Catalyst 6500 Release 12.2SXH and Later Software コンフィギュレーション ガイド
システム イベント アーカイブの設定
システム イベント アーカイブの設定
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 12MB) | フィードバック

目次

システム イベント アーカイブの設定

システム イベント アーカイブの概要

SEA ログ システムの表示

他のデバイスへの SEA のコピー

システム イベント アーカイブの設定

ここでは、システム イベント アーカイブ(SEA)を設定する方法を説明します。SEA は Release 12.2(33)SXH 以降のリリースでサポートされます。


) • この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、次の URL の『Cisco IOS Software Releases 12.2SX Command References』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/122sxmcl/12_2sx_mcl_book.html

SEA は、Supervisor Engine 32、Supervisor Engine 720-10GE、およびコンパクトフラッシュ アダプタおよびコンパクトフラッシュ カード(WS-CF-UPG=)付きの Supervisor Engine 720 でサポートされます。


 

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「システム イベント アーカイブの概要」

「SEA ログ システムの表示」

「他のデバイスへの SEA のコピー」

システム イベント アーカイブの概要

システム障害の原因を見つける際に、システム メッセージを確認することは有効な方法です。システム メッセージに障害の原因を判別するために必要な情報が見つからないときは、デバッグ トレースをイネーブルにして、障害を再現してみます。ただし、このような方法でも最適な解決策が見つからない場合もあります。

障害の原因を判別するとき、大量のシステム メッセージを確認していくのは、効率的な方法とはいえません。

デフォルトでは通常、デバッグ トレースは設定されていません。

デバッグ トレースを使用している間は、障害を再現することができません。

障害が発生したスイッチがクリティカル ネットワークの一部である場合、デバッグ トレースは使用できません。

SEA では、スイッチの各 CPU がアウトオブバンド インターフェイスを使用して管理プロセッサにイベントを報告するようにできます。各イベントは、タイムスタンプとともに非揮発メモリに記録されます。デバイス上のブートフラッシュにアクセスしてイベント ログを検索したり、取り外し可能なストレージ デバイスなど別の場所にログをコピーしたりできます。

SEA は、最大 32 MB を使用して 2 つのファイルをブートディスクに保存します。これらのファイルには、ログに記録された最新のメッセージが記述されます。

sea_log.dat -- 最新のシステム イベントが個のファイルに保存されます。

sea_console.dat -- 最新のコンソール メッセージがこのファイルに保存されます。

これらのファイルはシステムで使用されるものなので、削除をしないでください。

SEA ログ システムの表示

SEA のログ システムを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show logging system [ disk | size ]

SEA の内容を表示します。

(任意)キーワード disk を使用して、SEA が保存されている場所を表示します。SEA の現在のサイズを表示するには、キーワード size を使用します。

Router# clear logging system

SEA に保存されているイベント レコードを削除します。

次に、SEA を表示する例を示します。

Router# show logging system

SEQ: MM/DD/YY HH:MM:SS MOD/SUB: SEV, COMP, MESSAGE

=====================================================

 

1: 01/24/07 15:38:40 6/-1 : MAJ, GOLD, syndiagSyncPinnacle failed in slot 6

 

2: 01/24/07 15:38:40 6/-1 : MAJ, GOLD, queryHyperionSynched[6]: Hyperion out of sync in sw_mode 1

 

3: 01/24/07 15:38:40 6/-1 : MAJ, GOLD, queryHyperionSynched[6]: Hyperion out of sync in sw_mode 1

 

4: 01/24/07 15:38:40 6/-1 : MAJ, GOLD, queryHyperionSynched[6]: Hyperion out of sync in sw_mode 1

 

5: 01/24/07 15:38:40 6/-1 : MAJ, GOLD, queryHyperionSynched[6]: Hyperion out of sync in sw_mode 1

 

6: 01/24/07 15:38:40 6/-1 : MAJ, GOLD, queryHyperionSynched[6]: Hyperion out of sync in sw_mode 1

 

7: 01/24/07 15:38:39 6/-1 : MAJ, GOLD, queryHyperionSynched[6]: Hyperion out of sync in sw_mode 1

 

次に、SEA ログ システム ディスクを表示する例を示します。

Router# show logging system disk
SEA log disk: sup-bootdisk:
 

次に、SEA の現在のサイズを表示する例を示します。

Router# show logging system size
SEA log size: 33554432 bytes
 

次に、SEA をクリアする例を示します。

Router# clear logging system
Clear logging system operation will take a while.
Do you want to continue? [no]: yes
Router#

他のデバイスへの SEA のコピー

SEA を取り外し可能メモリ デバイスなどの別のデバイスにコピーするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# copy logging system file_system

SEA の内容を指定した宛先ファイル システムまたはプロセスにコピーします。

file_system の有効な値は次のとおりです。

bootflash:

disk0:

disk1:

ftp:

http:

https:

rcp:

slavebootflash:

slavedisk0:

slavedisk1:

slavesup-bootdisk:

slavesup-bootflash:

sup-bootdisk:

sup-bootflash:

tftp:

次に、SEA を disk0 ファイル システムにコピーする例を示します。

Router# copy logging system disk0:
Destination filename [sea_log.dat]?
Copy in progress...CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
33554432 bytes copied in 112.540 secs (298156 bytes/sec)
 

次に、リモート ファイル コピー機能(rcp)を使用して SEA をコピーする例を示します。

Router# copy logging system rcp:
Address or name of remote host []? 192.0.2.1
Destination username [Router]? username1
Destination filename [sea_log.dat]? /auto/tftpboot-users/username1/sea_log.dat
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
33554432 bytes copied in 48.172 secs (696555 bytes/sec)