)を使用した場合は、ファイル情報がロング フォーマットで表示されます。 表2-12 に、ロング フォーマットを示します。

 

表2-12 ロング フォーマット

列見出し
説明

#

ファイルのインデックス番号

ED

ファイルにエラーが含まれているか(E)、または削除済みであるか
(D)を示す文字

type

ファイルタイプ(1 = コンフィギュレーション ファイル、2 = イメージ ファイル)。ファイル タイプが不明な場合、このフィールドには 0 または FFFFFFFF が表示されます。

crc

ファイルの Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)

seek

ファイル システムに対する次のファイルのオフセット

nlen

ファイル名の長さ

length

ファイル長

date/time

ファイルの作成日時

name

ファイル名

次に、ファイル情報をショート フォーマットで表示する例を示します。

Console> (enable) dir
-#- -length- -----date/time------ name
1 6061822 Mar 03 2000 15:42:49 cat6000-sup.6-1-1.bin
2 6165044 Mar 13 2000 14:40:15 cat6000-sup.5-5-1.bin
 
3763660 bytes available (12227124 bytes used)
Console> (enable)
 

次に、ファイル情報をロング フォーマットで表示する例を示します。

Console> (enable) dir long
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .. ffffffff f3a3e7c1 607f80 24 6061822 Mar 03 2000 15:42:49 cat6000-sup.
6-1-1.bin
2 .. ffffffff aa825ac6 be9234 24 6165044 Mar 13 2000 14:40:15 cat6000-sup.
5-5-1.bin
 
3763660 bytes available (12227124 bytes used)
Console> (enable)

 
関連コマンド

show flash

disable

イネーブル モードからユーザ モードに戻るには、 disable コマンドを使用します。

disable

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

次に、ユーザ モードに戻る例を示します。

Console> (enable) disable
Console>

 
関連コマンド

enable

disconnect

ID 番号によってセッション番号を閉じるには、 disconnect コマンドを使用します。

disconnect session_id

 
構文の説明

session_id

セッション番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

セッション ID 番号を識別するには、 show users コマンドを入力します。

次に、セッション ID 番号を入力してセッションを閉じる例を示します。

Console> (enable) disconnect 2
Telnet session from cbin3-view2.cisco.com disconnected.
Console> (enable)

 
関連コマンド

show users
telnet

download

指定されたホストから宛先モジュールのフラッシュ メモリにソフトウェア イメージをコピーするには、 download コマンドを使用します。

download host file [ mod ] [ rcp ]

download serial

download vmps

download boot flash_device:filename mod_num

download epld file [ mod [ force ]]

 
構文の説明

host

ホストの名前または IP アドレス

file

ダウンロードするファイルの名前

mod

(任意)ダウンロードされたイメージを受け取るモジュールの番号

rcp

(任意)ファイル転送方式として RCP を指定します。

serial

シリアル ポートを介してダウンロードするように指定します。

vmps

VLAN Management Policy Server(VMPS; VLAN マネジメント ポリシー サーバ)をダウンロードします。

boot

モジュールのブート ROM にイメージをダウンロードします。

flash_device:filename

ダウンロードするソフトウェア イメージの名前

mod_num

ダウンロードされたイメージを受け取るモジュールの番号

epld

モジュールの Erasable Programmable Logic Device(EPLD)イメージ ファイルを更新します。

file

EPLD イメージ ファイルの名前

force

(任意)モジュールの既存の EPLD イメージ ファイルを、そのバージョンに関係なく、新しい EPLD イメージで更新します。

 
デフォルト

モジュール番号を指定しない場合、イメージはイメージが有効なすべてのモジュールにダウンロードされます。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

Catalyst 6500 シリーズ スイッチは、EIA/TIA-232 コンソール ポートを介して、Kermit シリアル ダウンロードを使用して、新規コードをプロセッサにダウンロードします。

download コマンドを使用すると、モジュールのフラッシュ メモリにコードがダウンロードされます。Catalyst 6500 シリーズ スイッチでは、モジュールに対して無効なイメージはソフトウェアによって拒否されます。

download serial コマンドは、シリアル EIA/TIA-232 コンソール ポートを介して Kermit を使用します。 download serial コマンドは、Telnet セッションから実行できません。

download vmps コマンドを正常に実行するには、あらかじめ set vmps downloadserver コマンドを使用して、TFTP(簡易ファイル転送プロトコル)サーバの IP アドレス、およびサーバの VMPS コンフィギュレーションの名前を設定しておく必要があります。TFTP サーバの IP アドレスが設定されていない場合、 download vmps コマンドはエラーを報告します。コンフィギュレーション ファイル名が設定されていない場合、 download vmps コマンドはデフォルト ファイル名
vmps-config-database.1 を使用します。

VMPS サーバの再起動、あるいは download vmps コマンド、または set vmps state { disable | enable } コマンドの入力により、新しい VMPS 設定が TFTP サーバからダウンロードされるたびに、VMPS バックアップ ファイルが上書きされます。新しいコンフィギュレーション データベースを構築するためのリソースが不足している場合は、VMPS が非アクティブになります。

モジュール番号を指定した場合は、指定したモジュールにダウンロードされます。ただし、指定したモジュールのタイプがダウンロード ヘッダーで指定されたタイプと異なる場合は、ダウンロードに失敗します。モジュール番号を指定しない場合は、該当タイプのすべてのモジュールにダウンロードされます。


注意 Kermit を使用してシリアル ダウンロードを開始した場合は、Ctrl-C を押して、シリアル ダウンロードを打ち切らないでください。Ctrl-C を押すと、ダウンロード プロセスが中断し、スイッチの機能に影響することがあります。Ctrl-C を押したことにより、スイッチの機能が影響された場合は、スイッチを再起動してください。

モジュールを指定しないで download epld file コマンドを入力した場合は、新しい EPLD イメージが、より古い既存バージョンが格納されたすべての互換モジュールにダウンロードされます。 download epld file mod コマンドに force キーワードを指定して使用した場合は、モジュールの既存 EPLD イメージが、そのバージョン レベルに関係なく、新しい EPLD イメージで更新されます。


注意 EPLD イメージの更新中にモジュールを取り外すと、モジュールがオンライン状態に戻らなくなることがあります。

次に、ホスト mercury からスーパバイザ エンジン(デフォルト)にファイル c6000_spv11.bin をダウンロードする例を示します。

Console> (enable) download mercury c6000_spv11.bin
Download image c6000_spv11.bin from mercury to module 1FLASH (y/n) [n]? y
\
Finished network single module download. (2418396 bytes)
FLASH on Catalyst:
 
Type Address Location
Intel 28F008 20000000 NMP (P3) 4MB SIM
 
Erasing flash sector...done.
Programming flash sector...done.
Erasing flash sector...done.
Programming flash sector...done.
The system needs to be reset to run the new image.
Console> (enable)
 

次に、ホスト mercury からモジュール 3 にファイル acpflash_1111.bbi をダウンロードする例を示します。

Console> (enable) download mercury acpflash_1111.bbi 3
This command will reset Module 3.
Download image acpflash_1111.bbi from mercury to Module 3 FLASH (y/n) [n]? y
/
Done. Finished network download. (1964012 bytes)
Console> (enable)
 

次に、Sun ワークステーションからリモート端末に接続し、 download serial コマンドを使用して、スーパバイザ エンジンにソフトウェア イメージをコピーするセッション例を示します。

[At local Sun workstation]
host% kermit
C-Kermit 5A(172) ALPHA, 30 Jun 95, SUNOS 4.0 (BSD)
Type ? or ’help’ for help
C-Kermit> set line/dev/ttyb
C-Kermit> c
Connecting to/dev/ttyb, speed 9600.
The escape character is ^ (ASCII 28).
Type the escape character followed by C to get back,
or followed by ? to see other options.
 
Console> enable
Enter Password:
Console> (enable) set system baud 19200
^\C
[Back at local Sun workstation]
C-Kermit> set speed 19200
/dev/ttyb, 19200 bps
C-Kermit> c
Connecting to/dev/ttyb, speed 19200.
The escape character is ^ (ASCII 28).
Type the escape character followed by C to get back,
or followed by ? to see other options.
 
Console> (enable) download serial
Download Supervisor image via console port (y/n) [n]? y
 
Concentrator Boot ROM (Ver 1.00)
 
Waiting for DOWNLOAD!!
Return to your local Machine by typing its escape sequence
Issue Kermit send command from there[ Send ‘Filename‘]
 
^\C
[Back at Local System]
C-Kermit> send c6000_xx.bin
SF
c6000_xx.bin => C6000_XX.BIN, Size: 1233266
 
X to cancel file, CR to resend current packet
Z to cancel group, A for status report
E to send Error packet, Ctrl-C to quit immediately: ..........................
...............................................................................
 
...... [OK]
ZB
C-Kermit> quit
host%
 

次に、ROM イメージをモジュール 9 にダウンロードする例を示します。

Console> (enable) download boot bootflash:boot542.ubin 9
Warning!! This command replaces the existing boot code on Module 9.
Please verify with TAC that the file specified is appropriate for WS-X6408-GBIC.
Use this command with caution.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
Download boot image start...
Download boot code completed.
Console> (enable)
 

次に、スロット 5 に搭載されたモジュールの EPLD イメージを force モードでアップグレードする例を示します。

Console> (enable) download epld aq_cr128_art.bin 5 force
CCCCCC
Device found requiring upgrade in slot 5.
 
########################################################
# W A R N I N G #
# #
# Any disruptions to the module during programming may #
# leave the module or system in an inconsistent state. #
# Please ensure that the system or module does not get #
# switched off or reset during the programming process.#
# Programming may take a minute or two, depending on #
# the number of devices updated. Please wait for the #
# module to come back online before continuing. #
# #
# W A R N I N G #
########################################################
This command may reset module 5.
Updating fabric modules may significantly affect system performance while the update is
occurring.
 
Do you wish to update the devices in slot 5 (y/n) [n]? y
 
 
Updating programmable devices in slot 5. This may take a minute...
JAM Message -> Device #1 Silicon ID is ALTERA98(00)
JAM Message -> programming 7K device(s)...
JAM Message -> verifying 7K device(s)...
JAM Message -> DONE
Programming successful, updating EPLD revisions.
2002 Aug 09 06:32:22 %SYS-4-NVLOG:EpldUpdate:Module 5 EPLD A updated from rev 1 to rev 1
Waiting for module to come online.
..........2002 Aug 09 06:32:33 %SYS-5-MOD_OK:Module 5 is online
.
 
################################################################################
 
E P L D P R O G R A M M I N G C O M P L E T E
 
Found 1 devices requiring upgrades, 1 attempted, 1 updated, 0 failed
 
################################################################################
Console> (enable) 2002 Aug 09 06:32:34 %SYS-4-NVLOG:EpldUpdate:Module 5 EPLD A s
prom updated to rev 1
Console> (enable)

enable

イネーブル モードをアクティブにするには、 enable コマンドを使用します。イネーブル モードでは、追加コマンドを使用できます。特定のコマンドを実行すると、追加情報が表示されます。

enable

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

プロンプト内の (enable) は、システムがイネーブル モードであり、コマンドが入力可能であることを示します。

次に、イネーブル モードを開始する例を示します。

Console> enable
Enter password:
Console> (enable)

 
関連コマンド

disable

format

ブートフラッシュまたはフラッシュ PC カードをフォーマットするには、 format コマンドを使用します(フラッシュ デバイスを使用するには、事前にフォーマットする必要があります)。

format [spare spare-num ] [ m/ ] device1 : [[ device2 : ][ monlib-filename ]]

 
構文の説明

spare spare_num

(任意)他のセクタに障害が発生した場合に確保される予備セクタ数を指定します。

m/

(任意)フラッシュ デバイスを搭載するスーパバイザ エンジンのモジュール番号

device1 :

フォーマットするフラッシュ デバイス

device2 :

(任意) device1 : をフォーマットするために使用する monlib ファイルが格納されたフラッシュ デバイス

monlib-filename

(任意)monlib ファイルの名前

 
デフォルト

予備セクタのデフォルト値は 0 です。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

デバイスを指定したあとに、コロン(:)を入力する必要があります。

他のセクタに障害が発生した場合に使用する予備セクタは、16 個まで確保できます。予備セクタを確保していない場合に一部のセクタで障害が発生すると、フラッシュ メモリ全体を再フォーマットしなければならなくなり、既存データがすべて消去されます。

monlib ファイルは、フラッシュ ファイル システム内のファイルにアクセスするために ROM モニタで使用される ROM モニタ ライブラリです。システム イメージにもコンパイルされています。コマンド構文の device1 : はフォーマット対象のデバイス、 device2 : は使用する monlib ファイルが格納されているデバイスです。

[[ device2 : ][ monlib-filename ]] 引数を省略すると、 device1 : が、システム ソフトウェアにバンドルされている monlib を使用してフォーマットされます。

device2 : [[ device2 : ][ monlib-filename ]] 引数から省略すると、 device1 : が、 cd コマンドで指定されたデバイス内の指定された monlib ファイルを使用してフォーマットされます。

monlib-filename [[ device2 : ][ monlib-filename ]] 引数から省略すると、 device1 : が、 device2 : 内の monlib ファイルを使用してフォーマットされます。 [[ device2 : ][ monlib-filename ]] 引数全体を指定すると、 device1 : が、指定されたデバイス内の指定された monlib ファイルを使用してフォーマットされます。

また、使用するデバイスおよびファイル名として、次のように device1 : monlib-filename を指定することもできます。

format device1: [ device1 : [ monlib-filename ]]

monlib-filename を省略すると、 device1 : が、デバイス内の組み込み monlib ファイルを使用してフォーマットされます。


) monlib ファイルを検出できない場合は、フォーマット プロセスが終了します。



) フラッシュ デバイスにボリューム ID が設定されている場合は、デバイスをフォーマットするときに、ボリューム ID を指定する必要があります。ボリューム ID を表示するには、show flash
m/device:filesys コマンドを使用します。


次に、フラッシュ PC カードをフォーマットする例を示します。

Console> (enable) format slot0:
All sectors will be erased, proceed (y/n) [n]?y
Enter volume id (up to 31 characters):
Formatting sector 1
Format device slot0 completed.
Console> (enable)
 

frame

各スタック フレームを表示するには、 frame コマンドを使用します。

frame [ -d | -p ] [ num ]

 
構文の説明

-d

(任意)モニタ コンテキストを指定します。

-p

(任意)ブート済みイメージのプロセス レベル コンテキストを指定します。

num

(任意)表示するフレーム番号。 0 が最近のフレームを表します。

 
デフォルト

デフォルトは、ブート済みイメージのカーネル コンテキスト(最近のフレーム)です。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド タイプ

ユーザ

 
使用上の注意事項

-d および - p オプションには、マイナス記号(-)が必要です。

次に、 frame コマンドを使用してブート済みイメージのプロセス レベル コンテキスト(フレーム 1)を指定する例を示します。

rommon 6 > frame -p 1
Stack Frame 1, SP = 0x80007ed8, Size = 32 bytes
[0x80007ed8 : sp + 0x000] = 0x6031de50
[0x80007edc : sp + 0x004] = 0x6031c000
[0x80007ee0 : sp + 0x008] = 0x00000000
[0x80007ee4 : sp + 0x00c] = 0x80007ec4
[0x80007ee8 : sp + 0x010] = 0x00000002
[0x80007eec : sp + 0x014] = 0x00000000
[0x80007ef0 : sp + 0x018] = 0x60008770
[0x80007ef4 : sp + 0x01c] = 0x600087f0

fsck

フラッシュ ファイル システムの損傷をチェックして、問題を修復するには、 fsck コマンドを使用します。

fsck [ m / ] device : [ automatic ]

 
構文の説明

m /

(任意)フラッシュ デバイスが搭載されたモジュールの番号

device :

フラッシュ デバイスの名前。有効なデバイス名は disk0: および disk1: です。

automatic

(任意)自動モードを指定します。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

自動モードでは、問題は自動修復され、ファイル システムに対する変更を確認するプロンプトが表示されません。

次に、ファイル システムの損傷をチェックして、修復を行う例を示します。まず、 dir コマンドを入力して、デバイス上のファイルをリストし、破損ファイルを表示します。

Console> (enable) dir disk0:
3 -rw- 556 Mar 06 2049 16:26:16 t1
4 -rw- 556 Mar 06 2049 16:26:16 t2
5 -rw- 556 Mar 06 2049 16:26:16 t3
6 -rw- 258048 Mar 06 2049 16:26:16 t4
CORRUPTED
Console> (enable)
 
128090112 bytes available (16384 bytes used)
 

次に、 fsck コマンドを入力して、破損ファイルを修復します。

Console> (enable) fsck disk0:
 
Checking the partition table and boot sector...
Checking FAT, Files and Directories...
File size of disk0:/t4 is not correct, correcting it
Reclaiming unused space...
Updating FAT...
Console> (enable)

dir コマンドを再入力して、破損ファイルが修復されたことを確認します。

Console> (enable) dir disk0:
3 -rw- 556 Mar 06 2049 16:26:16 t1
4 -rw- 556 Mar 06 2049 16:26:16 t2
5 -rw- 556 Mar 06 2049 16:26:16 t3
6 -rw- 4096 Mar 06 2049 16:26:16 t4
CORRECT
Console> (enable)

 
関連コマンド

dir ― スイッチ

history ― ROM モニタ

コマンド ヒストリ(ROM モニタ環境で実行された最近の 16 個のコマンド)を表示するには、historyコマンドを使用します。このコマンドは、使いやすいように、ROM モニタでは [h] というエイリアスで表されます。

history

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

次に、 history コマンドを使用する例を示します。

rommon 13 > history
 
1 help
2 break -s 0x20090
3 break -s 10090
4 break -s 0xa0001000
5 cont
6 help
7 dev
8 dir
9 dir bootflash:
10 dis
11 dis 0xa0001000
12 dis 0xbe000000
13 history
=============================================================================

history ― スイッチ

コマンド ヒストリ バッファの内容を表示するには、 history コマンドを使用します。

history [ global ]

 
構文の説明

global

(任意)グローバル コマンドの履歴を表示します。詳細については、「使用上の注意事項」を参照してください。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

ヒストリ バッファ サイズは、コマンド 20 個分に固定されています。コマンド ヒストリ機能の詳細については、 「CLI」 を参照してください。

history コマンドを実行すると、現在のセッション用に入力されたコマンド(最大 20 コマンド)が表示されます。history global コマンドを実行すると、セッションに関係なく入力された最後の 200 コマンドが表示されます。

次に、history コマンドを使用して、コマンド ヒストリ バッファの内容をリストする例を示します。

Console> history
1 help
2 history
Console> !2
history
1 help
2 history
3 history
Console>

l2trace

指定された送信元アドレスから発信され、指定された宛先アドレスに着信するパケットが経由するレイヤ 2 パスを表示するには、 l2trace コマンドを使用します。

l2trace src_mac_addr dest_mac_addr [ vlan ] [ detail ]

l2trace src_ip_addr dest_ip_addr [ detail ]

 
構文の説明

src_mac_addr

送信元 MAC アドレス

dest_mac_addr

宛先 MAC(メディア アクセス制御)アドレス

vlan

(任意)VLAN 番号

src_ip_addr

送信元 IP アドレスまたはエイリアス

dest_ip_addr

宛先 IP アドレスまたはエイリアス

detail

(任意)詳細情報を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド タイプ

イネーブル

 
使用上の注意事項

すべての中間デバイスは、スーパバイザ エンジン ソフトウェア リリース 6.1 以上が稼働する Catalyst 5000 ファミリーまたは Catalyst 6500 シリーズ スイッチでなければなりません。Catalyst 4500 シリーズ スイッチを使用する場合は、このスイッチ上でスーパバイザ エンジン ソフトウェア リリース 6.2 以上が稼働している必要があります。

同じ VLAN に属している送信元アドレスおよび宛先アドレスを指定して l2trace コマンドを実行すると、レイヤ 2 パスが表示されます。異なる VLAN に属している送信元アドレスおよび宛先アドレスを指定して l2trace を実行すると、エラー メッセージが表示され、処理が中断されます。

ネットワーク上のすべての Catalyst 4500 シリーズ、Catalyst 5000 ファミリー、または Catalyst 6500 シリーズ スイッチで Cisco Discovery Protocol(CDP)をイネーブルにする必要があります。

Catalyst 4500 シリーズ、Catalyst 5000 ファミリー、または Catalyst 6500 シリーズ スイッチに属さないデバイスが(レイヤ 2 パス上で)検出されると、スイッチはレイヤ 2 トレース クエリを引き続き送信して、それらをタイム アウトにします。

このコマンドにマルチキャスト送信元または宛先 MAC アドレスを入力すると、拒否されます。

送信元または宛先アドレスが複数の VLAN 内に属している場合は、レイヤ 2 パスの判別に使用する VLAN を指定する必要があります。

複数のデバイスがハブを通して 1 つのポートに接続されている場合(たとえば、1 つのポート上で複数の CDP ネイバが検出される場合)、レイヤ 2 トレース機能はサポートされません。ポート上で複数の CDP ネイバが検出されると、レイヤ 2 トレースは中断されます。

MAC アドレスではなく、送信元および宛先システムの IP アドレスを指定した場合、スイッチは ARP テーブルを参照して、送信元および宛先システムの IP アドレスと MAC アドレスのマッピングを判別します。指定された IP アドレスの ARP エントリが存在する場合は、対応する MAC アドレスが使用されます。一致する Address Resolution Protocol(ARP)エントリが存在しない場合は、ARP クエリが送信され、IP アドレスの解決が試行されます。この場合、ARP クエリを解決するには、送信元および宛先システムがスイッチと同じサブネット内になければなりません。

次に、指定された送信元および宛先 MAC アドレスのレイヤ 2 パケット パスを表示する例を示します。

Console> (enable) l2trace 00-01-22-33-44-55 10-22-33-44-55-66 detail
l2trace vlan number is 10.
 
00-01-22-33-44-55 found in C5500 named wiring-1 on port 4/1 10Mb half duplex
C5500: wiring-1: 192.168.242.10: 4/1 10Mb half duplex -> 5/2 100MB full duplex
C5000: backup-wiring-1: 192.168.242.20: 1/1 100Mb full duplex -> 3/1-4 FEC attached
C5000: backup-core-1: 192.168.242.30: 4/1-4 FEC attached -> 1/1-2 GEC attached
C6000: core-1: 192.168.242.40: 1/1-2 GEC attached -> 2/1 10MB half duplex.
10-22-33-44-55-66 found in C6000 named core-1 on port 2/1 10MB half duplex.
Console> (enable)
 

次に、指定された送信元および宛先 IP エイリアスのレイヤ 2 パケット パスを表示する例を示します。

Console> (enable) l2trace user-1-pc user-2-pc detail
Mapping IP address to MAC Address
user-1-pc -> 00-01-22-33-44-55
user-2-pc -> 10-22-33-44-55-66
l2trace vlan number is 10
 
00-01-22-33-44-55 found in C5500 named wiring-1 on port 4/1 10Mb half duplex
C5500: wiring-1: 192.168.242.10: 4/1 10Mb half duplex -> 5/2 100MB full duplex
C5000: backup-wiring-1: 192.168.242.20: 1/1 100Mb full duplex -> 3/1-4 FEC attached
C5000: backup-core-1: 192.168.242.30: 4/1-4 FEC attached -> 1/1-2 GEC attached
C6000: core-1: 192.168.242.40: 1/1-2 GEC attached -> 2/1 10MB half duplex.
10-22-33-44-55-66 found in C6000 named core-1 on port 2/1 10MB half duplex.
Console> (enable)
 

次に、指定された送信元および宛先 IP アドレスのレイヤ 2 パケット パス情報のサマリーを表示する例を示します。

Console> (enable) l2trace 9.7.0.7 9.7.0.6
Starting L2 Trace
sc0 :9.7.0.7 : 3/7
4/16 :9.7.0.2 : 4/10
Console> (enable)
 

次に、指定された送信元および宛先 MAC アドレスのレイヤ 2 パケット パス情報のサマリーを表示する例を示します。

Console> (enable) l2trace 00-01-22-33-44-55 10-22-33-44-55-66
Starting L2 Trace
sc0 :9.7.0.7 : 3/7
4/16 :9.7.0.2 : 4/10
Console> (enable)

meminfo

メイン メモリ、パケット メモリ、および NVRAM(不揮発性 RAM)の情報を表示するには、meminfo コマンドを使用します。 -l オプションを指定すると、サポートされている DRAM 設定が表示されます。

meminfo [ -l ]

 
構文の説明

-l

(任意)DRAM 設定を含む長いリストを表示するように指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

-l オプションには、マイナス記号(-)が必要です。

次に、 meminfo コマンドを使用する例を示します。

rommon 9 > meminfo
 
Main memory size: 16 MB in 32 bit mode.
Available main memory starts at 0xa000e000, size 16328KB
IO (packet) memory size: 25 percent of main memory.
NVRAM size: 32KB
  •  
 

ping

ネットワーク上の別のノードに Internet Control Message Protocol(ICMP)エコー要求パケットを送信するには、 ping コマンドを使用します。引数なしで ping コマンドを使用して、ping を設定することもできます。

ping -s host

ping -s host [ packet_size ] [ packet_count ]

ping

 
構文の説明

-s

1 秒間にデータグラムを 1 つ送信し、受信した応答ごとに 1 行を出力するように、 ping を設定します。

host

IP アドレスまたはホストの IP エイリアス

packet_size

(任意)パケット内のバイト数(56 ~ 1472 バイト)

packet_count

(任意)送信するパケット数。有効値は 0 ~ 2,147,483,647 です。

 
デフォルト

ping -s のデフォルト設定は、次のとおりです。

packet_size ― 56 バイト

packet_count 2,147,483,647

引数を指定しない場合の ping のデフォルト設定は 、次のとおりです。

packet_size ― 56 バイト

packet_count 5

待機時間 ― 2 秒

ターゲット IP アドレス ― なし(必須フィールド)

送信元アドレス ― ホストの IP アドレス

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザまたはイネーブル

 
使用上の注意事項

一般的な ping コマンドに関する注意事項は、次のとおりです。

ping を停止するには、 Ctrl-C を押します。

ping が継続されるということは、 Ctrl-C を押して ping を停止しないかぎり、パケットが絶えず生成されて、ホストに送信されることです。

スイッチによりヘッダー情報が追加されるため、実際のパケット サイズは指定したサイズよりも 8 バイトだけ大きくなります。

標準応答 ― 標準応答は、ネットワーク トラフィックよって異なりますが、1 ~ 10 秒以内に発生します。

ping -s コマンドに関する注意事項は、次のとおりです。

タイムアウトするまでの最大待機時間は、2 秒です。

エコー応答が受信されたかどうかに関係なく、直前のパケットを送信してから 1 秒後に、新しい ping パケットが生成されます。

パケット数を入力しないと、ping が継続されます。

ネットワークまたはホストに到達不可能 ― ルータ テーブル内に対応するエントリが検出されませんでした。

宛先が応答しない ― ホストが応答しない場合は、 [no answer from host] メッセージが 2 秒以内に表示されます。

宛先に到達不可能 ― この宛先のゲートウェイが、宛先に到達不可能であることを示しています。

引数を指定しない場合の ping コマンドに関する注意事項は、次のとおりです。

ping host コマンドを使用できるのは、ユーザ モードの場合のみです。パラメータには、自動的にデフォルト値が設定されます。

ターゲット IP アドレスは、入力しなければならない必須フィールドです。

最大待機時間は設定可能です。

新しい ping パケットが生成されるのは、エコー応答が受信された場合のみです。

パケット数に 0 を入力すると、ping が継続されます。

出力が戻されるのは、応答が受信されるか、または Return キーを押した場合のみです。

イネーブル モードの場合のみ使用できます。

ping を設定する場合は、 Return キーを押すか、または応答を入力する必要があります。有効な応答および適切な値は、次のとおりです。

Target IP Address:ping を送信する宛先ノードの IP アドレスまたはホスト名

Number of Packets:宛先アドレスに送信される ping パケット数。
有効な値は0 ~ 2,147,483,647 です(0 は ping の継続を指定します)。

Datagram Size:ping パケットのサイズ。有効な値は 56 ~ 1472 バイトです。

Timeout in seconds:タイムアウト間隔。有効な値は、0 ~ 3600 秒です。

Source IP Address [(デフォルト)]:送信元の IP アドレスまたは IP エイリアス

次に、IP エイリアスが elvis であるホストに ping を 1 回送信する例を示します。

Console> ping elvis
!!!!!
 
-----172.20.52.19 PING Statistics------
5 packets transmitted, 5 packets received, 0% packet loss
round-trip (ms) min/avg/max = 1/1/1
Console>
 

次に、IP エイリアスが elvis であるホストに ping を 1 秒間に 1 回送信し、Ctrl-C が押されたら ping を停止する例を示します。

Console> ping -s elvis
ping elvis: 56 data bytes
64 bytes from elvis: icmp_seq=0. time=11 ms
64 bytes from elvis: icmp_seq=1. time=8 ms
64 bytes from elvis: icmp_seq=2. time=8 ms
64 bytes from elvis: icmp_seq=3. time=7 ms
64 bytes from elvis: icmp_seq=4. time=11 ms
64 bytes from elvis: icmp_seq=5. time=7 ms
64 bytes from elvis: icmp_seq=6. time=7 ms
^C
 
----elvis PING Statistics----
7 packets transmitted, 7 packets received, 0% packet loss
round-trip (ms) min/avg/max = 7/8/11
Console>
 

次に、ping を設定する例を示します。

Console> (enable) ping
 
Target IP Address []: 172.20.52.19
Number of Packets [5]: 6
Datagram Size [56]: 75
Timeout in seconds [2]: 1
Source IP Address [172.20.52.18]:
!!!!!!
 
----172.20.52.19 PING Statistics----
6 packets transmitted, 6 packets received, 0% packet loss
round-trip (ms) min/avg/max = 1/1/1
Console> (enable)

pwd

cd コマンドの現在の設定を表示するには、 pwd コマンドを使用します。

pwd [[ m/ ] device : ]

 
構文の説明

m/

(任意)フラッシュ デバイスを搭載するスーパバイザ エンジンのモジュール番号

device :

(任意)フラッシュが常駐するデバイス

 
デフォルト

モジュール番号またはデバイスを指定しない場合、 pwd のデフォルトはアクティブなデバイスの最初のモジュールになります。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

デバイスを指定したあとに、コロン(:)を入力する必要があります。

次に、 pwd コマンドを使用して、 cd コマンドの現在の設定を表示する例を示します。

Console> cd slot0:
Default flash device set to slot0.
Console> pwd
slot0

 
関連コマンド

cd

quit

CLI(コマンドライン インターフェイス)セッションを終了するには、 quit コマンドを入力します。

quit

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

exitおよびlogout コマンドの機能は、quit コマンドと同じです。

次に、CLI セッションを終了する例を示します。

Console> quit
Connection closed by foreign host.
host%

reconfirm vmps

VLAN Management Policy Server(VMPS;VLAN マネジメント ポリシー サーバ)サーバによる現在のダイナミック ポート VLAN(仮想 LAN)メンバーシップの割り当てを再確認するには、 reconfirm vmps コマンドを使用します。

reconfirm vmps

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

VMPS データベースの変更は、VMPS に参加しているスイッチに自動的に伝達されません。したがって、VMPS データベースを変更した場合は、VMPS クライアントおよびサーバ上でこのコマンドを使用して、データベースの変更を適用してください。

次に、VMPS による現在のダイナミック ポート VLAN メンバーシップの割り当てを再確認する例を示します。

Console> (enable) reconfirm vmps
reconfirm process started
Use 'show dvlan statistics' to see reconfirm status
Console> (enable)

 
関連コマンド

show dvlan statistics

reload

SCP を介したダウンロードを実行するようにモジュールを設定するには、 reload コマンドを使用します。このコマンドを実行するとモジュールがリセットされ、リセットが完了すると、ダウンロードを開始するように求められます。

reload module

 
構文の説明

module

モジュール番号

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

このコマンドは、イメージのダウンロード中にモジュールが偶然にリセットされた場合に使用します。リセット後は、通常のダウンロードが機能しません。 reload module コマンドを入力し、そのあとに download host file [ mod ] コマンドを入力する必要があります。

Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)では reload コマンドを使用できません。

次に、モジュール 3 をリセットし、mercury ホストからモジュール 3 にファイル acpflash_1111.bbi をダウンロードする例を示します。

Console> (enable) reload 3
Console> (enable) download mercury acpflash_1111.bbi 3
This command will reset Module 3.
Download image acpflash_1111.bbi from mercury to Module 3 FLASH (y/n) [n]? y
/
Done. Finished network download. (1964012 bytes)
Console> (enable)

 
関連コマンド

download

repeat

コマンドを反復するには、 repeat コマンドを使用します。

repeat [ num | string ]

 
構文の説明

number

(任意)コマンド番号

string

(任意) コマンド ストリング

 
デフォルト

引数を指定しない場合、直前のコマンドが反復されます。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

反復するコマンドは、オプションのコマンド番号(ヒストリ バッファ リストの番号)または一致ストリングで指定されます。

一致ストリングの場合は、指定されたストリングで開始する最近のコマンドが再実行されます。

このストリングにホワイト スペースが含まれる場合は、引用符を使用する必要があります。

このコマンドは、通常、文字 [r] というエイリアスで表されます。

次に、 repeat コマンドを使用する例を示します。 history コマンドを使用して、入力済みのコマンド リストを表示します。

rommon 22 > history
 
8 dir
9 dir bootflash:
10 dis
11 dis 0xa0001000
12 dis 0xbe000000
13 history
14 meminfo
15 meminfo -l
16 meminfo
17 meminfo -l
18 meninfo
19 meminfo
20 meminfo -l
21 meminfo -l
22 history
rommon 23 > repeat dir
dir bootflash:
File size Checksum File name
1973032 bytes (0x1e1b28) 0xdadf5e24 llue
rommon 24 > repeat
dir bootflash:
File size Checksum File name
1973032 bytes (0x1e1b28) 0xdadf5e24 llue
rommon 25 > repeat 15
meminfo -l
 
Main memory size: 16 MB.
Packet memory size: 0 MB
Main memory size: 0x1000000
Available main memory starts at 0xa000e000, size 0xff2000
NVRAM size: 0x20000
 
Parity Map for the DRAM Banks
Socket 0 in Bank 0 Has No Parity
Socket 1 in Bank 0 Has No Parity
Socket 0 in Bank 1 Has No Parity
Socket 1 in Bank 1 Has No Parity
==========================================================================
 

reset ― ROM モニタ

スイッチをソフト リセットするには、 reset ROM モニタ コマンドを使用します。

reset [- s ]

 
構文の説明

-s

(任意)スイッチ全体をリセットします。

 
デフォルト

デフォルトのフラッシュ デバイスは slot0 です。

 
コマンド タイプ

ROM モニタ コマンド

 
コマンド モード

ユーザ

 
使用上の注意事項

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに Policy Feature Card(PFC; ポリシー フィーチャ カード)が搭載されていない場合は、このコマンドを使用しても Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)が起動しません。

次に、 reset コマンドを使用する例を示します。

rommon 26 > reset
 
System Bootstrap, Version 3.1(1.69)
Copyright (c) 1994-1997 by cisco Systems, Inc.
Supervisor processor with 16384 Kbytes of main memory
 
rommon 1 >
===========================================================================
 
 
 

reset ― スイッチ

システムまたは各モジュールをリセットしたり、システム リセットをスケジュールしたり、スケジュールされたリセットをキャンセルするには、 reset コマンドを使用します。

reset [ mod | system | mindown ]

reset [ mindown ] at { hh:mm } [ mm/dd ] [ reason ]

reset [ mindown ] in [ hh :] { mm } [ reason ]

reset [ cancel ]

reset { mod } [ bootdevice [, bootdevice ]]

reset powersupply { 1 | 2 }

 
構文の説明

mod

(任意)リセットするモジュールの番号

system

(任意)システムをリセットします。

mindown

(任意)冗長スーパバイザ エンジンを搭載したシステムに最小限のダウンタイムでソフトウェア アップグレードを行うときに、リセットを実行します。

at

特定の時刻にシステムをリセットするようスケジュールします。

hh:mm

リセットをスケジュールする時刻および分

mm/dd

(任意)リセットをスケジュールする月日

reason

(任意)リセットの理由

in

指定時間内にシステムをリセットするようスケジュールします。

hh

(任意)スイッチをリセットするまでの時間

mm

(任意)スイッチをリセットするまでの分の数値

cancel

(任意)スケジュールされたリセットをキャンセルします。

mod

Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)または Intrusion Detection System Module(IDSM)の番号

bootdevice

(任意)ブート デバイスの ID。フォーマットの注意事項については、「 使用上の注意事項」を参照してください。

powersupply

指定された電源装置をリセットします。

1 | 2

電源装置 1 または 2 を指定します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド タイプ

スイッチ コマンド

 
コマンド モード

イネーブル

 
使用上の注意事項

モジュール番号(スイッチング モジュールまたはアクティブなスーパバイザ エンジン モジュールの番号)を指定しない場合は、システム全体がリセットされます。

reset mod コマンドを使用すると、冗長スーパバイザ エンジンに切り替えることができます。mod は、アクティブなスーパバイザ エンジンのモジュール番号です。

reset mindown を使用すると、冗長スーパバイザ エンジンを搭載したシステムに最小限のダウンタイムでソフトウェア アップグレードを行うときに、スイッチをリセットできます。最小限のダウンタイムでソフトウェア アップグレードを実行する手順については、ご使用のスイッチの『 Catalyst 6500 Series Software Configuration Guide 』を参照してください。


注意 reset mindown コマンドを入力してからアクティブなスーパバイザ エンジンがリセットされるまでの間に変更された設定は、保存されません。冗長スーパバイザ エンジンのリセット中も、CLI(コマンドライン インターフェイス)からの入力は受け入れられます。reset mindown コマンドを入力してから、スーパバイザ エンジンがオンラインになり新しいソフトウェア イメージが稼働するまでに変更された設定は、保存されず、冗長スーパバイザ エンジンとも同期しません。

インテリジェント モジュール(Catalyst 6500 シリーズ Multilayer Switch Module [MSM] または Multilayer Switch Feature Card[MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード])をリセットした場合は、モジュールのハードウェアとソフトウェアが両方とも完全にリセットされます。

bootdevice を入力する場合は、フォーマット device [: device_qualifier ] を使用します。それぞれの意味は、次のとおりです。

device pcmcia hdd network

device_qualifier hdd = 1 ~ 99 の値

pcmcia = slot0 または slot1

電源をオン/オフできる電源装置用の電源のみをリセットできます。

次に、冗長スーパバイザ エンジンが搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチのスーパバイザ エンジンをリセットする例を示します。

Console> (enable) reset 1
This command will force a switch-over to the standby supervisor module
and disconnect your telnet session.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
Connection closed by foreign host.
host%
 

次に、モジュール 4 をリセットする例を示します。

Console> (enable) reset 4
This command will reset module 4 and may disconnect your telnet session.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
Resetting module 4...
Console> (enable)
 

次に、特定の時刻にリセットするようにシステムをスケジュールする例を示します。

Console> (enable) reset at 20:00
Reset scheduled at 20:00:00, Wed Mar 15 2000.
Proceed with scheduled reset? (y/n) [n]? y
Reset scheduled for 20:00:00, Wed Mar 15 2000 (in 0 day 5 hours 40 minutes).
Console> (enable)
 

次に、特定の時刻にリセットをスケジュールするとともに、リセットの理由を設定する例を示します。

Console> (enable) reset at 23:00 3/15 Software upgrade to 6.1(1).
Reset scheduled at 23:00:00, Wed Mar 15 2000.
Reset reason: Software upgrade to 6.1(1).
Proceed with scheduled reset? (y/n) [n]? y
Reset scheduled for 23:00:00, Wed Mar 15 2000 (in 0 day 8 hours 39 minutes).
Console> (enable)
 

次に、特定の時刻に最小限のダウンタイムでリセットするようにスケジュールするとともに、リセットの理由を設定する例を示します。

Console> (enable) reset mindown at 23:00 3/15 Software upgrade to 6.1(1).
Reset scheduled at 23:00:00, Wed Mar 15 2000.
Reset reason: Software upgrade to 6.1(1).
Proceed with scheduled reset? (y/n) [n]? y
Reset mindown scheduled for 23:00:00, Wed Mar 15 2000 (in 0 day 8 hours 39 minutes).
Console> (enable)
 

次に、指定時間が経過したあとにリセットするようにスケジュールする例を示します。

Console> (enable) reset in 5:20 Configuration update
Reset scheduled in 5 hours 20 minutes.
Reset reason: Configuration update
Proceed with scheduled reset? (y/n) [n]? y
Reset scheduled for 19:56:01, Wed Mar 15 2000 (in 5 hours 20 minutes).
Reset reason: Configuration update
Console> (enable)
 

次に、スケジュールされたリセットをキャンセルする例を示します。

Console> (enable) reset cancel
Reset cancelled.
Console> (enable)
 

次に、電源装置 1 をリセットする例を示します。

Console> (enable) reset powersupply 1
This command will reset the powersupply 1 Do you want to continue (y/n) [n]? y
Powersupply 1 reset successful.
Console> (enable)
 

次に、電源装置のオン/オフができない場合に表示されるメッセージを示します。

Console> (enable) reset powersupply 2
Powersupply 2 is not powercycle capable
Console> (enable)

 
関連コマンド

commit
show reset

restore counters

MAC(メディア アクセス制御)およびポート カウンタを復元するには、 restore counters コマンドを使用します。

restore counters [ all | mod/ports ]

restore counters channel { all | channel-id }

restore counters lacp-channel { all | channel-id }

 
構文の説明

all

(任意)すべてのポートを復元します。

mod/ports

(任意)モジュール番号およびモジュールのポート番号

channel

Port Aggregation Protocol(PAgP)チャネルと、MAC およびポート カウンタを復元します。

all

すべての PAgP チャネルの MAC およびポート カウンタを復元します。

channel_id

特定の PAgP チャネルの番号

lacp-channel

Link Aggregation Control Protocol(LACP)チャネルと、MAC およびポート カウンタを復元します。