Catalyst 6500 シリーズ スイッチ コンテント スイッチング モジュール コマンド リファレンス Software Release 4.2(1)
コンテント スイッチング モジュール コマンドの使用
コンテント スイッチング モジュール コマンドの使用
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

コンテント スイッチング モジュール コマンドの使用

CSMコマンドの使用

コマンド モード

正規表現

コンテント スイッチング モジュール コマンドの使用

この章では、Content Switching Module(CSM;コンテント スイッチング モジュール)の設定方法について説明します。

「CSMコマンドの使用」

「コマンド モード」

CSMコマンドの使用

ここでは、CSMコマンドについて簡単に説明します。CSMの設定および使用方法の詳細については、該当する各項を参照してください。

次に、基本的な操作を行うためのCSMコマンドを示します。

 

コマンド
操作

write memory

設定を保存します。

write terminal

設定を参照します。

logging buffered debugging

システム ログ(Syslog)メッセージを収集します。

show logging

システム ログ(Syslog)メッセージを表示します。

clear logging

メッセージ バッファを消去します。

CSMのCLI(コマンドライン インターフェイス)を使用すると、次の操作が実行できます。

コマンドを入力する前に構文を確認します。

コマンドを入力して ? キーを押すか、または help コマンドに続けてコマンドを入力すると(例: help aaa )、サマリーが表示されます。

コマンドの短縮形を使用します。

設定モードを開始する場合はconfig tコマンド、設定を表示する場合は write t コマンド ステートメント、フラッシュ メモリに書き込む場合は write m コマンドを使用します。ほとんどのコマンドで、 show コマンドは sh に短縮できます。この機能は、コマンド完成機能といいます。

Internet Assigned Number Authority(IANA)のWebサイトでポート番号およびプロトコル番号を確認します。

http://www.iana.org/assignments/port-numbers
http://www.iana.org/assignments/protocol-numbers

テキスト エディタで設定を作成し、カット アンド ペーストで設定を編集します。

カット アンド ペーストは1行ごと、または設定全体で行えます。広い範囲をペーストしたときには、誤りがないように必ず設定を確認してください。

CSMの設定方法の詳細については、『 Catalyst 6500 Series Content Switching Module Installation and Configuration Note 』を参照してください。

CSMに関する技術資料は、次のURLからオンラインで参照できます。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/lan/cat6000/mod_icn/csm

コマンド モード

CSMではCisco IOS技術に基づくコマンド セットを使用でき、次の各コマンド モードを利用してコマンド イネーブル モードで設定変更できます。


) Catalystオペレーティングシステムが稼働しているスイッチでCSMを使用する場合、ルータ プロンプトを表示するためにMultilayer Switch Feature Card(MSFC;マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)とのセッションを開始する必要があります。


ユーザ モード

ユーザ モードを使用すると、CSMの設定を確認できます。CSMにアクセスすると、ユーザ モードのプロンプトが次のように表示されます。

Router>
 

イネーブル モード

ユーザ モードのコマンドはすべてイネーブル モードで使用できます。ユーザ モードからイネーブル モードを開始するには、次のようにenableコマンドを使用します。

Router> enable
Password:
Router
 

#プロンプトが表示されます。

イネーブル モードを終了してユーザ モードに戻るには、次のようにexitまたはendコマンドを使用します。

Router# exit
 
Logoff
 
Type help or '?' for a list of available commands.
Router>
 

イネーブル モードを終了してユーザ モードに戻るには、次のようにdisableコマンドを使用します。

Router# disable
Router>
 

コンフィギュレーション モード

コンフィギュレーション モードを使用すると、CSMの設定を変更できます。このモードでは、イネーブル モード、ユーザ モード、およびコンフィギュレーション モードのすべてのコマンドが使用できます。コンフィギュレーション モードを開始するには、次のようにconfigure terminalコマンドを使用します。

Router# configure terminal
Router(config)#
 

コンフィギュレーション モードを終了してイネーブル モードに戻るには、次のようにexitまたはendコマンドを使用します。

Router(config)# end
Router#
 

コンフィギュレーション モードを終了してユーザ モードに戻るには、次のようにdisableコマンドを使用します。

Router(config)# disable
Router>
 

サブモード

サブモードでは、プロンプトが次のように表示されます。

Router(config-submode_name)#

正規表現

CSMコマンドで使用される正規表現は、UNIXのファイル名仕様に準拠します。正規表現は、次のコマンドで使用します。

「match protocol http cookie(cookieマップ サブモード)」

「match protocol http header(ヘッダー マップ サブモード)」

「match protocol http url(URLマップ サブモード)」

 

正規表現
意味
*

0個以上の文字

?

1文字 ―[Ctrl+V]の入力が必要

\

エスケープ文字

|

または

[ ]で囲まれた範囲(例:[0-9])

範囲内のあらゆる1文字と一致

範囲の先頭に^を付加

範囲内のどの文字とも一致しない

.\a

アラート(ASCII 7)

.\b

バックスペース(ASCII 80)

.\f

フォーム フィード(ASCII 12)

.\n

改行(ASCII 10)

.\r

Carriage Return(CR;復帰)(ASCII 13)

.\t

タブ(ASCII 9)

.\v

垂直タブ(ASCII 11)

.\0

ヌル(ASCII 0)

.\\

バックスラッシュ

.\x##

2桁の16進表記で指定されたあらゆるASCII文字