Catalyst 6500 シリーズ スイッチソフトウェア コン フィギュレーション ガイド リリース8.7
フラッシュ ファイル システムの使用
フラッシュ ファイル システムの使用
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/09/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 19MB) | フィードバック

目次

フラッシュ ファイル システムの使用

フラッシュ ファイル システムの機能

スイッチ上のフラッシュ ファイル システムの使用方法

デフォルト フラッシュ デバイスの設定

テキスト ファイル コンフィギュレーション モードの設定

テキスト ファイル コンフィギュレーション モードの Auto-Save 設定

フラッシュ デバイス上のファイルのリスト表示

ファイルのコピー

ファイルの削除

削除されたファイルの復元

ファイルのチェックサムの確認

フラッシュ デバイスのフォーマット

フラッシュ ファイル システムの使用

この章では、Catalyst 6500 シリーズ スイッチ上でフラッシュ ファイル システムを使用する手順について説明します。


) この章で使用しているコマンドの完全な構文および使用方法の詳細については、『Catalyst 6500 Series Switch Command Reference』を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「フラッシュ ファイル システムの機能」

「スイッチ上のフラッシュ ファイル システムの使用方法」

フラッシュ ファイル システムの機能

Catalyst 6500 シリーズ スーパーバイザ エンジンのフラッシュ ファイル システムには、ソフトウェア イメージおよびコンフィギュレーション ファイルの管理を容易に行うために役立つ多くのコマンドがあります。スーパーバイザ エンジン上のフラッシュ ファイル システムは、次のフラッシュ デバイスから構成されています。どちらのデバイスにもファイルを保存できます。

Supervisor Engine 1 および Supervisor Engine 2

bootflash: オンボード フラッシュ メモリ

slot0: リニア フラッシュ PC カード(PCMCIA スロット)

disk0: ATA フラッシュ PC カード(PCMCIA スロット)

Supervisor Engine 720

bootflash: オンボード フラッシュ メモリ

disk0: CompactFlash Type II カード限定(DISK 0 スロット)

disk1: CompactFlash Type II カード(DISK 1 スロット)

Supervisor Engine 32

bootdisk: オンボード フラッシュ メモリ

disk0: CompactFlash Type II カード限定(DISK 0 スロット)

スイッチ上のフラッシュ ファイル システムの使用方法

ここでは、フラッシュ ファイル システムに関連するさまざまな手順について説明します。

「デフォルト フラッシュ デバイスの設定」

「テキスト ファイル コンフィギュレーション モードの設定」

「テキスト ファイル コンフィギュレーション モードの Auto-Save 設定」

「フラッシュ デバイス上のファイルのリスト表示」

「ファイルのコピー」

「ファイルの削除」

「削除されたファイルの復元」

「ファイルのチェックサムの確認」

「フラッシュ デバイスのフォーマット」

デフォルト フラッシュ デバイスの設定

スイッチのデフォルト フラッシュ デバイスを設定しておくと、フラッシュ ファイル システム コマンドの入力時にフラッシュ デバイスを指定しなかった場合、デフォルトのデバイスが使用されます。

デフォルトのフラッシュ デバイスを設定するには、次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

スイッチのデフォルト フラッシュ デバイスを設定します。

cd [[ m/ ][ bootflash: | slot0: ]]

ステップ 2

スイッチのデフォルト フラッシュ デバイスを確認します。

pwd [ mod ]

次に、デフォルト フラッシュ デバイスを slot0: に変更し、デフォルト デバイスを確認する例を示します。

Console> (enable) cd slot0:
Console> (enable) pwd
slot0
Console> (enable)

テキスト ファイル コンフィギュレーション モードの設定

テキスト ファイル コンフィギュレーション モードを使用した場合、スイッチはその設定をテキスト ファイルとして、Nonvolatile RAM(NVRAM; 不揮発性 RAM)またはフラッシュ メモリのいずれかの不揮発性記憶装置に保存します。このテキスト ファイルは、各種の機能を設定するようにユーザによって入力されたコマンドで構成されます。たとえば、ポートをディセーブルにする場合、そのポートをディセーブルにするコマンドをテキスト コンフィギュレーション ファイルに格納します。

テキスト ファイルにはスイッチを設定するために使用したコマンドしか含まれていないため、通常、バイナリ コンフィギュレーション モードよりも NVRAM またはフラッシュ メモリのメモリ容量が少なくてすみます。テキスト ファイルは通常、必要な容量が少ないため、NVRAM はファイルの保存に適した場所です。テキスト ファイルが NVRAM の容量を超える場合は、フラッシュ メモリに保存することもできます。

スイッチがテキスト ファイル コンフィギュレーション モードで稼動している場合、大部分のユーザ設定はすぐには NVRAM に保存されません。設定の変更は、DRAM に書き込まれるだけです。設定を不揮発性記憶装置に保存するには、 write memory コマンドを実行する必要があります。


) VLAN Trunking Protocol(VTP; VLAN トランキング プロトコル)モードをサーバに設定した状態で、テキスト モードでスイッチを動作させている場合、VLAN(仮想 LAN)コマンドはコンフィギュレーション ファイルの一部としては保存されません。


テキスト ファイル コンフィギュレーション モードを設定するには、次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

システムのファイル コンフィギュレーション モードをテキストに設定します。

set config mode text { nvram | device:file-id }

ステップ 2

システムのファイル コンフィギュレーション モードを確認します。

show config mode

ステップ 3

テキスト ファイル コンフィギュレーションを保存します。

write memory

ステップ 4

現在の実行コンフィギュレーションを表示します。

show running-config all

ステップ 5

次のリセット後に使用されるスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show config

次に、設定をテキスト ファイルとして NVRAM に保存するようにシステムを設定し、コンフィギュレーション モードを確認し、現在の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

Console> (enable) set config mode text nvram
Console> (enable) show config mode
Console> (enable) show running-config all
Console> (enable) show config
Console> (enable)

テキスト ファイル コンフィギュレーション モードの Auto-Save 設定

set config mode text auto-save コマンドを使用して、テキスト コンフィギュレーションの NVRAM への自動保存を設定します。 interval キーワードを使用して、テキスト コンフィギュレーションが NVRAM に保存される間隔を設定します。テキスト コンフィギュレーションが NVRAM に保存される間隔の設定は、システムがバイナリ モードであっても可能です。 interval キーワードの後に数値(分)を指定しなければ、間隔はデフォルトの 30 秒に設定されます。


) Release 8.4(1) 以前のソフトウェア リリースでは、mins 引数の有効値は、30 ~ 35000 分です。Release 8.4(2) 以降のソフトウェア リリースでは、mins 引数の有効値は、1 ~ 35000 分です。


テキスト コンフィギュレーションは、Auto-Save がイネーブルでなければ、NVRAM に自動保存されません。Auto-Save をイネーブルにするには、まずシステム コンフィギュレーション モードをテキストに設定し、さらにテキスト コンフィギュレーションを NVRAM に保存するようにシステムを設定する必要があります。システム コンフィギュレーション モードがバイナリ モードに設定されている場合は、Auto-Save をイネーブルにすることはできません。

テキスト ファイル コンフィギュレーション モードを Auto-Save に設定するには、次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

システムのファイル コンフィギュレーション モードをテキストに設定します。

set config mode text { nvram | device:file-id }

ステップ 2

auto-save キーワードを指定します。

set config mode text auto-save { enable | disable }

ステップ 3

(任意) interval キーワードを設定します。

set config mode text auto-save interval mins

ステップ 4

システムのファイル コンフィギュレーション モードを確認します。

show config mode

ステップ 5

テキスト ファイル コンフィギュレーションを保存します。

write memory

ステップ 6

現在の実行コンフィギュレーションを表示します。

show running-config all

ステップ 7

次のリセット後に使用されるスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show config

次に、コンフィギュレーション モードをテキストに設定し、テキスト コンフィギュレーション ファイルを保存する場所とファイル名を指定する例を示します。

Console> (enable) set config mode text bootflash:switch.cfg
Binary system configuration has been deleted from NVRAM. Configuration mode set to text. Use the write memory command to save configuration
changes. System configuration file set to: bootflash:switch.cfg
The file specified will be used for configuration during the next bootup.
Console> (enable)
 

次に、コンフィギュレーションがテキスト モードに設定され、システムがテキスト コンフィギュレーションを NVRAM に保存するように設定されている場合に、Auto-Save をイネーブルにする例を示します。

Console> (enable) set config mode text auto-save enable
auto-save feature has been enabled
auto-save feature has started
Please do a write mem manually if you plan to reboot the switch or any card before first expiry of the timer
Console> (enable)
 

次に、コンフィギュレーションがテキスト モードに設定されておらず、システムがテキスト コンフィギュレーションを NVRAM に保存するように設定されていない場合に、Auto-Save をイネーブルにしようとした場合に表示されるメッセージの例を示します。

Console> (enable) set config mode text auto-save enable
auto-save cannot be enabled unless config mode is set to text and config file is stored in nvram.
Use the 'set config mode text nvram' command to enable automatic saving of the system configuration to nvram
Console> (enable)
 

次に、保存する間隔を 2880 分に設定する例を示します。

Console> (enable) set config mode text auto-save interval 2880
auto-save interval set to 2880 minutes
Console> (enable)
 

次に、保存する間隔をデフォルト設定である 30 分に設定する例を示します。

Console> (enable) set config mode text auto-save interval
auto-save interval set to 30 minutes
Console> (enable)

フラッシュ デバイス上のファイルのリスト表示

フラッシュ デバイス上のファイルのリストを表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

作業
コマンド

フラッシュ デバイス上のファイルのリストを表示します。

dir [[ m / ] device: ][ filename ]

フラッシュ デバイスから削除されたファイルのリストを表示します。

dir [[ m / ] device: ][ filename ] deleted

削除されたファイルを含むフラッシュ デバイス上のすべてのファイルのリストを表示します。

dir [[ m / ] device: ][ filename ] all

フラッシュ デバイス上のファイルの詳細リストを表示します。

dir [[ m / ] device: ][ filename ] long

次に、デフォルト フラッシュ デバイス上のファイルのリストを表示する例を示します。

Console> (enable) dir
-#- -length- -----date/time------ name
4 3134688 Mar 15 1999 08:27:01 cat6000-sup.5-2-1-CSX.bin
5 3231989 Jan 24 1999 12:04:40 cat6000-sup.5-1-1-CSX.bin
6 135 Feb 17 1999 11:30:05 dns_config.cfg
 
1213952 bytes available (6388224 bytes used)
Console> (enable)
 

次に、デフォルト デバイス以外のフラッシュ デバイス上に置かれているファイルのリストを表示する例を示します。

Console> (enable) dir slot0:
-#- -length- -----date/time------ name
1 3209261 Jun 16 1998 13:18:19 cat6000-sup.5-2-1-CSX.bin
2 135 Jul 17 1998 11:32:53 dns-config.cfg
3 3231989 Jul 17 1998 16:54:23 cat5000-sup3.4-1-2.bin
4 8589 Jul 17 1998 17:02:52 6000_config.cfg
 
9933504 bytes available (6450496 bytes used)
Console> (enable)
 

次に、デフォルト フラッシュ デバイス上の削除されたファイルのリストを表示する例を示します。

Console> (enable) dir deleted
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1 .D ffffffff 81a027ca 41bdc 22 7004 Apr 01 1998 15:27:45 5002.config.
4.1.98.cfg
2 .D ffffffff ccce97a3 43644 23 6630 Apr 01 1998 15:36:47 5002.default
.config.cfg
3 .D ffffffff 81a027ca 45220 15 7004 Apr 19 1998 10:05:59 5002_config.
cfg
 
1213952 bytes available (6388224 bytes used)
Console> (enable)

ファイルのコピー

ファイルをコピーするには、特権モードで次のいずれかの作業を行います。

 

作業
コマンド

フラッシュ ファイルを Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)サーバ、Remote Copy Protocol(RCP)サーバ、フラッシュ メモリ、別のフラッシュ デバイス、または実行コンフィギュレーションにコピーします。

copy file-id { tftp | rcp | flash | file-id | config }

TFTP サーバまたは RCP サーバからフラッシュ メモリ、フラッシュ デバイス、または実行コンフィギュレーションにファイルをコピーします。

copy { tftp | rcp } { flash | file-id | config }

フラッシュ メモリから TFTP サーバ、RCP サーバ、フラッシュ デバイス、または実行コンフィギュレーションにファイルをコピーします。

copy flash { tftp | rcp | file-id | config }

実行コンフィギュレーションをフラッシュ メモリ、別のフラッシュ デバイス、TFTP サーバ、または RCP サーバにコピーします。

copy config { flash | file-id | tftp | rcp}

次に、デフォルトのフラッシュ デバイスから別のフラッシュ デバイスにファイルをコピーする例を示します。

Console> (enable) copy cat6000-sup.5-2-1-CSX.bin slot0:
 
13174216 bytes available on device slot0, proceed (y/n) [n]? y
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCcccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc
cccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc
cccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc
cccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc
cccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc
ccccccccccccCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
File has been copied successfully.
Console> (enable)
 

次に、TFTP サーバから実行コンフィギュレーションにファイルをコピーする例を示します。

Console> (enable) copy tftp config
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy from []? dns_config.cfg
 
Configure using tftp:dns_config.cfg (y/n) [n]? y
/
Finished network download. (135 bytes)
>>
>> set ip dns server 172.16.10.70 primary
172.16.10.70 added to DNS server table as primary server.
>> set ip dns server 172.16.10.140
172.16.10.140 added to DNS server table as backup server.
>> set ip dns enable
DNS is enabled
>> set ip dns domain corp.com
Default DNS domain name set to corp.com
Console> (enable)
 

次に、TFTP サーバからコンフィギュレーション ファイルをダウンロードして、フラッシュ デバイス上に保存する例を示します。

Console> (enable) copy tftp flash
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy from []? dns-config.cfg
Flash device [slot0]?
Name of file to copy to [dns-config.cfg]?
 
9932056 bytes available on device slot0, proceed (y/n) [n]? y
/
File has been copied successfully.
Console> (enable)
 

次に、フラッシュ メモリに実行コンフィギュレーションをコピーする例を示します。

Console> (enable) copy config flash
Flash device [bootflash]? slot0:
Name of file to copy to []? 6000_config.cfg
 
Upload configuration to slot0:6000_config.cfg
9942096 bytes available on device slot0, proceed (y/n) [n]? y
.....
..........
.......
 
..........
...........
..
 
Configuration has been copied successfully.
Console> (enable)
 

次に、TFTP サーバにフラッシュ デバイス上のコンフィギュレーション ファイルをアップロードする例を示します。

Console> (enable) copy slot0:6000_config.cfg tftp
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy to [6000_config.cfg]?
/
File has been copied successfully.
Console> (enable)
 

次に、RCP を使用して、リモート ホストからフラッシュにイメージをアップロードする例を示します。

Console> (enable) copy rcp flash
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
Name of file to copy from []? 6000_config.cfg
Flash device [bootflash]?
Name of file to copy to [6000_config.cfg]?
 
4369664 bytes available on device bootflash, proceed (y/n) [n]? y
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCC
File has been copied successfully.
Console> (enable)

ファイルの削除


注意 フラッシュ デバイス上で squeeze コマンドを実行すると、squeeze コマンドの実行前に削除したファイルは復元できなくなります。

フラッシュ デバイス上のファイルを削除するには、特権モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

フラッシュ デバイス上のファイルを削除します。

delete [[ m / ] device: ] filename

ステップ 2

必要に応じて、フラッシュ デバイス上のすべての削除ファイルを永久に削除します(この処理には数分かかることがあります)。

squeeze [ m / ] device:

ステップ 3

ファイルが削除されたことを確認します。

dir [[ m / ] device : ][ filename ]

次に、フラッシュ デバイスからファイルを削除する例を示します。

Console> (enable) delete dns_config.cfg
Console> (enable)
 

次に、フラッシュ デバイスからすべての削除されたファイルを永久に削除する例を示します。

Console> (enable) squeeze slot0:
All deleted files will be removed, proceed (y/n) [n]? y
Squeeze operation may take a while, proceed (y/n) [n]? y
Erasing squeeze log
Console> (enable)

削除されたファイルの復元

復元するファイルを特定するには、削除されたファイルのインデックス番号を指定する必要があります。各ファイルのインデックス番号は、 dir コマンド出力の最初のカラムに表示されます。同名の有効ファイルがすでに存在している場合、ファイルを復元することはできません。既存のファイルを削除してから、同名のファイルを復元してください。1 ファイルにつき、15 回まで削除と復元を繰り返すことができます。

フラッシュ デバイス上の削除されたファイルを復元するには、特権モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

フラッシュ デバイス上の削除されたファイルのインデックス番号を調べます。

dir [[ m / ] device : ][ filename ] deleted

ステップ 2

フラッシュ デバイス上の削除されたファイルを復元します。

undelete index [[ m / ] device :]

ステップ 3

ファイルが復元されたことを確認します。

dir [[ m / ] device : ][ filename ]

次に、削除されたファイルを復元する例を示します。

Console> (enable) dir deleted
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
6 .D ffffffff 42da7f71 657a00 14 135 Jul 17 1998 11:30:05 dns_config.cfg
 
1213952 bytes available (6388224 bytes used)
Console> (enable) undelete 6
Console> (enable) dir
-#- -length- -----date/time------ name
4 3134688 Apr 27 1998 08:27:01 cat6000-sup.5-2-1.bin
5 3231989 Jun 24 1998 12:04:40 cat6000-sup.5-2-1.bin
6 135 Jul 17 1998 11:30:05 dns_config.cfg
 
1213952 bytes available (6388224 bytes used)
Console> (enable)

ファイルのチェックサムの確認

フラッシュ デバイス上のファイルのチェックサムを確認するには、特権モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

フラッシュ デバイス上のファイルのチェックサムを確認します。

verify [[ m / ] device: ] filename

次に、ファイルのチェックサムを確認する例を示します。

Console> (enable) verify cat6000-sup.5-2-1-CSX.bin
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCC
File bootflash:cat6000-sup.5-2-1-CSX.bin verified OK
Console> (enable)

フラッシュ デバイスのフォーマット

一部のフラッシュ デバイスはフォーマットしてからでないと使用できません。設定したセクタが使用できなくなった場合に備えて、最大 16 の予備セクタを確保できます(デフォルトの設定では確保されません)。予備セクタを確保していないと、一部のセクタで問題が生じた場合、フラッシュ メモリ全体を再フォーマットする必要があり、既存のすべてのデータが消去されます。


) Supervisor Engine 2 および Supervisor Engine 1 では、フラッシュ PC カードのフォーマットが異なります。Supervisor Engine 2 で使用するフラッシュ PC カードは、Supervisor Engine 2 でフォーマットする必要があります。Supervisor Engine 1 で使用するフラッシュ PC カードは、Supervisor Engine 1 でフォーマットする必要があります。



) Supervisor Engine 1 または Route-Switch Processor(RSP)ベースの Cisco 7500 シリーズ ルータ上でフォーマットしたフラッシュ PC カードは、ルータでスーパーバイザ エンジンと同じレベルまたはそれ以上のソフトウェアが稼動していれば、相互に交換できます。Route Processor(RP; ルート プロセッサ)ベースの Cisco 7000 シリーズ ルータでフォーマットしたフラッシュ PC カードを使用するには、再フォーマットが必要です。


フラッシュ デバイスのフォーマット時に、ROM モニタからフラッシュ ファイル システムのファイルにアクセスするための monlib ファイル(ROM モニタ ライブラリ)を指定できます。monlib ファイルは、ソフトウェア イメージにも組み込まれます。

format コマンド構文 device2 で、使用する monlib ファイルが保存されているデバイスを指定します。 device2 引数全体を省略すると、スイッチはソフトウェアにバンドルされた monlib ファイルを使用してデバイスをフォーマットします。[[ device2: ][ monlib-filename ]] 引数でデバイス名( device2 )だけを省略すると、スイッチはデフォルト フラッシュ デバイスに保存されている指定の monlib ファイルを使用してデバイスをフォーマットします。[[ device2: ][ monlib-filename ]] 引数で monlib-filename を省略すると、スイッチは device2 の monlib ファイルを使用してデバイスをフォーマットします。[[ device2: ][ monlib-filename ]] 引数全体を指定すると、スイッチは指定されたデバイスの指定された monlib ファイルを使用してデバイスをフォーマットします。monlib ファイルが見つからない場合には、フォーマット処理が打ち切られます。


) フラッシュ デバイスにボリューム ID がある場合は、ボリューム ID を指定してデバイスをフォーマットする必要があります。ボリューム ID は、show flash m/device: filesys コマンドを使用して表示されます。


フラッシュ デバイスをフォーマットするには、特権モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

フラッシュ デバイスをフォーマットします。

format [ spare spare-number ] [ m / ] device1: [[ device2: ] [ monlib-filename ]]

次に、slot0: のフラッシュ デバイスをフォーマットする例を示します。

Console> (enable) format slot0:
All sectors will be erased, proceed (y/n) [n]?y
Enter volume id (up to 31 characters):
Formatting sector 1
Format device slot0 completed.
Console> (enable)