Catalyst Supervisor Engine 32 PISA Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド, 12.2ZY
索引
Index
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/03/28 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 21MB) | フィードバック

Index

数字

4K VLAN(4,096 VLAN のサポート) 12-2

802.10 SAID(デフォルト) 12-6

802.1Q

ISL VLAN のマッピング 12-13, 12-16

カプセル化 8-4

トランク 8-3

制約事項 8-6

トンネリング

概要 15-1

設定時の注意事項 15-4

トンネル ポートの設定 15-7

レイヤ 2 プロトコル トンネリング

「レイヤ 2 プロトコル トンネリングを参照」

802.1Q Ethertype

カスタムの指定 8-17

802.1X

「ポートベースの認証」を参照

802.3ad

「LACP」を参照

802.3af、

802.3x フロー制御 7-14

A

AAA 30-1, 31-1, 33-1

access-enable host timeout(未サポート) 31-2

ACE および ACL 30-1, 31-1, 33-1

acronyms, list of B-1

aggregate ポリシング

「QoS ポリシング」を参照

Any Transport over MPLS(AToM) 21-14

AToM 旧リリースとの互換性 21-16

Ethernet over MPLS 21-17

ARP ACL 38-61

ARP スプーフィング 35-1

AToM 21-14

auto-sync コマンド 6-5

B

BackboneFast

「STP BackboneFast」を参照

boot bootldr コマンド 3-27

boot config コマンド 3-27

boot system flash コマンド 3-23

boot system コマンド 3-22, 3-27

boot コマンド 3-23

BPDU

RSTP 形式 17-17

BPDU ガード

「STP BPDU ガード」を参照

bridge groups 19-2

bridging 19-2

C

CDP

インターフェイスでのイネーブル化 44-3

概要 44-1

設定作業 44-2

モニタおよびメンテナンス 44-4

cdp enable コマンド 44-3

CEF 23-1

設定

MSFC2 23-5

スーパーバイザ エンジン 23-5

パケットの書き換え 23-2

23-3

レイヤ 3 スイッチング 23-2

CGMP 27-8

channel-group group

コマンド 10-9, 10-13

コマンドの例 10-10

Cisco Cache Engine 52-2

Cisco Discovery Protocol

「CDP」を参照

Cisco Express Forwarding 21-3

Cisco Group Management Protocol

「CGMP」を参照

Cisco IOS ユニキャスト Reverse Path Forwarding 30-2

CiscoView 1-2

CIST リージョナル ルート

「MSTP」を参照

CIST ルート

「MSTP」を参照

class-map コマンド 38-56

class コマンド 38-65

clear cdp counters コマンド 44-4

clear cdp table コマンド 44-4

clear counters コマンド 7-18

clear interface コマンド 7-19

clear mls ip multicast statistics コマンド

IP MMLS 統計情報の消去 25-25

CLI

1 つ前のレベルに戻る 2-5

ROM モニタ 2-8

アクセス 2-2

インターフェイス コンフィギュレーション モード 2-5

グローバル コンフィギュレーション モード 2-5

コマンドのリストの表示 2-6

コンソール コンフィギュレーション モード 2-5

ソフトウェアの基本事項 2-4

特権 EXEC モード 2-5

ヒストリ置換 2-4

Committed Access Rate(CAR)、サポートされない 38-2

Concurrent routing and bridging (CRB) 19-2

CONFIG_FILE 環境変数

コンフィギュレーション ファイルの表示 3-28

説明 3-27

config-register コマンド 3-24

config terminal コマンド 3-11

configure terminal コマンド 3-24, 7-2

configure コマンド 3-9

CoPP

QoS サービス ポリシーのコントロール プレーンへの適用 33-21

概要 33-20

コントロール プレーンのコンフィギュレーション モード

有効化 33-21

コントロール プレーンのコンフィギュレーション モードの有効化 33-21

設定

MLS QoS のイネーブル化 33-21

サービス ポリシー マップ 33-21

トラフィックと一致する ACL 33-21

パケット分類基準 33-21

統計情報のモニタ 33-23

トラフィック分類

ACL の例 33-25

概要 33-24

グループ分け 33-24

注意事項 33-25

定義 33-24

パケット分類の注意事項 33-22

表示

ダイナミックな情報 33-23

適合するバイト数およびパケット数 33-23

レート情報 33-23

copy running-config startup-config コマンド 3-12

copy system

running-config nvram

startup-config コマンド 3-27

CoS

上書きのプライオリティ 14-9, 14-10

D

dCEF 23-4, 23-5

debug コマンド

IP MMLS 25-24

DEC spanning-tree protocol 19-2

Deficit Weighted Round Robin 38-94

Denial of Service からの保護

「DoS からの保護」を参照

description コマンド 7-16

destination-ip フロー マスク 47-3

destination-source-ip フロー マスク 47-3

DHCP Option 82

回線 ID サブオプション 34-4

概要 34-2

設定時の注意事項 34-6

パケット形式のサブオプション

回線 ID 34-4

リモート ID 34-4

リモート ID サブオプション 34-4

DHCP Option 82 の許可、信頼できないポートでの 34-9

DHCP スヌーピング

Option 82 データ挿入 34-2

イネーブル化 34-8, 34-9, 34-10, 34-11, 34-12

概要 34-1

信頼できないインターフェイス 34-2

信頼できないメッセージ 34-1

信頼できるインターフェイス 34-2

スヌーピング データベース エージェント 34-4

設定 34-7

設定時の注意事項 34-6

データベース エージェントのイネーブル化 34-13

デフォルト設定 34-6

バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブルの表示 34-17

メッセージ交換プロセス 34-3

DHCP スヌーピング データベース エージェント

TFTP ファイルからの読み取り(例) 34-15

イネーブル化(例) 34-14

概要 34-4

データベースの追加(例) 34-17

DHCP スヌーピング バインディング データベース

エントリ 34-2

説明 34-2

DHCP スヌーピング バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

Differentiated Services Codepoint

「QoS DSCP」を参照

DiffServ

Short Pipe モード 39-33

Short Pipe モードの設定 39-36

Uniform モード 39-35

Uniform モードの設定 39-41

DiffServ トンネリング モード 39-4

distributed Cisco Express Forwarding

「dCEF」を参照

DoS からの保護

Supervisor Engine 2

設定時の注意事項および制約事項 33-15

Supervisor Engine 720

FIB 収集レート リミッタ 33-9

FIB 受信レート リミッタ 33-9

ICMP リダイレクト レート リミッタ 33-10

IGMP 到達不能レート リミッタ 33-9

IPv4 マルチキャスト レート リミッタ 33-12

IPv6 マルチキャスト レート リミッタ 33-13

IP エラー レート リミッタ 33-11

MTU 失敗のレート リミッタ 33-10

QoS ACL 33-3

SYN 攻撃を受けたネットワーク 33-5

TCP インターセプト 33-5

TTL 失敗のレート リミッタ 33-8

uRPF 失敗のレート リミッタ 33-8

uRPF チェック 33-4

VACL ログ レート リミッタ 33-10

出力 ACL ブリッジド パケット レート リミッタ 33-7

セキュリティ ACL 33-3

デフォルト設定 33-14

トラフィック ストーム制御 33-4

入力 ACL ブリッジド パケット レート リミッタ 33-7

マルチキャスト FIB 不一致レート リミッタ 33-12

マルチキャスト IGMP スヌーピング レート リミッタ 33-11

マルチキャスト直接接続レート リミッタ 33-12

レイヤ 2 PDU レート リミッタ 33-11

レイヤ 2 プロトコル トンネリング レート リミッタ 33-11

Supervisor Engine 720 レイヤ 3 セキュリティ機能のレート リミッタ 33-10

機能概要 33-2

パケット廃棄統計情報のモニタ

monitor session コマンドの使用 33-16

VACL キャプチャの使用 33-18

DSCP

「QoS DSCP」を参照

duplex コマンド 7-8, 7-9

DWRR 38-94

Dynamic Host Configuration Protocol スヌーピング

「DHCP スヌーピング」を参照

E

Embedded CiscoView 1-2

enable コマンド 3-10, 3-24

EoMPLS 21-15

VLAN モード 21-17

VLAN モードの設定 21-17

設定 21-17

注意事項および制約事項 21-15

ポート モード 21-17

ポート モード設定時の注意事項 21-21

erase startup-config コマンド

コンフィギュレーション ファイルの削除 3-14

ERSPAN 48-1

EtherChannel

channel-group group

コマンド 10-9, 10-13

コマンドの例 10-10

DFC の制限事項、リリース ノートの CSCdt27074 を参照

interface port-channel

コマンドの例 10-8

interface port-channel コマンド 10-8

lacp system-priority

コマンドの例 10-11

PAgP

概要 10-4

port-channel load-balance

コマンド 10-11, 10-12

コマンドの例 10-12

STP 10-5

switchport trunk encapsulation dot1q 10-6

概要 10-2

設定

レイヤ 2 10-9

設定(作業) 10-7

設定時の注意事項 10-6

ポート チャネル インターフェイス 10-5

モード 10-3

レイヤ 2

設定 10-9

ロード バランス

概要 10-6

設定 10-12

EtherChannel Min-Links 10-13

EtherChannel ガード

「STP EtherChannel ガード」を参照

Ethernet over MPLS(EoMPLS)の設定

EoMPLS VLAN モード 21-18

EoMPLS ポート モード 21-21

EXP 変換 39-4

Extensible Authentication Protocol over LAN 42-1

F

fall-back bridging 19-2

fastethernet 7-2

FIB TCAM 21-3

Flex Link 9-1

設定 9-3

設定時の注意事項 9-3

説明 9-1

デフォルト設定 9-2

モニタ 9-4

H

hello タイム

MSTP 17-47

hello タイム、STP 17-36

I

ICMP 到達不能メッセージ 31-1

IEEE 802.10 SAID(デフォルト) 12-6

IEEE 802.1Q

「802.1Q を参照」

IEEE 802.1Q Ethertype

カスタムの指定 8-17

IEEE 802.1w

「RSTP」を参照

IEEE 802.3ad

「LACP」を参照

IEEE 802.3af、

IEEE 802.3x フロー制御 7-14

IEEE bridging protocol 19-2

IGMP

Internet Group Management Protocol 27-1

join メッセージ 27-2

イネーブル化 27-10

クエリー 27-3

クエリー間隔

設定 27-12

スヌーピング

概要 27-2

高速脱退 27-5

マルチキャスト グループからの脱退 27-4

マルチキャスト グループへの加入 27-2

スヌーピング クエリア

イネーブル化 27-9

概要 27-2

設定時の注意事項 26-8, 27-8

脱退処理

イネーブル化 27-13

IGMPv3 25-10

IGMP v3lite 25-10

ignore port trust 38-9, 38-16, 38-48, 38-67

IGRP の設定 3-7

Integrated routing and bridging (IRB) 19-2

interface-destination-source-ip フロー マスク 47-3

interface port-channel

コマンドの例 10-8

interface port-channel コマンド 10-8

interfaces range macro コマンド 7-6

interfaces range コマンド 4-4, 4-5, 7-4

interfaces コマンド 7-2

Interior Gateway Routing Protocol

「IGRP の設定」を参照

Internet Group Management Protocol

「IGMP」を参照

IP

スタティック ルート 3-12

IP CEF

トポロジ(図) 23-4

ip flow-export destination コマンド 46-14

ip flow-export source コマンド 46-14, 46-15, 47-13, 53-3, 53-4

ip-full フロー マスク 47-3

ip http server 1-2

ip-interface-full フロー マスク 47-3

IP MLS

エージング タイム 47-8

フロー マスク

destination-ip 47-3

destination-source-ip 47-3

interface-destination-source-ip 47-3

ip-full 47-3

ip-interface-full 47-3

概要 46-3, 47-3

最小 47-8

IP MMLS

debug コマンド 25-24

イネーブル化

ルータ インターフェイス 25-12

概要 25-2

キャッシュの概要 25-2

サポートされない機能 25-9

スイッチ

統計情報の消去 25-25

設定時の注意事項 25-8

デフォルト設定 25-8

パケットの書き換え 25-3

フロー

完全なスイッチングおよび部分的なスイッチング 25-4

ルータ

PIM、イネーブル化 25-11

インターフェイス情報の表示 25-15

インターフェイスでのイネーブル化 25-12

グローバルなイネーブル化 25-10

マルチキャスト ルーティング テーブルの表示 25-18

レイヤ 3 MLS キャッシュ 25-2

ip multicast-routing コマンド

IP マルチキャストのイネーブル化 25-10

IP Phone

設定 14-8

ip pim コマンド

IP PIM のイネーブル化 25-11

IP unnumbered 19-1

IPv4 Multicast over Point-to-Point GRE トンネル 1-5

IPv4 マルチキャスト VPN 22-1

IPv6 QoS 38-42

IPv6 マルチキャスト PFC3 および DFC3 レイヤ 3 スイッチング 24-1

ip wccp version コマンド 52-9

IP アカウンティング、IP MMLS 25-9

IP アドレス

BOOTP プロトコルによる割り当て 3-14

デフォルトへの設定 3-14

IP マルチキャスト

IGMP スヌーピング 27-10

MLDv2 スヌーピング 26-10

概要 27-1

IP マルチキャスト MLS

「IP MMLS」を参照

ISL カプセル化 8-4

ISL トランク 8-3

J

join メッセージ、IGMP 27-2

L

Label Switched Path 21-17

LACP

システム ID 10-5

LER 39-2, 39-6, 39-7

LOU

最大数の決定 31-7

説明 31-7

LSR 39-2, 39-7

M

MAC アドレス

BOOTP コンフィギュレーション ファイルへの追加 3-14

MAC アドレスベース ブロッキング 30-2

MAC 移行(ポート セキュリティ) 43-2

main-cpu コマンド 6-5

microflow ポリシング ルール

「QoS ポリシング」を参照

Min-Links 10-13

MLD

レポート 26-4

MLDv2 26-1

イネーブル化 26-11

クエリー 26-5

スヌーピング

概要 26-1

高速脱退 26-7

マルチキャスト グループからの脱退 26-6

マルチキャスト グループへの加入 26-4

スヌーピング クエリア

イネーブル化 26-10

概要 26-1

脱退処理

イネーブル化 26-13

MLDv2 スヌーピング 26-1

MLD スヌーピング

クエリー間隔

設定 26-13

MLS

MSFC

しきい値 25-13

しきい値の設定 25-13

mls aging コマンド

IP MLS の設定 47-9

mls flow コマンド

IP MLS の設定 46-12, 47-8, 47-10

mls ip multicast コマンド

IP MMLS のイネーブル化 25-12, 25-13, 25-14, 25-15, 25-21, 25-22

mls nde flow コマンド

プロトコル フロー フィルタの設定 46-18

ポート フィルタの設定 46-17

ホストおよびポート フィルタの設定 46-18

ホスト フロー フィルタの設定 46-18

mls nde sender コマンド 46-11

MPLS 21-2

Any Transport over MPLS 21-14

DiffServ トンネリング モード 39-33

EXP フィールド 39-3

IP/MPLS パス 21-4

MPLS/IP パス 21-4

MPLS/MPLS パス 21-4

QoS のデフォルト設定 39-15

VPN 39-12

VPN に関する注意事項および制約事項 21-12

基本設定 21-9

コア 21-4

集約ラベル 21-2

出力 21-4

注意事項および制約事項 21-7

入力 21-4

非集約ラベル 21-2

ラベル 21-2

レイヤ 2 VPN ロード バランス 21-8

mpls l2 transport route コマンド 21-16

MPLS QoS

Class of Service 39-2

Differentiated Services Code Point 39-2

E-LSP 39-2

EXP 値マッピングの設定 39-31

EXP ビット 39-2

IP precedence 39-2

QoS タグ 39-2

QoS のグローバルなイネーブル化 39-19

queueing-only モード 39-20

機能 39-3

クラス マップの設定 39-21

コマンド 39-17

出力 EXP 変換の設定 39-30

分類 39-2

ポリシー マップの設定 39-24

ポリシー マップの表示 39-29

MPLS QoS の設定

MPLS パケットを分類するクラス マップ 39-21

MPLS VPN

制限事項および制約事項 21-12

MQC 38-1

サポートされない

CAR 38-2

キューイング 38-2

サポートされる

ポリシー マップ 38-3

MSTP

CIST の説明 17-21

CIST リージョナル ルート 17-21, 17-23

CIST ルート 17-23

CST

定義 17-21

領域間の動作 17-22

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再起動 17-52

説明 17-26

IEEE 802.1s

実装 17-24

ポート ロール命名の変更 17-25

用語 17-23

IST

定義 17-21

マスター 17-21

領域内の動作 17-21

MST 領域

CIST 17-21

IST 17-21

サポートされているスパニングツリー インスタンス 17-20

設定 17-40

説明 17-20

ホップ カウント メカニズム 17-23

VLAN と MST インスタンスとのマッピング 17-40

概要 17-19

拡張システム ID

セカンダリ ルート スイッチへの影響 17-44

不測の動作 17-42

ルート スイッチへの影響 17-42

ステータスの表示 17-52

設定

hello タイム 17-47

MST 領域 17-40

高速コンバージェンスのリンク タイプ 17-50

最大エージング タイム 17-49

最大ホップ カウント 17-50

スイッチ プライオリティ 17-47

セカンダリ ルート スイッチ 17-44

転送遅延時間 17-48, 17-49

ネイバー タイプ 17-51

パス コスト 17-46

ポート プライオリティ 17-45

ルート スイッチ 17-42

設定時の注意事項 17-39

デフォルト設定 17-39

バウンダリ ポート

設定時の注意事項 17-39

説明 17-24

表示、ステータス 17-52

モードのイネーブル化 17-40

ルート スイッチ

拡張システム ID の効果 17-42

設定 17-42

不測の動作 17-42

MTU サイズ(デフォルト) 12-6

Multicast Listener Discovery バージョン 2

「MLDv2」を参照

N

NAC

非応答ホスト 41-5

NDE

イネーブル化 46-11

指定

宛先 TCP/UDP ポート フィルタ 46-18

宛先ホスト フィルタ 46-18

プロトコル フィルタ 46-18

設定の表示 46-19

表示、設定 46-19

フィルタ

宛先 TCP/UDP ポート、指定 46-17

宛先ホスト、指定 46-18

送信元ホストおよび宛先 TCP/UDP ポート、指定 46-18

プロトコル、指定 46-18

マルチキャスト 46-10

NDE のデフォルト設定 46-10

NDE バージョン 8 46-3

Netflow の複数のエクスポート先 46-14

NetFlow バージョン 9 46-3

Network Admission Control

「NAC」を参照

Network Admission Control(NAC) 41-1

Nonstop Forwarding

「NSF」を参照

NSF 5-1

NSF with SSO 、IPv6 マルチキャスト トラフィックをサポートしていない 5-1

NVRAM

設定の保存 3-12

O

OIR 7-17

Online Insertion and Removal

「OIR」を参照

P

PAgP

概要 10-4

PBR 1-4, 19-4

PFC2

NetFlow

テーブル エントリの表示 23-6

PFC2 用 CEF

「CEF」を参照

PFC3BXL

MPLS がサポートするコマンド 21-8

MPLS に関する注意事項および制約事項 21-7

MPLS ラベル スイッチング 21-1

VPN がサポートするコマンド 21-12

VPN スイッチング 21-10

再循環 21-5

サポートされる Cisco IOS 機能 21-6

ハードウェア機能 21-5

PIM、IP MMLS 25-11

PIM スヌーピング

VLAN 内のイネーブル化 28-6

概要 28-4

グローバルなイネーブル化 28-5

指定ルータ フラッディング 28-6

PISA EtherChannel 4-3

PoE

IEEE 802.3af 14-4, 14-6

シスコ先行標準インライン パワー 14-4, 14-5

「PoE」を参照

police コマンド 38-68

policy-based routing

See PBR

policy-map コマンド 38-57, 38-65

Port Aggregation Protocol

「PAgP」を参照

port-channel load-balance

コマンド 10-11, 10-12

コマンドの例 10-11, 10-12

PortFast

「STP PortFast」を参照

PortFast BPDU フィルタリング

「STP PortFast BPDU フィルタリング」を参照

Power over Ethernet、

PVLAN

「プライベート VLAN」を参照

PVRST

「Rapid-PVST」を参照 17-18

Q

QoS

IPv6 38-42

QoS CoS

L3 スイッチング エンジンの最終的な ToS 値 38-12

定義 38-109

ポート値、設定 38-83

レイヤ 3 スイッチング エンジンからの最終的な ToS 値 38-12

QoS DSCP

定義 38-109

内部値 38-10

マップの設定 38-77

QoS L3 スイッチング エンジン

機能の概要 38-16

分類、マーキング、ポリシング 38-9

QoS MSFC

マーキング 38-17

QoS ToS

定義 38-109

レイヤ 3 スイッチング エンジンからの最終的な CoS 値 38-12

QoS trust-cos

ポート キーワード 38-14

QoS trust-dscp

ポート キーワード 38-14

QoS trust-ipprec

ポート キーワード 38-14

QoS untrusted ポート キーワード 38-14

QoS VLAN ベースまたはポート ベース 38-11, 38-51

QoS イーサネット出力ポート

スケジューリング 38-98

スケジューリング、転送回避、およびマーキング 38-12

QoS イーサネット入力ポート

分類、マーキング、スケジューリング、および輻輳回避 38-6

QoS キュー

送信、帯域幅の割り当て 38-94

QoS 受信キュー 38-7, 38-92

ドロップしきい値 38-22

QoS シングル受信キュー、デュアル送信キューのポート

設定 38-90

QoS スケジューリング(定義) 38-110

QoS 送信キュー 38-23, 38-91

サイズ比 38-96, 38-97

QoS デュアル送信キュー

しきい値

設定 38-84, 38-88

QoS 転送回避

定義 38-109

QoS 統計データのエクスポート 40-1

宛先ホストの設定 40-8

間隔の定義 40-7, 40-10

設定 40-2

QoS トラフィック フロー、QoS 機能を使用した 38-4

QoS の最終的な L3 スイッチング エンジン CoS 値および ToS 値 38-12

QoS のデフォルト設定 38-98, 40-2

QoS の内部 DSCP 値 38-10

QoS の分類(定義) 38-109

QoS 不適合 38-20

QoS ポート

信頼状態 38-82

QoS ポートベースまたは VLAN ベース 38-51

QoS ポリシング

microflow、ルーティングされないトラフィックに対するイネーブル化 38-50

定義 38-110

QoS ポリシング ルール

aggregate 38-17

microflow 38-17

作成 38-55

QoS マーキング

信頼できないポート 38-14

信頼できるポート 38-15

定義 38-110

QoS マークダウン 38-20

QoS マッピング

CoS 値と DSCP 値 38-74, 38-78

DSCP 値と CoS 値 38-80

DSCP 変換 38-73, 39-30

DSCP マークダウン値 38-27, 38-79, 39-16

IP precedence 値と DSCP 値 38-78

QoS マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード 38-17

QoS ラベル(定義) 38-110

R

Rapid-PVST

イネーブル化 17-37

概要 17-18

Rapid Spanning Tree

「RSTP」を参照

Rapid Spanning Tree Protocol

「RSTP」を参照

reload コマンド 3-24

Remote source-route bridging (RSRB) 19-2

RGMP 29-1

概要 29-1

パケット タイプ 29-2

RIF キャッシュの表示 7-18

rommon コマンド 3-25

ROM モニタ

CLI 2-8

起動プロセス 3-21

Route Processor Redundancy

「冗長構成(RPR)」を参照

Router-Ports Group Management Protocol

「RGMP」を参照

RPF

失敗 25-5

非 RPF マルチキャスト 25-5

マルチキャスト 25-2

ユニキャスト 30-2

RPR

「冗長構成(RPR)」を参照

RSTP

BPDU

形式 17-17

処理 17-17

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再起動 17-52

説明 17-26

トポロジの変更 17-18

「MSTP」も参照

アクティブ トポロジ 17-14

概要 17-13

高速コンバージェンス

エッジ ポートおよびポート ファスト 17-14

説明 17-14

ポイントツーポイント リンク 17-14, 17-50

ルート ポート 17-14

指定スイッチ、定義 17-13

指定ポート、定義 17-13

提案合意ハンドシェイク処理 17-14

ポート ロール

説明 17-13

同期 17-16

ルート ポート、定義 17-13

S

SAID 12-6

service-policy input コマンド 38-52, 38-71, 38-74, 38-77, 39-31

service-policy コマンド 38-57

setup コマンド 3-3

Shaped Round Robin 38-94

Short Pipe モード

設定 39-36

show boot コマンド 3-28

show catalyst6000 chassis-mac-address コマンド 17-3

show cdp entry コマンド 44-4

show cdp interface コマンド 44-3

show cdp neighbors コマンド 44-4

show cdp traffic コマンド 44-4

show cdp コマンド 44-2, 44-4

show ciscoview package コマンド 1-3

show ciscoview version コマンド 1-3

show configuration コマンド 7-16

show debugging コマンド 44-4

show eobc コマンド 7-18

show hardware コマンド 7-3

show history コマンド 2-4

show ibc コマンド 7-18

show interfaces コマンド 7-3, 7-13, 7-14, 7-16, 7-18, 8-8, 8-14

インターフェイス カウンタのクリア 7-18

インターフェイス タイプ番号の表示 7-3

速度およびデュプレックス モードの設定 7-10

show ip flow export コマンド

NDE エクスポート フローの IP アドレスおよび UDP ポートの表示 46-16

show ip interface コマンド

IP MMLS インターフェイスの表示 25-16

show ip mroute コマンド

IP マルチキャスト ルーティング テーブルの表示 25-18

show ip pim interface コマンド

IP MMLS ルータ設定の表示 25-16

show mls aging コマンド 47-9

show mls entry コマンド 23-6

show mls ip multicast group コマンド

IP MMLS グループの表示 25-19, 25-22

show mls ip multicast interface コマンド

IP MMLS インターフェイスの表示 25-19, 25-22

show mls ip multicast source コマンド

IP MMLS 送信元の表示 25-19, 25-22

show mls ip multicast statistics コマンド

IP MMLS 統計情報の表示 25-19, 25-22

show mls ip multicast summary

IP MMLS 設定の表示 25-19, 25-22

show mls nde コマンド 46-19

NDE フロー IP アドレスの表示 46-16

show mls rp コマンド

IP MLS 設定の表示 47-8

show module コマンド 6-6

show protocols コマンド 7-18

show rif コマンド 7-18

show running-config コマンド 3-11, 7-16, 7-18

show startup-config コマンド 3-12

show version コマンド 3-9, 3-24, 3-25, 7-18

shutdown コマンド 7-19

SNMP

サポートおよびマニュアル 1-2

source-only-ip フロー マスク 47-3

Source Specific Multicast、IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用 25-10

SPAN

概要 48-1

設定 48-12

VLAN フィルタリング 48-23

送信元 48-14, 48-16, 48-17, 48-18, 48-21

設定時の注意事項 48-7

spanning-tree backbonefast

コマンド 18-14, 18-15

コマンドの例 18-14, 18-15

spanning-tree cost

コマンド 17-34

コマンドの例 17-34

spanning-tree portfast

コマンド 18-9, 18-10

コマンドの例 18-9

spanning-tree portfast bpdu-guard

コマンド 18-12

spanning-tree port-priority

コマンド 17-32

spanning-tree protocol for bridging 19-2

spanning-tree uplinkfast

コマンド 18-13

コマンドの例 18-14

spanning-tree vlan

コマンド 17-28, 17-31, 18-16

コマンドの例 17-29, 17-31

spanning-tree vlan cost

コマンド 17-34

spanning-tree vlan forward-time

コマンド 17-36

コマンドの例 17-37

spanning-tree vlan hello-time

コマンド 17-36

コマンドの例 17-36

spanning-tree vlan max-age

コマンド 17-37

コマンドの例 17-37

spanning-tree vlan port-priority

コマンド 17-32

コマンドの例 17-33

spanning-tree vlan priority

コマンド 17-35

コマンドの例 17-35

SPAN 宛先ポートの許可リスト 48-13

speed コマンド 4-3, 7-8

SRR 38-94

Sticky ARP 33-27

sticky ARP 33-27

sticky MAC アドレス 43-3

sticky セキュア MAC アドレス 43-10, 43-11

STP

EtherChannel 10-5

概要 17-2

802.1Q トランク 17-13

BPDU 17-4

概要 17-2

ディセーブル ステート 17-12

トポロジ 17-5

フォワーディング ステート 17-11

ブロッキング ステート 17-8

プロトコル タイマー 17-5

ポート ステート 17-6

ラーニング ステート 17-10

リスニング ステート 17-9

ルート ブリッジ選択 17-4

設定 17-27

hello タイム 17-36

イネーブル化 17-28, 17-29

最大エージング タイム 17-37

セカンダリ ルート スイッチ 17-31

転送遅延時間 17-36

ブリッジ プライオリティ 17-35

ポート コスト 17-33

ポート プライオリティ 17-32

ルート ブリッジ 17-30

デフォルト 17-27

STP BackboneFast

spanning-tree backbonefast

コマンド 18-14, 18-15

コマンドの例 18-14, 18-15

概要 18-5

スイッチの追加 18-8

設定 18-14

STP BPDU ガード

spanning-tree portfast bpdu-guard

コマンド 18-12

概要 18-2

設定 18-12

STP EtherChannel ガード 18-7

STP PortFast

BPDU フィルタ

設定 18-11

BPDU フィルタリング 18-3

spanning-tree portfast

コマンド 18-9, 18-10

コマンドの例 18-9

概要 18-2

設定 18-9

STP UplinkFast

spanning-tree uplinkfast

コマンド 18-13

コマンドの例 18-14

概要 18-4

設定 18-13

STP ブリッジ ID 17-3

STP ルート ガード 18-7, 18-16

STP ループ ガード

概要 18-7

設定 18-16

Supervisor Engine 32 4-1

Switched Port Analyzer

「SPAN」を参照

switchport

show interfaces 7-13, 7-14, 8-8, 8-14

設定 8-15

8-14

switchport access vlan 8-11, 8-15

8-16

switchport mode access 8-4, 8-15

8-16

switchport mode dynamic 8-10

switchport mode dynamic auto 8-4

switchport mode dynamic desirable 8-4

デフォルト 8-5

8-14

switchport mode trunk 8-4, 8-10

switchport nonegotiate 8-4

switchport trunk allowed vlan 8-12

switchport trunk encapsulation 8-9

switchport trunk encapsulation dot1q 8-4

8-14

switchport trunk encapsulation isl 8-4

switchport trunk encapsulation negotiate 8-4

デフォルト 8-5

switchport trunk native vlan 8-12

switchport trunk pruning vlan 8-13

T

TACACS+ 30-1, 31-1, 33-1

TCP インターセプト 30-2

TDR

ケーブル接続性の確認 7-20

注意事項 7-20

テストのイネーブル化およびディセーブル化 7-20

Telnet

CLI へのアクセス 2-2

Time Domain Reflectometer

「TDR」を参照

traceroute、レイヤ 2

ARP 54-2

CDP 54-1

IP アドレスおよびサブネット 54-2

MAC アドレスおよび VLAN 54-2

使用上の注意 54-1

説明 54-1

ポート上の複数の装置 54-2

マルチキャスト トラフィック 54-2

ユニキャスト トラフィック 54-1

trust-dscp

「QoS trust-dscp」を参照

trust-ipprec

「QoS trust-ipprec」を参照

U

UDE 20-1

概要 20-2

設定 20-4

UDE および UDLR 20-1

UDLD

イネーブル化

グローバル 45-4

ポート単位 45-4, 45-5

概要 45-1

デフォルト設定 45-3

UDLR 20-1

設定 20-6

トンネル

ARP および NHRP 20-3

(例) 20-8

バック チャネル 20-2

UDLR(単方向リンク ルーティング)

「UDLR」を参照

UMFB 37-1

UniDirectional Link Detection Protocol

「UDLD」を参照

Uniform モード

設定 39-41

untrusted

「QoS trust-cos」を参照

「QoS untrusted」を参照

UplinkFast

「STP UplinkFast」を参照

URD 25-10

UUFB 37-1

V

VACL 32-2

MAC アドレスベース 32-5

SVI 32-8

WAN インターフェイス 32-2

概要 32-2

設定 32-4

32-9

マルチキャスト パケット 32-3

レイヤ 3 VLAN インターフェイス 32-8

レイヤ 4 ポート演算 31-6

ロギング

制約事項 32-11

設定 32-11

設定例 32-12

VLAN

4,096 VLAN のサポート 12-2

ID(デフォルト) 12-6

VLAN 1 の削除 8-12

VTP ドメイン 12-3

インターフェイスの割り当て 12-12

概要 12-1

拡張範囲 12-2

設定 12-1

設定オプション

VLAN データベース モード 12-9

グローバル コンフィギュレーション モード 12-9

設定(作業) 12-9

設定時の注意事項 12-8

デフォルト 12-6

トークン リング 12-3

トランク

概要 8-3

トランク上で許可される 8-12

名前(デフォルト) 12-6

標準範囲 12-2

プライベート

「プライベート VLAN」を参照

予約範囲 12-2

vlan

コマンド 12-10, 12-12, 46-13, 48-15

コマンドの例 12-11

VLAN-bridge spanning-tree protocol 19-2

vlan database

コマンド 12-10, 12-12, 46-13, 48-15

12-11

vlan mapping dot1q

コマンド 12-15, 12-16, 12-17

コマンドの例 12-17

VLAN トランキング プロトコル

「VTP」を参照

VLAN ベースの QoS フィルタリング 38-59

VLAN 変換

コマンドの例 12-15, 12-16

VLAN モード 21-17

VPN

設定例 21-13

注意事項および制約事項 21-12

VTP

アドバタイズ 11-3

概要 11-2

クライアント、設定 11-10

サーバ、設定 11-10

設定時の注意事項 11-6

ディセーブル化 11-10

デフォルト設定 11-6

統計情報 11-12

ドメイン 11-2

VLAN 12-3

トランスペアレント モード、設定 11-10

バージョン 2

イネーブル化 11-9

概要 11-4

プルーニング

概要 11-4

設定 8-13, 11-8

モード

クライアント 11-3

サーバ 11-3

トランスペアレント 11-3

モニタ 11-12

W

WCCP

サービス グループ 52-9

プロトコル バージョンの指定 52-9

ルータでの設定 52-2, 52-16

Web Cache Communication Protocol

「WCCP」を参照 52-1

Web キャッシング

「WCCP」も参照 52-6

Web キャッシュ

「キャッシュ エンジン」を参照

Web キャッシュ サービス

説明 52-6

52-6

Web キャッシング

「Web キャッシュ サービス」を参照

Web ブラウザ インターフェイス 1-2

Weighted Round Robin 38-94

WRR 38-94

X

xconnect コマンド 21-16

アクセス コントロール エントリ およびリスト 30-1, 31-1, 33-1

アクセス ポートの設定 8-15

アクセス リスト

WCCP での使用 52-12

アップグレードに関する注意事項 21-16

アドバタイズ、VTP 11-3

アドレス

IP、「IP アドレス」を参照

MAC、「MAC アドレス」を参照

アラーム

マイナー 50-12

メジャー 50-12

イーサネット

ポート デュプレックスの設定 7-15

イネーブル化

IP MMLS

ルータ インターフェイス 25-12

イネーブル化、sticky セキュア MAC アドレス 43-10

イネーブル モード 2-5

インターフェイス

カウンタのクリア 7-18, 7-19

コマンド 3-11

コンフィギュレーション モード 2-5

再起動 7-19

シャットダウン

作業 7-19

情報の表示 7-17

設定 3-8 ~ 3-9, 7-2

設定速度 7-7

設定の概要 7-2

説明、追加 7-16

デュプレックス モードの設定 7-7

パラメータの設定 3-8

範囲 7-4

番号 7-2

命名 7-16

メンテナンス 7-17

モニタ 7-17

レイヤ 2 モード 8-4

インライン パワー 14-4

エージング タイム

IP MLS 47-8

加速

MSTP 17-48, 17-49

最大

MSTP 17-49, 17-50

オペレーティング システム イメージ

「システム イメージ」を参照

音声 VLAN

Cisco 7960 Phone、ポート接続 14-2

IP Phone への接続 14-8

音声トラフィック用のポートの設定

802.1Q フレーム 14-8

概要 14-2

設定時の注意事項 14-7

データ トラフィック用の IP Phone の設定

着信フレームの CoS の変更 14-9, 14-10

デフォルト設定 14-6

オンライン診断

概要 51-1

診断の健全性チェック 51-12

スケジュール スイッチオーバー 51-11

設定 51-2

テストの実行 51-6

テストの説明 A-1

メモリ テスト 51-11

オンライン診断テスト A-1

カウンタ

クリア、インターフェイスの 7-18, 7-19

書き換え、パケット

CEF 23-2

IP MMLS 25-3

拡張システム ID

MSTP 17-42

拡張範囲 VLAN 12-2

「VLAN」を参照

確認

システムの設定 3-11

仮想 LAN

「VLAN」を参照

カプセル化 8-4

環境変数

CONFIG_FILE 3-27

制御 3-27

表示 3-28

環境モニタ

CLI コマンドの使用 50-10

LED 表示 50-12

SNMP トラップ 50-12

Syslog メッセージ 50-12

スーパーバイザ エンジンおよびスイッチング モジュール 50-12

関連資料 xxxiii

キーボード ショートカット 2-3

キャッシュ 52-1

キャッシュ エンジン 52-1

キャッシュ エンジン クラスタ 52-1

キャッシュ ファーム

「キャッシュ エンジン クラスタ」を参照

許可、信頼できないポートでの DHCP Option 82 の

概要 34-2

設定 34-9

許可ポート、802.1X 42-4

クエリー、IGMP 27-3

クエリー、MLDv2 26-5

クラス マップの設定 38-62

グローバル コンフィギュレーション モード 2-5

グローバル パラメータの設定 3-3

高速コンバージェンス 17-14

コマンドの省略 2-5

コマンドのリストの表示 2-6

コマンドラインの処理 2-3

コミュニティ VLAN 13-3

コミュニティ ポート 13-3

コンソール コンフィギュレーション モード 2-5

コントロール プレーン ポリシング

「CoPP」を参照

コンフィギュレーション

インターフェイス 3-8 ~ 3-10

ファイルの保存 3-12

レジスタ

起動時の設定 3-23

設定 3-22 ~ 3-25

設定の変更 3-24

コンフィギュレーション レジスタの ブート フィールド

値の確認 3-25

変更作業 3-24

サービスプロバイダー ネットワーク、MSTP および RSTP 17-19

再循環 21-5, 38-13

最大エージング タイム

MSTP 17-49

最大エージング タイム、STP 17-37

最大ホップ カウント、MSTP 17-50

サブドメイン、プライベート VLAN 13-2

サンプリング、NetFlow

説明 46-8

システム

グローバル パラメータの設定 3-3 ~ 3-8

コンフィギュレーション レジスタ

起動時の設定 3-23

設定 3-22 ~ 3-25

システム イメージ

フラッシュからのロード 3-26

ロードの必要性およびロード方法の決定 3-23

システムのハードウェア容量 50-5

シャットダウン インターフェイス

結果 7-19

ジャンボ フレーム 7-10

集約ラベル 21-2, 21-4

受信キュー

「QoS 受信キュー」を参照

出力 ACL サポート、再マーキングされた DSCP 38-52

出力 ACL サポート、再マーキングされた DSCP に対する 38-13

冗長構成(NSF) 5-1

スーパバイザ エンジンの設定 5-10

設定

BGP 5-14

CEF 5-13

EIGRP 5-19

IS-IS 5-17

OSPF 5-16

マルチキャスト NSF with SSO の設定 5-12

ルーティング プロトコル 5-4

冗長構成(RPR) 6-1

redundancy コマンド 6-5

スーパーバイザ エンジンの設定の表示 6-6

スーパバイザ エンジンの設定 6-4

設定 6-5

冗長構成(SSO)

redundancy コマンド 5-11

シリアル インターフェイス

消去 7-19

同期

メンテナンス 7-19

資料、関連 xxxiii

スイッチの TopN レポート

実行 53-2

表示 53-2

フォアグランド実行 53-2

スイッチ プライオリティ

MSTP 17-47

スーパーバイザ エンジン

ROM モニタ 3-21

環境モニタ 50-10

冗長構成 5-1, 6-1

冗長構成の表示 6-6

スタートアップ コンフィギュレーション 3-20

スタティック ルート 3-12

設定 3-1

設定の同期化 5-20, 6-6

デフォルト設定 3-2

スーパーバイザ エンジンの冗長構成

設定 5-10, 6-4

スケジューリング

「QoS」を参照

スタティック ルートの設定 3-12

スタンバイ リンク 9-1

ストーム制御

「トラフィック ストーム制御」を参照

スヌーピング

「IGMP スヌーピング」を参照

MLDv2 スヌーピング

スロット番号、説明 7-2

セカンダリ VLAN 13-3

セキュア MAC アドレスのエージング タイム 43-13

セキュリティ

設定 30-1, 31-1, 33-1

セキュリティ上の注意事項、フラッシュ メモリ カード 3-26

セキュリティ、ポート 43-2

設定 38-65

インターフェイス 3-8 ~ 3-9

グローバル パラメータ

設定例 3-3 ~ 3-8

手順 3-3

コンフィギュレーション モードの使用 3-10 ~ 3-11

設定コマンド、冗長構成のイネーブルまたはディセーブル 50-2

設定例 3-3 ~ 3-11

EoMPLS VLAN モード 21-18

EoMPLS ポート モード 21-18, 21-21

送信キュー

「QoS 送信キュー」を参照

速度

インターフェイスの設定 7-7

ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタの機能 3-22 ~ 3-25

対象読者 xxix

ダイナミック ARP 検査

ARP ACL および DHCP スヌーピング エントリのプライオリティ 35-5

ARP キャッシュ ポイズニング 35-2

ARP スプーフィング攻撃 35-2

ARP パケットのレート制限

errdisable ステート 35-4

設定 35-10

説明 35-4

ARP 要求、概要 35-2

Denial-of-Service 攻撃の防止 35-10

DHCP スヌーピング バインディング データベース 35-3

man-in-the middle 攻撃の説明 35-2

インターフェイスの信頼状態 35-3

機能 35-3

消去

統計情報 35-17

ログ バッファ 35-17

設定

着信 ARP パケットのレート制限 35-4, 35-10

ログ システム メッセージ 35-15

ログ バッファ 35-14, 35-16

設定時の注意事項 35-6

説明 35-1

デフォルト設定 35-5

統計情報

消去 35-17

表示 35-17

ネットワーク セキュリティ問題とインターフェイスの信頼状態 35-3

廃棄パケットのロギング、説明 35-5

表示

ARP ACL 35-17

信頼状態およびレート制限 35-17

設定内容と動作状態 35-17

統計情報 35-17

ログ バッファ 35-17

有効性検査の実行 35-12

レート制限の超過による errdisable ステート 35-4

ログ システム メッセージ

設定 35-15

ログ バッファ

消去 35-17

設定 35-14, 35-16

表示 35-17

大容量電源のサポート 50-4

脱退処理、IGMP

イネーブル化 27-13

脱退処理、MLDv2

イネーブル化 26-13

単方向イーサネット

「UDE」を参照

設定例 20-6

注意、パスワード

TACACS+ 3-17

暗号化 3-18

ディセーブル化、PIM スヌーピングの指定ルータ フラッディング 28-6

手順

インターフェイスの設定 3-8 ~ 3-9

グローバル パラメータの設定 3-3 ~ 3-8

コンフィギュレーション モードの使用 3-10 ~ 3-11

デフォルト VLAN 8-11

デフォルト設定

802.1X 42-6

Flex Link 9-2

IP MMLS 25-8

MSTP 17-39

UDLD 45-3

VTP 11-6

音声 VLAN 14-6

スーパーバイザ エンジン 3-2

ダイナミック ARP 検査 35-5

デフォルトの NDE 設定 46-10

デュプレックス モード

インターフェイスの設定 7-7

電源管理

インライン パワー 14-5

概要 50-1

システムの所要電力、9 スロット シャーシ 50-5

冗長構成のイネーブル化またはディセーブル化 50-2

モジュールの電源投入または電源切断 50-3

転送遅延時間

MSTP 17-48, 17-49

転送遅延時間、STP 17-36

統計情報

802.1X 42-16

独立 VLAN 13-3

独立ポート 13-3

特権

終了 3-19

設定

特権レベル 3-18

複数のレベル 3-18

デフォルトの変更 3-19

ログイン 3-19

特権 EXEC モード 2-5

トラフィック ストーム制御

コマンド

ブロードキャスト 36-4

しきい値 36-1

説明 36-1

モニタ 36-6

トラフィック フラッディングの ブロック 37-1

トラフィック抑制

「トラフィック ストーム制御」を参照

トランク 8-3

802.1Q 制約事項 8-6

DTP をサポートしない装置 8-5

VLAN 1 の削除 8-12

インターフェイスのデフォルト設定 8-8

カプセル化 8-4

許可される VLAN 8-12

異なる VTP ドメイン 8-4

設定 8-9

デフォルト VLAN 8-11

ネイティブ VLAN 8-12

トランスレーショナル ブリッジ番号(デフォルト) 12-6

トンネリング 39-4, 39-33

トンネリング、802.1Q

「802.1Q を参照」 15-1

認証

「ポートベースの認証」も参照

認証、許可、アカウンティング

「AAA」を参照

認証、許可、アカウンティング(AAA) 33-1

ネイティブ VLAN 8-12

ネットワーク管理

設定 44-1

ハードウェア レイヤ 3 スイッチング

注意事項 23-4

バインディング データベース、DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブル、DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

パケット

マルチキャスト 32-3

パケット再循環 38-13

パケットの書き換え

CEF 23-2

IP MMLS 25-3

パケット、バースト 33-7

パス コスト

MSTP 17-46

パスワード

暗号化 3-17

(注意) 3-18

イネーブル パスワードを忘れた場合の回復方法 3-20

設定

TACACS+ 3-17

TACACS+(注意) 3-17

イネーブル シークレット 3-15

イネーブル パスワード 3-15

回線パスワード 3-16

スタティック イネーブル パスワード 3-15

バックアップ インターフェイス

「Flex Link」を参照

範囲

macro 7-6

インターフェイス 7-4

コマンド 4-4, 4-5, 7-4

非 RPF マルチキャスト 25-5

光ファイバ、単方向リンクの検出 45-1

非集約ラベル 21-2, 21-4

標準範囲 VLAN

「VLAN」を参照

フィルタ、NDE

宛先 TCP/UDP ポートの指定 46-17

宛先ホスト フィルタの指定 46-18

送信元ホストおよび宛先 TCP/UDP ポート 46-18

プロトコル 46-18

不揮発性ランダムアクセス メモリ

「NVRAM」を参照

複数パス RPF チェック 30-2

不適合

「QoS 不適合」を参照

不明なマルチキャスト フラッディングのブロック

「UMFB」を参照

不明なユニキャスト フラッディングのブロック

「UUFB」を参照

プライオリティ

CoS の上書き 14-9, 14-10

プライベート VLAN 13-1

IP アドレッシング 13-4

SVI 13-6

エンド ステーションからの アクセス 13-4

コミュニティ VLAN 13-3

サブドメイン 13-2

セカンダリ VLAN 13-3

設定 13-12

セカンダリ VLAN とプライマリ VLAN 13-14

セカンダリ VLAN 入力トラフィックのルーティング 13-15

プライベートとしての VLAN 13-13

プロミスキャス ポート 13-17

ホスト ポート 13-16

設定時の注意事項 13-7, 13-9, 13-12

独立 VLAN 13-3

トラフィック 13-6

複数のスイッチにまたがる 13-5

プライマリ VLAN 13-3

ポート

コミュニティ 13-3

設定時の注意事項 13-9

独立 13-3

プロミスキャス 13-3

モニタ 13-19

利点 13-2

プライマリ VLAN 13-3

プライマリ リンク 9-1

フラッシュ メモリ

書き込み保護 3-26

システム イメージのロード 3-26

セキュリティ上の注意事項 3-26

設定プロセス 3-26

ルータの起動元としての設定 3-26

フラッディングのブロック 37-1

ブリッジ ID

「STP ブリッジ ID」を参照

ブリッジ プライオリティ、STP 17-35

ブリッジ プロトコル データ ユニット

「BPDU」を参照

プルーニング、 VTP

「VTP プルーニング」を参照

フレーム配信

「EtherChannel ロードバランス」を参照

フロー

IP MMLS

完全なスイッチングおよび部分的なスイッチング 25-4

フロー制御 7-14

ブロードキャスト ストーム

「トラフィック ストーム制御」を参照

フロー マスク

IP MLS

destination-ip 47-3

destination-source-ip 47-3

interface-destination-source-ip 47-3

ip-full 47-3

ip-interface-full 47-3

概要 46-3, 47-3

最小 47-8

ブロッキング ステート、STP 17-8

フロック、フラッディング 37-1

プロトコル トンネリング

レイヤ 2 プロトコル トンネリング 16-1

プロミスキャス ポート 13-3

変更履歴

CLI 2-4

ポート

デバウンス タイマーの設定 7-15

ポート コスト、STP 17-33

ポート セキュリティ

sticky MAC アドレス 43-3

sticky セキュア MAC アドレスのイネーブル化 43-10

違反 43-2

エージング 43-12, 43-13

設定 43-5

説明 43-2

デフォルト設定 43-3

表示 43-14

ポート セキュリティ、PVLAN ポート 43-4

ポート セキュリティ、sticky セキュア MAC アドレス 43-3

ポート セキュリティ、トランクでサポート 43-4, 43-6, 43-9, 43-11

ポート セキュリティの MAC 移行 43-2

ポート チャネル

「EtherChannel」を参照

switchport trunk encapsulation dot1q 10-6

ポート デバウンス タイマー

イネーブル化 7-15

ディセーブル化 7-15

表示 7-15

ポート ネゴシエーション 7-9

ポート プライオリティ

MSTP 17-45

ポート プライオリティ、STP 17-32

ポートベースの QoS 機能

「QoS」を参照

ポートベースの認証

EAPOL 開始フレーム 42-3

EAP 要求/アイデンティティ フレーム 42-3

イネーブル化

802.1X 認証 42-8, 42-9

定期的な再認証 42-11

開始およびメッセージ交換 42-3

カプセル化 42-2

クライアント、定義 42-2

サポートされるトポロジ 42-5

スイッチ

RADIUS クライアント 42-2

プロキシとして 42-2

設定

RADIUS サーバ 42-10

クライアント認証の初期化 42-12

クライアントの手動での再認証 42-11

スイッチ上の RADIUS サーバ パラメータ 42-9

スイッチとクライアント間の EAP 要求フレーム再送信時間 42-14

スイッチとクライアント間の再送信時間 42-13

スイッチとクライアント間のフレーム再送信回数 42-15

スイッチと認証サーバ間の再送信時間 42-14

待機時間 42-12

設定時の注意事項 42-7

説明 42-1

装置の役割 42-2

デフォルト設定 42-6

デフォルト値へのリセット 42-16

統計情報の表示 42-16

認証サーバ

RADIUS サーバ 41-3, 42-2

定義 42-2

方式リスト 42-8

ポート

許可および無許可 42-4

許可ステートおよび dot1x port-control コマンド 42-4

ポート モード 21-17

補助 VLAN

「音声 VLAN」を参照

ホスト ポート

種類 13-3

保存、コンフィギュレーション ファイル 3-12

ポリシー 38-56

ポリシーの適用 41-6

ポリシーベース ルーティング

「PBR」を参照

ポリシー マップ 38-65

インターフェイスへの付加 38-71

ポリシング

「QoS ポリシング」を参照

マークダウン

「QoS マークダウン」を参照

マッピング、802.1Q VLAN と ISL VLAN 12-13, 12-16

マニュアルの構成 xxix

マルチキャスト

IGMP スヌーピング 27-10

MLDv2 スヌーピング 26-10

NetFlow 統計情報 46-10

PIM スヌーピング 28-4

RGMP 29-1

概要 27-1

非 RPF 25-5

マルチキャスト RPF 25-2

マルチキャスト グループ

加入 27-2

脱退 26-6, 27-5

マルチキャスト グループ、IPv6

加入 26-4

マルチキャスト ストーム

「トラフィック ストーム制御」を参照

マルチキャスト フラッディングのブロック 37-1

マルチキャスト マルチレイヤ スイッチング

「IPv4 MMLS」を参照

マルチキャスト ルーティング テーブルの表示 25-18

マルチレイヤ MAC ACL QoS フィルタリング 38-57

マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード

「MSFC」を参照

無許可ポート、802.1X 42-4

モニタ

Flex Link 9-4

プライベート VLAN 13-19

ユーザ EXEC モード 2-5

ユーザベースのレート制限 38-19, 38-69

ユニキャスト RPF 30-2

ユニキャストおよびマルチキャスト フラッディングのブロック 37-1

ユニキャスト ストーム

「トラフィック ストーム制御」を参照

ユニキャスト フラッディングのブロック 37-1

予約範囲 VLAN

「VLAN」を参照

ラベル エッジ ルータ 21-2

ラベル スイッチ ルータ 21-2, 21-4

リダクション、MAC アドレス 17-3

略語リスト A-1

リンク障害

単一方向の検出 17-26

リンク冗長性

「Flex Link」を参照

リンク ネゴシエーション 7-9

ルーティング テーブル、マルチキャスト 25-18

ルート ガード

「STP ルート ガード」を参照

ルート スイッチ

MSTP 17-42

ルート ブリッジ、STP 17-30

ループ ガード

「STP ループ ガード」を参照

グローバル パラメータの設定 3-3

設定

インターフェイス 3-8 ~ 3-9

ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタ 3-22 ~ 3-25

レイヤ 2

show interfaces 7-13, 7-14, 8-8, 8-14

VLAN

インターフェイスの割り当て 12-12

インターフェイスの設定 8-7

アクセス ポート 8-15

トランク 8-9

インターフェイス モード 8-4

スイッチング

概要 8-2

デフォルト 8-5

トランク

概要 8-3

レイヤ 2 traceroute 54-1

ARP 54-2

CDP 54-1

IP アドレスおよびサブネット 54-2

MAC アドレスおよび VLAN 54-2

使用上の注意 54-1

説明 54-1

ポート上の複数の装置 54-2

マルチキャスト トラフィック 54-2

ユニキャスト トラフィック 54-1

レイヤ 2 インターフェイス

設定 8-1

レイヤ 2 再マーキング 38-15

レイヤ 2 プロトコル トンネリング

概要 16-1

レイヤ 2 トンネルの設定 16-3

レイヤ 3

IP MMLS および MLS キャッシュ 25-2

レイヤ 3 スイッチド パケットの書き換え

CEF 23-2

レイヤ 3 スイッチング

CEF 23-2

レイヤ 4 ポート演算(ACL) 31-6

レポート、MLD 26-4

ロード バランス 21-8

論理演算ユニット

「LOU」を参照

ワイヤレス アクセス ポイント

インライン パワー 14-5