Catalyst 6500 シリーズ スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Software Release 8.4
システム メッセージ ロギングの設定
システム メッセージ ロギングの設定
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

システム メッセージ ロギングの設定

システム メッセージ ロギングの機能

システム ログ メッセージの形式

システム メッセージ ロギングのデフォルト設定

スイッチ上でのシステム メッセージ ロギングの設定

セッション ロギングのイネーブル化およびディセーブル化

システム メッセージ ロギングの重大度の設定

ロギング タイムスタンプ イネーブル ステートのイネーブル化およびディセーブル化

ロギング バッファ サイズの指定

Syslogメッセージ数の制限

UNIX Syslogサーバ上でのSyslogデーモンの設定

Syslogサーバの設定

ロギングの設定の表示

システム メッセージの表示

システムSyslogダンプのイネーブル化およびディセーブル化

システムSyslogダンプ用のフラッシュ デバイスおよびファイル名の指定

コールホームの設定

コールホームのディセーブル化

システム メッセージ ロギングの設定

この章では、Catalyst 6500シリーズ スイッチ上でシステム メッセージ ロギングを設定する方法について説明します。


) この章で使用しているコマンドの完全な構文および使用方法の詳細については、『Catalyst 6500 Series Switch Command Reference』を参照してください。



) システム メッセージの詳細については、『System Message Guide--Catalyst 6500 Series, Catalyst 2948G, Catalyst 2980G Switches』を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「システム メッセージ ロギングの機能」

「システム ログ メッセージの形式」

「システム メッセージ ロギングのデフォルト設定」

「スイッチ上でのシステム メッセージ ロギングの設定」

「コールホームの設定」

システム メッセージ ロギングの機能

システム メッセージ ロギング ソフトウェアは、メッセージをログ ファイルに保存するか、または他の装置に転送します。システム メッセージ ロギングには次の機能があります。

モニタおよびトラブルシューティングのためのログ情報を提供します。

収集したログ情報のタイプを選択できます。

収集したログ情報の宛先を選択できます。

スイッチはデフォルトの設定として、正常ではあるが重要なイベントを通知するシステム メッセージを内部バッファに記録し、さらにシステム コンソールに送信します。ファシリティ タイプ( 表27-1 を参照)および重大度( 表27-2 を参照)に基づいて、保存するシステム メッセージを指定できます。メッセージにはタイムスタンプが付加されるので、リアルタイムのデバッグおよび管理に有効です。

スイッチのCLI(コマンドライン インターフェイス)を使用するか、適切に設定したSyslogサーバに保存することにより、記録されたシステム メッセージを表示できます。スイッチ ソフトウェアは、内部バッファに最大500のSyslogメッセージを保存します。したがって、スイッチにTelnetまたはコンソール ポートを使用してアクセスするか、またはSyslogサーバ上のログを調べることにより、離れた場所でシステム メッセージをモニタできます。

システム障害が発生した場合、システムSyslogダンプにより、Syslogバッファ内のシステム メッセージをフラッシュ ファイルに書き込み、障害発生前の関連するSyslog情報を取り込むことができます。システムのコア ダンプ機能がイネーブルになっている場合、Syslogのダンプはコア ダンプの前に行われます。


) Syslogサーバにリダイレクトされるメッセージは、最大で90秒遅れます。


表27-1 に、システム メッセージ ログでサポートされるファシリティ タイプを示します。

 

表27-1 システム メッセージ ログのファシリティ タイプ

ファシリティ名
定義

all

すべてのファシリティ

acl

ACLファシリティ

cdp

Cisco Discovery Protocol

cops

Common Open Policy Server

dtp

Dynamic Trunking Protocol

dvlan

ダイナミックVLAN

earl

Enhanced Address Recognition Logic

filesys

ファイル システム

gvrp

GARP VLAN Registration Protocol

ip

Internet Protocol

kernel

カーネル

ld

ASLBファシリティ

mcast

マルチキャスト

mgmt

管理

mls

Multilayer Switching(マルチレイヤ スイッチング)

pagp

Port Aggregation Protocol(ポート集約プロトコル)

protfilt

プロトコル フィルタ

pruning

VTPプルーニング

privatevlan

プライベートVLANファシリティ

qos

サービス品質

radius

Remote Access Dial-In User Service

rsvp

ReSerVation Protocol

security

セキュリティ

snmp

Simple Network Management Protocol(簡易ネットワーク管理プロトコル)

spantree

Spanning-Tree Protocol(スパニングツリー プロトコル)

sys

システム

tac

ターミナル アクセス コントローラ

tcp

Transmission Control Protocol

telnet

端末エミュレーション プロトコル

tftp

Trivial File Transfer Protocol(簡易ファイル転送プロトコル)

udp

User Datagram Protocol

vmps

VLAN Membership Policy Server(VLANメンバーシップ ポリシー サーバ)

vtp

VLANトランク プロトコル

表27-2 に、システム メッセージ ログがサポートしている重大度を示します。

 

表27-2 重大度の定義

重大度
説明

0 emergencies(緊急)

システムは使用不可能

1 alerts(アラート)

即時処置が必要

2 critical(クリティカル)

クリティカル

3 ― errors(エラー)

エラー

4 ― warnings(警告)

警告

5 ― notifications(通知)

通常のバグ

6 ― informational(情報)

通知メッセージ

7 ― debugging(デバッグ)

デバッグ メッセージ

システム ログ メッセージの形式

システム ログ メッセージは、パーセント記号( % )から始まる最大80文字のメッセージです。メッセージは、次の形式で表示されます。

mm/dd/yyy:hh/mm/ss:facility-severity-MNEMONIC:description

表27-3 に、Syslogメッセージの要素を示します。

 

表27-3 システム ログ メッセージの要素

要素
説明

mm/dd/yyy:hh/mm/ss

エラーまたはイベントが発生した日時。この情報は、 set logging timestamp enable コマンドで設定した場合に限って表示されます。

facility

メッセージが指し示すファシリティ(SNMP、SYSなど)です。

severity

メッセージの重大度を示す0~7の1桁のコード

MNEMONIC

エラー メッセージを独自に説明するテキスト

description

報告対象のイベントの詳細情報を含むテキスト

次に、スイッチの一般的なシステム メッセージの例を示します(システム起動時)。

1999 Apr 16 10:01:26 %MLS-5-MLSENABLED:IP Multilayer switching is enabled
1999 Apr 16 10:01:26 %MLS-5-NDEDISABLED:Netflow Data Export disabled
1999 Apr 16 10:01:26 %SYS-5-MOD_OK:Module 1 is online
1999 Apr 16 10:01:47 %SYS-5-MOD_OK:Module 3 is online
1999 Apr 16 10:01:42 %SYS-5-MOD_OK:Module 6 is online
1999 Apr 16 10:02:27 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/1 joined bridge port 3/1
1999 Apr 16 10:02:28 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/2 joined bridge port 3/2

システム メッセージ ロギングのデフォルト設定

表27-4 に、システム メッセージ ロギングのデフォルト設定を示します。

 

表27-4 システム メッセージ ロギングのデフォルト設定

設定パラメータ
デフォルト設定

コンソールへのシステム メッセージ ロギング

イネーブル

Telnetセッションへのシステム メッセージ ロギング

イネーブル

ロギング バッファ サイズ

500(デフォルトであり最大値)

ロギング ヒストリ サイズ

1

ロギング ヒストリ重大度

warnings(4)

タイムスタンプ オプション

イネーブル

ロギング サーバ

ディセーブル

SyslogサーバのIPアドレス

設定なし

サーバ ファシリティ

LOCAL7

サーバ重大度

warnings(4)

システム メッセージのファシリティ/重大度

sys/5
dtp/5
pagp/5
mgmt/5
mls/5
cdp/4
udld/4
その他のファシリティ /2

システムSyslogダンプ

ディセーブル

システムSyslogダンプ用のデバイスおよびファイル名の指定

フラッシュ デバイスはslot0:

ファイル名はsysloginfo

スイッチ上でのシステム メッセージ ロギングの設定

ここでは、スイッチ上でシステム メッセージ ロギングを設定する手順について説明します。

「セッション ロギングのイネーブル化およびディセーブル化」

「システム メッセージ ロギングの重大度の設定」

「ロギング タイムスタンプ イネーブル ステートのイネーブル化およびディセーブル化」

「ロギング バッファ サイズの指定」

「Syslogメッセージ数の制限」

「UNIX Syslogサーバ上でのSyslogデーモンの設定」

「Syslogサーバの設定」

「ロギングの設定の表示」

「システム メッセージの表示」

「システムSyslogダンプのイネーブル化およびディセーブル化」

「システムSyslogダンプ用のフラッシュ デバイスおよびファイル名の指定」

セッション ロギングのイネーブル化およびディセーブル化

特に設定しなかった場合、システム ロギング メッセージはデフォルトのロギング ファシリティおよび重大度に基づいて、コンソールおよびTelnetセッションに送信されます。状況に応じて、コンソールへのロギング、または特定のTelnetセッションへのロギングをディセーブルにすることができます。

コンソール セッションへのロギングをディセーブルまたはイネーブルにすると、そのイネーブル ステートが以後すべてのコンソール セッションに適用されます。たとえば、コンソールへのロギングをディセーブルにして、コンソール ポートを切り離し、その後再接続しても、そのコンソールへのロギングはディセーブルのままです。

Telnetセッションへのロギングをディセーブルまたはイネーブルにすると、そのセッションに限ってイネーブル ステートが適用されます。Telnetセッションへのロギングをディセーブルにして、セッションを切断し、その後再接続した場合、新しいセッションではロギングがイネーブルになります。


) コンソール ポートから接続しているときに、set logging sessionコマンドを入力すると、set logging consoleコマンドを入力した場合と同じ結果になります。ただし、Telnetセッションを使用して接続しているときに、set logging consoleコマンドを入力した場合は、デフォルトのコンソール ロギング イネーブル ステートが変更されます。


コンソール セッションのロギング ステートをイネーブルまたはディセーブルに設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

コンソール セッションでデフォルトのロギング ステートをイネーブルまたはディセーブルに設定します。

set logging console { enable | disable }

ステップ 2

ロギングの設定を確認します。

show logging [ noalias ]

次に、現在および今後のコンソール セッションへのロギングをディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) set logging console disable
System logging messages will not be sent to the console.
Console> (enable)
 

現在のTelnetセッションのロギング ステートをイネーブルまたはディセーブルに設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

Telnetセッションのロギング ステートをイネーブルまたはディセーブルに設定します。

set logging session { enable | disable }

ステップ 2

ロギングの設定を確認します。

show logging [ noalias ]

次に、現在のTelnetセッションへのロギングをディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) set logging session disable
System logging messages will not be sent to the current login session.
Console> (enable)

システム メッセージ ロギングの重大度の設定

set logging level コマンドを使用すると、ロギング ファシリティごとに重大度を設定できます。すべてのファシリティを指定する場合は、 all キーワードを入力します。指定した重大度を特定のファシリティのデフォルト値にする場合は、 default キーワードを入力します。 default キーワードを使用しなかった場合、指定した重大度は現在のセッションに限って有効です。

ロギング ファシリティに関するシステム メッセージ ロギングの重大度を設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ロギング ファシリティの重大度を設定します。

set logging level { all | facility } severity [ default ]

ステップ 2

システム メッセージ ロギングの設定を確認します。

show logging [ noalias ]

次に、すべてのファシリティで(現在のセッションに限り)ロギング重大度を5に設定する例を示します。

Console> (enable) set logging level all 5
All system logging facilities for this session set to severity 5(notifications)
Console> (enable)
 

次に、 cdp ファシリティでデフォルトのロギング重大度を3に設定する例を示します。

Console> (enable) set logging level cdp 3 default
System logging facility <cdp> set to severity 3(errors)
Console> (enable)

ロギング タイムスタンプ イネーブル ステートのイネーブル化およびディセーブル化

ロギング タイムスタンプ ステートをイネーブルまたはディセーブルに設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ロギング タイムスタンプ ステートをイネーブルまたはディセーブルに設定します。

set logging timestamp { enable | disable }

ステップ 2

ロギング タイムスタンプのステートを確認します。

show logging [ noalias ]

次に、システム ロギング メッセージにタイムスタンプを表示できるようにする例を示します。

Console> (enable) set logging timestamp enable
System logging messages timestamp will be enabled.
Console> (enable)

ロギング バッファ サイズの指定

ロギング バッファに記録するメッセージ数を設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

ロギング バッファに記録するメッセージ数を設定します。

set logging buffer buffer_size

ステップ 2

システム メッセージ ロギングの設定を確認します。

show logging [ noalias ]

次に、ロギング バッファ サイズを200メッセージに設定する例を示します。

Console> (enable) set logging buffer 200
System logging buffer size set to <200>
Console> (enable)

Syslogメッセージ数の制限

重大度に基づいてヒストリ テーブルとSNMPネットワーク管理ステーションに送信するSyslogメッセージ数を制限できます。デフォルトの重大度はwarnings(4)に設定されています。

Syslogメッセージ数を制限するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

Syslogメッセージ数を制限します。

set logging history severity severity_level

ステップ 2

システム メッセージ ロギングの設定を確認します。

show logging

次に、Syslogメッセージ数をnotifications(5)の重大度を持つメッセージに制限する例を示します。

Console> (enable) set logging history severity 5
System logging history set to severity <5>
Console> (enable)

UNIX Syslogサーバ上でのSyslogデーモンの設定

UNIX Syslogサーバにシステム ログ メッセージを送信するには、あらかじめUNIXサーバ上でSyslogデーモンを設定しておく必要があります。rootとしてログインし、次の手順を実行します。


ステップ 1 /etc/syslog.confファイルに次のような行を追加します。

user.debug /var/log/myfile.log

user.debug/var/log/myfile.logの間に5個のタブ文字を入れる必要があります。/etc/syslog.confファイルのエントリを参照してください。


スイッチは、指定されたファシリティ タイプと重大度に従って、メッセージを送信します。 user キーワードで、使用するUNIXロギング ファシリティを指定します。スイッチのメッセージがユーザ プロセスによって生成されます。 debug キーワードで、記録する状況の重大度を指定します。UNIXシステムがスイッチからすべてのメッセージを受信するように設定することもできます。

ステップ 2 UNIXシェル プロンプトに次のコマンドを入力し、ログ ファイルを作成します。

$ touch /var/log/myfile.log
$ chmod 666 /var/log/myfile.log
 

ステップ 3 次のコマンドを入力し、Syslogデーモンに変更が反映されたことを確認します。

$ kill -HUP `cat /etc/syslog.pid
 


 

Syslogサーバの設定


) システム ログ メッセージをUNIX Syslogサーバに送信するには、「UNIX Syslogサーバ上でのSyslogデーモンの設定」の説明に従って、UNIXサーバ上であらかじめSyslogデーモンを設定しておく必要があります。


Syslogサーバにメッセージを記録するようにスイッチを設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

1つまたは複数のSyslogサーバのIPアドレスを指定します。1

set logging server ip_addr

ステップ 2

Syslogサーバ メッセージのファシリティおよび重大度を設定します。

set logging server facility server_facility_parameter

set logging server severity server_severity_level

ステップ 3

設定したSyslogサーバへのシステム メッセージ ロギングをイネーブルにします。

set logging server enable

ステップ 4

設定を確認します。

show logging [ noalias ]

1.最大3つのSyslogサーバを設定できます。

次に、Syslogサーバを指定して、ファシリティおよび重大度を設定し、サーバへのロギングをイネーブルにする例を示します。

Console> (enable) set logging server 10.10.10.100
10.10.10.100 added to System logging server table.
Console> (enable) set logging server facility local5
System logging server facility set to <local5>
Console> (enable) set logging server severity 5
System logging server severity set to <5>
Console> (enable) set logging server enable
System logging messages will be sent to the configured syslog servers.
Console> (enable)
 

Syslogサーバ テーブルからSyslogサーバを削除するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

Syslogサーバ テーブルからSyslogサーバを削除します。

clear logging server ip_addr

次に、Syslogサーバ テーブルからSyslogサーバを削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging server 10.10.10.100
System logging server 10.10.10.100 removed from system logging server table.
Console> (enable)
 

Syslogサーバへのロギングをディセーブルにするには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

設定したSyslogサーバへのシステム メッセージ ロギングをディセーブルにします。

set logging server disable

次に、Syslogサーバへのロギングをディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) set logging server disable
System logging messages will not be sent to the configured syslog servers.
Console> (enable)

ロギングの設定の表示

show logging コマンドを使用して、現在のシステム メッセージ ロギングの設定を表示します。設定されているSyslogサーバのホスト名ではなくIPアドレスを表示する場合は、 noalias キーワードを使用します。

システム メッセージ ロギングに関する現在の設定を表示するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

現在のシステム メッセージ ロギングの設定を表示します。

show logging [ noalias ]

次に、システム メッセージ ロギングの現在の設定を表示する例を示します。

Console> (enable) show logging
Logging buffered size: 500
timestamp option: enabled
Logging history size: 1
severity: notifications(5)
Logging console: enabled
Logging server: disabled
server facility: LOCAL7
server severity: warnings(4
Current Logging Session: enabled
 
 
Facility Default Severity Current Session Sever
------------- ----------------------- ---------------------
acl 5 5
cdp 4 4
cops 3 3
dtp 5 5
dvlan 2 2
earl 2 2
filesys 2 2
gvrp 2 2
ip 2 2
kernel 2 2
ld 3 3
mcast 2 2
mgmt 5 5
mls 5 5
pagp 5 5
protfilt 2 2
pruning 2 2
privatevlan 3 3
qos 3 3
radius 2 2
rsvp 3 3
security 2 2
snmp 2 2
spantree 2 2
sys 5 5
tac 2 2
tcp 2 2
telnet 2 2
tftp 2 2
udld 4 4
vmps 2 2
vtp 2 2
 
0(emergencies) 1(alerts) 2(critical)
3(errors) 4(warnings) 5(notifications)
6(information) 7(debugging)
Console> (enable)

システム メッセージの表示

show logging buffer コマンドを使用して、スイッチのロギング バッファ内のメッセージを表示します。 number_of_messages を指定しなかった場合、デフォルトとして、バッファ内に格納された最後の20個のメッセージ(-20)が表示されます。

スイッチのロギング バッファ内のメッセージを表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

作業
コマンド

バッファ内の最初の number_of_messages 指定数のメッセージを表示します。

show logging buffer [ number_of_messages ]

バッファ内の最後の number_of_messages 指定数のメッセージを表示します。

show logging buffer - [ number_of_messages ]

次に、バッファ内の最初の5つのメッセージを表示する例を示します。

Console> (enable) show logging buffer 5
1999 Apr 16 08:40:11 %SYS-5-MOD_OK:Module 1 is online
1999 Apr 16 08:40:14 %SYS-5-MOD_OK:Module 3 is online
1999 Apr 16 08:40:14 %SYS-5-MOD_OK:Module 2 is online
1999 Apr 16 08:41:15 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1
1999 Apr 16 08:41:15 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/2
 

次に、バッファ内の最後の5つのメッセージを表示する例を示します。

Console> (enable) show logging buffer -5
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/1 left bridge port 3/1
%SPANTREE-5-PORTDEL_SUCCESS:3/2 deleted from vlan 1 (PAgP_Group_Rx)
%PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/2 left bridge port 3/2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/1 joined bridge port 3/1-2
%PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/2 joined bridge port 3/1-2
Console> (enable)

システムSyslogダンプのイネーブル化およびディセーブル化

システム障害が発生した場合、Syslogバッファ内のシステム メッセージ( show logging buffer コマンド実行時の出力)を格納したファイルが生成されます。

システムSyslogダンプをイネーブルまたはディセーブルにするには、イネーブル モードで次の作業を行います(デフォルトではSyslogダンプはディセーブル)。

 

作業
コマンド

ステップ 1

システムSyslogダンプをイネーブルまたはディセーブルにします。

set system syslog-dump { enable | disable }

ステップ 2

システムSyslogダンプのステータスを確認します。

show system

次に、システムSyslogダンプをイネーブルにする例を示します。

Console> (enable) set system syslog-dump enable
(1) In the event of a system crash, this feature will
cause a syslog file to be written out.
(2) Selected syslog file is slot0:sysloginfo
(3) Please make sure the above device has been installed,
and ready to use.
Syslog-dump enabled
Console> (enable)
 

次に、システムSyslogダンプをディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) set system syslog-dump disable
Syslog-dump disabled
Console> (enable)
 

次に、システムSyslogダンプのステータスを表示する例を示します。

Console> (enable) show system
PS1-Status PS2-Status
---------- ----------
ok none
 
Fan-Status Temp-Alarm Sys-Status Uptime d,h:m:s Logout
---------- ---------- ---------- -------------- ---------
ok off ok 1,00:03:18 20 min
.
.
.
Core Dump Core File
------------------------ -----------------------
disabled slot0:crashinfo
 
Syslog Dump Syslog File
------------------------ -----------------------
enabled slot0:sysloginfo
Console> (enable)

システムSyslogダンプ用のフラッシュ デバイスおよびファイル名の指定

Syslogダンプをイネーブルまたはディセーブルにする際、フラッシュ デバイスおよびファイル名を変更できます。フラッシュ デバイスのみを指定した場合、ファイル名は自動的にsysloginfoに設定されます。フラッシュ デバイスおよびファイル名を指定しなければ、Syslogダンプ用に設定済みのファイル名は削除され、デフォルトのフラッシュ デバイスとファイル名(slot0:sysloginfo)が使用されます。

システムSyslogダンプ用のフラッシュ デバイスおよびファイル名を指定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

フラッシュ デバイスおよびファイル名を指定します。

set system syslog-file [ device :[ filename ]]

ステップ 2

フラッシュ デバイスおよびファイル名の設定を確認します。

show system

次に、Syslogダンプ用のフラッシュ デバイスを設定する例を示します。

Console> (enable) set system syslog-file bootflash:
Default filename sysloginfo added to the device bootflash:
System syslog-file set.
Console> (enable)
 

次に、フラッシュ デバイスおよびファイル名を設定する例を示します。

Console> (enable) set system syslog-file bootflash:sysmsgs1
System syslog-file set.
Console> (enable)
 

次に、フラッシュ デバイスおよびファイル名をデフォルト設定に戻す例を示します。

Console> (enable) set system syslog-file
System syslog-file set to the default file.
Console> (enable)

コールホームの設定

コールホーム機能を使用して、指定した重大度のSyslogメッセージを、指定した電子メール アドレスやポケベル アドレスに送るようにスイッチを設定できます。

コールホームはSyslogメッセージが生成されると起動されます。生成されたSyslogメッセージの重大度が設定値より低い場合は、メッセージが指定の宛先アドレスに転送されることはありません。重大度が設定値より高い場合、スイッチは入力済みの一連の宛先アドレスにSyslogメッセージを転送します。

コールホームはSyslogメッセージとその重大度に関連付けられています。コールホームの重大度を設定する場合は、既存のset logging levelコマンド、および新規に導入されたset logging callhome severityコマンドに必要な重大度を、十分に検討してください。

Syslogでalerts(レベル1)のような非常に高い重大度を設定すると、コールホームでnotifications(レベル5)のような低い重大度を設定しても、宛先アドレスはalertsおよびemergencies(レベル0および1)しか受信しません。宛先アドレスは、指定した残りのコールホーム重大度の通知(レベル2、3、4)を受け取りません。宛先アドレスが、設定したすべての重大度の警告および通知を受信するようにするには、コールホームの重大度を、使用するSyslogメッセージの重大度以上に設定します。

複数のSimple Mail Transfer Protocol(SMTP)サーバを設定すれば、いずれのサーバが障害を起こしてもコールホーム機能は中断しません。SMTPサーバが障害を起こした場合、スイッチは次の設定済みサーバに連絡します。複数のSMTPサーバを設定している場合、スイッチは最初に発見した使用可能なSMTPサーバを使用します。

スイッチ上でコールホームを設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

ステップ 1

コールホームをイネーブルにします。

set logging callhome { enable | disable }

ステップ 2

Syslogメッセージおよび(必要に応じて)フラグメント サイズを受信させる宛先の電子メールまたはポケベル アドレスを指定します。

set logging callhome destination Email or Epage Address [ fragment size in bytes]

ステップ 3

スイッチがSyslogメッセージを送信するSMTPサーバのIPアドレスを指定します。

set logging callhome smtp-server IP Address

ステップ 4

コールホームの重大度を指定します。


デフォルトでは、この重大度はcriticalメッセージ(レベル2)のみに設定されています。


set logging callhome severity level

ステップ 5

(任意)SMTPサーバがSyslogメッセージを転送できない場合のために[from]電子メール アドレスを設定します。


) 配信に失敗した場合、SMTPサーバはメッセージをこの[from]アドレスに送信します。


set logging callhome from Email Address

ステップ 6

(任意)受信側に[from]アドレス以外のアドレスに応答させたい場合、[reply to]電子メール アドレスを設定します。

set logging callhome reply-to Email address

ステップ 7

設定を確認します。

show logging callhome

次に、コールホームをイネーブルにする例を示します。

Console> (enable) set logging callhome enable
Callhome functionality is enabled.
Callhome messages will be sent to the configured destination addresses.
Console> (enable)
 

次に、以下のアドレスがコールホーム メッセージを受信するように設定する例を示します。

ポケベル:adminjoe@epage.cisco(128バイトのフラグメント サイズを使用)

電子メール:adminboss@cisco.comおよびadminjane@cisco.com

Console> (enable) set logging callhome destination adminjoe@epage.cisco fragment 128
Included adminjoe@epage.cisco in the table of callhome destination addresses.
Messages will be sent to this address in fragments of 128 bytes.
Console> (enable) set logging callhome destination adminjane@cisco.com
Included adminjane@cisco.com in the table of callhome destination addresses.
Messages will be sent to this address without fragmentation.
Console> (enable) set logging callhome destination adminboss@cisco.com
Included adminboss@cisco.com in the table of callhome destination addresses.
Messages will be sent to this address without fragmentation.
Console> (enable)
 

次に、IPアドレス172.20.8.16のSMTPサーバを設定する例を示します。

Console> (enable) set logging callhome smtp-server 172.20.8.16
Included 172.20.8.16 in the table of callhome SMTP servers.
Console> (enable)
 

次に、重大度を3(criticalおよびerrorメッセージ)に設定する例を示します。

Console> (enable) set logging callhome severity 3
Callhome severity level set to 3
Console> (enable)
 

次に、Fromアドレスをadminjoe@cisco.comに設定する例を示します。

Console> (enable) set logging callhome from adminjoe@cisco.com
From address of callhome messages is set to adminjoe@cisco.com
Console> (enable)
 

次に、Reply toアドレスをadminjane@cisco.comに設定する例を示します。

Console> (enable) set logging callhome reply-to adminjane@cisco.com
Reply-To address of callhome messages is set to adminjane@cisco.com
Console> (enable)
 

次に、設定を確認する例を示します。

Console> (enable) show logging callhome
Callhome Functionality: enabled
Callhome Severity: LOG_ERR (3)
 
SMTP Server
-----------
172.20.8.16
 
Destination Address Message Size
------------------- ------------
adminboss@cisco.com No Fragmentation
adminjane@cisco.com No Fragmentation
adminjoe@epage.cisco 128 bytes
 
From: adminjoe@cisco.com
Reply-To: adminjane@cisco.com
Console> (enable)

コールホームのディセーブル化

コールホームをディセーブルにしても、設定した他のコールホーム パラメータは消去されません。各パラメータを個別に消去する必要があります。

スイッチ上でコールホームをディセーブルにするには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

コールホームをディセーブルにします。

set logging callhome disable

次に、コールホームをディセーブルにする例を示します。

Console> (enable) set logging callhome disable
Callhome functionality is disabled.
Callhome messages will not be sent to the configured destination addresses.
Console> (enable)
 

コールホーム メッセージを受信するアドレス リストからアドレスを消去するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

コールホーム メッセージを受信するアドレス リストから宛先アドレスを消去します。

clear logging callhome destination Email or Epage Address

次に、宛先アドレスadminboss@cisco.comをコールホーム メッセージを受信するアドレス リストから消去する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome destination adminboss@cisco.com
Removed adminboss@cisco.com from the table of callhome destination addresses.
Console> (enable)
 

[from]アドレスを消去するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

[from]アドレスを消去します。

clear logging callhome from

[from]アドレスを消去する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome from
Cleared the from address field of callhome messages.
Console> (enable)
 

[reply to]アドレスを消去するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

[reply to]アドレスを消去します。

clear logging callhome reply-to

[reply to]アドレスを消去する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome reply-to
Cleared the reply-to address field of callhome messages.
Console> (enable)
 

コールホームSMTPサーバ リストからSMTPサーバを消去するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

SMTPサーバを消去します。

clear logging callhome smtp-server IP Address

次に、SMTPサーバ172.20.8.16をコールホーム サーバ リストから削除する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome smtp-server 172.20.8.16
Removed 172.20.8.16 from the table of callhome SMTP servers.
Console> (enable)
 

コールホームの重大度を消去するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

作業
コマンド

コールホームの重大度を消去します。

clear logging callhome severity

次に、コールホームの重大度を消去する例を示します。

Console> (enable) clear logging callhome severity
Cleared callhome severity level to its default value of 2(LOG_CRIT).
Console> (enable)