Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS ソフトウェア コマンド リファレンス
Supervisor Engine 32 Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA) が設定された Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Cisco IOS コマンド-13
show queueing interface
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2012/01/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

show queueing interface

show redundancy

show rom-monitor

show rpc

show running-config

show scp

show snmp mib ifmib ifindex

show spanning-tree

show spanning-tree mst

show standby delay

show sup-bootflash

show system jumbomtu

show tcam counts

show tcam interface

show tech-support

show top counters interface report

show udld

show version

show vlan

show vlan access-log

show vlan access-map

show vlan counters

show vlan dot1q tag native

show vlan filter

show vlan internal usage

show vlan mapping

show vlan private-vlan

show vlan remote-span

show vlans

show vlan virtual-port

show vtp

show queueing interface

キューイング情報を表示するには、 show queueing interface コマンドを使用します。

show queueing interface {{ interface interface-number } | { null interface-number } | { vlan vlan-id }}

 
シンタックスの説明

interface

インターフェイス タイプ。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

vlan vlan-id

VLAN ID を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

show queueing interface コマンドは、ハードウェアにプログラミングされた絶対値を表示しません。ハードウェアにプログラミングされた値を確認するには、 show qm-sp port-data コマンドを入力します。

次に、キューイング情報を表示する例を示します。

Router# show queueing interface fastethernet 5/1
Interface FastEthernet5/1 queueing strategy: Weighted Round-Robin
Port QoS is enabled
Port is untrusted
Extend trust state: trusted
Default COS is 0
Transmit queues [type = 2q2t]:
Queue Id Scheduling Num of thresholds
-----------------------------------------
1 WRR low 2
2 WRR high 2
 
WRR bandwidth ratios: 100[queue 1] 255[queue 2]
queue-limit ratios: 70[queue 1] 30[queue 2]
 
queue tail-drop-thresholds
--------------------------
1 80[1] 100[2]
2 80[1] 100[2]
 
queue thresh cos-map
---------------------------------------
1 1 0 1
1 2 2 3
 
Router#

show redundancy

RF 情報を表示するには、 show redundancy コマンドを使用します。

show redundancy { clients | counters | history | states | switchover }

 
シンタックスの説明

clients

RF クライアントに関する情報を表示します。

counters

RF カウンタに関する情報を表示します。

history

RF の過去のステータス ログを表示します。

states

RF ステートに関する情報を表示します。

switchover

スイッチオーバー数、アクティブになってからのアップタイム、およびシステム アップタイプの合計を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、RF クライアントに関する情報を表示する例を示します。

Router# show redundancy clients
clientID = 0 clientSeq = 0 RF_INTERNAL_MSG
clientID = 25 clientSeq = 130 CHKPT RF
clientID = 5026 clientSeq = 130 CHKPT RF
clientID = 5029 clientSeq = 135 Redundancy Mode RF
clientID = 5006 clientSeq = 170 RFS client
clientID = 6 clientSeq = 180 Const OIR Client
clientID = 7 clientSeq = 190 PF Client
clientID = 5008 clientSeq = 190 PF Client
clientID = 28 clientSeq = 330 Const Startup Config
clientID = 29 clientSeq = 340 Const IDPROM Client
clientID = 65000 clientSeq = 65000 RF_LAST_CLIENT
Router#
 

出力では次の情報が表示されます。

clientID:クライアントの ID 番号を表示します。

clientSeq:クライアントの通知シーケンス番号を表示します。

現在の RF ステート

次に、RF カウンタに関する情報を表示する例を示します。

Router# show redundancy counters
Redundancy Facility OMs
comm link up = 0
comm link down down = 0
 
invalid client tx = 0
null tx by client = 0
tx failures = 0
tx msg length invalid = 0
 
client not rxing msgs = 0
rx peer msg routing errors = 0
null peer msg rx = 0
errored peer msg rx = 0
 
buffers tx = 0
tx buffers unavailable = 0
buffers rx = 0
buffer release errors = 0
 
duplicate client registers = 0
failed to register client = 0
Invalid client syncs = 0
Router#
 

次に、RF 履歴に関する情報を表示する例を示します。

Router# show redundancy history
00:00:00 client added: RF_INTERNAL_MSG(0) seq=0
00:00:00 client added: RF_LAST_CLIENT(65000) seq=65000
00:00:02 client added: Const Startup Config Sync Clien(28) seq=330
00:00:02 client added: CHKPT RF(25) seq=130
00:00:02 client added: PF Client(7) seq=190
00:00:02 client added: Const OIR Client(6) seq=180
00:00:02 client added: Const IDPROM Client(29) seq=340
00:00:02 *my state = INITIALIZATION(2) *peer state = DISABLED(1)
00:00:02 RF_PROG_INITIALIZATION(100) RF_INTERNAL_MSG(0) op=0 rc=11
00:00:02 RF_PROG_INITIALIZATION(100) CHKPT RF(25) op=0 rc=11
00:00:02 RF_PROG_INITIALIZATION(100) Const OIR Client(6) op=0 rc=11
00:00:02 RF_PROG_INITIALIZATION(100) PF Client(7) op=0 rc=11
.
.
.
 

次に、RF ステートに関する情報を表示する例を示します。

Router# show redundancy states
my state = 13 -ACTIVE
peer state = 1 -DISABLED
Mode = Simplex
Unit = Primary
Unit ID = 1
 
Redundancy Mode (Operational) = Route Processor Redundancy
Redundancy Mode (Configured) = Route Processor Redundancy
Split Mode = Disabled
Manual Swact = Disabled Reason: Simplex mode
Communications = Down Reason: Simplex mode
 
client count = 11
client_notification_TMR = 30000 milliseconds
keep_alive TMR = 4000 milliseconds
keep_alive count = 0
keep_alive threshold = 7
RF debug mask = 0x0
 
Router#
 

SSO を設定して show redundancy states コマンドを入力した場合、Redundancy Mode (Operational) フィールドおよび Redundancy Mode (Configured) フィールドに Stateful Switchover が表示されます。

次に、スイッチオーバー数、アクティブになってからのアップタイム、およびシステム アップタイプの合計を表示する例を示します。

Router# show redundancy switchover
Switchovers this system has experienced : 1
Uptime since this supervisor switched to active : 1 minute
Total system uptime from reload : 2 hours, 47 minutes
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mode

冗長モードを設定します。

redundancy

冗長コンフィギュレーション モードを開始します。

redundancy force-switchover

アクティブ スーパーバイザ エンジンからスタンバイ スーパーバイザ エンジンへのスイッチオーバーを強制します。

show rom-monitor

ROMMON ステータスを表示するには、 show rom-monitor コマンドを使用します。

show rom-monitor { slot num } { sp | rp }

 
シンタックスの説明

slot num

表示する ROMMON のスロット番号を指定します。

sp

スイッチ プロセッサのROMMONステータスを表示します。

rp

ルート プロセッサの ROMMON ステータスを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show rom-monitor コマンドを入力すると、次の出力が表示されます。

リージョン region1 および region2:ROMMON イメージのステータス、および region1 または region2 イメージを起動する優先順位を表示します。ROMMON イメージのステータス値は次のとおりです。

First run:新規イメージのチェックが実行中です。

Invalid:新規イメージのチェックが完了し、アップグレード プロセスが開始しています。

Approved:ROMMON フィールドのアップグレード プロセスが完了しています。

Currently running:現在稼動中のイメージおよびリージョンを表示します。

sp または rp キーワードが必須となるのは、指定されたスロットにスーパーバイザ エンジンが搭載されている場合だけです。

次に、ROMMON 情報を表示する例を示します。

Router# show rom-monitor slot 1 sp
Region F1:APPROVED
Region F2:FIRST_RUN, preferred
Currently running ROMMON from F1 region
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

upgrade rom-monitor

ROMMON に関して実行優先順位を設定します。

show rpc

RPC 情報を表示するには、 show rpc コマンドを使用します。

show rpc { applications | counters | status }

 
シンタックスの説明

applications

RPC アプリケーションに関する情報を表示します。

counters

RPC カウンタを表示します。

status

RPC ステータスを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、RPC アプリケーションを表示する例を示します。

Router# show rpc applications
ID Dest Callback Application
1 0011 <remote> rpc-master
2 0011 <remote> cygnus-oir
3 0021 60201708 rpc-slave-33
4 0021 6022A514 idprom-MP
5 0021 60204420 msfc-oir
6 0011 <remote> Nipcon-SP
7 0011 <remote> sw_vlan_sp
8 0011 <remote> stp_switch_api
9 0011 <remote> pagp_rpc
10 0011 <remote> span_switch_rpc
11 0011 <remote> pf_rp_rpc
13 0011 <remote> mapping_sp
14 0011 <remote> logger-sp
17 0011 <remote> c6k_power_sp
18 0011 <remote> c6k_sp_environmental
19 0011 <remote> pagp_switch_rpc
20 0011 <remote> pm-cp
21 0021 602675B0 Nipcon-RP
22 0021 602283B0 pm-mp
23 0021 601F2538 sw_vlan_rp
24 0021 601F77D0 span_switch_sp_rpc
25 0021 601F7950 idbman_fec
26 0021 601F7F30 logger-rp
27 0021 601F80D8 pagp_switch_l3_split
28 0021 601F81C0 pagp_switch_sp2mp
29 0021 6026F190 c6k_rp_environmental
Router#
 

次に、RPC カウンタに関する情報を表示する例を示します。

Router# show rpc counters
ID Dest Rcv-req Xmt-req Q size Application
1 0011 0 26 0 rpc-master
2 0011 0 6221 0 cygnus-oir
4 0021 15 0 0 idprom-MP
5 0021 6222 0 0 msfc-oir
7 0011 0 2024 0 sw_vlan_sp
8 0011 0 3 0 stp_switch_api
9 0011 0 188 0 pagp_rpc
11 0011 0 4 0 pf_rp_rpc
13 0011 0 2 0 mapping_sp
14 0011 0 3 0 logger-sp
17 0011 0 2 0 c6k_power_sp
18 0011 0 66 0 c6k_sp_environmental
19 0011 0 109 0 pagp_switch_rpc
20 0011 0 33 0 pm-cp
22 0021 126 0 0 pm-mp
23 0021 5 0 0 sw_vlan_rp
24 0021 14 0 0 span_switch_sp_rpc
25 0021 22 0 0 idbman_fec
26 0021 8 0 0 logger-rp
27 0021 3 0 0 pagp_switch_l3_split
28 0021 3 0 0 pagp_switch_sp2mp
Router#
 

show running-config

モジュール、レイヤ 2 VLAN、またはインターフェイスのステータスおよび設定を表示するには、 show running-config コマンドを使用します。

show running-config [{ interface interface } | { module number } | { vlan vlan-id } ]

 
シンタックスの説明

interface interface

(任意)インターフェイス タイプを指定します。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

module number

(任意) モジュール番号 を指定します。

vlan vlan-id

(任意) 情報表示する VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

場合によっては、 show interfaces コマンドと show running-config コマンドで表示されるデュプレックス モードが異なる場合があります。この場合は、 show interfaces コマンドで表示されるデュプレックス モードが、インターフェイスが実際に実行しているデュプレックス モードです。 show interfaces コマンドは、インターフェイスの動作モードを表示しますが、 show running-config コマンドは、インターフェイスに設定されているモードを表示します。

特定のインターフェイスに show running-config コマンドを使用した場合は、デュプレックス モード設定が表示されているにもかかわらず、速度設定が表示されないことがあります。この出力は、インターフェイス速度が auto に設定されており、速度を auto 以外に設定すると表示されているデュプレックス モードが動作設定になることを示します。このような設定の場合、このインターフェイスで動作中のデュプレックス モードは、 show running-config コマンドで表示されるデュプレックス モードと一致しません。

次に、すべてのモジュールのモジュール設定およびステータス設定を表示する例を示します。

Router# show running-config
Building configuration...
 
Current configuration:
!
version 12.0
service timestamps debug datetime localtime
service timestamps log datetime localtime
no service password-encryption
!
hostname Router
!
boot buffersize 126968
boot system flash slot0:halley
boot bootldr bootflash:c6msfc-boot-mz.120-6.5T.XE1.0.83.bin
enable password lab
!
clock timezone Pacific -8
clock summer-time Daylight recurring
redundancy
main-cpu
auto-sync standard
!
ip subnet-zero
!
ip multicast-routing
ip dvmrp route-limit 20000
ip cef
mls flow ip destination
mls flow ipx destination
cns event-service server
!
spanning-tree portfast bpdu-guard
spanning-tree uplinkfast
spanning-tree vlan 200 forward-time 21
port-channel load-balance sdip
!
!
!
shutdown
!
!
.
.
.

 

show scp

SCP 情報を表示するには、 show scp コマンドを使用します。

show scp { accounting | counters | {{ mcast [ group group-id } | inst ]} | { process id } | status }

 
シンタックスの説明

accounting

SCP アカウンティングに関する情報を表示します。

counters

SCP カウンタに関する情報を表示します。

mcast

SCP マルチキャストに関する情報を表示します。

group group-id

(任意)特定のグループおよびグループ ID の情報を表示します。有効値は 1 ~ 127 です。

inst

(任意)インスタンスに関する情報を表示します。

process id

(任意)SAP を SCP に登録したすべてのプロセスを表示します。

status

ローカル SCP サーバのステータス情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、SAP を SCP に登録したすべてのプロセスを表示する例を示します。

Router# show scp process
Sap Pid Name
=== === ====
0 180 CWAN-RP SCP Input Process
18 42 itasca
20 3 Exec
21 3 Exec
22 180 CWAN-RP SCP Input Process
Total number of SAP registered = 5
Router#

show snmp mib ifmib ifindex

すべてのシステム インターフェイスまたは指定したシステム インターフェイスについて、SNMP インターフェイス インデックス識別番号(ifIndex 値)を表示するには、 show snmp mib ifmib ifindex コマンドを使用します。

show snmp mib ifmib ifindex [ interface interface-number ][ : subinterface ][ . subinterface ][ port ]

 
シンタックスの説明

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

: subinterface

(任意)サブインターフェイス番号。有効値は 0 です。

. subinterface

(任意)サブインターフェイス番号。有効値は 0 ~ 4,294,967,295 です。

port

(任意)インターフェイス番号

 
コマンドのデフォルト

すべてのインターフェイスの ifIndex 値が表示されます。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show snmp mib ifmib ifindex コマンドでは、CLI を使用してインターフェイスおよびサブインターフェイスに割り当てられた SNMP インターフェイス インデックス識別番号(ifIndex 値)を表示できます。このコマンドを使用すると、ネットワーク管理ステーションを使用しなくても、これらの値を表示できます。

オプションの interface-type slot port-adapter 、および port 引数を使用して特定のインターフェイスを指定しなかった場合は、システム上に存在するすべてのインターフェイスとサブインターフェイスの ifDescr と ifIndex のペアが表示されます。

システム上で使用可能なオプションを調べるには、 show snmp mib ifmib ifindex ? コマンドを使用します。一般的な interface-types 値は、 async dialer ethernet fastEthernet 、および serial です。

次に、特定のインターフェイスの ifIndex を表示する例を示します。

Router# show snmp mib ifmib ifIndex Ethernet2/0
Ethernet2/0: Ifindex = 2
 

次に、すべてのインターフェイスの ifIndex を表示する例を示します。

Router# show snmp mib ifmib ifindex
 
ATM1/0: Ifindex = 1
ATM1/0-aal5 layer: Ifindex = 12
ATM1/0-atm layer: Ifindex = 10
ATM1/0.0-aal5 layer: Ifindex = 13
ATM1/0.0-atm subif: Ifindex = 11
ATM1/0.9-aal5 layer: Ifindex = 32
ATM1/0.9-atm subif: Ifindex = 31
ATM1/0.99-aal5 layer: Ifindex = 36
ATM1/0.99-atm subif: Ifindex = 35
Ethernet2/0: Ifindex = 2
Ethernet2/1: Ifindex = 3
Ethernet2/2: Ifindex = 4
Ethernet2/3: Ifindex = 5
Null0: Ifindex = 14
Serial3/0: Ifindex = 6
Serial3/1: Ifindex = 7
Serial3/2: Ifindex = 8
Serial3/3: Ifindex = 9

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp ifindex persist

再起動後も保持される Interfaces MIB(IF-MIB)内の ifIndex 値(ifIndex 永続性)を特定のインターフェイス上だけでイネーブルにします。

snmp-server ifindex persist

ifIndex 値を、SNMP で使用するために再起動後も一定となるようにグローバルにイネーブル化します。

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示するには、 show spanning-tree コマンドを使用します。

show spanning-tree [ bridge-group | active | backbonefast | { bridge [ id ]} | detail | inconsistentports | { interface interface interface-number } | root | summary [ total ] | uplinkfast | { vlan vlan-id } | { port-channel number } | pathcost-method ]

 
シンタックスの説明

bridge-group

(任意)ブリッジ グループの番号。有効値は 1 ~ 255 です。

active

(任意)アクティブ インターフェイスに関するスパニングツリー情報だけを表示します。

backbonefast

(任意)スパニングツリー BackboneFast ステータスに関する情報を表示します。

bridge

(任意) ブリッジのステータスおよびコンフィギュレーションに関する情報 を表示します。

id

(任意)ブリッジ ID を表示します

detail

(任意)スパニングツリー ステートに関する詳細情報を表示します。

inconsistentports

(任意)ルート不一致ステートに関する情報を表示します。

interface interface

(任意)インターフェイス タイプと番号を表示します。タイプの有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です

interface-number

(任意)モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

root

(任意)ルート ブリッジのステータスおよびコンフィギュレーションを表示します。

summary

(任意)ポート ステートのサマリーを表示します。

total

(任意)スパニングツリー ステート セクションのすべての行を表示します。

uplinkfast

(任意)スパニングツリー UplinkFast ステータスを表示します。

vlan vlan-id

(任意)VLAN ID を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

port-channel number

(任意)チャネル インターフェイスを指定します。有効値は 1 ~ 282 の範囲の最大 64 個の値です。

pathcost-method

(任意)使用されているデフォルト パス コスト計算方式を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

pos atm 、および ge-wan キーワードは、Supervisor Engine 2 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチだけでサポートされています。

257 ~ 282 の port-channel number 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 2 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

スパニングツリーのアクティブ ステートをチェックする場合に多数の VLAN が存在するときには、 show spanning-tree summary total コマンドを入力します。VLAN の一覧をスクロールしなくても VLAN の総数を表示できます。

次に、インターフェイス情報のサマリーを表示する例を示します。

Router# show spanning-tree
 
VLAN0001
Spanning tree enabled protocol ieee
Root ID Priority 4097
Address 0004.9b78.0800
This bridge is the root
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Bridge ID Priority 4097 (priority 4096 sys-id-ext 1)
Address 0004.9b78.0800
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Aging Time 15
 
Interface Port ID Designated Port ID
Name Prio.Nbr Cost Sts Cost Bridge ID Prio.Nbr
---------------- -------- --------- --- --------- -------------------- --------
Gi2/1 128.65 4 LIS 0 4097 0004.9b78.0800 128.65
Gi2/2 128.66 4 LIS 0 4097 0004.9b78.0800 128.66
Fa4/3 128.195 19 LIS 0 4097 0004.9b78.0800 128.195
Fa4/4 128.196 19 BLK 0 4097 0004.9b78.0800 128.195
 
Router#
 

表 2-85 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-85 show spanning-tree コマンドの出力フィールド

フィールド
定義

Port ID Prio.Nbr

ポートIDおよびプライオリティ番号

Cost

ポート コスト

Sts

ステータス情報

次に、アクティブ インターフェイスのスパニングツリー情報だけを表示する例を示します。

Router# show spanning-tree active
UplinkFast is disabled
BackboneFast is disabled
 
VLAN1 is executing the ieee compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 32768, address 0050.3e8d.6401
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
Current root has priority 16384, address 0060.704c.7000
Root port is 265 (FastEthernet5/9), cost of root path is 38
Topology change flag not set, detected flag not set
Number of topology changes 0 last change occurred 18:13:54 ago
Times: hold 1, topology change 24, notification 2
hello 2, max age 14, forward delay 10
Timers: hello 0, topology change 0, notification 0
.
.
.
Router#
 

次に、スパニングツリー BackboneFast ステータスを表示する例を示します。

Router# show spanning-tree backbonefast
BackboneFast is enabled
 
BackboneFast statistics
-----------------------
Number of transition via backboneFast (all VLANs) : 0
Number of inferior BPDUs received (all VLANs) : 0
Number of RLQ request PDUs received (all VLANs) : 0
Number of RLQ response PDUs received (all VLANs) : 0
Number of RLQ request PDUs sent (all VLANs) : 0
Number of RLQ response PDUs sent (all VLANs) : 0
Router#
 

次に、現在のブリッジのスパニングツリー情報だけを表示する例を示します。

Router# show spanning-tree bridge
VLAN1
Bridge ID Priority 32768
Address 0050.3e8d.6401
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
.
.
.
Router#
 

次に、インターフェイスに関する詳細情報を表示する例を示します。

Router# show spanning-tree detail
 
VLAN1 is executing the ieee compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 4096, address 00d0.00b8.1401
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
We are the root of the spanning tree
Topology change flag not set, detected flag not set
Number of topology changes 9 last change occurred 02:41:34 ago
from FastEthernet4/21
Times: hold 1, topology change 35, notification 2
hello 2, max age 20, forward delay 15
Timers: hello 1, topology change 0, notification 0, aging 300
 
Port 213 (FastEthernet4/21) of VLAN1 is forwarding
Port path cost 19, Port priority 128, Port Identifier 128.213.
Designated root has priority 4096, address 00d0.00b8.1401
Designated bridge has priority 4096, address 00d0.00b8.1401
Designated port id is 128.213, designated path cost 0
Timers: message age 0, forward delay 0, hold 0
Number of transitions to forwarding state: 1
BPDU: sent 4845, received 1
Router#
 

次に、特定のインターフェイスのスパニングツリーに関する情報を表示する例を示します。

Router# show spanning-tree interface fastethernet 5/9
Interface Fa0/10 (port 23) in Spanning tree 1 is ROOT-INCONSISTENT
Port path cost 100, Port priority 128
Designated root has priority 8192, address 0090.0c71.a400
Designated bridge has priority 32768, address 00e0.1e9f.8940
.
.
.
 

次に、特定のブリッジ グループのスパニングツリーに関する情報を表示する例を示します。

Router# show spanning-tree 1
UplinkFast is disabled
BackboneFast is disabled
 
Bridge group 1 is executing the ieee compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 32768, address 00d0.d39c.004d
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
Current root has priority 32768, address 00d0.d39b.fddd
Root port is 7 (FastEthernet2/2), cost of root path is 19
Topology change flag set, detected flag not set
Number of topology changes 3 last change occurred 00:00:01 ago
from FastEthernet2/2
Times: hold 1, topology change 35, notification 2
hello 2, max age 20, forward delay 15
Timers: hello 0, topology change 0, notification 0 bridge aging time 15
 
Port 2 (Ethernet0/1/0) of Bridge group 1 is down
Port path cost 100, Port priority 128
Designated root has priority 32768, address 0050.0bab.1808
Designated bridge has priority 32768, address 0050.0bab.1808
Designated port is 2, path cost 0
Timers: message age 0, forward delay 0, hold 0
BPDU: sent 0, received 0
Router#
 

次に、ポート ステートのサマリーを表示する例を示します。

Router# show spanning-tree summary
Root bridge for: Bridge group 1, VLAN0001, VLAN0004-VLAN1005
VLAN1013-VLAN1499, VLAN2001-VLAN4094
EtherChannel misconfiguration guard is enabled
Extended system ID is enabled
Portfast is enabled by default
PortFast BPDU Guard is disabled by default
Portfast BPDU Filter is disabled by default
Loopguard is disabled by default
UplinkFast is disabled
BackboneFast is disabled
Pathcost method used is long
Name Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
1 bridge 0 0 0 1 1
3584 vlans 3584 0 0 7168 10752
Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
Total 3584 0 0 7169 10753
Router#
 

次に、スパニングツリー ステート セクションのすべての行を表示する例を示します。

Router# show spanning-tree summary total
Root bridge for:Bridge group 10, VLAN1, VLAN6, VLAN1000.
Extended system ID is enabled.
PortFast BPDU Guard is disabled
EtherChannel misconfiguration guard is enabled
UplinkFast is disabled
BackboneFast is disabled
Default pathcost method used is long
 
Name Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
-------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
105 VLANs 3433 0 0 105 3538
 
BackboneFast statistics
-----------------------
Number of transition via backboneFast (all VLANs) :0
Number of inferior BPDUs received (all VLANs) :0
Number of RLQ request PDUs received (all VLANs) :0
Number of RLQ response PDUs received (all VLANs) :0
Number of RLQ request PDUs sent (all VLANs) :0
Number of RLQ response PDUs sent (all VLANs) :0
Router#
 

次に、特定の VLAN のスパニングツリーに関する情報を表示する例を示します。

Router# show spanning-tree vlan 200
VLAN0200
Spanning tree enabled protocol ieee
Root ID Priority 32768
Address 00d0.00b8.14c8
This bridge is the root
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Bridge ID Priority 32768
Address 00d0.00b8.14c8
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Aging Time 300
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Desg FWD 200000 128.196 P2p
Fa4/5 Back BLK 200000 128.197 P2p
Router#
 

表 2-86 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-86 show spanning-tree vlan コマンドの出力フィールド

フィールド
定義

Role

現在の 802.1w ロール。有効値は、Boun(boundary)、Desg(designated)、Root、Altn(alternate)、および Back(backup)です。

Sts

スパニング ツリー状態。有効値は、BKN*(broken)1、BLK(blocking)、DWN(down)、LTN(listening)、LBK(loopback)、LRN(learning)、および FWD(forwarding)です。

Cost

ポート コスト

Prio.Nbr

ポート プライオリティとポート番号で構成されるポート ID

Status

ステータス情報。有効値は次のとおりです。

P2p/Shr:インターフェイスは、スパニング ツリーによってポイント ツー ポイント(それぞれ共有される)インターフェイスと見なされます。

Edge:PortFast が設定され( default コマンドをグローバルに使用するか、または直接インターフェイス上で)、BPDU は受信されていません。

*ROOT_Inc、*LOOP_Inc、*PVID_Inc、および *TYPE_Inc:ポートは不整合のため故障状態(BKN*)です。ポートはルート不整合、ループ ガード不整合、PVID(ポート VLAN ID)不整合、またはタイプ不整合です。

Bound(type):MST モードで、境界ポートを識別し、ネイバのタイプ(STP、RSTP、または PVST)を示します。

Peer(STP):PVRST rapid-pvst モードで、前のバージョンの 802.1D ブリッジに接続されているポートを識別します。

1.* については、Status フィールドの定義を参照してください。

次に、root inconsistent ステートのポートがあるかどうかを判別する例を示します。

Router# show spanning-tree inconsistentports
 
Name Interface Inconsistency
-------------------- -------------------- ------------------
VLAN1 FastEthernet3/1 Root Inconsistent
 
Number of inconsistent ports (segments) in the system :1
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

spanning-tree backbonefast

すべてのイーサネット VLAN で BackboneFast をイネーブルにします。

spanning-tree cost

STP 計算に使用するインターフェイスのパス コストを設定します。

spanning-tree guard

ガード モードをイネーブルまたはディセーブルにします。

spanning-tree pathcost method

デフォルトのパス コスト計算方式を設定します。

spanning-tree portfast (interface configuration mode)

PortFast モードをイネーブルにします。

spanning-tree portfast bpdufilter default

すべての PortFast ポートで、BPDU フィルタリングをデフォルトでイネーブルにします。

spanning-tree portfast bpduguard default

すべての PortFast ポートで、BPDU ガードをデフォルトでイネーブルにします。

spanning-tree port-priority

2 つのブリッジがルート ブリッジとなるために競合している場合に、インターフェイスにプライオリティを設定します。

spanning-tree uplinkfast

UplinkFast をイネーブルにします。

spanning-tree vlan

VLAN 単位で STP を設定します。

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示するには、 show spanning-tree mst コマンドを使用します。

show spanning-tree mst [ configuration [ digest ]]

show spanning-tree mst [ instance-id ] [ detail ]

show spanning-tree mst [ instance-id ] interface interface [ detail ]

 
シンタックスの説明

configuration

(任意)リージョン コンフィギュレーション情報を表示します。

digest

(任意)現在の MSTCI に含まれている MD5 ダイジェストに関する情報を表示します。

instance-id

(任意)インスタンス ID 番号を指定します。有効値は 0 ~ 4094 です。

detail

(任意)MST プロトコルに関する詳細情報を表示します。

interface interface

(任意)インターフェイス タイプと番号を表示します。タイプの有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm ge-wan port-channel 、および vlan です。有効値については、 「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface 有効 値は、指定したインターフェイス タイプおよび使用されているシャーシおよびモジュールによって決まります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 2 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

port-channel number の有効値は、1 ~ 282 の範囲の最大 64 の値です。257 ~ 282 の port-channel number 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

vlan の有効値は 1 ~ 4094 です。

instance-id の有効値は 0 ~ 4094 です。

show spanning-tree mst configuration コマンドの出力表示に、警告メッセージが表示されることがあります。セカンダリ VLAN が、対応付けられたプライマリ VLAN と同じインスタンスにマッピングされていない場合に、このメッセージが表示されます。出力には、対応付けられたプライマリ VLAN と同じインスタンスにマッピングされていないセカンダリ VLAN のリストが含まれます。警告メッセージは次のとおりです。

These secondary vlans are not mapped to the same instance as their primary:
-> 3
 

出力がポート単位で同時に標準ブリッジと先行標準プリッジの両方に適用される場合、 show spanning-tree mst configuration digest コマンドの出力表示に、2 つの異なるダイジェストが表示されます。

先行標準の BPDU だけを送信するようにポートを設定する場合、先行標準フラグが show spanning-tree コマンドに表示されます。先行標準フラグの種類は次のとおりです。

Pre-STD または prestandard(長形式):ポートが先行標準 BPDU を送信するように設定されている場合、およびこのインターフェイス上で先行標準ネイバ ブリッジが検出された場合に、このフラグが表示されます。

Pre-STD-Cf または prestandard (config)(長形式):先行標準 BPDU を送信するようにポートを設定し、そのポートで先行標準 BPDU が受信されない場合、自動検出メカニズムが失敗した場合、または先行標準ネイバが存在しない場合に設定が間違っている場合、このフラグが表示されます。

Pre-STD-Rx または prestandard (rcvd)(長形式):先行標準 BPDU がポートで受信され、先行標準 BPDU を送信するようにポートを設定していない場合に、このフラグが表示されます。ポートは先行標準 BPDU を送信しますが、先行標準ネイバとのやりとりを自動検出メカニズムだけに依存しないようにポートの設定を変更することを推奨します。

設定が先行標準に適合していない場合(たとえば、単一の MST インスタンス ID が 16 以上の場合)、先行標準ダイジェストは計算されず、次の出力が表示されます。

Router# show spanning-tree mst configuration digest
Name [region1]
Revision 2 Instances configured 3
Digest 0x3C60DBF24B03EBF09C5922F456D18A03
Pre-std Digest N/A, configuration not pre-standard compatible
Router#
 

MST BPDU には、リージョン名、リージョン リビジョン、および MST コンフィギュレーションの VLAN と インスタンス間のマッピングの MD5 ダイジェストで構成される MSTCI が含まれます。

出力の定義については、 show spanning-tree コマンドを参照してください。

次に、リージョン設定に関する情報を表示する例を示します。

Router> show spanning-tree mst configuration
Name [leo]
Revision 2702
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-9,11-19,21-29,31-39,41-4094
1 10,20,30,40
-------------------------------------------------------------------------------
 

次に、追加の MST プロトコル値を表示する例を示します。

Router# show spanning-tree mst 3 detail
###### MST03 vlans mapped: 3,3000-3999
Bridge address 0002.172c.f400 priority 32771 (32768 sysid 3)
Root this switch for MST03
 
GigabitEthernet1/1 of MST03 is boundary forwarding
Port info port id 128.1 priority 128
cost 20000
Designated root address 0002.172c.f400 priority 32771
cost 0
Designated bridge address 0002.172c.f400 priority 32771 port
id 128.1
Timers: message expires in 0 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus (MRecords) sent 4, received 0
 
FastEthernet4/1 of MST03 is designated forwarding
Port info port id 128.193 priority 128 cost
200000
Designated root address 0002.172c.f400 priority 32771
cost 0
Designated bridge address 0002.172c.f400 priority 32771 port id
128.193
Timers: message expires in 0 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus (MRecords) sent 254, received 1
 
FastEthernet4/2 of MST03 is backup blocking
Port info port id 128.194 priority 128 cost
200000
Designated root address 0002.172c.f400 priority 32771
cost 0
Designated bridge address 0002.172c.f400 priority 32771 port id
128.193
Timers: message expires in 2 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus (MRecords) sent 3, received 252
Router#
 

次に、特定のインターフェイスの MST 情報を表示する例を示します。

Router# show spanning-tree mst 0 interface fastethernet 4/1 detail
Edge port: no (trunk) port guard : none
(default)
Link type: point-to-point (point-to-point) bpdu filter: disable
(default)
Boundary : internal bpdu guard : disable
(default)
FastEthernet4/1 of MST00 is designated forwarding
Vlans mapped to MST00 1-2,4-2999,4000-4094
Port info port id 128.193 priority 128 cost
200000
Designated root address 0050.3e66.d000 priority 8193
cost 20004
Designated ist master address 0002.172c.f400 priority 49152
cost 0
Designated bridge address 0002.172c.f400 priority 49152 port id
128.193
Timers: message expires in 0 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus sent 492, received 3
Router#
 

次に、現在の MSTCI に含まれている MD5 ダイジェストを表示する例を示します。

Router# show spanning-tree mst configuration digest
Name [mst-config]
Revision 10 Instances configured 25
Digest 0x40D5ECA178C657835C83BBCB16723192
Pre-std Digest 0x27BF112A75B72781ED928D9EC5BB4251
Router#
 

次に、CIST ルート ポートであるポート上のリージョンの境界にある、すべての MST インスタンスに対する新規のマスター ロールを表示する例を示します。

Router# show spanning-tree mst interface fastethernet4/9
 
FastEthernet4/9 of MST00 is root forwarding
Edge port: no (default) port guard : none (default)
Link type: point-to-point (auto) bpdu filter: disable (default)
Boundary : boundary (RSTP) bpdu guard : disable (default)
Bpdus sent 3428, received 6771
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
0 Root FWD 200000 128.201 2-7,10,12-99,101-999,2001-3999,4001-4094
8 Mstr FWD 200000 128.201 8,4000
9 Mstr FWD 200000 128.201 1,9,100
11 Mstr FWD 200000 128.201 11,1000-2000
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

spanning-tree mst

任意の MST インスタンスのパス コストおよびポート プライオリティ パラメータを設定します。

spanning-tree mst forward-time

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ上のすべてのインスタンスに対して転送遅延タイマーを設定します。

spanning-tree mst hello-time

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ上のすべてのインスタンスに対して hello タイム遅延タイマーを設定します。

spanning-tree mst max-hops

BPDU が廃棄されるまでのリージョンの最大ホップ数を指定します。

spanning-tree mst root

インスタンスのプライマリ ルートとセカンダリ ルートを指定したり、ブリッジ プライオリティ、およびタイマー値を設定したりします。

show standby delay

遅延期間に関する HSRP 情報を表示するには、 show standby delay コマンドを使用します。

show standby delay [ type number ]

 
シンタックスの説明

type number

(任意)出力を表示するインターフェイスのタイプおよび番号

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、遅延期間に関する情報を表示する例を示します。

Router# show standby delay
 
Interface Minimum Reload
Ethernet0/3 1 5
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

standby delay minimum reload

HSRP グループを初期化するまでの遅延期間を設定します。

show sup-bootflash

sup-bootflash ファイル システムに関する情報を表示するには、 show sup-bootflash コマンドを使用します。

show sup-bootflash [ all | chips | filesys ]

 
シンタックスの説明

all

(任意)使用可能なすべてのフラッシュの情報を表示します。

chips

(任意)フラッシュ チップに関する情報を表示します。

filesys

(任意)ファイル システムに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ブートフラッシュ情報のサマリーを表示する例を示します。

Router# show sup-bootflash
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .. image EBC8FC4D A7487C 6 10700796 Nov 19 1999 07:07:37 halley
2 .. unknown C7EB077D EE2620 25 4644130 Nov 19 1999 07:50:44 cat6000-sup_
5-3-3-CSX.bin
 
645600 bytes available (15345184 bytes used)
Router#
 

次に、すべてのブートフラッシュ情報を表示する例を示します。

Router# show sup-bootflash all
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .. image EBC8FC4D A7487C 6 10700796 Nov 19 1999 07:07:37 halley
2 .. unknown C7EB077D EE2620 25 4644130 Nov 19 1999 07:50:44 cat6000-sup_
5-3-3-CSX.bin
 
645600 bytes available (15345184 bytes used)
 
-------- F I L E S Y S T E M S T A T U S --------
Device Number = 2
DEVICE INFO BLOCK: bootflash
Magic Number = 6887635 File System Vers = 10000 (1.0)
Length = 1000000 Sector Size = 40000
Programming Algorithm = 19 Erased State = FFFFFFFF
File System Offset = 40000 Length = F40000
MONLIB Offset = 100 Length = F568
Bad Sector Map Offset = 3FFF8 Length = 8
Squeeze Log Offset = F80000 Length = 40000
Squeeze Buffer Offset = FC0000 Length = 40000
Num Spare Sectors = 0
Spares:
STATUS INFO:
Writable
NO File Open for Write
Complete Stats
No Unrecovered Errors
No Squeeze in progress
USAGE INFO:
Bytes Used = EA2620 Bytes Available = 9D9E0
Bad Sectors = 0 Spared Sectors = 0
OK Files = 2 Bytes = EA2520
Deleted Files = 0 Bytes = 0
Files w/Errors = 0 Bytes = 0
 
******** Intel SCS Status/Register Dump ********
 
COMMON MEMORY REGISTERS: Bank 0
Intelligent ID Code : 890089
Compatible Status Reg: 800080
 
DEVICE TYPE:
Layout : Paired x16 Mode
Write Queue Size : 64
Queued Erase Supported : No
 
Router#
 

次に、フラッシュ チップに関する情報を表示する例を示します。

Router# show sup-bootflash chips
 
******** Intel SCS Status/Register Dump ********
 
COMMON MEMORY REGISTERS: Bank 0
Intelligent ID Code : 890089
Compatible Status Reg: 800080
 
DEVICE TYPE:
Layout : Paired x16 Mode
Write Queue Size : 64
Queued Erase Supported : No
 
Router#
 

次に、ファイル システムに関する情報を表示する例を示します。

Router# show sup-bootflash filesys
 
-------- F I L E S Y S T E M S T A T U S --------
Device Number = 2
DEVICE INFO BLOCK: bootflash
Magic Number = 6887635 File System Vers = 10000 (1.0)
Length = 1000000 Sector Size = 40000
Programming Algorithm = 19 Erased State = FFFFFFFF
File System Offset = 40000 Length = F40000
MONLIB Offset = 100 Length = F568
Bad Sector Map Offset = 3FFF8 Length = 8
Squeeze Log Offset = F80000 Length = 40000
Squeeze Buffer Offset = FC0000 Length = 40000
Num Spare Sectors = 0
Spares:
STATUS INFO:
Writable
NO File Open for Write
Complete Stats
No Unrecovered Errors
No Squeeze in progress
USAGE INFO:
Bytes Used = EA2620 Bytes Available = 9D9E0
Bad Sectors = 0 Spared Sectors = 0
OK Files = 2 Bytes = EA2520
Deleted Files = 0 Bytes = 0
Files w/Errors = 0 Bytes = 0
 
Router#
 

show system jumbomtu

グローバル MTU 設定を表示するには、 show system jumbomtu コマンドを使用します。

show system jumbomtu

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、グローバル MTU 設定を表示する例を示します。

Router# show system jumbomtu
Global Ethernet MTU is 1550 bytes.
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

system jumbomtu

レイヤ 2 およびレイヤ 3 パケットの最大サイズを設定します。

show tcam counts

Ternary Content Addressable Memory(TCAM)統計情報を表示するには、 show tcam counts コマンドを使用します。

show tcam counts [ module number ]

 
シンタックスの説明

module number

(任意)モジュール番号を指定します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

module number キーワード および引数は、モジュールおよびポート番号を指定します。 number の有効値は、使用するシャーシおよびモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合、モジュール番号の有効値は 2 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 です。

次に、TCAM の統計情報を表示する例を示します。

Router# show tcam counts
Used Free Percent Used Reserved
---- ---- ------------ --------
Labels: 8 504 1
 
ACL_TCAM
--------
Masks: 6 4090 0 0
Entries: 37 32731 0 0
 
QOS_TCAM
--------
Masks: 3 4093 0 0
Entries: 20 32748 0 0
 
LOU: 0 128 0
ANDOR: 0 16 0
ORAND: 0 16 0
ADJ: 1 2047 0
Router#
 

表 2-87 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-87 show tcam counts コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Labels Used

使用されているラベル数(最大 512 個)

Labels Free

残りの空きラベル数

Labels Percent Used

使用されているラベルの割合(パーセント)

Masks Used

使用されているマスク数(最大 4096 個)

Masks Free

残りの空きマスク数

Masks Percent Used

使用されているマスクの割合(パーセント)

Entries Used

使用されているエントリ数(最大 32,767 個)

Entries Free

残りの空きエントリ数

Entries Percent Used

使用されているエントリの割合(パーセント)

show tcam interface

インターフェイス ベースの TCAM 情報を表示するには、 show tcam interface コマンドを使用します。

show tcam interface { interface interface-number } | { null interface-number } | { vlan vlan-id } { acl { in | out }} | { qos { type1 | type2 }} type [ detail | module number ]

 
シンタックスの説明

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

(任意)モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

(任意)ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

acl in

(任意)ACL ベースの着信パケットを表示します。

acl out

(任意)ACL ベースの発信パケットを表示します。

qos type1

(任意)QoS ベースのタイプ 1 パケットを表示します。

qos type2

(任意)QoS ベースのタイプ 2 パケットを表示します。

type

表示するプロトコル タイプ。有効値は arp ipv4 ipv6 mpls 、および other です。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

module number

(任意)モジュール番号を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

TCAM ACL 一致カウンタをクリアするには、 clear mls acl counters コマンドを使用します。

次に、インターフェイス ベースの TCAM 情報を表示する例を示します。

Router# show tcam interface vlan 7 acl in ip
deny ip any any
permit ip 20.20.0.0 0.0.255.255 22.22.0.0 0.0.255.255
redirect ip 20.21.0.0 0.0.255.255 22.23.0.0 0.0.255.255
permit tcp 24.24.0.0 0.0.255.255 30.30.0.0 0.0.255.255
Fragments (1 match)
permit tcp 25.25.0.0 0.0.255.255 31.31.0.0 0.0.255.255
fragments
permit tcp 25.25.0.0 0.0.255.255 range 30000 30020 31.31.0.0
0.0.255.255 range 10000 10010 (102 matches)
permit tcp 24.24.0.0 0.0.255.255 eq 9000 30.30.0.0 0.0.255.255
eq telnet
deny ip any any
deny ip any any
Router#
 

次に、TCAM の詳細情報を表示する例を示します。

Router# show tcam interface fa5/2 acl in ip detail
 
--------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------
DPort - Destination Port SPort - Source Port TCP-F - U -URG
Pro - Protocol
I - Inverted LOU TOS - TOS Value - A -ACK
rtr - Router
MRFM - M -MPLS Packet TN - T -Tcp Control - P -PSH
COD - C -Bank Care Flag
- R -Recirc. Flag - N -Non-cachable - R -RST
- I -OrdIndep. Flag
- F -Fragment Flag CAP - Capture Flag - S -SYN
- D -Dynamic Flag
- M -More Fragments F-P - FlowMask-Prior. - F -FIN
T - V(Value)/M(Mask)/R(Result)
X - XTAG (*) - Bank Priority
--------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------
 
 
Interface: 1018 label: 1 lookup_type: 0
protocol: IP packet-type: 0
 
+-+-----+---------------+---------------+---------------+---------------+-------
+---+----+-+---+--+---+---+
|T|Index| Dest Ip Addr | Source Ip Addr| DPort | SPort | TCP-F
|Pro|MRFM|X|TOS|TN|COD|F-P|
+-+-----+---------------+---------------+---------------+---------------+-------
+---+----+-+---+--+---+---+
V 18396 0.0.0.0 0.0.0.0 P=0 P=0 ------
0 ---- 0 0 -- --- 0-0
M 18404 0.0.0.0 0.0.0.0 0 0
0 ---- 0 0
R rslt: L3_DENY_RESULT rtr_rslt: L3_DENY_RESULT
 
 
V 36828 0.0.0.0 0.0.0.0 P=0 P=0 ------
0 ---- 0 0 -- --- 0-0
M 36836 0.0.0.0 0.0.0.0 0 0
0 ---- 0 0
R rslt: L3_DENY_RESULT (*) rtr_rslt: L3_DENY_RESULT (*)
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear mls acl counters

MLS ACL カウンタをクリアします。

show tech-support

問題を報告するときに Cisco TAC にとって役立つ情報を表示するには、 show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support [ cef | ipmulticast [ vrf instance-number ] | isis | password [ page ] | platform | page | rsvp ]

 
シンタックスの説明

cef

(任意)CEF 関連 TAC 情報を表示します。

ipmulticast

(任意)IP マルチキャスト関連 TAC 情報を表示します。

vrf instance-number

(任意)VRF インスタンス番号を指定します。

isis

(任意)CLNS および ISIS 関連 TAC 情報を表示します。

password

(任意)出力からパスワードおよびその他のセキュリティ情報が除外されます。

page

(任意)一度に情報を 1 ページ分出力します。

platform

(任意)プラットフォーム固有の TAC 情報を表示します。

rsvp

(任意)IP RSVP 関連 TAC 情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト設定は次のとおりです。

出力は改ページなしで表示されます。

パスワードおよび他のセキュリティ情報は出力から除かれます。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show tech-support 出力を中断および終了するには、 CTRL ALT 、および 6 のキーを同時に押して離します。

次の出力行を表示するには、 Return キーを押します。次の情報ページを表示するには、 Space キーを押します。 page キーワードを入力しない場合は、出力がスクロールします(改ページで停止しません)。

password キーワードを入力しなかった場合、出力内のパスワードおよびその他のセキュリティ依存情報は、ラベル [removed] で置き換えられます。

show tech-support コマンドは、複数の show コマンドが組み合わされたものであり、出力が長くなることがあります。 show tech-support コマンドの出力例については、一覧表示されている各 show コマンドを参照してください。

引数を指定しないで show tech-support コマンドを入力すると、出力には次の show コマンドと同等な結果が表示されます(ただし、これらに限定されません)。

show version

show running-config

show stacks

show interfaces

show controllers

show process memory

show process cpu

show buffers

show logging

show module

show power

show environment

show interfaces switchport

show interfaces trunk

show vlan

show mac-address-table

show spanning-tree

ipmulticast キーワードを入力した場合、出力には次の show コマンドの結果が表示されます(ただし、これらに限定されません)。

show ip pim interface

show ip pim interface count

show ip pim interface df

show ip pim mdt

show ip pim mdt bgp

show ip pim neighbor

show ip pim rp

show ip pim rp metric

show ip igmp groups

show ip igmp interface

show mls ip multicast rp-mapping gm-cache

show ip mroute count

show ip mroute

show ip mcache

show ip dvmrp route

show mmls msc rpdf-cache

show mmls gc process

isis キーワードを入力した場合、出力には show isis コマンドと同等な結果が表示されます。

rsvp キーワードを入力した場合、出力には show ip rsvp コマンドと同等な結果が表示されます。

show tech-support コマンドの出力例については、「使用上のガイドライン」に一覧表示されているコマンドを参照してください。

show top counters interface report

TopN レポートと情報を表示するには、 show top counters interface report コマンドを使用します。

show top counters interface report [ number ]

 
シンタックスの説明

number

(任意)表示するレポートの数。有効値は、1 ~ 5 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、ファスト イーサネット、ギガビット イーサネット、および 10 ギガビット イーサネットのポートだけでサポートされます。

TopN 要求を入力すると、一連のポーリングが実行され、Catalyst 6500 シリーズ スイッチ内の適用可能なポートすべてのカウンタが読み取られ、情報が保存されます。その後、TopN プロセスは指定されたインターバルの間 スリープ状態 になります。ウェイクアップ後、もう一度ポーリングが実行され、ポートからカウンタ情報が読み取られます。2 組のデータの差異が格納されます。次にポートがソートされ、ポートは 7 種類の統計情報の 1 つを選択し、TopN レポートが生成されます。

次の場合、ポート統計は表示されません。

最初のポーリングの際にポートが存在しなかった場合

2 度めのポーリングの際にポートが存在しなかった場合

ポーリング インターバル中にポートの速度またはデュプレックスが変更された場合

ポーリング インターバル中に、ポートのタイプがレイヤ 2 からレイヤ 3 へ、またはレイヤ 3 からレイヤ 2 へ変更された場合


) レポート表示フォーマットについては、1 行 80 文字という制限により、Tx/Rx-okts、Tx/Rx-bcst、および Tx/Rx-mcst カラム用に確保されるのは 10 スペースだけです。これらのカラムが 10 桁より大きい場合、表示は次の行にラップされます。


TopN プロセスを Telnet セッションから開始して、TopN プロセスが完了する前に Telnet セッションが終了した場合、すべてのバックグラウンド TopN プロセスが続行して、TopN レポートを生成しますが、フォアグラウンドの TopN プロセスは Telnet セッションが終了すると終了します。

非常に短いインターバル(10 秒)で多数のポート(13 スロット× 96 ポート/スロットなど)の TopN レポートを生成する場合、最初のポーリングと 2 回めのポーリングの間の実際のインターバル時間は、ポーリングの所要時間のために、指定されたインターバル時間より長くなることがあります。

次に、TopN レポートと情報を表示する例を示します。

Router# show top counters interface report
Id Start Time Int N Sort-By Status Owner
-- ---------------------------- --- --- --------- ------- ----------------------
1 08:18:25 UTC Tue Nov 23 2004 76 20 util done console
2 08:19:54 UTC Tue Nov 23 2004 76 20 util done console
3 08:21:34 UTC Tue Nov 23 2004 76 20 util done console
4 08:26:50 UTC Tue Nov 23 2004 90 20 util done bambam onvty0 (9.10.69.13)
Router#
 

次に、特定のレポートについて TopN レポートと情報を表示する例を示します。

Router# show top counters interface report 1
Started By : console
Start Time : 08:18:25 UTC Tue Nov 23 2004
End Time : 08:19:42 UTC Tue Nov 23 2004
Port Type : All
Sort By : util
Interval : 76 seconds
Port Band Util Bytes Packets Broadcast Multicast In- Buf-
width (Tx + Rx) (Tx + Rx) (Tx + Rx) (Tx + Rx) err ovflw
------- ----- ---- ----------- ----------- ---------- ---------- ---- -----
 
Fa2/5 100 50 726047564 11344488 11344487 1 0 0
Fa2/48 100 35 508018905 7937789 0 43 0 0
Fa2/46 100 25 362860697 5669693 0 43 0 0
Fa2/47 100 22 323852889 4762539 4762495 43 0 0
Fa2/6 100 15 217815835 3403372 0 39 21 0
Fa2/44 100 10 145146009 2267900 0 43 0 0
Gi4/15 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/14 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/13 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/12 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/11 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/10 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/9 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/8 1000 0 776 2 0 2 0 0
Gi4/7 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/6 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/5 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/4 1000 0 0 0 0 0 0 0
Gi4/3 1000 0 776 2 0 2 0 0
Gi4/2 1000 0 0 0 0 0 0 0
Router#
 

次に、 保留中 ステータスの TopN レポートを要求した場合の表示例を示します。

Router# show top counters interface report 4
Id Start time Int N Sort-by Status Owner (type/machine/user)
--- ------------------- --- --- ---------- -------- -------------------------
4 1/24/2004,11:34:26 30 20 In-Errors pending Console//
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear top counters interface report

TopN レポートをクリアします。

collect top counters interface

TopN プロセスおよび特定の TopN レポートを表示します。

show udld

管理および動作上の UDLD ステータスを表示するには、 show udld コマンドを使用します。

show udld [ interface-id | neighbors ]

 
シンタックスの説明

interface-id

(任意)インターフェイス名を指定します。

neighbors

(任意)ネイバ情報だけを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-id 値を入力しなかった場合は 、すべてのインターフェイスの管理および動作上の UDLD ステータスが表示されます。

次に、単一のインターフェイスの UDLD ステートを表示する例を示します。

Router# show udld gigabitethernet2/2
 
Interface Gi2/2
---
Port enable administrative configuration setting: Follows device default
Port enable operational state: Enabled
Current bidirectional state: Bidirectional
Current operational state: Advertisement
Message interval: 60
Time out interval: 5
No multiple neighbors detected
Entry 1
---
Expiration time: 146
Device ID: 1
Current neighbor state: Bidirectional
Device name: 0050e2826000
Port ID: 2/1
Neighbor echo 1 device: SAD03160954
Neighbor echo 1 port: Gi1/1
 
Message interval: 5
CDP Device name: 066527791
Router#
 

次に、ネイバ情報だけを表示する例を示します。

Router# show udld neighbors
Port Device Name Device ID Port-ID OperState
-------- ------------------------------ ------------ ------- --------------
Gi3/1 SAL0734K5R2 1 Gi4/1 Bidirectional
Gi4/1 SAL0734K5R2 1 Gi3/1 Bidirectional
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

udld

アグレッシブ モード UDLD または標準モード UDLD をイネーブルにしたり、設定可能なメッセージ時間を設定したりします。

udld port

インターフェイス上で UDLD をイネーブルにしたり、インターフェイス上でアグレッシブ モード UDLD をイネーブルにしたりします。

show version

システム ハードウェアの設定、ソフトウェア バージョン、コンフィギュレーション ファイル名や送信元、およびブート イメージを表示するには、 show version コマンドを使用します。

show version

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、システム ハードウェアの設定、ソフトウェア バージョン、コンフィギュレーション ファイル名や送信元、およびブート イメージを表示する例を示します。

Router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) c6sup2_rp Software (c6sup2_rp-JSV-M), Version 12.1(nightly.E020626) NIG
HTLY BUILD
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 26-Jun-02 06:20 by
Image text-base: 0x40008BF0, data-base: 0x419BA000
 
ROM: System Bootstrap, Version 12.1(11r)E1, RELEASE SOFTWARE (fc1)
 
Router uptime is 2 weeks, 8 hours, 48 minutes
Time since Router switched to active is 1 minute
System returned to ROM by power-on (SP by power-on)
System image file is "sup-bootflash:c6sup22-jsv-mz"
 
cisco Catalyst 6000 (R7000) processor with 112640K/18432K bytes of memory.
Processor board ID SAD06210067
R7000 CPU at 300Mhz, Implementation 39, Rev 3.3, 256KB L2, 1024KB L3 Cache
Last reset from power-on
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
TN3270 Emulation software.
3 Virtual Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
48 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
381K bytes of non-volatile configuration memory.
 
16384K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
Configuration register is 0x2102
Router#
 

表 2-88 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-88 show version のフィールドの説明

フィールド
説明

IOS (tm) c6sup2_rp Software (c6sup2_rp-JSV-M), Version 12.1(nightly.E020626) NIGHTLY BUILD

バージョン番号です。可能性のあるソフトウェア問題を報告する場合は、必ず完全なバージョン番号を指定してください。出力例では、バージョン番号は 12.1 です。

ROM: System Bootstrap, Version 12.1(11r)E1, RELEASE SOFTWARE (fc1)

ブートストラップ バージョン ストリング

BOOTFLASH: 7200 Software (C7200-BOOT-M), Version 11.1(472), RELEASE SOFTWARE

ブート バージョン ストリング

Router uptime is

システムが起動してから、稼動している時間

Time since Router switched to active

スイッチオーバーが発生してからの時間

System restarted by

システムが最後に起動したときの方法(通常のシステム起動およびシステム エラー)のログです。たとえば、以下のように、存在しないアドレスへのアクセスを試みた場合に通常発生するバス エラーを示す情報が表示されることがあります。

System restarted by bus error at PC 0xC4CA, address 0x210C0C0

System image file is

ソフトウェアがネットワークを介して起動された場合、ブート ホストのインターネット アドレスが表示されます。ソフトウェアがオンボード ROM からロードされた場合は、この行に [running default software] と表示されます。

cisco Catalyst 6000 (R7000) processor with 112640K/18432K bytes of memory.

ハードウェア設定オプションおよび非標準ソフトウェア オプションを表示する、それぞれの残りの出力

Configuration register is

16 進表記で表示されたコンフィギュレーション レジスタの内容

show version EXEC コマンドの出力には、バス エラー メッセージなどの特定のメッセージが含まれることがあります。このようなエラー メッセージが表示された場合は、テクニカル サポート担当者にこのメッセージの全文を報告してください。

show vlan

VLAN 情報を表示するには、 show vlan コマンドを使用します。

show vlan [{ brief | { id vlan-id } | { name name } [ ifindex ]} | ifindex ]

 
シンタックスの説明

brief

(任意)VLAN ごとに、VLAN 名、ステータス、およびポートを 1 行で表示します。

id vlan-id

(任意)VLAN ID 番号によって識別される単一 VLAN に関する情報を表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

name name

(任意)VLAN 名によって識別される単一 VLAN に関する情報を表示します。有効値は 1 ~ 32 文字の ASCII 文字列です。

ifindex

(任意)VLAN の ifIndex 番号を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

各イーサネット スイッチ ポートおよびイーサネット リピータ グループが属するのは、1 つの VLAN だけです。トランク ポートは複数の VLAN に属することができます。

state suspend または state active コマンドを使用して VLAN をシャットダウンした場合、次の値が Status フィールドに表示されます。

suspended:VLAN は一時停止です。

active:VLAN はアクティブです。

shutdown コマンドを使用して VLAN をシャットダウンした場合、次の値が Status フィールドに表示されます。

act/lshut:VLAN ステータスはアクティブですが、ローカルにシャットダウンされています。

sus/lshut:VLAN ステータスは一時停止ですが、ローカルにシャットダウンされています。

VLAN が内部的にシャットダウンされている場合、次の値が Status フィールドに表示されます。

act/ishut:VLAN ステータスはアクティブですが、内部的にシャットダウンされています。

sus/ishut:VLAN ステータスは一時停止ですが、内部的にシャットダウンされています。

VLAN がローカルかつ内部的にシャットダウンされている場合、Status フィールドに表示される値は act/ishut または sus/ishut です。VLAN がローカルだけでシャットダウンされている場合、Status フィールドに表示される値は act/lshut または sus/lshut です。

VLAN 範囲はハイフンで区切り、複数の VLAN はカンマで区切ります。間にスペースは入れません。たとえば、次のように入力します。

Router# show vlan id 1-4,3,7,5-20

次に、アクティブで内部的にシャットダウンされている VLAN(VLAN0002)の出力例を示します。

Router# show vlan
VLAN Name Status Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1 default active Fa5/9
2 VLAN0002 act/ishut Fa5/9
<...Output truncated...>
 

次に、アクティブでローカルにシャットダウンされている VLAN(VLAN0002)の出力例を示します。

Router# show vlan
VLAN Name Status Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1 default active Fa5/9
2 VLAN0002 act/lshut Fa5/9
<...Output truncated...>
 

次に、管理ドメイン内のすべての VLAN に関する VLAN パラメータを表示する例を示します。

Router# show vlan
VLAN Name Status Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1 default active Fa5/9
2 VLAN0002 active Fa5/9
3 VLAN0003 active Fa5/9
4 VLAN0004 active Fa5/9
5 VLAN0005 active Fa5/9
6 VLAN0006 active Fa5/9
<...Output truncated...>
 
1004 fddinet-default active Fa5/9
1005 trbrf-default active Fa5/9
 
VLAN Type SAID MTU Parent RingNo BridgeNo Stp BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ -------- ---- -------- ------ ------
1 enet 100001 1500 - - - - - 0 0
2 enet 100002 1500 - - - - - 0 0
3 enet 100003 1500 - - - - - 303 0
4 enet 100004 1500 - - - - - 304 0
5 enet 100005 1500 - - - - - 305 0
6 enet 100006 1500 - - - - - 0 0
10 enet 100010 1500 - - - - - 0 0
 
<...Output truncated...>
 
Remote SPAN VLANs
-----------------
2, 20
 
Primary Secondary Type Ports
------- --------- ----------------- ------------------------------------------
Router#

 

次に、VLAN名、ステータス、および対応付けられたポートだけを表示する例を示します。

Router# show vlan brief
VLAN Name Status Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1 default active Fa5/9
2 VLAN0002 active Fa5/9
3 VLAN0003 act/lshut Fa5/9
4 VLAN0004 act/lshut Fa5/9
5 VLAN0005 active Fa5/9
10 VLAN0010 active Fa5/9
.
.
.
999 VLAN0999 active Fa5/9
1002 fddi-default active Fa5/9
1003 trcrf-default active Fa5/9
1004 fddinet-default active Fa5/9
1005 trbrf-default active Fa5/9
Router#
 

次に、複数の VLAN の VLAN パラメータを表示する例を示します。

Router# show vlan id 1-4,3,7,5-20
 
VLAN Name Status Ports
---- -------------------------------- --------- ------------------------------
1 default active Fa5/7, Fa5/12
2 VLAN0002 active
3 VLAN0003 act/lshut
4 VLAN0004 act/lshut
5 VLAN0005 active
6 VLAN0006 active
10 VLAN0010 active
20 VLAN0020 active
 
VLAN Type SAID MTU Parent RingNo BridgeNo Stp BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ -------- ---- -------- ------ ------
1 enet 100001 1500 - - - - - 0 0
2 enet 100002 1500 - - - - - 0 0
3 enet 100003 1500 - - - - - 303 0
4 enet 100004 1500 - - - - - 304 0
5 enet 100005 1500 - - - - - 305 0
6 enet 100006 1500 - - - - - 0 0
10 enet 100010 1500 - - - - - 0 0
20 enet 100020 1500 - - - - - 0 0
 
Remote SPAN VLANs
------------------------------------------------------------------------------
 
 
Primary Secondary Type Ports
------- --------- ----------------- ------------------------------------------
 
Router#
 

次に、VLAN 10 の ifIndex 番号だけを表示する例を示します。

Router# show vlan id 10 ifindex
 
VLAN Ifindex
---- -------
10 37
Router#
 

表 2-89 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-89 show vlan コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

VLAN

VLAN 番号

Name

VLAN 名(設定されている場合)

Status

VLAN のステータス(active または suspend、act/lshut または sus/lshut、act/ishut または sus/ishut)

Ports

VLAN に属するポート

Type

VLAN のメディア タイプ

SAID

VLAN のセキュリティ アソシエーション ID

MTU

VLAN の最大伝送ユニット サイズ

Parent

親 VLAN(存在する場合)

RingNo

VLAN のリング番号(該当する場合)

BrdgNo

VLAN のブリッジ番号(該当する場合)

Stp

VLAN で使用されるスパニングツリー プロトコル タイプ

BrdgMode

この VLAN のブリッジング モード:可能な値は Source-Route Bridging(SRB; ソースルート ブリッジング)および Source-Route Transparent(SRT; ソースルート トランスペアレント)で、デフォルトは SRB です。

AREHops

All-Routes Explorer フレームの最大ホップ数:可能な値は 1 ~ 13、デフォルトは7 です。

STEHops

Spanning-Tree Explorer フレームの最大ホップ数:可能な値は1 ~ 13、デフォルトは 7 です。

Backup CRF

Token Ring Concentrator Relay Function(TrCRF; トークンリング コンセントレータ リレー機能)がトラフィックのバックアップ パスであるかどうかを示すステータス

Ifindex

ifIndexの番号

Remote SPAN VLAN

RSPAN のステータス

Primary

プライマリ VLAN の番号

Secondary

セカンダリ VLAN の番号

Ports

VLAN 内のポートを指定します。

Type

VLAN のタイプ:可能な値は primary、isolated、community、non_operation、または normal です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vlan private-vlan

PVLAN 情報を表示します。

vlan (config-VLAN submode)

特定の VLAN を設定します。

vtp

グローバル VTP ステートを設定します。

show vlan access-log

設定されたロギング プロパティ、フロー テーブルの内容、統計情報などの VACL ロギングに関する情報を表示するには、 show vlan access-log コマンドを使用します。

show vlan access-log config

show vlan access-log flow protocol {{ src-addr src-mask } | any | { host { hostname | host-ip }}} {{ dst-addr dst-mask } | any | { host { hostname | host-ip }}} [ vlan vlan-id ]

show vlan access-log statistics

 
シンタックスの説明

config

設定された VACL ロギング プロパティを表示します。

flow

VACL フロー テーブルの内容を表示します。

protocol

プロトコル名または番号。有効値は icmp igmp ip tcp udp 、またはプロトコルを指定する 0 ~ 255 の番号です。

src-addr src-mask

送信元のアドレスおよびマスク

any

任意のホストに関する情報を表示します。

host hostname

ホスト名の情報を表示します。

host host-ip

IP アドレスに関する情報を表示します。

dst-addr dst-mask

宛先のアドレスおよびマスク

vlan vlan-id

(任意)特定の VLAN に関する情報を表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

statistics

パケット数、メッセージ数などの統計情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、設定された VACL ロギング プロパティを表示する例を示します。

Router# show vlan access-log config
VACL Logging Configuration:
max log table size :500
log threshold :4000
rate limiter :3000
Router#
 

次に、VACL の統計情報を表示する例を示します。

Router# show vlan access-log statistics
VACL Logging Statistics:
total packets :0
logged :0
dropped :0
Dropped Packets Statistics:
unsupported protocol :0
no packet buffer :0
hash queue full :0
flow table full :0
Misc Information:
VACL Logging LTL Index :0x7E02
free packet buffers :8192
log messages sent :0
log table size :0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

vlan access-log

ログ テーブル サイズ、リダイレクト パケット レート、ロギングしきい値などの VACL ロギング プロパティを設定します。

show vlan access-map

VLAN アクセス マップの内容を表示するには、 show vlan access-map コマンドを使用します。

show vlan access-map [ map-name ]

 
シンタックスの説明

map-name

(任意)VLAN アクセス マップ名

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、VLAN アクセス マップの内容を表示する例を示します。

Router# show vlan access-map mordred
Vlan access-map "mordred" 1
match: ip address 13
action: forward capture
Router#
show vlan counters

 
関連コマンド

コマンド
説明

action

パケットの action 句を設定します。

match

VLAN アクセス マップ シーケンスの ACL を 1 つまたは複数選択して、match 句を指定します。

vlan access-map

VLAN アクセス マップを作成するか、VLAN アクセス マップ コマンド モードを開始します。

show vlan counters

ソフトウェア キャッシュ カウンタ値を表示するには、 show vlan counters コマンドを使用します。

show vlan [ id vlanid ] counters

 
シンタックスの説明

id vlanid

(任意)特定の VLAN のソフトウェアキャッシュ カウンタ値を表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vlan id counters コマンドは SVI ではサポートされていません。

レイヤ 2 およびレイヤ 3 VLAN インターフェイスおよびルータ ポートの場合、インターフェイス単位のスイッチング統計情報および VLAN カウンタ情報が、約 3 分間隔で PISA にエクスポートされます。

引数を指定しないで show vlan counters コマンドを入力した場合は、すべての VLAN のソフトウェアキャッシュ カウンタ値が表示されます。

次に、特定の VLAN のソフトウェアキャッシュ カウンタ値を表示する例を示します。

Router> show vlan id 205 counters
VLAN vlanid 205
L2-Unicast-Pkts 10
L3-In-Unicast-Pkts 0
L3-Out-Unicast-Pkts 0
L2-NonUnicast-Pkts + L3-In-NonUnicast-Pkts 5
L3-Out-NonUnicast-Pkts 6
L2-Unicast-Octets 6
L3-In-Unicast-Octets 6
L3-Out-Unicast-Octets 6
L2-NonUnicast-Octets + L3-In-NonUnicast-Octets 6
L3-Out-NonUnicast-Octets 6

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear vlan counters

指定された VLAN または既存のすべての VLAN でソフトウェア キャッシュされたカウンタ値をゼロにクリアします。

show vlan dot1q tag native

ネイティブ VLAN のタギング情報を表示するには、 show vlan dot1q tag native コマンドを使用します。

show vlan dot1q tag native

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ネイティブ VLAN タギング情報を表示する例を示します。

Router# show vlan dot1q tag native
dot1q native vlan tagging is enabled
Internal dot1q native vlan: 1015
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

vlan dot1q tag native

トランク内のすべての VLAN の 802.1Q タギングをイネーブルにします。

show vlan filter

VLAN フィルタに関する情報を表示するには、 show vlan filter コマンドを使用します。

show vlan filter [{ access-map map-name } | { vlan vlan-id } | { interface interface interface-number }]

 
シンタックスの説明

access-map map-name

(任意)指定されたマップでフィルタリングされた VLAN を表示します。

vlan vlan-id

(任意)指定された VLAN のフィルタを表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

interface interface

インターフェイス タイプを指定します。有効値は pos atm 、または serial です。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

interface-number

インターフェイス番号。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vlan filter map-name interface コマンドが対応しているのは、ATM、POS、またはシリアル インターフェイス タイプだけです。システムにこれらのインターフェイス タイプが装備されていない場合は interface interface interface-number キーワードおよび引数を使用できません。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 2 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

オプションのキーワードおよび引数を指定しなければ、すべてのマッピングが表示されます。access-map map_name を入力した場合は、指定されたマップに対応付けられたすべての VLAN およびインターフェイスが表示されます。vlan vlan-id または interface interface interface-number を入力した場合は、対応付けられたアクセス マップ(存在する場合)が表示されます。

VLAN の VACL に対する出力の意味は、次のとおりです。

Configured on VLANs:ユーザにより設定済み

Active on VLANs:VACL がアクティブである VLAN リスト

次に、VACL と VLAN 間、VACL とインターフェイス間のマッピングを表示する例を示します。

Router# show vlan filter
VLAN Map mordred:
Configured on VLANs: 2,4-6
Active on VLANs: 2,4-6
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

vlan access-map

VLAN アクセス マップを作成するか、VLAN アクセス マップ コマンド モードを開始します。

vlan filter

VLAN アクセス マップを適用します。

 

show vlan internal usage

内部 VLAN 割り当てに関する情報を表示するには、 show vlan internal usage コマンドを使用します。

show vlan [ id vlan-id ] internal usage

 
シンタックスの説明

id vlan-id

(任意)指定された VLAN の内部 VLAN 割り当て情報を表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンドのデフォルト

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

場合により、出力には次のものが表示されます。

workaround vlan
 

ワークアラウンド VLAN は、PFC ベースのポリシングを PWAN1 メイン インターフェイス上でイネーブル化するために使用します。ワークアラウンド VLAN を使用しなければ、パケットは PWAN1 について PFC ポリサーを 2 回ヒットします。パケットが PXF 処理の前後にローカル バスを通過する際、同じ VLAN が使用されるからです。

 
使用上のガイドライン

show vlan internal usage コマンドを入力すると、イーサネット インターフェイスが表示されます。

次に、現在の内部 VLAN 割り当てを表示する例を示します。

Router# show vlan internal usage
 
VLAN Usage
---- --------------------
1025 -
1026 -
1027 -
1028 -
1029 Port-channel6
1030 GigabitEthernet1/2
1032 FastEthernet3/20
1033 FastEthernet3/21
1129 -
 

次に、特定の VLAN の内部 VLAN 割り当てを表示する例を示します。

Router# show vlan id 1030 internal usage
 
VLAN Usage
---- --------------------
1030 GigabitEthernet1/2

show vlan mapping

802.1Q VLAN と ISL VLAN のマッピングを登録するには、 show vlan mapping コマンドを使用します。

show vlan mapping

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、802.1Q VLAN と ISL VLAN のマップのリストを表示する例を示します。

Router# show vlan mapping
802.1Q Trunk Remapped VLANs:
802.1Q VLAN ISL VLAN
----------- -----------
101 202
200 330
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interfaces vlan mapping

ポート上の VLAN マッピングのステータスを表示します。

switchport vlan mapping enable

スイッチ ポート単位で VLAN マッピングをイネーブルにします。

show vlan private-vlan

PVLAN 情報を表示するには、 show vlan private-vlan コマンドを使用します。

show vlan private-vlan [ type ]

 
シンタックスの説明

type

(任意)PVLAN タイプ(isolated、community、または primary)を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vlan private-vlan type コマンドの出力に、タイプとして [normal] が表示されている場合は、PVLAN に通常の VLAN が設定されています。[normal] が表示されている場合は、タイプを設定する前に 2 つの VLAN が対応付けられていて、PVLAN が動作していません。この情報は、デバッグ時に役立ちます。

次に、現在設定されているすべての PVLAN に関する情報を表示する例を示します。

Router# show vlan private-vlan
 
Primary Secondary Type Ports
------- --------- ----------------- ------------------------------------------
2 301 community Fa5/3, Fa5/25
2 302 community
10 community
100 101 isolated
150 151 non-operational
202 community
303 community
401 402 non-operational
Router#
 

次に、現在設定されているすべての PVLAN タイプに関する情報を表示する例を示します。

Router# show vlan private-vlan type
 
Vlan Type
---- -----------------
202 primary
303 community
304 community
305 community
306 community
307 community
308 normal
309 community
440 isolated
Router#
 

表 2-90 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-90 show vlan private-vlan コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Primary

プライマリ VLAN の番号

Secondary

セカンダリ VLAN の番号

Secondary-Type

セカンダリ VLAN タイプ:可能な値は isolated または community です。

Ports

VLAN 内のポートを指定します。

Type

VLAN のタイプ:可能な値は primary、isolated、community、non_operation、または normal です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

private-vlan mapping

プライマリ VLAN とセカンダリ VLAN のマッピングを作成して、両方の VLAN で同じプライマリ VLAN SVI を共有できるようにします。

private-vlan

PVLAN、および PVLAN とセカンダリ VLAN とのアソシエーションを設定します。

show vlan remote-span

RSPAN VLAN のリストを表示するには、 show vlan remote-span を使用します。

show vlan remote-span

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、RSPAN VLAN のリストを表示する例を示します。

Router# show vlan remote-span
Remote SPAN VLANs
------------------------------------------------------------------------------
2,20

 
関連コマンド

コマンド
説明

remote-span

VLAN を RSPAN VLAN として設定します。

vlan (config-VLAN submode)

特定の VLAN を設定します。

show vlans

Cisco IOS VLAN サブインターフェイスに関する情報を表示するには、 show vlans コマンドを使用します。

show vlans [ vlan ]

 
シンタックスの説明

vlan

(任意)VLAN ID 番号を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

EXEC モードで show vlan コマンドを使用すると、レイヤ 2 VLAN に関する情報が表示されます。特権 EXEC モードで show vlans コマンドを使用すると、レイヤ 3 の VLAN サブインターフェイス情報が表示されます。

show vlans コマンドを入力する場合は、 vlans キーワードの短縮形を使用できません。

次に、Cisco IOS VLAN サブインターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

Router# show vlans
Virtual LAN ID: 122 (Inter Switch Link Encapsulation)
VLAN Trunk Interface: GE-WAN9/1.1
Protocols Configured: Address: Received: Transmitted:
IP 10.122.0.2 18 16
Virtual LAN ID: 123 (Inter Switch Link Encapsulation)
VLAN Trunk Interface: GE-WAN9/1.2
Protocols Configured: Address: Received: Transmitted:
IP 10.123.0.2 13 16
Virtual LAN ID: 124 (Inter Switch Link Encapsulation)
VLAN Trunk Interface: GE-WAN9/1.3
Protocols Configured: Address: Received: Transmitted:
IP 10.124.0.2 0 17
Virtual LAN ID: 133 (Inter Switch Link Encapsulation)
VLAN Trunk Interface: GE-WAN9/3.1
Protocols Configured: Address: Received: Transmitted:
IP 11.133.0.1 0 1
Virtual LAN ID: 134 (Inter Switch Link Encapsulation)
VLAN Trunk Interface: GE-WAN9/3.2
Protocols Configured: Address: Received: Transmitted:
IP 11.134.0.1 0 1
Router#
 

表 2-91 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-91 show vlans コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Virtual LAN ID

VLAN のドメイン番号

VLAN Trunk Interface

VLAN トラフィックを伝送するサブインターフェイス

Protocols Configured

VLAN に設定されたプロトコル

Address

ネットワーク アドレス

Received

受信されたパケット数

Transmitted

送信されたパケット数

show vlan virtual-port

必要な論理仮想ポート数を表示するには、 show vlan virtual-port コマンドを使用します。

show vlan virtual-port [ slot num ]

 
シンタックスの説明

slot num

(任意)ステータスを表示するスロット番号を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、指定されたスロットに必要な論理仮想ポート数を表示する例を示します。

Router# show vlan virtual-port slot 3
Slot 3
Port Virtual-ports
-------------------------
Fa3/1 1
Fa3/2 1
Fa3/3 1
Fa3/4 1
Fa3/5 1
Fa3/6 1
Fa3/7 1
Fa3/8 1
Fa3/11 1
Fa3/12 1
Fa3/13 1
.
.
.
Fa3/33 4
Fa3/34 4
Fa3/35 4
Fa3/36 4
Fa3/37 4
Fa3/38 4
Fa3/39 4
Fa3/40 4
Total virtual ports:82
Router#

次にすべてのスロットに必要な論理仮想ポート数を表示する例を示します。

Router# show vlan virtual-port
Slot 1
-------
Total slot virtual ports 1
Slot 3
-------
Total slot virtual ports 82
Slot 4
-------
Total slot virtual ports 4
Total chassis virtual ports 87
Router#

show vtp

VTP 統計情報とドメイン情報を表示するには、 show vtp コマンドを使用します。

show vtp { counters | status }

 
シンタックスの説明

counters

VTP 統計に関する情報を表示します。

status

VTP ドメイン ステータスに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vtp status コマンドの出力では、最後に変更した時間が修飾子自身の時間になります。たとえば、「Configuration last modified by 7.0.22.11 at 5-5-06 05:51:49」の行に表示される時間は、修飾子(7.0.22.11)が最後に VLAN 設定を変更した時間です。

次に、VTP の統計情報を表示する例を示します。

Router# show vtp counters
VTP statistics:
Summary advertisements received : 1
Subset advertisements received : 1
Request advertisements received : 0
Summary advertisements transmitted : 31
Subset advertisements transmitted : 1
Request advertisements transmitted : 0
Number of config revision errors : 0
Number of config digest errors : 0
Number of V1 summary errors : 0
 
VTP pruning statistics:
 
Trunk Join Transmitted Join Received Summary advts received from
non-pruning-capable device
---------------- ---------------- ---------------- ---------------------------
Fa5/9 1555 1564 0
Router#
 

次に、VTP ドメインのステータスを表示する例を示します。

Router# show vtp status
VTP Version : 2
Configuration Revision : 250
Maximum VLANs supported locally : 1005
Number of existing VLANs : 33
VTP Operating Mode : Server
VTP Domain Name : Lab_Network
VTP Pruning Mode : Enabled
VTP V2 Mode : Enabled
VTP Traps Generation : Disabled
MD5 digest : 0xE6 0xF8 0x3E 0xDD 0xA4 0xF5 0xC2 0x0E
Configuration last modified by 172.20.52.18 at 9-22-99 11:18:20
Local updater ID is 172.20.52.18 on interface Vl1 (lowest numbered VLAN interfac
e found)
Router#
 

次に、 show vtp 出力内に、Summary という語を含む行だけを表示する例を示します。

Router# show vtp counters | include Summary
Summary advertisements received : 1
Summary advertisements transmitted : 32
Trunk Join Transmitted Join Received Summary advts received from
Router#
 

表 2-92 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-92 show vtp コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Summary advts received

受信されたサマリー アドバタイズの総数

Subset advts received

受信されたサブセット アドバタイズの総数

Request advts received

受信されたリクエスト アドバタイズの総数

Summary advts transmitted

送信されたサマリー アドバタイズの総数

Subset advts transmitted

送信されたサブセット アドバタイズの総数

Request advts transmitted

送信されたリクエスト アドバタイズの総数

No of config revision errors

コンフィギュレーション リビジョン エラーの数

No of config digest errors

コンフィギュレーション ダイジェスト エラーの数

Trunk

VTP プルーニングに参加するトランク ポート

Join Transmitted

送信された VTP プルーニング join の数

Join Received

受信された VTP プルーニング join の数

Summary advts received from non-pruning-capable device

プルーニング非対応装置から受信されたサマリー アドバタイズの数

Number of existing VLANs

ドメイン内の VLAN の総数

Configuration Revision

VLAN 情報を交換するために使用される VTP リビジョン番号

Maximum VLANs supported locally

装置で許可されている VLAN の最大数

Number of existing VLANs

既存の VLAN 数

VTP Operating Mode

VTP がイネーブルとディセーブルのいずれに設定されているかを示すステータス

VTP Domain Name

VTP ドメイン名

VTP Pruning Mode

VTP プルーニングがイネーブルとディセーブルのどちらに設定されているかを示すステータス

VTP V2 Mode

VTP V2 モードのステータス(server、client、または transparent)

VTP Traps Generation

VTP トラップ生成モードがイネーブルとディセーブルのいずれに設定されているかを示すステータス

MD5 digest

チェックサム値

 
関連コマンド

コマンド
説明

vtp

グローバル VTP ステートを設定します。