Catalyst 6500 シリーズ スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Software Release 8.5
索引
Numerics
発行日;2012/06/27 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

Numerics

10 ギガビット イーサネット スイッチング モジュール

サポート対象のカプセル化タイプ  5-2

デフォルト設定  4-4

フロー制御の設定  4-9

10/100 Mbps ポート速度、設定  4-6

1000BASE-TX(銅線)GBIC

ポート ネゴシエーションの制限  4-3

24 ポート FXS アナログ インターフェイス モジュール

設定  53-30

説明  53-5

8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュール

設定  53-28

説明  53-6

802.1Q

ISL への VLAN のマッピング  11-9

VLAN マッピング  11-9

概要  5-2

制限事項  5-5

設定  5-7

設定例  5-19

802.1Q Ethertype

カスタム指定  5-13

デフォルトを指定  5-14

802.1Q タギング

特定ポートでのディセーブル化  5-12

802.1Q トンネリング

概要  7-2

設定  7-5

設定時の注意事項  7-3

レイヤ 2 プロトコル トンネリング  7-7

レート リミッタ  7-8

802.1Q トンネル ポート

CoS/CoS マッピング

設定  49-59

802.1X で許可ステートのポート  39-4

802.1X で無許可ステートのポート  39-4

802.1X 認証  39-22, 39-23

802.1X RADIUS アカウンティングとトラッキングのイネーブル化およびディセーブル化  39-34

ACL 割り当てでの 802.1X の設定  39-26

ARP トラフィック検査  39-10

DHCP リレー エージェントのサポート  39-7

EAP-Request フレーム

再送信時間の設定  39-19

Identity フレーム

再送信時間の設定  39-19

RADIUS サーバ障害、設定  39-38

RADIUS サーバ設定の DNS レゾリューションの設定  39-36

RADIUS サーバを使用した VLAN の割り当て  39-6

アクセス不可能認証バイパス、設定  39-15

概要  39-2

各ポート

イネーブル化  39-14

初期化  39-14

クライアント、定義  39-2

グローバル

イネーブル化  39-14

ディセーブル化  39-14

ゲスト VLAN のサポート  39-8

再送信フレーム数の設定  39-21

自動再認証のイネーブル化  39-17

自動再認証の設定  39-17

手動での再認証  39-18

手動での再認証の設定  39-18

待機時間の設定  39-19

単一方向制御ポートの設定  39-24

デフォルト値に戻す  39-21

トランスポート レイヤ パケット

再送信時間の設定  39-20

認証サーバ

定義  39-3

認証失敗 VLAN、設定  39-37

認証済み ID とポート説明のマッピングの設定  39-35, 39-36

複数ホストのイネーブル化  39-18

複数ホストのディセーブル化  39-18

ポート セキュリティ  39-9

補助 VLAN での  39-8

ユーザ分散の設定  39-32

要求元

自動再認証  39-17

手動での再認証  39-18

レート制限  39-12

802.3ah イーサネット OAM、設定  19-26

A

ACE

IOS ACL を参照

QoS ACE を参照

VACL を参照

ACL

IOS ACL を参照

QoS ACL を参照

VACL を参照

ACL のコミット

QoS ACL、コミットを参照

Address Recognition Protocol

ARP テーブルを参照

Address Resolution Protocol

ARP を参照

AppleTalk、VLAN 間ルーティングの設定  12-5

ARP

VACL による ARP トラフィックの検査  15-30

VACL による ARP トラフィックの制限  15-30

パーマネント エントリおよびスタティック エントリの設定  15-40, 21-10

ASLB

LocalDirector インターフェイスの設定  51-8

概要  51-1, 51-3

ケーブル接続の注意事項  51-8

スイッチ上での ASLB の設定  51-8

設定例  51-19

データ転送  51-4

ハードウェアおよびソフトウェアの要件  51-2

レイヤ 2 動作  51-4

レイヤ 3 動作  51-4

auto state

概要  12-6

除外モード  12-7

追跡モード  12-7

通常モード  12-6

設定

除外モード  12-8

追跡モード  12-8

設定の表示  12-8

ディセーブル化  12-9

B

BackboneFast  9-6

MST  8-18

イネーブル化  9-21

間接リンク障害のあと  9-7

間接リンク障害の前  9-6

スイッチの追加  9-7, 9-8

ディセーブル化  9-22

統計情報の表示  9-21

BOOT 環境変数

概要  24-3, 24-4

消去  24-11, 24-12

設定  24-11, 24-12

デフォルト  24-5

表示  24-13

BOOTP と帯域内(sc0)インターフェイス  3-13

Bootstrap Protocol

BOOTP を参照

BPDU

スキューイング  8-63

概要  8-25

BPDU ガード

MST  8-18

イネーブル化  9-13, 9-16

説明  9-13

ディセーブル化  9-15, 9-17

BPDU スキューイング

モニタ  19-22

BPDU の概要  8-3

BPDU フィルタリング

MST  8-18

Break キー(注)  2-2

C

CAM、IP MLS  14-24

CDP

イネーブル化

グローバル  30-3

ポート単位  30-3

概要  30-2

近接情報の表示  30-5

ディセーブル化

グローバル  30-3

ポート単位  30-3

デフォルト設定  30-2

保持時間、設定  30-5

メッセージ インターバル、設定  30-4

CEF  13-1

FIB  13-6

エージング  13-12

概要  13-5

情報の表示  13-15

設定  13-15

IP マルチキャスト  13-18

MSFC2  13-16

スーパバイザ エンジン  13-15

注意事項  13-13

パケットの書き換え  13-3

フロー マスク  13-12

destination-ip  13-12

destination-ipx  13-12

full flow  13-12

source-destination-ip  13-12

source-destination-vlan  13-12

モード  13-12

マルチキャスト設定時の注意事項  13-14

マルチキャストの制限事項  13-14

隣接テーブル  13-8

例  13-10

レイヤ 3 スイッチング  13-2

CEF for PFC2

CEF を参照

CGMP

マルチキャスト グループからの脱退  48-5

CIDR、スタティック ルートの設定  21-9

Cisco CallManager、概要  53-5

Cisco Discovery Protocol

CDP を参照

Cisco Group Management Protocol

CGMP を参照

Cisco IP Phone 7960  53-3

Cisco IP Phone 7960 における QoS の設定  53-33

Cisco VG200  53-7

CIST  8-17

Classless Interdomain Routing

CIDRを参照

clear boot system flash コマンド  24-11

clear mls entry ipx コマンド  14-31

clear mls entry コマンド  13-33, 14-30

clear mls statistics コマンド  13-35, 14-32

CLI

1 レベル前に戻る  2-10

ROM モニタ  2-2

アクセス レベル  2-9

イネーブル EXEC モード  2-10

インターフェイス コンフィギュレーション モード(IOS)  2-10

グローバル コンフィギュレーション モード  2-10

コマンドのリスト表示  2-10

コンソール コンフィギュレーション モード  2-10

コンフィギュレーション モード  2-9

スイッチ

Telnet  2-3

VLAN、指定  2-6

アクセス  2-2

アドレスおよびエイリアスの指定  2-7

イネーブル モード  2-5

概要  2-2

コンソール ポート  2-3

ショートカット  2-7

操作  2-5

ヒストリ置換  2-8

ヘルプ  2-8

編集  2-7

ポート範囲  2-6

ポート、指定  2-6

モジュール、ポート、VLAN の指定  2-6

ユーザ モード  2-5

ソフトウェアの基本  2-9

Common and Internal Spanning-Tree

CIST も参照  8-17

Common Open Policy Service

COPS を参照

Common Spanning-Tree

CST を参照  8-17

CONFIG_FILE 環境変数、反復の設定  24-7

Content-Addressable Memory

CAM テーブルを参照

CAM を参照

COPS

PDP サーバの設定

削除  49-80

QoS ポリシー ソース  49-78

設定  49-77

通信パラメータ  49-81

ドメイン名  49-81

削除  49-81

ポート ASIC  49-77

ローカルに設定された QoS ポリシーの選択  49-78

ロール  49-79

削除  49-79, 49-80

CoS

QoS を参照

CoS/CoS マッピング

設定  49-59

CRAM 機能  15-90

CST  8-17

Common Spanning-Tree  8-21

D

DAI  15-40

Deficit Weighted Round Robin  49-65

DES 鍵

消去  38-40

定義  38-40

destination-ip フロー マスク  13-12

destination-ipx フロー マスク  13-12, 14-7

DHCP

オプション  3-4

帯域内(sc0)インターフェイス  3-13

リースの解除  3-15

リースの更新  3-15

DHCP スヌーピング

MAC アドレス一致  32-5

VLAN での設定  32-3

イネーブル化  32-4

イネーブル化(例)  32-6

概要  32-2

設定時の注意事項  32-3

設定の表示  32-8

デフォルト設定  32-3

バインディング テーブルの表示  32-8

表示  32-8, 32-13

プライベート VLAN でのイネーブル化  32-4

ホスト トラッキング情報オプションのイネーブル化  32-5

DHCP リレー エージェント  39-22, 39-23

Differentiated Services Code Point

QoS DSCP を参照

directed ブロードキャスト  13-36

DISL

DTP を参照

DNS

イネーブル化  29-2

概要  29-2

サーバ

指定  29-2

消去  29-3

システム プロンプト  21-2

システム名  21-2

設定  29-2

ディセーブル化  29-4

デフォルト設定  29-2

ドメイン名

消去  29-3

設定  29-2

dot1x

EAP-Request フレーム

再送信時間の設定  39-19

Identity フレーム

再送信時間の設定  39-19

グローバル

Web ベース プロキシ認証のイネーブル化  41-11

Web ベース プロキシ認証のディセーブル化  41-11

イネーブル化  39-14

ディセーブル化  39-14

再送信フレーム数の設定  39-21

自動再認証のイネーブル化  39-17

手動での再認証  39-18

待機時間の設定  39-19

デフォルト値に戻す  39-21

トランスポート レイヤ パケット

再送信時間の設定  39-20

複数ホストのイネーブル化  39-18

複数ホストのディセーブル化  39-18

DSCP

QoS DSCP を参照

DTP

概要  5-2

他社製の装置  5-4

DWRR  49-65

Dynamic Host Configuration Protocol

DHCP を参照

Dynamic Host Configuration Protocol スヌーピング

DHCP スヌーピングを参照

Dynamic Interswitch Link(DISL)プロトコル

DTP を参照

Dynamic Trunking Protocol

DTP を参照

E

EPLD イメージ、アップグレード  26-2

errdisable ステート、ブロードキャスト抑制での利用  34-5

errdisable タイムアウト、設定  4-13

EtherChannel

ID  6-8

PAgP  6-7

PAgP のモード  6-7

Port Aggregation Protocol  6-7

概要  6-2

管理グループ  6-8

サポートされるチャネルの最大数  6-2, 6-6

手動設定、PAgP を使用した設定  6-9

設定

VLAN コスト  6-11

ポート パス コスト  6-10

ポート モード  6-10

設定時の注意事項  6-4

設定例  5-16, 5-19

チャネル カウンタの消去と復元  6-22

チャネル モード(表)

LACP  6-14

PAgP  6-7

バンドル  6-2

フレーム配布  6-3

ポート VLAN コスト  6-11

モード、LACP を使用する場合  6-14

リンク エラー処理の設定  19-24

Ethertype  49-17

F

Fast EtherChannel

EtherChannel を参照

FIB  13-6

Firewall Services Module、VLAN の設定  11-40

Forwarding Information Base(転送情報ベース)  13-6

FTP

ソフトウェア イメージのアップロード  26-16

full flow フロー マスク  13-12, 14-7

G

GARP Multicast Registration Protocol

GMRP を参照

GARP VLAN Registration Protocol

GVRP を参照

GARP タイマー、設定  17-7, 48-26

General Attribute Registration Protocol

GARP タイマー、設定を参照

GMRP

forward-all オプション

イネーブル化  48-24

ディセーブル化  48-24

イネーブル化

グローバル  48-22

ポート単位  48-22

概要  48-6

ソフトウェアの要件  48-21

タイマー  48-26

ディセーブル化

グローバル  48-28

ポート単位  48-23

デフォルト設定  48-21

統計情報

消去  48-28

表示  48-27

登録

fixed(固定)  48-25

forbidden(禁止)  48-25

normal(標準)  48-24

GVRP

GARP タイマーの設定  17-7

イネーブル化

802.1Q ポート  17-4

グローバル  17-3

ダイナミック VLAN 構成  17-4

設定時の注意事項  17-2

タイマー  17-7

ディセーブル化

802.1Q ポート  17-9

グローバル  17-9

デフォルト設定  17-2

統計情報

消去  17-8

表示  17-8

登録

fixed(固定)  17-6

forbidden(禁止)  17-6

normal(標準)  17-5

ブロッキング ポートからの宣言  17-6

H

Hot Standby Routing Protocol

HSRP を参照

HSRP

ACL

IOS ACL の設定  22-25

ダイナミック ACL および再帰 ACL(注)  22-26

概要  22-22

障害の例  22-28

設定  22-30

設定の要件  22-23

設定例  22-31

ハードウェアおよびソフトウェアの要件  22-22, 22-52

メイン MSFC  22-25

ルーティング プロトコルのピア設定  22-24

I

ICMP

ping

概要  19-13

実行  19-14

time-exceeded メッセージ  19-16

traceroute  19-16

接続の確認  4-23

IGMP

イネーブル化  48-11

概要  48-2

設定時の注意事項  48-10

脱退処理

イネーブル化  48-14

ディセーブル化  48-20

ディセーブル化  48-20

統計情報、表示  48-19

マルチキャスト グループ

消去  48-31

設定  48-18, 48-30

マルチキャスト グループからの脱退  48-5

マルチキャスト グループへの加入  48-4

マルチキャスト ルータ ポート

指定  48-29

消去  48-30

IGMP バージョン 3

イネーブル化  48-14

高速ブロック処理  48-6

イネーブル化  48-15

Internal Spanning-Tree

IST を参照  8-17

Internet Group Management Protocol

IGMP を参照

Internet Protocol

IP アドレスを参照

IOS

インターフェイスをアップにする方法  2-12

コンフィギュレーションの表示および保存  2-12

IOS ACL  15-4

Cisco IOS ACL ロギングのレート制限の設定  15-15

PFC での再帰 ACL  15-12

PFC でのハードウェアおよびソフトウェアによる処理  15-11

PFC2 での再帰 ACL  15-16

PFC2 でのハードウェアおよびソフトウェアによる処理  15-13

VACL との併用  15-18

概要  15-2

カウンタの設定  15-84

機能

PFC でのサポート  15-11

PFC2 でのサポート  15-13

サポートされない  15-44

サポートされる機能  15-11, 15-13

使用方法  15-10

ハードウェアの要件  15-3

IP

CIDR  21-9

VLAN 間ルーティングの設定  12-3

アカウンティング、IP MMLS  14-17

サブネットワーク、VLAN  11-2

スタティック ルート  21-9

デフォルト ゲートウェイ、設定  3-9

IP CEF

トポロジー(図)  13-10

ip flow-export destination コマンド  16-11

ip flow-export source コマンド  16-11

IP MLS または IP MMLS

MLS を参照

IP MMLS のイネーブル化

MSFC インターフェイス  13-20, 14-35

ip mtu コマンド  14-15

IP Phone

電話機の検出  53-17

電話機の電源切断  53-16

ネットワークからの電話機の取り外し  53-16

ハイ アベイラビリティのサポート  53-17

壁面コンセントによる電話機への電力供給  53-16

IP PIM  13-19, 14-34

IP traceroute

概要  19-16

実行  19-17

IP アドレス

BOOTP  3-13

DHCP  3-13

DHCP、BOOTP、または RARP による取得  3-13

IP 許可リストからの消去  36-5

IP 許可リストへの追加  36-3

RARP  3-13

SLIP(sl0)インターフェイス  3-11

エイリアス、定義  21-8

指定  2-7

自動的に取得  3-3

スーパバイザ エンジンでの割り当て  3-8

帯域内(sc0 および sc1)インターフェイス  3-8

IP エイリアス

作成  21-8

指定  2-7

IP 許可リスト

アドレス、追加  36-3

イネーブル化  36-3

エントリの消去  36-5

概要  36-2

注意  36-5

ディセーブル化  36-5

デフォルト設定  36-2

IP ソース ガード

IPSG を参照

概要  32-11

設定  32-12

表示  32-13

IP マルチキャスト

GMRP  48-21

IGMP クエリア

概要  48-9

設定  48-16

IGMP 高速脱退処理  48-20

IGMP スヌーピング  48-10

IGMP 統計  48-19

RGMP  48-32

概要  48-2

グループ

加入  48-4

消去  48-31

設定  48-18, 48-30

グループ エントリ  48-29

グループ情報  48-18

設定時の注意事項

CEF  13-14

ブロードキャスト抑制

イネーブル化  34-4

ディセーブル化  34-5

マルチキャスト トラフィックのレート制限  48-16

ルータ

ポートの指定  48-29

ポートの消去  48-30

ルータ ポート

消去  48-30

ルータ情報  48-18

ルーティング テーブル  13-21, 14-36

ルーティング テーブルの表示  13-21, 14-36

IP-directed ブロードキャストの設定  13-36

IPX MLS

MLS を参照

IPX、VLAN 間ルーティングの設定  12-4

ISL

802.1Q VLAN のマッピング  11-9

概要  5-2

設定例  5-15, 5-16

IST  8-17

K

Kerberos 認証

DES 鍵、定義および消去  38-40

Kerberos 非対応のログイン手順  38-8

SRVTAB ファイル、コピー  38-37

Telnet 接続(図)  38-7

イネーブル化  38-34

概要  38-5

サーバ、指定  38-36

証明書転送のイネーブル化  38-38

証明書転送のディセーブル化  38-39

用語  38-6, 39-5

レルムをホスト名にマッピング  38-36

レルム、定義  38-35

ログイン手順  38-7

Kermit

PC ソフトウェアのダウンロード手順  26-29

UNIX ソフトウェアのダウンロード手順  26-31

ソフトウェア イメージのダウンロードの準備  26-29

ダウンロードの例

PC での手順  26-33

UNIX での手順  26-34

注意  26-29

L

LACP

設定手順  6-16

設定パラメータ  6-15

モード  6-14

Link Aggregation Control Protocol

LACP を参照

LocalDirector

LDA を参照

LOU

最大数  15-26

説明  15-26

M

MAC アドレス

アドレス テーブル  4-3

指定  2-7

ブロック  37-2

ポート セキュリティ  37-2

ユニキャスト フラッディング ブロック  43-2

割り当て  8-15

MAC アドレス モニタリング

指定

MAC アドレス  37-16

下限スレッシュホールド  37-16

上限スレッシュホールド  37-17

ポーリング間隔  37-16

消去

設定  37-18

設定  37-15

グローバル モニタリング  37-15

表示

グローバル設定  37-19

設定  37-18

MAC アドレス リダクション  8-15

MAC 認証バイパス

MAC アドレス再認証  40-2

概要  40-2

設定  40-6

設定時の注意事項および制限事項  40-5

バイパス イベント  40-3

バイパス ステート  40-3

MDI/MDIX  4-8

MDIX  4-8

Message-of-The-Day

ログイン バナーを参照

MIB

RMON および RMON2 サポート(表)  45-4

MISTP

MISTP-PVST+  8-36

VLAN マッピング  8-43

VLAN マッピングの解除  8-46

インスタンスのイネーブル化  8-42

インスタンスの設定  8-39

注意  8-37

デフォルト設定  8-37

ブリッジ ID プライオリティ  8-39, 8-58

ポート インスタンス コスト  8-42

ポート インスタンス プライオリティ  8-42

ポート コスト  8-40

ポート プライオリティ  8-41

矛盾、MISTP VLAN  8-44

MLS

CAM エントリ、表示  14-24

debug コマンド

MSFC  14-20

MSFC のマルチキャスト トラフィック用  14-38

MSFC2 のマルチキャスト トラフィック用  13-23

IP MMLS 設定時の注意事項

MSFC  14-16

スイッチ  14-16

IP のパケット スレッシュホールド値  14-23

IP マルチキャスト エントリ、表示  13-25

IP-directed ブロードキャストの設定  13-36

IPX MLS 設定時の注意事項

MTU  14-17

他の機能との相互作用  14-17

MSFC

PIM、イネーブル化  14-34

インターフェイス上でのイネーブル化  13-20, 14-18, 14-35

インターフェイス情報の表示  13-20, 14-35

インターフェイスでのディセーブル化  14-18

グローバルなイネーブル化  14-34

詳細情報表示  13-22, 14-19, 14-36

スレッシュホールド  13-19, 14-34

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示  14-36

MSFC 上での詳細情報表示  13-22, 14-19, 14-36

MTU サイズ

IP  14-15

IPX  14-17

アクセス リスト、フロー マスク  14-6

イネーブル化

MSFC インターフェイス  13-20, 14-35

MSFC 上の IP PIM  14-34

ルータ上の IP PIM  13-19

エージング タイム  14-21

エージング タイム値の指定  14-21

エントリ(注)  14-22

キャッシュ

宛先 IP アドレス別の表示  14-27

宛先 IPX アドレス別の表示  14-28

エントリの消去  14-30, 14-31

エントリをすべて表示  14-26

エントリ、IP マルチキャストの表示  14-41

エントリ、IP ユニキャストの表示  14-26

エントリ、消去  14-31

概要  14-5

サイズ(注)  14-22

送信元 IP アドレス別の表示  14-28

特定の IP フローに関する表示  14-28

最小フロー マスクの設定  14-24

サポートされていない IP MMLS 機能  14-17

消去

キャッシュ エントリ  14-30

統計情報  13-35, 14-32

スイッチ

IP マルチキャスト エントリ、表示  13-25

エントリ、表示  14-41

設定、表示  14-39

ディセーブル化(注)  14-21

統計情報、消去  13-25, 14-40

統計情報、表示  13-24, 14-39

スレッシュホールドの設定  13-19, 14-34

制限事項

IP MMLS、MSFC  14-16

IP MMLS、スイッチ  14-16

設定時の注意事項

IP MLS のルーティング コマンド  14-15

MTU  14-15

設定情報、表示

IP または IPX  14-25

マルチキャスト  14-39

注意事項  14-15

ディセーブル化

MSFC インターフェイス  14-18

スーパバイザ エンジン(注)  14-21

デバッグ

MSFC  13-23, 14-20, 14-38

スーパバイザ エンジン  13-35, 14-33

デフォルト設定  14-14

統計情報

MLS キャッシュ エントリに関する表示  14-32

消去  13-35, 14-32

プロトコル別の表示  14-31

トポロジー(図)  14-12

パケットの書き換え  14-2

表示

キャッシュ エントリ  14-26

情報  14-25

統計情報  13-24, 14-39

マルチキャスト ルーティング テーブル  13-21, 14-36

ファスト エージング タイム  14-23

ファスト エージング タイムの指定  14-23

フロー  14-4

部分的スイッチングおよび完全スイッチング  13-9, 14-11

マルチキャストの部分的スイッチングおよび完全スイッチング  13-9, 14-11

フロー マスク

destination-ip  14-6, 14-7

full flow  14-7

IP MLS エントリ  14-9

source-destination-ip  14-7

source-destination-vlan  14-7

アクセス リスト  14-6

概要  14-6

最小  14-24

モード  14-6

ルータ

PIM、イネーブル化  13-19

グローバルなイネーブル化  13-18

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示  13-21

ルーティング コマンドの制限事項  14-15

ルート プロセッサ(注)  14-33

例  14-11

レイヤ 2 転送テーブル  14-5

mls ip multicast コマンド

IP MMLS のイネーブル化  48-40, 48-41

MLS のディセーブル化

MSFC インターフェイス  14-18

Supervisor Engine 1(注)  14-21

MMLS

MLS を参照

MOTD

ログイン バナーを参照

MSFC

AppleTalk VLAN 間ルーティング、設定  12-5

Catalyst 5000 ファミリー スイッチの MLS-RP  14-18

IP MMLS インターフェイス情報の表示  13-20, 14-35

IP MMLS、詳細情報表示  13-22, 14-36

IP VLAN 間ルーティング、設定  12-3

IPX VLAN 間ルーティング、設定  12-4

PIM、MSFC インターフェイスでのイネーブル化  14-34

session コマンド  2-5

switch console コマンド  2-4

イネーブル化

IP マルチキャスト ルーティング  14-34

MSFC インターフェイス上での MMLS  13-20, 14-35

概要  12-2

コンフィギュレーション モード  2-11

冗長機能の設定  22-22

初回の起動方法  3-6

スイッチからのアクセス

Telnet セッション  2-5

コンソール ポート  2-4

設定

Appletalk VLAN 間ルーティング  12-5

HSRP を使用した冗長機能  22-30

IP MMLS  14-33

IP VLAN 間ルーティング  12-3

IPX VLAN 間ルーティング  12-4

MLS  14-18

MMLS スレッシュホールド  13-19, 14-34

VLAN 間ルーティング  12-1

設定時の注意事項

IP MMLS  14-16

MLS  14-15

VLAN 間ルーティング  12-3

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示  14-36

MSFC の DHCP スヌーピング

イネーブル化(例)  32-7

MSFC の初回の起動方法  3-6

MSFC へのアクセス

Telnet セッション  2-5

コンソール ポート  2-4

MSFC2

Catalyst 5000、サポート  13-2

IP マルチキャスト ルーティングのイネーブル化  13-18

PIM、MSFC2 インターフェイスでのイネーブル化  13-19

設定

IP マルチキャスト  13-18

ユニキャスト レイヤ 3 スイッチング  13-16

マルチキャスト ルーティング テーブル、表示  13-21

MST  8-17

PVST+ とのインターオペラビリティ  8-18

VLAN マッピング  8-61

イネーブル化  8-55

インスタンス  8-21

インターオペラビリティ  8-20

エッジ ポート  8-23

境界ポート  8-22

コンフィギュレーション  8-21

設定  8-55

ブリッジ ID プライオリティ  8-58

ポート インスタンス コスト  8-60

ポート インスタンス プライオリティ  8-60

ポート コスト  8-58

ポート プライオリティ  8-59

ホップ カウント  8-24

メッセージ エージ  8-24

リージョナル ルート  8-23

リージョン  8-21, 8-22

リンク タイプ  8-23

MST BPDU  8-18

MSTP

M ツリー  8-18

M レコード  8-18

MTU

IP MLS  14-15

IPX MLS  14-17

Multilayer Switch Feature Card

MSFC または MSFC2 を参照

Multilayer Switching

MLS を参照

Multilayer Switching Module

MSM を参照  A-3

Multiple Spanning-Tree

MST を参照  8-17

N

NAT  15-13, 15-17, 15-18

NDE

NDE コレクタの消去  16-10

RMON  16-2

概要  16-2

指定

宛先 TCP/UDP ポート フィルタ  16-14

宛先および送信元サブネット  16-13

宛先ホスト フィルタ  16-13

コレクタ  16-9

統計収集対象プロトコル  16-14

プロトコル フィルタ  16-14

設定の表示  16-16

設定、表示  16-16

ディセーブル化  16-15

データ エクスポート アドレス

削除  16-16

データ エクスポート コレクタ、指定  16-9

データの収集  16-3

統計収集

プロトコルの削除  16-15

プロトコルの指定  16-14

フィルタ

宛先 TCP/UDP ポート、指定  16-13

宛先および送信元サブネット  16-13

宛先ホスト、指定  16-13

概要  16-3

消去  16-15

送信元ホストおよび宛先 TCP/UDP ポート、指定  16-14

プロトコル、指定  16-14

プロトコル

統計収集対象プロトコルの削除  16-15

統計収集対象プロトコルの指定  16-14

NetFlow Data Export

NDE を参照

Network Admission Control

LAN ポート 802.1X  42-26

LAN ポート IP

CLI コマンド例  42-10

Policy-Based ACLの設定  42-21

概要  42-2

設定時の注意事項および制限事項  42-6

設定手順  42-7

設定例  42-23

要件  42-6

Network Time Protocol

NTP を参照

NMS

SPAN、設定  46-1

NTP

概要  33-2

クライアント モード

設定  33-4

ディセーブル化  33-8

サーバ

指定  33-4

消去  33-8

サマータイム調整

イネーブル化  33-6

ディセーブル化  33-7

タイム ゾーン

消去  33-7

設定  33-6

ディセーブル化  33-8

デフォルト設定  33-3

認証  33-5

ブロードキャスト クライアント モード

設定  33-3

ディセーブル化  33-8

NVRAM

起動時に内容を無視  24-9

コンフィギュレーション モードの設定  25-3

注意  24-9

O

OAM、設定  19-26

P

PACL

CLI での設定  15-75

IP ソース ガードと DHCP スヌーピングとの対話  32-11

概要  15-71

カウンタの設定  15-84

設定時の注意事項  15-72

設定例  15-78

PAgP

EtherChannel の設定、使用  6-9

管理グループ  6-8

モード  6-7

PBF

概要  15-94

拡張機能、ソフトウェア リリース 7.5(1) 以降  15-105

拡張機能、ソフトウェア リリース 8.3(1) 以降  15-108

制限

2000 ホスト  15-103

Linux  15-102

MS-Windows  15-103

NT  15-103

Sun ワークステーション  15-102

設定  15-95

PBF ACE の削除  15-100

PBF MAC アドレスの指定  15-95

PBF VACL のコミット  15-99

PBF 情報の表示  15-100

PBF 統計情報の表示  15-100

PBF のイネーブル化  15-95

PBF のための VACL の設定  15-98

PBF のためのホストの設定  15-101

PBF のディセーブル化と MAC アドレスの消去  15-96

ジャンボ フレーム転送のイネーブル化  15-98

隣接テーブル エントリの指定  15-98

設定例  15-103

ハードウェアおよびソフトウェアの要件  15-94

PC カード

フラッシュ PC カード、フォーマットを参照

PCMCIA

フラッシュ PC カード、フォーマットを参照

PDP サーバ

COPS または RSVP を参照

PDU

レート リミッタ

イネーブル化  8-65

設定  8-65

ディセーブル化  8-65

PFC

IGMP スヌーピング  48-10

QoS レイヤ 3 スイッチング エンジンを参照

プロトコル フィルタリング  35-2

PFC での TCP 代行受信  15-12

PFC2

NetFlow

IP のパケット スレッシュホールド値  13-29

テーブル、エントリの表示  13-31

統計情報  13-27

統計情報のエージング タイム  13-28

統計情報、エージング タイム値の指定  13-28

統計情報、消去  13-33

ファスト エージング タイム  13-29

フロー マスク  13-30

QoS ポリシング ルール  49-24

統計情報  13-11

NetFlow テーブル エントリに関する表示  13-32

NetFlow の上位トーカーに関する表示  13-32

PFC2 での TCP 代行受信  15-16

PIM、IP MMLS  14-34

PIM、IP マルチキャスト  13-19

ping

概要  19-13

コマンド  4-23

実行  19-14

接続の確認  4-23

Policy Feature Card

PFC を参照

Policy-Based ACL、設定  42-21

PortFast

BPDU ガード  9-3

イネーブル化  9-13

設定  9-13

ディセーブル化  9-15

BPDU フィルタリング  9-4

設定  9-16

MST  8-18

イネーブル化  9-10

設定  9-10

ディセーブル化  9-12

PRBS テスト  19-7

PVST+  8-27

ディセーブル化  8-33

デフォルト設定  8-27

デフォルトのポート コスト モード  8-31

ブリッジ ID プライオリティ、設定  8-28

ポート VLAN プライオリティ  8-32

ポート コスト  8-29

ポート プライオリティ  8-30

Q

QoS

COPS

COPS を参照

trust-cos

ポート キーワード  49-12

trust-dscp

ポート キーワード  49-12

trust-ipprec

ポート キーワード  49-12

自動 QoS を参照

受信キュー  49-67

統計データのエクスポート  49-29

宛先ホストの設定  49-90

間隔の設定  49-89

情報の表示  49-90

設定  49-86

(注)  15-3

QoS ACE

ICMP、オプション  49-20

ICMP、作成  49-48

IGMP、オプション  49-21

IGMP、作成  49-48

IP precedence パラメータ オプション  49-46

IP アドレスおよびマスク  49-46

IP レイヤ 3 オプション  49-18

IP レイヤ 4 プロトコル オプション  49-18

IP レイヤ 4 ポート オプション  49-46

IPX、オプション  49-21

IPX、作成  49-51

MAC、オプション  49-21

MAC、作成  49-52

TCP、オプション  49-19

TCP、作成  49-46

UDP、オプション  49-19

UDP、作成  49-47

レイヤ 3 オプションだけの IP  49-49

レイヤ 4 オプションを指定した IP  49-49

QoS ACL  49-17

IP、名前付き  49-46

切り離し  49-56

コミット  49-54

コミットされていない ACL の廃棄  49-54

作成  49-45

デフォルト  49-22

デフォルト値に戻す  49-53

デフォルトの IP  49-50

デフォルトの IPX、作成  49-52

デフォルトの MAC、作成  49-52

名前  49-45

名前付き  49-18

名前付きの削除  49-53

付加  49-26, 49-55

フラッシュ メモリへの保存  15-67

変更  49-45

ポリシング ルール

削除  49-44

作成  49-42

説明  49-24

マーキング ルール  49-22

QoS CoS

定義  49-2

ポート値の設定  49-41

レイヤ 3 スイッチング エンジンの ToS 最終値  49-27

QoS DSCP

定義  49-3

内部値  49-16

マッピングの設定  49-71

QoS dscp ACE キーワード  49-23

QoS Ethertype フィールド値  49-17

QoS IP Phone、設定  53-33

QoS IPX ACE  49-21

QoS MAC ACE レイヤ 2  49-21

QoS MSFC  49-8

QoS ToS

定義  49-3

レイヤ 3 スイッチング エンジンの CoS 最終値  49-27

QoS trust-cos

ACE キーワード  49-23

QoS trust-dscp

ACE キーワード  49-23

QoS trust-ipprec

ACE キーワード  49-23

QoS untrusted ポート キーワード  49-12

QoS VLAN ベースまたはポートベース  49-26, 49-40

QoS WRED 廃棄スレッシュホールド  49-63

QoS 宛先ベース  49-60

削除  49-60

QoS イーサネット出力ポート

機能の概要  49-11

スケジューリング、輻輳回避、およびマーキング  49-9, 49-28

QoS イーサネット入力ポート

機能の概要  49-10

スケジューリング  49-14

スケジューリングおよび輻輳回避  49-13

分類、マーキング、スケジューリング、および輻輳回避  49-5

マーキング、スケジューリング、輻輳回避、および分類  49-12

レイヤ 3 スイッチング エンジンの分類機能  49-15

QoS 完全優先受信キュー  49-13

QoS 機能を使用したトラフィック フロー  49-4

QoS 三重送信キュー WRED 廃棄スレッシュホールド  49-63

QoS 受信キュー  49-13

テール廃棄スレッシュホールド、設定  49-62

廃棄スレッシュホールド  49-13, 49-71

廃棄スレッシュホールド(図)  49-14

QoS 送信キュー  49-28, 49-68, 49-69, 49-70

帯域幅の割り当て  49-65

容量比  49-66

QoS 単一受信、二重送信キュー ポート

設定  49-67

QoS 単一ポート ATM OC-12 スイッチング モジュールの機能  49-11

QoS 単一ポート ATM OC-12 スイッチング モジュールのマーキング  49-9

QoS デフォルトに戻す  49-76

QoS 内部 DSCP 値  49-16

QoS 二重受信、三重送信キュー ポート

消去  49-71

設定  49-67, 49-69, 49-70

QoS 二重送信キュー

スレッシュホールド、設定  49-62

QoS 二重送信キュー ポート

輻輳回避  49-29

QoS のイネーブル化  49-39

QoS のスケジューリング(定義)  49-3

QoS の設定  49-38

QoS のディセーブル化  49-76

QoS のデフォルト設定  49-30

QoS のフィルタリング構文  49-45

QoS の分類(定義)  49-3

QoS のマーキング  49-29

MSFC  49-8

trusted ポート  49-13

untrusted ポート  49-13

定義  49-3

ポート単位の分類に基づく  49-15

QoS 表示

情報  49-74

統計情報  49-75

QoS フィーチャ セットの概要  49-10

QoS フィルタリング  49-45

QoS 輻輳回避

受信キュー  49-14

定義  49-3

二重送信キュー ポート  49-29

QoS 不適合  49-24

QoS フローチャート  49-4

QoS 分類基準

IP ACE

レイヤ 3  49-18

レイヤ 4 ICMP  49-20

レイヤ 4 IGMP  49-21

レイヤ 4 TCP  49-19

レイヤ 4 UDP  49-19

レイヤ 4 プロトコル  49-18

IPX ACE  49-21

MAC ACE レイヤ 2  49-21

QoS ポート

信頼状態  49-40

QoS ポート キーワード  49-12

QoS ポートベースまたは VLAN ベース  49-40

QoS ポリシー  49-77

QoS ポリシング

定義  49-3

トークン バケット  49-24

マイクロフロー、非ルーテッド トラフィックに対するイネーブル化  49-61

QoS ポリシング ルール  49-24

削除  49-44

集約(aggregate)  49-24

デュアル レート  49-24

マイクロフロー(microflow)  49-24

QoS マークダウン  49-24

QoS マッピング

CoS 値と DSCP 値  49-71

CoS 値と廃棄スレッシュホールド  49-66

DSCP 値と CoS 値  49-73

DSCP マークダウン値  49-73

IP precedence 値と DSCP 値  49-72

QoS 用語の定義  49-2

QoS ラベル(定義)  49-2

QoS レイヤ 2 スイッチング エンジン

機能の概要  49-11

分類およびマーキング  49-8, 49-27

QoS レイヤ 3 スイッチング エンジン

機能の概要  49-10

分類、マーキング、およびポリシング  49-6, 49-16

QoS レイヤ 3 スイッチング エンジンの最終 CoS 値と ToS 値  49-27

R

RADIUS アカウンティング

イネーブル化  38-55

イベント  38-52

概要  38-52

サーバのアップデート  38-54

サーバ、指定  38-53

設定時の注意事項  38-55

設定例  38-58

ディセーブル化  38-57

抑制  38-54

レコードの作成  38-53

RADIUS 許可

イネーブル化  38-50

ディセーブル化  38-50

RADIUS 認証

RADIUS サーバを使用した 802.1X VLAN の割り当て  39-6

イネーブル化  38-27

概要  38-5

鍵、指定  38-26

鍵、消去  38-31

サーバ

オプションの属性の指定  38-30

指定  38-25

消去  38-31

再送信試行回数、指定  38-29

設定時の注意事項  38-10, 39-12

待機時間、指定  38-29

タイムアウト、指定  38-28

ディセーブル化  38-32

デフォルト設定  38-9, 39-11, 41-9

Rapid PVST+

概要  8-13

設定  8-34

Rapid Spanning-Tree

RSTP を参照  8-19

RARP

帯域内(sc0)インターフェイス  3-4

RCP

概要  27-7

コンフィギュレーション ファイルのアップロード  27-9

コンフィギュレーション ファイルのダウンロード  27-8

スイッチング モジュール イメージのダウンロード  26-18

スーパバイザ エンジン イメージのダウンロード  26-17

Remote Monitoring

RMON を参照

Reverse Address Resolution Protocol

RARP を参照

RGMP

RGMP 関連のルータ コマンド  48-37

RGMP 対応ルータ ポート  48-36

RGMP 統計情報

表示  48-35

VLAN 統計情報

表示  48-35

イネーブル化  48-34

概要  48-7, 48-32

設定  48-34

ディセーブル化  48-34

デフォルト設定  48-34

統計情報

消去  48-36

パケット タイプ  48-7, 48-32

マルチキャスト グループ  48-35

マルチキャスト グループへの加入  48-4

マルチキャスト プロトコル  48-38

RMON  16-2

イネーブル化  45-3

概要  45-2

サポートされる MIB オブジェクト  45-4

データの表示  45-3

ROM モニタ

BOOT 環境変数  24-3, 24-4

CLI  2-2

コンソール ポートのボーレート  24-6

コンフィギュレーション レジスタ  24-3

ブート プロセス  24-2

Router Group Management Protocol

RGMP を参照

RSPAN

概念および用語  46-2

セッション限度  46-5

セッション限度の表  46-5

設定

CLI で  46-12

単一 RSPAN セッション  46-15

複数の RSPAN セッション  46-17

例  46-15, 46-16, 46-17

設定時の注意事項  46-11

設定例  46-15

ハードウェアの要件  46-10

RSTP

ポート ステート  8-20

ポートの役割  8-19

RSVP  49-82

DSBM 選定への参加

イネーブル化  49-83

ディセーブル化  49-83

PDP サーバの設定

削除  49-84

イネーブル化  49-82

ディセーブル化  49-83

ポリシー タイムアウト  49-85

S

sc0 および sc1(帯域内)インターフェイス

IP アドレス、割り当て  3-8

概要  3-2

設定  3-8

sc0(帯域内)インターフェイス

VLAN 割り当て  11-2

ジャンボ フレームのサポート  4-21

SCP

概要  27-7

コンフィギュレーション ファイルのアップロード  27-9

コンフィギュレーション ファイルのダウンロード  27-8

ソフトウェア イメージのアップロード  26-28

ソフトウェア暗号化イメージのダウンロード  26-24

ダウンロード手順

例  26-26

Serial Control Protocol、コマンド(表)  14-20

session コマンド、MSFC  2-5

set inlinepower defaultallocation コマンド  53-18

set logging level acl コマンド  15-60

set mls agingtime fast コマンド  13-29, 14-23

set mls agingtime コマンド  13-28, 14-22

set mls flow コマンド  13-30, 14-24, 16-12

set module power up/down コマンド  21-16

set power redundancy enable/disable コマンド  21-14

set spantree defaultcostmode コマンド  8-31

set spantree portcost コマンド  8-29, 8-30, 8-40, 8-58

set spantree portpri コマンド  8-30

set spantree portvlancost コマンド  8-31

set spantree priority コマンド  8-28, 8-39, 8-58

Shaped Round Robin  49-65

short キーワード(注)  14-10

show cam コマンド  14-24

show environment power コマンド  53-20

show mls debug コマンド  13-35, 14-33

show mls entry ip destination コマンド  14-27

show mls entry ip flow コマンド  14-28

show mls entry ip source コマンド  14-28

show mls entry ipx コマンド  14-29

show mls entry コマンド  13-31, 14-9, 14-26

show mls ip multicast group コマンド

IP MMLS グループ情報の表示  13-22, 14-36

show mls ip multicast interface コマンド

IP MMLS インターフェイスの表示  13-22, 14-36

show mls ip multicast source コマンド

IP MMLS 送信元情報の表示  13-22, 14-36

show mls ip multicast statistics コマンド

IP MMLS 統計情報の表示  13-22, 14-36

show mls ip multicast summary

IP MMLS 設定の表示  13-22, 14-36

show mls statistics entry コマンド  13-32, 14-32

show mls statistics protocol コマンド  14-31

show mls statistics top talkers コマンド  13-32

show mls status コマンド  14-19

show mls コマンド  13-15, 14-25

show module コマンド  21-14, 21-16

show port inlinepower コマンド  53-19

show port mac-address  19-5

show spantree conflicts コマンド  8-45

Simple Network Management Protocol

SNMP を参照

Single Spanning-Tree

SST を参照  8-17

sl0(SLIP)インターフェイス

概要  3-2

設定  3-11

SLIP

sl0 インターフェイス  3-5

slip attach コマンド  3-11

slip detach コマンド  3-11

イネーブル化  3-11

概要  3-2

コンソール ポート  3-11

注意  3-11

SLIP(sl0)インターフェイス

設定  3-11

SmartPort  53-41

SNMP

ifIndex 持続機能  44-5

SNMP エージェントおよび MIB  44-6

SNMP コミュニティ ストリングの消去  44-15

SNMP 処理のイネーブル化およびディセーブル化  44-11

SNMPv1 および SNMPv2c の設定  44-12

SNMPv1 の概要  44-6

SNMPv2c の概要  44-6

SNMPv3 の概要  44-8

SNMPv3 の設定  44-18

アクセス番号に対応付けられた IP アドレスの消去  44-16

概要  44-4

サポートされる RMON MIB オブジェクト  45-4

セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベル  44-4

複数の SNMP コミュニティ ストリングの設定  44-14

ホストのアクセス番号の設定  44-15

用語  44-2

SNMP エンティティ

アクセス制御サブシステム  44-8

定義  44-8

ディスパッチャ  44-8

メッセージ処理サブシステム  44-8, 44-9

source-destination-ip フロー マスク  13-12, 14-7

source-destination-vlan フロー マスク  13-12, 14-7

SPAN

CLI での設定  46-8

NMS  46-1

宛先ポート  46-2

概要  46-6

出力  46-3

セッション  46-2

セッション限度  46-5

セッション限度の表  46-5

設定時の注意事項  46-7

送信元ポート  46-3

注意  46-8

ディセーブル化  46-9, 46-14

トラフィック  46-4

入力  46-3

ハードウェアの要件  46-6

Spanning-Tree Protocol

STP を参照

SRM

SRM の終了  22-51

SRM をイネーブルに設定したイメージのアップグレード  22-50

Supervisor Engine 1 または Supervisor Engine 2 における設定  22-47

Supervisor Engine 720 における設定  22-47

設定時の注意事項  22-46

ハードウェアおよびソフトウェアの要件  22-45

SRR  49-65

SSH  19-10

SSH 暗号化

設定  19-10

SST  8-17

インターオペラビリティ  8-20

STP

BackboneFast も参照

BPDU  8-3

Hello タイム  8-52

IEEE、概要  8-2

MAC アドレス リダクション  8-15

イネーブル化  11-8

MAC アドレスの割り当て  8-15

MISTP および PVST+ も参照

PortFast も参照

UplinkFast も参照

最大エージング タイマー  8-52

タイマー

タイマー、設定を参照

転送遅延タイマー  8-52

ブリッジ ID プライオリティ、概要  8-15

ポート ステート  8-6

switch console コマンド、MSFC  2-4

Switched Port Analyzer

SPAN を参照

Syslog

Syslog メッセージ数の制限  28-8

概要  28-2

システム Syslog ダンプ、イネーブル化およびディセーブル化  28-12

システム Syslog ダンプ、デバイスおよびファイル名の指定  28-13

セッションの設定値、設定  28-6

設定  28-6

設定、表示  28-10

タイムスタンプ、イネーブル ステートの変更  28-8

デーモン、設定  28-9

デフォルト設定  28-5

バッファ サイズ、指定  28-8

メッセージ ログ、表示  28-11

メッセージの形式  28-4

ロギングの重大度、設定  28-7

Syslog ダンプ、イネーブル化およびディセーブル化  28-12

T

TACACS+ アカウンティング

イネーブル化  38-55

イベント  38-52

概要  38-52

サーバのアップデート  38-54

設定時の注意事項  38-55

設定例  38-58

ディセーブル化  38-57

抑制  38-54

レコードの作成  38-53

TACACS+ 許可の概要  38-44

TACACS+ 認証

イネーブル化  38-20, 38-46

概要  38-4, 38-44

鍵、指定  38-21

鍵、消去  38-23

コマンドの許可  38-45

コマンドの許可の概要  38-45

サーバの消去  38-23

サーバ、指定  38-19

サーバ、消去  38-23

指定要求、イネーブル化/ディセーブル化  38-19, 38-22

設定時の注意事項  38-10, 38-46, 39-12

設定例  38-42, 38-50

タイムアウト インターバル  38-21

ディセーブル化  38-24, 38-48

デフォルト設定  38-9, 38-46, 39-11, 41-9

プライマリ オプションおよび代替オプション  38-44

ログイン試行回数  38-22

TCP QoS 機能

QoS ACE または ACL を参照

TDR

ケーブル ステータスの確認  19-9

注意事項  19-9

テストの開始および停止  19-9

Telnet

システム メッセージ ロギングの設定  28-7

実行  19-10

ユーザ セッション

切断  19-12

モニタ  19-12

ログイン試行回数の制限

TACACS+  38-4

TACACS+ の設定  38-20, 38-22

イネーブル モード  38-11

注意事項  38-10, 39-12

認証  38-2

認証の設定  38-10

ローカル認証  38-12

Telnet、MSFC へのアクセス  2-5

Terminal Access Controller Access Control System Plus

TACACS+ 認証を参照

TFTP

コンフィギュレーション ファイルのアップロード  27-6

コンフィギュレーション ファイルのダウンロード  27-4

ソフトウェア イメージのアップロード  26-16, 26-23

ソフトウェア イメージのダウンロード

スイッチング モジュール  26-8, 26-18

スーパバイザ エンジン  26-7, 26-17

例、スーパバイザ エンジン  26-9, 26-19

例、単一モジュール  26-12

例、複数のモジュール  26-14, 26-22

Time Domain Reflectometer

TDR を参照

TopN レポート

スイッチ TopN レポートを参照

ToS

QoS を参照

traceroute

IP traceroute を参照

traceroute コマンド  4-23

TrBRF

VLAN、トークンリングも参照

TrCRF

VLAN、トークンリングも参照

Trivial File Transfer Protocol

TFTP を参照

trust-dscp

QoS trust-dscp を参照

trust-ipprec

QoS trust-ipprec を参照

U

UDLD

イネーブル化

グローバル  31-4

ポート単位  31-4

概要  31-2

設定の表示  31-6

ディセーブル化

グローバル  31-5

ポート単位  31-5

デフォルト設定  31-3

メッセージ インターバルの指定  31-5

UDP QoS 機能

QoS ACE または ACL を参照

untrusted

QoS trust-cos を参照

QoS untrusted ポート キーワードを参照

UplinkFast  9-5

MISTP モード  9-18

MST  8-18

PVST+ モード  9-18

イネーブル化  9-18

図  9-5

ディセーブル化  9-19

V

VACL  15-5

ACE

概要  15-5

ACE のタイプおよびパラメータ  15-6

ARP トラフィックの検査  15-30

ARP トラフィックの制限  15-30

DHCP 応答を特定サーバに制限

図  15-29

手順  15-28

IOS ACL との併用  15-18

PBF の設定  15-93

概要  15-2

カウンタの設定  15-84

サポートされない機能  15-44

サポートされる機能  15-5

使用方法  15-27

設定  15-45

図  15-27

注意事項  15-45

要約  15-46

設定時の注意事項  15-45

タイプおよびパラメータ  15-6

他の VLAN 上のサーバからのアクセスを拒否

図  15-30

手順  15-29

適用

ブリッジド パケット  15-8

マルチキャスト パケット  15-9

ルーテッド パケット  15-8

特定のサーバ ポートへのブロードキャスト トラフィックのリダイレクト

図  15-28

手順  15-28

トラフィック フローのキャプチャ  15-58

ハードウェアの要件  15-3

プライベート VLAN 上での設定  15-42

フラッシュ メモリへの保存  15-67

レイヤ 2 パラメータ  15-6

レイヤ 3 パラメータ  15-6

レイヤ 4 パラメータ  15-6

レイヤ 4 ポートの演算  15-25

ロギング メッセージ  15-60

VLAN

FDDI  11-33

Firewall Services Module と使用するための設定  11-40

IP サブネットワーク  11-2

ISL への 802.1Q のマッピング  11-9

MISTP VLAN の矛盾

MISTP を参照

sc0(帯域内)インターフェイスの割り当て  11-2

VLAN マッピングの設定  11-16

VTP ドメイン  11-2

イーサネット  11-5

インターネット

ISL への 802.1Q のマッピング  11-9

ポートの割り当て  11-11

ポート、割り当て  11-11

拡張範囲  11-3, 11-7

コマンドラインでの指定  2-6

削除  11-15

帯域内(sc0)インターフェイスの割り当て  11-2

デフォルト設定  11-4

トークンリング  11-34

トランク

トランクを参照

トランク上での許容 VLAN  5-9

ネイティブ

802.1Q  5-5

標準範囲  11-3, 11-5

プライベート

プライベート VLAN を参照

プロトコル フィルタリング  35-2

ポート プロビジョニング検証  11-13

補助  53-9, 53-21

予約範囲  11-3

VLAN Management Policy Server

VMPS を参照

VLAN アクセス制御リスト

VACL を参照

VLAN 間ルーティング

AppleTalk、設定  12-5

IPX、設定  12-4

IP、設定  12-3

概要  12-2

VLAN トランク プロトコル

VTP を参照

VLAN のマッピング  11-9

VLAN フィルタリング

トランク  46-4

VLAN マッピング  11-16

VLAN マネージメント ポリシー サーバ

VMPS を参照

VLAN-based SPAN

VSPAN を参照

VLSM

スタティック ルート  21-9

VMPS

エラー メッセージ(表)  18-11

概要  18-2

管理  18-6

コンフィギュレーション ファイル

バックアップ  18-9

設定  18-5

設定例

ダイナミック ポート VLAN メンバーシップ  18-13

データベース コンフィギュレーション ファイル  18-12

ダイナミック ポート メンバーシップ

概要  18-2

再確認  18-7

設定  18-6

トラブルシューティング  18-11

例  18-13

ディセーブル化  18-5

データベース

コンフィギュレーション ファイルの例  18-12

作成  18-4

ダウンロード  18-7

デフォルト設定  18-3

トラブルシューティング  18-11

メンバーシップの再確認  18-7

モニタ  18-6

VoIP ネットワーク

CDP  53-11

Cisco CallManager  53-5

Cisco IP Phone 7960  53-3

CLI コマンド  53-11

QoS、設定  53-33

SmartPort  53-41

Cisco IP Phone、概要  53-42

Cisco SoftPhone、概要  53-42

CLI インターフェイス  53-43

Release 8.4(1) のソフトウェア リリースにおける拡張機能  53-46

使用方法  53-46

注意事項および制限事項  53-42

マクロ ステートメント  53-45

VLAN の概要  53-9

アクセス ゲートウェイの設定  53-24

アクティブ コール情報の表示  53-31

アナログ ステーション ゲートウェイ、24 ポート FXS アナログ インターフェイス モジュール  53-5

アナログ トランク ゲートウェイ、説明  53-6

概要  53-1

コール発信の仕組み  53-8

コンバージド ボイス ゲートウェイ、Cisco VG200  53-7

信頼境界機能  53-35

デジタル トランク ゲートウェイ、8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュール  53-6

ハードウェアおよびソフトウェアの要件  53-2

補助 VLAN、設定  53-21

VSPAN  46-3

VTP

VLAN  11-2

アドバタイズ  10-3

オフ モードの設定  10-9

概要  10-2

クライアント、設定  10-8

サーバ、設定  10-7

設定

クライアント  10-8

サーバ  10-7

設定時の注意事項  10-6

注意  10-6

ディセーブル化  10-8, 10-9

デフォルト設定  10-6

統計情報  10-13

ドメイン  10-2

トランスペアレント モード、設定  10-8

バージョン 2

イネーブル化  10-10

概要  10-3

ディセーブル化  10-11

バージョン 3

show コマンド  10-31

VTP クライアントの設定  10-26

VTP サーバの設定  10-25

イネーブル化  10-23

概要  10-14

拡張範囲 VLAN の命名  11-3, 11-8

設定  10-23

ディセーブル化  10-27

デフォルト設定  10-23

トランスペアレント モードの設定  10-26

バージョン 3 テイクオーバーの設定  10-29

パスワードの設定  10-28

プライベート VLAN  11-24

ポート単位でディセーブル化  10-30

モード変更  10-24

表示  10-13

プルーニング

概要  10-4

図  10-5

設定  10-11

ディセーブル化  10-13

モード

オフ  10-3

クライアント  10-3

サーバ  10-3

トランスペアレント  10-3

VTP プルーニング

概要  10-4

設定  10-11

ディセーブル化  10-13

W

WCCP  15-4, 15-13, 15-17

Web Cache Coordination Protocol

WCCP を参照  15-13, 15-17

Web ベース プロキシ認証

HTTP トラフィックの代行受信  41-4

アクセス制御

PBACL  41-5

イネーブル化

グローバル  41-11

ポート上  41-12

開始とメッセージ交換  41-3

概要  41-2

グローバル

イネーブル化  41-11

ディセーブル化  41-11

サポート対象 HTML ページ  41-5

成功ページ、定義  41-6

ログイン ページ、定義  41-5

ログイン失敗ページ、定義  41-6

初期化  41-12

設定

ACL の ACE  41-10

許容されるログインの最大試行回数  41-14

セッションタイムアウト時間  41-13

待機時間  41-14

ログイン ページの URL  41-13

ログイン失敗ページの URL  41-13

他の機能との相互作用

802.1X  41-8

DAI  41-8

DHCP スヌーピング  41-8

IPSG  41-8

MAC 認証バイパス  41-8

NAC  41-8

VVID  41-8

ゲスト VLAN  41-8

認証失敗 VLAN  41-8

ポート セキュリティ  41-8

定義  41-2

NAD  41-3

スイッチ  41-3

ホスト  41-3

要求元  41-3

ディセーブル化

グローバル  41-11

ポート上  41-12

デバイスの役割  41-2

デフォルト設定  41-9

認証サーバ

RADIUS サーバ  41-3

定義  41-3

ハイ アベイラビリティ  41-6

表示

RADIUS が割り当てた値  41-14

現在のステート  41-14

情報の要約  41-14

ポート単位の情報  41-16

ポートごとに複数のホスト  41-6

ホスト ステート

解析エラー  41-6, 41-7

初期化  41-6

セッションタイムアウト  41-6

接続  41-6

認証  41-6

認証失敗  41-7

認証済み  41-6

保留  41-7

ホスト検出  41-4

WRED  49-63

write tech-support  21-19

WRR  49-65

X

Xmodem によるソフトウェアのダウンロード  26-35

Y

Ymodem によるソフトウェアのダウンロード  26-35

アカウンティング

RADIUS サーバの指定  38-53

アカウンティング レコードの作成  38-53

アカウンティングの抑制  38-54

イネーブル化  38-55

イベント  38-52

概要  38-52

サーバのアップデート  38-54

設定時の注意事項  38-55

設定例  38-58

ディセーブル化  38-57

デフォルト設定  38-55

アクセス制御エントリ

IOS ACL を参照

QoS ACE を参照

VACL を参照

アクセス制御サブシステム

SNMP エンティティ  44-8

アクセス制御リスト

IOS ACL を参照

QoS ACL を参照

VACL を参照

アップロード

コンフィギュレーション ファイル

TFTP  27-6

実行コンフィギュレーション  27-6, 27-9

準備  27-6, 27-9

ソフトウェア イメージ

RCP サーバ  26-23

準備  26-15, 26-23, 26-28

スーパバイザ エンジン  26-16, 26-23, 26-28

宛先ベースの QoS

QoS を参照

アドバタイズ、VTP  10-3

アドレス

IP アドレスを参照

MAC アドレスを参照

アドレス テーブルのスイッチング  4-3

アドレス テーブル、スイッチング  4-3

アラーム、メジャーおよびマイナー  21-17

暗号化イメージ

アップロード

SCP の使用  26-28

イーサネット

概要  4-2

自動ネゴシエーション、速度  4-6

接続の確認  4-23

設定  4-1

タイムアウト設定  4-13

デフォルト設定  4-4

フレーム スイッチング  4-2

フロー制御キーワード(表)  4-9

ポート イネーブル ステート  4-10

ポート ネゴシエーション  4-10

ポート速度、設定  4-6

ポートのデバウンス タイマーの設定  4-11

ポートのデュプレックス、設定  4-7

ポート名、設定  4-6

イーサネット OAM、設定  19-26

イーサネット入力ポート

ACL  49-18

QoS ACL  49-17

イネーブル EXEC モード  2-10

イネーブル パスワード

設定  38-14

忘れた場合  38-15

イネーブル モード  2-10

イネーブル化  39-22

MLS、MSFC インターフェイス  14-18

イメージ

ソフトウェア イメージを参照

インターフェイス

SLIP(sl0)  3-5, 3-11

帯域内(sc0 および sc1)  3-5, 3-8

帯域内(sc0)  11-2

インターフェイス コンフィギュレーション モード  2-10

インライン パワー

効率  53-16

エイリアス

IP

作成  21-8

指定  2-7

コマンドの定義  21-7

エージング タイム

CEF  13-12

MLS  14-21

PFC2 および PFC3 NetFlow 統計情報  13-28

エラー メッセージ

VMPS(表)  18-11

システム メッセージ ロギング(Syslog)  28-1

エラー検出の設定  4-18

重み付きラウンドロビン  49-65

オンライン診断(汎用)

概要  20-2

設定  20-3

下位 BPDU、BackboneFast  9-6

カウンタ、IOS ACL、PACL、および VACL の設定  15-84

DES 鍵を参照

RADIUS 認証を参照

TACACS+ 認証を参照

書き換え、パケット

CEF  13-3

MLS  14-2

拡張範囲 VLAN

VLAN を参照

隔離ポート  11-22

仮想 LAN

VLAN を参照

カプセル化タイプの説明、トランク(表)  5-3

環境変数

BOOT 環境変数を参照

環境モニタ

CLI コマンドの使用  21-17

LED 表示  21-17

SNMP トラップ  21-17

Syslog メッセージ  21-17

スーパバイザ エンジンおよびスイッチング モジュール  21-17

完全優先キュー

QoS を参照

完全優先

関連資料  lviii

ギガビット イーサネット

イーサネットを参照

ギガビット イーサネット トランク

トランクを参照

起動

NVRAM の無視  24-9

コンフィギュレーション レジスタ値の設定  24-10

起動方法

MSFC の起動  3-6

キャッシュ

IP MLS、エントリの表示  14-26

MLS、概要  14-5

許可

概要  38-44

参照

RADIUS

TACACS+

許可リスト

IP 許可リストを参照

切り替え

スーパバイザ エンジン、切り替えを参照

グローバル コンフィギュレーション モード  2-10

クロック、設定  21-4

ゲスト VLAN  39-23

検出

BPDU スキューイング  8-64

高速サーバ ロードバランシング

ASLB を参照

効率

音声ドータ カード  53-16

コマンド エイリアス、定義  21-7

コマンドの省略  2-10

コマンドライン インターフェイス

CLI を参照

コマンド、リスト表示  2-10

コミュニティ ポート  11-22

コンソール コンフィギュレーション モード  2-10

コンソール ポート

MSFC へのアクセス  2-4

ROM モニタのボーレート  24-6

SLIP  3-11

システム メッセージ ロギングの設定  28-6

ソフトウェア イメージのダウンロード

PC でのダウンロード例  26-33

PC での手順  26-29

UNIX でのダウンロード例  26-34

UNIX での手順  26-31

準備  26-29

ユーザ セッション

切断  19-12

モニタ  19-12

コンタクト、設定  21-4

コンバージェンス

向上  8-49

コンフィギュレーション ファイル

RCP によるコピー  27-7

RCP による消去  27-10

RCP または SCP のアップロード

準備  27-9

アップロード

RCP サーバ  27-9

TFTP サーバ  27-6

準備  27-6, 27-9

作成  27-3

作成時の注意事項  27-2

実行コンフィギュレーション

RCP によるアップロード  27-9

RCP によるダウンロード  27-8

TFTP によるアップロード  27-6

TFTP によるダウンロード  27-4

ダウンロード

RCP  27-8

TFTP による  27-4

準備  27-4

フラッシュ デバイスから  27-5

プロファイル ファイル

ロックダウン プロファイル  27-18

コンフィギュレーション モード  2-9

コンフィギュレーション レジスタ

CONFIG_FILE 反復、設定  24-7

ROM モニタ コンソール ポートのボーレート  24-6

概要  24-3

起動時に NVRAM を無視  24-9

設定  24-10

デフォルト設定  24-5

ブート フィールド、スイッチ設定  24-6

再送信時間

認証者からホストへ  39-19

バックエンド認証者から認証サーバへ  39-20

バックエンド認証者からホストへ  39-20

再送信フレーム数  39-21

サマータイム

調整のイネーブル化  33-6

調整のディセーブル化  33-7

システム

モニタ  19-18

システム Syslog ダンプ、イネーブル化およびディセーブル化  28-12

システム イメージ

スイッチ

SCP によるダウンロード  26-24

アップロード  26-16, 26-23

起動、指定  24-1

ダウンロード  26-7, 26-17

システム クロック、設定  21-4

システム コンタクト、設定  21-4

システム ステータス レポート  21-19

システム プロンプト

概要  21-2

設定  21-3

システム メッセージ ロギング

Syslog サーバ

削除  28-10

設定  28-9

ロギングのディセーブル化  28-10

Syslog デーモン、設定  28-9

Telnet セッション ロギング

イネーブル化  28-6

ディセーブル化  28-6

概要  28-2

コンソール セッション ロギング

イネーブル化  28-6

ディセーブル化  28-6

サーバ、設定  28-9

システム メッセージの表示  28-10

セッションの設定値、設定  28-6

設定  28-6

設定、表示  28-10

タイムスタンプ、イネーブル ステートの変更  28-8

定義

重大度(表)  28-3

要素(表)  28-3

デーモン、設定  28-9

デフォルト設定  28-5

バッファ サイズ、指定  28-8

メッセージ ログ、表示  28-11

メッセージの形式  28-4

ロギングの重大度、設定  28-7

システム リセット

スケジューリング  21-12

時間指定  21-13

絶対的な日時  21-12

システム リセットのスケジューリング  21-12

システム ロケーション、設定  21-4

システム警告

実行  19-18

使用方法  19-18

ハードウェア レベル  19-21

システム名

概要  21-2

消去  21-3

設定

スタティックなシステム プロンプト  21-3

スタティックなシステム名  21-2

自動 MDI/MDIX  4-8

自動 QoS

CLI インターフェイス  50-13

CoS および DSCP 値  50-2

Syslog  50-26

概要  50-2

機能の要約  50-27

グローバル自動 QoS マクロ  50-7

警告とエラー状況  50-23

使用方法  50-29

設定時の注意事項および制限事項  50-4

設定ステートメント  50-19

ポート固有の自動 QoS マクロ  50-9

マクロ  50-4

自動ネゴシエーション

速度  4-6

デュプレックス  4-7

トランク  5-2

自動モジュール シャットダウン

サポートされないモジュール  4-15

設定  4-15

ジャンボ フレーム

sc0 インターフェイス  4-20

イネーブル化  4-20

設定  4-20

ディセーブル化  4-20

集約ポリシング ルール

QoS ポリシングを参照

受信キュー

QoS 受信キューを参照

冗長機能の概要  22-22

冗長構成

ブート イメージの同期化  22-19

ランタイム イメージとブートストリングの同期化  22-17

冗長スーパバイザ エンジン

スーパバイザ エンジン、冗長構成を参照

冗長(NSF)

設定

BGP  23-9

CEF  23-8

IS-IS  23-12

OSPF  23-11

冗長(SSO)

冗長コマンド  23-7

ショートカット、レイヤ 3

MLS を参照

シリアル ダウンロード

PC ソフトウェア イメージのダウンロード手順  26-29

PC ソフトウェア イメージのダウンロード例  26-33

UNIX ソフトウェア イメージのダウンロード手順  26-31

UNIX ソフトウェア イメージのダウンロード例  26-34

ダウンロードの準備  26-29

信頼境界機能  53-35

信頼境界、設定  53-35

スイッチ CLI

IP アドレス、指定  2-7

IP エイリアス、指定  2-7

MAC アドレス、指定  2-7

VLAN、指定  2-6

アクセス  2-2

概要  2-2

操作  2-5

ヒストリ置換  2-8

ヘルプ  2-8

ポート、指定  2-6

モジュール、指定  2-6

スイッチ TopN レポート

概要  47-2

実行  47-4

バックグラウンドでの実行  47-3

表示  47-4

フォアグラウンドでの実行  47-3

メトリック値(表)  47-2

スイッチ ファブリック モジュール

720 Gbps 統合スイッチ ファブリック  52-2

LCD バナー  52-13

外部スイッチ ファブリック モジュール  52-2

概要  52-1

スロット位置  52-3

設定およびモニタリング  52-5

転送モード  52-4

ファブリック モジュール カウンタ  52-8

スイッチ管理

スイッチのブート プロセス  24-2

手順  21-1, 29-1

ポート、ステータスの確認  19-3

モジュール、ステータスの確認  19-2

スイッチ管理インターフェイス

スーパバイザ エンジン、管理インターフェイスを参照

スイッチの管理  21-1, 29-1

スイッチング モジュール

モジュールを参照

スーパバイザ エンジン

BOOT 環境変数

概要  24-3, 24-4

消去  24-11, 24-12

設定  24-11, 24-12

表示  24-13

IP アドレス、割り当て  3-8

ROM モニタ  24-2

sc0 および sc1(帯域内)インターフェイス  3-8

sl0(SLIP)インターフェイス  3-11

管理インターフェイス

sc0 および sc1(帯域内)、設定  3-8

sl0(SLIP)、設定  3-11

概要  3-2

起動設定  24-2

切り替え  22-7

コンソール ポート

ROM モニタのボーレート  24-6

SLIP  3-11

コンフィギュレーション レジスタ

NVRAM を無視、設定  24-9

ROM モニタのボーレート、設定  24-6

概要  24-3

設定  24-10

ブート フィールド、設定  24-6

冗長構成

概要  22-2

スタンバイへの強制切り替え  22-7

ステータスの確認  22-6

スロット割り当て  22-2

設定時の注意事項  22-6

フラッシュ同期化  22-5, 22-17

スタティック ルート  21-9

設定  3-1, 52-1

設定準備  3-5

ソフトウェア イメージ

アップロード  26-23, 26-28

起動、指定  24-1

ダウンロード  26-7, 26-17, 26-24

ソフトウェア イメージのアップロード  26-16, 26-23, 26-28

ソフトウェア イメージのダウンロード  26-7, 26-17, 26-24

デフォルト ゲートウェイ  3-9

デフォルト起動設定  24-5

デフォルト設定  3-7

ブート イメージ  22-3

フラッシュ ファイル システム

フラッシュ ファイル システムを参照

スーパバイザ エンジン 1

環境モニタ  21-17

スキューイング

BPDU の設定  8-63

スケジューリング

QoS を参照

スタティック ルート

CIDR  21-9

VLSM  21-9

設定  21-9

スタンバイ スーパバイザ エンジン

冗長スーパバイザ エンジンを参照

スーパバイザ エンジン、冗長構成を参照

スパニングツリー

警告、実行  19-21

スレッシュホールド

QoS 輻輳回避を参照

セキュア ポート

ユニキャスト フラッディング ブロックのイネーブル化  37-10

ユニキャスト フラッディング ブロックのディセーブル化  37-10

セキュリティ

IP 許可リスト  36-2

設定  23-1, 36-1, 37-1, 39-1, 41-1

パスワード、設定  38-13, 38-14

セキュリティ ACL、VACL-VLAN マッピングの削除  15-57

設定

MISTP  8-39, 8-58

消去(スイッチ)  27-10

設定の消去  27-10

送信キュー

QoS 送信キューを参照

速度

10/100 Mbps イーサネット ポート、設定  4-6

ソフトウェア イメージ

EPLD イメージのアップグレード  26-2

SCP によるアップロード

準備  26-28

SCP によるダウンロード

準備  26-24

アップロード

RCP サーバ  26-23, 26-28

準備  26-15, 26-23

スーパバイザ エンジン  26-16, 26-23, 26-28

確認  26-37

ダウンロード

概要  26-5

準備  26-6, 26-17

スイッチング モジュール  26-8, 26-18

スーパバイザ エンジン  26-7, 26-17, 26-24

例、スーパバイザ エンジン  26-9, 26-19

例、単一モジュール  26-12, 26-21

例、複数のモジュール  26-14, 26-22

帯域内(sc0 および sc1)インターフェイス

IP アドレス、割り当て  3-8

概要  3-2, 3-5

機能の比較  3-7

設定  3-8

帯域内(sc0)インターフェイス

DHCP  3-13

RARP  3-13

VLAN 割り当て  11-2

対象読者  lv

ダイナミック ARP 検査

DAI を参照

ダイナミック ポート VLAN メンバーシップ

概要  18-2

再確認  18-7

設定  18-6

デフォルト設定  18-3

トラブルシューティング  18-11

補助 VLAN  18-16

例  18-13

タイマー、設定

Hello タイム  8-52

最大エージング タイマー  8-52

転送遅延タイマー  8-52

タイム ゾーン

消去  33-7

設定  33-6

ダウンロード

コンフィギュレーション ファイル

RCP または SCP の使用  27-8

TFTP による  27-4

準備  27-4

フラッシュ デバイスから  27-5

ソフトウェア イメージ

Xmodem または Ymodem  26-35

概要  26-5

準備  26-6, 26-17, 26-24

スイッチング モジュール  26-8, 26-18

スーパバイザ エンジン  26-7, 26-17, 26-24

例、スーパバイザ エンジン  26-9, 26-19

例、単一モジュール  26-12, 26-21

例、複数のモジュール  26-14, 26-22

脱退処理、IGMP

イネーブル化  48-14

ディセーブル化  48-20

単一方向リンク検出プロトコル

UDLD を参照

単一ルータ モードの冗長機能

SRM を参照

チェックサム、フラッシュ ファイルの確認  25-9

チャネル モード、EtherChannel(表)

LACP  6-14

PAgP  6-7

チャネル、チャネル カウンタの消去と復元  6-22

ディスパッチャ

SNMP エンティティ  44-8

ディセーブル化  39-23

データベース、VMPS

コンフィギュレーション ファイルの例  18-12

ダウンロード  18-7

テキスト ファイル コンフィギュレーション モード

Auto-Save オプション  25-4

コンフィギュレーション モードの設定  25-3

デフォルト ゲートウェイ

削除  3-10

設定  3-9

デュプレックス、イーサネット  4-7

電源の管理

音声  53-12

概要  21-14

冗長構成のイネーブルまたはディセーブル化  21-14

電源ステータスの表示  53-19

ポートにデフォルトで割り当てられる電力量の設定  53-18, 53-19

モジュールのインライン パワー通知スレッシュホールドの設定  53-19

モジュールの電源投入または切断  21-16

電話機、Cisco IP Phone 7960  53-3

統計情報

BPDU スキューイング  8-63

ブリッジド フロー  16-4

統計情報、PFC2 および PFC3  13-11

トークン バケット  49-24

トークンリング

VLAN、トークンリングも参照  11-34

ドータ カード

電力の効率  53-16

ドメイン ネーム システム

DNS を参照

ドメイン名

消去  29-3

設定  29-2

トラフィック フローのキャプチャ  15-58

トラフィック、処理

非分割  15-6

分割  15-6

トラブルシューティング

VMPS  18-11

システム メッセージ ロギング  28-2

トランク

802.1Q

制限事項  5-5

設定  5-7

ネイティブ VLAN トラフィックのタギング  5-11

ネゴシエーション  5-8

ISL

EtherChannel リンク  5-16

トランクの設定  5-15

VLAN 1、ディセーブル化  5-29

VLAN、許容  5-9

概要  5-2

可能な設定(表)  5-4

カプセル化タイプ

説明(表)  5-3

許容 VLAN  5-9

許容 VLAN の定義  5-9

自動ネゴシエーション  5-2

設定

802.1Q トランク  5-7

ISL トランク  5-6

ISL/802.1Q ネゴシエーション トランク ポート  5-8

設定例

802.1Q  5-19

ISL  5-15, 5-16

負荷分散  5-23

ディセーブル化  5-10

デフォルト設定  5-6

トラフィックの負荷分散  5-23

並列設定  5-28

モード(表)  5-3

トランク上での負荷分散  5-23

トンネリング

802.1Q トンネリングを参照

日時、設定  21-4

認証

NTP  33-5

概要  38-2

参照

Kerberos 認証

RADIUS 認証

TACACS+ 認証

ローカル認証

ログイン認証

パスワードを忘れた場合  38-15

ログイン

イネーブル化  38-10, 38-11

概要  38-2

パスワード  38-13

ログイン時のロックアウトの強化  38-2

ネイティブ VLAN

802.1Q  5-5

ネットワーク アドレス変換

NAT を参照

ネットワーク管理

RMON を参照

ネットワークの耐障害性  8-17

ハイ アベイラビリティ

720 Gbps 統合スイッチ ファブリック  52-2

概要  22-10

サポートされる機能  22-11

スタンバイ スーパバイザ エンジンへの異なるイメージのロード  22-15

設定  22-13

バージョニングの概要  22-12

廃棄スレッシュホールド

QoS 輻輳回避を参照

パケット

ブリッジド  15-8

マルチキャスト  15-9

ルーテッド  15-8

パケット スレッシュホールド

CEF  13-29

IP MLS  14-23

パケットの書き換え

CEF  13-3

MLS  14-2

パケットバッファ エラー処理の設定  19-23

パスワード

イネーブル  38-14

ログイン  38-13

忘れた場合  38-15

バックエンド認証者からホストへ  39-21

バックプレーン

スレッシュホールド検知  19-18

バナー

ログイン バナーを参照

バンドル

EtherChannel を参照

光ファイバ、単一方向リンクの検出  31-1

ヒストリ、スイッチ CLI  2-8

標準範囲 VLAN

VLAN を参照

ファスト イーサネット

イーサネットを参照

ファスト エージング タイム  14-23

PFC2 および PFC3 統計情報  13-29

フィルタ

プロトコル フィルタリングを参照

フィルタ、NDE

NDE、フィルタを参照

ブート イメージおよびスイッチ  22-3

ブート フィールド

概要  24-3

設定  24-6

複数の転送パス  8-17

輻輳回避

QoS 輻輳回避を参照

不適合

QoS 不適合を参照

プライベート VLAN  11-22

ACL の設定  15-42

隔離 VLAN  11-22

隔離 VLAN、コミニュニティ VLAN または双方向コミュニティ VLAN の削除  11-31

コミュニティ VLAN  11-22

削除  11-30

作成  11-27

設定時の注意事項  11-24

双方向コミュニティ VLAN  11-22

ハードウェアとソフトウェアの相互作用  11-25

プライマリ VLAN  11-22

マッピングの削除  11-31

フラッシュ PC カード、フォーマット  25-9

フラッシュ デバイスのフォーマット  25-9

フラッシュ ファイル システム

概要  25-2

コンフィギュレーション モードの設定  25-3

チェックサム  25-9

デバイスのフォーマット  25-9

ファイル

コピー  25-6

削除  25-8

デフォルト設定  25-2

復元  25-8

リスト表示  25-5

フラッシュ メモリ

ACL の保存  15-67

フラッシュ同期化

概要  22-5

例  22-17

ブリッジ ID プライオリティ、PVST+  8-28

ブリッジ ID、MAC アドレス  8-15

ブリッジ プロトコル データ ユニット

BPDU を参照

ブリッジド フローの統計情報  14-30, 16-4

プルーニング、VTP

VTP、プルーニングを参照

フレックス リンク、設定  4-18

フロー

IP MMLS

部分的スイッチングおよび完全スイッチング  13-9, 14-11

MLS  14-4

マルチキャスト

部分的スイッチングおよび完全スイッチング  14-11

フロー マスク

CEF  13-12

destination-ip  13-12

destination-ipx  13-12

full flow  13-12

source-destination-ip  13-12

source-destination-vlan  13-12

IP MLS エントリ  14-9

IP MLS、full flow  14-7

IPX MLS  14-7

MLS

destination-ip  14-6

source-destination-ip  14-7

source-destination-vlan  14-7

概要  14-6

最小  14-24

PFC2 および PFC3 統計情報  13-30

モード  14-6

CEF  13-12

フロー制御  4-9

キーワード(表)  4-9

設定  4-9

フローチャート、QoS  49-4

ブロードキャスト抑制  34-1

errdisable ステートのイネーブル化  34-5

イネーブル化  34-4

ディセーブル化  34-5

マルチキャスト トラフィックの抑制  48-8

ユニキャスト トラフィックの抑制  34-3

ブロッキングからの移行  19-22

プロトコル データ ユニット

PDU を参照

プロトコル トンネリング

概要  7-7

設定  7-9

設定時の注意事項  7-8

プロトコル フィルタリング

イネーブル化  35-3

概要  35-2

設定  35-3

ディセーブル化  35-4

デフォルト設定  35-3

プロトコルのサポート  35-2

プロンプト

概要  21-2

設定  21-3

ポート

10 ギガビット イーサネット リンク用の PRBS テスト  19-7

errdisable タイムアウト、設定  4-13

VLAN 割り当て  11-11

エラー検出の設定  4-18

隔離  11-22

機能、確認  19-6

コマンドラインでの指定  2-6

コミュニティ  11-22

混合  11-22

ステータスの確認  19-3

速度、10/100 Mbps イーサネット  4-6

ダイナミック VLAN メンバーシップ

概要  18-2

再確認  18-7

設定  18-6

デフォルト設定  18-3

トラブルシューティング  18-11

例  18-13

デバウンス タイマーの設定  4-11

デフォルトのポート イネーブル ステートの変更  4-10

デュプレックス  4-7

名前  4-6

ポート デバウンス タイマーの設定変更  4-12

ポート カウンタ

モニタ  19-18

ポート ステータス、確認  19-3

ポート セキュリティ

802.1X 認証  39-9

802.1X 認証でのイネーブル化  39-9

MAC アドレスの消去  37-9

MAC アドレス、数の指定  37-6

イネーブル化  37-5

トランク ポート  37-5

エージング タイム、設定  37-8

概要  37-2

シャットダウン タイム、設定  37-11

セキュリティ違反時の処置、指定  37-11

設定時の注意事項  37-4

ディセーブル化  37-12

デフォルトのポート イネーブル ステートの変更  4-10

表示  37-13

ポート デバウンス タイマー

イネーブル化  4-11

設定変更  4-12

ディセーブル化  4-11

表示  4-11

ポート プロビジョニング検証  11-13

ポート集約プロトコル

PAgP を参照

ポートの集約、EtherChannel  6-2

ポートベース QoS の機能

QoS を参照

ポートベースの認証

EAPOL-Start フレーム  39-3

EAP-Request/Identity フレーム  39-3

EAP-Response/Identity フレーム  39-3

開始とメッセージ交換  39-3

カプセル化  39-3

スイッチ

RADIUS クライアント  39-3

プロキシとして機能  39-3

デバイスの役割  39-2

認証サーバ

RADIUS サーバ  39-3

ポート

許可ステートおよび set port dot1x port-control コマンド  39-4

許可済みおよび無許可  39-4

補助 VLAN

802.1X 認証  39-8

IP Phone が検出されるまで補助 VLAN をディセーブルにする  53-23

概要  53-9

設定  53-21

ダイナミック ポート VLAN メンバーシップ  18-16

ホストの追加  39-23

ポリシー ベース転送、PBF を参照

マーキング(QoS)  49-29

マークダウン(QoS)  49-24

マイクロフロー ポリシング ルール  49-24

マニュアル

関連資料  lviii

表記法  lix

マニュアルの構成  lvi

マルチキャスト

IP マルチキャストを参照

グループ

脱退  48-5

マルチキャスト トラフィックのレート制限  48-16

マルチキャスト トラフィック、レート制限  48-16

マルチキャスト抑制  34-3, 48-8

メイン MSFC  22-25

メッセージ処理サブシステム  44-9

SNMP エンティティ  44-8, 44-9

メトリック値、スイッチ TopN レポート(表)  47-2

メモリの使用

モニタ  19-19

モジュール

コマンドラインでの指定  2-6

スーパバイザ エンジン

設定  3-1

ステータスの確認  19-2

ステータス、確認  19-2

ソフトウェア イメージのダウンロード  26-8, 26-18

モニタ

システム警告  19-18

メモリ使用率  19-19

ユーザ EXEC モード  2-10

ユーザ セッション

切断  19-12

モニタ  19-12

ユニキャスト フラッディング ブロック

イネーブル化  43-3

セキュア ポートでのイネーブル化  37-10

セキュア ポートでのディセーブル化  37-10

設定  43-1‐43-4

MAC アドレスのブロック  43-2

注意事項  43-2

ディセーブル化  43-3

表示  43-4

ユニキャスト抑制  34-3

要求元

自動再認証  39-17

手動での再認証  39-18

予約範囲 VLAN

VLAN を参照

リセット

システム リセットのスケジューリング  21-12

スケジューリング

時間指定  21-13

絶対的な日時  21-12

リモート スイッチド ポート アナライザ

RSPAN を参照

略語一覧  A-1

リンク エラー処理の設定  19-24

隣接テーブル  13-8

ルータ、マルチキャスト  48-29

ルーティング テーブル、マルチキャスト  13-21, 14-36

ルート ガード

MST  8-18

イネーブル化  8-50

ディセーブル化  8-50

ルート スイッチ

コンバージェンスの向上  8-49

セカンダリ、設定  8-48

プライマリ、設定  8-47

ルート ガードも参照

ループ ガード

MST  8-18

概要  9-8

設定  9-23

レイヤ 2

IP MMLS の転送テーブル  14-5

PDU レート リミッタ  8-26

traceroute ユーティリティ  19-15

プロトコル トンネリング  7-7

レイヤ 3 スイッチド パケットの書き換え

CEF  13-3

MLS  14-2

レイヤ 3 スイッチング

CEF  13-2

MLS  14-2

レイヤ 4 ポートの演算(ACL)  15-25

レート リミッタ

802.1Q トンネリング  7-8

802.1X 認証  39-12

イネーブル化  8-65

ディセーブル化  8-65

レイヤ 2 PDU の設定  8-65

レート制限、Cisco IOS ACL ロギングの  15-15

ローカル ユーザ認証

アカウントの削除  38-16, 38-18

イネーブル化  38-17

概要  38-3

ディセーブル化  38-17

パスワードの設定  38-17

ローカル認証

イネーブル パスワード、設定  38-14

イネーブル化  38-12

概要  38-3

設定時の注意事項  38-10, 39-12

ディセーブル化  38-14

デフォルト設定  38-9, 39-11, 41-9

パスワードを忘れた場合  38-15

ログイン パスワード、設定  38-13

ロードバランシング  8-17

ロギング メッセージ、VACL  15-60

ロギング、Cisco IOS ACL ロギングのレート制限の設定  15-15

ログイン パスワード

設定  38-13

忘れた場合  38-15

ログイン バナー

Cisco Systems Console Telnet ログイン バナーの表示または抑制  21-6

概要  21-5

消去  21-5

設定  21-5

ログイン認証

イネーブル化  38-10, 38-11

概要  38-2

ロケーション、設定  21-4

論理演算ユニット

LOU を参照