Catalyst 6500 シリーズ スイッチソフトウェア コン フィギュレーション ガイド リリース8.7
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/02/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 19MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの構成

関連資料

表記法

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

ここでは、『 Catalyst 6500 シリーズ スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 』の対象読者、マニュアルの構成、および手順や情報を記述するための表記法について説明します。

対象読者

このマニュアルは、Catalyst 6500 シリーズ スイッチの設定および保守を担当する、経験豊富なネットワーク管理者を対象としています。

マニュアルの構成


) このマニュアルには、従来『Catalyst 6000 Family Multilayer Switch Feature Card (12.x) and Policy Feature Card Configuration Guide』に記載されていた情報が含まれています。


このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

タイトル
説明

第 1 章

製品概要

Catalyst 6500 シリーズ スイッチの概要について説明します。

第 2 章

CLI

Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)について説明します。

第 3 章

スイッチの IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイの設定

スイッチを基本的なレベルで設定する方法について説明します。

第 4 章

イーサネット、ファースト イーサネット、ギガビット イーサネット、および 10 ギガビット イーサネット スイッチングの設定

イーサネット、ファースト イーサネット、およびギガビット イーサネット スイッチングを設定する手順について説明します。

第 5 章

イーサネット VLAN トランクの設定

ファースト イーサネット ポートおよびギガビット イーサネット ポート上で、Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)および IEEE 802.1Q Virtual LAN(VLAN; バーチャル LAN)トランクを設定する手順について説明します。

第 6 章

EtherChannel の設定

Fast EtherChannel および Gigabit EtherChannel ポート バンドルの設定手順について説明します。

第 7 章

スパニング ツリーの設定

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)プロトコルの設定手順およびスパニング ツリーの仕組みについて説明します。

第 8 章

IEEE 802.1Q トンネリングおよびレイヤ 2 プロトコル トンネリングの設定

802.1Q トンネリングを設定する手順について説明します。

第 9 章

スパニング ツリー PortFast、UplinkFast、BackboneFast、およびループ ガードの設定

スパニング ツリーの PortFast、UplinkFast、および BackboneFast 機能を設定する手順について説明します。

第 10 章

VTP の設定

スイッチ上で VLAN Trunking Protocol(VTP; VLAN トランキング プロトコル)を設定する手順について説明します。

第 11 章

VLAN の設定

スイッチ上で VLAN を設定する手順について説明します。

第 12 章

VLAN 間ルーティングの設定

Multilayer Switch Feature Card(MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)上で VLAN 間ルーティングを設定する手順について説明します。

第 13 章

CEF for PFC2 および CEF for PFC3A の設定

Cisco Express Forwarding for Policy Feature Card 2(CEF for PFC2)を設定する手順について説明します。

第 14 章

MLS の設定

Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)を設定する手順について説明します。

第 15 章

アクセス コントロールの設定

Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)を設定する手順について説明します。

第 16 章

NDE の設定

NetFlow Data Export(NDE; NetFlow データ エクスポート)を設定する手順について説明します。

第 17 章

GVRP の設定

スイッチ上で GARP VLAN Registration Protocol(GVRP)を設定する手順について説明します。

第 18 章

MVRP の設定

スイッチ上で Multiple VLAN Registration Protocol(MVRP)を設定する手順について説明します。

第 19 章

VMPS によるダイナミック ポート VLAN メンバシップの設定

VLAN Management Policy Server(VMPS; VLAN マネジメント ポリシー サーバ)を使用してスイッチ上にダイナミック ポート VLAN メンバシップを設定する手順を説明します。

第 20 章

ステータスおよび接続の確認

モジュールおよびスイッチ ポートの情報を表示する方法、ping、Telnet、および IP traceroute を使用して接続を確認する方法について説明します。

第 21 章

GOLD の設定

オンライン診断を設定する手順について説明します。

第 22 章

スイッチの管理

システム名を設定し、ログイン バナーを作成する手順、スイッチ上でその他の管理作業を実行する手順について説明します。

第 23 章

冗長機能の設定

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに冗長スーパーバイザ エンジンおよび MSFC を搭載して設定する手順について説明します。

第 24 章

NSF/SSO MSFC 冗長機能の設定

この章では、Cisco Nonstop Forwarding(NSF; ノンストップ フォワーディング)/Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)を使用して MSFC 冗長性を設定する手順について説明します。

第 25 章

スイッチのブート設定の変更

BOOT 環境変数、コンフィギュレーション レジスタをはじめ、スイッチのブート設定を変更する手順について説明します。

第 26 章

フラッシュ ファイル システムの使用

フラッシュ ファイル システムに関連するさまざまな手順について説明します。

第 27 章

システム ソフトウェア イメージの操作

システム ソフトウェア イメージのダウンロードおよびアップロード手順について説明します。

第 28 章

コンフィギュレーション ファイルの操作

スイッチ コンフィギュレーション ファイルの作成、ダウンロード、およびアップロード手順について説明します。

第 29 章

システム メッセージ ロギングの設定

システム メッセージ ロギング(Syslog)を設定する手順について説明します。

第 30 章

DNS の設定

Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)を設定する手順について説明します。

第 31 章

CDP の設定

Cisco Discovery Protocol(CDP)を設定する手順について説明します。

第 32 章

UDLD の設定

Unidirectional Link Detection(UDLD; 単一方向リンク検出)プロトコルを設定する手順について説明します。

第 33 章

DHCP スヌーピングおよび IP ソース ガードの設定

DHCP スヌーピングおよび IP 送信元ガードを設定する手順について説明します。

第 34 章

NTP の設定

Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)を設定する手順について説明します。

第 35 章

ブロードキャスト抑制の設定

ハードウェアおよびソフトウェアのブロードキャスト抑制を設定する手順について説明します。

第 36 章

レイヤ 3 プロトコル フィルタリングの設定

イーサネット ポート、ファースト イーサネット ポート、およびギガビット イーサネット ポート上でプロトコル フィルタリングを設定する手順について説明します。

第 37 章

IP 許可リストの設定

IP 許可リストを設定する手順について説明します。

第 38 章

ポート セキュリティの設定

セキュア ポート フィルタリングを設定する手順について説明します。

第 39 章

AAA によるスイッチ アクセスの設定

Authentication, Authorization, Accounting(AAA; 認証、許可、アカウンティング)を設定して、CLI へのアクセスをモニタし、制御する手順について説明します。

第 40 章

802.1X 認証の設定

802.1X 認証を設定する手順について説明します。

第 41 章

MAC 認証バイパスの設定

MAC(メディア アクセス制御)認証バイパスを設定する手順について説明します。

第 42 章

Web ベース プロキシ認証の設定

Web ベース プロキシ認証を設定する手順について説明します。

第 43 章

ホストのエージングのトラッキング

IP デバイス トラッキングを設定する手順について説明します。

第 44 章

NAC の設定

Network Admission Control(NAC)を設定する手順について説明します。

第 45 章

ユニキャスト フラッディング ブロックの設定

ユニキャスト フラッディング ブロックを設定する手順について説明します。

第 47 章

SNMP の設定

Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)を設定する手順について説明します。

第 48 章

RMON の設定

Remote Monitoring(RMON; リモート モニタリング)を設定する手順について説明します。

第 49 章

SPAN、RSPAN、およびミニ プロトコル アナライザの設定

Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)および Remote SPAN(RSPAN; リモート SPAN)を設定する手順について説明します。

第 50 章

スイッチ TopN レポートの使用方法

スイッチ TopN レポートを作成する手順について説明します。

第 51 章

マルチキャスト サービスの設定

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピング、GARP Multicast Registration Protocol(GMRP)、および Router Group Management Protocol(RGMP)を設定する手順について説明します。

第 52 章

QoS の設定

Quality Of Service(QoS)を設定する手順について説明します。

第 53 章

自動 QoS の使用

自動 QoS 設定機能を使用する手順について説明します。

第 54 章

ASLB の設定

Accelerated Server Load Balancing(ASLB; Accelerated Server ロード バランシング)を設定する手順について説明します。

第 46 章

スイッチ ファブリック モジュールの設定

スイッチ ファブリック モジュールを設定する手順について説明します。

第 55 章

VoIP ネットワークの設定

Voice over IP(VoIP)ネットワークを設定する手順について説明します。

第 56 章

MSFC Cisco IOS 機能の設定

Catalyst オペレーティング システムと Cisco IOS の間の機能性と同等性を提供するための、Cisco IOS の機能について説明します。

付録 A

略語

このマニュアルで使用している略語の一覧です。

関連資料

Catalyst 6500 シリーズ スイッチに関連する資料は、次のとおりです。

『Catalyst 6500 Series Ethernet Modules Installation Guide』

『Catalyst 6500 Series Switches Installation Guide』

『Catalyst 6500 Series Switch Command Reference』

ATM Software Configuration and Command Reference -- Catalyst 5000 Family and Catalyst 6000 Family Switches

『Catalyst 6500 Series Switch System Message Guide』

『Release Notes for Catalyst 6500 Series Switch Software Release 7.x』

Cisco IOS のコンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンス:MSFC、MSM、および Asynchronous Transfer Mode(ATM; 非同期転送モード)モジュール上で稼動する Cisco IOS ソフトウェアの設定に関して記載されています。

MIB については、次の URL を参照してください。http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

表記法


) このマニュアル全体を通じて、スーパーバイザ エンジンという用語は、特に明記されていない限り Supervisor Engine 1、Supervisor Engine 2、および Supervisor Engine 720 を意味します。MSFC という用語は、特に明記されていない限り MSFC、MSFC2、および MSFC3 を意味します。


このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

表記法
説明

太字

コマンド、コマンド オプション、およびキーワードは 太字 で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずどれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

ストリング

引用符を付けない一組の文字。ストリングの前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めてストリングとみなされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、 screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、 太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体の screen フォントで示しています。

このポインタは、例の中の重要な行を強調しています。

^

^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します。

< >

パスワードのように出力されない文字は、かぎカッコ(< >)で囲んで示しています。

(注)は、次のように表しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。


注意は、次のように表しています。


注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。