Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS ソフトウェア コマンド リファレンス
Supervisor Engine 32 Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA) が設定された Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Cisco IOS コマンド-12
show mls cef
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2012/01/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

show mls cef

show mls cef adjacency

show mls cef exact-route

show mls cef exception

show mls cef hardware

show mls cef inconsistency

show mls cef ip

show mls cef ip multicast

show mls cef ipv6

show mls cef logging

show mls cef lookup

show mls cef maximum-routes

show mls cef mpls

show mls cef rpf

show mls cef statistics

show mls cef summary

show mls cef vrf

show mls df-table

show mls ip

show mls ip cef rpf-table

show mls ip multicast

show mls ip multicast bidir

show mls ip multicast rp-mapping

show mls ip multicast sso

show mls ip non-static

show mls ip routes

show mls ip static

show mls ip statistics

show mls nde

show mls netflow

show mls netflow ip

show mls netflow ip sw-installed

show mls netflow ipv6

show mls qos

show mls qos free-agram

show mls qos maps

show mls qos mpls

show mls qos protocol

show mls qos statistics-export info

show mls rate-limit

show mls sampling

show mls statistics

show mls table-contention

show mmls igmp explicit-tracking

show mmls msc

show mobility

show module

show monitor permit-list

show monitor session

show mpls l2transport vc

show mpls platform

show mpls ttfib

show pagp

show platform

show platform hardware capacity

show platform pisa np

show platform software ipv6-multicast

show platform software pisa fm interface

show platform software pisa split-vlan

show policy-map

show policy-map control-plane

show policy-map interface

show port-security

show power

show qdm status

show qm-sp port-data

show mls cef

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル エントリを表示するには、 show mls cef コマンドを使用します。

show mls cef [ ip ] [ prefix [ mask-length | load-info ]] [ detail ] [ module number ]

show mls cef [ ip ] [{ lookup ...} | { multicast ...} | { rpf ...} | { vpn ...} | { vrf ...}]

show mls cef [{ adjacency ...} | { block block-number [ entries ]} | { config-register reg-address } | { diags [ detail ]} | { entry index [ detail ]} | { exact-route ...} | { hardware [ module number ]} | { inconsistency ...} | { lookup ...} | { masks [ type ] [ module number ]} | { rpf ...} | { statistics ...} | { summary [ module number ]} | { tunnel fragment } | { used-blocks [ type ] [ module number ]} | { vpn ...} | { vrf ...}]

show mls cef [{ eom ...} | { ip ...} | { ipv6 ...} | { mpls ...}]

 
シンタックスの説明

ip

(任意)MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IPv6 ユニキャスト エントリを 表示 します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

prefix

(任意)A.B.C.D のフォーマットによるエントリのプレフィクス

mask-length

(任意)マスクの長さ。有効値は 0 ~ 32 です。

load-info

(任意)出力の各隣接値の横にハッシュ値を表示します。

detail

(任意)ハードウェアの詳細情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

module number

(任意)特定のモジュールのエントリに関する情報を表示します。

lookup ...

(任意)MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを、指定された宛先 IP アドレスについて表示します。 show mls cef lookup コマンドを参照してください。

multicast ...

(任意)MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを、コンパクト CEF テーブル表示フォーマットで表示します。 show mls cef ip multicast コマンドを参照してください。

rpf ...

(任意)MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の RPF ハードウェアに関する情報を表示します。 show mls cef rpf コマンドを参照してください。

vpn ...

(任意)VPN ID CEF テーブル情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

vrf ...

(任意)CEF テーブルに関する情報を、指定された VRF 名について表示します。

adjacency ...

(任意)MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング隣接ノードに関する情報を表示します。 show mls cef adjacency コマンドを参照してください。

block block-number

(任意)マスク ブロック利用に関する情報を特定のブロックについて表示します。有効値は 0 ~ 4,294,967,295 です。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

entries

(任意)マスク ブロック利用エントリを表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

config-register reg-address

(任意)ハードウェア コンフィギュレーション レジスタに関する情報を特定のレジスタについて表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

diags

(任意)診断エントリに関する情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

entry index

(任意)表示するプレフィクス エントリ インデックスを指定します。有効値は 0 ~ 4,294,967,295 です。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

exact-route ...

(任意)ハードウェア ロード シェアリングに関する情報を表示します。 show mls cef exact-route コマンドを参照してください。

hardware

(任意)ハードウェア情報のサマリーを表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

inconsistency ...

(任意)一貫性チェッカーに関する情報を表示します。 show mls cef inconsistency コマンドを参照してください。

masks ...

(任意)マスクに関する情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

statistics ...

(任意)スイッチングされたパケット数とバイト数を表示します。 show mls cef statistics コマンドを参照してください。

tunnel fragment

(任意)トンネル フラグメンテーションの動作ステータスを表示します。

summary ...

(任意)ハードウェアのレートのサマリーを各プロトコルについて表示します。 show mls cef summary コマンドを参照してください。

used-blocks

(任意)使用されているブロックのリストを表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

eom ...

EoM プロトコルに関する情報を表示します。このキーワードはサポートされていません。

ip ...

IP プロトコルに関する情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

ipv6 ...

IPv6 プロトコルに関する情報を表示します。

mpls ...

MPLS に関する情報を表示します。 show mls cef mpls コマンドを参照してください。

 
コマンドのデフォルト

プロトコルを指定しない場合、デフォルト表示は IP およびグローバル CEF テーブルとなります。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

... は、追加情報があることを示します。

次のオプションはエキスパート ユーザ向けであり、マニュアルに記載されていません。

load-info

detail

block block-number [ entries ]

config-register reg-address }

diags [ detail ]

entry index [ detail ]

hardware [ module number ]

masks [ type ]

used-blocks [ type ]

vpn

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングは IP トラフィックだけに適用されます。

VRF CEF テーブル エントリを表示するには、 show mls cef [ ip ] vrf コマンドを使用します。

このコマンドは、スーパーバイザ エンジンまたはスイッチのコンソール上で入力できます。このコマンドを入力するには、 remote login コマンドを入力して、スーパーバイザ エンジンへのセッションを開始します。

show mls cef コマンドは、次のような 3 つのレベルのオプションを提供します。

プロトコルに依存しないオプション:次のキーワードはプロトコル固有ではありません。

adjacency

exact-route

inconsistency

module

rpf

statistics

summary

used-blocks

vpn

vrf

プロトコルに依存するキーワード:次のキーワードはプロトコルを指定します。

eom

ip

ipv6

mpls

デフォルト キーワード:次のキーワードは、 show mls cef コマンドと show mls cef ip コマンドの両方について、同じ出力を表示します。

prefix

lookup

multicast :このキーワードは、Supervisor Engine 720 が搭載されたシステムではサポートされていません。

module

rpf

vpn

vrf

次に、 show mls cef コマンドと show mls cef ip コマンドが同一となる例を示します。

Router# show mls cef
 
Codes: decap - Decapsulation, + - Push Label
Index Prefix Adjacency
64 127.0.0.51/32 punt
65 127.0.0.0/32 punt
66 127.255.255.255/32 punt
67 1.1.1.100/32 punt
68 1.1.1.0/32 punt
69 1.1.1.255/32 punt
70 2.2.2.100/32 punt
71 2.2.2.0/32 punt
72 2.2.2.255/32 punt
73 2.2.2.5/32 Gi5/2, 0000.c005.0205
74 0.0.0.0/32 punt
75 255.255.255.255/32 punt
76 200.1.22.22/32 punt
77 200.0.0.0/32 punt
78 200.255.255.255/32 punt
79 200.1.1.153/32 Vl30, 0050.808b.8200
81 200.1.1.91/32 Vl30, 0004.4eef.8800
82 200.1.1.100/32 Vl30, 00d0.bb02.0400
83 200.12.223.3/32 Vl30, 00d0.061b.7000
84 200.2.5.3/32 Vl30, 00d0.061d.200a
85 200.1.1.101/32 Vl30, 0007.ecfc.e40a
86 200.0.100.1/32 Vl30, 0050.2a8d.700a
87 200.1.1.104/32 Vl30, 0050.0f2d.ac00
88 223.255.254.226/32 Vl30, 0050.2a8d.700a
89 2.2.2.7/32 Gi5/2, 0000.c005.0207
90 1.1.1.5/32 Gi5/1, 0000.0101.0105
3200 224.0.0.0/24 punt
3201 1.1.1.0/24 punt
3202 2.2.2.0/24 punt
134400 200.0.0.0/8 punt
134432 0.0.0.0/0 drop
524256 0.0.0.0/0 drop
Router#
 

次に、MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブルの IP エントリをすべて表示する例を示します。

Router# show mls cef ip
 
Codes: decap - Decapsulation, + - Push Label
Index Prefix Adjacency
64 127.0.0.51/32 punt
65 127.0.0.0/32 punt
66 127.255.255.255/32 punt
67 1.1.1.100/32 punt
68 1.1.1.0/32 punt
69 1.1.1.255/32 punt
70 2.2.2.100/32 punt
71 2.2.2.0/32 punt
72 2.2.2.255/32 punt
73 2.2.2.5/32 Gi5/2, 0000.c005.0205
74 0.0.0.0/32 punt
75 255.255.255.255/32 punt
76 200.1.22.22/32 punt
77 200.0.0.0/32 punt
78 200.255.255.255/32 punt
79 200.1.1.153/32 Vl30, 0050.808b.8200
81 200.1.1.91/32 Vl30, 0004.4eef.8800
82 200.1.1.100/32 Vl30, 00d0.bb02.0400
83 200.12.223.3/32 Vl30, 00d0.061b.7000
84 200.2.5.3/32 Vl30, 00d0.061d.200a
85 200.1.1.101/32 Vl30, 0007.ecfc.e40a
86 200.0.100.1/32 Vl30, 0050.2a8d.700a
87 200.1.1.104/32 Vl30, 0050.0f2d.ac00
88 223.255.254.226/32 Vl30, 0050.2a8d.700a
89 2.2.2.7/32 Gi5/2, 0000.c005.0207
90 1.1.1.5/32 Gi5/1, 0000.0101.0105
3200 224.0.0.0/24 punt
3201 1.1.1.0/24 punt
3202 2.2.2.0/24 punt
134400 200.0.0.0/8 punt
134432 0.0.0.0/0 drop
524256 0.0.0.0/0 drop
Router#
 

表 2-80 に、 この出力 で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-80 show mls cef コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Index

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル エントリのインデックスです。最大エントリ数は 256,000 です。

Prefix

エントリのプレフィクス アドレス/マスク

Adjacency

隣接タイプは、次のとおりです。

drop:プレフィクス エントリに一致するパケットが廃棄されます。

punt:詳細処理のために PISA にパケットがリダイレクトされます。

mac-address :プレフィクスに一致するパケットは、特定のネクスト ホップ、または直接添付されている場合は、最終的な宛先ホストに転送されます。

次に、トンネル フラグメンテーションの動作ステータスを表示する例を示します。

Router# show mls cef tunnel fragment
Tunnel Fragmentation: Enabled
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mls cef summary

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内のルート数を、すべてのプロトコルについて表示します。

show mls cef adjacency

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング隣接ノードに関する情報を表示するには、 show mls cef adjacency コマンドを使用します。

show mls cef adjacency [ all | decap-tunnel | { encap-tunnel ip-src-addr } | { entry index [ to end-range ]} | { flags lower-flag upper-flag } | mac-address number | mac-rewrite | macv4 | { mpls [ label ]} | multicast | nat | recirculation | special | tcp | usage ] [ detail ] [ module number ]

 
シンタックスの説明

all

(任意)アプリケーションが割り当てられたエントリをすべて表示します。

decap-tunnel

(任意)カプセル化解除されたトンネリング パケット情報を表示します。

encap-tunnel ip-src-addr

(任意)指定されたアドレスに一致する、カプセル化されたトンネル隣接エントリを表示します。

entry index

(任意)指定されたインデックスの隣接エントリ情報を表示します。有効値は 0 ~ 1,048,575 です。

to end-range

(任意)隣接エントリ情報を表示するインデックス範囲を指定します。有効値は 0 ~ 1,048,575 です。

flags

(任意)指定されたビット フラグに関する情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

lower-flag

表示する下位 32 ビットのフラグ値。有効値は 0 ~ FFFFFFFF です。

upper-flag

表示する上位 32 ビットのフラグ値。有効値は 0 ~ FFFFFFFF です。

mac-address number

(任意)指定された 48 ビット ハードウェア アドレスについて、対応する隣接 MAC アドレスに関する情報を H.H.H フォーマットで表示します。

mac-rewrite

(任意)MAC 書き換え隣接情報を表示します。

macv4

(任意)MACv4 隣接情報を表示します。

mpls

(任意)MPLS 隣接情報を表示します。

label

(任意)隣接エントリ情報を表示する MPLS ラベル。有効値は 0 ~ 1048575 です。

multicast

(任意)マルチキャスト隣接情報を表示します。

nat

(任意)NAT 隣接情報を表示します。

recirculation

(任意)再循環隣接エントリ情報を表示します。

special

(任意)特別隣接情報を表示します。

tcp

(任意)TCP アプリケーション隣接情報を表示します。

usage

(任意)隣接使用情報を表示します。

detail

(任意)ハードウェア エントリの詳細を表示します。

module number

(任意) 特定のモジュールの隣接ノード に関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

decap-tunnel およびand endcap-tunnel キーワードは、トンネル ノードの表示に使用します。カプセル化ノードはトンネル入口ポイントと見なされ、カプセル化解除ノードはトンネル出口ポイントと見なされます。複数の送信元/宛先ペアが、カプセル化ノードおよびカプセル化解除ノード間の同じトンネルを使用できます。

decap-tunnel および endcap-tunnel キーワードは、Supervisor Engine 720 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチではサポートされていません。

flags キーワードは、すべての隣接フォーマット(mac-rewrite、mpls、multicast など)に適用され、特定の隣接について隣接設定されたビットを示します。

module number キーワードおよび引数は、モジュールおよびポート番号を指定します。有効値は、使用するシャーシおよびモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 です。

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングは IP トラフィックだけに適用されます。

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング隣接統計情報は、60 秒間隔で更新されます。

ハードウェアによりスイッチングされる IP 転送ブロードキャスト情報を表示するには、 show mls cef adjacency mac-address number detail コマンドを入力します。

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング FIB エントリごとに、MLS ハードウェアレイヤ 3 スイッチングは隣接ノードの PISA から MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング隣接テーブルにレイヤ 2 情報を格納します。隣接ノードはレイヤ 2 で直接接続されています。トラフィックを転送するために、MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングは MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング FIB エントリから MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング隣接エントリを示すルートを選択し、この隣接テーブル エントリ内の隣接ノードのレイヤ 2 ヘッダーを使用して、レイヤ 3 スイッチング中にパケットを書き換えます。MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングは、100 万個の隣接テーブル エントリをサポートします。

次に、すべての隣接ノードの情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency all
 
Index: 5 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 32773 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
packets: 0, bytes: 0
<Output is truncated>
 

次に、特定のインデックスの隣接エントリ情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency entry 132
 
Index: 132 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
packets: 0, bytes: 0
 

次に、一連のインデックスの隣接エントリ情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency entry 132 to 134
 
Index: 132 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 133 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 134 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
packets: 0, bytes: 0
Router#
 

次に、再循環隣接情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency recirculation detail
Index: 6 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 65535, vlan: 0, dindex: 0x0, ccc = 110,
format: RECIR, l3rw_vld: 1
Router#
 

次に、特定のビット フラグを表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency flags 8408 0
 
STAT_REQUIRED NO_STAT CAP1 IQO UTTL UTOS
Router#
 

次に、特定の MAC アドレスの隣接ノード情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency mac-address 00e0.f74c.842d
 
Index: 133138 smac: 00d0.061d.200a, dmac: 00e0.f74c.842d
mtu: 1518, vlan: 45, dindex: 0x0, l3rw_vld: 1
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 133144 smac: 00d0.061d.200a, dmac: 00e0.f74c.842d
mtu: 1518, vlan: 45, dindex: 0x0, l3rw_vld: 1
packets: 0, bytes: 0
Router#
 

次に、MAC 書き換え隣接情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency mac-rewrite
 
Index: 133132 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 133133 smac: 000a.421f.3000, dmac: 0050.2a8d.700a
mtu: 1518, vlan: 1, dindex: 0x0, l3rw_vld: 1
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 133134 smac: 000a.421f.3000, dmac: 0000.7201.0001
mtu: 1518, vlan: 72, dindex: 0x0, l3rw_vld: 1
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 133135 smac: 000a.421f.3000, dmac: 0000.7301.0001
mtu: 1518, vlan: 73, dindex: 0x0, l3rw_vld: 1
packets: 0, bytes: 0
<Output is truncated>
 

次に、MPLS 隣接情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency mpls detail
Index: 32768 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 1514, vlan: 0, dindex: 0x7FFA, l3rw_vld: 1
format: MPLS, flags: 0x1000408600
label0: 0, exp: 0, ovr: 0
label1: 0, exp: 0, ovr: 0
label2: 0, exp: 0, ovr: 0
op: POP
packets: 0, bytes: 0
Router#
 

次に、マルチキャスト隣接情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency multicast detail
Index: 22 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 0, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
format: MULTICAST, flags: 0x800
met2: 0, met3: 0
packets: 2232, bytes: 180684
Router#
 

次に、NAT 隣接情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency nat detail
Index: 200 mtu: 1522, vlan: 1063, dindex: 0x7FFA, l3rw_vld: 1
format: NAT, flags: 0x8600
ip_sa: 2.2.2.2, src_port: 100
ip_da: 3.3.3.3, dst_port: 300
delta_seq: 0, delta_ack: 0
packets: 0, bytes: 0
Router#
 

次に、特別隣接情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency special
 
Index: 0 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 9234, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
format: MULTICAST, flags: 0x800 (mcast_fib_fail)
met2: 0, met3: 0
packets: 0, bytes: 0
 
Index: 1 smac: 0000.0000.0000, dmac: 0000.0000.0000
mtu: 9234, vlan: 0, dindex: 0x0, l3rw_vld: 0
format: MULTICAST, flags: 0x800 (mcast_fib_rf_cr)
met2: 0, met3: 0
packets: 0, bytes: 0
 
<Output is truncated>
 

次に、TCP 隣接情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency tcp detail
Index: 200 smac: abcd.abcd.abcd, dmac: 0000.1000.2000
mtu: 1518, vlan: 1063, dindex: 0x0, l3rw_vld: 1
format: MAC_TCP, flags: 0x8408
delta_seq: 10, delta_ack: 0
packets: 0, bytes: 0
Router#
 

次に、隣接使用情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef adjacency usage
 
Adjacency Table Size: 1048576
ACL region usage: 2
Non-stats region usage: 128
Stats region usage: 31
Total adjacency usage: 161
Router#

show mls cef exact-route

ハードウェアのロードシェアリングに関する情報を表示するには、 show mls cef exact-route コマンドを使用します。

show mls cef exact-route src-ip { dest-ip | src-l4port } [ dest-l4port | { module num }]

show mls cef exact-route { vrf instance-name } src-ip { dest-ip | src-l4port } [ dest-l4port | { module num }]

 
シンタックスの説明

src-ip

送信元 IP アドレス。

dest-ip

宛先 IP アドレス。

src-l4port

レイヤ 4 送信元ポート番号。有効値は 0 ~ 65,535 です。

dest-l4port

(任意)レイヤ 4 宛先ポート番号。有効値は 0 ~ 65,535 です。

module num

(任意) モジュール番号。

vrf instance-name

指定された VRF インスタンス名について VRF の数値 ID を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

vrf instance-name キーワードおよび引数は、Supervisor Engine 2 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチではサポートされません。

次に、ハードウェアのロードシェアリング情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef exact-route 172.20.52.16 172.20.52.31
 
Interface: Gi2/1, Next Hop: 255.255.255.255, Vlan: 4073, Destination Mac: 00d0.061d.200a
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip cef exact-route

送信元/宛先 IP アドレス ペアの厳密なルートを表示します。

show mls cef exception

CEF 例外に関する情報を 表示 するには、 show mls cef exception コマンドを表示します。

show mls cef exception { status [ detail ] | priorities }

 
シンタックスの説明

status

CEF 例外ステータス に関する情報を 表示 します。

detail

(任意)ハードウェアの詳細情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

priorities

CEF 例外 プライオリティに関する情報を 表示 します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

detail キーワードはエキスパート ユーザ向けであり、マニュアルに記載されていません。

show mls cef exception status コマンドの出力には、次の定義が適用されます。

FALSE:プロトコルが例外の状態でないことを示します。

TRUE:プロトコルが例外の状態であることを示します。

次に、 CEF 例外ステータスの詳細情報 表示する 例を示します。

Router# show mls cef exception status
Current IPv4 FIB exception state = FALSE
Current IPv6 FIB exception state = FALSE
Current MPLS FIB exception state = FALSE
Router#
 

次に、 FIB ERM 例外 プライオリティ を表示する例を示します。

Router# show mls cef exception priorities
Priority Protocol
=====================
1 IPv4
2 IPv6
3 MPLS
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls erm priority

例外ステータスから回復させるプロトコルの順番を定義するプライオリティを割り当てます。

 

show mls cef hardware

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル エントリを表示するには、 show mls cef hardware コマンドを使用します。

show mls cef hardware [ module number ]

 
シンタックスの説明

module number

(任意) 特定のモジュールの隣接ノード情報 を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングは IP トラフィックだけに適用されます。

次に、MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブルのエントリをすべて表示する例を示します。

Router# show mls cef hardware
 
CEF TCAM v2:
Size:
65536 rows/device, 4 device(s), 262144 total rows
32 entries/mask-block
8192 total blocks (32b wide)
1212416 s/w table memory
Options:
sanity check: on
sanity interval: 301 seconds
consistency check: on
consistency interval: 61 seconds
redistribution: off
redistribution interval: 120 seconds
redistribution threshold: 10
compression: on
compression interval: 31 seconds
tcam/ssram shadowing: on
Operation Statistics:
Entries inserted: 0000000000000024
Entries deleted: 0000000000000005
Entries compressed: 0000000000000000
Blocks inserted: 0000000000000018
Blocks deleted: 0000000000000004
Blocks compressed: 0000000000000000
Blocks shuffled: 0000000000000002
Blocks deleted for exception: 0000000000000000
Direct h/w modifications: 0000000000000000
 
Background Task Statistics:
Consistency Check count: 0000000000014066
Consistency Errors: 0000000000000000
SSRAM Consistency Errors: 0000000000000000
Sanity Check count: 0000000000002855
Sanity Check Errors: 0000000000000000
Compression count: 0000000000004621
 
Exception Handling status : on
L3 Hardware switching status : on
Fatal Error Handling Status : Reset
Fatal Errors: 0000000000000000
Fatal Error Recovery Count: 0000000000000000
 
SSRAM ECC error summary:
Uncorrectable ecc entries : 0
Correctable ecc entries : 0
Packets dropped : 0
Packets software switched : 0
 
FIB SSRAM Entry status
----------------------
Key: UC - Uncorrectable error, C - Correctable error
SSRAM banks : Bank0 Bank1
No ECC errors reported in FIB SSRAM.

show mls cef inconsistency

一貫性チェッカー情報を表示するには、 show mls cef inconsistency コマンドを使用します。

show mls cef inconsistency [ module num | now | records ] [ detail ] [ module num ]

 
シンタックスの説明

module num

(任意)指定されたモジュールの不一致情報を表示します

now

(任意)一貫性チェックを実行し、問題があれば表示します。

records

(任意) 不一致の記録 を表示します。

detail

(任意)ハードウェア エントリの詳細を表示します。

module num

(任意) 特定のモジュールの隣接ノード情報 を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mls cef inconsistency コマンドを引数なしで入力すると、次の情報が表示されます。

一貫性チェック カウント

TCAM 一貫性チェック エラー

SSRAM 一貫性チェック エラー

次に、一貫性チェッカーに関する情報を 表示 する例を示します。

Router# show mls cef inconsistency
Consistency Check Count : 81
TCAM Consistency Check Errors : 0
SSRAM Consistency Check Errors : 0
Router#
 

次に、特定のモジュールの一貫性チェッカー情報を 表示 する例を示します。

Router# show mls cef inconsistency module 7
Consistency Check Count : 11033
TCAM Consistency Check Errors : 0
SSRAM Consistency Check Errors : 0
Router#
 

次に、一貫性チェックを実行し、問題があれば表示する例を示します。

Router# show mls cef inconsistency now
Performing TCAM check now ...done
No. of FIB TCAM Consistency Check Errors : 0
Performing SSRAM check now ...done
No. of FIB SSRAM Consistency Check Errors : 0
 
Router#
 

次に、 一貫性の記録 を表示する例を示します。

Router# show mls cef inconsistency records
Consistency Check Count : 11044
TCAM Consistency Check Errors : 0
SSRAM Consistency Check Errors : 0
 
Router#

show mls cef ip

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを表示するには、 show mls cef ip コマンドを使用します。

show mls cef ip [ prefix [ mask-length ]] [ detail ] [ module number ]

show mls cef ip accounting per-prefix

show mls cef ip { lookup ...} | { multicast tcam ...} | { rpf ...} | { vpn ...} | { vrf ...}

 
シンタックスの説明

prefix

(任意) A.B.C.D のフォーマットによるエントリのプレフィクス

mask-length

(任意) マスクの長さ。有効値は 0 ~ 32 です。

detail

(任意)ハードウェア エントリの詳細を表示します。

module number

(任意)特定のモジュールのエントリを表示します。

accounting per-prefix

統計情報の収集のために設定されたプレフィクスをすべて表示します。

lookup ...

指定された宛先 IP ユニキャスト アドレスの TCAM エントリ インデックスを表示します。 show mls cef lookup コマンドを参照してください。

multicast tcam ...

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを、コンパクト CEF テーブル表示フォーマットで表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

rpf ...

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の RPF ハードウェア情報を表示します。 show mls cef rpf コマンドを参照してください。

vpn ...

(任意) VPN ID CEF テーブルの情報を表示します。 詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

vrf ...

VPN インスタンス CEF テーブルに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドの詳細については、 show mls cef ip multicast tcam コマンドの項を参照してください。

... は、追加情報があることを示します。

vpn キーワードはエキスパート ユーザ向けであり、マニュアルに記載されていません。

show mls cef ip コマンド出力の情報は、 show mls cef コマンドの出力にも表示されます。

検索は「最長プレフィクス一致」として実行され、指定された宛先 IP アドレスに適用される TCAM エントリ インデックスが表示されます。

情報は、インデックス、プレフィクス、マスク、隣接のフォーマットで出力されます。

次に、 show mls cef コマンドと show mls cef ip コマンドが同一となる例を示します。

Router# show mls cef
 
Codes: decap - Decapsulation, + - Push Label
Index Prefix Adjacency
64 127.0.0.51/32 punt
65 127.0.0.0/32 punt
66 127.255.255.255/32 punt
67 1.1.1.100/32 punt
68 1.1.1.0/32 punt
69 1.1.1.255/32 punt
70 2.2.2.100/32 punt
71 2.2.2.0/32 punt
72 2.2.2.255/32 punt
73 2.2.2.5/32 Gi5/2, 0000.c005.0205
74 0.0.0.0/32 punt
75 255.255.255.255/32 punt
76 200.1.22.22/32 punt
77 200.0.0.0/32 punt
78 200.255.255.255/32 punt
79 200.1.1.153/32 Vl30, 0050.808b.8200
81 200.1.1.91/32 Vl30, 0004.4eef.8800
82 200.1.1.100/32 Vl30, 00d0.bb02.0400
83 200.12.223.3/32 Vl30, 00d0.061b.7000
84 200.2.5.3/32 Vl30, 00d0.061d.200a
85 200.1.1.101/32 Vl30, 0007.ecfc.e40a
86 200.0.100.1/32 Vl30, 0050.2a8d.700a
87 200.1.1.104/32 Vl30, 0050.0f2d.ac00
88 223.255.254.226/32 Vl30, 0050.2a8d.700a
89 2.2.2.7/32 Gi5/2, 0000.c005.0207
90 1.1.1.5/32 Gi5/1, 0000.0101.0105
3200 224.0.0.0/24 punt
3201 1.1.1.0/24 punt
3202 2.2.2.0/24 punt
134400 200.0.0.0/8 punt
134432 0.0.0.0/0 drop
524256 0.0.0.0/0 drop
Router#
 

次に、MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブルの IP エントリをすべて表示する例を示します。

Router# show mls cef ip
 
Codes: decap - Decapsulation, + - Push Label
Index Prefix Adjacency
64 127.0.0.51/32 punt
65 127.0.0.0/32 punt
66 127.255.255.255/32 punt
67 1.1.1.100/32 punt
68 1.1.1.0/32 punt
69 1.1.1.255/32 punt
70 2.2.2.100/32 punt
71 2.2.2.0/32 punt
72 2.2.2.255/32 punt
73 2.2.2.5/32 Gi5/2, 0000.c005.0205
74 0.0.0.0/32 punt
75 255.255.255.255/32 punt
76 200.1.22.22/32 punt
77 200.0.0.0/32 punt
78 200.255.255.255/32 punt
79 200.1.1.153/32 Vl30, 0050.808b.8200
81 200.1.1.91/32 Vl30 0004.4eef.8800
82 200.1.1.100/32 Vl30 00d0.bb02.0400
83 200.12.223.3/32 Vl30 00d0.061b.7000
84 200.2.5.3/32 Vl30 00d0.061d.200a
85 200.1.1.101/32 Vl30 0007.ecfc.e40a
86 200.0.100.1/32 Vl30 0050.2a8d.700a
87 200.1.1.104/32 Vl30 0050.0f2d.ac00
88 223.255.254.226/32 Vl30 0050.2a8d.700a
89 2.2.2.7/32 Gi5/2 0000.c005.0207
90 1.1.1.5/32 Gi5/1 0000.0101.0105
3200 224.0.0.0/24 punt
3201 1.1.1.0/24 punt
3202 2.2.2.0/24 punt
134400 200.0.0.0/8 punt
134432 0.0.0.0/0 drop
524256 0.0.0.0/0 drop
Router#
 

表 2-81 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-81 show mls cef ip コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Index

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル エントリのインデックスです。最大エントリ数は 256,000 です。

Prefix

エントリのプレフィクス アドレス/マスク

Adjacency

隣接情報

次に、詳細な MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブルのエントリを表示する例を示します。

Router# show mls cef ip 127.0.0.52 detail
 
Codes: M - mask entry, V - value entry, A - adjacency index, P - priority bit
D - full don't switch, m - load balancing modnumber, B - BGP Bucket sel
V0 - Vlan 0,C0 - don't comp bit 0,V1 - Vlan 1,C1 - don't comp bit 1
RVTEN - RPF Vlan table enable, RVTSEL - RPF Vlan table select
Format: IPV4_DA - (8 | xtag vpn pi cr recirc tos prefix)
Format: IPV4_SA - (9 | xtag vpn pi cr recirc prefix)
M(194 ): E | 1 FFF 0 0 0 0 255.255.255.255
V(194 ): 8 | 1 0 0 0 0 0 127.0.0.52 (A:133120 ,P:1,D:0,m:0 ,B:0)
Router#
 

次に、統計情報の収集のために設定されたプレフィクスをすべて表示する例を示します。

Router# show mls cef ip accounting per-prefix
VRF Prefix/Mask Packets Bytes
 
A - Active, I - Inactive
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mls cef

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル エントリを表示します。

 

show mls cef ip multicast

スイッチ プロセッサ上のマルチレイヤ スイッチング(MLS)ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを表示するには、 show mls cef ip multicast コマンドを使用します。

show mls cef ip multicast { bidir | grp-only | source source-ip } [ detail | group group-id | vlan rpf-vlanid ]

show mls cef ip multicast control [ detail | prefix prefix | vlan rpf-vlanid ]

show mls cef ip multicast group group-id [ detail | vlan rpf-vlanid ]

show mls cef ip multicast src-grp [ detail | group group-ip | source | vlan rpf-vlanid ]

show mls cef ip multicast subnet [ detail | prefix prefix | vlan rpf-vlanid ]

show mls cef ip multicast summary [ vpn-num ]

show mls cef ip multicast tcam [ prefix [ mask ]] [ detail ] [ module num ] [ vrf src-ip { src-port | dst-ip } [ dst-port | module num ]]

show mls cef ip multicast { grp-mask | vlan rpf-vlanid | vpn vpn-id } [ detail ]

 
シンタックスの説明

bidir

Bidir 情報を表示します。

grp-only

(*,G)ショートカットに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

source source-ip

指定された送信元 IP アドレスに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。

detail

(任意)ハードウェア エントリの詳細を表示します。

group group-id

(任意)指定されたグループ IP アドレスに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。

vlan rpf-vlanid

(任意)特定の RPF VLAN ID の情報を表示します。有効値は 0 ~ 4095 です。

control

(任意)(*,G/m)エントリに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

prefix prefix

(任意)IP サブネット プレフィクスに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。

src-grp

(S,G)ショートカットに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

subnet

(S/m,*)ショートカットに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

summary

導入済みのハードウェア ショートカットのサマリーを表示します。

tcam

CEF テーブル情報をコンパクト フォーマットで表示します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

mask

(任意)指定されたサブネット マスクに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。

vrf src-ip

(任意)指定された送信元 IP アドレスの数値 VRF ID を表示します。

src-port

(任意)レイヤ 4 送信元ポート。 有効値は 0 ~ 65,535 です

dst-ip

(任意)宛先 IP アドレス。

dst-port

(任意)レイヤ 4 宛先ポート。 有効値は 0 ~ 65,535 です

grp-mask

Bidir(*,G/m)ショートカットに基づくハードウェア エントリ情報を表示します。

vpn vpn-id

指定された VPN ID に基づくハードウェア エントリ情報を表示します。有効値は 0 ~ 4095 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

MMLS モードには入力と出力の 2 つがあります。表示される出力はモードごとに異なります。

ハードウェア エントリのタイプは次のとおりです。

{S/m,*}:直接接続された送信元のキャッチに使用するインターフェイス/マスク(またはサブネット)エントリ

{*,G/m}:ルート プロセッサによってグループ/マスクとして提供されるグループ

{G,C}:G は IP マルチキャスト アドレスに基づく宛先 MAC アドレスを示し、C は入力 VLAN を示します。

{S,G,C}:S は送信元 IP アドレスを示し、G はマルチキャスト アドレスである宛先 IP アドレスを示し、C は通常、フローの RPF VLAN である入力 VLAN を示します。

{S,G}:ソフトウェアにより保持されるマルチキャスト ルーティング テーブル エントリ、または FIB テーブル内で作成されるマルチキャスト転送テーブル エントリです。

{*,G}:送信元アドレスがワイルドカードであることを除き、{S,G} と同じです。

DF インデックス フィールドは 1 ~ 4 の範囲で、アクセプタンス(PIM ルート プロセッサ× DF)テーブルへのインデックスです。アクセプタンス テーブルは DF 転送で使用され、一連の DF インターフェイスを VPN 内の各 4 つの RP について特定するために使用されます。

次に、Bidir(*,G/m)ショートカットに基づく入力ハードウェア エントリの情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast grp-mask
 
Multicast CEF Entries for VPN#0
Flags: R - Control, S - Subnet, B - Bidir, C - Complete, P - Partial,
c - Central Rewrite, p - Primary Input, r - Recirculation
Source/mask Destination/mask RPF/DF Flags #packets #bytes rwindex Output Vlans/Info
+-------------------+-------------------+-------+-----+-------------+------------------+--------+------------------------------+
* 226.2.2.0/24 Df0 BCp 0 0 - Vl50 [1 oifs]
* 225.2.2.0/24 Df1 BCp 0 0 - Vl51 [1 oifs]
* 227.2.2.0/24 Df1 BCp 0 0 - Vl51 [1 oifs]
Found 3 entries. 3 are mfd entries
Router#
 

次に、Bidir(*,G/m)ショートカットに基づく入力ハードウェア エントリの詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast grp-mask detail
(*, 226.2.2.0/24)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:0 AdjPtr:7,32775,65543,98311 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x100
rwvlans:0 rwindex:0x0 adjmac:0006.d606.e240 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1518 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x5
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0005
V E C: 50 I:0x00449
 
(*, 225.2.2.0/24)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:1 AdjPtr:8,32776,65544,98312 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x102
rwvlans:0 rwindex:0x0 adjmac:0006.d606.e240 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1518 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x6
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0006
V E C: 51 I:0x0044B
 
(*, 227.2.2.0/24)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:1 AdjPtr:19,32787,65555,98323 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x104
rwvlans:0 rwindex:0x0 adjmac:0006.d606.e240 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1518 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x7
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0007
V E C: 51 I:0x0044B
 
Found 3 entries. 3 are mfd entries
Router#
 

次に、入力 Bidir 情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast bidir
 
Multicast CEF Entries for VPN#0
Flags: R - Control, S - Subnet, B - Bidir, C - Complete, P - Partial,
c - Central Rewrite, p - Primary Input, r - Recirculation
Source/mask Destination/mask RPF/DF Flags #packets #bytes rwindex Output Vlans/Info
+-------------------+-------------------+-------+-----+-------------+------------------+--------+------------------------------+
* 225.2.2.2/32 Df1 BCp 0 0 - Vl51,Vl30 [2 oifs]
* 225.2.2.1/32 Df1 BCp 0 0 - Vl51,Vl30 [2 oifs]
Found 2 entries. 2 are mfd entries
Router#
 

次に、入力 Bidir の詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast bidir detail
 
(*, 225.2.2.2)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:1 AdjPtr:10,32778,65546,98314 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xE2
rwvlans:0 rwindex:0x0 adjmac:0006.d606.e240 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1518 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0xA
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x000A
V C: 51 I:0x004B5 P->19A0
- V
V E C: 30 I:0x0049B
 
(*, 225.2.2.1)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:1 AdjPtr:9,32777,65545,98313 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xE0
rwvlans:0 rwindex:0x0 adjmac:0006.d606.e240 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1518 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x8
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0008
V C: 51 I:0x004B1 P->199C
- V
V E C: 30 I:0x00499
 
Found 2 entries. 2 are mfd entries
Router#
 

次に、Bidir(*,G/m)ショートカットに基づく出力ハードウェア エントリの情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast grp-mask
 
Multicast CEF Entries for VPN#0
Flags: R - Control, S - Subnet, B - Bidir, C - Complete, P - Partial,
c - Central Rewrite, p - Primary Input, r - Recirculation
Source/mask Destination/mask RPF/DF Flags #packets #bytes rwindex Output Vlans/Info
+-------------------+-------------------+-------+-----+-------------+------------------+--------+------------------------------+
* 225.2.2.0/24 Df0 BCp 0 0 -
* 225.2.2.0/24 - Bpr 0 0 0x4AE Vl51 [1 oifs]
* 225.2.2.0/24 - Br 0 0 0x40E Vl51 [1 oifs]
* 226.2.2.0/24 Df1 BCp 0 0 -
* 226.2.2.0/24 - Bpr 0 0 0x4AE Vl50 [1 oifs]
* 226.2.2.0/24 - Br 0 0 0x40E Vl50 [1 oifs]
* 227.2.2.0/24 Df0 BCp 0 0 -
* 227.2.2.0/24 - Bpr 0 0 0x4AE Vl51 [1 oifs]
* 227.2.2.0/24 - Br 0 0 0x40E Vl51 [1 oifs]
Found 3 entries. 3 are mfd entries
Router#
 

次に、Bidir(*,G/m)ショートカットに基づく出力ハードウェア エントリの詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast grp-mask detail
(*, 225.2.2.0/24)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:0 AdjPtr:7,32775,65543,98311 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x120
rwvlans:0 rwindex:0x0 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:recir l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:RECIR
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
 
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:8,32776,65544,98312 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x122
rwvlans:0 rwindex:0x4AE adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:1 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x5
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0005
V E C: 51 I:0x0044C
 
PI:0 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:9,32777,65545,98313 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x124
rwvlans:0 rwindex:0x40E adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x5
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0005
V E C: 51 I:0x0044C
 
(*, 226.2.2.0/24)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:1 AdjPtr:10,32778,65546,98314 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x126
rwvlans:0 rwindex:0x0 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:recir l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:RECIR
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
 
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:11,32779,65547,98315 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x128
rwvlans:0 rwindex:0x4AE adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:1 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x1C
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x001C
V E C: 50 I:0x00447
 
PI:0 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:12,32780,65548,98316 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x12A
rwvlans:0 rwindex:0x40E adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x1C
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x001C
V E C: 50 I:0x00447
 
(*, 227.2.2.0/24)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:0 AdjPtr:13,32781,65549,98317 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x12C
rwvlans:0 rwindex:0x0 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:recir l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:RECIR
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
 
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:14,32782,65550,98318 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x12E
rwvlans:0 rwindex:0x4AE adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:1 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x1D
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x001D
V E C: 51 I:0x0044C
 
PI:0 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:15,32783,65551,98319 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0x130
rwvlans:0 rwindex:0x40E adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x1D
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x001D
V E C: 51 I:0x0044C
 
Found 3 entries. 3 are mfd entries
Router#
 

次に、出力 Bidir 情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast bidir
 
Multicast CEF Entries for VPN#0
Flags: R - Control, S - Subnet, B - Bidir, C - Complete, P - Partial,
c - Central Rewrite, p - Primary Input, r - Recirculation
Source/mask Destination/mask RPF/DF Flags #packets #bytes rwindex Output Vlans/Info
+-------------------+-------------------+-------+-----+-------------+------------------+--------+------------------------------+
* 225.2.2.2/32 Df0 BCp 0 0 -
* 225.2.2.2/32 - Bpr 0 0 0x4AE Vl51,Vl30 [2 oifs]
* 225.2.2.2/32 - Br 0 0 0x40E Vl51,Vl30 [2 oifs]
* 225.2.2.1/32 Df0 BCp 0 0 -
* 225.2.2.1/32 - Bpr 0 0 0x4AE Vl51,Vl30 [2 oifs]
* 225.2.2.1/32 - Br 0 0 0x40E Vl51,Vl30 [2 oifs]
 
Found 2 entries. 2 are mfd entries
Router#
 

次に、出力 Bidir の詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast bidir detail
 
(*, 225.2.2.2)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:0 AdjPtr:19,32787,65555,98323 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xE6
rwvlans:0 rwindex:0x0 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:recir l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:RECIR
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
 
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:20,32788,65556,98324 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xE8
rwvlans:0 rwindex:0x4AE adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:1 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x22
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0022
V C: 51 I:0x004B3 P->24
V E C: 30 I:0x004B6
 
PI:0 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:21,32789,65557,98325 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xEA
rwvlans:0 rwindex:0x40E adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x22
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x0022
V C: 51 I:0x004B3 P->24
V E C: 30 I:0x004B6
 
(*, 225.2.2.1)
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:0 (1)
DFidx:0 AdjPtr:16,32784,65552,98320 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xE0
rwvlans:0 rwindex:0x0 rdt:0 E:0 CAP1:0
fmt:recir l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:RECIR
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
 
PI:1 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:17,32785,65553,98321 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xE2
rwvlans:0 rwindex:0x4AE adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:1 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x1E
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x001E
V C: 51 I:0x004AF P->20
V E C: 30 I:0x004B2
 
PI:0 (1) CR:0 (0) Recirc:1 (1)
AdjPtr:18,32786,65554,98322 FibRpfNf:0 FibRpfDf:0 FibAddr:0xE4
rwvlans:0 rwindex:0x40E adjmac:0006.d606.e240 rdt:1 E:0 CAP1:0
fmt:mcast l3rwvld:1 DM:0 mtu:1522 rwtype:L3 met2:0x0 met3:0x1E
packets:0000000000000 bytes:000000000000000000
Starting Offset: 0x001E
V C: 51 I:0x004AF P->20
V E C: 30 I:0x004B2
 
Found 2 entries. 2 are mfd entries
Router#
 

次に、TCAM 情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ip multicast tcam
 
Index Group Source RPF/DF Interface
64 224.0.1.39 0.0.0.0 NULL
66 224.0.1.40 0.0.0.0 NULL
96 224.0.0.0 0.0.0.0 NULL
Router#

show mls cef ipv6

ハードウェア IPv6 スイッチング テーブル エントリを表示するには、 show mls cef ipv6 コマンドを使用します。

show mls cef ipv6 [ vrf-number ] [ ip-address / mask ] [ acccounting per-prefix ] [ module number ]

show mls cef ipv6 exact-route src-addr [ L4-src-port ] dst-addr [ L4-dst-port ]

show mls cef ipv6 multicast tcam [ v6mcast-address ] [ detail ] [ internal ]

 
シンタックスの説明

vrf-number

(任意) VRF 番号。有効値は 0 ~ 4095 です。

ip-address/mask

(任意) エントリの IPv6 アドレスおよびプレフィクス マスクを指定します。フォーマットの詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

acccounting per-prefix

(任意) プレフィクス単位のアカウンティング統計情報を表示します。

module number

(任意)特定のモジュールのエントリを表示します。

exact-route src-addr

ハードウェアのロード シェアリング結果を表示するには 、送信元 IP アドレスを指定します。

L4-src-port

(任意)レイヤ 4 送信元ポート番号。有効値は 0 ~ 65,535 です

dst-addr

宛先 IP アドレス。

L4-dst-port

(任意)レイヤ 4 宛先ポート番号。有効値は 0 ~ 65,535 です。

multicast tcam

IPv6 マルチキャスト エントリを表示します。

v6mcast-address

(任意)IPv6 マルチキャスト アドレス。

detail

(任意) ハードウェアの詳細情報を表示します。

internal

(任意) 内部ハードウェア情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを入力できるのは、スーパーバイザ エンジンおよび MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング モジュール コンソール上だけです。このコマンドを入力するには、 remote login コマンドを入力して、スーパーバイザ エンジンへのセッションを開始します。

ip-address/mask 引数を入力する場合は、 X:X:X:X::X/ mask のフォーマットを使用します。ここでは、 mask の有効値は 0 ~ 128 です。

最大 64 の IPv6 プレフィクスがサポートされています。

ロードシェアリング モードがフルに設定されている場合、たとえば、レイヤ 4 ポートがロードシェアリング ハッシュ アルゴリズムに含まれる場合などは、 L4-src-port および L4-dst-port 引数を入力する必要があります。

次に、ハードウェア IPv6 スイッチング テーブル エントリを表示する例を示します。

Router# show mls cef ipv6
Codes:M-MPLS encap, + - Push label
Index Prefix Adjacency
524384 BEEF:6::6/128 punt
524386 5200::6/128 punt
524388 2929::6/128 punt
524390 6363::30/128 Fa1/48 , 0000.0001.0002
524392 3FFE:1B00:1:1:0:5EFE:1B00:1/128 punt
524394 2002:2929:6:2::6/128 punt
524396 2002:2929:6:1::6/128 punt
524398 6363::6/128 punt
524416 BEEF:6::/64 drop
524418 5200::/64 punt
524420 2929::/64 punt
524422 2002:2929:6:2::/64 punt
524424 2002:2929:6:1::/64 punt
524426 6363::/64 punt
524428 3FFE:1B00:1:1::/64 Tu4 , V6 auto-tunnel
524448 FEE0::/11 punt
524480 FE80::/10 punt
524512 FF00::/8 punt
524544 ::/0 drop
Router#
 

次に、IPv6 エントリを特定の IPv6 アドレスおよびマスクについて表示する例を示します。

Router# show mls cef ipv6 2001:4747::/64
 
Codes:R - Recirculation, I-IP encap
M-MPLS encap, + - Push label
Index Prefix Out i/f Out Label
160 2001:4747::/64 punt
Router#
 

次に、プレフィクス単位の統計情報を利用できる IPv6 FIB エントリをすべて表示する例を示します。

Router# show mls cef ipv6 accounting per-prefix
(I) BEEF:2::/64: 0 packets, 0 bytes

A - Active, I - Inactive
Router#
 

次に、ハードウェアの詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef ipv6 detail
 
Codes: M - mask entry, V - value entry, A - adjacency index, P - FIB Priority
D - FIB Don't short-cut, m - mod-num
Format: IPv6_DA - (C | xtag vpn uvo prefix)
M(128 ): F | 1 FF 1 FFFF:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF:FFFF
V(128 ): C | 1 0 1 2001:4747::1253 (A:12 ,P:1,D:0,m:0 )
M(160 ): F | 1 FF 1 FFFF:FFFF:FFFF:FFFF::
V(160 ): C | 1 0 1 2001:4747:: (A:11 ,P:1,D:0,m:0 )
M(224 ): F | 1 FF 1 FFE0::
V(224 ): C | 1 0 1 FEE0:: (A:11 ,P:1,D:0,m:0 )
M(256 ): F | 1 FF 1 FFC0::
V(256 ): C | 1 0 1 FE80:: (A:12 ,P:1,D:0,m:0 )
M(352 ): F | 1 FF 1 FF00::
V(352 ): C | 1 0 1 FF00:: (A:12 ,P:1,D:0,m:0 )
M(480 ): F | 1 FF 1 ::
V(480 ): C | 1 0 1 :: (A:14 ,P:1,D:0,m:0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls ipv6 acl compress address unicast

IPv6 のアドレスの圧縮をオンにします。

 

show mls cef logging

  • TCAM 不一致バッファの内容を表示するには、 show mls cef logging コマンドを表示します。

show mls cef logging [ module num ]

 
シンタックスの説明

module num

(任意)特定のモジュールのエントリを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

TCAM 不一致バッファは、TCAM で見つかった不一致をすべて記録します。

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングは IP トラフィックだけに適用されます。

次に、TCAM 不一致バッファの内容を表示する例を示します。

Router# show mls cef logging

PFIB_ERR:TCAM_SHADOW_CONSISTENCY_ERR:value : Index: 100
Expected: 0 -0 -0
Hardware: 5 -1020304 -0
PFIB_ERR:TCAM_SHADOW_CONSISTENCY_ERR:Mask : Index: 3
Expected: 4 -0 -0
Hardware: 6 -FFF00000-0
Router#
 

show mls cef lookup

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを、指定された宛先 IP アドレスについて表示するには、 show mls cef lookup コマンドを使用します。

show mls cef [ ip ] lookup address [ detail ] [ module number ]

 
シンタックスの説明

ip

(任意)MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを 表示 します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

address

A.B.C.D フォーマット の IP アドレス

detail

(任意)ハードウェア エントリの詳細を表示します。

module number

(任意)特定のモジュールのエントリを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

検索は「最長プレフィクス一致」として実行され、指定された宛先 IP アドレスに適用される TCAM エントリ インデックスが表示されます。

情報は、インデックス、プレフィクス、マスク、隣接のフォーマットで出力されます。

show mls cef lookup ip コマンドと show mls cef lookup コマンドの出力は同じです。

次に、特定の IPv4 ユニキャスト アドレスに適用される最長プレフィクス一致を表示する例を示します。

Router# show mls cef lookup 224.0.0.0
 
Codes: decap - Decapsulation, + - Push Label
Index Prefix Adjacency
3200 224.0.0.0/24 punt
Router#

show mls cef maximum-routes

現在の最大ルート システム コンフィギュレーションを表示するには、 show mls cef maximum-routes コマンドを使用します。

show mls cef maximum- routes

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ユーザが mls cef maximum-routes コマンドを入力してコンフィギュレーションを変更する場合、 show mls cef maximum-routes コマンドの出力に次の追加フィールドが表示されます。

User configured:実行したコンフィギュレーションの変更が表示されます。

Upon reboot:システム リブート後のコンフィギュレーションを表示します。

これらのフィールドは、 mls cef maximum-routes コマンドを入力した後、( copy system:running-config nvram: startup-config コマンドを使用して)変更を保存しなかった場合に表示されます。詳細については、「例」を参照してください。

次に、 mls cef maximum-routes コマンドを入力したあと、( copy system:running-config nvram: startup-config コマンドで)変更を保存し、システムを再起動する例を示します。

Router# show mls cef maximum-routes
FIB TCAM maximum routes :
=======================
Current :-
-------
IPv4 - 1k (default)
MPLS - 239k
IPv6 + IP Multicast - 8k (default)
Router#
 

次に、 mls cef maximum-routes コマンドの入力後に、変更を保存しなかった場合の出力例を示します。

Router# show mls cef maximum-routes
FIB TCAM maximum routes :
=======================
Current :-
-------
IPv4 - 1k (default)
MPLS - 239k
IPv6 + IP Multicast - 8k (default)
User configured :-
---------------
IPv4 + MPLS - 192k (default)
IPv6 + IP multicast - 32k (default)
Upon reboot :-
-----------
IPv4 - 1k (default)
MPLS - 239k
IPv6 + IP multicast - 8k (default)
Router#
 

次に、コンフィギュレーションの変更を行って( copy system:running-config nvram: startup-config コマンドで)変更を保存した場合の出力例を示します。

Router# show mls cef maximum-routes
FIB TCAM maximum routes :
=======================
Current :-
-------
IPv4 - 1k (default)
MPLS - 239k
IPv6 + IP Multicast - 8k (default)
User configured :-
---------------
IPv4 + MPLS - 192k (default)
IPv6 + IP multicast - 32k (default)
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy system:running-config nvram:startup-config

設定を NVRAM に保存します。

mls cef maximum-routes

プロトコル単位でハードウェアにプログラミング可能な最大ルート数を制限します。

 

show mls cef mpls

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の MPLS エントリを表示するには、 show mls cef mpls コマンドを使用します。

show mls cef mpls [ detail ] [ internal ] [ labels value ] [ module number ] [ vpn instance ] [ vrf instance ]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)ハードウェア エントリの詳細を表示します。

internal

(任意)内部 CEF エントリを表示します。

labels value

(任意)特定のラベルのエントリを表示します。有効値は 0 ~ 1,048,575 です。

module number

(任意)特定のモジュールのエントリを表示します。

vpn instance

(任意)特定の VPN インスタンスの VPN MPLS テーブル エントリを表示します。有効値は 0 ~ 4095 です。

vrf instance-name

(任意)特定の VRF の MPLS CEF テーブル エントリを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、MPLS エントリを表示する例を示します。

Router# show mls cef mpls
 
Codes: + - Push label, - - Pop Label * - Swap Label
Index Local Label Out i/f
Label Op
Router#

show mls cef rpf

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の RPF ハードウェアに関する情報を表示するには、 show mls cef rpf コマンドを使用します。

show mls cef [ ip ] rpf [ ip-address ] [ module num ]

 
シンタックスの説明

ip

(任意)MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内の IP エントリを 表示 します。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

ip-address

(任意) IP アドレス

module num

(任意)特定のモジュールのエントリを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mls cef ip rpf コマンドを引数なしで入力すると、RPF グローバル モード ステータスが表示されます。

show mls cef ip rpf コマンドと show mls cef rpf コマンドの出力は同じです。

次に、RPF グローバル モードのステータスを表示する例を示します。

Router# show mls cef rpf
 
RPF global mode: not enabled
Router#
 

次に、特定の IP アドレスの RPF 情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef rpf 10.100.0.0
RPF information for prefix 10.100.0.0/24
uRPF check performed in the hardware for interfaces :
GigabitEthernet1/1
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls ip cef rpf multipath

RPF モードを設定します。

 

show mls cef statistics

スイッチングされたパケット数およびバイト数を表示するには、 show mls cef statistics コマンドを使用します。

show mls cef statistics [ module number ]

 
シンタックスの説明

module number

(任意)特定のモジュールの情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングの統計情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef statistics
 
Total CEF switched packets: 0000000000000000
Total CEF switched bytes: 0000000000000000
Router#

show mls cef summary

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内のルート数を、すべてのプロトコルについて表示するには、 show mls cef summary コマンドを使用します。

show mls cef summary [ module number ]

 
シンタックスの説明

module number

(任意)特定のモジュールの情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内のプレフィクス数は、IPv4 と IPv6 ユニキャスト、IPv4 マルチキャスト、MPLS、および EoM ルートのそれぞれの数を示します。

次に、MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング情報のサマリーを表示する例を示します。

Router# show mls cef summary
Total routes: 80385
IPv4 unicast routes: 42
IPv4 Multicast routes: 5
MPLS routes: 0
IPv6 unicast routes: 2
EoM routes: 0
Router#
 

表 2-82 に、 show mls cef summary コマンド出力に含まれるフィールドの説明を示します。

 

表 2-82 show mls cef summary コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

Total MLS-hardware Layer 3-switching switched packets

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング エンジンにより転送された MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチングのパケット数

Total MLS-hardware Layer 3-switching switched bytes

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング エンジンにより転送されたバイト数

Total routes

ルート エントリ数

IP unicast routes

IP ユニキャスト ルート エントリ数

IPX routes

IPX ルート エントリ数

IP multicast routes

IP マルチキャスト ルート エントリ数

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mls cef

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル エントリを表示します。

 

show mls cef vrf

特定の VRF 名に対する VRF インスタンス CEF テーブルに関する情報を表示するには、 show mls cef vrf コマンドを使用します。

show mls cef vrf instance-name [ prefix ] [ detail ] [ lookup ip-address ] [ module num ] [ rpf [ ip-address ]]

 
シンタックスの説明

instance-name

VRF 名。有効値は 0 ~ 4095 です。

prefix

(任意)表示するエントリのプレフィクス

detail

(任意)ハードウェア エントリの詳細を表示します。

lookup ip-address

(任意)指定されたアドレスの最長プレフィクス一致ルックアップ エントリを表示します。

module num

(任意)特定のモジュールのエントリを表示します。

rpf ip-address

(任意)指定した IP アドレスの情報に対する uRPF チェック情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mls cef ip コマンドは、デフォルト VRF の CEF エントリを表示します。特定の(デフォルトではない)VRF エントリを表示するには、 show mls cef [ ip ] vrf vrf-name コマンドを使用します。

次に、特定の VRF 名に対する VRF の CEF テーブルに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls cef vrf vpn-1
 
Codes: decap - Decapsulation, + - Push Label
Index Prefix Adjacency
64 0.0.0.0/32 receive
65 255.255.255.255/32 receive
280 7.50.27.1/32 receive
281 7.50.27.0/32 receive
282 7.50.27.255/32 receive
298 2.1.1.1/32 receive
299 2.1.1.0/32 receive
300 2.1.1.255/32 receive
656 2.1.99.1/32 receive
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mls cef ip

MLS ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブルの IP エントリを表示します。

 

show mls df-table

DF テーブルに関する情報を表示するには、 show mls df-table コマンドを使用します。

show mls df-table start-vlan end-vlan

 
シンタックスの説明

start-vlan

VLAN ID 範囲の開始 ID。有効値は 1 ~ 4094 です。

end-vlan

VLAN ID 範囲の終了 ID。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

スイッチ プロセッサ--EXEC(Switch-sp#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

出力の意味は、次のとおりです。

1 は DF がイネーブルであることを示します。

0 は DF がディセーブルであることを示します。

次に、DF テーブルの内容を一連の VLAN について表示する例を示します。

Switch-sp# show mls df-table 201 212
TYCHO FIB DF Table
 
vlan df_index
3 2 1 0
-----+----------
201 1 1 1 1
202 1 1 1 1
203 1 1 1 1
204 1 1 1 1
205 1 1 1 1
206 1 1 1 1
207 1 1 1 1
208 1 1 1 1
209 1 1 1 1
210 1 1 1 1
211 1 1 1 1
212 1 1 1 1
Switch-sp#
 

show mls ip

MLS IP 情報を表示するには、 show mls ip コマンドを使用します。

show mls ip [ any | destination { hostname | ip-address } | detail | flow { tcp | udp } | { vlan vlan-id } | { macd destination-mac-address } | { macs source-mac-address } | { module number } | source { hostname | ip-address } | count | static ]

show mls { ipv6 | mpls }

 
シンタックスの説明

any

(任意)すべての MLS IP 情報を表示します。

destination hostname

(任意)特定の宛先ホスト名のエントリを表示します。

destination ip-address

(任意)特定の宛先 IP アドレスのエントリを表示します。

detail

(任意)詳細出力を指定します。

flow

(任意)フロー タイプを指定します。

tcp | udp

フロー タイプを選択します。

vlan vlan-id

(任意)VLAN ID を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

macd destination-mac-address

(任意)宛先 MAC アドレスを指定します。

macs source- mac-address

(任意)送信元 MAC アドレスを指定します。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

source hostname

(任意)特定の送信元アドレスのエントリを表示します。

source ip-address

(任意)特定の送信元 IP アドレスのエントリを表示します。

count

(任意)MLS エントリの総数を表示します。

static

(任意)スタティック エントリの総数を表示します。

ipv6

IPv6 エントリの総数を表示します。

mpls

MPLS エントリの総数を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。この定義は、 module number キーワードおよび引数にも適用されます。

出力を参照するときは、フィールド区切りにコロン(:)が使用されていることに注意してください。

次に、MLS IP 情報をすべて表示する例を示します。

Router# show mls ip any
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
0.0.0.0 0.0.0.0 0 :0 :0 0 : 0x0
82 3772 1329 20:46:03 L3 - Dynamic
Router#
 

次に、特定の IP アドレスの MLS 情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip destination 172.20.52.122
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Dst i/f:DstMAC Pkts Bytes
-----------------------------------------------------------------------
SrcDstPorts SrcDstEncap Age LastSeen
----------------------------------------
172.20.52.122 0.0.0.0 5 : 00e0.4fac.b3ff 684 103469
Fa5/9,Fa5/9 ARPA,ARPA 281 07:17:02
 
Number of Entries Found = 1
Router#
 

次に、特定のフロー タイプの MLS 情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip flow udp
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
0.0.0.0 0.0.0.0 0 :0 :0 0 : 0x0
78 3588 1259 20:44:53 L3 - Dynamic
Router#
 

次に、MLS の詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
 
Mask Pi R CR Xt Prio Dsc IP_EN OP_EN Pattern Rpf FIN_RDT FIN/RST
----+--+-+--+--+----+---+-----+-----+-------+---+-------+-------
Ig/acli Ig/aclo Ig/qosi Ig/qoso Fpkt Gemini MC-hit Dirty Diags
-------+-------+-------+-------+----+------+------+-----+------
 
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
127.0.0.19 127.0.0.16 udp :68 :67 1009: 0x0
72 3312 1170 20:43:24 L3 - Dynamic
0 1 0 0 1 0 0 1 1 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0
0x0 0 0 0 NO 64 NO NO
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls ip

インターフェイス上で内部ルータの MLS IP をイネーブルにします。

show mls netflow ip

ハードウェア NetFlow IP に関する情報を表示します。

 

show mls ip cef rpf-table

RPF CEF テーブルの設定を表示するには、 show mls ip cef rpf-table コマンドを使用します。

show mls ip cef rpf-table

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、RPF CEF テーブル エントリを表示する例を示します。

Router# show mls ip cef rpf-table
----------------------------------------------------------------------------
172.10.10.0/24 [0] Fa2/1, Fa2/2, Fa2/3, Fa2/4
172.10.20.0/24
172.10.30.0/24
10.10.0.0/16 [1] Gi1/1, Gi1/2
10.20.0.0/16
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls ip cef rpf interface-group

RPF-VLAN テーブルでインターフェイス グループを定義します。

 

show mls ip multicast

MLS IP 情報を表示するには、 show mls ip multicast コマンドを使用します。

show mls ip multicast [{ capability [ module num ]} | connected | group } {{ hostname | ip-address } [ ip-mask ]} | { interface { interface interface-number }} | { module number } | mdt | { source { hostname | ip-address }} | statistics | summary ]

show mls ip multicast consistency-check [ mroute-mlsm | { rp-sp [ log [ clear ] | statistics ]}]

 
シンタックスの説明

capability

マルチキャスト レプリケーション機能に関する情報を表示します。

module num

(任意)モジュール番号を指定します。

connected

(任意)搭載されているインターフェイス エントリまたはマスク エントリを表示します。

group

(任意)特定のマルチキャスト グループ アドレスのエントリを表示します。

hostname

グループ IP ホスト名

ip-address

グループ IP アドレス

ip-mask

(任意)グループ IP アドレスの IP マスク

interface

(任意)インターフェイスを指定します。

interface

インターフェイス タイプ。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

mdt

(任意)ハードウェア アクセラレーション MDT 情報を表示します。

source hostname

(任意)特定の送信元アドレスのエントリを表示します。

source ip-address

(任意)特定の送信元 IP アドレスのエントリを表示します。

statistics

(任意)マルチキャスト エントリからの統計情報を表示します。

summary

(任意)マルチキャスト エントリからの統計情報のサマリーを表示します。

consistency-check

一貫性チェッカー情報を表示します。

mroute-mlsm

(任意)mroute/MLSM 一貫性チェッカー情報を表示します。

rp-sp

(任意)ルート プロセッサ/スイッチ プロセッサ一貫性チェッカー情報を表示します。

log

(任意)検出され修正された不整合のログを表示します。

clear

(任意)不整合ログをクリアします。

statistics

(任意)チェックされたプレフィクスの統計を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。これらの有効値は、 module number キーワードおよび引数を入力するときにも適用されます。

出力を参照するときは、フィールド区切りにコロン(:)が使用されていることに注意してください。

次に、一般的な MLS IP マルチキャスト情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast
Multicast hardware switched flows:
(*, 224.1.1.1) Incoming interface: Vlan0, Packets switched: 0
Hardware switched outgoing interfaces: Vlan202
RPF-MFD installed
Total hardware switched flows : 1
Router#
 

次に、MLS 情報のサマリーを表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast summary
1 MMLS entries using 168 bytes of memory
Number of partial hardware-switched flows: 0
Number of complete hardware-switched flows: 1
Directly connected subnet entry install is enabled
Aggregation of routed oif is enabled
Hardware shortcuts for mvpn mroutes supported
Egress Mode of replication is enabled
Maximum route support is enabled
Router#
 

次に、特定のインターフェイスの MLS 情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast interface fastethernet 5/9
DstIP SrcIP Dst i/f:DstMAC Pkts Bytes
-----------------------------------------------------------------------
SrcDstPorts SrcDstEncap Age LastSeen
----------------------------------------
172.20.52.37 0.0.0.0 100: 00d0.5870.a4ff 1 129
Fa5/9,----- ARPA,ARPA 107 06:10:02
172.20.52.36 0.0.0.0 100 : 0050.7312.0cff 50 6403
Fa5/9,----- ARPA,ARPA 107 06:10:04
Number of Entries Found = 2
Router#
 

次に、マルチキャスト レプリケーション機能に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast capability
Current mode of replication is Ingress
auto replication mode detection is ON
 
Slot Multicast replication capability
2 Egress
5 Egress
6 Egress
8 Ingress
9 Ingress
Router#
 

次に、mroute 一貫性チェッカー ログに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast consistency-check mroute-mlsm
MMLS Consistancy checker of mroute-scan type is enabled
Inter scan period = 2 sec
Number of entry scanned = 20
Settle time = 60 sec
Storage for 1000 events (40000 bytes)
Mroute entry missed for a Shortcut : 0
Mroute entry was uneligible for a Shortcut : 0
Mroute entry rpf i/f mismatched with Shortcut : 0
Mroute oif in hw and Shortcut oif in sw : 0
Mroute oif in sw and Shortcut oif in sw : 0
Mroute oif in sw and Shortcut oif in hw : 0
Mroute #oif mismatched with Shortcut #oif : 0
.
.
.
<Output is truncated>
 

次に、検出され修正された不整合のログを表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast consistency-check rp-sp log
MLSM RP<->SP Consistency Checker Mismatch log for Table 0:
size 512 current-index 0
 
0 total used entries in log
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls ip multicast (interface configuration mode)

インターフェイス上で MLS IP ショートカットをイネーブルにします。

 

show mls ip multicast bidir

ハードウェアでスイッチングされる Bidir エントリを表示するには、 show mls ip multicast bidir コマンドを使用します。

show mls ip multicast bidir [{ group {{ hostname | ip-address } [ ip-mask ]}} | { interface { interface interface-number }} | { source { hostname | ip-address }}]

 
シンタックスの説明

group

(任意)特定のマルチキャスト グループ アドレスのエントリを表示します。

hostname

グループ IP ホスト名

ip-address

グループ IP アドレス

ip-mask

(任意)グループ IP アドレスの IP マスク

interface

(任意)インターフェイスを指定します。

interface

インターフェイス タイプ。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

source hostname

(任意)特定の送信元アドレスのエントリを表示します。

source ip-address

(任意)特定の送信元 IP アドレスのエントリを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ハードウェアでスイッチングされる Bidir エントリを表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast bidir
Multicast hardware switched flows:
(*, 226.1.4.0) Incoming interface: Vlan51, Packets switched: 0
Hardware switched outgoing interfaces: Vlan51 Vlan30
RPF-MFD installed
(*, 227.1.4.0) Incoming interface: Gi2/1, Packets switched: 0
Hardware switched outgoing interfaces: Gi2/1 Vlan30
RPF-MFD installed
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls ip multicast bidir gm-scan-interval

Bidir ランデブー ポイントの RPF スキャン インターバルを 設定 します。

 

show mls ip multicast rp-mapping

アクティブな Rendezvous Point(RP; ランデブー ポイント)への PIM-Bidir グループのマッピングを表示するには show mls ip multicast rp-mapping コマンドを使用します。

show mls ip multicast rp-mapping [ rp-address ] [ df-cache | gm-cache ]

 
シンタックスの説明

rp-address

(任意)RP のアドレス

df-cache

(任意)ハードウェアの RP マッピング キャッシュ内の DF リストに基づく情報を表示します。

gm-cache

(任意)ハードウェアの RP マッピング キャッシュ内のグループ/マスク範囲に基づく情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、アクティブな RP への PIM グループのマッピングを表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast rp-mapping
RP Address State DF-count GM-count
2.2.2.2 H 1 1
9.9.9.9 H 1 2
Router#
 

次に、ルート プロセッサのマッピング キャッシュ内の DF リストに基づく情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast rp-mapping df-cache
RP Address State DF State
9.9.9.9 H Vl30 H
Router#
 

次に、ルート プロセッサのマッピング キャッシュに基づく情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast rp-mapping gm-cache
State: H - Hardware Switched, I - Install Pending, D - Delete Pending,
Z - Zombie
RP Address State Group Mask State Packet/Byte-count
60.0.0.60 H 230.31.0.0 255.255.0.0 H 100/6400
Router#

show mls ip multicast sso

マルチキャスト ハイ アベイラビリティ SSO に関する情報を表示するには、 show mls ip multicast sso コマンドを使用します。

show mls ip multicast sso [ statistics ]

 
シンタックスの説明

statistics

(任意)マルチキャスト ハイ アベイラビリティ SSO の統計 情報 表示 します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、マルチキャスト ハイ アベイラビリティ SSO の情報を表示する例を示します。

Router> show mls ip multicast sso
Multicast SSO is enabled
Multicast HA Parameters
---------------------------------------------------+------+
protocol convergence timeout 120 secs
flow leak percent 10
flow leak interval 20 secs
heartquake#
 

次に、マルチキャスト ハイ アベイラビリティ SSO の統計情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast sso statistics
 
Multicast HA Statistics: ACTIVE
--------------------------------------------------+------+
CHKPT msgs sent 5
CHKPT msgs send failed 0
CHKPT msgs send aborted 0
CHKPT met add msg sent 5
CHKPT met del msg sent 1
CHKPT icroif msg sent 1
MET HA met add enqueued 5
MET HA met del enqueued 1
ICROIF HA add enqueued 1
ICROIF HA del enqueued 0
CHKPT buffer failure 0
 
MET HA Reconstruction Statistics
--------------------------------------------------+------+
Number of met blks reconstructed 0
Number of normal sets reconstructed 0
Number of fixed sets reconstructed 0
Number of sets deleted 0
Number of blks not found 0
normal sets reconstruction failed 0
fixed set reconstruction failed 0
 
Multicast HA Statistics: STANDBY
--------------------------------------------------+------+
CHKPT msgs rcvd 5
CHKPT met add msg rcvd 5
CHKPT met del msg rcvd 1
CHKPT icroif msg rcvd 1
CHKPT msg unknown 0
CHKPT buffer failure 0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls ip multicast sso

SSO パラメータを設定します。

 

show mls ip non-static

ソフトウェアにより導入された非スタティックエントリの情報を表示するには、 show mls ip non-static コマンドを使用します。

show mls ip non-static [ count [ module number ] | detail [ module number ] | module number ]

 
シンタックスの説明

count

(任意)非スタティック エントリの総数を表示します。

module number

(任意)モジュール番号を指定します。

detail

(任意)フロー単位で詳細出力を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック エントリを表示する例を示します。

Router> show mls ip non-static
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック エントリの詳細情報を表示する例を示します。

Router> show mls ip non-static detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック エントリの総数を表示する例を示します。

Router> show mls ip non-static count
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
 
Number of shortcuts = 0
Router>

show mls ip routes

NetFlow ルーティング エントリを表示するには、 show mls ip routes コマンドを使用します。

show mls ip routes [ non-static | static ] [ count [ module number ] | detail [ module number ] | module number ]

 
シンタックスの説明

non-static

(任意)ソフトウェアにより導入された非スタティック エントリを表示します。

static

(任意)ソフトウェアにより導入されたスタティック エントリを表示します。

count

(任意)NetFlow ルーティング エントリの総数を表示します。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

detail

(任意)フロー単位で詳細出力を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック ルーティング エントリを表示する例を示します。

Router> show mls ip routes non-static
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック ルーティング エントリの詳細情報を表示する例を示します。

Router> show mls ip routes non-static detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
 
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
 
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入されたルーティング エントリの総数を表示する例を示します。

Router> show mls ip routes count
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
 
Number of shortcuts = 0
Router>

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mls netflow ip sw-installed

ソフトウェアにより導入された IP エントリの情報を表示します。

 

show mls ip static

ソフトウェアにより導入されたスタティック IP エントリの情報を表示するには、 show mls ip static コマンドを使用します。

show mls ip static [ count [ module number ] | detail [ module number ] | module number ]

 
シンタックスの説明

count

(任意)スタティック エントリの総数を表示します。

module number

(任意)モジュール番号を指定します。

detail

(任意)フロー単位で詳細出力を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンドのデフォルト

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ソフトウェアにより導入されたスタティック エントリを表示する例を示します。

Router> show mls ip static
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入されたスタティック エントリの詳細情報を表示する例を示します。

Router> show mls ip static detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
 
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入されたスタティック エントリの総数を表示する例を示します。

Router> show mls ip static count
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
 
Number of shortcuts = 0
Router>

 

show mls ip statistics

NetFlow IP エントリの統計情報を表示するには、 show mls ip statistics コマンドを使用します。

show mls ip statistics [ count [ module number ] | detail [ module number ] | module number ]

 
シンタックスの説明

count

(任意)NetFlow エントリの総数を表示します。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。

detail

(任意)フロー単位で詳細出力を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、NetFlow IP エントリの統計情報を表示する例を示します。

Router> show mls ip statistics
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
Router>
 

次に、NetFlow IP エントリの統計の詳細情報を表示する例を示します。

Router> show mls ip statistics detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
 
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
Router>

 

show mls nde

ハードウェアでスイッチングされる NDE フローに関する情報を表示するには、 show mls nde コマンドを使用します。

show mls nde

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Catalyst 6500 シリーズ スイッチの出力には、現在の NDE モードが含まれます。

次に、Catalyst 6500 シリーズ スイッチ上のハードウェアでスイッチングされる NDE フローに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls nde
Netflow Data Export enabled (Interface Mode)
Exporting flows to 172.20.55.71 (9991)
Exporting flows from 10.6.60.120 (59020)
Version: 7
Include Filter not configured
Exclude Filter not configured
Total Netflow Data Export Packets are:
0 packets, 0 no packets, 0 records
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls nde sender

MLS NDE エクスポートをイネーブルにします。

show ip flow-export

ハードウェア スイッチングおよびソフトウェア スイッチングされるデータ エクスポートのフローに関する情報(メイン キャッシュや他のすべてのイネーブル化されたキャッシュなど)を表示します。

show mls netflow

NetFlow ハードウェアに関する設定情報を表示します。

 

show mls netflow

NetFlow ハードウェアに関する設定情報を表示するには、 show mls netflow コマンドを使用します。

show mls netflow { aging | aggregation flowmask | creation | flowmask | { table-contention { detailed | summary }} | usage }

show mls netflow [ ip | ipv6 | mpls ] [ any | count | destination { hostname | ip-address } | detail | dynamic | flow { tcp | udp } | module number | nowrap | source { hostname | ip-address } | sw-installed [ non-static | static ]]

 
シンタックスの説明

aging

NetFlow エージング情報を表示します。

aggregation flowmask

現在の NetFlow アグリゲーション用に設定されたフロー マスクを表示します。

creation

設定されたプロトコル作成フィルタを表示します。

flowmask

現在の NetFlow IP および IPX フロー マスクを表示します。

table-contention

NetFlow テーブル コンテンション レベル情報を表示します。

detailed

NetFlow テーブル コンテンション レベルの詳細情報を表示します。

summary

NetFlow テーブル コンテンション レベルのサマリーを表示します。

usage

NetFlow テーブル使用の通知ステータスを表示します。

ip

(任意)NetFlow IP テーブルに関する情報を表示します。 show mls netflow ip コマンドを参照してください。

ipv6

(任意)NetFlow IPv6 テーブルに関する情報を表示します。 show mls netflow ipv6 コマンドを参照してください。

mpls

(任意)NetFlow MPLS テーブルに関する情報を表示します。

any

(任意)NetFlow テーブル エントリの詳細情報をテスト ラップなしで表示します。

count

(任意)MLS NetFlow IP エントリの総数を表示します。

destination hostname

(任意)特定の宛先ホスト名のエントリを表示します。

destination ip-address

(任意)特定の宛先 IP アドレスのエントリを表示します。

detail

(任意)詳細出力を指定します。

dynamic

(任意)ハードウェアによって作成されたダイナミック エントリを表示します。

flow tcp

(任意)TCP フローに関する情報を表示します。

flow udp

(任意)UDP フローに関する情報を表示します。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

nowrap

(任意)情報をテキスト ラップなしで表示します。

source hostname

(任意)特定の送信元アドレスのエントリを表示します。

source ip-address

(任意)特定の送信元 IP アドレスのエントリを表示します。

sw-installed

(任意)ルーティング NetFlow エントリ を表示します。 show mls netflow ip sw-installed コマンドを参照してください。

non-static

(任意)ソフトウェアによって組み込まれたスタティック IP エントリの情報を表示します。 show mls netflow ip sw-installed コマンドを参照してください。

static

(任意)ソフトウェアによって組み込まれた非スタティック IP エントリの情報を表示します。 show mls netflow ip sw-installed コマンドを参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface macd 、および macs キーワードはサポートされていません。

引数なしで show mls netflow ip コマンドを入力すると、 show mls netflow ip routes および show mls netflow ip dynamic コマンドの出力が表示されます。

出力を参照するときは、フィールド区切りにコロン(:)が使用されていることに注意してください。

NetFlow テーブル使用の通知をイネーブルにし、NetFlowテーブル使用が事前に設定されたしきい値パーセンテージを超えると、警告メッセージが表示されます。 mls netflow usage notify コマンドを使用して、しきい値パーセンテージおよび間隔を設定して、NetFlow テーブル使用をチェックできます。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。これらの有効値は、 module number キーワードおよび引数を入力するときにも適用されます。

次に、NetFlowエージング設定を表示する例を示します。

Router# show mls netflow aging
enable timeout packet threshold
------ ------- ----------------
normal aging true 300 N/A
fast aging true 32 100
long aging true 900 N/A
Router#
 

次に、設定されたプロトコル作成フィルタを表示する例を示します。

Router# show mls netflow creation
Excluded protocols:
port protocol
-------+----------
10 tcp
8 udp/tcp
Router#
 

次に、現在の NetFlow アグリゲーション用に設定されたフロー マスクを表示する例を示します。

Router# show mls netflow aggregation flowmask
Current flowmask set for netflow aggregation : Dest only
Minimum flowmask required for netflow aggregation schemes
----------------------+-------------------+-----------------
Aggregation Scheme Min. Flowmask Status
----------------------+-------------------+-----------------
as Intf Src Dest disabled
protocol-port Full Flow disabled
source-prefix Intf Src Dest disabled
destination-prefix Dest only enabled
prefix Intf Src Dest disabled
Router#
 

次に、NetFlow テーブル コンテンション レベルに関する詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow table-contention detailed
Earl in Module 2
Detailed Netflow CAM (TCAM and ICAM) Utilization
================================================
TCAM Utilization : 0%
ICAM Utilization : 0%
Netflow TCAM count : 0
Netflow ICAM count : 0
Router#
 

次に、NetFlow テーブル コンテンション レベルのサマリーを表示する例を示します。

Router# show mls netflow table summary
Earl in Module 2
Summary of Netflow CAM Utilization (as a percentage)
====================================================
TCAM Utilization : 0%
ICAM Utilization : 0%
Router#
 

次に、NetFlow テーブル使用の通知ステータスを表示する例を示します。

Router# show mls netflow usage
Netflow table usage notification enabled at 80% every 300 seconds
Netflow table utilization of module 7 is 99%
Netflow table utilization of module 10 is 24%
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip flow-aggregation cache

フロー集約キャッシュを作成し、集約キャッシュ コンフィギュレーション モードを開始します。

mls netflow usage notify

スイッチ プロセッサ上での NetFlow テーブル使用率をモニタします。

show ip cache flow

NetFlow キャッシュ フロー エントリのサマリーを表示します。

 

show mls netflow ip

ハードウェア NetFlow IP に関する情報を表示するには、 show mls netflow ip コマンドを使用します。

show mls netflow ip any

show mls netflow ip count [ module number ]

show mls netflow ip destination { hostname | ip-address }[ / ip-mask ] [ count [ module number ]] | detail | dynamic | flow { icmp | tcp | udp } | module number | nowrap | qos | source { hostname | ip-address }[ / ip-mask ] | s w-installed [ non-static | static ]

show mls netflow ip detail [ module number | nowrap [ module number ]]

show mls netflow ip dynamic [ count [ module number ]] [ detail ] [ module number ] [ nowrap [ module number ]] [{ qos [ module number ] [ nowrap [ module number ]}]]

show mls netflow ip { flow { icmp | tcp | udp }} [ count [ module number ]] | { destination { hostname | ip-address }[ / ip-mask ]} | detail | dynamic | flow { icmp | tcp | udp } | module number | nowrap | qos | source { hostname | ip-address } | s w-installed [ non-static | static ]

show mls netflow ip {module number }

show mls netflow ip qos [ module number | nowrap [ module number ]]

show mls netflow ip source { hostname | ip-address }[ / ip-mask ] [ count [ module number ]] | detail | dynamic | flow { icmp | tcp | udp } | module number | nowrap | qos | s w-installed [ non-static | static ]

 
シンタックスの説明

any

NetFlow テーブル エントリの詳細情報をテスト ラップなしで表示します。

count

MLS NetFlow IP エントリの総数を表示します。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

destination hostname

特定の宛先ホスト名のエントリを表示します。

destination ip-address

特定の宛先 IP アドレスのエントリを表示します。

/ ip-mask

(任意)宛先 IP アドレスの IP マスク

detail

(任意)詳細出力を指定します。

dynamic

ハードウェアによって作成されたダイナミック エントリを表示します。 show mls nde コマンドを参照してください。

flow icmp

ICMP フローに関する情報を表示します。

flow tcp

TCP フローに関する情報を表示します。

flow udp

UDP フローに関する情報を表示します。

nowrap

情報をテキスト ラップなしで表示します。

qos

QoS マイクロフロー ポリシング情報を表示します。

source hostname

特定の送信元アドレスのエントリを表示します。

source ip-address

特定の送信元 IP アドレスのエントリを表示します。

sw-installed

(任意)ルーティング NetFlow エントリ を表示します。 show mls netflow ip sw-installed コマンドを参照してください。

non-static

(任意)ソフトウェアによって組み込まれたスタティック IP エントリの情報を表示します。 show mls netflow ip sw-installed コマンドを参照してください。

static

(任意)ソフトウェアによって組み込まれた非スタティック IP エントリの情報を表示します。 show mls netflow ip sw-installed コマンドを参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show mls netflow ip コマンドを引数なしで入力すると、 show mls netflow ip sw-installed および show mls nde コマンドの出力が表示されます。

出力を参照するときは、フィールド区切りにコロン(:)が使用されていることに注意してください。

次に、MLS NetFlow IP に関する情報をすべて表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
-----------------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
12.1.1.2 11.1.1.2 tcp :3 :5 Fa5/11 :0x0
459983 21159218 6 07:45:13 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.3 tcp :3 :5 Fa5/11 :0x0
459984 21159264 6 07:45:13 L3 - Dynamic
Router#
 

次に、NetFlow テーブル エントリの詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
Mask Pi R CR Xt Prio Dsc IP_EN OP_EN Pattern Rpf FIN_RDT FIN/RST
----+--+-+--+--+----+---+-----+-----+-------+---+-------+-------
Ig/acli Ig/aclo Ig/qosi Ig/qoso Fpkt Gemini MC-hit Dirty Diags
-------+-------+-------+-------+----+------+------+-----+------
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
172.30.46.2 172.30.45.2 4 :0 :0 Gi7/1: 0x0
140063 6442898 15 01:42:52 L3 - Dynamic
1 1 0 0 1 0 0 1 1 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0
0x0 672645504 0 0 NO 31784 NO NO
Router#
 

次に、NetFlow テーブル エントリ情報をテスト ラップなしで表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip nowrap
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f
:AdjPtr Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
-----------------------------------------------------------------------
-
------------------------------------------------------------------
12.1.1.2 11.1.1.92 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176339 8111594 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.93 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176338 8111548 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.94 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176338 8111548 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.95 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176338 8111548 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.96 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176338 8111548 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.97 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176337 8111502 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.98 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176337 8111502 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.99 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176337 8111502 912 22:31:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.1.100 udp :63 :63 Fa5/11
:0x0 176337 8111502 912 22:31:15 L3 - Dynamic
Router#
 

次に、特定の IP アドレスの MLS NetFlow に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip destination 172.20.52.122
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
Router#
 

次に、特定のフローの MLS NetFlow に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip flow udp
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
172.20.52.19 0.0.0.0 0 :0 :0 0 : 0
0 0 1407 11:01:32 L3 - Dynamic
Router#
 

次に、フルフロー マスクの MLS NetFlow に関する詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
 
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
172.20.52.19 0.0.0.0 0 :0 :0 0 : 0
0 0 1464 11:02:31 L3 - Dynamic
0x0 0 0 0 NO 64 NO NO
Router#
 

次に、特定のフロー タイプの詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip flow icmp
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f
:AdjPtr
>
>---------------------------------------------------------------------------
-
-
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
12.1.1.2 11.1.10.151 icmp:0 :0 Fa5/11
:0x0
1945 89470 1062 08:45:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.10.153 icmp:0 :0 Fa5/11
:0x0
1945 89470 1062 08:45:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.10.155 icmp:0 :0 Fa5/11
:0x0
1945 89470 1062 08:45:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.10.157 icmp:0 :0 Fa5/11
:0x0
1945 89470 1062 08:45:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.10.159 icmp:0 :0 Fa5/11
:0x0
1945 89470 1062 08:45:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.10.161 icmp:0 :0 Fa5/11
:0x0
1945 89470 1062 08:45:15 L3 - Dynamic
12.1.1.2 11.1.10.163 icmp:0 :0 Fa5/11
:0x0
Router#
 

次に、QoS 情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ip qos
Displaying netflow qos information in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
-------------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes LastSeen QoS PoliceCount Threshold Leak
-------------------------------------------------------------------------
Drop Bucket
------------
xxx.xxxx.xxx.xxx xxx.xxx.xxx.xxx xxxx:63 :63 Fa5/11 :0x0
772357 35528422 17:59:01 xxx xxx xxx xxx
xxx xxx
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear mls netflow

MLS NetFlow のショートカット エントリをクリアします。

ip flow-aggregation cache

フロー集約キャッシュを作成し、集約キャッシュ コンフィギュレーション モードを開始します。

show ip cache flow

NetFlow キャッシュ フロー エントリのサマリーを表示します。

 

show mls netflow ip sw-installed

ソフトウェアにより導入された IP エントリの情報を表示するには、 show mls netflow ip sw-installed コマンドを使用します。

show mls netflow ip sw-installed { non-static | static } [ count [ module number ] | detail [ module number ] | module number ]

 
シンタックスの説明

non-static

ソフトウェアにより導入されたルーティング エントリを表示します。

static

ソフトウェアにより導入されたスタティック ルーティング エントリを表示します。

count

(任意)非スタティック エントリの総数を表示します。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

detail

(任意)フロー単位で詳細出力を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック エントリを表示する例を示します。

Router> show mls netflow ip sw-installed non-static
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック エントリの詳細情報を表示する例を示します。

Router> show mls netflow ip sw-installed non-static detail
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f:AdjPtr
--------------------------------------------------------------------
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
---------------------------------------------------
 
QoS Police Count Threshold Leak Drop Bucket Use-Tbl Use-Enable
-----------+------------+---------+-----------+----+-------+-------+----------+
Router>
 

次に、ソフトウェアにより導入された非スタティック エントリの総数を表示する例を示します。

Router> show mls netflow ip sw-installed non-static count
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
 
Number of shortcuts = 0
Router>
 

show mls netflow ipv6

ハードウェア NetFlow IPv6 設定に関する情報を表示するには、 show mls netflow ipv6 コマンドを使用します。

show mls netflow ipv6 any

show mls netflow ipv6 count [ module number ]

show mls netflow ipv6 destination ipv6-address [ / ipv6-prefix ] [ count [ module number ]] | detail | dynamic | flow { icmp | tcp | udp } | module number | nowrap | qos | source ipv6-address [ / ipv6-prefix ] | s w-installed [ non-static | static ]

show mls netflow ipv6 detail [ module number | nowrap [ module number ]]

show mls netflow ipv6 dynamic [ count [ module number ]] [ detail ] [ module number ] [ nowrap [ module number ]] [{ qos [ module number ]] [ nowrap [ module number ]}]

show mls netflow ipv6 {flow { icmp | tcp | udp }} [ count [ module number ]] | { destination ipv6-address [ / ipv6-prefix ]} | detail | dynamic | flow { icmp | tcp | udp } | module number | nowrap | qos | { source ipv6-address [ / ipv6-prefix ]} | s w-installed [ non-static | static ]]

show mls netflow ipv6 { module number }

show mls netflow ipv6 qos [ module number | nowrap [ module number ]]

show mls netflow ipv6 source ipv6-address [ / ipv6-prefix ] [ count [ module number ]] | detail | dynamic | flow { icmp | tcp | udp } | module number | nowrap | qos | s w-installed [ non-static | static ]

 
シンタックスの説明

any

NetFlow エージング情報を表示します。

count

MLS NetFlow IPv6 エントリの総数を表示します。

module number

(任意)指定されたモジュールにダウンロードされたエントリを表示します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

destination ipv6-address

特定の宛先 IPv6 アドレスのエントリを表示します。

/ ipv6-prefix

IPv6 プレフィクス。有効値は、0 ~ 128 です。

detail

詳細出力を指定します。

dynamic

ハードウェアにより作成されたダイナミック エントリを表示します。

flow icmp | tcp | udp

フロー タイプを指定します。

nowrap

(任意)テキスト ラッピングをオフにします。

qos

QoS 統計に関する情報を表示します。

source ipv6-address

特定の送信元 IPv6 アドレスのエントリを表示します。

sw-installed

(任意)ルーティング NetFlow エントリを表示します。

non-static

(任意)ソフトウェアにより導入されたスタティック IPv6 エントリに関する情報を表示します。

static

(任意)ソフトウェアにより導入された非スタティック IPv6 エントリに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンドのデフォルト

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ハードウェア NetFlow 設定に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ipv6
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP
-------------------------------------------------------------------------------
Prot:SrcPort:DstPort Src i/f :AdjPtr
Pkts Bytes Age LastSeen Attributes
------------------------------------------------------------------------------------------
50::2 47::2
tcp :16 :32 Vl47 :0x0
23758 1425480 4 23:48:36 L3 (IPv6) - Dynamic
50::2 47::3
tcp :16 :32 Vl47 :0x0
23758 1425480 4 23:48:36 L3 (IPv6) - Dynamic
50::2 47::4
tcp :16 :32 Vl47 :0x0
23758 1425480 4 23:48:36 L3 (IPv6) - Dynamic
50::2 47::5
tcp :16 :32 Vl47 :0x0
23758 1425480 4 23:48:36 L3 (IPv6) - Dynamic
50::2 47::6
tcp :16 :32 Vl47 :0x0
23758 1425480 4 23:48:36 L3 (IPv6) - Dynamic
Router#
 

次に、IPv6 マイクロフロー ポリシング情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ipv6 qos
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP
--------------------------------------------------------------------------------
Prot:SrcPort:DstPort Src i/f :AdjPtr Pkts Bytes
--------------------------------------------------------------------------------
LastSeen QoS PoliceCount Threshold Leak Drop Bucket
--------------------------------------------------------------------
101::3 100::2
icmp:0 :0 -- 0x0 0 0
22:22:09 0x0 0 0 0 NO 0
101::2 100::2
icmp:0 :0 -- 0x0 0 0
22:22:09 0x0 0 0 0 NO 0
Router#
 

次に、特定のモジュールの IPv6 マイクロフロー ポリシング情報を表示する例を示します。

Router# show mls netflow ipv6 qos module 7
Displaying Netflow entries in module 7
DstIP SrcIP
--------------------------------------------------------------------------------
Prot:SrcPort:DstPort Src i/f :AdjPtr Pkts Bytes
--------------------------------------------------------------------------------
LastSeen QoS PoliceCount Threshold Leak Drop Bucket
--------------------------------------------------------------------
101::2 100::2
icmp:0 :0 -- 0x0 0 0
22:22:56 0x0 0 0 0 NO 0
101::3 100::2
icmp:0 :0 -- 0x0 0 0
22:22:56 0x0 0 0 0 NO 0
Router#
 

次に、テキスト ラッピングをオフにしたときの出力例を示します。

Router# show mls netflow ipv6 qos nowrap
Displaying Netflow entries in Supervisor Earl
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f :AdjPtr Pkts Bytes LastSeen QoS PoliceCount Threshold Leak Drop Bucket
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
101::3 100::2 icmp:0 :0 -- 0x0 0 0 22:22:19 0x0 0 0 0 NO 0
101::2 100::2 icmp:0 :0 -- 0x0 0 0 22:22:19 0x0 0 0 0 NO 0
Router#
 

次に、特定のモジュールについてテキスト ラッピングをオフにしたときの出力例を示します。

Router# show mls netflow ipv6 qos nowrap module 7
Displaying Netflow entries in module 7
DstIP SrcIP Prot:SrcPort:DstPort Src i/f :AdjPtr Pkts Bytes LastSeen QoS PoliceCount Threshold Leak Drop Bucket
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
101::3 100::2 icmp:0 :0 -- 0x0 0 0 22:22:38 0x0 0 0 0 NO 0
101::2 100::2 icmp:0 :0 -- 0x0 0 0 22:22:38 0x0 0 0 0 NO 0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear mls netflow

MLS NetFlow のショートカット エントリをクリアします。

show mls qos

MLS QoS 情報を表示するには、 show mls qos コマンドを使用します。

show mls qos [{ arp | ipv6 | ip | ipx | last | mac | maps [ map-type ]} [{ interface interface-number } | { slot slot } | { null interface-number } | { port-channel number } | { vlan vlan-id }]]

 
シンタックスの説明

arp

(任意)ARP 情報を表示します。

ipv6

(任意)IPv6 情報を表示します。

ip | ipx

(任意)MLS IP または IPX ステータスに関する情報を表示します。

last

(任意)最終パケットのポリシングに関する情報を表示します。

mac

(任意)MAC アドレスベースの QoS ステータスに関する情報を表示します。

maps

(任意)QoS マッピングに関する情報を表示します。

map-type

(任意)マップ タイプ。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet ge-wan pos 、および atm です。

interface-number

(任意)モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

slot slot

(任意)スロット番号を指定します。グローバルおよびインターフェイス単位の QoS イネーブルおよびディセーブル設定、およびグローバル QoS カウンタを表示します。

null interface-number

(任意)ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

port-channel number

(任意)チャネル インターフェイスを指定します。有効値は 1 ~ 282 の範囲の最大 64 個の値です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN ID を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

257 ~ 282 の port-channel number 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

map-types の有効値は次のように定義されます。

cos-dscp :表示する入力 CoS/DSCP マッピングを指定します。有効値は 0 ~ 7 です。

dscp-cos :出力 DSCP/CoS マッピングを表示します。

dscp-exp :MPLS ドメイン入力および出力における DSCP/EXP マッピングを表示します。このキーワードはサポートされていません。

exp-dscp :MPLS ドメイン入力および出力における EXP/DSCP マッピングを表示します。このキーワードはサポートされていません。

ip-prec-dscp value :表示する入力 IP precedence/DSCP マッピングを指定します。有効値は 0 ~ 7 です。

policed-dscp :ポリシング済み DSCP 値とマーキング済み DSCP 値のマッピングを表示します。

dscp-exp および exp-dscp オプションは、Supervisor Engine 720 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチだけでサポートされます。

次に、最後に記録されたパケットに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls qos last
QoS engine last packet information:
Packet was transmitted
Output TOS/DSCP: 0xC0/48[unchanged] Output COS: 0[unchanged]
Aggregate policer index: 0(none)
Microflow policer index: 0(none)
Router#
 

次に、QoS マップの設定を表示する例を示します。

Router# show mls qos maps
Policed-dscp map:
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
----------------------------------
00: 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09
10: 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20: 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30: 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40: 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50: 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60: 60 61 62 63
 
Dscp-cos map:
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
----------------------------------
00: 00 00 00 00 00 00 00 00 01 01
10: 01 01 01 01 01 01 02 02 02 02
20: 02 02 02 02 03 03 03 03 03 03
30: 03 03 04 04 04 04 04 04 04 04
40: 05 05 05 05 05 05 05 05 06 06
50: 06 06 06 06 06 06 07 07 07 07
60: 07 07 07 07
 
Cos-dscp map:
cos: 0 1 2 3 4 5 6 7
----------------------------------
dscp: 0 8 16 24 32 40 48 56
 
IpPrecedence-dscp map:
ipprec: 0 1 2 3 4 5 6 7
----------------------------------
dscp: 0 8 16 24 32 40 48 56
 
Router#
 

次に、DSCP 変換マッピング設定を確認する例を示します。

Router# show mls qos maps | begin DSCP mutation
DSCP mutation map mutmap1: (dscp= d1d2)
d1 : d2 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
-------------------------------------
0 : 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09
1 : 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
2 : 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
3 : 08 31 32 33 34 35 36 37 38 39
4 : 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
5 : 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
6 : 60 61 62 63
<...Output Truncated...>
Router#
 

) DSCP 変換マップの表示では、マーキング済み DSCP 値がマトリックスの本体部分に表示されます。元の DSCP 値の 1 桁めは d1 のラベルがついたカラムに表示され、2 桁めは 1 番上の行に表示されます。たとえば、DSCP 30 は DSCP 08 にマッピングされます。


次に、IPv6 情報を表示する例を示します。

Router# show mls qos ipv6
QoS Summary [IPv6]: (* - shared aggregates, Mod - switch module)
 
Int Mod Dir Class-map DSCP Agg Trust Fl AgForward-By AgPoliced-By
Id Id
------------------------------------------------------------------------------
 
All 7 - Default 0 0* No 0 189115356 0
Router#
 

次に、QoS 情報を表示する例を示します。

Router# show mls qos
QoS is enabled globally
Microflow policing is enabled globally
QoS ip packet dscp rewrite enabled globally
 
QoS is disabled on the following interfaces:
Fa6/3 Fa6/4
 
QoS DSCP-mutation map is enabled on the following interfaces:
Fa6/5
Vlan or Portchannel(Multi-Earl) policies supported: Yes
Egress policies supported: Yes
 
----- Module [5] -----
QoS global counters:
Total packets: 164
IP shortcut packets: 0
Packets dropped by policing: 0
IP packets with TOS changed by policing: 0
IP packets with COS changed by policing: 0
Non-IP packets with COS changed by policing: 0
MPLS packets with EXP changed by policing: 0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls qos (global configuration mode)

QoS 機能をグローバルにイネーブルにします。

mls qos (interface configuration mode)

インターフェイス上の QoS 機能をイネーブルにします。

 

show mls qos free-agram

スイッチ プロセッサ上の空の集約 RAM インデックス数を表示するには、 show mls qos free-agram コマンドを使用します。

show mls qos free-agram

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンドのデフォルト

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、スイッチ プロセッサ上の空の集約 RAM インデックス数を表示する例を示します。

Router# show mls qos free-agram
Total Number of Avalable AG RAM indices : 1023
 
Module [1]
Free AGIDs : 1023
 
Module [6]
Free AGIDs : 1023
 
Router#

show mls qos maps

QoS マップ設定および実行バージョンに関する情報を表示するには、 show mls qos maps コマンドを使用します。

show mls qos maps [ cos-dscp | cos-mutation | dscp-cos | dscp-exp | dscp-mutation | exp-dscp | exp-mutation | ip-prec-dscp | policed-dscp ]

 
シンタックスの説明

cos-dscp

(任意)CoS/DSCP マップに関する情報を表示します。

cos-mutation

(任意)CoS 変換マップに関する情報を表示します。

dscp-cos

(任意)DSCP/CoS マップに関する情報を表示します。

dscp-exp

(任意)DSCP/exp マップに関する情報を表示します。

dscp-mutation

(任意)DSCP 変換マップに関する情報を表示します。

exp-dscp

(任意)exp/DSCP マップに関する情報を表示します。

exp-mutation

(任意)exp 変換マップに関する情報を表示します。

ip-prec-dscp

(任意)IP precedence/DSCP マップに関する情報を表示します。

policed-dscp

(任意)ポリシング設定 DSCP マップに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、QoS マップ設定および実行バージョンに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls qos maps
Normal Burst Policed-dscp map: (dscp= d1d2)
d1 : d2 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
-------------------------------------
0 : 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09
1 : 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
2 : 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
3 : 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
4 : 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
5 : 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
6 : 60 61 62 63
 
Maximum Burst Policed-dscp map: (dscp= d1d2)
d1 : d2 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
-------------------------------------
0 : 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09
1 : 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
2 : 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
3 : 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
4 : 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
5 : 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
6 : 60 61 62 63
 
Dscp-cos map: (dscp= d1d2)
d1 : d2 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
-------------------------------------
0 : 00 00 00 00 00 00 00 00 01 01
1 : 01 01 01 01 01 01 02 02 02 02
2 : 02 02 02 02 03 03 03 03 03 03
3 : 03 03 04 04 04 04 04 04 04 04
4 : 05 05 05 05 05 05 05 05 06 06
5 : 06 06 06 06 06 06 07 07 07 07
6 : 07 07 07 07
 
Cos-dscp map:
cos: 0 1 2 3 4 5 6 7
------------------------------------
dscp: 0 8 16 24 32 40 48 56
 
IpPrecedence-dscp map:
ipprec: 0 1 2 3 4 5 6 7
------------------------------------
dscp: 0 8 16 24 32 40 48 56
 
Router#

 

次に、CoS/CoS マップの設定および実行バージョンを表示する例を示します。

Router# show mls qos maps cos-mutation
CoS mutation map test-map:
In-CoS : Out-CoS
------------------
0 : 0
1 : 1
2 : 2
3 : 1
4 : 1
5 : 1
6 : 6
7 : 7
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls qos map cos-dscp

信頼されたインターフェイスに入力 CoS/DSCP マップを定義します。

mls qos map cos-mutation

パケットの CoS を新しい CoS 値にマッピングします。

mls qos map dscp-cos

出力 DSCP/CoS マップを定義します。

mls qos map dscp-mutation

指定した DSCP 変換マップを定義します。

mls qos map ip-prec-dscp

信頼されたインターフェイスに入力 IP precedence/DSCP マップを定義します。

mls qos map policed-dscp

ポリシング済み DSCP 値とマーキング済み DSCP 値のマップを設定します。

 

show mls qos mpls

ポリシー マップの MPLS QoS クラスのインターフェイス サマリーを表示するには、 show mls qos mpls コマンドを使用します。

show mls qos mpls [{ interface interface-number } | { module slot }]

 
シンタックスの説明

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

module slot

(任意)モジュールのスロット番号を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PFC3BXL または PFC3B モードだけでサポートされます。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

次に、ポリシー マップの MPLS QoS クラスのインターフェイス サマリーを表示する例を示します。

Router# show mls qos mpls
QoS Summary [MPLS]: (* - shared aggregates, Mod - switch module)
Int Mod Dir Class-map DSCP Agg Trust Fl AgForward-By AgPoliced-By
Id Id
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Fa3/38 5 In exp2 0 1 dscp 0 378900 0
Fa3/41 5 In exp4 0 3 dscp 0 0 0
All 5 - Default 0 0* No 0 1191011240 0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls qos exp-mutation

出力 EXP 変換マップをインターフェイスに付加します。

mls qos map exp-dscp

内部 DSCP マップに入力 EXP 値を定義します。

mls qos map exp-mutation

パケットの EXP を新しい EXP 値にマッピングします。

 

show mls qos protocol

プロトコル パススルー情報を表示するには、 show mls qos protocol コマンドを使用します。

show mls qos protocol [ module num ]

 
シンタックスの説明

module num

(任意)モジュール番号を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンドのデフォルト

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 

次に、プロトコル パススルー情報を表示する例を示します。

Router# show mls qos protocol
RIP : Passthru mode
OSPF : Passthru mode
ND : Policing mode Cir = 32000 Burst = 1000
----- Module [5] -----
Routing protocol RIP is using AgId 0*
Routing protocol OSPF is using AgId 0*
Routing protocol ND is using AgId 1
----- Module [6] -----
Routing protocol RIP is using AgId 0*
Routing protocol OSPF is using AgId 0*
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls qos protocol

ルーティング プロトコル パケット ポリシングを定義します

 

show mls qos statistics-export info

MLS 統計データ エクスポートのステータスおよび設定に関する情報を表示するには、 show mls qos statistics-export info コマンドを使用します。

show mls qos statistics-export info

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 

次に、MLS 統計データ エクスポートのステータスおよび設定に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls qos statistics-export info
QoS Statistics Data Export Status and Configuration information
---------------------------------------------------------------
Export Status : enabled
Export Interval : 250 seconds
Export Delimiter : @
Export Destination : 172.20.52.3, UDP port 514 Facility local6, Severity debug
 
QoS Statistics Data Export is enabled on following ports:
---------------------------------------------------------
FastEthernet5/24
 
QoS Statistics Data export is enabled on following shared aggregate policers:
-----------------------------------------------------------------------------
aggr1M
 
QoS Statistics Data Export is enabled on following class-maps:
---------------------------------------------------------------
class3
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls qos statistics-export (global configuration mode)

QoS 統計データのエクスポートをグローバルにイネーブルにします。

mls qos statistics-export (interface configuration mode)

ポート単位の QoS 統計データのエクスポートをイネーブルにします。

mls qos statistics-export aggregate-policer

名前付き集約ポリサー上で QoS 統計データのエクスポートをイネーブルにします。

mls qos statistics-export class-map

クラス マップの QoS 統計データのエクスポートをイネーブルにします。

mls qos statistics-export delimiter

QoS 統計データのエクスポート フィールドのデリミタを設定します。

mls qos statistics-export destination

QoS 統計データのエクスポートの宛先ホストおよび UDP ポート番号を設定します。

mls qos statistics-export interval

ポートまたは集約ポリサー QoS 統計データの読み込み頻度およびエクスポート頻度を指定します。

 

show mls rate-limit

MLS レート リミッタに関する情報を表示するには、 show mls rate-limit コマンドを使用します。

show mls rate-limit [ usage ]

 
シンタックスの説明

usage

(任意)レート リミッタ レジスタで使用される機能を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドの出力では、レート制限ステータスは次のいずれかとなります。

On は、特定のケースが設定されているレートを示します。

Off は、レート リミッタ タイプが設定されておらず、そのケースのパケットがレート制限を受けないことを示します。

On/Sharing は、(手動設定ではない)特定のケースが、同じ共有グループに属する別のレート リミッタの設定により影響を受けることを示します。

ハイフンは、マルチキャスト パーシャル SC レート リミッタがディセーブルにされていることを示します。

コマンド出力では、レート制限の共有が次の情報を示しています。

共有がスタティックかダイナミック

グループ ダイナミック共有コード

show mls rate-limit usage コマンドは、レート リミッタ タイプにより使用されるハードウェア レジスタを表示します。レジスタがどのレート リミッタ タイプによっても使用されない場合、出力には Free と表示されます。レジスタがあるレート リミッタ タイプにより使用される場合、Used およびそのレート リミッタ タイプが表示されます。

次に、レート制限ステータスに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls rate-limit
Sharing Codes: S - static, D - dynamic
Codes dynamic sharing: H - owner (head) of the group, g - guest of the group
 
Rate Limiter Type Status Packets/s Burst Sharing
--------------------- ---------- --------- ----- -------
MCAST NON RPF Off - - -
MCAST DFLT ADJ On 100000 100 Not sharing
MCAST DIRECT CON Off - - -
ACL BRIDGED IN Off - - -
ACL BRIDGED OUT Off - - -
IP FEATURES Off - - -
ACL VACL LOG On 2000 1 Not sharing
CEF RECEIVE Off - - -
CEF GLEAN Off - - -
MCAST PARTIAL SC On 100000 100 Not sharing
IP RPF FAILURE On 100 10 Group:0 S
TTL FAILURE On 1000 100 Not sharing
ICMP UNREAC. NO-ROUTE On 100 10 Group:0 S
ICMP UNREAC. ACL-DROP On 100 10 Group:0 S
ICMP REDIRECT Off - - -
MTU FAILURE On 1000 100 Not sharing
MCAST IP OPTION Off - - -
UCAST IP OPTION Off - - -
LAYER_2 PDU Off - - -
LAYER_2 PT Off - - -
LAYER_2 PORTSEC On 10000 1 Not sharing
IP ERRORS On 100 10 Group:0 S
CAPTURE PKT Off - - -
MCAST IGMP Off - - -
MCAST IPv6 DIRECT CON Off - - -
MCAST IPv6 ROUTE CNTL Off - - -
MCAST IPv6 *G M BRIDG Off - - -
MCAST IPv6 SG BRIDGE Off - - -
MCAST IPv6 DFLT DROP Off - - -
MCAST IPv6 SECOND. DR Off - - -
MCAST IPv6 *G BRIDGE Off - - -
MCAST IPv6 MLD Off - - -
IP ADMIS. ON L2 PORT Off - - -
Router#
 

次に、レート制限の使用に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls rate-limit usage
Rate Limiter Type Packets/s Burst
--------------------- --------- -----
Layer3 Rate Limiters:
RL# 0: Free - - -
RL# 1: Free - - -
RL# 2: Free - - -
RL# 3: Used
MCAST DFLT ADJ 100000 100
RL# 4: Used
MTU FAILURE 1000 100
RL# 5: Used
TTL FAILURE 1000 100
RL# 6: Used
IP RPF FAILURE 100 10
ICMP UNREAC. NO-ROUTE 100 10
ICMP UNREAC. ACL-DROP 100 10
IP ERRORS 100 10
RL# 7: Used
ACL VACL LOG 2000 1
RL# 8: Rsvd for capture - - -
 
Layer2 Rate Limiters:
RL# 9: Reserved
RL#10: Reserved
RL#11: Free - - -
RL#12: Used
LAYER_2 PORTSEC 10000 1
Router #

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls rate-limit layer2

レイヤ 2 制御パケットに対するレート リミッタのイネーブル化および設定を行います。

mls rate-limit multicast ipv4

IPv4 マルチキャスト パケットに対するレート リミッタのイネーブル化および設定を行います。

mls rate-limit multicast ipv6

IPv6 マルチキャスト レート リミッタを設定します。

mls rate-limit unicast acl

ACL ブリッジド レート リミッタのイネーブル化および設定を行います。

 

show mls sampling

サンプリング済み NDE ステータスに関する情報を表示するには、 show mls sampling コマンドを使用します。

show mls sampling

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

サンプリング済み NetFlow は、レイヤ 3 インターフェイスだけでサポートされています。

次に、サンプリング済み NDE ステータスに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls sampling
time-based sampling is enabled
1 out of every 1024 packets is being sampled.
Sampling Interval and Period is 4 millisec per 4096 millisec
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mls netflow sampling

インターフェイス上でサンプリング済み NetFlow をイネーブルにします。

mls sampling

サンプリング済み NetFlow のイネーブル化およびサンプリング方式の指定を行います。

 

show mls statistics

IP、マルチキャスト、レイヤ 2 プロトコル、QoS の MLS 統計情報を表示するには、 show mls statistics コマンドを使用します。

show mls statistics [ module num | protocol type ]

 
シンタックスの説明

module num

(任意)特定のモジュールの MLS 統計情報を表示します。

protocol type

(任意)1 つのプロトコル(Telnet、FTP、WWW など)に基づいて MLS 統計情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチングされた総パケットの表示されるパフォーマンスは、最後の 30 秒間の平均レートとして計算されたレートです。

入力 ACL 拒否パケット数は、Total packets L3 Switched フィールドと Total packets dropped by ACL フィールドに表示されます。

RPF 障害パケット数は、Total packets L3 Switched フィールドに表示されます。

IP マルチキャスト送信元が mroute テーブルに(*,G)エントリがないマルチキャスト グループにトラフィックを送信した場合、 show mls statistics コマンドは、これらのパケットを Total Mcast Packets Switched/Routed フィールドに増分として表示します。これらのパケットは、該当グループにはレシーバーがなく、mroute テーブルにエントリがないので、ハードウェアで廃棄されます。

次に、すべてのモジュールの MLS 統計情報を表示する例を示します。

Router# show mls statistics
 
Statistics for Earl in Module 2
 
L2 Forwarding Engine
Total packets Switched : 20273@ 22552 pps
 
L3 Forwarding Engine
Total Packets Bridged : 20273
Total Packets FIB Switched : 7864
Total Packets ACL Routed : 0
Total Packets Netflow Switched : 0
Total Mcast Packets Switched/Routed : 220598
Total ip packets with TOS changed : 0
Total ip packets with COS changed : 0
Total non ip packets COS changed : 0
Total packets dropped by ACL : 0
Total packets dropped by Policing : 705757744
 
Statistics for Earl in Module 9
 
L2 Forwarding Engine
Total packets Switched : 16683@ 1 pps
 
L3 Forwarding Engine
Total Packets Bridged : 0
Total Packets FIB Switched : 0
Total Packets ACL Routed : 0
Total Packets Netflow Switched : 0
Total Mcast Packets Switched/Routed : 0
Total ip packets with TOS changed : 0
Total ip packets with COS changed : 0
Total non ip packets COS changed : 0
Total packets dropped by ACL : 0
Total packets dropped by Policing : 277949053
Router#
 

次に、特定のモジュールの MLS 統計情報を表示する例を示します。

Router# show mls statistics module 1
 
Statistics for Earl in Module 1
 
L2 Forwarding Engine
Total packets Switched : 2748166@ 22332 pps
>>
L3 Forwarding Engine
Total Packets Bridged : 92750@ 34 pps
Total Packets FIB Switched : 7
Total Packets ACL Routed : 0
Total Packets Netflow Switched : 0
Total Mcast Packets Switched/Routed : 3079200
Total ip packets with TOS changed : 0
Total ip packets with COS changed : 0
Total non ip packets COS changed : 0
Total packets dropped by ACL : 0
Total packets dropped by Policing : 0
Total Unicast RPF failed packets : 0
 
Errors
MAC/IP length inconsistencies : 0
Short IP packets received : 0
IP header checksum errors : 0
MAC/IPX length inconsistencies : 0
Short IPX packets received : 0
Router#
 

show mls table-contention

TCL 情報を表示するには、 show mls table-contention コマンドを使用します。

show mls table-contention { detailed | summary | aggregate }

 
シンタックスの説明

detailed

TCL の詳細情報を表示します。

summary

TCL レベルを表示します。

aggregate

Supervisor Engine 720 内のすべてのミス フローの集約カウントおよび Supervisor Engine 2 内のページ ヒットおよびページ ミスを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

aggregate キーワードを入力すれば、Supervisor Engine 720 における NetFlow 作成障害や NetFlow ハッシュ エイリアスの統計情報を表示できます。

aggregate キーワードを入力すれば、Supervisor Engine 2 内のページ ヒットおよびページ ミスを表示できます。

Supervisor Engine 720 の場合、 summary および detailed キーワードでは、対応するレジスタの最新の値が表示されます。

次に、TCL 情報の詳細リストを表示する例を示します。

Router# show mls table-contention detailed
Detailed Table Contention Level Information
===========================================
Layer 3
-------
L3 Contention Level: 0
Page Hits Requiring 1 Lookup = 31
Page Hits Requiring 2 Lookups = 0
Page Hits Requiring 3 Lookups = 0
Page Hits Requiring 4 Lookups = 0
Page Hits Requiring 5 Lookups = 0
Page Hits Requiring 6 Lookups = 0
Page Hits Requiring 7 Lookups = 0
Page Hits Requiring 8 Lookups = 0
Page Misses = 0
Router#
 

次に、TCL 情報のサマリーを表示する例を示します。

Router# show mls table-contention summary
Summary of Table Contention Levels (on a scale of 0 (lowest) to 3 (highest))
============================================================================
L3 Contention Level: 0
 

次に、Supervisor Engine 720 内のすべてのミス フローの集約カウントおよび Supervisor Engine 2 内のページ ヒットおよびページ ミスを表示する例を示します。

Router# show mls table-contention aggregate
Earl in Module 1
Detailed Table Contention Level Information
===========================================
Layer 3
-------
L3 Contention Level: 0
Page Hits Requiring 1 Lookup = 24000
Page Hits Requiring 2 Lookups = 480
Page Hits Requiring 3 Lookups = 0
Page Hits Requiring 4 Lookups = 0
Page Hits Requiring 5 Lookups = 0
Page Hits Requiring 6 Lookups = 0
Page Hits Requiring 7 Lookups = 0
Page Hits Requiring 8 Lookups = 0
Page Misses = 0
 
 

show mmls igmp explicit-tracking

ホスト トラッキング データベースに関する情報を表示するには、 show mmls igmp explicit-tracking コマンドを使用します。

show mmls igmp explicit-tracking [ vlan-id ]

 
シンタックスの説明

vlan-id

(任意)VLAN ID を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

スイッチ プロセッサ--特権 EXEC(Switch-sp#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、特定の VLAN のホスト トラッキング データベースに関する情報を表示する例を示します。

Switch-sp# show mmls igmp explicit-tracking 27
 
Source/Group Interface Reporter Filter_mode
------------------------------------------------------------------------
10.1.1.1/224.1.1.1 Vl27:3/25 16.27.2.3 INCLUDE
10.2.2.2/224.1.1.1 Vl27:3/25 16.27.2.3 INCLUDE
Router#

show mmls msc

MMLS に関する情報を表示するには、 show mmls msc コマンドを使用します。

show mmls msc [ cache | entry | icroif-cache | rpdf-cache | statistics | vpn ]

 
シンタックスの説明

cache

(任意)プロセス キャッシュのマルチキャスト ショートカットに関する情報を表示します。

entry

(任意)レイヤ 3 内のダンプ ハードウェア エントリに関する情報を表示します。

icroif-cache

(任意)ダンプ ICROIF キャッシュに関する情報を表示します。

rpdf-cache

(任意)ダンプ Bidir RPDF キャッシュに関する情報を表示します。

statistics

(任意)マルチキャスト ショートカット プロセスに関する統計情報を表示します。

vpn

(任意)VPN に関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

スイッチ プロセッサ--特権 EXEC(Switch-sp#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、MMLS に関する情報を表示する例を示します。

Switch-sp# show mmls msc
 
General Info
---------------------------------------------------+------+
Number shortcuts in software database 1890
Number of MFD in software database 1890
Router MAC 0001.64f8.1b00
Internal Vlan 4093
Aggregation Vlan 0
Aggregation Indexes 0
Current Size of inputQ 0
Maximum Size of inputQ 2
flow statistics timeout [sec] 25
non-rpf MFDs purge timeout [sec] 20
non-rpf MFDs aging timeout [sec] 2.0
Switch-sp#
 

次に、MMLS ショートカット プロセス キャッシュに関する情報を表示する例を示します。

Switch-sp# show mmls msc cache
 
-------------macg cache buckets for vpn 0-----------------
Bucket 90 #g: 1
Group mac address: 0100.5e01.0105
$$$ (S,G,C): (100.0.0.4, 224.1.1.5, 100) mfd_flag: 1 type: Sparse
$$$ (S,G,C): (0.0.0.0, 224.1.1.5, 1) mfd_flag: 1 type: Sparse
### vlan: 100 sc_count: 0 rpf_count: 1
### vlan: 1 sc_count: 0 rpf_count: 1
Bucket 91 #g: 1
Group mac address: 0100.5e01.0104
$$$ (S,G,C): (100.0.0.4, 224.1.1.4, 100) mfd_flag: 1 type: Sparse
$$$ (S,G,C): (0.0.0.0, 224.1.1.4, 1) mfd_flag: 1 type: Sparse
### vlan: 100 sc_count: 0 rpf_count: 1
### vlan: 1 sc_count: 0 rpf_count: 1
Bucket 92 #g: 1
Group mac address: 0100.5e01.0103
$$$ (S,G,C): (100.0.0.4, 224.1.1.3, 100) mfd_flag: 1 type: Sparse
$$$ (S,G,C): (0.0.0.0, 224.1.1.3, 1) mfd_flag: 1 type: Sparse
### vlan: 100 sc_count: 0 rpf_count: 1
### vlan: 1 sc_count: 0 rpf_count: 1
Bucket 93 #g: 1
Group mac address: 0100.5e01.0102
$$$ (S,G,C): (100.0.0.4, 224.1.1.2, 100) mfd_flag: 1 type: Sparse
$$$ (S,G,C): (0.0.0.0, 224.1.1.2, 1) mfd_flag: 1 type: Sparse
### vlan: 100 sc_count: 0 rpf_count: 1
### vlan: 1 sc_count: 0 rpf_count: 1
Bucket 94 #g: 1
Group mac address: 0100.5e01.0101
$$$ (S,G,C): (100.0.0.4, 224.1.1.1, 100) mfd_flag: 1 type: Sparse
$$$ (S,G,C): (0.0.0.0, 224.1.1.1, 1) mfd_flag: 1 type: Sparse
### vlan: 100 sc_count: 0 rpf_count: 1
### vlan: 1 sc_count: 0 rpf_count: 1
Switch-sp#

 

次に、ダンプ ICROIF キャッシュ情報を表示する例を示します。

Switch-sp# show mmls msc icroif-cache
 
msc_local_icroif_index: 0x493
msc_global_icroif_index: 0x494
 
ICROIF CACHE:
-------------
Module mask: 0x8 Icroif_index: 0x495
Switch-sp#
 

次に、PIM-RP の DF インターフェイスのダンプ リストを表示する例を示します。

Switch-sp# show mmls msc rpdf-cache
 
--------------- RP-CACHE [VPN-0] --------------
 
Bucket# :0
 
RP-addr: 1.0.0.1, Rpf: 0 Vpn: 0
DF-index: 0
DF-list: 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 212
Group-list:
(224.1.0.0/24, H)
G/m-count: 1, G/32-count: 1
 
Bucket# :2
 
RP-addr: 3.0.0.1, Rpf: 0 Vpn: 0
DF-index: 2
DF-list: 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 212
Group-list:
(224.1.2.0/24, H)
G/m-count: 1, G/32-count: 0
 
Bucket# :3
 
RP-addr: 2.0.0.1, Rpf: 0 Vpn: 0
DF-index: 1
DF-list: 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 212
Group-list:
(224.1.1.0/24, H)
G/m-count: 1, G/32-count: 1
 
Bucket# :5
 
RP-addr: 4.0.0.1, Rpf: 0 Vpn: 0
DF-index: 3
DF-list: 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 212
Group-list:
(224.1.3.0/24, H)
G/m-count: 1, G/32-count: 0
Switch-sp#
 

次に、マルチキャスト ショートカット プロセスの統計情報を表示する例を示します。

Switch-sp# show mmls msc statistics
 
Communication Statistics
--------------------------------------------------+------+
Number MSM PDU Received 1
Number MSM PDU Sent 1
Unsolicited Feature Notification Sent 1
Feature Notification Received 2
Feature Notification Sent 2
Stop retry Sent 0
Stop download Sent 0
 
Error Statistics
--------------------------------------------------+------+
L2 entry not found 0
LTL full error 0
MET full error 0
 
Debug Statistics
--------------------------------------------------+------+
HW Met failure 0
HW Dist failure 0
HW L3 Install failure 0
HW L3 Update failure 0
 
TLV Statistics
--------------------------------------------------+------+
INSTALL TLV Received 0
SELECTIVE DELETE TLV Received 0
GROUP DELETE TLV Received 0
UPDATE TLV Received 0
INPUT VLAN DELETE TLV Received 0
OUTPUT VLAN DELETE TLV Received 0
GLOBAL DELETE TLV Received 0
MFD INSTALL TLV Received 0
MFD DELETE TLV Received 0
MFD GLOBAL DELETE Received 0
NRPF MFD INSTALL TLV Received 0
NRPF MFD DELETE TLV Received 0
SUBNET INSTALL TLV Received 15
SUBNET DELETE TLV Received 0
MVPN INSTALL TLV Received 0
MVPN SELECTIVE DELETE TLV Received 0
MVPN UPDATE TLV Received 0
MVPN GROUP DELETE TLV Received 0
MVPN MFD INSTALL TLV Received 0
MVPN MFD DELETE TLV Received 0
MVPN BIDIR RPDF UPDATE TLV Received 0
MVPN BIDIR RP UPDATE TLV Received 0
MVPN BIDIR CLEAR ALL GRP TLV Received 0
MVPN BIDIR CLEAR RP GRP TLV Received 0
MVPN BIDIR CLEAR ALL DF TLV Received 0
MVPN BIDIR CLEAR RP DF TLV Received 0
MVPN BIDIR CLEAR ALL RP TLV Received 0
MVPN BIDIR NONDF INSTALL TLV Received 0
 
INSTALL TLV Ack Sent 0
SELECTIVE DELETE TLV Ack Sent 0
GROUP DELETE TLV Ack Sent 0
UPDATE TLV Ack Sent 0
INPUT VLAN DELETE TLV Ack Sent 0
OUTPUT VLAN DELETE TLV Ack Sent 0
GLOBAL DELETE TLV Ack Sent 0
MFD INSTALL TLV Ack Sent 0
MFD DELETE TLV Ack Sent 0
MFD GLOBAL DELETE Ack Sent 0
NRPF MFD INSTALL TLV Ack Sent 0
NRPF MFD DELETE TLV Ack Sent 0
SUBNET INSTALL TLV Ack Sent 15
SUBNET DELETE TLV Ack Sent 0
MVPN INSTALL TLV Ack Sent 0
MVPN SELECTIVE DELETE TLV Ack Sent 0
MVPN UPDATE TLV Ack Sent 0
MVPN GROUP DELETE TLV Ack Sent 0
MVPN MFD INSTALL TLV Ack Sent 0
MVPN MFD DELETE TLV Ack Sent 0
MVPN BIDIR RPDF UPDATE TLV Ack Sent 0
MVPN BIDIR RP UPDATE TLV Ack Sent 0
MVPN BIDIR CLEAR ALL GRP TLV Ack Sent 1
MVPN BIDIR CLEAR RP GRP TLV Ack Sent 0
MVPN BIDIR CLEAR ALL DF TLV Ack Sent 0
MVPN BIDIR CLEAR RP DF TLV Ack Sent 0
MVPN BIDIR CLEAR ALL RP TLV Ack Sent 0
MVPN BIDIR NONDF INSTALL TLV Ack Sent 0
 
TLV Error Statistics
--------------------------------------------------+------+
Generic error 0
L3 entry exist error 0
Hash collision error 0
L3 entry not found 0
MFD exist error 0
MFD not found error 0
Invalid subnet error 0
Bidir-RP not found error 0
Bidir-DF partial fail error 0
Bidir-DF Table full error 0
 
TLV Debug Statistics
--------------------------------------------------+------+
Non RPF L3 failure 0
Bidir DF install 0
Bidir DF failure 0
Bidir NDF install 0
Bidir NDF failure 0
Bidir DF err-tlv sent 0
Bidir GRP err-tlv sent 0
Switch-sp#
 

show mobility

レイヤ 3 モビリティおよびワイヤレス ネットワークに関する情報を表示するには、 show mobility コマンドを使用します。

show mobility {{ ap [ ipaddr ]} | { mn [ ip ipaddr ]} | { mac mac-addr } | { network network-id } | status }

 
シンタックスの説明

ap

アクセス ポイントに関する情報を表示します。

ipaddr

(任意)IP アドレス

mn

モバイル ノードに関する情報を表示します。

ip ipaddr

(任意)IP データベース スレッドに関する情報を表示します。

mac mac-addr

(任意)MAC データベース スレッドに関する情報を表示します。

network network-id

特定のワイヤレス ネットワーク ID に関する情報を表示します。

status

ステータス情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、WLSM が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチだけでサポートされます。

次に、アクセス ポイントに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mobility ap
AP IP Address AP Mac Address Wireless Network-ID
--------------- -------------- -------------------
148.1.1.2 000d.29a2.a852 101 102 109 103
Router#
 

次に、特定のネットワーク ID のアクセス ポイントに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mobility ap 148.1.1.2 detail
IP Address : 148.1.1.2
MAC Address : 000d.29a2.a852
Participating Wireless Tunnels: 101, 102, 109, 103
 
Registered Mobile Nodes on AP {148.1.1.2, 000d.29a2.a852} :
MN Mac Address MN IP Address AP IP Address Wireless Network-ID
-------------- --------------- --------------- -------------------
000a.8afa.85c9 10.1.3.11 148.1.1.2 103
000d.bdb7.83f7 10.1.2.11 148.1.1.2 102
000d.bdb7.83fb 10.1.1.11 148.1.1.2 101
Router#
 
Router# show mobility network-id 101
Wireless Network ID : 101
Wireless Tunnel Source IP Address : 1.1.1.1
Wireless Network Properties : Trusted
Wireless Network State : Up
 
Registered Access Point on Wireless Network 101:
AP IP Address AP Mac Address Wireless Network-ID
--------------- -------------- -------------------
148.1.1.2 000d.29a2.a852 101 102 109 103
 
Registered Mobile Nodes on Wireless Network 101:
MN Mac Address MN IP Address AP IP Address Wireless Network-ID
-------------- --------------- --------------- -------------------
000d.bdb7.83fb 10.1.1.11 148.1.1.2 101
Router#
 
Router# show mobility status
WLAN Module is located in Slot: 4 (HSRP State: Active) LCP
Communication status : up
MAC address used for Proxy ARP: 0030.a349.d800
Number of Wireless Tunnels : 1
Number of Access Points : 2
Number of Mobile Nodes : 0
Wireless Tunnel Bindings:
Src IP Address Wireless Network-ID Flags
--------------- ------------------- -------
1.1.1.1 101 B
Flags: T=Trusted, B=IP Broadcast enabled, A=TCP Adjust-mss enabled
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mobility

ワイヤレス mGRE トンネルを設定します。

 

show module

モジュールのステータスと情報を表示するには、 show module コマンドを使用します。

show module [ mod-num | all | power | provision | version ]

 
シンタックスの説明

mod - num

(任意)モジュール番号

all

(任意)すべてのモジュールの情報を表示します。

power

(任意)管理ステータスと動作ステータスを表示します。

provision

(任意)モジュール プロビジョニングに関するステータスを表示します。

version

(任意)バージョン情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show module コマンド出力の Mod Sub-Module フィールドには、スーパーバイザ エンジン番号に、アップリンク ドータ カードのモジュール タイプおよび情報が付加されて表示されます。

引数を指定しないで show module コマンド を入力すると、 show module all コマンドを入力した場合と同じになります。

次に、Supervisor Engine 720 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチのすべてのモジュールに関する情報を表示する例を示します。

Router# show module
Mod Ports Card Type Model Serial No.
--- ----- -------------------------------------- ------------------ -----------
5 2 Supervisor Engine 720 (Active) WS-SUP720-BASE SAD0644030K
8 48 aCEF720 48 port 10/100/1000 Ethernet WS-X6748-GE-TX SAD07010045
9 32 dCEF720 32 port Gigabit Ethernet WS-X6832-SFP SAD07010045
 
Mod MAC addresses Hw Fw Sw Status
--- ---------------------------------- ------ ------------ ------------ -------
5 00e0.aabb.cc00 to 00e0.aabb.cc3f 1.0 12.2(2003012 12.2(2003012 Ok
8 0005.9a3b.d8c4 to 0005.9a3b.d8c7 0.705 7.1(0.12-Eng 12.2(2003012 Ok
9 00e0.b0ff.f0f4 to 00e0.b0ff.f0f5 0.207 12.2(2002082 12.2(2003012 Ok
 
Mod Sub-Module Model Serial Hw Status
--- --------------------------- --------------- --------------- ------- -------
5 Policy Feature Card 3 WS-F6K-PFC3 SAD0644031P 0.302 Ok
5 PISA Daughtercard WS-SUP720 SAD06460172 0.701
 
Mod Online Diag Status
--- -------------------
5 Not Available
7 Bypass
8 Bypass
9 Bypass
Router#

 

次に、特定のモジュールの情報を表示する例を示します。

Router# show module 2
Mod Ports Card Type Model Serial No.
--- ----- -------------------------------------- ------------------ -----------
5 2 Supervisor Engine 720 (Active) WS-SUP720-BASE SAD0644030K
 
Mod MAC addresses Hw Fw Sw Status
--- ---------------------------------- ------ ------------ ------------ -------
5 00e0.aabb.cc00 to 00e0.aabb.cc3f 1.0 12.2(2003012 12.2(2003012 Ok
 
Mod Sub-Module Model Serial Hw Status
--- --------------------------- --------------- --------------- ------- -------
5 Policy Feature Card 3 WS-F6K-PFC3 SAD0644031P 0.302 Ok
5 PISA Daughtercard WS-SUP720 SAD06460172 0.701
 
Mod Online Diag Status
--- -------------------
5 Not Available
Router#
 

次に、バージョン情報を表示する例を示します。

Router# show module version
Mod Port Model Serial # Versions
--- ---- ------------------ ----------- --------------------------------------
2 0 WS-X6182-2PA Hw : 1.0
Fw : 12.2(20030125:231135)
Sw : 12.2(20030125:231135)
4 16 WS-X6816-GBIC SAD04400CEE Hw : 0.205
6 2 WS-X6K-SUP3-BASE SAD064300GU Hw : 0.705
Fw : 7.1(0.12-Eng-02)TAM
Sw : 12.2(20030125:231135)
Sw1: 8.1(0.45)KIS
WS-X6K-SUP3-PFC3 SAD064200VR Hw : 0.701
Fw : 12.2(20021016:001154)
Sw : 12.2(20030125:231135)
WS-F6K-PFC3 SAD064300M7 Hw : 0.301
9 48 WS-X6548-RJ-45 SAD04490BAC Hw : 0.301
Fw : 6.3(1)
Sw : 7.5(0.30)CFW11
Router#
 

次に、モジュールの管理ステータスと動作ステータスを表示する例を示します。

Router# show module power
Mod Card Type Admin Status Oper Status
--- -------------------------------------- ------------ ------------
1 SFM-capable 48-port 10/100 Mbps RJ45 on on
4 SFM-capable 16 port 1000mb GBIC on on
5 Supervisor Engine 720 (Active) on on
Router#
 

次に、モジュール プロビジョニング情報を表示する例を示します。

Router# show module provision
Module Provision
1 dynamic
2 dynamic
3 dynamic
4 dynamic
5 dynamic
6 dynamic
7 dynamic
8 dynamic
9 dynamic
10 dynamic
11 dynamic
12 dynamic
13 dynamic
Router#

 

show monitor permit-list

設定されている許可リストの状態とインターフェイスを表示するには、 show monitor permit-list コマンドを使用します。

show monitor permit-list

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、設定済みの許可リストの状態とインターフェイスを表示する例を示します。

Router# show monitor permit-list
SPAN Permit-list :Admin Enabled
Permit-list ports :Gi5/1-4,Gi6/1
Router(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

monitor permit-list

宛先ポート許可リストを設定するか、既存の宛先ポート許可リストに追加します。

 

show monitor session

ERSPAN、SPAN、および RSPAN セッションに関する情報を表示するには、 show monitor session コマンドを使用します。

show monitor session [{ range session-range } | local | remote | all | session ]

show monitor session [ erspan-destination | erspan-source ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

range session-range

(任意)セッションの範囲を表示します。有効値は 1 ~ 66 です。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

local

(任意)ローカル SPAN セッションだけを表示します。

remote

(任意)RSPAN の送信元および宛先セッションを両方とも表示します。

all

(任意)すべてのセッションを表示します。

session

(任意)セッション番号。有効値は 1 ~ 66 です。

erspan-destination

(任意)宛先 ERSPAN セッションに関する情報だけを表示します。

erspan-source

(任意)送信元 ERSPAN セッションに関する情報だけを表示します。

detail

(任意)詳細なセッション情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

セッション範囲を入力する場合は、ダッシュ(-)を使用して範囲を指定するか、またはカンマ(,)を使用して複数のエントリを区切ります。カンマまたはダッシュの前後にスペースを入力しないでください。

複数の範囲を入力するには、範囲をカンマで区切ります。

セッションを指定しないで show monitor session コマンドを入力すると、すべてのセッションの情報が表示されます。

次に、特定のセッションに関するモニタ設定の保存済みバージョンを表示する例を示します。

Router# show monitor session 2
Session 2
------------
Type : Remote Source Session
Source Ports:
RX Only: Fa1/1-3
Dest RSPAN VLAN: 901
Router#
 

次に、特定のセッションに関するモニタ設定の保存済みバージョンの詳細情報を表示する例を示します。

Router# show monitor session 2 detail
Session 2
------------
Type : Remote Source Session
 
Source Ports:
RX Only: Fa1/1-3
TX Only: None
Both: None
Source VLANs:
RX Only: None
TX Only: None
Both: None
Source RSPAN VLAN: None
Destination Ports: None
Filter VLANs: None
Dest RSPAN VLAN: 901
Router#
 

次に、宛先 ERSPAN セッションに関する情報だけを表示する例を示します。

Router# show monitor session erspan-destination
Session 2
---------
Type : ERSPAN Destination Session
Status : Admin Disabled
Router#
 

次に、宛先 ERSPAN セッションに関する詳細情報だけを表示する例を示します。

Router# show monitor session erspan-destination detail
Session 2
---------
Type : ERSPAN Destination Session
Status : Admin Disabled
Description : -
Source Ports :
RX Only : None
TX Only : None
Both : None
Source VLANs :
RX Only : None
TX Only : None
Both : None
Source RSPAN VLAN : None
Destination Ports : None
Filter VLANs : None
Destination RSPAN VLAN : None
Source IP Address : None
Source IP VRF : None
Source ERSPAN ID : None
Destination IP Address : None
Destination IP VRF : None
Destination ERSPAN ID : None
Origin IP Address : None
IP QOS PREC : 0
IP TTL : 255
Router#
 

次に、送信元 ERSPAN セッションに関する情報だけを表示する例を示します。

Router# show monitor session erspan-source
Session 1
---------
Type : ERSPAN Source Session
Status : Admin Disabled
Session 3
---------
Type : ERSPAN Source Session
Status : Admin Disabled
Router#
 

次に、送信元 ERSPAN セッションに関する詳細情報だけを表示する例を示します。

Router# show monitor session erspan-source detail
Session 1
---------
Type : ERSPAN Source Session
Status : Admin Disabled
Description : -
Source Ports :
RX Only : None
TX Only : None
Both : None
Source VLANs :
RX Only : None
TX Only : None
Both : None
Source RSPAN VLAN : None
Destination Ports : None
Filter VLANs : None
Destination RSPAN VLAN : None
Source IP Address : None
Source IP VRF : None
Source ERSPAN ID : None
Destination IP Address : None
Destination IP VRF : None
Destination ERSPAN ID : None
Origin IP Address : None
IP QOS PREC : 0
IP TTL : 255
 
Session 3
---------
Type : ERSPAN Source Session
Status : Admin Disabled
Description : -
Source Ports :
RX Only : None
TX Only : None
Both : None
Source VLANs :
RX Only : None
TX Only : None
Both : None
Source RSPAN VLAN : None
Destination Ports : None
Filter VLANs : None
Destination RSPAN VLAN : None
Source IP Address : None
Source IP VRF : None
Source ERSPAN ID : None
Destination IP Address : None
Destination IP VRF : None
Destination ERSPAN ID : None
Origin IP Address : None
IP QOS PREC : 0
IP TTL : 255
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

monitor session

新規 ERSPAN、SPAN または RSPAN セッションの開始、既存セッションに対するインターフェイスまたは VLAN の追加や削除、特定の VLAN への ERSPAN、SPAN、または RSPAN トラフィックのフィルタリング、セッションの削除を行います。

monitor session type

ERSPAN 送信元セッション番号を作成するか、セッションに対して ERSPAN セッション コンフィギュレーション モードを開始します。

remote-span

VLAN を RSPAN VLAN として設定します。

 

show mpls l2transport vc

ルータ上の仮想回線のステートを表示するには、 show mpls l2transport vc コマンドを使用します。

show mpls l2transport vc [ detail ] [[ vc-id ] | [ vc-id-min ] vc-id-max ] | [ summary ]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)PE ルータ上の仮想回線に関する詳細情報を表示します。

vc-id

(任意)仮想回線 ID

vc-id-min

(任意)表示する仮想回線 ID の範囲を指定します。有効値は 0 ~ 429,467,295 です。

vc-id-max

(任意)仮想回線 ID の範囲。有効値は 0 ~ 429,467,295 です。

summary

(任意)PE ルータの MPLS インターフェイス上のアクティブ仮想回線のサマリーを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、スイッチ上の仮想回線のステータスを表示する例を示します。

Router# show mpls l2transport vc
Transport Client VC Local Remote Tunnel
VC ID Intf State VC Label VC Label Label
4 Vl4 UP 23 21 77
101 Vl101 UP 24 22 77
Router#
 

次に、 summary キーワードの出力例を示します。

Router# show mpls l2transport vc summary
MPLS interface VC summary:
interface: Gi8/1, programmed imposition vcs: 1
interface: Gi8/3, programmed imposition vcs: 1
 
VC summary (active/non-active) by destination:
destination: 13.0.0.1, Number of locally configured vc(s): 2

Router#

 

次に、スイッチ インターフェイス上で現在ルーティングされている仮想回線について、詳細情報を表示する例を示します。

Router# show mpls l2transport vc detail
VC ID: 111, Local Group ID: 5, Remote Group ID: 2 (VC is up)
Client Intf: Gi1/0.1 is up, Destination: 2.2.2.2, Peer LDP Ident: 2.2.2.2:0
Local VC Label: 17, Remote VC Label: 17, Tunnel Label: 16
Outgoing Interface: Gi0/0, Next Hop: 12.1.1.3
Local MTU: 1500, Remote MTU: 1500
Remote interface description: GigabitEthernet0/0.1
Imposition: LC Programmed
Current Imposition/Last Disposition Slot: 1/255
Packet Totals(in/out): 0/0
Byte totals(in/out): 0/0
 
VC ID: 123, Local Group ID: 6, Remote Group ID: 3 (VC is up)
Client Intf: Gi1/0.2 is up, Destination: 2.2.2.2, Peer LDP Ident: 2.2.2.2:0
Local VC Label: 18, Remote VC Label: 19, Tunnel Label: 16
Outgoing Interface: Gi0/0, Next Hop: 12.1.1.3
Local MTU: 1500, Remote MTU: 1500
Remote interface description: GigabitEthernet0/0.2
Imposition: LC Programmed
Current Imposition/Last Disposition Slot: 1/255
Packet Totals(in/out): 0/0
Byte totals(in/out): 0/0
Router#
 

次に、指定された仮想回線に関する詳細仮想回線情報を表示する例を示します。

Router# show mpls l2transport vc 111 detail
 
VC ID: 111, Local Group ID: 5, Remote Group ID: 2 (VC is up)
Client Intf: Gi1/0.1 is up, Destination: 2.2.2.2, Peer LDP Ident: 2.2.2.2:0
Local VC Label: 17, Remote VC Label: 17, Tunnel Label: 16
Outgoing Interface: Gi0/0, Next Hop: 12.1.1.3
Local MTU: 1500, Remote MTU: 1500
Remote interface description: GigabitEthernet0/0.1
Imposition: LC Programmed
Current Imposition/Last Disposition Slot: 1/255
Packet Totals(in/out): 0/0
Byte totals(in/out): 0/0
Router#
 

表 2-83 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-83 show mpls l2transport vc コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Transport VC ID

スイッチ上のインターフェイスのいずれかに割り当てられた仮想回線識別子

Client Intf

レイヤ 2 VLAN パケットが通過する入力または出力インターフェイス

VC State

仮想回線のステータス。ステータスは、次のいずれかになります。

UP:仮想回線は、2 つの仮想回線エンド ポイント間でトラフィックを伝送できる状態です。インポジションおよびディスポジション インターフェイスが両方ともプログラムされている場合に、仮想回線は有効です。

ディスポジション インターフェイスは、仮想回線が設定されていて、クライアント インターフェイスが起動している場合にプログラムされます。

インポジション インターフェイスは、ディスポジション インターフェイスがプログラムされていて、リモート仮想回線ラベルおよび IGP ラベルが設定されている場合にプログラムされます。バックツーバック設定では、IGP ラベルは暗黙的にヌルに設定できます (IGP ラベルは、ピアに対する LSP が存在することを意味します)。

DOWN:VC は、2 つの仮想回線エンド ポイント間でトラフィックを伝送する準備ができていません。

Local VC Label

ルータがピア ルータに送信する仮想回線ラベル。ピア ルータがインポジション中に使用します。ローカル仮想回線ラベルは、ディスポジション ラベルで、MPLS バックボーンから着信するパケットの出力インターフェイスを判別します。

Remote VC Label

リモート ピア ルータのディスポジション仮想回線ラベル

Tunnel Label

MPLS バックボーンを介して、出力インターフェイスを搭載した宛先ルータにパケットをルーティングするために使用される IGP ラベル

VC ID

ルータ上のインターフェイスのいずれかに割り当てられた仮想回線識別子

Local Group ID

仮想回線をローカルにグループ化するために使用される ID。MPLS 上のイーサネットは、ハードウェア ポート(ルータのポートごとに一意)別に仮想回線をグループ化します。

Remote Group ID

複数の仮想回線をグループ化するためにピアで使用される ID

Client

レイヤ 2 VLAN パケットが通過する入力または出力インターフェイス

Destination

この仮想回線に指定された宛先。宛先 IP アドレスは mpls l2transport route vc コマンド内で指定します。

Peer LDP ID

目的のピアの LDP IP アドレス

Outgoing Interface

仮想回線の出力インターフェイス

Next Hop

ネクスト ホップの IP アドレス

Local MTU

クライアント インターフェイスに指定された最大伝送ユニット

Remote MTU

リモート ルータのクライアント インターフェイスに指定された最大伝送ユニット

Imposition

モジュールのステータス

LC programmed

プログラムされていない LC

Current Imposition/ Last Disposition Slot

現行インポジションは、インポジションに使用される発信インターフェイスです。

最終ディスポジション スロットは、この仮想回線のパケットが着信するインターフェイスです。

Packet Totals (in/out)

各方向に転送されるパケットの総数

Byte Totals (in/out)

各方向に転送される合計バイト数

 
関連コマンド

コマンド
説明

mpls l2transport route

MPLS 上のレイヤ 2 パケットのルーティングをイネーブルにします。

 

show mpls platform

プラットフォーム固有の情報を表示するには、 show mpls platform コマンドを使用します。

show mpls platform { common | eompls | gbte-tunnels | reserved-vlans vlan vlan-id | { statistics [ reset ]} | vpn-vlan-mapping }

 
シンタックスの説明

common

LAN および WAN インターフェイス間の共有コードのカウンタを表示します。

eompls

EoMPLS 対応インターフェイスに関する情報を表示します。

gbte-tunnels

MMLS GBTE トンネルに関する情報を表示します。

reserved-vlans vlan vlan-id

RP 予約済み VLAN show コマンドを表示します。有効値は 0 ~ 4095 です。

statistics

RP コントロール プレーン統計情報を表示します。

reset

(任意)統計カウンタをリセットします。

vpn-vlan-mapping

VPN/VLAN マッピング テーブルに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、LAN および WAN インターフェイス間の共有コードのカウンタを表示する例を示します。

Router# show mpls platform common
Common MPLS counters for LAN and WAN
-------------------------------------
 
No. of MPLS configured LAN interfaces = 12
No. of cross-connect configured VLAN interfaces = 0
Router#
 

次に、EoMPLS 対応インターフェイスの情報を表示する例を示します。

Router# show mpls platform eompls
Interface VLAN
GigabitEthernet 101
FastEthernet6/1 2022
Router#
 

次に、GBTE トンネル情報を表示する例を示します。

Router# show mpls platform gbte-tunnels
To From InLbl I/I/F kbps Kbits H/W Info
Router#
 

次に、RP 予約済み VLAN show コマンドを表示する例を示します。

Router# show mpls platform reserved-vlans vlan 1005
Router#
 

) この例は、設定されている予約済み VLAN がない場合の出力を示しています。


次に、RP コントロール プレーン統計に関する情報を表示する例を示します。

Router# show mpls platform statistics
RP MPLS Control Plane Statistics:
==================================================
Reserved VLAN creates 0000000001
Reserved VLAN frees 0000000000
Reserved VLAN creation failures 0000000000
Aggregate Label adds 0000000001
Aggregate Label frees 0000000000
Aggregate Labels in Superman 0000000001
Feature Rsvd VLAN Reqs 0000000000
Feature Gen Rsvd VLAN Reqs 0000000000
Feature Rsvd VLAN Free Reqs 0000000000
EoMPLS VPN# Msgs 0000000009
EoMPLS VPN# Msg Failures 0000000000
EoMPLS VPN# Msg Rsp Failures 0000000000
EoMPLS VPN# Set Reqs 0000000010
EoMPLS VPN# Reset Reqs 0000000008
FIDB mallocs 0000000000
FIDB malloc failures 0000000000
FIDB frees 0000000000
EoMPLS Req mallocs 0000000018
EoMPLS Req malloc failures 0000000000
EoMPLS Req frees 0000000018
EoMPLS VPN# allocs 0000000010
EoMPLS VPN# frees 0000000008
EoMPLS VPN# alloc failures 0000000000
GB TE tunnel additions 0000000000
GB TE tunnel label resolves 0000000000
GB TE tunnel deletions 0000000000
GB TE tunnel changes 0000000000
GB TE tunnel heads skips 0000000000
gb_flow allocs 0000000000
gb_flow frees 0000000000
rsvp req creats 0000000000
rsvp req frees 0000000000
rsvp req malloc failures 0000000000
gb_flow malloc failures 0000000000
psb search failures 0000000000
GB TE tunnel deleton w/o gb_flow 0000000000
errors finding slot number 0000000000
Router#
 

次に、RP コントロール プレーン統計カウンタをリセットする例を示します。

Router# show mpls platform statistics reset
Resetting Const RP MPLS control plane software statistics ...
GB TE tunnel additions 0000000000
GB TE tunnel label resolves 0000000000
GB TE tunnel deletions 0000000000
GB TE tunnel changes 0000000000
GB TE tunnel heads skips 0000000000
gb_flow allocs 0000000000
gb_flow frees 0000000000
rsvp req creats 0000000000
rsvp req frees 0000000000
rsvp req malloc failures 0000000000
gb_flow malloc failures 0000000000
psb search failures 0000000000
GB TE tunnel deleton w/o gb_flow 0000000000
errors finding slot number 0000000000
Router#
 

次に、VPN/VLAN マッピング テーブルに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mpls platform vpn-vlan-mapping
VPN# Rsvd Vlan IDB Created Feature Has agg label In superman EoM data
0 1025 Yes No No No No
1 0 No No Yes Yes No
Router#
 

 

 

show mpls ttfib

MPLS TTFIB テーブルに関する情報を表示するには、 show mpls ttfib コマンドを使用します。

show mpls ttfib [{ detail [ hardware ]} | { vrf instance [ detail ]}

 
シンタックスの説明

detail

(任意)詳細情報を表示します。

hardware

(任意)ハードウェアの詳細情報を表示します。

vrf instance

(任意)指定された VPN ルーティング/転送インスタンスのエントリを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、MPLS TTFIB テーブルに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mpls ttfib
Local Outgoing Packets Tag LTL Dest. Destination Outgoing
Tag Tag or VC Switched Index Vlanid Mac Address Interface
4116 21 0 0xE0 1020 0000.0400.0000 PO4/1*
34 0 0x132 1019 00d0.040d.380a GE5/3
45 0 0xE3 4031 0000.0430.0000 PO4/4
4117 16 0 0x132 1019 00d0.040d.380a GE5/3*
17 0 0xE0 1020 0000.0400.0000 PO4/1
18 0 0xE3 4031 0000.0430.0000 PO4/4
4118 21 0 0xE0 1020 0000.0400.0000 PO4/1*
56 0 0xE3 4031 0000.0430.0000 PO4/4
4119 35 0 0xE3 4031 0000.0430.0000 PO4/4*
47 0 0xE0 1020 0000.0400.0000 PO4/1

 

show pagp

ポート チャネル情報を表示するには、 show pagp コマンドを使用します。

show pagp [ group-number ] { counters | internal | neighbor | pgroup }

 
シンタックスの説明

group-number

(任意)チャネル グループ番号を指定します。有効値は 1 ~ 282 の最大 64 個の値です。

counters

トラフィック情報を表示します。

internal

内部情報を表示します。

neighbor

ネイバ情報を表示します。

pgroup

アクティブなポート チャネルを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show pagp コマンドを入力すると、アクティブ ポートチャネルの情報が表示されます。非アクティブなポートチャネルの情報を表示するには、グループを指定して show pagp コマンドを入力します。

257 ~ 282 の port-channel number 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

次に、PAgP カウンタに関する情報を表示する例を示します。

Router# show pagp counters
Information Flush
Port Sent Recv Sent Recv
--------------------------------------
Channel group: 1
Fa5/4 2660 2452 0 0
Fa5/5 2676 2453 0 0
Channel group: 2
Fa5/6 289 261 0 0
Fa5/7 290 261 0 0
Channel group: 1023
Fa5/9 0 0 0 0
Channel group: 1024
Fa5/8 0 0 0 0
Router#

次に、PAgP 内部情報を表示する例を示します。

Router# show pagp 1 internal
Flags: S - Device is sending Slow hello. C - Device is in Consistent state.
A - Device is in Auto mode.
Timers: H - Hello timer is running. Q - Quit timer is running.
S - Switching timer is running. I - Interface timer is running.
 
Channel group 1
Hello Partner PAgP Learning
Port Flags State Timers Interval Count Priority Method
Fa5/4 SC U6/S7 30s 1 128 Any
Fa5/5 SC U6/S7 30s 1 128 Any
Router#
 

次に、すべてのネイバの PAgP ネイバ情報を表示する例を示します。

Router# show pagp neighbor
Flags: S - Device is sending Slow hello. C - Device is in Consistent state.
A - Device is in Auto mode. P - Device learns on physical port.
 
Channel group 1 neighbors
Partner Partner Partner Partner Group
Port Name Device ID Port Age Flags Cap.
Fa5/4 JAB031301 0050.0f10.230c 2/45 2s SAC 2D
Fa5/5 JAB031301 0050.0f10.230c 2/46 27s SAC 2D
 
Channel group 2 neighbors
Partner Partner Partner Partner Group
Port Name Device ID Port Age Flags Cap.
Fa5/6 JAB031301 0050.0f10.230c 2/47 10s SAC 2F
Fa5/7 JAB031301 0050.0f10.230c 2/48 11s SAC 2F
 
Channel group 1023 neighbors
Partner Partner Partner Partner Group
Port Name Device ID Port Age Flags Cap.
 
Channel group 1024 neighbors
Partner Partner Partner Partner Group
Port Name Device ID Port Age Flags Cap.
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

pagp learn-method

着信パケットの入力インターフェイスを学習します。

pagp port-priority

ホット スタンバイ モードのポートを選択します。

 

show platform

プラットフォーム情報を表示するには、 show platform コマンドを使用します。

show platform { buffers | eeprom | fault | { hardware capacity } | { hardware pfc mode } | internal-vlan | netint | { software ipv6-multicast connected } | { tech-support ipmulticast group-ip-addr src-ip-addr } | tlb }

 
シンタックスの説明

buffers

バッファ割り当て情報を表示します。

eeprom

CPU EEPROM 情報を表示します。

fault

障害日付を表示します。

hardware capacity

ハードウェア リソースの容量と利用率を表示します。 show platform hardware capacity コマンドを参照してください。

hardware pfc mode

装着されている PFC のタイプを表示します。

internal-vlan

内部 VLAN を表示します。

netint

プラットフォームのネットワーク割り込み情報を表示します。

software ipv6-multicast connected

ルート プロセッサ上のすべての IPv6 サブネットの ACL エントリを表示します。 show platform software ipv6-multicast コマンドを参照してください。

tech-support ipmulticast

TAC 用の IP マルチキャスト関連情報を表示します。

group-ip-addr

グループ IP アドレス。

src-ip-addr

送信元 IP アドレス。

tlb

TLB レジスタに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、バッファ割り当て情報を表示する例を示します。

Router# show platform buffers
Reg. set Min Max
TX 640
ABQ 640 16384
0 0 40
1 6715 8192
2 0 0
3 0 0
4 0 0
5 0 0
6 0 0
7 0 0
Threshold = 8192
Vlan Sel Min Max Cnt Rsvd
1019 1 6715 8192 0 0
Router#
 

次に、CPU EEPROM 情報を表示する例を示します。

Router# show platform eeprom
PISA CPU IDPROM:
IDPROM image:
 
IDPROM image block #0:
hexadecimal contents of block:
00: AB AB 02 9C 13 5B 02 00 00 02 60 03 03 E9 43 69 .....[....`...Ci
10: 73 63 6F 20 53 79 73 74 65 6D 73 00 00 00 00 00 sco Systems.....
20: 00 00 57 53 2D 58 36 4B 2D 53 55 50 33 2D 50 46 ..WS-X6K-SUP3-PF
30: 43 33 00 00 00 00 53 41 44 30 36 34 34 30 31 57 C3....SAD064401W
40: 4C 00 00 00 00 00 00 00 00 00 37 33 2D 37 34 30 L.........73-740
50: 34 2D 30 37 00 00 00 00 00 00 30 35 00 00 00 00 4-07......05....
60: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
70: 00 00 00 00 02 BD 00 00 00 00 00 09 00 05 00 01 ................
80: 00 03 00 01 00 01 00 02 03 E9 00 00 00 00 00 00 ................
90: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ............
 
block-signature = 0xABAB, block-version = 2,
block-length = 156, block-checksum = 4955
 
*** common-block ***
IDPROM capacity (bytes) = 512 IDPROM block-count = 2
FRU type = (0x6003,1001)
OEM String = 'Cisco Systems'
Product Number = 'WS-X6K-SUP3-PFC3'
Serial Number = 'SAD064401WL'
Manufacturing Assembly Number = '73-7404-07'
Manufacturing Assembly Revision = '05'
Hardware Revision = 0.701
Manufacturing bits = 0x0 Engineering bits = 0x0
SNMP OID = 9.5.1.3.1.1.2.1001
Power Consumption = 0 centiamperes RMA failure code = 0-0-0-0
CLEI =
*** end of common block ***
 
IDPROM image block #1:
hexadecimal contents of block:
00: 60 03 02 67 0C 24 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 `..g.$..........
10: 00 00 00 00 00 00 00 51 00 05 9A 3A 7E 9C 00 00 .......Q...:~...
20: 02 02 00 01 00 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
30: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
40: 14 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
50: 00 00 81 81 81 81 80 80 80 80 80 80 80 80 80 80 ................
60: 80 80 06 72 00 46 37 ...r.F7
 
block-signature = 0x6003, block-version = 2,
block-length = 103, block-checksum = 3108
 
*** linecard specific block ***
feature-bits = 00000000 00000000
hardware-changes-bits = 00000000 00000000
card index = 81
mac base = 0005.9A3A.7E9C
mac_len = 0
num_processors = 2
epld_num = 2
epld_versions = 0001 0001 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
port numbers:
pair #0: type=14, count=01
pair #1: type=00, count=00
pair #2: type=00, count=00
pair #3: type=00, count=00
pair #4: type=00, count=00
pair #5: type=00, count=00
pair #6: type=00, count=00
pair #7: type=00, count=00
sram_size = 0
sensor_thresholds =
sensor #0: critical = -127 oC (sensor present but ignored), warning = -127 oC (sensor present but ignored)
sensor #1: critical = -127 oC (sensor present but ignored), warning = -127 oC (sensor present but ignored)
sensor #2: critical = -128 oC (sensor not present), warning = -128 oC (sensor not present)
sensor #3: critical = -128 oC (sensor not present), warning = -128 oC (sensor not present)
sensor #4: critical = -128 oC (sensor not present), warning = -128 oC (sensor not present)
sensor #5: critical = -128 oC (sensor not present), warning = -128 oC (sensor not present)
sensor #6: critical = -128 oC (sensor not present), warning = -128 oC (sensor not present)
sensor #7: critical = -128 oC (sensor not present), warning = -128 oC (sensor not present)
max_connector_power = 1650
cooling_requirement = 70
ambient_temp = 55
*** end of linecard specific block ***
Router#
 

次に、障害日付情報を表示する例を示します。

Router# show platform fault
Fault History Buffer:
s72033_rp Software (s72033_rp-JSV-M), Experimental Version 12.2(20030331:071521) [kkuttuva-CSCea55513-const2 120]
Compiled Mon 31-Mar-03 21:58 by kkuttuva
Signal = 10, Code = 0x1C, Uptime 00:01:14
$0 : 00000000, AT : 00000000, v0 : 00000000, v1 : 00000000
a0 : 00000000, a1 : 10050000, a2 : 00000000, a3 : 43F4B614
t0 : 50A19548, t1 : 10048000, t2 : 10040000, t3 : 10050000
t4 : 43F515A8, t5 : 43F515A4, t6 : 43F515A0, t7 : 43F5159C
s0 : 50A19548, s1 : 00000000, s2 : 50A19548, s3 : 10030100
s4 : 10030000, s5 : 41700000, s6 : 43F4B614, s7 : 41DB0000
t8 : 43F51614, t9 : 00000000, k0 : 5032D19C, k1 : 40231598
gp : 41F96960, sp : 50A19508, s8 : 422183A0, ra : 4027FB50
EPC : 4027FB84, SREG : 3401F103, Cause : 8000001C
Router#
 

次に、PFC 動作モードを表示する例を示します。

Router# show platform hardware pfc mode
PFC operating mode : PFC3A
Router#
 

次に、プラットフォームのネット割り込み情報を表示する例を示します。

Router# show platform netint
Network IO Interrupt Throttling:
throttle count=0, timer count=0
active=0, configured=1
netint usec=3999, netint mask usec=800
inband_throttle_mask_hi = 0x0
inband_throttle_mask_lo = 0x800000
Router#
 

次に、TLB レジスタ情報を表示する例を示します。

Router# show platform tlb
 
Mistral revision 5
TLB entries : 42
Virt Address range Phy Address range Attributes
0x10000000:0x1001FFFF 0x010000000:0x01001FFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x10020000:0x1003FFFF 0x010020000:0x01003FFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x10040000:0x1005FFFF 0x010040000:0x01005FFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x10060000:0x1007FFFF 0x010060000:0x01007FFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x10080000:0x10087FFF 0x010080000:0x010087FFF CacheMode=2, RW, Valid
0x10088000:0x1008FFFF 0x010088000:0x01008FFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x18000000:0x1801FFFF 0x010000000:0x01001FFFF CacheMode=0, RW, Valid
0x19000000:0x1901FFFF 0x010000000:0x01001FFFF CacheMode=7, RW, Valid
0x1E000000:0x1E1FFFFF 0x01E000000:0x01E1FFFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x1E880000:0x1E899FFF 0x01E880000:0x01E899FFF CacheMode=2, RW, Valid
0x1FC00000:0x1FC7FFFF 0x01FC00000:0x01FC7FFFF CacheMode=2, RO, Valid
0x30000000:0x3001FFFF 0x070000000:0x07001FFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x40000000:0x407FFFFF 0x000000000:0x0007FFFFF CacheMode=3, RO, Valid
.
.
.
0x58000000:0x59FFFFFF 0x088000000:0x089FFFFFF CacheMode=3, RW, Valid
0x5A000000:0x5BFFFFFF 0x08A000000:0x08BFFFFFF CacheMode=3, RW, Valid
0x5C000000:0x5DFFFFFF 0x08C000000:0x08DFFFFFF CacheMode=3, RW, Valid
0x5E000000:0x5FFFFFFF 0x08E000000:0x08FFFFFFF CacheMode=3, RW, Valid
Router#

 

show platform hardware capacity

ハードウェア リソースの容量と利用率を表示するには、 show platform hardware capacity コマンドを使用します。

show platform hardware capacity [ resource-type ]

 
シンタックスの説明

resource-type

(任意)ハードウェア リソース タイプ。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

resource-type の有効値は次のとおりです。

acl :ACL/QoS TCAM リソースの容量と利用率を表示します。

cpu :CPU リソースの容量と利用率を表示します。

eobc :EOBC リソースの容量と利用率を表示します。

flash :フラッシュ/NVRAM リソースの容量と利用率を表示します。

forwarding :レイヤ 2 およびレイヤ 3 転送リソースの容量と利用率を表示します。

interface :インターフェイス リソースの容量と利用率を表示します。

monitor :SPAN リソースの容量と利用率を表示します。

multicast :レイヤ 3 マルチキャスト リソースの容量と利用率を表示します。

netflow :NetFlow リソースの容量と利用率を表示します。

pfc :レイヤ 2 転送、レイヤ 3 転送、NetFlow、CPU レート リミッタ、および ACL/QoS TCAM リソースを含むすべての PFC リソースの容量と利用率を表示します。

power :パワー リソースの容量と利用率を表示します。

qos :QoS ポリサー リソースの容量と利用率を表示します。

rate-limiter :CPU レート リミッタ リソースの容量と利用率を表示します。

system :システム リソースの容量と利用率を表示します。

vlan :VLAN リソースの容量と利用率を表示します。

show platform hardware capacity cpu コマンドは、次の情報を表示します。

最後の 5 秒間の CPU 利用率(ビジー時間および中断時間)、最後の 1 分の平均的なビジー時間の割合、および最後の 5 分の平均的なビジー時間の割合

プロセッサ メモリの使用可能な合計バイト、使用バイト、および使用率

I/O メモリの使用可能な合計バイト、使用バイト、および使用率

show platform hardware capacity eobc コマンドは、次の情報を表示します。

送信および受信レート

受信および送信されたパケット

廃棄された受信パケットおよび廃棄された送信パケット

show platform hardware capacity forwarding コマンドは、次の情報を表示します。

MAC テーブルの使用可能な合計エントリ、使用エントリ、および使用率

FIB TCAM テーブルの使用可能な合計エントリ、使用エントリ、および使用率。プロトコル単位で表示されます。

隣接テーブルの使用可能な合計エントリ、使用エントリ、および使用率。隣接テーブルが分割されるリージョンごとに表示されます。

NetFlow TCAM および ICAM テーブルで作成されたエントリ、失敗したエントリ、およびリソースの使用率

ACL/QoS TCAM テーブルの使用可能な合計エントリおよびマスク、使用エントリおよびマスク、予約済みエントリおよびマスク、エントリおよびマスクの使用率。出力は、ラベルの使用可能な容量、使用容量、予約済み容量、および使用率を表示します。ACL/QoS TCAM に関連する他のハードウェア リソースのリソースも表示されます(LOU、ANDOR、および ORAND の使用可能な容量、使用容量、予約済み容量、および使用率など)。

CPU レート リミッタの使用可能な容量、使用容量、予約済み容量、および使用率

show platform hardware capacity interface コマンドは、次の情報を表示します。

Tx/Rx drops:各オンライン モジュール(すべてのポートを集約)の送信および受信の廃棄カウンタの合計を表示し、モジュールで最も高い廃棄カウントを持つポート番号を表示します。

Tx/Rx per port buffer size:バッファ サイズが一貫しているモジュールのモジュール単位のポート バッファ サイズをまとめます。

show platform hardware capacity monitor コマンドは、次の SPAN 情報を表示します。

最大ローカル SPAN セッション、最大 RSPAN セッション、最大 ERSPAN セッション、および最大サービス モジュール セッション

ローカル SPAN セッション、RSPAN セッション、ERSPAN セッション、およびサービス モジュール セッションの使用容量および使用可能な容量

show platform hardware capacity multicast コマンドは、次の情報を表示します。

マルチキャスト レプリケーション モード(入力および出力の IPv4 および IPv6 モード)

システム内の各モジュールの合計使用容量および使用率を示す MET テーブルの使用状況

合計使用容量および使用率を示す双方向 PIM DF テーブルの使用状況

show platform hardware capacity system コマンドは、次の情報を表示します。

PFC 動作モード(PFC バージョン)

スーパーバイザの冗長モード(RPR、SSO、none など)

次の内容が含まれるモジュール固有のスイッチング情報

製品番号(WS-SUP720-BASE および WS-X6548-RJ-45 など)

シリーズ(スーパーバイザ エンジン)

CEF モード(central CEF および dCEF)

show platform hardware capacity vlan コマンドは、次の VLAN 情報を表示します。

合計 VLAN

使用 VTP VLAN

使用外部 VLAN

使用内部 VLAN

未使用 VLAN

次に、Catalyst 6500 シリーズ スイッチのルート プロセッサ、スイッチ プロセッサ、および LAN モジュールの CPU 容量と利用率の情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity cpu
CPU Resources
CPU utilization: Module 5 seconds 1 minute 5 minutes
1 RP 0% / 0% 1% 1%
1 SP 5% / 0% 5% 4%
7 69% / 0% 69% 69%
8 78% / 0% 74% 74%
Processor memory: Module Bytes: Total Used %Used
1 RP 176730048 51774704 29%
1 SP 192825092 51978936 27%
7 195111584 35769704 18%
8 195111584 35798632 18%
I/O memory: Module Bytes: Total Used %Used
1 RP 35651584 12226672 34%
1 SP 35651584 9747952 27%
7 35651584 9616816 27%
8 35651584 9616816 27%
Router#
 

次に、ルート プロセッサ、スイッチ プロセッサの EOBC 関連の統計情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity eobc
EOBC Resources
Module Packets/sec Total packets Dropped packets
1 RP Rx: 61 108982 0
Tx: 37 77298 0
1 SP Rx: 34 101627 0
Tx: 39 115417 0
7 Rx: 5 10358 0
Tx: 8 18543 0
8 Rx: 5 12130 0
Tx: 10 20317 0
Router#
 

次に、システム内にあるフラッシュ/NVRAM リソースで使用される合計容量、使用バイト、および使用率に間する情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity flash
Flash/NVRAM Resources
Usage: Module Device Bytes: Total Used %Used
1 RP bootflash: 31981568 15688048 49%
1 SP disk0: 128577536 105621504 82%
1 SP sup-bootflash: 31981568 29700644 93%
1 SP const_nvram: 129004 856 1%
1 SP nvram: 391160 22065 6%
Router#
 

次に、システム内の EARL の容量と利用率を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity forwarding
L2 Forwarding Resources
MAC Table usage: Module Collisions Total Used %Used
6 0 65536 11 1%
 
VPN CAM usage: Total Used %Used
512 0 0%
L3 Forwarding Resources
FIB TCAM usage: Total Used %Used
72 bits (IPv4, MPLS, EoM) 196608 36 1%
144 bits (IP mcast, IPv6) 32768 7 1%
 
detail: Protocol Used %Used
IPv4 36 1%
MPLS 0 0%
EoM 0 0%
 
IPv6 4 1%
IPv4 mcast 3 1%
IPv6 mcast 0 0%
 
Adjacency usage: Total Used %Used
1048576 175 1%
 
Forwarding engine load:
Module pps peak-pps peak-time
6 8 1972 02:02:17 UTC Thu Apr 21 2005
 
Netflow Resources
TCAM utilization: Module Created Failed %Used
6 1 0 0%
ICAM utilization: Module Created Failed %Used
6 0 0 0%
 
Flowmasks: Mask# Type Features
IPv4: 0 reserved none
IPv4: 1 Intf FulNAT_INGRESS NAT_EGRESS FM_GUARDIAN
IPv4: 2 unused none
IPv4: 3 reserved none
 
IPv6: 0 reserved none
IPv6: 1 unused none
IPv6: 2 unused none
IPv6: 3 reserved none
 
CPU Rate Limiters Resources
Rate limiters: Total Used Reserved %Used
Layer 3 9 4 1 44%
Layer 2 4 2 2 50%
ACL/QoS TCAM Resources
Key: ACLent - ACL TCAM entries, ACLmsk - ACL TCAM masks, AND - ANDOR,
QoSent - QoS TCAM entries, QOSmsk - QoS TCAM masks, OR - ORAND,
Lbl-in - ingress label, Lbl-eg - egress label, LOUsrc - LOU source,
LOUdst - LOU destination, ADJ - ACL adjacency
 
Module ACLent ACLmsk QoSent QoSmsk Lbl-in Lbl-eg LOUsrc LOUdst AND OR ADJ
6 1% 1% 1% 1% 1% 1% 0% 0% 0% 0% 1%
 
Router#
 

次に、インターフェイス リソースを表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity interface
Interface Resources
Interface drops:
Module Total drops: Tx Rx Highest drop port: Tx Rx
9 0 2 0 48
 
Interface buffer sizes:
Module Bytes: Tx buffer Rx buffer
1 12345 12345
5 12345 12345
Router#
 

次に、SPAN 情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity monitor
SPAN Resources
Source sessions: 2 maximum, 0 used
Type Used
Local 0
RSPAN source 0
ERSPAN source 0
Service module 0
Destination sessions: 64 maximum, 0 used
Type Used
RSPAN destination 0
ERSPAN destination (max 24) 0
Router#
 

次に、レイヤ 3 マルチキャスト機能のリソースの容量と利用率を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity multicast
L3 Multicast Resources
IPv4 replication mode: ingress
IPv6 replication mode: ingress
Bi-directional PIM Designated Forwarder Table usage: 4 total, 0 (0%) used
Replication capability: Module IPv4 IPv6
5 egress egress
9 ingress ingress
MET table Entries: Module Total Used %Used
5 65526 6 0%
Router#
 

次に、システム電力の容量と利用率に関する情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity power
Power Resources
Power supply redundancy mode: administratively combined
operationally combined
System power: 1922W, 0W (0%) inline, 1289W (67%) total allocated
Powered devices: 0 total
Router#
 

次に、Catalyst 6500 シリーズ スイッチ内の EARL 単位の QoS ポリサー リソースの容量と利用率を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity qos
QoS Policer Resources
Aggregate policers: Module Total Used %Used
1 1024 102 10%
5 1024 1 1%
Microflow policer configurations: Module Total Used %Used
1 64 32 50%
5 64 1 1%
Router#
 

次に、主要なシステム リソースに関する情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity systems
System Resources
PFC operating mode: PFC3BXL
Supervisor redundancy mode: administratively rpr-plus, operationally rpr-plus
Switching Resources: Module Part number Series CEF mode
5 WS-SUP720-BASE supervisor CEF
9 WS-X6548-RJ-45 CEF256 CEF
Router#
 

次に、VLAN 情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware capacity vlan
VLAN Resources
VLANs: 4094 total, 10 VTP, 0 extended, 0 internal, 4084 free
Router#
 
 

show platform pisa np

Supervisor Engine 32 PISA 固有の情報を表示するには、 show platform pisa np コマンドを使用します。

show platform pisa np counter

 
シンタックスの説明

counter

カウンタ情報。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

counter 引数の有効値は次のとおりです。

me num counters :マイクロエンジン情報を表示します。有効値は 0 ~ 15 です。

acl counters :ACL カウンタ情報を表示します。

all counters :Supervisor Engine 32 PISA 固有カウンタをすべて表示します。

all pps counters :すべての Supervisor Engine 32 PISA 固有カウンタの 1 秒あたりのパケット数を表示します。

fpm counters :フレキシブル パケット マッチング(FPM)カウンタ情報を表示します。

mqc counters :モジュラ QoS CLI 情報を表示します。

nbar counters :Network-Based Application Recognition(NBAR)カウンタ情報を表示します。

rx counters :受信エンジン カウンタ情報を表示します。

tx counters :送信エンジン カウンタ情報を表示します。

次に、ACL カウンタの情報を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np acl counters
 
ACL Statistics
--------------
ACL Pkts Received : 0
ACL Pkts Forwarded : 0
ACL Unknown Msg : 0
Router#
 

次に、すべての Supervisor Engine 32 PISA 固有カウンタを表示する例を示します。

Router# show platform pisa np all counters
 
NP ENGINE STATISTICS:
--------------------
RX Statistics
-------------
Idle: 0
Frames Received: 162
Control Frames Received: 0
Forward RBUF: 0
Forward RBUF+DRAM: 162
Forward Buffered: 0
Post stalls: 0
Error: 0
Error(bad sop): 0
Error(missing sop): 0
Error(data buf alloc fail): 0
Error(control buf alloc fail): 0
Error(packet too big): 0
Error(packet length mismatch): 0
 
NBAR Statistics
---------------
NBAR Pkts Received : 0
NBAR Pkts Classified: 0
PD Pkts Received : 0
NBAR Pkts Out : 0
NBAR Debug 0 : 0
NBAR Debug 1 : 0
NBAR Debug 2 : 0
NBAR Debug 3 : 0
 
FPM Statistics
--------------
FPM Config Stamp : 0
FPM Pkts Received : 0
FPM Pkts Forwarded : 0
FPM Pkts Dropped : 0
FPM Unknown Msg : 0
FPM Error : 0
FPM Cache Misses : 0
 
ACL Statistics
--------------
ACL Pkts Received : 0
ACL Pkts Forwarded : 0
ACL Unknown Msg : 0
 
MQC Statistics
--------------
MQC Pkts Received : 0
MQC Pkts Transmited : 0
MQC Unknown : 0
MQC Error : 0
MQC Pkts marked DSCP : 0
MQC Policer Conformed: 0
MQC Policer Exceeded : 0
MQC Pkts Dropped : 0
 
TX Statistics
-------------
Errors: 0
Fastpath RBUFs received: 162
Fastpath pkt received: 0
FastTX receive: 0
SlowTX receive: 162
Packets transmitted (loopback): 162
Packets transmit to hyperion: 162
Packets punt to CP: 0
Packets punt to Nitrox: 0
Packets forward to CM: 0
Packets forward to TCP: 0
Packets forward to Reassembly: 0
Packets forward to Fragmentation: 0
Packets forward to XScale: 162
Packets IPCP forward: 0
WARN: TX Packet too small: 0
DROP: Packet too big error: 0
DROP: Connection Route: 0
DROP: Connection Miss: 0
DROP: Bad connection route: 162
DROP: RX Interface miss: 0
DROP: Out of buffers: 0
DROP: Unknown Msg received: 0
DROP: Bandwidth rate policed: 0
Close request Sent: 0
 
Stubs Statistics for ME: 2
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 3
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 4
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 5
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 6
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 7
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 8
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 9
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 10
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 11
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 12
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 13
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 14
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 
Stubs Statistics for ME: 15
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
 

次に、すべての Supervisor Engine 32 PISA 固有カウンタの 1 秒あたりのパケット数を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np all pps
 
Throughput in packets-per-sec (pps) within 5 secs interval:
-----------------------------------------------------------
Rx Ingress PPS 0
Rx Egress PPS 0
NBAR Ingress PPS 0
NBAR Egress PPS 0
FPM Ingress PPS 0
FPM Egress PPS 0
ACL Ingress PPS 0
ACL Egress PPS 0
MQC Ingress PPS 0
MQC Egress PPS 0
Tx Ingress PPS 0
Tx Egress PPS 0
Router#
 

次に、FPM カウンタ情報を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np fpm counters
 
FPM Statistics
--------------
FPM Config Stamp : 0
FPM Pkts Received : 0
FPM Pkts Forwarded : 0
FPM Pkts Dropped : 0
FPM Unknown Msg : 0
FPM Error : 0
FPM Cache Misses : 0
Router#
 

次に、特定の ME に関する ME カウンタ情報を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np me 0 counters
 
Stubs Statistics for ME: 0
DRAM Pass Count: 0
DRAM Fail Count: 0
SRAM Pass Count: 0
SRAM Fail Count: 0
SCRATCH Pass Count: 0
SCRATCH Fail Count: 0
LMEM Pass Count: 0
LMEM Fail Count: 0
ME Run Count: 0
Router#
 

次に、モジュラ QoS CLI 情報を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np mqc counters
 
MQC Statistics
--------------
MQC Pkts Received : 0
MQC Pkts Transmited : 0
MQC Unknown : 0
MQC Error : 0
MQC Pkts marked DSCP : 0
MQC Policer Conformed: 0
MQC Policer Exceeded : 0
MQC Pkts Dropped : 0
Router#
 

次に、Network-Based Application Recognition カウンタ情報を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np nbar counters
 
NBAR Statistics
---------------
NBAR Pkts Received : 0
NBAR Pkts Classified: 0
PD Pkts Received : 0
NBAR Pkts Out : 0
NBAR Debug 0 : 0
NBAR Debug 1 : 0
NBAR Debug 2 : 0
NBAR Debug 3 : 0

 

次に、受信エンジンのカウンタ情報を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np rx counters
 
RX Statistics
-------------
Idle: 0
Frames Received: 159
Control Frames Received: 0
Forward RBUF: 0
Forward RBUF+DRAM: 159
Forward Buffered: 0
Post stalls: 0
Error: 0
Error(bad sop): 0
Error(missing sop): 0
Error(data buf alloc fail): 0
Error(control buf alloc fail): 0
Error(packet too big): 0
Error(packet length mismatch): 0
Router#
 

次に、送信エンジンのカウンタ情報を表示する例を示します。

Router# show platform pisa np tx counters
 
TX Statistics
-------------
Errors: 0
Fastpath RBUFs received: 159
Fastpath pkt received: 0
FastTX receive: 0
SlowTX receive: 159
Packets transmitted (loopback): 159
Packets transmit to hyperion: 159
Packets punt to CP: 0
Packets punt to Nitrox: 0
Packets forward to CM: 0
Packets forward to TCP: 0
Packets forward to Reassembly: 0
Packets forward to Fragmentation: 0
Packets forward to XScale: 159
Packets IPCP forward: 0
WARN: TX Packet too small: 0
DROP: Packet too big error: 0
DROP: Connection Route: 0
DROP: Connection Miss: 0
DROP: Bad connection route: 159
DROP: RX Interface miss: 0
DROP: Out of buffers: 0
DROP: Unknown Msg received: 0
DROP: Bandwidth rate policed: 0
Close request Sent: 0
Router#

show platform software ipv6-multicast

プラットフォーム ソフトウェア IPv6 マルチキャストに関する情報を表示するには、 show platform software ipv6-multicast コマンドを使用します。

show platform software ipv6-multicast { acl-exception | acl-table | capability | connected | shared-adjacencies | statistics | summary }

 
シンタックスの説明

acl-exception

ACL 例外のためにソフトウェアでスイッチングされた IPv6 マルチキャスト エントリを表示します。

acl-table

IPv6 マルチキャスト ACL 要求テーブル エントリを表示します。

capability

ハードウェア容量を表示します。

connected

IPv6 マルチキャスト サブネット/接続済みハードウェア エントリを表示します。

shared-adjacencies

IPv6 マルチキャスト共有の隣接関係を表示します。

statistics

内部ソフトウェア ベースの統計を表示します。

summary

IPv6 マルチキャスト ハードウェア ショートカット数を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、IPv6 ハードウェア容量を表示する例を示します。

Router# show platform software ipv6-multicast capability
Hardware switching for ipv6 is Enabled
(S,G) forwarding for ipv6 supported using Netflow
(*,G) bridging for ipv6 is supported using Fib
Directly-connected entries for IPv6 is supported using ACL-TCAM.
 
Current System HW Replication Mode : Egress
Audo-detection of Replication Mode : ON
 
Slot Replication-Capability Replication-Mode
2 Egress Egress
5 Egress Egress
Router#
 

次に、IPv6 マルチキャスト サブネット/接続済みハードウェア エントリを表示する例を示します。

Router# show platform software ipv6-multicast connected

IPv6 Multicast Subnet entries
Flags : H - Installed in ACL-TCAM
X - Not installed in ACL-TCAM due to
label-full exception
 
Interface: Vlan40 [ H ]
S:40::1 G:FF00::
S:0:5000::2 G:FF00::
S:5000::2 G:FF00::
Interface: Vlan30 [ H ]
S:30::1 G:FF00::
Interface: Vlan20 [ H ]
S:20::1 G:FF00::
Interface: Vlan10 [ H ]
S:10::1 G:FF00::
Router#
 

次に、IPv6 マルチキャスト共有隣接情報を表示する例を示します。

Router# show platform software ipv6-multicast shared-adjacencies
 
---- SLOT [7] ----
 
Shared IPv6 Mcast Adjacencies Index Packets Bytes
----------------------------- ------ ------------- ------------------
Subnet bridge adjacency 0x7F802 0 0
Control bridge adjacency 0x7 0 0
StarG_M bridge adjacency 0x8 0 0
S_G bridge adjacency 0x9 0 0
Default drop adjacency 0xA 0 0
StarG (spt == INF) adjacency 0xB 0 0
StarG (spt != INF) adjacency 0xC 0 0
Router#
 

次に、IPv6 マルチキャスト統計情報を表示する例を示します。

Router# show platform software ipv6-multicast statistics
 
IPv6 Multicast HW-switching Status : Enabled
IPv6 Multicast (*,G) HW-switching Status : Disabled
IPv6 Multicast Subnet-entries Status : Enabled
Default MFIB IPv6-table : 0x5108F770
(S,G,C) flowmask index : 3
(*,G,C) flowmask index : 65535
 
General Counters
--------------------------------------------------+------+
Mfib-hw-entries count 0
Mfib-add count 4
Mfib-modify count 2
Mfib-delete count 2
Mfib-NP-entries count 0
Mfib-D-entries count 0
Mfib-IC-entries count 0
Error Counters
--------------------------------------------------+------+
ACL flowmask err count 0
ACL TCAM exptn count 0
ACL renable count 0
Idb Null error 0
Router#
 

次に、IPv6 マルチキャスト ハードウェア ショートカット数を表示する例を示します。

Router# show platform software ipv6-multicast summary
IPv6 Multicast Netflow SC summary on Slot[7]:
Shortcut Type Shortcut count
---------------------------+--------------
(S, G) 0
 
IPv6 Multicast FIB SC summary on Slot[7]:
Shortcut Type Shortcut count
---------------------------+--------------
(*, G/128) 0
(*, G/m) 0
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 mfib hardware-switching

IPv6 マルチキャスト パケットのグローバル単位でのハードウェア スイッチングを設定します。

 

show platform software pisa fm interface

インターフェイスの PISA 機能マネージャ データを表示するには、show platform software pisa fm interface コマンドを使用します。

show platform software pisa fm interface { all | { interface-type interface-number } | { port-channel number } | { vlan vlan-id }}

 
シンタックスの説明

all

PISA 機能マネージャ データを、すべてのインターフェイスについて表示します。

interface-type

インターフェイス タイプ。有効値は fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

port-channel number

チャネル インターフェイスを指定します。有効値は 1 ~ 282 の範囲の最大 64 個の値です。257 ~ 282 の値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

vlan vlan-id

VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZYA1

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

次に、VLAN 10 の PISA 機能マネージャ データを表示する例を示します。このデータは、 reverse-only キーワードでは設定されていません。

Router> show platform software pisa fm interface vlan 10
 
PISA FM Interface type/properties
============================================
Interface Type = L3
Trunk = False
Ether Channel = False
 
PISA FM FDB DUMP
==========================================================
Interface Vlan10
 
ACL name 112
ACL direction input
ACL reverse only False
 
Direction-less features:
-----------------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : SF-INS
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Ingress features:
----------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : NONE
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Egress features:
---------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : NONE
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Action flags: INGRESS INGRESS-ACL-RDT-SEL EGRESS-ACL-CAP-SEL
==========================================================
 

次に、 reverse-only キーワードで設定されない場合の、ギガビット イーサネット ポート 4/25 の PISA 機能マネージャ データを表示する例を示します。

Router> show platform software pisa fm interface gigabitethernet 4/25
pisa_fm_ec_cap_enabled 1
IDB = 0x271885C0
PISA_SB = 0x27660AC0
PISA FDB = 0x27181500
 
PISA FM Interface type/properties
============================================
Interface Type = L2
Trunk = True
Ether Channel = False
 
PISA FM FDB DUMP
==========================================================
Interface GigabitEthernet4/25
 
ACL name 101
ACL direction input
ACL reverse only False
 
Direction-less features:
-----------------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : SF-INS
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Ingress features:
----------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : NONE
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Egress features:
---------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : NONE
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Action flags: INGRESS-ACL-CAP-SEL EGRESS-COPY
==========================================================
 

次に、 reverse-only キーワードで設定される場合の、ギガビット イーサネット ポート 4/25 の PISA 機能マネージャ データを表示する例を示します。

Router> show platform software pisa fm interface gigabitethernet 4/25
pisa_fm_ec_cap_enabled 0
IDB = 0x271885C0
PISA_SB = 0x27660AC0
PISA FDB = 0x27181500
 
PISA FM Interface type/properties
============================================
Interface Type = L2
Trunk = True
Ether Channel = False
 
PISA FM FDB DUMP
==========================================================
Interface GigabitEthernet4/25
 
ACL name 101
ACL direction input
ACL reverse only True
 
Direction-less features:
-----------------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : SF-INS
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Ingress features:
----------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : NONE
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Egress features:
---------------
Feature-QOS : NONE
Feature-ACL : NONE
Feature-PD : NONE
Feature-URLF : NONE
Feature-TAGGING : NONE
 
Action flags: INGRESS EGRESS-COPY
==========================================================

) show platform software pisa fm interface all コマンドは、すべてのインターフェイスのすべてのデータを順番に表示します。


 
関連コマンド

コマンド
説明

platform ip features pisa

Intelligent Traffic Redirect(ITR)機能を設定します。

 

show platform software pisa split-vlan

PISA 上で分割された VLAN を表示するには show platform software pisa split-vlan コマンドを、特権 EXEC モードで実行します。

show platform software pisa split-vlan { interface interface-type | range | summary }

 
シンタックスの説明

interface interface-type

指定されたインターフェイスを含むエントリだけを表示します。有効値は、Fast Ethernet、Gigabit Ethernet、port channel、および VLAN です。

range

インターフェイス、ポート チャネル、または VLAN の範囲を表示します。有効なインターフェイス範囲は 1 ~ 6、VLAN 範囲は 1 ~ 4094 です。

summary

既存の PISA VLAN の数を表示します。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZYA1

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、Fast Ethernet ポート 1/48 上の PISA 分割済み VLAN 情報を表示する例を示します。

Router# show platform software pisa split-vlan interface fas 1/48
 
Codes: P - NBAR PD, N - NBAR, F - FPM, U - URLF, 0x380 - RP, 0x340 - IXP
Interface Vlan PisaVlan InFeat OutFeat
DestIndex State
-------------------------------------------------------------------------------------
FastEthernet1/48 1019 1023 F F
0x340 down
Router#
 

次に、PISA 分割済み VLAN のサマリーを表示する例を示します。

Router# show platform software pisa split-vlan summary
PISA Vlan Usage
--------- -----
1019 FastEthernet1/46.1
1023 FastEthernet1/48
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show platform

プラットフォーム情報を表示します。

 

show policy-map

ポリシー マップに関する情報を表示するには、 show policy-map コマンドを使用します。

show policy-map [ policy-map-name ]

 
シンタックスの説明

policy-map-name

(任意)ポリシー マップの名前

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、すべてのポリシー マップに関する情報を表示する例を示します。

Router# show policy-map
Policy Map simple
Policy Map max-pol-ipp5
class ipp5
 
class ipp5
police flow 10000000 10000 conform-action set-prec-transmit 6 exceed-action
policed-dscp-transmit trust precedence police 2000000000 2000000 2000000 co
nform-action set-prec-transmit 6exceed-action policed-dscp-transmit
Router#
 

次に、特定のポリシー マップの情報を表示する例を示します。

Router# show policy-map max-pol-ipp5
Policy Map max-pol-ipp5
class ipp5
 
class ipp5
police flow 10000000 10000 conform-action set-prec-transmit 6 exceed-action
policed-dscp-transmit trust precedence police 2000000000 2000000 2000000 co
nform-action set-prec-transmit 6exceed-action policed-dscp-transmit
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

QoS クラス マップを設定するための QoS クラス マップ コンフィギュレーション モードにアクセスします。

policy-map

QoS ポリシー マップを設定するための QoS ポリシー マップ コンフィギュレーション モードにアクセスします。

show class-map

クラス マップ情報を表示します。

show policy-map interface

インターフェイスに対応付けられた入力および出力ポリシーの統計情報およびコンフィギュレーションを表示します。

 

show policy-map control-plane

コントロール プレーンのポリシー マップの 1 つのクラスまたはすべてのクラスの設定を表示するには、 show policy-map control-plane コマンドを使用します。

show policy-map control-plane [ all ] [ input [ class class-name ] | output | [ class class-name ]]

 
シンタックスの説明

all

(任意)すべてのコントロール プレーン インターフェイスの情報を表示します。

input

(任意)付加された入力ポリシーの統計を表示します。

class class-name

(任意)クラスの名前を表示します。

output

(任意)付加された出力ポリシーの統計を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

 
使用上のガイドライン

show policy-map control-plane コマンドは、プロセス レベルに入るパケットの数やレートを制御する集約コントロール プレーン サービスの情報を表示します。

次に、コントロール プレーンに関連するポリシー マップ TEST の例を示します。このポリシー マップは、クラス マップ TEST に一致するトラフィックをポリシングし、(クラス マップ class-default に一致する)他のすべてのトラフィックはそのまま通過できます。 表 2-84 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

Router# show policy-map control-plane
 
Control Plane
 
Service-policy input:TEST
 
Class-map:TEST (match-all)
20 packets, 11280 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match:access-group 101
police:
8000 bps, 1500 limit, 1500 extended limit
conformed 15 packets, 6210 bytes; action:transmit
exceeded 5 packets, 5070 bytes; action:drop
violated 0 packets, 0 bytes; action:drop
conformed 0 bps, exceed 0 bps, violate 0 bps
 
Class-map:class-default (match-any)
105325 packets, 11415151 bytes
5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps

Match:any

 

表 2-84 show policy-map control-plane のフィールドの説明

フィールド
説明

クラスまたはサービス ポリシーに関連するフィールド

Service-policy input

コントロール プレーンに適用される入力サービス ポリシーの名前。(設定済みの場合、このフィールドには出力サービス ポリシーも表示されます)

Class-map

表示されるトラフィックのクラス。トラフィックは、設定済みのクラスごとに表示されます。トラフィック クラスの次に、クラス一致の実装の選択(match-all または match-any など)も表示されます。

offered rate

パケットがクラスに着信するレート(kbps)

drop rate

パケットがクラスから廃棄されるレート(kbps)。廃棄レートは、与えられたレートから正常に送信されたパケット数を引いて計算されます。

Match

指定されたトラフィック クラスの一致条件

』の「Configuring the Modular Quality of Service Command-Line Interface」を参照してください。

トラフィック ポリシングに関連するフィールド

police

トラフィック ポリシングをイネーブルするように police コマンドが設定されています。

conformed

指定されたレートに一致するパケットに対して実行されるアクション。アクションが実行されたパケット数とバイト数を表示します。

exceeded

指定されたレートを超えたパケットに対して実行されるアクション。アクションが実行されたパケット数とバイト数を表示します。

violated

指定されたレートに違反するパケットに対して実行されるアクション。アクションが実行されたパケット数とバイト数を表示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

control-plane

コントロール プレーン コンフィギュレーション モードを開始します。

service-policy (control-plane)

集約コントロール プレーン サービスのコントロール プレーンにポリシー マップを付加します。

 

show policy-map interface

インターフェイスに対応付けられた入力および出力ポリシーの統計情報およびコンフィギュレーションを表示するには、 show policy-map interface コマンドを使用します。

show policy-map interface [{ interface interface-number } | { null interface-number } | { vlan vlan-id }] [ input | output ]

 
シンタックスの説明

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

(任意)ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN ID を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

input

(任意)入力ポリシーだけを指定します。

output

(任意)出力ポリシーだけを指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

output キーワードはサポートされていません。

Supervisor Engine 32 PISA が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチでは、バイト カウンタが表示されます。

ポリシング済みカウンタ情報は出力されないで、代わりに 0 が表示されます(0 パケット、0 バイトなど)。廃棄および転送されたポリシング済みカウンタ情報を表示するには、 show mls qos ip コマンドを入力します。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

次に、インターフェイスに対応付けられているすべての入力および出力ポリシーの統計情報およびコンフィギュレーションを表示する例を示します。

Router# show policy-map interface
FastEthernet5/36
service-policy input: max-pol-ipp5
class-map: ipp5 (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute rate 0 bps
match: ip precedence 5
class ipp5
police 2000000000 2000000 conform-action set-prec-transmit 6 exceed-action p
policed-dscp-transmit
Router#
 

次に、特定のインターフェイスの入力ポリシー統計情報およびコンフィギュレーションを表示する例を示します。

Router# show policy-map interface fastethernet 5/36 input
FastEthernet5/36
service-policy input: max-pol-ipp5
class-map: ipp5 (match-all)
0 packets, 0 bytes
5 minute rate 0 bps
match: ip precedence 5
class ipp5
police 2000000000 2000000 conform-action set-prec-transmit 6 exceed-action p
policed-dscp-transmit
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

QoS クラス マップを設定するための QoS クラス マップ コンフィギュレーション モードにアクセスします。

policy-map

QoS ポリシー マップを設定するための QoS ポリシー マップ コンフィギュレーション モードにアクセスします。

show class-map

クラス マップ情報を表示します。

show mls qos

MLS QoS 情報を表示します。

 

show port-security

ポート セキュリティ設定に関する情報を表示するには、 show port-security コマンドを使用します。

show port-security [ interface interface interface-number ]

show port-security [ interface interface interface-number ] { address | vlan }

 
シンタックスの説明

interface interface

(任意)インターフェイス タイプを指定します。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

address

すべてのスイッチ インターフェイスまたは指定されたインターフェイスに設定されたすべてのセキュア MAC アドレス、および各アドレスのエージング情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

vlan キーワードは、トランク ポートだけでサポートされ、トランク ポートに対して設定された VLAN あたりの最大数を表示します。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

次に、オプションを指定しなかった場合の show port-security コマンドの出力例を示します。

Router# show port-security
Secure Port MaxSecureAddr CurrentAddr SecurityViolation Security
Action
(Count) (Count) (Count)
----------------------------------------------------------------------------
 
Fa5/1 11 11 0 Shutdown
Fa5/5 15 5 0 Restrict
Fa5/11 5 4 0 Protect
----------------------------------------------------------------------------
 
Total Addresses in System: 21
Max Addresses limit in System: 128
Router#
 

次に、指定されたインターフェイスのポートセキュリティ情報を表示する例を示します。

Router# show port-security interface fastethernet 5/1
Port Security: Enabled
Port status: SecureUp
Violation mode: Shutdown
Maximum MAC Addresses: 11
Total MAC Addresses: 11
Configured MAC Addresses: 3
Aging time: 20 mins
Aging type: Inactivity
SecureStatic address aging: Enabled
Security Violation count: 0
Router#
 

次に、すべてのスイッチ インターフェイスまたは指定されたインターフェイスに設定されたすべてのセキュア MAC アドレス、および各アドレスのエージング情報を表示する例を示します。

Router# show port-security address
Default maximum: 10
VLAN Maximum Current
1 5 3
2 4 4
3 6 4
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear port-security

MAC アドレス テーブルからセキュア MAC アドレスおよびスティッキ MAC アドレスを削除します。

 

show power

パワー ステータスに関する情報を表示するには、 show power コマンドを使用します。

show power [{ available | redundancy-mode | { status { all | { module num }}} | { power-supply number } | total | used | inline [{ interface number } | { module num }}]]

 
シンタックスの説明

available

(任意)使用可能なシステム電力(マージン)を表示します。

redundancy-mode

(任意)電源装置の冗長モードを表示します。

status

(任意)パワー ステータスを表示します。

all

すべての FRU タイプを表示します。

module num

特定のモジュールのパワー ステータスを表示します。

power-supply number

特定の電源装置のパワー ステータスを表示します。有効値 1 および 2 です

total

(任意)電源装置で使用可能な総電力を表示します。

used

(任意)電源がオンの機器に関するパワー バジェットの合計を表示します。

inline

(任意)インライン パワー ステータスを表示します。

interface number

(任意)インターフェイス タイプを指定します。指定できる有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet null port-channel 、および vlan です。詳細については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Catalyst 6500 シリーズ スイッチは、使用しているスーパーバイザ エンジンの種類に関係なく、冗長スーパーバイザ エンジン構成を想定して、2 番めのスーパーバイザ エンジン スロットに電力を供給します。この機能は停止できません。

2 台めのスーパーバイザ エンジンを設置しない場合は、電力を最大限に利用できるように、電力消費の大きいモジュールを 2 番めのスーパーバイザ エンジン スロットに組み込むことを推奨します。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

vlan-id の有効値は 1 ~ 4094 です。

show power コマンド出力の Inline power フィールドには、モジュールで消費されるインライン パワーが表示されます。たとえば、次の例は、モジュール 9 で 0.300 A のインライン パワーが消費されることを示します。

Inline power # current
module 9 0.300A

次に、使用可能なシステム電力を表示する例を示します。

Router> show power available
system power available = 20.470A
Router>

次に、電源装置の冗長モードを表示する例を示します。

Router# show power redundancy-mode
system power redundancy mode = redundant
Router#

次に、システム パワー ステータスを表示する例を示します。

Router> show power
system power redundancy mode = combined
system power total = 3984.12 Watts (94.86 Amps @ 42V)
system power used = 1104.18 Watts (26.29 Amps @ 42V)
system power available = 2879.94 Watts (68.57 Amps @ 42V)
Power-Capacity PS-Fan Output Oper
PS Type Watts A @42V Status Status State
---- ------------------ ------- ------ ------ ------ -----
1 WS-CAC-3000W 2830.80 67.40 OK OK on
2 WS-CAC-1300W 1153.32 27.46 OK OK on
Note: PS2 capacity is limited to 2940.00 Watts (70.00 Amps @ 42V)
when PS1 is not present
Pwr-Allocated Oper
Fan Type Watts A @42V State
---- ------------------ ------- ------ -----
1 FAN-MOD-9 241.50 5.75 OK
2 241.50 5.75 failed
Pwr-Requested Pwr-Allocated Admin Oper
Slot Card-Type Watts A @42V Watts A @42V State State
---- ------------------ ------- ------ ------- ------ ----- -----
1 WS-X6K-SUP2-2GE 145.32 3.46 145.32 3.46 on on
2 - - 145.32 3.46 - -
3 WS-X6516-GBIC 118.02 2.81 118.02 2.81 on on
5 WS-C6500-SFM 117.18 2.79 117.18 2.79 on on
7 WS-X6516A-GBIC 214.20 5.10 - - on off (insuff cooling capacity)
8 WS-X6516-GE-TX 178.50 4.25 178.50 4.25 on on
9 WS-X6816-GBIC 733.98 17.48 - - on off (connector rating exceeded)
Router>
 

次に、すべての FRU タイプのパワー ステータスを表示する例を示します。

Router# show power status all
FRU-type # current admin state oper
power-supply 1 27.460A on on
module 1 4.300A on on
module 2 4.300A - - (reserved)
module 5 2.690A on on
Router#
 

次に、特定のモジュールのパワー ステータスを表示する例を示します。

Router# show power status module 1
FRU-type # current admin state oper
module 1 -4.300A on on
Router#
 

次に、特定の電源装置のパワー ステータスを表示する例を示します。

Router# show power status power-supply 1
FRU-type # current admin state oper
power-supply 1 27.460A on on
Router#
 

次に、大容量の電源装置に関する情報を表示する例を示します。

Router# show power status power-supply 2
Power-Capacity PS-Fan Output Oper
PS Type Watts A @42V Status Status State
---- ------------------ ------- ------ ------ ------ -----
1 WS-CAC-6000W 2672.04 63.62 OK OK on
2 WS-CAC-9000W-E 2773.68 66.04 OK OK on
Router#
 

次に、電源装置で使用可能な総電力を表示する例を示します。

Router# show power total
system power total = 27.460A
Router#
 

次に、電源がオンの機器に関するパワー バジェットの合計を表示する例を示します。

Router# show power used
system power used = -6.990A
Router#
 

次に、インターフェイスのインライン パワー ステータスを表示する例を示します。

Router# show power inline
Interface Admin Oper Power ( mWatt ) Device
-------------------- ----- ---------- --------------- -----------
FastEthernet9/1 auto on 6300 Cisco 6500 IP Phone
FastEthernet9/2 auto on 6300 Cisco 6500 IP Phone
.
.
. <Output truncated>
 

次に、特定のモジュールのインライン パワー ステータスを表示する例を示します。

Router# show power inline mod 7
 
Interface Admin Oper Power Device Class
(Watts)
---------- ----- ---------- ------- -------------- -----------
Gi7/1 auto on 6.3 Cisco IP Phone 7960 n/a
Gi7/2 static power-deny 0 Ieee PD 3
.
.
. <Output truncated>

 
関連コマンド

コマンド
説明

power enable

モジュールに電源を投入します。

power redundancy-mode

電源装置の冗長モードを設定します。

 

show qdm status

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに接続された、現在アクティブな QDM クライアントのステータスに関する情報を表示するには、 show qdm status コマンドを使用します。

show qdm status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、Catalyst 6500 シリーズ スイッチに接続された各 QDM クライアントに割り当てられた一意のクライアント ID を表示できます。出力では次の情報が表示されます。

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに現在接続されている QDM クライアント数

QDM クライアントのバージョン

クライアント名および IP アドレス

クライアント ID

接続期間

次に、現在アクティブな QDM Web ベースクライアントのステータスに関する情報を表示する例を示します。

Router# show qdm status
Number of QDM Clients : 2
QDM Client v2.1(0.7)-_picard_2 @ 10.34.8.92 (id:5)
connected since 07:50:00 UTC Sat Aug 11 1917
 
QDM Client v2.1(0.7)-_janeway_2 @ 171.69.49.14 (id:4)
connected since 07:49:39 UTC Sat Aug 11 1917
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

disconnect qdm

QDM セッションを切断します。

 

show qm-sp port-data

QoS マネージャ スイッチ プロセッサに関する情報を表示するには、 show qm-sp port-data コマンドを使用します。

show qm-sp port-data { mod port }

 
シンタックスの説明

mod port

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

スイッチ コマンド--特権 EXEC(Switch-sp#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、スーパーバイザ エンジンだけでサポートされています。このコマンドを入力できるのは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチ コンソールからだけです( remote login コマンドを参照)。

mod port 引数は、モジュールおよびポート番号を指定します。有効値は、使用するシャーシおよびモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 です。

ハードウェアにプログラミングされた値を確認するには、 show qm-sp port-data コマンドを入力します。

次に、QoS マネージャに関する情報を表示する例を示します。

Switch-sp# show qm-sp port-data 1 2
-----------------------------------------------------------------------------
* Type: Tx[1p2q2t] Rx[1p1q4t] [0] Pinnacle
* Per-Port: [Untrusted] Default COS[0] force[0] [VLAN based]
-----------------------------------------------------------------------------
* COSMAP(C[Q/T]) TX: 0[1/1] 1[1/1] 2[1/2] 3[1/2] 4[2/1] 5[3/1] 6[2/1] 7[2/2]
RX: 0[1/1] 1[1/1] 2[1/2] 3[1/2] 4[1/3] 5[2/1] 6[1/3] 7[1/4]
-----------------------------------------------------------------------------
* WRR bandwidth: [7168 18432]
* TX queue limit(size): [311296 65536 65536]
* WRED queue[1]: failed (0x82)
queue[2]: failed (0x82)
-----------------------------------------------------------------------------
* TX drop thr queue[1]: type[2 QOS_SCP_2_THR] dropThr[311104 311104]
queue[2]: type[2 QOS_SCP_2_THR] dropThr[61504 61504]
* RX drop threshold: type[4 QOS_SCP_4_THR] dropThr[62259 62259 62259 62259]
* RXOvr drop threshold: type[0 UNSUPPORTED] dropThr[16843009 131589 61504 61504]
* TXOvr drop threshold: type[0 UNSUPPORTED] dropThr[67174656 260 16843009 131589]
Switch-sp#

 
関連コマンド

コマンド
説明

rcv-queue queue-limit

完全優先キューと標準受信キューの間のサイズ比を設定します。

remote login

Catalyst 6500 シリーズ スイッチ コンソールまたは特定のモジュールにアクセスします。

wrr-queue

標準送信キュー間の帯域幅を割り当てます。

wrr-queue queue-limit

インターフェイス上の送信キュー サイズ比を設定します。

wrr-queue threshold

1q4t および 2q2t インターフェイス上の標準受信キューおよび標準送信キューの廃棄しきい値パーセントを設定します。