Catalyst 6500 シリーズ スイッチソフトウェア コン フィギュレーション ガイド リリース8.7
MSFC Cisco IOS 機能の設定
MSFC Cisco IOS 機能の設定
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/03/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 19MB) | フィードバック

目次

MSFC Cisco IOS 機能の設定

IP-in-IP トンネリング

IP-in-IP 設定時の注意事項

WCCP

MSFC Cisco IOS 機能の設定

この章では、Catalyst オペレーティング システムと Cisco IOS の間の機能性と同等性を提供するための、Cisco IOS の機能について説明します。

ここでは、Catalyst オペレーティング システムとともに使用される Cisco IOS の機能について説明します。

「IP-in-IP トンネリング」

「WCCP」

IP-in-IP トンネリング

IP-in-IP トンネリングを使用すると、モバイル ホストは、IP アドレスを変更することなく複数のネットワーク間を移動できます。IP-in-IP トンネリングでは、IPv4 データグラムを別の IPv4 データグラムにカプセル化し、その宛先へのペイロードとして伝送できます。この IPv4 でカプセル化された IPv4 は、Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)トンネリングに似た一種の GRE です。

PFC3 と DFC3 は、次のトンネル コマンドをサポートしています。

tunnel destination

tunnel mode gre

tunnel mode ipip

tunnel source

tunnel ttl

tunnel tos

サポートされている他の種類のトンネリングは、MSFC3 上のソフトウェアで実行されます。

カプセル化されたパケットの TTL を設定するには、 tunnel ttl コマンド(デフォルトは 255)を実行します。

パケットがカプセル化されるときの ToS バイトを設定するには、 tunnel tos コマンド(存在する場合)を実行します。 tunnel tos コマンドが存在せず、QoS をイネーブルにしない場合、パケットの ToS バイトにより、カプセル化されるパケットの ToS バイトが設定されます。 tunnel tos コマンドが存在せず、QoS をイネーブルにした場合、PFC の QoS によって変更されたパケットの ToS バイトにより、カプセル化されるパケットの ToS バイトが設定されます。

GRE トンネリングと IP-in-IP トンネリングの設定については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_2/interface/configuration/guide/icflogin.html

tunnel tos とコマンドと tunnel ttl コマンドについては、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_0s/feature/guide/12s_tos.html

IP-in-IP 設定時の注意事項

ここでは、IP-in-IP トンネリングの設定時の注意事項について説明します。

ハードウェアで支援されるトンネルには、固有の送信元が必要です。

ハードウェアで支援されるトンネルは、宛先が異なる場合でも、送信元を共有できません。

ループバック インターフェイス上のセカンダリ アドレスを使用するか、複数のループバック インターフェイスを作成してください。

各トンネル インターフェイスは、1 つの内部的な VLAN を使用します。

各トンネル インターフェイスは、ルータの MAC アドレスごとに、追加の 1 つのルータ MAC アドレス エントリを使用します。

PFC3A はトンネル インターフェイス上で PFC QoS 機能をサポートしていません。

PFC3B と PFC3BXL は、トンネル インターフェイス上で PFC QoS 機能をサポートしています。

PFC3 は、マルチキャスト トラフィックの GRE トンネルのカプセル化とカプセル化解除をサポートしていません。

MSFC3 は、トンネル インターフェイス上で出力機能を使用して設定されたトンネルをサポートしています。出力機能の例としては、出力 Cisco IOS ACL、NAT および PAT(内部から外部への変換用)、TCP 代行受信、Context-based Access Control(CBAC; コンテキストベース アクセス コントロール)、および暗号化があります。

WCCP

Web Cache Communication Protocol(WCCP; Web キャッシュ通信プロトコル)を使用すると、トラフィックをキャッシュ エンジン(ウェブ キャッシュ)にリダイレクトし、キャッシュ エンジン クラスタ(キャッシュ ファーム)を管理できます。


) • Release 12.2(17d)SXB1 以降では、Supervisor Engine 2 上の WCCP がサポートされます。

Release 12.2(18)SXD1 以降では、Supervisor Engine 720 上の WCCP がサポートされます。

WCCP レイヤ 2 PFC リダイレクション機能を使用するには、この章の説明に従って Catalyst 6500 シリーズ スイッチ上で WCCP を設定し、次のマニュアルに従ってキャッシュ エンジン上で高速 WCCP を設定します。

http://www.cisco.com/en/US/docs/app_ntwk_services/waas/acns/v42/configuration/guide/transprt.html

Cisco Application and Content Networking System(ACNS)ソフトウェアの将来のリリースである、Release 4.2.2 以降では、PFC2 で ip wccp service accelerated コマンドがサポートされます。


 

WCCP サービス グループ リストは、プライオリティの順ではなく、サービス グループが作成された順序でスキャンされるため、複数の動的 WCCP サービスが定義されている場合、複数のサービス グループの選択条件に一致するトラフィックは、最もプライオリティが高いサービス グループにリダイレクトされません。この問題は、Release 12.2(18)SXE で解決されています。

Release 12.2(18)SXE では、警告 CSCec55429 が解決されており、いくつかの Web キャッシュ通信プロトコル(WCCP)の「cache lost」および「cache found」イベントがサービス グループ中のすべてのキャッシュで発生した後、スプリアス メモリ アクセスが発生し、WCCP サービスの追加と削除が失敗する可能性があり、 show ip wccp コマンドで WCCP サービスが表示されますが、 show ip wccp service_number コマンドの出力で WCCP サービスが表示されません。この問題は、Release 12.2(18)SXE で解決されています。

WCCPv2 を Supervisor Engine 720 上で設定すると、CPU 使用率が高くなります。この問題は、Release 12.2(18)SXD4 で解決されています。

WCCP が設定されている場合、Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)は機能しません。この問題は、Release 12.2(18)SXD1 で解決されています。

ネクスト ホップ ARP キャッシュ エントリがない、WCCP でリダイレクトされたパケットは、ARP 要求を生成するためにプロセス スイッチングされますが、WCCP リダイレクションのため、ARP 要求は送信されず、ARP キャッシュにネクスト ホップのデータは設定されず、以降の WCCP でリダイレクトされたパケットは引き続きプロセス スイッチングされます。この問題は、Release 12.2(17d)SXB2 で解決されています。


) • Supervisor Engine 720 での Web Cache Control Protocol(WCCP; Web キャッシュ制御プロトコル)サポートの詳細については、次の URL を参照してください

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/12.2SXF/native/configuration/guide/wccp.html

Supervisor Engine 2 でだけサポートされている Web Cache Control Protocol(WCCP; Web キャッシュ制御プロトコル)サポートの詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/12.2SXF/native/configuration/guide/wccp.html