Catalyst 6500 シリーズ スイッチソフトウェア コン フィギュレーション ガイド リリース8.7
索引
Index
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 19MB) | フィードバック

Index

数字

1000BASE-T(銅線)GBIC

ポート ネゴシエーションの制限 4-3

10/100 Mbps ポート速度、設定 4-6

10 ギガビット イーサネット スイッチング モジュール

サポート対象のカプセル化タイプ 5-2

デフォルト設定 4-4

フロー制御の設定 4-9

24 ポート FXS アナログ インターフェイス モジュール

設定 55-30

説明 55-5

802.1ak

「MVRP」を参照

802.1Q

ISL への VLAN のマッピング 11-9

VLAN マッピング 11-9

概要 5-1

コンフィギュレーションの例 5-18

制限事項 5-4

設定 5-7

802.1Q Ethertype

カスタム指定 5-13

デフォルトを指定 5-14

802.1Q タギング

特定ポートでのディセーブル化 5-12

802.1Q トンネリング

概要 8-1

設定 8-4

設定時の注意事項 8-2

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 8-6

レート リミッタ 8-7

802.1Q トンネル ポート

CoS/CoS マッピング

設定 52-61

802.1X で許可ステートのポート 40-5

802.1X で無許可ステートのポート 40-5

802.1X 認証 40-24, 40-25

802.1X RADIUS アカウンティングとトラッキングのイネーブル化およびディセーブル化 40-35

ACL 割り当てでの 802.1X の設定 40-28

ARP トラフィック検査での 40-11

DHCP リレー エージェントのサポート 40-8

EAP-Request フレーム

再送信時間の設定 40-20

Identity フレーム

再送信時間の設定 40-20

RADIUS サーバ障害、設定 40-41

RADIUS サーバ設定の DNS レゾリューションの設定 40-38

RADIUS サーバを使用した VLAN の割り当て 40-7

アクセス不能認証バイパス、設定 40-16

概要 40-2

クライアント、定義 40-3

グローバル

イネーブル化 40-14

ディセーブル化 40-15

ゲスト VLAN のサポート 40-9

再送信フレーム数の設定 40-22

サプリカント

自動再認識 40-18

手動での再認証 40-18

自動再認証のイネーブル化 40-18

自動再認証の設定 40-18

手動での再認証の設定 40-18

待機時間の設定 40-19

単一方向制御ポートの設定 40-26

デバイス トラッキング 43-1, 43-4

デフォルト値に戻す 40-23

トランスポート レイヤ パケット

再送信時間の設定 40-21

認証サーバ

定義 40-3

認証失敗 VLAN、設定 40-39

認証済み ID とポート説明のマッピングの設定 40-38

複数ホストのイネーブル化 40-19

複数ホストのディセーブル化 40-19

プライベート VLAN を使用した設定 40-41

ポート セキュリティでの 40-10

ポート単位

イネーブル化 40-15

初期化 40-15

補助 VLAN での 40-9

ホスト エージング 43-1, 43-4

ユーザ分散の設定 40-33

レート制限 40-13

802.1x 認証

手動での再認証 40-18

802.3ah イーサネット OAM、設定 20-27

8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュール

設定 55-28

説明 55-6

A

Accelerated Server Load Balancing(Accelerated Server ロード バランシング)

「ASLB」を参照

ACE

「IOS ACL」を参照

「QoS ACE」を参照

「VACL」を参照

ACE 単位の ACL 統計情報、イネーブル化 15-91

ACL

「IOS ACL」を参照

「QoS ACL」を参照

「VACL」を参照

ACL コンパイラ最適化、イネーブル化 15-88

ACL、ダウンロード可能な 15-123

ACL 単位の ACL 統計情報、イネーブル化 15-89

ACL 統計情報、消去 15-91

ACL 統計情報、表示 15-92

ACL のコミット

「QoS ACL コミット」を参照

Address Recognition Protocol(アドレス解決プロトコル)

「ARP テーブル」を参照

「ARP」を参照

AppleTalk、VLAN 間ルーティングの設定 12-5

ARP

VACL による ARP トラフィックの検査 15-32

VACL による ARP トラフィックの制限 15-32

パーマネント エントリおよびスタティック エントリの設定 15-42, 22-9

ASLB

LocalDirector インターフェイスの設定 54-7

概要 54-1, 54-2

ケーブル接続の注意事項 54-7

スイッチ上での ASLB の設定 54-7

設定例 54-20

データ転送 54-4

ハードウェアおよびソフトウェアの要件 54-2

レイヤ 2 動作 54-3

レイヤ 3 動作 54-3

B

BackboneFast 9-4

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー) 7-18

イネーブル化 9-18

間接リンク障害の後 9-6

間接リンク障害の前 9-5

スイッチの追加 9-6, 9-7

ディセーブル化 9-19

統計情報の表示 9-19

BOOTP および帯域内(SC0)インターフェイス 3-12

Bootstrap Protocol(ブートストラップ プロトコル)

「BOOTP」を参照

BOOT 環境変数

概要 25-4

消去 25-12, 25-13

設定 25-12, 25-13

デフォルト 25-5

表示 25-14

BPDU

スキューイング 7-62

概要 7-26

BPDU ガード

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー) 7-18

イネーブル化 9-12, 9-14

注意 9-12

ディセーブル化 9-13, 9-15

BPDU スキューイング

モニタリング 20-24

BPDU の概要 7-3

BPDU フィルタ

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー) 7-18

Break キー(注) 2-1

Bridge Protocol Data Unit(ブリッジ プロトコル データ ユニット)

「BPDU」を参照

C

CAM、IP MLS 14-24

CAM テーブル、MAC エントリの複製 20-5

CDP

イネーブル化

グローバルに 31-2

ポート上で 31-3

概要 31-1

近接情報の表示 31-5

ディセーブル化

グローバルに 31-2

ポート上で 31-3

デフォルト設定 31-2

保持時間、設定 31-5

メッセージ インターバル、設定 31-4

CDP デバイスに対する拡張信頼(信頼境界機能) 55-35

CEF 13-1

FIB 13-6

エージング 13-12

概要 13-5

情報の表示 13-15

設定 13-15

IP マルチキャスト 13-18

MSFC2 13-16

スーパーバイザ エンジン 13-15

注意事項 13-13

パケットの書き換え 13-3

フロー マスク 13-12

destination-ip 13-12

destination-ipx 13-12

full flow 13-12

source-destination-ip 13-12

source-destination-vlan 13-12

モード 13-12

マルチキャスト設定時の注意事項 13-14

マルチキャストの制限事項 13-14

隣接テーブル 13-8

13-10

レイヤ 3 スイッチング 13-2

CEF for PFC2

「CEF」を参照

CGMP

マルチキャスト グループからの脱退 51-5

CIDR、スタティック ルートの設定 22-8

Cisco CallManager、概要 55-5

Cisco Discovery Protocol(シスコ検出プロトコル)

「CDP」を参照

Cisco Group Management Protocol

「CGMP」を参照

Cisco IP Phone 7960 55-2

Cisco IP Phone 7960 における QoS の設定 55-33

Cisco VG200 55-7

CIST 7-17

Classless Interdomain Routing

「CIDR」を参照

clear boot system flash コマンド 25-12

clear mls entry ipx コマンド 14-31

clear mls entry コマンド 13-35, 14-30

clear mls statistics コマンド 13-37, 14-33

CLI

1 レベル前に戻る 2-10

ROM モニタ 2-1

アクセス レベル 2-9

インターフェイス コンフィギュレーション モード(IOS) 2-10

グローバル コンフィギュレーションモード 2-10

コマンドのリスト表示 2-11

コンソール コンフィギュレーションモード 2-10

コンフィギュレーション モード 2-9

スイッチ

Telnet 2-3

VLAN、指定 2-5

アクセス 2-2

アドレスおよびエイリアスの指定 2-6

概要 2-2

コンソール ポート 2-2

ショートカット 2-7

通常モード 2-5

動作 2-5

特権モード 2-5

ヒストリ置換 2-8

ヘルプ 2-8

編集 2-7

ポート、指定 2-5

ポート範囲 2-6

モジュールの指定、ポート、VLAN 2-5

ソフトウェアの基本 2-9

特権 EXEC モード 2-10

Command-Line Interface(コマンドライン インターフェイス)

「CLI」を参照

Common and Internal Spanning Tree

「CIST」も参照 7-17

Common Open Policy Service

「COPS」を参照

Common Spanning Tree

「CST」を参照 7-17

CONFIG_FILE 変数、反復の設定 25-8

Content-Addressable Memory(連想メモリ)

「CAM テーブル」を参照

「CAM」を参照

COPS

PDP サーバの設定

削除 52-86

QoS ポリシー ソース 52-83

設定 52-81

通信パラメータ 52-87

ドメイン名 52-86

削除 52-86

ポート ASIC 52-82

役割 52-84

削除 52-85

ローカルに設定された QoS ポリシーの選択 52-83

CoS

「QoS」を参照

CoS/CoS マッピング

設定 52-61

CRAM 機能 15-93

CST 7-17

Common Spanning Tree 7-22

D

DAI 15-42

Deficit Weighted Round Robin 52-68

destination-ipx フロー マスク 13-12

destination-ip フロー マスク 13-12

destination フロー マスク 14-7

DES 鍵

消去 39-41

定義 39-41

DHCP

オプション 3-3

帯域内(SC0)インターフェイスおよび 3-12

リースの解除 3-13

リースの更新 3-13

DHCP スヌーピング

MAC アドレス一致 33-6

VLAN での設定 33-3

イネーブル化 33-4

イネーブル化(例) 33-6

概要 33-1

設定時の注意事項 33-3

設定の表示 33-12

デフォルト設定 33-3

バインディング テーブルの表示 33-11

プライベート VLAN でのイネーブル化 33-5

ホスト トラッキング情報オプションのイネーブル化 33-5

モニタリング 33-11, 33-18

DHCP リレー エージェント 40-24, 40-25

Differentiated Service Code Point(DiffServ コード ポイント)

「QoS DSCP」を参照

Digital Optical Monitoring 20-77

directed ブロードキャスト 13-38

DISL

「DTP」を参照

DNS

イネーブル化 30-2

概要 30-1

サーバ

指定 30-2

消去 30-3

システム プロンプトおよび 22-2

システム名および 22-2

設定 30-2

ディセーブル化 30-3

デフォルト設定 30-1

ドメイン名

消去 30-3

設定 30-2

DOM

「Digital Optical Monitoring」を参照

Domain Name System(ドメイン ネーム システム)

「DNS」を参照

dot1x

EAP-Request フレーム

再送信時間の設定 40-20

Identity フレーム

再送信時間の設定 40-20

グローバル

Web ベース プロキシ認証のイネーブル化 42-11

Web ベース プロキシ認証のディセーブル化 42-11

イネーブル化 40-14

ディセーブル化 40-15

再送信フレーム数の設定 40-22

自動再認証のイネーブル化 40-18

手動での再認証 40-18

待機時間の設定 40-19

デフォルト値に戻す 40-23

トランスポート レイヤ パケット

再送信時間の設定 40-21

複数ホストのイネーブル化 40-19

複数ホストのディセーブル化 40-19

DSCP

「QoS DSCP」を参照

DTP

Cisco 以外のメーカーの装置および 5-4

概要 5-2

DWRR 52-68

Dynamic ARP Inspection(ダイナミック ARP インスペクション)

「DAI」を参照

Dynamic Host Configuration Protocol

「DHCP」を参照

Dynamic Host Configuration Protocol スヌーピング

「DHCP スヌーピング」を参照

Dynamic Interswitch Link(DISL)プロトコル

「DTP」を参照

Dynamic Trunking Protocol(ダイナミック トランキング プロトコル)

「DTP」を参照

E

Environmental Monitoring(環境モニタリング)

CLI コマンドを使用 22-16

LED 表示 22-16

SNMP トラップ 22-16

Syslog メッセージ 22-16

スーパーバイザ エンジンおよびスイッチング モジュール 22-16

EPLD イメージ、アップグレード 27-2

errdisable ステート、ブロードキャスト抑制での利用 35-5

errdisable タイムアウト、設定 4-13

EtherChannel

ID 6-7

PAgP および 6-6

PAgP モード 6-6

Port Aggregation Protocol(ポート集約プロトコル) 6-6

概要 6-2

管理グループ 6-7

コンフィギュレーションの例 5-16, 5-18

サポートされるチャネルの最大数 6-2, 6-5

集約 6-2

手動設定、または PAgP を使用した設定 6-8

設定

VLAN コスト 6-11

ポート パス コスト 6-10

ポート モード 6-9

設定時の注意事項 6-3

チャネル カウンタの消去と復元 6-21

チャネル モード(表)

LACP 6-14

PAgP 6-6

フレーム配布 6-2

ポート VLAN コスト 6-11

モード、LACP の使用 6-14

リンク エラー処理の設定 20-25

EtherType 52-17

F

Fast EtherChannel

「EtherChannel」を参照

FIB 13-6

Firewall Services Module、VLAN の設定 11-40

Forwarding Information Base(転送情報ベース) 13-6

FTP(ファイル転送プロトコル)

ソフトウェア イメージのアップロード 27-16

full flow フロー マスク 13-12, 14-7

full vlan フロー マスク 13-12

G

GARP Multicast Registration Protocol

「GMRP」を参照

GARP VLAN Registration Protocol

「GVRP」を参照

GARP タイマー、設定 17-7, 51-26

General Attribute Registration Protocol

「GARP」、「設定、タイマー」を参照

GMRP

forward-all オプション

イネーブル化 51-23

ディセーブル化 51-23

イネーブル化

グローバルに 51-21

ポート単位 51-22

概要 51-6

タイマー 51-26

ディセーブル化

グローバルに 51-28

ポート単位 51-22

デフォルト設定 51-21

統計情報

消去 51-27

表示 51-27

登録

fixed(固定) 51-24

forbidden(禁止) 51-25

normal(標準) 51-24

ハードウェアおよびソフトウェアの要件 51-20

GVRP

GARP タイマーの設定 17-7

イネーブル化

802.1Q ポート 17-4

グローバルに 17-3

ダイナミック VLAN 作成 17-4

設定時の注意事項 17-2

タイマー 17-7

ディセーブル化

802.1Q ポート 17-9

グローバルに 17-9

デフォルト設定 17-2

統計情報

消去 17-8

表示 17-8

登録

fixed(固定) 17-6

forbidden(禁止) 17-6

normal(標準) 17-5

ブロッキング ポートからの宣言 17-6

H

Hot Standby Routing Protocol(ホット スタンバイ ルーティング プロトコル)

「HSRP」を参照

HSRP

ACL

IOS ACL 設定 23-26

ダイナミック ACL および再帰 ACL(注) 23-26

概要 23-22

障害の例 23-29

設定 23-31

設定要件 23-23

設定例 23-32

ハードウェアおよびソフトウェアの要件 23-22, 23-54

メイン MSFC 23-26

ルーティング プロトコルのピア設定 23-24

I

I-BPDU 7-18

ICMP

ping

概要 20-16

実行 20-17

time exceeded メッセージ 20-19

traceroute および 20-19

接続のテストに使用 4-23

IGMP

イネーブル化 51-11

概要 51-2

設定時の注意事項 51-10

脱退処理

イネーブル化 51-14

ディセーブル化 51-19

ディセーブル化 51-20

統計情報、表示 51-19

マルチキャスト グループ

消去 51-30

設定 51-18, 51-29

マルチキャスト グループからの脱退 51-5

マルチキャスト グループに加入 51-4

マルチキャスト ルータ ポート

指定 51-28

消去 51-30

IGMP バージョン 3

イネーブル化 51-14

高速ブロック処理 51-6

イネーブル化 51-15

Internal Sub Tree Protocol

「ISTP」を参照 7-17

Internet Group Management Protocol(インターネット グループ管理プロトコル)

「IGMP」を参照

Internet Protocol

「IP アドレス」を参照

IOS

インターフェイスをアップにする方法 2-13

コンフィギュレーションの表示および保存 2-12

IOS ACL 15-3

Cisco IOS ACL ロギングのレート制限の設定 15-15

PFC2 での再帰 ACL 15-16

PFC2 でのハードウェアおよびソフトウェアによる処理 15-14

PFC での再帰 ACL 15-12

PFC でのハードウェアおよびソフトウェアによる処理 15-11

VACL と併用 15-18

一般的な使用方法 15-10

概要 15-2

カウンタの設定 15-87

機能

PFC II でのサポート 15-14

PFC でのサポート 15-11

サポートされていない 15-48

サポートされる機能 15-11, 15-14

ハードウェア要件 15-2

IP

CIDR および 22-8

アカウンティング、IP MMLS および 14-16

サブネットワーク、VLAN および 11-2

スタティック ルート 22-8

設定、VLAN 間ルーティング 12-3

デフォルト ゲートウェイ、設定 3-9

IP CEF

トポロジ(図) 13-10

IP-directed ブロードキャスト、設定 13-38

ip flow-export destination コマンド 16-12

ip flow-export source コマンド 16-11

IP MLS または IP MMLS

「MLS」を参照

ip mtu コマンド 14-14

IP Phone

IP Phone の検出 55-17

電話機の電源切断 55-16

ネットワークからの電話機の取り外し 55-16

ハイ アベイラビリティのサポート 55-16

壁面コンセントによる電話機への電力供給 55-16

IP PIM 13-19, 14-35

IP traceroute

概要 20-19

実行 20-20

IPX MLS

「MLS」を参照

IPX、設定 VLAN 間ルーティング 12-4

IP アドレス

BOOTP 3-12

DHCP 3-12

DHCP、BOOTP、または RARP による取得 3-12

IP 許可リストから消去 37-5

IP 許可リストに追加 37-3

RARP 3-12

SLIP(sl0)インターフェイス 3-12

エイリアス、作成 22-8

指定 2-6

自動的に取得 3-2

スーパーバイザ エンジンでの設定 3-7

帯域内(sc0 および sc1)インターフェイス 3-7

IP エイリアス

作成 22-8

指定 2-6

IP 許可リスト

アドレス、追加 37-3

イネーブル化 37-3

エントリの消去 37-5

概要 37-1

注意 37-5

ディセーブル化 37-5

デフォルト設定 37-2

IP ソース ガード

「IPSG」を参照

概要 33-15

設定 33-16

表示 33-18

IP デバイス トラッキング 43-1 ~ 43-7

IP マルチキャスト

GMRP および 51-20

IGMP クエリア

概要 51-9

設定 51-16

IGMP 高速脱退処理 51-19

IGMP スヌーピングおよび 51-10

IGMP 統計情報 51-19

RGMP 51-31

概要 51-1

グループ

加入 51-4

消去 51-30

設定 51-18, 51-29

グループ エントリ 51-28

グループ情報 51-18

設定時の注意事項

CEF 13-14

ブロードキャスト抑制

イネーブル化 35-3

ディセーブル化 35-4

マルチキャスト トラフィックのレート制限 51-16

ルータ

ポートの指定 51-28

ポートの消去 51-30

ルータ情報 51-18

ルータ ポート

消去 51-30

ルーティング テーブル 13-22, 14-37

ルーティング テーブルの表示 13-22, 14-37

ISL

802.1Q VLAN のマッピング 11-9

概要 5-1

コンフィギュレーションの例 5-14, 5-16

ISTP 7-17

K

Kerberos 認証

DES 鍵、定義および消去 39-41

Kerberos 非対応のログイン手順を使用する場合 39-8

SRVTAB ファイル、コピー 39-37

イネーブル化 39-35

概要 39-5

サーバ、指定 39-36

証明書転送のイネーブル化 39-39

証明書転送のディセーブル化 39-40

用語 39-6, 40-6

レルム、定義 39-36

レルムをホスト名にマッピング 39-37

ログイン手順 39-7

Kermit

PC ソフトウェアのダウンロード手順 27-30

UNIX ソフトウェアのダウンロード手順 27-31

ソフトウェア イメージのダウンロードの準備 27-29

ダウンロードの例

PC での手順 27-32

UNIX での手順 27-33

注意 27-29

L

LACP

コンフィギュレーション パラメータ 6-15

設定手順 6-16

モード 6-14

Link Aggregation Control Protocol

「LACP」を参照

LOU

最大数 15-26

説明 15-26

M

MAC アドレス

CAM テーブル、複製インジケータ 20-5

アドレス テーブル 4-2

移動カウンタの設定 20-72

指定 2-6

ブロッキング 38-2

ポート セキュリティおよび 38-2

ユニキャスト フラッディング パケットのブロック 45-1

割り当て 7-15

MAC アドレス移動カウンタ、設定 20-72

MAC アドレス モニタリング

指定

MAC アドレス 38-16

下限しきい値 38-16

上限しきい値 38-17

ポーリング間隔 38-16

消去

設定 38-18

設定 38-15

グローバル モニタリング 38-15

表示

グローバル コンフィギュレーション 38-19

設定 38-18

MAC アドレス リダクション 7-15

MAC 使用率

概要 20-7

カウンタのクリア 20-10

統計情報の表示 20-8

ロード間隔の設定 20-7

MAC 認証バイパス

ACL 割り当て 41-14

MAC アドレス再認証 41-2

QoS ACL、設定 41-14

エージェントレス ホスト、監査 41-15

概要 41-2

設定 41-6

設定時の注意事項および制限事項 41-4

デバイス トラッキング 43-1, 43-5

バイパス イベント 41-4

バイパス ステート 41-3

ホスト エージング 43-1, 43-5

MDI/MDIX 4-8

MDIX 4-8

Melody Compact Flash メモリ 3-5

Message-of-The-Day

「ログイン バナー」を参照

MISTP

MIST-PVST+ 7-35

VLAN マッピングの解除 7-45

インスタンスのイネーブル化 7-42

インスタンスの設定 7-38

注意 7-37

デフォルト設定 7-36

ブリッジ ID プライオリティ 7-38, 7-56

への VLAN のマッピング 7-43

ポート インスタンス コスト 7-41

ポート インスタンス プライオリティ 7-42

ポート コスト 7-39

ポート プライオリティ 7-40

矛盾、MISTP VLAN 7-44

MLS

CAM エントリ、表示 14-24

debug コマンド

MSFC2 のマルチキャスト トラフィック用 13-24

MSFC での 14-19

MSFC のマルチキャスト トラフィック用 14-39

IP-directed ブロードキャストの設定 13-38

IP MMLS 設定時の注意事項

MSFC 14-16

スイッチ 14-15

IPX MLS 設定時の注意事項

MTU 14-17

他の機能との相互作用 14-17

IP のパケットしきい値 14-22

MSFC

PIM、イネーブル化 14-35

インターフェイス上でイネーブル化 13-20, 14-18, 14-36

インターフェイス上でディセーブル化 14-18

インターフェイス情報の表示 13-21, 14-36

グローバルにイネーブル化 14-34

しきい値 13-20, 14-35

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示 14-37

モニタリング 13-22, 14-19, 14-37

MSFC 上でのモニタリング 13-22, 14-19, 14-37

MTU サイズ

IP 14-14

IPX 14-17

NetFlow テーブル エントリ、表示 13-27

アクセス リスト、フロー マスクおよび 14-7

イネーブル化

MSFC インターフェイスでの 13-20, 14-36

MSFC 上の IP PIM 14-35

ルータ上の IP PIM 13-19

エージング タイム 14-21

エージング タイム値の指定 14-21

エントリ(注) 14-21

キャッシュ

IPX 宛先アドレスごとに表示 14-27

IP 宛先アドレスごとに表示 14-27

IP 送信元アドレスごとに表示 14-28

エントリ、IP マルチキャストの表示 14-42

エントリ、IP ユニキャストの表示 14-25

エントリ、消去 14-31

エントリの消去 14-30, 14-31

概要 14-5

サイズ(注) 14-21

すべてのエントリの表示 14-26

特定のフローごとに表示 14-28

最小フロー マスクの設定 14-23

サポートされていない IP MMLS 機能 14-16

しきい値を設定 13-20, 14-35

消去

キャッシュ エントリ 14-30

統計情報 13-37, 14-33

スイッチ

NetFlow テーブル エントリ、表示 13-27

キャッシュ エントリ、表示 14-42

設定、表示 14-40

ディセーブル化(注) 14-21

統計情報、消去 13-26, 14-42

統計情報、表示 13-25, 14-41

制限事項

IP MMLS 用、MSFC 14-16

IP MMLS 用、スイッチ 14-15

設定時の注意事項

IP MLS のルーティング コマンド 14-15

MTU 14-14

設定情報、表示

IP または IPX 14-24

マルチキャスト 14-40

注意事項 14-14

ディセーブル化

MSFC インターフェイスでの 14-18

スーパーバイザ エンジンでの(注) 14-21

デバッグ

MSFC での 13-24, 14-19, 14-39

スーパーバイザ エンジン 13-37, 14-33

デフォルト設定 14-13

統計情報

MLS キャッシュ エントリに関する表示 14-32

消去 13-37, 14-33

プロトコルごとに表示 14-31

トポロジ(図) 14-12

パケットの書き換え 14-2

表示

キャッシュ エントリ 14-25

情報 14-24

統計情報 13-25, 14-41

マルチキャスト ルーティング テーブル 13-22, 14-37

ファースト エージング タイム 14-22

ファースト エージング タイムの指定 14-22

フロー 14-5

部分的スイッチングおよび完全スイッチング 13-9, 14-11

マルチキャストの部分的スイッチングおよび完全スイッチング 13-9, 14-11

フロー マスク

full flow 14-7

IP MLS エントリおよび 14-10

source-destination-ip 14-7

source-destination-vlan 14-7

アクセス リストおよび 14-7

宛先 14-7

概要 14-6

最小 14-23

モード 14-7

ルータ

PIM、イネーブル化 13-19

グローバルにイネーブル化 13-19

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示 13-22

ルーティング コマンドの制約事項 14-15

ルート プロセッサ(注) 14-34

14-12

レイヤ 2 転送テーブル 14-5

mls ip multicast コマンド

IP MMLS のイネーブル化 51-37, 51-38, 51-39

MMLS

「MLS」を参照

MOTD

「ログイン バナー」を参照

MSFC

AppleTalk VLAN 間ルーティング、設定 12-5

Catalyst 5000 ファミリ スイッチの MLS-RP 14-17

IP MMLS インターフェイス情報の表示 13-21, 14-36

IP MMLS、モニタリング 13-22, 14-37

IP VLAN 間ルーティング、設定 12-3

IPX VLAN 間ルーティング、設定 12-4

PIM、MSFC インターフェイスでのイネーブル化 14-35

session コマンドおよび 2-4

switch console コマンドおよび 2-4

イネーブル化

IP マルチキャスト ルーティング 14-34

MSFC インターフェイス上での MMLS 13-20, 14-36

概要 12-1

コンフィギュレーション モード 2-12

冗長機能の設定 23-22

初回の起動方法 3-4

スイッチからのアクセス

Telnet セッション 2-4

コンソール ポート 2-4

設定

Appletalk VLAN 間ルーティング 12-5

HSRP を使用した冗長機能 23-31

IP MMLS 14-34

IP VLAN 間ルーティング 12-3

IPX VLAN 間ルーティング 12-4

MLS 14-17

MMLS しきい値 13-20, 14-35

VLAN 間ルーティング 12-1

設定時の注意事項

IP MMLS 14-16

MLS 14-14

VLAN 間ルーティング 12-2

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示 14-37

MSFC2

Catalyst 5000、サポート 13-1

IP マルチキャスト ルーティングのイネーブル化 13-19

PIM、MSFC2 VLAN インターフェイスでのイネーブル化 13-19

設定

IP マルチキャスト 13-18

ユニキャスト レイヤ 3 スイッチング 13-16

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示 13-22

MSFC の DHCP スヌーピング

イネーブル化(例) 33-7

MST 7-17

PVST+ との相互運用性 7-18

VLAN のマッピング 7-60

イネーブル化 7-53

インスタンス 7-22

エッジ ポート 7-24

境界ポート 7-23

設定 7-22, 7-53

相互運用性 7-21

ブリッジ ID プライオリティ 7-56

ポート インスタンス コスト 7-58

ポート インスタンス プライオリティ 7-59

ポート コスト 7-57

ポート プライオリティ 7-58

ホップ カウント 7-24

メッセージ エージ 7-24

リージョナル ルート 7-23

リージョン 7-22, 7-23

リンク タイプ 7-24

MSTP

M ツリー 7-18

M レコード 7-18

MTU

IP MLS および 14-14

IPX MLS および 14-17

Multilayer Switch Feature Card(マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)

「MSFC」または「MSFC2」を参照

Multilayer Switch Module(マルチレイヤ スイッチ モジュール)

「MSM」を参照 A-3

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー)

「MST」を参照 7-17

Multiple VLAN Registration Protocol

「MVRP」を参照

MVRP

MVRP タイマーの設定 18-8

STP ブロッキング ポートからの宣言 18-8

イネーブル化

グローバルに 18-4

ダイナミック VLAN 作成 18-5

トランク ポートで 18-5

概要 18-1

消去

カウンタ 18-13

設定 18-13

統計情報 18-13

設定 18-3

設定時の注意事項 18-2

タイマー 18-8, 18-9

ディセーブル化

グローバルに 18-12

トランク ポートで 18-12

デフォルト設定 18-2

登録

fixed(固定) 18-7

forbidden(禁止) 18-7

normal(標準) 18-6

表示

ステート マシン 18-11

設定の要約 18-10

統計情報 18-10

トランク 18-12

MVRP タイマー、設定 18-8, 18-9

N

NAT 15-13, 15-17, 15-18

NDE

NDE コレクタの消去 16-10

RMON 16-1

概要 16-1

指定

宛先 TCP/UDP ポート フィルタ 16-15

宛先および送信元サブネット 16-14

宛先ホスト フィルタ 16-13

コレクタ、シングルまたはデュアル スーパーバイザ 16-9

統計収集対象プロトコル 16-16

プロトコル フィルタ 16-15

設定の表示 16-18

設定、表示 16-18

ディセーブル化 16-17

データ エクスポート アドレス

削除 16-17

データ エクスポート コレクタ、指定 16-9

データの収集 16-2

統計情報収集

対象プロトコルの削除 16-16

対象プロトコルの指定 16-16

フィルタ

宛先 TCP/UDP ポート、指定 16-14

宛先および送信元サブネット 16-14

宛先ホスト、指定 16-13

概要 16-3

消去 16-17

送信元ホストおよび宛先 TCP/UDP ポート、指定 16-15

プロトコル、指定 16-15

プロトコル

統計収集対象の削除 16-16

統計収集対象の指定 16-16

NetFlow Data Export(NetFlow データ エクスポート)

「NDE」を参照

Network Address Translation(ネットワーク アドレス変換)

「NAT」を参照

Network Admission Control

LAN ポート 802.1X 44-36

LAN ポート IP

CLI コマンドの例 44-10

Policy-Based ACL の設定 44-22

概要 44-2

設定時の注意事項および制限事項 44-6

設定手順 44-8

設定例 44-31

前提条件 44-6

エージェントレス ホスト、監査 41-15 ~ 41-18

Network Time Protocol(ネットワーク タイム プロトコル)

「NTP」を参照

NMS

Mini Protocol Analyzer、設定 49-1

RSPAN、設定 49-1

SPAN、設定 49-1

NTP

概要 34-1

クライアント モード

設定 34-4

ディセーブル化 34-9

サーバ

指定 34-4

消去 34-8

サマータイムの調整

イネーブル化 34-6

ディセーブル化 34-7

タイム ゾーン

消去 34-8

設定 34-6

ディセーブル化 34-8

デフォルト設定 34-2

認証 34-4

ブロードキャスト クライアント モード

設定 34-3

ディセーブル化 34-8

NVRAM

起動時に内容を無視 25-10

コンフィギュレーション モードの設定 26-2

注意 25-10

O

OAM、設定 20-27

P

PACL

CLI での設定 15-78

IP ソース ガードと DHCP スヌーピングとの対話 33-15

概要 15-74

カウンタの設定 15-87

設定時の注意事項 15-75

設定例 15-82

PAgP

EtherChannel の設定、使用 6-8

管理グループ 6-7

モード 6-6

PBF

概要 15-97

拡張機能、ソフトウェア リリース 7.5(1) 以降 15-110

拡張機能、ソフトウェア リリース 8.3(1) 以降 15-112

拡張機能、ソフトウェア リリース 8.6(1) 以降 15-117

制限

2000 ホスト 15-107

Linux 15-105

MS-Windows 15-107

NT 15-107

Sun ワークステーション 15-106

設定 15-98

PBF ACE の削除 15-104

PBF MAC アドレスの指定 15-99

PBF VACL のコミット 15-102

PBF 情報の表示 15-103

PBF 統計情報の表示 15-103

PBF のイネーブル化 15-99

PBF のための VACL の設定 15-101

PBF のためのホストの設定 15-105

PBF のディセーブル化と MAC アドレスの消去 15-100

ジャンボ フレーム転送のイネーブル化 15-101

隣接テーブル エントリの指定 15-101

設定例 15-107

ハードウェアおよびソフトウェアの要件 15-98

PCMCIA

「フラッシュ PC カード」を参照

PC カード

「フラッシュ PC カード」を参照

PDP サーバ

「COPS」または「RSVP」を参照

PDU

レート リミッタ

イネーブル化 7-63

設定 7-63

ディセーブル化 7-63

PFC

IGMP スヌーピングおよび 51-10

QoS、「レイヤ 3 スイッチング エンジン」を参照

プロトコル フィルタリングおよび 36-1

PFC2

NetFlow

IP のパケットしきい値 13-31

テーブル、エントリの表示 13-33

統計情報 13-28

統計情報、エージング タイム値の指定 13-30

統計情報、消去 13-35

統計情報のエージング タイム 13-30

ファースト エージング タイム 13-31

フロー マスク 13-32

QoS ポリシング ルール 52-25

統計情報 13-11

NetFlow テーブル エントリに関する表示 13-34

NetFlow の上位トーカーに関する表示 13-34

PFC II での TCP 代行受信 15-16

PFC での TCP 代行受信 15-12

PIM、IP MMLS および 14-35

PIM、IP マルチキャスト 13-19

ping

概要 20-16

コマンド 4-23

実行 20-17

接続のテスト 4-23

Policy-Based ACL、設定 44-22

Policy-Based Forwarding、「PBF」を参照

Policy Decision Point(ポリシー デシジョン ポイント)サーバ

「COPS」または「RSVP PDP」を参照

Policy Feature Card(ポリシー フィーチャ カード)

「PFC」を参照

Port Aggregation Protocol(ポート集約プロトコル)

「PAgP」を参照

PortFast

BPDU ガード 9-2

イネーブル化 9-12, 9-14

設定 9-11

ディセーブル化 9-13, 9-15

BPDU フィルタ 9-3

設定 9-14

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー) 7-18

イネーブル化 9-9

設定 9-9

ディセーブル化 9-11

PRBS テスト 20-10

PVST+ 7-27

ディセーブル化 7-33

デフォルト設定 7-27

デフォルトのポート コスト モード 7-31

ブリッジ ID プライオリティ、設定 7-28

ポート VLAN プライオリティ 7-32

ポート コスト 7-29

ポート プライオリティ 7-30

Q

QoS

COPS

「COPS」を参照

trust-cos

ポート キーワード 52-12

trust-dscp

ポート キーワード 52-12

trust-ipprec

ポート キーワード 52-12

「自動 QoS」も参照 53-1

「自動 QoS」を参照

受信キュー

(注) 15-3

統計データ エクスポート 52-30

宛先ホストの設定 52-95

情報の表示 52-96

設定 52-91

タイム インターバルの設定 52-95

QoS ACE

ICMP、オプション 52-20

ICMP、作成 52-49

IGMP、オプション 52-21

IGMP、作成 52-50

IP precedence パラメータ オプション 52-48

IPX、オプション 52-22

IPX、作成 52-53

IP アドレスおよびマスク 52-48

IP レイヤ 3 オプション 52-18

IP レイヤ 4 プロトコル オプション 52-19

IP レイヤ 4 ポート オプション 52-48

MAC、オプション 52-22

MAC、作成 52-54

TCP、オプション 52-19

TCP、作成 52-48

UDP、オプション 52-20

UDP、作成 52-49

レイヤ 3 オプションだけの IP 52-50

レイヤ 4 オプションを指定した IP 52-51

QoS ACL 52-17

IP、名前付き 52-47

MAB、設定に使用 41-14

切り離し 52-58

コミット 52-56

コミットされていないものを廃棄 52-56

作成 52-46

デフォルト 52-23

デフォルト IP 52-51

デフォルト IPX、作成 52-55

デフォルト MAC、作成 52-55

デフォルト値に戻す 52-56

名前 52-47

名前付き 52-18

名前付きを削除 52-55

付加 52-27, 52-57

フラッシュ メモリへの保存 15-70

変更 52-46

ポリシング ルール

削除 52-46

作成 52-43

説明 52-24

マーキング ルール 52-23

QoS CoS

およびレイヤ 3 スイッチング エンジンの ToS 最終値 52-28

定義 52-2

ポート値の設定 52-42

QoS DSCP

定義 52-3

内部値 52-16

マップ、設定 52-75

QoS DSCP ACE キーワード 52-24

QoS EtherType フィールド値 52-17

QoS IP Phone、設定 55-33

QoS IPX ACE 52-22

QoS MAC ACE レイヤ 2 52-22

QoS MSFC 52-8

QoS ToS

およびレイヤ 3 スイッチング エンジンの CoS 最終値 52-28

定義 52-2

QoS trust-cos

ACE キーワード 52-24

QoS trust-dscp

ACE キーワード 52-23

QoS trust-ipprec

ACE キーワード 52-23

QoS untrusted ポート キーワード 52-12

QoS VLAN ベースまたはポートベース 52-27, 52-41

QoS WRED 廃棄しきい値 52-65

QoS アウト オブ プロファイル 52-24

QoS 宛先ベース 52-62

削除 52-63

QoS イーサネット出力ポート

機能の概要 52-11

スケジューリング、輻輳回避、およびマーキング 52-9, 52-28

QoS イーサネット入力ポート

機能の概要 52-10

スケジューリング 52-14

スケジューリング、および輻輳回避 52-13

分類、マーキング、スケジューリング、および輻輳回避 52-5

マーキング、スケジューリング、輻輳回避、および分類 52-12

レイヤ 3 スイッチング エンジンの分類機能 52-15

QoS 完全優先受信キュー 52-13

QoS 機能を使用したトラフィック フロー 52-4

QoS 受信キュー 52-13

テール廃棄しきい値、設定 52-64

廃棄しきい値 52-13, 52-74

廃棄しきい値(図) 52-14

QoS 送信キュー 52-29, 52-72, 52-73, 52-74

サイズ比 52-69

帯域幅の割り当て 52-68

QoS 単一受信、二重送信キュー ポート

設定 52-70

QoS 単一ポート ATM OC-12 スイッチング モジュールの機能 52-11

QoS 単一ポート ATM OC-12 スイッチング モジュールのマーキング 52-9

QoS デフォルトに戻す 52-81

QoS 内部 DSCP 値 52-16

QoS 二重受信、三重送信キュー ポート

消去 52-74

設定 52-71, 52-72, 52-73

QoS 二重送信キュー

しきい値、設定 52-65

QoS 二重送信キュー ポート

輻輳回避 52-29

QoS のイネーブル化 52-39, 52-40

QoS のスケジューリング(定義) 52-3

QoS の設定 52-38

QoS のディセーブル化 52-81

QoS のデフォルト設定 52-30

QoS の表示

情報 52-78

統計情報 52-79

QoS の分類(定義) 52-3

QoS フィーチャ セットの概要 52-10

QoS フィルタリング 52-47

QoS 輻輳回避

受信キュー 52-14

定義 52-3

二重送信キュー ポート 52-29

QoS フローチャート 52-4

QoS 分類基準

IP ACE

レイヤ 3 52-18

レイヤ 4 ICMP 52-20

レイヤ 4 IGMP 52-21

レイヤ 4 TCP 52-19

レイヤ 4 UDP 52-20

レイヤ 4 プロトコル 52-19

IPX ACE 52-22

MAC ACE レイヤ 2 52-22

QoS ポート

信頼状態 52-41

QoS ポート キーワード 52-12

QoS ポートベースまたは VLAN ベース 52-41

QoS ポリシー 52-82

QoS ポリシング

定義 52-3

トークン バケット 52-24

マイクロフロー、非ルーテッド トラフィックに対するイネーブル化 52-63

QoS ポリシング ルール 52-24

削除 52-46

集約 52-25

デュアル レート 52-25

マイクロフロー 52-25

QoS マーキング 52-30

MSFC 52-8

trusted ポート 52-13

untrusted ポート 52-13

定義 52-3

ポート単位の分類に基づく 52-15

QoS マークダウン 52-25

QoS マッピング

CoS 値を DSCP 値へ 52-75

DSCP 値を CoS 値へ 52-76

DSCP マークダウン値 52-77

IP precedence 値を DSCP 値へ 52-76

廃棄しきい値への CoS 値 52-70

QoS 三重送信キュー WRED ドロップしきい値 52-65

QoS 用語の定義 52-2

QoS ラベル(定義) 52-2

QoS レイヤ 2 スイッチング エンジン

機能の概要 52-11

分類、およびマーキング 52-8, 52-28

QoS レイヤ 3 スイッチング エンジン

機能の概要 52-11

分類、マーキング、およびポリシング 52-6, 52-16

QoS レイヤ 3 スイッチング エンジンの最終 CoS 値と ToS 値 52-28

R

RADIUS アカウンティング

イネーブル化 39-56

イベント 39-53

概要 39-52

コンフィギュレーションの例 39-59

サーバ、指定 39-54

サーバのアップデート 39-54

設定時の注意事項 39-55

ディセーブル化 39-57

抑制 39-55

レコードの作成 39-53

RADIUS 許可

イネーブル化 39-50

ディセーブル化 39-50

RADIUS 認証

RADIUS サーバを使用した 802.1X VLAN の割り当て 40-7

イネーブル化 39-28

概要 39-5

鍵、指定 39-27

鍵、消去 39-32

サーバ

オプションのアトリビュートの指定 39-31

指定 39-26

消去 39-32

再送信試行回数、設定 39-30

設定時の注意事項 39-10, 40-12

待機時間、設定 39-30

タイムアウト、設定 39-29

ディセーブル化 39-33

デフォルト設定 39-9, 40-12, 42-9

Rapid PVST+

概要 7-13

設定 7-34

Rapid Spanning Tree

「RSTP」を参照 7-19

RARP

帯域内(SC0)インターフェイスおよび 3-4

rcp

概要 28-7

コンフィギュレーション ファイルのアップロード 28-10

コンフィギュレーション ファイルのダウンロード 28-9

スイッチング モジュール イメージのダウンロード 27-18

スーパーバイザ エンジン イメージのダウンロード 27-17

Remote Monitoring(リモート モニタリング)

「RMON」を参照

Remote Switched Port Analyzer(リモート スイッチド ポート アナライザ)

「RSPAN」を参照

Reverse Address Resolution Protocol

「RARP」を参照

RGMP

RGMP 関連のルータ コマンド 51-35

RGMP 対応ルータ ポート 51-34

RGMP 統計情報

表示 51-34

VLAN 統計情報

表示 51-34

イネーブル化 51-33

概要 51-7, 51-31

設定 51-32

ディセーブル化 51-33

デフォルト設定 51-33

統計情報

消去 51-35

パケット タイプ 51-7, 51-31

マルチキャスト グループ 51-33

マルチキャスト グループに加入 51-4

マルチキャスト プロトコル 51-36

RMON 16-1

イネーブル化 48-2

概要 48-1

サポートされている MIB オブジェクト 48-3

データの表示 48-2

ROM モニタ

BOOT 環境変数および 25-4

CLI 2-1

コンソール ポートのボーレート 25-7

コンフィギュレーション レジスタおよび 25-3

ブート プロセスおよび 25-2

Router Group Management Protocol

「RGMP」を参照

RSPAN

概念および用語 49-1

セッション限度 49-6

セッション限度の表 49-6

設定

CLI での 49-13

単一 RSPAN セッション 49-16

複数の RSPAN セッション 49-18

49-15, 49-17, 49-18

設定時の注意事項 49-12

設定例 49-15

RSTP

ポート ステート 7-20

ポートの役割 7-20

RSVP 52-87

DSBM 選定への参加

イネーブル化 52-88

ディセーブル化 52-89

PDP サーバの設定

削除 52-90

イネーブル化 52-88

ディセーブル化 52-88

ポリシー タイムアウト 52-90

S

sc0 および sc1(帯域内)インターフェイス

IP アドレス、割り当て 3-8

概要 3-1

設定 3-7

sc0(帯域内)インターフェイス

VLAN の割り当て 11-2

ジャンボ フレームのサポート 4-21

SCP

概要 28-8

コンフィギュレーション ファイルのアップロード 28-10

コンフィギュレーション ファイルのダウンロード 28-9

ソフトウェア暗号化イメージのダウンロード 27-24

ソフトウェア イメージのアップロード 27-26

ダウンロード手順

27-24

Serial Control Protocol、コマンド(表) 14-20

session コマンド、MSFC および 2-4

set defaultcostmode コマンド 7-31

set inlinepower defaultallocation コマンド 55-18

set logging level acl コマンド 15-64

set mls agingtime fast コマンド 13-31, 14-22

set mls agingtime コマンド 13-30, 14-21

set mls flow コマンド 13-32, 14-23, 16-13

set module power up/down コマンド 22-15

set power redundancy enable/disable コマンド 22-13

set spantree portcost コマンド 7-29, 7-30, 7-39, 7-57

set spantree portpri コマンド 7-30

set spantree portvlancost コマンド 7-32

set spantree priority コマンド 7-28, 7-38, 7-56

SFTP

ソフトウェア イメージのアップロードに使用 27-28

ソフトウェア イメージのダウンロードに使用 27-27

Shaped Round Robin(シェイプド ラウンド ロビン) 52-68

short キーワード(注) 14-10

show cam コマンド 14-24

show environment power コマンド 55-20

show mls debug コマンド 13-37, 14-33

show mls entry ip destination コマンド 14-27

show mls entry ip flow コマンド 14-28

show mls entry ip source コマンド 14-28

show mls entry ipx コマンド 14-29

show mls entry コマンド 13-33, 14-10, 14-26

show mls ip multicast group コマンド

IP MMLS グループ情報の表示 13-22, 14-37

show mls ip multicast interface コマンド

IP MMLS インターフェイス情報の表示 13-22, 14-37

show mls ip multicast source コマンド

IP MMLS 送信元情報の表示 13-22, 14-37

show mls ip multicast statistics コマンド

IP MMLS 統計情報の表示 13-22, 14-37

show mls ip multicast summary

IP MMLS 設定の表示 13-22, 14-37

show mls rp コマンド 14-19

show mls statistics entry コマンド 13-34, 14-32

show mls statistics protocol コマンド 14-31

show mls statistics top talkers コマンド 13-34

show mls コマンド 13-15, 14-24

show module コマンド 22-13, 22-15

show port inlinepower コマンド 55-19

show port mac-address 20-4

show spantree conflicts コマンド 7-44

Simple Network Management Protocol(簡易ネットワーク管理プロトコル)

「SNMP」を参照

Single Spanning Tree(シングル スパニング ツリー)

「SST」を参照 7-17

sl0(SLIP)インターフェイス

概要 3-1

設定 3-10

SLIP

sl0 インターフェイス 3-4

slip attach コマンド 3-10

slip detach コマンド 3-10

イネーブル化 3-10

概要 3-1, 46-2

コンソール ポートおよび 3-10

注意 3-10

SLIP(sl0)インターフェイス

設定 3-10

SmartPort 55-40

SNMP

ifindex 持続機能 47-5

SNMPv1 および SNMPv2c の設定 47-11

SNMPv1 の概要 47-5

SNMPv2c の概要 47-5

SNMPv3 の概要 47-7

SNMPv3 の設定 47-16

SNMP エージェントおよび MIB 47-6

SNMP コミュニティ ストリングの消去 47-14

SNMP 処理のイネーブル化およびディセーブル化 47-10

アクセス番号に対応付けられた IP アドレスの消去 47-15

概要 47-4

サポートされている RMON MIB オブジェクト 48-3

セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベル 47-4

複数の SNMP コミュニティ ストリングの設定 47-13

ホストのアクセス番号の設定 47-14

用語 47-2

SNMP エンティティ

アクセス コントロール サブシステム 47-7

定義 47-7

ディスパッチャ 47-7

メッセージ処理サブシステム 47-7, 47-8

source-destination-ip フロー マスク 13-12, 14-7

source-destination-vlan フロー マスク 13-12, 14-7

SPAN

CLI での設定 49-8

NMS および 49-1

宛先ポート 49-2

概要 49-7

出力 49-3

セッション 49-2

セッション限度 49-6

セッション限度の表 49-6

設定時の注意事項 49-7

送信元ポート 49-2

注意 49-9

ディセーブル化 49-10, 49-15

トラフィック 49-4

入力 49-3

ハードウェア要件 49-6

Spanning Tree Protocol(スパニング ツリー プロトコル)

「STP」を参照

SRM

SRM の終了 23-53

SRM をイネーブルに設定したイメージのアップグレード 23-52

Supervisor Engine 1、および Supervisor Engine 2 での設定 23-49

Supervisor Engine 720 での設定 23-48

設定時の注意事項 23-48

ハードウェアおよびソフトウェアの要件 23-47

SRR 52-68

SSH 20-13

SSH 暗号化

設定 20-13

SSH キーボード インタラクティブ 20-14

SST 7-17

相互運用性 7-21

STP

「BackboneFast」も参照

BPDU および 7-3

Hello タイム 7-51

IEEE、概要 7-2

MAC アドレスの割り当て 7-15

MAC アドレス リダクション 7-15

イネーブル化 11-7

「MISTP」および「PVST+」も参照

「PortFast」も参照

「UplinkFast」も参照

最大エージング タイマー 7-51

タイマー

「タイマー、設定」を参照

転送遅延タイマー 7-51

ブリッジ ID プライオリティ、概要 7-15

ポート ステート 7-6

Supervisor Engine 1

環境モニタリング 22-16

switch console コマンド、MSFC および 2-4

Switched Port Analyzer(スイッチド ポート アナライザ)

「SPAN」を参照

syslog

Syslog メッセージ数の制限 29-8

概要 29-1

システム Syslog ダンプ、イネーブル化およびディセーブル化 29-12

システム Syslog ダンプ、デバイスおよびファイル名の指定 29-13

セッションの設定値、設定 29-5

設定 29-5

設定、表示 29-10

タイム スタンプ、イネーブル ステートの変更 29-7

デーモン、設定 29-8

デフォルト設定 29-4

バッファ サイズ、設定 29-8

メッセージの形式 29-4

メッセージ ログ、表示 29-11

ログ レベル、設定 29-7

Syslog ダンプ、イネーブル化およびディセーブル化 29-12

T

TACACS+ アカウンティング

イネーブル化 39-56

イベント 39-53

概要 39-52

コンフィギュレーションの例 39-59

サーバのアップデート 39-54

設定時の注意事項 39-55

ディセーブル化 39-57

抑制 39-55

レコードの作成 39-53

TACACS+ 許可の概要 39-44

TACACS+ 認証

イネーブル化 39-20, 39-47

概要 39-4, 39-44

鍵、指定 39-21

鍵、消去 39-24

コマンドの許可 39-45

コマンドの許可の概要 39-45

コンフィギュレーションの例 39-43, 39-51

サーバ、指定 39-20

サーバ、消去 39-24

サーバの消去 39-24

指定要求、イネーブル化およびディセーブル化 39-20, 39-23

設定時の注意事項 39-10, 39-47, 40-12

タイムアウト間隔 39-22

ディセーブル化 39-25, 39-49

デフォルト設定 39-9, 39-46, 40-12, 42-9

プライマリ オプションおよび代替オプション 39-45

ログインの最大試行回数 39-23

TCP QoS 機能

「QoS ACE」または「ACL」を参照

TDR

ケーブル ステータスの確認 20-12

注意事項 20-12

テストの開始および停止 20-12

Telnet

システム メッセージ ロギングの設定 29-6

実行 20-13

ユーザ セッション

切断 20-15

モニタリング 20-15

ログイン試行回数を制限

TACACS+ 39-4

TACACS+ の設定 39-21, 39-23

注意事項 39-10, 40-12

特権モード 39-12

認証 39-2

認証を設定 39-11

ローカル認証 39-13

Telnet、MSFC へのアクセス 2-4

Terminal Access Controller Access Control System Plus

「TACACS+」を参照

TFTP

コンフィギュレーション ファイルのアップロード 28-6, 28-7

コンフィギュレーション ファイルのダウンロード 28-4

ソフトウェア イメージのアップロード 27-16, 27-22

ソフトウェア イメージのダウンロード

スイッチング モジュール 27-9, 27-18

スーパーバイザ エンジン 27-8, 27-17

例、スーパーバイザ エンジン 27-10, 27-19

例、単一モジュール 27-13

例、複数モジュール 27-14, 27-21

Time Domain Reflectometer(タイム ドメイン リフレクトメータ)

「TDR」を参照

Timer Spread Design Logic および注意事項 20-58

TopN レポート

「スイッチ TopN レポート」を参照

ToS

「QoS」を参照

traceroute

「IP traceroute」を参照

traceroute コマンド 4-23

TrBRF

「VLAN、トークン リング」を参照

TrCRF

「VLAN、トークン リング」を参照

Trivial File Transfer Protocol(簡易ファイル転送プロトコル)

「TFTP」を参照

trust-dscp

「QoS trust-dscp」を参照

trust-ipprec

「QoS trust-ipprec」を参照

U

UDLD

イネーブル化

グローバルに 32-3

ポート上で 32-4

概要 32-1

設定の表示 32-6

ディセーブル化

グローバルに 32-4

ポート上で 32-4

デフォルト設定 32-3

メッセージ インターバルの指定 32-5

UDP QoS 機能

「QoS ACE」または「ACL」を参照

UniDirectional Link Detection Protocol(単一方向リンク検出プロトコル)

「UDLD」を参照

untrusted(信頼できない)

「QoS trust-cos」を参照

「QoS untrusted」を参照

UplinkFast 9-3

MISTP モード 9-15

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー) 7-18

PVST+ モード 9-15

イネーブル化 9-16

9-4

ディセーブル化 9-17

V

VACL 15-4

ACE

概要 15-5

ARP トラフィックの制限 15-32

IOS ACL と併用 15-18

Policy-Based Forwardingの設定 15-96

一般的な使用方法 15-27

概要 15-2

カウンタの設定 15-87

サポートされていない機能 15-48

サポートされる機能 15-5

設定 15-49

概要 15-50

15-28

注意事項 15-49

設定時の注意事項 15-49

タイプおよび ACE パラメータ 15-5

タイプおよびパラメータ 15-5

適用

ブリッジド パケット 15-8

マルチキャスト パケット 15-9

ルーテッド パケット 15-8

特定のサーバに対する DHCP 応答の制限

15-30

手順 15-30

特定のサーバ ポートへのブロードキャスト トラフィックのリダイレクト

15-29

手順 15-29

トラフィック フローのキャプチャ 15-62

ハードウェア要件 15-2

プライベート VLAN 上での設定 15-47

フラッシュ メモリへの保存 15-70

他の VLAN 上のサーバからのアクセス拒否

手順 15-30

レイヤ 2 パラメータ 15-5

レイヤ 3 パラメータ 15-5

レイヤ 4 パラメータ 15-5

レイヤ 4 ポートの演算 15-25

ロギング メッセージ 15-64

VLAN

FDDI 11-33

Firewall Services Module と使用するための設定 11-40

IP サブネットワークおよび 11-2

ISL への 802.1Q のマッピング 11-9

MISTP VLAN の矛盾

「MISTP」を参照

sc0(帯域内)インターフェイスの割り当て 11-2

VLAN マッピングの設定 11-14

VTP ドメインおよび 11-1

イーサネット 11-5

インターネット

ISL への 802.1Q のマッピング 11-9

ポートの割り当て 11-11

ポート、割り当て 11-11

拡張範囲 11-3, 11-6

コマンドラインでの指定 2-5

削除 11-13

帯域内(SC0)インターフェイスの割り当て 11-2

デフォルト設定 11-4

トークン リング 11-33

トランク

「トランク」を参照

トランク上で許可 5-8

ネイティブ

802.1Q および 5-5

標準範囲 11-3, 11-5

プライベート

「プライベート VLAN」を参照

プロトコル フィルタリングおよび 36-1

ポート プロビジョニング検証 11-12

補助 55-9, 55-21

予約範囲 11-3

VLAN Access Control List(VLAN アクセス コントロール リスト)

「VACL」を参照

VLAN Management Policy Server(VLAN マネジメント ポリシー サーバ)

「VMPS」を参照

VLAN Trunking Protocol(VLAN トランキング プロトコル)

「VTP」を参照

VLAN 間ルーティング

AppleTalk、設定 12-5

IPX、設定 12-4

IP、設定 12-3

概要 12-1

VLAN 単位の ACL 統計情報、イネーブル化 15-90

VLAN フィルタリング

トランク 49-4

VLAN ベースの SPAN

「VSPAN」を参照

VLAN マッピング 11-14

VLSM

スタティック ルートおよび 22-8

VMPS

エラー メッセージ(表) 19-10

概要 19-1

管理 19-7

コンフィギュレーション ファイル

バックアップ 19-8

設定 19-5

設定例

ダイナミック ポート VLAN メンバシップ 19-13

データベース コンフィギュレーション ファイル 19-11

ダイナミック ポート メンバシップ

概要 19-1

再確認 19-7

設定 19-6

トラブルシューティング 19-10

19-13

ディセーブル化 19-5

データベース

コンフィギュレーション ファイルの例 19-11

作成 19-4

ダウンロード 19-7

デフォルト設定 19-3

トラブルシューティング 19-10

メンバシップの再確認 19-7

モニタリング 19-7

Voice over IP ネットワーク

CDP 55-10

CDP デバイスに対する拡張信頼(信頼境界機能) 55-35

Cisco CallManager 55-5

Cisco IP Phone 7960 55-2

CLI コマンド 55-11

QoS、設定 55-33

SmartPort 55-40

Cisco IP Phone、概要 55-41

Cisco SoftPhone、概要 55-41

CLI インターフェイス 55-43

Release 8.4(1) における拡張機能 55-46

使用方法 55-46

注意事項および制限事項 55-42

マクロ ステートメント 55-45

VLAN の概要 55-9

アクセス ゲートウェイの設定 55-24

アクティブ コール情報の表示 55-31

アナログ ステーション ゲートウェイ、24 ポート FXS アナログ インターフェイス モジュール 55-5

アナログ トランク ゲートウェイ、説明 55-6

概要 55-1

コール発信の仕組み 55-8

コンバージド ボイス ゲートウェイ、Cisco VG200 55-7

ソフトウェアおよびハードウェアの要件 55-1

デジタル トランク ゲートウェイ、8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュール 55-6

補助 VLAN、設定 55-21

VSPAN 49-3

VTP

VLAN および 11-1

アドバタイズメント 10-3

オフ モード、設定 10-9

概要 10-1

クライアント、設定 10-8

サーバ、設定 10-7

設定

クライアント 10-8

サーバ 10-7

設定時の注意事項 10-6

注意 10-6

ディセーブル化 10-8, 10-9

デフォルト設定 10-6

統計情報 10-13

ドメイン 10-2

トランスペアレント モード、設定 10-8

バージョン 2

イネーブル化 10-10

概要 10-3

ディセーブル化 10-11

バージョン 3

show コマンド 10-32

VTP クライアントの設定 10-26

VTP サーバの設定 10-25

イネーブル化 10-24

概要 10-14

拡張範囲 VLAN の命名 11-3, 11-7

設定 10-23

ディセーブル化 10-28

デフォルト設定 10-23

トランスペアレント モードの設定 10-27

バージョン 3 テイクオーバーの設定 10-30

パスワードの設定 10-29

プライベート VLAN を使用 11-23

ポート単位でディセーブル化 10-31

モードの変更 10-25

プルーニング

概要 10-4

10-5

設定 10-11

ディセーブル化 10-13

モード

オフ 10-3

クライアント 10-2

サーバ 10-2

トランスペアレント 10-3

モニタリング 10-13

VTP プルーニング

概要 10-4

設定 10-11

ディセーブル化 10-13

W

WCCP 15-3, 15-13, 15-17

Web Cache Coordination Protocol

「WCCP」を参照 15-13, 15-17

Web キャッシュ

「キャッシュ エンジン」を参照

Web ベース プロキシ認証

HTTP トラフィックの代行受信 42-5

アクセス コントロール

PBACL 42-6

イネーブル化

グローバルに 42-11

ポートで 42-12

開始とメッセージ交換 42-4

概要 42-2

グローバル

イネーブル化 42-11

ディセーブル化 42-11

サポート対象 HTML ページ 42-6

成功ページ、定義 42-6

ログイン失敗ページ、定義 42-7

ログイン ページ、定義 42-6

初期化 42-12

設定

ACE 用 ACL 42-10

許容されるログインの最大試行回数 42-14

セッション タイムアウト時間 42-14

待機時間 42-14

ログイン失敗ページの URL 42-13

ログイン ページの URL 42-13

定義 42-2

NAD 42-3

サプリカント 42-3

スイッチ 42-3

ホスト 42-3

ディセーブル化

グローバルに 42-11

ポートで 42-12

デバイス トラッキング 43-1, 43-6

デバイスの役割 42-3

デフォルト設定 42-9

認証サーバ

RADIUS サーバ 42-3

定義 42-3

ハイ アベイラビリティ 42-7

表示

RADIUS が割り当てた値 42-15

現在のステート 42-15

情報の要約 42-15

ポート単位の情報 42-16

ポートごとに複数のホスト 42-7

他の機能との相互作用

802.1X 42-8

DAI 42-8

DHCP スヌーピング 42-8

IPSG 42-8

MAC 認証バイパス 42-8

NAC 42-9

VVID 42-9

ゲスト VLAN 42-9

認証失敗 VLAN 42-9

ポート セキュリティ 42-9

ホスト エージング 43-1, 43-6

ホスト検出 42-5

ホスト ステート

解析エラー 42-7, 42-8

初期化 42-7

セッション タイムアウト 42-7

接続 42-7

認証 42-7

認証済み 42-7

認証の失敗 42-8

保留 42-8

Weighted Round-Robin(重み付きラウンドロビン) 52-68

WRED 52-65

write tech-support 22-18

WRR 52-68

X

XENPAK

「Digital Optical Monitoring」を参照

Xmodem によるソフトウェアのダウンロード 27-34

Y

Ymodem によるソフトウェアのダウンロード 27-34

アウト オブ プロファイル

「QoS アウト オブ プロファイル」を参照

アカウンティング

RADIUS サーバの指定 39-54

アカウンティングの抑制 39-55

アカウンティング レコードの作成 39-53

イネーブル化 39-56

イベント 39-53

概要 39-52

コンフィギュレーションの例 39-59

サーバのアップデート 39-54

設定時の注意事項 39-55

ディセーブル化 39-57

デフォルト設定 39-55

アクセス、MSFC

Telnet セッション 2-4

コンソール ポート 2-4

アクセス コントロール エントリ

「IOS ACL」を参照

「QoS ACE」を参照

「VACL」を参照

アクセス コントロール サブシステム

SNMP エンティティ 47-7

アクセス コントロール リスト

「IOS ACL」を参照

「QoS ACL」を参照

「VACL」を参照

アクセス不能認証バイパス、設定 44-25

アップロード

コンフィギュレーション ファイル

TFTP 28-7

実行コンフィギュレーション 28-7, 28-10

準備 28-6, 28-10

ソフトウェア イメージ

rcp サーバ 27-22, 27-26

準備 27-15, 27-22, 27-26

スーパーバイザ エンジン 27-16, 27-22, 27-26

宛先ベースの QoS

「QoS」を参照

アドバタイズメント、VTP 10-3

アドレス

IP、「IP アドレス」を参照

MAC、「MAC アドレス」を参照

アドレス テーブル、スイッチング 4-2

アラーム、メジャーおよびマイナー 22-16

暗号化イメージ

アップロード

RCP を使用 27-26

イーサネット

概要 4-1

自動ネゴシエーション、速度 4-6

接続の確認 4-23

設定 4-1

タイムアウト時間 4-13

デフォルト設定 4-4

フレーム スイッチング 4-2

フロー制御のキーワード(表) 4-9

ポート イネーブル ステート 4-10

ポート速度、設定 4-6

ポート デュプレックスの設定 4-11

ポート ネゴシエーション 4-10

ポートのデュプレックス、設定 4-7

ポート名、設定 4-6

イーサネット OAM、設定 20-27

イーサネット入力ポート

ACL 52-18

QoS ACL 52-17

イネーブル化 40-24

MLS、MSFC インターフェイス上での 14-18

イネーブル化、IP MMLS の

MSFC インターフェイスでの 13-20, 14-36

イネーブル パスワード

設定 39-15

忘失したものを回復 39-16

イメージ

「ソフトウェア イメージ」を参照

インターフェイス

SLIP(sl0) 3-4, 3-10

帯域内(sc0) 11-2

帯域内(sc0 および sc1) 3-4, 3-7

インターフェイス コンフィギュレーション モード 2-10

インライン パワー

効率 55-15

エイリアス

IP

作成 22-8

指定 2-6

コマンド用に作成 22-7

エージング タイム

CEF 13-12

MLS 14-21

PFC2 NetFlow 統計情報 13-30

エラー検出、設定 4-18

エラー メッセージ

VMPS(表) 19-10

システム メッセージ ロギング(Syslog) 29-1

オンライン診断(汎用)

概要 21-1

設定 21-2

カウンタ、IOS ACL、PACL、および VACL の設定 15-87

「DES 鍵」を参照

「RADIUS 鍵」を参照

「TACACS+ 鍵」を参照

書き換え、パケット

CEF 13-3

MLS 14-2

拡張範囲 VLAN

「VLAN」を参照

隔離ポート 11-21

仮想 LAN

「VLAN」を参照

カプセル化タイプの説明、トランク(表) 5-3

環境変数

「BOOT 環境変数」を参照

監査、エージェントレス ホスト 41-15

完全優先キュー

「QoS」を参照

完全優先

管理情報ベース(MIB)

RMON および RMON2 サポート(表) 48-3

管理、スイッチ 22-1, 30-1

ギガビット イーサネット

「イーサネット」を参照

ギガビット イーサネット トランク

「トランク」を参照

起動

Melody Compact Flash から 3-5

NVRAM を無視 25-10

コンフィギュレーション レジスタ、値の設定 25-11

起動方法

Melody Compact Flash からの起動 3-5

MSFC の起動 3-4

起動方法、MSFC の初回の 3-4

キャッシュ

IP MLS、エントリの表示 14-25

MLS、概要 14-5

キャッシュ エンジン 56-2

キャッシュ エンジン クラスタ 56-2

キャッシュ ファーム

「キャッシュ エンジン クラスタ」を参照

キャプチャ、トラフィック フロー 15-62

許可

概要 39-44

関連項目

RADIUS

TACACS+

許可リスト

「IP 許可リスト」を参照

グローバル コンフィギュレーション モード 2-10

クロック、設定 22-4

ゲスト VLAN 40-25

検出

BPDU スキューイング 7-63

効率

PoE ドーター カード 55-15

コマンド エイリアス、作成 22-7

コマンド、リスト表示 2-11

コミュニティ ポート 11-21

コンソール コンフィギュレーションモード 2-10

コンソール ポート

MSFC へのアクセス 2-4

ROM モニタのボーレート 25-7

SLIP および 3-10

システム メッセージ ロギングの設定 29-6

ソフトウェア イメージのダウンロード

PC でのダウンロードの例 27-32

PC での手順 27-30

UNIX でのダウンロードの例 27-33

UNIX での手順 27-31

準備 27-29

ユーザ セッション

切断 20-15

モニタリング 20-15

コンタクト、設定 22-4

コンバージェンス

向上 7-48

コンパクト フラッシュ メモリ 3-5

コンフィギュレーション ファイル

rcp による消去 28-11

rcp または SCP を使用してアップロード

準備 28-10

rcp を使用してコピー 28-7

アップロード

rcp サーバへの 28-10

TFTP サーバへの 28-7

準備 28-6, 28-10

作成 28-3

作成の際の注意事項 28-2

実行コンフィギュレーション

rcp によるアップロード 28-10

rcp によるダウンロード 28-9

TFTP によるダウンロード 28-4, 28-7

ダウンロード

rcp 28-9

TFTP による 28-4

準備 28-4

フラッシュ デバイスから 28-5

プロファイル ファイル

ロックダウン プロファイル 28-18

コンフィギュレーション モード 2-9

コンフィギュレーション レジスタ

CONFIG_FILE 反復、設定 25-8

ROM モニタ コンソール ポートのボーレート 25-7

概要 25-3

起動時に NVRAM を無視 25-10

設定 25-11

デフォルト設定 25-5

ブート フィールド、スイッチの設定 25-6

再送信時間

認証者からホストへ 40-20

バックエンド認証者から認証サーバへの 40-21

バックエンド認証者からホストへ 40-21

再送信フレーム数 40-22

サプリカント

自動再認識 40-18

手動での再認証 40-18

サマータイム

調整のイネーブル化 34-6

調整のディセーブル化 34-7

しきい値

「QoS 輻輳回避」を参照

時刻、設定 22-4

システム

モニタリング 20-20

システム Syslog ダンプ、イネーブル化およびディセーブル化 29-12

システム イメージ

スイッチ

SCP を使用したダウンロード 27-24

アップロード 27-16, 27-22

起動方法、指定 25-1

ダウンロード 27-8, 27-17

システム クロック、設定 22-4

システム警告

実行 20-21

使用 20-20

ハードウェア レベル 20-24

システム コンタクト、設定 22-4

システム ステータス レポート 22-18

システム プロンプト

概要 22-2

設定 22-3

システム名

概要 22-2

消去 22-3

設定

スタティックなシステム プロンプト 22-3

スタティックなシステム名 22-3

システム メッセージ ロギング

Syslog サーバ

削除 29-9

設定 29-9

ロギングのディセーブル化 29-10

Syslog デーモン、設定 29-8

Telnet セッション ロギング

イネーブル化 29-6

ディセーブル化 29-6

概要 29-1

コンソール セッション ロギング

イネーブル化 29-6

ディセーブル化 29-6

サーバ、設定 29-9

システム メッセージの表示 29-10

セッションの設定値、設定 29-5

設定 29-5

設定、表示 29-10

タイム スタンプ、イネーブル ステートの変更 29-7

定義

重大度(表) 29-3

要素(表) 29-3

デーモン、設定 29-8

デフォルト設定 29-4

バッファ サイズ、設定 29-8

メッセージの形式 29-4

メッセージ ログ、表示 29-11

ログ レベル、設定 29-7

システム リセット

スケジューリング 22-11

時間指定 22-12

絶対的な日時 22-11

システム ロケーション、設定 22-4

自動 MDI/MDIX 4-8

自動 QoS

CLI インターフェイス 53-14

CoS および DSCP 値 53-2

Syslog 53-26

概要 53-1

機能の要約 53-28

グローバル自動 QoS マクロ 53-7

警告とエラー状況 53-24

使用方法 53-30

設定時の注意事項および制限事項 53-4

設定ステートメント 53-18

ポート固有の自動 QoS マクロ 53-9

マクロ 53-4

自動ステート

概要 12-6

除外モード 12-7

追跡モード 12-7

通常モード 12-6

設定

除外モード 12-8

追跡モード 12-8

設定の表示 12-9

ディセーブル化 12-10

自動ネゴシエーション

速度 4-6

デュプレックス 4-7

トランク 5-2

自動モジュール シャットダウン

サポートされていないモジュール 4-15

設定 4-15

ジャンボ フレーム

sc0 インターフェイス 4-21

イネーブル化 4-20

設定 4-20

ディセーブル化 4-20

重大な回復遅延、設定 40-22

集約

「EtherChannel」を参照

集約ポリシング ルール

「QoS ポリシング」を参照

受信キュー

「QoS 受信キュー」を参照

消去、設定の 28-11

冗長

ブート イメージの同期化 23-19

ランタイム イメージとブートストリングの同期化 23-17

冗長(NSF)

設定

BGP 24-8

CEF 24-7

IS-IS 24-11

OSPF 24-9

冗長(SSO)

redundancy コマンド 24-6

冗長機能の概要 23-22

冗長スーパーバイザ エンジン

「スーパーバイザ エンジン、冗長」を参照

省略、コマンドの 2-10

ショートカット、レイヤ 3

「MLS」を参照

シリアル ダウンロード

PC ソフトウェア イメージのダウンロード手順 27-30

PC ソフトウェア イメージのダウンロードの例 27-32

UNIX ソフトウェア イメージのダウンロード手順 27-31

UNIX ソフトウェア イメージのダウンロードの例 27-33

ダウンロードの準備 27-29

信頼境界、設定 55-35

スイッチ CLI

IP アドレス、指定 2-6

IP エイリアス、指定 2-6

MAC アドレス、指定 2-6

VLAN、指定 2-5

アクセス 2-2

概要 2-2

動作 2-5

ヒストリ置換 2-8

ヘルプ 2-8

ポート、指定 2-5

モジュール、指定 2-5

スイッチ TopN レポート

概要 50-1

実行 50-3

バックグラウンドでの実行 50-3

表示 50-3

フォアグラウンドでの実行 50-2

メトリック値(表) 50-2

スイッチオーバー

「スーパーバイザ エンジン、スイッチオーバー」を参照

スイッチ管理

スイッチのブート プロセス 25-2

手順 22-1, 30-1

ポート、ステータスの確認 20-3

モジュール、ステータスの確認 20-2

スイッチ管理インターフェイス

「スーパーバイザ エンジン、管理インターフェイス」を参照

スイッチ ファブリック モジュール

720 Gbps 統合スイッチ ファブリック 46-2

LCD バナー 46-12

外部スイッチ ファブリック モジュール 46-2

概要 46-1

スロットの位置 46-3

設定とモニタリング 46-4

転送モード 46-3

ファブリック モジュール カウンタ 46-7

スイッチング、アドレス テーブル 4-2

スイッチング モジュール

「モジュール」を参照

スーパーバイザ エンジン

BOOT 環境変数

概要 25-4

消去 25-12, 25-13

設定 25-12, 25-13

表示 25-14

IP アドレス、設定 3-7

ROM モニタ 25-2

sc0 および sc1(帯域内)インターフェイス 3-7

sl0(SLIP)インターフェイス 3-10

管理インターフェイス

sc0 および sc1(帯域内)、設定 3-7

sl0(SLIP)、設定 3-10

概要 3-1

コンソール ポート

ROM モニタのボーレート 25-7

SLIP および 3-10

コンフィギュレーション レジスタ

NVRAM を無視、設定 25-10

ROM モニタのボーレート、設定 25-7

概要 25-3

設定 25-11

ブート フィールド、設定 25-6

冗長

概要 23-2

スタンバイへの強制切り替え 23-7

ステータスの確認 23-6

スロット割り当て 23-2

設定時の注意事項 23-5

フラッシュの同期化 23-4, 23-16

スイッチオーバー 23-7

スタートアップ コンフィギュレーション 25-1

スタティック ルート 22-8

設定 3-1, 46-1

設定準備 3-4

ソフトウェア イメージ

アップロード 27-22, 27-26

起動方法、指定 25-1

ダウンロード 27-8, 27-17, 27-24

ソフトウェア イメージのアップロード 27-16, 27-22, 27-26

ソフトウェア イメージのダウンロード 27-8, 27-17, 27-24

デフォルト ゲートウェイ 3-9

デフォルト設定 3-6

デフォルト ブート設定 25-5

ブート イメージ 23-3

フラッシュ ファイル システム

「フラッシュ ファイル システム」を参照

スキューイング

BPDU の設定 7-62

スケーラビリティ データ 20-45

スケジューリング

「QoS」を参照

スケジューリング、システム リセット 22-11

スタティック ルート

CIDR および 22-8

VLSM および 22-8

設定 22-8

スタンバイ スーパーバイザ エンジン

「冗長スーパーバイザ エンジン」を参照

「スーパーバイザ エンジン、冗長」を参照

スパニング ツリー

警告、実行 20-24

セキュア ポート

ユニキャスト フラッディング ブロックのイネーブル化 38-10

ユニキャスト フラッディング ブロックのディセーブル化 38-10

セキュリティ

IP 許可リスト 37-1

設定 24-1, 37-1, 38-1, 40-1, 42-1

パスワード、設定 39-14, 39-15

セキュリティ ACL、VACL-VLAN マッピングの削除 15-61

設定

MISTP 7-38, 7-56

消去(スイッチ) 28-11

送信キュー

「QoS 送信キュー」を参照

速度

10/100 イーサネット ポート、設定 4-6

ソフトウェア イメージ

EPLD イメージのアップグレード 27-2

SCP を使用したダウンロード

準備 27-23, 27-26

SFTP を使用したダウンロード 27-27, 27-28

アップロード

rcp サーバ 27-22, 27-26

準備 27-15, 27-22

スーパーバイザ エンジン 27-16, 27-22, 27-26

確認 27-36

ダウンロード

概要 27-6

準備 27-7, 27-16

スイッチング モジュール 27-9, 27-18

スーパーバイザ エンジン 27-8, 27-17, 27-24

例、スーパーバイザ エンジン 27-10, 27-19

例、単一モジュール 27-13, 27-20

例、複数モジュール 27-14, 27-20

帯域内(SC0)インターフェイス

DHCP および 3-12

RARP および 3-12

VLAN の割り当て 11-2

帯域内(sc0 および sc1)インターフェイス

IP アドレス、割り当て 3-8

概要 3-1, 3-4

機能の比較 3-7

設定 3-7

ダイナミック ポート VLAN メンバシップ

概要 19-1

再確認 19-7

設定 19-6

デフォルト設定 19-3

トラブルシューティング 19-10

補助 VLAN 19-15

19-13

タイマー、設定

Hello タイム 7-51

最大エージング タイム 7-51

転送遅延 7-51

タイム ゾーン

消去 34-8

設定 34-6

ダウンロード

コンフィギュレーション ファイル

rcp または SCP を使用 28-8

TFTP による 28-4

準備 28-4

フラッシュ デバイスから 28-5

ソフトウェア イメージ

Xmodem または Ymodem 27-34

概要 27-6

準備 27-7, 27-16, 27-23

スイッチング モジュール 27-9, 27-18

スーパーバイザ エンジン 27-8, 27-17, 27-24

例、スーパーバイザ エンジン 27-10, 27-19

例、単一モジュール 27-13, 27-20

例、複数モジュール 27-14, 27-20

脱退処理、IGMP

イネーブル化 51-14

ディセーブル化 51-19

単一ルータ モードの冗長機能

「SRM」を参照

チェックサム、フラッシュ ファイルの確認 26-9

チャネル、チャネル カウンタの消去と復元 6-21

チャネル モード、EtherChannel(表)

LACP 6-14

PAgP 6-6

追加、ホスト 40-25

ディスパッチャ

SNMP エンティティ 47-7

ディセーブル化 40-25

ディセーブル化、MLS の

MSFC インターフェイスでの 14-18

スーパーバイザ エンジンでの(注) 14-21

データベース、VMPS

コンフィギュレーション ファイルの例 19-11

ダウンロード 19-7

テキスト ファイル コンフィギュレーション モード

コンフィギュレーション モードの設定 26-2

自動保存オプション 26-3

デフォルト ゲートウェイ

削除 3-9

設定 3-9

デュプレックス、イーサネット 4-7

電源の管理

音声 55-12

概要 22-13

冗長構成のイネーブル化またはディセーブル化 22-13

電源モードの表示 55-19

ポートにデフォルトで割り当てられる電力量の設定 55-18, 55-19

モジュールのインライン パワー通知しきい値の設定 55-19

モジュールの電源投入または切断 22-15

電話機、Cisco IP Phone 7960 55-2

統計

BPDU スキューイング 7-62

ブリッジド フロー 16-4

統計情報、PFC2 13-11

トークン バケット 52-24

トークン リング

「VLAN、トークン リング」を参照 11-33

ドーター カード

電力の効率 55-15

特権 EXEC モード 2-10

特権モード 2-10

ドメイン名

消去 30-3

設定 30-2

トラフィック、処理

非分割 15-6

分割 15-6

トラブルシューティング

VMPS 19-10

システム メッセージ ロギングおよび 29-1

トランク

802.1Q

制限事項 5-4

設定 5-7

ネイティブ VLAN トラフィックのタギング 5-11

ネゴシエーション 5-8

ISL

EtherChannel リンクによる 5-16

トランクの設定 5-14

VLAN 1、ディセーブル化 5-28

VLAN、許容 5-8

概要 5-1

可能な設定(表) 5-3

カプセル化タイプ

説明(表) 5-3

許容 VLAN 5-8

許容 VLAN の定義 5-8

自動ネゴシエーション 5-2

設定

802.1Q トランク 5-7

ISL/802.1Q ネゴシエーション トランク ポート 5-8

ISL トランク 5-6

設定例

802.1Q 5-18

ISL 5-14, 5-16

負荷分散 5-22

ディセーブル化 5-10

デフォルト設定 5-5

トラフィックの負荷分散 5-22

並列設定 5-27

モード(表) 5-2

トランク上での負荷分散 5-22

トランシーバ、モニタリング

「Digital Optical Monitoring」を参照

トンネリング

「802.1Q トンネリング」を参照

認証

NTP および 34-4

回復、パスワード 39-16

概要 39-2

関連項目

Kerberos 認証

RADIUS 認証

TACACS+ 認証

ローカル認証

ログイン認証

ログイン

イネーブル化 39-11, 39-12

概要 39-2

パスワード 39-14

ログイン時のロックアウトの強化 39-2

ネイティブ VLAN

802.1Q および 5-5

ネットワーク管理

「RMON」を参照

ネットワークの耐障害性 7-17

ハイ アベイラビリティ

720 Gbps 統合スイッチ ファブリック 46-2

概要 23-9

サポートされる機能 23-10

スタンバイ スーパーバイザ エンジンへの異なるイメージのロード 23-15

設定 23-13

バージョニングの概要 23-12

廃棄しきい値

「QoS 輻輳回避」を参照

パケット

ブリッジド 15-8

マルチキャスト 15-9

ルーテッド 15-8

パケットしきい値

CEF 13-31

IP MLS 14-22

パケットの書き換え

CEF 13-3

MLS および 14-2

パケット バッファ エラー処理、設定 20-25

パスワード

イネーブル 39-15

忘失したものを回復 39-16

ログイン 39-14

バックエンド認証者からサプリカントへの 40-22

バックプレーン

しきい値検知 20-21

バナー

「ログイン バナー」を参照

光ファイバ、単一方向リンクの検出 32-1

ヒストリ、スイッチ CLI 2-8

日付、設定 22-4

標準範囲 VLAN

「VLAN」を参照

ファースト イーサネット

「イーサネット」を参照

ファースト エージング タイム 14-22

PFC2 統計情報 13-31

ファイル転送プロトコル、比較 27-5

フィルタ

「プロトコル フィルタリング」を参照

フィルタ、NDE

「NDE フィルタ」を参照

フィルタリング構文、QoS 52-47

ブート イメージおよびスイッチ 23-3

ブート フィールド

概要 25-3

設定 25-6

フォーマット、フラッシュ デバイス 26-9

複数の転送パス 7-17

輻輳回避

「QoS 輻輳回避」を参照

プライベート VLAN 11-21

802.1X 認証の使用 40-41

ACL の設定 15-47

隔離 VLAN 11-21

隔離 VLAN、コミニュニティ VLAN または双方向コミュニティ VLAN の削除 11-31

コミュニティ VLAN 11-21

削除 11-30

作成 11-27

設定時の注意事項 11-23

双方向コミュニティ VLAN 11-21

ハードウェアとソフトウェアの相互作用 11-24

プライマリ VLAN 11-21

マッピングを削除 11-31

フラッシュ PC カード、フォーマット 26-9

フラッシュの同期化

概要 23-4

23-16

フラッシュ ファイル システム

概要 26-1

コンフィギュレーション モードの設定 26-2

チェックサム 26-9

デバイスのフォーマット 26-9

ファイル

コピー 26-6

削除 26-8

デフォルトの設定 26-2

復元 26-8

リスト 26-5

フラッシュ メモリ

ACL を保存 15-70

Melody Compact Flash 3-5

ブリッジ ID および MAC アドレス 7-15

ブリッジ ID プライオリティ、PVST+ 7-28

ブリッジド フローの統計情報 14-30, 16-4

プルーニング、VTP

「VTP、プルーニング」を参照

フレックス リンク、設定 4-18

フロー

IP MMLS

部分的スイッチングおよび完全スイッチング 13-9, 14-11

MLS 14-5

マルチキャスト

部分的スイッチングおよび完全スイッチング 14-11

フロー制御 4-9

キーワード(表) 4-9

設定 4-9

フローチャート、QoS 52-4

ブロードキャスト抑制 35-1

errdisable ステートのイネーブル化 35-5

イネーブル化 35-3

ディセーブル化 35-4

マルチキャスト トラフィックの抑制 51-7

ユニキャスト トラフィックの抑制 35-2

フロー マスク

CEF 13-12

destination-ip 13-12

destination-ipx 13-12

full flow 13-12

source-destination-ip 13-12

source-destination-vlan 13-12

IP MLS full flow 14-7

IP MLS エントリ 14-10

IPX MLS 14-7

MLS

source-destination-ip 14-7

source-destination-vlan 14-7

宛先 14-7

概要 14-6

最小 14-23

PFC2 統計情報 13-32

モード 14-7

CEF 13-12

ブロック、移行を 20-24

プロトコル データ ユニット

「PDU」を参照

プロトコル トンネリング

概要 8-6

設定 8-7

設定時の注意事項 8-7

プロトコル フィルタリング

イネーブル化 36-3

概要 36-1

設定 36-3

ディセーブル化 36-4

デフォルト設定 36-2

プロトコル サポート 36-2

プロンプト

概要 22-2

設定 22-3

ポート

10 ギガビット イーサネット リンク用の PRBS テスト 20-10

errdisable タイムアウト、設定 4-13

VLAN の割り当て 11-11

エラー検出の設定 4-18

隔離 11-21

機能、確認 20-6

コマンドラインでの指定 2-5

コミュニティ 11-21

混合 11-21

ステータスの確認 20-3

速度、10/100 イーサネット 4-6

ダイナミック VLAN メンバシップ

概要 19-1

再確認 19-7

設定 19-6

デフォルト設定 19-3

トラブルシューティング 19-10

19-13

デバウンス タイマーの設定 4-11

デフォルト ポート イネーブル ステートの変更 4-10

デュプレックス 4-7

名前 4-6

ポート デバウンス タイマーの設定変更 4-12

ポート カウンタ

モニタリング 20-20

ポート ステータス、確認 20-3

ポート セキュリティ

802.1X 認証での 40-10

802.1X 認証でのイネーブル化 40-10

MAC アドレスの消去 38-9

MAC アドレス、番号を指定 38-6

イネーブル化 38-5

トランク ポートで 38-6

エージング タイム、指定 38-8

概要 38-2

シャットダウン タイム、指定 38-11

セキュリティ違反時の処置、指定 38-11

設定時の注意事項 38-4

ディセーブル化 38-12

デフォルト ポート イネーブル ステートの変更 4-10

モニタリング 38-13

ポート デバウンス タイマー

イネーブル化 4-11

設定変更 4-12

ディセーブル化 4-11

表示 4-11

ポートの集約、EtherChannel 6-2

ポート プロビジョニング検証 11-12

ポートベース QoS の機能

「QoS」を参照

ポートベースの認証

EAPOL-Start フレーム 40-4

EAP-Request/Identity フレーム 40-4

EAP-Response/Identity フレーム 40-4

開始とメッセージ交換 40-4

カプセル化 40-3

スイッチ

RADIUS クライアント 40-3

プロキシとして 40-3

デバイスの役割 40-3

認証サーバ

RADIUS サーバ 40-3

ポート

許可および無許可 40-5

許可ステートおよび dot1x port-control コマンド 40-5

補助 VLAN

802.1X 認証での 40-9

IP Phone が検出されるまで補助 VLAN をディセーブルにする 55-23

概要 55-9

設定 55-21

ダイナミック ポート VLAN メンバシップ 19-15

マーキング(QoS) 52-30

マークダウン(QoS) 52-25

マイクロフロー ポリシング ルール 52-25

マッピング、VLAN の 11-9

マルチキャスト

「IP マルチキャスト」を参照

グループ

脱退 51-5

マルチキャスト トラフィック、レート制限 51-16

マルチキャスト抑制 35-2, 51-7

マルチレイヤ スイッチング

「MLS」を参照

ミニ プロトコル アナライザ

CLI での設定 49-21

概要 49-20

セッション限度 49-6

セッション限度の表 49-6

設定時の注意事項 49-20

ハードウェア要件 49-19

メイン MSFC 23-26

メッセージ処理サブシステム 47-8

SNMP エンティティ 47-7, 47-8

メトリック値、スイッチ TopN レポート(表) 50-2

メトロ イーサネット CFM 20-39

メモリ使用量

モニタリング 20-22

モジュール

コマンドラインでの指定 2-5

スーパーバイザ エンジン

設定 3-1

ステータス、確認 20-2

ステータスの確認 20-2

ソフトウェア イメージのダウンロード 27-9, 27-18

モニタリング

システム警告 20-20

メモリの使用状況 20-22

ユーザ EXEC モード 2-10

ユーザ セッション

切断 20-15

モニタリング 20-15

ユニキャスト フラッディング ブロック

イネーブル化 45-3

セキュア ポートでのイネーブル化 38-10

セキュア ポートでのディセーブル化 38-10

設定 45-1 ~ 45-4

MAC アドレスのブロック 45-1

注意事項 45-2

ディセーブル化 45-3

表示 45-4

ユニキャスト抑制 35-2

予約範囲 VLAN

「VLAN」を参照

リセット

システム リセットのスケジューリング 22-11

スケジューリング

時間指定 22-12

絶対的な日時 22-11

略語一覧 A-1

リンク エラー処理、設定 20-25

隣接テーブル 13-8

ルータ、マルチキャスト 51-28

ルーティング テーブル、マルチキャスト 13-22, 14-37

ルート ガード

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー) 7-18

イネーブル化 7-50

ディセーブル化 7-50

ルート スイッチ

コンバージェンスの向上 7-48

セカンダリ、設定 7-47

プライマリ、設定 7-46

「ルート ガード」も参照

ループ ガード

Multiple Spanning Tree(多重スパニング ツリー) 7-18

概要 9-7

設定 9-20

レイヤ 2

IP MMLS の転送テーブル 14-5

PDU レート リミッタ 7-26

traceroute ユーティリティ 20-18

プロトコル トンネリング 8-6

レイヤ 3 スイッチド パケットの書き換え

CEF 13-3

MLS 14-2

レイヤ 3 スイッチング

CEF 13-2

MLS 14-2

レイヤ 4 ポートの演算(ACL) 15-25

レート制限、Cisco IOS ACL ロギングの 15-15

レート制限、マルチキャスト トラフィック 51-16

レート リミッタ

802.1Q トンネリングを使用 8-7

802.1X 認証での 40-13

イネーブル化 7-63

ディセーブル化 7-63

レイヤ 2 PDU の設定 7-63

ローカル ディレクタ

「LDA」を参照

ローカル認証

イネーブル化 39-13

イネーブル パスワード、設定 39-15

概要 39-3

設定時の注意事項 39-10, 40-12

ディセーブル化 39-15

デフォルト設定 39-9, 40-12, 42-9

パスワードの回復 39-16

ログイン パスワード、設定 39-14

ローカル ユーザ認証

アカウントの削除 39-17, 39-19

イネーブル化 39-17

概要 39-3

ディセーブル化 39-18

パスワードの設定 39-17

ロード バランシング 7-17

ロギング、Cisco IOS ACL ロギングのレート制限の設定 15-15

ロギング メッセージ、VACL 15-64

ログイン認証

イネーブル化 39-11, 39-12

概要 39-2

ログイン パスワード

回復 39-16

設定 39-14

ログイン バナー

Cisco Systems Console ログイン バナーの表示または抑制 22-6

概要 22-5

消去 22-5

設定 22-5

ロケーション、設定 22-4

論理演算ユニット

「LOU」を参照