Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS ソフトウェア コマンド リファレンス
索引
Index
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2012/01/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

Index

記号

# 記号(特権 EXEC モード プロンプト) 1-6

$ 文字 1-8, 1-10

*(アスタリスク) 1-8

+(プラス記号) 1-8

.(ピリオド) 1-8

? 1-2

^(キャレット) 1-8, 1-10

_(アンダースコア) 1-8, 1-10

|(パイプまたは縦棒)

選択パターンの指定 1-10

数字

802.1Q

ISL VLAN マッピング 2-1289

イネーブル化

トンネリング 2-344

カプセル化

イネーブル化 2-134

ディセーブル化 2-134

指定

EtherType 値 2-1207

設定

CoS 値 2-346

インターフェイス上での廃棄しきい値 2-347

グローバルな廃棄しきい値 2-349

最大処理プロトコル パケット数 2-350

ポート インターフェイス タイプ 2-1209

モード 2-1209

ディセーブル化

トンネリング 2-344

トランクのカプセル化特性の設定 2-1224

表示

対応ポート 2-708

トンネリング プロトコル 2-887

802.1Q タギング

VLAN 上でのイネーブル化 2-1284

VLAN 上でのディセーブル化 2-1284

情報の表示 2-1116

802.1s

「MST」を参照

802.1w

「RSTP+」を参照

802.1X

イネーブル化

クライアントの定期的な再認証 2-127

グローバル 2-128

設定

再認証カウント 2-123

認証タイマー 2-129

ポート制御値 2-125

ディセーブル化

クライアントの定期的な再認証 2-127

グローバル 2-128

デフォルト設定 2-122

デフォルトへのリセット 2-122

表示

すべてのインターフェイスの情報 2-709

複数のホストの許可 2-124

複数のホストの不許可 2-124

802.3ad

「LACP」を参照

802.3af

管理モードの設定 2-618

A

ACL

TCAM

更新中のデフォルト動作の設定 2-405

イネーブル化

時間ベース ACL 2-1241

クリア

カウンタ 2-66

削除

時間制限 2-1241

選択

BDD ベース マージ関数 2-403

ODM ベース マージ関数 2-403

定義

時間範囲 2-1241

統計情報の削除 2-42

統合

現行方式の表示 2-747

ポート アクセス マップ

削除 2-609

作成 2-609

ACL カウンタ

ハードウェアでスイッチングされたパケットの表示 2-1097

ARP

テーブルの表示 2-678

ARP ACL

句の追加 2-6

サブモードの開始 2-6

定義

アクセス リスト 2-6

リストからの削除 2-6

ASIC

表示

タイプ 2-679

バージョン 2-679

ATA フラッシュ

制限 2-1185, 2-1262

B

BDD

ACL マージ関数を選択 2-403

BGP

イネーブル化

決定性処理時間の正規表現エンジン 2-12

正規表現エンジン 2-12

最大パラレル ルート数の設定 2-395

Binary Decision Diagram

「BDD」を参照

boot 2-16

boot system コマンド 2-16

BOOT 環境変数

指定 2-16

情報の表示 2-682

BPDU

プロトコル トンネリング リンクによる変換 2-19

BPDU ガード

イネーブル化

インターフェイス上 2-1150

デフォルトで 2-1175

ディセーブル化

インターフェイス上 2-1150

デフォルトで 2-1175

BPDU フィルタリング

イネーブル化

インターフェイス上 2-1148

デフォルトで 2-1173

ディセーブル化

インターフェイス上 2-1148

デフォルトで 2-1173

C

CAM テーブル使用状況モニタリング

イネーブル化 2-382

ディセーブル化 2-382

CASA

設定

フォワーディング エージェントとして機能 2-191

ディセーブル化

フォワーディング エージェントとして機能 2-191

CDP

表示

ネイバ情報 2-689

CEF

一貫性チェッカーのタイプ

イネーブル化 2-193

ディセーブル化 2-193

一貫性チェッカーのパラメータ

イネーブル化 2-193

ディセーブル化 2-193

イネーブル化

MLS プレフィクス単位のアカウンティング 2-420

トンネル フラグメンテーション 2-412

不明のプレフィクスの検出 2-193

レート制限 2-423

エポック

新しいエポックを開始 2-46

情報の表示 2-805

増分 2-46

クリア

プレフィクス単位の IPv6 アカウンティング統計 2-69

プレフィクス単位の IP アカウンティング統計 2-68

指定

各スキャンでチェックする最大プレフィクス数 2-193

パッシブ スキャン チェック 2-193

設定

経過時間 2-193

スキャン間隔 2-193

チェッカー タイプ 2-193

プロトコル単位のルート制限 2-410

レート制限 2-423

ロードバランス 2-421

選択

ロードバランス アルゴリズム 2-192

ディセーブル化

MLS プレフィクス単位のアカウンティング 2-420

トンネル フラグメンテーション 2-412

レート制限 2-423

表示

IPv4 ユニキャスト アドレス 2-926, 2-940

VLAN インターフェイス ステータス 2-810

VLAN 設定情報 2-810

最大ルート システム コンフィギュレーション 2-941

ネクストホップ情報 2-810

不一致

クリア 2-48

表示 2-807

CIR

レートの設定 2-469

Cisco Appliance Services Architecture

「CASA」を参照

Cisco Express Forwarding

「CEF」を参照

Cisco IOS VLAN サブインターフェイス

情報の表示 2-1125

class(ポリシーマップ)コマンド 2-31

CLI

アクセス

モジュール固有の CLI 2-648

リモート ログイン 2-648

ストリング検索

位置指定 1-10

繰り返し指定 1-9

出力の検索 1-7

使用 1-7

選択 1-10

単一文字パターン 1-8

表現 1-7

フィルタリング 1-7

複数文字パターン 1-9

リコール機能用カッコ 1-11

CNS

Cisco Networking Services

「オンライン診断」を参照

Content Switching Module

「CSM」を参照

CoPP

コンフィギュレーションモードの開始 2-97

削除

コントロール プレーンからサービス ポリシー 2-663

設定

トラフィック ポリシング 2-604

表示

ポリシー マップ クラス情報 2-1053

付加

コントロール プレーンへのポリシー マップ 2-663

CoS

内部 CoS から外部 CoS ヘの変換

実行バージョン情報表示 2-986

設定情報の表示 2-986

マッピング 2-479

CoS/CoS

削除

インターフェイスからの CoS 変換マップ 2-474

付加

インターフェイスへの CoS 変換マップ 2-474

CoS/CoS マッピング

設定 2-479

CoS 値

完全優先キューへのマッピング 2-621

デフォルト値の定義 2-473

デフォルト マッピングへのリセット 2-621

CoS 変換マップ

インターフェイスからの削除 2-474

インターフェイスへの付加 2-474

CPU 時間

処理時間の保証 2-660

CSM

シャットダウン 2-162

D

DAI

ARP ACL サブモードの開始 2-6

DoS からの保護 2-178

VLAN への ARP ACL の適用 2-176

イネーブル化

IP ARP インスペクション確認 2-183

グローバル 2-185

クリア

統計情報 2-44

ログ バッファのステータス 2-43

削除

ARP ACL 2-6

設定

IP ARP ログ バッファ 2-180

ポート単位で設定可能な信頼状態 2-182

追加

ARP ACL に対する句 2-6

定義

ARP ACL 2-6

ディセーブル化

IP ARP インスペクション確認 2-183

グローバル 2-185

表示

VLAN のステータス 2-788

ログ バッファのステータス 2-791

default 形式、コマンドの、使用 1-7

Denial of Service

「DoS」を参照

Designated Forwarder

「DF」を参照

DF

インターフェイス情報の表示 2-861

DFC

リモート ログイン

remote login コマンド 2-648

DHCP

イネーブル化

インターフェイスを信頼できる送信元として 2-196

すべてのインターフェイスを信頼できる送信元として 2-195

クリア

スヌーピング データベース エントリ 2-49

スヌーピング統計エントリ 2-49

スヌーピング バインディング エントリ 2-49

指定

接続ルート 2-197

スヌーピング データベース

テーブル エントリのクリア 2-49

スヌーピング統計

テーブル エントリのクリア 2-49

スヌーピング バインディング

テーブル エントリのクリア 2-49

ディセーブル化

インターフェイスを信頼できる送信元として 2-196

すべてのインターフェイスを信頼できる送信元として 2-195

表示

設定済みの信頼されたインターフェイス 2-811

DHCP スヌーピング

option 82 のイネーブル化 2-203

イネーブル化

MAC アドレス比較 2-208

VLAN 2-210

VLAN のグループ 2-210

グローバル 2-198

トンネル インターフェイス 2-206

指定

エントリ格納用 URL 2-201

設定

書き込み遅延時間 2-201

受信される DHCP メッセージ数 2-205

中断タイムアウト インターバル 2-201

データベース 2-201

ディセーブル化

MAC アドレス比較 2-208

VLAN 2-210

VLAN のグループ 2-210

グローバル 2-198

トンネル インターフェイス 2-206

バインディング設定の確立 2-199

表示

DHCP データベース ステータス 2-817

設定情報 2-812

統計情報 2-812

バインディング テーブル エントリ 2-814

DHCP バインディング

バインディングの設定 2-199

Distributed Forwarding Card

「DFC」を参照

DOM

イネーブル化

トランシーバ トラップ 2-1140

ディセーブル化

トランシーバ トラップ 2-1140

表示

トランシーバしきい値違反 2-779

トランシーバ動作情報 2-779

DoS

CoPP

コントロール プレーンからのサービス ポリシーの削除 2-663

コントロール プレーンへのポリシー マップの付加 2-663

コンフィギュレーションモードの開始 2-97

ポリシー マップ クラス情報の表示 2-1053

イネーブル化

レート制限 2-423

開始

CoPP コンフィギュレーションモード 2-97

設定

トラフィック ポリシング 2-604

レート制限 2-423

ディセーブル化

レート制限 2-423

DoS からの保護

ARP ブロードキャスト 2-496

DAI の設定 2-178

VACL ログ ケースのレート リミッタ

VACL ログ ケースのディセーブル化 2-535

情報の表示 2-993

設定

IPv4 マルチキャスト レート リミッタ 2-522

IPv6 マルチキャスト レート リミッタ 2-524

ディセーブル化

IPv4 マルチキャスト レート リミッタ 2-522

IPv6 マルチキャスト レート リミッタ 2-524

レート リミッタ

ACL ブリッジド レート リミッタのイネーブル化 2-527

ACL ブリッジド レート リミッタの設定 2-527

ACL ブリッジド レート リミッタのディセーブル化 2-527

CEF レート リミッタのイネーブル化 2-529

CEF レート リミッタの設定 2-529

CEF レート リミッタのディセーブル化 2-529

VACL ログ ケースのイネーブル化 2-535

VACL ログ ケースの設定 2-535

イネーブル化 2-519

ディセーブル化 2-519

ユニキャスト パケットに対するイネーブル化 2-531

ユニキャスト パケットに対するディセーブル化 2-531

ユニキャスト パケットへの設定 2-531

レイヤ 3 セキュリティ レート リミッタのイネーブル化 2-534

レイヤ 3 セキュリティ レート リミッタの設定 2-534

レイヤ 3 セキュリティ レート リミッタのディセーブル化 2-534

dot1q

「802.1Q」も参照

dot1x

「802.1x」を参照

DSCP

削除

インターフェイスからの DSCP 変換マップ 2-475

定義

変換マップ 2-483

表示

変換マップ 2-981

付加

インターフェイスへの DSCP 変換マップ 2-475

DSCP 変換マップ

インターフェイスからの削除 2-475

インターフェイスへの付加 2-475

DSS

範囲無効化プロファイルの表示 2-712

duplex コマンドと speed コマンドの関係 2-1183

DWRR キュー

設定

帯域幅 2-1294

Dynamic ARP Inspection

「DAI」を参照

Dynamic Host Configuration Protocol

「DHCP」を参照

E

EIGRP

設定

イベント ログ サイズ 2-133

Enhanced Address Recognition Logic

「EARL」を参照

EOBC インターフェイス

情報の表示 2-722

EoMPLS

イネーブル化

VLAN ベースの転送 2-576

ルーティング 2-576

ディセーブル化

VLAN ベースの転送 2-576

ルーティング 2-576

errdisable

回復

回復原因の指定 2-140

情報の表示 2-728

タイマーの設定 2-140

検出

回復原因の指定 2-138

タイマーの設定 2-138

パケット バッファ エラー 2-138

状態

情報の表示 2-772

errdisable の検出

情報の表示 2-726, 2-727

ERSPAN

宛先セッション コンフィギュレーション モードの開始 2-566

インターフェイスまたは VLAN の削除 2-571

インターフェイスまたは VLAN の追加 2-571

新規セッションの開始 2-571

セッションの開始 2-566

セッションの削除 2-571

セッションの終了 2-566

送信元セッション コンフィギュレーション モードの開始 2-566

テーブル

宛先セッション コンフィギュレーション モードの構文 2-572

送信元セッション コンフィギュレーション モードの構文 2-573

表示

セッション情報 2-1013

EtherChannel

EtherChannel グループへのインターフェイスの割り当て 2-22

インターフェイスを EtherChannel グループから削除 2-22

ガードの設定ミス検出

イネーブル化 2-1152

エラー メッセージ 2-1152

検出 2-1152

ディセーブル化 2-1152

最小のリンク

設定 2-615

表示

情報 2-729

Ethernet over Multiprotocol Label Switching

「EoMPLS」を参照

EtherType

値の指定 2-1207

Exception Recovery Manager

「ERM」を参照

EXEC レベルのコマンド

他のモードでの使用 2-121

EXP MAP

削除

インターフェイスからの EXP 変換マップ 2-476

付加

インターフェイスへの EXP 変換マップ 2-476

EXP 変換マップ

インターフェイスからの削除 2-476

インターフェイスへの付加 2-476

External Column Memory

「XCM」を参照

F

Fast Software Upgrade

「FSU」を参照

Feature Interaction Engine

「FIE」を参照

FIB TCAM 例外

IPv4、IPv6、および MPLS プロトコルのステータス表示 2-725

FIB 使用

表示 2-946

Field A-4

Field Programmable Devices

「FPD」を参照

file system consistency check

「fsck ユーティリティ」を参照

Firewall Services Module

「FWSM」を参照

Flexlink

イネーブル化 2-1200

ディセーブル化 2-1200

表示

Flexlink ペア 2-777

FM

「機能マネージャ」を参照

FRU

IDPROM 情報の表示 2-752

統計情報の表示 2-717

fsck ユーティリティ

イネーブル化 2-150

自動モードの設定 2-150

FSU

redundancy force-switchover コマンド 2-644

G

GBIC

タイプの表示 2-761

GBTE

トンネル情報の表示 2-1020

Guaranteed Bandwidth TE

「GBTE」を参照

H

HSRP

設定

初期化の遅延 2-1187

トラッキング 2-1189

ハードウェア レイヤ 3 スイッチング 2-1191

ディセーブル化

遅延期間 2-1187

表示

遅延期間情報 2-1090

I

ICC

カウンタおよびステータス情報の表示 2-750

ICMPv6 neighbor-discovery ACL

イネーブル化

TCAM サポートの最適化 2-598

ディセーブル化

TCAM サポートの最適化 2-598

IDPROM

情報の表示 2-752

ifIndex 永続性

インターフェイス コンフィギュレーション モードでの設定済みの SNMP ifIndex コマンドの削除 2-1134

インターフェイス上でのイネーブル化 2-1136

インターフェイス上でのディセーブル化 2-1136

グローバルにイネーブル化 2-1141

グローバルにディセーブル化 2-1141

IGMP

IGMP グループ キャッシュ エントリの削除 2-51

スヌーピング

イネーブル化 2-231

クエリア機能のイネーブル化 2-243

高速脱退の設定 2-234

最終メンバー クエリー インターバル 2-238

サブネット内のマルチキャスト サポートのイネーブル化 2-243

情報の表示 2-827

着信メッセージのレート制限の設定 2-245, 2-328

ディセーブル化 2-231

統計情報の削除 2-53

統計情報の表示 2-829

マルチキャスト パケットの定期的フラッディング 2-247

マルチキャスト ルータ ポートとしてレイヤ 2 ポートを設定 2-241

明示的なトラッキング データベース サイズの制限 2-240

レイヤ 2 エントリの最大数 2-237

レート制限情報の表示 2-828

設定

TCN クエリー 2-250

最終メンバー クエリー インターバル 2-230

ディセーブル化

プロキシ レポート 2-232

表示

VLAN インターフェイスのスヌーピング情報 2-824

VLAN のステータスおよび設定情報 2-824

インターフェイス ステータス情報 2-824

インターフェイス設定情報 2-824

ステータスおよび設定情報 2-824

マルチキャスト グループ 2-821

明示的トラッキング情報 2-1001

明示的トラッキング ステータス 2-824

明示的なホスト トラッキング

イネーブル化 2-232

ディセーブル化 2-232

レート制限

設定 2-245, 2-328

IGMP スヌーピング

イネーブル化 2-231

高速脱退処理 2-234

サブネット内のマルチキャスト サポート 2-243

明示的なホスト トラッキング 2-232

設定

最終メンバー クエリー インターバル 2-238

レイヤ 2 エントリの最大数 2-237

ディセーブル化 2-231

高速脱退処理 2-234

サブネット内のマルチキャスト サポート 2-243

明示的なホスト トラッキング 2-232

マルチキャスト ルータ

学習方式、設定 2-241

ネクスト ホップ インターフェイス、指定 2-241

Intelligent Traffic Redirect 2-593, 2-1046

Inter-Card Communication

「ICC」を参照

Intermediate System/Intermediate System

「IS-IS」を参照

Internet Group Management Protocol

「IGMP」を参照

Internetwork Packet Exchange

「IPX」を参照

Inter Packet Gap

「IPG」を参照

Inter-Switch Link VLAN

「ISL VLAN」を参照

IP

IPv4 ユニキャスト アドレスの表示 2-926, 2-940

NetFlow

スイッチングのイネーブル化 2-315

インターフェイスのユーザビリティ ステータスの表示 2-833

クリア

アクセス リスト統計情報 2-42

ip 2-210

IP ARP

VLAN への ARP ACL の適用 2-176

イネーブル化

インスペクション確認 2-183

ダイナミック インスペクション 2-185

クリア

DAI 統計情報 2-44

ログ バッファのステータス 2-43

信頼状態

設定 2-182

設定

ポート単位で設定可能な信頼状態 2-182

ログ バッファ 2-180

着信要求のレート制限 2-178

ディセーブル化

DAI 2-185

インスペクション確認 2-183

パケット ロギングの制御 2-186

表示

DAI ステータス 2-788

ログ バッファのステータス 2-791

ログ バッファ

ステータスのクリア 2-43

ステータスの表示 2-791

IPC

キャッシュ フロー エントリの表示 2-796

IPG

デフォルト モードに戻す 2-174

モードの設定 2-174

IP IGMP

「IGMP」を参照

ip pim snooping sgr-prune コマンド 2-309

IPv4

クリア

ソフトウェアがインストールされたエントリ 2-74

設定

マルチキャスト レート リミッタ 2-522

ディセーブル化

マルチキャスト レート リミッタ 2-522

表示

FIB TCAM 例外 2-725

情報 2-951

IPv6

ACL

圧縮モードのイネーブル化 2-450

再帰 ACL の NetFlow エントリの表示 2-968

ハードウェア NetFlow IPv6 設定の表示 2-978

MLDv2 スヌーピング

統計情報の表示 2-885

マルチキャスト ルータ インターフェイスの表示 2-885

明示的トラッキング情報の表示 2-885

レポート抑制ステータスの表示 2-885

イネーブル化

CEF ベースのマルチキャスト転送 2-322

圧縮モード 2-450

送信元マルチキャスト アドレスからのパケットの拒否 2-452

送信元ループバック アドレスからのパケットの拒否 2-452

ハードウェア アシスト 2-322

クリア

ソフトウェアがインストールされたエントリ 2-74

プレフィクス単位のアカウンティング統計 2-69

設定

NDE フロー マスク 2-417

マルチキャスト レート リミッタ 2-524

ディセーブル化

CEF ベースのマルチキャスト転送 2-322

圧縮モード 2-450

送信元マルチキャスト アドレスからのパケットの拒否 2-452

送信元ループバック アドレスからのパケットの拒否 2-452

ハードウェア アシスト 2-322

マルチキャスト レート リミッタ 2-524

ハードウェア アシスト

イネーブル化 2-322

表示

ACL エントリ 2-1097

DSS IPv6 範囲無効化プロファイル 2-712

DSS IP 範囲無効化プロファイル 2-712

FIB TCAM 例外 2-725

MFIB 情報 2-879

MLS IP 情報 2-951

MLS QoS 情報 2-981

NetFlow エントリ 2-968

NetFlow ハードウェアの設定 2-968

スイッチング テーブル エントリ情報 2-936

送信元/宛先ペアの厳密なルート 2-936

ハードウェア NetFlow IPv6 設定 2-978

プラットフォーム ソフトウェア マルチキャスト情報 2-1043

プレフィクス単位のアカウンティング統計 2-936

マイクロフロー ポリシング情報 2-978

マルチキャスト エントリ 2-936

マルチキャスト共有隣接関係 2-1043

マルチキャスト サブネット/接続済みハードウェア エントリ 2-1043

マルチキャスト ハードウェア ショートカット数 2-1043

プレフィクス単位のアカウンティング

統計情報の表示 2-936

防止

ACL エントリのインストレーション 2-323

マルチキャスト接続されたエントリのインストレーション 2-323

IPv6 スヌーピング

「MLDv2 スヌーピング」を参照

IPv6 ハードウェア設定情報 2-978

IPX(Internetwork Packet Exchange)

アクセス リスト、時間範囲 2-1241

IPX MLS

エントリをクリア 2-74

IPX ショートカット、MSFC への

イネーブル化 2-539

ディセーブル化 2-539

IP 高速スイッチング、内容の表示 2-836

IP 出力キュー

サイズの制限 2-153

デフォルト サイズに戻す 2-153

IP ショートカット、MSFC への

イネーブル化 2-537

ディセーブル化 2-537

IP 処理

イネーブル化 2-320

ディセーブル化 2-320

IP マルチキャスト 2-287

Bidir

エントリをクリア 2-70

イネーブル化

複数のパス間の負荷分割 2-284

許可

ブロードキャスト専用インターネットワーク間のルーティング 2-281

削除

管理用スコープの境界 2-277

グループ 2-71

循環バッファ 2-279

自動 RP メッセージのフィルタリング 2-277

循環バッファ ストレージの割り当て 2-279

設定

管理用スコープの境界 2-277

ディセーブル化

複数のパス間の負荷分割 2-284

ルーティング 2-287

テーブルに追加されるルート数の制限 2-286

統計カウンタ

リセット 2-72

フィルタリング

mrinfo 要求パケット 2-283

ルーティング

スヌーピング情報の表示 2-827

ルーティング テーブルの表示 2-842, 2-847

IP マルチキャスト ルーティング

MRM

UDP ポート番号 2-1261

mroute、設定 2-252

「mroute」も参照

PIM

最短パス ツリー、使用の遅延 2-310

ネイバ、表示 2-867

RP

Auto-RP、対象となるグループ 2-302, 2-303

Auto-RP、マッピング エージェント 2-305

PIM バージョン 2 候補、アドバタイズ 2-301

RP アナウンスメントのフィルタリング 2-300

アドレス、設定 2-292

パケット ヘッダー、格納 2-279, 2-841

IP ルーティング プロトコル

最大パラレル ルート数の設定 2-395

IS-IS

Network Entity Title の設定 2-585

ISL

カプセル化

イネーブル化 2-135

ディセーブル化 2-135

ISL VLAN

802.1Q VLAN へのマッピング 2-1289

L

LACP

インターフェイスの設定 2-22

設定

システム プライオリティ 2-356

チャネル プロトコル 2-25

入力パケット レート 2-355

ポート チャネルのバンドルごとの最大ポート 2-353

ポート プライオリティ 2-354

チャネル プロトコルの選択を解除 2-25

表示

システム ID 2-891

統計情報 2-891

内部情報 2-891

ネイバ情報 2-891

プロトコル設定 2-729

Link Aggregation Control Protocol

「LACP」を参照

link-status イベント メッセージ

イネーブル化

インターフェイス上 2-365

グローバル 2-363

サブインターフェイス上 2-366

システム初期化 2-363

ディセーブル化

インターフェイス上 2-365

グローバル 2-363

サブインターフェイス上 2-366

システム初期化 2-363

logging 2-368

M

MAC ACL QoS フィルタリング

削除

ARP ACL 2-6

設定

ARP ACL 2-6

レイヤ 2 パケットとしてのレイヤ 3 パケットの分類 2-388

MAC ACL フィルタリング

VLAN フィールドのイネーブル化 2-390

VLAN フィールドのディセーブル化 2-390

MAC アドレス

イネーブル化

VLAN 単位の MAC 制限 2-379

インターフェイス単位の MAC 制限 2-379

グローバルな MAC 制限 2-379

スティッキ MAC 2-1215

ポート単位の MAC 制限 2-379

カウンタ

マルチキャスト アドレスの表示 2-896

削除

スティッキ MAC 2-1215

MAC アドレス テーブル

イネーブル化

CAM テーブル使用状況モニタリング通知 2-382

MAC アドレス ラーニング 2-377

MAC 移動通知 2-381

スタティック エントリの削除 2-64, 2-384

スタティック エントリの追加 2-384

セキュアまたは特定のアドレスの削除 2-87

設定

MAC 帯域外同期 2-387

RM パージング タイム 2-375

エージング タイム 2-375

ダイナミック エントリの削除 2-64

ディセーブル化

CAM テーブル使用状況モニタリング通知 2-382

MAC アドレス ラーニング 2-377

MAC 移動通知 2-381

スタティック MAC アドレスの IGMP スヌーピング 2-384

表示

DFC 固有の情報 2-896

MAC アドレス ラーニング ステート 2-902

MAC 移動通知 2-896

VLAN 固有の情報 2-896

インターフェイス固有の情報 2-896

エージング タイム 2-896

エントリ数 2-896

手動で設定されたエントリ数 2-896

情報 2-896

スタティック テーブル エントリ 2-896

ダイナミック テーブル エントリ 2-896

マルチキャスト テーブル エントリ 2-896

MAC アドレスのフィルタリング

イネーブル化 2-384

設定 2-384

ディセーブル化 2-384

MAC アドレス ラーニング

イネーブル化 2-377

状態の表示 2-902

ディセーブル化 2-377

MAC 移動通知

イネーブル化 2-381

ディセーブル化 2-381

MAC 制限

イネーブル化 2-379

ディセーブル化 2-379

MAC 帯域外同期

設定 2-387

Maintenance Loop Signaling Entity

「MLSE」を参照

Maintenance Operation Protocol

「MOP」を参照

match サブコマンド

アクセス 2-26

MD5 シグニチャ

コンピューティング 2-1269

MDIX

イネーブル化 2-396

ディセーブル化 2-396

MDS

イネーブル化

IP マルチキャスト ルーティング 2-287

ディセーブル化

IP マルチキャスト ルーティング 2-287

表示

インターフェイス情報 2-838

MDSS

Multicast Distributed Shortcut Switching

MDT

イネーブル化

データ MDT の再利用の記録 2-400

設定

グループのアドレス範囲 2-398

デフォルト グループ 2-399

ディセーブル化

データ MDT の再利用の記録 2-400

表示

受信したアドバタイズ 2-864

詳細な BGP アドバタイズ情報 2-862

送信されたアドバタイズ 2-866

データ再利用情報 2-863

デフォルト グループ情報 2-862

ハードウェア アクセラレーション情報 2-955

Message Digest 5

「MD5」を参照

MFIB

エントリとインターフェイスの表示 2-879

mGRE

指定

NBMA から BMA への変換 2-551

ネットワーク ID 2-551

設定

モビリティ 2-551

ワイヤレス mGRE トンネル 2-551

MIB

SNMP インターフェイス インデックス識別番号の表示 2-1078

MLDv2

ディセーブル化

プロキシ レポート 2-325

表示

MAC アドレス テーブル情報 2-896

統計情報 2-885

マルチキャスト ルータ インターフェイス 2-885

明示的トラッキング情報 2-885

レポート抑制ステータス 2-885

MLDv2 スヌーピング

イネーブル化

グローバル 2-324

スヌーピング クエリア 2-331

明示的なトラッキング 2-325

レポート抑制 2-333

最終メンバー クエリー インターバル 2-327

設定

マルチキャスト ルータ ポートとしてレイヤ 2 ポートを設定 2-330

ディセーブル化

グローバル 2-324

スヌーピング クエリア 2-331

明示的なトラッキング 2-325

レポート抑制 2-333

表示

明示的トラッキング データベース 2-885

明示的なトラッキング データベース サイズの制限 2-328

MLS

ACL マージ関数を選択 2-403

CEF

CEF テーブル情報の表示 2-948

特定の VRF に対する情報の表示 2-948

NDE

アドレスの削除 2-542

アドレスの指定 2-542

エクスポート機能のイネーブル化 2-460

カウンタをクリア 2-73

ステータスおよび設定情報の表示 2-991

追加フィールドの入力のイネーブル化 2-459

追加フィールドの入力のディセーブル化 2-459

フィルタ オプションの削除 2-457

フィルタ オプションの指定 2-457

QoS

ToS から DSCP への書き換え 2-500

ToS から DSCP への書き換えのイネーブル化 2-500

ToS から DSCP への書き換えのディセーブル化 2-500

QoS 統計データのエクスポート

宛先アドレス 2-511

インターバル 2-513

クラス マップ 2-507

グローバルにイネーブル化 2-502

グローバルにディセーブル化 2-502

集約ポリサー 2-505

デリミタ 2-510

ポート単位のイネーブル化 2-503

ポート単位のディセーブル化 2-503

TCL

情報の表示 2-999

VLAN

統計情報の表示 2-1009

VTP ドメイン

削除 2-544

リンク 2-544

イネーブル化

NetFlow インターフェイスベースのエントリ機能 2-461

NetFlow プロトコルベース エントリ機能 2-461

PDU レート リミッタ 2-520

転送ブロードキャスト 2-429

レート リミッタ 2-520

インターフェイス

VLAN ID の削除 2-543

VLAN ID の割り当て 2-543

管理インターフェイスの削除 2-541

管理インターフェイスの指定 2-541

クリア

統計情報 2-79

統計情報(廃止予定) 2-80

除外するプロトコル ポートの削除 2-415

除外するプロトコル ポートの指定 2-415

設定

fast エージング タイム 2-407

long エージング タイム 2-408

normal エージング タイム 2-409

ポートセキュリティ レート リミッタ 2-520

レート リミッタ 2-520

定義

例外プライオリティ 2-413

ディセーブル化

レイヤ 2 プロトコル トンネリング レート リミッタ 2-520

レート リミッタ 2-520

転送ブロードキャスト

情報の表示 2-914

転送ブロードキャストのディセーブル化 2-429

トラフィックの許可 2-431

表示

ACL 統合方式 2-747

ASIC バージョン 2-908

すべてのミス フローの集約カウント 2-999

対応するレジスタの最新の値 2-999

統計情報 2-997

統計データ エクスポート情報 2-991

パケット エラー情報 2-997

例外プライオリティ 2-920

フロー マスクの指定 2-417

フロー マスクの復元 2-417

例外プライオリティ

情報の表示 2-920

定義 2-413

レート リミッタ

ACL ブリッジド レート リミッタのイネーブル化 2-527

ACL ブリッジド レート リミッタの設定 2-527

CEF レート リミッタのイネーブル化 2-529

CEF レート リミッタの設定 2-529

VACL ログ ケースのイネーブル化 2-535

VACL ログ ケースの設定 2-535

イネーブル化 2-531

情報の表示 2-993

設定 2-519

ユニキャストおよびマルチキャスト パケットに対するイネーブル化 2-519

ユニキャスト パケットへの設定 2-531

レイヤ 3 セキュリティ レート リミッタのイネーブル化 2-534

レイヤ 3 セキュリティ レート リミッタの設定 2-534

MLS CEF

表示

一貫性チェッカー情報 2-924

MLS IP

MSFC への IP ショートカット

イネーブル化 2-537

ディセーブル化 2-537

イネーブル化

TCAM 内のショートカット 2-449

インターフェイス上の OAL 2-370

グローバルな OAL 2-368

出力レプリケーション モード 2-442

入力レプリケーション モード 2-442

レイヤ 4 ポート上での ACL の論理動作の拡張 2-419

インターフェイス

外部スイッチのイネーブル化 2-538

外部スイッチのディセーブル化 2-538

ショートカットのイネーブル化 2-435

ショートカットのディセーブル化 2-435

内部ルータのイネーブル化 2-418

内部ルータのディセーブル化 2-418

非 RPF マルチキャスト高速廃棄のイネーブル化 2-444

組み込み

ACL しきい値 2-432

クリア

エントリ 2-74

ソフトウェアがインストールされたエントリ 2-74

グローバル

一貫性チェッカーのイネーブル化 2-439

一貫性チェッカーのディセーブル化 2-439

イネーブル化 2-433

サブネット ダウンロードのイネーブル化 2-437

サブネット ダウンロードのディセーブル化 2-437

しきい値の設定 2-446

双方向 RP RPF のスキャン インターバルの設定 2-436

ディセーブル化 2-433

ポリシー ルーティング パケット サポートのイネーブル化 2-448

ポリシー ルーティング パケット サポートのディセーブル化 2-448

再帰 NDR

TCAM 内のショートカットのイネーブル化 2-449

TCAM 内のショートカットのディセーブル化 2-449

削除

ACL しきい値 2-428

設定

インターフェイス上の OAL 2-370

グローバルな OAL 2-368

ディセーブル化

TCAM 内のショートカット 2-449

インターフェイス上の OAL 2-370

グローバルな OAL 2-368

出力レプリケーション モード 2-442

入力レプリケーション モード 2-442

レイヤ 4 ポート上での ACL の論理動作の拡張 2-419

表示

NetFlow エントリの統計情報 2-966

NetFlow ルーティング エントリ 2-963

OAL キャッシュ エントリ 2-894

OAL 設定情報 2-894

PIM グループとアクティブ ランデブー ポイントのマッピング 2-959

情報 2-951

ソフトウェアに組み込まれたスタティック エントリ情報 2-965

ソフトウェアに組み込まれた非スタティック エントリ情報 2-962

マルチキャスト レプリケーション機能 2-955

モード情報 2-955

マルチキャスト

出力機能のイネーブル化 2-433

レプリケーション モード

出力モードのイネーブル化 2-442

出力モードのディセーブル化 2-442

入力モードのイネーブル化 2-442

入力モードのディセーブル化 2-442

MLS IPX

MSFC への IPX ショートカット

イネーブル化 2-539

ディセーブル化 2-539

インターフェイス

外部スイッチのイネーブル化 2-540

外部スイッチのディセーブル化 2-540

MLS QoS

DSCP 変換マッピング

削除 2-483

定義 2-483

EXP 変換マップ

削除 2-485

定義 2-485

MPLS

インターフェイス サマリーの表示 2-988

VLAN スイッチ ポート

イネーブル化 2-518

ディセーブル化 2-518

イネーブル化

ACL リダイレクト パケットのポリシング 2-494

EtherChannel バンドリングに関するポート属性チェック 2-472

ポートキューイング モード 2-498

ポート信頼の無視 2-491

ポリサーのトラフィック クラス ID 2-492

インターフェイス

イネーブル化 2-468

信頼されたポート状態の設定 2-493, 2-514

信頼できないポート状態への変更 2-493, 2-514

ディセーブル化 2-468

インターフェイスからのポリシー マップの削除 2-662

インターフェイスへのポリシー マップの対応付け 2-662

拡張された信頼

信頼モードの設定 2-516

信頼モードの表示 2-1067

グローバル

PFC QoS のディセーブル化およびポート キューイングのイネーブル化 2-466

イネーブル化 2-466

ディセーブル化 2-466

削除

インターフェイスからの CoS 変換マップ 2-474

インターフェイスからの DSCP 変換マップ 2-475

インターフェイスからの EXP 変換マップ 2-476

集約ポリサー

削除 2-469

定義 2-469

統計情報のクリアおよび高レートおよび低レートのポリサー バケットのトークン数 2-77

出力 DSCP/CoS マップ

削除 2-481

定義 2-481

出力 DSCP/EXP マップ

削除 2-482

定義 2-482

定義

入力 EXP/DSCP マップ 2-484

ディセーブル化

ACL リダイレクト パケットのポリシング 2-494

EtherChannel バンドリングに関するポート属性チェック 2-472

ポートキューイング モード 2-498

ポート信頼の無視 2-491

ポリサーのトラフィック クラス ID 2-492

デフォルト CoS 値

削除 2-473

定義 2-473

統計情報のクリアおよび高レートおよび低レートのポリサー バケットのトークン数 2-77

入力 CoS/DSCP マップ

削除 2-478

定義 2-478

入力 EXP/DSCP マップ

削除 2-484

定義 2-484

入力 IP precedence/DSCP マップ

削除 2-487

定義 2-487

表示

IPv6 情報 2-981

MPLS インターフェイス サマリー 2-988

実行バージョン情報 2-986

情報 2-981

スイッチ プロセッサおよび DFC 上の空の集約 RAM インデックス数 2-985

マップ設定情報 2-986

付加

インターフェイスへの CoS 変換マップ 2-474

インターフェイスへの DSCP 変換マップ 2-475

インターフェイスへの EXP 変換マップ 2-476

ブリッジド トラフィックのマイクロフロー ポリシング

イネーブル化 2-471

削除 2-471

ポリシー マップ コンフィギュレーション モード

アクセス 2-606

既存の 2-606

ポリシング

ACL リダイレクト パケット 2-494

ポリシング済み適合 DSCP マップ

削除 2-489

定義 2-489

マッピング

CoS/CoS マップの定義 2-479

MLS QoS ポリシー マップ

class オプションの説明、表 2-601, 2-607

設定 2-606

MLS プレフィクス単位のアカウンティング

イネーブル化 2-420

ディセーブル化 2-420

MMLS

表示

情報 2-1002

明示的トラッキング情報 2-1001

mobility 2-551

MOP(Maintenance Operation Protocol)

サーバ

自動的に起動 2-16

more コマンド

検索 1-7

フィルタ 1-7

--More-- プロンプト 1-7

検索 1-7

フィルタ 1-7

MPLS

GB-TE フローの DSCP マップの設定 2-455

イネーブル化

再循環 2-453

集約ラベル再循環 2-455

タグ間のロードバランス 2-578

トンネル再循環 2-455

クリア

ソフトウェアがインストールされたエントリ 2-74

削除

DSCP/EXP マップ 2-482

指定

最適化された MPLS タギングの使用 2-579

標準 MPLS タギングの使用 2-579

設定

GB-TE フローのバースト期間 2-455

グローバルなパラメータ 2-455

試験値 2-672

冗長モード 2-553

レイヤ 2 WAN インターフェイスの信頼状態 2-673

タギング

最適化されたタギングの使用の指定 2-579

標準タギングの指定 2-579

タグ スイッチング

テーブル情報の表示 2-1023

ロードバランスのイネーブル化 2-578

ロードバランスのディセーブル化 2-578

定義

DSCP/EXP マップ 2-482

ディセーブル化

再循環 2-453

集約ラベル再循環 2-455

タグ間のロードバランス 2-578

トンネル再循環 2-455

表示

EoMPLS 対応インターフェイス情報 2-1020

FIB TCAM 例外 2-725

LAN および WAN 間の共有コード 2-1020

VPN/VLAN マッピング テーブル 2-1020

インターフェイス サマリー 2-988

現在のルーテッド VC ステート 2-1017

コントロール プレーン統計 2-1020

情報 2-951

プラットフォーム固有の情報 2-1020

負荷分散方式

設定 2-613

デフォルトへのリセット 2-613

ルーティングのイネーブル化 2-576

ルーティングのディセーブル化 2-576

MPLS EXP

MPLS の試験的フィールド

「MPLS」を参照

mroute

設定

スタティック ルート 2-252

MSDP

イネーブル化

ピアの管理上シャット ダウン 2-275

クリア

MSDP ピアへの TCP 接続 2-56

SA キャッシュ エントリ 2-57

統計カウンタ 2-58

削除

送信フィルタ リスト 2-271

着信フィルタ リスト 2-269

ピア 2-265

作成

SA ステート 2-256

制限

マルチキャスト データ パケット 2-276

設定

PIM sparse(疎)モード リージョン 2-254

SA メッセージでアドバタイズされるエントリ 2-267

SA 要求メッセージを送信するルータ 2-273

SA 要求を送信するルータ 2-260

送信フィルタ リスト 2-271

着信フィルタ リスト 2-269

発信者 ID 2-263

ピア 2-265

メッシュ グループへのピア 2-262

追加

設定への説明文 2-259

定義

デフォルト ピア 2-257

ピア ステータスの表示 2-855

ピアの立ち上げ 2-275

表示

MSDP ピアから学習した状態 2-853

送信元とグループの数 2-849

ピア情報 2-851

メッシュ グループからのピアの削除 2-262

MSFC

実行優先順位の設定 2-1266

表示

スタンバイ MSFC2 DRAM 2-682

フラッシュへの新規 ROMMON のプログラミング 2-1266

MST

PVST モードへの切り替え 2-1158

インスタンス

VLAN のマッピング 2-164

コンフィギュレーション サブモード コマンド

show 2-674

インスタンス 2-164

名前 2-582

リビジョン 2-653

コンフィギュレーション サブモードの開始 2-1160

設定

hello タイム 2-1163

MST リージョン名 2-582

インスタンスのパス コスト 2-1159

インスタンスのポート プライオリティ 2-1159

コンフィギュレーション リビジョン番号の設定 2-653

最大ホップ 2-1165

セカンダリとしてのルート 2-1168

先行標準の BPDU を送信するポート 2-1166

転送遅延 2-1162

プライマリとしてのルート 2-1168

有効期限 2-1164

表示

MST プロトコル情報 2-1086

MST リージョン コンフィギュレーション情報 2-1086

現在の設定 2-674

設定の保留 2-674

プロトコル マイグレーションを再開 2-89

マッピング

PVLAN とインスタンス間のマッピング 2-629

VLAN 2-164

MTU

グローバル MTU 設定の表示 2-1094

システム MTU 設定の表示 2-1094

設定

最大サイズ 2-580

最大パケット サイズ 2-580

レイヤ 2 の最大ペイロード サイズ 2-1235

レイヤ 3 の最大ペイロード サイズ 2-1235

デフォルト値 2-580

デフォルト値の復元 2-580

Multiple Spanning Tree

「MST」を参照

mVPN

MSDP ピアの立ち上げ 2-275

PIM 登録メッセージのフィルタリング 2-291

イネーブル化

Bidir-PIM 2-294

IP マルチキャスト ルーティング 2-287

ピアの管理上シャット ダウン 2-275

複数のパス間の負荷分割 2-284

クリア

MSDP ピアへの TCP 接続 2-56

SA キャッシュ エントリ 2-57

統計カウンタ 2-58

削除

Auto-RP キャッシュ エントリ 2-59

Auto-RP メッセージ フィルタ 2-300

IGMP グループ キャッシュからのエントリ 2-51

IP マルチキャスト ルーティング テーブルからのエントリ 2-54

循環バッファ 2-279

送信フィルタ リスト 2-271

着信フィルタ リスト 2-269

ピア 2-265

作成

SA ステート 2-256

循環バッファ ストレージの割り当て 2-279

制限

マルチキャスト データ パケット 2-276

設定

Auto-RP の使用 2-303

BSR 候補 2-296

BSR にアドバタイズ 2-301

MSDP の PIM sparse(疎)モード リージョン 2-254

PIM メッセージの受け入れ 2-292

SA メッセージでアドバタイズされるエントリ 2-267

SA 要求メッセージを送信するルータ 2-273

SA 要求を送信するルータ 2-260

最短パス ツリー、使用の遅延 2-310

送信フィルタ リスト 2-271

着信フィルタ リスト 2-269

デフォルト グループ 2-399

登録送信元 2-299

登録メッセージ制限 2-298

発信者 ID 2-263

ピア 2-265

メッシュ グループへのピア 2-262

ランデブー ポイント マッピング エージェント 2-305

追加

MSDP 設定への説明文 2-259

定義

IP マルチキャスト アドレスの SSM 範囲 2-311

デフォルト ピア 2-257

ディセーブル化

Bidir-PIM 2-294

IP マルチキャスト アドレスの SSM 範囲 2-311

IP マルチキャスト ルーティング 2-287

複数のパス間の負荷分割 2-284

テーブルに追加されるルート数の制限 2-286

表示

BSR 情報 2-859

IP 高速スイッチング キャッシュの内容 2-836

MDS インターフェイス情報 2-838

MSDP ピアから学習した状態 2-853

MSDP ピア ステータス 2-855

キャッシュされたランデブー ポイント 2-871

グループのランデブー ポイント 2-869

指定フォワーダ インターフェイス情報 2-861

受信した MDT アドバタイズ 2-864

循環キャッシュ ヘッダー バッファの内容 2-840

詳細な BGP アドバタイズ情報 2-862

送信された MDT アドバタイズ 2-866

送信元とグループの数 2-849

データ MDT 再利用情報 2-863

トリガーされた RPF チェック イベント 2-876

発見されたネイバ 2-867

ピア情報 2-851

フィルタリング

Auto-RP メッセージ 2-300

mrinfo 要求パケット 2-283

メッシュ グループからのピアの削除 2-262

N

NDE

アドレスの削除 2-542

アドレスの指定 2-542

イネーブル化

インターフェイスでのサンプリング済み NetFlow 2-463

エクスポート機能 2-460

追加フィールドの入力 2-459

クリア

カウンタ 2-73

サンプリング済み NetFlow

インターフェイス上でのイネーブル化 2-463

インターフェイス上でのディセーブル化 2-463

サンプリング方式の指定 2-545

ディセーブル化

インターフェイスでのサンプリング済み NetFlow 2-463

追加フィールドの入力 2-459

表示

エージング情報 2-968

サンプリング済み NetFlow ステータス 2-996

ステータスおよび設定情報 2-991

ステータス情報 2-967

ハードウェア ステータス 2-968

フィルタ オプション

削除 2-457

指定 2-457

NDE インターフェイスのエクスポート

フィルタ オプションの指定 2-457

フロー マスク 2-457

NET

設定 2-585

NetFlow

IPv6

ハードウェア設定情報の表示 2-978

イネーブル化

インターフェイス ベースの NDE 2-220

インターフェイスベースのエントリの作成 2-461

サンプリング済み NetFlow(グローバル) 2-545

スイッチング 2-315

ハードウェアでスイッチングされるフローの NDE 2-216

ブリッジド フローにグローバルに 2-226

ブリッジド フローの着信 NDE 2-225

プロトコルベース エントリの作成 2-461

マルチキャスト入力アカウンティング 2-285

インターフェイス

送信元インターフェイスの指定 2-221

インターフェイス ベースの NDE

イネーブル化 2-220

ディセーブル化 2-220

カウンタをクリア 2-39

指定

Supervisor Engine 720 上でのエクスポート フロー バージョン 2-223

ハードウェアでスイッチングされるフローの NDE バージョン 2-219

集約

キャッシュ フロー エントリの表示 2-796

特定の集約キャッシュの設定 2-212

スイッチ プロセッサ上でのテーブルの使用

モニタリング 2-465

スイッチング

キャッシュ エントリのエクスポート 2-217

キャッシュ サイズの設定 2-214

キャッシュ フロー エントリの表示 2-796

送信元インターフェイスの指定 2-221

統計情報のクリア 2-50

設定

最大フロー割り当て 2-462

集約キャッシュ - 特定 2-212

複数のエクスポートの宛先 2-217

ソフトウェア スイッチング

情報の表示 2-819

ディセーブル化

インターフェイス ベースの NDE 2-220

サンプリング済み NetFlow(グローバル) 2-545

ハードウェアでスイッチングされるフローの NDE 2-216

ブリッジド フローにグローバルに 2-226

ブリッジド フローの着信 NDE 2-225

マルチキャスト入力アカウンティング 2-285

ハードウェア スイッチング

CEF テーブル情報の表示 2-809

インターフェイスベース エントリの作成のイネーブル化 2-461

インターフェイスベース エントリの作成のディセーブル化 2-461

プロトコルベース エントリの作成のイネーブル化 2-461

プロトコルベース エントリの作成のディセーブル化 2-461

表示 2-978

IP 情報 2-968

IP フロー情報 2-971

IP フロー マスク 2-968

エージング情報 2-968

キャッシュ フロー エントリ 2-796

詳細統計サマリー 2-800

スイッチングされたパケット数 2-997

ソフトウェアに組み込まれた非スタティック エントリ情報 2-976

テーブル情報 2-951

統計情報 2-951

ハードウェア ステータス 2-968

フラグメント オフセット情報 2-800

マイクロフロー ポリシング統計情報 2-971

ブリッジングされた VLAN 内トラフィックの取り込み 2-471

モニタリング

スイッチ プロセッサ上での NetFlow テーブルの使用 2-465

NetFlow データ エクスポート

「NDE」を参照

Network Entity Title

「NET」を参照

Next Hop Resolution Protocol

「NHRP」を参照

NHRP

表示

キャッシュ 2-856

Non-STOP Forwarding

「NSF」を参照

no 形式、コマンドの、使用 1-7

NSF

OSPF 再開のキャンセル 2-587

イネーブル化

BGP ルーティング プロセス 2-659

EIGRP ルーティング プロセス 2-659

IS-IS ルーティング プロセス 2-659

OSPF ルーティング プロセス 2-659

指定

IETF IS-IS 方式 2-587

IS-IS データベース同期化の待機時間 2-587

シスコ独自の IS-IS 方式 2-587

フェールオーバーのインターバル 2-587

ルート プロセッサ スタビライザのインターバル 2-587

ディセーブル化 2-587

BGP ルーティング プロセス 2-659

EIGRP ルーティング プロセス 2-659

IS-IS ルーティング プロセス 2-659

OSPF ルーティング プロセス 2-659

O

OAL

エントリをクリア 2-63

設定

インターフェイス 2-370

グローバル 2-368

表示

キャッシュ エントリ 2-894

設定情報 2-894

ODM

ACL マージ関数を選択 2-403

ODM アルゴリズム

「ODD」を参照

Optimized ACL Logging

「OAL」を参照

OSPF

指定

CPU プロセス時間の最小の割合 2-630

P

PAgP

インターフェイスの設定 2-22

情報のクリア 2-81

設定

チャネル プロトコル 2-25

着信パケットの入力インターフェイス

学習 2-590

デフォルトに戻す 2-590

チャネル プロトコルの選択を解除 2-25

表示

プロトコル情報 2-729

ポート チャネル

情報の表示 2-1024

ホット スタンバイ モード

デフォルトに戻す 2-591

ポートの選択 2-591

PBR

イネーブル化 2-448

null0 ルート マップへのハードウェア サポート 2-448

ディセーブル化 2-448

Per VLAN Spanning-Tree

「PVST+」を参照

PIM

イネーブル化

Bidir-PIM 2-294

PIM dense(密)モード ステート リフレッシュ制御メッセージの処理および転送 2-312

SGR-prune の抑制 2-309

インターフェイス上でのスヌーピング 2-307

グローバルにスヌーピング 2-306

指定ルータへのパケットのフラッディング 2-308

クリア

VLAN の統計情報 2-61

グローバルな統計情報 2-60

削除

Auto-RP キャッシュ エントリ 2-59

Auto-RP メッセージ フィルタ 2-300

スヌーピング

VLAN の統計情報の削除 2-61

インターフェイス上でのイネーブル化 2-307

インターフェイス上でのディセーブル化 2-307

グローバルな統計情報の削除 2-60

グローバルにイネーブル化 2-306

グローバルにディセーブル化 2-306

設定

Auto-RP の使用 2-303

BSR 候補 2-296

BSR にアドバタイズ 2-301

MSDP の PIM sparse(疎)モード リージョン 2-254

最短パス ツリー、使用の遅延 2-310

待機インターバル 2-288

チェック インターバル 2-290

登録送信元 2-299

登録メッセージ制限 2-298

メッセージの受け入れ 2-292

誘発型チェック インターバル 2-288

ランデブー ポイント マッピング エージェント 2-305

定義

IP マルチキャスト アドレスの SSM 範囲 2-311

ディセーブル化

Bidir-PIM 2-294

IP マルチキャスト アドレスの SSM 範囲 2-311

PIM dense(密)モード ステート リフレッシュ制御メッセージの処理および転送 2-312

SGR-prune の抑制 2-309

インターフェイス上でのスヌーピング 2-307

グローバルにスヌーピング 2-306

指定ルータへのパケットのフラッディング 2-308

誘発型 RPF チェック 2-288

登録メッセージのフィルタリング 2-291

表示

BSR 情報 2-859

IP マルチキャスト ルーティング テーブル情報 2-847

PIM グループとアクティブ ランデブー ポイントのマッピング 2-959

キャッシュされたランデブー ポイント 2-871

グループのランデブー ポイント 2-869

指定フォワーダ インターフェイス情報 2-861

受信した MDT アドバタイズ 2-864

詳細な BGP アドバタイズ情報 2-862

スヌーピング情報 2-873

送信された MDT アドバタイズ 2-866

データ MDT 再利用情報 2-863

トリガーされた RPF チェック イベント 2-876

発見されたネイバ 2-867

フィルタリング

Auto-RP メッセージ 2-300

PIR

ピーク レートの設定 2-469

PISA

表示

カウンタ情報 2-1036

分割された VLAN 2-1050

portName MIB オブジェクト

設定 2-1186

Private VLAN

「PVLAN」を参照

Programmable Intelligent Services Accelerator

「PISA」を参照

psecure

「ポート セキュリティ」を参照

PVL

イネーブル化 2-377

ディセーブル化 2-377

PVLAN 2-1122

VLAN インターフェイス コンフィギュレーション モード

プライマリおよびセカンダリ VLAN のマッピング 2-627

マッピング 2-627

マッピングの削除 2-627

VLAN サブモード

VLAN の削除 2-624

VLAN の指定 2-624

VLAN の追加 2-624

アソシエーションの設定 2-624

アソシエーションの削除 2-1221

アソシエーションの定義 2-1221

イネーブル化

インターフェイスごとのスティッキ ARP 2-319

グローバル スティッキ ARP 2-317

設定

インターフェイス タイプ 2-1209

混合モード 2-1209

ホスト ポート 2-1209

ディセーブル化

インターフェイスごとのスティッキ ARP 2-319

グローバル スティッキ ARP 2-317

表示

現在設定されている情報 2-1122, 2-1127

設定情報 2-775, 2-777

マッピング情報 2-771

マッピング

インスタンスへのマッピング 2-629

混合モード ポート用 2-1222

プライマリおよびセカンダリ VLAN 2-627

「PVL」を参照

PVST

MST モードへの切り替え 2-1158

PVST+ BPDU および 802.1d BPDU 変換、プロトコル トンネリング リンクによる 2-19

PVST および PVST+ のインターオペラビリティ

ignore-bpdu-pid キーワード 2-19

L2PT トポロジー 2-20

Q

QDM

セッションの切断 2-120

表示

クライアント ID 2-1063

現在アクティブな QDM クライアントに関する情報およびステータス 2-1063

QinQ

IEEE 802.1Q in 802.1Q

「802.1Q トンネリング」を参照

イネーブル化

二重タグ付き VLAN 変換 2-555

削除

リンク バンドル(ポート チャネル)仮想インターフェイス 2-169

作成

リンク バンドル(ポート チャネル)仮想インターフェイス 2-169

設定

優先順位ビット 2-666

ディセーブル化

二重タグ付き VLAN 変換 2-555

QM

スイッチ プロセッサ情報の表示 2-1064

QoS

FM NetFlow カウンタをクリア 2-39

Intelligent Traffic Redirect 2-593

rcv-queue レート制限

設定 2-636

アクセス

クラス マップ コンフィギュレーション モード 2-26

イネーブル化

時間ベース ACL 2-1241

キューイング モード 2-499

クラス マップ

情報の表示 2-693

グローバル インターフェイス カウンタのクリア 2-37

削除

ACL 時間範囲の制限 2-1241

設定

キューイング モード 2-499

クラス マップ 2-26

時間ベース ACL 2-1241

送信キュー サイズ比

設定 2-1299

定義

マーキング 2-495

表示

プロトコル 2-990

ポリシー マップ

一致するトラフィックへの DSCP 値のマーキング 2-668

一致するトラフィックへの IP precedence 値のマーキング 2-670

インターフェイス単位の情報の表示 2-1055

情報の表示 2-1051

マーキング設定の消去 2-668

マネージャ

情報の表示 2-1064

ルーティング プロトコル パケット ポリシングの回避 2-495

ルーティング プロトコル パケット ポリシングの制御 2-495

QoS Device Manager

「QDM」を参照

QoS 統計データのエクスポート

「MLS QoS 統計データのエクスポート」を参照

QoS フィルタリング

イネーブル化

DSCP ベースの出力 2-596

IP precedence ベースの 2-596

question コマンド 1-2

R

Rapid Spanning Tree Protocol+

「RSTP+」を参照

Rapid Spanning-Tree Protocol

「RSTP」を参照

rcv-queues

CoS 値のマッピング 2-634

サイズ比制限の設定 2-636

最大しきい値の指定 2-637

デフォルト値へのリセット 2-637

廃棄しきい値の設定 2-639

regex

「Regular Expression Library」を参照

Regular Expression Library

オープン ソース ソフトウェアの許諾 B-1

Remote SPAN

「RSPAN」を参照

Reverse Path Forwarding

「RPF」を参照

RFC 1340 2-796

RFC 1757、RMON MIB 2-655

RMON イベント テーブル

イベントの削除 2-656

イベントの追加 2-656

RFC 1757、RMON アラーム グループ

アラームの設定 2-654

RGMP

イネーブル化 2-313

ディセーブル化 2-313

RM

設定

パージング タイム 2-375

パージング インターバルの設定 2-375

パージング タイムのディセーブル化 2-375

RMON

MIB オブジェクト アラームのディセーブル化 2-654

MIB オブジェクトのアラームの設定 2-654

アラーム、イネーブル化 2-654

アラーム、ディセーブル化 2-654

イベントの削除 2-656

イベントの追加 2-656

ディセーブル化 2-656

「RM」を参照

ROMMON

現場アップグレード 2-1266

実行優先順位の設定 2-1266

ステータスの表示 2-1072

フラッシュへの新規 ROMMON のプログラミング 2-1266

ROM、自動的に起動 2-16

ROM モニタ モード、

概要 1-6

Route Processor Redundancy

「RPR」を参照

RPC

情報の表示 2-1073

RPF

イネーブル化

Exists-only チェック 2-336

インターフェイス上 2-334

設定

PIM 待機インターバル 2-288

チェック インターバル 2-290

誘発型チェック インターバル 2-288

ディセーブル化

Exists-only チェック 2-336

インターフェイス上 2-334

誘発型チェック 2-288

表示

トリガーされたチェック イベント 2-876

ハードウェア情報 2-944

RSPAN

インターフェイスまたは VLAN の削除 2-566

インターフェイスまたは VLAN の追加 2-566

新規セッションの開始 2-566

セッションの削除 2-566

表示

セッション情報 2-1013

リストの表示 2-1124

RSTP+

リンク タイプの設定 2-1156

S

SCP

イネーブル化

高速リトライ 2-599

情報の表示 2-1077

設定

高速リトライのインターバル 2-599

ディセーブル化

高速リトライ 2-599

Secure Sockets Layer

「SSL」を参照

Server Load Balancing

「SLB」を参照

show 2-948

show platform software pisa split-vlan コマンド 2-1050

show コマンド

検索 1-7

フィルタ 1-7

SLB

帯域内パケット数の表示 2-736

SNMP

ifIndex 永続性

インターフェイス コンフィギュレーション モードでの設定済みの SNMP ifIndex コマンドの削除 2-1134

インターフェイス上でのイネーブル化 2-1136

インターフェイス上でのディセーブル化 2-1136

グローバルにイネーブル化 2-1141

グローバルにディセーブル化 2-1141

イネーブル化

スイッチ フェールオーバー時のリンクダウン 2-1146

トランシーバ トラップ 2-1140

不明なコンテキスト エラー発生時の許可トラップ 2-1145

インフォーム

イネーブル化 2-1138

ディセーブル化 2-1138

指定

送信元インターフェイス

SNMP
指定
インフォームの送信元指定 2-1143

トラップの送信元指定 2-1143

送信元指定の削除 2-1143

ディセーブル化

スイッチ フェールオーバー時のリンクダウン 2-1146

トランシーバ トラップ 2-1140

不明なコンテキスト エラー発生時の許可トラップ 2-1145

トラップ

イネーブル化 2-1138

ディセーブル化 2-1138

表示

インターフェイス インデックス識別番号 2-1078

Softfloat

オープン ソース ソフトウェアの許諾 B-1

Source Specific Multicast

「SSM」を参照

SPAN

イネーブル化

サービス モジュール セッション 2-566

サービス モジュール セッション

イネーブル化 2-566

ディセーブル化 2-566

ディセーブル化

サービス モジュール セッション 2-566

表示

宛先ポート許可リスト 2-1012

セッション情報 2-1013

SPAN 宛先ポート許可リスト

設定 2-564

表示 2-1012

SPAN セッション

インターフェイスまたは VLAN の削除 2-566

インターフェイスまたは VLAN の追加 2-566

新規セッションの開始 2-566

セッションの削除 2-566

SP QoS Manager

「QM-SP」を参照

SRM、SSO 付き

冗長モードの設定 2-553

設定

ルート コンバージェンス遅延間隔 2-658

SRR キュー

設定

帯域幅 2-1303

SSL

シャットダウン 2-162

SSM マッピング 2-248

イネーブル化 2-248

設定

スタティック マッピング データベース 2-248

ディセーブル化 2-248

SSO

冗長モードの設定 2-553

設定

ルート コンバージェンス遅延間隔 2-658

Stateful Switch Over

「SSO」を参照

sticky ポート

削除 2-87

sup-bootflash

ファイル システム情報の表示 2-1091

Switch-Module Configuration Protocol

「SCP」を参照

T

Table Contention Level

「TCL」を参照

Tab キー

コマンド補完機能 1-1

TAC

情報の表示 2-1099

TCAM

ACL

一致カウンタのクリア 2-66

更新中のデフォルト動作の設定 2-405

イネーブル化

IPv6 ACL の最適化 2-598

グローバルなデフォルト ACL の共有 2-406

ショートカット 2-449

インターフェイスのプライオリティの設定 2-1237

クリア

ACL 一致カウンタ 2-66

更新

デフォルト動作の設定 2-405

設定

更新中のデフォルト動作 2-405

ディセーブル化

IPv6 ACL の最適化 2-598

グローバルなデフォルト ACL の共有 2-406

ショートカット 2-449

表示

インターフェイス ベースの情報 2-1097

統計情報 2-1095

プロトコル ベースの情報 2-1097

TCAM ACL 一致カウンタ、クリア 2-66

TCL

MLS 情報の表示 2-999

TDR

クリア

すべてのインターフェイス 2-35

特定のインターフェイス 2-35

ケーブル診断テスト結果の表示 2-685

ケーブル診断の実行 2-1239

Ternary CAM

「TCAM」を参照

Time Domain Reflectometer

「TDR」を参照

time-range コマンド 2-1241

TopN

イネーブル化

プロセスおよびレポート 2-95

設定

サンプリング インターバル 2-95

統計タイプによるソート 2-95

レポートのクリア 2-91

traceroute MAC

表示

インターフェイスによる 2-1243

送信元 IP から宛先 IP 2-1243

送信元 MAC から宛先 MAC 2-1243

U

UDE

ソフトウェア ベースの

設定 2-1264

設定の削除 2-1264

表示

動作ステータス 2-785

UDLD

UDLD によってシャットダウンされたすべてのポートのリセット 2-1260

アグレッシブ モード

インターフェイス上でのイネーブル化 2-1258

インターフェイス上でのディセーブル化 2-1258

光ファイバ インターフェイス上でのグローバルなイネーブル化 2-1256

光ファイバ インターフェイス上でのグローバルなディセーブル化 2-1256

インターフェイス コンフィギュレーション モード

インターフェイス上でのイネーブル化 2-1258

グローバル コンフィギュレーション モード

光ファイバ インターフェイス上でのみイネーブル化 2-1256

ディセーブル化

インターフェイス 2-1258

UDLR

UDP ポート番号の変更 2-1261

イネーブル化

ARP および NHRP の転送 2-1250

削除

GRE トンネル受信バック チャネル 2-1252

GRE トンネル送信バック チャネル 2-1254

設定

受信バック チャネルとしての GRE トンネル 2-1252

メッセージ送信バック チャネルとしての GRE トンネル 2-1254

表示

情報 2-831

UDP

設定

CASA キューの長さ 2-191

ポート番号の変更 2-1261

UDP データグラム

スパニングツリー アルゴリズムを使用するフラッディング 2-227

すべての送信パケット上の UDP チェックサム 2-227

フラッディングのディセーブル化 2-227

uRPF

イネーブル化

Exists-only チェック 2-336

RPF ACL がイネーブルのハードウェア 2-425

ディセーブル化

Exists-only チェック 2-336

RPF ACL がイネーブルのハードウェア 2-425

UUFB

スイッチ ポート

パケット転送の禁止 2-1202

V

VACL

VLAN アクセス マップの適用 2-1286

開始

VLAN アクセスマップ モード 2-1280

拡張 MAC アクセス リストの定義 2-372

キャプチャ機能のイネーブル化 2-1203

キャプチャ機能のディセーブル化 2-1203

作成

VLAN アクセス マップ 2-1280

指定

match 句 2-391

アクセス マップ シーケンス 2-391

パケット アクション

設定 2-2

転送 2-2

廃棄 2-2

リダイレクト 2-2

VACL ロギング

しきい値 2-1278

設定

パラメータ 2-1278

リダイレクト パケット レート 2-1278

ロギングしきい値 2-1278

ロギング パラメータ 2-1278

ログ テーブル サイズ 2-1278

デフォルト値へのリセット 2-1278

デフォルトのロギング値へのリセット 2-1278

表示

設定情報 2-1112

フロー テーブルの内容 2-1112

ロギング プロパティ情報 2-1112

リダイレクト パケット レート 2-1278

ログ テーブル サイズ 2-1278

Value Mask Result

「VMR」を参照

VFI

作成 2-352

手動コンフィギュレーション モードの開始 2-352

Virtual Forwarding Instance

「VFI」を参照

Virtual Private LAN Service

「VPLS」を参照

VLAN

ARP ACL の適用 2-176

config-VLAN サブモード

RSPAN の指定 2-1272

開始 2-1272

削除 2-1272

設定 2-1272

DAI のイネーブル化 2-185

DAI のディセーブル化 2-185

ISL VLAN へのマッピング 2-1289

ISL VLAN マッピングの削除 2-1289

MST インスタンスにマッピング 2-164

VLAN データベース コンフィギュレーション ファイルを消去 2-136

イネーブル化

dot1q タギング 2-1284

クリア

DAI 統計情報 2-44

カウンタ 2-92

ハードウェア ロジック 2-41

コンフィギュレーション サブモードの開始 2-1282

コンフィギュレーションモードの開始 2-1276

削除

config-VLAN サブモード 2-1272

グローバル コンフィギュレーション モード 2-1276

新規データベースの実装 2-4

設定

ARE ホップ 2-1272

config-VLAN サブモード 2-1272

FDDI リング番号 2-1272

MTU サイズ 2-1272

SAID ID 2-1272

STP タイプ 2-1272

VLAN 名 2-1272

親 VLAN ID 2-1272

状態 2-1272

トークンリング番号 2-1272

トランスレーショナル ID 2-1272

内部割り当て方式 2-1288

バックアップ CRF モード 2-1272

ブリッジング特性 2-1272

メディア タイプ 2-1272

設定番号の増分 2-4

追加

グローバル コンフィギュレーション モード 2-1276

ディセーブル化

dot1q タギング 2-1284

データベースの実装 2-4

内部的にシャットダウン 2-1274

表示

CEF 情報 2-810

CEF ネクストホップ情報 2-810

Cisco IOS VLAN サブインターフェイス情報 2-1125

DAI ステータス 2-788

dot1q タギング情報 2-1116

RSPAN VLAN 2-1124

インターフェイス VLAN の総数 2-774

現在の動作情報 2-1075

設定情報 2-1112

双方向 2-1122

ソフトウェア キャッシュ カウンタ値 2-1115

内部 VLAN ステータス 2-1108

内部 VLAN の割り当て情報 2-1119

必要な論理仮想ポート数 2-1127

フィルタ情報 2-1117

フロー テーブルの内容 2-1112

ポート単位のマッピング 2-1121

レイヤ 2 VLAN 情報 2-1108

ロギング プロパティ情報 2-1112

ワークアラウンド VLAN 2-1119

ローカル トラフィックの再起動 2-1133

ローカル トラフィックのシャットダウン 2-1133

VLAN 1 の最小化

コマンド 2-1224

使用上のガイドライン 2-1225

VLAN アクセス制御リスト

「VACL」を参照

VLAN アクセスマップ コマンド モード

開始 2-1280

VLAN 単位の高速スパニングツリー

「高速 PVST」を参照

VLAN データベース

開始 2-1282

リセット 2-651

VLAN のマッピング、ポート単位の

イネーブル化 2-1229

クリア 2-1227

設定 2-1227

ディセーブル化 2-1229

表示

802.1Q VLAN と ISL VLAN のマッピング 2-1121

マッピングのステータス 2-787

VLAN 変換

イネーブル化

ポート単位の VLAN のマッピング 2-1229

サポート モジュール 2-1227

設定

ポート単位のマッピング 2-1227

ディセーブル化

ポート単位の VLAN のマッピング 2-1229

VLAN リンクアップ計算

スイッチ ポートを加える 2-1198

スイッチ ポートを除く 2-1198

VMR

Value Mask Result の略語

VPLS

L2 VFI コンフィギュレーション モードの開始 2-352

VPN ID の設定 2-352

レイヤ 2 VFI の作成 2-352

VRF

イネーブル化

データ MDT の再利用の記録 2-400

設定

グループのアドレス範囲 2-398

デフォルト グループ 2-399

ディセーブル化

データ MDT の再利用の記録 2-400

表示

デフォルトではないエントリ 2-948

VTP

グローバル コンフィギュレーション モード

IFS ファイルの設定 2-1291

アップデータ ID の推奨送信元の設定 2-1291

ドメイン名の設定 2-1291

モードの設定 2-1291

指定

パスワード 2-1291

設定

IFS ファイル システム 2-1291

アップデータ ID の推奨送信元 2-1291

クライアント モード 2-1291

サーバ モード 2-1291

ドメイン名 2-1291

トランスペアレント モード 2-1291

バージョン 2-1291

表示

統計情報 2-1129

ドメイン情報 2-1129

プルーニング

イネーブル化 2-1291

ディセーブル化 2-1291

VTP ドメイン

削除 2-544

リンク 2-544

W

WAN

イネーブル化

802.1Q 透過性 2-600

ディセーブル化

802.1Q 透過性 2-600

WCCP

イネーブル化

IP マルチキャスト パケット受信 2-338

パケット リダイレクション 2-340

マスク割り当てハードウェア アクセラレーション 2-342

ディセーブル化

IP マルチキャスト パケット受信 2-338

パケット リダイレクション 2-340

マスク割り当てハードウェア アクセラレーション 2-342

表示

グローバルな統計情報 2-877

帯域内パケット数 2-736

Web Cache Coprocessor Protocol

「WCCP」を参照

Wireless LAN Services Module

「WLSM」を参照

WLSM

指定

NBMA から BMA への変換 2-551

ネットワーク ID 2-551

情報の表示 2-1007

設定

モビリティ 2-551

ワイヤレス mGRE トンネル 2-551

WRED

最大しきい値の指定 2-1301

write erase コマンド

「erase コマンド」を参照 2-136

WRR

キュー マッピング

CoS および廃棄しきい値間 2-1297

DSCP および廃棄しきい値間 2-1298

送信キュー サイズ比の設定 2-1299

デフォルト キュー値へのリセット 2-1301

WRR キュー

最大しきい値の指定 2-1301

設定

帯域幅 2-1294

X

XL モード

サポート モジュール 2-411

定義 2-411

アクセス

DFC を搭載したモジュール 2-648

モジュール固有の CLI 2-665

アクセス制御リスト

「ACL」を参照

アクセス マップ

シーケンスの指定 2-391

適用 2-1286

アクセス リスト

IPX、時間範囲 2-1241

アグレッシブ UDLD

「UDLD、アグレッシブ モード」を参照

圧縮モード

オフ 2-450

オン 2-450

宛先アドレス

MLS QoS

統計データ エクスポートの宛先アドレスの設定 2-511

アドレス解決プロトコル

「ARP」を参照

一貫性チェッカー

イネーブル化 2-439

設定 2-439

ディセーブル化 2-439

表示

情報 2-955

イネーブル化

ルーティング 2-287

イベント トレーシング

設定

グローバル コンフィギュレーション モード 2-561

特権 EXEC モード 2-558

イメージ

イメージの確認 2-144

現在のコピー操作の確認のディセーブル化 2-99

チェックサムの自動確認のイネーブル化 2-144

インスタンスの番号付け

デフォルトに戻す 2-164

マッピング 2-164

インターフェイス

インターフェイス コンフィギュレーション モードの開始 2-166

スイッチング ポート

Flexlink ペアの表示 2-777

管理ステータスおよび動作ステータスの表示 2-775

ステータスの表示 2-775, 2-777

設定

インターフェイス速度 2-1182

デュプレックス モード 2-131

半二重モード 2-131

表示

errdisable ステート 2-772

PVLAN のマッピング 2-771

アカウンティング情報 2-759

インターフェイス VLAN の総数 2-774

インターフェイス機能 2-761

エラー カウンタ 2-763

管理ステータス 2-775, 2-777

合計抑制廃棄数 2-763

ステータス 2-768

ステータス サマリー 2-774

説明 2-768

動作ステータス 2-775, 2-777

トラフィック 2-756

トランク カウンタ 2-763

トランク情報 2-782

フロー制御情報 2-769

インターフェイス アカウンティング情報、表示 2-759

インターフェイス カウンタ

情報の表示 2-694

インターフェイス コンフィギュレーション モード

開始 2-166

概要 1-6

テーブル定義モード 1-6

インターフェイス レンジ マクロ

作成 2-103

インフォーム、イネーブル化 2-1138

インライン パワー

管理モードの設定 2-618

表示

ステータス情報 2-1059

モジュールの消費電力 2-1059

ウォッチ リスト

IP アドレスの追加 2-189

イネーブル化 2-189

エントリをクリア 2-45

設定 2-189

最大ログイン試行回数 2-188

ディセーブル化 2-189

表示 2-793

エージング タイム

MAC アドレス テーブル 2-375

エクスポート インターバル

MLS QoS

設定 2-513

エポック

CEF テーブルの再構築 2-46

情報の表示 2-805

増分 2-46

エラー カウンタ

サマリーの表示 2-1099

エラー検出

設定

パケット バッファ メモリ障害時のモジュール アクション 2-142

重み付けラウンドロビン

「WRR」を参照

重み付けランダム早期検出

「WRED」を参照

音声 VLAN

削除

スイッチ ポートから 2-1231

スイッチ ポートでの設定 2-1231

オンデマンド診断

設定 2-113

テストが失敗した場合のアクション 2-113

温度

情報の表示 2-720

オンライン診断

イネーブル化

CNS イベント バスへの送信 2-107

CNS 診断イベントの受信 2-107

syslog メッセージ 2-110

スケジュール 2-114

グローバル コンフィギュレーション モード

スケジュールの設定 2-105

スケジュールをクリア 2-105

テストごとの診断の設定 2-114

テストごとのテスト スケジュールの解除 2-114

ブートアップ診断レベルの設定 2-105

ヘルス モニタリング診断テスト スケジュールの設定 2-110

ヘルス モニタリング診断テスト スケジュールのディセーブル化 2-110

ヘルス モニタリング診断テストの設定 2-110

削除

スケジュール 2-114

指定

ヘルス モニタリング診断テスト 2-110

スケジューリングされたスイッチオーバー

イネーブル化 2-114

ディセーブル化 2-114

設定

オンデマンド診断 2-113

診断レベル 2-105

テストが失敗した場合のアクション 2-113

テスト間隔 2-114

ヘルス モニタリング診断テスト 2-110

ディセーブル化

CNS イベント バスへの送信 2-107

CNS 診断イベントの受信 2-107

テストの開始 2-117, 2-119

デフォルト設定へのリセット 2-105

表示

CNS サブジェクト 2-702

イベント ログ 2-697

現在のスケジューリング済みタスク 2-697

健全性チェックの結果 2-703

サポートされているテスト スイート 2-697

設定されたブートアップ カバレッジ レベル 2-697

テスト ID 2-697

テスト結果 2-697

テスト統計情報 2-697

ブートアップ診断テストを省略 2-105

開始、VLAN コンフィギュレーション サブモードの 2-1282

カウンタ

NetFlow カウンタをクリア 2-39

インターフェイス カウンタのクリア 2-37

ハードウェアのインターフェイス カウンタのクリア 2-37

表示

インターフェイス カウンタ情報 2-694

拡張 MAC アクセス リスト

定義 2-372

拡張システム ID の表示

イネーブル化 2-1154

ディセーブル化 2-1154

拡張パスワードのセキュリティ

確立 2-1268

拡張範囲 VLAN

config-VLAN モードの開始 2-1276

開始

新規 ERSPAN セッション 2-571

新規 RSPAN セッション 2-566

新規 SPAN セッション 2-566

キャプチャ モードのイネーブル化 2-1203

キャプチャ モードのディセーブル化 2-1203

削除

ERSPAN セッション 2-571

PVLAN アソシエーション 2-1221

RSPAN セッション 2-566

SPAN セッション 2-566

ダイナミック SVI 2-173

設定

STP 2-1180

アクセス モード時 2-1196

キャプチャ モードの特性 2-1205

ダイナミック SVI の作成 2-173

定義

PVLAN アソシエーション 2-1221

表示

現在の動作情報 2-1075

フィルタ情報 2-1117

複数のインターフェイスでコマンドを実行 2-171

カスタム EtherType

EtherType 値の指定 2-1207

カプセル化

802.1Q

イネーブル化 2-134

ディセーブル化 2-134

ISL

イネーブル化 2-135

ディセーブル化 2-135

空のスロットの電源切断 2-617

環境アラーム

情報の表示 2-713

環境変数

BOOT、指定 2-16

完全優先キュー

CoS 値のマッピング 2-621

関連資料 xxvi

ギガビット イーサネットWAN

「GE-WAN」を参照

ギガビット イーサネット インターフェイス

ハードウェア ロジックのクリア 2-40

ギガビット イーサネット インターフェイスのクリア 2-40

起動

フラッシュから 2-16

機能マネージャ

表示

CBAC が設定された ACL およびポート 2-737, 2-745

VLAN 単位の情報 2-748

一般情報 2-734

インターフェイス単位の情報 2-738, 2-741

サマリー 2-747

帯域内パケット数 2-736

ダイナミック再帰エントリ 2-746

キューイング

情報の表示 2-1067

許諾、オープン ソース ソフトウェアの

Regular Expression Library B-1

Softfloat B-1

クライアント ID 2-1063

クラス ポリシー

設定 2-31

デフォルト クラス、設定 2-31, 2-607

クラス マップ

MLS QoS

イネーブル化 2-507

コンフィギュレーション モード

アクセス 2-26

削除

プロトコル単位の一致基準 2-393

情報の表示 2-693

設定

IPv6 パケットの一致基準 2-393

IP パケットの一致基準 2-393

プロトコル単位の一致基準 2-393

グループ キャッシュ エントリ

クリア 2-51

グローバル コンフィギュレーション モード、概要 1-6

ケーブル診断

TDR

すべてのインターフェイスのクリア 2-35

テスト結果の表示 2-685

テストの実行 2-1239

特定のインターフェイスのクリア 2-35

決定性処理時間の正規表現エンジン

イネーブル化 2-12

ディセーブル化 2-12

健全性チェックの結果、表示 2-703

現場アップグレード可能 ROMMON

アップグレード

スイッチ プロセッサ 2-1266

ルート プロセッサ 2-1266

現場交換可能ユニット

「FRU」を参照

高速 PVST

イネーブル化 2-1158

ディセーブル化 2-1158

コピー、内部から外部 .1pbits への

エントリの削除 2-479

設定 2-479

コマンド 1-2

複数のインターフェイスを同時に実行 2-171

モード タイプ 1-5

コマンド モード

アクセス 1-5

概要 1-5

既存の 1-5

コマンドライン インターフェイス

「CLI」を参照

混合モード ポート

モードの設定 2-1209

コントロール プレーン ポリシング

「CoPP」を参照

サービス モジュール

セッションのイネーブル化 2-566

セッションのディセーブル化 2-566

再帰 NDR

TCAM 内のショートカットのイネーブル化 2-449

TCAM 内のショートカットのディセーブル化 2-449

最終メンバー クエリー インターバル

IGMP スヌーピング用の設定 2-238

IGMP に対する設定 2-230

MLDv2 スヌーピング用の設定 2-327

最小のリンク

設定 2-615

最大 NetFlow テーブル割り当て

設定 2-462

最大伝送ユニット

「MTU」を参照

最大ルート

コンフィギュレーションの表示 2-941

最長プレフィクス一致機能 2-926, 2-940

削除、インターフェイスをチャネル グループから 2-22

サブインターフェイス コンフィギュレーション モード、概要 1-6

サンプリング済み NetFlow

イネーブル化

インターフェイス上 2-463

グローバル 2-545

指定

サンプリング方式 2-545

ステータスの表示 2-996

ディセーブル化

インターフェイス上 2-463

グローバル 2-545

シェイプド ラウンド ロビン

「SRR」を参照

時間ベース ACL

イネーブル化 2-1241

削除

時間制限 2-1241

設定

時間範囲 2-1241

システム

FIFO オーバーフロー エラー カウントの設定 2-1234

システム イメージ

デフォルト ファイル名 2-16

システム ソフトウェア

アクティブになってからのアップタイムの表示 2-1106

起動 2-16

コンフィギュレーション ファイルの名前および送信元の表示 2-1106

バージョン表示 2-1106

システム プロンプト 1-6

実行コンフィギュレーション

現在の動作情報の表示 2-1075

実サーバ

アクティブ接続の制限 2-394

アクティブ接続の変更 2-394

新規接続

SYN 数の定義 2-641

デフォルトの定義 2-641

自動ネゴシエーション

遅延タイマーの設定 2-1233

シャーシ

表示

現在およびピーク時のトラフィック メータの値 2-687

シャーシ MAC アドレス範囲 2-687

シリアル番号 2-754

スイッチング クロック障害回復モード 2-687

製品番号 2-754

バックプレーンの利用率 2-687

モデル タイプ 2-754

シャーシ シリアル番号、表示 2-752

ジャンボ フレーム

最大伝送ユニット サイズの設定 2-580

最大パケット サイズの設定 2-580

デフォルト値 2-580

デフォルト値の復元 2-580

集約カウント

ミス フロー 2-999

集約ポリサー

MLS QoS

イネーブル化 2-505

削除 2-469

現在のクラスからの 2-601

指定

現在のクラスの 2-601

定義 2-469

統計情報のクリアおよび高レートおよび低レートのポリサー バケットのトークン数 2-77

受信キュー

「rcv-queues」を参照

受信バック チャネル

削除 2-1252

設定 2-1252

出力

削除

DSCP/CoS マップ 2-481

DSCP/DSCP マップ 2-483

DSCP/EXP マップ 2-482

EXP/EXP マップ 2-485

インターフェイスからの DSCP 変換マップ 2-475

入力 EXP/DSCP マップ 2-484

定義

DSCP/CoS マップ 2-481

DSCP/DSCP マップ 2-483

DSCP/EXP マップ 2-482

DSCP 変換マッピング 2-483

EXP/EXP マップ 2-485

EXP 変換マップ 2-485

入力 EXP/DSCP マップ 2-484

表示

DSCP 変換マッピング 2-981

キューイング情報 2-1067

モード情報 2-955

付加

インターフェイスへの DSCP 変換マップ 2-475

出力レプリケーション機能 2-433

循環キャッシュ ヘッダー バッファ、内容の表示 2-840

障害のあるサーバによって試行される接続

経過時間の定義 2-652

デフォルトへの変更 2-652

冗長性

Fast Software Upgrade 2-644

自動同期化をオフにする 2-11

スイッチ全体のリロード 2-645

スーパーバイザ エンジンの同期化 2-642

表示

RF クライアント リスト 2-1069

RF ステート 2-1069

RF 動作カウンタ 2-1069

情報 2-1069

モードの設定 2-553

ルート プロセッサ

BOOTVAR の同期 2-11

BOOTVAR の同期化およびコンフィギュレーション レジスタのデフォルト設定 2-11

コンフィギュレーション レジスタの同期 2-11

スタートアップ コンフィギュレーションの同期化 2-11

省略、コマンドの

コンテキスト ヘルプ 1-1

スイッチ コンソール、アクセス 2-648

スイッチのリロード 2-645

スイッチ ポート

宛先 VLAN の指定 2-1205

イネーブル化

ポート単位の VLAN のマッピング 2-1229

クリア

ポート単位の VLAN のマッピング 2-1227

削除

PVLAN のマッピング 2-1221

音声 VLAN 2-1231

混合モード ポートの PVLAN マッピング 2-1222

設定

アクセス モード時の VLAN 2-1196

音声 VLAN 2-1231

キャプチャ ポート 2-1203

トランクの特性 2-1224

ポート単位の VLAN のマッピング 2-1227

モード 2-1209

定義

PVLAN アソシエーション 2-1221

ディセーブル化

ポート単位の VLAN のマッピング 2-1229

特性の変更 2-1194

パケット転送の禁止 2-1202

ポート セキュリティ

イネーブル化 2-1211

違反アクション 2-1219

違反アクションの設定 2-1219

エージング タイプの設定 2-1213

エージング タイムの設定 2-1213

セキュア アドレスの最大数の設定 2-1217

設定情報の表示 2-1057

ディセーブル化 2-1211

リストからの MAC アドレスの削除 2-1215

マッピング

混合モード ポートの PVLAN 2-1222

スイッチング、NetFlow

キャッシュ サイズの設定 2-214

統計情報のクリア 2-50

スイッチング インターフェイス

Flexlink ペアの表示 2-777

管理ステータスおよび動作ステータスの表示 2-775

スイッチングの特性

イネーブル化

Flexlink 2-1200

キャプチャ機能 2-1203

インターフェイスに戻す場合

キャプチャ機能 2-1194, 2-1198

修正 2-1194, 2-1196, 2-1198

キャプチャ機能 2-1205

ディセーブル化

Flexlink 2-1200

キャプチャ モード 2-1203

ホスト接続用ポート設定の最適化 2-1194

リンクアップ計算から除く 2-1198

スケジューリングされたスイッチオーバー

イネーブル化 2-114, 2-115

ディセーブル化 2-114, 2-115

スタティック MAC アドレス エントリ

クリア 2-64

スタブ

非 RPF マルチキャスト高速廃棄のイネーブル化 2-444

スティッキ ARP

イネーブル化

インターフェイスごと 2-319

グローバル 2-317

ディセーブル化

インターフェイスごと 2-319

グローバル 2-317

スティッキ MAC

イネーブル化 2-1215

削除 2-1215

ストーム制御

抑制モードのイネーブル化 2-1192

抑制モードのディセーブル化 2-1192

抑制レベルの設定 2-1192

スパニングツリー

EtherChannel

ガードの設定ミス検出 2-1152

UplinkFast

イネーブル化 2-1179

ディセーブル化 2-1179

VLAN

設定 2-1180

デフォルト値に戻す場合 2-1180

アクティブ ステート

表示 2-1080

イネーブル化

BackboneFast 2-1147

BPDU ガード 2-1150

BPDU フィルタリング 2-1148

PortFast BPDU ガード 2-1175

PortFast BPDU フィルタリング 2-1173

PortFast、デフォルト 2-1176

インターフェイス上の PortFast 2-1171

拡張システム ID の表示 2-1154

すべてのアクセス ポートでの PortFast、デフォルト 2-1176

ルート ガード モード 2-1155

ループ ガード モード 2-1155

ループ ガードをデフォルトとして 2-1157

インターフェイス

PortFast モード、イネーブル化 2-1171

PortFast モード、ディセーブル化 2-1171

指定

送信ホールド カウント 2-1178

ディセーブル化

BackboneFast 2-1147

BPDU ガード 2-1150

BPDU フィルタリング 2-1148

PortFast BPDU ガード 2-1175

PortFast BPDU フィルタリング 2-1173

PortFast、デフォルト 2-1176

インターフェイス上の PortFast 2-1171

拡張システム ID の表示 2-1154

すべてのアクセス ポートでの PortFast、デフォルト 2-1176

ルート ガード モード 2-1155

ループ ガード モード 2-1155

ループ ガードをデフォルトとして 2-1157

デフォルトのパス コスト計算方式の設定 2-1170

パス コスト

設定 2-1151

デフォルト値に戻す場合 2-1151

表示

BackboneFast ステータス 2-1080

UplinkFast ステータス 2-1080

VLAN 単位のステータス 2-1080

アクティブ ステート 2-1080

アクティブなインターフェイスのみ 2-1080

インターフェイス情報のサマリー 2-1080

ステータス情報 2-1080

デフォルト パス コスト方式 2-1080

ブリッジのステータスおよびコンフィギュレーション 2-1080

プロトコル マイグレーションを再開 2-89

ポート プライオリティ

設定 2-1177

デフォルト値に戻す場合 2-1177

リンク タイプの設定 2-1156

設定

端末回線の指定 2-357

ライン コンフィギュレーション コレクション モードの開始 2-357

設定、信頼されたポート状態の 2-493, 2-514

設定、保存 1-11

送信キュー

サイズ比の設定 2-1299

送信バック チャネル

削除 2-1254

設定 2-1254

送信ホールド カウント

スパニングツリー

指定 2-1178

送信元専用タイマー

デフォルト設定へのリセット 2-247

マルチキャスト パケットの定期的フラッディングの設定 2-247

双方向

設定

RP RPF のスキャン インターバル 2-436

表示

DF インターフェイス情報 2-861

IP マルチキャスト テーブル情報 2-842, 2-847

IP マルチキャスト ルーティング テーブル情報 2-847

キャッシュされたランデブー ポイント 2-871

情報 2-958

双方向 CDP

管理モードの設定 2-618

双方向 PIM

「BIDIR」を参照

双方向 VLAN

表示 2-1122

ソフトウェア リソース

分割された VLAN の表示 2-1050

ソフトリンク

イネーブル化 2-163

ディセーブル化 2-163

対象読者 xxv

ダイナミック MAC アドレス エントリ

クリア 2-64

ダイナミック SVI

アクセス 2-173

削除 2-173

作成 2-173

タグ間のロードバランス

イネーブル化 2-578

ディセーブル化 2-578

単位、VLAN 学習 A-7

単一方向トランシーバ

動作状態の表示 2-785

表示

タイプ 2-772

単一方向リンク

「UDLR」を参照

単一方向リンク ルーティング

「UDLR」を参照

単一文字パターン

特殊文字、テーブル 1-8

単方向イーサネット

「UDE」を参照

チェックサム

確認

圧縮イメージ 2-144

フラッシュ メモリ ファイル 2-1269

コンピューティング

MD5 シグニチャ 2-1269

ディセーブル化、DNS 検索の 2-248

ディレクトリ

作成 2-402

デフォルト値の設定 2-21

テーブル

class の構文 2-601, 2-607

CoS/DSCP マッピング テーブル 2-478

duplex コマンドと speed コマンドの関係 2-132, 2-1184

ERSPAN 宛先セッション コンフィギュレーション モードの構文 2-572

ERSPAN 送信元セッション コンフィギュレーション モードの構文 2-573

fsck ユーティリティのチェック内容およびアクション内容 2-150

group 構文説明 2-29

mac access-list extended サブコマンド 2-373

match 構文説明 2-27, 2-29

MFIB 転送エントリとインターフェイス フラグ 2-880

MFIB プラットフォーム フラグ 2-884

show cable-diagnostics tdr コマンドの出力フィールド 2-686

show cdp neighbors detail のフィールドの説明 2-691

show cdp neighbors のフィールドの説明 2-690

show environment status コマンドの出力フィールド 2-718

show environment temperature コマンドの出力フィールド 2-721

show interfaces accounting コマンド出力フィールド 2-760

show interfaces flowcontrol コマンドの出力フィールド 2-770

show ip cache flow コマンドの出力フィールド - NetFlow プロトコル別アクティビティ 2-798

show ip cache flow コマンドの出力フィールド - 現行フロー 2-799

show ip cache flow コマンドの出力フィールド - パケット サイズ分布 2-797

show ip cache flow コマンドの出力フィールド - フロー スイッチング キャッシュ 2-798

show ip cache verbose flow の NetFlow Cache 出力のフィールドの説明 2-801

show ip cache verbose flow のプロトコル別アクティビティ出力のフィールドの説明 2-802

show ip cef inconsistency のフィールドの説明 2-808

show ip dhcp snooping コマンド出力 2-815

show ip igmp groups フィールドの説明 2-822

show ip interface のフィールドの説明 2-834, 2-903

show ip mcache のフィールドの説明 2-836

show ip mds interface のフィールドの説明 2-838

show ip mpacket のフィールドの説明 2-841

show ip mroute のフィールドの説明 2-830, 2-844

show ip msdp count のフィールドの説明 2-850

show ip msdp peer のフィールドの説明 2-851

show ip msdp sa-cache のフィールドの説明 2-854

show ip msdp summary のフィールドの説明 2-855

show ip pim bsr のフィールドの説明 2-859

show ip pim mdt bgp のフィールドの説明 2-862

show ip pim mdt history のフィールドの説明 2-863

show ip pim mdt receive のフィールドの説明 2-864

show ip pim mdt send のフィールドの説明 2-866

show ip pim neighbor のフィールドの説明 2-867

show ip pim rp-hash のフィールドの説明 2-870

show ip pim rp mapping のフィールドの説明 2-872

show ipv6 mfib active のフィールドの説明 2-882

show ipv6 mfib count のフィールドの説明 2-883

show ipv6 mfib verbose のフィールドの説明 2-884

show ipv6 mfib のフィールドの説明 2-881

show ip wccp web-cache detail コマンドの出力フィールド 2-878

show lacp コマンドの出力フィールド 2-892

show memory dead のフィールドの説明 2-907

show mls cef summary コマンドの出力フィールド 2-946

show mls cef コマンドの出力フィールド 2-913, 2-928

show mpls l2transport vc コマンドのフィールドの説明 2-1018

show policy-map control-plane のフィールドの説明 2-1054

show spanning-tree vlan コマンドの出力フィールド 2-1084

show spanning-tree コマンドの出力フィールド 2-1081

show tcam counts コマンドの出力フィールド 2-1096

show version のフィールドの説明 2-1107

show vlan private-vlan コマンドの出力フィールド 2-1123

show vlans コマンドの出力フィールド 2-1126

show vlan コマンドの出力フィールド 2-1111

show vtp コマンドの出力フィールド 2-1130

speed コマンドのオプション 2-1182

URL の共通キーワード エイリアス 2-99

サポートされている duplex コマンド オプション 2-131

サポートされている speed コマンド オプション 2-1183

時間ベース サンプリングのインターバル 2-545

帯域幅のデフォルト値 2-1294

デフォルトの DSCP/CoS マッピング テーブル 2-481

デフォルトの DSCP/EXP マッピング テーブル 2-482

デフォルトの EXP/DSCP マッピング テーブル 2-484

デフォルトの EXP/EXP 変換マッピング テーブル 2-485

デフォルトの IP precedence/DSCP マップ 2-487

デフォルトの MTU 値 2-580

特殊文字

位置指定で使用 1-10

繰り返し指定、テーブル 1-9

特別なファイル システムのURLプレフィクス エイリアス 2-100

特別の意味を持つ文字 1-8

ネットワーク ファイル システムの URL プレフィクス エイリアス 2-100

有効なインターフェイス タイプ 2-166

有効なクラスタ番号 2-152

ローカルで書き込み可能なストレージ ファイル システムの URL プレフィクス エイリアス 2-100

デジタル オプティカル モニタリング

「DOM」を参照

デッド プロセスの統計情報、表示 2-906

デバウンス タイマー

イネーブル化 2-359

設定 2-359

ディセーブル化 2-359

デバウンス タイマー設定の表示 2-766

デュアルモード アップリンク

コネクタ タイプの選択 2-401

デュプレックス モード

設定 2-131

デリミタ

MLS QoS に対する設定 2-510

電源冗長モード

設定 2-620

電源装置

電源冗長モードの設定 2-620

表示

シリアル番号 2-753

製品番号 2-753

タイプ 2-753

転送ブロードキャスト

イネーブル化 2-429

情報の表示 2-914

ディセーブル化 2-429

電力状況

表示 2-1059

同期化、スーパーバイザ エンジンの 2-642

統計情報の検索

間隔の設定 2-661

統計データのエクスポート

「MLS QoS 統計データのエクスポート」を参照

特殊文字

位置指定、テーブル 1-10

特権 EXEC モード、概要 1-6

トラッキング

インターフェイスの設定 2-1247

設定

指定ルータ 2-1189

トラッキング コンフィギュレーション モードの開始 2-1247

トラッキングの解除 2-1247

トラップ、イネーブル化 2-1138

トラブルシューティング

情報の表示 2-1099

トランクの特性

VLAN の削除 2-1224

VLAN の追加 2-1224

情報の表示 2-782

設定 2-1224

デフォルトへのリセット 2-1224

トランシーバ

イネーブル化

トラップ 2-1140

モニタリング 2-1249

ディセーブル化

トラップ 2-1140

モニタリング 2-1249

表示

しきい値違反 2-779

動作情報 2-779

内部 CoS から外部 CoS ヘの変換

定義 2-479

表示 2-986

マッピング 2-986

内部 VLAN

ステータスの表示 2-1108

内部 VLAN の割り当て

設定 2-1288

デフォルト設定 2-1288

表示

割り当て情報 2-1119

二重タグ付き Q-in-Q

「QinQ」を参照

入力

IP precedence/DSCP マップの削除 2-487

IP precedence/DSCP マップの定義 2-487

削除

CoS/DSCP マッピング 2-478

インターフェイスからの CoS 変換マップ 2-474

インターフェイスからの EXP 変換マップ 2-476

定義

CoS/DSCP マッピング 2-478

表示

キューイング情報 2-1067

付加

インターフェイスへの CoS 変換マップ 2-474

インターフェイスへの EXP 変換マップ 2-476

認証

ユーザ名の設定 2-1268

認証プロキシ

ウォッチ リスト

IP アドレスの追加 2-189

イネーブル化 2-189

エントリをクリア 2-45

最大ログイン試行回数の設定 2-188

設定 2-189

ディセーブル化 2-189

表示 2-793

認定情報レート

「CIR」を参照

ネクストホップ

CEF VLAN 情報の表示 2-810

ネット プロセッサ

表示

カウンタ情報 2-1036

ノーダル NSF、設定 2-658

ハードウェア

表示

FIB TCAM 例外ステータス 2-725

プログラミングされた値の確認 2-1064

ハードウェア ACL カウンタ

ハードウェアによりスイッチングされたパケット情報の表示 2-1097

ハードウェア スイッチング

イネーブル化

一貫性チェッカー 2-439

グローバル 2-547

チェックサムのエラー チェック 2-549

入力レプリケーション モード 2-442

ユニキャスト トラフィック 2-548

レイヤ 3 のエラー チェック 2-549

設定

SP から RP へのフロー統計情報メッセージ 2-441

一貫性チェッカー 2-439

ディセーブル化

一貫性チェッカー 2-439

グローバル 2-547

チェックサムのエラー チェック 2-549

長さの一貫性チェック 2-549

入力レプリケーション モード 2-442

ユニキャスト トラフィック 2-548

レイヤ 3 のエラー チェック 2-549

表示

(*,G/m)エントリに基づく情報 2-929

(*,G)ショートカット 2-929

Bidir(*,G/m)ショートカットに基づく情報 2-929

Bidir 情報 2-929

CEF テーブル情報 2-809

IP サブネット プレフィクスに基づく情報 2-929

RPF VLAN ID に基づく情報 2-929

(S,G)ショートカットに基づく情報 2-929

VRF CEF テーブル情報 2-948

一貫性チェッカー情報 2-955

グループ アドレスに基づく情報 2-929

コンパクト フォーマットの CEF テーブル情報 2-929

送信元 IP に基づく情報 2-929

マルチキャスト レプリケーション機能 2-955

ハードウェアのインターフェイス カウンタ

クリア 2-37

ハードウェア リソース

情報の表示 2-1030

ハードウェア レイヤ 3 スイッチング

HSRP 2-1191

イネーブル化

トンネル フラグメンテーション 2-412

設定

プロトコル単位のルート制限 2-410

ディセーブル化

トンネル フラグメンテーション 2-412

表示

IP エントリ情報 2-926

RPF 譲歩 2-944

TCAM エントリ インデックス情報 2-926, 2-940

エントリ情報 2-909

最大ルート システム コンフィギュレーション 2-941

統計情報 2-945

ハードウェア テーブル エントリ情報 2-922

ハードウェア レイヤ 3 スイッチング テーブル内のプレフィクス数 2-946

ハードウェア ロードシェアリング情報 2-919

パケット情報 2-946

プライオリティ情報 2-920

隣接テーブル情報 2-676

隣接ノード情報 2-914

例外ステータス 2-920

ハードウェア ロジック

VLAN でクリア 2-41

バイト数、表示 2-763

パイプ記号

選択パターンの指定 1-10

パケット エラー情報、表示 2-997

パケット数、表示 2-763

パケット バッファ エラー

エラー検出のイネーブル化 2-138

ステータスの表示 2-726, 2-727

パス コスト

STP のデフォルトのパス コスト計算方式の設定 2-1170

パスワード

拡張パスワード セキュリティの確立 2-1268

ユーザ名の設定 2-1268

パワー サイクリング、モジュールの 2-161

半二重モード

設定 2-131

非 RPF トラフィック廃棄

イネーブル化 2-444

非 XL モード

定義

サポート モジュール 2-411

非アクティブ ステート

非アクティブ ステートの理由の表示 2-772

表現

選択パターンの指定 1-10

単一文字パターン 1-8

パターンの繰り返し 1-11

複数の表現の繰り返しに一致 1-9

複数文字パターン 1-9

ファイル

イメージの確認 2-144

コピー 2-99

自動イメージ確認のディセーブル化 2-99

チェックサムの自動確認のイネーブル化 2-144

ファイル システム

消去 2-136

ファイルのコピー 2-99

イメージの確認 2-144

チェックサムの自動確認のイネーブル化 2-144

ファイルの復元 2-1262

ファン トレイ

バージョンの設定 2-157

部品番号の表示 2-717

ブート コンフィギュレーション ファイル

装置およびファイル名の指定 2-14

デフォルト位置へのリセット 2-14

ブートフラッシュ

ファイル システム、情報の表示 2-680

負荷統計インターバル 2-361

複数の NetFlow エクスポートの宛先、設定 2-217

複数パスのユニキャスト RPF チェック

RPF モード

interface-group 2-427

pass 2-427

punt 2-427

インターフェイス グループ

削除 2-426

作成 2-426

定義 2-426

削除

インターフェイス グループ 2-426

作成

インターフェイス グループ 2-426

設定

モード 2-427

複数文字パターン 1-9

不明なコンテキスト エラー発生時の許可トラップ

イネーブル化 2-1145

ディセーブル化 2-1145

不明なユニキャスト トラフィック、禁止 2-1202

不明なユニキャスト フラッド ブロッキング

「UUFB」を参照

フラッシュ ファイル システム

fsck ユーティリティのイネーブル化 2-150

新規ディレクトリの作成 2-402

損傷のチェック 2-150

チェックおよび修復 2-150

チェックサムの確認 2-1269

ディレクトリの復元 2-1262

デフォルト値の設定 2-21

ファイルの永続的な削除 2-1185

ファイルの復元 2-1262

フォーマット 2-147

フラッシュ メモリ

自動的に起動 2-16

フォーマット 2-147

プラットフォーム

クリア

割り込みスロットリング カウンタ 2-82

表示

CPU EEPROM 情報 2-1026

IP マルチキャスト関連情報 2-1026

MSFC 情報 2-1026

障害データ 2-1026

ネット割り込み情報 2-1026

ハードウェア リソース 2-1030

バッファ割り当て情報 2-1026

プロセッサ TLB レジスタ情報 2-1026

割り込みスロットリング情報 2-1026

ブリッジド トラフィック

マイクロフロー ポリシング 2-471

ブリッジド トラフィックのマイクロフロー ポリシング

イネーブル化 2-471

削除 2-471

ブリッジド フロー

イネーブル化

NDE にグローバルに 2-226

着信 NDE 2-225

ディセーブル化

NDE にグローバルに 2-226

着信 NDE 2-225

ブリッジ プロトコル データ ユニット

「BPDU」を参照

フレーム リレー

指定

平均負荷計算のインターバル 2-361

トラフィックの表示 2-756

フレーム リレー MIB 拡張

指定

平均負荷計算のインターバル 2-361

プレフィクス単位のアカウンティング

イネーブル化 2-420

ディセーブル化 2-420

フロー制御

receive モードの設定 2-145

send モードの設定 2-145

設定情報の表示 2-769

ポートの注意事項 2-146

フロー フラグメント

設定の許可 2-175

フロー マスク

指定 2-417

復元 2-417

プロキシ レポート

イネーブル化

デフォルトでオン 2-232, 2-325

ディセーブル化 2-232, 2-325

プロセッサ間通信

「IPC」を参照

プロトコル独立マルチキャスト

「PIM」を参照

プロトコル トンネリング

インターフェイスのイネーブル化 2-344

インターフェイスのディセーブル化 2-344

最大処理プロトコル パケット数の指定 2-350

設定

CoS 値 2-346

インターフェイス上での廃棄しきい値 2-347

グローバルな廃棄しきい値 2-349

プロトコルの表示 2-887

プロトコル トンネリング リンク

PVST+ および 802.1d BPDU の変換 2-19

プロンプト

システム 1-6

ページング プロンプト

「--More-- プロンプト」を参照

ヘルス モニタリング診断テスト

設定 2-110

ヘルパー アドレス、IP 2-834

変更、信頼できないポート状態への 2-493, 2-514

ポイントツーポイント リンク タイプ

設定 2-1156

ボーダー ゲートウェイ プロトコル

「BGP」を参照

ポート アクセス マップ

削除 2-609

作成 2-609

ポート許可リスト

宛先リストの表示 2-1012

ポートクロッキング モード

アクティブ モード 2-93

イネーブル化 2-93

自動モード 2-93

パッシブ モード 2-93

ポート信頼の無視

イネーブル化 2-491

ディセーブル化 2-491

ポート セキュリティ

イネーブル化 2-1211

違反アクション 2-1219

削除

リストの MAC アドレス 2-1215

セキュアまたは特定のアドレスの削除 2-87

設定 2-140

違反アクション 2-1219

エージング タイプ 2-1213

エージング タイム 2-1213

セキュア アドレスの最大数 2-1217

設定情報の表示 2-1057

ディセーブル化 2-1211

ポート速度

設定 2-1182

デフォルト 2-1182

ポート チャネル

アクセス 2-169

作成 2-169

情報のクリア 2-81

設定

MPLS パケットの負荷分散方式 2-613

最小のリンク 2-615

表示

インターフェイス機能 2-761

カウンタ情報 2-763

チャネル グループ情報 2-1024

負荷分散方式

デフォルトへのリセット 2-616

特定のモジュールの設定 2-611

バンドルされたポートの設定 2-611

バンドルされたポートのデフォルトへのリセット 2-611

モジュール単位の設定 2-616

ポート範囲

実行 2-171

ホスト接続

ポート設定の最適化 2-1194

保存、設定変更の 1-11

ホットスタンバイ ルータ プロトコル

「HSRP」を参照

ポリサー

現在のクラスからの集約ポリサーの削除 2-601

削除

マイクロフロー ポリサー 2-601

指定

現在のクラスの集約ポリサー 2-601

「集約ポリサー」を参照

定義

フロー マスク タイプ 2-601

マイクロフロー ポリサー 2-601

マイクロフロー

削除 2-601

定義 2-601

ポリシー ベース ルーティング

「PBR」を参照

ポリシー マップ

一致するトラフィックへの DSCP 値のマーキング 2-668

一致するトラフィックへの IP precedence 値のマーキング 2-670

インターフェイス単位の情報の表示 2-1055

集約ポリサーの定義 2-469

情報の表示 2-1051

マーキング設定の消去 2-668

マイクロフロー ポリサー

定義

フロー マスク タイプ 2-601

マイクロフロー ポリシング統計情報、表示 2-971

マクロ

インターフェイス レンジ マクロの作成 2-103

マッピング

802.1Q VLAN と ISL VLAN 2-1289

VLAN アクセスマップ コマンド モードの開始 2-1280

VLAN アクセス マップの削除 2-1280

VLAN アクセス マップの作成 2-1280

アクセス

QoS ポリシー マップ コンフィギュレーション モード 2-606

削除

CoS/DSCP マッピング 2-478

QoS クラス マップ 2-26

QoS ポリシー マップ 2-606

出力 DSCP/CoS マップ 2-481

出力 DSCP/DSCP マップ 2-483

出力 DSCP/EXP マップ 2-482

出力 EXP/EXP マップ 2-485

入力 EXP/DSCP マップ 2-484

入力 IP precedence/DSCP マップ 2-487

ポリシング済み DSCP 値とマーキング済み DSCP 値のマップ 2-489

設定

DSCP 変換マップ 2-483

EXP 変換マップ 2-485

QoS クラス マップ 2-26

QoS ポリシー マップ 2-606

出力 DSCP/CoS マップ 2-481

出力 DSCP/DSCP マップ 2-483

出力 DSCP/EXP マップ 2-482

出力 EXP/EXP マップ 2-485

入力 EXP/DSCP マップ 2-484

入力 IP precedence/DSCP マップ 2-487

ポリシング済み DSCP 値とマーキング済み DSCP 値のマップ 2-489

定義

CoS/CoS マップ 2-479

表示

クラス マップ情報 2-693

情報 2-771

ポリシー マップ インターフェイス情報 2-1055

ポリシー マップ情報 2-1051

マニュアル

構成 xxv

マニュアルの構成 xxvi

マルチキャスト SSO

コンバージェンス タイマーの設定 2-443

設定

リーク インターバル 2-443

リーク パーセンテージ 2-443

表示

情報 2-960

統計情報 2-960

マルチキャスト スタティック ルート

「mroute」を参照

マルチキャスト転送情報ベース

「MFIB」を参照

マルチキャスト配信スイッチング

「MDS」を参照

マルチキャスト配信ツリー

「MDT」を参照

マルチキャスト ルータ

スヌーピング情報の表示 2-827

ルーティング テーブルの表示 2-842, 2-847

マルチプロトコル ラベル スイッチング

「MPLS」を参照

マルチポイント総称ルーティングカプセル化

「mGRE」を参照

マルチレイヤ スイッチング

「MLS」を参照

明示的なトラッキング

IGMP スヌーピング

データベース サイズの制限 2-240

MLDv2 スヌーピング

データベース サイズの制限 2-328

MLDv2 スヌーピングのイネーブル化 2-325

MLDv2 スヌーピングのディセーブル化 2-325

情報の表示 2-1001

表示

データベース 2-885

明示的なホスト トラッキング

イネーブル化 2-232

ディセーブル化 2-232

メディア アクセス制御

「MAC アドレス テーブル」を参照

メディア依存型インターフェイス、クロスオーバー検出を備えた

「MDIX」を参照

モード

「コマンド モード」を参照

モジュール

NAM のシャットダウン 2-162

SSL のシャットダウン 2-162

イネーブル化

オーバーサブスクリプション モード 2-159

指定

ブート オプション 2-155

ディセーブル化

オーバーサブスクリプション モード 2-159

電源切断 2-617

電源投入 2-617

パワー サイクリング 2-161

表示

ステータス情報 2-1009

バージョン情報 2-1009

プロビジョニング情報 2-1009

ユーザ EXEC モード、概要 1-6

ユーザ名

イネーブル レベルの設定 2-1268

設定 2-1268

パスワードの設定 2-1268

ユニキャスト RPF

「uRPF」を参照

ユニキャスト エントリ

fast エージング タイム

設定 2-407

デフォルトに戻す 2-407

long エージング タイム

設定 2-408

デフォルトに戻す 2-408

normal エージング タイム

設定 2-409

デフォルトに戻す 2-409

リブート

バインディングの復元 2-199

リモート アクセス

スーパーバイザ エンジン 2-9

リモート コマンド

モジュールに対する直接実行 2-647

ルート プロセッサに対する直接実行 2-647

リモート スイッチ コマンドの実行 2-647

リモート プロシージャ コール

「RPC」を参照

リモート ログイン 2-648

略語、リスト A-1

リンクアップ条件のシミュレーティング 2-163

リンク タイプ

設定 2-1156

リンク デバウンス タイマー

イネーブル化 2-359

設定 2-359

ディセーブル化 2-359

デバウンス タイマー設定の表示 2-766

隣接

表示

テーブル情報 2-676

ノード情報 2-914

ルーティング プロトコル パケット

ポリシング

制御 2-495

ルーティング プロトコル パケット ポリシング 2-495

ルーテッド MAC A-8

ルート ガード

イネーブル化 2-1155

ディセーブル化 2-1155

表示

ルート不一致ステート 2-1080

ループ ガード

イネーブル化 2-1155

ディセーブル化 2-1155

冷却

情報の表示 2-716

レイヤ 2

インターフェイス タイプ

設定 2-1209

リセット 2-1209

マルチキャスト ルータ ポートとしてポートを設定 2-241

レイヤ 2 分類、IP パケットの

イネーブル化 2-390

設定 2-388

ディセーブル化 2-390

レイヤ 3

マネージャ

情報の表示 2-889

レート制限

設定 2-423

レート制限のイネーブル化 2-423

レート制限のディセーブル化 2-423

レート リミッタ

ACL ブリッジド レート リミッタのイネーブル化 2-527

ACL ブリッジド レート リミッタの設定 2-527

ACL ブリッジド レート リミッタのディセーブル化 2-527

CEF レート リミッタの設定 2-529

MLS

レイヤ 2 ポート セキュリティ情報 2-993

MLS ユニキャスト

情報の表示 2-993

VACL ログ ケースのイネーブル化 2-535

VACL ログ ケースの設定 2-535

VACL ログ ケースのディセーブル化 2-535

イネーブル化

PDU レート リミッタ 2-520

ポートセキュリティ レート リミッタ 2-520

ユニキャスト パケットのレイヤ 3 セキュリティ レート リミッタ 2-534

レイヤ 2 プロトコル トンネリング レート リミッタ 2-520

設定

IPv4 マルチキャスト レート リミッタ 2-522

IPv6 マルチキャスト レート リミッタ 2-524

PDU レート リミッタ 2-520

ポートセキュリティ レート リミッタ 2-520

ユニキャスト パケットのレイヤ 3 セキュリティ レート リミッタ 2-534

レイヤ 2 プロトコル トンネリング レート リミッタ 2-520

ディセーブル化

CEF レート リミッタ 2-529

IPv4 マルチキャスト レート リミッタ 2-522

IPv6 マルチキャスト レート リミッタ 2-524

PDU レート リミッタ 2-520

ポートセキュリティ レート リミッタ 2-520

ユニキャスト パケットのレイヤ 3 セキュリティ レート リミッタ 2-534

レイヤ 2 プロトコル トンネリング レート リミッタ 2-520

マルチキャスト

情報の表示 2-993

ユニキャストおよびマルチキャスト パケットに対するイネーブル化 2-519

ユニキャストおよびマルチキャスト パケットに対するディセーブル化 2-519

ユニキャスト パケットに対するイネーブル化 2-531

ユニキャスト パケットに対するディセーブル化 2-531

ユニキャスト パケットへの設定 2-519, 2-531

レプリケーション モード

イネーブル化 2-442

ディセーブル化 2-442

ロードバランス

選択

Catalyst 6500 シリーズ スイッチのロードバランス アルゴリズム 2-421

Cisco IOS のロードバランス アルゴリズム 2-421

ロードバランス アルゴリズム

選択 2-192

ロギング

IP ARP パケットの制御 2-186

ログイン バナー

「MOTD」を参照

論理仮想ポート

必要な数の表示 2-1127

ワークアラウンド VLAN 2-1119

ワイヤレス ネットワーク

mGRE トンネルの設定 2-551

情報の表示 2-1007

割り当て、チャネル グループへのインターフェイスの 2-22

割り込みスロットリング

クリア

カウンタ 2-82

表示

情報 2-1026