Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS ソフトウェア コマンド リファレンス
Supervisor Engine 32 Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA) が設定された Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Cisco IOS コマンド-11
show ip cef epoch
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2012/01/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

show ip cef epoch

show ip cef inconsistency

show ip cef summary

show ip cef vlan

show ip dhcp relay information trusted-sources

show ip dhcp snooping

show ip dhcp snooping binding

show ip dhcp snooping database

show ip flow-export

show ip igmp groups

show ip igmp interface

show ip igmp snooping explicit-tracking

show ip igmp snooping mrouter

show ip igmp snooping rate-limit

show ip igmp snooping statistics

show ip igmp udlr

show ip interface

show ip mcache

show ip mds interface

show ip mpacket

show ip mroute

show ip mroute bidirectional

show ip msdp count

show ip msdp peer

show ip msdp sa-cache

show ip msdp summary

show ip nhrp

show ip pim bsr-router

show ip pim interface df

show ip pim mdt bgp

show ip pim mdt history

show ip pim mdt receive

show ip pim mdt send

show ip pim neighbor

show ip pim rp-hash

show ip pim rp mapping

show ip pim snooping

show ip rpf events

show ip wccp

show ipv6 mfib

show ipv6 mld snooping

show l2protocol-tunnel

show l3-mgr

show lacp

show logging ip access-list

show mac-address-table

show mac-address-table learning

show memory dead

show mls asic

show ip cef epoch

隣接テーブルおよびすべての FIB テーブルのエポック情報を表示するには、 show ip cef epoch コマンドを使用します。

show ip cef epoch

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に示す show コマンドも、それぞれ次のエポック情報を表示します。

show ip cef summary :特定の FIB テーブルのテーブル エポックを表示します。

show ip cef detail :特定の FIB テーブルの各エントリのエポック値を表示します。

show adjacency summary :隣接テーブルのエポックを表示します。

show adjacency detail :隣接テーブルの各エントリのエポック値を表示します。

次に、エポック情報を表示する例を示します。

Router# show ip cef epoch
CEF epoch information:
 
Table:Default-table
Table epoch:2 (164 entries at this epoch)
 
Adjacency table
Table epoch:1 (33 entries at this epoch)
 

次に、エポック テーブルを削除し、エポック番号を増分したあとの出力例を示します。

Router# show ip cef epoch
CEF epoch information:
 
Table:Default-table
Table epoch:2 (164 entries at this epoch)
 
Adjacency table
Table epoch:1 (33 entries at this epoch)
Router# clear ip cef epoch full
Router# show ip cef epoch
CEF epoch information:
 
Table:Default-table
Table epoch:3 (164 entries at this epoch)
 
Adjacency table
Table epoch:2 (33 entries at this epoch)
Router#

 
シンタックスの説明

コマンド
説明

clear ip cef epoch full

新しいエポックを開始し、すべてのテーブル(隣接テーブルを含む)のエポック番号を増分します。

show ip cef

FIB 内のエントリを表示するか、FIB のサマリーを表示します。

show ip cef inconsistency

IP CEF の不一致を表示するには、 show ip cef inconsistency コマンドを使用します。

show ip cef [ vrf vrf-name ] inconsistency [ records [ detail ]]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

records

(任意)記録されたすべての不一致を表示します。

detail

(任意)各 CEF テーブル エントリの詳細情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、lc-detect、scan-rp、scan-rib、および scan-lc 検出メカニズムで検出された記録済み IP CEF 不一致レコードを表示します。

IP CEF プレフィクスの不一致検出メカニズムを設定するには、 ip cef table consistency-check コマンドを使用します。

次に、記録された CEF 不一致レコードを表示する例を示します。

Router# show ip cef inconsistency
Table consistency checkers (settle time 65s)
lc-detect:running
0/0/0 queries sent/ignored/received
scan-lc:running [100 prefixes checked every 60s]
0/0/0 queries sent/ignored/received
scan-rp:running [100 prefixes checked every 60s]
0/0/0 queries sent/ignored/received
scan-rib:running [1000 prefixes checked every 60s]
0/0/0 queries sent/ignored/received
Inconsistencies:0 confirmed, 0/16 recorded
 

表 2-46 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-46 show ip cef inconsistency のフィールドの説明

フィールド
説明

settle time

記録された不一致を確認してからの時間

lc-detect running

一貫性チェッカー lc-detect が稼動中です。

0/0/0 queries

送信、無視、および受信されたクエリー数

Inconsistencies:

確認および記録された不一致数。記録される不一致レコードの最大数は 16 です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip cef inconsistency

CEF 一貫性チェッカーの統計情報および記録情報をクリアします。

show ip cef summary

IP CEF テーブルのサマリーを表示するには、show ip cef summary コマンドを使用します。

show ip cef summary

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードおよび引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、IP CEF テーブルのサマリーを表示する例を示します。

Router# show ip cef summary
IP Distributed CEF with switching (Table Version 25), flags=0x0
21 routes, 0 reresolve, 0 unresolved (0 old, 0 new), peak 1
21 leaves, 16 nodes, 19496 bytes, 36 inserts, 15 invalidations
0 load sharing elements, 0 bytes, 0 references
universal per-destination load sharing algorithm, id 5163EC15
3(0) CEF resets, 0 revisions of existing leaves
Resolution Timer: Exponential (currently 1s, peak 1s)
0 in-place/0 aborted modifications
refcounts: 4377 leaf, 4352 node
 
Table epoch: 0 (21 entries at this epoch)
 
Adjacency Table has 9 adjacencies
Router#

 

show ip cef vlan

特定のインターフェイスの IP CEF VLAN インターフェイス ステータス、設定、およびプレフィクスに関する情報を表示するには、 show ip cef vlan コマンドを使用します。

show ip cef vlan vlan-id [ detail ]

 
シンタックスの説明

vlan-id

VLAN 番号。有効値は 1 ~ 4094 です。

detail

(任意)IP CEF VLAN インターフェイスに関する詳細情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、特定の VLAN のプレフィクスを表示する例を示します。

Router> show ip cef vlan 1003
Prefix Next Hop Interface
0.0.0.0/0 172.20.52.1 FastEthernet3/3
0.0.0.0/32 receive
10.7.0.0/16 172.20.52.1 FastEthernet3/3
10.16.18.0/23 172.20.52.1 FastEthernet3/3
Router>
 

次に、特定の VLAN に関する詳細な IP CEF 情報を表示する例を示します。

Router> show ip cef vlan 1003 detail
IP Distributed CEF with switching (Table Version 2364), flags=0x0
1383 routes, 0 reresolve, 0 unresolved (0 old, 0 new)
1383 leaves, 201 nodes, 380532 bytes, 2372 inserts, 989 invalidations
0 load sharing elements, 0 bytes, 0 references
universal per-destination load sharing algorithm, id 9B6C9823
3 CEF resets, 0 revisions of existing leaves
refcounts: 54276 leaf, 51712 node
Adjacency Table has 5 adjacencies
Router>

show ip dhcp relay information trusted-sources

設定済みの信頼されたインターフェイスをすべて表示するには、 show ip dhcp relay information trusted-sources コマンドを使用します。

show ip dhcp relay information trusted-sources

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、設定済みの信頼されたインターフェイスをすべて一覧表示する例を示します。

Router# show ip dhcp relay information trusted-sources
List of trusted sources of relay agent information option:
Vlan60 Vlan62
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp relay information option trust-all

DHCP のリレー エージェント情報オプションの信頼できる送信元としてすべてのインターフェイスをイネーブルにします。

ip dhcp relay information trust

DHCP のリレー エージェント情報の信頼できる送信元としてインターフェイスをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングの設定を表示するには、 show ip dhcp snooping コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping [ statistics [ detail ]]

 
シンタックスの説明

statistics

(任意)DHCP スヌーピングに関する統計情報を表示します。

detail

(任意)DHCP スヌーピングに関する詳細情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、DHCP スヌーピングの設定を表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping
Switch DHCP snooping is enabled
DHCP snooping is configured on following VLANs:
5 10
Insertion of option 82 is enabled
Interface Trusted Rate limit (pps)
-------------------- ------- ----------------
FastEthernet6/11 no 10
FastEthernet6/36 yes 50
Router#
 

次に、DHCP スヌーピングの統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping statistics
Packets Processed by DHCP Snooping = 0
Packets Dropped Because
IDB not known = 0
Queue full = 0
Interface is in errdisabled = 0
Rate limit exceeded = 0
Received on untrusted ports = 0
Nonzero giaddr = 0
Source mac not equal to chaddr = 0
No binding entry = 0
Insertion of opt82 fail = 0
Unknown packet = 0
Interface Down = 0
Unknown output interface = 0
Router#

次に、DHCP スヌーピングの詳細な統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping statistics detail
Packets Forwarded = 0
Packets Dropped = 0
Packets Dropped From untrusted ports = 0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip dhcp snooping

IP DHCP テーブル エントリをクリアします。

ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ip dhcp snooping binding

DHCP バインディングの設定を確立および生成して、再起動後にバインディングを復元します。

ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピングのデータベースを設定します。

ip dhcp snooping information option

DHCP option 82 データ挿入をイネーブルにします。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが秒単位で受信できる DHCP メッセージ数を設定します。

ip dhcp snooping packets

トンネル インターフェイス上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping verify mac-address

信頼できないポート上で DHCP パケットの送信元 MAC アドレスがクライアントのハードウェア アドレスに一致することを確認します。

ip dhcp snooping vlan

1 つの VLAN または VLAN のグループで DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピングのバインディング エントリを表示します。

show ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング データベース エージェントのステータスを表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピングのバインディング エントリを表示するには、 show ip dhcp snooping binding コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping binding [ ip-address ] [ mac-address ] [ vlan vlan ]
[
interface interface interface-num ]

 
シンタックスの説明

ip-address

(任意)バインディング エントリの IP アドレス

mac-address

(任意)バインディング エントリの MAC アドレス

vlan vlan

(任意)有効な VLAN 番号を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

interface interface

(任意)インターフェイス タイプを指定します。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet 、および tengigabitethernet です。

interface-num

モジュールおよびポート番号

 
コマンドのデフォルト

引数を指定しなかった場合、スイッチは DHCP スヌーピング バインディング テーブル全体を表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

グローバル スヌーピングと VLAN スヌーピングの両方がイネーブルになっている場合だけ、DHCP スヌーピングが VLAN でイネーブルになります。

次に、スイッチの DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping binding

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------- ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Router#

 

次に、DHCP スヌーピング バインディング エントリの IP アドレスを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping binding 172.100.101.102

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------- ----- ------------
0000.0100.0201 172.100.101.102 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Router#

 

次に、DHCP スヌーピング バインディング エントリの MAC アドレスを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping binding 55.5.5.2 0002.b33f.3d5f

 

MacAddress IpAddress Lease(sec) Type VLAN Interface

------------------ --------------- ---------- ------------- ---- --------------------

00:02:B3:3F:3D:5F 55.5.5.2 492 dhcp-snooping 99 FastEthernet6/36

Router#

 

次に、特定の VLAN の DHCP スヌーピング バインディング エントリの MAC アドレスを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping binding 55.5.5.2 0002.b33f.3d5f vlan 99

 

MacAddress IpAddress Lease(sec) Type VLAN Interface

------------------ --------------- ---------- ------------- ---- --------------------

00:02:B3:3F:3D:5F 55.5.5.2 479 dhcp-snooping 99 FastEthernet6/36

Router#

 

次に、ダイナミック DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping binding dynamic

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------ ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Router#

 

次に、VLAN 100 の DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping binding vlan 100

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------ ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Router#

 

次に、イーサネット インターフェイス 0/1 の DHCP スヌーピング バインディング エントリを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping binding interface fastethernet3/1

 

MacAddress IP Address Lease (seconds) Type VLAN Interface
----------- ----------- ---------------- ------------ ----- ------------
0000.0100.0201 10.0.0.1 1600 dhcp-snooping 100 FastEthernet3/1

Router#

表 2-47 に、 show ip dhcp snooping コマンド出力に含まれるフィールドの説明を示します。

 

表 2-47 show ip dhcp snooping コマンド出力

フィールド
説明

Mac Address

クライアント ハードウェア MAC アドレス

IP Address

DHCP サーバから割り当てられたクライアント IP アドレス

Lease (seconds)

IP アドレス リース時間

Type

バインディング タイプ。CLI からスタティックに設定されるか、ダイナミックに学習されます。

VLAN

クライアント インターフェイスの VLAN 番号

Interface

DHCP クライアント ホストに接続するインターフェイス

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ip dhcp snooping binding

DHCP バインディングの設定を確立および生成して、再起動後にバインディングを復元します。

ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピングのデータベースを設定します。

ip dhcp snooping information option

DHCP option 82 データ挿入をイネーブルにします。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが秒単位で受信できる DHCP メッセージ数を設定します。

ip dhcp snooping packets

トンネル インターフェイス上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping verify mac-address

信頼できないポート上で DHCP パケットの送信元 MAC アドレスがクライアントのハードウェア アドレスに一致することを確認します。

ip dhcp snooping vlan

1 つの VLAN または VLAN のグループで DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングの設定を表示します。

show ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング データベース エージェントのステータスを表示します。

show ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピング データベース エージェントのステータスを表示するには、 show ip dhcp snooping database コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping database [ detail ]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)追加の動作状態と統計情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、DHCP スヌーピング データベースを表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping database
Agent URL :
Write delay Timer : 300 seconds
Abort Timer : 300 seconds
 
Agent Running : No
Delay Timer Expiry : Not Running
Abort Timer Expiry : Not Running
 
Last Succeded Time : None
Last Failed Time : None
Last Failed Reason : No failure recorded.
 
Total Attempts : 0 Startup Failures : 0
Successful Transfers : 0 Failed Transfers : 0
Successful Reads : 0 Failed Reads : 0
Successful Writes : 0 Failed Writes : 0
Media Failures : 0
 
Router#
 

次に、追加の動作統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip dhcp snooping database detail
Agent URL : tftp://10.1.1.1/directory/file
Write delay Timer : 300 seconds
Abort Timer : 300 seconds
 
Agent Running : No
Delay Timer Expiry : 7 (00:00:07)
Abort Timer Expiry : Not Running
 
Last Succeded Time : None
Last Failed Time : 17:14:25 UTC Sat Jul 7 2001
Last Failed Reason : Unable to access URL.
 
Total Attempts : 21 Startup Failures : 0
Successful Transfers : 0 Failed Transfers : 21
Successful Reads : 0 Failed Reads : 0
Successful Writes : 0 Failed Writes : 21
Media Failures : 0
 
First successful access: Read
 
Last ignored bindings counters :
Binding Collisions : 0 Expired leases : 0
Invalid interfaces : 0 Unsupported vlans : 0
Parse failures : 0
Last Ignored Time : None
 
Total ignored bindings counters:
Binding Collisions : 0 Expired leases : 0
Invalid interfaces : 0 Unsupported vlans : 0
Parse failures : 0
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ip dhcp snooping binding

DHCP バインディングの設定を確立および生成して、再起動後にバインディングを復元します。

ip dhcp snooping database

DHCP スヌーピングのデータベースを設定します。

ip dhcp snooping information option

DHCP option 82 データ挿入をイネーブルにします。

ip dhcp snooping limit rate

インターフェイスが秒単位で受信できる DHCP メッセージ数を設定します。

ip dhcp snooping packets

トンネル インターフェイス上で DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

ip dhcp snooping verify mac-address

信頼できないポート上で DHCP パケットの送信元 MAC アドレスがクライアントのハードウェア アドレスに一致することを確認します。

ip dhcp snooping vlan

1 つの VLAN または VLAN のグループで DHCP スヌーピングをイネーブルにします。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングの設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

DHCP スヌーピングのバインディング エントリを表示します。

show ip flow-export

ソフトウェア スイッチングされるデータ エクスポートのフロー情報(メイン キャッシュや他のすべてのイネーブル化されたキャッシュなど)を表示するには、show ip flow-export コマンドを使用します。

show ip flow export [ template | verbose ]

 
シンタックスの説明

template

(任意)エクスポート テンプレート統計情報を表示します。

verbose

(任意)詳細なエクスポート統計情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ソフトウェア スイッチングされる NDE のフロー情報を表示する例を示します。

Router# show ip flow export
Flow export v1 is disabled for main cache
Version 1 flow records
0 flows exported in 0 udp datagrams
0 flows failed due to lack of export packet
0 export packets were sent up to process level
0 export packets were dropped due to no fib
0 export packets were dropped due to adjacency issues
0 export packets were dropped due to fragmentation failures
0 export packets were dropped due to encapsulation fixup failures
0 export packets were dropped enqueuing for the RP
0 export packets were dropped due to IPC rate limiting
Router#
 

次に、エクスポート テンプレート統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip flow export template
No Template export information
No Option Templates exist
Template Options Flag = 0
Total number of Templates added = 0
Total active Templates = 0
Flow Templates active = 0
Flow Templates added = 0
Option Templates active = 0
Option Templates added = 0
Template ager polls = 0
Option Template ager polls = 0
Main cache version 9 export is disabled
Router#
 

次に、詳細なエクスポート統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip flow export verbose
Flow export v1 is disabled for main cache
Version 1 flow records
0 flows exported in 0 udp datagrams
0 flows failed due to lack of export packet
0 export packets were sent up to process level
0 export packets were dropped due to no fib
0 export packets were dropped due to adjacency issues
0 export packets were dropped due to fragmentation failures
0 export packets were dropped due to encapsulation fixup failures
0 export packets were dropped enqueuing for the RP
0 export packets were dropped due to IPC rate limiting
Router#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear adjacency

CEF 隣接テーブルをクリアします。

ip flow-aggregation cache

フロー集約キャッシュを作成し、集約キャッシュ コンフィギュレーション モードを開始します。

show ip igmp groups

ルータに直接接続し、IGMP によって学習されたレシーバーがあるマルチキャスト グループを表示するには、 show ip igmp groups コマンドを使用します。

show ip igmp [ vrf vrf-name ] groups [ group-name | group-address | interface-type interface-number ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

group-name

(任意)DNS ホスト テーブルで定義されているマルチキャスト グループの名前

group-address

(任意)4 分割ドット 10 進表記によるマルチキャスト グループのアドレス

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ

interface-number

(任意)インターフェイス番号

detail

(任意)IGMP Version 3(IGMPv3)、IGMP v3lite、または URL Rendezvous Directory(URD)を通じて認識される送信元の詳細な説明を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

任意の引数とキーワードをすべて省略した場合、 show ip igmp groups コマンドは、直接接続しているすべてのマルチキャスト グループをグループ アドレス、インターフェイス タイプ、およびインターフェイス番号別に表示します。

次に、 show ip igmp groups コマンドの出力を表示する例を示します。

Router# show ip igmp groups
 
IGMP Connected Group Membership
Group Address Interface Uptime Expires Last Reporter
239.255.255.254 Ethernet3/1 1w0d 00:02:19 172.21.200.159
224.0.1.40 Ethernet3/1 1w0d 00:02:15 172.21.200.1
224.0.1.40 Ethernet3/3 1w0d never 172.16.214.251
224.0.1.1 Ethernet3/1 1w0d 00:02:11 172.21.200.11
224.9.9.2 Ethernet3/1 1w0d 00:02:10 172.21.200.155
232.1.1.1 Ethernet3/1 5d21h stopped 172.21.200.206
 

次に、 show ip igmp groups コマンドに group-address 引数と detail キーワードを指定した場合の出力を表示する例を示します。

Router# show ip igmp groups 232.1.1.1 detail
 
Interface: Ethernet3/2
Group: 232.1.1.1
Uptime: 01:58:28
Group mode: INCLUDE
Last reporter: 10.0.119.133
CSR Grp Exp: 00:02:38
Group source list: (C - Cisco Src Report, U - URD, R - Remote)
Source Address Uptime v3 Exp CSR Exp Fwd Flags
172.16.214.1 01:58:28 stopped 00:02:31 Yes C
 

表 2-48 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-48 show ip igmp groups のフィールドの説明

フィールド
説明

Group Address

マルチキャスト グループのアドレス

Interface

グループに到達可能なインターフェイス

Uptime

このマルチキャスト グループが認識されていた時間(週、日、時間、分、および秒)

Expires

エントリが期限切れになるまでの時間(週、日、時間、分、および秒) エントリが期限切れになる場合、エントリは削除される前に(短時間)[now] と表示されます。

[never] は、このエントリのローカル レシーバーがこのルータ上にあるので、エントリがタイムアウトにならないことを示します。

[stopped] は、このエントリのタイムアウトがこの有効期限タイマーでは判断できないことを示します。グループについてルータが INCLUDE モードの場合、最後の送信元エントリがタイムアウトになると、グループ エントリ全体がタイムアウトになります(タイムアウトになる前にモードが EXCLUDE モードに変更された場合を除きます)。

Last Reporter

マルチキャスト グループのメンバーであることを最後に報告したホスト。IGMP v3lite と URD のいずれも v2-report が必要です。

Group mode:

INCLUDE または EXCLUDE。グループ モードは、グループのインターフェイスで受信されるメンバーシップ レポートのタイプに基づきます。 show ip igmp groups detail コマンドの出力では、EXCLUDE モードの場合、グループ エントリ(出力には表示されない)の Expires: フィールドも表示されます。

CSR Grp Exp

SSM 範囲内のマルチキャスト グループについて表示されます。最後の受信グループ メンバーシップ レポートが受信されてからの時間(時間、分、および秒)を示します。Cisco IOS ソフトウェアは、URD および IGMP v3lite の動作のためにこれらのレポートを使用する必要がありますが、レポートそのものによってグループ メンバーシップを示すわけではありません。

Group source list:

マルチキャスト グループによって要求された送信元の詳細

Source Address

送信元の IP アドレス

Uptime

送信元状態が作成されてからの経過時間

v3 Exp

IGMP 動作に従って送信元のメンバーシップがタイムアウトになるまでの時間(時間、分、および秒)。メンバーが IGMPv3 を使用していない場合(IGMP v3lite または URD だけを使用している場合)には、[stopped] と表示されます。

CSR Exp

IGMP v3lite または URD レポートに従って送信元のメンバーシップがタイムアウトになるまでの時間(時間、分、および秒)。メンバーが IGMPv3 だけを使用している場合には、[stopped] と表示されます。

Fwd

このエントリにより、ルータがマルチキャスト トラフィックを転送しているかどうかのステータス

Flags

エントリに関する情報 Remote フラグは、IGMPv3 レポートがこの送信元によって受信されたことを示します。C フラグは、IGMP v3lite または URD レポートがこの送信元によって受信されたことを示します。U フラグは、URD レポートがこの送信元によって受信されたことを示します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp query-interval

CiscoIOS ソフトウェアが IGMP ホスト クエリー メッセージを送信する頻度を設定します。

show ip igmp interface

IGMP インターフェイスのステータスおよび設定に関する情報を表示するには、 show ip igmp interface コマンドを使用します。

show ip igmp [ vrf vrf-name ] interface [{ interface [ interface-number ]} | { null interface-number } | { vlan vlan-id }]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

(任意)モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

vlan vlan-id

VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

VLAN を指定しない場合は、VLAN 1 の情報が表示されます。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

オプションの引数を省略した場合、 show ip igmp interface コマンドはすべてのインターフェイスの情報を表示します。

次に、VLAN 43 の IGMP 情報を表示する例を示します。

Router# show ip igmp interface vlan 43
Vlan43 is up, line protocol is up
Internet address is 43.0.0.1/24
IGMP is enabled on interface
Current IGMP host version is 2
Current IGMP router version is 2
IGMP query interval is 60 seconds
IGMP querier timeout is 120 seconds
IGMP max query response time is 10 seconds
Last member query count is 2
Last member query response interval is 1000 ms
Inbound IGMP access group is not set
IGMP activity: 1 joins, 0 leaves
Multicast routing is enabled on interface
Multicast TTL threshold is 0
Multicast designated router (DR) is 43.0.0.1 (this system)
IGMP querying router is 43.0.0.1 (this system)
Multicast groups joined by this system (number of users):
224.0.1.40(1)
IGMP snooping is globally enabled
IGMP snooping is enabled on this interface
IGMP snooping fast-leave is disabled and querier is disabled
IGMP snooping explicit-tracking is enabled on this interface
IGMP snooping last member query interval on this interface is 1000 ms
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip igmp group

IGMP グループ キャッシュのエントリを削除します。

show ip igmp snooping mrouter

ダイナミックに学習された、および手動で設定されたマルチキャスト ルータ インターフェイスに関する情報を表示します。

show ip igmp snooping explicit-tracking

IGMPv3 ホストの明示的ホスト トラッキング ステータスに関する情報を表示するには、show ip igmp snooping explicit-tracking コマンドを使用します。

show ip igmp snooping explicit-tracking { vlan vlan-id }

 
シンタックスの説明

vlan vlan-id

VLAN を指定します。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
コマンドのデフォルト

VLAN を指定しない場合は、VLAN 1 の情報が表示されます。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

明示的ホスト トラッキングは、IGMPv3 ホストだけでサポートされています。

次に、IGMPv3 ホストの明示的ホスト トラッキング ステータスに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip igmp snooping explicit-tracking vlan 25
 
Source/Group Interface Reporter Filter_mode
------------------------------------------------------------------------
10.1.1.1/226.2.2.2 Vl25:1/2 16.27.2.3 INCLUDE
10.2.2.2/226.2.2.2 Vl25:1/2 16.27.2.3 INCLUDE
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping explicit-tracking

明示的なホスト トラッキングをイネーブルにします。

show ip igmp snooping mrouter

ダイナミックに学習されたマルチキャスト ルータ インターフェイス、および手動で設定されたマルチキャスト ルータ インターフェイスに関する情報を表示するには、 show ip igmp snooping mrouter コマンドを使用します。

show ip igmp snooping mrouter [{ vlan vlan-id }]

 
シンタックスの説明

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IGMP スヌーピングがイネーブルである VLAN の MAC アドレス テーブル内のエントリを表示する場合は、 show mac-address-table コマンドも使用できます。

VLAN インターフェイスの IGMP スヌーピング情報を表示するには、 show ip igmp interface vlan vlan-num コマンドを入力します。

次に、特定の VLAN の IGMP スヌーピングに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip igmp snooping mrouter interface 1
vlan ports
-----+----------------------------------------
1 Gi1/1,Gi2/1,Fa3/48,Router
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping mrouter

マルチキャスト ルータ ポートとしてレイヤ 2 ポートを設定します。

show ip igmp snooping rate-limit

IGMP スヌーピング レート制限に関する情報を表示するには、 show ip igmp snooping rate-limit コマンドを使用します。

show ip igmp snooping rate-limit [ statistics | vlan vlan-id ]

 
シンタックスの説明

statistics

(任意)IGMP スヌーピング統計情報を表示します。

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、IGMP スヌーピング レート制限に関する統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip igmp snooping rate-limit statistics
 
Max IGMP messages incoming rate : Not configured
Vlan Incoming rate Rate-limiting ON Disable count Time to Enable
-----+---------------+----------------+---------------+---------------+
222 1000 No 0
111 5999 Yes 3 185
 
Router#
 

次に、特定の VLAN の IGMP スヌーピング レート制限情報を表示する例を示します。

Router# show ip igmp snooping rate-limit vlan 19
Max IGMP messages incoming rate : 200 pps
Vlan Incoming IGMP rate (in pps)
--------+---------------------------------
19 200
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping rate

IGMP スヌーピング パケットのレート制限を設定します。

show ip igmp snooping statistics

IGMPv3 統計情報を表示するには、show ip igmp snooping statistics コマンドを使用します。

show ip igmp snooping statistics [{ interface interface [ interface-number ]} | { port-channel number } | { vlan vlan-id }]

 
シンタックスの説明

interface interface

(任意)指定されたインターフェイス タイプの IGMP 統計情報を表示します。指定できる有効値は ethernet fastethernet および gigabitethernet です。

interface-number

(任意)指定されたモジュールおよびポートのマルチキャスト関連統計情報。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

port-channel number

(任意)指定されたポート チャネルのマルチキャスト関連統計情報を表示します。有効値は 1 ~ 282 です。

vlan vlan-id

(任意)指定された VLAN のマルチキャスト関連統計情報を表示します。 vlan-id 有効値 1 ~ 4094 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show ip igmp snooping statistics コマンドは次の統計情報を表示します。

グループのメンバー ポートのリスト

フィルタ モード

ポートのあとの Reporter アドレス

その他の情報(前回 clear ip igmp snooping statistics コマンドが明示的に発行されて以降に収集された Last-Join および Last-Leave など)

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

257 ~ 282 の port-channel number 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

VLAN のあとに #hosts が表示されるのは、指定された VLAN で max-hosts ポリシーを定義し、log ポリシーをイネーブルにした場合だけです。

次に、IGMPv3 統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip igmp snooping statistics interface FastEthernet5/1
 
IGMP Snooping statistics
Service-policy: Policy1policy tied with this interface
#Channels: 3
#hosts : 3
Query Rx: 2901 GS Query Rx: 0 V3 Query Tot Rx: 0
Join Rx: 8686 Leave Rx: 0 V3 Report Rx: 2300
Join Rx from router ports: 8684 Leave Rx from router ports: 0
Total Rx: 11587
Channel/Group Interface Reporter Uptime Last-Join Last-Leave
10.7.20.1,239.1.1.1 F5/1 10.5.20.1 00:12:00 1:10:00 -
10.7.30.1,239.1.1.1 F5/1 10.5.30.1 00:50:10 1:10:02 0:30:02
10.7.40.1,239.1.1.1 F5/1 10.5.40.1 00:10:10 1:10:03 -
Router#
 

表 2-49 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-49 show ip igmp snooping statistics のフィールドの説明

フィールド
説明

Service-policy: Policy1

このインターフェイスに関連付けられたポリシー

#Channels: 3

指定されたインターフェイスのあとのチャネル数

#hosts

指定されたインターフェイスのあとのホスト数。このフィールドが表示されるのは、max-hosts ポリシーを使用する場合だけです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip igmp snooping statistics

IGMP スヌーピングの統計情報をクリアします。

show ip igmp udlr

UniDirectional Link(UDL; 単一方向リンク)ヘルパー アドレスが設定されたインターフェイス上で、接続済みのマルチキャスト グループに関する UniDirectional Link Routing(UDLR; 単一方向リンク ルーティング)情報を表示するには、 show ip igmp udlr コマンドを使用します。

show ip igmp udlr [ group-name | group-address | interface-type interface-number ]

 
シンタックスの説明

group-name

(任意)マルチキャスト グループ名

group-address

(任意)マルチキャスト グループのアドレス

interface-type interface-number

(任意)インターフェイス タイプおよびインターフェイス番号

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、どのグループが UDL で転送および受信されているかを表示します。

アップストリーム ルータでは、このコマンドはどのインターフェイスが UDL インターフェイスか、およびどの IP マルチキャスト グループがこのインターフェイスに転送されているかを示します。UDL Reporter は、受信ルータ上のダウンストリーム インターフェイスの IP アドレスです。複数のダウンストリーム ルータが存在している場合、このフィールドでは、どのダウンストリーム ルータが、アップストリーム ルータに地上ネットワークを介して IGMP ホスト レポートを転送したかを示します。このレポートは UDL を介して転送されるため、すべてのダウンストリーム ルータは、その他のダウンストリーム ルータがどのグループに要求したかを確認でき、それ以上の IGMP ホスト レポートは抑制されます。

ダウンストリーム ルータ上では、このコマンド(Interface フィールドで)は、どのローカル インターフェイスが IGMP ホスト レポート(特定のグループ用の接続済みホストからの)を受信したかを示します。UDL Reporter は、地上ネットワークを介して IGMP ホスト レポートをアップストリーム ルータに転送したルータの IP アドレスです。UDL Interfaces のカラムには、IP マルチキャスト パケットを受信するインターフェイスが表示されます。

次に、アップストリーム ルータ上の show ip igmp udlr コマンドの出力例を示します。

Router# show ip igmp udlr
 
IGMP UDLR Status, UDL Interfaces: Serial0
Group Address Interface UDL Reporter Reporter Expires
224.2.127.254 Serial0 10.0.0.2 00:02:12
224.0.1.40 Serial0 10.0.0.2 00:02:11
225.7.7.7 Serial0 10.0.0.2 00:02:15
Router#
 

次に、ダウンストリーム ルータ上の show ip igmp udlr コマンドの出力例を示します。

Router# show ip igmp udlr
 
IGMP UDLR Status, UDL Interfaces: Serial0
Group Address Interface UDL Reporter Reporter Expires
224.2.127.254 Serial0 10.0.0.2 00:02:49
224.0.1.40 Serial0 10.0.0.2 00:02:48
225.7.7.7 Serial0 10.0.0.2 00:02:52
Router#
 

表 2-50 に、 show ip igmp udlr コマンドの出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-50 show ip igmp udlr のフィールドの説明

フィールド
説明

Group Address

インターフェイス上のすべてのグループのヘルパー アドレス

Interface

グループの接続先のインターフェイスのタイプと番号

UDL Reporter

グループの IGMP ヘルパーである、UDLネットワーク上のルータの IP アドレス

Reporter Expires

UDL Reporter が非アクティブになるまでの時間(時間、分、秒)。これは、次のような状況で発生します。

UDL Reporter が動作不能状態になった。

レポータへのリンクまたはネットワークが動作不能状態になった。

UDL Reporter に対応付けられたグループ メンバーがグループを脱退した。

show ip interface

IP 用に設定したインターフェイスのユーザビリティ ステータスを表示するには、 show ip interface コマンドを使用します。

show ip interface [ type number ]

 
シンタックスの説明

type

(任意)インターフェイス タイプ

number

(任意)インターフェイス番号

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco IOS ソフトウェアは、インターフェイスが使用可能な場合、直接接続ルートをルーティング テーブルに自動的に入力します。使用可能なインターフェイスとは、ソフトウェアがパケットを送受信できるインターフェイスです。インターフェイスを使用不能と判定した場合、ソフトウェアは直接接続ルーティング エントリをルーティング テーブルから削除します。エントリを削除すれば、ソフトウェアはダイナミック ルーティング プロトコルを使用して(存在する場合)ネットワークへのバックアップ ルートを決定できます。

インターフェイスが双方向通信を提供できる場合、回線プロトコルは [up] とマークされます。インターフェイス ハードウェアが使用可能な場合、そのインターフェイスは [up] とマークされます

オプションのインターフェイス タイプを指定すると、その特定のインターフェイスに関する情報だけが表示されます。

オプション引数を指定しなければ、すべてのインターフェイスに関する情報が表示されます。

非同期インターフェイスが Point-to-Point Protocol(PPP; ポイントツーポイント プロトコル)または Serial Line Internet Protocol(SLIP; シリアル ライン インターネット プロトコル)でカプセル化される場合、IP 高速スイッチングがイネーブルになります。 show ip interface コマンドを PPP または SLIP でカプセル化された非同期インターフェイスで実行すると、IP 高速スイッチングがイネーブルであることを示すメッセージが表示されます。

次に、特定のVLAN のユーザビリティ ステータスを表示する例を示します。

Router# show ip interface vlan 1
Vlan1 is up, line protocol is up
Internet address is 10.6.58.4/24
Broadcast address is 255.255.255.255
Address determined by non-volatile memory
MTU is 1500 bytes
Helper address is not set
Directed broadcast forwarding is disabled
Outgoing access list is not set
Inbound access list is not set
Proxy ARP is enabled
Local Proxy ARP is disabled
Security level is default
Split horizon is enabled
ICMP redirects are always sent
ICMP unreachables are always sent
ICMP mask replies are never sent
IP fast switching is enabled
IP fast switching on the same interface is disabled
IP Flow switching is disabled
IP CEF switching is enabled
IP Fast switching turbo vector
IP Normal CEF switching turbo vector
IP multicast fast switching is enabled
IP multicast distributed fast switching is disabled
IP route-cache flags are Fast, CEF
Router Discovery is disabled
IP output packet accounting is disabled
IP access violation accounting is disabled
TCP/IP header compression is disabled
RTP/IP header compression is disabled
Probe proxy name replies are disabled
Policy routing is disabled
Network address translation is disabled
WCCP Redirect outbound is disabled
WCCP Redirect inbound is disabled
WCCP Redirect exclude is disabled
BGP Policy Mapping is disabled
Sampled Netflow is disabled
IP multicast multilayer switching is disabled
Netflow Data Export (hardware) is enabled
Router#
 

表 2-51 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-51 show ip interface のフィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet0 is up

インターフェイス ハードウェアが使用可能な場合、そのインターフェイスは [up] とマークされます。インターフェイスが使用可能となるためには、インターフェイス ハードウェアおよび回線プロトコルの両方が up となる必要があります。

line protocol is up

インターフェイスが双方向通信を提供できる場合、回線プロトコルは [up] とマークされます。インターフェイスが使用可能となるためには、インターフェイス ハードウェアおよび回線プロトコルの両方が up となる必要があります。

Internet address and subnet mask

インターフェイスの IP アドレスとサブネット マスク

Broadcast address

ブロードキャスト アドレス

Address determined by...

インターフェイスの IP アドレスの決定方法を示すステータス

MTU

インターフェイスに設定されている MTU 値

Helper address

ヘルパー アドレス(設定されている場合)

Secondary address

セカンダリ アドレス(設定されている場合)

Directed broadcast forwarding

指定ブロードキャスト転送のステータス

Multicast groups joined

このインターフェイスが属するマルチキャスト グループ

Outgoing access list

インターフェイスが設定済みの発信アクセス リストを持つかどうかを示すステータス

Inbound access list

インターフェイスが設定済みの着信アクセス リストを持つかどうかを示すステータス

Proxy ARP

インターフェイスでプロキシ アドレス解決プロトコル(ARP)がイネーブルかどうかを示すステータス

Security level

このインターフェイスに設定された IP Security Option(IPSO; IP セキュリティ オプション)のセキュリティ レベル

Split horizon

スプリット ホライズンのステータス

ICMP redirects

このインターフェイス上のリダイレクト メッセージのステータス

ICMP unreachables

このインターフェイス上の到達不可能メッセージのステータス

ICMP mask replies

このインターフェイス上のマスク応答のステータス

IP fast switching

高速スイッチングがこのインターフェイスでイネーブルかどうかを示すステータス。高速スイッチングは通常、例のようなシリアル インターフェイスではイネーブルです。

IP SSE switching

IP Silicon Switching Engine(SSE; シリコン スイッチング エンジン)のステータス

Router Discovery

このインターフェイスの発見プロセスのステータス。これは通常、シリアル インターフェイスではディセーブルです。

IP output packet accounting

このインターフェイスの IP アカウンティングとしきい値(エントリの最大数)のステータス

TCP/IP header compression

ヘッダー圧縮のステータス

Probe proxy name

HP プローブ プロキシ名応答が生成されるかどうかを示すステータス

WCCP Redirect outbound is enabled

インターフェイスで受信されたパケットがキャッシュ エンジンにリダイレクトされるかどうかを示すステータス

WCCP Redirect exclude is disabled

インターフェイスに向けられたパケットが、キャッシュ エンジンへのリダイレクトから除外されるかどうかを示すステータス

Netflow Data Export (hardware) is enabled

インターフェイス上の NDE ハードウェア フロー ステータス

show ip mcache

IP 高速スイッチング キャッシュの内容を表示するには、 show ip mcache コマンドを使用します。

show ip mcache [ vrf vrf-name ] [ group-address | group-name ] [ source-address | source-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

group-address | group-name

(任意)単一グループの高速スイッチング キャッシュ

source-address | source-name

(任意)送信元アドレスまたは名前も指定した場合は、単一のマルチキャスト キャッシュ エントリが表示されます。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

group-address | group-name には、クラス D IP アドレスまたは DNS 名を指定できます。

source-address | source-name には、ユニキャスト IP アドレスまたは DNS 名を指定できます。

次に、IP 高速スイッチング キャッシュの内容を表示する例を示します。このエントリには、World Radio Network グループ(224.2.143.24)に送信している特定の送信元(wrn-source 226.62.246.73)が示されています。

Router> show ip mcache wrn wrn-source
 
IP Multicast Fast-Switching Cache
(226.62.246.73/32, 224.2.143.24), Fddi0, Last used: 00:00:00
Ethernet0 MAC Header: 01005E028F1800000C1883D30800
Ethernet1 MAC Header: 01005E028F1800000C1883D60800
Ethernet2 MAC Header: 01005E028F1800000C1883D40800
Ethernet3 MAC Header: 01005E028F1800000C1883D70800
 

表 2-52 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-52 show ip mcache のフィールドの説明

フィールド
説明

226.62.246.73

送信元アドレス

224.2.143.24

宛先アドレス

Fddi0

パケットが受信される着信インターフェイスまたは予想されるインターフェイス

Last used:

正常に高速スイッチされたパケットについてエントリが最後にアクセスされた時間。[Semi-fast] は、発信インターフェイス リストの最初の部分が高速スイッチされ、リストの残りはプロセス レベルでスイッチされることを示します。

Ethernet0

MAC Header:

パケットを出力用に書き換えするときに使用される発信インターフェイス リストと各 MAC ヘッダー。インターフェイスがトンネルの場合、MAC ヘッダーには実際のネクスト ホップ MAC ヘッダーとカッコ内に実際のインターフェイス名が表示されます。

show ip mds interface

モジュール上のすべてのインターフェイスの MDS 情報を表示するには、 show ip mds interface コマンドを使用します。

show ip mds interface [ vrf vrf-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、モジュール上のすべてのインターフェイスの MDS 情報を表示する例を示します。

Router# show ip mds interface
 
Interface SW-Index HW-Index HW IDB FS Vector VRF
Ethernet1/0/0 2 1 0x60C2DB40 0x602FB7A4 default
Ethernet1/0/1 3 2 0x60C32280 0x603D52B8 default
Ethernet1/0/2 4 3 0x60C35E40 0x602FB7A4 default
Ethernet1/0/3 5 4 0x60C39E60 0x603D52B8 default
Ethernet1/0/4 6 5 0x60C3D780 0x602FB7A4 default
Ethernet1/0/5 7 6 0x60C41140 0x602FB7A4 default
Ethernet1/0/6 8 7 0x60C453A0 0x602FB7A4 default
Ethernet1/0/7 9 8 0x60C48DC0 0x602FB7A4 default
POS2/0/0 10 9 0x0 default
POS3/0/0 11 10 0x0 default
Virtual-Access1 13 11 0x0 default
Loopback0 14 12 0x0 default
Tunnel0 15 23 0x61C2E480 0x603D52B8 vrf1
Tunnel1 16 24 0x61C267E0 0x603D52B8 vrf2
Ethernet1/0/3.1 17 4 0x60C39E60 0x603D52B8 vrf1
Ethernet1/0/3.2 18 4 0x60C39E60 0x603D52B8 vrf2
 

表 2-53 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-53 show ip mds interface のフィールドの説明

フィールド
説明

Interface

指定したインターフェイス

SW-Index

ソフトウェア インデックス

HW-Index

ハードウェア インデックス

HW IDB

ハードウェア インターフェイス記述ブロック

VRF

VRFインスタンス

show ip mpacket

循環キャッシュ ヘッダー バッファの内容を表示するには、 show ip mpacket コマンドを使用します。

show ip mpacket [ vrf vrf-name ] [ group-address | group-name ] [ source-address | source-name ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

group-address | group-name

(任意)指定したグループ アドレスまたはグループ名に一致するキャッシュ ヘッダー

source-address | source-name

(任意)指定した送信元アドレスまたは送信元名に一致するキャッシュ ヘッダー

detail

(任意)サマリー情報に加えて、残りの IP ヘッダー フィールドを追加行に表示し、IP ヘッダーのあとの最初の 8 バイト(通常は UDP ポート番号)も表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、 ip multicast cache-headers コマンドが有効なときだけに適用されます。

このコマンドを入力するたびに、新しいバッファが割り当てられます。サマリー表示( detail キーワードを省略した場合)には、IP パケット識別子、存続可能時間(TTL)値、送信元および宛先 IP アドレス、およびパケット受信時のローカル タイム スタンプが表示されます。

2 つの引数と 1 つのキーワードを同じコマンドで自由に組み合わせて使用できます。

次に、循環キャッシュ ヘッダー バッファの内容を表示する例を示します。

Router # show ip mpacket smallgroup
 
IP Multicast Header Cache - entry count:6, next index: 7
Key: id/ttl timestamp (name) source group
 
D782/117 206416.908 (ABC-xy.company.com) 192.168.228.10 224.5.6.7
7302/113 206417.908 (school.edu) 147.12.2.17 224.5.6.7
6CB2/114 206417.412 (MSSRS.company.com) 154.2.19.40 224.5.6.7
D782/117 206417.868 (ABC-xy.company.com) 192.168.228.10 224.5.6.7
E2E9/123 206418.488 (Newman.com) 211.1.8.10 224.5.6.7
1CA7/127 206418.544 (teller.company.com) 192.168.6.10 224.5.6.7
 

表 2-54 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-54 show ip mpacket のフィールドの説明

フィールド
説明

entry count

キャッシュされたパケット数(出力の 1 行で 1 パケット)。キャッシュの行には 0 ~ 1024 の番号が付けられます。

next index

キャッシュ内の次の要素のインデックス

id

IP パケットの識別番号

ttl

パケットの現在の TTL

timestamp

パケットのタイムスタンプ シーケンス番号

(name)

グループに送信している送信元の DNS 名。名前はカッコ内に表示されます。

source

グループに送信している送信元の IP アドレス

group

パケットが送信されるマルチキャスト グループ アドレス。この例では、グループ アドレスはグループ名 smallgroup です。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip multicast cache-headers

ルータが受信する IP マルチキャスト パケット ヘッダーを格納するために循環バッファを割り当てます。

show ip mroute

IP マルチキャスト ルーティング テーブルに関する情報を表示するには、 show ip mroute コマンドを使用します。

show ip mroute [ vrf vrf-name ] [{ interface interface-number } | { null interface-number } | { port-channel number } | { vlan vlan-id } | {{ host-name | host-address } [ source ]} | { active [ kbps | { interface-type num }]} | { count | pruned | static | summary }]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

(任意)モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

(任意)ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

port-channel number

(任意)チャネル インターフェイスを指定します。有効値は 1 ~ 282 の範囲の最大 64 個の値です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

host-name | host-address

(任意)DNS ホスト テーブルで定義されている名前または IP アドレスです。

source

(任意)マルチキャスト送信元の IP アドレスまたは名前

active

(任意)アクティブな送信元からマルチキャスト グループへの送信速度を表示します。

kbps

(任意)アクティブな送信元からマルチキャスト グループへの送信速度の最小値です。送信速度がこの速度以上であるアクティブな送信元が表示されます。有効値は、 1 ~ 4,294,967,295 Kbps です。

count

(任意)ルートおよびパケット数に関する情報を表示します。

pruned

(任意)プルーニングされたルートを表示します。

static

(任意)スタティック マルチキャスト ルートを表示します。

summary

(任意)IP マルチキャスト ルーティング テーブル内の各エントリのサマリーを 1 行で表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

オプションの引数およびキーワードをすべて省略した場合、 show ip mroute コマンドは IP マルチキャスト ルーティング テーブル内のすべてのエントリを表示します。

show ip mroute active kbps コマンドは、送信速度が kbps 以上であるすべての送信元を表示します。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

257 ~ 282 の port-channel number 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

マルチキャスト ルーティング テーブルにデータを入力するには、スター グループ(*,G)エントリから送信元、グループ(S,G)エントリを作成します。スターはすべての送信元アドレス、[S] は単一の送信元アドレス、[G] は宛先マルチキャスト グループ アドレスを意味します。(S,G)エントリを作成する場合、ソフトウェアはユニキャスト ルーティング テーブル内で(RPF を経由して)見つかった該当する宛先グループへの最適パスを使用します。

次に、IP マルチキャスト ルーティング テーブル内のすべてのエントリを表示する例を示します。

Router# show ip mroute 224.1.1.1
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry,
X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate MSDP Advertisement,
U - URD, I - Received Source Specific Host Report, Z - Multicast Tunnel
Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group, s - SSM
Outgoing interface flags: H - Hardware switched
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode
 
(*, 224.1.1.1), 00:00:07/00:02:59, RP 2.0.0.1, flags: BC
Bidir-Upstream: Null, RPF nbr 0.0.0.0, RPF-MFD
Outgoing interface list:
Vlan202, Forward/Sparse-Dense, 00:00:07/00:02:59, H
Router#
 

次に、アクティブな送信元からマルチキャスト グループへの送信速度を表示し、送信速度がデフォルト以上であるアクティブな送信元だけを表示する例を示します。

Router# show ip mroute active
 
Active IP Multicast Sources - sending >= 4 kbps
 
Group: 224.2.127.254, (sdr.cisco.com)
Source: 146.137.28.69 (mbone.ipd.anl.gov)
Rate: 1 pps/4 kbps(1sec), 4 kbps(last 1 secs), 4 kbps(life avg)
 
Group: 224.2.201.241, ACM 97
Source: 130.129.52.160 (webcast3-e1.acm97.interop.net)
Rate: 9 pps/93 kbps(1sec), 145 kbps(last 20 secs), 85 kbps(life avg)
 
Group: 224.2.207.215, ACM 97
Source: 130.129.52.160 (webcast3-e1.acm97.interop.net)
Rate: 3 pps/31 kbps(1sec), 63 kbps(last 19 secs), 65 kbps(life avg)
Router#
 

次に、ルートおよびパケット数に関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip mroute count
IP Multicast Statistics
56 routes using 28552 bytes of memory
13 groups, 3.30 average sources per group
Forwarding Counts:Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kilobits per second
Other counts:Total/RPF failed/Other drops(OIF-null, rate-limit etc)
 
Group:224.2.136.89, Source count:1, Group pkt count:29051
Source:132.206.72.28/32, Forwarding:29051/-278/1186/0, Other:85724/8/56665
Router#
 

次に、サマリー情報を表示する例を示します。

Router# show ip mroute summary
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, s - SSM Group, C - Connected, L - Local,
P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag, T - SPT-bit set,
J - Join SPT, M - MSDP created entry, X - Proxy Join Timer Running
A - Advertised via MSDP, U - URD, I - Received Source Specific Host
Report
Outgoing interface flags: H - Hardware switched
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode
 
Router#
 

表 2-55 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-55 show ip mroute のフィールドの説明

フィールド
説明

Flags:

エントリに関する情報

D - Dense

エントリは dense(密)モードで動作しています。

S - Sparse

エントリは sparse(疎)モードで動作しています。

s - SSM Group

エントリは SSM グループのメンバーです。

C - Connected

マルチキャスト グループのメンバーは、直接接続されたインターフェイス上に存在します。

L - Local

ルータが、マルチキャスト グループのメンバーです。

P - Pruned

ルートがプルーニングされています。ダウンストリーム メンバーが送信元に加入する場合は、この情報が保持されます。

R - Rp-bit set

(S,G)エントリがルート プロセッサ方向を指しているかどうかを示すステータス。このフィールドは、特定の送信元に関する共有ツリーに沿ったプルーニング ステートを示します。

F - Register flag

ソフトウェアがマルチキャスト送信元に登録されているかどうかを示すステータス

T - SPT-bit set

パケットが最短パス ツリーで受信されているかどうかを示すステータス

J - Join SPT

(*,G)エントリの場合、共有ツリーの下方向に流れるトラフィックの速度が、グループの SPT しきい値の設定値を超えていることを示します (デフォルトの SPT しきい値の設定値は 0 Kbps です)。J - Join SPT フラグが設定されている場合に、共有ツリーの下流で次の(S,G)パケットが受信されると、送信元の方向に(S,G)join メッセージがトリガーされます。これにより、ルータは送信元ツリーに加入します。

(S,G)エントリの場合、グループの SPT しきい値を超過したためにエントリが作成されたことを示します。(S,G)エントリに J - Join SPT フラグが設定されている場合、ルータは送信元ツリー上のトラフィック速度をモニタします。送信元ツリーのトラフィック速度がグループの SPT しきい値を下回っている状況が 1 分以上継続した場合、ルータはこの送信元の共有ツリーに再び切り替えようとします。

ルータは共有ツリー上のトラフィック速度を測定し、この速度とグループの SPT しきい値を 1 秒ごとに比較します。トラフィック速度が SPT しきい値を超えた場合は、トラフィック速度の次の測定が行われるまで、(*,G)エントリに J-Join SPT フラグが設定されます。共有ツリーに次のパケットが着信し、新しい測定インターバルが開始すると、フラグが解除されます。

グループにデフォルトの SPT しきい値(0 Kbps)が使用されている場合、(*, G)エントリには常に J-Join SPT フラグが設定され、解除されません。デフォルトの SPT しきい値が使用されている場合に、新しい送信元からトラフィックを受信すると、ルータは最短パス ツリーにただちに切り替えます。

Bidir-Upstream: Null, RPF nbr 0.0.0.0, RPF-MFD

PIM ルート プロセッサへの連絡に使用するインターフェイス。ルータが PIM ルート プロセッサか、または PIM ルート プロセッサへのルートが存在しない場合、ヌルを設定します。

Outgoing interface flags:

発信エントリに関する情報

H - Hardware switched

エントリはハードウェアによりスイッチングされます。

Timers:

Uptime/Expires

Interface state:

Interface、Next-Hop または VCD、State/Mode

(*, 224.0.255.1)
(198.92.37.100/32, 224.0.255.1)

IP マルチキャスト ルーティング テーブルのエントリです。エントリは、送信元ルータの IP アドレスと、それに続くマルチキャスト グループの IP アドレスで構成されます。送信元ルータの位置に置かれたアスタリスク(*)は、すべての送信元を意味します。

最初の形式のエントリは、(*,G)(「スター カンマ G」と読む)エントリといいます。2 番めの形式のエントリは、(S,G)(「S カンマ G」と読む)エントリといいます。(*,G)エントリは、(S,G)エントリを作成するために使用されます。

uptime

IP マルチキャスト ルーティング テーブルにエントリが格納されていた期間(時間、分、秒)

expires

発信インターフェイスのIPマルチキャスト ルーティング テーブルからエントリが削除されるまでの期間(時間、分、秒)

RP

ルート プロセッサのアドレス。sparse(疎)モードで動作するルータおよびアクセス サーバの場合、このアドレスは常に 0.0.0.0 です。

flags:

エントリに関する情報

Incoming interface:

送信元からのマルチキャスト パケットが着信する予定のインターフェイス。パケットがこのインターフェイスに着信しなかった場合、廃棄されます。

RPF neighbor

送信元に対するアップストリーム ルータの IP アドレス。Tunneling は、このルータがレジスタ パケットにカプセル化されたデータをルート プロセッサに送信していることを示します。カッコ内の 16 進数は、登録されているルート プロセッサを示します。1 つのグループに複数のルート プロセッサが使用されている場合、各ビットはそれぞれ異なるルート プロセッサを示します。

Dvmrp または Mroute

RPF 情報が DVMRP ルーティング テーブルから取得されたか、またはスタティック mroute コンフィギュレーションから取得されたかを示すステータス

Outgoing interface list:

パケットが転送される際に通過するインターフェイス。インターフェイス上で ip pim nbma-mode コマンドがイネーブルの場合、PIM ネイバの IP アドレスも表示されます。

Ethernet0

発信インターフェイス名および番号

Next hop or VCD

Next hop は、ダウンストリーム ネイバの IP アドレスを指定します。VCD は、仮想回線の記述子番号を指定します。VCD0 は、グループがスタティック マップ仮想回線を使用していることを示します。

Forward/Dense

アクセス リストまたは TTL しきい値による制限がない場合に、インターフェイス上でパケットが転送されるかどうかを示すステータス。スラッシュ(/)のあとに、インターフェイスの動作モード(密または疎)を示します。

Forward/Sparse

sparse(疎)モード インターフェイスが転送モードです。

time/time
(uptime/expiration time)

エントリが IP マルチキャスト ルーティング テーブルに格納されていた期間(時間、分、秒)をインターフェイスごとに示します。スラッシュ(/)のあとに、エントリが IP マルチキャスト ルーティング テーブルから削除されるまでの期間(時間、分、秒)を指定します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

IP multicast-routing

IP マルチキャスト ルーティングをイネーブルにします。

ip pim

インターフェイス上の PIM をイネーブルにします。

show ip mroute bidirectional

IP マルチキャスト ルーティング テーブルから Bidir 情報を表示するには、 show ip mroute bidirectional コマンドを使用します。

show ip mroute bidirectional [{ interface interface-number } | { null interface-number } | { port-channel number } | { vlan vlan-id } | {{ host-name | host-address } [ source ]} | { active [ kbps | { interface-type num }]} | { count | pruned | static | summary }]

 
シンタックスの説明

interface

(任意)インターフェイス タイプ。有効値は、 ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

port-channel number

チャネル インターフェイスを指定します。有効値は 1 ~ 282 の範囲の最大 64 個の値です。

vlan vlan-id

VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

host-name | host-address

(任意)DNS ホスト テーブルで定義されている名前または IP アドレスです。

source

(任意)マルチキャスト送信元の IP アドレスまたは名前

active

(任意)アクティブな送信元からマルチキャスト グループへの送信速度を表示します。

kbps

(任意)アクティブな送信元からマルチキャスト グループへの送信速度の最小値です。送信速度がこの速度以上であるアクティブな送信元が表示されます。有効値は、 1 ~ 4,294,967,295 Kbps です。

count

(任意)ルートおよびパケット数を表示します。

pruned

(任意)プルーニングされたルートを表示します。

static

(任意)スタティック マルチキャスト ルートを表示します。

summary

(任意)IP マルチキャスト ルーティング テーブル内の各エントリのサマリーを 1 行で表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

オプションの引数およびキーワードをすべて省略した場合、 mroute bidirectional コマンドは IP マルチキャスト ルーティング テーブル内のエントリをすべて表示します。

次に、双方向 PIM に関係する IP マルチキャスト ルーティング テーブル内の情報を表示する例を示します。

Router# show ip mroute bidirectional
(*, 225.1.3.0), 00:00:02/00:02:57, RP 3.3.3.3, flags:BC
Bidir-Upstream:GigabitEthernet2/1, RPF nbr 10.53.1.7, RPF-MFD
Outgoing interface list:
GigabitEthernet2/1, Bidir-Upstream/Sparse-Dense, 00:00:02/00:00:00,H
Vlan30, Forward/Sparse-Dense, 00:00:02/00:02:57, H
(*, 225.1.2.0), 00:00:04/00:02:55, RP 3.3.3.3, flags:BC
Bidir-Upstream:GigabitEthernet2/1, RPF nbr 10.53.1.7, RPF-MFD
Outgoing interface list:
GigabitEthernet2/1, Bidir-Upstream/Sparse-Dense, 00:00:04/00:00:00,H
Vlan30, Forward/Sparse-Dense, 00:00:04/00:02:55, H
(*, 225.1.4.1), 00:00:00/00:02:59, RP 3.3.3.3, flags:BC
Bidir-Upstream:GigabitEthernet2/1, RPF nbr 10.53.1.7, RPF-MFD
Outgoing interface list:
GigabitEthernet2/1, Bidir-Upstream/Sparse-Dense, 00:00:00/00:00:00,H
Vlan30, Forward/Sparse-Dense, 00:00:00/00:02:59, H
Router#

show ip msdp count

MSDP source-active メッセージを発信した送信元およびグループの数と、source-active キャッシュ内の MSDP ピアからの source-active メッセージ数を表示するには、 show ip msdp count コマンドを使用します。

show ip msdp [ vrf vrf-name ] count [ as-number ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

as-number

(任意)指定した自律システム番号からの source-active メッセージを発信した送信元とグループの数

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show ip msdp コマンドの出力を取得するには、このコマンドの ip msdp cache-sa-state コマンドを入力する必要があります。

次に、MSDP source-active メッセージを発信した送信元およびグループの数と、source-active キャッシュ内の MSDP ピアからの source-active メッセージ数を表示する例を示します。

Router# show ip msdp count
 
SA State per Peer Counters, <Peer>: <# SA learned>
224.135.250.116: 24
172.16.240.253: 3964
172.16.253.19: 10
172.16.170.110: 11
 
SA State per ASN Counters, <asn>: <# sources>/<# groups>
Total entries: 4009
?: 192/98, 9: 1/1, 14: 107/57, 17: 7/5
18: 4/3, 25: 23/17, 26: 39/27, 27: 2/2
32: 19/7, 38: 2/1, 52: 4/4, 57: 1/1
68: 4/4, 73: 12/8, 81: 19/1, 87: 9/6
.
.
.
 

表 2-56 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-56 show ip msdp count のフィールドの説明

フィールド
説明

224.135.250.116: 24

IP アドレス 224.135.250.116 の MSDP ピア。source-active キャッシュ内の MSDP ピアから 24 の source-active メッセージ。

Total entries

source-active キャッシュ内の source-active エントリの総数。

9: 1/1

自律システム 9。1 送信元/1 ポート。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip msdp cache-sa-state

ルータに source-active ステートを作成します。

show ip msdp peer

MSDP ピアに関する詳細情報を表示するには、 show ip msdp peer コマンドを使用します。

show ip msdp [ vrf vrf-name ] peer [ peer-address | peer-name ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

peer-address | peer-name

(任意)情報を表示する MSDP ピアの DNS 名または IP アドレス

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、MSDP ピアの詳細情報を表示する例を示します。

Router# show ip msdp peer 224.135.250.116
 
MSDP Peer 224.135.250.116 (rtp5-rp1.cisco.com), AS 109 (configured AS)
Description:
Connection status:
State: Up, Resets: 9, Connection source: Loopback2 (228.69.199.17)
Uptime(Downtime): 1d10h, Messages sent/received: 436765/429062
Output messages discarded: 0
Connection and counters cleared 1w2d ago
SA Filtering:
Input (S,G) filter: none, route-map: none
Input RP filter: none, route-map: none
Output (S,G) filter: none, route-map: none
Output RP filter: none, route-map: none
SA-Requests:
Input filter: none
Sending SA-Requests to peer: disabled
Peer ttl threshold: 0
SAs learned from this peer: 32, SAs limit: 500
Input queue size: 0, Output queue size: 0
 

表 2-57 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-57 show ip msdp peer のフィールドの説明

フィールド
説明

MSDP Peer

MSDP ピアの IP アドレス

AS

MSDP ピアが属する自律システム

State:

MSDP ピアの状態

Connection source:

TCP ローカル接続アドレスの IP アドレスを取得するために使用されたインターフェイス

Uptime(Downtime):

MSDP ピアがアップまたはダウンしている日数と時間数。時間が 24 時間未満の場合は、時:分:秒で表示されます。

Messages sent/received:

MSDP ピアに送信された source-active メッセージの数/MSDP ピアから受信した source-active メッセージの数

SA Filtering:

source-active 入力および出力のアクセス リスト フィルタリングに関する情報

SA-Requests:

source-active 要求のアクセス リスト フィルタリングに関する情報(存在する場合)

SAs learned from this peer:

source-active キャッシュ内の MSDP ピアからの source-active メッセージの数

SAs limit:

この MSDP ピアの source-active メッセージ制限

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip msdp peer

MSDP ピアを設定します。

show ip msdp sa-cache

MSDP ピアから学習した(S,G)状態を表示するには、 show ip msdp sa-cache コマンドを使用します。

show ip msdp [ vrf vrf-name ] sa-cache [ group-address | source-address | group-name | source-name ] [ group-address | source-address | group-name | source-name ] [ as-number ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

group-address | source-address | group-name | source-name

(任意)(S,G)情報を表示するグループまたは送信元のグループ アドレス、送信元アドレス、グループ名、または送信元名

as-number

(任意)指定した自律システム番号によって発信された状態だけを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip msdp cache-sa-state コマンドを入力した場合だけ、状態がキャッシュされます。

2 つのアドレスまたは名前を指定した場合、それらのアドレスに該当する(S,G)エントリが表示されます。1 つのグループ アドレスだけを指定した場合は、そのグループのすべての送信元が表示されます。

オプションを指定しなかった場合は、source-active キャッシュ全体が表示されます。

次に、MSDP ピアから学習した(S,G)状態を表示する例を示します。

Router# show ip msdp sa-cache
 
MSDP Source-Active Cache - 2398 entries
(172.16.41.33, 238.105.148.0), RP 172.16.3.111, MBGP/AS 704, 2d10h/00:05:33
(172.16.112.8, 224.2.0.1), RP 192.168.200.65, MBGP/AS 10888, 00:03:21/00:02:38
(172.16.10.13, 227.37.32.1), RP 192.168.3.92, MBGP/AS 704, 05:22:20/00:03:32
(172.16.66.18, 233.0.0.1), RP 192.168.3.111, MBGP/AS 704, 2d10h/00:05:35
(172.16.66.148, 233.0.0.1), RP 192.168.3.111, MBGP/AS 704, 2d10h/00:05:35
(172.16.10.13, 227.37.32.2), RP 192.168.3.92, MBGP/AS 704, 00:44:30/00:01:31
(172.16.70.203, 224.2.236.2), RP 192.168.253.7, MBGP/AS 3582, 02:34:16/00:05:49
(172.18.42.104, 236.195.56.2), RP 192.168.3.92, MBGP/AS 704, 04:21:13/00:05:22
(172.16.10.13, 227.37.32.3), RP 192.168.3.92, MBGP/AS 704, 00:44:30/00:02:31
(172.18.15.43, 224.0.92.3), RP 192.168.200.65, MBGP/AS 10888, 6d09h/00:05:35
(172.18.15.111, 224.0.92.3), RP 192.168.200.65, MBGP/AS 10888, 16:18:08/00:05:35
(172.18.21.45, 224.0.92.3), RP 192.168.200.65, MBGP/AS 10888, 16:18:08/00:05:35
(172.18.15.75, 224.0.92.3), RP 192.168.200.65, MBGP/AS 10888, 08:40:52/00:05:35
(172.18.15.100, 224.0.92.3), RP 192.168.200.65, MBGP/AS 10888, 08:40:52/00:05:35
(172.16.10.13, 227.37.32.6), RP 192.168.3.92, MBGP/AS 704, 00:45:30/00:05:31
(172.18.41.33, 224.247.228.10), RP 192.168.3.111, MBGP/AS 704, 2d10h/00:05:35
(172.18.222.210, 224.2.224.13), RP 192.168.3.92, MBGP/AS 704, 01:51:53/00:05:22
(172.18.41.33, 229.231.124.13), RP 192.168.3.111, MBGP/AS 704, 2d10h/00:05:33
(172.18.32.138, 224.2.200.23), RP 192.168.253.7, MBGP/AS 3582, 21:33:40/00:05:49
(172.18.75.244, 224.2.200.23), RP 192.168.253.7, MBGP/AS 3582, 21:33:40/00:05:49
 

表 2-58 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-58 show ip msdp sa-cache のフィールドの説明

フィールド
説明

(172.16.41.33, 238.105.148.0)

2 番めのアドレス(グループ)に送信している最初のアドレス(送信元)

RP 172.16.3.111

source-active メッセージが開始された発信元ドメインのランデブー ポイント アドレス

MBGP/AS 704

マルチプロトコル BGP に従った自律システム 704 内のランデブー ポイント

2d10h/00:05:33

2 日と 10 時間キャッシュされているルート。5 分 33 秒間、source-active メッセージを受信しなかった場合、ルートは source-active キャッシュから削除されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip msdp sa-cache

MSDP 送信元のアクティブ キャッシュ エントリをクリアします。

ip msdp cache-sa-state

ルータに source-active ステートを作成します。

show ip msdp summary

MSDP ピア ステータスを表示するには、 show ip msdp summary コマンドを使用します。

show ip msdp [ vrf vrf-name ] summary

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、MSDP ピア ステータスを表示する例を示します。

Router# show ip msdp summary
 
MSDP Peer Status Summary
Peer Address AS State Uptime/ Reset SA Peer Name
Downtime Count Count
224.135.250.116 109 Up 1d10h 9 111 rtp5-rp1
*172.20.240.253 1239 Up 14:24:00 5 4010 sl-rp-stk
172.16.253.19 109 Up 12:36:17 5 10 shinjuku-rp1
172.16.170.110 109 Up 1d11h 9 12 ams-rp1
 

表 2-59 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-59 show ip msdp summary のフィールドの説明

フィールド
説明

Peer Address

MSDP ピアの IP アドレス

AS

MSDP ピアが属する自律システム

State

MSDP ピアの状態

Uptime/Downtime

直前のカラムに表示されている State ごと MSDP ピアがアップまたはダウンしている日数と時間数。時間が 24 時間未満の場合は、時:分:秒で表示されます。

SA Count

source-active キャッシュ内のこの MSDP ピアからの source-active メッセージの数

Peer Name

MSDP ピアの名前

show ip nhrp

NHRP キャッシュに関する情報を表示するには、 show ip nhrp コマンドを使用します。

show ip nhrp [ summary | dynamic | static | incomplete ] [{ interface-type interface-number } | ip-address ] [ detail | brief ]

 
シンタックスの説明

summary

(任意)NHRP キャッシュ クリア情報のサマリーを表示します。

dynamic

(任意)ダイナミック(学習した)IP-to-NBMA キャッシュ エントリだけを表示します。

static

(任意)スタティック IP-to-NBMA アドレス キャッシュ エントリ( ip nhrp map コマンドを使用して設定)だけを表示します。

incomplete

(任意)不完全なキャッシュに関する情報を表示します。

interface-type interface-number

(任意)指定したインターフェイス タイプの NHRP キャッシュ情報だけを表示します。タイプ、番号の範囲、および説明については、 表 2-60 を参照してください。

ip-address

(任意)指定した IP アドレスの NHRP キャッシュ情報だけを表示します。

detail

(任意)NHRPキャッシュに関する詳細情報を表示します。

brief

(任意)NHRP キャッシュに関する基本情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

表 2-60 に、オプション引数の type および number について有効なタイプ、番号の範囲、および説明を示します。


) 有効なタイプは、プラットフォームとプラットフォーム上のインターフェイスによって異なります。


 

表 2-60 有効なタイプ、番号の範囲、およびインターフェイスの説明

有効なタイプ
番号の範囲
インターフェイスの説明

async

1

非同期

ctunnel

0 ~ 2,147,483,647

C トンネル

dialer

0 ~ 20049

ダイアラー

fastethernet

0 ~ 6

ファスト イーサネット IEEE 802.3

GigabitEthernet

0 ~ 6

ギガビット イーサネット IEEE 802.3

loopback

0 ~ 2,147,483,647

ループバック

mfr

0 ~ 2,147,483,647

マルチリンク フレーム リレー バンドル

multilink

0 ~ 2,147,483,647

マルチリンク グループ

null

0

ヌル

port-channel

1 ~ 282

インターフェイスの EtherChannel

pos-channel

1 ~ 4094

インターフェイスの PoS チャネル

tunnel

0 ~ 2,147,483,647

トンネル インターフェイス

vif

1

PGM マルチキャスト ホスト

tunnel

0 ~ 2,147,483,647

トンネル

virtual-template

1 ~ 1000

仮想テンプレート

virtual-tokenring

0 ~ 2,147,483,647

仮想トークンリング

xtagatm

0 ~ 2,147,483,647

拡張タグ ATM

次に、NHRP キャッシュに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip nhrp
 
10.0.0.2 255.255.255.255, ATM0/0 created 0:00:43 expire 1:59:16
Type: dynamic Flags: authoritative
NBMA address: 11.1111.1111.1111.1111.1111.1111.1111.1111.1111.11
10.0.0.1 255.255.255.255, Tunnel0 created 0:10:03 expire 1:49:56
Type: static Flags: authoritative
NBMA address: 11.1.1.2
 

表 2-61 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-61 show ip nhrp のフィールドの説明

フィールド
説明

10.0.0.2 255.255.255.255

IP-to-NBMA アドレス キャッシュ内の IP アドレスとネットワーク マスク。NHRP を通じた NBMA 情報の集約はサポートされていないので、マスクは現時点では常に 255.255.255.255 です。

ATM0/0 created 0:00:43

インターフェイスのタイプおよび番号(この例では ATM スロット番号とポート番号)と作成時刻(時:分:秒)

expire 1:59:16

正および負の正当なNBMAアドレスの期限が切れるまでの時間(時間:分:秒)。この値は、 ip nhrp holdtime コマンドに基づきます。

Type

dynamic:NBMA アドレスは NHRP 要求パケットから取得されました。

static:NBMA アドレスはスタティックに設定されました。

Flags

authoritative:特定の宛先の NBMA-to-IP アドレス マッピングを維持しているネクスト ホップ サーバまたはルータから NHRP 情報が取得されたことを示します。

implicit:情報はローカル ルータから生成された NHRP 要求から学習されたのではなく、ローカル ルータが転送している NHRP パケットまたはローカル ルータが受信している NHRP 要求から学習されたことを示します。

negative:ネガティブ キャッシングの場合。要求された NBMA マッピングを取得できなかったことを示します。

NBMA address

非ブロードキャスト マルチアクセス アドレス。アドレス形式は、使用されているネットワークのタイプ(ATM、イーサネット、SMDS、マルチポイント トンネルなど)に応じた形式です。

次に、特定の IP アドレスについてだけ、ダイナミック(学習された)IP-to-NBMA キャッシュ エントリに関する基本情報を表示する例を示します。

Router# show ip nhrp dynamic 255.255.255.255 brief
Target Via NBMA Mode Intfc Claimed

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip nhrp holdtime

正当な NHRP 応答で有効な NHRP NBMA アドレスとしてアドバタイズされる秒数を変更します。

ip nhrp map

MBMA ネットワークに接続された IP 宛先の IP-to-NBMA アドレス マッピングをスタティックに設定します。

show ip pim bsr-router

BSR 情報を表示するには、 show ip pim bs r-router コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name bs r-router

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

出力には、選定された BSR 情報とローカルで設定された候補ランデブー ポイント アドバタイズに関する情報が含まれます。

次に、BSR 情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim bsr-router
 
PIMv2 Bootstrap information
This system is the Bootstrap Router (BSR)
BSR address: 172.16.143.28
Uptime: 04:37:59, BSR Priority: 4, Hash mask length: 30
Next bootstrap message in 00:00:03 seconds
 
Next Cand_RP_advertisement in 00:00:03 seconds.
RP: 172.16.143.28(Ethernet0), Group acl: 6
 

表 2-62 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-62 show ip pim bsr のフィールドの説明

フィールド
説明

BSR address

ブートストラップ ルータの IP アドレス

Uptime

このルータがアップしている時間の長さ(時間、分、秒)

BSR Priority

ip pim bsr-candidate コマンドで設定されたプライオリティ

Hash mask length

ハッシュ関数が呼び出される前にグループ アドレスと AND 演算されるマスクの長さ(最大 32 ビット)。この値は、 ip pim bsr-candidate コマンドで設定します。

Next bootstrap message in

この BSR からの次のブートストラップ メッセージの予定時間(時間、分、秒)

Next Cand_RP_advertisement in

次の候補ランデブー ポイント アドバタイズが送信される時間(時間、分、秒)

RP

ランデブー ポイントの IP アドレスのリスト

Group acl

ランデブー ポイント アドレスと関連してアドバタイズされるグループ プレフィクスを定義する標準 IP アクセス リスト番号。この値は、 ip pim bsr-candidate コマンドで設定します。

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip pim bsr-candidate

ルータが BSR として候補であることをアナウンスするよう設定します。

ip pim rp-candidate

ルータが自身を PIM バージョン 2 ランデブー ポイント候補として BSR にアドバタイズするよう設定します。

show ip pim rp-hash

指定したグループで選択されているランデブー ポイントを表示します。

show ip pim interface df

指定フォワーダ インターフェイスに関する情報を表示するには、 show ip pim interface df コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name interface df [ rp-addr ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

rp-addr

(任意)指定フォワーダのホスト名または IP アドレス

 
コマンドのデフォルト

rp-addr を指定しなければ すべての指定フォワーダが表示されます。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、DF インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim interface df 10.18.1.31
Interface RP DF Winner Metric Uptime
Vlan70 10.18.1.31 10.70.1.55 0 14:16:24
FastEthernet5/5 10.18.1.31 10.16.1.30 0 14:16:24
FastEthernet5/6 10.18.1.31 10.18.1.31 0 14:16:24
Router#
 

show ip pim mdt bgp

MDT デフォルト グループのルート識別子の詳細な BGP アドバタイズを表示するには、show ip pim mdt bgp コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name mdt bgp

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、MDT デフォルト グループのルート識別子の詳細な BGP アドバタイズを表示する例を示します。

Router# show ip pim mdt bgp
 
MDT-default group 232.2.1.4
rid:1.1.1.1 next_hop:1.1.1.1
 

表 2-63 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-63 show ip pim mdt bgp のフィールドの説明

フィールド
説明

MDT-default group

このルータにアドバタイズされた MDT デフォルト グループ

rid:10.1.1.1

アドバタイズしたルータの BGP ルータ ID

next_hop:10.1.1.1

アドバタイズに含まれていた BGP ネクスト ホップ アドレス

show ip pim mdt history

再利用されたデータ MDT に関する情報を表示するには、 show ip pim mdt history コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name mdt history interval minutes

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

interval minutes

インターバルを設定できる時間の長さ(分)を指定します。有効値は、1 ~ 71,582 分です(最大値は、71,582 分または 7 週間です)。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show ip pim mdt history コマンドは、過去に設定されたインターバル中に再利用されたデータ MDT を表示します。

次に、再利用されたデータ MDT に関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim vrf blue mdt history interval 20
 
MDT-data send history for VRF - blue for the past 20 minutes
 
MDT-data group Number of reuse
10.9.9.8 3
10.9.9.9 2
 

表 2-64 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-64 show ip pim mdt history のフィールドの説明

フィールド
説明

MDT-data group

情報が表示されている MDT データ グループ

Number of reuse

このグループで再利用されたデータ MDT の数

show ip pim mdt receive

指定したルータが受信したデータ MDT アドバタイズを表示するには、 show ip pim mdt receive コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name mdt receive [ detail ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

detail

(任意)受信されたデータ MDT アドバタイズの詳細な説明を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルータがデフォルトの MDT からデータ MDT に切り替えるときには、VRF 送信元、グループ ペア、およびトラフィックが送信されるグローバル マルチキャスト アドレスをアドバタイズします。リモート ルータがこのデータを受信する場合は、このグローバル アドレス マルチキャスト グループに加入します。

次に、指定したルータが受信したデータ MDT アドバタイズを表示する例を示します。

Router# show ip pim vrf vpn8 mdt receive detail
 
Joined MDT-data groups for VRF:vpn8
group:232.2.8.0 source:10.0.0.100 ref_count:13
(10.101.8.10, 225.1.8.1), 1d13h/00:03:28/00:02:26, OIF count:1, flags:TY
(10.102.8.10, 225.1.8.1), 1d13h/00:03:28/00:02:27, OIF count:1, flags:TY
 

表 2-65 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-65 show ip pim mdt receive のフィールドの説明

フィールド
説明

group:172.16.8.0

データ MDT を作成したグループ

source:10.0.0.100

データ MDT を作成した VRF 送信元

ref_count:13

このデータ MDT を再利用している送信元とグループのペアの数

OIF count:1

このマルチキャスト データを転送しているインターフェイスの数

flags:

エントリに関する情報

A - 候補 MSDP アドバタイズ
B - Bidir グループ
D - dense(密)
C - 接続済み
F - レジスタ フラグ
I - 受信された送信元固有のホスト レポート
J - 加入 SPT
L - ローカル
M - MSDP 作成エントリ
P - プルーニング済み
R - RP ビット セット
S - sparse(疎)
s - SSM グループ
T - SPT ビット セット
X - プロキシ加入タイマー実行中
U - URD
Y - 加入した MDT データ グループ
y - MDT データ グループに送信中
Z - マルチキャスト トンネル

show ip pim mdt send

指定したルータが作成したデータ MDT アドバタイズを表示するには、 show ip pim mdt send コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name mdt send

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、指定したルータが作成したデータ MDT アドバタイズを表示するときに使用します。

次に、指定したルータが作成したデータ MDT アドバタイズを表示する例を示します。

Router# show ip pim mdt send
 
MDT-data send list for VRF:vpn8
(source, group) MDT-data group ref_count
(10.100.8.10, 225.1.8.1) 232.2.8.0 1
(10.100.8.10, 225.1.8.2) 232.2.8.1 1
(10.100.8.10, 225.1.8.3) 232.2.8.2 1
(10.100.8.10, 225.1.8.4) 232.2.8.3 1
(10.100.8.10, 225.1.8.5) 232.2.8.4 1
(10.100.8.10, 225.1.8.6) 232.2.8.5 1
(10.100.8.10, 225.1.8.7) 232.2.8.6 1
(10.100.8.10, 225.1.8.8) 232.2.8.7 1
(10.100.8.10, 225.1.8.9) 232.2.8.8 1
(10.100.8.10, 225.1.8.10) 232.2.8.9 1
 

表 2-66 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-66 show ip pim mdt send のフィールドの説明

フィールド
説明

source, group

このルータがデータ MDT に切り替えた送信元とグループのアドレス

MDT-data group

これらのデータ MDT が送信されるマルチキャスト アドレス

ref_count

このデータ MDT を再利用している送信元とグループのペアの数

show ip pim neighbor

発見された PIM ネイバのリストを表示するには、 show ip pim neighbor コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name neighbor [ interface-type interface-number ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

interface-type

(任意)インターフェイス タイプ

interface-number

インターフェイス番号

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、PIM 用に設定されている LAN 上のルータを調べるときに使用します。

次に、発見された PIM ネイバのリストを表示する例を示します。

Router# show ip pim neighbor
 
PIM Neighbor Table
Neighbor Address Interface Uptime Expires Mode
192.168.37.2 Ethernet0 17:38:16 0:01:25 Dense
192.168.37.33 Ethernet0 17:33:20 0:01:05 Dense (DR)
192.168.36.131 Ethernet1 17:33:20 0:01:08 Dense (DR)
192.168.36.130 Ethernet1 18:56:06 0:01:04 Dense
10.1.22.9 Tunnel0 19:14:59 0:01:09 Dense
 

表 2-67 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-67 show ip pim neighbor のフィールドの説明

フィールド
説明

Neighbor Address

PIM ネイバの IP アドレス

Interface

ネイバに到達可能なインターフェイスのタイプと番号

Uptime

PIM ネイバ テーブルにエントリが格納されていた期間(時間、分、秒)

Expires

IP マルチキャスト ルーティング テーブルからエントリが削除されるまでの期間(時間、分、秒)

Mode

インターフェイスの動作モード

(DR)

このネイバが LAN 上の指定ルータであるかどうかを示すステータス

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip pim state-refresh disable

PIM ルータ上で PIM dense(密)モード リフレッシュ制御メッセージの処理および転送をディセーブルにします。

ip pim state-refresh origination-interval

PIM ルータに PIM dense(密)モード リフレッシュ制御メッセージの送信元およびインターバルを設定します。

show ip pim interface df

指定フォワーダ インターフェイスに関する情報を表示します。

show ip pim rp-hash

指定したグループについて選択されているランデブー ポイントを表示するには、 show ip pim rp-hash コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name rp-hash { group-address | group-name }

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

group-address | group-name

DNS ホスト テーブルで定義された指定したグループ アドレスまたは名前のランデブー ポイント情報

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、指定したグループについて選択されたランデブー ポイントを表示します。また、このランデブー ポイントが Auto-RP または PIM Version 2 ブートストラップ メカニズムによって選択されたかどうかも示します。

次に、指定したグループについて選択されているランデブー ポイントを表示する例を示します。

Router# show ip pim rp-hash 239.1.1.1
 
RP 172.16.24.12 (mt1-47a.cisco.com), v2
Info source: 172.16.24.12 (mt1-47a.cisco.com), via bootstrap
Uptime: 05:15:33, expires: 00:02:01
 

表 2-68 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-68 show ip pim rp-hash のフィールドの説明

フィールド
説明

RP 172.16.24.12 (mt1-47a.cisco.com), v2

指定したグループのランデブー ポイントのアドレス(239.1.1.1)。カッコ内は、ランデブー ポイントの DNS 名です。ランデブー ポイントのアドレスが DNS に登録されていない場合は、疑問符(?)が表示されます。PIM Version 2 が設定されています。

Info source: 172.16.24.12 (mt1-47a.cisco.com), via bootstrap

ルータがこのランデブー ポイント情報を学習したシステムと、送信元の DNS 名。ランデブー ポイントはブートストラップ メカニズムによって選択されました。この例では、BSR はランデブー ポイントでもあります。

Uptime

ルータがこのランデブー ポイントを認識していた時間の長さ(時、分、秒)

expires

このランデブー ポイントに関する情報が期限切れになるまでの時間の長さ(時、分、秒)。この時間内にルータがリフレッシュ メッセージを受信しなかった場合、ルータはこのランデブー ポイントに関する情報を廃棄します。

show ip pim rp mapping

アクティブなランデブー ポイントへの PIM グループのマッピングを表示するには、 show ip pim rp mapping コマンドを使用します。

show ip pim vrf vrf-name rp mapping [ rp-address ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

マルチキャスト VRF インスタンスに割り当てられた名前を指定します。

rp-address

(任意)ランデブー ポイントの IP アドレス

 
コマンドのデフォルト

rp-address を指定しなければ、アクティブなランデブー ポイントすべてのマッピングが表示されます。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、アクティブなランデブー ポイントへの PIM グループのマッピングを表示する例を示します。

Router# show ip pim rp mapping
PIM Group-to-RP Mappings
This system is an RP-mapping agent
Group(s) 224.1.0.0/16
RP 6.6.6.6 (?), v2v1
Info source: 6.6.6.6 (?), elected via Auto-RP ---> learned via Auto-RP
and the elected RP.
Uptime: 22:36:49, expires: 00:02:04
Group(s) 225.2.2.0/24
RP 9.9.9.9 (?), v2v1, bidir
Info source: 9.9.9.9 (?), elected via Auto-RP
Uptime: 22:36:20, expires: 00:02:37
Group(s) 226.2.2.0/24
RP 2.2.2.2 (?), v2v1, bidir
Info source: 2.2.2.2 (?), elected via Auto-RP
Uptime: 22:36:24, expires: 00:02:29
Group(s) 227.2.2.0/24
RP 9.9.9.9 (?), v2v1, bidir
Info source: 9.9.9.9 (?), elected via Auto-RP
Uptime: 22:36:21, expires: 00:02:35
Router#
 

表 2-69 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-69 show ip pim rp mapping のフィールドの説明

フィールド
説明

Info source

ACL 番号

Static

スタティック ランデブー ポイント設定からのグループ/マッピング情報

Bidir Mode

ランデブー ポイントが双方向モードで動作しているかどうかを示すステータス

RP

当該グループのランデブー ポイントのアドレス

(?)

Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)が指定されていないことを示すステータス

show ip pim snooping

IP PIM スヌーピングに関する情報を表示するには、 show ip pim snooping コマンドを使用します。

show ip pim snooping

show ip pim snooping vlan vlan-id [ neighbor | mac-group | statistics | mroute [{ src-ip | group-ip }]]

 
シンタックスの説明

vlan vlan-id

特定の VLAN の情報を表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

neighbor

(任意)近接データベースに関する情報を表示します。

mac-group

(任意)レイヤ 2 の GDA データベースに関する情報を表示します。

statistics

(任意)VLAN 統計情報を表示します。

mroute

(任意)mroute データベースに関する情報を表示します。

src-ip

(任意)送信元 IP アドレス

group-ip

(任意)グループ IP アドレス

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、グローバル ステータスに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping
Global runtime mode: Enabled
Global admin mode : Enabled
Number of user enabled VLANs: 1
User enabled VLANs: 10
Router#
 

次に、特定の VLAN に関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping vlan 10
3 neighbors (0 DR priority incapable, 0 Bi-dir incapable)
6 mroutes, 3 mac entries
DR is 10.10.10.4
RP DF Set
Router#
 

次に、特定の VLAN の近接データベースに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping vlan 10 neighbor
IP Address Mac address Port Uptime/Expires Flags
10.10.10.2 000a.f330.344a 3/13 00:09:57/00:01:22
10.10.10.1 000a.f330.334a 3/12 00:09:44/00:01:21
10.10.10.4 000a.f330.3c00 15/01 00:09:57/00:01:22 DR
Number of Neighbors = 3
Router#
 

次に、レイヤ 2 内の特定の VLAN の GDA データベースに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping vlan 10 mac-group
Mac address Group address Uptime/Expires Outgoing Ports
0100.5e01.6465 224.1.100.101 00:20:26/00:02:43 3/12 3/13 15/1
0100.5e01.6464 224.1.100.100 00:20:28/00:02:41 3/12 3/13 15/1
0100.5e00.0128 224.0.1.40 00:20:27/00:02:47 3/12 3/13 15/1
Number of mac-groups = 3
Router#
 

次に、特定の VLAN の詳細統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping vlan 10 statistics
PIMv2 statistics for vlan 10:
Hello : 811
Join/Prunes : 1332
RP DF Election : 0
Asserts : 133
Other types : 0
 
Hello option holdtime [1] : 811
Hello option Generation ID[20] : 544
Hello option DR priority[19] : 544
Hello option Bi-dir capable[22] : 0
Hello option Fast Hold[65005] : 0
Hello option Lan Prune Delay[2] : 0
Hello option Tag switching [17] : 0
Hello option PIM-DM State Refresh[21] : 544
Hello option Deprecated Cisco DR priority[18] : 0
Error - Hello length too short : 0
Error - Hello hold option missing : 0
Error - Hello option length : 0
Error - Hello option unknown : 0
 
Error - Join/Prune Address Family : 0
Error - Join/Prune Parser malloc failure : 0
Error - Join/Prune Unknown up/down neighbor : 0
Error - Join/Prune Malformed packet discards : 0
 
Error - RPDF election Address Family : 0
Error - RPDF Unknown up/down neighbor : 0
 
Error - Generic packet input error : 0
Router#
 

次に、特定の VLAN におけるすべてのマルチキャスト ルータの mroute データベースに関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping vlan 10 mroute
Number of Mroutes = 6
Flags: J/P - (*,G) Join/Prune, j/p - (S,G) Join/Prune
SGR-P - (S,G,R) Prune
 
(*, 224.1.100.101), 00:16:14/00:02:58
10.10.10.1->10.10.10.2, 00:16:14/00:02:58, J
Downstream ports: 3/12
Upstream ports: 3/13
Outgoing ports: 3/12 3/13
 
(*, 224.1.100.100), 00:16:16/00:02:56
10.10.10.1->10.10.10.2, 00:16:16/00:02:56, J
Downstream ports: 3/12
Upstream ports: 3/13
Outgoing ports: 3/12 3/13
 
(10.10.10.2, 224.0.1.40), 00:16:10/00:03:03
10.10.10.1->10.10.10.2, 00:16:10/00:03:03, SGR-P
Downstream ports:
Upstream ports: 3/13
Outgoing ports: 3/13
 
(*, 224.0.1.40), 00:16:16/00:03:02
10.10.10.1->10.10.10.2, 00:16:16/00:03:02, J
Downstream ports: 3/12
Upstream ports: 3/13
Outgoing ports: 3/12 3/13
 
(*, 224.10.10.10), 00:02:23/00:01:06
Downstream ports:
Upstream ports:
Outgoing ports: 3/12 3/13
 
(123.123.123.123, 224.10.10.10), 00:02:23/00:01:06
10.10.10.1->10.10.10.2, 00:02:23/00:01:06, j
Downstream ports: 3/12
Upstream ports: 3/13
Outgoing ports: 3/12 3/13
Router#
 

次に、特定の送信元アドレスの PIM mroute に関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping vlan 10 mroute 224.1.100.100
(*, 224.1.100.100), 00:16:36/00:02:36
10.10.10.1->10.10.10.2, 00:16:36/00:02:36, J
Downstream ports: 3/12
Upstream ports: 3/13
Outgoing ports: 3/12 3/13
Router#
 

次に、特定の送信元アドレスおよびグループ アドレスの PIM mroute に関する情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim snooping vlan 10 mroute 123.123.123.123 224.10.10.10
(123.123.123.123, 224.10.10.10), 00:03:04/00:00:25
10.10.10.1->10.10.10.2, 00:03:04/00:00:25, j
Downstream ports: 3/12
Upstream ports: 3/13
Outgoing ports: 3/12 3/13
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip pim snooping (global configuration mode)

PIM スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ip pim snooping (interface configuration mode)

インターフェイス上の PIM スヌーピングをイネーブルにします。

show ip rpf events

トリガーされた RPF 統計情報を表示するには、 show ip rpf events コマンドを使用します。

show ip rpf [ vrf vrf-name ] events

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)マルチキャスト VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスに割り当てられている名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、トリガーされた RPF 統計情報を表示する例を示します。

Router# show ip rpf events
Last 15 triggered multicast RPF check events
RPF backoff delay: 500 msec
RPF maximum delay: 5 sec
DATE/TIME BACKOFF PROTOCOL EVENT RPF CHANGES
Jan 1 00:00:55.643 500 msec EIGRP Route UP 0
Jan 1 00:00:07.283 1000 sec Connected Route UP 0
Jan 1 00:00:06.283 500 msec Connected Route UP 0
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip multicast rpf backoff

PIM 待機インターバル を設定します。

ip multicast rpf interval

RPF 一貫性チェック インターバルを設定します。

show ip wccp

WCCP 統計情報を表示するには、 show ip wccp コマンドを使用します。

show ip wccp [{ service-number | web-cache } [ detail | view ]]

 
シンタックスの説明

service-number

(任意)ルータに制御されているキャッシュ エンジン サービス グループの識別番号を指定します。有効値は 0 ~ 99 です。

web-cache

(任意)Web キャッシュ サービスの統計情報を表示するようにルータに指示します。

detail

(任意)現在設定されているクラスタのルータおよびすべてのキャッシュ エンジンに関する情報を表示します。

view

(任意)特定のサービス グループの他のどのメンバーが検出されているかまたは検出されていないか表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

[Total Packets Redirected] 数を提供するには、 show ip wccp service-number コマンドを使用します。[Total Packets Redirected] 数とは、リダイレクトされるフローまたはセッションの数です。

[Packets Redirected] 数を提供するには、 show ip wccp service-number detail コマンドを使用します。[Packets Redirected] 数とは、リダイレクトされるフローまたはセッションの数です。

レイヤ 2 リダイレクションを使用しているパケット数ではなくフロー数を示すには、 show ip wccp web-cache detail コマンドを使用します。

シスコ製キャッシュ エンジンを使用するキャッシュ エンジン クラスタでは、リバース プロキシ service-number は、値 99 で指定されます。

[Packets Redirected] 情報のカウンタをリセットするには、 clear ip wccp コマンドを使用します。

IP WCCP のコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』の「Configuring Web Cache Services Using WCCP」を参照してください。

次に、レイヤ 2 リダイレクションを使用する接続済みキャッシュ エンジンを表示する例を示します。

Router# show ip wccp web-cache detail
WCCP Cache-Engine information:
IP Address: 10.11.1.1
Protocol Version: 2.0
State: Usable
Redirection: L2
Initial Hash Info: FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF
FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF
Assigned Hash Info: FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF
FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF
Hash Allotment: 256 (100.00%)
Packets Redirected: 10273
Connect Time: 17:05:44
 

表 2-70 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

表 2-70 show ip wccp web-cache detail コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

WCCP Cache-Engine information

サービス グループ内のキャッシュ エンジンに接続されているルータに対応付けられた WCCP の IP アドレスおよびバージョンに関するフィールドを含むエリアのヘッダー

IP Address

サービス グループ内のキャッシュ エンジンに接続されたルータの IP アドレス

Protocol Version

サービス グループ内のルータで使用されている WCCP のバージョン

WCCP Cache-Engine information

キャッシュ エンジン情報のフィールド

IP Address

サービス グループ内のキャッシュ エンジンの IP アドレス

Protocol Version

サービス グループ内のキャッシュ エンジンで使用されている WCCP のバージョン

State

キャッシュ エンジンが正常に稼動しているかどうか、およびサービス グループ内のルータおよび他のキャッシュ エンジンから通信できるかどうかを示すステータス

Initial Hash Info

ハッシュ バケット割り当ての初期状態

Assigned Hash Info

ハッシュ バケット割り当ての現在の状態

Hash Allotment

現在のキャッシュ エンジンに割り当てられたバケットのパーセント。値およびパーセントが両方とも表示されます。

Packets Redirected

キャッシュ エンジンにリダイレクトされたフローまたはセッションの数

Connect Time

キャッシュ エンジンがルータの接続に要する時間

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip wccp

特定のサービスに対してルータで維持している WCCP 統計情報(カウント)を削除します。

ip wccp

キャッシュ エンジン サービス グループに対するサポートをイネーブルまたはディセーブルにするようにルータに指示します。

ip wccp redirect

WCCP を使用して発信または着信インターフェイス上でパケット リダイレクションをイネーブルにします。

ip wccp web-cache accelerated

WCCP バージョン 1 のハードウェア アクセラレーションをイネーブルにします。

show ip interface

IP 用に設定したインターフェイスのユーザビリティ ステータスを表示します。

show ipv6 mfib

IPv6 MFIB の転送エントリとインターフェイスを表示するには、 show ipv6 mfib コマンドを使用します。

show ipv6 mfib [{ group-ip-addr / prefix-length | group-name | group-address [ source-name | source-address ]} | { active kbps } | count | interface | status | summary | verbose ]

show ipv6 mfib [ link-local [ active [ kbps ] | count | verbose ]]

 
シンタックスの説明

group-ip-addr / prefix-length

(任意)インターフェイスに割り当てられた IPv6 ネットワークのグループ IPv6 アドレス/プレフィクス長

group-name

(任意)マルチキャスト グループ名

group-address

(任意)グループ IPv6 アドレス

source-name

(任意) 送信元名

source-address

(任意) 送信元 IP アドレス

active kbps

(任意)アクティブな送信元がマルチキャスト グループに送信する速度を表示します。有効値は 0 ~ 4,294,967,295 kbps(キロビット/秒)です。

count

(任意) ルートおよびパケット数に関する情報を表示します。

interface

(任意) インターフェイス設定およびステータスに関する情報を表示します。

status

(任意) 一般的な設定およびステータスに関する情報を表示します。

summary

(任意) サマリー統計に関する情報を表示します。

verbose

(任意)MAC カプセル化ヘッダーおよびプラットフォーム固有情報などの追加情報を表示します。

link-local

(任意)リンク ローカル グループを表示します。

 
コマンドのデフォルト

prefix-length 128 です。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC (>)
特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

MFIB エントリ、転送インターフェイス、およびこれらのトラフィック統計を表示するには、 show ipv6 mfib コマンドを、使用します。ルータが分散モードで動作している場合、Virtual IP(VIP; 仮想 IP)上でこのコマンドをイネーブルにできます。

パケットの転送に積極的に使用される MFIB エントリを表示するには、 show ipv6 mfib active コマンドを使用します。多くの場合、オプションの kbps 引数を指定して、 kbps 引数によって設定した量以上のトラフィック量を転送しているエントリのセットを表示すると便利です。

平均パケット サイズとデータ速度(kbps)を表示するには、 show ipv6 mfib count コマンドを使用します。

prefix-length IPv6 プレフィクスの長さです。アドレスの上位連続ビットの数を示す 10 進値がプレフィクスになります(アドレスのネットワーク部分)。10 進値の前にスラッシュを付ける必要があります。

MFIB の転送エントリには、転送とシグナリングのデフォルト動作を決定するフラグがあり、エントリに一致するパケットで使用されます。エントリにはインターフェイス単位のフラグもあり、特定のインターフェイスで受信または転送されるパケットについての転送動作をさらに詳しく指定します。 表 2-71 に、MFIB 転送エントリとインターフェイス フラグを示します。

 

表 2-71 MFIB 転送エントリとインターフェイス フラグ

フラグ
説明

F

Forward:データは、このインターフェイスから転送されます。

A

Accept:このインターフェイス上で受信されたデータは、転送用として受け入れられます。

IC

Internal copy:このインターフェイスで受信または転送されたパケットのコピーをルータに送信します。

NS

Negate signal:このインターフェイスで受信されたパケットについては、デフォルトのエントリ シグナリング動作を逆にします。

DP

Do not preserve:このインターフェイスでのパケット受信を信号で通知するときに、コピーを保存しません(廃棄します)。

SP

Signal present:このインターフェイスでのパケットの受信が信号で通知されました。

S

Signal:デフォルトでは、このエントリに一致するパケットの受信を信号で通知します。

C

このエントリに一致するパケットについて、直接接続チェックを実行します。パケットが、直接接続されている送信元から発信されていた場合は、受信を信号で通知します。

次に、特定のグループ IPv6 アドレスの情報を表示する例を示します。

Router# show ipv6 mfib ff35::1:1
IP Multicast Forwarding Information Base
Entry Flags: C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
AR - Activity Required, D - Drop
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops
Interface Flags: A - Accept, F - Forward, NS - Negate Signalling
IC - Internal Copy, NP - Not platform switched
SP - Signal Present
Interface Counts: Distributed FS Pkt Count/FS Pkt Count/PS Pkt Count
(1600::2,FF35::1:1) Flags:
RP Forwarding: 7188/100/48/37, Other: 203619/203619/0
LC Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Vlan25 Flags: A
Vlan11 Flags: F NS
Pkts: 0/7188/0
 

表 2-72 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-72 show ipv6 mfib のフィールドの説明

フィールド
説明

Entry flags

エントリに関する情報

Forwarding Counts

受信されて、少なくとも 1 つのインターフェイスに転送されたパケットに関する統計

Pkt Count/

このカウンタが適用されるマルチキャスト転送状態の作成後に受信され転送されたパケットの総数

Pkts per second/

1 秒間に受信され転送されたパケット数

Avg Pkt Size/

このマルチキャスト転送状態についての合計バイト数/合計パケット数。合計バイト数は直接は表示されません。平均パケット サイズにパケット数を乗算すると、合計バイト数を計算できます。

Kbits per second

1 秒間のバイト数/1 秒間のパケット数/1000

Other counts:

受信パケットに関する統計。これらのカウンタには、受信され転送されたパケットと受信されても転送されなかったパケットに関する統計が含まれます。

Interface Flags:

インターフェイスに関する情報。インターフェイス フラグの詳細については、 表 2-71 を参照してください。

Interface Counts:

インターフェイス統計情報

次に、グループ アドレス FF03:1::1 と送信元アドレス 5002:1::2 が指定されている MFIB 内の転送エントリとインターフェイスを示します。

Router# show ipv6 mfib FF03:1::1 5002:1::2
 
IP Multicast Forwarding Information Base
Entry Flags:C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
AR - Activity Required, D - Drop
Forwarding Counts:Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts:Total/RPF failed/Other drops
Interface Flags:A - Accept, F - Forward, NS - Negate Signalling
IC - Internal Copy, NP - Not platform switched
SP - Signal Present
Interface Counts:FS Pkt Count/PS Pkt Count
(5002:1::2,FF03:1::1) Flags:
Forwarding:71505/0/50/0, Other:42/0/42
GigabitEthernet5/0 Flags:A
GigabitEthernet5/0.19 Flags:F NS
Pkts:239/24
GigabitEthernet5/0.20 Flags:F NS
Pkts:239/24
.
.
.
GigabitEthernet5/0.16 Flags:F NS
Pkts:71628/24
 

次に、グループ アドレス FF03:1::1 とデフォルト プレフィクス 128 が指定されている MFIB 内の転送エントリとインターフェイスを示します。

Router# show ipv6 mfib FF03:1::1/128
 
IP Multicast Forwarding Information Base
Entry Flags:C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
AR - Activity Required, D - Drop
Forwarding Counts:Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts:Total/RPF failed/Other drops
Interface Flags:A - Accept, F - Forward, NS - Negate Signalling
IC - Internal Copy, NP - Not platform switched
SP - Signal Present
Interface Counts:FS Pkt Count/PS Pkt Count
(*,FF03:1::1) Flags:C
Forwarding:0/0/0/0, Other:0/0/0
Tunnel1 Flags:A NS
GigabitEthernet5/0.25 Flags:F NS
Pkts:0/0
.
.
.
GigabitEthernet5/0.16 Flags:F NS
Pkts:0/0
 

次に、アクティブなIPマルチキャスト送信元の情報送信速度に関する統計情報を示します。ルータはトラフィックを 2001::1:1:200 から FF05::1 に切り替えています。

Router# show ipv6 mfib active
 
Active IPv6 Multicast Sources - sending >= 4 kbps
Group: FF05::1
Source: 2001::1:1:200
Rate: 20 pps/16 kbps(1sec), 0 kbps(last 128 sec)
 

表 2-73 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-73 show ipv6 mfib active のフィールドの説明

フィールド
説明

Group:

特定のグループ G について(*,G)のカウンタと(S,G)の範囲に関するサマリー情報。次の RP-tree: および Source: 出力フィールドには、このグループに属する個別の状態に関する情報が含まれています。

(注) PIM-SSM 範囲のグループの場合、Group: 出力フィールドは統計情報です。すべての SSM 範囲(S,G)状態は、無関係な個別の SSM チャネルです。

Rate...kbps

1 秒間のバイト数/1 秒間のパケット数/1000。IP マルチキャスト高速スイッチング プラットフォームでは、1 秒間のパケット数は最後の 1 秒間のパケット数です。その他のプラットフォームでは、別の方法でこの数を計算することもあります。詳細については、『 Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS Software Configuration GuideムRelease 12.2ZY 』を参照してください。

次に、グループと送信元について MFIB からの統計情報を表示する例を示します。ルータはトラフィックを 2001::1:1:200 から FF05::1 に切り替えています。

Router# show ipv6 mfib count
 
IP Multicast Statistics
54 routes, 7 groups, 0.14 average sources per group
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kilobits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops(OIF-null, rate-limit etc)
Group: FF00::/8
RP-tree: Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Group: FF00::/15
RP-tree: Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Group: FF05::1
RP-tree: Forwarding: 2/0/100/0, Other: 0/0/0
Source: 10::1:1:200, Forwarding: 367/10/100/7, Other: 0/0/0
Tot. shown: Source count: 1, pkt count: 369
Group: FF10::/15
RP-tree: Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Group: FF20::/15
RP-tree: Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
 

表 2-74 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-74 show ipv6 mfib count のフィールドの説明

フィールド
説明

Forwarding Counts

受信されて、少なくとも 1 つのインターフェイスに転送されたパケットに関する統計

Pkt Count/

このカウンタが適用されるマルチキャスト転送状態の作成後に受信され転送されたパケットの総数

Pkts per second/

1 秒間に受信され転送されたパケット数

Avg Pkt Size/

このマルチキャスト転送状態についての合計バイト数/合計パケット数。合計バイト数は直接は表示されません。平均パケット サイズにパケット数を乗算すると、合計バイト数を計算できます。

Kilobits per second

1 秒間のバイト数/1 秒間のパケット数/1000

Other counts:

受信パケットに関する統計。これらのカウンタには、受信され転送されたパケットと受信されても転送されなかったパケットに関する統計が含まれます。

Total/

受信パケット総数

RPF failed/

RPF またはアクセプタンス チェックの失敗のために転送されなかったパケット数(双方向 PIM が設定されているとき)

Other drops (OIF-null, rate-limit etc)

RPF またはアクセプタンス チェック以外の理由で転送されなかったパケットの数(発信インターフェイス(OIF)リストが空であったり、イネーブルになっている設定のためにパケットが廃棄されたなど)

Group:

特定のグループ G について(*,G)のカウンタと(S,G)の範囲に関するサマリー情報。次の RP-tree: および Source: 出力フィールドには、このグループに属する個別の状態に関する情報が含まれています。

(注) 送信元特定マルチキャスト(PIM-SSM)範囲のグループの場合、Group: 出力フィールドは統計情報です。すべての SSM 範囲(S,G)状態は、無関係な個別の SSM チャネルです。

RP-tree:

このグループGの(*,G)状態のカウンタ。これらのカウンタは、共有ツリー上のパケットを転送しない転送モードになっているグループについてだけ表示されます。これらの(*,G)グループは、双方向 PIM および PIM sparse(疎)モード(PIM-SM)のグループです。PIM SSM 範囲のグループについては、RP-tree は表示されません。

次に、MFIB の転送エントリおよびインターフェイスと、MAC カプセル化ヘッダーおよびプラットフォーム固有情報などの追加情報の例を示します。

Router# show ipv6 mfib ff33::1:1 verbose
IP Multicast Forwarding Information Base
Entry Flags: C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
AR - Activity Required, K - Keepalive
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops
Platform per slot HW-Forwarding Counts: Pkt Count/Byte Count
Platform flags: HF - Forwarding entry,HB - Bridge entry,HD - NonRPF Drop entry,
NP - Not platform switchable,RPL - RPF-ltl linkage,
MCG - Metset change,ERR - S/w Error Flag,RTY - In RetryQ,
LP - L3 pending,MP - Met pending,AP - ACL pending
Interface Flags: A - Accept, F - Forward, NS - Negate Signalling
IC - Internal Copy, NP - Not platform switched
SP - Signal Present
Interface Counts: Distributed FS Pkt Count/FS Pkt Count/PS Pkt Count
(10::2,FF33::1:1) Flags: K
RP Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
LC Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
HW Forwd: 0/0/0/0, Other: NA/NA/NA
Slot 6: HW Forwarding: 0/0, Platform Flags: HF RPL
Slot 1: HW Forwarding: 0/0, Platform Flags: HF RPL
Vlan10 Flags: A
Vlan30 Flags: F NS
Pkts: 0/0/0 MAC: 33330001000100D0FFFE180086DD
Router#
 

表 2-75 に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-75 show ipv6 mfib verbose のフィールドの説明

フィールド
説明

Platform flags

プラットフォームに関する情報

Platform per slot HW-Forwarding Counts

転送されたバイトあたりのパケット総数

表 2-76 に MFIB プラットフォーム フラグを示します。

 

表 2-76 MFIB プラットフォーム フラグ

フラグ
説明

H

エントリはハードウェアにインストールされています。

HF

転送エントリ

HB

ブリッジ エントリ

HD

NonRPF Drop エントリ

NP

ソフトウェア スイッチング

RPL

RPF-ltl リンケージ

MCG

Metset 変更

ERR

ソフトウェア エラー フラグ

RTY

再試行キュー内

LP

レイヤ 3 保留中

MP

Met 保留中

AP

ACL 保留中

show ipv6 mld snooping

MLDv2 スヌーピング情報を表示するには、 show ipv6 mld snooping コマンドを使用します。

show ipv6 mld snooping {{ explicit-tracking vlan } | { mrouter [ vlan vlan ] } | { report-suppression vlan vlan } | { statistics vlan vlan }}

 
シンタックスの説明

explicit-tracking vlan vlan

明示的ホスト トラッキングのステータスを表示します。

mrouter

オプションの VLAN 上のマルチキャスト ルータ インターフェイスを表示します。

vlan vlan

(任意)マルチキャスト ルータ インターフェイス上の VLAN 番号を指定します。

report-suppression vlan vlan

レポート抑制のステータスを表示します。

statistics vlan vlan

VLAN 上の IGMP スヌーピング情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show ip igmp snooping コマンドを使用して IGMP スヌーピングに関する情報を表示することもできます。

引数を指定せずに show ipv6 mld snooping mrouter コマンドを入力すると、すべてのマルチキャスト ルータ インターフェイスを表示することができます。

次に、VLAN 25 上の明示的トラッキング情報を表示する例を示します。

Router# show ipv6 mld snooping explicit-tracking vlan 25
Source/Group Interface Reporter Filter_mode
------------------------------------------------------------------------
10.1.1.1/226.2.2.2 Vl25:1/2 16.27.2.3 INCLUDE
10.2.2.2/226.2.2.2 Vl25:1/2 16.27.2.3 INCLUDE
Router#
 

次に、VLAN 1 のマルチキャスト ルータ インターフェイスを表示する例を示します。

Router# show ipv6 mld snooping mrouter vlan 1
vlan ports
-----+----------------------------------------
1 Gi1/1,Gi2/1,Fa3/48,Router
Router#
 

次に、VLAN 25 の IGMP スヌーピング統計情報を表示する例を示します。

Router# show ipv6 mld snooping statistics interface vlan 25
 
Snooping staticstics for Vlan25
#channels:2
#hosts :1
 
Source/Group Interface Reporter Uptime Last-Join Last-Leave
10.1.1.1/226.2.2.2 Gi1/2:Vl25 16.27.2.3 00:01:47 00:00:50 -
10.2.2.2/226.2.2.2 Gi1/2:Vl25 16.27.2.3 00:01:47 00:00:50 -
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 mld snooping

MLDv2 スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

ipv6 mld snooping explicit-tracking

明示的なホスト トラッキングをイネーブルにします。

ipv6 mld snooping querier

MLDv2 スヌーピング クエリアをイネーブルにします。

ipv6 mld snooping report-suppression

VLAN 上でレポート抑制をイネーブルにします。

show l2protocol-tunnel

特定のインターフェイスまたはすべてのインターフェイス上のトンネリング プロトコルを表示するには、 show l2protocol-tunnel コマンドを使用します。

show l2protocol-tunnel [{ interface interface mod / port } | { vlan vlan-id } | summary ]

 
シンタックスの説明

interface interface

(任意)インターフェイス タイプを指定します。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です

mod / port

モジュールおよびポート番号

vlan vlan-id

VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

summary

(任意)トンネリング ポートのサマリーを表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show l2protocol-tunnel コマンドは、プロトコル トンネリングがイネーブルであるポートだけを表示します。

show l2protocol-tunnel summary コマンドは、ポートがダウンしているかまたはトランクとして現在設定されているかに関係なく、プロトコル トンネリングがイネーブルであるポートを表示します。

次に、すべてのインターフェイスのトンネリング プロトコルを表示する例を示します。

Router# show l2protocol-tunnel
COS for Encapsulated Packets: 5
Drop Threshold for Encapsulated Packets: 3000
Port Protocol Shutdown Drop Encapsulation Decapsulation Drop
Threshold Threshold Counter Counter Counter
------- -------- --------- --------- ------------- ------------- -------------
Fa3/38 cdp ---- 3000 5 0 0
stp ---- 3000 2653 0 0
--- ---- ---- ---- ----
Router#
 

次に、レイヤ 2 プロトコル トンネル ポートのサマリーを表示する例を示します。

Router# show l2protocol-tunnel summary
COS for Encapsulated Packets:5
Drop Threshold for Encapsulated Packets:0
 
Port Protocol Shutdown Drop Status
Threshold Threshold
(cdp/stp/vtp) (cdp/stp/vtp)
------- ----------- ---------------- ---------------- ----------
Fa9/1 --- stp --- ----/----/---- ----/----/---- down
Fa9/9 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- up
Fa9/47 --- --- --- ----/----/---- 1500/1500/1500 down(trunk)
Fa9/48 cdp stp vtp ----/----/---- ----/----/---- down(trunk)
Router>

 
関連コマンド

コマンド
説明

l2protocol-tunnel

インターフェイス上でプロトコル トンネリングをイネーブルにし、トンネリングするプロトコルのタイプを指定します。

l2protocol-tunnel drop-threshold

特定のインターフェイス上で、指定されたプロトコルに対し、廃棄される前に処理される最大のパケット数を指定します。

l2protocol-tunnel global drop-threshold

ソフトウェア レベルでのレート制限をイネーブルにします。

l2protocol-tunnel shutdown-threshold

特定のインターフェイス上で、指定されたプロトコルに対して、1 秒以内で処理可能な最大のパケット数を指定します。

show l3-mgr

レイヤ 3 マネージャ に関する情報を表示するには、 show l3-mgr コマンドを使用します。

show l3-mgr status

show l3-mgr { interface {{ interface interface-number } | { null interface-number } | { port-channel number } | { vlan vlan-id } | status }}

 
シンタックスの説明

status

グローバル変数に関する情報を表示します。

interface

レイヤ 3 マネージャ に関する情報を表示します。

interface

インターフェイス タイプ。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm 、および ge-wan です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

null interface-number

ヌル インターフェイスを指定します。有効値は 0 です。

port-channel number

チャネル インターフェイスを指定します。有効値は 1 ~ 282 の範囲の最大 64 個の値です。

vlan vlan-id

VLAN を指定します。有効値は 1 ~ 4094 です。

status

レイヤ 3 マネージャに関するステータス情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

257 ~ 282 の port-channel number 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

次に、レイヤ 3 マネージャのステータスを表示する例を示します。

Router# show l3-mgr status
l3_mgr_state: 2
l3_mgr_req_q.count: 0
l3_mgr_req_q.head: 0
l3_mgr_req_q.tail: 0
l3_mgr_max_queue_count: 1060
l3_mgr_shrunk_count: 0
l3_mgr_req_q.ip_inv_count: 303
l3_mgr_req_q.ipx_inv_count: 0
l3_mgr_outpak_count: 18871
l3_mgr_inpak_count: 18871
 
l3_mgr_max_pending_pak: 4
l3_mgr_pending_pak_count: 0
 
nde enable statue: 0
current nde addr: 0.0.0.0
 
Router#

次に、特定のインターフェイスのレイヤ 3 マネージャに関する情報を表示する例を示します。

Router# show l3-mgr interface fastethernet 5/40
vlan: 0
ip_enabled: 1
ipx_enabled: 1
bg_state: 0 0 0 0
hsrp_enabled: 0
hsrp_mac: 0000.0000.0000
state: 0
up: 0
Router#

show lacp

LACP 情報を表示するには、 show lacp コマンドを使用します。

show lacp [ channel-group ] { counters | internal | neighbors | sys-id }

 
シンタックスの説明

channel-group

(任意)チャネル グループの番号。有効値は 1 ~ 282 です。

counters

LACP 統計に関する情報を表示します。

internal

LACP 内部情報を表示します。

neighbors

LACP ネイバに関する情報を表示します。

sys-id

LACP システム ID を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

channel-group を指定しない場合は すべてのチャネル グループが表示されます。

257 ~ 282 channel-group 値は、CSM および FWSM だけでサポートされています。

オプションの channel-group を入力すると、 sys-id キーワードを除くすべてのキーワードにチャネル グループを指定できます。

次に、特定のチャネル グループの LACP 統計情報を表示する例を示します。

Router# show lacp 1 counters
LACPDUs Marker LACPDUs
Port Sent Recv Sent Recv Pkts Err
---------------------------------------------------
Channel group: 1
Fa4/1 8 15 0 0 3 0
Fa4/2 14 18 0 0 3 0
Fa4/3 14 18 0 0 0
Fa4/4 13 18 0 0 0
 

出力では次の情報が表示されます。

[LACPDUs Sent] および [Recv] カラムは、特定のインターフェイスで送受信された LACPDU 数を表示します。

[LACPDUs Pkts] および [Err] カラムは、マーカー プロトコル パケットを表示します。

次に、特定のチャネルに属するインターフェイスの内部情報を表示する例を示します。

Router# show lacp 1 internal
Flags: S - Device sends PDUs at slow rate. F - Device sends PDUs at fast rate.
A - Device is in Active mode. P - Device is in Passive mode.
 
Channel group 1
LACPDUs LACP Port Admin Oper Port Port
Port Flags State Interval Priority Key Key Number State
Fa4/1 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc1 0x75
Fa4/2 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc2 0x75
Fa4/3 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc3 0x75
Fa4/4 saC bndl 30s 32768 100 100 0xc4 0x75
Router#
 

表 2-77 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-77 show lacp internal コマンドの出力フィールド

フィールド
説明

State

現時点における特定のポートの状態が表示されます。有効な値は次のとおりです。

bndl:ポートはアグリゲータに対応付けられ、他のポートにバンドルされています。

susp:ポートは中断ステートです。アグリゲータに対応付けられていません。

indep:ポートは独立ステートです(バンドルされていませんが、データ トラフィックのスイッチングは可能です。この場合、LACP はパートナー ポート上で稼動していません)。

hot-sby:ポートはホットスタンバイ ステートです。

down:ポートはダウンしています。

LACPDUs Interval

インターバル設定

LACP Port Priority

ポート プライオリティ設定

Admin Key

管理鍵

Oper Key

オペレータ鍵

Port Number

ポート番号

Port State

単一オクテット内の各ビットとして符号化されたポートのステート変数で、次の意味を持ちます [1]。

bit0: LACP_Activity

bit1: LACP_Timeout

bit2: Aggregation

bit3: Synchronization

bit4: Collecting

bit5: Distributing

bit6: Defaulted

bit7: Expired

次に、特定のポート チャネルの LACP ネイバに関する情報を表示する例を示します。

Router# show lacp 1 neighbors
Flags: S - Device sends PDUs at slow rate. F - Device sends PDUs at fast rate.
A - Device is in Active mode. P - Device is in Passive mode.
 
Channel group 1 neighbors
Partner Partner
Port System ID Port Number Age Flags
Fa4/1 8000,00b0.c23e.d84e 0x81 29s P
Fa4/2 8000,00b0.c23e.d84e 0x82 0s P
Fa4/3 8000,00b0.c23e.d84e 0x83 0s P
Fa4/4 8000,00b0.c23e.d84e 0x84 0s P
 
Port Admin Oper Port
Priority Key Key State
Fa4/1 32768 200 200 0x81
Fa4/2 32768 200 200 0x81
Fa4/3 32768 200 200 0x81
Fa4/4 32768 200 200 0x81
Router#
 

PDU が受信されていない場合は、デフォルトの管理情報がカッコ内に表示されます。

次に、LACP のシステム ID を表示する例を示します。

Router> show lacp sys-id
8000,AC-12-34-56-78-90
 

システム ID は、システムのプライオリティおよび MAC アドレスで構成されます。先頭の 2 バイトはシステムのプライオリティです。最後の 6 バイトはシステムに対応付けられた、グローバルに管理された各 MAC アドレスです。

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear lacp counters

特定のチャネル グループに属するすべてのインターフェイスの統計情報をクリアします。

lacp port-priority

物理インターフェイスのプライオリティを設定します。

lacp system-priority

システムのプライオリティを設定します。

show logging ip access-list

ロギング IP アクセス リストに関する情報を表示するには、 show logging ip access-list コマンドを使用します。

show logging ip access-list { cache | config }

 
シンタックスの説明

cache

OAL キャッシュ内のすべてのエントリに関する情報を表示します。

config

ロギング IP アクセス リスト設定に関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OAL は、IPv4 ユニキャスト トラフィックだけでサポートされます。

次に、OAL キャッシュ内のすべてのエントリを表示する例を示します。

Router# show logging ip access-list cache
Matched flows:
id prot src_ip dst_ip sport dport status count
total lastlog
--------------------------------------------------------------------------------------
1 17 20.2.1.82 21.2.12.2 111 63 Permit 0
3906 2d02h
2 17 20.2.1.82 21.2.12.2 1135 63 Permit 0
3906 2d02h
3 17 20.2.1.82 21.2.12.2 2159 63 Permit 0
3906 2d02h
4 17 20.2.1.82 21.2.12.2 3183 63 Permit 0
3906 2d02h
5 17 20.2.1.82 21.2.12.2 4207 63 Permit 0
3906 2d02h
6 17 20.2.1.82 21.2.12.2 5231 63 Deny 0
3906 2d02h
7 17 20.2.1.82 21.2.12.2 6255 63 Deny 0
3906 2d02h
8 17 20.2.1.82 21.2.12.2 7279 63 Permit 0
3906 2d02h
9 17 20.2.1.82 21.2.12.2 8303 63 Permit 0
3906 2d02h
10 17 20.2.1.82 21.2.12.2 9327 63 Permit 0
3905 2d02h
11 17 20.2.1.82 21.2.12.2 10351 63 Permit 0
3905 2d02h
12 17 20.2.1.82 21.2.12.2 11375 63 Permit 0
3905 2d02h
13 17 20.2.1.82 21.2.12.2 12399 63 Deny 0
3905 2d02h
14 17 20.2.1.82 21.2.12.2 13423 63 Permit 0
3905 2d02h
15 17 20.2.1.82 21.2.12.2 14447 63 Deny 0
3905 2d02h
16 17 20.2.1.82 21.2.12.2 15471 63 Permit 0
3905 2d02h
17 17 20.2.1.82 21.2.12.2 16495 63 Permit 0
3905 2d02h
18 17 20.2.1.82 21.2.12.2 17519 63 Permit 0
3905 2d02h
19 17 20.2.1.82 21.2.12.2 18543 63 Permit 0
3905 2d02h
20 17 20.2.1.82 21.2.12.2 19567 63 Permit 0
3905 2d02h
Number of entries: 20
Number of messages logged: 112
Number of packets logged: 11200
Number of packets received for logging: 11200
Router#
 

次に、ロギング IP アクセス リスト設定に関する情報を表示する例を示します。

Router# show logging ip access-list config
Logging ip access-list configuration
Maximum number of cached entries: 8192
Logging rate limiter: 0
Log-update interval: 300
Log-update threshold: 0
Configured on input direction:
Vlan2
Vlan1
Configured on output direction:
Vlan2
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear logging ip access-list cache

OAL キャッシュからすべてのエントリをクリアして、Syslog に送信します。

logging ip access-list cache (global configuration mode)

OAL パラメータを設定します。

logging ip access-list cache (interface configuration mode)

方向に基づいてインターフェイス上で OAL ロギング キャッシュをイネーブルにします。

show mac-address-table

MAC アドレス テーブルに関する情報を表示するには、 show mac-address-table コマンドを使用します。

show mac-address-table

show mac-address-table { address mac-addr } [ all | { interface interface interface-number } | { vlan vlan-id }]

show mac-address-table aging-time [ vlan vlan-id ]

show mac-address-table count [ vlan vlan-id ]

show mac-address-table dynamic [{ address mac-addr } | { interface interface interface-number } | { vlan vlan-id }]

show mac-address-table { interface interface interface-number }

show mac-address-table limit [ vlan vlan-id | { interface interface }]

show mac-address-table multicast [ count | {{ igmp-snooping | mld-snooping } [ count ]} | { user [ count ]} | { vlan vlan-id }]

show mac-address-table notification { mac-move | threshold }

show mac-address-table static [{ address mac-addr } | detail | { interface interface interface-number } | { vlan vlan-id }]

show mac-address-table synchronize statistics

show mac-address-table unicast-flood

show mac-address-table vlan vlan-id

 
シンタックスの説明

address mac-addr

特定の MAC アドレスの MAC アドレス テーブルに関する情報を表示します。フォーマットの注意事項については「使用上のガイドライン」を参照してください。

all

(任意)転送テーブル内にある、指定された MAC アドレスのすべてのインスタンスを表示します。

interface interface

(任意)特定のインターフェイス タイプに関する情報を表示します。有効値は ethernet fastethernet gigabitethernet tengigabitethernet pos atm および ge-wan です。

interface-number

モジュールおよびポート番号。有効値については、「使用上のガイドライン」を参照してください。

vlan vlan-id

(任意)特定の VLAN に関する情報だけを表示します。有効な値は 1 ~ 4094 です。

aging-time

MAC アドレスのエージング タイムに関する情報を表示します。

count

MAC アドレス テーブル内の現在のエントリ数を表示します。

dynamic

ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリに関する情報だけを表示します。

limit

MAC 使用情報を表示します。

multicast

マルチキャスト MAC アドレス テーブル エントリに関する情報だけを表示します。

igmp-snooping

IGMP スヌーピングによって学習されたアドレスを表示します。

mld-snooping

MLDv2 スヌーピングによって学習されたアドレスを表示します。

user

手動で入力された(スタティック)アドレスを表示します。

notification mac-move

MAC 移動通知ステータスを表示します。

notification threshold

CAM テーブル利用通知ステータスを表示します。

static

スタティック MAC アドレス テーブル エントリに関する情報だけを表示します。

synchronize statistics

スイッチ プロセッサで収集された統計に関する情報を表示します。

unicast-flood

ユニキャスト フラッディング情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

モジュール番号を指定しないと、 show mac-address-table コマンドの出力にスーパーバイザ エンジンに関する情報が表示されます。スイッチ プロセッサの MAC アドレス テーブルに関する情報を表示するには、 all キーワードを入力します。

mac-addr は 48 ビット MAC アドレスです。有効なフォーマットは H.H.H です。

interface-number 引数はモジュールおよびポート番号を指定します。 interface-number の有効値は、指定されたインターフェイス タイプ、および使用されるシャーシとモジュールによって異なります。たとえば、13 スロット シャーシに 48 ポート 10/100BASE-T イーサネット モジュールが搭載されている場合に、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定すると、モジュール番号の有効値は 1 ~ 13、ポート番号の有効値は 1 ~ 48 になります。

mac-group-address の有効値は 1 ~ 9 です。

オプションの count キーワードは、マルチキャスト エントリ数を表示します。

オプションの multicast キーワードは、VLAN 内のマルチキャスト MAC アドレス(グループ)を表示したり、スタティックに導入された、または IGMP スヌーピングによって学習されたレイヤ 2 テーブル内のすべてのエントリを表示したりします。

show mac-address-table unicast-flood コマンドの出力で表示される情報は次のとおりです。

フィルタ モードの使用を設定されていないすべての VLAN で共有された、最大 50 のフラッディング エントリを記録できます。

出力フィールドの表示は、次のように定義されます。

ALERT:情報は約 3 秒ごとに更新されます。

SHUTDOWN:情報は約 3 秒ごとに更新されます。


) 宛先 MAC アドレスで表示される情報は、ポートがシャットダウンしてフラッディングが停止するとただちに削除されます。


情報はフィルタを導入するたびに更新されます。この情報はフィルタを削除するまで維持されます。

show mac-address-table protocol { assigned | ip | ipx | other } 構文は 、Supervisor Engine 720 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチではサポートされていません。

protocol 引数のキーワードの定義は、次のとおりです。

assigned :割り当てられたプロトコル エントリを指定します。

ip :IP プロトコルを指定します。

ipx :IPX プロトコルを指定します。

other :その他のプロトコル エントリを指定します。

Learn フィールドに表示されるダイナミック エントリは、常に Yes に設定されます。

show mac-address-table limit コマンドの出力は、次の情報を表示します。

MAC アドレスの現在の数

許可された MAC エントリの最大数

使用率(%)

show mac-address-table synchronize statistics コマンドの出力は、次の情報を表示します。

各インターバルで処理されるメッセージ数

同期化用に送信されるアクティブ エントリの数

更新されたエントリ、作成されたエントリ、無視されたエントリ、または失敗したエントリの数


) 分散 EARL スイッチでは、アスタリスク(*)はこの EARL に対応付けられたポート上で学習された MAC アドレスを示します。


次に、特定の MAC アドレスの MAC アドレス テーブルに関する情報を表示する例を示します(Supervisor Engine 2 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチ)。

Router# show mac-address-table address 001.6441.60ca
Codes: * - primary entry
 
vlan mac address type learn qos ports
------+----------------+--------+-----+---+--------------------------
Supervisor:
* --- 0001.6441.60ca static No -- Router
Router#
 

次に、特定の MAC アドレスの MAC アドレス テーブル情報を表示する例を示します(Supervisor Engine 720 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチ)。

Router# show mac-address-table address 0100.5e00.0128
Legend: * - primary entry
age - seconds since last seen
n/a - not available
 
vlan mac address type learn age ports
------+----------------+--------+-----+----------+--------------------------
Supervisor:
* 44 0100.5e00.0128 static Yes - Fa6/44,Router
* 1 0100.5e00.0128 static Yes - Router
Module 9:
* 44 0100.5e00.0128 static Yes - Fa6/44,Router
* 1 0100.5e00.0128 static Yes - Router
Router#
 

次に、すべての VLAN に現在設定されているエージング タイムを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table aging-time
Vlan Aging Time
---- ----------
*100 300
200 1000
 
Router#
 

次に、特定のスロットのエントリ数を表示する例を示します。

Router# show mac-address-table count slot 1
MAC Entries on slot 1 :
Dynamic Address Count: 4
Static Address (User-defined) Count: 25
Total MAC Addresses In Use: 29
Total MAC Addresses Available: 131072
Router#
 

次に、ダイナミック MAC アドレス エントリをすべて表示する例を示します。

Router# show mac-address-table dynamic
Legend: * - primary entry
age - seconds since last seen
n/a - not applicable
vlan mac address type learn age ports
------+----------------+--------+-----+----------+--------------------------
* 10 0010.0000.0000 dynamic Yes n/a Gi4/1
* 3 0010.0000.0000 dynamic Yes 0 Gi4/2
* 1 0002.fcbc.ac64 dynamic Yes 265 Gi8/1
* 1 0009.12e9.adc0 static No - Router
Router#
 

次に、特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブルに関する情報を表示する例を示します(Supervisor Engine 720 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチ)。

Router# show mac-address-table interface fastethernet 6/45
Legend: * - primary entry
age - seconds since last seen
n/a - not available
 
vlan mac address type learn age ports
------+----------------+--------+-----+----------+--------------------------
* 45 00e0.f74c.842d dynamic Yes 5 Fa6/45
Router#
 

) 先行アスタリスク(*)は、外部装置から特定のモジュールへの着信パケットに基づいて学習された MAC アドレスからのエントリを示します。


次に、MAC 移動通知ステータスを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table notification mac-move
MAC Move Notification: Enabled
Router#
 

次に、CAM テーブル利用通知ステータスを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table notification threshold
Status limit Interval
-------------+-----------+-------------
enabled 1 120
Router#
 

次に、ユニキャスト フラッディング情報を表示する例を示します。

Router# show mac-address-table unicast-flood
Unicast Flood Protection status: enabled
 
Configuration:
vlan Kfps action timeout
------+----------+-----------------+----------
2 2 alert none
 
Mac filters:
No. vlan souce mac addr. installed
on time left (mm:ss)
 
-----+------+-----------------+------------------------------+------------------
 
Flood details:
Vlan souce mac addr. destination mac addr.
 
------+----------------+-------------------------------------------------
2 0000.0000.cafe 0000.0000.bad0, 0000.0000.babe,
0000.0000.bac0
0000.0000.bac2, 0000.0000.bac4,
0000.0000.bac6
0000.0000.bac8
2 0000.0000.caff 0000.0000.bad1, 0000.0000.babf,
0000.0000.bac1
0000.0000.bac3, 0000.0000.bac5,
0000.0000.bac7
0000.0000.bac9
Router#

次に、スタティック MAC アドレス エントリをすべて表示する例を示します(Supervisor Engine 2 が搭載された Catalyst 6500 シリーズ スイッチ)。

Router# show mac-address-table static
Codes: * - primary entry
 
vlan mac address type learn qos ports
------+----------------+--------+-----+---+--------------------------
* --- 0001.6441.60ca static No -- Router
 
Router#
 

次に、特定の VLAN の MAC アドレス テーブルに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mac-address-table vlan 100
vlan mac address type protocol qos ports
-----+---------------+--------+---------+---+--------------------------------
100 0050.3e8d.6400 static assigned -- Router
100 0050.7312.0cff dynamic ip -- Fa5/9
100 0080.1c93.8040 dynamic ip -- Fa5/9
100 0050.3e8d.6400 static ipx -- Router
100 0050.3e8d.6400 static other -- Router
100 0100.0cdd.dddd static other -- Fa5/9,Router,Switch
100 00d0.5870.a4ff dynamic ip -- Fa5/9
100 00e0.4fac.b400 dynamic ip -- Fa5/9
100 0100.5e00.0001 static ip -- Fa5/9,Switch
100 0050.3e8d.6400 static ip -- Router
Router#
 

次に、MLDv2 スヌーピングの MAC アドレス テーブルに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mac-address-table multicast mld-snooping
vlan mac address type learn qos ports
-----+---------------+--------+-----+---+--------------------------------
--- 3333.0000.0001 static Yes - Switch,Stby-Switch
--- 3333.0000.000d static Yes - Fa2/1,Fa4/1,Router,Switch
--- 3333.0000.0016 static Yes - Switch,Stby-Switch
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac-address-table aging-time

レイヤ 2 テーブルでエントリのエージング タイムを設定します。

mac-address-table limit

MAC 制限をイネーブルにします。

mac-address-table notification mac-move

MAC 移動通知をイネーブルにします。

mac-address-table static

スタティック エントリを MAC アドレス テーブルに追加するか、IGMP スヌーピングをアドレスに対してディセーブルにしてスタティック MAC アドレスを設定します。

mac-address-table synchronize

レイヤ 2 MAC アドレス テーブルのエントリを PFC で同期化します。

show mac-address-table learning

MAC アドレス ラーニング ステートを表示するには、 show mac-address-table learning コマンドを使用します。

show mac-address-table learning [{ vlan vlan-id } | { interface interface slot / port }] [ module num ]

 
シンタックスの説明

vlan vlan-id

(任意)指定されたスイッチ ポート VLAN の MAC アドレス ラーニング ステートに関する情報を表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

interface interface slot / port

(任意)指定されたルーテッド インターフェイス タイプ、スロット番号、およびポート番号の MAC アドレス ラーニング ステートに関する情報を表示します。

module num

(任意)指定したモジュール番号の MAC アドレス ラーニング ステートに関する情報を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

スーパーバイザ エンジンだけを指定するには、 module num キーワードおよび引数を使用します。

interface interface slot / port キーワードおよび引数は、ルーテッド インターフェイスだけで使用できます。 interface interface slot / port キーワードおよび引数を使用してスイッチ ポート インターフェイスでの学習を設定できません。

vlan vlan-id を指定した場合、すべてのモジュール上の指定した VLAN の MAC アドレス ラーニング ステートがルータ インターフェイスも含めて表示されます。

vlan vlan-id および module num を指定した場合は、指定したモジュール上の指定した VLAN の MAC アドレス ラーニング ステートが表示されます。

interface interface slot / port キーワードおよび引数を指定した場合、すべてのモジュール上の指定したインターフェイスの MAC アドレス ラーニング ステートが表示されます。

interface interface slot / port キーワードおよび引数を指定した場合、指定したモジュール上の指定したインターフェイスの MAC アドレス ラーニング ステートが表示されます。

引数もキーワードも指定せずに show mac-address-table learning コマンドを入力した場合は、Catalyst 6500 シリーズ スイッチに設定されているすべてのスーパーバイザ エンジン上のすべての既存の VLAN の MAC ラーニング ステートが表示されます。

次に、すべてのスーパーバイザ エンジン上のすべての既存 VLAN の MAC アドレス ラーニング ステートを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table learning
 
VLAN/Interface Mod1 Mod4 Mod7
-------------------- ---------------------
1 yes yes yes
100 yes yes yes
150 yes yes yes
200 yes yes yes
250 yes yes yes
1006 no no no
1007 no no no
1008 no no no
1009 no no no
1010 no no no
1011 no no no
1012 no no no
1013 no no no
1014 no no no
GigabitEthernet6/1 no no no
GigabitEthernet6/2 no no no
GigabitEthernet6/4 no no no
FastEthernet3/4 no no no
FastEthernet3/5 no no no
GigabitEthernet4/1 no no no
GigabitEthernet4/2 no no no
GigabitEthernet7/1 no no no
GigabitEthernet7/2 no no no
 
Router#
 

表 2-78 に、この例で表示されるフィールドについて説明します。

 

表 2-78 show mac-address-table learning のフィールドの説明

フィールド
説明

VLAN/Interface1

VLAN ID またはインターフェイス タイプ、モジュール、およびポート番号

Mod#

スーパーバイザ エンジンのモジュール番号

yes

MAC アドレス ラーニングはイネーブルです。

no

MAC アドレス ラーニングはディセーブルです。

1.表示されるインターフェイスは、内部 VLAN が割り当てられているルーテッド インターフェイスです。

次に、1 台のスーパーバイザ エンジン上のすべての既存の VLAN の MAC アドレス ラーニング ステートを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table learning module 4
 
VLAN/Interface Mod4
-------------------- -----
1 yes
100 yes
150 yes
200 yes
250 yes
1006 no
1007 no
1008 no
1009 no
1010 no
1011 no
1012 no
1013 no
1014 no
GigabitEthernet6/1 no
GigabitEthernet6/2 no
GigabitEthernet6/4 no
FastEthernet3/4 no
FastEthernet3/5 no
GigabitEthernet4/1 no
GigabitEthernet4/2 no
GigabitEthernet7/1 no
GigabitEthernet7/2 no
 
Router#
 

次に、すべてのスーパーバイザ エンジン上の特定の VLAN の MAC アドレス ラーニング ステートを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table learning vlan 100
 
VLAN Mod1 Mod4 Mod7
---- ---------------------
100 no no yes
Router
 

次に、特定のスーパーバイザ エンジン上の特定の VLAN の MAC アドレス ラーニング ステートを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table learning vlan 100 module 7
 
VLAN Mod7
---- -----
100 yes
Router
 

次に、特定のスーパーバイザ エンジンの MAC アドレス ラーニング ステートを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table learning interface FastEthernet 3/4
 
Interface Mod1 Mod4 Mod7
--------- ---------------------
Fa3/4 no yes no
Router
 

次に、特定のスーパーバイザ エンジン上の特定のインターフェイスの MAC アドレス ラーニング ステートを表示する例を示します。

Router# show mac-address-table learning interface FastEthernet 3/4 module 1
 
Interface Mod1
--------- -----
Fa3/4 no
Router

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac-address-table learning

MAC アドレス ラーニングをイネーブルにします。

show memory dead

すでに終了しているプロセスによって割り当てられたメモリの統計情報を表示するには、show memory dead コマンドを使用します。

show memory dead [totals]

 
シンタックスの説明

totals

(任意)終了したプロセスのメモリの合計を表示します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

ユーザ EXEC (>)
特権 EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show memory dead コマンドは、すでに終了しているプロセスに関する情報を表示します。終了したプロセスは、別のプロセスで割り当てられたメモリとして示されます。

次に、 show memory dead コマンドの出力例を示します。

Router# show memory dead
 
Head Total(b) Used(b) Free(b) Lowest(b) Largest(b)
I/O 600000 2097152 461024 1636128 1635224 1635960
 
Processor memory
Address Bytes Prev. Next Ref PrevF NextF Alloc PC What
1D8310 60 1D82C8 1D8378 1 3281FFE Router Init
2CA964 36 2CA914 2CA9B4 1 3281FFE Router Init
2CAA04 112 2CA9B4 2CAAA0 1 3A42144 OSPF Stub LSA RBTree
2CAAA0 68 2CAA04 2CAB10 1 3A420D4 Router Init
2ED714 52 2ED668 2ED774 1 3381C84 Router Init
2F12AC 44 2F124C 2F1304 1 3A50234 Router Init
2F1304 24 2F12AC 2F1348 1 3A420D4 Router Init
2F1348 68 2F1304 2F13B8 1 3381C84 Router Init
300C28 340 300A14 300DA8 1 3381B42 Router Init
 

表 2-79 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表 2-79 show memory dead のフィールドの説明

フィールド
説明

Head

メモリ割り当てチェーンのヘッドの 16 進数表記によるアドレス

Total(b)

使用バイトとフリー バイトの合計

Used(b)

使用中のメモリ容量

Free(b)

未使用のメモリ容量(バイト単位)

Lowest(b)

起動後のフリー メモリの最小容量(バイト単位)

Largest(b)

利用可能な最大のフリー ブロックのサイズ(バイト単位)

Address

ブロックの 16 進数表記によるアドレス(バイト単位)

Bytes

ブロックのサイズ(バイト単位)

Prev.

前のブロックのアドレス

Next

次のブロックのアドレス

Ref

そのメモリ ブロックの参照カウント(そのメモリ ブロックを使用しているプロセスの数を示す)

PrevF

前のフリー ブロックのアドレス(フリーの場合)

NextF

次のフリー ブロックのアドレス(フリーの場合)

Alloc PC

ブロックを割り当てたシステム コールのアドレス

What

ブロックを所有しているプロセスの名前。または、ブロックがフラグメント化している場合は「fragment」、ブロックが隣接するフリー ブロックと合体している場合は「coalesced」

show mls asic

ASIC バージョンを表示するには、 show mls asic コマンドを使用します。

show mls asic

 
シンタックスの説明

このコマンドには、キーワードまたは引数はありません。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドにはデフォルト設定がありません。

 
コマンド モード

EXEC (>)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

12.2(18)ZY

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、ASIC バージョンを表示する例を示します。

Router# show mls asic
Earl in Module 2
Tycho - ver:1 Cisco-id:1C8 Vendor-id:49
Router#