Catalyst 6500 シリーズ スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Software Release 8.4
イーサネットVLANトランクの設定
イーサネットVLANトランクの設定
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

イーサネットVLANトランクの設定

VLANトランクの機能概要

トランクの概要

トランキング モードおよびカプセル化タイプ

802.1Qトランク設定時の注意事項および制限事項

トランクのデフォルト設定

トランク リンクの設定

ISLトランクの設定

802.1Qトランクの設定

ISL/802.1Qネゴシエーション トランク ポートの設定

トランク上での許容VLANの定義

トランク ポートのディセーブル化

トランク上でのVLAN 1のディセーブル化

ネイティブVLANトラフィックの802.1Qタギングのイネーブル化

特定ポート上での802.1Qタギングのディセーブル化

カスタム802.1Q Ethertypeフィールドの指定

カスタム802.1Q Ethertypeフィールドから標準のEthertypeへの復帰

VLANトランクの設定例

ISLトランクの設定例

EtherChannelリンクによるISLトランクの例

EtherChannelリンクによる802.1Qトランクの例

並列トランクによるVLANトラフィック負荷分散の例

イーサネットVLANトランクの設定

この章では、Catalyst 6500シリーズ スイッチ上でイーサネットVLAN(仮想LAN)トランクを設定する手順について説明します。


) VLANの詳しい設定手順については、第11章「VLANの設定」を参照してください。



) この章で使用しているコマンドの完全な構文および使用方法の詳細については、『Catalyst 6500 Series Switch Command Reference』を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「VLANトランクの機能概要」

「トランクのデフォルト設定」

「トランク リンクの設定」

「VLANトランクの設定例」

VLANトランクの機能概要

ここでは、Catalyst 6000および6500シリーズ スイッチ上でのVLANトランクの機能について説明します。

「トランクの概要」

「トランキング モードおよびカプセル化タイプ」

「802.1Qトランク設定時の注意事項および制限事項」

トランクの概要

トランクとは、1つまたは複数のイーサネット スイッチ ポートと他のネットワーキング装置(スイッチ、ルータなど)の間に設定するポイントツーポイント リンクです。トランクを使用して複数のVLANトラフィックを転送することにより、ネットワーク全体にわたってVLANを拡張することができます。

すべてのイーサネット ポート上で、次の2種類のトランキング カプセル化方式を使用できます。

ISL(スイッチ間リンク) ― ISLは、シスコ独自のトランキング カプセル化方式です。

IEEE 802.1Q ― 802.1Qは、業界標準のトランキング カプセル化方式です。

トランクを設定できるのは、1つのイーサネット ポートまたはEtherChannelバンドルに対してです。EtherChannelの詳細については、 第6章「EtherChannelの設定」 を参照してください。

イーサネットのトランク ポートは、5種類のトランキング モードをサポートしています( 表5-1 を参照)。さらに、トランクでのISLカプセル化の使用、802.1Qカプセル化の使用、またはカプセル化タイプの自動ネゴシエーションを指定することもできます。

自動ネゴシエーションでトランキングを行うには、各ポートが同じVLAN Trunking Protocol(VTP; VLANトランキング プロトコル)ドメインに存在する必要があります。ただし、異なるドメインにあっても、 on または nonegotiate モードを使用して、ポートを強制的にトランクにすることができます。VTPドメインの詳細については、 第10章「VTPの設定」 を参照してください。

トランク ネゴシエーションは、Dynamic Trunking Protocol(DTP;ダイナミック トランキング プロトコル)によって管理されます。DTPは、ISLおよび802.1Qの両方のトランクで自動ネゴシエーションをサポートしています。

トランキング モードおよびカプセル化タイプ


) ISLカプセル化をサポートしないモジュールの完全なリストについては、次のURLにある『Catalyst 6500 Series Release Notes』を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/lan/cat6000/relnotes/index.htm


表5-1 に、 set trunk コマンドで設定できるトランキング モードと、ファスト イーサネット、ギガビット イーサネット、および10ギガビット イーサネット ポート上におけるその機能を示します。

 

表5-1 イーサネット トランキング モード

モード
機能

on

ポートに永続的なトランキング モードを設定し、リンクをトランク リンクに変換するためのネゴシエーションを行います。近接ポートが変更に同意しなくても、ポートはトランク ポートになります。

off

ポートに永続的な非トランキング モードを設定し、リンクを非トランク リンクに変換するためのネゴシエーションを行います。近接ポートが変更に同意しなくても、ポートは非トランク ポートになります。

desirable

リンクからトランク リンクへの変換をポートに積極的に試行させます。近接ポートが on desirable 、または auto モードに設定されていれば、ポートはトランク ポートになります。

auto

ポートにリンクからトランク リンクへの変換を試行させます。近接ポートが on または desirable モードに設定されていれば、ポートはトランク ポートになります。これはすべてのイーサネット ポートのデフォルトのモードです。

nonegotiate

ポートを永続的なトランキング モードにしますが、ポートがDTPフレームを生成しないようにします。トランク リンクを確立するには、近接ポートを手動でトランク ポートとして設定する必要があります。

表5-2 に、 set trunk コマンドで設定できるカプセル化タイプ、およびイーサネット ポート上での機能を示します。 show port capabilities コマンドを入力すると、個々のポートでサポートされているカプセル化タイプを判別することができます。

 

表5-2 イーサネット トランク カプセル化タイプ

カプセル化
機能

isl

トランク リンクにISLカプセル化を指定します。

dot1q

トランク リンクに802.1Qカプセル化を指定します。

negotiate

ポートが近接ポートとネゴシエーションを行い、近接ポートの設定および機能に応じて、ISL(優先)または802.1Qトランクになることを指定します。

トランク リンクを確立できるかどうか、および確立したリンクに設定されるトランク タイプは、2つの接続ポートのトランキング モード、トランク カプセル化タイプ、およびハードウェア機能によって決まります。 表5-3 に、可能なトランク設定およびその結果を示します。

 

表5-3 ファスト イーサネット、ギガビット イーサネット、および10ギガビット イーサネットのトランク設定の結果

近接ポートの
トランク モードおよびカプセル化
ローカル ポートのトランク モードおよびカプセル化
off
isl
または dot1q
on
isl
desirable
isl
auto
isl
on
dot1q
desirable
dot1q
auto
dot1q
desirable
negotiate
auto
negotiate

off
islまたはdot1q

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

on
isl

ローカル:
非トランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
1Qトランク1

近接:
ISLトランク1

ローカル:
非トランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
非トランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

desirable
isl

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
IQトランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

auto
isl

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
IQトランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

on
dot1q

ローカル:
非トランク

近接:
1Qトランク

ローカル:
ISLトランク1

近接:
IQトランク1

ローカル:
非トランク

近接:
1Qトランク

ローカル:
非トランク

近接:
1Qトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
1Qトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
1Qトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
1Qトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
1Qトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
1Qトランク

desirable
dot1q

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

auto
dot1q

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

desirable negotiate

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

auto
negotiate

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
1Qトランク

近接:
IQトランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

ローカル:
ISLトランク

近接:
ISLトランク

ローカル:
非トランク

近接:
非トランク

1.この設定はスパニングツリー ループの原因になるので推奨できません。


) DTPはポイントツーポイント プロトコルです。ただし、インターネットワーキング装置によっては、DTPフレームが正しく転送されないことがあります。この問題を回避するために、スイッチ以外の装置に接続するポートで、これらのポートのリンクにトランクを使用しない場合には、トランク モードを必ずoffに設定してください。シスコ製ルータへのリンク上のトランクを手動でイネーブルにする場合は、nonegotiateキーワードを入力してください。これにより、ポートはトランクを設定してもDTPフレームを生成しません。


802.1Qトランク設定時の注意事項および制限事項

802.1Qトランクを使用し、かつネットワークのトランク設定にいくつかの制限を設ける場合、以下の注意事項および制限事項を考慮してください。

802.1Qトランクを介してシスコ製スイッチを接続している場合は、802.1QトランクのネイティブVLANが、トランク リンクの両端で同じであることを確認してください。トランクの一端のネイティブVLANと反対側のネイティブVLANが異なると、スパニングツリー ループの原因になります。

ネットワーク上のすべてのネイティブVLANについてスパニングツリーをディセーブルにせずに、802.1QトランクのVLAN上のスパニングツリーをディセーブルにすると、スパニングツリー ループが発生することがあります。802.1QトランクのネイティブVLAN上のスパニングツリーは、イネーブルのままにしてください。それができない場合は、ネットワークのすべてのVLANのスパニングツリーをディセーブルにしてください。スパニングツリーをディセーブルにする場合には、前もってネットワークで物理ループが発生しないことを確認してください。

802.1Qトランクを使用して2台のシスコ製スイッチを接続している場合は、スイッチはトランク上で許容されているVLANごとにスパニングツリーBridge Protocol Data Unit(BPDU;ブリッジ プロトコル データ ユニット)を交換します。トランクのネイティブVLAN上のBPDUは、タグなしで予約IEEE 802.1Dスパニングツリー マルチキャストMAC(メディア アクセス制御)アドレス(01-80-C2-00-00-00)に送信されます。トランクの残りのVLAN上のBPDUは、タグ付きで予約Cisco Shared Spanning Tree(SSTP)マルチキャストMACアドレス(01-00-0c-cc-cc-cd)に送信されます。

他社製の802.1Qスイッチは、すべてのVLANのスパニングツリー トポロジーを定義するスパニングツリーの1つのインスタンス(Mono Spanning Tree[MST])しか維持しません。802.1Qトランクを介して他社製のスイッチにシスコ製スイッチを接続すると、他社製のスイッチのMSTとシスコ製スイッチのネイティブVLANスパニングツリーが統合されて、Common Spanning Tree(CST)という1つのスパニングツリー トポロジーを形成します。

他社製のスイッチにシスコ製スイッチを接続した場合、CSTは常にVLAN 1上にあります。シスコ製スイッチは、CSTのVLAN 1上でタグのないIEEE BPDU(01-80-C2-00-00-00)を送信します。ネイティブVLAN上では、シスコ製スイッチはタグのないCisco BPDU
(01-00-0C-CC-CC-CC)を送信します。このCisco BPDUは他社製スイッチが転送しても処理対象になりません(ネイティブVLAN上では、IEEE BPDUは転送されません)。

シスコ製スイッチは、トランクのネイティブVLAN以外のVLAN上でSSTPマルチキャストMACアドレスにBPDUを送信するので、他社製のスイッチはこれらのフレームをBPDUとは認識せず、対応するVLANのすべてのポートにフラッディングします。他社製の802.1Qに接続された他のシスコ製スイッチは、このフラッディングされたBPDUを受信します。これにより、シスコ製スイッチは、他社製の802.1Qスイッチ ネットワークの間で、VLANごとにスパニングツリー トポロジーを維持できます。シスコ製スイッチを分離する他社製の802.1Qネットワークは、802.1Qトランクを介して他社製の802.1Qネットワークに接続しているすべてのスイッチ間の単一のブロードキャスト セグメントとして処理されます。

ネイティブVLANは、他社製の802.1Qネットワークにシスコ製スイッチを接続する すべて の802.1Qトランク上で必ず同じになるようにしてください。

他社製の802.1Qネットワークに複数のシスコ製スイッチを接続する場合は、すべての接続において802.1Qトランクを使用する 必要があります 。ISLトランクまたはアクセス ポートを使用して、シスコ製スイッチを他社製の802.1Qネットワークに接続することは できません 。接続した場合、ISLトランクまたはアクセス ポートは、スパニングツリーの「[port inconsistent]」ステートとスイッチにより判断され、そのポートではトラフィックを伝送できなくなります。

トランクのデフォルト設定

表5-4 に、イーサネット トランクのデフォルト設定を示します。

 

表5-4 イーサネット トランクのデフォルト設定

機能
デフォルト設定

トランク モード

auto

トランク カプセル化

negotiate

VLAN許容範囲

VLAN 1~1005、1025~40942

2.Release 8.3(1)以降のソフトウェア リリースでは、ユーザVLANおよび内部VLANのみが存在し、予約VLANは存在しません。VLANを必要とする機能のために、VLANマネージャがVLANを永久的に確保しておくことはありません。VLANは必要に応じて動的に割り当てられます。ユーザ(および内部)VLANはVLAN範囲全体(1~4094)を使用できます。

トランク リンクの設定

ここでは、イーサネット ポート上のトランク リンクの設定手順、およびトランク上でのVLAN許容範囲の定義方法について説明します。

「ISLトランクの設定」

「802.1Qトランクの設定」

「ISL/802.1Qネゴシエーション トランク ポートの設定」

「トランク上での許容VLANの定義」

「トランク ポートのディセーブル化」

「トランク上でのVLAN 1のディセーブル化」

「ネイティブVLANトラフィックの802.1Qタギングのイネーブル化」

「特定ポート上での802.1Qタギングのディセーブル化」

「カスタム802.1Q Ethertypeフィールドの指定」

「カスタム802.1Q Ethertypeフィールドから標準のEthertypeへの復帰」

ISLトランクの設定

ISLトランクを設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ISLトランクを設定します。

set trunk mod/port [ on | off | desirable | auto | nonegotiate ] isl

ステップ 2

トランキングの設定を確認します。

show trunk [ mod/port ]

次に、ポートをトランクとして設定し、トランク設定を確認する例を示します。この例では、近接ポートが auto モードに設定されていると想定します。

Console> (enable) set trunk 1/1 on
Port(s) 1/1 trunk mode set to on.
Console> (enable) 06/16/1998,22:16:39:DTP-5:Port 1/1 has become isl trunk
06/16/1998,22:16:40:PAGP-5:Port 1/1 left bridge port 1/1.
06/16/1998,22:16:40:PAGP-5:Port 1/1 joined bridge port 1/1.
Console> (enable) show trunk
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/1 on isl trunking 1
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,521-524
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1
Console> (enable)
 

次に、ポートを desirable モードに設定し、トランク設定を確認する例を示します。この例では、近接ポートが auto モードに設定されていると想定します。

Console> (enable) set trunk 1/2 desirable
Port(s) 1/2 trunk mode set to desirable.
Console> (enable) 06/16/1998,22:20:16:DTP-5:Port 1/2 has become isl trunk
06/16/1998,22:20:16:PAGP-5:Port 1/2 left bridge port 1/2.
06/16/1998,22:20:16:PAGP-5:Port 1/2 joined bridge port 1/2.
Console> (enable) show trunk 1/2
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/2 desirable isl trunking 1
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/2 1-1005, 1025-4094
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/2 1,521-524
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/2
Console> (enable)

802.1Qトランクの設定

802.1Qトランクを設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

802.1Qトランクを設定します。

set trunk mod/port [ on | off | desirable | auto | nonegotiate ] dot1q

ステップ 2

トランキングの設定を確認します。

show trunk [ mod/port ]

次に、802.1Qトランクを設定し、トランク設定を確認する例を示します。

Console> (enable) set trunk 2/9 desirable dot1q
Port(s) 2/9 trunk mode set to desirable.
Port(s) 2/9 trunk type set to dot1q.
Console> (enable) 07/02/1998,18:22:25:DTP-5:Port 2/9 has become dot1q trunk
 
Console> (enable) show trunk
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
2/9 desirable dot1q trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
2/9 1-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
2/9 1,5,10-32,101-120,150,200,250,300,400,500,600,700,800,900,1000
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
2/9 5,10-32,101-120,150,200,250,300,400,500,600,700,800,900,1000
Console> (enable)
 

ISL/802.1Qネゴシエーション トランク ポートの設定

トランク ポートがトランク カプセル化タイプ(ISLまたは802.1Q)のネゴシエーションを行うように設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ポートにトランク カプセル化タイプのネゴシエーションを設定します。

set trunk mod/port [ on | off | desirable | auto | nonegotiate ] negotiate

ステップ 2

トランキングの設定を確認します。

show trunk [ mod/port ]

次に、ポートにカプセル化タイプのネゴシエーションを設定し、トランク設定を確認する例を示します。この例では、近接ポートは auto モードで、カプセル化は isl または negotiate が設定されています。

Console> (enable) set trunk 4/11 desirable negotiate
Port(s) 4/11 trunk mode set to desirable.
Port(s) 4/11 trunk type set to negotiate.
Console> (enable) show trunk 4/11
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
4/11 desirable n-isl trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
4/11 1-1005,1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
4/11 1,5,10-32,55,101-120,998-1000
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
4/11 1,5,10-32,55,101-120,998-1000
Console> (enable)
 

トランク上での許容VLANの定義

トランク ポートを設定すると、すべてのVLANがそのトランクの許容VLANリストに追加されます。許容リストからVLANを削除することにより、特定のVLANのトラフィックがトランク上で伝送されないようにすることができます。


) ポートを最初にトランクとして設定する時点では、set trunkコマンドの入力により、常にトランクの許容VLANリストにすべてのVLANが追加されます。VLAN範囲を指定しても、そのVLAN範囲は無視されます。許容VLANリストを変更するには、clear trunkコマンドとset trunkコマンドを組み合わせて、許容VLANを指定します。


Release 8.3(1)より前のソフトウェア リリースで、トランク ポート用の許容VLANリストを定義するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

トランクの許容VLANリストからVLANを削除します。

clear trunk mod/port vlans

ステップ 2

(任意)トランクの許容VLANリストに、特定のVLANを追加します。

set trunk mod/port vlans

ステップ 3

トランクの許容VLANリストを確認します。

show trunk [ mod/port ]

次に、トランク ポート1/1の許容VLANリストでVLAN 1~100、VLAN 500~1005、およびVLAN 2500が許可されるように定義し、トランクに設定した許容VLANリストを確認する例を示します。

Console> (enable) clear trunk 1/1 101-499
Removing Vlan(s) 101-499 from allowed list.
Port 1/1 allowed vlans modified to 1-100,500-1005.
Console> (enable) set trunk 1/1 2500
Adding vlans 2500 to allowed list.
Port(s) 1/1 allowed vlans modified to 1-100,500-1005,2500.
Console> (enable) show trunk 1/1
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/1 desirable isl trunking 1
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-100, 500-1005,2500
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,521-524
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,521-524
Console> (enable)
 

Release 8.3(1)以降のソフトウェア リリースで、トランクを設定し、このトランク上でVLANを許可しない場合は、次のように none キーワードを入力します。

Console> (enable) set trunk 7/1 on none dot1q
Removing Vlan(s) 1-4094 from allowed list.
Port 7/1 allowed vlans modified to none.
Port(s) 7/1 trunk mode set to on.
Port(s) 7/1 trunk type set to dot1q.
Console> (enable)
 

トランク ポートのディセーブル化

ポートのトランキングをオフにするには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ポートのトランキングをオフにします。

set trunk mod/port off

ステップ 2

トランキングの設定を確認します。

show trunk [ mod/port ]

ポートをそのポート タイプに応じたデフォルトのトランク タイプおよびモードに戻すには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ポートを、そのポート タイプに応じたデフォルトのトランク タイプおよびモードに戻します。

clear trunk mod/port

ステップ 2

トランキングの設定を確認します。

show trunk [ mod/port ]

トランク上でのVLAN 1のディセーブル化

Catalyst 6500シリーズ スイッチでは、制御プロトコルがネットワーク トポロジー全体でパケットを送受信できるように、VLAN 1はデフォルトでイネーブルに設定されています。ただし、大規模で複雑なネットワークのトランク リンク上でVLAN 1がイネーブルになっていると、ブロードキャスト ストームによる影響が大きくなります。スパニングツリーはネットワーク全体に適用されるので、すべてのトランク リンクでVLAN 1がイネーブルになっていると、スパニングツリー ループが発生する可能性が大きくなります。このような状況を防ぐため、トランク インターフェイス上でVLAN 1をディセーブルにすることができます。

トランク インターフェイス上でVLAN 1をディセーブルにすると、そのトランク インターフェイスではユーザ トラフィックは送受信されなくなりますが、スーパバイザ エンジンが引き続きCisco Discovery Protocol(CDP)、VTP、Port Aggregation Protocol(PAgP)、およびDTPなどの制御プロトコルからのパケットを送受信します。

VLAN 1をディセーブルにしたトランク ポートが非トランク ポートになると、そのポートはネイティブVLANに追加されます。ネイティブVLANがVLAN 1である場合は、ポートはイネーブルになり、VLAN 1に追加されます。

トランク インターフェイス上でVLAN 1をディセーブルにするには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

トランク インターフェイス上でVLAN 1をディセーブルにします。

clear trunk mod/port [ vlan-range ]

ステップ 2

トランクの許容VLANリストを確認します。

show trunk [ mod/port ]

次に、トランク リンク上でVLAN 1をディセーブルにし、設定を確認する例を示します。

Console> (enable) clear trunk 8/1 1
Removing Vlan(s) 1 from allowed list.
Port 8/1 allowed vlans modified to 2-1005.
Console> (enable) show trunk 8/1
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
8/1 on isl trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
8/1 2-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
8/1 2-6,10,20,50,100,152,200,300,400,500,521,524,570,776,801-802,850,917,9
99,1003,1005
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
8/1 2-6,10,20,50,100,152,200,300,400,500,521,524,570,776,802,850,917,999,1
003,1005
Console> (enable) show config
 

ネイティブVLANトラフィックの802.1Qタギングのイネーブル化

set dot1q-all-tagged enable コマンドは、スイッチがネイティブVLAN(デフォルトVLAN)内のトラフィックも含めて802.1Qトランクからのすべてのフレーム(802.1Qタグ付き)を転送し、802.1Qトランクには802.1Qタグ付きフレームだけを流し、タグなしトラフィック(ネイティブVLAN内のタグなしトラフィックも含む)は廃棄するように設定するグローバル コマンドです。802.1Qトランクによる802.1Qトンネリングのサポートが必要な任意のスイッチに、このコマンドを入力できます。

802.1Qトランク上ですべての802.1Qタグ付きフレームを転送するようにスイッチを設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

スイッチがすべての802.1Qタグ付きフレームを転送できるようにします。

set dot1q-all-tagged [ enable | disable ]

ステップ 2

設定を確認します。

show dot1q-all-tagged

次に、すべての802.1Qトラフィックをスイッチが転送できるようにし、その設定を確認する例を示します。

Console> (enable) set dot1q-all-tagged enable
Dot1q-all-tagged feature enabled globally.
Console> (enable) show dot1q-all-tagged
Dot1q-all-tagged feature globally enabled.
Console> (enable)

特定ポート上での802.1Qタギングのディセーブル化

set port dot1q-all-tagged mod/port enable | disableコマンドを使用すると、特定ポート上での802.1Qタギングをディセーブルにできます。802.1Qタグ付きトラフィックをサポートしないデバイスに接続するポート上での802.1Qタギングを選択的にディセーブルにするには、 set port dot1q-all-tagged disable コマンドを使用します。EtherChannelポート上での802.1Qタギングをイネーブルまたはディセーブルにすると、その設定はチャネル内のすべてのポートに適用されます。


) グローバルset dot1q-all-tagged enableコマンドを使用しなかった場合は、デフォルトのグループにはタグ付けされず、ポート単位の設定も無効です。

グローバルset dot1q-all-tagged enableコマンドを使用した場合は、ポート単位の設定によってフレームがタギングされるかどうかが制御されます。



) MSFC上のポートやWS-X6101 OC-12 ATM(非同期転送モード)モジュール上のポートでは、set port dot1q-all-tagged mod/port enable | disableコマンドはサポートされていません。


特定ポート上での802.1Qタグ付きフレームの転送をディセーブルにするには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

特定ポート上またはすべてのポート上での802.1Qタグ付きフレームの転送をイネーブルまたはディセーブルにします。

set port dot1q-all-tagged mod/port enable | disable

ステップ 2

設定を確認します。

show port dot1q-all-tagged

次に、ポート3/2上での802.1Qタグ付きフレームの転送をディセーブルにし、その設定を確認する例を示します。

Console> (enable) set port dot1q-all-tagged 3/2 disable
Packets on native vlan will not be tagged on port 3/2.
Console> (enable) show port dot1q-all-tagged
 
Dot1q-all-tagged feature globally enabled.
Port Dot1q-all-tagged mode
---- ---------------------
2/1 enable
2/2 enable
3/1 enable
3/2 disable
3/3 enable
3/4 enable
3/5 enable
(テキスト出力は省略)

カスタム802.1Q Ethertypeフィールドの指定


) カスタム802.1Q Ethertypeフィールドは、次のモジュール上でのみサポートされています。
Supervisor Engine 2のアップリンク ポート、Supervisor Engine 720のアップリンク ポート、Supervisor Engine 32のアップリンク ポート、WS-X6516-GBIC、WS-X6516A-GBIC、WS-X6516-GE-TX、
WS-X6148-GE-TX、WS-X6148V-GE-TX、WS-X6548-GE-TX、WS-X6548V-GE-TX、WS-X6748-GE-TX、WS-X6724-SFP、WS-X6704-10GE、およびWS-X6501-10GEX4です。



) カスタム802.1Q EthertypeフィールドはEtherChannel上ではサポートされていません。カスタム802.1Q Ethertypeフィールドでポートを設定した場合、そのポートはチャネルに加入できません。チャネルがすでに設定されている場合、すべてのチャネル ポート上で802.1Q Ethertypeを変更できません。



) WS-X6516A-GBIC、WS-X6516-GBIC、およびWS-X6548-GE-TXモジュール上で、ポート グループ1~8または9~16内のうち1つのポートをカスタム802.1Q Ethertypeで設定すると、グループ内のすべてのポートがそのカスタム802.1Q Ethertypeで設定されます。WS-X6516-GE-TXモジュール上で、ポート グループ1~4、5~8、9~12、または13~16内のうち1つのポートをカスタム802.1Q Ethertypeで設定すると、グループ内のすべてのポートがそのカスタム802.1Q Ethertypeで設定されます。



) カスタム802.1Q Ethertypeフィールドは、トランク ポート、802.1Qアクセス ポート、および802.1Q/802.1pマルチVLANアクセス ポート上で使用することができます。その場合、カスタムEthertype値をリンクの両端と同一に設定する必要があります。


カスタムEthertypeフィールドを指定することで、標準の0x8100 Ethertypeを使用しないCisco製および他社製のスイッチをネットワークにサポートさせ、802.1Qタグ付きフレームを識別させることができます。カスタムEthertypeフィールドを指定した場合、802.1Qタグ付きフレームを識別し、特定のVLANにフレームを切り替えることができます。Ethertypeの直後に続く2バイトが、標準の802.1Qタグとして解釈されます。Ethertypeフィールドの2バイトの値は16進数で指定します。 デフォルト 値は8100です。

802.1Qタグでカスタム802.1Q Ethertype値を指定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ポートにカスタムEthertypeフィールドを指定します。

set port dot1q-ethertype mod/port { value | default }

ステップ 2

設定を確認します。

show port dot1q-ethertype [ mod | mod/port ]

次に、ポート2/1上で802.1Q Ethertypeに0x1234を設定し、その設定を確認する例を示します。

Console> (enable) set port dot1q-ethertype 2/1 1234
All the group ports 2/1-2 associated with port 2/1 will be modified.
Do you want to continue (y/n) [n]?y
Dot1q Ethertype value set to 0x1234 on ports 2/1-2.
Console> (enable)
 
Console> (enable) show port dot1q-ethertype 2/1
Port Dot1q ethertype value
---- ---------------------
2/1 1234
Console> (enable)
 

カスタム802.1Q Ethertypeフィールドから標準のEthertypeへの復帰

カスタム802.1Q Ethertypeフィールドから標準のEhtertypeフィールド(0x8100)に戻すのに必要なのは、 set port dot1q-ethertype mod/port { value | default } コマンドだけです。

カスタムEthertypeフィールドからデフォルト値(0x8100)に戻すには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ポートのEthertypeフィールドを標準の値(0x8100)に戻します。

set port dot1q-ethertype mod/port default

ステップ 2

設定を確認します。

show port dot1q-ethertype [ mod | mod/port ]

次に、ポート2/1上で802.1Q Ethertypeフィールドを標準のEthertypeフィールド(0x8100)に戻し、その設定を確認する例を示します。

Console> (enable) set port dot1q-ethertype 2/1 default
All the group ports 2/1-2 associated with port 2/1 will be modified.
Do you want to continue (y/n) [n]?y
Dot1q Ethertype value set to 0x8100 on ports 2/1-2.
Console> (enable)
 
Console> (enable) show port dot1q-ethertype 2/1
Port Dot1q ethertype value
---- ---------------------
2/1 8100
Console> (enable)

VLANトランクの設定例

ここでは、VLANトランクの設定例を紹介します。

「ISLトランクの設定例」

「EtherChannelリンクによるISLトランクの例」

「EtherChannelリンクによる802.1Qトランクの例」

「並列トランクによるVLANトラフィック負荷分散の例」

ISLトランクの設定例

ここでは、2台のスイッチ間にISLトランクを設定し、トランクの許容VLANをVLAN 1およびVLAN 520~530に制限する設定例を示します。

この例では、スイッチ1上のポート1/1は、他のスイッチ上のファスト イーサネット ポートに接続しています。どちらのポートもデフォルトの状態で、トランク モードは auto です(詳細については、トランクのデフォルト設定を参照)。

2台のスイッチ間にISLトランクを設定し、トランクの許容VLANをVLAN 1およびVLAN 520~530に制限する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 set trunk コマンドを入力して、スイッチ1上のポート1/1をISLトランク ポートとして設定します。近接ポート(スイッチ2上のポート1/2)との自動ネゴシエーションが行われるように、 desirable キーワードを指定します。ここでは、ISLがハードウェア タイプに基づいてカプセル化されていることを前提としています。

Switch1> (enable) set trunk 1/1 desirable
Port(s) 1/1 trunk mode set to desirable.
Switch1> (enable) 06/18/1998,12:20:23:DTP-5:Port 1/1 has become isl trunk
06/18/1998,12:20:23:PAGP-5:Port 1/1 left bridge port 1/1.
06/18/1998,12:20:23:PAGP-5:Port 1/1 joined bridge port 1/1.
Switch1> (enable)
 

ステップ 2 show trunk コマンドを入力して、設定を確認します。画面出力のStatusフィールドで、ポート1/1がtrunkingになっています。

Switch1> (enable) show trunk 1/1
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/1 desirable isl trunking 1
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-1005, 1025-4094
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,521-524
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1
Switch1> (enable)
 

ステップ 3 トランクの許容VLANリストを定義するために、 clear trunk コマンドを使用して、このトランク リンク上でトラフィックを伝送しないVLANを削除します。

Switch1> (enable) clear trunk 1/1 2-519
Removing Vlan(s) 2-519 from allowed list.
Port 1/1 allowed vlans modified to 1,520-1005.
Switch1> (enable) clear trunk 1/1 531-1005
Removing Vlan(s) 531-1005 from allowed list.
Port 1/1 allowed vlans modified to 1,520-530.
Switch1> (enable) show trunk 1/1
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/1 desirable isl trunking 1
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,520-530
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,521-524
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,521-524
Switch1> (enable)
 

ステップ 4 ping コマンドを入力して、トランクの接続を確認します。

Switch1> (enable) ping switch2
switch2 is alive
Switch1> (enable)
 


 

EtherChannelリンクによるISLトランクの例

次に、2台のスイッチ間にEtherChannelリンクによる、ISLトランクを設定する例を示します。

図5-1図5-1に、2つの100BASE-TXファスト イーサネット ポートで接続されている2台のスイッチを示します。

図5-1 Fast EtherChannelリンクによるISLトランク

 

2ポートのEtherChannelバンドルを形成するためにスイッチを設定し、ISLトランク リンクとしてEtherChannelバンドルを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show port channel および show trunk コマンドを入力して、スイッチのチャネル ステータスおよびトランク ステータスを確認します。

Switch_A> (enable) show port channel
No ports channelling
Switch_A> (enable) show trunk
No ports trunking.
Switch_A> (enable)
 
Switch_B> (enable) show port channel
No ports channelling
Switch_B> (enable) show trunk
No ports trunking.
Switch_B> (enable)
 

ステップ 2 set port channel コマンドを入力して、近接スイッチとEtherChannelバンドルをネゴシエーションするように、スイッチAのポートを設定します。次の例では、スイッチBの近接ポートはEtherChannel auto モードであると想定しています。EtherChannelバンドルの編成については、システム ログ メッセージで確認できます。

Switch_A> (enable) set port channel 1/1-2 desirable
Port(s) 1/1-2 channel mode set to desirable.
Switch_A> (enable) %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 1/1 left bridge port 1/1
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 1/2 left bridge port 1/2
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 1/2 left bridge port 1/2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 1/1 joined bridge port 1/1-2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 1/2 joined bridge port 1/1-2
 
Switch_B> (enable) %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/1 left bridge port 3/1
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/2 left bridge port 3/2
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/2 left bridge port 3/2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/1 joined bridge port 3/1-2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/2 joined bridge port 3/1-2
 

ステップ 3 EtherChannelバンドルのネゴシエーションのあと、 show port channel コマンドを入力して、設定を確認します。

Switch_A> (enable) show port channel
Port Status Channel Channel Neighbor Neighbor
mode status device port
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
1/1 connected desirable channel WS-C5000 009979082(Sw 3/1
1/2 connected desirable channel WS-C5000 009979082(Sw 3/2
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch_A> (enable)
 
Switch_B> (enable) show port channel
Port Status Channel Channel Neighbor Neighbor
mode status device port
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
3/1 connected auto channel WS-C5500 069003103(Sw 1/1
3/2 connected auto channel WS-C5500 069003103(Sw 1/2
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch_B> (enable)
 

ステップ 4 set trunk コマンドを入力して、ISLトランクのネゴシエーションを行うようにEtherChannelバンドル内のポートの1つを設定します。

設定は、そのバンドル内のすべてのポートに適用されます。次の例では、スイッチBの近接ポートは isl または negotiate カプセル化を使用するように設定され、 auto トランク モードになっていると想定しています。ISLトランクの編成は、システム ログ メッセージで確認できます。

Switch_A> (enable) set trunk 1/1 desirable isl
Port(s) 1/1-2 trunk mode set to desirable.
Port(s) 1/1-2 trunk type set to isl.
Switch_A> (enable) %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 1/1 has become isl trunk
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 1/2 has become isl trunk
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 1/1 left bridge port 1/1-2
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 1/2 left bridge port 1/1-2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 1/1 joined bridge port 1/1-2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 1/2 joined bridge port 1/1-2
 
Switch_B> (enable) %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 3/1 has become isl trunk
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 3/2 has become isl trunk
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/1 left bridge port 3/1-2
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/2 left bridge port 3/1-2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/1 joined bridge port 3/1-2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/2 joined bridge port 3/1-2
 

ステップ 5 ISLトランク リンクのネゴシエーションのあと、 show trunk コマンドを使用して、設定を確認します。

Switch_A> (enable) show trunk
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/1 desirable isl trunking 1
1/2 desirable isl trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-1005, 1025-4094
1/2 1-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
1/2 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
1/2 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
Switch_A> (enable)
 
Switch_B> (enable) show trunk
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
3/1 auto isl trunking 1
3/2 auto isl trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/1 1-1005, 1025-4094
3/2 1-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/1 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
3/2 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/1 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,801,850,917,999
3/2 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,801,850,917,999
Switch_B> (enable)


 

EtherChannelリンクによる802.1Qトランクの例

次に、2台のスイッチ間にEtherChannelリンクによる802.1Qトランクを設定する例を示します。

図5-2図5-2に、4つの1000BASE-SXギガビット イーサネット ポートで接続されている2台のスイッチを示します。

図5-2 EtherChannelリンクによる802.1Qトランク

 

4ポートのEtherChannelバンドルを形成するためにスイッチを設定し、802.1Qトランク リンクとしてEtherChannelバンドルを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 set vlan コマンドを入力して、スイッチAとスイッチBの両方のすべてのポートが同じVLANに割り当てられていることを確認します。このVLANは、トランクの802.1QネイティブVLANとして使用されます。次の例では、すべてのポートがVLAN 1のメンバーとして設定されます。

Switch_A> (enable) set vlan 1 2/3-6
VLAN Mod/Ports
---- -----------------------
1 2/1-6
Switch_A> (enable)
 
Switch_B> (enable) set vlan 1 3/3-6
VLAN Mod/Ports
---- -----------------------
1 3/1-6
Switch_B> (enable)
 

ステップ 2 show port channel および show trunk コマンドを入力して、スイッチのチャネル ステータスおよびトランク ステータスを確認します。

Switch_A> (enable) show port channel
No ports channelling
Switch_A> (enable) show trunk
No ports trunking.
Switch_A> (enable)
 
Switch_B> (enable) show port channel
No ports channelling
Switch_B> (enable) show trunk
No ports trunking.
Switch_B> (enable)
 

ステップ 3 set port channel コマンドを入力して、近接スイッチとEtherChannelバンドルをネゴシエーションするように、スイッチAのポートを設定します。次の例では、スイッチBの近接ポートはEtherChannel auto モードであると想定しています。EtherChannelバンドルの編成については、システム ログ メッセージで確認できます。

Switch_A> (enable) set port channel 2/3-6 desirable
Port(s) 2/3-6 channel mode set to desirable.
Switch_A> (enable) %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/5 left bridge port 2/5
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/6 left bridge port 2/6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/4
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/5 left bridge port 2/5
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/6 left bridge port 2/6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/5 joined bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/6 joined bridge port 2/3-6
 
Switch_B> (enable) %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/3 left bridge port 3/3
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/4 left bridge port 3/4
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/5 left bridge port 3/5
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/6 left bridge port 3/6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/4 left bridge port 3/4
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/5 left bridge port 3/5
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/6 left bridge port 3/6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/3 left bridge port 3/3
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/3 joined bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/4 joined bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/5 joined bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/6 joined bridge port 3/3-6
 

ステップ 4 EtherChannelバンドルのネゴシエーションのあと、 show port channel コマンドを入力して、設定を確認します。

Switch_A> (enable) show port channel
Port Status Channel Channel Neighbor Neighbor
mode status device port
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
2/3 connected desirable channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/3
2/4 connected desirable channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/4
2/5 connected desirable channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/5
2/6 connected desirable channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/6
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch_A> (enable)
 
Switch_B> (enable) show port channel
Port Status Channel Channel Neighbor Neighbor
mode status device port
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
3/3 connected auto channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/3
3/4 connected auto channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/4
3/5 connected auto channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/5
3/6 connected auto channel WS-C4003 JAB023806(Sw 2/6
----- ---------- --------- ----------- ------------------------- ----------
Switch_B> (enable)
 

ステップ 5 set trunk コマンドを入力して、802.1Qトランクのネゴシエーションを行うようにEtherChannelバンドル内のポートの1つを設定します。設定は、そのバンドル内のすべてのポートに適用されます。次の例では、スイッチBの近接ポートは dot1q または negotiate カプセル化を使用するように設定され、 auto トランク モードであると想定しています。802.1Qトランクの編成については、システム ログ メッセージで確認できます。

Switch_A> (enable) set trunk 2/3 desirable dot1q
Port(s) 2/3-6 trunk mode set to desirable.
Port(s) 2/3-6 trunk type set to dot1q.
Switch_A> (enable) %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/3 has become dot1q trunk
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/4 has become dot1q trunk
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3-6
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/5 has become dot1q trunk
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/4 left bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/5 left bridge port 2/3-6
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/6 has become dot1q trunk
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/6 left bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/3 left bridge port 2/3
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/3 joined bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/4 joined bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/5 joined bridge port 2/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/6 joined bridge port 2/3-6
Switch_B> (enable) %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 3/3 has become dot1q trunk
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 3/4 has become dot1q trunk
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/3 left bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/4 left bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/5 left bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/6 left bridge port 3/3-6
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 3/5 has become dot1q trunk
%DTP-5-TRUNKPORTON:Port 3/6 has become dot1q trunk
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/5 left bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/6 left bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/3 joined bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/4 joined bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/5 joined bridge port 3/3-6
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/6 joined bridge port 3/3-6
 

ステップ 6 802.1Qトランク リンクのネゴシエーションのあと、 show trunk コマンドを入力して、設定を確認します。

Switch_A> (enable) show trunk
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
2/3 desirable dot1q trunking 1
2/4 desirable dot1q trunking 1
2/5 desirable dot1q trunking 1
2/6 desirable dot1q trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
2/3 1-1005, 1025-4094
2/4 1-1005, 1025-4094
2/5 1-1005, 1025-4094
2/6 1-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
2/3 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
2/4 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
2/5 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
2/6 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
2/3
2/4
2/5
2/6
Switch_A> (enable)
 
Switch_B> (enable) show trunk
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
3/3 auto dot1q trunking 1
3/4 auto dot1q trunking 1
3/5 auto dot1q trunking 1
3/6 auto dot1q trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/3 1-1005, 1025-4094
3/4 1-1005, 1025-4094
3/5 1-1005, 1025-4094
3/6 1-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/3 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
3/4 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
3/5 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
3/6 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
3/3 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
3/4 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
3/5 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
3/6 1-5,10,20,50,152,200,300,400,500,521-524,570,850,917,999
Switch_B> (enable)
 


 

並列トランクによるVLANトラフィック負荷分散の例

スパニングツリーのポートVLANプライオリティを使用して、並列トランク ポート間でVLANトラフィックの負荷分散を実行し、一部のVLANのトラフィックはあるトランクへ、別のVLANのトラフィックは別のトランクへ伝送することができます。この設定では、(一方のトランクをブロッキング モードにすることなく)トラフィックを両方のトランクで同時に転送できるので、フォールトトレラントな設定を維持しながら、個々のトランク上の総トラフィックを少なくすることができます。

図5-3図5-3に、スーパバイザ エンジン上のファスト イーサネット アップリンク ポートを使用した、2台のスイッチ間の並列トランクの設定を示します。

図5-3 VLANトラフィック負荷分散設定前の並列トランク設定

 

デフォルトの設定では、両方のトランクのポートVLANプライオリティは同じです(値は32)。STPは転送ループを阻止するために、スイッチ1の各VLANについて、ポート1/2(トランク2)をブロックします。トランク2は、トランク1で障害が発生するまでは、トラフィックの転送に使用されません。

複数のVLANから発生したトラフィックの負荷が並列トランク上で分散されるようにスイッチを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 set vtp コマンドを入力して、スイッチ1およびスイッチ2の両方でVTPドメインを設定し、スイッチ1で設定したVLAN情報をスイッチ2が学習するようにします。スイッチ1が、VTPサーバであることを確認してください。スイッチ2は、VTPクライアントまたはVTPサーバとして設定できます。

Switch_1> (enable) set vtp domain BigCorp mode server
VTP domain BigCorp modified
Switch_1> (enable)
 
Switch_2> (enable) set vtp domain BigCorp mode server
VTP domain BigCorp modified
Switch_2> (enable)
 

ステップ 2 set vlan コマンドを入力して、スイッチ1上にVLANを作成します。この例では、VLAN10、20、30、40、50、および60を設定します。

Switch_1> (enable) set vlan 10
Vlan 10 configuration successful
Switch_1> (enable) set vlan 20
Vlan 20 configuration successful
Switch_1> (enable) set vlan 30
Vlan 30 configuration successful
Switch_1> (enable) set vlan 40
Vlan 40 configuration successful
Switch_1> (enable) set vlan 50
Vlan 50 configuration successful
Switch_1> (enable) set vlan 60
Vlan 60 configuration successful
Switch_1> (enable)
 

ステップ 3 show vtp domain および show vlan コマンドを入力して、スイッチ1上のVTPおよびVLAN設定を確認します。

Switch_1> (enable) show vtp domain
Domain Name Domain Index VTP Version Local Mode Password
-------------------------------- ------------ ----------- ----------- ----------
BigCorp 1 2 server -
 
Vlan-count Max-vlan-storage Config Revision Notifications
---------- ---------------- --------------- -------------
11 1023 13 disabled
 
Last Updater V2 Mode Pruning PruneEligible on Vlans
--------------- -------- -------- -------------------------
172.20.52.10 disabled enabled 2-1000
Switch_1> (enable) show vlan
VLAN Name Status Mod/Ports, Vlans
---- -------------------------------- --------- ----------------------------
1 default active 1/1-2
2/1-12
5/1-2
10 VLAN0010 active
20 VLAN0020 active
30 VLAN0030 active
40 VLAN0040 active
50 VLAN0050 active
60 VLAN0060 active
1002 fddi-default active
1003 token-ring-default active
1004 fddinet-default active
1005 trnet-default active
.
.
.
 
Switch_1> (enable)
 

ステップ 4 set trunk コマンドを入力して、スイッチ1上にISLトランク ポートとしてスーパバイザ エンジン アップリンクを設定します。スイッチ1ポート上に desirable モードを指定し、スイッチ2上のポートがネゴシエーションによってトランク リンクになるようにします(スイッチ2のアップリンクは、デフォルトの auto モードです)。

Switch_1> (enable) set trunk 1/1 desirable
Port(s) 1/1 trunk mode set to desirable.
Switch_1> (enable) 04/21/1998,03:05:05:DISL-5:Port 1/1 has become isl trunk
 
Switch_1> (enable) set trunk 1/2 desirable
Port(s) 1/2 trunk mode set to desirable.
Switch_1> (enable) 04/21/1998,03:05:13:DISL-5:Port 1/2 has become isl trunk
 

ステップ 5 show trunk コマンドを入力して、トランク リンクがアップになっていることを確認します。

Switch_1> (enable) show trunk 1
Port Mode Encapsulation Status Native vlan
-------- ----------- ------------- ------------ -----------
1/1 desirable isl trunking 1
1/2 desirable isl trunking 1
 
Port Vlans allowed on trunk
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1-1005, 1025-4094
1/2 1-1005, 1025-4094
 
Port Vlans allowed and active in management domain
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1 1,10,20,30,40,50,60
1/2 1,10,20,30,40,50,60
 
Port Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
-------- ---------------------------------------------------------------------
1/1
1/2
Switch_1> (enable)
 

ステップ 6 トランク リンクがアップになると、VTPにより、スイッチ2上にVTPおよびVLAN設定が伝達されることに注意してください。スイッチ2で show vlan コマンドを入力し、スイッチ2がVLAN設定を学習していることを確認します。

Switch_2> (enable) show vlan
VLAN Name Status Mod/Ports, Vlans
---- -------------------------------- --------- ----------------------------
1 default active
10 VLAN0010 active
20 VLAN0020 active
30 VLAN0030 active
40 VLAN0040 active
50 VLAN0050 active
60 VLAN0060 active
1002 fddi-default active
1003 token-ring-default active
1004 fddinet-default active
1005 trnet-default active
.
.
.
Switch_2> (enable)
 

ステップ 7 スパニングツリーのコンバージェンス処理には1~2分かかります。ネットワークが安定したら、 show spantree コマンドを入力して、スイッチ1上の各トランク ポートのスパニングツリー ステートを確認します。

トランク1はすべてのVLANでフォワーディング ステートです。トランク2はすべてのVLANでブロッキング ステートです。スイッチ2では、両方のトランクがすべてのVLANでフォワーディング ステートですが、スイッチ1上のポート1/2がブロッキング ステートのため、トラフィックはトランク2を通過しません。

Switch_1> (enable) show spantree 1/1
Port Vlan Port-State Cost Priority Fast-Start Group-method
--------- ---- ------------- ----- -------- ---------- ------------
1/1 1 forwarding 19 32 disabled
1/1 10 forwarding 19 32 disabled
1/1 20 forwarding 19 32 disabled
1/1 30 forwarding 19 32 disabled
1/1 40 forwarding 19 32 disabled
1/1 50 forwarding 19 32 disabled
1/1 60 forwarding 19 32 disabled
1/1 1003 not-connected 19 32 disabled
1/1 1005 not-connected 19 4 disabled
Switch_1> (enable) show spantree 1/2
Port Vlan Port-State Cost Priority Fast-Start Group-method
--------- ---- ------------- ----- -------- ---------- ------------
1/2 1 blocking 19 32 disabled
1/2 10 blocking 19 32 disabled
1/2 20 blocking 19 32 disabled
1/2 30 blocking 19 32 disabled
1/2 40 blocking 19 32 disabled
1/2 50 blocking 19 32 disabled
1/2 60 blocking 19 32 disabled
1/2 1003 not-connected 19 32 disabled
1/2 1005 not-connected 19 4 disabled
Switch_1> (enable)
 

ステップ 8 設定したVLANを2つのグループに分けます。1つのトランク リンクでVLANの半数のトラフィックを伝送し、残りの半分をもう1つのトランク リンクで伝送することができます。また、特定のVLANのトラフィックが多い場合は、そのVLANのトラフィックを1つのトランク リンクに転送し、残りのVLANのトラフィックをもう1つのトランク リンクに転送することもできます。


) 次の手順では、VLAN 10、20、および30(グループ1)のトラフィックをトランク1に転送し、VLAN 40、50、および60(グループ2)をトランク2に転送します。


ステップ 9 スイッチ1上で、 set spantree portvlanpri コマンドを入力し、トランク1(ポート1/1)上のグループ1のVLANについて、ポートVLANプライオリティをデフォルトの32より小さい整数値に変更します。

Switch_1> (enable) set spantree portvlanpri 1/1 1 10
Port 1/1 vlans 1-9,11-1004 using portpri 32.
Port 1/1 vlans 10 using portpri 1.
Port 1/1 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_1> (enable) set spantree portvlanpri 1/1 1 20
Port 1/1 vlans 1-9,11-19,21-1004 using portpri 32.
Port 1/1 vlans 10,20 using portpri 1.
Port 1/1 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_1> (enable) set spantree portvlanpri 1/1 1 30
Port 1/1 vlans 1-9,11-19,21-29,31-1004 using portpri 32.
Port 1/1 vlans 10,20,30 using portpri 1.
Port 1/1 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_1> (enable)
 

ステップ 10 スイッチ1上で、 set spantree portvlanpri コマンドを入力し、トランク2(ポート1/2)上のグループ2のVLANについて、ポートVLANプライオリティをデフォルトの32より小さい整数値に変更します。

Switch_1> (enable) set spantree portvlanpri 1/2 1 40
Port 1/2 vlans 1-39,41-1004 using portpri 32.
Port 1/2 vlans 40 using portpri 1.
Port 1/2 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_1> (enable) set spantree portvlanpri 1/2 1 50
Port 1/2 vlans 1-39,41-49,51-1004 using portpri 32.
Port 1/2 vlans 40,50 using portpri 1.
Port 1/2 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_1> (enable) set spantree portvlanpri 1/2 1 60
Port 1/2 vlans 1-39,41-49,51-59,61-1004 using portpri 32.
Port 1/2 vlans 40,50,60 using portpri 1.
Port 1/2 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_1> (enable)
 

ステップ 11 スイッチ2上で、 set spantree portvlanpri コマンドを入力し、トランク1(ポート1/1)上のグループ1のVLANについて、ポートVLANプライオリティをスイッチ1のVLANに設定した値と同じ値に変更します。


注意 リンクの両端で、各VLANのポートVLANプライオリティを同じ値に設定する必要があります。

Switch_2> (enable) set spantree portvlanpri 1/1 1 10
Port 1/1 vlans 1-9,11-1004 using portpri 32.
Port 1/1 vlans 10 using portpri 1.
Port 1/1 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_2> (enable) set spantree portvlanpri 1/1 1 20
Port 1/1 vlans 1-9,11-19,21-1004 using portpri 32.
Port 1/1 vlans 10,20 using portpri 1.
Port 1/1 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_2> (enable) set spantree portvlanpri 1/1 1 30
Port 1/1 vlans 1-9,11-19,21-29,31-1004 using portpri 32.
Port 1/1 vlans 10,20,30 using portpri 1.
Port 1/1 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_2> (enable)
 

ステップ 12 スイッチ2上で、 set spantree portvlanpri コマンド を入力し、トランク2(ポート1/2)上のグループ2のVLANについて、ポートVLANプライオリティをスイッチ1のVLANに設定した値と同じ値に変更します。

Switch_2> (enable) set spantree portvlanpri 1/2 1 40
Port 1/2 vlans 1-39,41-1004 using portpri 32.
Port 1/2 vlans 40 using portpri 1.
Port 1/2 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_2> (enable) set spantree portvlanpri 1/2 1 50
Port 1/2 vlans 1-39,41-49,51-1004 using portpri 32.
Port 1/2 vlans 40,50 using portpri 1.
Port 1/2 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_2> (enable) set spantree portvlanpri 1/2 1 60
Port 1/2 vlans 1-39,41-49,51-59,61-1004 using portpri 32.
Port 1/2 vlans 40,50,60 using portpri 1.
Port 1/2 vlans 1005 using portpri 4.
Switch_2> (enable)
 

) リンクの両端でポートVLANプライオリティを設定すると、スパニングツリーのコンバージェンス後に新しい設定が使用されます。


ステップ 13 show spantree コマンドを入力して、スイッチ1上のスパニングツリー ポートのステートを確認します。グループ1のVLANは、トランク1上ではフォワーディング、トランク2上ではブロッキングになります。グループ2のVLANは、トランク1上ではブロッキング、トランク2上ではフォワーディングになります。

Switch_1> (enable) show spantree 1/1
Port Vlan Port-State Cost Priority Fast-Start Group-method
--------- ---- ------------- ----- -------- ---------- ------------
1/1 1 forwarding 19 32 disabled
1/1 10 forwarding 19 1 disabled
1/1 20 forwarding 19 1 disabled
1/1 30 forwarding 19 1 disabled
1/1 40 blocking 19 32 disabled
1/1 50 blocking 19 32 disabled
1/1 60 blocking 19 32 disabled
1/1 1003 not-connected 19 32 disabled
1/1 1005 not-connected 19 4 disabled
Switch_1> (enable) show spantree 1/2
Port Vlan Port-State Cost Priority Fast-Start Group-method
--------- ---- ------------- ----- -------- ---------- ------------
1/2 1 blocking 19 32 disabled
1/2 10 blocking 19 32 disabled
1/2 20 blocking 19 32 disabled
1/2 30 blocking 19 32 disabled
1/2 40 forwarding 19 1 disabled
1/2 50 forwarding 19 1 disabled
1/2 60 forwarding 19 1 disabled
1/2 1003 not-connected 19 32 disabled
1/2 1005 not-connected 19 4 disabled
Switch_1> (enable)
 


図5-4

図5-4に、VLANトラフィックの負荷分散を設定したあとのネットワークを示します。

図5-4 VLANトラフィック負荷分散設定後の並列トランク設定

 

図5-4図5-4の設定では、ネットワークの正常稼働時には、両方のトランクが使用されます。また、一方のトランク リンクで障害が発生すると、他方のトランク リンクが代替転送パスとなり、障害リンクで送られていたトラフィックを引き受けます。

図5-4図5-4のトランク1でネットワーク障害が発生すると、次の例に示すように、STPの再コンバージェンスにより、すべてのVLANから発生したトラフィックがトランク2を使用して転送されます。

Switch_1> (enable) 04/21/1998,03:15:40:DISL-5:Port 1/1 has become non-trunk
 
Switch_1> (enable) show spantree 1/1
Port Vlan Port-State Cost Priority Fast-Start Group-method
--------- ---- ------------- ----- -------- ---------- ------------
1/1 1 not-connected 19 32 disabled
Switch_1> (enable) show spantree 1/2
Port Vlan Port-State Cost Priority Fast-Start Group-method
--------- ---- ------------- ----- -------- ---------- ------------
1/2 1 learning 19 32 disabled
1/2 10 learning 19 32 disabled
1/2 20 learning 19 32 disabled
1/2 30 learning 19 32 disabled
1/2 40 forwarding 19 1 disabled
1/2 50 forwarding 19 1 disabled
1/2 60 forwarding 19 1 disabled
1/2 1003 not-connected 19 32 disabled
1/2 1005 not-connected 19 4 disabled
Switch_1> (enable) show spantree 1/2
Port Vlan Port-State Cost Priority Fast-Start Group-method
--------- ---- ------------- ----- -------- ---------- ------------
1/2 1 forwarding 19 32 disabled
1/2 10 forwarding 19 32 disabled
1/2 20 forwarding 19 32 disabled
1/2 30 forwarding 19 32 disabled
1/2 40 forwarding 19 1 disabled
1/2 50 forwarding 19 1 disabled
1/2 60 forwarding 19 1 disabled
1/2 1003 not-connected 19 32 disabled
1/2 1005 not-connected 19 4 disabled
Switch_1> (enable)