Catalyst 6500 シリーズ スイッチ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 12.2SX
CDP の設定
CDP の設定
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

CDP の設定

CDP の機能概要

CDP の設定

CDP のグローバルなイネーブル化

CDP のグローバル設定の表示

ポートでの CDP のイネーブル化

CDP インターフェイスの設定の表示

CDP のモニタおよびメンテナンス

CDP の設定

この章では、Catalyst 6500 シリーズ スイッチに Cisco Discovery Protocol(CDP)を設定する手順について説明します。この情報は、次のマニュアルに記載されている情報を補足するものです。

次の URL の『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』Release 12.2、「System Management」および「Configuring Cisco Discovery Protocol(CDP)」

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122cgcr/ffun_c/fcfprt3/fcf015.htm

次の URL の『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』Release 12.2 内の「System Management Commands」、「CDP Commands」

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122cgcr/ffun_r/ffrprt3/frf015.htm

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「CDP の機能概要」

「CDP の設定」

CDP の機能概要

CDP は、すべてのシスコ ルータ、ブリッジ、アクセス サーバ、およびスイッチ上のレイヤ 2(データ リンク層)で動作するプロトコルです。CDP を使用することにより、ネットワーク管理アプリケーションで、既知装置のネイバであるシスコ製の装置、特に下位レイヤのトランスペアレント プロトコルを実行しているネイバを検索することができます。ネットワーク管理アプリケーションは CDP によって、近接装置の装置タイプおよび SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェント アドレスを学習できます。この機能によって、アプリケーションから近接装置に SNMP クエリーを送信できます。

CDP は、Subnetwork Access Protocol(SNAP)をサポートしているすべての LAN および WAN メディアで稼働します。

CDP を設定した各装置は、マルチキャスト アドレスに対して定期的にメッセージを送信します。各装置は、SNMP メッセージを受信できる 1 つまたは複数のアドレスをアドバタイズします。このアドバタイズには、受信側装置で CDP 情報を廃棄する前に保持しておく時間を表す Time to Live(TTL)またはホールドタイム情報も含まれます。

CDP の設定

ここでは、CDP の設定手順について説明します。

「CDP のグローバルなイネーブル化」

「CDP のグローバル設定の表示」

「ポートでの CDP のイネーブル化」

「CDP インターフェイスの設定の表示」

「CDP のモニタおよびメンテナンス」

CDP のグローバルなイネーブル化

CDP をグローバルにイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# cdp run

CDP をグローバルにイネーブルにします。

Router(config)# no cdp run

CDP をグローバルにディセーブルにします。

次に、CDP をグローバルにイネーブルにする例を示します。

Router(config)# cdp run

CDP のグローバル設定の表示

CDP の設定を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show cdp

CDP のグローバル情報を表示します。

次に、CDP の設定を表示する例を示します。

Router# show cdp
Global CDP information:
Sending CDP packets every 120 seconds
Sending a holdtime value of 180 seconds
Sending CDPv2 advertisements is enabled
Router#
 

その他の CDP の show コマンドについては、「CDP のモニタおよびメンテナンス」を参照してください。

ポートでの CDP のイネーブル化

特定のポート上で CDP をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ type 1 slot/port } | { port-channel number }}

設定するポートを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# cdp enable

ポート上で CDP をイネーブルにします。

Router(config-if)# no cdp enable

ポート上で CDP をディセーブルにします。

1.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、ポート FastEthernet 5/1 上で CDP をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# interface fastethernet 5/1
Router(config-if)# cdp enable

CDP インターフェイスの設定の表示

特定のポートについて CDP の設定を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show cdp interface [{{ type 2 slot/port } | { port-channel number }}]

CDP がイネーブルに設定されているポートに関する情報を表示します。

2.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、ポート FastEthernet 5/1 の CDP の設定を表示する例を示します。

Router# show cdp interface fastethernet 5/1
FastEthernet5/1 is up, line protocol is up
Encapsulation ARPA
Sending CDP packets every 120 seconds
Holdtime is 180 seconds
Router#

CDP のモニタおよびメンテナンス

装置上の CDP をモニタおよびメンテナンスするには、次の作業を 1 つまたは複数行います。

 

コマンド
目的

Router# clear cdp counters

トラフィック カウンタをゼロにリセットします。

Router# clear cdp table

CDP テーブルからネイバに関する情報を消去します。

Router# show cdp

送信の頻度、送信されたパケットの保持時間など、グローバルな情報を表示します。

Router# show cdp entry entry_name [ protocol | version ]

特定のネイバに関する情報を表示します。プロトコル情報またはバージョン情報に出力を限定することができます。

Router# show cdp interface [ type 3 slot/port }]

CDP がイネーブルに設定されているインターフェイスに関する情報を表示します。

Router# show cdp neighbors [ type 1 slot/port ] [ detail ]

ネイバに関する情報を表示します。特定のインターフェイス上のネイバに関する情報に出力を限定することも、より詳細な情報を要求することもできます。

Router# show cdp traffic

CDP カウンタ(送受信されたパケット数、チェックサム エラーを含む)を表示します。

Router# show debugging

イネーブルになっているデバッグのタイプ情報を表示します。CDP debug コマンドの詳細については、『 Debug Command Reference 』を参照してください。

3.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、CDP カウンタ設定を消去する例を示します。

Router# clear cdp counters
 

次に、近接装置に関する情報を表示する例を示します。

Router# show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater
 
Device ID Local Intrfce Holdtme Capability Platform Port ID
JAB023807H1 Fas 5/3 127 T S WS-C2948 2/46
JAB023807H1 Fas 5/2 127 T S WS-C2948 2/45
JAB023807H1 Fas 5/1 127 T S WS-C2948 2/44
JAB023807H1 Gig 1/2 122 T S WS-C2948 2/50
JAB023807H1 Gig 1/1 122 T S WS-C2948 2/49
JAB03130104 Fas 5/8 167 T S WS-C4003 2/47
JAB03130104 Fas 5/9 152 T S WS-C4003 2/48